広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)

     令和初のドラフト会議が終了し、支配下と育成を合わせて計107名が指名された。


     ドラフトの成果が示されるのは来年以降。それでも、会議後には好投手を引き当てたヤクルトやロッテ、単独指名に成功した広島やDeNAに“100点”の笑顔が目立った。

     ヤクルトは1位で星稜・奥川恭伸投手を指名。2位以下も日体大・吉田大喜投手、創価大・杉山晃基投手、大商大・大西広樹投手と、奥川を含めて本格派の4右腕を指名。弱点の投手力を補い、高津監督は「満点以上」と笑った。

     中日は与田監督のゴッドハンドがさく裂。昨年の根尾に続いて1位で地元の東邦・石川昂弥内野手の交渉権を獲得した。「(スカウト活動の)1年間の集大成。どんなことをしても引かないと、と思った」と満足げ。2位は大商大でノーヒットノーランも達成した左腕・橋本侑樹投手、3位も即戦力の東芝・岡野祐一郎投手。育成枠で高校時代はバレーボール部の名古屋大・松田亘哲投手も指名し、与田監督は「石川もそうですし、地元ファンも期待すると思う」とうなずいた。

     ロッテは4球団競合の末、大船渡・佐々木朗希投手の交渉権獲得。超目玉を引き当てた井口監督が「魅力はスピードボール。プランを立てて育てたい」と興奮気味。2位以下は捕手、内野手、外野手をひとりずつ、4位は地元の専大松戸・横山陸人投手も指名した。

     広島は1位指名で大学ナンバーワン右腕の明大・森下暢仁投手を一本釣り。2位では宇草孔基外野手。3、4位では高校生も指名し、松田オーナーが「100点以上。(一本釣りは)想定しなかった」と振り返った。

     同じく、DeNAは桐蔭学園・森敬斗内野手を単独指名。2位では立命大の左腕・坂本裕哉、3位では右スリークオーターの明大・伊勢大夢と、タイプの違う2投手の交渉権を獲得。ラミレス監督は「非常に満足している」と納得した。

     投手力に課題のある西武は大船渡・佐々木朗希投手を外した後に即戦力の東芝・宮川哲投手の交渉権を獲得。上位3選手を社会人、独立リーグの投手で固めた。

     ソフトバンクは工藤監督が「(チームに)左打者がそろってきている。右打者がほしかった」と説明した通り、1位で石川を外した後、JR西日本の佐藤直樹外野手の交渉権獲得。2位以下も大学ナンバーワン捕手と評価された東海大・海野隆司捕手など野手中心のドラフトとなった。

     佐々木を外した楽天は1位で俊足巧打の大阪ガス・小深田大翔外野手、2位で智弁和歌山の黒川史陽内野手を指名。石井GMは「(東邦の)石川君も評価していた。ただ、そんなにプランから離れてない選手がそろった」とした。

     日本ハムは佐々木を外した後、JFE西日本・河野竜生投手を外れ1位で指名。支配下7選手のうち、高校生は3位の京都国際・上野響平内野手だけ。即戦力重視となった。

     一方、阪神、巨人、オリックスは結果的に将来性重視となった。

     阪神は上位5位までが高校生の指名でこれは53年ぶり。創志学園・西純矢投手、履正社の井上広大外野手ら甲子園で活躍した選手がそろい、阪神の矢野燿大監督が「楽しみがあるじゃないの」と納得顔。大舞台での「場数」と、チームが必要としている「フィットしていくという部分」の両方を考慮した結果と明かした。

     オリックスは石川、河野を外して1位は興南・宮城大弥投手。2位も駿河総合の紅林弘太郎内野手で高校生。育成選手も最多8人を指名した。

     巨人は奥川、宮川を外して将来性にかじを切り、昨年と同じく6選手のうち5人が高校生。1位では青森山田の本格派右腕・堀田賢慎投手、2位ではJR東日本の太田龍投手を指名。原監督は「バランスのいいドラフト。将来が楽しみ?そう思います」とし、3位で指名した常総学院・菊田拡和内野手については「和真(岡本)に勝るとも劣らない」と評価した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000187-dal-base

    プロ野球のドラフト会議が今日17日、都内のホテルで行われる。最速163キロ右腕の大船渡(岩手)佐々木朗希投手は5球団の競合が予想される。各球団の1位指名は佐々木、星稜(石川)奥川恭伸投手、東邦(愛知)石川昂弥内野手、明大・森下暢仁投手の4人に集中。史上初めて全12球団が抽選に参加するドラフトとなりそうだ。


    12球団の1位指名選手予想と、くじを引く人、過去10年のくじ勝率は以下の通り。

    【巨人】

    ▽1位入札 奥川恭伸投手(星稜)

    ▽外れ1位 宮川哲投手(東芝)

    ▽くじを引く人 原監督

    ▽くじ勝率 1勝8敗(.111)外れ1位含め3球団以上競合で12連敗中

    【DeNA】

    ▽1位入札 森下暢仁投手(明大) 

    ▽外れ1位 森敬斗内野手(桐蔭学園)

    ▽くじを引く人 ラミレス監督

    ▽くじ勝率 3勝9敗(.250)入札1回目は過去10年で0勝7敗と散々

    【阪神】

    ▽1位入札 奥川恭伸投手(星稜)

    ▽外れ1位 西純矢投手(創志学園)

    ▽くじを引く人 矢野監督

    ▽くじ勝率 4勝10敗(.286)79年岡田6球団、12年藤浪4球団的中が光る

    【広島】

    ▽1位入札 森下暢仁投手(明大)=公表

    ▽外れ1位 河野竜生投手(JFE西日本)

    ▽くじを引く人 佐々岡監督

    ▽くじ勝率 3勝6敗(.333)入札1回目は過去10年で3勝4敗と健闘

    【中日】

    ▽1位入札 石川昂弥内野手(東邦)=公表 

    ▽外れ1位 河野竜生投手(JFE西日本)

    ▽くじを引く人 与田監督

    ▽くじ勝率 4勝4敗(.500)昨年主役・4球団競合の根尾を与田監督的中

    【ヤクルト】

    ▽1位入札 奥川恭伸投手(星稜)=公表

    ▽外れ1位 宮川哲投手(東芝)

    ▽くじを引く人 高津監督

    ▽くじ勝率 3勝11敗(.214)入札1回目だと09年菊池以降9連敗中

    【西武】

    ▽1位入札 佐々木朗希投手(大船渡)=公表

    ▽外れ1位 河野竜生投手(JFE西日本)

    ▽くじを引く人 辻監督

    ▽くじ勝率 3勝2敗(.600)85年清原、09年菊池、10年大石と6球団競合で3勝

    【ソフトバンク】

    ▽1位入札 佐々木朗希投手(大船渡) 

    ▽外れ1位 河野竜生投手(JFE西日本)

    ▽くじを引く人 工藤監督

    ▽くじ勝率 3勝8敗(.273)15年高橋3球団、16年田中5球団を連続的中

    【楽天】

    ▽1位入札 石川昂弥内野手(東邦) 

    ▽外れ1位 森敬斗内野手(桐蔭学園)

    ▽くじを引く人 石井GM

    ▽くじ勝率 5勝7敗(.417)12年2球団(森)、13年5球団(松井)、14年2球団(安楽)競合3連勝

    【ロッテ】

    ▽1位入札 佐々木朗希投手(大船渡)=公表

    ▽外れ1位 宮川哲投手(東芝)

    ▽くじを引く人 井口監督

    ▽くじ勝率 8勝4敗(.667)3球団以下抽選では06年以降驚異の10戦10勝

    【日本ハム】

    ▽1位入札 佐々木朗希投手(大船渡)=公表

    ▽外れ1位 宮城大弥投手(興南)

    ▽くじを引く人 川村球団社長

    ▽くじ勝率 4勝9敗(.308)17年高生最多タイ7球団の清宮をゲット

    【オリックス】

    ▽1位入札 佐々木朗希投手(大船渡)

    ▽外れ1位 河野竜生投手(JFE西日本)

    ▽くじを引く人 西村監督か福良GM(当日の顔色見て決定)

    ▽くじ勝率 1勝7敗(.125)一本釣り傾向も、くじ引きは苦戦気味…


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-10170054-nksports-base

     元楽天監督の野村克也氏(84)が13日深夜放送のTBS系「S☆1」(日曜・深夜0時)で、17日に行われるドラフト会議で1位を指名した。



     番組では最速163キロを誇る大船渡・佐々木朗希投手(3年)、星稜・奥川恭伸(3年)、明大・森下暢仁(4年)の3人のカードを用意。

     野村氏は「みんな良いんだけど…」と悩んだ末、「佐々木だな」と佐々木のカードを選択。

     選んだ理由は「真っ直ぐの質だよ」と断言。「ボールの質を見る時は、キャッチャーのミット。ミットを見るんだよ。ミットが下がらないでしょ。ボールが伸びてくると下がらないから。ミットは本当に正直だよ」と絶賛。「プロでもいないよ、こんな球投げんの」と手放しで称えると「高校時代のマー君より断然上でしょ! 本当に高校生かよ。いるんだね、こういうピッチャーが」と楽天時代の“愛弟子”ヤンキース・田中将大投手(30)を超える逸材だとした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000048-sph-base

     プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが終了し、セ・パ各球団の外国人選手が次々と帰国している。残留を願う選手やMLB復帰を視野に入れる選手など様々で、今後の球団との交渉によって去就が決まる。各球団は来シーズンに向けたチーム編成に着手しており、外国人の補強は課題のひとつ。来シーズン、チームに残留して日本球界でプレーする選手は何人いるのだろうか。外国人選手の動向に注目が集まる。

     セ・リーグをみてみると、日本シリーズ進出を決めた巨人を除いて、外国人助っ人に対する球団の姿勢が徐々に明らかになってきている。リーグ2位の躍進を遂げたDeNAは、ホセ・ロペス内野手(35)、ネフタリ・ソト外野手(30)の強打者をはじめとし、エドウィン・エスコバー投手(27)、スペンサー・パットン投手(31)、エディソン・バリオス投手(30)ら豊富なタレントを抱える。

     複数年契約を結ぶソト、パットンに関しては残留の見込みで、ロペスとエスコバーは残留の意向を示しており今後、球団と残留を前提とした交渉に入るとみられる。今シーズン1勝2敗のバリオスは、日本球界でのプレーを望んでおり、他球団の移籍も視野に入れている。筒香嘉智外野手(27)がMLB挑戦を表明し、来シーズンの戦力ダウンが懸念されるなか、外国人選手においては多くが残留する可能性が高く、戦力は維持されそうだ。

    ■広島バティスタの契約は白紙

     中日の主力外国人選手も多くがチームに留まる気配を見せる。主砲ダヤン・ビシエド内野手(30)は複数年契約を結んでいるとみられ残留の見込み。エニー・ロメロ投手(28)、ライデル・マルティネス投手(22)、ソイロ・アルモンテ外野手(30)に対しては、球団が残留を要請している模様だ。残留が微妙なのがジョエリー・ロドリゲス投手(27)。球団は複数年契約を用意しているようだが、複数のMLB球団が獲得調査に動いているという。

     阪神で去就が注目されるのが、ピアース・ジョンソン投手(28)とラファエル・ドリス投手(31)だ。今シーズン、セットアッパーとして58試合に登板したジョンソンに対して球団は来シーズンの契約を更新する方針だが、複数のMLB球団が興味を示しており残留は微妙。一方のドリスは残留を望むものの、球団は来シーズンの契約に関して明言を避けており、流動的な状況になっている。

     リーグ4連覇を逃した広島は、クリス・ジョンソン投手(35)、アレハンドロ・メヒア内野手(26)、ヘロニモ・フランスア投手(26)の3選手の残留が濃厚で、カイル・レグナルト投手(30)、ジョニー・ヘルウェグ投手(30)、ケーシー・ローレンス投手(31)の去就は未定である。また、ドーピング違反で6か月の出場停止処分を受けたサビエル・バティスタ外野手(27)が注目されるが、こちらは現段階で白紙の状態だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000010-jct-spo

    広島で“ガンちゃん”と言えば知らない人はいないほどの人気者。
    広島ホームテレビ『ひろしま深掘りライブ フロントドア』では、今シーズン限りでユニフォームを脱ぐ“ガンちゃん”こと岩本貴裕氏をスタジオに招いた。

    広島市東区牛田生まれの岩本氏は、幼い頃から生粋のカープファン。
    小学校1年で野球を始めてから、めきめきその頭角を現し、高校は野球の名門・県立広島商業高校(以下、広商)に進学。3年の時には、エースで4番として、チームを16年ぶりに夏の甲子園に導いた。亜細亜大学を経て、2008年にドラフト1位で念願の地元カープに入団。プロ入り1年目から1軍出場を果たすと、プロ2年目では、わずか2ヶ月の間にホームラン14本を放つなどの活躍で自慢のパワーを見せつけた。その後は故障にも苦しみ、出場機会の減る中、今月2日、戦力外通告という形で、今シーズン限りの現役引退を決意した。

    広島の“ガンちゃん”ゆかりの方々が、さまざまなエピソードを披露。



    ―広商の2つ下の後輩・ソフトバンク柳田悠岐選手
    「高校に入って最初に岩本さんを見た時、こういう人がプロに行くんだなと思った。常に時間を見つけてはタイヤを引いたり、練習もすごくしたり、ちょっと違うなと思った」。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00010000-hometvv-l34

     広島・野間峻祥外野手が15日、マツダスタジアムで行われた秋季練習に参加し、走攻守でのレベルアップを目指す秋として打撃練習などで汗を流した。

     今季は123試合に出場し打率・248、2本塁打、16打点。スタメン出場は昨季の98試合から、67試合に減少していた。

     「打たないと出られない。かと言って守備もおろそかにできない。守備走塁はできて当たり前」

     打撃面ではフォームやタイミングの取り方を見つめ直しており「オフまでにある程度いいものをつかみたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000121-dal-base

     広島のケイシー・ローレンス投手が自身のインスタグラムで球団やファンへの感謝の思いを綴っている。日本での思い出の写真も投稿しており、広島ファンも英語で続々とコメントしている。


     ローレンスは昨オフにマリナーズから加入。メジャー通算38試合登板の実績を誇っていたが、広島ではわずか1試合の登板にとどまった。7月3日のヤクルト戦に登板し、5回4安打4死球6失点。防御率10.80という成績でシーズンを終えた。

     思うような成績を残せなかった右腕だが、インスタでは「カープ球団、そしてファンの皆さん、今季の素晴らしい経験をありがとうございます。ここでの食べ物、人々、そして文化は、我々の中で今後絶対に忘れることはありません。サンキュー!」と投稿。日本への“愛”を綴った。

     さらに、広島のユニホームで投げる写真やファンとの記念写真、日本の風景を撮影した写真などを投稿。異文化を満喫した様子が伝わってくる。コメント欄には、日本人のファンから広島でプレーしたことに感謝する声や、来季残留を望む声もついている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00571058-fullcount-base

    <とっておきメモ>

    広島会沢翼捕手(31)が10日、マツダスタジアムで会見し、今季取得した国内FA権を行使せずに残留することを発表した。


       ◇   ◇   ◇

    会沢には「漢(おとこ)」という表現がしっくり来る。選手会長就任とともに、伸ばしていたひげをそり、襟足も切り落とした。曲がったことを嫌う。昔からそう。まだ中堅だった頃、1年目のオフに使用メーカーを変更しようと考えた、ある新人を諭した。「1年間お世話になって、メーカー担当の方に何か返せたのか? プロだから変えるのは勝手かもしれないけど、プロなら結果を残してからじゃないのか」。新人は翻意したという。

    他球団の高い評価は、本人の耳にも入っていただろう。それでも他球団から直に評価や条件を聞く機会を待たず、残留と言う形で早期決着した。「今年Bクラスになって、この悔しさを晴らすのはどこかって思ったときに他球団じゃないなって…」。先輩にも、後輩にも筋を通す漢は、球団、そしてファンにも筋を通す。会沢とは、そういう漢だ。【広島担当=前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-10100848-nksports-base

     広島の高橋昂也投手(21)が13日、復活に向けまた一歩、階段を上った。廿日市市の大野練習場で、2月に左肘のトミー・ジョン手術を受けて以降、初めて傾斜を使い投球練習を行った。

     通常のマウンドから半分の傾斜にした“ハーフマウンド”に上がると、沢崎3軍投手コーチを相手に8割の力で20球を投げた。「久しぶりだったので、すごく気持ちが良かった。思っていた以上に投げられた」と目尻を下げた。

     7月中旬にキャッチボールを再開。投げる距離を徐々に伸ばしていき、ようやくこの日にこぎつけた。リハビリは順調そのもの。今後2週間は週に2度のペースで投げる。その後は試合で使うマウンドに上がる予定だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000035-dal-base

     広島・佐々岡真司投手コーチ(52)が新監督に就任することが4日、確実となった。マツダスタジアムで鈴木清明球団本部長(65)から正式要請を受け、受諾する方向だ。早ければ週明けにも発表される見込み。担当記者の取材メモから佐々岡コーチの人柄に迫った。

      ◇  ◇

     松田オーナーが「癒やし系」と表現するように、佐々岡コーチには人を引きつける独特のオーラがある。周囲を和ませ、情に厚い。それでいて、真っすぐで芯が通った厳しさも併せ持つ。

     今季は勝っても負けても、初の開幕投手に指名した大瀬良を「エース」と言い続けた。その言葉を新聞記事などで目にした右腕は「そうと言ってもらえているのを見ると、この人のために頑張ろうと思いました」と意気に感じていた。シーズン終盤は5週連続で中5日の登板で応えた。

     ジョンソンを苦手な地方球場で投げさせるなど、遠慮しがちな助っ人も特別扱いはなし。初回KOの山口を試合中に名古屋から広島に強制帰還させる厳しさも見せた。2軍コーチ時代には直球の重要性を説いてきた。当時高卒1年目のアドゥワに対しては「オール直球デー」を設け、投球の基礎を叩き込んだ。

     満を持しての指揮官就任となる。今季は投手コーチながら、主力野手と冗談を飛ばす場面も見られた。佐々岡カラーとイズムに、期待は高まるばかりだ。(デイリースポーツ広島担当キャップ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000036-dal-base

    このページのトップヘ