広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    野手

     広島の緒方孝市監督は27日に行われた『セ・リーグファンミーティング2017』で、「三塁手のペーニャ。開幕の登録は外れます」と明言した。

     今季から広島に加入したペーニャはオープン戦、三塁を中心に16試合に出場して、打率.262(42-11)を記録。緒方監督は開幕を二軍で迎える理由について「外国人枠の関係」と説明した。

     広島の支配下登録されている外国人をみると、投手は開幕投手が内定しているジョンソン、セットアッパーのジャクソン、昨季先発とリリーフの両方をこなしたヘーゲンズ、新外国人のブレイシア、野手は昨季チーム2位の21本塁打を記録したエルドレッド、それにペーニャの6人体制となっている。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://baseballking.jp/ns/109823

     昨季限りで現役を引退した元広島カープの広瀬純氏(37)が24日、東京・銀座の広島ブランドショップ「TAU」で行われたトークイベントにゲスト出演した。

     この日のテーマは「マツダスタジアムの魅力を伝える」で、広島県の「魅力ある建築物創造事業」情報発信イベントとして行われ、抽選で選ばれた約50人が参加した。広瀬氏はマツダスタジアム設計者の仙田満氏とのトーク冒頭、現役時代にプレーした首都圏の球場について「特に、神宮球場はホームゲームみたいに多くのカープファンが応援してくれて、良い雰囲気を作ってくれて、気持ちよくプレーできましたね。生涯打率も3割5分くらいは打ちましたかね。現役の後は神宮でプレーをしようかと思いました」と、トークで場内を沸かせた。

     一方、昨季までの本拠地・マツダスタジアムの感想について「選手のやる気が間違いなく上がる球場ですよね。居心地がとにかく良いです。スタンドのファンと選手との距離がとても近いですしね。実は現役時代、ケガで休んでいた時に変装してスタンドから観戦したことがありますが、ファン目線でも野球が楽しめました」と、現役時代の秘話を披露した。

     今季から地元放送局の解説者を務める広瀬氏は今季の広島の順位予想については「チームはサードとレフトのポジション以外は野手が充実しているし、連覇をしてほしいですね。巨人が怖い存在です」と早速、解説者として今季の展望について話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000143-spnannex-base

     【球界ここだけの話】

     広島にラミロ・ペーニャ内野手(31)=前ジャイアンツ=が2月中旬、入団した。カープ史上初のメキシコ人プレーヤーはいつも陽気で、笑顔を浮かべているが…。11日のヤクルトとのオープン戦(福山)の試合前は少し悲しげだった。

     「WBCに参加しているメキシコ代表はいつも気にかけています。きのう(10日)の試合を見ましたけど、非常に残念ですね」

     10日にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次リーグD組のメキシコ-イタリア戦(メキシコ、現地9日開催)をテレビ観戦。勝利を確信した9-5の九回に4点差をひっくり返されて、サヨナラ負け。母国の衝撃的な敗戦に心を痛めていたというワケだ。

     WBC史に残るサヨナラ劇を演じてしまったメキシコ代表だが、スタメンにはお馴染みの日本ハム・レアード、楽天・アマダー、巨人・クルーズがズラリと並ぶ。特にクルーズとはメキシコのウインターリーグで一緒にプレーした間柄で、守備の手本にした兄貴分。日本球界入りが決まったときには「日本の野球は進塁打とか、細かい野球を大切にするぞ」と助言をもらっていた。

     代表候補で一緒にプレーする可能性もあったペーニャは「メールなどを送ったりはしていないけど、何かサポートできたらいいね」とエール。メキシコが同組のプエルトリコとベネズエラを倒して、2次リーグ進出することを願った。

     自身は2月17日にキャンプ合流後、ハイピッチで調整中。オープン戦5試合に出場し、華麗なグラブさばきに安定したスローイングを披露。バットでも打率・455、1打点とアピールを続けている。

     「今は日本で試合をしてシーズンに備えている。日本の投手の対策をしていかないといけないね」

     ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ、エルドレッドらと争う1軍の外国人枠は4つ。母国の仲間のプレーに刺激を受け、レギュラーを奪う。(柏村翔)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000537-sanspo-base

    このページのトップヘ