広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野手

    「広島との差は当分、縮まらないかもしれない」 ライバル球団のコーチは、首位を独走する広島についてこう言った。

     7日の中日戦に快勝した広島は、最短で9日にも優勝マジックが点灯する。もはや3連覇を疑う余地はない。ライバル5球団とここまでの大差がつく要因として、このコーチは、「選手層の厚さ」を挙げる。

    「野手の戦力はセで群を抜いている。中心選手の丸、菊池、田中は『89年世代』で28、29歳。主力にケガ人が出ても代わりの選手が穴を埋められる。丸や鈴木がケガをしたときには野間が出てきた。バティスタ、メヒアも助っ人とはいえ、ドミニカ共和国のカープアカデミーで育てた自前の選手。ベンチスタートが多い西川、下水流なんて、他球団ならレギュラーを張れますよ」

    ■足を使える選手が多い

     広島の主力は本拠地はもちろん、遠征先でも若手に交じって早出練習に取り組んでいる。控えや若手は主力に追いつけ追い越せと、必死なのだ。

    「今年の丸をはじめ、今後は主力が次々とFA権を取得する。もし万が一、彼らが移籍することになっても、ある程度は穴を埋められるでしょう。20歳前後の若手有望株がウジャウジャいますから」とは広島OB。

    「大学、社会人選手とは別に、高卒選手をしっかり育てている。2年目右腕のアドゥワはオープン戦の好投が認められて開幕一軍に抜擢され、すでに戦力になっている。先日、プロ初セーブを挙げた3年目左腕の高橋樹や、2年目左腕の高橋昂、捕手の坂倉も1~2年もすれば、一軍の主力になるでしょう。鈴木や中崎などは高卒4年目に急成長を遂げている。広島は二軍で結果を残した選手を必ず一軍で起用する。そこでもし結果が出なくても、二軍で鍛え直す。4~5年をかけて一軍戦力に育てる方針は脈々と続いています」

     別のセ球団の野手コーチはこんな指摘をする。

    「広島は足を使える選手が多い。単純な足の速さはもちろん、走塁に隙がない。技術や意識、意欲が高いのです。ウチを含めて5球団はそこが足りない。たとえば今年のドラフトで、大阪桐蔭の藤原君のような足がある選手を獲得しても、1年目から一軍でバリバリやれる選手は少ない。育成に時間がかかることを考えると、あと3年は広島の優位が続いてもおかしくない」

     巨人などライバル球団の多くは育成に苦慮している。セの「広島王国」はしばらく続きそうだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000023-nkgendai-base

     第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)が8月5日に開幕した。横浜高校出身の広島・下水流昂外野手(30)は3年春にセンバツ大会を制し、同年夏の甲子園にも出場。今季は勝負強い打撃でチームに貢献。鯉のサヨナラ男が、名門で過ごした3年間を振り返った。

     甲子園春夏連覇を目指した3年の夏は一瞬で幕を閉じた。“佑ちゃんフィーバー”に沸いた2006年、大会初日から横浜-大阪桐蔭の名門対決が実現した。いきなりのビッグカードに注目が集まる中、横浜は中田(日本ハム)を擁する大阪桐蔭に6-11で敗退。同校では98年以来の連覇の夢は断たれた。

     「連覇していたら、すごいことになっていたかもしれないですけどね。(相手は)強かったです。プレッシャーはなかったんですけど、力負けです」

     まさかの初戦敗戦だった。同年春の選抜大会では強豪校を次々と破り8年ぶりに優勝。1回戦で履正社に勝って勢いづくと、2回戦は八重山商工の大嶺、続く3回戦は早実の斎藤らプロ注目右腕を打ち崩した。下水流も大暴れだ。斎藤から2安打を放ち、岐阜城北との準決勝から4番に座った。清峰との決勝も21-0の大勝。一気に頂点に駆け上がった。

     それでも「春の優勝より負けた試合がすごく印象に残っている」という。「開会式をして3試合目で。次の日には帰っていました。夏休みは長かったですね」と当時を苦笑いで振り返った。

     名門横浜では刺激的な3年間を過ごした。同期に福田(中日)、佐藤(元日本ハム)、1学年下に高浜(元ロッテ)がおり、2学年上に涌井(ロッテ)、石川(DeNA)、2学年下にも土屋(元DeNA)と倉本(DeNA)らがいた。まさに猛者ぞろいで、レギュラー奪取も簡単ではなかった。転機は内野から外野への転向だ。同時期に打撃が開眼し、2年秋の新チームになって、ようやく定位置をつかんだ。

     名将・渡辺監督(現終身名誉監督)の教えは今も心に刻まれている。厳しさの中に優しさがあり、技術的なことより「精神的な話」が多かったという。下水流は「人としてどうか、今の人格形成のベースになっています」と感謝を口にする。

     高校卒業後は青学大に進学。社会人ホンダを経て、2012年度ドラフト4位で広島に入団した。「(高校時代は)うまくなかったので今ここにいることがラッキーです」と笑うが、今やすっかり鯉のサヨナラ男だ。4月19日ヤクルト戦で初のサヨナラ打を放つと、7月20日巨人戦では九回2死一塁から劇的なサヨナラ2ラン。仕事人ぶりを発揮し、3連覇のムードを高めた。「一番甲子園に行く可能性があると思った。あこがれもありました」。横浜で過ごした3年間が、神がかり的な勝負強さを見せる下水流の原点だ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000057-dal-base

    ◆ヤクルト3―6広島(31日・神宮)

     広島がヤクルトを突き放し、今季最多の貯金17に戻した。自力Vの可能性を残す阪神、DeNAも敗れたため、8月2日にもマジック42か43が点灯する。

     4回に適時三塁打、8回に3号2ランを放った安部は「つなぐ気持ちでいきました。速いボールに合わせていった」と振り返った。

     これまでのマジック点灯の球団最速は昨年の8月8日。過去2年を上回る勢いで、3連覇に突き進んでいる。6回に決勝二塁打を放ったバティスタは「チャンスだったし、とにかく前に飛ばせば何とかなると思った」と満足げな表情を浮かべていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000283-sph-base&pos=5

     ソフトバンクへのトレード移籍が決まった広島美間優槻内野手(24)が22日、マツダスタジアムで取材に応じた。

     「まさかという感じ。ソフトバンクは去年も優勝したし、カープ同様に強いイメージ。カープで優勝に貢献できなかったので、ソフトバンクで優勝に貢献したい。寂しさはあるけど、逆に言えばチャンスをもらえたとプラスに考えたい。難しいかもしれないが、スタメンを勝ち取れるくらいに頑張りたい」と意気込んだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00276404-nksports-base

     首位・広島は、本拠地・マツダスタジアムで行われた2位・巨人との3連戦に3連勝し、ゲーム差を8に広げた。さらに貯金も今季最多の15とした。

     ニッポン放送ショウアップナイターの解説者が口にしていたのは、首位・広島の選手層の厚さだ。第2戦、エース・菅野智之を打ち崩し7-5で勝利した試合の解説を務めた江本孟紀氏は、「こういう試合で(ヒーローインタビューが誰か)パッと分からないくらいみんながヒーローなんですよ。西川だってそうでしょう。野間もそうだし、一人だけ目立つようなチームじゃダメなんですよ。(強さの)象徴的なんですよ」(21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』)とチーム力の高さを絶賛。

     6点ビハインドを跳ね除け8-6で勝利した3戦目の解説を務めた野村弘樹氏も「アドゥワと若い力を含めて、チーム一丸で6点差をひっくり返したわけですからね。強い。底力がありますよね」と語った。

     江本氏、野村氏が話したようにこの3連戦では田中広輔、丸佳浩、鈴木誠也といった主力の活躍だけでなく、初戦でサヨナラ2ランを放った下水流昂をはじめ、3戦目に0-6の4回途中から登板し2回2/3を無失点に抑えたアドゥワ誠、さらに野間峻祥、西川龍馬といった脇役の選手たちの働きも大きかった。守備でのミスはこの3連戦何度かあったが、選手個々が自身の役割を理解し、チーム一丸となって戦った。選手層の厚さ、点差以上に広島の強さが際立つ3連戦だった。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00159870-baseballk-base

     ソフトバンクの曽根海成内野手(23)が広島に移籍することが22日、決まった。美間優槻内野手(24)との交換トレードが成立し、同日に両球団から発表された。


     曽根は京都国際高から育成ドラフト3位で14年にソフトバンク入団。17年3月に支配下登録され、1軍で2試合に出場した。同年のフレッシュオールスターゲームでは育成ドラフト出身選手として初のMVPを獲得。今季は1軍出場はないが、2軍で39試合に出場し打率3割1分6厘をマーク、本職の二塁、遊撃手だけでなく三塁や外野も守っていた。

     入団1年目のオフ、球団納会で体を張って盛り上げる曽根の姿に着目したのが同会にゲストで来場していたソフトバンクファンのタレント間寛平だった。「後援会長」を名乗り、連絡を取り合う仲になった。

     曽根は球団を通じ「聞いたときは驚きと寂しさがありましたが、強いカープでプレーできるのはチャンスだと受け止めています。育成からここまで成長させてくれたホークスファンの皆様、1、2、3軍の監督・コーチ、選手、スタッフの方々には感謝の言葉しかありません。広島で活躍することが一番の恩返しだと思いますので、1軍で活躍できるよう頑張ります」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00010026-nishispo-base

     ◇セ・リーグ 広島10―9巨人(2018年7月20日 マツダ)

     両チーム合わせて6本塁打が飛び交った広島―巨人戦に決着をつけたのは広島・下水流のバットだった。8―9と1点を追う延長10回、2死一塁という場面で右打者の下水流が右翼スタンドへ劇的なサヨナラ2ラン。序盤の7点リードをひっくり返され、8―8で延長戦に突入した試合を最後の最後でものにした。



     チームメートから手荒い祝福を受けた下水流は記憶にないというサヨナラ弾に「まさかプロの舞台でできるとは思っていなかった。最高です」と驚きつつ満面に笑みを浮かべた。

     広島が最大の被災地となった西日本豪雨のため、この日は16日ぶりのホームゲーム。「何とか皆さんに勝利を届けられるようにチーム一丸となってやって、最後にこうして勝利の報告ができて本当に良かった」と下水流。「いま本当に大変だと思いますが、ともに…一緒に戦っていきましょう」と声を張り上げた。劇的な勝利でマツダスタジアムでの対巨人戦は10連勝。そして、この日は1993年に脳腫瘍のため32歳の若さで亡くなった“炎のストッパー”津田恒美さんの命日でもあった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000211-spnannex-base

     「DeNA1-15広島」(1日、横浜スタジアム)

     広島・上本が今季初安打を放った。九回1死一塁の場面で6番手・砂田から中前打をマークした。


     「勢いです。こういう時じゃないと打てない。打ったことより、打席に入る責任を果たせたことが良かった」

     この日は代走から途中出場し、左翼を守った。鯉のムードメーカーが大勝の中でキラリと存在感を示した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000117-dal-base

    このページのトップヘ