広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    堂林翔太

     広島堂林翔太内野手(25)が16日、広島・廿日市市の大野練習場で行われた合同自主トレに参加した。


     13日までの護摩行で鼻や額にはやけどの痕が残る。「キャンプに向けて本当に気が引き締まった。こんなにきついことが世の中にあるのかと思った、きつい3日間でした」。弟子入りを願い出た新井に同行した苦行を振り返った。

     この日のフリー打撃では快音を響かせ、昨季途中から得た好感覚を持続させる。「(キャンプインの)2月1日からやれるところを見せないといけない」。定位置奪取へ向け、ここまで調整は順調に進んでいる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-01766205-nksports-base&pos=1

     広島堂林翔太内野手(25)が11日、鹿児島市内の最福寺で護摩行に臨んだ。座った自分の顔よりも高い、約3メートル燃えさかる炎の前で、不動真言を絶叫した。
     苦しみの先に光がある-。そう信じて、弟子入りした新井貴浩内野手(39)が毎年続ける護摩行に同行した。炎の威力に顔はゆがみ、呼吸が整わず、声も出てこない時間もあった。紅潮した顔からは汗が噴き出る。それでも、行の前に新井から言われた「向かっていけ」という言葉を思い起こしたように、堂林は声を張り上げ、不動真言を唱え続けた。炎へ1歩も引かぬ姿は、不退転の覚悟で挑む今季への決意の表れだった。

     新井のほか、石原慶幸捕手(37)、会沢翼捕手(28)も護摩行に臨んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-01763866-nksports-base

    <2017年イチオシ選手:広島堂林翔太内野手>

     広島堂林翔太内野手(25)にとって、新たに迎える2017年は勝負の1年となる。16年は12年以降、最少となる60打席にしか立てず、25年ぶり優勝を心から喜ぶことができなかった。ハワイ優勝旅行を辞退し、オフはほぼ毎日トレーニング。しかも元日から始動。不退転の覚悟で迎える新年だ。

     16年2月。石井琢朗打撃コーチら3人の打撃コーチ陣により、明確なビジョンを持って春季キャンプを過ごすチームメートを横目に苦しんでいた。出遅れはシーズンに影響した。開幕1軍を逃し、1軍に上がっても途中出場が目立った。自分の打撃をなかなか見つけられない時間が堂林を苦しめた。

     ようやく光が差したのは、シーズン終盤。ときを同じくして、堂林は同じ右打者の先輩、新井に弟子入りを志願した。「今年もそうだけど、来年やらないといけない。どこまでもついていく覚悟です」。目の前で燃え盛る炎の熱さに耐えながら不動真言を唱える護摩行への参加も即答する姿勢に、新井も首を縦に振るしかなかった。シーズン中にも試合前にマンツーマン指導を受ける日があったように、年明けとともに新井、堂林の師弟も本格的に動きだす。今では構え、フォームまで似てきた。堂林が師の背中を追い、覚醒へ全力を注ぐ。【広島担当=前原淳】


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-01756959-nksports-base

     仕事納めを迎え、広島の松田オーナーは「ものすごい1年だった。一つの区切りがつき、肩の荷が降りた」と、25年ぶりのリーグ優勝を果たした今季を総括した。

     連覇を狙う来季に向けては「チャンピオンとして恥ずかしくない戦いを続けることが重要」と強調。キーマンには福井、堂林を指名し、前者には「コンスタントに10勝」、後者には「長打と勝負強さ」を期待した。約1億円を投じた球場トイレの改修にも言及。「照明を明るくし、ラジオの野球中継が流れるようにする。快適性を少しでも高めたい」と語った。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000018-spnannex-base

     広島・堂林翔太内野手(25)が21日、「勝負」と位置づける来季に向け、1月1日から自主トレを始める決意を明かした。

     元日始動がプロ8年目で初なら、広島で年末年始を過ごすのも初。好感触を得るフォーム固めと体力強化を主に無休で汗を流す構えだ。

     「いい感覚をキープできている。もちろん、元旦から動くつもりです」

     9月末に意を決し、新井への弟子入りを志願。今オフは、午前中にマツダで打ち込むなどして技術を磨くと、午後にはベテランも通う広島市内のトレーニングジムで強化運動に取り組む。一連の練習終了後には必ず、鏡の前で50回程度スイングするのが日課だ。

     「今はスイングを大事にしている。ダラダラやらず、1回1回を集中して。新井さんにも会えば見てもらっています」

     チェックポイントはトップの位置。「体の中に(バットのヘッドが)隠れないように」。ギリギリまで球を引きつけ、一気に爆発させる。その姿態はまるで新井だ。「そこまで意識していないけど、似ているとよく言われる」のもうなずける。

     リーグ連覇が懸かる来季。首脳陣は堂林への期待感を隠さない。緒方監督が「新戦力としてチーム内競争に顔を出してほしい」と言えば、石井打撃コーチも野間と堂林をキーマンに指名し、「2人がどう食い込んでくるか楽しみ」と語った。

     「来季が本当の勝負になると思います」

     再び脚光を浴びるか否か…の分岐点。一念発起した堂林に注目だ。 (江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000052-spnannex-base

     広島の堂林翔太内野手がもがいている。7年目の今季もレギュラーには定着できなかった。


     今季は47試合の出場にとどまり、打率.250、2本塁打、2打点。出場試合数こそ前年を上回ったが、打席数(60)、安打数(14)は1軍での出場機会を得た2012年以降では最少の数字に終わった。期待に成績がついてきていない。

     言わずとしれた甲子園優勝投手。中京大中京高の4番・エースとして2009年の夏の甲子園で優勝。高い打撃技術を買われて内野手として同年ドラフト2位で広島に入団した。

     入団3年目の12年にブレイク。「7番・三塁」で開幕スタメン出場し、オールスターにも選出。野手として球団史上最年少の20歳での出場だった。この年は全144試合に出場。チーム最多となる14本塁打を放った。

     特に当時は「飛ばないボール」。リーグでも6位タイの数字で、将来の4番候補としての大成を誰もが疑わなかった。


    引用元  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00010008-fullcount-base

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(21)=慶大=が14日、同期入団の5選手とともに、広島市内のマツダスタジアムや2軍寮などの施設を見学した。

     小雨が降る中、本拠地のマウンドに立った右腕。前日の入団会見とは異なり、リラックスした様子で感触を確かめた。「すごいきれいな球場。スタンドとも距離が近くて熱気がすごそう。きょうはシートがかぶっていましたが、あそこで投げないと始まらない」と気持ちを高ぶらせた。室内練習場では、練習に訪れていた堂林にあいさつした。

     15日に広島を出発。東京へ戻りジムなどで汗を流し、1月の新人合同自主トレに向けて準備する。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000066-dal-base

     広島・堂林が、自身初となる外野用グラブをミズノ社にオーダーした。

     「ポジションにこだわりはない。出ることが最優先ですから」と3年ぶりの外野への本格転向に意欲を見せた。今秋キャンプで三塁から左翼にコンバートされた。来季は左翼を野間らと争うことが濃厚で、パワーアップのため、肉体改造にも着手。1年前は90キロを割っていた体重は93キロまで増量。兄貴分のドジャース・前田は「下位(打線)で20~30本打つと投手は怖い」とハッパをかけた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000033-sph-base

    このページのトップヘ