広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

    【正田耕三「野球の構造」(27)】好事魔多しとはよく言ったものです。二塁のレギュラーへと大きく前進した入団2年目の1986年は、これからというときに思いもよらないハプニングに見舞われました。

     6月22日に札幌・円山球場で行われたヤクルト戦で、3試合ぶりに「7番・二塁」でスタメン復帰した僕は2安打をマーク。


    雨天中止などで4日後になった次戦、26日の旧広島市民球場での中日戦でも3安打するなど、21日の時点で2割5分9厘だった打率は一時的に3割1分9厘まで上がりました。

     7試合連続スタメン出場となった7月5日の大洋(現DeNA)戦を終えて21打数9安打。その間はチームも引き分けを1つ挟んでの4連勝を含む5勝1敗と絶好調で、2年ぶりのリーグ優勝に向けて首位巨人を猛追していました。


    そんな矢先です。7月6日、舞台は前日と同じ新潟県の鳥屋野運動公園野球場でした。0―0の3回表。一死一、三塁か一死一、二塁だったと思います。打者の高木豊さんが放った打球は注文通りの二ゴロで、先発の白武佳久さんは4―6―3の併殺でピンチを切り抜けました。


     ベンチのムードも盛り上がるなか、僕だけはピンチに陥っていました。実は捕球の際に打球がイレギュラーし、右手に当ててしまったのです。その後も痛みをこらえて試合に出続けましたが、2打席連続で凡退していたこともあり、1―2の7回裏に西田真二さんを代打に送られてベンチへ退きました


    EKTqQnqVUAEgRFI


    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1897413/

    jul271-gg

    広島・堂林翔太内野手(28)の妻で、元TBSの枡田絵理奈アナウンサー(34)が15日、自身のブログを更新。堂林家ではカレーライスが“レアメニュー”であることを明かした。  


    枡田アナは「カレーと、海鮮のクリーム煮」のタイトルでブログを更新。「昨日の夕食」「夏野菜のカレー」として赤パプリカやオクラ、とうもろこしなどカラフルな夏野菜をトッピングしたカレーライスの写真をアップ。その上で「我が家はカレーはレアメニュー」と記した。

    ssd159937704063009


    引用元 https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/16/kiji/20200716s00041000299000c.html

    15日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演したショウアップナイター解説者の川相昌弘氏が、広島・堂林翔太について言及した。  

    堂林はここまで、リーグトップの打率.409をマーク。『7番・三塁』でスタメン出場した15日の巨人戦でも1安打を放ち、これで4試合連続安打となった。  

    川相氏はここまでの活躍を「立派ですね」と評価。「僕が2010年ウエスタン・リーグで中日の二軍監督として戦っていたので、彼の1年目のときを見ていた。

    やっと開花したなと。嬉しいですね」と、敵将ながらデビュー当時から堂林を見てきた者として、苦節11年目の活躍に目を細めた。  


    堂林といえば、12年に全144試合に出場し、チームトップの14本塁打をマーク。菊池涼介丸佳浩(現巨人)らとともに中心選手として活躍が期待されたが、年々出場機会が減少。昨季は一軍初出場した12年以降では、最少の28試合の出場にとどまっていた。今季は12年以来の規定打席到達、シーズン通して打率3割にも期待がかかる。


    284f9c38




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/e354944d29bec6e36e82d358aa49e6b15ad32938


    【平岡洋二「アスリートの解体書」(6)】新井貴浩を語る上で欠かせないのが労働組合日本プロ野球選手会会長就任だ。2011年、東日本大震災の影響で巨人など経営側の論理主導でセ・リーグの開幕日が二転三転。経営側と対峙し交渉の矢面に立ったのが選手会の代表者である新井会長だった。

    私などは「プロ野球史上最大の人選ミス」などと就任当初、やゆしていたものだが、あにはからんや時の人として称賛された。確かに交渉の過程で、その都度マスコミの前で対応する新井を見て大変な状況の中、これ以上はない態度での受け答えであったと思った。また、セ・パ同時開催決定となり涙する姿はさもありなんとも感じた。


    284f9c38


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/f8c4459f8b6e40a5b62021948a973a6077bec111

    【取材のウラ側 現場ノート】今でも自戒とともに思い出すのは、黒田博樹氏(45=現野球評論家)が2016年の日本シリーズ開幕直前に引退を表明したときのことだ。現在も“レジェンド”としてファンからの人気は高いが、当時の黒田氏の注目度も尋常ではなく、周囲は「今後は何をするのか?」「ユニホームを着るのか?」など引退後のことが話題となっていた。

     そんな中、当時担当外ながら応援で広島取材に来ていた私に耳を疑うような噂が飛び込んできた。「引退したら、黒田さんはたこ焼き屋を始めるらしい…」。にわかには信じ難い話だったが、聞くところによると黒田氏は大阪出身とあって、たこ焼きへの愛情は人一倍。自ら作ることもあり、焼き具合や食べ方にとてつもないこだわりがある。そのため自分好みのたこ焼きを広めるために店をオープンする、ということだった。


    284f9c38



    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1891161/

    【正田耕三「野球の構造」(26)】2008年8月、漫画家・赤塚不二夫さんの告別式で弔辞を読んだタモリさんは「私もあなたの作品の一つです」と締めて話題を呼びました。例えとして適切かどうか分かりませんが、僕もまた、入団から3年間にわたって打撃指導をしていただいた内田順三さんの「作品の一つ」でした。

     最初は僕自身も「右で打てないのに、左で打てるわけないやろ」とスイッチヒッターへの転向には懐疑的でしたが、内田さんと肉親以上に同じ時間を過ごし、ひたすらバットを振り続けていくうちに、おのずと道が開けていったのです。

     入団2年目の1986年はプロ初の開幕スタメンに抜てきされ、二塁での先発出場は偵察要員で投手が入ったケースも含めれば70試合。木下富雄さんの22試合、小早川毅彦の38試合を大きく上回ることができました。規定打席には届きませんでしたが、打率は前年の1割8分から2割8分8厘へと大幅アップ。2年ぶりとなるセ・リーグ制覇にも貢献することができました。

    284f9c38


    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1895109/

    今季は強打の捕手・坂倉、20歳羽月も1軍でプレー

    広島は主に救援投手陣の不調で開幕から出遅れ、Bクラスとなっているが、今季もまた、新たな“若鯉”が台頭している。かつてロッテの絶対的守護神として大活躍した野球解説者の小林雅英氏も「なぜ広島ではこうも次々と凄い野手が育つのか」に注目している1人だ。

     今季、成長著しいのが、4年目・22歳の坂倉将吾捕手。左打ちの強打が売り物で、高い打率をマークしている。スタメンマスクをかぶる試合も多く、侍ジャパンの主戦捕手である会沢、磯村らと高いレベルの定位置争いを展開している。  小林氏は「広島の野手は総じて、高校から入ってきた頃は華奢でも、技術の向上とともにみるみる体が大きくなる。体つきが他球団と一回り違います。その結果として、スイングも強くなる」と語る。「まずハムストリング(太もも裏)の肉付きがよくなり、次いで腕が太くなっていく印象。丸(現巨人)も、(鈴木)誠也も、會沢もみんなそうでしたし、坂倉にもその傾向が見られます」と見ている。

    284f9c38



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/34b00573f187edb63708da7357c63c4ff200d684

    みなさん、こんにちは。森下選手の高校時代のお弁当が1.5号だと知って興奮するザ・ギース尾関です。


    さて、なかなかに大変な戦いが続くカープですが、フランスア選手も調子を戻し、歯車さえ合えば順位が上がっていきそうな気配がありますね。そして、カープファンの希望の星、森下選手!素晴らしいピッチングで本当にこの選手が一本釣なのか!とニヤニヤしてしまいます。ぜひ、このまま新人王へと突っ走って頂きたい!
    今年のグッズカタログ。持っている方は多いでしょう。今年は回文グッズですが、回文を考えるのは本当に大変です。しかし、カタログには見事な回文ばかり!ということで、本日は印象に残った回文ベスト3をご紹介します。まずはこちら。

    ◆第3位は「コルクに来る子」! コルク製のコースター、ポーチなど もう、意味は全くわかりませんが、響きで押し切ってしまおうという強い気持ちを感じます。パワーを感じる回文が素晴らしい作品ですね。つづいてはこちら。

    284f9c38


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ab44619175e29a0da4e2b12326864a03eb1be3e1

    ○ 広島 10 - 4 巨人 ● <11回戦・マツダスタジアム>  広島の堂林翔太が、5試合連続打点を挙げた。  2-1の3回一死満塁の第2打席、巨人の2番手・田中豊樹が2ボール2ストライクから投じた外角のスライダーを一、二塁間に弾き返す2点適時打を放った。  
    22日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏は、堂林の適時打に「状態があがっているからこそ、ヒットゾーンに飛んでいきましたよね。その前におそらく田中投手が空振りを取りにきたスライダー。しっかりいいところに決めたんですけど、状態が悪ければ振っていたと思うんですよね。そこを我慢できたからこそ、田中選手もボールが浮いてしまいましたよね」と振り返った。

    262376-2362-1-2442-pcg



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/03c51ce6891a777fb5e00709a96188c9f1c1d77f

    このページのトップヘ