広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     NPBでは現在、今季からプロとなる新人選手が合同自主トレに励んでいる。ドラフト1位から育成ドラフトまで指名された順位はさまざまだが、一度プロの門を叩けばスタートラインは一緒。その後の評価は、プロとして残した実績がすべてとなる。



     もちろん、球団はドラフト1位指名選手に最も大きな期待をかけるわけだが、実際に活躍する選手は、ほんの一握り。それはメジャーでも同様で、ドラフト1巡目で入団したすべての選手が活躍しているわけではない。米スポーツ専門メディア「ザ・スポーツスター」では、「12人の残念なMLBドラフト全体1位指名と、代わりに指名されるべきだった同期選手」と題した特集記事を掲載。この“不名誉”な特集の筆頭を飾ったのが、2011年から広島などでプレーした右腕ブライアン・バリントンだった。

     バリントンは2002年ドラフトで全米1位指名され、鳴り物入りでパイレーツに入団した。193センチ、95キロの大型右腕は、先発投手として期待されながら2005年9月にメジャーデビュー。だが、先発ローテに定着しないまま、2008年途中にインディアンスに移籍すると、その年のシーズン終了後にブルージェイズへ移籍。ブルージェイズでは中継ぎに転向したが、メジャーでは4試合に投げただけ。翌年はロイヤルズで先発と中継ぎで合わせて13試合に投げたが、1勝4敗、防御率6.12と冴えなかった。

     2011年から入団した広島では、先発ローテの一角として4シーズン投げ、2015年にはオリックスへ移籍。日本では通算5シーズンで124試合に先発し、45勝45敗、防御率3.25の成績を残した。

     寸評では、2002年当時のバリントンは「一流のプロスペクトだった」と高評価。チーム再建を目指したパイレーツは「球団を正しい方向に導く選手」として全米1位指名したが、中には「“安全策をとった”と考えた人もいた」と振り返る。結局、メジャーでは通算5シーズンで1勝9敗、防御率5.62で「指名失敗だった」と一刀両断。この時、全米1位指名されるべきだった選手として、球界屈指の先発投手となったザック・グリンキーの名前を挙げた。

     グリンキーは同じ年にドラフト1巡目、全体6位指名でロイヤルズ入り。2009年に16勝8敗、防御率2.16の好成績でサイ・ヤング賞を受賞すると、昨季まで11年連続で2桁勝利を記録。ブルワーズ、ドジャース、ダイヤモンドバックスと渡り歩く中で、最優秀防御率を2度、ゴールドグラブ賞5度、シルバースラッガー賞1度、球宴選出5度を果たす一流ピッチャーとなった。

     その他、全米1位で選ばれるべきだった選手として、デレク・ジーター(1992年)、ジャスティン・バーランダー(2004年)、クレイトン・カーショー(2006年)らの名前が挙がった。選手の将来性を見極めることは、やはり至難の業のようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00282264-fullcount-base

     広島は11日、広島市内のマツダスタジアムで今年最初のスカウト会議を開いた。高校、大学、社会人の全ての年代を確認し、224人をリストアップした。

     最速157キロ右腕で、“大谷2世”との呼び声が高い大船渡・佐々木朗希投手(2年)や昨秋の明治神宮大会で準優勝に導いた星稜・奥川恭伸投手(2年)、横浜・及川雅貴投手(2年)、創志学園・西純矢投手(2年)、日大三・井上広輝投手(2年)、木更津総合・根本太一投手(2年)に加え、大学生では明大・森下暢仁投手(3年)の映像をチェックした。

     会議を終えた苑田スカウト統括部長は「今年は高校生に良い投手が多い」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000050-dal-base

     2018年、圧倒的な強さを見せて世界一に輝いたレッドソックス。レギュラーシーズン108勝(54敗)を挙げた最強軍団の中でキーマンの一人となったのが、ライアン・ブレイシア投手だ。メジャーで目立った実績はなく、2017年にプレーした広島も1年で自由契約となった右腕をレッドソックスはなぜ獲得したのか。ボストンの地元ラジオ局「WEEI」の電子版が特集している。


     ブレイシアは2013年にエンゼルスでメジャーデビューを果たし、7試合登板で防御率2.00という成績を残したものの、その後はマイナー生活に。2017年に広島に加入したが、26試合登板で2勝1敗1セーブ2ホールド、防御率3.00という成績で1年で自由契約となった。そんな右腕を昨オフにマイナー契約で獲得したのが、レッドソックスだった。

    「レッドソックスがクローザー候補を発掘した1周年記念」とのタイトルで特集を掲載した「WEEI」では、レッドソックスのスカウトを務めるスティーブ・ペック氏への取材から、当時を振り返っている。

     1年前、フロントオフィスから視察するためにブレイシアの名前を聞かされたペック氏は、その名前をしっかり覚えていたという。取材に対して、同氏は「2、3年前に彼がエンゼルスにいる時に見たことがあった。彼が日本に行き、広島にいる間は見ていなかったが、チェックはしていた。彼のことを知っていたし、見に行きたいと思った」と話している。レッドソックスがブレイシアに興味を持ったきっかけは、本人からファームディレクターに直接送られたメールだったという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00280878-fullcount-base

     広島・山口翔投手が14日、廿日市市の大野練習場で自主トレを行った。

     昨秋からワインドアップのフォームに挑戦。このオフはウエートトレとともに、ネットスローなどでフォーム固定を重点的に行っており、「最初は慣れなかったけど、今は普通に投げられるようになってきた」と手応えを示した。

     昨季は1軍昇格こそなかったが、1軍秋季キャンプに参加し経験も積んだ。高卒2年目のシーズンへ「まずは1軍の舞台に上がりたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000109-dal-base

    あるぞ、島内1軍キャンプ! 広島畝投手コーチが新人合同自主トレを初視察し、ドラフト2位・島内颯太郎投手(22=九州共立大)の調整具合に太鼓判を押した。



    キャッチボールを見守り「フォロースルーがマエケン(ドジャース前田)みたい」と高評価。1、2軍振り分けについては「分からない」としたが、17日のスタッフ会議で抜てきされる期待が高まった。島内も「1軍でやりたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00445603-nksports-base

    広島ドラフト5位・田中法彦投手(18=菰野)が、新人一番乗りでブルペン入りした。

    トレードマークの濃いまゆ毛ばかり目立っていたが、野球でもアピール。大野練習場の屋外で立ち投げし、ストレートを約30球投じた。「7割くらいで投げました。久しぶりなんで、指にかかったり抜けたりした」と苦笑い。畝投手コーチは「いい球を投げていた。しっかり体もつくれていた」と話した。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00445624-nksports-base

     広島の平岡敬人投手(23)が12日、廿日市市の大野練習場でキャッチボールやゴロ捕球などの自主トレを行った。2年目の右腕は、今春の1軍キャンプに初めて参加することが濃厚。課題とするフィールディングでアピールし、1軍生き残りを目指す。



     首脳陣が投手陣に求めるのは投球だけではない。ゴロ捕球やサインプレーなどの総合力が、開幕1軍入りへの判断基準だ。初めて春季キャンプを1軍で迎えることが濃厚な平岡の課題は守備。「それを克服して生き残りたい」と力を込めた。

     昨秋キャンプで行われた投内連係などの守備練習ではミスが目立った。ブルペンでの投球練習で評価を上げただけに悔しさが残った。同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。今オフは守備への意識を高く持ち、ノックを受けている。

     「大卒だし今年が勝負の1年」。昨季は体づくりに力を入れ1軍登板はなかった。2年目の今季はその成果を示さなければならない。さらに即戦力としてドラフト2位で島内(九州共立大)が加入しライバルが増えた。強い危機感がある。

     筋力トレやランニングを継続しておりコンディションは良好。「太りやすい体質」という体も、体重はシーズンとほぼ同じ95キロ前後を維持する。「重さはない」。軽快に打球を処理できそうだ。

     昨年末、佐々岡投手コーチは若鯉に「期待している」と言った一方で、準備不足に見えた投手については、3日間しかない第1クール終了後の入れ替えを示唆した。「1日1日が勝負」と平岡。開幕1軍入りを目指し、日南のグラウンドに立つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000032-dal-base

     広島の新外国人ケーシー・ローレンス投手とカイル・レグナルト投手がそれぞれ、ソーシャルメディアで新年に向けての意気込みを披露した。

     ローレンスは自身のツイッターで「ハッピーニューイヤー!」と挨拶すると「かかってこい、2019!レッツゴーカープ!」と、闘志全開で2019年に挑みかかった。

     レグナルトは自身のインスタグラムを更新。「2018年はスペシャルな年でした!! 本当に数々の素晴らしい瞬間、思い出、チャンスがありました」と綴り、自身の結婚式の写真と3Aラスベガスのマウンドに立つ勇姿を公開。さらに「2019年、君の出番だ!」と鯉のぼりの絵文字付きで意気込むと同時に、3枚目の写真として広島のマスコット「カープ坊や」のイラストを公開している。

     先発と中継ぎの二刀流をこなすローレンスとリリーフ左腕のレグナルト。いずれも新チームへの合流が待ちきれない様子だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00275457-fullcount-base

     広島・佐藤祥万投手(29)が「銘木業界」で第二の人生をスタートさせる。銘木(希少価値があったり、材質が優れている木材)を製品に加工、販売している大阪市内の会社で来春から働く予定。「妻の実家です。いまは木の名前とか、いろいろ覚えているところですね」と、慣れない作業に悪戦苦闘しているという。

     2007年の高校生ドラフト4巡目で横浜(現DeNA)に入団。以降は日本ハム、広島と3球団で合計11年間プレーした。今季は中継ぎとして1軍で7試合に登板し、防御率8・59。球団から戦力外通告を受けた直後は、トライアウト受験も選択肢の一つとしていたが、家族と話し合った結果、引退を決心した。

     「(広島は)実績がない自分を拾ってくれた。結果を出して恩返しをしたかったけど…。申し訳ない気持ちです」と広島での4年間を振り返った左腕。「これからは会社がメイン」と、新天地で全力投球するつもりだ。

     ◆佐藤 祥万(さとう・しょうま)1989年8月18日、栃木・日光市生まれ。29歳。小学3年から野球を始め、文星芸大付高では2006、07年夏に甲子園出場。同年の高校生ドラフト4巡目で横浜(現DeNA)に入団。13年11月に日本ハムへトレード移籍。14年オフに戦力外通告を受け、同年の合同トライアウトを経て広島入り。今季は中継ぎとして7試合に登板した。172センチ、81キロ。左投左打。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000207-sph-base

    このページのトップヘ