広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    佐々岡真司

    <プロ野球ドラフト会議>◇17日

    プロ野球のドラフト会議が17日、都内のホテルで行われ、最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)は1位指名で西武、ロッテ、日本ハム、楽天の4球団が競合し、抽選でロッテが交渉権を獲得した。また、星稜・奥川恭伸投手(3年)は巨人、阪神、ヤクルトの3球団が入札し、ヤクルトが交渉権を獲得。広島が1位指名を公表していた明大・森下暢仁投手(4年)は単独指名で交渉権を獲得した。全球団の1位指名選手と監督の総括コメントは以下の通り。


    【パ・リーグ】

    西武 宮川哲投手(東芝)

    ▽辻監督「即戦力というところで最高の選手。真っすぐの質もいい、力もある。変化球もいける完成された投手。うちの打線なら2ケタ(勝利)もチャンスがある」

    ソフトバンク 佐藤直樹外野手(JR西日本)

    ▽工藤監督「(佐藤は)走攻守3拍子そろっている選手はそういない。うちは右打者が少ないので、即戦力で考えて取りました。次の世代を担う野手を取るのが急務」

    楽天 小深田大翔内野手(大阪ガス)

    ▽三木監督「小深田くんには持ち味のスピードを生かして、即戦力として既存の選手と競争してほしい。打撃もしぶとく、守備も堅実。内野なら遊撃に限らず守れると聞いている」

    ロッテ 佐々木朗希(大船渡)

    ▽井口監督「去年藤原を引いてから、プレッシャーをかけられていたのでほっとしています。ドラフトで(当たり)くじを引いた夢を見たので引けるだろうなと思いながら引いた」

    日本ハム 河野竜生投手(JFE西日本)

    ▽栗山監督「投手陣は何とかしなきゃいけないところで、うまく(指名の)バランスは取れている。いいドラフトだったと思う。早く特長を生かせるようにしてあげたい」

    オリックス 宮城大弥投手(興南)

    ▽西村監督「将来性のある素晴らしい投手。直球とスライダーがいいと聞いている。どうやって育てていくか考えないと。最初から臆せずに気楽にやったらいいと思います」

    【セ・リーグ】

    巨人 堀田賢慎投手(青森山田)

    ▽原監督「将来性もすごくある、バランスのいいドラフトができた。(3位菊田は)和真(岡本)に勝るとも劣らない迫力がある選手。95点ぐらいじゃないでしょうか」

    DeNA 森敬斗内野手(桐蔭学園)

    ▽ラミレス監督「一番欲しい選手が取れた。彼はオールラウンドの選手。走攻守そろっているし、将来、横浜DeNAベイスターズを背負って立つスーパースターになれる存在。

    阪神 西純矢投手(創志学園)

    ▽矢野監督「(西は)タイガースファンが大好きそうな選手をとれてホッとしている。速い球、変化球ももちろんいい。内面の強さと体の強さとトータル的に「強さ」を持った投手」

    広島 森下暢仁投手(明大)

    ▽佐々岡監督「森下君はくじを引くつもりでいた。単独でよかった。来年にならないとわからないけどまずは先発で。スピードもコントロールも、バランスも、総合的にすべていい」

    中日 石川昂弥内野手(東邦)

    ▽与田監督「あの文字(交渉権確定)を見るのが快感に。一番上を引いた。(石川は)地元のスター。地元で活躍させ球界のスターになってもらいたい。いいドラフトができた」

    ヤクルト 奥川恭伸投手(星稜)

    ▽高津監督「満点以上のすごくいいドラフト。即戦力の投手を中心に、高校生野手とバランスよく指名できた。奥川くんは完成度の高い投手。エースとして支えてほしい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-10171177-nksports-base

    (17日、プロ野球ドラフト会議)

     広島から単独の1位指名を受けた明大・森下暢仁の背番号は、広島の佐々岡新監督が現役時代につけていた「18」になる可能性がありそうだ。指名後の記者会見で佐々岡監督について問われた森下は「プロ1年目から活躍されていた。負けないように、認められるように頑張りたい」と話した。


     広島の印象については「熱いファンの方々が多いイメージ。あと、しっかりと自分が投げれば先輩方が打って点をとってくれるという印象があるので、その期待にこたえられるようにやっていきたい」。

     1年目の目標は「まずローテーションに入り、新人王目指して頑張りたい」。そして、将来的には「球界を代表するような投手に」と夢を語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000098-asahi-spo

     「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)

     広島・佐々岡新監督がドラフト会場のホテルに入った。前日16日に明大・森下をドラフト1位で指名すると公言。競合が予想され、くじ引きとなれば佐々岡監督の出番だ。現在は「結構な緊張よ」と心境を明かした。

     2種類用意していた勝負パンツからお気に入りをチョイス。「色まで言わんよ」と笑ったが、「さっき履き替えた」と明かした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000067-dal-base

    広島佐々岡真司新監督(52)のカラーが早くも出た。今季打撃で好結果を残した西川、磯村2選手が、本職とは違うポジションでノックを受けた。



    全体練習後の特守に、西川が外野用グラブから内野用グラブに持ち替え、磯村は捕手ミットから一塁グラブに持ち替えて姿を見せた。佐々岡監督は「秋なのでやらせているところもある。ひとつの狙いでもある」と説明。複数ポジションは今秋のテーマであり、2選手の打力を生かして起用の幅を広げる考えだ。

    2人が本職とする外野と捕手は層が厚い。外野は右翼の絶対的主力の鈴木のほか、長野や野間、松山らが控える。また捕手はレギュラーの会沢がFA権を行使せず残留し、ベテラン石原や若い坂倉もいる。西川は今季中堅のレギュラーを奪い、初めて規定打席に到達して2割9分7厘の高打率を記録。磯村も限られた中で代打率3割2分3厘と勝負強い打撃がみられた。チームとして固定できないポジションで起用の可能性を広げることは、そのままチーム力アップにもつながる。一昨年まで主戦場とした三塁再挑戦となる西川が「プラスに考えたい」と前向きにとらえれば、磯村も「僕にとってはいいことだと思ってやろうと思う」と意欲を示した。新指揮官は、現有戦力を最大限に発揮する術を探る。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-10140609-nksports-base

     広島は14日、マツダスタジアムで秋季練習を再開した。投手陣は長時間のランメニューを課せられるなど、11月2日開始予定の秋季キャンプ(宮崎・日南市)の“地獄ぶり”を予感させられる第2クール初日となった。

     グロッギーな表情で外野フェンス際を走る投手陣。見守った佐々岡真司監督(52)は「体力ねえなあ!」とゲキを飛ばした。第1クール最終日の12日までは比較的、楽なメニューが続いたが、この日から急にハードにギアチェンジ。右翼と左翼のポール間片道6本、そして往復2本のダッシュを課した。

     現役時代は練習嫌いだったという説もある新指揮官。「秋(のキャンプ)は結構やらされる…というとアレだけど(ランメニューが)多いときは多かった。(ランメニューを含むウォーミング)アップだけで3時間。午前中はアップだけということもあったよ。今とは時代が違うね」と振り返ったが、それはそれ。「秋は時間がいっぱいある。やることは多いよ」と自身の現役時と同様、秋季キャンプで投手陣に厳しい下半身強化を課すことを予告した。

     床田寛樹投手(24)は息も絶え絶え。絶望的な顔で「しんどいです。でも(秋季)キャンプになったら、これの3倍は走ると思う」とつぶやいた。中部学院大時代は練習嫌いで有名だったというが、それでも「強化トレーニングに耐えられる足腰づくりです。まずはランニングです」と、この日からキツくなったメニューも“地獄”を乗り越えるためには必要だと分かっている。

     「ナニナニの花、って言うじゃないですか。(監督やコーチに)見てもらえるだけでもマシだと思ってやらないと」。おそらく「言われるうちが花」と言いたかったのだろう。今季の7勝6敗、防御率2.96から来季の飛躍へ。佐々岡監督期待のホープは、秋も休んでいられない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000147-sph-base

     広島・佐々岡真司投手コーチ(52)が新監督に就任することが4日、確実となった。マツダスタジアムで鈴木清明球団本部長(65)から正式要請を受け、受諾する方向だ。早ければ週明けにも発表される見込み。担当記者の取材メモから佐々岡コーチの人柄に迫った。

      ◇  ◇

     松田オーナーが「癒やし系」と表現するように、佐々岡コーチには人を引きつける独特のオーラがある。周囲を和ませ、情に厚い。それでいて、真っすぐで芯が通った厳しさも併せ持つ。

     今季は勝っても負けても、初の開幕投手に指名した大瀬良を「エース」と言い続けた。その言葉を新聞記事などで目にした右腕は「そうと言ってもらえているのを見ると、この人のために頑張ろうと思いました」と意気に感じていた。シーズン終盤は5週連続で中5日の登板で応えた。

     ジョンソンを苦手な地方球場で投げさせるなど、遠慮しがちな助っ人も特別扱いはなし。初回KOの山口を試合中に名古屋から広島に強制帰還させる厳しさも見せた。2軍コーチ時代には直球の重要性を説いてきた。当時高卒1年目のアドゥワに対しては「オール直球デー」を設け、投球の基礎を叩き込んだ。

     満を持しての指揮官就任となる。今季は投手コーチながら、主力野手と冗談を飛ばす場面も見られた。佐々岡カラーとイズムに、期待は高まるばかりだ。(デイリースポーツ広島担当キャップ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000036-dal-base

     広島・小園海斗内野手(19)は8日、フェニックス・リーグの韓国ハンファ戦で、“人生初”となる二塁でフル出場した。5度の守備機会を無難に処理。小園が複数ポジションを守れれば、田中広との併用が可能となるだけでなく、メジャー挑戦の意向を示している菊池涼の不在にも備えられる貴重な新オプションとなる。

     佐々岡政権の始動を前に、早くも新オプションが蓄えられている。フェニックス・リーグ開幕2日目にして、小園が人生初の守備位置に就いた。「1番・二塁」でフル出場。初回先頭の二塁へのゴロを無難にさばくと、強烈な正面のゴロあり、2度の飛球ありとパターン豊かな計5度の守備機会に恵まれた。準備期間は試合前の守備練習だけながら、失策なしと持ち前の対応力だけで乗り切った。

     「景色が違いました。ノックとか遊びながらでしかやったことがなかった。ショートよりも(一塁が)近いので、まずはしっかり捕ろうと思っていました」

     秋季リーグに帯同している内野手は、6人のみと少数精鋭。水本2軍監督の方針で、全内野手に複数ポジションを課すことが決まった。「けん制にバントシフトに覚えることはたくさんある。二塁のことが分かれば、ショートでも指示が出せる。いろんなことができれば、自分の幅も広がると思います」。今秋は、ウエスタン・リーグで5試合のみだった三塁にも挑戦する予定だ。

     新体制のカギを握る新オプションになるかもしれない。正遊撃手だった田中広は8月下旬に右膝を手術。来春キャンプでの合流を目指しており、完全復活となれば、小園を三塁起用するなど併用も可能になる。また、菊池涼は今オフにもメジャーに挑戦したい意向を示しており、名手不在を想定した備えも必要。玉木2軍内野守備走塁コーチは「(1軍でも)可能性がないことはない」と明言しており、来季に間に合うように本格挑戦する。

     昨秋から外野に挑戦した西川が中堅で定位置をつかむなど、複数ポジション習得が選手層の厚さにつながってきた。高ヘッドコーチは坂倉、磯村の内野挑戦プランも温めているという。

     「試合に出られることが増える。自分の任されたところでアピールしていきたいです」。小園にとっては勉強の一環ともいえる新ポジションは、V奪還の重要な一手となる可能性もある。 (河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000006-spnannex-base

     歌舞伎俳優の中村芝翫(54)が7日、スポーツ報知の取材に応じ、20年来の友人である広島の佐々岡真司新監督(52)にエールを送った。



     東京・国立劇場で上演中の「通し狂言 天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)」(26日まで)に出演後、取材に応じた芝翫は「投手出身の監督なので、きめ細かい野球を見せてくれそう。チームを再建して新生カープを作り上げてほしい」と呼びかけた。5日にも電話で「就任おめでとうございます」と直接、本人に伝えたという

     出会いは1997年。芝翫(当時は橋之助)が主演したNHK大河ドラマ「毛利元就」が、広島県を舞台にしていた縁で、当時カープの監督だった故・三村敏之さんから紹介されたという。「現役時代はピリピリした雰囲気もありましたが、コーチになってからは柔らかく包容力が出てきた。その人柄でチームをまとめてもらいたい」と要望した。

     広島を訪れた際には、佐々岡監督行きつけのお好み焼き店で食事をするという芝翫。「同世代が監督になって刺激を受けます。来年はぜひマツダスタジアムに駆け付けるつもりです」と応援を約束した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000296-sph-ent

     【新井さんが行く!】佐々岡さんには若い頃、よく食事に連れて行ってもらい、飲みにも誘ってもらった。こんなに食べて、こんな飲むのかと驚かされたことが懐かしい。プロの世界で長くやるには、しっかり食べて体を大きくしないといけないのだな…と佐々岡さんの大きな体から学んだ。いまは少し痩せ気味に見えるので(笑い)、監督になってからは体調管理に気をつけてください。

     投手出身の人は「お山の大将」と言われることが多いけど、そんな人ばかりじゃない。佐々岡さんもそうだ。本当に優しくて、柔らかい人柄。投手と野手の枠を超えて可愛がってくれた。

     マウンドに立てば勝負師の顔になる。引退登板で修一(村田、当時横浜)に真剣勝負を挑んで本塁打を打たれたことは有名な話。でも、続きがある。翌日は神宮球場でのヤクルト戦で古田さんの引退試合だった。アマチュア時代にバッテリーを組んだこともある間柄。「わしが投げんといかんじゃろ」と志願して遠征に加わって、古田さんの打席でマウンドへ上がった。引退登板の翌日にも投げたのは、佐々岡さんくらいでは。そんなところにも人柄を感じる。

     広島へ復帰した15年。偶然にも佐々岡さんもコーチとして戻ってきた。黒田さんと一緒に自宅に招かれ、優子夫人の手料理を振る舞ってもらった。優子さんも名前の通り本当に優しい方。控えめで縁の下から佐々岡さんを支えていて、応援したくなるカップルだ。

     今季の広島は目標だったリーグ4連覇がかなわず、CS進出も逃した。特に3連覇に貢献してきた救援陣は蓄積疲労もあって、うまく回らなかった。投打とも再び過渡期を迎え、また新しいチームをつくっていかないといけない。大変な時期の監督就任。OBの一人、カープファンの一人として佐々岡さんをしっかり応援していきたい。(スポニチ本紙評論家) 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000113-spnannex-base&pos=4

    このページのトップヘ