広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    カープOB

     第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、決勝ラウンドの準決勝で日本代表が米国代表と対戦。侍ジャパンの熱戦の模様をスポニチ評論家の大野豊氏がライブ解説を行った。


    ◇試合経過

    米000 100 010|2

    侍000 001 000|1

     〈総括〉残念な結果になった。劣勢を跳ね返す強さ、僅差の中での強さを、もう一つ出し切れなかった。失点の仕方が悔やまれる。特に8回の決勝点。松田のジャッグルはあったが、その前にキンズラーに打たれた二塁打。防ぐ策はあったと思う。

     そして、いろんなタイプの投手を小刻みにつないできた米国に対し、打線が対応できなかった。大会前の準備段階から、米国のリリーフ陣のような変則的フォームで、なおかつ速い球を投げてくる投手への対策として、青木のアドバイスもあって早くタイミングをとっていくということをやってきた。それでも動く球に対し、試合中に対応ができなかった。情報を集めるという準備だけではない、試合の中での準備に課題を残した。

     選手はきついスケジュールの中で集まり、ここまでよく頑張った。目標を果たせず、精神的な疲労度もあると思うが、これから日本のプロ野球の開幕へうまく切り替えていってほしい。そして、この経験をチーム内で、特に若い選手に伝えていってほしい。野球、そして勝利に懸ける思い、国際大会で勝つことの難しさ…。そういうものを共有し、研究、努力して「強さ」を身につけていってもらいたいと思う。

     〈9回 ピンチは乗り切ったが、攻撃は3者凡退で惜敗〉

     〈8回 米国 二、三塁から内野ゴロで再度1点リード〉

     危惧していたことが起きた。千賀は素晴らしい投球をして、登板から4者連続三振で1アウト。安打で1人のランナーが出たところから失点するというのは、往々にしてあるし、私も経験した。1死一塁からのキンズラーの二塁打。2ストライクからの3球目は球速からして、スライダーだったと思うが、甘くなった。悔やまれる1球。こういう1球をやってほしくなかった。

     二、三塁になって前進守備の松田がゴロをはじき、バックホームできず失点した。近くにいる三塁走者が走者が目に入ったのか。1点目といい、取られ方が悔やまれる。裏の攻撃、内川が手本のような打撃をした。何とか取り返してほしい。

     〈7回 2番手・千賀、3者連続三振〉

     負けられない試合。緊張感の中で、千賀が素晴らしい1イニングを見せた。持ち味を十分に出し、メジャーの打者を見下ろしているようだった。2次ラウンドまででつかんだ自信、自分のボールを投げられればいける、という気持ちが感じられる。スキを見せずにいってほしい。

     菅野は6回を投げ、自責点は0。緊迫の雰囲気、悪天候の中で、よく投げた。小林との信頼関係も見て取れた。試合を重ねるごとに小林に対する投手の信頼は高まり、小林もよく引っ張っている。

     〈6回 菊池が右翼へ同点ソロを放つ〉

     菊池の一発。変則フォームで速球を投げてくるN・ジョーンズの158キロを捉えた。強く叩くという打撃が見られたし、打球がよく伸びた。自分の失策から失点し、取り返したいという思いがこもったような打球だった。広島でのプレーをいつも見ていて、切り替えが非常にうまい選手だと思っている。そして、自分がやらなきゃという気持ちが強い。いい面が出た。

     直前の守備。小林が盗塁を刺し、菅野が気合の入った投球で4番アレナドを3球三振。流れを引き寄せた。

     〈5回 米国が継投に入る〉

     ロアークを48球で下げ、米国は継投に入った。いい流れの中で代えていこうということなのだろう。メジャー各球団で力を発揮しているレベルの高いセットアッパー、クローザーが、小刻みに出てくると考えられる。

     目線をどんどん変えられる中、いかに対応力を発揮できるか。各投手の特徴、情報は頭に入っていても、短い対戦で結果を出していくのは容易ではない。とはいえ、先行されている以上、打線の奮起がなければ道は開けない。

     〈4回 米国が1点先制、日本は走者を出すも無得点〉

     名手菊池のエラーから1点を先に失った。正面のゴロだったが、芝の切れ目。芝が雨を含んでいて、打球の勢い、スピンといったあたりがイメージと違ったのだろうか、グラブの土手に当ててはじいた。

     マカチェンに適時打を許す前、ホスマーを2ストライクと追い込みながら四球で歩かせたのも痛かったし、適時打はスライダーを捉えられた。若干甘く入った球。打たれた後、菅野の口の動きは、捕手の小林に、すまないと謝っていたように見えた。しかし、試合はつくっている。あとは打者。ロアークの球を捉える反応が少し悪い。元気を出していくしかない。

     〈3回 菅野が走者を許すも後続を抑える〉

     米国の攻撃で無死一塁からスタントンが三ゴロ。松田がいい動きでゲッツーに取った…と思われたが、リプレー検証で二塁セーフに判定が変わった。

     日本の攻撃では1死一塁から山田の遊ゴロでの二塁転送で小久保監督がビデオ判定を求め、判定通りアウト。山田が盗塁すると、米国の監督がビデオ判定を求め、判定通りセーフになった。

     これだけビデオ判定があると、なかなか試合のリズムが出てこないが、ルールのもとでやっていること。ビデオ判定を念頭に置けば、一つ一つのプレーをより丁寧に行う必要がある。菊池の二塁カバーは、その瞬間、「大丈夫か?足が離れているんじゃないか」と思った。

     〈2回 両軍得点なし〉

     やはりロアークはどんどんストライクを投げ込んでくる。ストレート系の球に対して、日本の打者は坂本勇のファウルであったり、松田のゴロであったり、まだまだ差し込まれている印象だ。追い込まれるまではスライダーは捨てて、真っすぐ系1本でいっていい。

     今日の球審は割と低めをストライクに判定しているように見える。このあたりを、今度は菅野がうまく使っていってほしい。

     〈初回 侍J、三塁まで走者を送るも無得点〉

     菅野は変化球を使いながら、いい入りができた。決して彼本来のコントロールで投げ切れてはいないが、何より3人で終われた。雨の中の投球だが、天候に負けず投げていってほしい。

     攻撃は先頭の山田が死球で出た後、菊池がバントで送り、形を作った。ロアークの特徴は、この回打席に立った4人でしっかり把握できたと思う。8、9割がツーシームを含むストレート系。どんどんストライクを取ってくる。タイミングを合わせ、振り負けないことだ。

     【日本代表スタメン】投手 菅野

    1番(DH)山田、2番(二)菊池、3番(右)青木、4番(左)筒香、5番(一)中田、6番(遊)坂本、7番(三)松田、8番(中)秋山、9番(捕)小林

    【米国代表スタメン】投手 ロアーク

    1番(二)キンズラー、2番(中)A・ジョーンズ、3番(左)イエリチ、4番(三)アレナド、5番(一)ホスマー、6番(右)マカチェン、7番(捕)ポージー、8番(DH)スタントン、9番(遊)クロフォード


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000110-spnannex-base&pos=1

     【3月12日】

     鳴尾浜球場のビジターベンチを訪ねると、佐々岡真司と懐かしい話になった。自軍のエラーを喜ぶなんてあり得ない。でも、あの夜だけは…。1999年5月8日だから18年前。僕が取材者として唯一現場で目撃したノーヒットノーラン。古い話になるが、その主役に当時を振り返ってもらった。


     「九回は足がガクガク震えたな…。野手もガチガチだったよ。のむさんは『エラーして良かったと思ったのはあのときだけ』と言うとった。最後は皆マウンドで喜んでくれてね。あ、一人だけ俺にチョップしてきたやつがいたな…」

     3年前からカープ2軍投手コーチを務める佐々岡は球史に名を刻んだ中日戦を懐かしむ。「のむさん」とは野村謙二郎のこと。快挙まであと2人となった九回1死。中前へ抜けそうな当たりを遊撃手野村がはじいたが、記録は「E」。広島市民球場を包んだ大歓声を今もはっきりと覚えている。

     カープは佐々岡以来、2012年に前田健太が達成するまで12年間ノーヒッターは生まれなかった。阪神は04年の井川慶以来だからやはり12年間遠ざかる。念のため調べてみると完全試合を含むノーノーはやはりというかさすがというか、巨人が15度で最多だった。

     10日から阪神の2軍は広島と3連戦を戦った。甲子園の1軍と並行して鳴尾浜で取材しておきたかったのはローテ候補の現在地。前日は岩貞祐太、この日は横山雄哉。教育リーグで先発した彼らの印象を佐々岡に聞くと、「2人が上で働かないと阪神は苦しいだろうし、逆にフル回転すれば他球団はすごく嫌だな」。佐々岡はとくに岩貞はカープにとって鍵になる存在だという認識がある。なぜか。

     背番号17が昨季挙げた10勝の内訳はDeNAに4勝、巨人に3勝、ヤクルトに2勝、中日に1勝。広島にだけ白星を挙げられず6戦4敗、防御率4・59。被打率・163、防御率0・58と対戦別で最も得意にした巨人とは対照的である。だから、一転雪辱されれば怖いというわけだ。18年前、佐々岡のノーノーを広島のブルペンで味わった現阪神2軍投手コーチの高橋建に聞いてみた。元同僚の黒田博樹が完投を美学にしていたことに触れ、岩貞に期待を寄せる。

     「僕のエース理論は完投できる投手。どこが相手でも勝てる投手。長いイニングを投げられる投手。彼(黒田)は自分なりの美学を貫きましたよね。僕から見ると単純に格好いい。岩貞は完投を目指せる体力の持ち主だし、そういう投手であってほしいと思う」

     この日、巨人戦に先発した能見篤史もイニング数にこだわってきた男。岩貞には「イニングを伸ばしていかないと」と要求は高い。佐々岡は言う。「先発すればまず完全試合を目指し、次にノーヒット。そして完封、完投…。若い投手には足が震えるような経験をしてほしい。野手もガチガチになるような」。ちなみにあの夜、広島の左翼で足を震わせていたのは…マウンドで佐々岡に馬場チョップをかまして喜んだ、あの人です。=敬称略=(デイリースポーツ・吉田 風)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000034-dal-base

     「広島春季キャンプ」(1日、沖縄)

     春季キャンプを打ち上げ、2年連続で臨時投手コーチを務めた安仁屋氏は、MVPに九里を挙げた。

     今キャンプは、昨年と異なり沖縄にも帯同。オープン戦など、実戦をその目で見て気が付いたことを助言してきた。開幕ローテの一角を狙う九里は、キャンプ序盤からアピールし、2月27日の韓国・ネクセンとの練習試合でも3回2安打無失点と好投した。

     「去年と腕の振りが違う。去年は菅野(巨人)をまねして腕を途中で止めていたけど、今年は最後までしっかり振り切っている。スタミナもある。いい状態だと思う」。

     開幕ローテが確定しているのはジョンソンと野村。九里が、安仁屋臨時投手コーチの期待にも応えられるか、注目だ。


    引用元  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000088-dal-base

     そのユニホーム、似合ってますね。再会してすぐにそう振ると、「赤い虎」の打撃コーチはまんざらでもなさそうに笑った。

     「ほんま、久しぶりだな。カネはどうよ。元気にしてるのか?平田さんは?元気…だろうな」

     紅白戦で大山悠輔の初安打を見届けた後、宜野座を出た。向かった先は金武町ベースボールスタジアム。阪神のキャンプ地から車で10分の隣町で韓国プロ野球KIAタイガースがキャンプを行う。今年からKIAでコーチを務める正田耕三に会いに行くと、練習中にもかかわらず「入ってこいよ。監督を紹介するから」と、打撃ケージの真裏まで招き入れてくれた。

     「ようこそ」と握手で迎えてくれた監督の金杞泰(キム・キテ)は、かつて阪神でコーチ研修の経験がある。正田は信頼する金からの熱心な誘いもあって、昨季までコーチを務めたハンファ・イーグルスから移籍。8年ぶりの韓国チャンピオンを目指している。

     「きょう阪神は練習日だろ?紅白戦か。ルーキーはどうだ?」

     KIAは沖縄県内で遠征試合が多く、なかなか金武で会えるタイミングがない。そう思い、広島担当時代から世話になる正田のもとへ挨拶に伺ったのだが、やはり話題は虎、虎、虎…。広島で2度の首位打者に輝いた男は和歌山生まれで生粋の虎党だ。岡田彰布が率いた阪神の打撃コーチとして05年にリーグ制覇を経験しており、退団後もやはり愛着は尽きない。

     「阪神は特別な球団だよ。日本一のな。新聞であれだけ大きく書かれるから勘違いをしてしまう選手も多いんだけど、あれはプレッシャーにもなる。新人が15タコしたくらいであんなにデカデカと記事になるのは阪神くらいだろ」

     こちらから虎の情報を提供したわけじゃない。でも、正田は知っていた。日本の新聞をチェックし、大山がこの日まで実戦5試合で15打数無安打だったことを…。

     「KIAは韓国の阪神タイガースなんだよ。ファンが一番熱狂的だからな。こっちはネット社会でさ、例えばデイリースポーツの記事がネットに出たら、それに対するファンの書き込みが1000件とかになるんよ。ちょっと悪かったら、結構たたかれてしまう。ファンのデモもあるからね」

     正田は金本知憲を広島の新人時代から見てきた。だから、案ずる。さすがにデモは起こらないまでも、「日本の虎」の過酷な環境を知るだけに、僕との会話の中で何度も「虎将金本」に触れた。

     広島、近鉄、阪神、オリックスそして韓国…。正田自身、複数球団でコーチを経験する中で「教え方、考え方…やっぱり長年やっていると変わる。色んなタイプの打者を見てこの打者ならこうやって直したほうがいいとか」という。

     「カネは2年目か。そりゃ時間はかかるよ。阪神で誰もやったことのないことをあいつはやろうとしてるんだからさ。周りが足を引っ張っちゃダメ。マスコミもな」

     正田はシワの増えた目尻を下げながら、後輩を思いやった。=敬称略=(デイリースポーツ・吉田風)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000040-dal-base

     新人合同自主トレが始まった1月上旬に、広島のドラフト2位・高橋昂也投手(18=花咲徳栄)が、球団では苫米地鉄人以来、17年ぶりとなる高卒新人での開幕1軍に意欲を見せたという記事を書いた。「高校BIG4」の一人として昨夏の甲子園を沸かせた高橋昂は、首脳陣からの評価も高く、私自身も話題の一つとして期待するところがあったのだが、17年前の当事者から話を聞き、考えさせられた。

     「高卒新人には、目先の1軍を目指すのでなく、長く1軍で活躍してほしいと思っています。そのためには、まずはファームでプロの体づくりをすることが大切です」

     苫米地氏は現在、広島のトレーナーを務め、今年は主に強化指定選手のトレーニングを担当する予定。かつてスポットライトを浴びた同氏の言葉には、自らの「失敗経験」がこめられており説得力がある。

     「開幕1軍は、タイミングが合ってキャンプを1軍で過ごせて、ラッキーが重なった結果。大した実力があったわけじゃないんです」

     ルーキーイヤーの00年は23試合に登板。ただ、土台ができていない中での投球は結果として代償が大きかった。ケガが重なり02年を最後に1軍登板から遠ざかり、06年に現役引退を余儀なくされた。自らの苦い経験を生かしたいという意向もあって、トレーナーに転身した。

     「自分が短命になってしまったこともあって、(高卒新人は)しっかり体をつくる方針にしようという話になったと球団の方から聞きました。実際、マエケンもそうでしたし。自分と同じことを繰り返してほしくないですね」

     広島のエースとして活躍した前田健太(現ドジャース)も、新人だった07年は1軍出場なし。昨季、中継ぎの軸としてチーム最多タイの67試合に登板した今村も、初昇格は1年目の10年8月中旬だった。「教訓」は確実にチームに生かされている。

     私の考えも少し変わった。高橋昂の1軍でのマウンドは正直、早く見たい。でも、それはリーグ連覇決定後のお楽しみでいいと思う。 (広島担当・柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000097-spnannex-base

     25年ぶりにリーグ優勝を果たした広島カープ。この優勝を75年の初優勝に重ねる向きも多い。41年前、不動のリードオフマンとしてチームを牽引したのが大下剛史氏は“暴れん坊軍団”と呼ばれた東映では切り込み隊長として活躍した選手だ。

     彼はどのようにして広島を変えたのか。当時を洗いざらい語ってもらった。(その1はこちら http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50787)


    流れを変えた、捨てゲーム

     二宮 1975年の初優勝でカギになった試合は? 
     大下 6月19日のヤクルト戦じゃろうね。この試合までカープは5連敗しとった。もう投げさせるピッチャーがおらん。それで監督の古葉(竹識)さんがワシと(山本)浩二とサチ(衣笠祥雄)を呼んで「明日は、若い永本(裕章)を投げさせようと思うんだ」と言ったんだ。

     二宮 永本は4年前に地元の盈進高からドラフト2位で入団したピッチャーで、ボールは速いがノーコンで通っていました。

     大下 そうそう。それで古葉さんは、こう続けた。「もう、これ(永本)しかおらんから負けてもいい。なんならオマエらは休んでもええぞ」と。

     二宮 いわゆる“捨てゲーム”だったわけですね。

     大下 その試合にカープは3対1で勝ったわけよ(永本は六回三分の一を投げ勝利投手に)。それでカープは勢いに乗った。優勝する時というのは、こういう不思議な勝ち方があるんじゃろうねぇ……。

     二宮 予期せぬ戦力と言えば、アンダースローの金城基泰がそうでした。前年の74年には20勝(15敗)をあげ、最多勝に輝きました。ところがその年のオフ、交通事故に遭い、失明の危機に見舞われました。

     その後、薬の副作用と戦いながら8月に復帰を果たし、貴重なリリーフとして活躍しました。10月15日、優勝を決めた後楽園球場の最後のマウンドに立っていたのが金城でした。

     大下 まさか金城が戻ってくるとはねぇ……。古葉さんも、失明の危機に見舞われたピッチャーを、胴上げ投手に使うんじゃから、采配自体が神がかっていたね。ワシら守っていても鳥肌が立ったからね。

     優勝を決めた試合は八回途中から出てきた。ワシの顔を見るなり金城は笑いながら、こう言うたよ。「大下さん、ワシは打球が見えんのじゃけん、ピッチャーゴロでも安心しなさんなよ。バックアップにきなさいよ」ってね。



    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00050790-gendaibiz-bus_all

     広島カープが25年ぶりにリーグ優勝を達成した。ファンの中には、今回の優勝を1975年の初優勝に重ねる向きが少なくない。あの時は球団創設26年目での悲願達成だった。

     41年前、不動のリードオフマンとしてチームを牽引したのが大下剛史である。地元出身の大下は74年のオフに、日本ハムからトレードで移籍してきた。

     アマチュアの名門・広島商、駒澤大で持前の俊足好打好守を磨き、“暴れん坊軍団”と呼ばれた東映では切り込み隊長として活躍した大下は、どのようにして広島を変えたのか。洗いざらい語ってもらった。




    物議を醸した「ワシのトレード」

     ―東映で1年目からレギュラーとして活躍し、日拓・日本ハムとチーム名を変えながらもスタメンを張っていた大下さんが74年オフ、トレードで広島に移籍してきたことは驚きでした。何が原因だったのでしょう。

     大下 結局は水原茂と三原脩の確執ですよ。僕は水原のオヤジさんに世話になっていたので、73年に球団社長に就任した三原さんにすれば水原色を消したいという狙いがあったんじゃないかな。

     おもしろい話があってね、ワシが広島からトレードを打診された直後に(東映時代からの先輩の)張本勲さんから電話が入ったんです。「剛史、このトレードはすぐに断れ。行くんやない!」と。そんなこと言われても、こちらはどうすることもできない。

     ワシの次は大杉勝男さん、そして張本さんと相次いで、主力がトレードでチームを去っていった。時間をかけて三原さんは水原色を一掃したんです。

     ―74年オフに広島の打撃コーチから監督に昇格したジョー・ルーツが大下さんのプレーを買っていたという話を聞いたことがあります。

     大下 それはワシも後で知ったんだけど、74年のカープとのオープン戦で、ワシがコーチの制止を振り切って走ったシーンがあったらしい。それを見ていたルーツが、監督になる条件のひとつとして「オオシタを獲ってくれ」と球団に頼んだというんです。「オオシタのプレースタイルはオレのやる野球にマッチしている」とね。

     ―トレードではレギュラークラスの渋谷通、上垣内誠との二対一でした。大下さんへの期待の大きさがわかります。

     大下 これも後で聞いたんじゃけど、球団代表の重松良典さんは契約書にハンコを押す時、手の震えが止まらんかったらしいよ。球団にすれば、ひとつの賭けだったんでしょう。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00050787-gendaibiz-bus_all

    このページのトップヘ