広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    カープファン

     広島は18日までに、8月30日からのDeNA3連戦(マツダ)限定で監督、コーチ、選手が着用する「ドッカンカープユニホーム」を発表した。今季のキャッチコピー「水金地火木ドッテンカープ」をイメージ。紺地に赤のロゴをあしらい、ラッパーがリリックを刻んでいるようなイラストを添えている。球団の担当者はデザインの意図について「ラップのイメージでリズムの良さを出したい。リズムに乗って勝ってほしい」と説明した。

     モデルとして磯村嘉孝捕手(26)、上本崇司内野手(28)、西川龍馬内野手(24)が登壇。西川は「去年も限定ユニホームを着て本塁打を打ったので、今年もこれを着てドッカンと本塁打を打ちたいです」と、昨年8月22日のヤクルト(マツダ)で放った5号勝ち越し3ランを思い返していた。磯村も「西川“さん”に負けないようドッカンと本塁打を打ちたいです」と後輩の西川をイジりつつアーチ宣言した。

     一方、上本は限定ユニホームがトラウマになっているという。「(21日の同カードで)大事なところでエラーしたので、個人的には好きじゃない」とポツリ。「ドッカンとエラーしないよう頑張ります」と語気を強めて爆笑を誘った。

     さらに上本はラッパーのイラストを指さしながら「(西川)龍馬は普段(私服で)サングラスをかけてこんな感じ。龍馬は似合っている。(磯村は?)普通です」と、チャラい(!?)西川に最適なデザインだと強調。西川も「(上本)崇司さんは似合っている。(磯村は?)普通です」とかぶせて、磯村先輩をイジり返していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000140-sph-base

     広島ホームテレビ(テレ朝系)のカープ学習バラエティー「カープ道」(かーぷどう=水曜深夜、広島ローカル)にスポーツ5紙の記者が再集結。広島の前半戦を振り返り、後半戦の行方を占う。

     同局担当者は「前回の放送で、各記者が様々なキャラクターの持ち主であることが判明。全く同じメンツで2回目の収録に臨みました。『カープ道』的にも彼らを広島の名物記者にしたい思いがあります」とニヤリ。一方で「記者の皆さんの『サイン色紙プレゼント企画』はありません」と、出演者を軽くディスることも忘れなかった。

     同担当者はさらに「鋭い取材力と分析力から、マル秘エピソードが披露されます。これを見ればスポーツ紙はもちろん、彼らのSNSも2倍楽しめること請け合い」と強調。放送では「チームは競走馬と一緒」というたとえ話や「後半は抑えの固定が不可欠。キーマンは○○」という斬新な提言が紹介される予定だ。

     スポーツ報知の田中昌宏記者は「最近、原稿よりもツイッターに力を入れすぎだとデスクに怒られています。オンエアを見たチーム関係者にも怒られること必至の発言を繰り返しましたが、記者生命を賭けて収録に臨みました」とキッパリ。3月に放送された「開幕直前スペシャル」は望外の高視聴率を叩き出して再放送も実現した「スポーツ紙記者集結回」。今回も「神回」となるか。

     【出演】柏村翔(サンケイスポーツ)、河合洋介(スポーツニッポン)、田中哲(デイリースポーツ)、田中昌宏(スポーツ報知)、前原淳(日刊スポーツ)、MC・中島尚樹

     【放送】17日深夜0時20分


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000128-sph-base

     前日10日の中日戦(ナゴヤD)に敗れて20年ぶりの11連敗(1分けを挟む)を喫した広島の主砲・鈴木誠也外野手(24)が11日、自身のブログを更新。マイナビオールスターゲーム2019(12日=東京D、13日=甲子園)へ向け「こんな時に何かしたら怒られるかもしれませんが何かしちゃうかもね笑笑」と、球宴で何やら楽しい仕掛けを用意していることをほのめかした。

     「今日は実家でリラックスしてます笑笑」とTシャツ&パンツ姿でクッションに寝ころび、スマホをいじっている完全オフモードの写真をアップ。

     「連敗中ですが何か変わればいいとオールスター頑張ってきます!」とファン投票&選手間投票のダブル選出となった球宴へ決意を記すと「こんな時に何かしたら怒られるかもしれませんが何かしちゃうかもね笑笑」と楽しげに“予告”した。

     「オールスター、後半戦も全力で戦います。変わらず熱い応援よろしくです。じゃバーイ。広島東洋カープ 鈴木誠也」と明るくブログを締めくくった愛すべきカープの若き主砲。

     コメント欄には「むしろはっちゃけてる誠也くんを見たい」「やっちゃえやっちゃえーーー!!笑笑」「誠也さんのそのメンタルが好きだわ(笑)」と、どんな状況でも明るさを失わない鈴木の姿勢を喜ぶファンの声が続々。「口が開いとる(笑)」「パンツ姿でくつろぐ姿、まさに実家天国ですね笑」とリラックスした姿に癒される声も殺到していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000254-spnannex-base

     24日に放送された日本テレビ系「ZIP!」で、今年入社の新人アナ3人が初お披露目された。

     今年の新人アナは男性1人、女性2人の計3人。大町怜央アナウンサーは広島県呉市出身。「穏やかな瀬戸内海に囲まれ、野球に熱中してきました」と野球少年だったと明かし「鯉のぼりのように、一つでも高く成長できるアナウンサーを目指します!」と元気いっぱいあいさつ。日本テレビといえば、巨人と密接な関係にあるが、“鯉のぼり”という言葉にカープ愛をしっかりしのばせ、元気に挨拶した。

     河出奈都美アナは吹奏楽部でフルートに打ち込んできたという。「これからはフルートをマイクに持ち替え、響く言葉で伝えられるアナウンサーを目指します」と笑顔であいさつ。

     杉原凜アナウンサーは学生時代はフラダンスに熱中したといい「フラは一つ一つの振り付けで曲の意味を伝えます。これからは振り付けではなく、私の心からの声で伝えたい」と意欲満々。

     これに月曜レギュラーの風間俊介は「誰でも必ず1年目はあって、すごい人も新人だったので、ここからたくさん勉強して、素敵なアナウンサーになってください。桝さんみたいなアナウンサー目指して」と、同番組の顔である桝太一アナの名前を挙げて激励していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000040-dal-ent

    マツダスタジアムで今年変わったことといえば?バックスクリーンが少し大きくなった事と、もう1つは、現金以外も使えるようになったということだ。

    昨年まで、何万円分のグッズを買うときでさえ、カードが使えなかったことで困った人は大勢いたと思う。今年から、令和の時代らしく、クレジットカードや交通系マネーなど、支払いの幅が広くなり非常に便利になった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00010001-jsportsv-base

    <広島2-4ソフトバンク>◇8日◇マツダスタジアム

    広島がソフトバンクに連敗して2カード連続負け越しが確定し、1カ月ぶりに3連敗となった。


    5月は球団の月間勝利記録を塗り替える20勝4敗1分けの快進撃で首位固めに入ったが、交流戦は1勝4敗の最下位。2位巨人との2・5ゲーム差は変わらないが、一時の勢いが止まった。

    ソフトバンク先発高橋礼を攻略できなかった。3回に菊池涼の左犠飛、4回に安部の右前適時打で2点を奪ったが、下手からの頭脳的な投球を捉えきれず、7回6安打で2点を取るのがやっと。前日7日は最速161キロの千賀に7回0封され、この日は変則右腕に抑えられた。東出打撃コーチは「高橋礼は(打力の高い)パ・リーグで防御率2点台の投手。あの2人を打てないと日本一になれない」と危機感を募らせた。

    やりたい野球を相手にやられたことも、もどかしい。好投手を足で揺さぶりたかったが、明石、甲斐、川瀬に盗塁を決められ、甲斐にはセーフティーバントまで決められた。緒方監督は会見場に姿を見せず、広報を通し「また明日切り替えてしっかりやるだけです」とコメントを残した。会見に応じないのは今季2度目。悪くなった流れを、もう1度変えたい。【村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-06080916-nksports-base

     胃がん発見から2年が経過し、1軍復帰を目指す男がいる。広島の赤松真人外野手。2軍では若手に交じり汗を流し、限られた出場機会で自身の体と向き合っている。


     2017年1月に胃がんの手術を行い治療とリハビリを経て2018年にはウエスタンリーグで55試合に出場。打率.237、1本塁打、5打点、5盗塁と完全復帰に向け一歩を踏み出した。2年目となる今季は自身の進退をかけたシーズンと決めている。

    「今はプロ野球の世界で現役としてプレーできていることに幸せを感じています。もちろん、1、2軍でしっかり結果を残したいですしチームの力になりたい。でも、手術を経験して今、野球ができることに本当に感謝しています」

     闘病生活、リハビリを懸命にこなし公式戦に復帰し今年で2年目のシーズンを迎えた。体重や筋力は手術前とほとんど変わらない数値に戻ったが「まだまだ1軍のレベルには達していない」と口にする。

    「手術をする前と数値自体は変わらない。でも、“質”の部分でというか、何て言っていいか分からないんですがまだ“本物”じゃないんですよね。1軍で試合に出ていた時を求めるのは年齢的にも厳しいのは分かっているんですが、判断力とか感覚の部分ではまだまだですよ」

     2軍ではドラフト1位ルーキー・小園、同3位・林らカープの将来を背負う若手たちが優先的に出場の機会を得る。36歳のベテランもチームの現状は十分に承知している。少ない出場機会の中で“本来の姿”を取り戻すのは簡単なことではない。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00392881-fullcount-base

    <巨人3-8広島>◇24日◇東京ドーム

    広島が連勝を10に伸ばした。父義雄さんの葬儀出席のため1試合欠場した緒方孝市監督(50)が復帰。



    2死からセーフティースクイズを成功させるなど執念の采配で巨人3連戦の初戦を制した。打線は3番バティスタ、4番鈴木、5番西川が計4発を放ち、今季初めてクリーンアップが本塁打競演。先発床田が5回3失点で5勝目を挙げた。緒方監督の談話は以下の通り。

    -連勝がつながった

    緒方監督 そういう言い方をされてしまうのかな。常日ごろから言っているけど、1試合1試合しっかりした戦い方をするという中で、今日は初戦をね(取れた)。野手も内容のいいヒットが多かった。床田ももうちょっと投げてほしいところはあったけど、ボール自体は威力があった。ちょっと甘めに入るところがあったから、ちょっと早いと思ったけど、詰められた中で交代という判断をした。

    -2死からのセーフティースクイズで得点

    緒方監督 作戦面のことはコメントする気はない。シーズン通して選手にも伝えている。しかし、チャンスのときにそういう攻撃ができた。いい流れを相手に渡すことなく、最後まで戦った。

    -九里をスクランブルでワンポイント起用

    緒方監督 九里も勝ちパターンで投げられる投球を、最近はしてくれている。決まったメンバーでやるのではなく、こういう展開の中で、内容のいいピッチャーがいれば使ってみて、継投の中でバリエーションが増えればいい。

    -父義雄さんも喜ばれているのでは

    緒方監督 ……。お疲れさまでした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-05241415-nksports-base

    このページのトップヘ