広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     ドジャースの前田健太が現地時間6日(日本時間7日)、パドレス戦でメジャー初登板・初先発し、6回を無失点に抑え初勝利を飾った。前田は日本時代、広島でプレーし長年エースとしてチームを引っ張った。

     その広島から海を渡った選手はメジャーで活躍した選手が多い。昨季8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹がその一人。黒田は07年オフにFA宣言し、ドジャースへ移籍。1年目の08年に9勝を記録すると、翌09年には日本人投手では史上3人目の開幕投手を務めた。

     メジャー挑戦3年目の10年に11勝を挙げると、11年も13勝をマーク。ヤンキースに移籍した12年は自己最多の16勝を記録し、14年まで5年連続で二ケタ勝利を飾った。

     黒田は日本時代ストレートを主体とした投球スタイルだったが、メジャー挑戦後はストレートとはほぼ変わらないスピードで微妙に変化するツーシームを軸に打たせて取る投球スタイルに変更。この球種で並みいる強打者たちをねじ伏せた。

     黒田が広島を退団した後の先発の大黒柱コルビー・ルイスは、現在もメジャーでプレーする。ルイスは08年から2年間広島でプレー。その間、2年連続二ケタ勝利、2年連続最多奪三振のタイトルを獲得した。

     09年オフに家族の健康を理由からアメリカでプレーすることを希望し退団。翌10年、レンジャーズに加入し、2年連続で二ケタ勝利をマークするなど、2年連続地区優勝に大きく貢献した。

     12年と13年は故障に泣かされ、13年はメジャー登板なし。故障が癒えた14年に復帰し、7月30日のヤンキース戦で黒田との“元広島同士”の投げ合いが実現。7回2失点でルイスが勝利投手となった。15年は、防御率こそ4.66だったが、4年ぶりに200イニングを投げ、自己最多となる17勝を記録した。今季は6日のマリナーズ戦に先発し、6回を投げ3失点に抑えている。

     野手でもすでに現役を引退しているアルフォンソ・ソリアーノが、メジャーで大活躍した。ソリアーノは96年から2年間広島に在籍。2年目の97年に一軍で9試合に出場し、2安打を記録した。

     日本では大きな活躍を見せる事ができなかったが、名門・ヤンキースに移籍しブレイク。01年にレギュラーを掴むと、02年には41盗塁を記録し盗塁王のタイトルを手にする。ナショナルズ時代の06年には「40本塁打、40盗塁」を達成。メジャー通算1975試合に出場して、打率.270、412本塁打、1159打点、289盗塁と素晴らしい成績を残した。

     巨人出身の松井秀喜、上原浩治、高橋尚成もメジャーで躍動したが、広島から海を渡った選手は長くメジャーでプレーし、活躍しているケースが多い。昨季まで広島のエースに君臨した前田も、黒田、ルイス、ソリアーノのように長くメジャーでプレーできる選手になりたいところだ。

     広島の江草仁貴投手(35)が5日、出場選手登録が8年に達し、国内FA資格取得条件を満たした。「取得できたというのはうれしいことですね。ここまで野球をやらせてもらっているカープに感謝しています」。プロ14年目、開幕1軍入りした左腕は、ここまで1試合の登板。3月30日の中日戦(ナゴヤドーム)で、九回に登板して1回を無安打に抑えている。

     権利の行使については「1軍にいさせてもらっているので、優勝するために力になりたい。(FA取得は)よかったな、ということしかないです」と広島に感謝した上で、全く関心を示さなかった。

     オープン戦5試合で防御率1.89、19イニングで18奪三振(3月30日現在)と結果を残したロサンゼルス・ドジャースの前田健太(27)は、4月6日(日本時間4月7日)にメジャー初登板に挑む予定だ。


     日本球界を代表するエースを誰よりも心配しているのが、前田の母親、幸代さんだ。

    「アメリカでどんな暮らしをしているか、体は大丈夫なのか、聞きたいことは山ほどあります。でも、あの子の結婚式でいろいろとありまして、連絡がとりにくい状況なんです……」

     2012年12月、前田はフリーアナウンサーの成嶋早穂(30)と結婚披露宴を行なった。広島カープの当時の監督である野村謙二郎氏や球団オーナーの松 田元氏をはじめ約400人が出席したが、そこには前田の親族はおろか両親の姿すらなかった。成嶋の親族は出席していただけに、参加者は疑問に思ったとい う。幸代さんが語る。

    「結婚式の進め方で私たちと健太たちの間で意見が対立したことが原因なんです。怒った健太が“そんじゃもうええわ”と日取りや場所を一方的に決め、相手方 の親御さんとも話し合えなかった。お互いの家族にも相談しながら決めるのが結婚式だと思っていたのに……私たちが欠席したので親族も誰も参加していませ ん」

     2013年9月には第一子となる女児が生まれたが、これもずいぶんと時が経ってからの報告だったという。

    「結婚式だけでなく他にもいろいろとありましてね。しばらく連絡を取り合うことを拒否されていました。私たちのほうから歩み寄って、今は年に1、2回は会えるようになりました。

     孫を抱いたのも生まれてだいぶ経ってからなので、私たちの顔を見てもおばあちゃん、おじいちゃんだとわからないでしょう。寂しいですよ。原因は若いあの 子たちの感性と古い私たちの考えが合わなかっただけのこと。でも、アメリカで戦う健太のことはこれまで以上に応援していきます」(同前)

     幸代さんは結婚式を境に完全断交の時期があったと語る。一方の前田夫妻は事務所を介してこう回答した。

    「そのような事実はございません。仕事柄、休みがないので一年に何度かしか会えませんが、この4月にロサンゼルスに招待もしておりますし、関係は良好です」

     親子仲は修復された、ということなのか。

    ※週刊ポスト2016年4月15日号

     4月。桜は満開の季節を迎え、プロ野球は2016年シーズンがスタートした。阪神・高山の先頭打者本塁打や、中日・高橋の逆転満塁ホームラン、日本ハム・大谷の2戦連弾など、各地で白熱した試合が続いている。

     3月31日はパ・リーグの試合開催はなく、セは広島・ジョンソン、阪神・メッセンジャー、巨人・菅野が開幕戦から中5日で登板した。交流戦の影響などで、4月は2連戦など変則的な日程。当然、“エース”の役割が、チームの勝敗を大きく左右する。広島・黒田は「これは個人的な考えで、古いかもしれない」と前置きした上で、エースの思い、持論を語った。

     「エースである以上は、先発完投してほしいと思いますよね。特に今の野球は分業制になってますけど。分業制だからこそね、たまにはエースが完投してリリーフを休ませてあげる。それがチームの力になっていくと思うんです」

     いくら年月を重ねても、エースの矜恃は胸にある。日本で115、アメリカで79の白星を重ねる(4月1日現在)。日本とアメリカ。「野球」と「ベースボール」を経験した上で、理想としたのは「先発完投」、「勝敗を決める投手」。体を酷使させるわけではない。1試合を投げ抜くのは、限られた投手にしかできない能力。エースとは特別な存在であるからこそ、「完投」にこだわりを持つ。

     「やっぱり今、完投する投手が少なくなっている。それが後ろの投手に負担のかかる原因。毎試合勝っていこうと思ったら、毎試合同じような投手が投げないといけない。そう考えると、エースが先発で完投してね。その試合に勝っても負けても、白黒を決めてくれるというのが、リリーフにとっても1試合ですけどね。精神的にも変わってくるんじゃないかな、と。その積み重ねがチーム力に変わっていくと思う」

     黒田自身、2001年の13完投など、最後までマウンドに立つことにこだわってきた。古巣復帰した昨季、完投は1だったが、ベンチでは何度も続投を志願した。「僕が投げることでザキ(中崎)や、大地(大瀬良)を休ませられる」と、可能な限り投球回を重ねた。「チームが求めるなら」と、フル回転をいとわない。骨身を削って、プロで20年を生きてた。

     2016年。黒田は春季キャンプから、後輩選手と積極的に言葉を交わす。他愛もない話から、時には技術指導まで。新たなエース台頭を願うからこそ、ナインに背中で語りかける。「大地もそうですし、福井もそうです。もうそろそろ、そうやっていかないといけない。7回、8回でいいや、というんじゃなくてね。僅差なら『最後まで俺がいくんだ』-というものを、そういう投手であってほしいと思います」。

     41歳。黒田は「時間は限られている」と表現する。自らに残された球数が、少ないことを自覚しているから言う。「今年に限れば、持っているものを全てさらけ出して、伝えていけることはいっぱい伝えていきたい。自分の持っているものは全て、チームに残していきたいと思いますね」。今季初登板となった3月26日のDeNA戦(マツダスタジアム)では、7回9安打1失点の粘投。日米通算194個目の勝利を手にした。耐えて勝つ-。その息吹が新たなつぼみを、満開の桜に変えていく。(デイリースポーツ・田中政行)

    <広島3-0巨人>◇2日◇マツダスタジアム

     広島新井貴浩内野手(39)が4回の第2打席に遊撃への内野安打を放ち、2000安打まで残り19本とした。


     広島球団は残り25安打から始まったカウントダウンTシャツを発表した。第7弾は背番号19の野村祐輔投手の出身地である倉敷市の「倉敷デニム」をイメージしたデザインとなっている。

    ◆広島―DeNA(25日・マツダスタジアム)

     広島・黒田博樹投手(41)が24日、下馬評を覆す25年ぶりのリーグ優勝を誓った。26日の開幕2戦目のDeNA戦(マツダ)に備えマツダで調整した右腕は、今季のチームに対する周囲の低評価に“男気”を熱くたぎらせた。

     下馬評の低さを発奮材料に変える。マエケンが抜けた今季、スポーツ報知評論家は10人中9人が広島の順位をBクラスと予想。11人中9人がAクラスを予想した昨季から、開幕前の評価は急落した。こうした声に黒田が反応。「自分自身のプレッシャーは変わらない。やらなければいけないことをやるだけ。見返したい気持ちがないといけない」と静かに燃えた。

     メジャーでの7年間も含め20年目のマウンド。「何年経験しても身が引き締まる思い。余裕をもって開幕することはない。楽しみな気持ちは一切ない。不安だけ」。開幕前に味わう独特の緊張感は、今年も変わることはない。

     昨季終了後も引退か現役続行かで思い悩んだ。ここ数年、常にラストイヤーの覚悟で開幕を迎えている。「周りの期待に応えたい。自分がどうというよりも、そっちの気持ちの方が強くなってきた」。カープ在籍13年目で最高順位は3位。ファンの悲願である優勝への思いは今年が最も強い。(角野 敬介)

     プロ野球開幕2日前となる23日に、RCC中国放送で「開幕直前!3時間生放送スペシャル Veryカープ!RCC」(後6・56)が放送される。18年目のシーズンを迎える新井貴浩内野手(39)が、8年前の阪神入りをあらためて振り返った。

     ラジオ番組「ごぜん様さま」の対談企画で、同局の横山雄二アナウンサーが新井を直撃した。8年前のオフ、FA宣言を行使し広島から阪神への移籍を決断したが、ファンを驚かせた涙の移籍会見。その真意とは何だったのか。

     会見の席で新井の心の中にめぐった思いは「もうカープに帰れない」。広島で生まれ、広島で育ち、幼い頃から広島ファン。アマ時代は無名だったもののドラフト6位でプロ入りし、広島に育てられ本塁打王を獲得するまでに成長した。

     FA宣言するべきか、残留するべきか。「おまえはFAでカープを出てはダメだろ。そんな選手じゃないだろ」そう語りかける自分と、一方で「出ていくのが怖いのか?」そう語りかける両極端の自分が存在していたという。

     退路を断ち、阪神へ移籍した後に新井を待ち受けていたのは、古巣・広島戦でのブーイングの嵐だった。バッターボックスに立ち、心の中でこう思っていた。「分かる。その気持ち分かる。ごめん…」。さらに「もし自分が選手でなく、カープファンであの時の新井という選手を見たら 絶対、ブーイングしていた」とも語る。

     広島が最後に優勝したのは、新井が入団するより前の1991年。「一番脂が乗って活躍しないといけない時にカープにいなかった。その責任は感じている。倒れても前のめりで倒れるつもりでやる」。自らのバットで25年間遠ざかった優勝をつかみ取る。

     番組では広島OBで同局野球解説者の横山竜士氏(39)がホームランに挑戦。投げるのは何と同じく球団OBの安仁屋宗八氏(71)。救援として起用されることがほとんどでプロ通算0本塁打の横山氏は果たして一発放り込むことができるのだろうか。

     その他、お笑いコンビ「千鳥」の“街ぶら”や「アンガールズ」が広島ファンの自宅訪問をするなど企画が盛りだくさん。生放送終了直後の午後10時からは、ほぼ同じ内容を動画配信もする予定。

     広島・黒田博樹投手(41)が20日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクD)に先発。シーズン前最後の登板だったが一回一死二塁で柳田に左翼への2ランを浴びた。

     また三回には3連打に失策も絡み、押し出しを許すなど4回を投げて7安打5失点(自責3)で降板。開幕カード2戦目の26日のDeNA戦(マツダ)での登板が予想されているが「全てのボールがよくなかった。限られた日数で修正していければ」と話した。

    このページのトップヘ