広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     ◇交流戦 広島4―5日本ハム(2019年6月11日 札幌D)

     セ・リーグ首位の広島は敵地で日本ハムに4―5で敗れ、交流戦通算2勝5敗と黒星先行。ロッテ、中日と並んで最下位に転落した。

     先発投手の野村が6安打5失点でプロ8年目にして自身最短となる初回KO。島内、菊池保、遠藤、中崎とリリーフ陣が無失点リレーでつなぎ、8回には3番・バティスタが5試合ぶりとなる18号2ランをバックスクリーン右に叩き込んで1点差に迫ったが、1点及ばなかった。

     また、交流戦突入後、12球団で唯一DHに安打が出ていない広島だが、この日初めてDHに入った正捕手の会沢も4打数無安打に終わり、待望のDH初安打ならず。松山の8打席、長野の4打席に続いてDH選手はこれで16打席連続ノーヒットとなった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000207-spnannex-base

     広島は11日から敵地で日本ハム、楽天と6連戦。DHとして期待された松山がまさかの体調不良で離脱する中、首脳陣は磯村嘉孝捕手(26)の優先順位を上げ、本業だけでなくDHでも先発起用する構えだ。今季ブレークし、打率・383を誇る右打者。今季交流戦では12球団で唯一DHの無安打が続いており、低調な空気を打破する打撃に期待がかかる。

     交流戦は今季もまた苦難の船出となった。西武、ソフトバンクに2カード連続で負け越し、目下2勝4敗。巻き返すには、11日からの敵地6連戦をどう乗り切るか…が重要だ。カギを握るのはやはりDH。井生スコアラーが言う。

     「最終的には首脳陣が決めることですが、ボクの中で磯村の優先順位は高いです」

     期待された松山が体調不良で離脱する緊急事態。他の候補として強打の会沢、実力者の長野、左では坂倉の名前が挙がるが、今季ブレークした26歳の評価はすこぶる高い。何しろ、47打数18安打2本塁打12打点。打率・383がキラリと光る。

     「ボクがDHなんて無いです、無いです」

     磯村は苦笑しながら首を横に振る。DHは2軍戦で経験済みだ。守備でのリズムを重視する向きには難しい役割だが、「ボクはあまり気にしない。代打の時もギリギリまでベンチ待機し、スイングをして向かうタイプなので」と強調した。

     プロ9年目。それにしても、この成長ぶりはどうだ。分岐点はあった。途中出場した5月7日の中日戦から、先発マスクを被った5月12日のDeNA戦にかけて、3打席連続で見逃し三振。バットが出なかった過程を振り返り、猛省した。

     「配球を考えたら、甘いボールを見逃していた。それからです。どんな球種でも、甘いボールを一発で仕留められるように心掛けたのは。確率は上がっていると思います」

     軽打に徹していた昨季までとは一転、「どうすれば遠くへ飛ばせるか…を考えるようになった」こと、それをスイングに取り入れていることも、飛躍の一因と言っていい。

     交流戦は3分の1を消化。DHが安打を打っていないのは広島だけだ。「走者が居なければ塁に出る。チャンスなら還す。状況に応じてやりたい」。磯村の先発起用が増えそうな敵地での6連戦。停滞ムードを吹き飛ばす一打に期待だ。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000089-spnannex-base

     29日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した山本昌氏が、広島の強さについて語った。

     開幕から5カード連続で負け越し、一時は借金8まで膨れ上がったが、5月はここまで球団記録に並ぶ月間18勝を挙げるなど、貯金は二桁の11。首位に立っている。

     山本昌氏も「4月の戦いぶりからすると、どうしたんだというぐらいの強さを見せています」と驚くほどの強さを見せる。

     その要因に山本昌氏は「ひとつは丸選手が抜けたことに慣れてきたということと、打順が固まってきたことでしょうね。田中選手を我慢して使っていましたけど、あそこを見切りをつけて、野間選手が1番に入り上位が固まった。バティスタも非常に打っていますし、鈴木誠也選手も安定しているのが強さのカギかなと思います」と分析した。

     現在の広島は1番・野間、2番・菊池、3番・バティスタ、4番・鈴木、5番・西川が固定されている。この上位打線が機能し、29日のヤクルト戦でも1点を追う5回に9番・大瀬良の安打、1番・野間が四球で無死一、二塁とすると、二死後、鈴木が同点タイムリー二塁打、続く西川が勝ち越しのタイムリーを放った。

     山本昌氏は投手陣についても「先発がそこそこ揃っています」と話すように、エースの大瀬良、床田が5勝、ジョンソンも4勝を挙げている。野村、アドゥワと先発が整いつつある。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00190275-baseballk-base

     ソフトバンクは8日、球団公式インスタグラムを更新。内川聖一外野手と広島の鈴木誠也外野手との2ショット写真を公開した。
     球団公式インスタにアップされたのは、マツダスタジアム内での1枚。内川と鈴木はガッチリ手を組み、笑顔を見せている。ハッシュタグでは「#日本生命セパ交流戦2019 #広島東洋カープ #鈴木誠也選手 #内川聖一 #自主トレ仲間 #背番号仲間」などと綴られている。

     2人は2016年1月から毎オフ自主トレを積んでいる。貴重な2ショット写真にファンも興奮だった。

    「内川聖一塾生の鈴木誠也選手ですね 背番号も一緒でーす。」

    「師弟 ぱちぱち」

    「すーてーきー!いいね。師弟関係。」

    「こういうのいいですねー」

    「良い写真ですね」

    「師弟コンビ」

    「こーいうのイイですね 試合見るのがますます楽しみになる」

     1万7000件近くの「いいね!」が押される人気の投稿となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00402196-fullcount-base

     広島に投手王国復活の予感だ。チーム防御率3・04はリーグ断トツで、防御率2点台も見えてきた。先発陣は大瀬良、野村、ジョンソン、床田、アドゥワの5人で編成。大瀬良が大黒柱として圧倒的な存在感を見せる中、“新戦力”の成長も著しい。トミー・ジョン手術から復帰した左腕・床田はすでに4勝をマーク。先発転向したアドゥワも今季初勝利をプロ初完投で飾るなど2連勝中だ。

     好調の要因は競争意識だという。今季から1軍担当となった佐々岡投手コーチは「先発が踏ん張ってくれている。床田がいい投球を続ける中で、みんなに競争意識が生まれている」とうなずく。同時に「悪ければ外す」と説明。開幕からピリッとしなかった岡田、九里を2軍再調整させたように、投手陣全体に緊張感が漂っている。

     中継ぎ陣にも“新戦力”が登場した。ラーメン好きで注目を集める新助っ人・レグナルトは開幕から16試合連続無失点を記録。連投、イニングまたぎもいとわず、大車輪の活躍だ。左腕中村恭は150キロ超の直球を連発。プロ9年目を迎え、類いまれな素質を開花させようとしている。

     楽天からトレード加入した菊池保の存在感も高まっている。マウンド度胸が光ったのは5日巨人戦(マツダ)だ。3-3の延長十一回、2死三塁で中島を二ゴロに。今季から再び使い始めたというシュートで内角を攻め、「一塁も空いていたし、当ててもいいと思った」と強気の投球で、ピンチをしのいだ。畝投手コーチも「フォークのコントロールも良い。キャンプの時よりも良くなっている」と評価は上昇中だ。

     5月に入って、打線も復調。7連勝で首位・巨人に急接近した。リーグナンバーワンの投手陣を誇るだけに、快進撃は続きそうだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)

     



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000070-dal-base

    ◆広島―ヤクルト(14日・マツダスタジアム)

     広島のカイル・レグナルト投手(30)がヤフートップの“破壊力”に驚きの表情を見せた。13日午後3時26分にスポーツ報知がニュースサイトで配信した「【広島】週7勤の男レグナルト、宝塚のラーメン食べたくて“こってり”逆取材」という記事が、同7時11分に「広島助っ人左腕 やっぱり一蘭」の見出しでヤフーニュースのトップ記事として転載。「数十万人が記事を読んだって? それはすごいよ」と目を丸くした。

     一夜明けたこの日も、記事を読んだナインや報道陣に“ラーメンネタ”でイジられた救援左腕。早速、17日からの阪神3連戦(甲子園)でも神戸市内の宿舎周辺でラーメン食べ歩きを計画した。13日の記事中、あるテレビ記者らが「一番おいしい豚骨ラーメン店」として名を挙げた「しぇからしか」(兵庫・宝塚市)は、やや遠くて構想外。だが、別のスポーツ紙記者から「宿舎の近くに『丸高中華そば』というおいしいラーメン店がある」と情報提供を受けて「味は豚骨か? そうか、ワーオ! サンキュー、君の助けに感謝するよ」。受け取ったメモを凝視しながら、踊るようにロッカールームへと引き返していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000119-sph-base

     いよいよ4日から『日本生命セ・パ交流戦2019』が始まる。

     2005年にスタートした交流戦も今年で15年目を迎える。昨季終了時点でパ・リーグが通算1040勝、セ・リーグが920勝(56引き分け)とパ・リーグが大きく勝ち越す。昨年までの14年間でセ・リーグの勝ち越しは2009年の1度しかなく、パ・リーグが毎年優位な状況となっている。

     その理由について3日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した江本孟紀氏は「野手が9人いるのと、8人いるのでは違う。これを直さない限り、パ・リーグが優位な戦いが続くと思いますね」と説明した。

     また、江本氏は「指名打者制度をパ・リーグが辞めるか、セ・リーグと指名打者のありなしを1年ごとに交代していかないと、ずっとパ・リーグが強い状態は続きますよ」と警鐘を鳴らす。

     昨年はセ・リーグのヤクルトが交流戦の勝率1位と意地を見せたが、セ・リーグが48勝、パ・リーグが59勝だった。今年はセ・リーグの球団がパ・リーグ球団に勝ち越すことができるのか…。それとも、今季もパ・リーグが強さを見せるのか…。明日から始まる交流戦に注目だ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00190716-baseballk-base

    ◆日本生命セ・パ交流戦 西武―広島(4日・メットライフドーム)

     広島ナインが2017年の交流戦以来、2年ぶりに体験した“メットライフ名物”にうんざりしていた。球場入口から一塁ダッグアウトまで計百数十段の階段を降りないとたどり着かないが、これは12球団の本拠地球場でも最高の“難所”とされる。


     小窪哲也内野手(34)は商売道具の入ったキャリーバッグを右腕でつり上げながら歩き「ええ筋トレになりますわ」と滝のような汗。ただし階段を降りきったところで右上腕にたまった乳酸が限界を超えたのか、一度、荷物を下に置いて持ち替えようとした。すると小窪に合わせて後続の歩みも強制ストップ。階段の上部からは「うわ~。止まらないで~」とうめき声が漏れてきた。

     昨オフに左膝の手術を受けている佐々岡真司投手コーチ(51)も慎重に階段を降りていた。ようやくダッグアウトにたどり着くと「問題は上りだな―」。この昇降が3日続くことに戦々恐々としていた。

     そんな中、余裕の笑みを浮かべていたのは、昨オフに楽天から移籍した菊池保則投手(29)だ。キャリーバッグを腕でつり上げるのではなく、ハンドルを後ろ手に持ちつつ、キャスターを階段にゴツンゴツンとぶつけながら滑り下ろしていた。壊れるんじゃないかと心配になるほど派手な音を立てていたが「慣れてますんで」。マウンド上ではビッチャビチャにかく汗がトレードマークだが、涼しい顔でロッカールームへと消えていった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000126-sph-base

     広島は延長11回までもつれた31日の阪神戦(マツダ)に2―1で今季5度目のサヨナラ勝ち。4連勝で5月を20勝4敗1分けで終え、球団の月間勝利数記録を更新した。

     野間のサヨナラ打もさることながら、7回無失点の先発・床田寛樹投手(24)の好投も見逃せない。守護神・中崎が9回に追いつかれてリーグトップに並ぶ6勝目は逃したが、7回を投げ切ったのは4月27日のヤクルト戦以来で完全復調をアピール。「今日は良かったです。低めに(球を)集められましたし(回の)途中で交代せずに投げられたので」と満足そうな表情で話した。

     左ヒジ手術から見事に復活した床田には「自分が打って勝ちたい」という目標がある。もともと「投球よりも打撃の方が好き」で、チームに勝ちを呼び込む打撃に並々ならぬ意欲を燃やす。

     そのための準備も万全を期している。まずはバット。用具メーカーからもらったのは4番を打つ鈴木モデル。野間からも数本もらい、昨年までチームメートだった巨人・丸のバットも「丸さんのなら打てそうじゃないですか」と関係者を通じてゲットした。同級生の鈴木には時間を見つけては打撃のコツを聞くこともある。

     人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球(パワプロ)」でも打撃に一家言を持つ。打って勝ちたいとの強い思いから、床田がパワプロでチョイスするチームは強打のソフトバンク、西武、巨人。自身がよく使う選手は西武の森や秋山といったスラッガーだという。

     この日もプロ初安打はならなかったが、5回の第2打席で四球を選び、菊池涼の中前打で二塁から一気に先制のホームを陥れる好走塁を見せた。今や左のエース格となった床田は、投球だけでなく打撃にも貪欲だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000019-tospoweb-base

     日本野球機構(NPB)は23日、マイナビオールスターゲーム2019の開催要項を発表した。

     第1戦は7月12日に東京ドーム(試合開始19:00)、第2戦は13日に阪神甲子園球場(同18:30)で行われ、パ・リーグは辻発彦監督(西武)、セ・リーグは緒方孝市監督(広島)が指揮を執る。

     ファン投票は5月24日から6月16日まで実施。また、選手間投票も併せて行われる。ファン投票の最終結果発表は6月24日、選手間投票の結果発表は6月27日、監督選抜を含む出場メンバーは7月1日に発表される。さらに7月1日から7月3日まで「プラスワン投票」を実施。再びファン投票でセ・パ1名ずつ選出する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00384727-fullcount-base

    このページのトップヘ