広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     広島カープの投手だった池ノ内亮介さん(31)は現在、大阪府警の警察官となり、寝屋川署に勤務している。



     「毎日いろんな事件事故が起こります。警察官になってまだ3年。すべてが勉強ですが、上司や仲間に恵まれ、また、街の人たちからの『ありがとう』『ご苦労さま』という声にも励まされながら頑張っています」

     同署地域課に所属し、交番勤務をメインにしている。交通事故や住民同士のトラブル、盗難、落とし物、迷子、道案内など交番に寄せられる案件は多種多様。バイクで地域のパトロールを行い、学校や老人会などで防犯教室も開く。書類を作成する仕事も多く「結構苦手です。ずっと野球しかしてこなかったので」と苦笑いする。

     三重県伊賀市出身。中京学院大を経て2010年秋のドラフト会議でカープから育成枠で指名された。1年目は3軍でひたすら体力強化に励み、3年目のシーズン終了後に支配下登録を勝ち取った。右サイドハンドから繰り出す150キロの直球とキレのある変化球を武器に、14年には1軍登板も果たした。中継ぎで2試合に投げ、いずれも1イニングを無失点に抑えた。

     しかし、翌年は1軍での登板機会はなく、オフに戦力外通告を受けた。「力不足でした」と悔しさも残ったが、カープに在籍した5年間を「不器用なタイプなので、育成から支配下、1軍と一歩ずつ上がっていけたのは自分らしくて良かったと思います。わずか2試合でしたが、1軍で投げられたことで、家族やお世話になった方にも少しは恩返しできました」と振り返る。

     第2の人生には「厳しいプロの世界でやってきたので、次の人生でも厳しい環境で挑戦したいという思いはありました」。警察官の知人の勧めもあって16年夏に大阪府警の自己推薦方式の採用試験に応募して合格。翌年8月に警察学校に入校し、警察官として新たなスタートを切った。

     プロ野球で培った経験が役に立つことも多い。「カープに入った頃はクイックやけん制に苦手意識があったんですが、プロで活躍するためには欠かせない技術。コーチから教わり、上手な人を見て研究するうちに自分の武器になったんです。だから警察官になった今も難しい仕事があっても努力すれば、必ずやれるようになると思っています」。

     かつての仲間の活躍は今も気になる。中京学院大時代の1年後輩にあたる菊池涼とは大学、カープで7年間チームメートとして過ごした。「同期で同い年の中村恭平は去年頑張ってくれて本当にうれしかった。中崎や磯村も年は下ですが同期です。同い年の会沢やマエケン(前田健太)にも頑張ってほしい」。仲間の活躍を見聞きするたびに野球の虫がうずくそうで、「たまに友達とキャッチボールします。野球したいですね」と目を細めた。

     これからの目標については「プロ野球選手は子供たちのあこがれだと思うんです。警察官でもそういう存在になりたいし、私の下に入ってくる若い人たちの見本にもなりたい。そのためにも警察官である前に一人の社会人として自分を磨いていきたいです」。地域から愛され、信頼される警察官へ。池ノ内さんは第2の人生でも一歩ずつ前進していく。

    (デイリースポーツ・工藤直樹)

    ◆池ノ内亮介(いけのうち・りょうすけ)。1988年11月22日生まれ。三重県伊賀市出身、現役時代は右投げ右打ちの投手。175センチ、74キロ。背番号は121→68。中京高から中京学院大を経て10年度のドラフト会議で広島に育成2位で入団。13年オフに支配下登録され、14年7月14日のDeNA戦でプロ初登板を果たす。15年に退団。通算成績は2試合に登板し0勝0敗0セーブ、防御率0・00。17年8月に大阪府警の巡査となる。独身。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-11004419-maidonans-life

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    17年に15勝を挙げた男が輝きを取り戻そうとしている。広島薮田和樹投手(27)は最高勝率のタイトルを獲得し、リーグ連覇に大きく貢献した17年以降の2年間は不振が続いた。18年は2勝、19年はプロで初めて0勝に終わった。昨オフには「理由はわからない。それがわかった時にはもう1回勝てていると思います」と頭を抱えながら、復活への道を模索してきた。


    本来の直球を取り戻すべく、昨年はウエートトレーニングを中心に行い、体重増に力を注いだ。しかし結果につながらなかった。「腕をしっかり振れるように、スピード重視のトレーニングに取り組みました」と、昨オフから重さにこだわらず、瞬発力を高めるトレーニング中心に切り替えた。ボクシングなども練習に取り入れ、筋肉の質を変えた。2月の春季キャンプの序盤は苦戦しながらも、終盤でみせた直球の質には納得の表情をみせていた。

    薮田の復調により、先発ローテーション争いも激しさを増してきた。大瀬良、K・ジョンソンの確定組に加え、即戦力として期待に応え続けているドラフト1位の森下、不振が続いた中で昨年の勢いを取り戻した床田の2人も決定的。残り2枠を薮田、九里、遠藤の3人で争っている。

    先発した24日ヤクルトとの練習試合(マツダスタジアム)では最速148キロの切れ味鋭い直球を軸に、3回3安打無失点と好投した。投げる度に信頼を高めていることは間違いない。苦しみから脱却し、今年は3年前のように1軍の舞台で輝き続ける姿に期待したい。【広島担当 古財稜明】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-23250007-nksports-base

     「練習試合、広島3-4ヤクルト」(25日、マツダスタジアム)

     広島の育成・藤井黎来投手が本拠地デビュー戦を1回無安打1四球無失点で終えた。


     六回から登板。先頭の村上に四球を与えたものの西浦を一直併殺打。最後は147キロの直球で広岡を遊飛に打ち取った。

     「めちゃめちゃ緊張しました。真っ直ぐは高かったけど、球の力強さを見せられた。空振りが取れた球もあった。良い経験になったし、また2軍で投げさせてもらえるときには、この経験をいかしたい」

     秋田・大曲工から17年度育成ドラフト2位で広島に入団した。今季が3年目。貴重な経験を糧に、支配下登録への道を突き進む。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000133-dal-base

     広島・佐々岡真司監督(52)が先発候補を全員昇格をさせて、開幕ローテーション入りを懸けた“ラストサバイバル”の実施を明かした。19日は由宇練習場で中日との2軍練習試合を視察し、4回無失点だった九里亜蓮投手(28)の昇格を決め、4回1失点の遠藤淳志投手(20)も候補に残した。先発入りが内定している大瀬良、K・ジョンソン、森下を除く残り3枠の争いは最終局面に入った。

     指揮官の行き先が、解決の見えない懸念事項を示していた。佐々岡監督は、マツダスタジアムでの全体練習ではなく、由宇練習場に向かった。目的は先発候補の見極めだ。2軍調整中の九里は先発して4回3安打無失点の好投。「直球、変化球にしろ攻める気持ちを感じた。2軍でやったことをプラスにすればいい」と再昇格を告げた。

     6回から登板した遠藤は4回4安打1失点の粘りで生き残った。「遠藤には相当プレッシャーをかけた中での登板だった。九里も重圧があったと思う」。試合前に結果次第で先発争いからの脱落も示唆していた中、春季キャンプ以来、開幕ローテーション候補全員が1軍に再集結する“ラストサバイバル”の舞台を整えた。

     九里は背水の登板だった。5日の教育リーグ・ソフトバンク戦で7四球を与える乱調で3回1/33失点に沈み、一度は脱落した。「ふがいなくて、すごく悔しかった」。今回が降格後2度目の登板。3回に郡司、石橋を内角のツーシームで空振り三振にするなど無四球と修正し、「映像を見返すと、体が横振りになっていた。良くなってきている。継続しないと意味がない」と手応えを口にした。

     遠藤は登板した6回に石橋、高松をチェンジアップで連続の空振り三振に仕留め、7回に適時打を含む3安打を浴びながら最少失点にとどめた。「亜蓮さんがいい結果を残したので、負けられない…と続こうと思った」。前回11日のDeNA戦に3回5失点で落とした評価を取り戻した。

     佐々岡監督は先発候補を「7人」と改めて明言した。先発入りが内定しているのは、大瀬良、K・ジョンソン、森下の3人のみ。床田、薮田を含めた4人で残り3枠を争うこととなる。「まだ時間はあるし、いまから考え直す部分もある。競争が個々のレベルアップにもなる。開幕まで時間があるので、まだまだ競争意識を持ってやってもらいたい」。九里の降格など活性化させてきた開幕ローテーション争いは、候補者全員に与えられる1軍登板で決着を迎える。(河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000015-spnannex-base

     広島のテイラー・スコット投手(27=前オリオールズ)が赤ヘル助っ人の流儀を受け継ぎ、異国生活をエンジョイしている。

     守護神候補の新助っ人はオープン戦で6試合に登板し防御率3・00をマーク。新型コロナによる開幕延期も意に介さず「スライダーはしっかり制球できているので、この期間で真っすぐの質を上げていい投球をしたい」と腕をぶしている。

     すでに日本生活にも順応しており、エルドレッド(現駐米スカウト)らかつての助っ人同様、キャンプ終了直後に“ママチャリ”を購入済み。「米国ではあまり乗らなかったけど非常に快適だよ」と外国人選手の寮とマツダスタジアムとの行き来に利用している。投球に関しても日本打者の研究に余念がないタイプだが「毎日道順を変えていろいろな道を覚えているんだ」と勤勉な性格はここでも発揮されているようだ。

     そのママチャリ生活ではお気に入りスポットも発見。「日本らしい景色がよくて好きになったんだ」と広島市内にあり、日本の歴史公園100選にも名を連ねる「縮景園」のとりこになったという。なかでも竹やぶを眺めることがリフレッシュにつながるようで「異国の地に来たという感じがしてすごくいいんだ」と熱弁。コロナ余波によって現在は臨時休園中だが、騒動終息による再開を心待ちにしているという。

     今後の結果で抑えを決める方針の佐々岡監督の期待に応えるべく“竹やぶ効果”発揮といきたいところだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-00000013-tospoweb-base

    <練習試合:広島1-3中日>◇21日◇マツダスタジアム

    広島床田寛樹投手が6回2安打無失点の好投で開幕ローテ入りを確実なものにした。

    最速149キロを計測するなど球威が戻ったことで変化球が生き、持ち前の制球力も発揮された。味方の2失策にも動じず、無四球で今年最長イニングを投げ切った。前回14日ソフトバンク戦とのオープン戦以上の結果、内容に「悩む内容が上がった」と手応えをつかんだ。

    2月は調整が遅れ、キャンプ終盤の25日のブルペン投球では捕手会沢から「このままの状態では通用しない」とハッパを掛けられた。あれから25日。この日バッテリーを組み「球も来ていたし、打者と勝負できていた。いいと思う」と女房役から高評価を得た。

    佐々岡監督も「今日のような投球をすれば期待するところはある」と認める。それでも本人は「次も変わらず、まずは結果を出せるようにしたい」とまだ決まっていないシーズンへ向けて足もとを見つめた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-23210680-nksports-base

    <練習試合:広島8-9中日>◇22日◇マツダスタジアム

    広島リリーフ陣が崩壊した。2番手中田廉投手は1回無失点と粘投も、1点リードの8回に登板した藤井皓哉投手は2/3を投げ5失点。


    後を受けた菊池保則投手も長打を許し1失点。1点勝ち越した直後の9回はフランスア投手が2失点と精彩を欠いた。

    佐々岡真司監督は「フランスアも無駄な四球があった。投手陣は入りが悪かった。藤井(皓)もリードしていた場面で結果を出さないと、そこで投げさせられなくなる」と厳しく指摘した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-23220666-nksports-base

     「練習試合、中日9-8広島」(22日、マツダスタジアム)

     広島は開幕ローテの1人、ドラフト1位・森下暢仁投手(明大)が先発し、6回8安打2失点にまとめた。4回7安打5失点だった前回15日のソフトバンク戦では、カーブの制球に苦しんだ。この日はカウントを取り決め球にもなった。前回登板で出た課題をきっちり修正した。


     試合は1点リードの九回に守護神候補のフランスアが登板。2死から味方の失策も重なって2点を奪われ、逆転を許した。チームは6日の西武戦で勝利して以降、引き分けを挟んで9試合連続で勝ち星なし。

     佐々岡監督の試合後の談話は下記の通り。

     -森下が好投した。

     「前回から修正できたと思う。カーブを使ってね。それが使えれば真っすぐが生きる」

     -フランスアについては。

     「2アウトと取ってからね。スピードは(最速が)146キロかな。もっと出てくれないと、というのはある。体調不調から復帰して、初めて1軍で投げた。状態を上げていってほしい」

     -9試合連続で勝ち星がない状況については。

     「気にしても、というのはある。今は選手個々が自分の役割をやらないと。ただ(1、2軍の)入れ替えもあるということ。いつも言っているように、危機感を持ってやってほしい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00000110-dal-base

     広島の新助っ人DJ・ジョンソン投手が20日、自身のSNSを更新。中日との練習試合開始前のグラウンド風景とともに日米で広がる新型コロナウイルス感染の影響についてコメントしている。


     本来ならばプロ野球が開幕予定だったこの日。開幕が延期となったためマツダスタジアムでは無観客で中日との練習試合が行われた。ジョンソンは試合前に中日が練習に臨む様子や、広島のベンチの様子を収めた写真とともに「今日は本来なら開幕日になるはずだった日です。今後しばらくの間は、日本のスタジアムが、このよう状態であることを考えると悲しくなります」と無観客での試合に寂しさを感じている様子だ。

     一方でアメリカでは開幕延期のみならずオープン戦も全て中止となり、試合を行うこと自体が難しい状況になっている。「僕は、毎日ユニホームを来て、今日も大好きな野球をプレーすることができ、とてもラッキーだと分かっています。母国の選手は僕らのようには試合が出来ないのだから」と自らが置かれている立場がどれほど恵まれているかを改めて実感したようだ。

     ジョンソンは母国へ「みんなのことを祈っています。野球と普通の生活が早く戻ってきますように!」と祈念する一方で「ゲートが開いて、スタジアムで、応援してくれる皆さんの顔を見る日をとても楽しみに待っています!」と日本のファンへのメッセージを綴った。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00727503-fullcount-base

     国学院大学は16日、セカンドキャリア特別選考で元ロッテの島孝明氏、元広島の岡林飛翔氏が合格したことを発表した。4月1日から人間開発学部健康体育学科に所属し学生生活をスタートさせる。



    「セカンドキャリア特別選考入試に関する協定」は、2017年11月に国学院大学と一般社団法人日本プロ野球選手会が、引退後のセカンドキャリアに進む元プロ野球選手の支援を目的に締結したもの。

     島氏は同大学を通じ「純粋に自分にはまだやりたいことが沢山ありました。自分の人生はまだ前半であり20年30年先の自分が、いい人生を送って来れたと誇れるような生き方をするには、野球から学んだことだけではなく、大学での学びが必要だと考え、進学を選択しました」とコメントを発表。

     岡林氏も「将来は、野球の指導に携わりたいと思っています。しかし、指導する立場にも学ぶべきことがあります。何も勉強せずに指導をしても相手に伝わらなかったり、その人に合った指導が出来ません。そのため、体の仕組みや使い方などしっかり学んだ後に、野球の指導に携わることができればと思い大学進学を選択しました」と進学の理由を説明していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00722838-fullcount-base

    このページのトップヘ