広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    カープOB

     現役通算320勝を誇る“虎のレジェンド”小山正明氏(83)と、現役時代に小山氏に師事した広島OB会長・安仁屋宗八氏(73)が西宮市内で緊急対談、虎と鯉を巡るあれこれを語り尽くした。第3回は投手は強靱な肩をいかにして作り上げるか-について双方が持論を展開した。



      ◇  ◇

     小山「僕や安仁屋らがやってきた時代からすれば、今は考えられんことをやっているわな」

     安仁屋「先発投手は中4日が当たり前だったのが、今は中6日が普通。それで100球前後で交代、というんですから…」

     小山「それからすると、安仁屋はよう投げてくれたよな。僕が阪神でコーチをしている時に、リリーフで来る日も来る日も嫌な顔一つせずに投げてくれ、またそれに耐えうる内容を残してくれた。それができたのは、強靱な肩、体力があったからや」

     安仁屋「僕は投げるのが好きなだけですよ(笑)」

     小山「そうかもしれんが、本当にありがたかった(笑)。一時『肩は消耗品』てことを言う人がおったが決してそんなことない。僕らの頃は、完投するとだいたい130球程度費やしたんやが、コントロールのいい渡辺省さん(元阪神投手・渡辺省三氏)なんかはもっと少なかった。ただ、それを平気で投げるためにキャンプでどんだけ投げ込んだことか」

     安仁屋「今は100球投げただけで“投げ込み”と新聞に書かれますけどね」

     小山「130球前後で完投するとするならば、150~160球投げる体力を作っておかないといかん。それだけの“余力”が必要なんや。その昔、ヘルシンキ五輪(1952年)の競泳男子1500メートル自由形で銀メダルを取った橋爪(四郎)さんは毎日1万メートル泳いで練習しとったと本人から聞いた。バルセロナ(92年)の女子200メートル平泳ぎ金メダリスト・岩崎恭子も練習で1万メートル泳いどったというな」

     安仁屋「根本さん(根本陸夫氏=元広島、西武、ダイエー監督)が監督だった時、遠征先で僕と外木場(義郎氏)が呼ばれて先に球場に行くんです。ホームの練習が始まる前ですよ!根本さんが『ブルペン2人分貸して』と相手側に頼み、そこから延々と投げるんですが…。終わったら(ビジターの)こっちの練習も終わってましたね(苦笑)」

     小山「そうやってあんたの強い肩ができたんやな」

     安仁屋「その時は『何でワシらだけ?このくそオヤジが!』と思ってましたが、成績が出るようになって初めて『あれがあったから』と思うようになりました。根本さんに感謝してますよ」

    (第4回に続く)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000047-dal-base

     広島とDeNAでプレーしたブルワーズのマイク・ザガースキー投手が6月30日(日本時間7月1日)、敵地レッズ戦で今季初登板に臨んだが、1死も奪えず2安打2四球4失点と炎上。1点リードを守り切れずに黒星を喫した。



     同28日(同29日)にメジャー昇格したばかりの左腕は、3-2と1点リードで迎えた7回無死一塁の場面で3番手として登板。1人目の打者ボットに四球を与えると、続くジェネットには左翼へ同点タイムリー二塁打を許してしまう。なおも無死二、三塁からスアレスを敬遠で満塁策を取ったが、ウィンカーに左翼へ2点タイムリーを浴びたところで1死も奪えずに降板。さらに、後を継いだバーンズが2連打の後に、レッズ先発ロレンツェンに3号満塁弾を献上し、ザガースキーには4失点がついた。

     MLB.comでブルワーズの番記者を務めるアダム・マッカルビー記者は、試合後に自身のツイッターを更新。今季初登板で初黒星を喫した左腕は、1点リードという大事な場面での起用について「おそらく必要に迫られての選択だったと思うけど、抑えなければいけない状況だった。でも自分の仕事が果たせなかった。とにかく残念だよ」と話したという。

     1死も記録できなかったため、防御率は“無限大”。次回登板では、今回の炎上を払拭する好投でアピールしたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00144873-fullcount-base

     大リーグ公式サイトは30日(日本時間7月1日)付で、ドジャースの前田健太投手(30)が今秋の日米野球に大リーグ選抜の一員として出場を希望していると伝えた。同サイトのインタビューで「大リーグ選抜に選ばれるか分からないけど、選ばれるように頑張りたい」と語った。

     今年の日米野球は11月9日の東京ドームを皮切りに6試合が行われる。同サイトによれば、前田は第4戦の舞台で古巣・広島の本拠地であるマツダスタジアムでの登板を熱望しているという。

     14年の日米野球に侍ジャパンの一員として出場した右腕は、京セラドームで行われた第1戦で5回を2安打無失点と好投し、勝利投手となった。大リーガーとしての凱旋が実現するか注目される。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000158-spnannex-base

     現役通算320勝を誇る“虎のレジェンド”小山正明氏(83)と、現役時代は小山氏に師事したこともある広島OB会長・安仁屋宗八氏(73)が西宮市内で緊急対談、虎と鯉を巡るあれこれを語り尽くした。第2回は選手育成法について。これには両氏のトークがヒートアップした。


      ◇  ◇

     小山「阪神にドラフト2位で入って来た高橋遥の初勝利を甲子園で見た時、本当に『えらいのが出てきたなぁ』と感じもんや。安仁屋も見たやろ?」

     安仁屋「ワシはテレビで見させてもらったんですが、確かに手元でピュッと来る質のいい真っすぐを投げてましたね」

     小山「それが投げた直後に出場選手登録を抹消され、10日休みやて(苦笑)」

     安仁屋「あれは僕も嫌いですね。もし先発ローテーションに入れるんだったら、極端なことを言えば、中4日ぐらいでいいんですよ。間を開けすぎたらダメなんです。若い子は体の作り方を知らないんじゃけ」

     小山「全く同感やね。(1軍マウンドの)感覚がなくなってしまうんや」

     安仁屋「小山さんや僕らの時代は投げて覚えたもんですが、今の子は投げて覚えない、走り込みもしないでしょ。今の時代は違うと言われるかもしれんけど、それでいいのか、と思いますよ」

     小山「高橋遥という子は肩があまり強くないと聞いた。それで間隔を取ってあげないといけない、と。それは理解しても、中10日以上というのはやっぱり解せんね」

     安仁屋「ある投手について、首脳陣から『安仁屋さん、中6日の練習の仕方を教えてやってください』と言われたんですよ。今のカープの投手は、登板翌日がキャッチボールでその次は丸一日休み。その日は球場にも来なくていい。さらに次がキャッチボール、また次もキャッチボール…。いつ投げるの?(苦笑)」

     小山「考えられんなぁ。それで次の登板でいい結果を出そうと思ったって到底無理やろう」

     安仁屋「登板の1日か2日前に30~40球。僕はもう開いた口が塞がらなかった。でも、強く言えないですからね」

     小山「そういう風に染まってしもうとるんやろうな」

     安仁屋「いわゆるメジャー式というやつです」

     小山「安仁屋よ、今やメジャーに見習うべきものは何にもないで(苦笑)」

     安仁屋「向こうが日本の野球を見習っている時代なのに…それで強い肩、肘が出来上がって成績が上がればいいんですが、そうじゃないですからね」

    (第3回に続く)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000039-dal-base

     開幕試合では、沖縄が生んだ投打のスター、元広島・安仁屋宗八氏(73)=現野球評論家=と元阪急・石嶺和彦氏(57)=現社会人野球・エナジック監督=が始球式に登場した。

     沖縄の高校球界に、2人のレジェンドが舞い戻ってきた。マウンド上の安仁屋氏と打席に立った石嶺氏は、それぞれ沖縄(現沖縄尚学)と豊見城の当時のユニホーム姿。安仁屋氏は73歳とは思えない軽やかな投球フォームから力強い直球を外角低めに決め、観客席から大きな拍手を送られた。スコアボールには「球速83キロ」と表示された。

     この日のために練習を積んできたという安仁屋氏は「どきどきわくわくで、プロの公式戦で投げるよりも緊張しました。100回大会の始球式をさせてもらえて、すごく感動してます」と興奮気味。一方の石嶺氏は「始球式は初めての経験で、投げたこともなければ、打席に立ったこともない。安仁屋さんからは打っていいと言われてたけど、打つか打たないか迷ってて、空振りするのを忘れてました」と照れ笑いを浮かべた。

     安仁屋氏は、沖縄(現沖縄尚学)のエースとして3年生だった62年の夏の甲子園に出場。社会人野球・琉球煙草を経て64年に広島に入団。沖縄出身初のプロ野球選手として、阪神、広島で計18年間の現役生活を送り、沖縄出身者では最多となる通算119勝をマークした。

     石嶺氏は故・栽弘義氏率いる豊見城で、強打の捕手として活躍。2年生だった77年の春から4季連続で甲子園に出場し、78年ドラフト2位で阪急(現オリックス)に入団。長打力を生かし、外野手に転向してから台頭し、90年にはともに自己最多となる37本塁打、106打点を記録して打点王を獲得。阪神に移籍後、96年に現役を引退したが、18年間で通算269本塁打を放っている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000085-sph-base

     現役通算320勝を誇る小山正明氏(83)と、広島OB会長の安仁屋宗八氏(73)がリーグ戦再開を前に緊急対談、選手育成法から虎&鯉の現状、さらには今後のペナントの行方について、自身の経験を交えて語り尽くした。場所は兵庫・西宮の小料理店。かつては阪神でコーチと選手の間柄でもある“ご意見番”2人の過激トークは時間を忘れて続いた。全5回のうち、今回はその1回目。

      ◇  ◇

     小山「お久しぶり。広島は(首位で)さぞかし盛り上がっとるんやろうな」

     安仁屋「そうですね。サッカーのサンフレッチェも今年は強いし、テニスの全仏オープン女子ダブルスで準優勝になった二宮真琴さんも広島市出身。そういう意味では広島のスポーツ界は活況ですよ」

     小山「カープも3連覇に向けて首位を走っとるし、言うことないわな」

     安仁屋「交流戦の最後に5連敗はしましたけどね。でも、マツダスタジアムは毎試合満員で、ワシらOBでもなかなかチケットが取れんのですよ。よく『安仁屋さん、あんたの力でどうにかならんの?』と言われるけど、ホントにないんじゃけ(苦笑)」

     小山「甲子園もそう。阪神電車に乗ると車中の電光掲示板にいつも『本日完売』って出よる。何で完売なんよ?と思うこともあるけどな。で、安仁屋は今年の阪神をどうみる?」

     安仁屋「沖縄・宜野座のキャンプで一度だけ見させてもらったんですが、雰囲気は良かったし、今年は面白いかな、と思ってたんですよ。金本監督も新外国人選手のロサリオに期待してたし。それに大山、高山なんかキャンプ当時は良かったのにね。歯車が狂ったというか…それと投手ですよ。能見なんかあれだけカープに強かったのが最近さっぱりでしょう。左に打たれるようになりましたからねぇ」

     小山「能見だってもう39歳やろ。衰えが出てきても仕方がない部分はある。そら元気な時の彼と今を比較したらあかん。打つ方の福留にしてもよう頑張ってはいるけど、ちょっとストレート系が強い投手には振り遅れることもある」

     安仁屋「阪神も誤算は色々あったようですが、カープだって想定外のことが続きました。開幕投手の野村が故障で早々に離脱し、去年の最高勝率投手の薮田は制球難から1軍、2軍の行ったり来たり。先発では大瀬良と岡田が何とか持ちこたえていますが、ここは中継ぎ陣の踏ん張りが大きいですね」

     小山「そっちは打つからええがな。こっちはチーム打率が2割3分そこそこでホームランもリーグ最少やで(苦笑)」

     安仁屋「新聞が大きいと思うんです。“逆転のカープ”とか書いてくれるんで、ファンも選手もみんなその気になって六、七回になったら“打てるんじゃないか”と。やっぱり気持ちというのは大事じゃないですか」

     小山「そやな。阪神なんか初回に点を取っても“山口百恵”や。『これっきりこれっきりこれっきりで~すかぁ~』てな」

    (第2回に続く)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000046-dal-base

     毎年、数多くの助っ人が日本にやって来るが、シーズンオフになると日本を去る外国人もまた数多い。結果を残し長く日本でプレーするのは限られた選手たちだけ。成功を収める外国人を発掘するのは、なかなか簡単なことではない。


     逆に日本で成功し、メジャーリーグでも大活躍を収める選手もいる。今季カージナルスで先発ローテの柱となっている元巨人のマイルズ・マイコラス投手は、そのいい例だ。ここまで14試合に先発して7勝2敗、防御率2.69と申し分のない成績を残している。

     またヤクルトのプレストン・ギルメット投手や、日本ハムのクリス・マーティン投手もそれぞれのチームで、メジャーのロースターに入っている。昨季、12球団に在籍し、昨季限りでチームを去った助っ人外国人。今季、米国でプレーしている元助っ人たちは、どれほどの成績を残しているのだろうか。

    ○巨人
    マイルズ・マイコラス(カージナルス)
    14試合14先発7勝2敗0セーブ 防御率2.69

    ○阪神
    エリック・キャンベル(マーリンズ傘下3A)
    57試合202打数68安打3本塁打45打点 打率.337
    ジェイソン・ロジャース(米独立リーグ・ニューブリテン)
    30試合110打数35安打2本塁打28打点 打率.318
    ロマン・メンデス(ナショナルズ傘下2A)
    22試合(0先発)3勝2敗4セーブ 防御率3.72

    ○広島
    ライアン・ブレイシア(レッドソックス傘下3A)
    25試合(0先発)2勝4敗8セーブ 防御率1.69
    ブレイディン・ヘーゲンス(ダイヤモンドバックス傘下3A)
    13試合(8先発)3勝3敗1セーブ 防御率6.43

    中日
    ○エルビス・アラウホ(オリオールズ傘下1A+)
    9試合(0先発)2勝0敗0セーブ 防御率3.65
    ○ホルヘ・ロンドン(ホワイトソックス傘下2A)
    9試合(0先発)0勝1敗0セーブ 防御率4.85

    ○ヤクルト
    プレストン・ギルメット(カージナルス→ブルージェイズ)
    3試合(0先発)0勝1敗0セーブ 防御率15.00

    ○ソフトバンク
    カイル・ジェンセン(ジャイアンツ傘下3A)
    52試合189打数37安打5本塁打27打点 打率.196

    ○西武
    ステフェン・ファイフ(インディアンス傘下3A)
    10試合(10先発)3勝5敗0セーブ 防御率6.79
    ブライアン・シュリッター(ドジャース傘下3A)
    28試合(0先発)2勝1敗9セーブ 防御率3.00

    ○オリックス
    マット・ウエスト(米独立リーグ・シュガーランド)
    13試合(0先発)0勝0敗0セーブ 防御率0.00

    ○日本ハム
    クリス・マーティン(レンジャーズ)
    23試合1勝1敗0セーブ 防御率3.92

     こうして見てみると、日本を離れた後も結果を出すのに苦労している選手も数多く見受けられる。メジャーでプレーしているのはマイコラス、ギルメット、マーティンの3人だけ。多くは傘下3Aに在籍しているが、中には2Aや独立リーグでプレーしている選手もいる。

     また、ここに名前のない中でも、例えば、ロッテのパラデス(韓国・斗山を戦力外)のように米国以外、韓国やメキシコ、ドミニカなどでプレーを続けている選手も少なくない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00139287-fullcount-base

    ヤクルトの石井琢朗打撃コーチ(48)の妻で元フジテレビアナウンサーの石井詩織さん(42)が、20日放送のTBS「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」(水曜後7・00~9・57)に出演。石井コーチがセ・リーグ連覇を果たした広島を退団した真相が明らかとなる。

     現役時代の最高年俸2億4000万円。超一流選手の証でもある2000本安打を達成した石井コーチ。昨年まで所属していた広島では強打の打線を作り上げ、チームを2年連続リーグ優勝に導いたが、今年からは昨季最下位だったヤクルトで打撃コーチを務めている。

     一方、詩織さんはフジテレビの元アナウンサーで「プロ野球ニュース」のキャスターを務めているときに石井コーチと出会った。2人は1年の交際を経て、2001年に結婚。詩織さんは結婚後すぐにアナウンサーを辞め、専業主婦となり、陰ながら夫を支え続けてきた。

     夫婦は3人の子宝に恵まれ、中でも次女のさやかさんは雑誌で何度も取り上げられるほどの天才テニス少女に。ところが、結婚16年目となった昨年、プロスポーツの厳しい世界で生きてきた石井コーチとスポーツ経験が全くない詩織さんは、テニスのプロ選手を目指すさやかさんの教育方針を巡って衝突した。

     結局、さやかさんの意思を尊重することにした2人。娘から送られてきたとあるメッセージで、ついに石井コーチは広島を退団し、東京に戻ることを決断する。詩織さんがカメラの前で見せた涙の理由とは――。名伯楽の衝撃的な移籍の真相が明かされる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000000-spnannex-base 

    このページのトップヘ