広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     セ・リーグ首位を走る広島で、また新たな力がベールを脱いだ。

     5月22日に行われた巨人戦の6回、3番手としてレオネル・カンポスが今季初登板。先頭のアレックス・ゲレーロに四球を出すも、つづく阿部慎之助を併殺に斬って二死。その後は岡本和真に安打を許すも、亀井善行を内野ゴロに打ち取って1回無失点のNPBデビューを果たした。

     今季からチームに加入した188センチの長身右腕。高い奪三振能力がウリでリリーフ陣の一角として期待を受けるも、オープン戦では5試合の登板で防御率5.79、四球が4つとアピールできずに二軍からのスタート。それでも、ファームでは14試合の登板で1勝1敗、防御率2.51と安定した投球を披露。外国人枠の関係からなかなかチャンスが巡ってこなかったが、先発の柱であるクリス・ジョンソンが夫人の出産に立ち会うためにチームを離れることになったため、ちょうど空いた枠に滑り込んだのだった。

     また、その“ジョンソンの穴”という点ではもう一人おもしろい投手がいる。カープアカデミー出身の24歳左腕ヘロニモ・フランスアだ。

     3月9日に育成契約を結んだ若きドミニカンであるが、ファームで8試合に登板して2勝1敗、防御率2.57という好成績が認められて5月21日に支配下登録。異例のスピードで2ケタの背番号を掴み取った。すると、ジョンソン不在で空いた先発の枠にそのまま抜擢。26日に本拠地で行われる中日戦で一軍デビュー・初先発の大役を務めることになっている。

     昨季もバティスタがシーズン途中に支配下登録を勝ち取って活躍したり、ファームにはアレハンドロ・メヒアという格の違いを見せつけるような活躍を見せる選手がおり、12球団でも一・二を争うような熾烈さの外国人枠争い。中でも今季からチームに加わった2人の投手、カンポスとフランスアの今後には注目だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00154113-baseballk-base

     20日に育成枠から支配下選手契約を結んだ広島のヘロニモ・フランスア投手(24)が24日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、プロ初登板初先発となる26日の中日戦に備えた。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身投手で、初登板初先発初勝利を挙げたのは球団では95年のチェコのみ。23年ぶりの快挙を目指す。

     雲ひとつない空の下、フランスアが左腕を振った。マツダスタジアムのマウンドに上がると、本番を想定して登板前最後の投球練習。カーブ、チェンジアップなどの変化球を交えながら53球。26日・中日戦でのプロ初登板初先発へ向けて調整した。

     「(マツダのマウンドは)昔、一度だけ投げたことがある。シート打撃でルナとエルドレッドと新井さんに投げたんだ。投げやすく好きだね。気持ちが良かった」。気温24度。初夏を思わせる暖かさに、額には自然と汗がにじんだ。

     14年9月に練習生として初来日。今年3月に育成選手となり、ウエスタンで8試合に登板し2勝1敗、防御率2・57の成績を残して20日に念願の支配下契約を結んだ。

     「右打者の内角に入ってくるボールが良い。来たときは、ブルペンでは良い球を投げるけど、実戦になると四球。それがなくなった」と畝投手コーチ。制球難を克服し、1軍マウンドを勝ち取った。

     フィールディング、ベースカバー、けん制…。試合の中ではさまざまなことが求められる。来日当初は投げることで精いっぱいだったというが、転機は16年に四国ILp・高知に派遣され、数多くの実戦を積んだこと。「いろんな経験ができた」。クイックも今では1・2秒台前半。投手としての基礎を身に付け、総合力もアップさせた。

     ドミニカ共和国カープアカデミーは1990年に開校。同校出身選手で、プロ初登板初先発を初勝利で飾ったのは、球団では95年のチェコのみ。「もちろん、九回まで投げたい」と完封勝利にも意欲を示した。

     「喜んでいたよ」。母国で暮らす母のロレーナ・マルティネスさんや16年に結婚した妻サンドラ・バルデスさんには、電話で初登板を伝えた。「初めてだから緊張すると思う。でも、自分のペースでテンポ良く投げたい。自分の仕事をすることだけを考えたい」。海を渡って4年。夢をかなえる第一歩を踏み出す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000020-dal-base&pos=4

     19日に支配下登録された広島のヘロニモ・フランスア投手(24)は24日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、あす25日からの中日3連戦(マツダ)で予定される初登板初先発へ向けて調整した。

     この日は、本拠地のマウンドに上がって53球投げ込み、「投げやすくて好きです」と好感触を口にした。

     ドミニカ共和国カープアカデミー出身で今年3月7日に練習生から育成契約した1メートル86の長身左腕。ウエスタン・リーグでは8試合で2勝1敗、防御率2・57だった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000097-spnannex-base&pos=2

     ◇広島六大学野球 第7週3回戦 広島大2―1広島経大(2018年5月21日 広島工大)

     広島大が広島経大を破り、17季ぶり12度目の優勝を飾った。今秋ドラフト候補の最速148キロ右腕・中田朋輝投手(4年=宇部)が被安打3の9奪三振、1失点で完投。今春6勝目(2敗)を挙げた。広島大は1983年以来35年ぶりに大学選手権(6月11日開幕、神宮、東京ドーム)に出場する。

     抜けるような青空に両の拳を力強く突き上げた。1点差に迫られた9回。なお続く2死二塁のピンチで、中田は森脇を宝刀カットボールで空振り三振に仕留め、歓喜の時を迎えた。勝ち点5の完全優勝でつかんだ全国切符。頼れるエースは「歴史をまず一つつくることができました」と胸を張った。

     昨年は春秋ともに最優秀防御率賞とベストナインを獲得。リーグを代表する絶対的エースだ。プロから注目を浴びる背番号11は通算23勝(13敗)を誇る。工学部で機械システムを専攻する秀才右腕は昨冬掲げた目標を改めて口にした。「神宮で150キロを出す」――。大学選手権1回戦の相手は東北福祉大だ。国立大の星が強敵に真っ向勝負を挑む。(吉仲 博幸)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000070-spnannex-base

     22日の巨人戦(宇都宮)に先発する広島・中村祐は、“内角攻め”の覚悟を示した。

     相手予告先発の山口俊と前回投げ合った1日の一戦では、会沢への2打席連続死球を巡り両軍選手がベンチから飛び出す騒ぎに発展。警告試合となった因縁がある。「初めて“乱闘”を経験したので、そこは気をつけながら、でも怖がっていてはダメ。上位を抑えるためには内角を攻めないといけない」。強気の投球で4勝目を狙う。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000079-spnannex-base

     「サイトウユウキ」はマウンドを降りた後も第一線で奮闘している。元広島の齊藤悠葵さん(30)は14年に現役引退後、同12月に株式会社ドームユナイテッドへ入社。バッティングセンター、人工芝のグラウンドが併設され、野球教室も開催される「アンダーアーマー ベースボールハウス 川崎久地」に配属された。


     16年2月から店長に昇格。「これからも人に夢を与える仕事がしたいと思っています」。日本ハム・斎藤佑樹と同姓同名で注目を浴びたプロ時代の経験を生かし、お客様対応や野球指導に励んでいる。

     齊藤さんは福井商から06年高校生ドラフト3巡目で広島に入団。1年目の10月1日の巨人戦で、球団史上初の高卒新人による初登板初先発初勝利を挙げた。同日には1学年下の早実・斎藤佑樹が国体で完封勝利。齊藤さんは巨人戦後に赤いハンカチで汗を拭き、「赤いハンカチ王子」として注目を浴びた。

     その後は09年に9勝を挙げるなど活躍。そのたびに同姓同名の全国区スターを引き合いに出されることも多かったが、感謝しかなかったという。「彼のおかげでいろんな人に名前を覚えてもらえたので、ありがたかったです。ずっと仲良くなりたいと思っていましたから」。結局、現役時代に会うことはできなかったが…。

     昨年12月、ついに広島・福井の結婚式で初対面。「斎藤くんも僕を分かってくれていて、一緒に写真を撮ってインスタグラムにあげたら反応がすごくて(笑)。同じ名前がニュースに出てくるので注目してますし、頑張ってもらいたいですね」。今もプロで活躍する“恩人”を陰ながら応援しているという。

     社会人生活は4年目に入った。当初はメールの書き方からつまづき、3カ月かけてパソコンの使用方法を勉強。地道に努力を重ねた。「プロは自分が頑張ればいい面があったけど、今は責任がある。元プロという肩書きは指導に生きるけど、接客方法とかは考えていかないと」。現役時代に同僚だったドジャース・前田健太や広島・中田廉らは今も店に訪れてくれるという。かつて大舞台で戦った仲間たちに刺激を受けながら、ハンカチで汗を拭く暇もないほど忙しく働いている。(デイリースポーツ・西岡 誠)

     ◆齊藤さんが店長を務める「アンダーアーマー ベースボールハウス 川崎久地」では現在、バッティングセンターで「ホームランダービー2018」を開催している。同所でバッティングをした全員が対象。5月から2カ月単位で累計ホームランを競ってチャンピオンを決めるもので、豪華賞品も用意されている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000045-dal-base

     広島は20日、前日の19日にヘロニモ・フランスア投手(24)と支配下選手契約を結んだと発表した。

     契約年数は6年。契約金10万ドル(約1100万円)、今季年俸8万ドル(約880万円、出来高あり)。背番号は97に決まった。

     フランスアは球団を通じて、「1軍でプレーするという自分の夢への第一歩を踏めて、神様に感謝しました。また自分を応援し元気づけてくれたカープファン、家族、仲間、カープアカデミーのみんなにも感謝します。自分の能力の可能性に期待し、チャンスを与えてくださった球団にも恩返しをしたいと思っています。1軍の先発ローテーションで一番になる夢を達成できるように頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。

     フランスアはドミニカ共和国出身。1993年9月25日生まれ。身長186センチ体重110キロ。左投げ左打ち。今年3月に育成選手契約を凍結。ファームで8試合に登板し、2勝1敗、防御率2・57。25日からの中日3連戦(マツダ)でデビューする可能性がある。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000057-dal-base

     投手の凡退は責められない。ただ、投手自身が、打てなかったことを“仕方ない”と受け入れてしまうか、“今度こそ”と悔しがるか。この差は大きい。そして、広島の投手陣の多くが、後者と言える。

     広島の今季の投手打撃成績は18日時点で、76打数10安打。打率・132は巨人に次ぐリーグ2位だ。決して、偶然ではない。わずかでも打線の力になりたいと願う投手陣の努力の結晶と言っていい。そして、コイ投に打撃面で好影響を与えるのが、岡田明丈投手(24)だ。

     「(打撃は)プロに入ってからという感じなんで。まだやり始めです(笑い)」

     言葉通り、岡田は打撃を「始めた」のだ。コイ投で最も多い打撃練習量を自主的に課す。1年目はわずか2安打で打率・074、打点は0。ここから、次第に努力が実を結ぶ。2年目は6安打で打率・128と上昇。投手では打撃自慢のDeNA・ウィーランドに次ぐリーグ2位の8打点をあげるまでに成長した。

     そして3年目の今季。オフ期間中は、マツダスタジアムの屋内練習場で最後まで居残ってマシン打撃を行うこともあった。1月下旬、宮崎での先乗り合同自主トレでは、野手に交じってロングティーで豪快なスイングを繰り返し、投手練習後にフリー打撃を行う日も少なくなかった。

     「少しでも、チームの流れに加われるようになりたい。1点でも取れるような、次につなげられるような打撃ができれば、もっと勝ちやすくなると思う」

     今季初登板となった4月5日ヤクルト戦(神宮)。いきなり自らの打撃が白星に結びついた。0―0の5回1死から8球粘って左前打。これが丸の決勝3ランにつながり、今季1勝目を手にした。

     東出打撃コーチは言う。「普段から振っているから打てる。去年だって、自分で打ったから12勝もできたわけでしょ」。今季は、早くも昨季の安打数の半数となる3安打をマーク。打率・167と成長は止まらず、“本業”でも順調に4勝をあげている。

     コイ投の中で随一の打力を誇る中村祐も、自らのバットで今季1勝をたぐり寄せた。今季初登板だった4月18日ヤクルト戦(マツダ)。0―0の3回無死一、三塁からヤクルト・ハフの内角の直球をうまく腕を折りたたんで中前適時打とした。これが決勝打となり「3球振って帰ろうと思っていました(笑い)」と振り返った。

     岡田との違いは、元々非凡な打力を持ち合わせていること。関東第一では中軸を担い高校通算16本塁打を放った打力の持ち主だ。それでも、センスだけで打った一打ではない。1月下旬、宮崎での先乗り合同自主トレでは、岡田に影響されるかのように、打撃練習を欠かさなかった。オフ期間の小さな積み重ねは、春先に花開いた。

     12日阪神戦(マツダ)、プロ初の決勝打を放った大瀬良は試合後、「ヒットはたまたま。(岡田)明丈や(中村)祐太が頑張っているので負けられない」と後輩からの刺激を口にした。偶然か、岡田(4勝)、中村祐(3勝)、大瀬良(5勝)と広島の勝ち頭3投手は、打撃でも結果を残している。

     現在、広島の首位快走に、投手の打力も少しばかり貢献してきた。赤ヘルに染みつく勝利への執念。それは、バットを握った投手からも読み取れる。(記者コラム・河合 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000091-spnannex-base

     広島の新外国人レオネル・カンポス投手(30)が18日、ジョンソンの帰国によって来日初の1軍昇格を果たした。2軍では14試合に投げ、1勝1敗、防御率2・51と好成績をマーク。直球、変化球の安定感を増した投球で1軍生き残りを目指す。


     新助っ人がいよいよベールを脱ぐ。ジョンソンの帰国によって、カンポスが1軍合流。曇り空の下、キャッチボールやダッシュで汗を流すと、表情を引き締めて冷静に言った。

     「自分の仕事をきっちりこなしていくだけだと思う。どういった試合展開であっても、登板機会が巡ってきたら、自分のすべてをマウンドで出して結果を待ちたいと思います」

     開幕から1軍外国人の内訳は「野手2、投手2」。投手ではジョンソン、ジャクソンがそれぞれ先発、中継ぎの役割を果たし、出番は訪れなかった。それでも2軍では14試合に投げ1勝1敗、防御率2・51とモチベーション持続。ひたむきに汗を流し、1軍からお呼びがかかるのを待っていた。

     「一日一日を必死で練習する、試合に登板することしか考えていませんでした。自分がどこのレベルにいて、どの場所にいても、自分ができることを一生懸命することだけを考えていました」

     17日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)では緒方監督、畝投手コーチら1軍首脳陣が視察に訪れる中、1イニングを3人でピシャリ。2軍では「直球と変化球の安定感」を追求。その成果をきっちりと示した。「2軍で登板数を重ねてきた。数字的なもの、内容も悪くない」と語る助っ人が本領を発揮する。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000033-dal-base

     広島がヘロニモ・フランスア投手(24)を近く支配下選手登録することが分かった。

     ドミニカ共和国カープアカデミー出身で今年3月に育成契約した1メートル86の左腕。2軍戦8試合で2勝1敗、防御率2.57と結果を残している。17日、ナイター前にウエスタン・リーグの中日戦を視察した緒方監督は「チャンスを与えてあげたい気持ちはある」と語った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000099-spnannex-base

    このページのトップヘ