広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     今年も「ドラフト会議」が近づいてきた。社会問題に発展した“江川事件”や巨人にフラれた清原和博の涙…幾多のドラマを生んだ運命の1日。44年前、近鉄から予想外の1位指名を受け、人生が激変したのが福井保夫さん(65)だった。



     「私も、あの日を境に運命が変わった1人かもしれません。いろんな事情が絡んだでしょうが、まさかの1位。確か11月19日ですよ」

     1974年のドラフト会議。当時は予備抽選が行われており、近鉄は全球団が欲しがる「いの一番」くじを引き当てていた。つまり“全体1位指名”。これ以上ない名誉だが、福井さんにとっては理不尽でもあった。

     この年のドラフトは制度の見直しがあり、契約金の上限が外されていた。高校生ではアイドル的人気を誇った鹿実・定岡正二を筆頭に、銚子商・土屋正勝、横浜・永川英植、土浦日大・工藤一彦がビッグ4を形成。そして何より松下電器(現パナソニック)のチームメートに、剛球右腕で断然1位候補の山口高志がいた。 「私はプロ志望ではあったんですが、どの球団が来ているのか、会社で止まっていて、私には知らされていなかった。山口さんはプロに行かないという話もあったし、契約金も高くなるだろう。それに高校生の有力どころはパ・リーグはダメという状況もあった」

     当時の松下電器には、山口以外にも後にロッテ、阪神で活躍する左腕・福間納がいた。福井さんは制球力とスライダーを武器に投手王国の一角を担っていたが、飛び抜けた存在ではない。ドラフト当日も大阪府門真市にあるラジオ事業部で普段通り従事。そんな中、思わぬ一報が入った。

     「福井保夫、投手、松下電器」。司会のパンチョ伊東さんが独特の声と名調子で真っ先に名前を読み上げた。周囲が騒然となったのは言うまでもない。

     「そりゃ、驚きましたよ。監督からはすぐに本社に来いと。電話が殺到していたのも覚えてます」。運命が変わった瞬間だった。

     契約金2000万円、年俸240万円。1年目の75年、ロッテ戦で初勝利を挙げた。81年に中継ぎとして自身最多18試合に登板も右ひざの故障が響き、以降は登板なし。83年オフにトレードで森脇浩司(現中日1軍野手チーフコーチ)とともに広島へ移籍し、翌年に引退した。あの津田恒実さんとはウマが合い「家族ぐるみで付き合いがあった」という。

     阪急を日本一に導いた剛腕・山口を差し置いて“全体1位指名”で飛び込んだプロの世界だったが、結局、目立った成績を残すことはなかった。現役生活を終えた後は、古巣に戻り6年間、打撃投手、用具係、スコアラーを兼務した。

     退団後は奈良県安堵町の商工会に入り、その経験を生かして政治家に転身。町会議員として8年目を迎え、3年前から、母校の岡山・津山商の非常勤コーチも兼任。岡山県北から悲願の甲子園出場を目指している

     「小さな町なので人に優しい町づくりを。母校には恩返しがしたいだけです」

     まだ65歳。まさかの「いの一番」指名で人生が変わった元猛牛戦士は今、異色の二刀流で猛進中だ。(デイリースポーツ特約記者・山本智行)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000037-dal-base

     広島東洋カープと埼玉西武ライオンズがリーグ優勝を果たした今季のプロ野球。両チームのキャンプ地は宮崎県日南市だ。人口5万人ほどの小さなまちはお祝いムードに包まれるが、困った問題も起きている。



     カープは1963年から半世紀以上も日南市中心部で春季キャンプを張ってきた市民になじみのチーム。2016年に25年ぶりのリーグ優勝を果たして以降、リーグ3連覇と快進撃を続けてきた。だが16年は日本シリーズで涙をのみ、17年はクライマックスシリーズ(CS)で敗退した。

     その悔しさをまちづくりに生かそうと、地元有志がJR九州と協力して「カープ愛」を表現したのが2月に完成した「カープ油津駅」。駅舎の色を白から赤に塗り替え、カープのロゴまで入った。今季こそは日本一に輝き「まちづくりにもさらに弾みをつけたい」とファンの願いは熱く、市中心部の油津商店街では優勝記念セールが開かれた。

     一方、ライオンズのキャンプ地は旧日南市と09年に合併した南郷町にある。04年から春季キャンプに来ており、埼玉まで有志が試合に出向くなど応援を重ねてきた。ライオンズ応援団副団長の菓子職人、安藤勝商さん=日南市南郷町=は「同じ市内で近いからこそ対抗心がわく。日本一になって南郷駅を青くしたい」。

     次第に表面化しつつある地域間バトル。市関係者からは「この対抗心を活用して綱引きでもして盛り上げたら」と冗談が飛ぶ。だが両チームの応援団体の事務局を務める日南市観光協会の関係者は、早くも日本シリーズでの対戦を見据えて不安を募らせる。

     例えばここ数年のカープの応援で恒例のパブリックビューイング(PV)。PVに両チームのファンが集まれば、勝って喜ぶ市民と負けて肩を落とす市民が居合わせ、気まずい雰囲気になりかねない。

     「悩ましいですが、方法を検討中です」と担当者。市民からは「ホームチームに合わせ、市中心部と南郷町で試合ごとに交互にPVをやっては」といった案や、「気持ちよく応援するために別々にPVをやろう」という声があがる。

     市役所では昼の館内放送でリーグ優勝を目指してきた両チームの応援歌を流してきたが、日本シリーズで対戦すれば、どちらを流すかは決まっていない。

     崎田恭平市長は9月、カープがリーグ優勝した際はカープのユニホームを着て市中心部のPVで市民と優勝を喜び、その3日後、ライオンズがリーグ優勝をかけてのぞんだ試合では南郷町でライオンズのユニホーム姿で町民とPVで応援。「日本シリーズはカープとライオンズが対戦する日南シリーズにしてもらいたい」と、両チームにエールを送る。

     市観光協会の広池幸治さんは「応援の事務局としては大変だが、まちが盛り上がっているのがうれしい。まずは両チームの日本シリーズ出場を願いたい」。カープとライオンズが登場するクライマックスシリーズ・ファイナルステージは17日から始まる。(稲野慎)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000042-asahi-soci

     広島・鈴木誠也外野手(24)が15日、マツダスタジアムで練習を行い、CSファイナルSへの準備を整えた。グラウンドに姿を現したのは全体練習終了後だったが、フリー打撃では92スイング中14本の柵越えを披露。自身2年ぶりのCS出場で先手を奪い、G倒へ弾みをつける。


     鈴木のバットから、次々と快音が鳴り響いた。迎打撃コーチと相対した約30分のフリー打撃。バックスクリーンに一発を放った際には白い歯をのぞかせて右拳を握る一幕もあり、ラストは左翼スタンドへの豪快弾で締めた。「(ラストと言ってから)2発目ですけどね。試合は1発しかない」。本番へ向けて気持ちを高めた。

     決戦2日前となる本拠地での全体練習に姿を現さなかった主砲だが、高ヘッドコーチは「異常ない」と強調。昨年骨折した右くるぶしの経過観察などで病院に行っていたとみられ、グラウンドに姿を現したのは全体練習終了後。それでも92スイング中14発は圧巻だった。

     13、14日のシート打撃では11打数1安打8三振。前日の全体練習後には居残り特打も行っており、「打ちやすいフォームがあれば変える。シーズン中からいいとは思っていなかった」と、現在はバットをやや動かしながらスイングに入る打撃フォームでCSに入る筋道を模索する。

     昨年のCSファイナルSは故障欠場しており、自身2年ぶりの出場となる。16年のCSは12打数1安打1打点で、雪辱を果たす時は近づいている。相手も前日に巨人と決まったが「どっちが来ても一緒」ときっぱり。普段通りの姿勢で、戦いの舞台に上がる。

     先手必勝への意思も示す。勢いをつけて相手が乗り込んでくる中、「初戦を取らないと厳しいんじゃないか思う」と重要性を説く。巨人戦は今季打率・306、9本塁打、19打点と打ち込んでおり、さらに初戦先発が予想されるメルセデスとは5打数2安打2打点で、8月10日の対戦では先制V弾もマーク。4番のバットに期待せずにはいられない。

     34年ぶりの日本一への戦い。「雰囲気に早くなじめればと思う。のまれたら負け。早くその雰囲気に慣れればいいかなと思う」と背番号51。若き主砲が大舞台でも輝きを放ってみせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000021-dal-base

     広島の安部友裕内野手(29)が14日、CSでの初安打を誓った。16、17年と計10打数無安打に終わっており、2年連続でチームの力になれていないため、今年にかける思いは強い。ヤクルトを下し、勝ち上がってきた巨人投手陣を打ち崩して、日本シリーズ行きの道を切り開く。

     安部は真っすぐ前を向いて言葉を紡いだ。過去2度のCSは、悔しさだけが残っている。「以前は空回りしてしまった。だからCSに対する思いは強い」。“三度目の正直”となる今年。結果を残してチームに貢献する意気込みだ。

     16年は3試合に出場して8打数無安打。正三塁手として出場していた17年は、リーグ優勝を決めた阪神戦で右ふくらはぎに死球。その後「打撲箇所の血腫除去」手術を受けた影響で、第4、5戦に代打で出場したのみと通算では10打数無安打に終わっている。

     今年は三塁でのスタメン出場が濃厚。3度目となる短期決戦は、平常心で臨めるかがカギになる。「積み重ねてきたものがある」。出場数や年齢を重ねたことで、これまでとは違う精神状態で臨むことができそうだ。

     この日のナイター練習中、対戦相手が巨人に決まった。今季の対戦成績は打率・188と対5球団の中で最も悪い。それでも「そこは気にならない」とキッパリ。気持ちを切り替えて打席に立つ。

     本番前最後の実戦形式となったシート打撃では、永川から左前へ運び、守備がもたつく間に二塁へ滑り込んだ。打撃状態は上向き。「シーズン中も毎試合、ヒーローになる気持ちで戦ってきた」。光り輝くための準備はできた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000035-dal-base&pos=1

     広島が11日、マツダスタジアムで全体練習を行った。

     シート打撃では田中、鈴木、メヒアが一発を放ち、17日開幕のCSファイナルSへ向けて、順調な仕上がりを示した。

     鈴木は「ケガしないことだけ。味方の選手も投げづらいと思う。(結果は)特に気にしていない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000085-dal-base

     プロ野球は13日でレギュラーシーズンが終了し、セ・パ両リーグの総観客数は2555万719人で、昨年の2513万9463人を更新し、2005年の実数発表以降で最多となった。

     セは1423万5573人(1試合平均3万3183人)で昨年を約21万人上回り、パも約20万人増の1131万5146人(1試合平均2万6376人)だった。

     広島、DeNAと西武、ロッテ、ソフトバンクは最多更新。阪神と、日本ハム、楽天、オリックスは昨年を下回った。

     平均試合時間はセが昨年より7分長い3時間19分、パは4分長い3時間18分だった。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000086-jij-spo

     【江尻良文の快説・怪説】

     セ、パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが13日に開幕。セは一時、2日前の11日に確定したCS出場チームと最終順位が一致しないおそれがあった。前代未聞の危機は回避したが、一難去ってまた一難だ。

     神宮球場で2位ヤクルトと3位巨人が対戦する、セのファーストステージ。先に2勝した方がファイナルステージに進出し、17日からリーグ3連覇を達成した広島とマツダスタジアムで日本シリーズの出場権をかけて戦うことになる。

     「仏の顔も三度まで」。仏ならぬ熱狂的な広島ファンは、3度目の挑戦となる日本一獲りに今年も失敗したら、怒り大爆発必至。それも、仮に今季限りでの辞任が決まっている高橋由伸監督率いる3位巨人に日本シリーズ出場を阻止されでもしたらなおさら、何が起こるか予測不能だろう。

     25年ぶりのリーグ優勝を達成した一昨年は、日本シリーズで日本ハムに敗れても、ファンにまだ余裕があった。「今年は四半世紀ぶりのリーグ優勝で“おなかいっぱい”。日本一は来年の楽しみに取っておけばいい」と言っていたが、昨年は様子が違った。

     ファイナルステージで3位横浜DeNAに翻弄され、セ・リーグ史上で初めて、3位からの日本シリーズ出場という“下克上”を許したことで、広島のふがいない戦いぶりのみならず、リーグ優勝チームにとって理不尽なCS制度自体が批判の対象になった。

     「2位に10ゲーム差をつけて優勝したのに日本シリーズに出られないなんて、おかしい」

     「CSを廃止するか、せめてゲーム差が2ケタの場合は、優勝チームのアドバンテージを2勝にすべきだ」

     熱狂的な赤ヘル党にとどまらず、広島OBたちからもこうした声が沸き起こった。

     今季雨天中止が異常に多かった阪神は、CS出場チームが確定する11日までにレギュラーシーズン全日程を終えられず、展開によっては「CS進出ならず、しかし最終順位は3位」という珍妙な結果になることもあり得た。そうなれば猛虎党の大反発が予想され、日本野球機構(NPB)関係者は戦々恐々だった。阪神の最下位が早々と確定し杞憂に終わったが、今度は赤ヘル党の不満爆発におびえる日々だ。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000014-ykf-spo

     広島のヘロニモ・フランスア投手(25)が13日、マツダスタジアムで行われた全体練習に合流し、自身初出場となるCSでフル回転する意欲を示した。今季途中から救援陣の一角として働き3連覇に大きく貢献。3日連続登板が最長だったが、短期決戦では4日連続以上、回またぎを辞さない覚悟だ。CSファイナルSで対戦する可能性がある巨人、ヤクルトともに相性が良い“GSキラー”がマウンドに立ちはだかる。

     決戦が刻一刻と迫る中、フランスアは本拠地のグラウンドで充実の汗を流した。コンディショニング調整のため9月30日に出場選手登録抹消され、「みやざきフェニックス・リーグ」の参加を経て合流。自身初のCSへ「楽しみ。初めてだからアドレナリンも出ると思う」と胸をたかぶらせ、決意も口にした。

     「4連投も大丈夫。イニングまたぎ?モンダイナイ」。今季は途中から中継ぎの一角として働き、救援としては45試合の登板で防御率0・81と圧巻の成績を残した。8月にはプロ野球タイ記録の月間18試合に登板するなど、3連覇に貢献。それでも「疲れてなかった。調子も大丈夫」ときっぱり。これまでは3日連続登板が最長だったが、勝利の方程式に入っている左腕はさらなる連続登板も辞さない構えだ。

     準備OKの姿勢も示す。9日のフェニックス・リーグ巨人戦で、9月28日のヤクルト戦以来となる実戦登板をこなすと、11日の同リーグDeNA戦でもマウンドに上がり、2試合で計2回1安打無失点。「対打者が久しぶりだと、コントロールがバラバラになるからね」と実戦感覚をきっちり養った。

     CSで戦う可能性があるヤクルトにも巨人にも好相性だ。ヤクルトには今季8試合で1勝0敗、防御率0・00。巨人には10試合で1勝0敗1セーブ、防御率1・10。「ヤクルトは一番怖いのはバレンティンで、ホームランか抑えるか。巨人は打者が我慢強い」と分析し、「いい打者に投げたい。勝ったらいい投手ってなるから」と意欲十分だ。

     1年前は練習生だったが、研鑽を積んで這い上がり、今やブルペンに欠かせない存在となった。「(抑える)自信はあります。自信を持てたらいい投手になれる」と頼もしい言葉を口にした鉄腕左腕。ポストシーズンでも、熱い闘志を前面にぶつけてみせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000024-dal-base

     広島は、優勝パレードを日本一を達成した場合にのみ開催することが分かり、ナインは34年ぶりの日本一へ結束を新たにした。今度こそ真の頂点に立つために、球団は決断を下した。

     「日本一にならないとしない。中途半端ではなくて、日本一になってパレードをする。そういう強い気持ちを持ってやってほしい」

     過去2年は広島市中心部の平和大通りでオープンバスに選手、監督らが分乗して、約3キロの優勝パレードを行った。25年ぶりのリーグ優勝だった16年は、41年ぶり2度目のパレードに31万3000人のファンが詰めかけた。リーグ連覇した昨季はクライマックス・シリーズでDeNAに敗れながら、約30万3000人が集まり、喜びを分かち合った。しかし、3年連続で日本一を逃すとなれば、同じように祝ってもらうわけにはいかない。悲壮な決意のもとに、短期決戦に乗り込むことになる。

     ナインにとっても感謝を伝える貴重な場。この日、マツダスタジアムでの投手指名練習に参加した野村は、「2年連続でたくさんの方が集まってくださって、ああいう形でファンに接することもできない。日本一が最大の目標だし、しっかりと勝っていくだけ」と意欲を示し、九里も「昨年もその前も悔しい思いをしている。僕もチームの勝利に貢献できるようにしたい」と決意を新たにした。

     11日の全体練習後には、ナインが一同に介しての決起集会が行われた。選手会長の会沢は「まずはCSを突破しないと日本一になれない。チーム一丸になって戦っていきましょう」と気合を注入したという。34年ぶりの日本一へ、結束も申し分ない。“祝祭”を開催してコイ党に喜んでもらう――。頂点に立たなければならない理由が、また一つ増えた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000076-spnannex-base

     2018年のプロ野球もレギュラーシーズンがほぼ終わり、セ・リーグは13日の中日対阪神(ナゴヤD)、パ・リーグは楽天対ロッテ(ZOZOマリン)の1試合ずつを残すのみ。同日にはクライマックスシリーズのファーストステージが始まり、ポストシーズンの戦いもスタートする。


     143試合を戦い抜き、長いシーズンがついに幕を閉じる。今季も数多くのドラマが起きたプロ野球だが、球界を盛り上げてくれたのが、助っ人外国人の存在。各球団で重要な役割を担った選手もいれば、開幕前に寄せられた期待ほどの結果を残せなかった選手も…。そして、シーズン途中に加入し、救世主のごとく活躍した選手もいる。

     果たして、今季プロ野球界でプレーした選手で、最もコストパフォーマンスが良かった助っ人は、どの選手だろう。今季の各助っ人の推定年俸と、今季の成績を振り返ってみたい。今回は広島が3年連続リーグ制覇を成し遂げたセ・リーグ編だ。6球団の全助っ人の成績は以下のようになる。

    ◯広島(計8人、6億9380万円)
    クリス・ジョンソン(3億4500万円)
    24試合11勝5敗0セーブ0ホールド 144.2回 防御率3.11

    ジェイ・ジャクソン(1億1300万円)
    48試合3勝2敗1セーブ25ホールド 45.2回 防御率2.76

    ジョニー・ヘルウェグ(3300万円)
    7試合0勝0敗0セーブ2ホールド 8回 防御率1.13

    レオネル・カンポス(4500万円)
    1試合0勝0敗0セーブ0ホールド 1回 防御率0.00

    ヘロニモ・フランスア(880万円)
    47試合3勝4敗1セーブ19ホールド 65回 防御率1.66

    ブラッド・エルドレッド(1億1500万円)
    38試合80打数17安打5本塁打14打点 .213 出塁率.330

    サビエル・バティスタ(2200万円)
    99試合273打数66安打25本塁打55打点 .242 出塁率.308

    アレハンドロ・メヒア(1200万円)
    22試合41打数11安打3本塁打7打点 .268 出塁率.318

    ◯ヤクルト(計6人、7億9550万円)
    デービッド・ブキャナン(1億4000万円)
    28試合10勝11敗0セーブ0ホールド 174.1回 防御率4.03

    マット・カラシティー(7800万円)
    32試合7勝3敗3セーブ1ホールド 94.2回 防御率4.18

    デビッド・ハフ(1億4700万円)
    35試合3勝6敗0セーブ7ホールド 94.1回 防御率4.87

    ジョーダン・アルメンゴ(7800万円、途中退団)
    1軍登板なし

    ジェイソン・ウルキデス(1650万円)
    5試合0勝0敗0セーブ0ホールド 5.1回 防御率5.06

    ウラディミール・バレンティン(3億3600万円)
    142試合514打数138安打38本塁打131打点 .268 出塁率.370


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00225957-fullcount-base

    このページのトップヘ