広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    堂林翔太

     広島・堂林翔太内野手(27)が12日、鹿児島市内の最福寺で石原慶幸捕手、会沢翼捕手と恒例の護摩行に臨んだ。師と仰いだ新井貴浩氏は昨季限りで現役引退したが、3年連続で参加。巨人へFA移籍した丸佳浩外野手の人的補償で新加入する長野久義外野手らとの外野争いを勝ち抜き、新井氏への恩返しを誓った。また高野山別格本山「清浄心院」の住職・池口恵観大僧正(82)も鯉のプリンスの活躍に太鼓判を押した。



     法衣姿の堂林は顔をゆがめ、大きな声で経を唱え上げた。3度目の荒行参加は決意の表れだ。池口住職から「下がりなさい」と、しぐさを送られるほどの熱気を、歯を食いしばって耐え抜いた。

     「やはりきついですね。年々、気持ちを入れてやっています。また来させてもらって、まだ力があり余ってるんじゃないかと自分の中で確認できました。今年は必ず活躍できるようにしたいです」

     強い覚悟を持って約4メートルの高さまで燃えさかる炎と向き合った。師と仰いだ新井氏が現役引退。エルドレッドも退団し、丸はFAで巨人へ移籍した。一塁と外野を守る堂林にチャンス到来と思われた矢先、人的補償で長野の加入が決まった。実績十分のベテランの新加入で再び厳しい立場に追いやられたが、堂林は前だけを見つめている。

     「危機感はいつも持っている。競争は激しく厳しくなるけど、勝つしかその先はない。自分の力で試合に出られるようにしたい。いろんな人に負けないように向かっていけば勝てると思う」

     昨季は63試合の出場で打率・216、0本塁打、5打点。年下の野間や西川がブレークする中、ベンチを温める日が続いた。荒行に挑んだ過去2年はシーズンの結果に結びつかず。辞退という選択肢もあったはずだが、迷わず参加を決め、鹿児島までやって来た。

     「まだまだ足りないところがある。今までは見ての通りです。さらに力を引き出せるように。気持ちは引き締まるし、今年はやるぞ!という思いです」

     池口住職も堂林の変化を感じ取っていた。「前向きになってきている。今まではもうダメだと火に負けていたが、今日は乗り越えていた。いい成績を残すんじゃないか」。堂林へ授けた『不屈招福』『向明勝縁』という言葉には住職の熱い思いが込められている。

     プロ10年目。競争はし烈だが、一歩も引くつもりはない。「今年1年試合に出て活躍することが恩返しになると思う。そこは忘れずにやりたい」。難敵との争いに勝ち抜き、新井氏へ復活を届ける。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000021-dal-base

     大きな新陳代謝が求められる広島にとって、台頭が欠かせない選手。下水流昂と堂林翔太。2人のさらなる進化が4連覇を近づける。


    「打つしかない。試合にもっと出れるようになるにはそれしかない。それができていないから、今のような代走や守備固めでしか出られない。スタメン出場もそうだし、レギュラーなんて先の話。もっともっと打てるようになること。それだけですよ」

     11月、季節はすでに秋を迎えていた。宮崎とはいえ強い日差しに照らされるグラウンドから一歩、影に入るとヒンヤリ感じる。堂林は次の練習メニュー消化場所へ向かいベンチ裏を足早に移動していた。額には汗が浮かび、身体中からは湯気も立ち上っている。その表情は険しく、話しかけるのに躊躇してしまうほどのオーラをまとっていた。

    「課題は明白、わかっているんですよ。打てなかったら試合に出られないし、長くプレーもできない」

     かつて「プリンス」と呼ばれた面影はない。身体は一回り以上も大きくなり、表情は精悍で怖いくらいだ。

     愛知・中京大中京高時代から全国的に知られた選手。1年春から投手でベンチ入りを果たし、その後2年夏までは野手としてレギュラー出場。2年秋からはエースで4番に君臨し、3年春の甲子園はベスト8入り。そして最後の夏は全国制覇を果たし、同大会では打率.522、12打点、6二塁打と打ちまくった。当時バッテリーを組み、のちにカープでチームメートとなる磯村嘉孝は、「とにかくずば抜けてましたね。投げることも打つことも」と語っている。

     09年ドラフト2位で広島入団。「背番号13」は当時MLBのスター選手だったアレックス・ロドリゲスを目指せ、と大きな期待をかけられた。プロ入り後は2軍で鍛錬を積みながらも、1年目のフレッシュオールスターでは本塁打を放つなど、才能の片鱗を見せつける。そして3年目の12年、「7番・三塁」で1軍開幕を迎え、年間を通じて試合に出てチーム最多の14本塁打。オールスターゲーム出場を果たしオフには野球日本代表「侍ジャパン」にも選出され、当時の野村謙二郎監督から大きな期待を受けて、現役時代につけた「背番号7」を譲り受けた。

     しかし、当時から三振の多さ、得点圏打率の低さが目立ち、守備でも失策が多かった。実質1軍2年目の13年は外野手にも挑戦。試合出場数増加を目指すも、夏には打席での死球で左手を骨折して戦線離脱。その後はレギュラーではなく、代打や守備要員で試合出場を目出す立場となった。

    「もともと一本気というか、頑固なところもあるんですよ。見た目は優しい感じですが、そんなことはまったくない。だけどプロ入り以来、出だしは少し良かったけど、それからうまくいっていない。本人としても迷いがあると思う。そういう弱さを打ち破って、自分の信じたことを貫いてほしい。そうすれば結果にも出てくると思う」 

     堂林を常に気にかけ、練習に徹底的に付き合っているのは迎祐一郎打撃コーチ。自身も高校時代42本塁打を放つスラッガーで、99年ドラフト3位でオリックス(当時ブルーウェーブ)入団。3年目の04年にはプロ初本塁打を放つなどレギュラーとして期待されたが、その後は主にバックアップとなる。10年に広島移籍も、14年シーズンでユニフォームを脱いだ。プロ生活15年での本塁打数は2本に終わってしまった。

    「もっと頑固になって良い。色々な人からアドバイスを受けるのは良いことだけど、それを全部、受け止めてしまう。だから何が自分に一番適しているのか迷ってしまう。言葉は悪いかもしれないけど、自分に向かないものは聞き流す。それくらいのことをしないと、プロでは生き残っていけない。それは口を酸っぱくして言っています」 

     この秋からは迎コーチとともに打撃フォームのマイナーチェンジにも取り組んでいる。時間の経過とともに形になりつつあり、新シーズンの訪れを待ち望んでいる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00267222-fullcount-base

     広島県呉市内のホテルで16日に行われたトークショーに田中広輔内野手(29)と堂林翔太内野手(27)が参加した。

     堂林は、「よく家に遊びに来ます」という同僚の鈴木に長男がなつき、「セイヤ」と下の名前で呼んでいるエピソードを披露。すると、田中も優勝旅行のハワイで、堂林の長男から「セイヤ」と呼ばれたことを明かして、会場からは爆笑が起きた。

     西川にも「セイヤ」と言ったそうで、「息子はみんなを“セイヤ!”と呼んでいました」と苦笑いだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000106-spnannex-base

     広島・田中広輔内野手と堂林翔太内野手が16日、広島県呉市内で行われたトークイベントに参加した。

     質問コーナーでは「カープ選手の中で、付き合うなら誰?」と聞かれ、田中は「堂林」と回答。「顔もいいし、性格もいい」と続けた。堂林は「一岡さんです。優しいし、ほっこりします」と話していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000057-dal-base

    田中も護摩行!? 広島田中広輔内野手(29)が16日、広島呉市内のトークイベントで共演した堂林翔太内野手(27)からの護摩行の誘いを受けた。

    トークショーでは護摩行の話になると堂林は「キャンプの前にメインイベントがある。カウントダウンが始まっている。初めて行ったときに炎とともに天に上がっていくのかと思いました。痛みを通り越して、意識が飛びそうでした」と熱弁。隣で聞いていた田中に「新井さんが辞められて、1枠空いているので、どうですか?」と振ると、田中は「丁重にお断りします」と即答。その後、再び司会のアナウンサーから振られても「大丈夫です」と笑顔で交わした。

    田中は来季の目標に「4年連続フルイニング出場は大前提。すべての数字でキャリアハイを残したい。チームとしては4連覇、日本一になれるように、貢献したい」と熱く語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00420424-nksports-base

     元TBSアナウンサーの枡田絵理奈(32)が7日放送の関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。夫で広島の堂林翔太内野手(27)との結婚生活について語った。



     14年12月に結婚してからは広島に拠点を移した枡田アナは「知り合いは1人もいない状態で広島に行ったのですごく不安で。妊娠もちょうどその時期にしたので、産婦人科の『母親学級』に行った時に隣の席に座った方に私、広島に引っ越してきたばかりで友達がいないので友達になってくれませんかって言ったりしていました」と当時を回顧。

     夫の堂林については問われると「ケンカは付き合ってから1度もしたことがない。年の3分の1は家にいないので、(家に)いてくれることがありがたい。私も頑張っていることを分かってっていう気持ちもあるんですけど、『本当にありがとうね』って言ってくれるので心が癒される」とのろけたが、「ちょっと体調が悪いだけで自分で病名を調べて、かなり大げさな病名をつけて『俺は終わりだ…』みたいな感じになったり、『絶対に熱がある』って言って計ったら37度1分みたいな」と“不満”も。「(自分は)子育て中にちょっと熱っぽいかなって思ったら39度とかあったことも」と訴えていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000102-spnannex-base

    【赤ペン!赤坂英一】広島3連覇を花道に今年でユニホームを脱ぐ“新井さん”に、何か心残りはないのか。
     2015年に広島に復帰して以来、彼がいかにも歯がゆそうにこんな話をしていたことを、私は覚えている。

    「堂林を見てると、昔の自分を思い出すんです。僕とかぶってる部分が多いでしょ。同じ右打ち、同じ長距離打者で、入団してからずっと期待されてる。なのに、なかなか結果を出せない、というところまで似てるから」

     かつて甲子園のアイドルだった堂林もすでに入団9年目。いまだ一軍に定着できず、後輩の鈴木や野間にも差をつけられている。周囲でささやかれる限界説に、新井はこう反発した。

    「いや、堂林自身の打撃は昨年、一昨年に比べるとものすごく伸びてるんですよ。技術的な面ではかなりレベルアップしてる。ただね、カープには伸び盛りの選手が多くて、周りが堂林以上に力をつけてる。それでなかなか控えから抜け出せないんですよね」

     堂林に“新井道場”への入門を勧めたのは、石井琢(現ヤクルト)、東出の両打撃コーチだった。広島が優勝を逃した15年オフのことで、堂林は新井の元に日参。新井にもらったバットを振り、新井と同じジムに通い、自主トレ中は鹿児島の最福寺に同行して護摩行にも挑戦している。

    「僕が無理やり引っ張ってったんじゃなく、堂林のほうから連れてってください、と言ってきました。ちょっと打撃を見てほしいとか、アドバイスをお願いしますとか、彼はとにかく熱心で純粋で、真面目で真っすぐ。だから、見ていて手を差し伸べたくなるし、教えていてもつい熱が入っちゃうんです」

     ファンならよく覚えているように、そう語る新井の打ち方は非常に独特だった。野球用語で「ヘッドを入れる」フォームで、バットを立てずに先端を投手の方に向けて構える。あの豪快な打ち方を堂林が会得したら、どれほどすごい打者になるか、新井自身も首脳陣も期待して見守っていたのである。

    「ただね、最初のころは僕もバットを立てて構えてたんです。いろんなものを取り入れていくうち、だんだん今の形が出来上がった。打撃は奥が深いですよね」

     CS、日本シリーズでも、新井ならではの奥深い打撃を見せてほしい。それを堂林ら若ゴイに受け継がせるためにも。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000032-tospoweb-base

     「阪神6-11広島」(24日、甲子園)

     広島・堂林翔太内野手が決勝点につながる大仕事を果たした。


     同点の九回無死二塁で代打出場。難しい場面の中、ドリスの内角高め150キロ直球をバントでうまく三塁線へ転がし、右腕の悪送球を誘った。一塁側ファウルゾーンを転々とする間に二走・西川が生還。「ドリスがバント処理できないのは頭に入っていた。来た球に対して素直にいきました」と納得の表情を浮かべた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000137-dal-base

    このページのトップヘ