広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    黒田博樹

    _5dd76c65d7f18

    【取材のウラ側 現場ノート】今でも自戒とともに思い出すのは、黒田博樹氏(45=現野球評論家)が2016年の日本シリーズ開幕直前に引退を表明したときのことだ。現在も“レジェンド”としてファンからの人気は高いが、当時の黒田氏の注目度も尋常ではなく、周囲は「今後は何をするのか?」「ユニホームを着るのか?」など引退後のことが話題となっていた。

     そんな中、当時担当外ながら応援で広島取材に来ていた私に耳を疑うような噂が飛び込んできた。「引退したら、黒田さんはたこ焼き屋を始めるらしい…」。にわかには信じ難い話だったが、聞くところによると黒田氏は大阪出身とあって、たこ焼きへの愛情は人一倍。自ら作ることもあり、焼き具合や食べ方にとてつもないこだわりがある。そのため自分好みのたこ焼きを広めるために店をオープンする、ということだった。


    284f9c38



    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1891161/

    開幕から1カ月半が経過し、広島は大方の予想に反して最下位に低迷する。主要因は投手陣。抑えを含む救援陣の不安定さが1点差試合の0勝6敗に表れる。この現状をどう見ているのか、OBで日米通算203勝を誇る黒田博樹氏(45)を電話取材した。苦境打破と投手再生へ、同氏は「鈴木誠也をキャプテンに攻撃的な野球を」と緊急提言した。(構成・江尾 卓也)


    《スポニチ独占インタビュー》  ――ここまでのカープの戦いをどう見る?  「ファンの皆さんと同じで、チーム力を考えれば今の順位はちょっと予想外ですね」  ――チーム防御率(4・46)が示す通り、投手陣が苦しい。とりわけ中継ぎ、抑え。ただ、勝ちパターンの整備には時間がかかる。  「当然そうです」  ――何か打開策は?  「リリーバーが投げながら技術を上げるのは難しい。でも、メンタル面から技術が向上することは多々ある。そう考えると、僕の個人的な意見ですが、今できるのは攻撃的な野球を展開し、投手が打者だけに集中しやすい環境をつくることかな…と。幸いにチーム打率(・281)がリーグトップの打線を持っていますから」

    jH9Z6qrN


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/3146e352df6619430c5bd731c32d3d2e7c493d67

     巨人の田口麗斗投手が4日、ジャイアンツ球場で個人練習に参加。ブルペン入りし捕手を立たせて47球、投げ込んだ。個人調整期間中に新しい球種にもチャレンジしており「充実しています」と話した。

     広島県出身の左腕は5日の子どもの日を前に幼少期の憧れの選手を語った。「子どものころの憧れは黒田投手ですね!テレビでよく見てましたから。後は嶋選手!赤ゴジラね!」と明かしていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00000106-dal-base

    近畿大学野球部の田中秀昌監督(63)の監督人生を振り返る連載の2回目です。田中さんの指導者としてのキャリアは、母校の上宮高校(大阪)で始まりました。34歳だった1991年8月に野球部の監督に就任。このときの2年生ピッチャーに、のちにヤンキースでも投げることになる黒田博樹(元・広島)がいました。



    努力できる才能のあった黒田博樹


    黒田の立場は右の本格派の西浦克拓、左の溝下進崇に次ぐ3番手の投手だった。当時の上宮にはのちに明治大に進んで中日に入団した主将の筒井壮(現・阪神コーチ)もいて、能力の高い選手が多かった。田中さんの構想は徐々に形になっていき、秋の大阪を制すと、近畿大会でも準優勝。翌年春の選抜大会出場が確実視されたが、前監督時代の不祥事で選抜出場の推薦辞退に追い込まれた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-00010001-fyears-base

     広島テレビでは「みんなでがんばろう!カーププレイバック中継」と題し、5月の週末にこれまで同局が中継した中からよりすぐりの試合を放送する。


      【放送予定】

     ◆5月2日 19年5月15日・ヤクルト戦(7点差大逆転・鈴木誠サヨナラ弾)

     ◆同9日 19年7月19日・巨人戦(5点差逆転、会沢決勝弾)

     ◆同16日 15年3月29日・ヤクルト戦(黒田博樹氏が凱旋登板勝利)

     ◆同17日 13年10月3日・中日戦(前田智徳氏の引退試合)

     ◆同23日 19年3月29日・巨人戦(開幕戦で大瀬良が丸から4連続奪三振)

     ※各日とも13時55分から放送。23日の試合は変更の可能性あり。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00000067-dal-base

     記者席から思わず身を乗り出した。打席からのけ反って尻もちを付いた黒田博樹投手が、マウンドに立つ藤浪晋太郎投手をにらみ付ける。両軍選手、首脳陣がホーム付近に集まり、不穏な空気が流れた。乱闘寸前。投手が打席で魅せた闘志は、長く低迷したカープナインの意識を変えた。


     2015年4月25日の広島-阪神戦(マツダスタジアム)。この年、「広島に僕を待ってくれる人がいる。1球の重みを感じられる」と、電撃復帰を決めた黒田が先発した。チームは最下位と低迷。1-1で迎えた二回、1死一塁で打席に立った。バントを試みたが、藤浪の投球が2球続けて頭部付近を襲った。

     「自分の体は自分で守らないといけない。それにチームの士気にも関わる。(藤浪の)闘う姿勢も分かるが、負けない気持ちを出した」。試合後、黒田は当該シーンについて、こう説明した。この回に1点を取って勝ち越すと、続く三回にも2点を追加。まさに気迫で奪った勝利だった。

     ただ、黒田は対戦の翌日、投げ合った藤浪にもエールを送っている。

     「一生懸命、闘う中で起こったこと。次の対戦があれば、思い切って腕を振って投げてくれたらいい。僕は(死球を)頭に当ててしまったことがある。いろんな経験をしてきた。それを乗り越えらないと強くなれない」

     そんな言葉通りに、順風満帆な野球人生だったわけではない。エースとして活躍した2000年代前半。市民球場のマウンドに立つと、空席の目立つ客席が見えた。「ファウルボールがスタンドに入っても、誰にも当たらずイスに当たっていた」。当時の主砲だった新井貴浩内野手と2人、口を開けば勝つための方法を探した。広島復帰後は、衰えが見え始めた体で闘った。全盛期は150キロ超の直球とフォークが主体。スタイルの変化に「当然葛藤はあった」という。だが投手である前に、プロとして生きざまを探した。

     この一戦を契機に、チームは闘う集団に変貌を遂げた。復帰2年目の2016年には、初めてリーグ優勝を経験した。スタンドを見渡せば客席は、真っ赤に染まっている。新井との抱擁シーンは広島だけではなく、プロ野球ファンの感動を呼んだ。カープは地方球団ではなく「地域球団」と呼ぶ。ファンと共に戦ってきた。この年限りで現役を引退。「常に野球の神様がいると思って投げてきた」という男に、最高のフィナーレが待っていた。

     今月の17日にはオンラインで臨時の12球団代表者会議が開かれ、5月中の開幕断念と交流戦の中止を発表された。2005年に始まった交流戦の中止は16年目にして初めてで、試合数削減を含めた大幅な日程の再編も必至。最短で6月中旬以降の開幕になるが、これすら先が見えない。開幕後も当面は無観客での開催になりそうだ。

     だからこそ、例年以上に「1球の重み」が感じられるシーズンになるだろう。プロ野球界から元気、勇気を届ける1年にしたい。連覇を狙う巨人に、覇権奪回を誓う広島。戦力を整えた阪神やDeNAも頂点をうかがう。闘志あふれる気迫の対決を楽しみに待ちたい。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-00000043-dal-base

    広島テイラー・スコット投手(27=オリオールズ)がフロントドア、バックドアを披露した。初めて打者を相手にした登板から変化球を積極的に投じ、スライダーやツーシームを両サイドに投げ分けた。


    OB黒田氏のような球の出し入れに「それが自分のスタイル」と胸を張り、スライダーの修正を今後のテーマに挙げた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-02081130-nksports-base

    エースのエキスをたっぷり吸収してきました! 広島床田寛樹投手(24)が29日、宮崎・日南で行うキャンプ先乗りの合同自主トレでブルペン入り。



    今オフにOBで元エースの黒田博樹氏(44)から金言を授かったことを明かした。自主トレは大瀬良大地投手(28)に弟子入りし、地獄の鍛錬を実施。目標の2桁勝利&規定投球回到達へ、手応え十分のキャンプインだ。

      ◇    ◇    ◇

    「まずは開幕先発ローテ入りして、2桁勝利、規定投球回に到達したい」。床田が掲げた目標は、あっさり否定された。1月に黒田氏、大瀬良、戸田、床田の4人で食事する機会があり、黒田氏に目標を伝えたところ「正直レベルが低い」と指摘を受けたという。

    黒田氏 先発ローテに入るのは誰でもできる。最初から2桁、規定投球回に乗るつもりでやらないと、結果は変わってくる。ローテに入ったことない若手がライバルになってしまう。

    黒田氏は25年ぶりにリーグ優勝した16年に現役を引退。床田が17年入団のため、入れ違いで接点は少なかった。左腕は「めっちゃ緊張しました」と当時を振り返り、決意を新たにした。「黒田さんに『2桁勝てる力はある』と言ってもらえた。先発ローテに入れたらいいとかじゃなくて、絶対入る気持ちでやります」。

    目標達成へ、1月は下半身を徹底的に鍛え上げた。大瀬良から誘われ、合同自主トレを敢行。1年間戦い抜くための体力強化がメインだった。100メートルを20秒以内で走り、20秒休憩するメニューを10本×5セット、1日合計50本を毎日行ったという。「めちゃくちゃ走りました。大瀬良さんは昭和タイプ。根性論的な感じの人で、妥協は一切なかった。すごく勉強できた」。他にもウエートトレーニングや水泳などで、エースの鍛錬を積んできた。

    17年に受けた左肘のトミー・ジョン手術から再起し、昨季は7勝を挙げた。ただ24試合に先発し、7回以上投げたのは7試合。「最低でも7回まではいきたい。7回まで投げれば勝ち星も増える」と力を込めた。この日は昨シーズン以来となる、捕手を座らせた状態でのブルペン投球を行い、51球投げ込んだ。オフに鯉の先輩エースから刺激をたっぷり受けた左腕。恩返しの大活躍を期す。【古財稜明】





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-01290813-nksports-base

    プロで活躍する選手は、たいてい、高校時代に主力選手として活躍を見せている。
    エースや4番、主将といったチームの核となる役割を担っているパターンがほとんどだ。しかし高校時代は全く実績がなく、大学、社会人で花開いてプロ入りするというサクセス・ストーリーを私たちに見せてくれる選手がまれにいる。さらにMLBで活躍するとなれば、それはもう夢の様な話だ。

     そんな夢の様な野球人生を送っているのが日米通算203勝を挙げた黒田 博樹氏だ。

     黒田投手は上宮高校時代、ほとんど登板実績がなかったのはご存知だろうか。
    高校時代は控え投手で、登板が全くなかった選手が、その後大学で開花し、メジャーリーガーになり、さらに一流の実績を残したというのは黒田投手か上原 浩治氏ぐらいだろう。

     今回は黒田氏の高校時代の監督・田中 秀昌監督(現近畿大硬式野球部監督)に黒田氏の人間性を物語る高校時代のエピソードを紹介していただいた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010006-hbnippon-base

    このページのトップヘ