広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    投手

     開幕ローテ入りを狙う広島のドラフト3位・床田(中部学院大)が、28日の韓国・サムスンとの練習試合で初先発する。3イニングを予定されており「自分も先発ができるんだというところを見せたい。とりあえずゼロに抑えたい」と抱負を口にした。

     初の対外試合登板となった24日のロッテとの練習試合では2回無失点。福井が背中の張り、大瀬良が右脇腹違和感で出遅れており「(開幕ローテ入りの)チャンスもあると思う」と腕を撫した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000046-spnannex-base

     長谷川良平、安仁屋宗八、外木場義郎、北別府学、佐々岡真司…。

     近年は黒田博樹、前田健太といった2文字姓の投手がエースを務めていたが、昔から広島のエースと呼ばれた投手に3文字姓の投手が多い。

     長谷川は広島創設時のエースとして、通算14年間で197勝を挙げ、引退後は65年から3年間監督を務めた。広島は長く低迷していたが、70年代後半から80年代にかけて黄金時代が到来。その時にエースだったのが、“精密機械の異名”をとった北別府学。北別府は78年から11年連続で2ケタ勝利を達成し、82年と86年には最多勝に輝いた。92年に通算200勝を達成した。

     北別府の後、3文字姓のエースになったのが、佐々岡真司。佐々岡はリーグ優勝した91年に、最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得。また先発だけでなく抑えを務めた時期もあり、100勝100セーブを達成している。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/104224

     昨季25年ぶりにリーグ優勝した広島。優勝候補に挙げられながらも勝ちパターンの投手陣を構築することができず優勝どころかAクラスを逃した2015年を反省して、ジャクソン、ヘーゲンズのリリーフ候補の助っ人を獲得した。昨季はジャクソンが勝ちパターンの8回を任され、守護神の中崎翔太とともに“勝利の方程式”を確立。ヘーゲンズはシーズン終盤に先発に転向したが、夏前までは勝ち試合の7回を任され優勝に貢献した。今村猛もジャクソンと同じチーム最多の67試合に登板した。

     ヘーゲンズ、今村、ジャクソン、中崎が勝ち試合のリリーフとして奮闘したが、振り返ると全員が右投手。左のリリーフで30試合以上登板した投手は、12球団で唯一誰もいなかった。右のリリーフのみで優勝したことで、左のリリーフがいなくても勝てると思われるが、ワンポイント、ロングなど役割はあり、左がいないよりかは当然いた方がいい。

     左のリリーフ候補をみると、飯田哲矢、オスカルなどがいる。飯田は14日に行われた紅白戦で白組の4番手として、6回からマウンドにあがると、1回を無失点に抑えた。プロ1年目の15年は一軍で16試合に登板したが、昨季はわずか2試合の登板にとどまった。一軍定着するためにアピールを続けていく。

     飯田の後を受けてマウンドにあがったオスカルは、1イニングを打者9人、5被安打、4失点。シート打撃に登板した11日も、鈴木誠也に本塁打を浴びるなど、悔しい結果に終わっている。

     また、ドラフト3位ルーキーの床田寛樹もいる。14日の紅白戦では、2イニング目となった4回に安部友裕の打球が右膝に直撃したが、後続を打ち取り、2回を3安打無失点に抑えた。

     昨季は右のリリーフ陣の活躍が目立ったが、長いシーズンを戦ううえで、左のリリーフも貴重な存在。今季は一軍に定着する左のリリーフは現れるだろうか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00103890-baseballk-base

     「広島春季キャンプ」(14日、日南)

     広島は今季、リーグ連覇と33年ぶりの日本一を目指す。最大の懸案事項は、先発陣の再整備だ。昨季限りで黒田博樹氏(42)が現役を引退。開幕ローテはクリス・ジョンソン投手(32)と野村祐輔投手(27)の2人しか決まっておらず、投手陣を引っ張ってきた右腕が抜けた穴を誰が埋めるのか。

     緒方監督、コーチ、選手の誰しもが口をそろえる。「今年は日本一が目標」。昨季、成し遂げた25年ぶりのリーグ制覇。そして日本シリーズでの敗北。喜びと悔しさの両方を経験したことで、一体感はさらに強さを増した。新井も「頂がはっきり見える」と言い切る。活気ある春季キャンプの現場を見ても意識の高さがうかがえる。

     連覇への課題は、先発投手の再整備だ。昨季はジョンソンが15勝、野村が16勝、黒田氏が10勝と3本柱がそろって2桁以上の勝ち星をマークした。だが、昨季限りでレジェンドが現役引退。開幕ローテは、ジョンソンと野村しか決まっておらず、残り4枠は未定だ。

     黒田氏が残した10勝、151回2/3の投球回数を埋めるのは簡単ではない。緒方監督は「競争」という言葉を連呼しながら“ポスト黒田”の台頭を願ってきた。

     順当なら大瀬良、岡田、福井の名前が挙がってくるだろう。彼らの存在を脅かしそうなダークホースが薮田と左腕・塹江。キャンプ序盤を終え、14年度ドラフトの同期入団である2人の株が急上昇している。

     右肩の故障を抱えながら入団した薮田は、3年目を迎え不安がない。オフは過去2年のオフにできなかったキャッチボールやブルペンでの投球を続けた。昨季までは、古傷をかばうような投げ方だったが、今春は「肩がスムーズな動きをしている。しっかりしたテークバックが取れている」と畝投手コーチ。8日のシート打撃登板では、この時期にもかかわらず自己最速タイの153キロを計測した。球威はチーム屈指で、スタミナもある。

     先発、中継ぎを問わず、広島は左腕不足の解消がここ数年の課題だ。塹江は、右打者の内角へ投げ込む左腕独特のクロスファイヤーが持ち味。昨季、1軍を経験したこともあり、精神面でたくましさを増した。走者を背負っても動じない投球ができるようになりつつあり、失点しても次の点を与えない粘り強さが出てきた。

     今春は多くのチャンスが与えられる予定。経験を積むことで緒方監督が先発に求める安定感が生まれてくるはずだ。

     リリーフ陣に大きな配置転換はない。守護神は3年連続で中崎が務め、セットアッパーはジャクソンか新外国人・ブレイシアのどちらかが担う予定。七回は今村が濃厚だ。昨季とほぼ同じ布陣で勝利への扉を開いていく。

     指揮官が思い描く理想の投手編成は、リリーフを含め「20人」の1軍級を整備すること。昨季は故障者や不調な選手が出た場合でも、2軍から昇格したヘーゲンズや九里、中村恭らがカバーして戦力を維持した。田中、菊池、丸、鈴木ら強力な攻撃陣がいるが、目指す野球を「投手を中心とした守り勝つ野球」と言い切る。昨季は前田が抜け、そして今季は黒田氏がいない。それでも激しいチーム内競争から選手を育て、連覇へとつなげていく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000033-dal-base

    <第2クールのピカイチルーキー>

     広島ドラフト3位床田寛樹投手(21=中部学院大)【心=◎、技=○、体=△】

     第2クールはフリー打撃に登板した。マイペースな印象が強く「自分としてはよかった。思ったより投げられた」と笑顔が目立つ。

     あまい球は打ち返されたが、クロスステップしながら投げ込むボールには威力がある。緒方監督も「打ちにくそう」と評価を上げた。制球がばらついた印象のあるドラフト1位の加藤拓也投手(22=慶大)とは対照的にまとまりもあった。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-01776791-nksports-base

     広島の一軍キャンプに参加していた戸田隆矢が調整不足のため、二軍へ降格との報道がでた。

     戸田はプロ5年目の昨季、7月10日の阪神戦でプロ初完封勝利をマークするなど5勝を挙げたが、7月下旬に左手を負傷。シーズン終盤に二軍戦で復帰したが、一軍のマウンドにあがることなくシーズンを終えた。今季はジョンソンに次ぐ左の先発候補として期待されたが、キャンプ序盤で躓いてしまった。

     戸田の他に広島の左の先発候補をみると、プロ3年目の塹江敦哉がいる。塹江はプロ2年目の昨季、リーグ優勝した翌日の9月11日の巨人戦でプロ初登板。巨人打線を抑えてアピールしたいところだったが、0回1/3を4安打2四死球6失点と、ホロ苦いデビューとなった。

     それでも、プロ先発した9月19日のDeNA戦では敗戦投手となったが、5回を2安打2失点に抑えてみせた。今キャンプは一軍スタートを切っており、アピールして開幕先発ローテ入りを果たしたいところだ。

     今季プロ7年目を迎える中村恭平もそうだ。中村恭は昨季5月29日のDeNA戦で、5回2/3を無失点に抑え、3年ぶりに一軍で勝利投手となった。その後の登板はピリッとせず、昨季は8試合に登板して、1勝1敗、防御率5.40だった。左で150キロ近いストレートを投げるのは魅力ではあるが、制球に不安を抱える。制球難を克服して、今季こそ先発ローテーションに定着して欲しいところだ。

     左の先発はジョンソンのみ。この中から、先発ローテに割って入る左投手が出てくるだろうか…。



     引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00102891-baseballk-base

    このページのトップヘ