広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

    「中日4-19広島」(11日、ナゴヤドーム)  広島のホセ・ピレラ外野手(30)が猛攻の先陣を切った。初回、中日先発・勝野の149キロを思い切りのいいスイングで振り抜くと、打球は勢いそのまま左中間スタンドに着弾した。

    米国でプレーしていた3A、2A時代にも経験があるという“初球先頭打者弾”。打線を活気づけた助っ人は、初回の打席で「塁に出ることだけ考えている。あわよくば得点圏まで進みたい。積極的に臨むようにしている」と胸を張った。  前日から有観客試合となり「エネルギーをたくさん頂いている」とファンの声援を肌で感じ、感謝の言葉を並べた。今季3本の本塁打のうち、2発を広いナゴヤドームで放っている。パワーとアグレッシブさを備えたピレラが、赤ヘル打線をけん引していく。

    20200711-01970307-tospoweb-000-11-view




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/80c4ad7265dfa823b26b4e51583a38e0f77fe287

    1月に成人T細胞白血病を公表し闘病生活に入っていた広島OBの北別府学氏が11日、末梢血幹細胞移植を終えて広島市内の病院を退院した。今後は自宅から通院治療を続ける。


     この日、ブログでも報告し、「お陰様で退院しました。自宅に帰ることができ感無量です。皆さんの励ましは本当に大きな力でした。心よりお礼を申し上げます」と感謝した。

    20200711-01970307-tospoweb-000-11-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cfb407f92a9a15c51c51c760c5efc96e93858a38

    大麻取締法違反(所持)容疑で10日、広島県警に逮捕された前ロッテ投手のジェイ・ジャクソン容疑者(32)。広島時代は、主にセットアッパーとして3連覇に貢献。打者を抑えて、ベンチに引き揚げる時に浮かべる「ジャクソンスマイル」がトレードマークで、ファンからも親しまれる存在だった。


    ジャクソン容疑者は、2016年に広島に加入すると、救援として67試合に登板。150キロ超の直球と変化球を武器に、今村、中崎とともに「勝利の方程式」を築いた。5勝4敗37ホールド、防御率1・71の好成績で25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。  その年の日本シリーズでは、全6試合に登板。シーズン中と同様の力は発揮できなかったが、翌年の契約更新時には「日本シリーズではチームに貢献できず申し訳ございません。再び広島に優勝を届けられるように努力します」とコメントした。言葉通り、17年は60試合に登板して30ホールドを挙げ、2連覇を支えた。



    20200630-26300781-nksports-000-9-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/e238635e5f9590d6c50572311871250221a46e8e

    <広島6-3DeNA>8日◇マツダスタジアム プロ13年目の広島菊池保則投手が初セーブを手にした。


    堂林の満塁弾で逆転した直後の9回に1軍では初めて守護神として登板。先頭から連続四球でピンチを招くも、後続を仕留めて無失点で締めた。「なるべく普段通りでいこうと思ったんですが、少し力んだ部分はありました。ゼロに抑えられたのはよかった」。


    佐々岡監督は「初めてでしたし、難しかったと思う。次は落ち着いてやってくれるでしょう」と目を細めた。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/94df461ee380280f9b47c6b669c0f5e911fd303f

    「広島-DeNA」(7日、マツダスタジアム) 広島の菊池保則投手(30)が、新守護神を務めることを佐々岡監督が明かした。
    開幕時は新外国人のスコットをクローザーに起用していたが、1セーブも挙げられずに2軍に降格した。



    20200707-00000120-dal-000-3-view

    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/7813c47e43b616c046ad193a14a113c5f6b1219f

    広島の佐々岡真司監督が、4日の阪神戦から抑え投手を日替わりで起用する方針を3日、明かした。  開幕から守護神を担ってきたスコットが、2日のヤクルト戦で村上にサヨナラ満塁弾を被弾。技術的にも精神的にも再調整させるため、この日、出場選手登録を抹消した。  「その日、その日でかわってくる。その2人を中心にやっていく」  勝利の方程式メンバーである菊池保とフランスアを、その日の状態などを見ながら九回に起用する構えだ。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/7c411dc410149f2c3734871b2a24de9993474431

    広島・佐々岡真司監督(52)が21日、開幕3連勝を目指し、DeNA3戦目(横浜)に臨んだ。

    就任1年目の指揮官は横浜移動前日17日の広島最後の夜に鯛を食べてゲン担ぎしたそう。鯛は縁起の良い食べ物で、プロ野球関係者は開幕前にこぞって口にする。
    ちなみに、19日の開幕戦で先発した大瀬良も17日の夜に鯛を食べ、プロ初本塁打&完投でヒーローになった。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view



     広島・佐々岡真司監督(52)が21日、開幕3連勝を目指し、DeNA3戦目(横浜)に臨んだ。

     就任1年目の指揮官は横浜移動前日17日の広島最後の夜に鯛を食べてゲン担ぎしたそう。鯛は縁起の良い食べ物で、プロ野球関係者は開幕前にこぞって口にする。ちなみに、19日の開幕戦で先発した大瀬良も17日の夜に鯛を食べ、プロ初本塁打&完投でヒーローになった。

     広島の堂林翔太が24日、巨人戦で今季2度目の複数安打をマークした。  2回一死走者なしの第1打席、巨人の先発・メルセデスが投じた低めの変化球をライト前に弾き返すと、この打撃に『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「うまく打ちましたよね」とコメント。  続く4回一死走者なしの第2打席も、巨人の2番手・古川侑利のストレートをレフト前に安打を放った。江本氏は「甘い球ですから、逃さない。反応がいいですよね」と話していた。


    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/629288304173f8b78ad5f4630b8acc6daf6f8d72

    野球評論家の張本勲氏(80)が5日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。突然、張本氏の映像や音声が流れなくなる場面があった。  プロ野球の映像が流れた直後のトラブルに、司会の関口宏(76)は「張本さんの画がフリーズになったんですか?そういうことって起こるの」と口にした途端、音声だけは流れた。これに関口は「声だけは聞こえてる。画が動かなくなったんだ。(映像は)別にただいるだけだから声が通ればいいんじゃないかと思いますが」とコメント。そして、「なんかありますか。ひと言」と振ると、張本氏は「パ・リーグは混戦だね」はパ・リーグについて話した。


    20200628-00000034-dal-000-3-view





    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/6a71d9128d247e7ef29e646e5e135d1adb6d7260

    広島ピレラは積極打法を貫く。開幕から1番に起用され、打率3割3分3厘。5勝3敗1分けの好発進に貢献した。

    9試合で四球はゼロだが「受け身になるとイージーアウトになってしまう。日本人投手に対応するためにはアグレッシブに、積極的に臨んでいかないといけない」と好調の一因と分析。今後も攻撃的スタイルは変えない。 28日の中日戦は三塁で初先発し、1度の守備機会を無難にこなした。「個人的にはレフトの方がしっくりくるけど守備位置、打順がどこであってもチームに求められることをやるだけ」。好発進の流れを継続させる意味でも、当面は「1番三塁」での起用が濃厚だ。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view





    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/35d984eca00409fde0081c26a82d4979078be230

    このページのトップヘ