広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    メディア

     広島カープの緒方孝市監督(48)夫人で、タレントの緒方かな子(旧芸名・中條かな子)が15日、日本テレビ系「行列のできる法律相談所 3時間SP」に出演。監督が「勝っている時はゲン担ぎでパンツを洗わない」という噂について「毎日洗ってます」と笑顔で否定した。

     昨年4月、一部朝刊で“チームが連勝している間ゲン担ぎでパンツを替えない”と報道されてしまい、否定するほどのことはないか、とそのままにしていたところ、昨年6月、カープが11連勝。ネットでは「緒方監督のパンツが大変なことに」「におってそう」などと心配する声が相次いだ。

     かな子は「大変でした。本当電話がすごくかかってくるんです、知り合いから。『本当にパンツ替えてないの?』って。『洗ってます、毎日洗ってます』って言ったんですけど、最終的には収拾がつかなくなって、主人が会見までして『パンツ替えてます』って(否定しました)」と苦笑いで明かしていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000116-dal-ent

     球場がこの日一番の盛り上がりを見せた。

     15日に宮崎サンマリンスタジアムで行われた「名球会フェスティバル2017」の東西対抗試合。昨季、日米通算200勝を達成し、現役を引退した元広島の黒田博樹氏(41)が登板。最速134キロをマークした右腕は、同僚だった広島の新井貴浩をストレートで遊ゴロに打ち取り、「新井だけには打たれたくなかった。気持ちよく投げられた」と、笑顔だった。

     黒田氏は近日中に日本を離れ、自宅のある米国に戻る予定という。引退直後から「少しゆっくりしたい」と話しているだけに、ユニホーム姿は当分見られないかもしれない。球界OBが言う。

    「広島球団はキャンプで臨時コーチとして招聘したい考えもあったようですが、今春は黒田の意向をくんで、オファーをしていないそうです。現役時代に山ほどお金を稼いだこともあり、しばらくは松井秀喜氏と同様、悠々自適に過ごすつもりでしょう。かつて在籍したヤンキースやドジャースで臨時コーチをオファーされる可能性はあるものの、黒田自身が現時点ではコーチ業にあまり関心がないそうですから、今年に限っては実現しないかもしれない」

     ある放送関係者もこう話す。

    「黒田氏は吉本興業とマネジメント契約を結んでおり、米国を拠点に適度に仕事をこなす形になるでしょう。今年に関してはCMに出たり、一年に数回程度、テレビの野球中継で解説の仕事をする程度と聞いている。3月に行われるWBCの中継局がゲスト解説としてのオファーをしているという話があり、黒田氏が次に公の場に出てくるのはその時かもしれません」

     広島の将来の監督として、カープファンから大きな期待が寄せられている黒田氏だが、それが実現するのは何年先になるのやら……。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000010-nkgendai-base

     12球団のキャンプインが約2週間後に迫っている。今年はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)もあり、野球ファンにはあわただしい春となりそうだ。

     侍ジャパンの動向も気になるが、昨季25年ぶりのリーグ優勝を飾った広島が連覇できるかどうかにも注目が集まる。日本シリーズでは惜しくも日本ハムに敗れ、日本一は逃したが、リーグ戦では2位巨人に17.5ゲームもの差をつけた。

     巨人の貯金が僅か2だったのに対し、広島は37。ライバルの5球団がだらしなかったとも言えるが、昨季の広島が投打ともに最も安定していたのは間違いない。今季は黒田博樹の引退などで抜けた穴は決して小さくないが、現時点ではセ・リーグ優勝候補の筆頭といっていいだろう。

     とはいえ、開幕の時点ではどのチームも0勝0敗からのスタート。広島が開幕ダッシュに失敗するようなことがあれば、混戦模様になる可能性も十分ある。昨季の広島と同じように独走Vを果たしたチームが連覇に成功したチームは過去にどの程度あったのだろうか。

     2リーグ制になった1950年以降、2位に17.5ゲーム差以上つけて優勝したチームは昨季の広島を含めて5例しかない。以下はその5つの例と翌年の成績。

    ▼ 17.5ゲーム差以上離して優勝したチームと翌年順位
    ・1990年巨人(22.0差) → 91年4位(- 8.0差)
    ・1951年南海(18.5差) → 52年1位(1.0差)
    ・1951年巨人(18.0差) → 52年1位(3.5差)
    ・2011年ソフトバンク(17.5差) → 12年3位(-6.5差)
    ・2016年広島(17.5差) → 17年?位(?)

     これまでの最大ゲーム差は1990年の巨人で、2位広島とは22ゲームもの差をつけた。しかし翌年の巨人は低迷し、4位に沈んでいる。

     つづいて、ゲーム差を「15」に設定してみよう。「17.5」だと昨年の広島を含めて5例しかなかったが、「15」だと一気に7つ増えて12となる。

    ▼ 15ゲーム差以上離して優勝したチームと翌年順位
    ・1983年西武(17.0差) → 84年3位(-14.5差)
    ・2002年西武(16.5差) → 03年2位(-5.5差)
    ・1953年巨人(16.0差) → 54年2位(-5.5差)
    ・1950年毎日(15.0差) → 51年3位(-22.5差)
    ・1955年巨人(15.0差) → 56年1位(4.5差)
    ・1977年巨人(15.0差) → 78年2位(-3.0差)
    ・1985年西武(15.0差) → 86年1位(2.5差)

     こうしてみると、連覇を達成しているのは4例。確率にして約(36%)ということになる。それも4例のうち3例は、今から60年以上前の出来事だ。

     この数字が高いと見るか、低いと見るかは意見が分かれるところだろう。ただ共通して言えるのは、前年に独走を許したライバル球団たちが徹底して包囲網を敷いてきたことは間違いない。1年前はそれほど評価が高くなかった広島だが、今季はマークされる立場となる。

     果たして広島はその包囲網を潜り抜け、連覇を達成することができるだろうか。


    文=八木遊(やぎ・ゆう)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00100707-baseballk-base

     昨年の25年ぶり優勝に貢献しながら、昨年末に胃がんが判明した広島の赤松真人外野手(34)が11日、5日に胃がんの切除手術を受けてから初めて自身の公式ブログを更新した。

     タイトルは「ありがとうございます」。まずは激励コメントに対し「皆さん、たくさんの心強いコメントありがとうございます!」と、感謝の言葉をしたためた。

     続いて「無事に手術も終わり、ようやくストレス無く動けるようになりました!術後3日間はベッドで寝ている事も辛く、うなされる毎日で全く寝れなかったです!今はようやく4時間位は寝れます!痛みも多少はありますが、暇があれば病院内を歩き回ってます!」と現状を説明。「まだまだやれないことがたくさんありますが焦らずしっかりやっていきたいと思います!また更新できるように頑張ります(*´ω`*)」と締め、パジャマ姿の写真も公開している。

     赤松は昨年12月に初期の胃がんが判明。同28日に会見を開き、腹腔(ふくくう)鏡手術を受けると公表していた。

     昨年6月14日の日本生命セパ交流戦・広島-西武戦で、史上初めてコリジョンルールでのサヨナラが成立した一戦でサヨナラ打を放った。この勝利を起点にチームは、32年ぶりの11連勝を飾るなど25年ぶりの優勝に一気に突き進んだ。ムードメーカーであり、代走のスペシャリストとしてチームに欠かせない存在だった背番号38。再びグラウンドで輝く日を目指している。


    引用元  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000068-dal-base

     広島は6日、「2017年度カープホームランガール募集」要項を発表した。

     マツダスタジアムで行われる公式戦で、本塁打を放った選手にスラィリー人形を手渡したり、各セレモニーやイベントの進行サポート、地域イベントへの出演が活動内容だ。

     募集人数は3名。応募資格は、広島市および近郊に住み野球、スポーツが大好きな女性で、年齢が18~29歳。応募期間は1月7日~2月1日(水)まで。

     詳細は、広島東洋カープホームページ http://www.carp.co.jp、または電話082・554・1000


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000059-dal-base

     広島の2軍選手寮「大野寮」で先日、報道陣用のランチ試食会が行われた。ファンクラブ「コイココロ」の会員に、寮の食事を食べてもらおうという新企画「大野メシツアー」実施に先駆けたものだった。

     この日はビビンバ丼を中心に、食べ放題形式でコロッケ、ササミチーズカツ、銀ダラの味噌漬け、ワカメスープなどが提供された。この日のメニューは2500カロリーを想定。さすがはプロ野球選手用の食事だ。これは一般的に言われる成人男性の1日分の必要摂取カロリーを上回るもの。記者自身、この日は夕食が不要なほどの満腹感を得た。

     ビビンバ丼は、ほどよくごま油が利いたもやしナムルが絶品だった。他のメニューも揚げ具合や焼き加減が絶妙で、デザートにはティラミスのオマケ付き。どれをとってもお世辞抜きで美味だった。

     大野寮完成以来32年間、厨房に立つ料理長・宮本悦夫さんも「コンビニやよそで食べるより、味も栄養もいいと思います」と胸を張っていた。宮本さんにとって印象深い現在の主力選手は、丸と安部と鈴木の3人だそうだ。

     「丸や安部は食欲がありました。(昨年)春までいた鈴木誠也は量をよく食べましたし、ウエートトレーニングのあとにパンを食べたりと、考えて食事を取っていました」

     昨シーズン中、丸と鈴木に大野寮での食事について尋ねる機会があった。主に入団3年目まで過ごした丸は「食事で困ったことはありませんでした。特に白ご飯が好きなのですが、それに合うおいしいおかずをたくさん出してもらいました」と懐かしそうに振り返っていた。鈴木も「三食以外でも、“おかずありませんか?”って突然お願いして用意してくれたこともよくありました。ありがたかったです」と感謝の声を上げていた。

     「大野メシツアー」は日時、場所は未定だが、広島だけでなく東京、横浜でも行われる予定だ。(記者コラム・柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000090-spnannex-base

     昨シーズン25年ぶりのセ・リーグ優勝に沸いた広島カープ。精神的支柱であった黒田博樹が引退した2017年シーズンには不安もありそうだが……。

     しかし、OB会長の安仁屋宗八氏は「去年だって前田健太(28、現・ドジャース)の15勝の穴をジョンソン(32)と野村(祐輔、27)が埋めた。今度は大瀬良大地(25)や福井優也(28)、岡田明丈(23)がなんぼでも埋めますよ!」と余裕綽々だ。

     今オフは菊池涼介(26)が6000万円増の1億4500万円でサインするなど、昨季は2人だけだった“日本人1億円プレーヤー”が5人に増えた。

    「黒田の年俸6億円を再配分した格好ですが、カープは伝統的に選手の年俸には渋い。実際、今も複数年契約は外国人のジョンソンとエルドレッド(36)だけ。今季の働き次第で大幅ダウンもあるとわかっているから、選手はみんな必死で頑張りますよ」(地元紙記者)

     伝統のハングリー精神が、連覇へのカギになりそうだ。

    撮影■山崎力夫

    ※週刊ポスト2017年1月13・20日号





    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170106-00000006-pseven-spo

     南国の穏やかな風に揺られながら、つぶやいた一言が耳に残る。

     「なんか、いいですよね」-。

     選手会長として昨年1年、チームの中核を担った小窪が言った。優勝旅行先のハワイでの一コマだ。5泊7日。25年ぶりのリーグ制覇を成し遂げた男たちは、思い思いに1年に2チームだけが得られる栄誉を満喫した。「カープの良さは団結力よ」。新井が言う。それは同時に、強さの裏側を感じた7日間でもあった。

     ハワイに到着した初日の夜。球団主催のレセプションパーティーが開催された。エルドレッド、ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズと、4人の外国人選手も優勝旅行に帯同。変わらぬ日常であるかのように、酒を飲み交わし、笑い合っていた。会の最後には続々と選手がプールに飛び込んでいく。自然と「孝市コール」がわき起こる中、緒方監督も息子を抱えてプールへ。それにコーチ陣も続き、最後まで笑いありの和やかな雰囲気だった。

     リーグ連覇、そして33年ぶりの日本一を狙う1年。誰もが「厳しい戦いになるだろう」と口をそろえた。打倒・広島-を胸に他球団のマーク、攻めなどはより厳しくなる。巨人などは大型補強を敢行。対抗策は何か。昨季限りで引退した黒田博樹氏(41)は、それでも「カープは他球団に負けないチーム」と言う。広島に戻った2年で黄金期の伝統を系譜し、成長した若手の姿に自信を見せる。

     チーム最年長となる新井貴浩内野手(39)は言う。「俺たちは挑戦者なんだと、120%の気持ちで戦う。もう一度、優勝したい。日本一になりたい」。野球は心技体のスポーツと言い、昨季は「心が体を動かす」と、ファンの大声援を背に2000安打や、セ最年長MVPを獲得するなど活躍した。黒田の穴は「1人では埋められない」。それでもその穴が広島ナインにとって、さらなる団結力を生む可能性が高い。

     過去、資金力や知名度では他球団に及ばなかった。それでも2人が「中央に負けるか。東京に負けるか」と、反骨心で20年近く戦ってきたように、「カープに戻ってきてよかった」とチーム愛を語ったように、他球団にはない“何か”が存在するのも確かだ。そのチーム愛と団結力に加えて、投打のキーマンになるのが福井優也投手(28)と、堂林翔太内野手(25)。2人も相当な覚悟で今季に向けた準備を進めている。

     「大型補強」VS「団結力」。昨季4位の阪神や、3位のDeNAも黙ってはいないだろう。2017年のセ・リーグを制するのはどの球団か。1979年、80年以来のリーグ連覇なるか。開幕までもう3カ月を切っている。(デイリースポーツ・田中政行)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000053-dal-base

    ■『第67回紅白歌合戦』(31日、東京・NHKホール)
     年越しライブ会場のパシフィコ横浜から中継で登場した福山雅治は、「少年」とテレビ初披露となる「1461日」のスペシャルメドレーを歌唱した

     「少年」は、今季限りで引退したプロ野球・広島カープの黒田博樹元投手(41)が2年前にライブで聴き、米メジャーリーグから日本球界への復帰の決断を後押しされた曲。その黒田氏から福山へ「試合前に『少年』を聴いて、気持ちを奮い立たせてマウンドに上っていました。これからも素晴らしい曲を作っていただきたいと思います」とのメッセージVTRが送られた。

     これを受け取った福山も「大変光栄でございまして、歌を作っている人間にとっては冥利に尽きるお話でございます。本当にありがとうございます」と感謝した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000342-oric-ent

    このページのトップヘ