広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    森下暢仁

     広島・野村祐輔投手(30)が頼れる“パイセン”になる。17日に故郷の岡山・倉敷市内での自主トレを公開。キャッチボールやダッシュなどでみっちりと汗を流し「1年間戦える体づくりをしている。キャンプでいつ投げろと言われてもいいように準備をしていきたい」と6勝5敗、防御率4・06に終わった昨季のリベンジに向けて意気込んだ。

     そんな野村が今年背負うのは自分の成績だけではない。今年は明大の後輩であるドラフト1位・森下暢仁投手(22)が入団。自身の新人時代は前田健太投手(31=現ドジャース)に弟子入り”し、さまざまな助言をもらったことが新人王獲得につながっただけに「(前田は)すごく話しやすい先輩でいろんなアドバイスをいただいた。(今度は)僕がいい見本になれるような先輩でありたい」とかわいい後輩のためにひと肌脱ぐつもりだ。

     なかでもチーム内で期待されているのは“ポーカーフェース”の伝授だ。「野村はピンチでも『本当に1年目か?』と思うほどまったく表情に出なかった。だからなめられることがなかった。ちょっとでも隙を見せたらのまれるのがプロの世界。そういう部分を森下にも教えてほしい」(チーム関係者)。普段はさわやかフェースの野村だが、プロ入り以来マウンドでは打者との駆け引きに徹するために無表情を貫いている。そうしたプロとしてのノウハウを惜しみなく森下に伝授してほしいという。

     この自主トレではウエートトレにも力を入れており3キロの体重増に成功し球の威力もアップ。フォーム改造にも着手し「キャリアハイを出したいと思っている」と最多勝&最高勝率を獲得した2016年以上の活躍を狙う。森下の“指南役”という重責も務めてチームの勝利に貢献したいところだ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000010-tospoweb-base

     広島で通算3度のノーヒットノーラン(うち完全試合1度)を達成したレジェンド、外木場義郎氏(74)が16日、廿日市市の大野練習場で行われている新人合同自主トレを視察。ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=のフォームを絶賛した。


     約30メートルの距離でキャッチボールを続けるドラフト1位右腕・森下を正面から見ながら、外木場氏が何度もうなずいた。

     「フォームのバランスがいい。脚と腕が連動している」

     森下は現在、キャッチボールと内野ノック、ウエートトレが主な練習メニュー。まだブルペンに入っていないが、すでに佐々岡監督が「何をやってもセンスがある」と評価し、1軍キャンプ入りを明言している。

     外木場氏もこの日、森下にアドバイスは、と質問されると技術的なことにはふれず、「張り切り過ぎてはいけない。ドラフト1位は、故障することが一番してはいけないこと」とだけ注文を付けた。逆に言えば、故障さえしなければ通用するということ。巨人・沢村栄治氏と並ぶプロ野球最多の3度のノーヒットノーランを達成した伝説の男も、注目の最速155キロ右腕にお墨付きを与えた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000008-sanspo-base

     広島の育成を含む新人9選手が7日、広島県廿日市市の大野寮に入った。ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=は服などを断捨離。イケメン右腕が、堂々のジャージー宣言だ。

     「広島は練習のイメージしかない。ジャージーしか着ないだろうと。私服は少し。野球に集中するということです」

     入寮といえば、寄せ書きなどこだわりの品を仕込んで紹介するのが一般的だが、鯉のドラ1はひと味違う。大好きな洋服のほとんどを弟に譲り、段ボール3箱分と少ない荷物で実家の大分から“簡単引っ越し”だ。

     佐々岡監督の現役時代の背番号「18」を託された最速155キロの即戦力右腕。割り当てられた104号室は、前田健太(現ドジャース)や大瀬良ら、エースが生活してきた出世部屋だ。

     「知らなかったです。頑張ります」

     年始は大分で過ごし、今月2日には実家近くの神社で初詣。おみくじで「大吉」を引いたという。「悪いことは書いてなかった」。8日から新人合同自主トレがスタート。吉兆に乗って、目標の新人王まで突っ走る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000023-sanspo-base

     広島・佐々岡真司新監督(52)が13日、広島・廿日市市の大野練習場で行われている新人合同自主トレを電撃視察した。

     「まだ8日に始まったばかりだが、みんないい動きをしている。しっかりやってきているな。ついピッチャーを見てしまうが、全体を見ないといけない」

     午前10時の練習開始に合わせて練習場入り。キャッチボール、内野ノック、施設から歩いて5分の坂道での坂ダッシュを熱心に見守った。自らがドラフト1位指名を熱望して入団した森下暢仁投手(22)=明大=については「キャッチボールでは良いフォームで本当に良い球を投げる。動きは軽快だし、何をやってもセンスがある」と絶賛した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000549-sanspo-base 

    即戦力右腕がまさかの二刀流!? 広島ドラフト1位の明大・森下暢仁投手(22)が8日、独自の調整方法を明かした。

    この日から広島・廿日市市の大野練習場で新人合同自主トレがスタート。学生時代からブルペンにはあまり入らず、野手の練習を取り入れ、自身の投球スタイルにつなげてきた。プロ入り後もマイウエーを貫き、エース街道を駆ける。

       ◇   ◇   ◇

    大学ナンバーワン右腕が“二刀流”で開幕ローテーション入りの土台を作る。新人合同自主トレ初日に、独自の調整方法を明かした。学生時代から投球練習はあまり行わず、守備練習や打撃練習などに取り組み、自身の投球につなげてきたという。「内野の位置から低いボールを投げることを意識したり、打撃練習に入ったりしてきた」。高校時代は3番打者だったこともあり、打撃は大好き。「打撃から投球につなげることもできると思う」と説明した。

    オールラウンダーの意識が強い。「投手だから投手だけのことをしなければいけないということではなくて、フィールディングだったり、投球につなげていくために、いろんなことをやっていかないといけない」。新人合同自主トレ中のブルペン入りは未定。「球を投げるよりはトレーニングした方が力もついてくる。焦ることなく、入れる時に入れたらと思っています」と語った。

    この日はドラフト5位の天理大・石原貴規捕手(21)と最大約50メートルの距離でキャッチボールを行った。ボールを受けた石原貴は「そんなに力を入れてなかったと思いますけど、回転数が多くて、ボールがのびてくる感じでした。素直にいい投手だなという印象です」。視察に訪れた高ヘッドコーチも「スピンが効いている。しなやかでした」と評価した。

    この日は時折笑顔をみせるなど、終始リラックスしていた。「硬くやっていてもプラスにならないと思う。笑顔でやった方がいいのかなと思ってやっています。体力含め、まだまだ足りない所が多い。筋力、体力アップして、投げられる力をつけていきたい」。目標の開幕ローテーション入りへ、着実に歩みを進めていく。【古財稜明】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-01080719-nksports-base

     広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)がマイペースの誓いを立てている。8日から広島・廿日市市内の大野練習場で新人合同自主トレがスタート。同期のルーキーたちとともにキャッチボールやウエートトレで汗を流した右腕は「みんなと楽しくできた。一軍の舞台で早く野球がやりたい。そこにたどり着けるように地道にやっていきたい」と気持ちを新たにした。

     あくまで自己流調整を貫くつもりだ。即戦力として期待されるだけにキャンプインの2月1日にはブルペン入りするのかと思いきや「そこまでは考えていない。自分のタイミングで入れればいい」とキッパリ。もともと「ブルペンで思い切りガンガン投げるタイプではない」といい、自主トレ期間中の投球練習の予定も白紙だという。

     広島では背番号18の先輩である前田健太投手(31=現ドジャース)が少ない投げ込み量で調整していたが、チーム内からも「自分で考えていることはいい心掛け。(新人王を獲得した)野村や大瀬良も自分のペースを守ったことが1年目の結果につながった」(チーム関係者)と賛辞が上がった。その一方で「先輩たちがバリバリ投げ込んでいたら、結局それに流されてしまうかもしれない。背番号18という注目度もある。そこで意志を貫けるかどうか…」と危惧する声もある。

     そんな心配に森下は「高校から入っていたら周りに合わせていたかもしれないですが、大学で学んできたので。自分は自分。体と相談しながらやっていく」と主張する。実際、この日の全体練習終了後、他のルーキーたちが居残りで自主練習をするなか森下は切り上げて自分の時間を有効活用。いきなりマイペースぶりを発揮した。「競争があるのでその競争に勝てたらいい」という森下。最後まで信念を貫き先発ローテの切符をつかみ取るつもりだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000026-tospoweb-base

     広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)は3日、1年目の目標に掲げる「新人王」をプロ野球人生の第一歩とした、未来予想図を明かした。

     「新人王を獲りたい。(基本的には)1年目にしか狙えない賞でもあるので、獲ってみたいです」

     受賞すれば、球団では2014年の大瀬良以来。思い描く成長曲線からすれば、即戦力としての活躍も通過点に過ぎない。

     「いろいろなタイトルがありますし、勝てる投手として最多勝とかを狙える投手になりたいです」

     かつて背番号18を背負った長谷川良平、佐々岡真司(現監督)、前田健太(現ドジャース)は、いずれも最多勝に輝いた。栄光の番号を託されたのは、かつてのエースと同様の活躍を期待されるからこそだ。順調に階段を上れば、もう一つの目標も自然とかなうはずだ。

     「侍ジャパンに入ってみたいな……という思いはあります。WBCを熱心に見たりしていたわけではないけど、球界を代表する投手になれれば、侍は視野に入ってくると思う」

     侍ジャパンには、高校、大学と世代別で選出されてきた。昨年8月には大学日本代表の一員としてU18ワールドカップに出場した高校日本代表の壮行試合に登板。昨秋ドラフトで4球団が競合したロッテの同1位・佐々木朗とともに先発した。ヤクルトの同1位・奥川を加えた“BIG3”として比較されるが、対抗心はまるでない。

     「全く意識していないです。あれだけ速い球を投げて注目もされている。佐々木君は佐々木君なので」

     誰にも惑わされることなく我が道を行く。森下の潜在能力を考えれば、現実的……とも言えなくない未来予想図である。(河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000043-spnannex-base

    広島横山竜士1軍投手コーチ(43)が5日、ドラフト1位の明大・森下暢仁投手(22)の実戦デビュー戦が宮崎・日南キャンプで開催する2月9日の初紅白戦(天福)になる可能性を明かした。広島・廿日市市内の商業施設で行われたトークショーに参加。開幕ローテーション候補と期待する右腕により多くの実戦経験を積ませ、調整を進めていく方針を示した。



       ◇   ◇   ◇

    即戦力右腕が、異例の早さでベールを脱ぐ可能性が出てきた。今年は東京五輪の影響で開幕戦が3月20日と早く、先発投手陣は例年よりも調整を前倒しする必要がある。森下は開幕ローテーション候補の1人で、2月春季キャンプ1軍スタートが内定。開幕までにプロ相手に多くの実戦経験を積むことが必要だ。

    チームとしても2月9日の紅白戦が今季初実戦となる。既に秋季キャンプに参加していた若手投手数人には紅白戦への調整の指示は出ており、横山コーチは「ルーキーにそこまで求めはしないにしても、(2月22日から始まる)オープン戦辺りをめどに、実戦の回数、球数とイニング数もこなしていかないといけない。そこを逆算した中で考えていかないと」と説明した。

    今月8日から新人合同自主トレが始まり、横山コーチも同期間中に視察する予定。「自主トレを見て、どれくらい投げられるのか、体の状態がどうなのか、そこは自主トレからキャンプにかけての状態を見ていく中で、監督、投手コーチ含め判断していくことにはなる」。近年の大卒ドラフト1位右腕の初実戦は大瀬良が14年2月16日、岡田が16年の同日、矢崎が17年2月14日だった。異例の早さでの初実戦へは1月中のアピールが重要だ。

    森下は1年目の目標として「新人王」、「開幕ローテーション入り」を掲げる。横山コーチは「彼が高い目標を持ってくれているのは、こちら側としてはありがたい」と感謝。最速155キロの直球を誇る大学NO・1右腕とあって、「実力ある投手だと思う。先発の競争の中に加われば、他の投手にも刺激にもなるし、チームの底上げにもつながる」と相乗効果にも期待した。背番号18の黄金ルーキーが目標達成へ、初実戦で剛腕をみせつける。【古財稜明】

    ◆森下暢仁(もりした・まさと)1997年(平9)8月25日生まれ、大分県大分市出身。大分商では1年夏に背番号11で甲子園ベンチ入り。3年夏はU18W杯で10回を投げ無失点。明大では大学日本代表で17年ユニバーシアード優勝、18年ハーレム国際大会優勝に貢献。4年時には全日本大学選手権でエースとして38年ぶりの日本一に導いた。180センチ、76キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-01050980-nksports-base

     広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=と同2位・宇草孔基外野手(22)=法大=の新春対談が実現した。高校3年時の日本代表で初めて出会い、東京六大学リーグでもしのぎを削った間柄。大学時代の思い出や同じユニホームを着て描く未来像などを語り合った。森下は新人王を目標に掲げ、宇草は一日一生の精神でグラウンドに立つと誓いを立てた。=ルーキーズ初夢対談2


      ◇   ◇

     -これまで広島に来たことは?   

     宇草「1回だけあります。小6のときに全国大会が広島であったんです。マツダスタジアムができた年かな。マツダで入場行進をして、試合は広島市民球場だった」

     森下「へー」

     -大学での初対戦は覚えている?

     宇草「覚えてます。3年の春かな」

     森下「結構、打たれてると思うよ」

     宇草「結果は覚えていないんだよ。でも、見た通りすごい投手だった。素晴らしい、打てないッス」

     -その後も何度か対戦があった。

     森下「宇草は足が速いから逆方向を狙えばヒットになる可能性は高い。でも自分との対戦ではファーストゴロだったっていう印象が強いよ」

     宇草「普段は常にセンター返しを意識するんだけど…。良い投手だから欲が出るんだよ。絶対に打ちたいと。欲を出し過ぎたね」

     -大学進学を選んだ理由は?

     森下「自分の中ではプロに行きたいと思ったけど、プロでできるかって考えたときにうまくいくイメージがなかった。怖い場所だという感覚があって。柳さん(中日)とか(坂本)誠志郎さん(阪神)に『4年間、大学で野球をやってプロに行っても、高校からプロに入ったメンバーと変わらない。野球に対する経験は、自分がやれば変わらないし、大学に行けば横のつながりもできる』と言ってもらった。善波前監督からも『必ずドラ1で行かせてやる』と言ってもらって」

     宇草「僕はプロとか全く考えていなかった。大学でも野球を続けられるかなって心配していたぐらい。法政さんからお話をいただいて、お世話になりますと決めた」

     -常総学院は全国屈指の強豪校。その中でセンバツにも出た。

     宇草「プロに行きたいなと思っていましたけど、本当に現実味を帯びたのは、大学3年の秋が終わってから。それまではメンバーに入れなかったし、試合にも出ていなかった。社会人でできるかなと考えていた。先輩にもそういう相談をさせてもらった」

     -大学4年間を振り返ると。

     森下「高校のときは、ほぼ何もしていなかった。体幹や走り込み、ウオーミングアップやトレーニングも…。バッティングをして終わりの日とかもあった。今思うと、高校のときはめちゃめちゃ甘ちゃんだった。こんな状態で大学に行ったから、アップだけでしんどかった」

     宇草「僕も高校時代はあんまりアップの時間はなかった。大学はアップがめっちゃ長いよね」

     森下「高校時代は、授業が終わったらグラウンドに出てきてケージを準備。集合して『バッティング!』って。投手も野手と一緒。だから大学では野手と投手が分かれているというのが最初、意味がわからなかった」

     宇草「オレも一緒。大学って、めっちゃ分かれてる」

     森下「だから大学では、何でバッティングさせてくれんの?って思った」

     宇草「暢仁ってめっちゃ打つからね。明治で一番嫌だった。マジでめっちゃ打つ」

     森下「打撃と投球はつながっていると思ってるから(笑)」

     宇草「出た!名言!」

     森下「打撃はその場で回転したり、下半身を使わないといけないでしょ。ピッチングも同じ。投げることと打つことは、似ているんじゃないかなという考え」

     宇草「リーグ戦で代打で出てきたことがあったよね。結果は三振だったけど、雰囲気が全然違った。落ち着いていた」

     森下「結構、粘ったなぁ」

     宇草「意味わかんないよ、投手が代打って」

     -プロで打撃での目標は。

     森下「ホームランは1本は打ちたいなっていう気持ちがあります。大学で打てなかったから」

     -森下投手から見て宇草選手はどんな選手だった。

     森下「六大学のオールスターで一緒だった時、練習での打球がみんなと違っていた。みんな真剣に振ってレフトのフェンス直撃だったのに、宇草は最後に出て来て、バックスクリーンへ3本くらいぶち込んだ。コンパクトに振って。ショートの位置で見ていたんだけど、すごいって思った」

     宇草「みんな見てたから練習用の打撃をしたんだよ。ちょっと頑張ろうと思って」

     -宇草選手は俊足も武器。森下投手もかなり警戒したのでは?

     森下「けん制は練習しましたね」

     宇草「めっちゃけん制するもんね、そしてうまい!一塁走者で盗塁を試みたのは1回だけかな。成功もその1回だけ」

     -先輩選手に聞きたいことは?

     森下「一番、聞きたいことは苦労したことですね。勝手なイメージだけど、ほとんどが苦労ばかりで、簡単にいかない世界だと思っているんです。やっておいた方が良いことを知りたい」

     宇草「たくさんあるけど、プロは毎日試合がある。どういう気持ちで臨んでいるのかなと思う。良い日もあれば、悪い日もある。悪い日にどういう考え方で臨んでいるのか聞きたい。もちろん技術的なこともたくさん聞きたいですけど、シーズンの流れが全くわからないので、こういうときは、こういうことを意識した方がいいよとか。取り組み方とか考え方を聞きたいです」

     -目指す選手像は?

     宇草「どんなときも攻めていきたい。打撃と走塁が自分の長所。どんどん攻めていって、負けているときに流れを変えられる選手になりたいです。来年、クビになるかもしれない。自分はそれくらいの危機感を持ってやっていきます」

     森下「結果を残して、できる限り長く野球を続けたい。そして、いずれは球界を代表する選手になりたいと思っています」




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000017-dal-base

    このページのトップヘ