広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

    「広島秋季キャンプ」(15日、日南)

     広島の床田寛樹投手(23)が15日、来年の1軍春季キャンプ参加を勝ちとる決意を示した。今季は昨年7月に受けた左肘のじん帯再建手術(トミー・ジョン手術)から復帰。ウエスタンでは8試合に登板し1勝1敗、防御率2・25の成績を残したが、1軍登板なしに終わった。18日にはシート打撃に登板予定。首脳陣の前で結果を残し、猛アピールする。

     誰よりも来春の1軍キャンプ参加への思いは強い。床田は「ケガをした時、パワーアップして帰ってくると誓った。1軍でスタートして、開幕ローテに入りたい。モチベーションは高い」と言い切った。手術を受けた左肘は問題なし。野球ができる喜びを噛みしめながら前を向いた。

     13日のシート打撃では下水流に左越えソロを浴びたが、堂林を外角低めのチェンジアップで空振り三振。野間も内角ツーシームで二ゴロに仕留めた。最速は143キロ。球速以上の切れ味に佐々岡投手コーチは「良い球を投げていた。期待したいよ」と声を弾ませた。

     順調に復活ロードを歩んできた。1年目の昨年4月19日・DeNA戦で左肘の違和感を訴え降板すると、その後も痛みは消えなかった。同7月に「左肘関節内側側副じん帯再建術・尺骨神経剥離術」を受けた。いわゆるトミー・ジョン手術だ。

     左肘はギプスで固定され、動かせるのは指先のみ。運動は制限された。キャッチボール再開は術後5カ月が経過した12月中旬。「投げられた時はうれしかった」。当時を回想しながら感慨に浸った。

     チームは左腕をバックアップした。同年の夏場にはスタッフが見聞を広めるため、手術の症例数が多い米国へ渡った。帰国後、リハビリの一環として、大野練習場に傾斜が緩やかなマウンドを新設。平地での投球から徐々に傾斜への感覚を取り戻すのが狙いだった。

     今年8月8日のウエスタン中日戦で実戦復帰。今季は8試合で1勝1敗、防御率2・25。シーズン終盤は2軍先発陣で最も安定して結果を残した。1軍昇格がささやかれたが「来年、先発ローテに入れるくらいの力がある。じっくりやる時」。当時の佐々岡2軍投手コーチは、来季を見据えた調整を徹底した。

     18日は来春キャンプメンバー選考の最終テストとなるシート打撃が行われる。「左打者の内角に真っすぐとツーシームを投げきれるかが大事」。ルーキーだった昨季は開幕ローテを勝ち取った。復活した左腕で道を切り開く。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000017-dal-base

     広島は10日、秋季キャンプ(11日~)のため参加メンバーが宮崎県日南市に入った。今年のテーマも戦力の底上げだ。昨年はアドゥワがアピールに成功し、今春の1軍キャンプ切符をゲット。そのまま1軍に残りリーグ3連覇に貢献した。今秋、ルーキーでの参加となった山口翔投手(19)もアドゥワに続くと、鼻息は荒い。

     鍛錬の秋は、来年の1軍春季キャンプメンバーの選考も兼ねている。12人が参加する投手陣の最年長は26歳の薮田だ。大半が若鯉。ルーキーの山口は結果を残し1軍切符をつかみ取る決意だ。

     「気合十分で日南にやってきた。今までやってきたことを、この場所でも出したい。真っすぐが持ち味なので、それを見てもらいたいです」

     “アドゥワロード”を目指す。リーグを3連覇した今季は、昨秋キャンプで評価を上げたアドゥワがブルペンを支えた。今年のドラフトで即戦力投手はドラフト2位の島内(九州共立大)のみ。来季へ向け現有戦力の底上げが不可欠になる。

     山口は8月まで強化指定選手。先を見据え、基礎体力の強化やフォーム固めを行った。その後はウエスタンでは5試合に登板。粗削りながら、しなやかな腕の振りから放たれる球は威力十分だ。

     首脳陣はフィールディングを含めた総合力も厳しく見ていく構え。さらに1クールごとに一度、行う実戦形式の練習で投球をチェックする。佐々岡投手コーチは「緊張感がある中で良いものを見せてほしい」と期待した。

     激しいチーム内競争が選手層を厚くしていく。「来春は1軍キャンプに行きたい」。山口は前を見据えて力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000036-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(11日、日南)

     広島の秋季キャンプが11日、宮崎県日南市の天福球場でスタートした。ドミニカ共和国カープアカデミー出身で広島の練習生、スマイリン・モンティージャ投手(23)はブルペンで60球を投げた。192センチの長身から放たれる直球は威力十分。“第2のフランスア”になれる可能性を示した。



     緒方監督が見つめる中、ドミニカンは目いっぱい腕を振った。「ちょっと球が弱かったね。普段はもっと球速が出ているんだけど」。この日の最速は148キロ。それでも悔しそうな表情を見せた。

     昨秋に初来日。今年は練習生として2軍などの練習に参加した。当初は球に力はあるものの制球はバラバラ。フィールディングも全くできなかった。日本で成功するためコーチの助言を聞き、ひたむきに汗を流してきた。

     「左投手であれだけ速い球を投げられる投手はなかなかいない。磨けばダイヤになる」と佐々岡投手コーチ。成長曲線は上昇カーブを描き、総合力は格段に上がった。無限の可能性に首脳陣は期待している。

     フランスアは今季、育成選手から支配下選手となりリーグ3連覇の立役者になった。「僕も彼の後に続いていけるように頑張りたい」。モンティージャは力を込めた。13日には実戦形式の練習に登板する予定。剛球でジャパニーズドリームの道を切り開く。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000026-dal-base

     広島のジョニー・ヘルウェグ投手(30)が5日、米国に帰国するため、広島駅を出発した。今年6月にカープと契約し、途中加入した右腕は「もちろんチャンスがあれば、広島に帰ってきたい。町も平和で安全だし、素晴らしい体験ができた。もう一度、やりたいね」と残留を熱望した。

     ヘルウェグは今季、シーズンは8試合の登板にとどまったものの、日本シリーズではチーム最多タイの4試合に登板。制球に課題は残すものの、150キロ台半ばのツーシームは、ソフトバンク打線の脅威となっていた。来季の契約は流動的だが「日本はいい野球をしているし、何人もレベルの高い素晴らしい選手がいた。ただ自分の持っているもので通用することは分かった」と手応えを口にしていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000055-sph-base

     鯉と鷹の物語(6)

     1975年10月15日、後楽園球場の巨人戦。広島初優勝の瞬間にマウンドへいたのは下手投げ投手の金城基泰氏だった。20勝を挙げてエース格となった前年オフに自動車事故で視力低下の危機に見舞われたが、75年はシーズン途中に復帰。

     この巨人戦の試合前には古葉竹識監督へ「最後は私に投げさせてください」と直訴した。七回途中から先発の外木場義郎投手を救援し、九回は最後の打者・柴田勲外野手を左飛に仕留め、願い通り胴上げ投手となった。

     77年にトレードで南海(現ソフトバンク)へ移籍してからは主に抑えとして活躍。セーブポイントを79年には20、80年には19稼いで2季連続最優秀救援投手となった。

     下手投げの守護神は珍しいが、牽制(けんせい)やフィールディングも得意。80年10月2日、大阪球場での阪急(現オリックス)戦では九回2死から登板。同年盗塁王の福本豊外野手が一塁から走ったのに気づくと振り向きざまに二塁で刺し、打者へ投げずにセーブをマークする球界初の“0球セーブ”を記録した。(浦)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000587-san-base

     日本シリーズは27日にマツダスタジアムで開幕するが、広島が今季は一軍で7試合しか登板していない“6番手助っ人”が秘密兵器として爪を研いでいる。

     201センチの長身右腕、広島のジョニー・ヘルウェグ投手(29)が初出場となる日本シリーズに向けて猛アピールだ。24日、マツダスタジアムで行われたシート打撃で打者5人と対戦し1安打1四球ながら、最速153キロの剛速球を連発。5人目のメヒアとの対決では内角に食い込んでくる152キロのツーシームでバットを砕いて遊ゴロに打ち取り、畝投手コーチも「秘密兵器になるかもしれない」と満足そうな表情を浮かべた。

     怪力自慢のドミニカンも“お手上げ”の様子だった。「シュート回転でけっこう動いていた。今年対戦した投手の中でもトップクラスの球威だ」とメヒア。してやったりのヘルウェグは「今日は味方の打者に当ててケガをさせなかったことが収穫」と控えめに話す一方で「ツーシームをゾーンの中に投げることができたし、打者の内角を突けて良かった」と手応えも口にした。

     日本シリーズでその日のベンチ登録が可能な外国人選手は4人まで。第2戦での先発が予想されるジョンソンは登板日のみの登録になる見込みだが、野手には今季25本塁打のバティスタと巨人とのCSファイナルSで2試合にスタメン出場したメヒア、救援陣にも中崎とのWストッパーとして期待されるフランスアに経験豊富なジャクソンがいる。それでもヘルウェグのツーシームは右打者にとって脅威で、チーム内には「内川、デスパイネ、グラシアルに有効かもしれない」と見る向きもある。

     シーズン途中加入で一軍公式戦では登板7試合ながら防御率1・13。大一番では右の強打者へのワンポイントで起用される可能性も十分にある。「ベストピッチなら抑えられる自信はある」。鯉のビッグユニットは静かに出番を待つ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000033-tospoweb-base

     【球界ここだけの話】あっブレイシア(NPB時代の登録名)だ。元広島で現在は米メジャーリーグのボストン・レッドソックスに所属するライアン・ブレイザー投手(31)が世界最高峰の舞台でフル回転している。

     17日のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ開幕前に大瀬良大地投手(27)に直撃すると「メジャーはテレビで見ています。ブレイシアですよね。球速が常に155キロ以上、出ている。ホント、すごいですよね」と声を弾ませた。

     ブレイシアは2018年にレッドソックスとマイナー契約し、7月にメジャーに昇格。160キロに迫る剛速球と鋭いスライダーでレギュラーシーズンではメジャー初勝利を含む2勝0敗、防御率1・71。手薄なブルペン陣の救世主としてア・リーグ東地区制覇に貢献した。

     ポストシーズンに入ってもヤンキースとのディビジョンシリーズ、アストロズとのア・リーグ優勝シリーズでは主に勝ちパターンで登板。ポストシーズンは計7試合で7回無失点の好救援をみせてワールドシリーズ行きの切符を手にした。

     広島では2017年に加入して中継ぎとして26試合で2勝1敗、2ホールド、1セーブ、防御率3・00。外国人投手を悩ませる日本球界特有のボールやマウンドなどに苦労してパッとしなかったが、母国に帰国して才能が開花した。

     広島でメジャーに熱中している選手がもう1人いる。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身のヘロニモ・フランスア投手(25)だ。かつてレッドソックスの入団テストを受験した経験があるそうで「メジャーは毎日見ている。レッドソックスのファンなんだ。昔は(母国の英雄)マルティネス、オルティス、ラミレスらが所属していたからね」と笑う。

     ナ・リーグの優勝決定シリーズでは元広島で現在はロサンゼルス・ドジャースに所属する前田健太投手(30)も奮闘。カープファンはワールドシリーズと日本シリーズで忙しくなりそうだ。(柏村翔)





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000593-sanspo-base

     広島は28日、広島市中区の球団事務所でスカウト会議を開き、大学・社会人の指名候補48選手を映像で確認した。投手では、東洋大・甲斐野央、上茶屋大河、梅津晃大、日体大・松本航、野手では立命大・辰巳涼介の5選手をドラフト1位候補となるAランクにリストアップ。さらに、高校生で最上位評価する大阪桐蔭・藤原恭大、根尾昂、報徳学園・小園海斗らを含めて、10月中旬に開く会議で絞り込みを行う。

     会議に出席した苑田聡彦スカウト統括部長は、「即戦力ばっかりを獲ればその1年はいいかもしれないが、育てるのがカープの伝統としてある。左投手で言えば、床田や高橋(昂也、樹也)の成長の芽を摘むことは避けたい」とコメント。この日も、上位候補だけでなく、将来性のある有望株も映像でチェックした。

     社会人に関しては、「“ハッキリとこれが1位”というのはいなかった」と見通しを明かし、金足農・吉田輝星について「プロ志望届を出していないので保留です」と議論を先送り。「さすがカープという1位を指名したい」と10月25日のドラフト会議を見据えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000101-spnannex-base

    このページのトップヘ