広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     広島・新井貴浩内野手(40)が18日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で合同自主トレに参加。恒例となった阪神・能見篤史投手(38)との年賀状のやりとりを明かした。「今年は優勝させません」と“挑発”してきた左腕には昨季6打数1安打。今季はリベンジを果たし、“打倒カープ”に燃える昨季2位の虎を退治する。


     今年の元日も能見直筆の年賀状が目に留まった。昨年の「今年は打たせません」という“挑戦状”に続いて、今回は「今年は優勝させません。今年はウチが上に…」としたためられていた。阪神時代から気心知れた仲。かわいい後輩からのメッセージを新井はうれしそうに受け止めた。

     「去年は打ってないでしょ?新しいボールにやられたんよ。真っすぐを抜いた感じで、腕の振りがいいから、スーッとくるのを見てしまった。今年はそれ一本を狙っていく!」

     昨季は6打数1安打2打点4四球、打率・167。新井が苦戦したのは、緩い真っすぐだ。チェンジアップでもツーシームでもない。直球と同じ腕の振りからスーッと沈むからタイミングが合わない。「緩急がつくボール。投げるには勇気がいると思う。面食らったよ」。さすがの新井もお手上げだった。

     一昨年まで言わずと知れた“能見キラー”として鳴らした。16年は15打数7安打2本塁打、打率・467。通算でも62打数24安打、6本塁打、打率・387の好相性だ。「緩い真っすぐ一本で狙っていくから!」。今季の勝負はもう始まっている。あえて狙い球を明かすことで、左腕の心理を揺さぶった。

     能見の年賀状に書かれていたように、“打倒カープ”の機運はヒシヒシと感じている。16日には阪神・糸井が「広島を倒してテッペンを目指せるように。そこ(優勝)への執念を見せたい」と発言。昨季の2位阪神を中心に“カープ包囲網”が張り巡らされる中、新井は改めてチャレンジャー精神を強調した。

     「昨年、一昨年と連覇したことで、他球団はカープに負けないとくる。それに負けないように気合を入れて臨まないと。自分たちが挑戦者という気持ちを持たないといけない」

     この日は2日連続で合同自主トレに参加。キャッチボールやノックで汗を流し、打撃練習ではセンターから右方向を徹底した。キャンプインへ向けて、仕上がりは上々だ。元気いっぱいの新井サンが古巣と能見の前に立ちはだかる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000012-dal-base

     広島・新井貴浩内野手(40)が17日、野球評論家・張本勲氏からの“喝”に感謝した。

     新井が行った護摩行について、14日放送のTBS系「サンデーモーニング」で張本氏から「野球と関係ないことをしてほしくないわね。新井は火をあぶって火傷してどうするのかな。精神が足りないと思っているのかな」などその効果に疑問を投げかけた。

     これに対して新井は「『喝』をいただくのは毎年のこと。球界の大先輩だから。『ありがとうございます』」と敬意を表した。

     新井はこの日から合同自主トレに合流。マツダスタジアムに隣接する室内練習場でキャッチボールやノックを受けて汗を流した。キャンプインに向けて、「初日から打ったり走ったり、全部できるようにしたい」と意気込んでいた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000062-dal-base

     広島・岡田明丈投手(24)が16日、マツダスタジアムで合同自主トレに参加した。ブルペン入りは1月後半を見据えており、「自分のペースでやっていけたらいい」と話した。大好きな打撃練習にも熱心で約30分間、打撃マシンと向き合った。「久しぶりにバットを振りました。少しでもゲームの流れを変えられるようにしたい」と意気込んでいた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000111-dal-base

     野球解説者の張本勲氏が14日、TBS系「サンデーモーニング」に出演。広島・新井貴浩内野手らが行った護摩行について、「野球と関係ないことしてほしくないわね」と、その効果に疑問を投げかけた。


     プロ野球の自主トレの話題となり、DeNA・山崎康が山登りをしているニュースに「山崎はいい。足腰鍛えますから」とうなずいた張本氏。だが、新井が燃えさかる炎の前で修行をする姿に「新井は火をあぶって、火傷してどうするのかな。精神が足りないと思ってんのかな。精神統一しようとしていると思うんだろうけど、関係あると思いますか?」と首をひねった。新井にとっては毎年行う恒例の精神修行だが「個人の問題だけど、できれば競技に関係ある運動してほしいね」と、語っていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000037-dal-base&pos=3

     【球界ここだけの話】

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手=広陵高=(18)が、7日に広島・廿日市市の大野練習場で新人合同自主トレの初日を迎えた。ただ、大物ルーキーのデビュー日に、球団関係者は少々浮かない表情をしていた。

     「昨年の秋に大野でのサインや写真撮影を禁止にしました。ファンのマナー違反があった。近隣の住民やホテルから苦情がくるようになりまして…」

     球団はファンサービスの一環として、選手にサインや写真撮影を応じるように求めている。毎年この時期は大野練習場の正門前で、新人選手とファンがサインや写真撮影で交流する姿がみられるが、ことしはシーンとしている。

     転機となったのは、昨年の秋頃で鈴木誠也外野手(23)や安部友裕内野手(28)が故障のため、大野でリハビリをするようになると、普段の倍以上の150人が集結。近隣施設から違法駐車やトイレの無断利用などの苦情が寄せられたため、球団はやむなく、禁止にした。

     同関係者は「来ていただけるのはありがたいのですが…。苦情があったので禁止にしました。その代わり、選手にはコンビニや街でサインを求められたときは応じるように言っています」と説明した。

     新人合同自主トレで元気いっぱいの動きをみせている中村奨は、小学生の頃に当時広島の栗原健太(現楽天2軍コーチ)からサインをもらって、カープへの憧れを強くした。昨夏の甲子園で“怪物”清原和博(PL学園、5本)を超える1大会個人最多となる6本塁打を放ち、注目の存在に。少年時代の思い出が原動力となったのは言うまでもない。

     「まだメドは立ってないですけど、ルール作りをして、大野でファンと交流できるようにしたいですね」と関係者。球団史上初の3連覇を目指すカープ。ファンの注目を集める人気球団になった今、ファンサービスの内容、質、そしてファンとの関係もレベルアップを目指す。(柏村翔)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000533-sanspo-base

     広島の新人選手が14日、広島市・広島大学病院スポーツ医科学センターで、体力測定に臨み、持久力や下半身筋力、反射神経などを測定した。

     ドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵=は総合トップの数値を記録。こうした測定は初めてで、「目に見える方がいい。次計る時に、今日の結果を上回れるように意識できる。平均的に鍛えていけたらいいと思う」とうなずいた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000090-dal-base

     広島・中村祐太投手と坂倉将吾捕手が13日、広島市内のアミューズメント施設「打劇王草津店」でサイン会&トークショーを行った。

     抽選会などを含め、約2時間半会場を盛り上げた2人。質問コーナーでは今季の目標を問われ中村祐は「まずは1年間けがなくやること。あとは1年間ローテーションを回れるようにしていくこと。6勝以上できるように頑張ります」と昨季の5勝を上回る数字を挙げた。

     一方、坂倉は「今年もけがをしないように。あとは楽しくできたら」と抱負。さらに具体的な目標を問われると、1年目の昨季はウエスタン・リーグで打率・298をマークしたことから「今年は1軍の方で3割乗ったまま終わりたい」と宣言し、会場から大きな拍手が送られた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000116-dal-base

     広島の新外国人、レオネル・カンポス投手(30)=ブルージェイズ=が抑えとして起用される可能性が12日、浮上した。畝投手コーチが「フォーク、スライダーと落ちる球を投げ、奪三振率も高い。チーム状況次第だが(抑えも)あるかもしれない」と抜てきを示唆した。

     カンポスはベネズエラ出身の大型右腕。昨季もブルージェイズで中継ぎとして13試合に登板し、防御率2・63の成績を残した。「守護神・カンポス」といえば世界的にはサッカー元メキシコ代表GKが有名。奇抜なユニホームと果敢な攻撃参加で人気を呼んだカンポスのような、伝説の守護神になるかもしれない!?

     2月の日南1次キャンプから実戦形式の登板を予定しており、練習試合、オープン戦で適性を見ていく。昨季は今村、中崎が抑えを務めたが、畝投手コーチは「米国とはマウンド、ボールの違いがあるから、まだ分からないが、(後ろは)何枚もいた方がいいから」と期待を寄せた。(表 洋介)

     ◆ホルヘ・カンポス メキシコ代表のGKとして94年、98年、02年と3度のW杯に出場。身長は公称175センチだが、実際は170センチに満たないといわれる。小柄だがバネのような身体能力が武器。時にはFWとしてプレーする二刀流だった。自らがデザインした蛍光色のユニホームを着用し、人気を呼んだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000293-sph-base

     広島の岩本貴裕外野手(31)が12日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で自主トレを行い、新打法で10年目のシーズンに臨む意気込みを語った。今オフは1年目以来となる足を上げてタイミングをとる打撃フォームに挑戦中で、イメージするのは巨人・阿部だ。昨季は勝負強い打撃で代打打率・429をマーク。現状に満足せず、さらなる進化を求めて突き進む。

     スローボールの打撃マシンで、岩本は新フォームを確認しながら打ち込んだ。右足を上げてタイミングを計る打法は新人だった09年以来だ。「もっと打ちたいし、良い打撃をしたいと思ったから」と変更理由を説明した。

     昨季終了後に受けた東出打撃コーチの言葉がきっかけだった。「良い打者はみんな足を上げているだろうって言われました」。足を上げると、打ちに行く際に体が開くことから、これまではすり足で投手と対峙(たいじ)してきた。

     新フォームは巨人・阿部の足の上げ方を参考にした。「(右足を)引くのではなく上げる。あとはそのまま下ろすイメージ」。一般的な打者のように膝を体の内側に引くように足を上げると、岩本の場合は悪癖が顔をのぞかせる。たどり着いたのは、よりシンプルな動きだった。

     昨季はシーズン終盤での勝負強さが目立った。代打打率は・429を誇る。今季でプロ10年目。積み重ねてきた打撃技術を継続させる選択肢もあったが、レベルアップを求めて変化を恐れなかった。

     室内練習場で約1時間の打撃練習を終えると、午後からは広島市内のトレーニングジムに移動し筋力トレーニングで汗を流した。スクワットは過去最高の重量を上げ、肉体は順調に仕上がっている。「とにかく僕は打たないといけない立場」。“阿部打法”で勝負をかける。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000024-dal-base

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵=が11日、都内で行われた新人研修会に出席し、再会した日本ハム・清宮幸太郎内野手(18)=早実=を前に決意を新たにした。「負けちゃいけないなと思いました」。ライバルの存在を刺激とし、レギュラーへ突き進んでいく思いを示した。

     金の卵たちがそろう新人研修会。昨夏に甲子園で戦った相手や、18歳以下の日本代表で共闘したライバルたちとの再会は、喜びと同時に中村奨自身を奮い立たせる思いを湧き上がらせた。

     「ライバルになる子たち。負けちゃいけないなと思いました」

     刺激となる同期の中でも、清宮とは休憩時間を利用して談笑した。「深い話はしていないですけど、自主トレの内容とかを」と近況を報告。負けられない思いを抱く中、過度の意識はせずに「自分は自分のペースで、1軍に通用する技術をつけていきたい」と自らと向き合っていく。

     この日の研修会では、岩村明憲氏の講義も受講。「『下積みは大事』という話は何度も出てきた。本当に大事」と再確認した。同期入団組は髪も伸び始めたが、丸刈り姿のドラ1は当面の目標である1軍レギュラーへ向けて「野球漬けですね」とオシャレにも横見はせず、鍛錬を積む。

     午前中にはレジェンドたちの功績が刻まれる野球殿堂博物館を見学した。1大会6本塁打を放った自身の甲子園新記録のパネルにもサインしたが、「あの中に自分の名前もいずれは載せたい」とプロでも大選手となることに思いをはせた。100人を超える同期の星となって、球界を沸かせていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000039-dal-base

    このページのトップヘ