広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    カープファン

     フリーアナウンサーの山中秀樹さん(59)が2018年4月9日、野球観戦中に取った行動が「マナー違反ではないか」との指摘が寄せられていた件で、「大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。J-CASTニュースの取材に、所属事務所の担当者を通じてコメントした。

     熱心なカープファンとして知られる山中さんは、スポーツ紙の連載コラムやツイッターで、4月3日の対ヤクルト戦を観戦したことを報告。その試合中に、チケットを持っていた1塁側の座席から、3塁側の最前列にある座席へと無断で移動していた。

    ■「もし誰かが来れば、違う空席を回遊すればいい」

     問題視されたのは、山中さんが9日のデイリースポーツ(広島版)の連載コラム「山中秀樹のつぶやき散歩道」で明かした行動だ。

     このコラムで山中さんは、3日に神宮球場で行われたヤクルト対カープ戦を、チケットを貰ったため1塁側(ヤクルト応援側)の座席で観戦したと報告。しかし、同行した知人がカープを大声で応援していたため、周囲のヤクルトファンから刺すような視線を浴びることになったという。

     ついには、近くのヤクルトファンから「3塁側(編注・カープ応援側)で見たらいいのに」とやんわり注意されてしまったという山中さん一行。そこで、空いていた3塁側の年間指定席に「すぐさま移動した」。

     こうした出来事についてコラムでは、「もし誰かが来れば、違う空席を回遊すればいい」と振り返っている。なお、3日の神宮球場は全席指定試合で、チケットさえ持っていれば自由に移動できるような席はなかった。

     なお、このコラムのタイトルは「相手の配慮を忘れないカープ応援を見たい」。実際、コラムの後半部分は、ホームチーム側の応援席に「侵食」してカープを応援するファンに対して、マナーを守るよう説く内容となっている。

     山中さんは3日のツイッターでも、上記のコラムと同様の出来事を報告。コラムでは明かしていなかったが、移動先の座席について3塁側ダグアウト近くの最前列だったと説明していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000006-jct-ent

     日本のサービス業における顧客満足、ロイヤルティの指数化などを研究している慶應義塾大学・鈴木秀男教授が3月、今年で10回目となる『プロ野球のサービスの満足度調査』を発表。3月30日のシーズン開幕から好調な【広島東洋カープ】(74.06)が、昨年に引き続き2年連続で満足度調査第1位を獲得した。



     同調査は、昨シーズン1回以上の試合観戦をしたことのあるファンに、応援するチームについての満足度を調査したもの。昨年の首位返り咲きから2年連続、3回目の総合満足度1位となった同チームに票を入れたファンからは、「地域に密着した球団経営をしていると思うので満足」(広島県/30代前半/男性)という“地元愛”溢れる声が多く挙がっていた。

     また、近年は“カープ女子”と呼ばれる女性ファンも増加。「球団も監督も選手もよく頑張っている。それを批判する人がそもそもいません」(広島県/20代前半/女性)や「まとまりのある良いチーム」(神奈川県/40代前半/女性)など県内外から女性ファンの声が届いている。

     さらに、「地域にとても密着した球団であり、生え抜きを育て上げるコンセプトに好感が持てます」(東京都/40代前半/男性)、「生え抜きの選手の活躍は誇りに思う」(長崎県/40代前半/男性)と、同チームで成長し活躍する選手の姿をみる喜びと、育成力を讃えるコメントも多かった。鈴木教授も「近年はチーム力も向上し、高水準で総合満足度1位」と分析している。

     部門別ランキングを見ると、「席のすわり心地」、「席からの試合の見やすさ」、「球場スタッフの対応」、「球場のフード商品」、「球場のビジョン・音響設備」、「球場のトイレ」、「球場の雰囲気」、「球場のショップ(グッズやお土産など)」など、“球場”に関する多くの項目で首位に。「以前の広島市民球場からは考えられないほどの良さ」(広島県/50代前半/男性)と、2009年に新球場『MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム)』(広島県広島市)に一新した影響もあるようだ。

     ちなみに、2位には「選手とファンの距離が近くスター揃いながら身近にも感じさせてくれる」(大分県/40代後半/男性)とファンサービスで高評価を得た【福岡ソフトバンクホークス】(72.73)、3位には「場所や雰囲気に好感が持てるから」(神奈川県/40代後半/男性)とアクセスが便利な立地や雰囲気が好評で【横浜DeNAベイスターズ】(67.34)がランクインした。

     同調査では、ほかに「ユニホーム・ロゴ・マスコット・グッズ」や「持参グッズ」、「統一球について」などのランキングも発表している。

    【調査概要】
    調査テーマ:プロ野球のサービスに関する(満足度)調査
    研究者:慶應義塾大学理工学部 鈴木秀男教授
    調査実施日:2018年1月下旬
    調査方法:インターネット調査
    回答者数:1524名
    調査対象:プロ野球球団を応援し、2017年度シーズン中に、1回以上応援するチームのホーム球場で試合観戦をしている方/回答者は、最も応援しているチームのみに対して回答。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000342-oric-ent&pos=4

     「広島7-3DeNA」(6日、マツダスタジアム)

     広島・堂林翔太内野手が「6番右翼」で先発出場。初回1死満塁から三ゴロが敵失(打点1)で2点を勝ち越した。七回には今季初安打となる中前打が適時打となり1安打2打点でヒーローインタビューを受けた。


     一問一答は以下の通り。

     -堂林翔太選手です。おめでとうございます。

     「ありがとうございます」

     -このファンの大歓声、どういうふうに聞く。

     「ほんとう、いつも力になっています。ほんとうにありがとうございます」

     -初スタメン。どういう気持ちで臨んだ。

     「もう自分の力を出し切ろうと。それだけを思って試合に臨みました」

     -最初の打席で大声援だった。

     「かなり気合入りました」

     -相手のエラーになったが、堂林選手らしいフルスイングもあった。

     「あれはどっちかというと自分のスイングはできてないんですけど、なんとか点につながったので良かったです」

     -七回には貴重なタイムリーも打った。

     「思わずガッツポーズが出てしまいましたし、ほんとうにうれしかったです」

     -他の選手も結果を残す中、この日の内容は。

     「なんとかヒットが出たので、またチャンスが来たときに自分のスイングができるように、頑張りたい」

     -今季の目標は。

     「チームが3連覇を目指していますし、日本一も目指しているので、必ずできるように頑張ります」

     -最後に堂林選手の決意をファンにどうぞ。

     「決意ですか。1年間戦力になれるように頑張ります。また応援よろしくお願いします」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000159-dal-base

     広島は21日、今季のホームランガールをマツダスタジアムで発表した。ホームランガールは、主催試合で本塁打を放った選手に球団マスコットのスラィリー人形を手渡したり、イベントの進行などをサポートするのが主な仕事。今回は162人の応募を勝ち抜いた3人の大学生が選ばれた。

     祖父がカープファンの白石恵さん(20)は「昔は一緒に観戦していたけど、最近は体が悪くなってテレビで見ています。元気な姿を見せられたらと思って応募しました。1本でも多くホームランを打ってもらいたい」と意気込みを語った。

     兄2人が野球経験者という大廻詩瑛(しえ)さん(20)は「(選手が)最高のパフォーマンスを発揮してもらえるよう全力でサポートしていきたいです」。

     隅田ちはるさん(19)は「カープがリーグ優勝と日本一を達成できるように精いっぱい応援していきます」と満面の笑みを浮かべた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000154-sph-base

     女優の吉岡里帆が、15日に自身のインスタグラムを更新し、プロ野球・広島東洋カープのユニフォームに身を包み、捕球に挑戦する姿を収めた写真を投稿した。ファンからは「始球式してほしい」などのコメントが集まっている。

     吉岡は「“いい顔に迫る、資生堂クロストーク”。『文藝春秋』さんより、今月から連載をさせて頂くこととなりました」と新たな仕事が始まったことを報告。「第一線で活躍されているスポーツ選手の方をお招きし、そのいい顔の理由に迫っていきます!」としつつ「ここでしか聞けない強さや魅力をお伝え出来るよう丁寧にインタビューしていきたいと思います」と意気込みを明かしている。

     「第1回目のゲストは野球選手の菊池涼介さんです」という言葉とともに投稿された写真には、赤白のユニフォームに身を包んだ吉岡が、菊池選手が見守る中、柔らかい表情を浮かべながら捕球に挑む様子が捉えられている。

     写真を見たファンからは、「カープの始球式してほしいな」「似合う!可愛すぎるやろ」「カープカラーの里帆ちゃんもステキ」「世界で1番可愛いカープ女子ですね」「うまく取れたかな~」「そのまんま広島カープに入団すれば?」などのコメントが寄せられている。

    引用:https://www.instagram.com/riho_yoshioka/


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00054789-crankinn-ent

     「オープン戦、広島-日本ハム」(14日、マツダスタジアム)

     全日本プロレス所属の宮原健斗が、プロレスラーになって初めてプロ野球の試合を観戦した。


     福岡県出身で、中学時代まで野球部に所属しており「6番・左翼」だったという。幼少期はヤフオクドームに頻繁に足を運び、ダイエー時代から地元球団に声援を送ってきた。大の野球ファンでもある。

     「カープは応援がすごい。きょうもスタンドにいて、その熱を感じる。カープ女子という言葉があって、プロレスにもプロレス女子というのがはやっている。通じるものはあると思います」

     4月14日には広島マリーナホップで開催される「チャンピオンカーニバル」に出場し、崔領二と戦う。「広島では毎試合、盛り上がる。自分のパフォーマンスを発揮して、最高の戦いをみせたい」と話し、来場を呼びかけた。

     当日は午後5時開場、午後6時試合開始。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00000076-dal-fight

    このページのトップヘ