広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    佐々岡真司

     【江尻良文の快説・怪説】

     新戦力が注目の的になる2月1日のキャンプインへのカウントダウン。新人はヤクルト・奥川、ロッテ・佐々木のゴールデンコンビ、移籍組は楽天とロッテが話題だ。ところが、実際の戦力補強ナンバーワンは広島という意外な声もある。

     新監督は広島・佐々岡、ヤクルト・高津、楽天・三木の3人。中でも注目は広島・佐々岡真司新監督(52)だ。

     丸に巨人にFA移籍された昨季、球団史上初のリーグ4連覇に失敗して引責辞任した緒方前監督のリベンジを宣言。就任と同時に「V奪回、悲願の日本一達成」を公約したが、強運ぶりも発揮している。丸に続きFA移籍が心配された野村、会沢のバッテリー、さらにポスティングシステムでのメジャー移籍を希望していた菊池も残留した。

     主力トリオの移籍回避は最大の補強というわけだ。さらにドラフトでは即戦力投手ナンバーワンといわれる明大・森下を獲得。自主トレでも評判通りだと首脳陣はベタぼめだ。その上、明大の先輩・野村の刺激剤というダブル効果も。野村は後輩に負けまいと、エース復活宣言までしている。

     「丸がFA移籍すれば、相次ぐ流出でタナキクマルも完全崩壊し、昔の弱小チームに逆戻り」と広島OBたちは危惧していたが、歯止めがかかった。「佐々岡なら優勝できる」という声まで上がっている。

     球団史上初のリーグ4連覇に失敗した昨季でも、広島は巨人に5年連続勝ち越し。佐々岡新監督も早々と高らかに、6年連続勝ち越しを公言している。巨人のリーグ連覇は当然のこと、8年ぶりの日本一の成否ばかりに目がいっていると、落とし穴が待っている。

     事実上、12球団一の“補強”をした新生・佐々岡カープがV奪回のサプライズ万馬券あり。まずは2・1キャンプインから注目というワケだ。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-00000000-ykf-spo

     広島は20日、松田元オーナー、佐々岡監督らスタッフ、球団幹部ら87人が広島市内の護国神社を参拝し必勝祈願した。

     佐々岡監督は「昨年悔しい思いをした。今年はV奪還、日本一を目指す。一体感を持って戦いたい」と決意を新たにした。

     指揮官は新人合同自主トレを直接視察するなど、1月中から選手らの状態を把握。「報道を見ても自主トレをしっかりしているな…と思う。2月1日に動ける状態で来てくれると思う」と春季キャンプを心待ちにした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000127-spnannex-base

     広島・佐々岡真司新監督(52)が13日、広島・廿日市市の大野練習場で行われている新人合同自主トレを電撃視察した。

     「まだ8日に始まったばかりだが、みんないい動きをしている。しっかりやってきているな。ついピッチャーを見てしまうが、全体を見ないといけない」

     午前10時の練習開始に合わせて練習場入り。キャッチボール、内野ノック、施設から歩いて5分の坂道での坂ダッシュを熱心に見守った。自らがドラフト1位指名を熱望して入団した森下暢仁投手(22)=明大=については「キャッチボールでは良いフォームで本当に良い球を投げる。動きは軽快だし、何をやってもセンスがある」と絶賛した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000549-sanspo-base 

     【江尻良文の快説・怪説】

     2020年東京五輪イヤーの影響で早期開幕、五輪開催中のシーズン中断など、難題山積のプロ野球界。特に広島・佐々岡真司(52)、ヤクルト・高津臣吾(51)、楽天・三木肇(42)の新監督トリオは、対応が大変だろう。それでなくとも難関が待ち受けているのだから。

     巨人からのV奪回、悲願の40年ぶり日本一を宣言している広島・佐々岡新監督。緒方前監督が初年度と最終年の昨季こそ4位になったものの、2年目に25年ぶりリーグ優勝。そしてリーグ3連覇の偉業を達成している。

     しかも、緒方監督は球団側の続投要請に対して自ら辞任。佐々岡新監督の立場とすれば、「緒方監督超え」という難関を乗り越える必要があるのだ。1年目から勝負。前任者が成し遂げられなかった、日本シリーズ制覇を宣言せざるを得ない。

     それに対して、ヤクルト・高津新監督はチーム事情からすれば、重圧はそれほど大きくないだろう。就任1年目の一昨年、最下位のチームをサプライズ2位に押し上げながら、昨季は一転して最下位を独走し引責辞任した、小川前監督からのバトンタッチだからだ。

     ただし、高津新監督には新年早々、野球人にとって最大の問題が待ち構えている。野球殿堂入りの有力候補に挙がっており、当選すれば「殿堂入り新監督」という最高の名誉を手にするのだ。同時に、その名誉を汚さないためにも、1年目からそれなりの成果を期待されることになる。

     もう1人の楽天・三木新監督には、重いノルマと石井GMのメンツというダブルプレッシャーがかかる。同じく2軍監督から1軍監督に昇格した平石前監督は、最下位のチームをいきなり3位に躍進させ、クライマックスシリーズに出場しながら続投要請なし。不可解な解任となった。

     激怒した平石前監督はフロント入りの要請を断り、3年連続日本一のソフトバンクの1軍コーチに就任。そもそもAクラス入りしながら続投できなかったのは、石井GMとの確執説がささやかれている。石井GMとしては、同じヤクルトOBで気心の知れた三木2軍監督を抜擢したいため、平石監督を続投させなかったと言われているのだ。三木新監督には、平石前監督を上回る成績を残し、石井GMのメンツを保たせるという、二重のノルマを課せられる。

     三者三様だが、新監督トリオは東京五輪余波にとどまらず、大きな難題を抱えてペナントレースに挑むことになる。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000008-ykf-spo

     広島が佐々岡真司新監督(52)の下、V奪回と日本一に挑む。昨季は4年ぶりBクラスに沈み、リーグ4連覇を逃した。新指揮官は投手陣再建へ明大・森下暢仁投手(22)をドラフトで単独1位指名。さらにホセ・ピレラ外野手(30)、DJ・ジョンソン投手(30)、スコット・テイラー投手(27)と3人の外国人選手を補強した。就任以来、掲げる「一体感」でチームをまとめ上げ、頂点へ突き進む。


     新年を迎え、佐々岡新体制が本格的に始動する。昨季はリーグ4連覇を逃してBクラスに転落したが、オフは明るい話題が満載だ。国内FA権を取得していた会沢、野村が早々に残留を表明。ポスティングシステムを利用してメジャーリーグ移籍を目指していた菊池涼も年の瀬に残留を発表した。鯉将が掲げる「一体感」のスローガンの下、赤ヘル復活の予感が漂っている。

     就任直後、指揮官はすぐさま動いた。監督初仕事となったドラフト会議で松田オーナーに即戦力投手の獲得を熱望。明大・森下の単独1位指名に成功すると、秋季キャンプでは昨季未勝利に終わった岡田の中継ぎ転向を決めた。助っ人補強もブルペン強化を要望。セットアッパー、クローザー候補のDJ・ジョンソンとテイラーの剛腕2人を獲得し、投手陣再建に取り組んだ。

     佐々岡構想の根底に昨季1軍投手コーチとして体感した現代野球の変化がある。投手は先発、中継ぎの分業制が進み、セットアッパー、クローザーは軒並み150キロ台を計測。打者も速球を打ち返すパワーを備えている。近年、交流戦、日本シリーズでセ・リーグを圧倒するパ・リーグの野球に対抗するためには1点を守り抜く野球だけでは勝てないと痛感。打線は4番鈴木誠を軸に、新助っ人ピレラらが候補となるクリーンアップの長打で大量得点を狙っていく。

     日本一への思いは人一倍強い。西武と激突した1991年の日本シリーズ。第1戦に先発した佐々岡監督は秋山、清原、デストラーデの一発攻勢に沈み、黒星を喫したが、中3日で先発した第4戦は8回3失点の好投で一矢報いた。そして3勝3敗で迎えた第7戦。最終決戦で再び佐々岡監督は先発を任された。しかし、1点リードを守り切れず五回途中で降板。チームも敗れ、悔し涙をのんだ。

     プロ18年間の現役生活では通算100勝100セーブをマーク。沢村賞など輝かしい実績を残したが、91年のリベンジはかなわず、ユニホームを脱いだ。あれから29年、指揮官として、雪辱を果たすときが訪れた。愛するカープ、愛するファンのため、広島の街をもう一度、真っ赤な歓喜に染め上げる。

     ◆佐々岡真司(ささおか・しんじ)1967年8月26日生まれ。島根県出身。現役時代は右投げ右打ちの投手。浜田商からNTT中国を経て、89年度ドラフト1位で広島入団。2年目の91年に17勝を挙げ、リーグ優勝に貢献した。99年5月8日・中日戦でノーヒットノーラン。タイトルは最優秀防御率、最多勝、MVP、ベストナイン、沢村賞(いずれも91年)。2007年現役引退。通算成績は570試合138勝153敗106セーブ5ホールド、防御率3・58。野球評論家を経て、15年から広島2軍投手コーチ。昨季は1軍投手コーチを務めた。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00000009-dal-base

    広島鈴木誠也外野手(25)が7日、新体操元日本代表でタレントの畠山愛理(25)との結婚を発表した。すでに8月17日に婚姻届を提出。家族らに見守られ、6日(日本時間7日)にハワイで挙式した。



        ◇    ◇    ◇

    佐々岡真司監督が結婚を発表した鈴木を祝福した。広島市内のホテルで行われた球団OB会に参加。「事前に報告はもらっていた。家庭を持つことで責任も出てくる。これからしっかり頑張ってもらえると思う」。

    人生の節目を機にさらなる飛躍を期待した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-12070921-nksports-base

     広島OB会の副会長に大野豊氏(64=本紙評論家)が新たに就任することが5日、分かった。7日に広島市内のホテルで開かれるOB会総会で承認され、正式決定する。

     同郷・島根の後輩にあたる佐々岡新監督のもとでV奪回を目指す来季。大野氏は「OB会としては誰が監督でも応援するんだけど、(佐々岡監督は)同県人だからね、頑張ってほしい。陰ながら応援するし、出しゃばらない程度に助言させてもらう」と語った。

     就任7年目を迎える安仁屋宗八会長は「ワシの後を任せられる人材。(まずは)副会長というところから。みんなを支える意味でも適任」と期待した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000009-spnannex-base

    このページのトップヘ