広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     広島の戸田隆矢投手(26)が13日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で大瀬良とともに自主トレを行い、キャッチボールやランニングなどで2時間、汗を流した。昨季は1軍出場なしと無念の結果に終わった左腕。チームの大黒柱から多くのことを吸収し、今季は背水の覚悟で挑むことを明かした。



     得られるモノはすべて、自分のモノにする。戸田は真剣な表情で一緒に自主トレを行うエース・大瀬良からの助言に聞き入った。その光景からは、ささいなことでも吸収しようという必死さが伝わってきた。

     すべては今季、巻き返しを図るため。高卒ルーキーながら1年目から1軍マウンドを経験し、2016年の阪神戦で自身初の完封勝利をマーク。将来のエース候補として期待をかけられたが、ここ数年は登板試合数も減り、昨季はプロ入り初めて1軍登板ゼロに終わった。

     2軍生活を強いられ、苦渋を味わうこととなった戸田。「プライドを捨ててやっていくしかない」と言う。絶対にはい上がる-。その意識が練習内容からもうかがえた。

     遠投ではただ投げるだけでなく、1球ごとに球質やフォームを先輩に確認。イメージ通りに体が動いているか、指がボールにしっかりとかかっているかなど、さまざまなポイントに対して率直な意見を求めた。

     「投げる時に頭と手が離れるところがある。そこを(修正するように)一球、一球やりました」と意図を説明。今年プロ9年目を迎える左腕は「今年が勝負だと思います」と危機感を募らせている。背水の陣を敷くためにも、投手陣を支える大黒柱からの教えを自らの糧とし、貪欲にレベルアップしていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000033-dal-base

    【楊枝秀基のワッショイ!スポーツ見聞録】やるしかない。自分を信じて前に進むしかない。広島・中村恭平投手(30)が腹をくくったのは2017年9月のころだった。9月18日にカープがリーグ連覇を達成。中村恭も歓喜の輪に加わっている予定だった。だが、自身は9月27日、鳴尾浜での阪神戦でウエスタン・リーグ優勝のメンバーの中にいた。素直に喜んでいいはずの優勝。それでも、腹の底から飛び上がるほどに喜べない自分がもどかしかった。

     17年は人生の転機となった。当時の背番号22と誕生日(3月22日)にかけて2月2日に入籍。9月には第1子も授かった。本当の意味で家族を持ったシーズンに、一軍登板なしという現実が胸を締めつけた。もともと、150キロ超の直球を持ちながら、制球難克服を意識するあまりフォームも崩し130キロ台まで落ちていた。

    「『速い球を投げられることは生まれ持っての才能だから、コントロールなんて気にせず腕を振れ』と言われたり『野球はコントロール。それだけの球威があるなら、力を抜いて軽く投げてみろ』と言われたり。もう、どうしていいか分からん」

     思わず愚痴をこぼしたこともあった。そんな時、先輩から言葉をかけられた。「俺みたいにユニホームを脱いだらもう何もできんのやぞ。どうしていいか分からんなら、自分でどうしたいか考えろ。精一杯やり切ったら、結果が出んでも後悔せんはずや。まずは黙ってやれ」。17年オフ、背番号は22から64に変更された。崖っ縁であることはおのずと感じ取った。

     家族を背負って立つ。覚悟を決めた。このタイミングで一度はやめていたウエートトレを再開。カープではレジェンド・黒田博樹や前田健太(現ドジャース)、大瀬良大地らが師事するパフォーマンス・コーディネーターの手塚一志氏の教えを仰いだ。

     19年シーズン、中村恭は開花した。過去8年で40試合の投手が43試合に登板。0勝1敗12ホールド、防御率2・64と結果を出し、最終的にセットアッパーの立場を勝ち取った。自己最速も156キロに更新し、来季は左腕一軍公式戦最速の160キロも目標にしている。

     19年9月には第2子を授かった。2年前から成長したパパがここにいる。もう迷わない。中村恭はその剛腕をブレずに振り続ける。

     ☆ようじ・ひでき 1973年8月6日生まれ。神戸市出身。関西学院大卒。98年から「デイリースポーツ」で巨人、阪神などプロ野球担当記者として活躍。2013年10月独立。プロ野球だけではなくスポーツ全般、格闘技、芸能とジャンルにとらわれぬフィールドに人脈を持つ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00000001-tospoweb-base

    即戦力右腕がまさかの二刀流!? 広島ドラフト1位の明大・森下暢仁投手(22)が8日、独自の調整方法を明かした。

    この日から広島・廿日市市の大野練習場で新人合同自主トレがスタート。学生時代からブルペンにはあまり入らず、野手の練習を取り入れ、自身の投球スタイルにつなげてきた。プロ入り後もマイウエーを貫き、エース街道を駆ける。

       ◇   ◇   ◇

    大学ナンバーワン右腕が“二刀流”で開幕ローテーション入りの土台を作る。新人合同自主トレ初日に、独自の調整方法を明かした。学生時代から投球練習はあまり行わず、守備練習や打撃練習などに取り組み、自身の投球につなげてきたという。「内野の位置から低いボールを投げることを意識したり、打撃練習に入ったりしてきた」。高校時代は3番打者だったこともあり、打撃は大好き。「打撃から投球につなげることもできると思う」と説明した。

    オールラウンダーの意識が強い。「投手だから投手だけのことをしなければいけないということではなくて、フィールディングだったり、投球につなげていくために、いろんなことをやっていかないといけない」。新人合同自主トレ中のブルペン入りは未定。「球を投げるよりはトレーニングした方が力もついてくる。焦ることなく、入れる時に入れたらと思っています」と語った。

    この日はドラフト5位の天理大・石原貴規捕手(21)と最大約50メートルの距離でキャッチボールを行った。ボールを受けた石原貴は「そんなに力を入れてなかったと思いますけど、回転数が多くて、ボールがのびてくる感じでした。素直にいい投手だなという印象です」。視察に訪れた高ヘッドコーチも「スピンが効いている。しなやかでした」と評価した。

    この日は時折笑顔をみせるなど、終始リラックスしていた。「硬くやっていてもプラスにならないと思う。笑顔でやった方がいいのかなと思ってやっています。体力含め、まだまだ足りない所が多い。筋力、体力アップして、投げられる力をつけていきたい」。目標の開幕ローテーション入りへ、着実に歩みを進めていく。【古財稜明】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-01080719-nksports-base

     広島の新人9選手(育成を含む)は7日、広島県廿日市市内の大野寮に入寮した。

     ドラフト3位の鈴木寛人投手(18=霞ケ浦)は、道原寮長からの説明を聞き終えると「私生活からしっかりしていきたい。高校でも礼儀とかは厳しかったので、役立てていきたいです」と気を引き締めた。

     高校時代は4人1部屋の寮生活。ついに1人部屋を与えられることとなったが、「時間があれば昼寝とかでよく寝るタイプ。寝ている時間を減らして、自主練をしたい」と自覚を口にした。 



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00000209-spnannex-base

     広島の大瀬良大地投手(28)が6日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で自主トレを公開。キャッチボールやランニングなどで1時間半、汗を流した。リーグ優勝、日本一を目指す上で王者・巨人を倒さなければ道は開けない。昨季、自身の対戦成績は1勝1敗、防御率9・42。今年は苦戦した相手を撃破し、真のエースとしてチームをけん引していく覚悟だ。



     2020年を迎え、大瀬良の表情には高揚感がにじんでいた。V奪回を目指す新たなシーズン。公開した自主トレではキャッチボールや遠投で鋭いボールを投げ、40メートルダッシュでは力強く人工芝を蹴って前へ進んだ。動きは軽快そのもの。開幕に向けての準備は順調に進んでいる。

     「いい正月を迎えることができました。昨年はチームとしても悔しいシーズンだったので、安定した成績を残したいです」。真っすぐに前を見据え、今季への思いを語った。

     真のエースを目指すために「あの緊張感の中で投げられたことは喜びだった。誰にも譲りたくない」と、2年連続の開幕投手に照準を合わせた。さらに直接、自らの手で倒したい相手がいる。それは王者・巨人だ。

     昨季の巨人戦は3試合に投げ1勝1敗ながら、防御率9・42と打ち込まれた苦い記憶がある。さらに逆転優勝に向け、負けられなかった8月29日の登板では2回1/3を7安打10失点。昨季最短のKO劇で、4連覇への道のりが一気に険しくなる黒星を喫した。

     「大事なところで勝てなかったというところが残っている。そこで勝てないと、本物のエースと呼ばれる選手にはなれない」。この経験が、大黒柱になるという自覚をさらに強くさせてくれた。

     昨年は3年連続の2桁勝利となる11勝をマークした。一方、夏場以降に疲労が蓄積し、思うような投球ができなかった。だからこそ今季は2段モーションを封印。「勇気のいること。同じようにやっても成長しない」と、シンプルな動きで体の負担を減らすフォームに挑戦中だ。

     上半身では課題としている腕の横振りを修正するため、右肘をより上げるような意識を持って取り組む。変化を恐れず、さらなる成長を目指す。飽くなき向上心が今、右腕を動かしている。

     自己最高の15勝7敗、防御率2・62をマークした18年以上の成績が目標。昨年12月には真由夫人と結婚式を挙げるなど、充実したオフを過ごした。充電は完了。「信頼されるような勝てる投手になりたい」。真のエースとなって、新体制のカープをけん引していく。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00000019-dal-base

     広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)は3日、1年目の目標に掲げる「新人王」をプロ野球人生の第一歩とした、未来予想図を明かした。

     「新人王を獲りたい。(基本的には)1年目にしか狙えない賞でもあるので、獲ってみたいです」

     受賞すれば、球団では2014年の大瀬良以来。思い描く成長曲線からすれば、即戦力としての活躍も通過点に過ぎない。

     「いろいろなタイトルがありますし、勝てる投手として最多勝とかを狙える投手になりたいです」

     かつて背番号18を背負った長谷川良平、佐々岡真司(現監督)、前田健太(現ドジャース)は、いずれも最多勝に輝いた。栄光の番号を託されたのは、かつてのエースと同様の活躍を期待されるからこそだ。順調に階段を上れば、もう一つの目標も自然とかなうはずだ。

     「侍ジャパンに入ってみたいな……という思いはあります。WBCを熱心に見たりしていたわけではないけど、球界を代表する投手になれれば、侍は視野に入ってくると思う」

     侍ジャパンには、高校、大学と世代別で選出されてきた。昨年8月には大学日本代表の一員としてU18ワールドカップに出場した高校日本代表の壮行試合に登板。昨秋ドラフトで4球団が競合したロッテの同1位・佐々木朗とともに先発した。ヤクルトの同1位・奥川を加えた“BIG3”として比較されるが、対抗心はまるでない。

     「全く意識していないです。あれだけ速い球を投げて注目もされている。佐々木君は佐々木君なので」

     誰にも惑わされることなく我が道を行く。森下の潜在能力を考えれば、現実的……とも言えなくない未来予想図である。(河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000043-spnannex-base

     広島の新外国人DJ・ジョンソン投手が1日(日本時間2日)、自身のツイッターを更新。美人妻とのツーショット写真とともに、新年の抱負を投稿している。



     ジョンソンは「多くのことに感謝しつつ、新しい10年間が幕を開ける。神の御恵み、私の美しい妻と家族、自由、健康、得た教訓。みんな、ハッピーニューイヤー! (一生懸命生きて)毎日を大切に過ごすのみ」と投稿。スーツ姿のジョンソンとドレス姿の妻との写真を4枚公開し、最後の1枚ではキスを披露している。

     ジョンソンは昨季、ロッキーズでメジャー28試合に登板して0勝2敗、防御率5.04の成績。150キロ超の直球を持ち、救援右腕と期待されている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00651219-fullcount-base

     広島・中村恭が特別待遇不要で来春キャンプに臨む決意を示した。「ゆっくり調整する立場ではない。例年と同じように初日からブルペンに入れる状態にしておきたい」。来年3月で31歳。永川(2軍投手コーチ)の現役引退で来季から日本人投手では球団最年長になっても、従来通り2月1日からのブルペン入りを示唆した。

     9年目の今季は自己最多の43試合に登板するなど勝利の方程式の一角を担い、来春キャンプでは3年ぶりに1軍スタートとなる可能性が高い。今冬はフォークを試投中。「まだ全力では投げていないけど、新球のイメージはできた。ボール球で勝負する球がほしいので、キャンプ中の実戦で試したい」。慢心なく、さらなる進化を期した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000053-spnannex-base

    このページのトップヘ