広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    カープファン

    みなさん、こんにちは。先日、ついに夢の「ドミニカカープアカデミー」に行くことができたザ・ギース尾関です。

    さて、丸さんショックも記憶から抹消した方も多いであろう今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。広島では選手の皆さまのトークショーなどが行われており、夢の国と化しておりますね。

    そんな中、私は広島ホームテレビさんの「カープ道」という番組でカープアカデミーに潜入してまいりました。

    カープアカデミーはとても綺麗な空間で、ドミニカの選手の皆さまも伸び伸びと練習をしておりました。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00010001-jsportsv-base

     お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(43)が8日、都内で行われた主演映画「鯉のはなシアター」(時川英之監督)の舞台あいさつに登壇した。



     2006年のM-1グランプリで優勝した徳井だが、「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が、M-1審査員の上沼恵美子(63)に暴言を放った騒動については言及せず、主演俳優としてカープ愛を語った。

     広島ホームテレビで放送中の人気番組「鯉のはなシアター」から派生した同名小説の映画化。カープファンの徳澤(徳井)が、球団が培ってきた知恵を頼りに資金繰りに苦しむ広島の映画館に救いの手を差し伸べるヒューマンドラマ。この日から東京での上映が開始された。カープファンの徳井は、「1つの球団の映画は珍しい。北別府(学)さんなど選手も出てくれたので、誰が見ても嫌な気持ちにならないように使用と思った」としみじみ。完成した本編について「5回泣いた。自分が土下座で泣いているシーンで泣いた」と自信作に胸を張った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000051-sph-ent

    カープファンで知られるお笑い芸人有吉弘行(44)が、丸佳浩外野手(29)が国内フリーエージェント(FA)で広島から巨人への移籍を表明したことについて、「なんで広島の主力を取って行くんだよ。いいかげんにしてくれよ」と巨人に訴えた。

    有吉は2日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、丸選手の移籍の話題に「チッ」と舌打ち。「『まだ、そんなことする?』っていう。広島からフリーエージェントで何人、選手を巨人に送り込んだ? マジで」とボヤいた。

    有吉は、川口和久投手や江藤智内野手といった、かつての広島の中心選手が巨人に移籍した例を挙げ「なんで広島の主力を取って行くんだよ。いいかげんにしてくれよ、本当に」と怒りをにじませ「選手に非があるとは全然思わないけど、巨人がすぐ取っちゃうから。なんであんなことすんのよ。かわいそうじゃない、生え抜きが。巨人の生え抜き」と非難した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00409284-nksports-ent

     今季限りで広島を退団したブラッド・エルドレッド内野手が2日(日本時間3日)、米国・ハワイでの優勝旅行に合流した。

     夕方から行われたウエルカムパーティーの開始直後から参加。首の検査のため9月下旬に帰国しており、ナインや首脳陣と久々の再会となった。

     多くの選手らと談笑するなど貴重な時間を過ごし、途中には壇上で行われたフラダンスにも参加。「こういったパーティーで家族を連れて選手たちが集まって、リラックスして楽しんでるのはいいこと。こういった会に呼ばれてとても光栄に思います」と柔和な笑みを浮かべていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000113-dal-base

     セ・リーグ3連覇を果たした広島の若き主砲、鈴木誠也外野手(24)が30日夜、自身のブログを更新。得意の”変顔“写真をアップし、落ち込んだり気持ちがささくれだったりしているであろう多くの鯉党に束の間の癒しを提供した。



     「今年もセリーグベストナインに選んでもらえました」と改めて報告した主砲は「シーズンが終わり毎年恒例の行事が次々と、、、」とカープ選手会ゴルフでの記念写真をアップ。大の仲良しで知られる野間峻祥外野手(25)の左腕に自身の右手をそっと絡める微笑ましい1枚に「今年初めてだからスコアはダメダメ笑笑 でも楽しかったで~す」と明るく感想をつづった。

     そして、「誠也くんはこれをつけて食事してます笑笑」と自身の顔のイラスト入りハンカチを赤ちゃんのよだれかけのように胸元に配置して得意の変顔をした写真をもう1枚アップ。「今は、リハビリしながらの軽い練習中心ですが皆さん僕は順調ですよ~」と前向きにつづった。

     この日は、広島から国内フリーエージェント(FA)権を行使していた3番打者の丸佳浩外野手(29)が同じセ・リーグの巨人へ移籍することを表明した。鈴木がこの日のブログで丸について触れることはなかったが、いつも通り明るい4番打者の気遣いにファンはホッとしたようで、コメント欄には「このタイミングでブログ更新ありがとう」「元気が出ました」「なんだか気持ちが晴れました」と喜ぶ声が相次いだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000192-spnannex-base

     ジャーナリストの池上彰氏が、6日放送の毎日放送/TBS系『教えてもらう前と後 池上彰が選んだ!2018年決定的瞬間』(後7:00~8:57)に出演。池上氏の視点で“どこよりも早い”今年の決定的瞬間を振り返り、ニュースを解説していく。

     池上氏が選んだのは、「米朝首脳会談の秘密」「広島カープの真実」「ロシアW杯決勝戦の裏側」「安室奈美恵 引退の経済効果」「安倍内閣の結束」など。今年をにぎわせた話題のニュースの背景に隠された真実を明らかにする。

     特に注目なのが、普段は冷静な池上氏が珍しく熱く語った広島カープの話題。実は広島勤務経験があり大のカープファンの池上氏が、カープとファンの絆として、あるモノが使われていることを熱血解説する。

     番組のメインMCは滝川クリステル、レギュラーとして博多華丸・大吉、ゲストには岡副麻希、陣内智則、田中道子、中山秀征、松田丈志、和田アキ子らが出演する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000347-oric-ent

    NTTレゾナント株式会社は21日、「gooニュース」で提供しているプロ野球ニュースのページビュー数を比較し、ランキングを発表した。



    ◆セ・リーグ

    1位 広島

    2位 巨人

    3位 阪神

    4位 DeNA

    5位ヤクルト

    6位中日

    1位の広島のうち、最も注目された試合は7月20日の巨人戦。1点を追う延長10回に下水流が逆転サヨナラ2ランを放った試合だった。

    ◆パ・リーグ

    1位 ソフトバンク

    2位 西武

    3位 日本ハム

    4位 楽天

    5位 ロッテ

    6位 オリックス

    1位のソフトバンクで最も注目されたのは日本シリーズ第5戦、延長10回に柳田がサヨナラ本塁打を放ち、日本一に王手をかけた試合だった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00398794-nksports-base

     広島県出身でカープ女子タレントのうえむらちか(33)が18日、東京・二子玉川ライズで行われた「まるごとHIROSHIMA博~ひろしまファミリーパーク~」に参加し、トーク&ライブイベントを行った。

     カープ女子応援企画や、お好み焼きソング構想についてのトークなどで会場を盛り上げた。ライブではカープ女子応援歌「鯉スル乙女」を披露。うえむらの所属事務所「スペースクラフト」から、関西学院大学在学中の末井櫻子(20)と、同曲の振付を担当した高田あゆみ(34)も加わってパフォーマンスを行った。

     出演後のインタビューでうえむらは、「(プロ野球・広島の)日本シリーズは悔しかったですが、リーグ4連覇と日本一を目指して来年も応援します」と笑顔で語った。同イベントに初参加した末井は「地元広島でのイベントへもぜひ参加したいです」と目標を掲げ、高田は「私の振付がたくさんの広島の方に披露されるのはうれしいです」と今後への期待を込めた。

     17~18日の2日間行われたイベントでは、東京で広島の名物を味わえるということもあり、多くの来場者で盛り上がった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000133-spnannex-ent

     広島が15日、2019年度カープファン倶楽部「Rosso ffffff(ロッソ・フォルティッシシシシシモ)」の単年会員1万5000人を正午から募集し、わずか1時間以内で定員に達した。改めてカープ人気の高さを証明する形となった。

     今回は2018年度からの継続会員3万5000人と新規会員の計5万人を募集。早期入会特典として2019年度のマツダスタジアムの公式戦の入場券の先行販売、入会特典として会員証やオリジナルユニホームを贈呈、希望者は新入団選手などのイベントに参加したりと盛りだくさんの内容となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000571-sanspo-base

    このページのトップヘ