広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     球団史上初のリーグ3連覇へ死角はない。広島・会沢翼捕手(30)がデイリースポーツのインタビューに応じ、今季から務める選手会長としての在り方や、投打の懸け橋としての責任感などを語った。優勝と日本一へ向けては、チーム内の競争と助け合いの必要性を強調。22日に再開するリーグ戦でも、一丸で戦う決意を表明した。


      ◇   ◇

     -現在、リーグ首位にいる要因をどう考えているか。

     「やっぱり2連覇したことが自信になってると思う。『カープの野球をする』と緒方監督も常々言っていますけど、それが今の結果にもつながっていると思うし、野球はカバーのし合い。そこじゃないかなと思います」

     -昨年との違いは。

     「それほどこれが変わったということはないけど、本当に一人一人が自覚と責任を持ってやってくれていると思います」

     -過去に選手会長を務めた石原や新井に相談することはあるか。

     「どうしたらいいですか、というのはお二人に相談させてもらっているし、昨年選手会長をしていた小窪さんにも相談します。そういった中で僕も助けてもらっている。(3人からは)あまり背負い込むなと」

     -緒方監督からも言葉を掛けられているか。

     「監督も『選手会長だからって気負わずやれ』と言ってくださった。本当に駄目だと思ったところは、みんなと話し合いながらやっていくだけだと思う」

     -選手会長の理想像はあるか。

     「僕は12年やっていていろんな選手会長を見てるので、いいところを取り入れようかなと思います。一番は昨年までやっていた小窪さんの姿はいいなと思うところがたくさんあった。いい意味でいろんな人から慕われる。先輩からもかわいがってもらっていて、後輩からも気さくにしゃべれるというのがあります」

     -自身の打撃は、ここまで安定感が抜群な印象がある。

     「6月ですか。まだまだこれからだけど、一日駄目でも次の日に駄目だったことを反省できる。いい意味の反省をしているのがいいのかなと思います」

     -打撃面での昨年との変化は。

     「変えたつもりはないけど、昨年からやっていることを続けることが大事と思っている。続けることのしんどさ、大切さを大事にしています」

     -昨年よりも特に内角球を仕留める確率が高い。

     「自分の弱点というか、何が打てて何が打てていないかを昨年のオフは調べて、そこは自分で課題を持ってやっていた。オフは技術を身につけるところで、今は技術技術というところではない。配球や試合の流れ、そういうところを見ながら打席に立っている。相手がどういう配球をしてくるというのも、もう分かってる。簡単に言えばそこをね。捕手なので考えながらやっていけばいいと思うしね」

     -捕手としての積み重ねも打撃に生きているか。

     「ありますよね。捕手というのは本当に経験がいるポジション。試合に出ないと分からないことがたくさんある。引き出しを増やしていくことが捕手の仕事だと思うのでね」

     -3連覇へ向けて必要なことは。

     「昨年も苦しかったけど、今年もまだまだ苦しい戦いは続くと思う。そういう時にチーム力を上げていかないと駄目。それがカープのいいところ。やっぱり助け合いのスポーツだし、そこが一番だと思います」

     -自分自身の出場試合数にこだわりはあるか。

     「試合数は1試合1試合の積み重ねだと思っているし。そこで信頼されて増えていけばいい。1試合1試合の積み重ね。あまり考えないようにはしてます」

     -残り試合、どのように臨んでいきたい。

     「1試合1試合、必死にやることが一番大事。そのために準備を怠らずやっていくことが大事だと思います」

     -準備で大切にしていることは。

     「何回戦もやっていくのでどういうふうに抑えたか、どういうふうに打たれたかは配球の面では大前提で(頭の中に)入れておかないといけない。その中で打者の調子、投手の調子を考えながら。ゲームは動きますから、生き物だと思うし。まず試合前に1~9番は頭にたたき込み、想定は絶対するようにはしています」

     -昨年はベストナインを受賞した。個人タイトルへの意識は。

     「あまり考えてないですね。まずは目の前の1試合1試合を戦っていって。最終的な目標は優勝して、2年連続でなれなかった日本一になってくると思う。まずはリーグ優勝を目指して戦っていくことかなと思います」

     -昨年、一昨年を経験してより日本一への思いが強まった。

     「やっぱりありますよね。まずその権利を得るために必死になってやって、そこからまたもう1段階ギアを上げることになってくるのかなと思います」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000031-dal-base

     球団史上初のリーグ3連覇へ死角はない。広島・会沢翼捕手(30)がデイリースポーツのインタビューに応じ、今季から務める選手会長としての在り方や、投打の懸け橋としての責任感などを語った。優勝と日本一へ向けては、チーム内の競争と助け合いの必要性を強調。22日に再開するリーグ戦でも、一丸で戦う決意を表明した。


      ◇   ◇

     -交流戦は苦戦したが、それでもここまでセ・リーグ首位を走る。チームの雰囲気はどうか。

     「昨年と変わらずいい雰囲気でやっています。みんな一生懸命、必死になってやってくれてますから」

     -今季から選手会長を務める。心掛けていることは。

     「昨年も副会長をさせてもらっていたので、いろんな話を聞いてあげることは大事にしている。野球以外のこともだし、困ったことがあったら聞いてあげるようにしている。食事会場とかでもしゃべるようにしているし、気に掛けている。そういうことも僕は苦ではないので」

     -捕手としても投打の懸け橋。交流戦では投手陣が打たれる場面も目立った。

     「そこは目立ってしまうところで、難しい部分はある。助け合いは絶対必要なので、そこをないがしろにしたら2年連続優勝はできてないと思う。僕も考えるところはあるし、チームスポーツなので話を聞きながらやっています」

     -相次ぐ主力の故障離脱があった。リーグ3連覇への壁も感じているか。

     「それはないんじゃないですかね。やっぱり2連覇しててもレギュラーは限られてたわけであって。そこにみんな入りたい、とレギュラーになりたい子たちは虎視眈々(たんたん)といますから。そこでワンチャンスをつかむんだというのがチーム力だと思う。誰かが抜けた時に誰かがカバーする。その力があるのがうちだと思うし、他にはあまりないのかなと思います」

     -そんな中で野手では今季、野間の活躍が象徴的。

     「そうですね。野間が頑張ることによって(一時離脱していた)丸もまた頑張る。相乗効果で、他の子がまた頑張る。レギュラーもうかうかしていられない。それがチーム力。団結力もそうだけど、いいところなのかなと思います」

     -投手では今季、特に大瀬良が好成績を残している。昨年までと変化は。

     「今は自信を持って投げてくれているのが一番だし、フォームがしっくりきているというところ。すごく勉強熱心だし、相手打者のことを本当に研究するようになったなと思います」

     -若い投手も多い。捕手として受けていてどう感じている。

     「これからの子たちが多いですから。マウンドに上がったら若手若手じゃなくて、自分があそこに立っているんだからいい意味で勘違いもしてほしい。野球というのは投手が主役なわけだから。投球もだけど、野球に対する姿勢とかも教えながら、話し合いながらやっています」

     -投手によって声の掛け方なども変えているか。

     「変えてますね。性格によってその日に反省する人もいれば次の日の方がいい、また次の日の方がという投手もいる。そのへんは見ながらやっています」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000030-dal-base

     広島が20日、マツダスタジアムで指名練習を行い、野手では野間、西川、バティスタ、投手では大瀬良、ジョンソン、九里、永川、アドゥワ、中崎らが参加した。

     高卒2年目アドゥワはここまで26試合に登板し、1勝0敗、防御率2・30と奮闘。22日阪神戦(甲子園)からのリーグ戦再開に向けて「与えられたところで結果と内容を出せるようにしたいです」と決意を新たにした。

     小さい頃はサッカー少年で「野球より遊びと言えばサッカーでした」。日本代表・浦和レッズの槙野のファンで「プレーもそうですし、おもしろい」と声を弾ませる。前夜のサッカーW杯の試合はテレビで観戦。日本の勝利を見届け「すごい」と刺激を受けていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000067-dal-base

     高卒2年目の広島・アドゥワ誠投手が開幕から1軍に定着し、日々成長の跡を刻んでいる。ここまで中継ぎの一角としてフル回転。より勝ち試合での登板を増やす青写真を描きながら、右腕を振っている。

     必死に眼前の登板に全力を注ぎ続け、迎えた5月30日・西武戦(マツダ)は右腕にとって記憶に残り続ける一戦になっただろう。同点の延長十回に登板し、3失点したものの、直後の逆転サヨナラ勝ちでプロ初勝利が舞い込んできた。

     「勝ち方はどうであれ、1勝は1勝。良かったかなと思う。打たれても勝ちがつくことというのもあるので。連絡も結構来ましたね。(ウイニング)ボールは親に渡しました」

     開幕からチームに貢献し続けた。4月4日のヤクルト戦(神宮)でプロ初登板を果たすと、そこから10試合連続無失点を記録。ここまで25試合に登板し、防御率2・37。自身は「想像がつかなかった」と語るが、1軍登板ゼロだった昨季のルーキーイヤーから大きな飛躍を遂げている。

     196センチの長身から投げ下ろす速球とチェンジアップを中心に、相手を抑え続けている。シーズン序盤は「今日も駄目でした」と漏らすこともあったカーブも、「感覚が戻ってきた」と有効に駆使している。

     オープン戦のリベンジにも成功した。3月14日の日本ハムとのオープン戦(マツダ)ではレアード、横尾、岡に人生初の3連続アーチを被弾。約3カ月の時を経て6日の同戦で1点を追う八回に登板すると、中田、レアード、石井一を三者凡退に斬った。「(オープン戦は)全部球が高かったので、低めに投げていれば打ち取れるかなというのはあった」。悔しい経験も糧にしながら着実に階段を上っている。

     高校時代に培った「自主性」も大いに役立っている。以前から「練習はやらされるものではなく、自分からやることが大切」という考えを持っていたが、母校の松山聖陵は自主性を重んじてくれる環境でもあり、その意識がより強くなったという。練習後も午後9時から11時までウエートトレに励むことがしばしばあったといい、その姿勢はプロ入り後も不変だ。

     シーズンも中盤戦。現状は接戦での登板も増えているが、満足はない。「内容は全然です。入りですね。ボールが続いたりしているので。結果も大事だけど内容も大事」ときっぱり。その上で、「最終的にはもっと多くの勝ち試合で投げられるようにしたい」と目指すべき場所を口にした。貪欲に上を見続け、レベルアップを図っていく。(デイリースポーツ・田中 哲)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000058-dal-base

     【球界ここだけの話】

     カープが夏本番を前に「クール・ビズ」を実施した。6日の日本ハム戦(マツダ)の試合前練習からメッシュ素材で通気性の高い「サマーキャップ」を導入。ナインは涼しそうな表情でトレーニングをしている。

     「僕が入団して初めてだと思います。涼しいですし、軽いです。こういうのをつくっていただいてありがたいです」

     こう話す大瀬良は前回登板した15日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)は4回6安打7失点で黒星(3敗目)を喫したものの、ここまでハーラートップの9勝をマーク。このキャップで夏を乗り切って、さらなる白星量産を目指す。

     広島が導入した「サマーキャップ」は機能性はもちろん、斬新なデザインになっている。フロント部分の「Carp(カープ)」の頭文字「C」マークは従来の白ではなく、紺のロゴに変更。帽子の後ろはベルトでサイズ調整が可能だ。

     瀬戸内海に面した広島市内は、夏の夕方に海風が陸風に変わるタイミングでピタリと風が止む『瀬戸の夕なぎ』と呼ばれる時間があり、ナイターの開始時刻前後は極端に蒸し暑くなる日が続く。このため、ナインからは「涼しい」「軽い」「ありがたい」と喜びの声があがっている。

     サマーキャップの発案者は昨年オフに小窪からバトンを受けた新選手会長の会沢でチームメートの意見を集約し、選手会として球団に要望。ユニホームなどで協力関係があるスポーツメーカー「ミズノ」社に依頼し、数点のサンプルから多数決で今回のデザインに決まった。

     「サマーキャップは最近は使っていなかった。夏場は暑くなるのでつくっていただきました」と会沢選手会長。今後も球団と選手の架け橋となって改革を進めていく。

     チームは17日の試合前時点で5連敗中。交流戦は6勝10敗とすでに負け越しが決まったものの、依然、セ・リーグ首位を快走している。交流戦後はいよいよ勝負の夏場を迎える。この「サマーキャップ」でチームも再加速したい。(柏村翔)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000559-sanspo-base

    <オリックス4-1広島(12日)>今季初登板となった広島・福井は6回5安打4失点で黒星を喫した。2回に大城の先制2ランを浴び、6回にもロメロのソロを被弾。「ボール、ボールでいきたくなかったので、ストライク先行でいこう」とした結果だったが「もったいなかった」と肩を落とした。今回の登板を前に早大で同期だった日本ハム・斎藤と連絡を取り合ったという。両チームとも若手の台頭が著しく互いに30歳を迎えた。「だんだん肩身が狭くなってくる年齢だし、結果を出して頑張っていこう」と励まし合ったそうだが、結果的に“共倒れ”となってしまった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000050-tospoweb-base

     広島が苦戦している。交流戦は2勝4敗と2カード連続で負け越し、6試合での44失点、防御率6・79はともに12球団ワースト。最近8試合中7試合で7失点以上と投手陣が壊滅的だ。リーグ3連覇への雲行きが怪しくなってきたのか? 広島担当の種村亮記者が「見た」。

     首位の広島が投壊を止められないでいる。両リーグ単独トップの8勝の大瀬良と、リーグトップの勝率8割3分3厘(5勝1敗)の岡田以外の先発は試合をつくることができていない。

     松田元オーナー(67)は、先発以上に中継ぎの整備を訴える。「先発6枚そろえるのが王道だが、時間がかかる。その間は中継ぎの層を厚くしないといけない」。2日のロッテ戦(ZOZO)では1点を追う7回に登板した一岡が2失点。先発が不安定な分、今村、ジャクソン、中崎の必勝継投につなぐまでの救援の弱さが、チームの投壊の一因になっている。

     だが、そんなチーム状況も、記者は大ピンチとは思っていない。むしろ、明るい材料さえ見える。

     2年目右腕のアドゥワは、プロ初登板から10試合連続無失点など、21試合で防御率2・70。競った場面でも起用されるようになってきた。そのほかのリリーフでは、4年目の藤井皓や2年目の長井も、1軍での経験を着実に積んでいる。

     先発でも“チャレンジ枠”が設けられている。5年目の中村祐はチャンスを生かしてローテに定着し、3勝を挙げている。2年目の高橋昂や、育成から支配下契約したフランスアを先発マウンドに立たせてきた。その2人は勝てていないが、緒方監督は責めることなく今後に期待するコメントを発している。松田オーナーも「育成は球団の体質。(緒方監督は)今年1年だけを見ていない」と評価する。球団と現場が方向性を一つにし、若手を積極的に登用している。だから、展望が明るく映る。

     もちろん、セ他球団の猛追がないことも、安心して見ていられる大きな理由。貯金は8で、セの貯金を独り占め。松田オーナーは「6月末の段階で10でいい。優勝争いができる。交流戦は五分五分で御の字」と見通しを語る。大型連敗を阻止しながら投手陣の育成、整備を行うことができれば、球団初の3連覇だけでなく、さらなる黄金時代が到来するはずだ。

    (種村 亮)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000067-sph-base

     ◇全日本大学野球選手権大会1回戦 広島大3―8東北福祉大(2018年6月12日 東京ドーム)

     35年ぶり3度目出場の広島大(広島六大学)は大会初勝利が遠かった。東北福祉大(仙台六大学)に3―8で敗戦したが、確かな爪跡は残した。5点を追う4回無死一塁から5番・捕手で先発した国政隆吾主将(4年=松山東)が中堅左へ2ランを放った。

     今春17季ぶり12度目のリーグ優勝を飾った原動力が最速148キロ右腕の中田朋輝投手(4年=宇部)だ。今春は6勝2敗、防御率0・89の好成績を残し、チームを全国舞台へ導いた。「チームとしてこの大会で1勝もできていないので、勝利につながる投球がしたい」。2回に3本の単打を浴びて先制を許すと、3回には4本の長短打を浴びて4失点。序盤の大量失点が響き、6回を被安打13の8失点で降板した。

     昨年は春秋ともに最優秀防御率賞とベストナインを獲得。今春はMVPを加えた3冠に輝くなど、リーグを代表する絶対的エースだ。プロからも注目を浴びる背番号11は通算23勝(13敗)を誇る。「神宮で150キロを出したい」。国立大の星は敗戦を糧に雪辱の秋をにらむ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000086-spnannex-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     セ・パの5月度月間MVPが7日に発表され、セ・リーグは初受賞コンビの「投手部門」広島・大瀬良大地(26)と「打者部門」中日のソイロ・アルモンテ外野手(28)。パ・リーグは3度目の楽天・岸孝之投手(33)と5度目のソフトバンク・柳田悠岐外野手(29)が選出された。

     受賞者4人の中で、チームへの貢献度ナンバーワンとしてクローズアップされるのが大瀬良だ。“ドングリのセ比べ”の中で、球団史上初のリーグ3連覇へ堅実に首位の座をキープする広島の原動力になっている。

     5月は登板したすべての試合で勝ち、リーグトップの4勝。5日のヤクルト戦(神宮)では3年ぶりの完投勝利。25日の中日戦でも今季2度目の完投勝利を挙げた。

     プロ入り自己最多勝利は昨年と新人王になった14年の10勝。今季はすでに9勝をあげ、セ・リーグハーラーダービーのトップに立っている。「広島のリーグ3連覇は難しい。先発陣が苦しい」という開幕前の下馬評を覆したのは、大瀬良が新しい柱になり投手陣を引っ張っているからだ。

     広島の投手部門では、一昨年の四半世紀ぶりのリーグ優勝の原動力になった野村祐輔が同年6月に受賞して以来の月間MVP。大瀬良がエースの座を死守すれば、3連覇も現実味を帯びる。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000016-ykf-spo

     大阪府高野連は5日、7月7日に開幕する第100回全国選手権大会の南北大阪大会で、開会式後の始球式を、広島や大リーグで投手として活躍した黒田博樹氏(43)が務めると発表した。

     黒田氏は上宮では控え投手で、甲子園出場経験はなかったが専大を経て97年にドラフト2位で広島に入団。ドジャース、ヤンキースでも先発の軸として活躍し、日米通算203勝をマークした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000069-spnannex-base

    このページのトップヘ