広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     リーグ3連覇を狙う広島に、楽しみなパワーピッチャーが出現した。秋季キャンプでアピールに成功した辻空投手だ。直球のキレや球質を重視する投手が多いプロ野球界にあって、辻は「みんなスピードではないと言いますが、僕はスピードがないとダメ。もっと速い球を投げたい」と自分のスタイルを口にする。

     秋季キャンプでは、最速154キロの剛球でアピール。11月19日のシート打撃では1回を無安打1四球無失点と好投し、「(状態が)良くない中で抑えることが課題だったので良かった」と手応えを口にした。一方、最速149キロにとどまった直球には不満げで、「もっと速い球を投げてアピールしたかった。最低150キロを投げて目立ちたかった」と悔しさをにじませた。

     23歳にして、危機感たっぷりだ。岐阜城北高から12年度育成ドラフト1位で入団。14年に四国アイランドリーグplusへ派遣され経験を積むと、15年11月には念願の支配下登録を勝ち取った。16年は1軍登板なし。オフには非常な通告さえ、頭をよぎったという。

     「昨年、支配下にしてもらったのに、2年結果が出なかった。今年が最後だと思った」

     今季をラストチャンスと位置づけ、覚悟を持って臨んだ。ウエートトレーニングで筋力アップに励み、今年だけで体重10キロ増。入団時から28キロ増え、現在は95キロある。どっしりした下半身に支えられ、球速はアップ、制球も安定した。プロ5年目の今季はウエスタン・リーグで17試合に登板し、1勝0敗3セーブ、防御率2・39。1軍昇格候補に名前が挙がったこともある。スライダー、スプリット、カーブ。変化球の精度にも自信を深め、「(1軍が)身近になってきた。に呼ばれても抑えられる自信がついてきた」と手応えを口にする。

     秋季キャンプでは高ヘッドコーチから「いい直球を投げていた」と、“投手MVP”に挙げられた。辻は「アピールしたいところはできた。オフが大事」と力を込める。来春の1軍キャンプ参加は決定的。オフもスケールアップを果たし、キャンプ初日から全力投球できる準備を整える。(デイリースポーツ・杉原史恭)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000065-dal-base

     野球で泣いたのは、プロ入り後、初めてのことだった。広島・江草が15年間の現役生活に終止符を打った9月27日のウエスタン・リーグ、阪神戦。同じく引退試合に臨んでいたかつての盟友・狩野と1打席限定で真剣勝負をした。渾身(こんしん)の134キロ直球を投げ込み、結果は左翼線二塁打。慣れ親しんだ甲子園のマウンドを降りると、涙が自然と頬を伝った。


     「プロは負けても終わりじゃない。負けても打たれても、また次の日がある。でも、あの日は本当に最後だったので」

     引退しようと思ったのは今年が初めてではない。8試合の登板に終わった昨季もシーズン途中から何度となく頭をよぎった。「体がしんどかったというのが一番。痛いところが増えてきた。出番も減って成績も伴わなかった」。思いとどまったのは連覇を目指すチームの戦力になりたかったからだ。05年に阪神でリーグ制覇した時は中継ぎの一角として貢献。桟原、橋本、江草の頭文字を取り「SHE」として投手陣を支えた。あの喜びを再び味わいたい。球団から契約更新の意向を受け、現役続行を決断した。

     「強いチームでもう一回、優勝の輪に入りたい。契約をしてくれるなら、もう1年やってみようと思った」

     思い通りにはならなかった。今季中盤に調子を上げた時期もあったが、長く続かない。「いつもなら、その感覚の後もう一段階上がる。でも、その状態になる前に打たれだしてしまった。それで限界なんだな…と」。8月。自らと向き合い、けじめをつけた。若手の台頭も決断を後押しした。ブルペンで同じ左投手と並んで投げると、球質や球威が劣っていることを感じるようになった。中でも1年目・高橋昂の投球には圧倒された。

     「何か全然違う。ショックというか、消えていくしかないな…という感覚だった」

     折しもチームは連覇を目指して一直線の時期。広島県福山市生まれで生粋のカープ男子は、偉業に水を差したくはなかった。阪神に勝ち、優勝を決めたのは9月18日。その2日後に会見を開いた。人懐こい心優しき左腕らしい気遣いだった。

     今後は広島市内でリハビリ型デイサービス事業所を経営する。来年にはロンドン五輪バレーボール女子で銅メダルを獲得した佳江夫人との間に第2子が誕生予定。15年間、ブルペンを支え続けたように家族を支えていく。(柳澤 元紀)

     ◆江草 仁貴(えぐさ・ひろたか)1980年(昭55)9月3日、広島県福山市生まれの37歳。盈進、専大を経て、02年ドラフト自由枠で阪神入団。シーズン50試合以上登板を4度こなした。11年5月にトレードで西武移籍。12年3月に再びトレードで移籍した広島では6年間で通算52試合に登板した。1メートル78、83キロ。左投げ左打ち。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000083-spnannex-base&pos=5

    【核心直撃】広島の永川勝浩投手(36)が、来季を「勝負の一年」と位置付けている。今季は5年ぶりに一軍登板なし。1700万円減額の年俸2000万円(推定)で来季の契約を結んだが、チームは中継ぎ、抑えが安定しており、ポジションを奪うのは厳しい状況となっている。投手陣最年長として思うことは。また、赤ヘル最後の「松坂世代」としての胸中は。直撃した。

     ――今季は5年ぶりに一軍登板がなかった

     永川:野球選手として一軍で投げるのが当たり前のこと。そういった意味では、一軍で投げられなかったことは情けないし、自分自身やれることをやって来年に臨みたいとは思っている。

     ――年俸は減額だったが再びチャンスをもらった

     永川:ありがたいこと。契約をしてもらったので、また来年頑張りたい。

     ――一軍は中継ぎ、抑えと勝ちパターンができている。ポジションを奪うという考えか、それともチーム最年長投手としてブルペンを引っ張るという考えか

     永川:どちらにせよ、結果を出さないと上(一軍)には上がれない。上で投げている彼らよりいいボールを投げようと思って練習しているが、ポジションを奪うとかいうレベルに今年も去年もなっていない。まずは一軍でチームが勝つときの力になれれば。

     ――起用法にこだわりはない

     永川:ポジションどうこうよりも、一軍で投げることが大前提。そこで投げられようにしていかないと。

     ――直球やフォークにもより磨きをかけていく

     永川:全体的にレベルアップはしないといけない。まだまだ強いボールを投げられると思って練習している。今年より強いボールに。フォークにしてもそう。いっぱい投げていけるような精度にしないといけない。

     ――制球面はどうか

     永川:制球面というよりも強いボールを投げてフォークを使えるボールにするというのがまずは第一。制球力はその次でいい。

     ――今季限りで江草仁貴氏(37)が現役引退、梵英心内野手(37)が退団。広島で「松坂世代」最後の一人となった

     永川:仕方ないこと。結果を残さないと、いなくなったりする世界なので。これは同級生にかかわらず。そういう年齢だなとは思うが、僕はまだやらせてもらえるということで、全力でやりたい。

     ――出場機会を求めて他球団に移籍するという考えはなかったのか

     永川:考え方は人それぞれあると思う。ただ、プロ野球人生始まって悪いときもあったが、なんとかここまでやらせてもらっている。僕としてはこのチームでダメだからよそでという感覚はなかった。ここに「もうダメなんじゃないか」と言われたらそのまま辞めようとは思っていたし、この先もそう。

     ――10歳と2歳の子供もいる。特に下の子供が物心つくまでは現役続行か

     永川:そこまで下の娘が分かるまで続けるとかない。あとは自分がどれだけやれるかという話なので。そうなればいいけど、執着はしていない。

     ――チーム最年長の新井が40歳。節目の年齢まで続けたいという思いは

     永川:そこまで考える余裕もないし、来年どうやってバッターを抑えようかということしか考えられない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000003-tospoweb-base

     広島の選手、家族、スタッフらが7日午後、優勝旅行先のハワイから広島空港着のチャーター機で帰国した。緒方孝市監督(48)は「いい骨休めになった」と5泊7日のバカンスを振り返ると、来季の開幕投手争いについて言及。来年3月30日・中日戦(マツダ)の先発マウンドには誰が上がるのか。「自分は全員に期待している。実績だけで決めようとは思っていない。チームの方針は競争」と高らかにゴングを鳴らした。


     2年連続で開幕投手を務めたジョンソンが今季6勝と落ち込み、来季の開幕投手争いは混沌(こんとん)とした状況だ。すでに野村は「やりたい。目指したい」と立候補。今季は先発の柱として奮闘し、自覚も備わっている。

     3年目でブレークを果たした薮田も、CSファイナルS初戦の先発を任されるなど候補の一人だ。3年ぶり2桁勝利をマークした大瀬良、自己最多の12勝を挙げた岡田にもチャンスはある。

     開幕投手を決める上で判断材料となるのは投球内容だ。結果だけに左右されず本質を見抜く。指揮官は「キャンプから結果だけではなくて、内容もアピールした中で最終的なところ(で判断する)。明言はしない」と開幕ギリギリまで見極める方針を示した。

     球団史上初のリーグ3連覇へ、来季に向けてのキーワードも「競争」だ。すでに4番争いについても鈴木、松山、新井らの名前を挙げて競争を明言。来春のキャンプで繰り広げられる先発ローテ争いももちろん競争だ。開幕投手争いも例外ではない。レベルの高いチーム内競争の中で柱を見定める。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/12/08/0010799011.shtml

     広島・中村祐太投手(22)が5日(日本時間6日)、優勝旅行で滞在中のハワイでダイヤモンドヘッドに登頂した。頂上で絶景を目に焼き付け、三つの誓いを立てた。
     〔1〕1年間1軍でプレー

     〔2〕6勝以上

     〔3〕規定投球回到達

     すべてクリアするため、来季は打者の内角をえぐる。今季は15試合に先発し、5勝4敗、防御率3・74。「試合を作れている試合は内角に投げられていた」と振り返る。

     一方で痛打を食らう場面は外角一辺倒の配球に偏っていた。シーズンを通して1軍で活躍すれば、規定投球回数到達も射程圏内となる。「今年より勝ちたい」と掲げた6勝以上も、十分達成可能な数字だ。

     頂上では「高所恐怖症だけど、行って良かったです」とニッコリ。ダイヤモンドヘッドからパワーをもらい、5年目の来季へ決意を新たにした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000042-dal-base

     セ・リーグ2連覇を成し遂げた広島が1日、優勝旅行で広島空港から米国・ハワイ州のホノルル空港へ向けて出発した。入団4年目で初めて1軍に昇格し連覇に貢献した中村祐は、優勝旅行中もトレーニングを継続することを明かした。

     優勝旅行に初参加の中村祐は、ハワイに行くのは関東第一での修学旅行以来2度目となる。「前は予定が決まっていたのですが、今回はまだ何をするのか決まってません。マリンスポーツや買い物を楽しみたい」と目を輝かせた。その一方で「来季へ向けて、近くの公園でランニングやキャッチボールをしたいと思います」と力強く語った。

     中村は4年目の今季、1軍に初昇格。15試合に登板し、5勝4敗0セーブ、防御率3・74。来季への飛躍が期待されている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000158-dal-base

     25日に広島市内の平和大通りで行われた優勝パレードで、1年目を終えた広島・床田寛樹投手(22)も、明るい表情で左手をファンに振っていた。30万人を超えるファンが沿道を埋める中、オープンバスで走行するという非日常の世界を体験し明るいトーンで振り返った。

     「パレードは初めてだったけど、あんなに人がいるとは思わなかった。何回でも乗りたい」

     左肘の心配が徐々になくなってきたことも、明るさとは無縁ではないだろう。7月に「左肘関節内側側副靱帯再建術・尺骨神経剥離術」という手術を受けた。復帰まで8~10カ月を要する見込みという診断を受け、スローの動作も禁止された。

     ただ回復が早く10月中旬にスポンジボールを投げる練習を再開。今月17日には硬球を使用し5メートルの距離でのネットスロー20球を3セット行った。少しずつ距離を伸ばしており、順調に回復すれば12月中旬にもキャッチボールを再開できるところまできた。

     「ノースロー」の約3カ月間は深く落ち込んだ時期もあったが、決して無駄ではなかったという。下半身を中心に体づくりが進み「プロの体には近づいていると思う。レベルアップしている感覚はある」と話す。「大学の時には太れなくて苦労した」と言うように入団時は身長1メートル81で体重74キロの細身だった。それが3月末の開幕時には78キロに増え、現在は86キロにまでアップした。「あまり動けないこともあって太りすぎたので、理想の83、4キロに近づけたい」と笑顔をのぞかせる。

     ようやくプロ仕様の体となり「ニュー床田」が来季以降に見られるかもしれない。実は7回5失点の粘投で初勝利をつかんだ4月12日の巨人戦(東京ドーム)では、球団のスピードガンで自己最速の150キロを計測。「まだ体ができていなかった」という時期の大台到達だっただけに、剛腕として今後も楽しみだ。

     「来年、最初の方に1軍で投げるのは難しいと思うけど、最後の方に復活してチームに貢献した上で(オープンバスに)乗りたい」

     パレードへの思いもモチベーションとし、焦らず復帰への道をたどってほしい。(記者コラム・柳澤 元紀)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000084-spnannex-base

     広島・永川勝浩投手(37)が22日、広島市内にあるマツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、減額制限を超える1700万円減の2000万円でサインした。

     今季1軍登板なしに終わったが、現役への思いは強い。「ボロボロになるまで頑張りたい。球団には感謝しています。契約してもらったので、返せるように頑張りたいです」と巻き返しを誓った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000041-dal-base&pos=1

     「広島秋季キャンプ」(20日、日南)

     広島・藤井皓哉投手(21)が20日、天福球場のブルペンで今キャンプ最多となる154球の熱投を見せた。すべて直球を投げこみ、納得できなければ「クソー!」と声を荒らげる場面もあった。

     「最初の方はモヤモヤしていたけど、最後の方は質が良くなった。下半身を使って投げられたと思います」

     前日19日は2度目のシート打撃に登板し、1回1安打無失点。だが、リリースポイントが乱れ、畝投手コーチから「一定したボールが投げられていなかった」と指摘を受けた。

     一夜明け「納得できるまで投げよう」と自分の世界に入り込んだ。今季はプロ初登板を含む2試合に登板。4年目を迎える来季は中継ぎの一角を狙う。「1軍で経験したことを生かしたい」とブレークを誓った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000041-dal-base

    このページのトップヘ