広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野手

     ギャグで100万円アップ!? 広島上本崇司内野手(27)が14日、キャンプ地宮崎・日南市内の宿舎で契約更改を行った。100万円アップの推定年俸800万円でサイン(金額は推定)。


     評価されたポイントを問われると「声だと思います」と即答した。「(来季へのモチベーションに)めちゃめちゃなりますね」と続け、笑わせた。

     今季はユーティリティープレーヤーとして1軍に帯同。代走や守備固め要員として存在感を発揮した。だが、それにも増してキャラクターが愛された。練習前の円陣では流行の芸人のモノマネで笑わせ、雨天中止の際には新井のモノマネでファンを喜ばせた。「前の日の夜からユーチューブを見たりして勉強していました」と笑った。

     いつも元気なムードーメーカー。だが「ノックとかでもしんどいときもあって…。しんどいし、今日は、と思うこともあったんですけど、いや、いけん。と思って出しました。ちょっとでも笑ってくれればいいと思って」と苦悩も明かした。

     もちろん野球にも本気。シーズン終盤から外野の守備練習も始め、さらにバイプレーヤーとしての高みを目指す。「外野と走塁と盗塁。それしか今は考えていません」ときっぱり。上本は来季も貴重な戦力となる。【池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00052904-nksports-base&pos=1

     広島庄司隼人内野手(26)が13日、キャンプ地の宮崎・日南市内の宿舎で契約更改を行った。100万円アップの推定年俸700万円でサイン。今季はプロ初安打を放つなど、出場は6試合ながら最終盤にアピールした。

     クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでも打席に立った。2軍では主に1番を任され、82試合で打率2割9分4厘。意識したという出塁率は4割7厘と好成績。後ろにつなぐ意識で選球眼も養った。1軍での9月28日ヤクルト戦(マツダスタジアム)では秋吉を相手に12球粘って四球で出塁するなど成果を発揮した。

     「代打の1打席。途中守備からの1打席をものにするためにと考えられた。きれいな安打が打てなくても、相手に1球でも多く投げさせたり、いい形で後ろにつなぐことを考えていました。安打を打ちたいでは打てない。これからも投手、捕手との駆け引き、頭を使える選手になれるようにやっていきたい。(今キャンプは)詰まっても安打になるように、振る力をつけたいと思って取り組んでいます」と語った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00052198-nksports-base

     「広島秋季キャンプ」(11日、日南)

     キャンプ初の休日を返上して、美間優槻内野手(23)が汗を流した。

     室内練習場で1人、打撃マシンと対峙(たいじ)。約30分間、黙々と打ち込んだ。その後、野間、坂倉と共にランニング。第2クールへ向けて調整した。

     自主練習を終えた美間は「フェニックスリーグの時も休みの日に練習をしていた。他の選手がやっているのを見ると、やらなかったときになんでやらなかったんだろうと後悔する。周りはすごい選手ばかりなので、もっと練習をやらないといけない」と前を向いた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000077-dal-base

     守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデン・グラブ賞が9日発表され、リーグ連覇を果たした広島から菊池涼介二塁手、丸佳浩外野手、鈴木誠也外野手が選ばれた。

     菊池は5年連続5度目の受賞。「(受賞して)少しほっとした。打てなくても守りをしっかりやれと教わってきたので、何とかそれができたのではないかと思う」と選ばれた喜びを口にした。

     セ・リーグの連続最多受賞は球団OB・山本浩二氏の10年連続。「入団したときからゴールデングラブ賞を取りたいと言っていた。何回取ってもうれしいし、来年、再来年もほしい。やっている以上はずっとほしい」と連続受賞に意欲を示した。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/09/0010717919.shtml

     広島は30日、中村亘佑捕手と来季の契約を結ばないことを発表した。

     09年度ドラフト育成・2位で横浜商大高から入団。6年の育成選手期間を経て16年に支配下登録されたが、今季も1軍出場はなかった。中村はマツダスタジアムで取材に応じ、「まだ気持ちの整理がついていないが、次の人生を考えていかないといけない。いろんな経験をさせてもらった。育成で6年やらせてもらい、そこで培ったものを出せなかった」と話した。今後、野球を続けるかどうかについても未定。

     広島は26日のドラフト会議で、広陵・中村奨成捕手を1位で指名した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000083-dal-base

     今年のドラフト会議(26日)は早実・清宮幸太郎内野手(3年)をはじめ、スラッガーの当たり年。過去10年に12球団が指名してきた選手たちを検証すると、強打者育成の難しさが浮き彫りになる。

     「2ケタ勝てる先発は毎年出てくる。でも(ホームランを)30本打てる打者は何年かに1回しか出てこない」

     2009年のドラフト前にヤクルト・高田監督(当時)は力説。球団が1位指名を予定していた目玉候補の花巻東高・菊池(現西武)よりも、横浜高・筒香(現横浜DeNA)がほしいと語った。本番では競合の末に菊池を逃したが、不思議な巡り合わせで現在、筒香が主砲を張るDeNAのGM職にある。

     今回のドラフトは、高田GMが希少価値を説いた大砲候補が豊作だ。史上最多の高校通算111本塁打の清宮。今夏の甲子園で1大会6本塁打の新記録を樹立した広陵・中村奨成捕手(3年)。高校通算65本塁打で大型三塁手の履正社・安田尚憲内野手(3年)。東京六大学最多記録の通算23本塁打まであと2本に迫った慶大・岩見雅紀外野手(4年)。いずれも1位指名が有力視される。

     4人とも将来が楽しみな逸材だが、実際には30発どころか中距離打者さえ簡単には出てこないのが日本球界の現状だ。過去10年の指名選手のうち、シーズン10本塁打を記録した野手を球団別でみると(表)、セ・リーグ2連覇中の広島が7人とダントツ。スラッガー育成に定評のある西武が5人で続く。以下は2-3人の輩出が限界で、中日にいたってはゼロ。素材が悪いのか、育て方が悪いのか。いずれにせよ金の卵を引き当てた球団の責任は重大だ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000014-ykf-spo&pos=1

     広島は今シーズン、チーム打率.273、736得点といずれもリーグトップを記録したが、クライマックスシリーズファイナルステージでは、ここまでの3試合でチーム打率.205、5得点と物足りなさが残る。

     22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第5戦 ソフトバンク-楽天戦』で解説を務めた大矢明彦氏も「打線の状態は、そんなにいいなって気がしない」と心配した。

    【主な選手たちの打率】
    西川龍馬  率.429(7-3)
    田中広輔  率.400(10-4)
    新井貴浩  率.400(5-2)
    バティスタ 率.250(8-2)
    菊池涼介  率.222(9-2)
    丸 佳浩  率.200(10-2)
    松山竜平  率.125(8-1)
    石原慶幸  率.000(3-0)
    会沢 翼  率.000(5-0)

     田中広輔、西川龍馬、新井貴浩の3人は、4割を超すアベレージを記録しているが、大矢氏が話すように、丸佳浩、松山竜平などは本来の姿を見せることができていない。

     19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦 広島-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏も、「(初戦)石田の甘いボールを結構打ち損じているように見えたんですよ。試合勘なのかもしれませんが、9月の松山の絶好調時、丸の本来の打撃を考えるとちょっとおかしいなと感じました」と、広島の中軸を担う丸佳浩と松山竜平の状態を心配した。

     また、0-1で敗れた第3戦は、6回に二死満塁のチャンスを作るもエルドレッドが左飛に倒れ無得点、続く7回は無死一塁から石原慶幸がバントを試みるもダブルプレー、さらに8回には無死一塁から菊池涼介がダブルプレーに倒れるなど、ちぐはぐな攻撃が目立った。

     攻撃面に不安を残すものの、故障で離脱していた安部友裕も復帰予定と、明るい材料もある。今夜予定されている第4戦では、打撃陣の奮起にも期待したいところだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://gunosy.com/articles/aR0ZL

     セ・リーグのペナントレースは、10日に阪神VS中日の1試合を残すのみ。8月以降はどのチーム、どの選手が活躍したのか。8月以降に限った成績を、セ・リーグでも見ていきたい。

    ○セ・リーグ 8月以降の各チームの勝敗

    広島(48試28勝18敗2分、勝率.609)
    阪神(51試28勝19敗4分、勝率.596)
    巨人(50試28勝20敗2分、勝率.583)
    DeNA(50試26勝22敗2分、勝率.542)
    中日(46試19勝25敗2分、勝率.432)
    ヤクルト(49試12勝37敗0分、勝率.245)

     パ・リーグのソフトバンクと同様、広島は前半から引き続き好調を維持。これを急追したのが阪神だった。

     巨人は8月以降に限ればDeNAより勝率が高かったが、それまでの貯金の差で4位に終わった。結果的に、6月の球団ワースト13連敗が響いたと言えよう。

     ヤクルトは、3割にも遠く届かない勝率。球団最多96敗も記録したのも、やむを得ない。

    ○8月以降の打率10傑

    松山竜平(広)143打数50安打 8本38点0盗 率.350
    糸井嘉男(神)152打数51安打 9本20点11盗 率.336
    マギー(巨)196打数64安打 7本31点0盗 率.327
    宮崎敏郎(De)188打数57安打 7本22点0盗 率.303
    鳥谷敬(神)182打数55安打 2本13点1盗 率.302
    坂口智隆(ヤ)189打数56安打 1本9点0盗 率.296
    山田哲人(ヤ)176打数52安打 8本27点2盗 率.2955
    上本博紀(神)129打数38安打 4本13点5盗 率.2946
    丸佳浩(広)184打数53安打 6本24点3盗 率.288
    阿部慎之助(巨)178打数51安打 4本30点0盗 率.287

     広島は足を負傷した鈴木誠也に代わり、4番に座った松山竜平が8月以降は首位打者の活躍を見せた。松山は阪神の福留とともに38打点で打点王にもなり、期待を上回る働きを見せたと言えそうだ。

     最多安打は巨人マギーの64安打、最多本塁打はDeNA筒香と中日福田永将の13本、最多盗塁は15盗塁で広島の田中広輔だった。

     中日の福田は以前から好素材として期待が高かったが、その真価を8月以降になってようやく発揮した形だ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00010018-fullcount-base

    このページのトップヘ