広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    黒田博樹

     広島は2015年に15勝を挙げた前田健太がポスティングシステムでドジャースへ移籍し、厳しい戦いが予想された。しかし、シーズンが開幕すると15年5勝の野村祐輔が16勝を挙げる活躍で、前田健太の“15勝”の穴を埋め、前評判を覆し25年ぶりのリーグ優勝を達成した。そして、昨季10勝を挙げた黒田博樹が現役を引退。リーグ2連覇を達成するためには、昨年の野村のように、10勝分の穴を埋める先発投手の台頭が必要になってくる。

     その筆頭が、今季プロ7年目を迎える福井優也だろう。福井は1年目に8勝をマークしたが、2年目以降は、力強いストレートを持ちながらも、制球に苦しみ思うような結果を残すことができなかった。

     5年目の15年も制球に苦しむ場面はあったが、それに動じることなく力強いボールを投げ、打者を封じていき自己最多の9勝をマーク。これで殻を破ったかに思われたが、昨季は5勝止まり。ただ8月以降に限ると、5試合に先発して、3勝2敗、防御率3.21とまずまずの成績を残している。ストレートは威力があるだけに、シーズン通して安定した投球ができれば、10勝以上は期待できそうだ。

     14年新人王の大瀬良大地もいる。大瀬良はプロ1年目の14年に10勝をマーク。さらなる活躍が期待された2年目だったが、試合を作るも勝ち星に恵まれず、シーズン途中からリリーフに転向した。3年目の昨季は前田健太がメジャーに挑戦したため、先発に再転向も故障で開幕に間に合わず。夏場に復帰したが、2年目と同じようにリリーフを務めた。

     ここ2年間はリリーフ中心となっているが、先発時代の14年にはリーグトップの完投数を記録するなど、長いイニングを投げる事ができるのは魅力的。

     その他、大瀬良と同学年の九里亜蓮と横山弘樹、昨季4勝を挙げた岡田明丈、左の戸田隆矢などもいる。

     “10勝”以上に精神的支柱として、若い投手陣を引っ張ったという意味では、黒田博樹の引退は数字以上に重いかもしれない。リーグ2連覇を成し遂げるためにも、若き先発陣の奮起が必要不可欠。昨季の野村のように、先発ローテーションの一角に食い込む投手は誰になるだろうか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00100658-baseballk-base

     黒田氏VS新井は黒田氏の勝ち!名球会フェスティバル2017が15日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われ、野球教室の後、東西対抗戦が行われた。昨季限りで引退した元広島の黒田博樹氏(41)は本来なら西軍だが、山本浩二理事長の発案で東軍にトレード。東軍の3番手としてマウンドに上がると、スタンドから大歓声が起きた。

     黒田氏は古巣・広島の先輩である前田智徳氏を中飛、日米で数々の勝負を繰り広げてきた福留(阪神)を右飛に仕留めると、2死から新井が打席に。初球は134キロ、2球目は133キロでいずれも内角をえぐる球で体を起こすと、最後は外角低めの129キロで遊ゴロに仕留めた。

     黒田氏は登板後「気持ち良くマウンドに上がらせてもらった。昨年引退したのですけど、少しずつ野球界に貢献できれば」と話し、新井の打席で球速を上げた本気の勝負に「(打席が)新井だったので。真剣にやりました」と語った。新井は「球が速かった。ちょっと悔しいです」と話した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000007-dal-base

     球場がこの日一番の盛り上がりを見せた。

     15日に宮崎サンマリンスタジアムで行われた「名球会フェスティバル2017」の東西対抗試合。昨季、日米通算200勝を達成し、現役を引退した元広島の黒田博樹氏(41)が登板。最速134キロをマークした右腕は、同僚だった広島の新井貴浩をストレートで遊ゴロに打ち取り、「新井だけには打たれたくなかった。気持ちよく投げられた」と、笑顔だった。

     黒田氏は近日中に日本を離れ、自宅のある米国に戻る予定という。引退直後から「少しゆっくりしたい」と話しているだけに、ユニホーム姿は当分見られないかもしれない。球界OBが言う。

    「広島球団はキャンプで臨時コーチとして招聘したい考えもあったようですが、今春は黒田の意向をくんで、オファーをしていないそうです。現役時代に山ほどお金を稼いだこともあり、しばらくは松井秀喜氏と同様、悠々自適に過ごすつもりでしょう。かつて在籍したヤンキースやドジャースで臨時コーチをオファーされる可能性はあるものの、黒田自身が現時点ではコーチ業にあまり関心がないそうですから、今年に限っては実現しないかもしれない」

     ある放送関係者もこう話す。

    「黒田氏は吉本興業とマネジメント契約を結んでおり、米国を拠点に適度に仕事をこなす形になるでしょう。今年に関してはCMに出たり、一年に数回程度、テレビの野球中継で解説の仕事をする程度と聞いている。3月に行われるWBCの中継局がゲスト解説としてのオファーをしているという話があり、黒田氏が次に公の場に出てくるのはその時かもしれません」

     広島の将来の監督として、カープファンから大きな期待が寄せられている黒田氏だが、それが実現するのは何年先になるのやら……。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000010-nkgendai-base

     昨季で引退した元広島・黒田博樹氏(41)が14日、宮崎市内のホテルで日本プロ野球名球会の総会に参加。理事長を務める山本浩二氏(70)は、15日の「名球会フェスティバル2017 in宮崎」の東西対抗戦(KIRISHIMAサンマリン)で黒田氏と新井貴浩内野手(39)を対決させるプランを明かした。広島を25年ぶりにリーグ優勝に導いた2人が南国で熱いバトルをくり広げる。

     黒田氏の“復活登板”が決定した。引退した男気右腕が再びマウンドに上がる。

     「(サプライズを)考えている」と明かしたのは、名球会の理事長留任が決まった山本氏だ。

     熊本地震の復興支援などを目的に行われる名球会フェスティバル。午後からの東西対抗戦では東軍の監督をソフトバンク・王貞治球団会長が務め、西軍のメンバーには江夏豊氏が名を連ねるなど往年の名選手が熱いバトルをくり広げる。

     西軍の投手が10人に対し、東軍が5人だったため、山本氏は西軍の黒田氏を東軍に“移籍”させることを決断。これにより、昨季25年ぶりのリーグ優勝で広島を熱狂の渦に巻き込んだ黒田氏-新井の対決が実現することになった。

     「(東軍では)自分が一番年下なので投げるつもりでいる。野球界に恩返しができるようにしたいです」と黒田氏はやる気満々。新井は「楽しみ? それはわからない」と複雑な心境を吐露したが、広島監督時代に2人をエースと4番に育てた山本理事長は、「黒田が投げる機会は引退してからなかったし、新井との対決はファンは楽しみにしてくれるだろう。私も見たい」と話し、このガチンコ対決案をずっと温めてきていた。

     さらに西軍には新井のほか、衣笠祥雄氏、野村謙二郎氏、前田智徳氏が並ぶ。2006年オフにFA権を取得した黒田氏は「カープの選手を相手に投げる姿が想像できない」との名言を残して残留。11年後に広島のレジェンドを相手に投げる姿は本人もファンも想像していなかったはずだ。

     昨年10月25日、日本シリーズ第3戦で2-1の六回途中、足がつって降板。日本ハム・大谷に“最後の1球”を投じて終幕した伝説が、宮崎で再び幕を開ける。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000031-sanspo-base

     広島・野村祐輔投手(27)が13日、師匠が出られなかったWBCへの出場を願望した。都内の母校・明大で自主トレし「代表へのあこがれはあります。選ばれたい気持ちが強い」と、日の丸への熱い思いをはっきり口に出した。

     昨季は最多勝、最高勝率の2冠をつかみ、11月の強化試合で日本代表入り。その期間中に同い年の巨人・菅野と会食し、刺激を受けた。「色々な話をして参考になる部分は大きかった。負けたくない気持ちは強くなりました」。菅野は昨年12月の先行発表で選出されているが、野村も追加招集されることを待望した。

     現役引退した黒田博樹氏から今オフに「来年が大事だぞ」と念を押された。「黒田さんは毎年毎年、成績を残していた。自分はまだ1年だけ。少しでも近づきたい」。大先輩も、アテネ五輪など国際大会の経験がその後の野球人生に生きた、と語っていた。だが、第1回WBCは大会直前の負傷で離脱。“弟子”の野村にとって、WBC出場は、成長の場となると同時に、黒田氏の11年前の無念を晴らすことにもなる。

     自主トレの調整ペースは例年より早い。「どういう状況になってもいけるように、ですね」と代表入りに備えている。(角野 敬介)

     ◆黒田と国際大会 2004年のアテネ五輪に出場。中継ぎとして2勝を挙げ、日本の銅メダル獲得に貢献。06年のWBCに選出されるも、壮行試合で右手を負傷し出場辞退。ドジャース移籍後の09年第2回は1次候補入りしていたが、調整への影響を考慮して辞退。13年の第3回も山本浩二監督から出場を要請されていたが「万全を期すのが難しい」と辞退した。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000249-sph-base

     8日、『プロ野球No.1決定戦バトルスタジアム』(日本テレビ系)に出演した広島の丸佳浩が、トークバトルのコーナーに登場し、サヨナラ勝ちの時の失敗談を話した。

     丸は昨季3番打者として全143試合に出場し、自己最多の20本塁打、90打点をマークし、25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。チームの主軸として大活躍した丸だったが、サヨナラ勝ちをしたときに重大なミスを犯したという。丸はサヨナラ勝ちの際、選手たちが水をかけて喜んでいるところに、ワンテンポ遅れて給水タンクをかけるそうだ。

     だが、ある試合で「黒田さん、新井さん、石原さんだけにバッシャンとかかってしまい、黒田さんに『おい!誰や』」と言われ、丸は「すいませんでした」とすぐに謝ったという。

     まさかのベテラントリオに給水タンクの水がかかったというエピソードに、MCを務めたブラックマヨネーズの吉田さんは「いいですね、丸選手」と高い評価を与えていた。

     2016年、25年ぶりのリーグ優勝を成し遂げた広島。黒田&新井の大記録達成、「神ってる男」鈴木誠也の大ブレイクなど、球界にカープフィーバーを巻き起こした。リーグ連覇と、33年ぶりの日本一を目指す2017年はどんなシーズンになるだろうか。注目のトピックスを取り上げてみた。


    〇ポスト黒田は誰か?

     昨季限りで黒田が現役引退。日米通算203勝、昨季も10勝をあげた精神的支柱が抜けた穴は非常に大きい。その穴を埋められるのは誰か。最右翼は先発に再転向する大瀬良。昨季は右肘痛の影響などもあり不本意なシーズンだったが、2014年に10勝をあげて新人王に輝いた実績は光る。同時に、昨季16勝で最多勝を獲得した野村にも、チームの牽引役としての期待が掛かる。

    〇鈴木トリプルスリーへの挑戦

     4年目に大ブレイクした鈴木。昨季は打率.335、29本塁打、16盗塁の成績を残した。トリプルスリーに向けて、昨季は打率はクリア、本塁打はあと1本。盗塁数は倍増が必要だが、持っている能力を考えれば十分に狙える目標だろう。トリプルスリーを達成すれば、球団では1995年の野村謙二郎、2000年の金本知憲に続き3人目となる。

    〇新井の4番を脅かす存在は?

     セ・リーグ最年長MVPに輝いた新井の壁は高いが、今季40歳を迎える大ベテランに頼りっぱなしでは連覇は望めない。昨季も4番に座った松山やエルドレッドが有力候補か。抜群の勝負強さを誇る鈴木が打つ可能性も十分にある。もちろん新井も簡単にはその座を譲らないだろう。


    引用元 https://full-count.jp/2017/01/05/post54819/

     昨季限りで現役を引退した黒田博樹氏(41)と、広島・新井貴浩内野手(39)の夢対談が新春に実現した。カープ愛にあふれる2人の言葉は、昨年の戦いから、数年後のチームへの思いなど多岐にわたった。リーグ連覇、日本一を目指す2017年。去りゆくレジェンドが後輩たちに向け、最後に伝えたかったメッセージとは。【上】【下】2部構成でたっぷりお届けします。

      ◇  ◇

     (【上】から続く)

     -黒田さんは広島に帰ってきて、プライドを全く表に出さなかった。

     新井「そりゃすごいですよね。メジャーでバリバリだった人が帰ってきたんですから」

     黒田「いや、でも僕は正直、簡単だったですね。言い方は悪いですけど、中途半端だと変なプライドを持ってしまうと思う。でも、ある程度いけば、捨てられるものもたくさんある。逆に今年、今年と、1年ずつで勝負していけたんだと思います。中途半端だと変えることを怖がるし、過去の成績にすがってしまう。周りに認めてもらった時点で(プライドを)捨てやすくなったというか。なかなか成績が出なくて年を取った人の方が、プライドを捨てるのが難しい。勝手に周りが判断してくれるもの。結果を残せばそう(よく)見てくれるし、逆に結果を残せない時に変なプライドが出てしまう」

     -新井選手もそう。

     新井「それはやっぱり僕の場合、カープだからでしょうね。たぶん、違う球団に自由契約になって行っても、そうはなってなかったと思います。自分の気持ちが固まった時には『ヨシ、またブーイング浴びようが、罵声を浴びようが、応援してもらえなくてもいい』と。カープに少しでも貢献したい。それで自分は辞めようと思っていたので。そういう気持ちにしてもらえるのはカープしかなかったです」

     -若くていい選手がたくさんいる。一緒に戦った選手について。

     新井「大丈夫だと思いますよ。自分が帰ってきて、外から見ているのと、思った感じじゃなかった。素直でいい子が多い。ただ若いので、どっちにも転べる。寄り道しながらでも、真っすぐ行けばいい。変な方向だけは行かないように。自分が言ってあげないといけない役目がありますね」

     黒田「自分たちのことを言うのはどうかと思いますけど、今までは背中がなかったんですよ。追い掛ける背中というか、見る背中が。何をすればいいか、どうしたら結果が出るのか。特にカープの流れは30代の選手がポーンと抜けてしまって、20代後半がレギュラーで出て、30代後半は石原、新井くらい。その間が全く抜けてしまっている。20代で下から上がってきた子は背中を探してきたと思う。一番大事な時期にその背中を見ることができなかった選手もいる。新井と僕が帰ってきて、少しでも『ああこういうものなんだ』と感じてくれたら、それがすごくうれしい。優勝も当然そうだけど、それ以上に僕たちにとってよかったと思います」

     新井「忘れないでほしいですよね。黒田さんと野球できた2年間を。自慢できることですからね。振り返って、黒田さんと一緒にやって優勝できた、と。誇りに思ってほしいですし。また、今のキク(菊池)、マル(丸)、広輔(田中)の年齢ですよね。投手だともう少し若くなりますけど大地(大瀬良)や猛(今村)。祐輔とか昨年成績を残した選手たちが、少し意識を変えてほしい。自分たちがこれから、強いカープを作っていくんだと」

     (続けて)

     「僕もクロさんに言われたのが、本塁打王を取ったオフに『自分のチームだけ見てたらダメだぞ』と。『外のチームのことも見ないとダメだ』と言われた。『自分だけのことじゃなしに、周りにも目を配れるようにならないと』と。今からの若い選手たちには、自分たちで強いカープを作っていくんだ、と。まだ少し早いかもしれないですけど、僕もクロさんに言われて変わったので。僕は三塁だったので例えば4番・サード、村田。アイツには負けないぞ、と」

     黒田「井の中の蛙(かわず)になってはいけないよな。12球団どこに行こうが、オレはこれだけの力を持っているんだ、と。なにか自信を持って表に出て行けるものを持っていかないといけない。昨年は優勝したからいいですけど、僕らの若いころなんて5位とか、6位だったので。レギュラーで、エースで、4番でっていっても、他のチームからしたら、お前ら5位、6位やんけと言われる。練習ひとつにしてもそう。よそのチームを見だすと、アイツが何しているか分からないとか、ヤバいな、とかいろいろ自分で考えることが増えてくる。それが大事じゃないかな、と思いますよね」

     -黒田さんの抜けた穴はどう埋めるのか。

     新井「それは1人では絶対に埋められない。投手陣だけじゃなく、野手も含めて全体で少しずつ埋めていく。あとは技術的なことは分からないですけど、2年間、黒田さんから学んだこと、姿勢や考え方を絶対に忘れず続けてほしい。やっていけば間違いないので。ベースにして、忘れずやっていくことですね」

     黒田「2年間、やったことを少しでも感じてくれていれば、すごくうれしい。それがいい伝統となって伝わっていけば。優勝したこともよかったけど、伝統が続いていくっていうのが帰ってきてよかったな、ということなので。帰ってきてなかったら、受け継がれてなかったと思うので。自分のこうだ、と思っていた野球観を感じてもらって、次につなげてくれるのなら、それが一番うれしいこと」

     -どうやってチームを見るのか。

     黒田「時差がありますけど、テレビも見られるので。時間がある時は見ると思いますし、もしかすればパフォーマンスシートで見ているかもしれない。旗を振ろうかな、と。25番の旗を(笑)」

     新井「砂かぶり席じゃないんですか?サングラス掛けて(笑)。ネクスト行ったら、おい、おいって」

     黒田「ヤジるよ、絶対(笑)。でも、そうなった時にどうなるか、自分でも楽しみです。僕はアメリカにいた時に、バスケットボールとかアメフットとかを見に行った。球場入った瞬間、スタンドから選手を見る時って、本当に涙が出るくらいだった。それがすごく自分のモチベーション、刺激になっていたので。今後は二度とグラウンドの中に立つことがなくなる。スタンドから見た時にどう思うのか興味はありますね。特にレーカーズでは、コービーが1人だけ輝いているんです。試合始まる前にコートに入ってきた時の声援を聞くとね。そういうの見て、来年も頑張ろうと思ってやってきたので。それがなくなるというのは、後悔するのかも分からない」

     -メールや電話で後輩選手に助言も。

     黒田「僕はコーチではないので。ただ、同じ戦った仲間として手助けできることがあれば、したいと思います」

     -現時点で今年の過ごし方は。

     新井「臨時コーチです!!」

     黒田「いやいや(笑)。マウンド整備しているかも。みんなが練習出てくる前に」

     新井「それ、面白いですね。五回の整備に、みんなに紛れてトンボかけてるんでしょ」

     黒田「気付かないやろうな」

     新井「普通にやってたら気付きますよ。メガネ掛けて帽子かぶってれば気付かないかも」

     黒田「いっぺんやってみようかな。か、ライトでトランペット吹いてるとか。オフの間練習して、(応援団を)仕切ってるかもわからへんし(笑)」

     -黒田さんの5年後、10年後は。

     新井「倉さん?」

     黒田「なんで倉が出てくるねん!!」

     新井「倉さんの5年後、10年後はそのままコーチやっとるよ。40年契約で、まだ28年残ってるんだから」

     黒田「そうはいっても球団が決めることなので。僕がやらせてくださいってできるものでもない。自分がもう一回ユニホームを着て、勝負の世界に戻りたいと思うかもしれないですし。もういいかな、と思うかも。それは分からない。その時のタイミングですからね。もう一度、ユニホームを着るのに魅力を感じなければ、やらないかも分からないですし。現時点では20年間、野球のことしか考えてなかったので。少しゆっくりしたいな、というのがあります」

     -野球に携わるか。

     黒田「携わり方がよく分からないですよね。でも、鈴木さん(球団本部長)とも話をしていると『いつでも来て、教えてあげてくれ』と。タイミングが合えば由宇とか、大野に行きたい。1軍の選手なんて勝負の場なので、教えることなんてほぼないと思う。2軍で苦しんでいる子がいれば、手助けできればいいかなと思います。ただ、僕はコーチじゃないので、そんないいかげんなことはできない。それをしっかり頭に入れつつ。ガッツリいることはできないけど、たまにフラっと来てでよければ、手助けしたいと思いますね」

     -今年の新井選手の目標は。

     新井「もう一回、優勝したいです。初めて優勝して、あんなにたくさん喜んでもらった。優勝っていいもんなんだな、って実感できたので。まずセ・リーグを連覇して、日本一になることができたら最高。個人的な目標はもうないので。『打てるだけ打ちたい』と。3割、100打点とか、タイトルとかは全くない。もう一度優勝したい、日本一になりたい。それだけです」

     -個人目標はない。

     新井「自分が試合に出られなくてもいい、と半分は思っているので。半分はもちろん出たい気持ちがあるけど、出られないってことは、若い子が育っているということなので。堂林であったり、龍馬(西川)であったり。松ちゃん(松山)にしてもそうですね。今から2年後、5年後を考えていったら自分が出て、まして4番を打っているようじゃ、という気持ちも半分思います。でも、半分はプロ野球選手として出たいというのもある。半分半分なので、自分でも面白いですよね」(終わり)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000041-dal-base

    このページのトップヘ