広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高校野球

     コロナ禍による夏の甲子園大会中止で、高校3年生球児の運命は大きく変わることになる。

     休校や練習休止中、全国の強豪校の指導者は、大学や社会人への進路サポートに動き出していたという。

     大学のスポーツ推薦は、全国大会や甲子園出場などの条件を基準にしているケースが多い。にもかかわらず、アピールの場が失われてしまった。「そのため高校側から大学側へ、電話や時には映像提出といった売り込み合戦が、あちこちで行われていました」と明かすセンバツに出場予定だった関西の強豪校の関係者によれば、「うちの主力、レギュラークラスは、大学や社会人など、だいたい進路のメドは立っています」というから驚きだ。

     選手をプロ野球に送り込むだけでなく、最近は早大、慶大、立大といった名門大学への進学にも力を入れる大阪桐蔭の西谷監督や興南の我喜屋監督は、大学だけでなく、アマチュア野球関係者と連絡を密に取っていたと、一部スポーツ紙が報じている。

     前出の関係者が続ける。

    「ただ、問題があります。売り込み合戦といっても、映像などの資料を用意できるのは、下級生から試合に出ている主力や昨秋の公式戦の実績があるようなレギュラークラスに限られる。夏の甲子園どころか、練習試合もできず、県単位の独自の大会があるかないか分からない状況で、大学側に売り込めない、切り捨てられる格好になるのは『強豪校の背番号2ケタの2番手クラス』、それと大学と結びつきがあまり強くない『中堅校の選手』でしょうね。プロではなく、大学で野球を続けていけるこのレベルの選手が、完全にアピールの場を失い、不完全燃焼のまま野球を断念せざるを得なくなる。だから独自の大会をやるなら『3年生』に限定した方がいいのではないか、という声が一部で上がっています」

     前例のない春夏甲子園中止は、こんなところにも暗い影を落としている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-00000011-nkgendai-base

    【松坂、筒香を育てた小倉清一郎 鬼の秘伝書】

     選手にかける言葉が見つからない。本当に、本当に残念だ。

     日本高野連が20日に開いた運営委員会で、春のセンバツに続いて8月10日開幕の夏の甲子園大会の中止を発表した。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響で高校生のインターハイ、全日本大学野球選手権などの全国大会が相次いで中止になっていただけに、仕方ないとは思う。

     だが、3年生部員を公式戦のないまま卒業させるのは余りに忍びない。地方大会の中止も合わせて決定されたが、それに代わる独自の公式戦の開催については、各都道府県高野連の裁量で実施する余地が残された。独自大会、代替大会に関して各高野連で温度差があるのは事実だが、これだけは、なんとか実現させてもらいたい。

     私が臨時コーチを務めている山梨学院が出場を決めていたセンバツが中止になった際、「夏じゃなくて良かった。この悔しさは夏に晴らそう」と選手に声をかけた。それなのに、その機会も奪われてしまった。吉田洸二監督の指導力のたまものだろう、山梨学院の選手たちは中止の報道が出た後も気丈に振る舞っていて、頭が下がる思いである。

     繰り返し、これだけは言いたい。どんな形でもいいから、3年生が最後に練習の成果を披露する舞台を用意して欲しい。

    ■500人限定で500円なら1試合25万円

     私案がある。スタンドに一般客は入れず、球児の父兄や両校の部員などの関係者だけに限定すれば、250人ずつほどだろう。計500人が一塁側と三塁側に分かれれば、離れて座ることは可能だ。そして、1試合ずつの入れ替え制にする。何万人もの観客を1試合ごとに入れ替えるのは大変だが、500人程度ならすぐに終わる。「無観客で入場料が入らなければ地方高野連の財政が厳しい」と言うが、500人の父兄から500円ずつを徴収すれば1試合の収入は25万円。昨秋の山梨大会を例にとると、32校が参加し、31試合が行われた。大会を通じて775万円の収入になる計算だ。球場使用料などの大会運営費は、数百万円から大都市などでは1000万円以上になるといわれる。少しは足しになるのではないか。

     休校期間の遅れを取り戻すため、今年は8月10日前後から2学期が始まる学校が多いそうだ。そうなると、独自大会であっても参加校が多い県などは、決勝までの日程を確保できず、開催に積極的でない地域もあると聞く。それでも全ての都道府県でやらせてあげたい。全国の指導者がそう願っている。

    (小倉清一郎/元横浜高校野球部部長)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-00000010-nkgendai-base

     「やっと自分たちでやれるときがきた」。帝京長岡(新潟)の主将でエースの吉田行慶(ゆきよし)(3年)は春ごろから、公式戦に出られる喜びを表す言葉を日誌につづるようになっていた。



     吉田は昨年4月に帝京(東京)から来た転校生。捕手の西村俊亮(しゅんすけ)(3年)も一昨年12月に浦和学院(埼玉)から加入した。引き抜き防止を狙いとした規定により、2人は昨年、公式戦に出られなかった。だから、今夏の新潟大会は待ちに待った試合だった。

     「昨年は負けた試合をスタンドから見ていて、投げられない悔しさを味わった。いろいろな思いを糧にしてきた」と吉田は言う。

     芝草宇宙(ひろし)監督(50)は1987年夏、無安打無得点試合を達成して甲子園をわかせた帝京の元エース(のちに日本ハム)。2人の振る舞いに注目していた。「昨年は大会が近づけば練習試合にも出しづらかったが、2人は素直に受け入れてくれた。みんなでチームを強くしようという意思を持っていた。主将にしたのも吉田が冷静に周りを見ていたからです」

     今回の決定に「ショックで言葉がない」と吉田。情熱家の西村ともメールを交わしたが、「悲しそうでした、自分より。お互い気持ちを整理するのに時間がかかると思います」。ただ、今後の思いも絞り出した。「帝京長岡には感謝しています。今後も、恩返しができる野球人生にしたい」

     唐津工(佐賀)は部員37人のうち、3年生は一塁手の磯崎大翔(ひろと)だけだ。「1人でよくがんばってきた」。20日、副島浩史監督(30)は円陣で中止を伝えたあと、磯崎に声をかけた。

     「選抜が中止になり、もしかしたら夏も、と思った」と磯崎は目を伏せた。「だけど、そんなことを考えたらチームが悪い雰囲気になると思い、夏はあると信じてやってきました」。担任でもある監督に激励され、やめたい気持ちを抑え込んできた。就職志望で、野球に打ち込むのは最後かもしれない。「このあと何か大会があるなら、やってきたことをぶつけたい」

     副島監督は佐賀北の2007年全国制覇メンバー。決勝で逆転満塁本塁打を放ち、高校生が秘める力を満天下に示した。「行けば人生が変わる」と甲子園の魅力を知っている。「甲子園を目指してやったからこそ涙が出る。ああ、届かなかった、と。自分も一つ上の代が負けたときに涙が出た。ただ高校野球をやって、何か悔しく思えるのかなあ」。磯崎だけでなく、全国の3年生を思いやった。(坂名信行、隈部康弘)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000098-asahi-base

     ◇夏の甲子園、地方大会中止

     全国の球児のことを思うと本当に残念でならない。過酷な練習に耐えて仲間とプレーし、甲子園を目指して若き命を燃やす――。国難ともいえる新型コロナウイルスの感染拡大だが、こんな事態を誰が想像しただろう。

     今、思い出すだけでも涙が出る。58年夏。私のいた浪商(現大体大浪商)は甲子園出場を決めたが、部内で暴力事件があった。チームは出場が認められたものの、他の数人とともに私は処分を受けて出場できず。事件は部員みんなが見ており、完全な濡れぎぬだった。死のう、とさえ思った。16歳で故郷・広島を出てきて、夢が絶たれ…。それほど甲子園は大きな存在だった。

     何とか甲子園の土だけでも踏ませてあげられないか。例えば春のセンバツの出場予定校を集め、今年の11~12月に試合を行う。32チームで1試合ずつ。1日4試合なら4日間の計算だ。思い出だけでも作らせてあげたい。そこには全国約4000校の球児の希望が詰まっているのだから。

     若き高校生に今回の事態が運命だったというのは酷だろう。人生は長い。この経験を糧に「あの時のことを思えば…」と強く生きてほしい。「あっぱれ」な人生を、と切に願う。(スポニチ本紙評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000069-spnannex-base

     日本高野連は20日、新型コロナウイルスの影響が各地に広がる中、オンラインで「第102回全国高校野球選手権大会」の運営委員会と理事会を開き、8月10日から予定されていた夏の甲子園大会と出場権を懸けた地方大会の中止を決め、発表した。この日、広島の中村奨成捕手(20)が取材に対応。大会新記録の6本塁打を放った甲子園を「人生が変わった場所」と振り返り、複雑な心境を明かした。

     高校球児なら誰もが憧れる夢舞台。夏の甲子園が、今春のセンバツに続きコロナ禍にのみ込まれた。春夏連続での中止は史上初。広陵時代、聖地で放物線を描いた中村奨は、時折言葉を詰まらせ複雑な心境を吐露した。

     「特に3年生には何と声をかけたら良いのか思い浮かびません。自分がその立場だったら…。目標がなくなってしまうので立ち直れないかもしれない。つらいです」

     17年夏。歴史の1ページを塗り替えた若鯉は、甲子園をこう表現した。

     「人生が変わった場所です」

     初戦の中京大中京戦から準々決勝の仙台育英戦までの4試合で、3試合連続を含む4本塁打を記録。準決勝の天理戦では2本塁打を放った。「何か自分の持っている以上の力が出た」。計6本塁打は、清原(PL学園)が持っていた1大会個人最多本塁打を更新するものだった。

     卒業後の進路をプロと決めていたものの、上位候補になるとは夢にも思っていなかった。「無名だった僕のターニングポイント。打っていなかったら分からなかった」。一躍全国区の選手となり、秋のドラフト会議では広島、中日から1位指名を受けた。

     日本一を目指してたたいた伝統校の門。決勝で花咲徳栄に大敗し、人目をはばからず大粒の涙を流した。夏は初めてとなる優勝を逃したが、3年間、仲間と共に泥だらけになって流した汗は、かけがえのない財産だと誇れる。

     今は「簡単に頑張っていこうとか、声をかけられない」と声を絞り出した。それでも彼らが白球を追いかけた日々は決して色あせない。いつの日か顔を上げ、前を向いて歩んでほしいと強く願っている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000023-dal-base

     広島の大瀬良大地投手(28)が20日、高校球児を思いやった。

     20日に運営委員会が全国高校野球選手権大会の開催可否を協議。「地元を離れて3年間頑張ってきた人もいる」と思いを口にした。

     大瀬良自身は2009年に長崎日大高(長崎)で3年夏にエースとして出場。1回戦で菊池雄星を擁する岩手の花巻東高と対戦し、ファンを沸かせた。「甲子園に出られたことで大学でも野球をやろうと思った。もし夏に出ていなかったら、野球をやっていなかったかもしれない。甲子園出場は自分の人生において分岐点だったかもしれない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-00000048-dal-base

     広島は20日、新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園が中止になったことを受け、選手が思いを語った。


     夏の甲子園で活躍した中村奨、堂林、野村がそれぞれ、球児の心情を思いやった。3選手のコメントは以下の通り。

     広島・中村奨(広陵で17年夏準優勝)「特に3年生には何と声をかけたら良いのか思い浮かびません。だから簡単に前を向いて頑張っていこうとか、僕からは声をかけられない。自分がその立場だったら…、目標がなくなってしまうので、悔しい気持ちになると思う。甲子園を目指して3年間、野球に全てをかけていた。目標がなくなれば立ち直れないかもしれない。

     甲子園では6本のホームランを打った。でも僕はホームランバッターじゃないし数には興味がなかった。清宮や安田の方がずっと多く打っていたから。ただ、甲子園では自分が持っていた力以上のものが出た。プロを目指していた。あそこで活躍できていなかったら、ドラフト1位で指名されていたかわからない。甲子園はターニングポイント。僕の人生が変わった場所でした」

     広島・堂林(中京大中京で09年夏優勝)「春のセンバツがなくなり、夏の甲子園も中止になった。もし自分が高校生で、どういう思いになるだろかなって考えたら…、結構つらいです。目標を失うことになる。特に3年生は、高校生活の集大成を見せる場所がない訳だから。何と声をかけていいかわからないです。

     甲子園は急にチームが急成長する場所。ぐっとチームのまとまりを感じたりもした。決勝はあまり思い出したくないですが。何が起きるかわからないのが甲子園でもあるし、それは自分も経験をさせてもらった。最後のゲームセットまで試合はわからない」

     広島・野村(広陵で07年夏準優勝)「春のセンバツもそうですし、(高校)3年間を甲子園に、ずっと頑張ってきた選手、生徒は残念な気持ちでしょうし、かわいそうだなという。残念な気持ちでありますし、高校までで野球を辞めてしまう子どもたちも中にはいると思う。そういった人たちにも、何とかやって欲しいなという気持ちはやっぱりありますけど。まずはやっぱり、残念な気持ちです。

     甲子園は、感謝と悔しさを知ったということですかね。たくさんの方に応援していただきましたし、広島に帰ってきても声をかけてくださる方々もね。こんなにたくさんの人が応援してくださったんだというのを改めて感じたというか、感謝の気持ちを持ったということはすごく覚えています。

     みんなと最後の最後まで一緒に、全都道府県の最後の試合までできた。やっぱり、ありがたいですよね、最後の最後まで野球をやらせてもらったという。特に今年のことを考えるとね、ホントにこう、うれしいことをさせてもらったな、という思いはあります」



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/e26d02f3a8b629dc352a0eba03bb1a5d5c7d2947

    広島堂林翔太内野手がマツダスタジアムでの練習後、夏の甲子園大会の中止が検討されていることに言及した。



    球児のことを思い「高校の集大成にもなりますし、なんと言っていいのか分からない。目標を失うということになってしまうと思うので…つらいですね」と下を向いた。中京大中京3年の09年夏には日本文理との決勝戦を制して全国優勝。母校は出場予定だったセンバツも中止となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-25160556-nksports-base

     広島県高校野球連盟の板森匡祐理事長(47)は15日、新型コロナウイルスの影響で今夏の全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)が中止になった場合でも、広島県独自の代替大会開催を検討していることを明かした。

     日本高野連は20日に運営委員会を開き、開催の可否について最終決定する方針だが、各校とも休校や部活動停止が続いており、感染のリスクもぬぐい切れないことから開催は極めて厳しい情勢だ。

     広島県高野連も県内各校の情報収集に努めながら日本高野連の決定を待っている状況だが、板森理事長は仮に甲子園大会が中止となった場合でも、「地方大会という位置付けは変わることになるが、広島県独自で代替大会を開催できないか検討している」と語った。

     広島県の緊急事態宣言は解除されたが、現在も多くの学校が休校しており、部活動再開のメドが立っていないところも多い。代替大会は7月中の開催を想定しており、「いつごろまでに通常の学校生活に戻れるのか。遅れている授業の問題や練習不足によるケガのリスク、感染予防の問題もある。教育委員会とも協議しながら決めていきたい」と、開催実現には乗り越えるべきハードルも多い。

     夏の大会は3年生にとっては集大成となる。「これまで培ってきた練習の成果を発揮できる場をなんとか与えてあげたい」(板森理事長)という“親心”を形に変えるため、今後も各方面と調整を続けていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00000137-dal-base

     高校球児にとって人気コンテンツ「選手名鑑」。今でも現場にいくとこの選手名鑑に掲載されたいという声が多く聞かれます。

     改めてこの選手名鑑をランキングすると、どの選手が上位に入ったのか?2015年1月1日~2020年4月30日を集計期間として、ランキング化しました。

     かなりの激戦ランキングに!今回はベスト50を紹介していきます。


    50位~31位

    50位 村上 宗隆(九州学院-東京ヤクルト)
     高卒2年目で36本塁打を放ち、今ではプロ野球ファン期待のスラッガーへ成長しました。悔いがあるとすれば、高校時代にもっと踏み込んで取り上げるべきだったと痛感しています。

    49位 峯村 貴希(木更津総合-日本大)
     1年春からレギュラーで出場し、3度の甲子園出場を経験。2017年度の千葉県を代表する大型遊撃手として活躍しました。

    48位 森 敬斗(桐蔭学園-横浜DeNA)
     2年秋の関東大会では大活躍を見せ、優勝に貢献。ドラフトが近づくにつれて日増しに注目度がアップし、ドラフト1位になった瞬間、注目度が大爆発。49位にランクイン!

    47位 鈴木 昭汰(常総学院-法政大)
     侍U-15代表を経験したクレバー型左腕。2016年の春夏ではエースとして活躍し、2016年度の茨城ナンバーワン左腕でした。

    46位  清水 大成(履正社-早稲田大)
     昨夏甲子園優勝の履正社のエース。大活躍を見せた2年秋の近畿大会。そして甲子園で活躍しつづけ注目度はあがっていきました。




    引用元  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00010008-hbnippon-base

    このページのトップヘ