広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     37年ぶりのリーグ2連覇を成し遂げた広島。“逆転力”が相手チームにとって最大の脅威となった。優勝までの84勝のうち、逆転勝利はリーグ最多の41試合。粘り強い攻撃力だけでなく、中継ぎ陣の踏ん張りも大きく影響した。

     今季は一岡、今村、ジャクソン、中崎、中田の5人が50試合以上に登板し、平均防御率2・07と抜群の安定感を誇った。他にも先発から中継ぎに回った九里をロングイニング要員として起用。層の厚いリリーフ陣が試合の終盤を支えた。

     一方で、絶対的な抑えは不在だった。本来なら、守護神は昨季34セーブの中崎。しかし、開幕直後に腰痛症で離脱するなど、状態が上がらず今村が代役を務めた。シーズン終盤からは2投手のダブルストッパー制。畝投手コーチは「状態を見て起用していた。固定しなかったという状況の中でしっかり対応してくれた」と高く評価する。

     先発投手こそ、完投数は昨季の「5」を下回る「4」となったが若手が成長。シーズン中盤から先発となった薮田が15勝3敗、防御率2・58、勝率・833で自身初のタイトル、勝利第1位を獲得し、2年目の岡田は12勝を挙げ、優勝に大きく貢献した。大瀬良、野村と続いて開幕からローテを大きく崩すことなく戦うことができたのも連覇できた要素の一つとなった。

     リーグトップの破壊力を持つ鯉打線。投手陣にとっても頼りになる存在となっている。今村は「点を取られなければ、野手が逆転してくれるという雰囲気がブルペンにはあった」と振り返る。マウンドに上がる誰もが同じ思いだ。

     迎えるポストシーズン。チーム一丸となり、CSファイナルS突破、33年ぶりの日本一を目指す。(デイリースポーツ・井上慎也)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000066-dal-base

     広島・永川勝浩投手(36)がプロ16年目を迎える来季も現役続行することが3日、分かった。今季は1軍登板なしで、今季年俸3700万円から減額制限を超える年俸提示を受けるもよう。すでに左膝のクリーニング手術を終えており、かつての守護神が1軍のマウンドでもうひと花咲かせる。

     もう一度、1軍のマウンドを目指す。永川が減額制限を超えるとみられるダウン提示を受け入れ、来季も現役を続行することを決断した。地元の広島・三次市出身で、チーム低迷期を支えたベテランを球団も功労者として評価しており、復活へ背中を押した形だ。

     プロ15年目の今季は1軍登板なし。だが、野球への情熱は失っていない。昨秋のキャンプで投球フォームを大幅に変更。オーバースローからスリークオーターに変えて、再起を図った。「チームは今が一番いい状態。そこにベテランの僕が入っていかないと」と巻き返しを誓っていた。2軍では24試合に登板し、0勝1敗、防御率4・85。9月14日の中日戦では2/3回を2失点ながら、最速146キロを計測するなど復活の兆しを見せていた。

     実直な性格で、若手からも慕われる。野球に取り組む姿勢は最高の手本だ。ルーキーの高橋昂、長井らの若手が台頭し、26年ぶりにウエスタン・リーグを制覇する中、ベテランとして存在感を発揮した。すでに来季への準備を進めている。9月下旬には左膝をクリーニング手術。プロ16年目へ体の不安はもうない。

     全盛期はダイナミックなフォームから繰り出す150キロ超の直球と、落差の大きいフォークを武器に守護神として君臨した。06年から09年まで4年連続20セーブをマーク。16年に通算500試合登板を達成。積み重ねた165セーブは球団史上最多の数字だ。

     1軍は37年ぶりリーグ連覇を達成し、黄金期を築きつつあるが、投手力には一抹の不安が残る。チーム最多68試合に登板した今村を筆頭に、中崎、中田、一岡、ジャクソンの5人が50試合以上に登板。蓄積疲労が心配される来季は、復活度合い次第で永川にもチャンスが回ってくる可能性がある。

     永川は1軍登板なしに終わった12年のオフにも、年俸8000万円から減額制限を大幅に超える4000万減を経験した。だが、13年は29試合、14年は52試合に登板するなど輝きを取り戻した。16年目を迎える来季も、不死鳥のごとくよみがえる。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/04/0010612347.shtml

     広島小野淳平投手(30)が4日、来季の契約を結ばないことを通達された。

     小野は09年ドラフト5位で日本文理大から巨人に入団。青木高とのトレードで13年4月に広島に移籍。今季は1軍での登板がなかった。実働5年で通算70試合に登板。4勝5敗で防御率は4・33だった。



     今後は未定ながらも「トレードで来て、いろんな方々が動いてくれた。力になれず悔しいですし、申し訳ない思いでいっぱい。今日まで野球をやってきたので、今野球をきっぱり諦めることは難しいし、簡単ではない。すぐには決められない」と語った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00019374-nksports-base

     広島は4日、広島市内の球団事務所で戦力外通告を行った。全4選手に及んだ。

     広島一筋12年の今井啓介投手(30)は「プロとしては一区切り付けようかなと。去年1軍に上がれず、フォームなどを変えてやってきた。必要とされなかったら今年でユニホームを脱ごうと思ってやってきた。全然、後悔はない。次のステージにいこうかなと」と語った。



     今季は1軍で4試合に登板し、防御率5・40。通算成績は114戦8勝20敗、防御率3・59だった。

     ほかに小野淳平投手(30)。多田大輔捕手(21)、育成・松浦耕大捕手(24)が通達された。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000095-spnannex-base

     「DeNA13-7広島」(1日、横浜スタジアム)

     広島の3年目右腕・藤井が2試合連続の好投を見せた。

     4点ビハインドの六回1死満塁のピンチで登板。まず代打・乙坂を三ゴロに打ち取ると、続く倉本も落ち着いて三直に封じた。

     前日にプロ初登板しており「雰囲気はつかめたところがありました。1球1球集中して、高さ、コースを意識して投げました」と振り返った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000153-dal-base

     プロ野球セ・リーグは、広島が37年ぶりの連覇を果たした。大型連載の第26回は広島一筋22年、先発に、抑えにと活躍した大野豊氏(62)。二十歳のころは島根・出雲市信用組合に勤務しながら、軟式のチームでプレーしていた。21歳のときにドラフト外でプロ入り。通算148勝138セーブを挙げた裏には、多くの人との出会い、社会人時代の貴重な経験があった。

     プロ野球選手を目指そうなんて、考えたことはありませんでした。なりたいと思ったこともありません。二十歳になったのは1975年。のちにお世話になる広島カープが初のリーグ優勝を飾った年です。私は出雲市信用組合に入行して2年目。軟式野球部でプレーしていました。

     ノンプロではないので、午前中だけ仕事をして、午後は練習に専念というわけにはいきません。本店の渉外担当として朝から夕方まで業務をこなした後、日が暮れるまで練習をするという毎日でした。

     朝は8時半に出勤し、9時頃から課のミーティングで、その日の担当エリアをチェック。午前中は商店街を中心に歩き回りました。午後は原付きバイクで遠方を回り、夕方に本店へ戻って集金したお金の計算です。金額が合えば5時頃に終了しますが、1円でも違っていると、合うまで数え直しでした。

     野球部といっても専用グラウンドはなく、日替わりで借りたグラウンドに、仕事が終わった人から集合。土曜の午後や仕事が休みの日曜に、まとまった練習や試合をしました。

     初任給は、手取りで約3万5000円。毎年、1万円ずつの昇給でした。出費は通勤用に買った原付きバイクとスーツの月賦が計5000円。家に5000円を入れ、できる範囲で貯金した残りが自由に使えるお金です。朝のミーティングは喫茶店でモーニングを食べながらだったので、月単位だと、朝食に最もお金がかかったかもしれません。

     プロに入るまで、ずっと軟式でプレーしていたと思っている人もいるようですが、出雲商高では硬式でした。真っすぐはそれなりに速かったので、はまれば抑えるけど、なかなかはまらないという投手です。中学、高校の大会で優勝したとか、何か記録を残したことはありません。夏場はやせて、すぐにばててしまうこともあり、高校3年夏の島根大会は初戦敗退でした。

     母子家庭で育った私は、母(富士子さん)を早く楽にさせてあげたくて、中学を卒業したら自立しようとも思いましたが、将来のために実業を学ぶことができる商業高校への進学を選びました。

     卒業後も野球は続けたかったので、3年生の夏が終わると杉原宏敦監督の勧めで、1学年下の捕手と一緒に1週間、ノンプロの三菱重工三原(広島・三原市、2014年に解散)の練習に参加しました。しかし、お世話になろうという気にはなりませんでした。就職は母がいる地元で、と考えていたからです。

     就職案内を見ても、出雲市内に硬式野球部を持つ企業はありません。銀行マンは自分の性格に合わないだろうと思いながらも、軟式とはいえ唯一、野球部がある出雲市信用組合を選んだのです。 (あすに続く)

    ■大野 豊(おおの・ゆたか)

     1955(昭和30)年8月30日生まれ、62歳。島根県出身。出雲商高、出雲市信用組合を経て77年3月にドラフト外で広島に入団。抑え、先発と転向を繰り返し、80-90年代の広島投手陣を支えた。98年に引退するまで22年間の通算成績は148勝100敗138セーブ、防御率2・90。主なタイトルは最優秀防御率2度、最優秀救援、沢村賞各1度。引退後は広島と、2004年アテネ、08年北京両五輪日本代表で投手コーチ。13年に野球殿堂入り。左投げ左打ち。
    引用元 http://www.sanspo.com/baseball/news/20170926/npb17092611000001-n1.html

    <ウエスタン・リーグ:阪神4-4広島>◇27日◇甲子園

     広島江草仁貴投手(37)が引退試合を行った。8回から登板し、同じくこの日が引退試合だったかつての同僚・阪神狩野と対戦。互いに少し笑みを浮かべながら向き合い、結果は左翼への二塁打だった。「狩野が先に1本ヒット打ってりゃ良かったのに。ガチンコで行ってきれいに打たれましたね」と笑った。

     江草がマウンドを降りると、狩野が二塁ベースから歩み寄り、抱擁。江草はあふれる涙を拭いながらベンチへ戻った。試合後は広島ナインに5度胴上げされた後、狩野に手招きされ今度は阪神ナインから5度胴上げ。「あんな風にしてもらえると思っていなかったので、すごい感激しています」と感無量の様子だった。

     後輩へ伝えたいことを聞かれ「もう一緒にいる子達にはずっと伝えているので特に言うことはないですけど、頑張ってやってきてこういう最後が迎えられたのがすごい幸せなことなので、そういう思いを1人でもできる子が出たらいいなと思います」。今後については未定で「本当に何も決めてないので、ちょっと考えながら。野球に携われれば一番いいと思ってますけど、そういう仕事があればやりたいです」と話した。プロでの一番の思い出は「今日じゃないですか。今日が一番楽しかったです」。最後の試合が最高の試合になった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00013739-nksports-base

    このページのトップヘ