広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

    【始まりの鐘が鳴る~カープ日本一への道~廣瀬純】広島のセ・リーグ連覇を祝し、カープOBで評論家の廣瀬純氏(38)が東スポ初登場。頼もしい後輩V戦士たちの素顔を秘蔵エピソードとともに振り返る。カープファン必見の新連載第1回は、今季先発の柱として大ブレークした3年目右腕・薮田和樹投手(25)だ。

     こんにちは。元広島カープの廣瀬純です。今日から僕の知る仲間たちの日本一に向けての奮闘ぶりをご紹介していきます。

     リーグ優勝や日本一になるチームにはシーズン中「救世主」のような選手が必ず出現します。今年のカープでその役割を果たしたのは間違いなく薮田でしょう。

     シーズン開幕前はあくまで中継ぎ要員の一人でした。ところが、守護神・中崎が4月上旬に腰痛で離脱すると、セットアッパーとして台頭。中崎が5月に復帰すると、今度は祐輔(野村)離脱の穴埋めとして先発に抜てきされました。このチャンスを生かした薮田は6連勝するなど好投を連発。ここまでチーム最多の14勝(3敗)をマークしました(18日現在)。薮田の先発&中継ぎという大車輪の活躍がなければ連覇は困難だったかもしれません。

     僕が薮田の存在を初めて知ったのは彼が岡山理大付高時代のこと。といっても、たまたま自宅に配車したタクシーの運転手が薮田のお母さん(昌美さん)で「ウチの息子も野球をやっているんです。高校生ですが、直球は140キロ台後半が出るんです」とアピールされたのがきっかけです。僕はその際「(チームスカウト部の)松本有史スカウトでも紹介しましょうか?」と冗談交じりに話をしました。そんな経緯もあったので、薮田が2015年に入団してきた時には「あの時の運転手さんの息子か!」と驚いたものです。

     ただ、当時の彼の印象は「体が弱い」のひと言でした。亜大時代に右ヒジを手術した不安もあったからでしょうか。1年目のキャンプでは自ら積極的に前に出てアピールをしないどころか、投げ込みも最小限。練習が始まると「痛い」「かゆい」の連続だったため、二軍で指導していた佐々岡さん(二軍投手コーチ)も頭を抱えていました。僕も脆弱な体質を認識していましたから、薮田との会話で一番多かったのは「体、大丈夫か?」だったと思います。

     体の弱さが際立った半面、目を見張るものもありました。たとえば僕がトレーニングの一環で「フレクションボール」という筋膜をやわらげるボールを使っていたら、数日後、全く同じ物を通販で購入してきました。「純さん、これって体にいいんですよね」と。元来、彼は「健康オタク」。体にいいと思うことは全て実践するタイプです。様々な体のケア、トレーニング法を取捨選択しながら、自らのコンディションを上げていきます。一軍でもコンディショニングトレーナーのサポートのもと、肩関節や股関節の可動域の確認、ウエートトレーニングなどを継続して行っています。柔軟な発想力と行動力が今の結果に結びついています。

     交流戦では、パ・リーグを代表するオリックス・金子千尋と真っ向勝負で勝利。8月12日の巨人戦でも菅野との投げ合いを制し、完封勝利を飾りました。相手エースを撃破したことで、徐々に自らの投球に自信を深めたことも大きかったと思います。

     CSでは先発3本柱の一角を担うであろう薮田には、フル回転で活躍してもらいたいです。

     ひろせ・じゅん 1979年3月29日生まれ。大分県出身。佐伯鶴城高―法大。大学時代の2000年にシドニー五輪野球日本代表を経て、同年ドラフト逆指名で広島入団。10年に打率3割、ゴールデン・グラブ賞を受賞。13年にはプロ野球新記録の15打席連続出塁をマークした。16年に現役引退。17年から中国放送(RCC)の野球解説者として活躍中。通算成績は978試合で打率2割7分3厘、51本塁打、253打点。右投げ右打ち。
    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/770194/

     広島の西川龍馬が29日の巨人戦でチームに勝利をもたらす逆転2ランを放った。

     代打での出場が多かった西川だが、8月に入ってから故障者が相次ぎ、スタメンでの出場機会が増えている。29日の巨人戦では『7番・三塁』で先発出場。1点を追う5回に一死一塁の場面で、巨人先発・マイコラスのストレートをライトスタンドの最前列に運んだ。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた石井一久氏は「鈴木誠也選手がケガをして、エルドレッドに休養を与えながら戦っている中で、西川選手はレギュラーに近いバッティングをする選手」とコメント。

     「(普段はサードで出場する)安部選手をファーストに起用して、(エルドレッド、新井貴浩などを)休ませ、シャッフルすることができる」と続け、レギュラークラスに引けを取らない活躍を見せる西川を評価した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)
    引用元 https://baseballking.jp/ns/129702

     優勝マジック1としていた広島が18日、甲子園での阪神戦に3―2で競り勝ち、2年連続8度目のリーグ制覇を決めた。リーグ連覇は古葉竹識監督時代の1980年以来37年ぶりで球団史上2度目の快挙だ。優勝の瞬間にタオルで涙を拭い、思い出の地で11度宙に舞った緒方孝市監督(48)がチームを率いて3年目。ライバルを徹底的に研究し、勝利のために非情な決断もいとわない、指揮官の素顔に迫った。

     気がつけば涙があふれていた。甲子園は自身が1988年9月17日にプロデビューを果たし、初安打初本塁打初打点を記録した思い出の地。球団史上2度目となるリーグ連覇を成し遂げた緒方監督は「心からうれしいです」と声を震わせた。

     終わってみれば今年も圧勝だった。救援陣がへばり、4番の鈴木が右足首骨折で離脱した8月こそ12勝13敗2分けで緒方政権下では1年目の2015年3・4月(9勝16敗)以来となる月間負け越しを喫したが、最後は総合力でライバルを突き放した。大型補強でV奪回を期した巨人を16勝7敗と圧倒。5月6日に9―0から逆転負けする屈辱を味わった阪神にも5~7日の直接対決で3戦連続逆転勝ちして引導を渡し、この日も横綱相撲で寄り切り勝ちだ。

     徹底的に相手を研究した成果でもある。緒方監督は「選手はもちろん、スコアラーの働きも大きい」と言う。就任3年目の今季は「欲しいデータが注文しなくても届くようになった」。対戦前の予習に多くの時間を割くようになったのは、就任1年目に当時の巨人・原監督、阪神・和田監督に“経験の差”を見せつけられたことがキッカケだったという。ナイター終了後でも録画した次カードで対戦するチームの試合を欠かさず見て手の内を研究。“おかわり”することもざらで、チーム関係者は「うちの監督は最低でも1日2~3試合やっている」と話す。

     采配や用兵の糧となっているのは試合から得るデータばかりではない。ヒットしたマンガやアニメから学ぶこともある。お気に入りの一つがアニメ「進撃の巨人」のスピンオフ作品「悔いなき選択(後編)」に出てくるセリフだ。調査兵団の団長になる以前のエルヴィン・スミスが、入団して間もないリヴァイに向けてこう言う。

    「よせ、後悔はするな。後悔の記憶は次の決断を鈍らせる。そして決断を他人に委ねようとするだろう。(中略)結果など誰にも分からないんだ。一つの決断は次の決断のための材料にして初めて意味を持つ」

     コーチに意見を求めたり、進言を聞き入れることはあっても決断は自分で下す。そうしないと失敗の責任を他人になすり付けるようになるからだ。

     一つの決断を次の決断のための材料にした分かりやすい例が、8月末のDeNA戦での守護神交代劇だろう。同22日の初戦で完投目前の野村が5―2の9回無死一塁から筒香に2ランを被弾。抑えの今村もロペス、宮崎に連続ソロを浴びてサヨナラ負け。すると緒方監督は「抑えは今村のままでいいか悩んでいたが、ハッキリと答えが出た。この先の戦いは抑えを中崎に託す」と決断した。

     抑えに戻った中崎は翌23日に1点差を守れず、24日も同点の9回にサヨナラ打されて球団初の同一カード3連戦3連続サヨナラ負けを喫した。さすがの指揮官も「(宿舎の)ホテルに帰ったら屋上から飛び降りないけんかもしれん」とショックを受けていたが、自身の決断は貫いた。結果として4日間の“リフレッシュ休暇”を与えられた今村は球威を取り戻し、中崎も抑えに定着。9月1日から9連勝するラストスパートにつながった。

     昨年は6月に家族の一員となった愛犬を「優勝」と名づけ、チームを25年ぶりのリーグ制覇へと導いた。33年ぶりの日本一を目指す今季は新たなペットとして犬かウサギを飼って「日本一の『一(イチ)』」と命名するプランまで練っていたが「遠征中に誰が面倒を見るのか」という問題に直面して断念。それでも80年以来となるリーグ連覇を達成した。

     ゲンを担がなくても鍛え上げられた選手たちが苦境を打開してくれる。黄金期に突入した赤ヘルの進撃は止まらない。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000011-tospoweb-base

     2年連続のセ・リーグ優勝を成し遂げた広島の戦力の充実ぶりについて、敗れた他球団の監督がコメントした。

     2位阪神の金本監督は「広島との差を一番感じたのは得点力だった。本塁打の数も全然違うし、足も違う。あの打線を抑え込める投手力をつけないと勝てない」と話した。

     クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う3位巨人の高橋監督は「うちは特に前半戦に苦戦した。広島の勢いのある攻撃に圧倒されてしまった。何とかCSへの出場権を得て、シーズンでの雪辱を果たしたい」

     4位のDeNAのラミレス監督は「2年連続で完璧なチーム。投手は素晴らしいし、打線も非の打ちどころがない。(けがの鈴木の)代わりの4番(松山)がより打てている」と話した。

     5位中日の森監督は「何を取ってもうちより上だった。今のチーム編成からいくと、なかなかよそが対等に戦うのは難しい状態。いいチームだと認めざるをえない」。6位ヤクルトの真中監督は「攻撃的に見えるが、二遊間を中心に守備が良く、バランスのいいチーム。全てにおいて、うちを上回った。故障者をカバーする層の厚さも感じた」とコメントした。
    引用元 http://www.sankei.com/west/news/170918/wst1709180047-n1.html

     セ・リーグは広島が2連覇を決めた。野球評論家の西本聖氏に広島の強さの理由を聞いた。

     -開幕前の予想は2位だった

     西本氏 連覇というのは簡単にできるものではないし、大黒柱の黒田が抜けた。さらに巨人があれだけの大補強をした。今季は厳しいだろうと2位にした。

     -それでもふたを開けたら巨人の調子が上がらず結果的には独走した

     西本氏 黒田が抜けてもエースのジョンソンが出遅れてもその穴を埋める若手投手がしっかり出てきた。薮田、岡田らがしっかり育ってきた印象。野手にしても鈴木誠也が故障で離脱しても松山が4番の穴をしっかりと埋めた。層の厚さというものをものすごく感じた。しっかりとしたチーム作りができているから、3連覇、4連覇という可能性もあるかもしれない。

     -広島のゲームを見て感じることは

     西本氏 「野球をやっているな」と感じる。勝つためには頭を使わないといけない。ただ打って、投げて、捕るだけでは勝てない。状況に応じた野球がしっかりできているなと思う。

     -具体的な場面は

     西本氏 14日のDeNA戦。4-4の8回表に無死満塁の大ピンチがあった。こういう場面でどうするか。投手は低めに投げてゴロを打たせるか、三振を取らないといけない。結果、二ゴロ、三振、遊直で無失点で切り抜けた。去年は菊池、田中の二遊間など高い守備力で失点を防いだイメージが強かったが、今季はさらに頭を使った野球ができているなと感じる。そこには去年の日本シリーズで日本ハムに敗れた悔しさがあると思う。

     -緒方監督の采配について

     西本氏 野球は7~8割が投手。そういう意味で先発投手に1イニングでも長くというのを感じた。投手というのは負けの中で得るものがある。次の登板につながることがある。先発が少しでも長く投げれば中継ぎ陣を休めさせることもできる。1年間の長い戦いの中で先発投手を育てるという緒方監督の意図というものが伝わってきた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00004259-nksports-base

     広島は18日、甲子園での阪神戦に3-2で勝利し、2年連続8度目のリーグ優勝を決めた。昨年に続くセ・リーグ制覇で、37年ぶり2度目の連覇を達成。試合後、優勝インタビューに応えた緒方孝市監督は、選手に「本当に頼もしい奴らだ!」と感謝を伝えた。

     広島は2-2の同点で迎えた8回にバティスタが決勝打。ジャクソン、中崎と救援陣がリードを守り、優勝を決めた。緒方監督は試合が終了した瞬間にベンチで涙。その後、胴上げで11度宙を舞った。

     第一声では「この甲子園球場というのは、自分のプロ野球選手の第一歩目の球場でした。その思い出の詰まった甲子園球場で胴上げしてだたいて、本当に嬉しかったです」と話し、その後は何度もファンへの感謝の思いを明かした。

     また、離脱者が出たシーズンについて「チームはピンチだったんですけど、若い選手がチャンスと思って何人も活躍してくれた」と感謝。勝負強い戦いの連続で「逆転のカープ」と呼ばれたことについては「諦めないんですよ、うちの選手は」と話し、最後には「本当にご苦労さん! おつかれさん! 頼もしい奴らだ、本当に!」と呼びかけていた。
    引用元 https://full-count.jp/2017/09/18/post84521/

    <明治安田生命J1:新潟2-4鹿島>◇第26節◇16日◇デンカS

     首位鹿島アントラーズが最下位のアルビレックス新潟に4-2で勝って連勝を4に伸ばした。前半に2失点したが、後半にMFレアンドロ(24)の3得点などで鮮やかに逆転した。プロ野球セ・リーグで首位を独走する広島と同じく、ベテランと若手が融合。DF昌子源(24)は残り8試合を全勝して2連覇すると宣言した。

     左腕に主将マークを巻いた昌子の口調は、普段より早口で強かった。それほど2点のビハインドを覆して得た勝ち点3は大きかった。「良い経験が出来た。チームとしても、個人としても、キャプテンとしても。これからもっと強くなれる確信を得た」。残り8節で2位川崎Fとは勝ち点6差。「このまま残り全勝で優勝する」と言い切った。

     マークの受け渡しの連係ミスから前半の2失点に絡んでいた。ハーフタイムには大岩監督からゲキが飛び、MF小笠原から「勝ちたい気持ちが新潟の方が出てる。そこで負ける」と言われ、目が覚めた。昌子は「正直、みんなフワフワした感じはあった。最初からやらないといけない」。後半4得点の逆転勝ちにも、20日の天皇杯で対戦する浦和やJ1終盤戦で対戦する上位を意識し、反省を忘れなかった。

     試合前日、昌子はプロ野球の広島と鹿島が「似ている」と言った。「ただのベテランではない、大ベテランがいる。若手とのバランスがとれていることが強さとなっていると思う」。38歳の小笠原は「(昨季引退した)黒田さんみたいに背中で男(おとこ)気みせて引っ張ってくれる」。同じ38歳のGK曽ケ端は「新井さんみたいに、若手からいじられる時もあって雰囲気をつくってくれる」。「ナオ(DF植田)は中心を担っているし(FW鈴木)優磨や(安部)裕葵の活躍が激しい競争を生んでいる」と若手への信頼も口にしていた。

     この日もベテランの言葉に刺激を受け、18歳のFW安部もドリブル突破などで好機を演出するなど鹿島は、しっかりとベテランと若手が融合している。助っ人のレアンドロには“3発”も飛び出した。広島は最下位ヤクルトに逆転負けして優勝はおあずけになったが、鹿島は最下位を退けて勢いを増した。【鎌田直秀】

     ▼ハットトリック 鹿島MFレアンドロ(24)が、16日の新潟戦(デンカS)で達成。今季J1で3度目、通算224度目。鹿島では12年10月6日の東京戦でMFドゥトラが達成して以来、5年ぶり15度目。
    引用元 https://www.nikkansports.com/soccer/news/201709170000088.html

     優勝へのマジックナンバーを「1」としている広島は15日、マツダスタジアムでの16日・ヤクルト戦が雨天などで中止になった場合でも阪神-中日戦(甲子園)が中止にならない限り、入場券を持っている人を対象にマツダスタジアムを開場することを発表した。


     15日現在の16日の広島地方の天気予報は雨。中止の可能性があるが、甲子園の試合で阪神が敗れるか引き分けで優勝が決まる。そこで球団は広島戦が中止になっても阪神戦が行われる場合、16日の入場券を持っている人を対象に開場し、大型ビジョンで阪神の試合観戦、優勝が決まれば、優勝セレモニーが行われ、観戦できる。

     なお、広島戦が中止になった場合は「9月16日(土)の入場券は払戻しとなりますので、大切にお持ちください。また、払戻し後は、マツダスタジアムへの入場、再入場はできませんので、ご注意ください」と呼びかけている。

     1991年以来26年ぶりの地元胴上げ、マツダスタジアムでの初の胴上げに王手をかけながら台風18号という思わぬ敵があらわれた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000109-dal-base

     9月14日のDeNA戦は、大接戦の末、5-4で広島が勝った。だが、優勝マジック対象チームの阪神が、これも接戦の末に巨人と引き分けたため、優勝はならなかった。残り9試合でマジック1。15日は試合がないため、優勝決定は9月16日以降となったが、広島の2年連続8回目の優勝は「当確」だ。広島は過去7回、どんな優勝決定日を迎えていたのだろうか。



     1975年10月15日、残り2試合で、2位中日との差は2.5ゲーム差。マジック「1」の広島は、後楽園球場で巨人と対戦した。超満員の観客が見守る中、広島は5回に先制したが、追加点は奪えず。1-0で迎えた最終回に、同年入団のゲイル・ホプキンスが高橋一三から3ランホームランを放ち、チーム創設25年で初優勝を果たした。投げては、外木場義郎、金城基泰の完封リレー。この年からチームカラーになった「赤」のヘルメットを被った「赤ヘル軍団」が、初めて歓喜の時を迎えた。

     1979年10月6日、残り8試合でマジック「1」の広島は、広島市民球場で阪神を迎え撃つ。2回に阪神・スタントンのソロが出て先制される苦しい展開だったが、6、7、8回と畳みかけて逆転に成功。8回1死から広島はクローザーの江夏豊がマウンドに登場し、古巣と対峙した。9回、イニングまたぎの江夏は阪神に激しく食い下がられ、代打川藤幸三、真弓明信のタイムリーで1点差に迫られるも、辛うじて逃げ切る。31000人の地元大観衆の前で、古葉竹識監督の体が宙を舞った。

     1980年10月17日、この日、広島はマジック「2」で、阪神と甲子園でのデーゲームに臨んだ。15000人とやや寂しい観客の前で、広島は6-3で阪神を下す。この時点でマジック「1」。マジック対象のヤクルトは神宮球場でのナイトゲーム。中日と対戦するが1-4で敗戦。この瞬間に広島のリーグ連覇が決まった。カープナインは広島へ帰る新幹線の中だったが、「ヤクルト敗れる」の一報を受けて山本浩二、衣笠祥雄以下のナインが、車内で優勝の雄たけびを上げる。

     1984年10月4日、マジック「1」としていた広島は横浜スタジアムで大洋と対戦。25000人の観客が見守る中、5回に2点を先制される厳しい展開だったが、6回に山本浩二が大洋の関根から逆転3ランを放った。この1点のリードを守り切って小林誠二が完投し、4年ぶりのリーグV。古葉竹識監督にとって4度目のリーグ優勝で、これが名将の最後の優勝となった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00010026-fullcount-base

    このページのトップヘ