広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    佐々岡真司

    広島佐々岡真司監督(52)が2日、新型コロナウイルスに感染した元近鉄、日本ハム、楽天監督の梨田昌孝氏(66=日刊スポーツ評論家)の体調回復を願った。年齢は14歳離れているが、2人は同じ島根・浜田市出身。浜田高出身の梨田氏と浜田商高出身の佐々岡監督は、数少ない浜田出身のプロ野球のよしみで、古くから親交がある。1日のニュースで梨田氏の状態を知ったという指揮官はマツダスタジアムで取材に応じ、「まさかというか、ただただびっくりしています。状態が心配です」とショックを隠せない様子だった。


    梨田氏は、1月16日に浜田市内で行われた佐々岡監督の就任祝賀会に大阪から駆けつけてくれたという。2度のリーグ優勝を果たした名将から激励を受け、「わざわざ(浜田まで)来てくださった」と心から感謝。「とにかく早く元気になって、回復してほしい」と神妙な面持ちで快方を祈った。2月の沖縄春季キャンプを視察に訪れた同郷の先輩から、あらためて励ましの言葉をもらい、決意を新たにしていたところだった。

    NPBで初めて阪神の3選手が感染したことから、ウイルスの猛威が球界にも浸透している。指揮官は複雑な心境を抱えながら、マツダスタジアムで行われた全体練習を見守った。3日の12球団代表者会議の結果次第では、紅白戦を予定している4日以降のスケジュールも変更せざるを得ない。先行きが見えない状況に対応していくしかない中、何より大先輩の早期回復を待ちわびている。【古財稜明】

    ◆梨田昌孝(なしだ・まさたか)1953年(昭28)8月4日生まれ、島根県出身。浜田から71年ドラフト2位で近鉄入団。強肩強打の捕手として活躍し、ベストナイン3度、ダイヤモンドグラブ(現ゴールデングラブ)賞4度受賞。88年限りで引退。93年にコーチで近鉄復帰。00年に監督に就任し、01年リーグ優勝。08年から日本ハムを率い、09年リーグV。11年に勇退し、16年から18年途中まで楽天の監督を務めた。現役時代は178センチ、80キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-24020597-nksports-base

     プロ野球広島は28日、広島市のマツダスタジアムで全体練習を行った。阪神3選手の新型コロナウイルス感染が判明したことを受け、鈴木清明球団本部長が2日間の休養を挟んで集まったナインやスタッフに対し、不要不急の外出の自粛など感染予防の徹底を改めて求めた。佐々岡真司監督は「大変なことが起きている」と声を落とした。

     チームからは感染の不安に加え、4月24日が目標とされている開幕を危ぶむ声も聞かれ、選手会長の田中広輔は「前に進まなきゃいけないけど、健康第一」と複雑な心境を口にした。鈴木誠也は「プロ野球だけ4月にやっていいのかという気持ちはある」と表情を曇らせた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000106-kyodonews-base

    <練習試合:広島2-3ヤクルト>◇24日◇マツダスタジアム

    広島の勝ちパターンが決まらない。1点リードの8回にフランスアが2四球3安打で2失点。これで2戦連続複数失点と、昨季守護神の状態が上がっていない。練習試合4試合で終盤16失点と中継ぎ陣の不安定さを露呈。D・ジョンソンは2軍降格となった。

    佐々岡真司監督は「球自体を見ても、今のままではなかなか難しい。フランスアもこういう状態であれば考えないといけない」と厳しかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-23240884-nksports-base

     再びセ・リーグの頂点を狙う広島カープ。ドラフト1位・森下 暢仁(大分商出身)に多くの注目が集まっているが、高卒3年目となる遠藤 淳志(霞ヶ浦出身)の先発ローテーション入りも大いに期待がかかっている。


     19日、中日の2軍相手に4回1失点の投球で結果を残した遠藤は2017年のドラフトで5位指名と下位指名だった。しかし、プロの世界で成長していき昨シーズン1軍デビュー。34試合を投げて1勝1敗6ホールド1セーブと初めてづくしの2年目を終えて、今シーズンは1軍キャンプでスタート。佐々岡真司新監督が就任して文字通りの新体制となったが、そこで注目されたのが遠藤だ。

     5日に行われた実戦形式での練習では同期入団の山口 翔(熊本工出身)とともに先発。大きな結果を残すことはできなかったが、キャンプ序盤で先発に起用する期待の表れを感じさせる。そんな遠藤の最大の魅力はキレのあるボールだ。

     ゆったりとした力感のない柔らかい始動から、長い手足を上手く使って上から腕を振り下ろす。体を鋭く縦に捻ることもできるフォームが切れを生み出す大きな要因だろうが、それ以上に大きいのは霞ヶ浦での投手育成メソッドにあると考えられる。

     霞ヶ浦では30メートルのロングブルペンがあり、スピンの利いたストレートを投げ込む練習ができる環境が整っている。また投手になるためにも肘の柔らかさやバランスの良さ。癖のないフォームが投手としてやっていける基準に設定したり、投球フォーム習得のメソッドがあったりと、投手としての高い素質を高校3年間で磨き上げたのが今のキレのあるボールだを投げ込める理由だろう。

     エース・大瀬良 大地(長崎日大出身)に続いて森下が注目されるが、高卒3年目・遠藤が台頭すれば優勝争いに入りこんでいけるはずだ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00010003-hbnippon-base

     プロ野球は15日にオープン戦全日程を終了。新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定されていた20日の開幕は延期された。各球団は4月中の開幕を目指して、練習試合などで調整を続ける。

     広島は5勝5敗2分けの6位で、チーム打率は・271、チーム防御率は4・71だった。佐々岡監督のオープン戦総括は下記の通り。

     「期待していた分、投手もなかなか決まらない。開幕日延期が決まった中で、試した部分もある。17日からファームで投げる投手は、サバイバルという形で投げてもらいたい。選手ももっと、危機感を持ってやってもらいたい」




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-03160131-sph-base

     広島は15日、球団創立70周年を記念して広島市のマツダスタジアムそばに建設された「モニュメントスクエア」のお披露目式を開き、佐々岡真司監督、OB会会長の安仁屋宗八氏らが出席した。

     「モニュメントスクエア」にはこれまで所属した監督、コーチ、選手計897人の名前が刻まれた銅板を1950年シーズンから年ごとに展示。15日正午から一般公開された。70枚の銅板を眺めた佐々岡監督は「自分の担当スカウトの名前もあった。今までの選手、監督、コーチの名前が載っている。みんな喜べるんじゃないかな」と懐かしそうに話した。 



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00000037-jij-spo

     「教育リーグ、オリックス7-1広島」(7日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)


     広島・佐々岡真司監督(52)が開幕ローテを緊急再編する可能性が7日、浮上した。昨季7勝の床田が教育リーグ・オリックス戦で4回8安打7失点と炎上。九里は5日の同・ソフトバンク戦で3回2/3を5安打7四球3失点だったことで、この日から2軍降格。代わって1軍には薮田が昇格し、アドゥワも2軍で結果を残している。開幕まで2週間を切り、ローテが決まらない非常事態を乗り切る。

     佐々岡監督が一瞬、天を仰いだ。試合後の取材で報道陣から教育リーグ・オリックス戦(オセアンBS)に登板した床田の結果を聞いた直後だった。「そうなのか…。まだ(正式に2軍から)報告を受けてないから」。開幕ローテの一人として期待していただけに表情は曇った。

     左腕は4回を8安打7失点だった。初回、ロドリゲスに左越え3ランを被弾。二回も制球が定まらず、3点を献上した。「ツーシームが落ちなかった。打たれてから大事に投げようとして、小手先だけになった」。崖っぷちで臨んだ一戦。床田の視線はグラウンドに落ちたままだった。

     開幕ローテは大瀬良とK・ジョンソンが確定。ドラフト1位・森下(明大)も当確で、開幕3戦目となる22日・中日戦(マツダ)でのプロ初先発が有力視されている。残り3枠。春季キャンプ終了後から1軍に帯同していた九里、床田、遠藤の3人がリードしていると見られていたが、5日の教育リーグ・ソフトバンク戦(由宇)後に風向きが変わり始めた。

     「ああいう投球では、さすがに示しがつかない。打たれるならともかく、打たれる以前の問題」と指揮官。自身が視察に訪れていた試合で、先発した九里が3回2/3を5安打7四球3失点と打ち込まれた。この日から右腕の姿はマツダスタジアムにはなく、2軍での再調整が決まった。床田もこの日の内容と結果を受け、1軍を離れる可能性がある。

     一方、2軍で調整してきた薮田が1軍に昇格した。春季キャンプ最終盤に登板機会を得る目的で2軍に合流し、3日の教育リーグ・ソフトバンク戦(由宇)で4回1失点と好投。「大きなチャンス。しっかりとつかみたい」。10日・ヤクルト戦(神宮)での先発が濃厚だ。

     もう一人の先発候補であるアドゥワは、6日の同リーグ・オリックス戦(オセアンBS)で5回無失点。持ち味の制球力を生かし、アウト15個のうち10個をゴロアウトで積み重ねた。

     佐々岡監督は「良かったら試すし、悪かったら落とす。当然ながら競争。危機感を持ってやってほしい」と力を込めた。開幕まで2週間を切った。今こそ首脳陣の不安を振り払う、生きのいい投手の台頭が強く望まれる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00000023-dal-base

     今年から赤ヘル軍団を率いることになったのが広島の佐々岡真司新監督(52)だ。

     現役時代は広島一筋18年。通算138勝153敗106セーブと活躍し、長らく広島の屋台骨を支えた。

     昨季まで一軍投手コーチを務めており、緒方前監督の辞任による消去法的な人事であることも否めない。

     決して派手な人物ではなく、そうしたところもさほど騒がれないゆえんだろう。

     とはいえ、選手やコーチ間の評判は悪くない。

    「コーチ時代にカーブの投げ方や下半身の使い方を教わりました。その人その人にあった教え方をしてくれる印象です」

     と話すのは5年目の岡田(26)。リリーフの一岡(29)もカーブを伝授されたひとりだ。

    「現役時代はカーブが凄い方でしたからね。握り方などを聞いたら、すぐにわかりやすく教えてくれました。アドバイスが欲しいときは聞きに行きやすい」

     と言う。

     九里(28)は「印象?見たままのおおらかな方ですね。僕はストレートの重要性を教えてもらった。カーブは……教えて下さいとはお願いしたものの、僕には難しかった」と話す。

     そんな佐々岡監督が評判になっているのが気配りだ。チームスタッフの間からは「とにかく、さまざまなことを気にかけている。気疲れしないのか心配だ」という声も出ている。

     倉一軍バッテリーコーチは「たとえばそのひとつが……」と続ける。

    「シート打撃中のことでしたね。僕らコーチ陣は目の前の練習を見るのに集中していた。実戦に近い練習だから、なおさらです。そんなとき、佐々岡監督は『ブルペンで待機している投手のキャッチボール相手がいないぞ』と指摘してくれた。普通、そういうのは僕らコーチが気付かなきゃダメ。監督に言わせてしまってはダメなんです」

     シート打撃はバッティングのみならず、投手や守備もチェックできる練習。普通ならクギ付けになるところだが、佐々岡監督はグラウンドからは見えないブルペンの様子も気にかけていたということだ。

     倉コーチはさらにバッテリーを組んだ現役時代についても話した。

    「佐々岡監督のボールを受けたとき、僕はまだ若手。それでも最初に言ってくれたのは『おまえらがやりやすいように、(配球などは)おまえらで考えてやってくれ』だった。その上で『どんな考えかわかるから』と言われた。自分の考えを押し付けない方なんですね。そうやって僕らの考えを理解した後で、『オレはこう思うよ』とさりげなくアドバイスしてくれた」

     日本では監督が目立つケースが多いが、本来はチームの裏方。現役晩年のように、縁の下の力持ちとして赤ヘル軍団を勝利に導けるか。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000007-nkgendai-base

     広島の九里亜蓮投手が7日、2軍再調整になった。

     5日の同リーグ・ソフトバンク戦で3回2/3を5安打7四球3失点した。


     佐々岡監督が視察に訪れていた試合。指揮官は「ああいう投球では、さすがに示しが付かない。打たれる以前の問題」と厳しかった。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000139-dal-base

    広島の勝利の方程式入りをかけたサバイバルレースが始まる。

    佐々岡真司監督は勝ちパターンについて「今の段階では固定できない」と話し、守護神候補にも挙がる新外国人のDJ・ジョンソン投手(30=ロッキーズ)、テイラー・スコット投手(27=オリオールズ)、フランスアに加え、菊池保、一岡、岡田の名を挙げた。セットアッパーについて指揮官は「球の強さ、制球、スピード、切れは当然ながら、気持ちも強くないといけない」と理想像を語った。






    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-22260919-nksports-base

    このページのトップヘ