広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

    「(中田)翔は故障もあって今は二軍で調整をしているけど、もうすぐ復帰できるみたいですし。復活すると思うし、絶対やってくれると思っています」

     こう言うのは広島の菊池涼介(27)。21日のヤクルト戦前、3月のWBCでともに日の丸を背負った中田に関してだ。菊池と中田は同じ学年。12年4月に常設化された侍ジャパンで何度もチームメートとなり、公私で親交が深い。盟友といえる間柄である。

     中田は腰や手首に痛みを抱えながら、WBCを戦った。開幕から打撃不振に陥り、右足内転筋の筋挫傷で登録を抹消された。その直前には「公式戦に向けての気持ちの持っていき方」について難しさを吐露していた。菊池が続ける。

    「僕は初めてWBCを経験させてもらった立場ですけど、気持ちの切り替えは難しかったですよ。本当に。当初の成績はもう、見ての通りの結果でしたし」

     たしかに開幕から9試合の成績は打率.189、0本塁打、2打点。昨季、最多安打(181)のタイトルを獲得した選手とは思えないほど低調だった。

    「でも開幕したらそんなことは言ってられない。とにかくチームのためにできることはないかと毎日思いながら、打てないなりに進塁打を打とうとか、そうやって切り替えていこうと。11日の巨人戦で5安打というのがあって、結果的に楽になれた自分もいたので今がありますけど、あの5安打がなかったら絶対苦しんでいますよ」

    ■「打撃のズレは確かにある」

     実際、菊池や中田のようにWBCで常時、試合に出続けた野手の多くが不振に悩んでいる。

    「翔の場合は故障なんでこの話が関連しているかはわからないですけど、(DeNA戦だった)20日、筒香とも話をして、やっぱり打撃のズレというのは確かにあると思うんです。向こうはツーシームだったり、とにかく速いボールを動かして勝負してくる。WBCでは投手の攻め方や球筋の違いに対応しようとずっとやってきた。個人差はあれど、タイミングの取り方だったり、それを元に戻す難しさに少なからず苦しんでいる部分はあると思います。ただ、それも慣れですからね。そのうち、みんな状態は上がってきますよ」

     米国との準決勝では1点しか挙げられず敗れた。多くの打者は投手の高速かつ球威あるムービングボールに苦慮し、驚き、結果的に世界一の夢を打ち砕かれた。侍ジャパンの面々の脳裏に、1カ月たった今もまだ動くボールの“残像”がこびりついているなら、不振に悩むのもわからなくはない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000009-nkgendai-base

     野球評論家の張本勲氏(76)が23日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。19日のDeNA2回戦(マツダ)で審判員への暴言で退場処分を受けた、広島の緒方孝市監督(48)について言及。「感情的になる人じゃない。それがあれだけ激怒するということは見てわかる。私は日本のアンパイアは世界一とずっといってきたが、ここ2年ぐらいで下手になった。勉強してもらいたい」と同情した。

     緒方監督は現役時代も含めて初めての退場となった。七回二死一、二塁で遊撃へゴロを放った小窪が一塁でアウトとされた判定を不服とし、一塁の山路哲生審判員に激しく詰め寄った。球団は六回の田中の遊ゴロも微妙な判定だったとみており、試合後にセ・リーグに意見書を提出した。

     張本氏は「私が見たらアンパイアが感情的になっている。最初に抗議にきたから、ちょっとどっちかわからないようなのをアウトにしたんじゃないかという感情が走るんですよ。アンパイアがそれじゃ困るよ」と苦言を呈していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000502-sanspo-base

    ● 巨人 5 - 11 広島 ○
    <3回戦 東京ドーム>

     広島の強さだけが印象に残る3連戦となった。1点を追う9回に一挙7得点を挙げた広島が、11-5で勝利。引き分けを挟んで連勝を10に伸ばした。

     広島は1点を追う9回、先頭の代打・松山竜平が豪快な一発で同点に追いつくと、四球と失策などで無死二、三塁とチャンスを作り、丸佳浩が2点タイムリーを放ち勝ち越しに成功。1度火のついた打線は止まらない。安部友裕のタイムリー、石原慶幸の3ランで、この回だけで7点を挙げた。その裏、今村猛が巨人打線を3人に抑え勝利。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた山本昌氏は「言葉がでませんね。私は1999年にドラゴンズで開幕11連勝を経験しているんですけど、そのリードを保って最後まで優勝しましたからね。それに匹敵しますよね」と自身が現役時代に経験した99年の中日に並ぶ強さだと称賛した。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00112393-baseballk-base

    ● 巨人 5 - 9 広島 ○
    <2回戦 東京ドーム>

     広島の床田寛樹が、7回を5失点ながらもプロ初勝利を挙げた。

     床田は初回、阿部慎之助に先制2ランを浴びたが、2回から4回までは三者凡退に抑える。打線も2回に2点、3回に4点を奪い勝ち越しに成功。床田は5点リードの5回に代打・村田修一に3ランを浴びたが、6回と7回はテンポの良いピッチングで無失点に抑え、7回を97球5安打5失点という投球内容だった。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた石井一久氏は「インコースの真っ直ぐ、スライダー、外へのフォークボールが素晴らしい。力強いボールを投げていたので5点取られたようなピッチングに見えなかった」と絶賛していた。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00112196-baseballk-base

    <広島4-1ヤクルト>◇7日◇マツダスタジアム

     広島ドラフト1位の加藤拓也投手(22=慶大)が快投デビューを飾った。ヤクルト相手に9回1死までノーヒットノーラン。87年近藤真一(中日)以来の初登板で無安打無得点の夢は、バレンティンのヒットで破れたが、見事リーグ新人一番乗りの初勝利をつかんだ。


     加藤が野球を始めたきっかけは、実は勉学のためだった。

     幼少期から「東大に行かせたかった」という父弘志さんから英才教育を受けた。3歳と6歳を教育の節目とし、まだ字を読めない3歳時に本を与えられ、6歳時には理解するよう教えられた。母裕子さんからは野菜中心の手料理で栄養管理を徹底された。だが、小学生時代に“肥満体形”と指摘されたため、脳への影響を考慮し、両親はスポーツをやらせることに。最初はサッカーを始めたものの、体形からポジションはゴールキーパーとなり、運動量の少なさに野球に転向することになったという。

     高校時代も、プロ野球ではなく東大を本気で目指した。結果的に内部進学で慶大入り。「大学からプロへ行けなければ、野球をやめる」と父と約束し、就職浪人を覚悟して野球にすべてを注ぎ、12人しかいないドラフト1位でプロ入り。3000人超が入学する東大よりも、狭き門を突破した。惜しくも逃した初登板での無安打無失点は、史上2人目の大記録だった。ド派手なデビュー戦を飾った加藤には、プロ野球界でエリート街道を突き進んでもらいたい。【広島担当・前原淳】

     ◆慶大出身投手の初登板勝利 2リーグ制後、57年3月31日国鉄戦の藤田元司(慶大-日本石油-巨人)、69年4月12日巨人戦の藤原真(慶大-鐘紡-アトムズ)に次いで3人目。藤田と藤原はともに社会人経由の入団でリリーフ登板。慶大から直接プロ入りした投手では加藤が初めて。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-01804277-nksports-base

     「広島-ヤクルト」(8日、マツダスタジアム)

     テレビ新広島(TSS)の衣笠梨代アナウンサーが始球式を務めた。“カープの鉄人”衣笠祥雄氏を彷彿させる自前で作った「背番号3」のユニホームを着て登場。捕手を務めた金田祐幸アナウンサーのミットめがけて全力で投げ込んだ。ボールは金田アナの手前でワンバウンド。目標のノーバン投球は惜しくもならなかったが、大観衆から盛大な拍手が送られた。

     「とても緊張しました。でも、(マウンドからの光景は)すごくきれいな景色で気持ち良かったです」。TSS野球解説者の山内泰幸氏からは「高いところに向かって投げるように」とアドバイスをもらい、前夜も金田アナ相手に約30分間、キャッチボールを行うなど入念な練習を積んで臨んだ大一番。自己採点は「50点です。思ったところに投げられなかったので」と厳しい点数をつけたが、「とても貴重な経験をさせていただきました」と感激の面持ちだった。

     金田アナは「めちゃくゃかっこよかった。振りかぶった瞬間、観客がオーっと沸いて感動しました」と興奮気味に振り返ったが、ボールを後逸したことには「頑張って練習していたので、なんとしても取ってあげたかったのですが」と無念の表情を浮かべた。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/04/08/0010077789.shtml

     プロ野球は31日にセ・パ同時開幕する。デイリースポーツの評論家9人が両リーグの順位を予想した。評論家予想の1位に6点、2位5点…最下位1点とポイントをつけて集計した結果、セ・リーグは広島が50点で2位阪神に8点差をつけ1位となった。パ・リーグはソフトバンクが51点で2位日本ハムに4点差をつけて1位となった。

     昨年のセ・リーグ覇者・広島を優勝予想した評論家は5人で、阪神、巨人が2人ずつ。阪神、巨人を優勝予想した評論家も2位を広島にしており、大きな戦力補強はなかったものの昨年投打で5球団を圧倒した広島の強さを認めているようだ。

     評論家になってから毎年、期待を込めて広島1位を予想してきた安仁屋宗八氏は昨年、悲願でもあった予想を的中させた。「今年は昨年と違い、最後の最後までもつれる展開になる」と分析しながら「もつれたら粘っこい野球が身上の広島に分がある」と、もちろん広島を1位に予想。横山竜士氏は「経験」、小山正明氏は「自信」、中田良弘氏は「機動力」、関本四十四氏は「投手力」を評価して広島を推した。

     阪神を1位に推したのは、藤田平氏と岡義朗氏。藤田氏は「中日を除く5球団に優勝の可能性がある」と混セを予想。その中で「藤浪が15勝できれば可能性は高くなる。それと鳥谷をうまく使うことができるかだな」と優勝への2つの条件を挙げた。岡氏は「不安もあるけど楽しみな1年」と阪神を1位とした。「去年、芽を出した北條、高山、原口、中谷らがもう一皮むけて、糸井の加入とうまくかみ合ってくれれば十分戦える」と若虎の成長に期待を寄せた。

     巨人を優勝に推したのが、岡田彰布氏と西山秀二氏だ。岡田氏は「もともと地力がある上に大型補強を行った巨人が広島より上」と分析。西山氏は「広島と巨人が抜けている」としながら、「連覇はなかなか難しいことから、大型補強を敢行した巨人」と戦力の充実を評価している。

     パ・リーグは9人中7人の評論家がソフトバンクを1位に挙げた。岡田氏は「総合力はソフトバンクが断トツだろう」と戦力の充実を挙げる。小山氏は昨年日本一の日本ハムを優勝と予想。9人中8人が上位2チームにソフトバンクと日本ハムを選んでいるが、ただ一人、日本ハムを3位とした岡田氏は「大谷が投手として開幕からしばらくの期間、出遅れそう」という理由でロッテを2位にしている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000060-dal-base

     昨年の流行語大賞「神ってる」の生みの親、広島・緒方孝市監督(48)が2年連続の流行語を生み出す?

     今年のカープのスローガンは「カ舞吼!(かぶく)」。27日に行われたセ・リーグのファンミーティングで、司会の青島健太氏(58)から「今年も流行語を狙っている?」と問われると、指揮官は苦笑いで「そんなつもりは、ありません」。

     また、歌舞伎の語源の「常識にとらわれない変わった行動や身なりをする」という意味の「傾(かぶ)く」と関係しているか問われても「詳しい意味はよく知らないですが…」とあいまいに笑った。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/667654/

    このページのトップヘ