広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     「練習試合、広島-KIA」(18日、コザしんきんスタジアム)

     広島・堂林翔太内野手が2ランを放った。5点リードの五回、無死一塁からバックスクリーンへ突き刺した。

     この試合は安部がスタメン予定だったが、インフルエンザ発症のため欠場。代わって「6番・三塁」で出場した堂林がチャンスをモノにした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000081-dal-base

     「練習試合、広島-KIA」(18日、コザしんきんスタジアム)

     広島・安部友裕内野手がインフルエンザに感染したため、練習を欠席した。インフルエンザ感染は庄司、山口に続きチーム3人目となった。

     「6番・三塁」で先発予定だった今年初の対外試合、韓国・KIA戦には、代わりに堂林が入る。

     練習試合の先発は以下の通り。

     【広島】

    1番・遊撃 田中広

    2番・二塁 菊池涼

    3番・DH 長野

    4番・右翼 鈴木

    5番・左翼 松山

    6番・三塁 堂林

    7番・一塁 メヒア

    8番・捕手 坂倉

    9番・中堅 野間

       投手 床田



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000052-dal-base

    広島長野久義外野手(34)が12日、シート打撃で“赤ヘル初安打”を放った。記念球を手に笑顔でポーズ決めた男を初めて取材したのは、巨人入団2年目のオフだった。12年1月のグアム自主トレ。それから7年が経過した。長野の現在地とは-。今を探訪し、観察と洞察、時間と空間を共有して、真意に迫った。【取材・為田聡史】


       ◇   ◇   ◇

    「音が違う。メジャーリーガーみたいですよ。恥ずかしいから隣で打ちたくないんですよ…」

    日南キャンプ。赤ヘルの長野は鈴木の隣のケージで打撃練習をすることが多かった。軽々とバット振り回して柵越えを連発する後輩スラッガーとは対照的にバットに振り回されている。「見て下さいよ。これ。こんなところにできたことないですよ」と手のひらはマメだらけだった。同時に少しずつ赤ヘルも似合うようになってきた。

    休養日に巨人時代から通う、なじみの店に足を運んだ。日南からタクシーで約1時間、清武町にある「炭火焼き 鶏」には巨人の選手、関係者らのサインがところ狭しと飾られている。気心知れたおかみに「カープのサインを書いていきますね」とすっかり手慣れた手つきでペンを走らせた。

    新天地で背番号5のユニホームを着るとプロ1年目の心境がよみがえった。「あのときと同じようなプレッシャーを感じています」。初々しさとは異なる。ドラフト指名を2度拒否して巨人の門をたたいた。どうしても巨人に。そこまでして巨人に。それがルーキー長野に向けられた世間の見立てだった。今、広島はチームも街も歓迎ムードが沸き起こっている。自信と期待値の比重、バランスが当時と重なった。

    気遣いの男と言われるが、己の意思に遠慮をしたことはない。中学3年のとき、一般入試で筑陽学園高に入学した。小学時代からエースどころか投手経験は1度もない。球拾いからたたき上げの野球小僧が、甲子園を目指して飛び込んだ。リーグ3連覇中の広島の一員になり「強いチームだし、自分よりすごい選手がたくさんいる。なんとか置いていかれないように。高1のときもそうでしたね」。活躍、成功へのプロセスは経験の中にある。

    学生、社会人時代、巨人での9年間は、地味にも派手にも年輪を重ねてきた。リーダーシップはキャラにそぐわない。ピークから衰えが見え隠れする34歳での新天地。心に秘めるプライドが1つだけある。「このチームで日本一を経験しているのは僕だけしかいない」。根っこに宿る強さがある。包み込む強さがある。はね返す強さもある。だから長野はかっこいい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-20000815-nksports-base

     野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9、10日に行う強化試合メキシコ戦のメンバー28人を発表。日本ハム・清宮幸太郎内野手、ヤクルト・村上宗隆内野手、オリックス山本由伸投手ら11選手が初選出となるなどフレッシュな顔ぶれが集まった。


     シーズン開幕2週間前で調整が難しい中で行われる国際試合。最多選出は昨年2年連続日本一を飾ったソフトバンク、巨人の4人。ソフトバンクからは下手投げ右腕の高橋礼、昨季守護神だった森唯斗、強肩で“甲斐キャノン”の異名を持つ甲斐拓也、攻走守三拍子揃った上林誠知外野手が選ばれた。巨人からは岡本和真内野手、17年13勝を挙げた左腕・田口麗斗を始め、小林誠司捕手は17年WBC以来2年ぶりの選出。プロ3年目で飛躍が期待される吉川尚輝内野手は初選出となった。

     一方で、1人も選出されなかったのが昨季10年ぶりのリーグ優勝を飾った西武だ。昨年11月の「2018 日米野球」には常連の秋山翔吾外野手を始め、多和田真三郎投手、森友哉捕手、山川穂高内野手、源田壮亮内野手、外崎修汰内野手の5人選出。12球団最多となる6人が選ばれたが、一転して12球団唯一の選出なしとなった。

    「2018 日米野球」では阪神、オリックスが選出なしだったが、阪神から昨季打率.274、初の2桁11本塁打をマークした大山悠輔内野手、オリックスからは救援から先発転向する山本由伸、プロ3年目の先発右腕・山岡泰輔、昨季打率.321、26本塁打、86打点をマークした4番の吉田正尚外野手が選ばれた。セ・リーグ3連覇中の広島からは野間峻祥外野手が唯一選出された。

    ソフトバンク(4人):高橋礼、森唯斗、甲斐拓也、上林誠知
    巨人(4人):田口麗斗、小林誠司、吉川尚輝、岡本和真
    日本ハム(3人):清宮幸太郎、近藤健介、西川遥輝
    オリックス(3人):山岡泰輔、山本由伸、吉田正尚
    ロッテ(3人):松永昂大、田村龍弘、中村奨吾
    DeNA(3人):山崎康晃、今永昇太、三上朋也
    ヤクルト(3人):梅野雄吾、原樹理、村上宗隆
    楽天(2人):森原康平、田中和基
    広島(1人):野間峻祥
    中日(1人):京田陽太
    阪神(1人):大山悠輔



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00300969-fullcount-base&pos=1

     ニッポン放送ショウアップナイター解説者の里崎智也氏は、16日に放送された『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』で、イチオシの選手に広島の坂倉将吾の名前を挙げた。

     坂倉は日大三高から2016年ドラフト4位で広島に入団。1年目の17年に二軍で打率.298をマークし、同年の9月30日には一軍でプロ初安打を記録するなど、打撃が魅力的な3年目の捕手だ。

     ただ広島の捕手陣は里崎氏が「カープには会沢、石原、磯村がいるので、なかなか出場機会に恵まれない」と話すように、昨季球団の捕手シーズン新記録となる13本塁打を放った会沢翼、ベテランの石原慶幸などがおり、捕手で出場するのはかなり至難の業といえる。

     そういったことも関係しているのか、春季キャンプでは外野の練習も行っている。里崎氏は「(ポジションが)どうなるかというところですけど、常時出場すれば20発打てるくらいの選手。それぐらいの期待値はありますね」と太鼓判を押す。

     里崎氏が“イチオシ”の選手に挙げた坂倉が、3年目の今季、どのような活躍を見せるか非常に注目だ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00178803-baseballk-base&pos=5

     レギュラー再奪取を狙う10年目・堂林が紅白戦(五回制)に7番・三塁手として出場し、岡田から適時打を放った。二回2死三塁での初打席で3球目の内角低めの直球を左前へ引っ張り、「自分のスイングができた」と手応えを口にした。3年目の2012年に三塁手として144試合にフル出場して14本塁打を放ったが、近年は打撃低調で守備固めなどが主な役割で、昨季も出場は63試合だけ。外野手に挑戦したものの芽は出ず、今季は本来の三塁手に専念。キャンプでは後輩の鈴木に打撃の助言を求めるなど、「根気強くやり続けるしかない」と必死だ。【田中将隆】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000081-mai-base

     「広島春季キャンプ」(16日、沖縄)

     広島は16日、庄司隼人内野手と山口翔投手が「インフルエンザA型」に感染したと発表した。

     2人はこの日の練習を回避。沖縄市内の病院で診察を受けていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000066-dal-base

     巨人から新加入した長野久義外野手が新天地・広島で上々のスタートを切った。第2クールの最終日7日には今キャンプ初めて現役の投手と対戦。野村の初球直球をいきなり右中間へはじき返した。



     長野と同じ佐賀出身の迎打撃コーチは「初球を捉えるのは簡単そうに見えて難しい。打撃技術の高さを見せてくれた」と舌を巻き、「少しずつ力感も出てきている。まだ打った後に形が崩れることもあるが、これからもっと確率が高くなってくると思う」と評した。

     首脳陣の配慮で別メニュー調整を続けているが、仕上がりは順調そのものだ。フリー打撃では、自己流調整を貫き、柵越えを連発する鈴木の隣りで、中堅から右方向への打球を徹底。「左肩が早く開かないように」という意識を植え付けている段階だ。7日のフリー打撃でも48スイングで越え0本だが、徐々に力感を出し始め、フェンス際まで届く打球が増えてきた印象だ。空き時間には室内練習場で1人打撃練習を行うこともあり、プロ10年目34歳ベテランの調整に狂いはなさそうだ。

     一方、日南での“長野フィーバー”は相変わらずだ。グラウンドで長野が動くとスタンドのファンも大移動。長野がカープ名物の12種類の打撃練習に初参加した3日にはスイングに合わせて、カメラマンのシャッター音がグラウンドに響き渡った。グラウンド外でも大忙し。キャンプ初日は報道陣約100人が集結。第2クールを迎えても、球団OB、評論家も多く訪れ、対談やインタビューなどの取材に追われている。

     7日にはクール最終日恒例のロングティーこそ回避したが、心配は無用のようだ。迎コーチは「待ち時間が長いので帰らせました。それだけですよ」と笑い飛ばし、「実戦もいつでもいけます」と実戦出場へゴーサイン。第3クールから練習は実戦的なメニューが増えていく。11日の紅白戦に出場する可能性もあり、フィーバーはまだまだ続きそうだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000077-dal-base

     赤ヘルのニューヒーローがサッカー界のレジェンドと夢の合体だ。広島・長野久義外野手(34)が休養日の8日、同じ宮崎・日南市内でキャンプを行うJ2横浜FCをお忍び訪問。少年時代から憧れる“キング”ことFW三浦知良(51)との対面に大ハシャギした。
     球春をにぎわす男はこの日、サッカー場にいた。横浜FCの練習終わりを見届けると、カズの手招きに応じてグラウンドへ飛び出し、緊張の面持ちで握手。カズの誘いで始まったリフティング合戦はノーバウンドで7回続き「サッカー選手になるのも夢だったんです」と豪語していただけの足技をバスケットシューズで披露した。驚いたキングから拍手を送られると長野は満面の笑み。最後はあいさつしようとした瞬間、互いの頭がぶつかって2人とも大笑いするなど、終始ほほ笑ましい光景が繰り広げられた。

     長野によればカズとはあいさつを交わす程度の面識はあったというが、これほど濃密に触れ合ったのは初めて。普段は注目される側のスターも、この日ばかりは一サッカーファンの表情だ。

     一方、カズは長野について「新たな場所で新たな挑戦をするのは素晴らしいし、僕も刺激を受けます」。自身は若手時代から国境を越えてチームを転々としてきた。長野へ向けた言葉を求められると「みんな野球を愛する人たちだと思いますので、それは(どこでも)同じだと思います。カープはチャンピオンチーム。長野さんもその中で結果を出すという気持ちでやっていると思いますから、そういう気持ち、情熱を失わず、(年齢が)上の人間が移籍してきても純粋に野球に取り組んでいれば、若い選手も付いてきてくれるのかな」とエールを送った。

     横浜FCのキャンプ地を離れてからも、キングに金言を送られた長野の興奮は覚めやらない。「カズさんは小さいころからの憧れの人。僕にとってのスーパースターなんです。お会いできたことが本当にうれしいです。あっ、サインを頂いておけばよかった…」。新チームでの生活に疲れを隠せなかった長野だが、レジェンドのオーラを浴びてすっかり元気になった様子だった。その後は西武の南郷キャンプも電撃訪問し、巨人時代の先輩・内海をサプライズで激励。日南の休日をたっぷり満喫した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000011-tospoweb-base

    <カープ観測 7日>

    日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。

      ◇    ◇    ◇

    鈴木が「神ってるバット」と決別した。16年6月18日オリックス戦で2試合連続サヨナラ弾を放ち、緒方監督から「今どきの言葉で言うなら、神ってる」と称賛された。翌19日には3試合連続決勝弾を放ち、25年ぶり優勝の原動力となった。そのときから使い続けてきたものを、今季から変更しているという。

    アシックス社の佐々木邦明さん(34)は「鈴木選手は昨年、製作現場に実際に足を運び、スイングしながらリクエストしていました。納得した形をつくるためコンマ1ミリ単位で調整し、振り抜きやすさを追究したんです」と説明する。

    変更点は長さ86・5センチ→85・1センチと少し短くなり、最も太い部分が直径65・2ミリ→64・0ミリとやや細身に。グリップ部分は直径25・0ミリで変わらないが、グリップエンドに左手の小指がしっかりかかるよう、形状を変更したという。重さ900グラムは同じで、素材はメープルとホワイトアッシュの2種類をつくった。

    鈴木の原点は「もっとうまくなりたい」ということ。今キャンプではスケールアップしたスイングでスタンドの度肝を抜いている。過去の栄光にすがらず、さらなる進歩を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00473282-nksports-base

    このページのトップヘ