広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     シーズン開幕を間近に控え、オープン戦を戦う各球団で新人選手や1軍定着を目指す若手たちがアピールを続けている。広島の小園海斗内野手のように高卒ながら1軍のオープン戦に帯同している選手やヤクルトの高卒2年目の村上宗隆内野手のようにブレーク寸前の選手もいる。そんな新戦力が相手に出てきた時、チームの命運を握るのがチームスコアラーの分析だ。1987年から約30年近くプロ野球の世界でチームスコアラーを務め、2009年のWBCにも侍ジャパンのチーフスコアラーでチームに帯同した三井康浩氏に開幕までの新戦力分析のプロセスを聞いた。



     昨年まで、巨人のスコアラーや統括ディレクターとして外国人選手の獲得調査などを約30年に渡り、行っていた三井氏。チーフスコアラーにまでなった眼力に、松井秀喜氏や高橋由伸氏、阿部慎之助捕手ら巨人の名打者たちが信頼を寄せていた。

     今年は球団を離れたため、フラットな立場でオープン戦を観戦。目に留まったのはヤクルトの村上だった。

    「ヤクルトの村上選手は面白いと思いましたね。レフト方向に大きな二塁打を打った腰の動きが大谷選手(エンゼルス)のようでした。ツイスト打法なので、押しが効いて、あれだけの打球が反対方向に飛びます。内角を攻められた時に、四苦八苦していましたが、腰が開かなくなったら、いい数字を残せると思います」

     ツイスト打法とは、打つ瞬間に投手よりの方向に腰をまわすのではなく、逆方向にひねる動きを入れることを一般的に指す。巨人の阿部ら長距離打者が取り入れている。体の開きを抑えることができ、逆方向にも強い打球を打てるようになる。

     村上だけでなく、広島の小園など、新戦力の動きに目を奪われながらも、三井氏の頭は自然と“攻略法”を導きだそうと考えていた。スコアラーはこの時期、まずはどのような着眼点で選手を“丸裸”にしていくのだろうか。

    「今すぐか、それとも夏場くらいか、どれくらいで1軍に上がって来られるのかを判断します。それから能力を分析します」

     チーム内のスコアラー陣で意見を集約し、共通見解を導き出す。まずは打者を見るポイントから。

    「打席の中で選手が何を考えているのか。練習のフリーバッティングや試合で見ていれば、大体、分かってきます。技術的な部分だと、軸回転を見ます。大谷選手の場合は両方できるのですが、軸足回転で打つ“一軸”の打者なのか、後ろから前への体重移動した時に前足の股関節を軸として回転する“二軸”の打者なのかを確認します」

     その軸によって、攻め方が変わってくる。

    「インサイドをどのようにさばいているか。アウトコースはどうなのか。逆に後ろに残して打つ二軸の打者はメジャーリーグや韓国に多いけれど、インコースが弱い。そのあたりがどうなのかも見ます。それから、打者は自分の“ツボ”を持っています。得意なコースでいい当たりをする時、打球が一体、どこまで飛ぶのかも見ています」

     投手の場合のポイントはどうなのか。

    「絶対にストライクが欲しい、という場面で確実にストライクが取れるかどうかを見ます。同じシチュエーションで、その時は直球でストライクを取ったとしたら、今度は変化球でストライクが取れるかどうか。勝負できる球がどれだけあるかで1軍かまだそこまでのレベルではないかを見ています。ボールのキレとかはまだキャンプ中では出てきません。でも、捕手が構えたところにどれくらい投げられるか、制球力はその時にも表れます。ストライクが10球中、7球以上でないと上では通用しません。5球ではファームの選手と見ています」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00314310-fullcount-base

    広島の球団首脳と緒方孝市監督(50)会沢翼選手会長(30)ら1軍選手が5日、広島市内のホテルで開かれた「広島東洋カープ激励の集い」に参加した。

    深山英樹広島商工会議所会頭からは新加入の長野久義外野手に「広島を昼も夜も元気にしてもらえればと思います」と“珍激励”が飛んだ。緒方監督は壇上で「4連覇に向けて、日本一に向けてチーム一丸となって挑戦していきたいと思います」と誓った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-03050689-nksports-base

     広島県内の社会人野球チームから選抜された「社会人オール広島」とプロ野球・広島東洋カープの交流戦(県野球連盟主催)が7日、南区のマツダスタジアムであった。五回までは投手戦。後半にオール広島が2本の適時打で突き放し、5―1で勝利。対戦成績を3勝9敗1分けとした。

     試合が動いたのは六回で、オール広島は1死三塁から佐藤直樹選手(JR西日本)の右越え三塁打で均衡を破った。八回は無死満塁の好機に、原田広大選手(同)が走者一掃の適時二塁打を放ち4点差。5投手が要所を締め、二回のメヒア選手の本塁打による1失点でしのぎ、カープに6安打しか許さなかった。

     観戦に訪れた呉市の会社員、長野達実さん(62)は「カープが勝てなくて残念だが、オール広島のレベルの高さに驚いた」と話していた。【隈元悠太】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000027-mai-base

     赤ヘルの若侍が期待の星から一転、崖っ縁に立たされている。侍ジャパンに初合流した広島・野間峻祥外野手(26)がレギュラー奪取へ悲壮な覚悟を示した。

    「恥ずかしいですね」。侍メンバー選出時に笑顔はなく、合流前に野間が明かしていたのは複雑な心境だった。「出られたら自分ができることをやりたい。行くからには何かをつかんできたい」との意気込みとは裏腹に、どこか表情は硬い。それもそのはず、現在は所属チーム内での立場が危機的状況だからだ。

     昨季は主に左翼で126試合に出場し、初めて規定打席に到達。打率2割8分6厘、5本塁打、46打点を挙げ、巨人へFA移籍した丸の有力後継候補と目されていた。それがキャンプ中から続く打撃状態の悪さから評価が急落。実戦出場の機会もまともに得られず、中堅のポジションは内野が本職の西川に取って代わられている状況だ。

     野間の課題は一にも二にも打撃。首脳陣からは容赦ない言葉が飛ぶ。広瀬外野守備走塁コーチは「キャンプで特守をさせなかった意味を本人がどれほど重く受け止めてくれているのか」。東出打撃コーチも「いいスイングをして、いい打席に入る選手じゃないと試合には使えない。今の状態では…」と手厳しい。追い込まれた野間はこの日の特打後、隣で打っていた長野にスイングの軌道について助言を求めた。先輩からは「真っすぐに対しては、バットを上から出した方がいいんじゃないかな」とアドバイスされて大きくうなずいていたが…。

     東出コーチは「ちょっとのきっかけで変わる可能性もある」と“侍効果”に期待する。開幕スタメンは黄信号。初の国際舞台がラストアピールの場となる。 



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000028-tospoweb-base

    ◆オープン戦 広島―DeNA(9日・福山)

     福山市民球場が真っ赤に染まり、地方開催のオープン戦としては異例の大入り袋が報道陣に振る舞われた。

     この日の観衆は1万3345人。収容人員1万5299の球場の87%を埋め尽くした格好で、うち98%が赤いユニホームや法被に身を包んだ鯉党とみられた。

     球場関係者によると、試合開始7時間前の午前6時頃から自由席の開場を待ちわびるファンが列を作るフィーバーぶり。広島の担当記者は「大入り袋? 最高です。もらえると思ってなかった。友達に自慢します」などと感無量の表情だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000146-sph-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     巨人にFA移籍し、大ブーイングを覚悟していた丸を、まさかの拍手と歓声で迎えたマツダスタジアムの赤ヘルファン。次は“新井さん”の引退セレモニーでどんなサプライズが飛び出すか、興味津々だ。

     5日の広島-巨人戦の観客2万2572人は、平日のオープン戦ではマツダスタジアム開場以来最多記録。丸を迎える赤ヘルファンの天井知らずの関心度の高さがわかるが、意表を突いた拍手喝采とは粋な反応だった。

     地元の赤ヘルファンとすれば、その巨人との開幕3連戦の前にもう一つ“祭り”が待っている。16日のオリックス戦(マツダ)での新井貴浩氏(42)の引退セレモニーだ。老若男女を問わず一番人気のあった“新井さん”が始球式を務め、試合後にスピーチもするというのだから、ファンが狂喜し想像を絶するサプライズが飛び出してもおかしくない。

     なにしろ昨年のソフトバンクとの日本シリーズの最中、「引退撤回! 今なら間に合う新井さん」という大きな横断幕がマツダスタジアムに張られたほど。そして「代打・新井」が場内放送され、ベンチから出てくるだけでスタンドの盛り上がりは最高潮に達した。

     最強のチームリーダーと再会する赤ヘルファンの反応が、今から楽しみなような怖いような…。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000003-ykf-spo

     ドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園高=が6日、今シーズン打席に立つ際の登場曲をガールズ・エンターテインメント・グループのE-girls(イー・ガールズ)の「Diamond Only(ダイヤモンド・オンリー)にすると明かした。

     「中学3年の頃からファンですね。気持ちが盛り上がるというか、ずっと聴いていたので。この前に僕の友達がコンサートに行って、お土産にタオルを買ってもらいました。この曲をシーズン中も使う予定です」

     同グループが2014年2月にリリースした8作目のシングルでダンサブルなメロディーに「願いを叶える」「もっと輝こう」「輝ける場所を探しに行こう」とポジティブなメッセージが込められている。本拠地最初のオープン戦の前日5日の巨人戦でお披露目し、八回の2打席目には捕前内野安打を放っており、相性は抜群。4球団競合のスーパールーキーは、イー・ガールズの曲を力に変えて、マツダスタジアムでの活躍を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000570-sanspo-base

     巨人OBの槙原寛己氏(55)が7日未明放送のTBS系「今秋開幕!世界野球プレミア12 ~侍ジャパン世界一奪還へ~」で「侍ジャパン夢のベストナイン」を選んだ。

     今回はNPB所属選手限定で選出した。槙原氏が選んだベストナインは以下の通り。

     ▽投手 菅野智之(29)=巨人=

     「悩みません。国際大会でしっかり実績を残してます。日本のマウンドを守って欲しい」

     ▽捕手 甲斐拓也(26)=ソフトバンク=

     「そんなに国際大会は点が入らないですから、そういう意味では盗塁を許すというのは、非常に失点をする可能性がある。“甲斐キャノン”は国際舞台でも通用する」

     ▽一塁手 山川穂高(27)=西武=

     「4番をしっかり争うような打撃を期待しています」

     ▽二塁手 山田哲人(26)=ヤクルト=

     「言うまでもない実績。トリプルスリー3回、とんでもない選手ですよ。足も使えて打撃力もある」

     ▽三塁手 岡本和真(22)=巨人=

     「若手有望株、急成長。何とか中心を担う選手になって欲しいという期待も込めて」

     ▽遊撃手 坂本勇人(30)=巨人=

     ▽外野手 筒香嘉智(27)=DeNA=、柳田悠岐(30)=ソフトバンク=、鈴木誠也(24)=広島=

     「守りなれたところがいいと思う。(レフトの)筒香は簡単に決めました。(柳田は)左の大砲はどうしても欲しい。もっと伸びていく鈴木をライトに」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000182-sph-base

    【赤坂英一 赤ペン!!】広島が今年もまたチケット問題に揺れている。

     入場券を購入するための抽選券をマツダスタジアムの窓口で配った先月25日、約5万人が約1キロの長蛇の列をなし、JRの踏切に人があふれる異例の事態に発展。球団側が警察の指導を受け、約1万人を残して配布を打ち切り、罵声と怒号が飛び交う大騒動となった。

     ネット上には、謝罪を繰り返す球団職員に人々が「土下座せえ、土下座を!」「土下座はせんでええ! ちゃんと抽選券を配りんさい!」と食ってかかる動画が拡散。行列の中には、持病の発作で倒れ、救急車で運ばれた高齢者もいたという。

     抽選の結果は27日に発表され、今月1、2日に当選者へ入場券が販売された。球団は不正転売防止のため、大量購入者には身分証明書の提示、および転売しないとの誓約書に署名を求める対抗策を実施。それでも、販売されて間もなく、メルカリなどにチケットが出品されている。

     そもそも、広島が入場券の販売を先着順制から抽選制に変更したのは、「転売ヤー」と呼ばれる購入者を排除するため。先着順制だった昨年までは、発売日の数日前から窓口の前にテントを張る多数の“業者”が出没。順番を巡ってケンカをしたり、窓口で数百万円の札束を出し、入場券を買うのに長い時間をかけたりしていたからだ。

     しかし、抽選制に切り替えても大混乱となった揚げ句、「転売ヤー」を防ぐことができず。球団では来年に備えて新たな販売方式を検討中だが、今のところ抜本的な解決策は考案されていない。

     広島OBの達川光男氏は、「わしが子供のころ、昔の広島市民球場が本拠地じゃった時代は、試合のある日に行けばすぐに切符が買えたもんじゃ。時代は変わったのう」と話している。広島出身の私が観戦していたころも同様で、当時は練習日になると無料で球場に入ることもできたのだ。いまどきのファンにはとても信じられないだろうが。

     フェンスに駆け寄って選手を呼べば、その場でサインをもらえた。打撃練習で客席に飛び込んだ硬球をひそかに持ち帰り、自分の練習に使って腕を上げた知り合いもいる。

     昔は、そんな子供たちの中から地元の強豪高校に進み、甲子園へ行って、現実にカープに入団する選手が現れたものだ。

     ああいう幸せな時代は二度と来ないのか。私のようなオールドファンには寂しい限りである。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000005-tospoweb-base

    このページのトップヘ