広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野手

     2018年のFA戦線も、宣言選手の来季所属先がすべて決まり、幕を閉じた。宣言残留した選手、新天地を選んだ選手と行き先は様々だが、選手が流出した球団は、トレードや外国人選手の獲得などによる補強、あるいは若手選手の育成により、穴を埋めなければならない。丸佳浩外野手が巨人に移る広島だが、不動の中堅手が抜けた穴を埋めるプロスペクトは出てくるか。その候補となる選手をピックアップしてみた。(今年のドラフト指名選手は除く)


     主力が欠けても、その穴を埋める存在が必ずいるのが、広島のセ・リーグ3連覇を支えた強さでもあった。今シーズンも、鈴木誠也、丸が故障離脱した際、昨年まで代走・守備固め要員だった野間峻祥が打撃面で急成長。外国人選手のメヒア、バティスタも頑張った。ファームを見渡すと、丸の穴を埋める候補として次の選手が挙げられる。

    ○高橋大樹外野手(2012年ドラフト1位)
     龍谷大平安からドラ1で広島に入団して来季で7年目。同年ドラフト2位で入団し、今や押しも押されぬ4番打者に成長した鈴木誠也(二松学舎大付高)と同期で、将来性は鈴木に勝るとも劣らないと評価された大器。時間はかかったが、少しずつ力をつけてきた。今年のウエスタン・リーグでは、98試合出場、打率.272、10本塁打、35打点。98安打は阪神・板山と並ぶリーグトップ、長打率.422(リーグ3位)と持ち前の長打力が発揮されてきた。4年ぶりに1軍の試合にも出場し、8試合15打数5安打、打率.333。打席は少ないながら、打力の非凡さを見せた。丸が抜けた来季は、高橋大にとって鈴木に追いつく大きなチャンスだろう。

    ○下水流昂外野手(2012年ドラフト4位)
     もともと長打力には定評があり、1軍でも代打を中心に起用されてきた。今シーズンはキャリアハイの67試合に起用され、打率.263、4本塁打、12打点。7月20日の巨人戦では逆転サヨナラ2ラン本塁打を放つなど、勝負強さは格別だ。これまでは“代打屋”だったが、もちろん、本人がそれで満足しているはずはない。外野手は守備力より打力が優先されるポジションでもある。2016年には116打席に立ち、5本塁打をマークしているだけに、一皮むけるいいチャンスだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00264594-fullcount-base

     広島は10日、同市内のホテルで新入団選手発表を行った。ドラフト3位の林晃汰内野手(18=智弁和歌山)は、高校時代と同じ赤色を基調をしたユニホームに袖を通して、「智弁和歌山のユニホームに似ているのでやりやすいかなと思います」と笑みを浮かべた。

     高校通算は49本塁打。高嶋仁前監督に「指導者としての48年間で、あれほど飛ばす選手は見たことがない」言わしめた長距離砲で「どの方向にもホームランが打てる。そこを見てほしい」と決意。今季まで松山が背負った背番号44番を与えられ、「「同じ左打者としてすごい選手。重みのある背番号に負けないように頑張りたい」と招待された600人のファンの前と誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000092-spnannex-base

     広島・小窪哲也内野手(33)は30日、マツダスタジアムで契約更改を行い、200万円減の年俸3100万円(金額は推定)でサインした。

     今季は、打率・308。それでも、主に代打として出場は17試合に限られ、「中々、1軍に上がれない中で…。もっと1軍で試合に出て貢献したい」と雪辱を誓った。(金額は推定)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000154-spnannex-base

     広島・曽根海成内野手が1日、マツダスタジアムを訪れ、自主トレを行った。

     打撃面に関して、今秋のキャンプで「これをやればいいというのがあった」と振り返り、「やっぱり打たないと試合で使ってもらえない。12月と1月の間にモノにしたい」と力を込めた。

     今季はシーズン途中にソフトバンクからトレードで加入。11試合に出場し、打率・278の成績を残した。俊足と強肩を武器に来季の出場増を狙う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000112-dal-base

     RCC中国放送は26日、今季限りで現役を引退した元広島外野手の天谷宗一郎氏(35)が来季から同局の野球解説者になると発表した。天谷氏は「現役選手に近い立場でカープと野球の魅力を元気よく伝えていきたい」とコメントした。

     天谷氏は福井商から01年度のドラフト9位で広島に入団。2010年の横浜戦でホームラン性の打球を、フェンスを駆け上がって捕球したプレーは今もファンの間で語り草となっている。カープ一筋17年、通算成績は844試合に出場し、493安打、27本塁打、159打点、打率・255を記録した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000126-dal-base

     広島・磯村嘉孝捕手が17日、キャンプ地・宮崎県日南市のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、250万増の1100万円でサインした。

     チームの捕手では今季会沢、石原に次ぐ自己最多の37試合に出場。打率・215、1本塁打、4打点だった。攻守においてレベルアップを見据え「もっと上を目指していきたい。まずは試合にたくさん出ることですね」と力を込めた。(金額は推定)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000130-dal-base

     広島からドラフト4位で指名された中神拓都内野手(18)=市岐阜商=が21日、岐阜市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金4000万円、年俸500万円で仮契約した。高校時代は投手も経験したがプロでは遊撃一本で勝負する。守備位置がかぶるドラフト1位・小園と将来的に二遊間を組み、自身が遊撃として2人でゴールデン・グラブ賞を獲得することに意欲を示した。



     仮契約を終えると、緊張感から解き放たれた中神は気持ちを新たにした。「責任と自覚を持ってやっていかないといけない。自分が引退するまで一番目立っていられるようにやっていきたい」。遊撃手として臨むプロの世界。目指すは世代ナンバーワンだ。

     今年は中日のドラフト1位・根尾ら高校生内野手に金の卵がそろう。同僚となるドラ1・小園とはポジションがかぶるが、負けるつもりはない。その上で将来「二遊間を組むこともイメージしてます。(今年受賞した)田中選手、菊池選手みたいに2人でゴールデングラブ賞も実現できることだと思う。しっかり高い意識を持ってやっていきたい」と壮大な青写真を描いた。

     二遊間タッグを組んだ際の遊撃は「自分です」とニヤリ。実現するためにも持ち味の強肩を生かしていくつもりだ。「うまい選手は深く守っていて、横にも前にも動ける。深い守備位置で捕れるように、練習していくしかない」と力を込めた。

     担当の松本スカウトも「キク(菊池)と広輔(田中)から吸収してやってもらえたら」と期待を込めた。50メートル走5秒9、高校通算46本塁打と走攻守に魅力を持つ中神。可能性を十分に秘める18歳は目をギラつかせ、プロの門をたたく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000035-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(13日、日南)

     広島の下水流昂外野手(30)が今キャンプ初となるシート打撃で猛アピールした。床田から左越えソロを放つなど、2安打1本塁打2打点。今秋は本職の外野だけでなく、一塁の守備練習を再開。チーム屈指の打力を武器に、“ポスト新井”の一番手として名乗りを上げる。


     視線を独り占めにした。下水流が左肘の故障から復活を目指す床田の直球を左翼席へ突き刺す。「甘い球を一振りで仕留められたのは良かった」。完璧な一打。スタンドからの拍手を背中に浴びてダイヤモンドを一周した。

     みやざきフェニックス・リーグから手応えを感じ始めている。「これまではオーバースイングだった。言葉で表現するのは難しいけど、今は力感なく振れている」。打席の中で力むことが少なくなったことで、捉える確率が上がった。

     無死三塁で中村祐と対戦した場面では左前適時打を放った。3打席で1本塁打を含む2安打、2打点。持ち味の長打力に加え、1点が欲しい状況でシュアな打撃を見せ、猛アピールした。

     激化している“ポスト新井”争い。ライバルはメヒア、バティスタ、堂林など多い。競争を勝ち抜くために、今秋から昨オフ以来となる一塁の守備練習を再開。「引き出しが増えるのは良いこと」。この日は1死二、三塁の場面で西川のゴロをさばき、本塁へ送球。得点を許さなかった。

     日本シリーズでは40人枠に選ばれながら、試合に出場できる25人には選ばれなかった。「最後の最後で選ばれなかった。実力がなかったということ」。悔しさを糧にして臨む、今年の秋季キャンプだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000025-dal-base

     広島からドラフト3位指名された智弁和歌山・林晃汰内野手(18)が15日、和歌山市内のホテルで契約金4500万円、年俸600万円(金額は推定)で仮契約を結び、プロでの目標を「本塁打王」と掲げた。

     幼少時から実家の農作業を手伝い、地道な鍛錬で鍛え上げてきた肉体は既にプロ級。恵まれた体と伸びしろの大きい技術に磨きをかけ、目標を現実へと近づける決意だ。

     既に視線は未来へと向けられていた。目標を問われた林は「本塁打王」と即答した。「ホームランが自分の理想の形。自分の長所で一番になりたい」。高校通算49本塁打。天性の長距離打者はフルスイングと強い芯を武器にプロの世界へと歩み出した。

     1メートル82、88キロ。自己申告によれば、胸囲は約1メートルで太腿回りは60センチを超える。立派な肉体は農作業によって作り上げられた。実家は和歌山県岩出市で花農家を営み、幼少時から父・光彦さん(52)の運搬・包装作業を補助。40アールの広大な土地で重い花束を運び、屈伸運動も繰り返してきた。「高校に入るまでは、ほとんど筋トレをしたことがありません」。まさに天然ものの体。技術はもとより、伸びしろ十分だ。

     実家はキンギョソウの栽培、卸をメーンとするが、花以外にも野菜も作っている。「買っているところを見たことがない」と言うだけに、野菜に関しては完全に自給自足。本人が意識しないところで「食育」の環境も整っていた。母親の作る八宝菜が大好物で、自らも料理レシピサイト「クックパッド」を見ながら、料理にも挑戦する。光彦さんは「彼が一番、作業を手伝ってくれたし、米の炊き方は家族で一番うまい」と言う。飽くなき探究心、そして器用さもプロの世界で活躍するための資質と言える。

     理想とする選手は広島・丸。今季39本塁打の長打力に加え「率も残しておられるので」と万能性に憧れた。「これまではホームランの打ち損ねがヒットという感覚でした。そのスタイルは崩したくないと思います」。キンギョソウの花言葉は「おしゃべり」など。林自身は普段から口数の多い方ではないが、野球に関しては違う。素質豊かな金の卵。フルスイングで雄弁に語ればいい。(桜井 克也)

     ◆林 晃汰(はやし・こうた)2000年(平12)11月16日生まれ、和歌山県出身の18歳。小1から岩出ヤンキースで野球を始め捕手。中学時代は紀州ボーイズに所属。智弁和歌山では1年春から三塁手でレギュラー。2年夏、3年春夏に甲子園出場し、3年春は準優勝。高校通算49本塁打。1メートル82、88キロ。右投げ左打ち。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000035-spnannex-base

    広島からドラフト5位指名を受けた菰野・田中法彦(のりひこ、18)が13日、三重・菰野町内の同校で松本担当スカウトらから指名あいさつを受けた。



    「指名を受けたときはあまり(プロになる)実感がなかったんですが、指名のあいさつを受けて徐々に湧いています。厳しさに耐えられるように強い気持ちを持って入りたいと思います」。カープの真っ赤な帽子をかぶり、プロでの決意を新たにした。

    広島は昨年のドラフトでは育成も含めて指名した全7投手が180センチ超の高身長だったが、田中は173センチと上背はない。松本スカウトは「背が気にならないほど、伸びのあるいい真っすぐを投げる」と高い能力を認める。球速は高校3年間で10キロ増し、最速152キロを計測。平均球速も148キロ前後と安定している。

    田中も直球へのこだわりは強い。「身長がないと角度もつかずにバットに当てられやすいと思うので、しっかり伸びていく直球を投げることでファウルを取れたり、空振りが取れると思う。いずれは160キロを目指したい」。プロの世界でも、自慢の真っすぐで真っ向勝負を挑んでいく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00391150-nksports-base

    このページのトップヘ