広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野手

    鉄人ボディーを作り上げる! 広島林晃汰内野手(19)が7日、広島市内のトレーニングジム「アスリート」で鍛錬を積んでいることを明かした。


    広島OBの金本知憲、新井貴浩らが現役時代に通っていたジムで、広島の現役選手も足しげく通う。今オフは「体作り」をテーマに掲げ、11月末から週6日間、約1時間にわたって全身を鍛えているという。林は「もっともっと体を強くして、1年間1軍で活躍できるようにしたい」と力を込めた。

    高校通算49本塁打のパンチ力を誇り、18年ドラフト3位で入団した未来の大砲候補。今季1軍出場はなかったものの、2軍公式戦102試合に出場。打率2割2分5厘、7本塁打、35打点だった。プロ1年目を振り返り「後半は自分の思った通りのプレーができなかった。今は一番に体作りをして、野球につなげていかないといけない」と引き締めた。現在体重は95キロ。目標体重は定めず、「(トレーニングを)やっていくうちに増やせていけたら」と語った。

    この日は同期入団の小園とともに広島市内のショッピングセンター、マックスバリュ段原店で行われたトークショーに参加。来季の目標について林は「まずは1軍に上がることを目標にして今オフ頑張っていきたい。早くチームの力になれるように頑張ります」と訪れたファンに活躍を誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-12070428-nksports-base

     広島・小園海斗内野手と林晃汰内野手が7日、広島市内のショッピングセンターでイベントに参加し、質問コーナーやクイズなどでファンと交流した。

     小園はプロ1年目の今季58試合の出場で打率・213、4本塁打、16打点。「1軍でいい経験をさせてもらっていろんなことを吸収させてもらいました」と振り返った。

     質問コーナーで仲のいい選手を聞かれると「同級生はみんな仲よくしています」とにっこり。続けて「ご飯をごちそうしてくれる先輩は?」という質問には「龍馬(西川)さん、誠也(鈴木)さん、野間さんがご飯に連れて行ってくれます」と答えていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000061-dal-base

     広島・林晃汰内野手(19)が3日、広島県廿日市市内の大野練習場で汗を流し、来年1月に松山竜平外野手(34)の自主トレへ参加することを明かした。秋季キャンプで助言をもらい、同じ左のパワーヒッタータイプでもある松山の打撃に心酔。鹿児島でバットを振り込み、将来のクリーンアップを目指す。

     もっともっと遠くへ飛ばしたい。長距離砲の本能が1年目のオフを過ごす林の心を突き動かした。背番号44の後継者が松山への弟子入りを志願。「秋季キャンプからバッティングのことを聞いていたので、鹿児島に来いと言われていました。まだまだ自分のフォームが固まっていない。相談しながらと言うか、一緒にやりたいです」と目を輝かせた。

     年明けから松山の地元・鹿児島でバットを振り込む。同じ左打ちの大砲で、これ以上ない“合体”と言える。秋季キャンプでも度々金言を授かり「本当に勉強になります」と語っていた。「あの年齢でもメチャメチャ打つ。打球が違うし、技術もある」とアンパンマンの打撃に心酔している。

     林は今季ファームで7本塁打。キャンプの紅白戦でも全8試合の出場で打率・318をマークし、佐々岡新監督の前で潜在能力の高さを見せつけた。ただキャンプ後半は疲労が見え隠れしていた。打撃フォームに狂いが生じ、今オフは「体を強くしたい」とジム通いで肉体改造を実行中。体重93キロから4キロ増への筋力アップが当面の目標だ。

     将来の4番候補には、チームとファンの期待は伝わっている。「自分もクリーンアップを打てるように頑張りたいです」。大志を抱いて、松山の胸に飛び込む。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000032-dal-base

    「8」
    この数字はカープに所属するキャッチャーの人数。石原慶幸、白濱裕太、會澤翼、磯村嘉孝、坂倉将吾、中村奨成に、2019年ドラフト5位の石原貴規、同じく育成ドラフト1位の持丸泰輝という8名の捕手。層の厚い鯉の捕手陣の評価と課題とは?



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00010002-hometvv-l34

     広島・白浜裕太捕手(34)がプロ17年目の来季へ強い決意を持って自主トレを行っている。ここ2年、1軍出場はないが、好機をつかむべく虎視眈々(たんたん)。「1軍に上がるため、ではない。上がって結果を出すためにやっている」と静かに闘志を燃やした。

     2003年度のドラ1は11年に1軍デビューし、12年は35試合、14年は30試合に出場。だが15年以降は計5試合(15年1試合、16年1試合、17年3試合)と悔しい日々を過ごす。それでも昨季19試合、6打席(4打数無安打で打率・000)のみだったウエスタンでは今季42試合、112打席(92打数22安打で打率・239)と出場機会は増加。「来年に向けてやっていたわけではないけど、来年につながるシーズンにはなった」と前を向く。

     実戦出場の機会があったからこそ、オフの課題も生まれる。この秋は打撃改良に取り組んでおり、バットを上からたたくイメージから、やや下から出す軌道に変えた。インパクトゾーンが広がった実感があり、オフも継続していく。

     「映像では上からに見えるけど、感覚は下から。極端に言うと金づちで上からたたくのと下からたたくぐらい感覚は違う。ずっと同じ形で振れればいい」

     描く像があるからこそ、向上心を持って己を磨き続けている。「会沢も打てて勝てるわけだから。『打てるキャッチャーに』というのは考えとしては変わらない」。さらなる守備の安定感も求めており、「(今季ウエスタンで・992だった)守備率も100%にしないと。投手や野手、ベンチの安心感につながる」と力を込めた。

     正捕手の会沢に来季球界最年長捕手となる石原、磯村や坂倉、中村奨らがひしめく捕手陣。培った経験を2軍で年下選手に伝えるなどの役割も果たす中、1軍争いにも割って入る構えだ。「トシを取ったからといって、うまくならないということはない。もっとうまくなりたい」。その目は、ただ前だけを見つめていた。(デイリースポーツ・田中哲)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000077-dal-base

     広島・大盛穂外野手(23)が24日、健康診断を受けるためマツダスタジアムを訪れた。プロ1年目は育成選手ながら2軍でチームトップの109試合に出場し、同3位の16盗塁を記録。今月12日には支配下選手登録を勝ち取り、背番号59と発表された。鯉の韋駄天(いだてん)はプレミア12で大ブレークしたソフトバンク・周東のような足のスペシャリストを目指す。

     自慢の快足を武器に、大盛が2020年の1軍昇格を狙う。理想はプレミア12で一気に全国区となったソフトバンク・周東だ。自らと同じ育成からはい上がり、侍ジャパン入り。11日・オーストラリア戦で二盗、三盗を決め、同点のホームを踏んだ姿には、「メチャメチャ格好良かった。シーズンも25盗塁していた。ジャパンでも代走で活躍できる選手は少ないので」と目を輝かせた。

     50メートル5秒9。ウエスタン・リーグではチーム3位の16盗塁を記録。秋季キャンプでも広瀬外野守備走塁コーチからスタートの切り方や、足の運び方のレクチャーを受け、走塁への意識が一段と高まった。課題はスタート直後の加速だ。「リードをもう一歩、半歩取って帰塁もできるようにしたい」と意気込んだ。

     高いモチベーションでオフを迎える。今月12日に支配下登録を勝ち取り、背番号は59と発表された。この日は健康診断のため、マツダスタジアムを訪問。水本2軍監督に感謝を伝え、激励を受けた。

     大盛は「僕が目指しているのは走塁、守備で信頼される選手になること」ときっぱり。チーム盗塁数は16年の118個から17年112個、18年95個、今季81個と年々減少傾向だが、佐々岡新監督は「走る野球は原点」と語る。育成上がりの韋駄天が“鯉の周東”となって代走枠を果敢に奪う。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000041-dal-base

    <ファン感謝デー>◇23日◇マツダスタジアム

    広島高卒2年目の永井敦士外野手が、ラグビー日本代表リーチ・マイケルに扮(ふん)してファン感謝デーの「ハッスル賞」をゲットした。



    アトラクションリレーで桜のジャージーに身を包み、リーチ風にひげを整えて笑いを誘った。秋季キャンプから先輩にいじられ、ファンにも浸透しつつある。賞品のお米10キロをゲットしたが「野球以外のところで目立っているので、野球で目立てるように頑張ります」と来季の活躍を誓った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-11230979-nksports-base

     広島の秋季キャンプが20日、幕を閉じた。宮崎県日南市の天福球場で若鯉が猛練習に励む中、広島の大野練習場でも残留組が連日、汗を流していた。8年目・戸田隆矢投手、6年目・中村祐太投手はブルペンで熱投を続け、5年目・桑原樹内野手は連日バットを振り込む日々を過ごした。

     戸田はプロ8年目で初めて1軍登板なしに終わった。高卒3年目の14年は30試合、15年は34試合に登板。16年にはプロ初完投、初完封を含む4勝を挙げたが、ここ数年は登板数が減少している。この秋は直球の質向上をテーマに掲げ投球練習を継続。ボールの回転数を測る「ラプソード」を活用して、レベルアップを図った。

     戸田「今年は良い時と悪い時の波が激しかった。真っすぐの強さが出れば周りの見方も変わってくると思う。今年の悔しさは来年にぶつけたい」

     オフも野球漬けの日々を送る。12月は筋量アップを目指してウエート中心のトレーニングを続け、年明けから2年連続で大瀬良の自主トレに参加予定だ。

     戸田「大瀬良さんでもあれだけやっているのだから、結果が出ていない自分はもっとやらないといけない。全力で頑張りたいです」

     プロ6年目の中村祐は来季を「勝負の年」と位置づけ、フォーム固めに励んだ。今季は先発ローテ入りを期待されながら登板はわずか2試合。制球を気にするあまり腕が振れず、本来の持ち味が影を潜めた。大野残留を前向きに捉え、「やることをやって悔いがないようにしたい。自分と向き合ってやりたい」と力を込める。

     高卒5年目の桑原は森笠2軍打撃コーチが見守る中、朝から夕方までバットを振り続けた。1日約1000スイング。今季は小園、羽月ら、高卒1年目の選手が多く加入したため、外野での出場も増えた。「これだけ振ったのは初めて。日南に行っている選手よりも振りたいです」と背水の覚悟を明かす。

     カープでは秋季キャンプでの取り組みが来春キャンプメンバーの選考につながる。佐々岡監督へ直接アピールの機会は逃したが、大野残留組も懸命に汗を流していた。畝3軍投手コーチは「向こう(日南)に負けないように」とハッパ。今季30歳でブレークした中村恭の例もある。戸田は「刺激になりました。もっと頑張らないといけない。闘争心が湧きます」とメラメラ。V奪回を目指す来季は大野残留組の巻き返しにも期待だ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00000065-dal-base

     「広島秋季キャンプ、紅白戦」(18日、天福球場)

     広島のルーキー羽月が持ち味の足でアピールした。「1番・二塁」で先発出場。三回先頭で四球を選ぶと、続く小園の初球に二盗を決めた。「四球はヒットだと思っている。(盗塁したら)2ベースと同じ」と振り返った。



     今季ファームでは打率3割、チームトップの23盗塁を記録した。来季2年目は定位置取りが目標だ。「レギュラーを取るつもりです。打てて守れて走れるようにしたい」と力強く話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000127-dal-base

     「広島紅白戦、白組1-3紅組」(18日、天福球場)

     広島の高卒1年目・中神拓都内野手(19)がキャンプ最後の紅白戦で猛アピールした。紅組の「7番・三塁」で先発出場し、3打数2安打と活躍。今キャンプは途中合流だったが、きっちり存在感を発揮。佐々岡監督ら首脳陣の評価を高めた。

     南国に冷たい雨が降る中、高卒1年目の中神は無我夢中でバットを振り抜いた。2点リードの六回だ。1死から5番手・岡田の剛球を強振。打球が右中間を破ると、全力疾走で二塁を蹴り、鬼の形相で三塁へ滑り込んだ。

     「岡田さんの真っすぐは速いので負けないようにしっかり一発で捉えられるようにと思っていました。長打になって良かったです」

     二回の第1打席で先発・遠藤から放った安打は工夫が見えた。3球で追い込まれるとノーステップ打法に切り替え、コンパクトに右前へ。「タイミングが合っていなかったので、ノーステップでしっかり対応できました」。1軍クラスの投手からマークしたマルチ安打に、納得顔だ。

     巻き返しの秋だ。今キャンプは大野残留組からスタート。同じ高卒1年目の小園、林、羽月らは日南組に抜てきされた。悔しい思いを抱きつつも、9日から日南キャンプに途中合流すると、持ち味を発揮。首脳陣の評価を高めてきた。

     東出2軍打撃コーチは「ガッツがある。小力があって肩が強い」と評価。佐々岡監督も「1年生はみんな必死にやっている。中神もよく練習するし、声も出ている」と満足そうにうなずく。今キャンプも残り2日。ライバルたちと切磋琢磨(せっさたくま)して、レベルアップを図る。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000032-dal-base

    このページのトップヘ