広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    カープOB

    【越智正典 ネット裏】プロ野球で、ボルサリーノか、ノックスか、粋なソフトをななめにかぶって街を歩いていたのは、水原茂、岩本信一、それから根本陸夫。苦渋がなにもないように見えたのが男のオシャレであった。

     広島カープの野崎泰一がそうであった。1975年広島がキャンプのコーチに招いたウォーレン・スパーン(363勝、奪三振2583、73年殿堂入り)と意気投合。二人で街を歩くと、いまにもビング・クロスビーの歌が聞こえて来そうであった。

     野崎泰一は23年7月2日、当時軍港の広島県呉で生まれた。大正12年関東大震災の年である。呉港中学へ進んだ。呉港中学は丘の上。丘の上なので野球グラウンドを作れない。毎日のように丘を下り海軍工廠と試合。大人にもまれるので逞しくなる。呉港中学は34年、山陽大会(当時)決勝で広陵中学を破り、3年連続で第20回大会の甲子園へ。のちのミスタータイガース、藤村富美男の投打にわたる奮戦で全国優勝を果たした(決勝、川上哲治の熊本工業を2対0。奪三振14、被安打2)。大会史は藤村を「阿修羅の如し」と伝えている。

     野崎は戦前強力時代の専修大学に進んだ。38年、静岡キャンプを打ち上げた巨人は東京にグラウンドがなく、月島の専修大のグラウンドを借りている。野崎は間もなく野球が出来なくなった。戦争苛烈。43年に卒業。終戦。職業野球が復活した。野崎は甲子園球場が占領軍に接収されていた46年、阪神に入団。はや投げが人気を呼んだ。お客さんは野崎のピッチングに男の度胸を見たのだ。

     50年、プロ野球は2リーグに。誕生した広島カープの監督石本秀一が広島出身の選手に呼びかけた。「みんな“ヒロシマ”に帰ってこい!」

     52年、野崎は東急を経て戻って来た。が、翌年現役引退。野崎はユニホームを脱いでも、ふるさと球団に尽くしたかった。スカウトになった。が、この貧乏球団にはオカネがない。九州、四国、交通不便な奥へ行ってもタクシーに乗れない。テクテク歩いた。

     野崎を尊敬する59年カープ入団の大型三塁手興津達雄は「先輩は凄いです。1年間に少なくても靴10足は履き潰しました。池田高校の蔦監督がいちばん尊敬していたのは野崎さんですよ。カープを強くしたい野崎さんの精神が苑田(聡彦スカウト統括部長)に受け継がれているんです。カープは、また全国的には無名の選手を探して来て、二軍で鍛えてきっと黄金時代を作りますよ」

     苑田は毎年そうだが、昨年の暮れにもカープのカレンダーを一本持って興津の家に挨拶に行っている。興津が野崎のように思えるのだろう。

     野崎の話をしたら思い出した。61年に専修大から入団した山本兵吾がキャンプインの前にピッチングを教えて下さいと、訪ねてくると「バッターが打てん球を投げんかい!」。68年、コーチでカープに入団した早大、毎日、近鉄の小森光生が家に遊びに来ると大喜び。「めしを食べて行ってくれたあー。元気一杯の大めしだったあー」。野崎はそういう男である。 =敬称略=



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000002-tospoweb-base

     広島で通算3度のノーヒットノーラン(うち完全試合1度)を達成したレジェンド、外木場義郎氏(74)が16日、廿日市市の大野練習場で行われている新人合同自主トレを視察。ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=のフォームを絶賛した。


     約30メートルの距離でキャッチボールを続けるドラフト1位右腕・森下を正面から見ながら、外木場氏が何度もうなずいた。

     「フォームのバランスがいい。脚と腕が連動している」

     森下は現在、キャッチボールと内野ノック、ウエートトレが主な練習メニュー。まだブルペンに入っていないが、すでに佐々岡監督が「何をやってもセンスがある」と評価し、1軍キャンプ入りを明言している。

     外木場氏もこの日、森下にアドバイスは、と質問されると技術的なことにはふれず、「張り切り過ぎてはいけない。ドラフト1位は、故障することが一番してはいけないこと」とだけ注文を付けた。逆に言えば、故障さえしなければ通用するということ。巨人・沢村栄治氏と並ぶプロ野球最多の3度のノーヒットノーランを達成した伝説の男も、注目の最速155キロ右腕にお墨付きを与えた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000008-sanspo-base

     プロ野球の広島、中日などで活躍した片岡光宏さん(57)は現在、宮崎市内で広島風お好み焼き店「かたおか」の代表を務める。場所柄、2月のキャンプ期間中は多くの球界関係者が訪れ、大盛況。過去には「星野ジャパン」の決起集会も開かれたほどだ。


     片岡さんは府中東の「4番打者兼エース」として1979年のセンバツに出場し、その年ドラフト1位で広島に入団した。期待の大きさは外木場2世として背番号「14」を受け継いだことでもお分かりだろう。しかし、右肘を故障し、投手としては登板わずか5試合。野手に転向後の88年には10本塁打をマークしたものの、その後は中日、横浜(現DeNA)にトレード移籍。腰痛に悩まされ、91年オフに自由契約となった。

     引退後は幼子を連れ、夫人の実家がある宮崎へ。当初は知人の紹介でとび職に就こうとしたが、腰痛で断念し、この店を構えたという。

     「広島時代からお好み焼きが大好きで、毎日でも食べたいと思っていたから。単純な発想ですよ」

     そばは本場広島から取り寄せた生麺を使用。美人の奥様の支えと日々研究を重ねたことで、地元に根づいていった。5年前からは「備後府中焼き広報大使」を務めるほど。その傍ら野球への感謝の気持ちは強く、社会人野球クラブチーム「宮崎ゴールデンゴールズ」のGMの肩書も持つ。

     「野球に興味を持ってもらうために少年野球教室を開催し、広島のOBを呼んで野球人口の底辺の拡大に協力してもらってます」

     そんな片岡さんにとって忘れられないのが2008年1月31日。当時日本代表の大野豊投手コーチから「奥の個室、空いてる?」と1本の電話が入り、予想外の展開になった。北京五輪に向けた強化合宿のため、宮崎入りしたばかりの星野仙一監督以下、コーチ陣がやって来るという。

     「この大事な時期に、しかも空港に着いてすぐ。星野さん、田淵さん、(山本)浩二さんがそろって、うちの店に来てくれた。あのときは度肝を抜かれましたよ」

     片岡さんが中日に在籍したのは89年のわずか1年間。いまは亡き星野さんの人柄が偲ばれる行動に「優しくて、面倒見がいいと聞いていましたが、本当でした。2011年、楽天の監督のときには新人だった松井(裕樹)ら主力選手20人くらいを連れて来ていただきました。殿堂入りした田淵さんも毎年のぞいてくれます」と感謝した。

     いまの「かたおか」があるのも星野さんのおかげだという。店を構えて3年目。まだ40代だった先ほどの3人がカウンターに並んだことがあった。

     「仙ちゃん、おいしいだろ?」と同意を求める浩二さんに「親しいヤツが本当のことを言ってあげないと、店の料理はうまくならない」と返したという。

     「あの言葉で気持ちが引き締まって、さらにおいしいお好み焼きをつくろうと思いました。浩二さんの気持ちもうれしかった」

     まもなく、キャンプイン。今年も宮崎が活気づく季節がやって来る。

     「2月は一番忙しい時期です。毎年が勝負。特にここ数年はカープが優勝したりで、キャンプに来る報道陣や、球団の幹部までが来てくださいます。広島時代の仲間とも久しぶりに会って、クラス会みたいな雰囲気になりますよ」

     人気メニューは「府中そばベジタブル500円」「府中そば炙りネギマヨ600円」「広島そば700円」など。コテを握り、片岡さんは今や遅しと待ち構えている。

    (まいどなニュース特約・吉見 健明)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-11002820-maidonans-life

     プロ野球界では出場機会の少ない選手を対象にした「現役ドラフト」の導入が検討されている。大リーグでは「ルール5ドラフト」として定着し、移籍によって成功した選手も少なくない。日本球界では継続して議論が行われているが、ファームでの指導歴が長かった内田順三氏に同制度への期待、ファームでの注目選手などについて聞いた。

     ◇ ◇

     非常にいい制度だと思うよね。メジャーでもやっているけど、チームが変わって選手が生き返るケースはあるから。

     日本ハムへ移籍して成功した大田もそうだったけど、選手の使い方というのは大事。巨人から近鉄に移籍して活躍した吉岡なんかもいい例で、梨田(当時の近鉄監督)はその能力を評価して『10試合、目をつぶってやるから結果を出せ』とハッパをかけたらしい。これなら選手からすれば、1試合ダメでも『次、また次』となるよね。精神的に余裕があれば、数字が伸びてくるケースもある。

     力を発揮できない要因はさまざまだけど、ひとつの球団にいると先入観念を持たれている選手がいる。少し使われてダメだと、すぐに「やっぱりあいつは…」となってしまう。自分がカープで指導した選手では10年目に首位打者を取った嶋がそうだった。腰が悪いという先入観念を持たれ、長続きしない。9年目のオフには戦力外も検討されていたけど、自分がコーチに戻って「まだ勝負できる」と球団に残すよう頼んだ。

     素材は素晴らしいと思う選手はファームにたくさんいる。例えばDeNAの関根は14年のフレッシュオールスターで見た時、素晴らしい選手だと思った。足も速く、ミート力もあって、西武からレッズに移籍した秋山のようになれると。当時、西武の山川やロッテの井上も一緒のチームにいたけど、関根はその中でもものすごく目立っていた。

     巨人では捕手の岸田。入団3年目になるけど、広角に打てるようになって打力が上がっている。1軍には炭谷、小林、大城といるけど、岸田も力は付けてきている。外野では松原もポカが多いけど、あの足は魅力。一芸がある選手は、チームによってはまる可能性を秘めている。

     球団それぞれの方針もあるからね。ロッテ・安田のように、1軍で出られる成績も残しているけど、下でじっくり育てている。カープのように5年後を考えて選手を獲得している球団もある。坂倉なんかもいい振りをしているよ。そうなると、対象選手について、入団後の年数や時期をどうするかが難しいだろう。

     出身高校や大学、社会人チームとの信頼関係もあるからね。選手を生かすためのシステムにできるか。クビになりそうな人材が動くのではなく、相手側から評価されていくケースが増えれば日本球界の活性化につながるんじゃないか。

     ◆内田 順三(うちだ・じゅんぞう)1947年9月10日生まれ、72歳。静岡県出身。現役時代は左投げ左打ちの外野手。東海第一から駒大を経て、69年度ドラフト8位でアトムズ(現ヤクルト)入団。75年日本ハム移籍。77年ヤクルト移籍後、82年限りで現役引退。通算成績は950試合485安打25本塁打182打点、打率・252。83年以降は2019年まで広島、巨人で1軍打撃コーチ、2軍打撃コーチ、2軍監督などを歴任した。20年からはJR東日本の外部コーチを務める。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000057-dal-base 

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が13日、ブログを更新。自身の愛妻がカープの後輩夫妻について思わずつぶやいた“ほのぼの感想”を明かした。



     広島の後輩、鈴木誠也外野手(25)の自主トレを扱ったニュースを見たという北別府夫人。鈴木はロンドン、リオデジャネイロ両五輪の新体操日本代表で現在はスポーツキャスターとして活躍する畠山愛理(25)と昨年8月に結婚したばかり。自主トレには愛理夫人を帯同しており、ニュースも令和時代のプロ野球選手夫妻の仲睦まじい様子を扱った。すると、北別府夫人は「んまっ!羨ましい!」と一言。「時代が変わったわね」とうらやんだのだという。

     「一度くらいキャンプとやらを見てみたいと言った家内に対してその際、私は球場だけは来たらいけんでと言ったとのことでした(私の記憶には無い)」と昭和時代のプロ野球選手だった北別府さん。

     その後、再度ブログを更新。愛妻が「最近のカープの選手のお嫁さん達の綺麗で華やかなこと!!広島に来てくれてありがとう!!」と愛理夫人に感謝の言葉を口にし「私たち??あの頃皆、地味だった」とオチを付けていたことをちゃめっ気たっぷりに明かしていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000247-spnannex-base

     2020年の全米野球記者協会による米野球殿堂入り投票の結果は21日(日本時間22日)に発表される。ヤンキースのデレク・ジーター氏や最終年のラリー・ウォーカー氏らが注目を集めているが、MLB公式サイトは元広島でヤンキースなどで活躍したアルフォンソ・ソリアーノ氏を特集している。


     記事では「間もなく少数のレジェンド達が野球殿堂入りを果たす。例えばデレク・ジーターのようなアイコンが。しかし、その他にも多くの2020年度で覚えておく価値のある選手がいる。面白かった選手。素晴らしいキャリアを送った選手」としてソリアーノ氏を紹介。ドミニカにあるカープアカデミー出身のソリアーノ氏は、1996年から広島で2年間プレー。1999年にはヤンキースでメジャーデビューし、メジャー通算16年で412本塁打、2095安打、289盗塁、打率.270の好成績を残した。

     盗塁王1回、球宴7回、球宴MVP1回と実績は十分だが、MLBで殿堂入りとなるとそう簡単にはいかない。「今年の殿堂入り候補者の中には、彼より実際には『野球が上手かった』選手は多くいる。ソリアーノはホームランを762本打ったわけではなく、ワールドシリーズ制覇を5度したこともなく、MVPに選ばれたこともない」と言及。選出される可能性は低いが、「しかし、彼はとってもカッコイイことをやってのけた。向こう見ずで、自由奔放で、力まかせのスイングをした」と印象に残る選手だったことを伝えている。

     ヤンキースとダイヤモンドバックスが対戦した2001年のワールドシリーズ第7戦では、1-1で迎えた8回にこの年22勝を挙げていたシリングと対戦。記事では「キャリア最高のシーズンを送っていた野球界の最高の投手と対戦したときは、通常なら緊張で硬くなったり、少しアグレッシブさが欠けたりするような場面だろう」と状況を説明。しかし「状況は関係ない。投球を受けるということは、ボールを遠くへ飛ばすチャンスが与えられた、ということだ」と一時は勝ち越しとなるソロ本塁打を放った。

     ソリアーノ氏の代名詞は初球からの豪快なフルスイング。「彼は、全てで(力一杯)スイングした。それはまるで、裏庭でふざけて友達にからかわれるリスクを払うかのようなプレーだ。彼はいつでも確実に隣の国にボールを飛ばすかのようなスイングをした。それが彼が最高である理由だ。彼のプレーの全ては、宇宙で最高の男になるように仕向けられていた」とその印象的なプレースタイルを振り返っている。

     積極的に次の塁を狙ったため通算289盗塁ながら盗塁死も84と多く、初球から打つことが多かったため通算打率.270に比べて出塁率.319と低かった。記事では「多分、効率的ではなかっただろう。だけど、それはとても楽しいことだった」と称賛。「彼は毎年そのバットを彼の前腕のように振りかざし、低い軌道のミサイルを放った。アルフォンソ・ソリアーノのライナーは、他の誰とも異なっていた」とパワフルなスイングからの弾丸ライナーを回顧している。

     殿堂入りは現実的ではないが、印象的なプレースタイルでファンから愛されたソリアーノ氏。投票ではどれくらいの票を集めるのかにも注目だ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00660096-fullcount-base

    1月6日放送の『みみよりライブ5up!』・北別府学の「週刊GO UP!」は、「戦力流出危機免れた!菊池も残留で挑む戦い!」をテーマにお送りしました。



    去年の年末に飛び込んできた菊池涼介選手のカープ残留という決断について北別府さんは
    「カープにとっては当然大きい。投手にとってあの守備力は心強いし、代わる選手はいない
    打者としても菊池は広角に打てるし、バントなど色々なことが器用にできるので、投手からすると勝負しづらい相手。
    進む方向性が決まったので、チームをしっかり引っ張ってほしい」
    と期待を込めました。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00010001-hometvv-l34 

     広島から戦力外となり現役引退を示唆していた船越涼太捕手が1日、自身のインスタグラムで古巣の社会人チーム・王子で現役を続行することを発表した。

     船越は自身のインスタで「報告」とのタイトルで「一度は現役引退の決断をしましたが、沢山の人からの後押しもあり王子復帰という決断をしました」と古巣の社会人チーム・王子で現役復帰することを発表した。

     復帰の理由については「王子というチームが大好きであること、僕の野球人生の中で大きく成長させて貰った場所であり、本当に感謝の気持ちで一杯で少しでも恩返しがしたいという思いが日に日に大きくなっていった事です」と明かしている。

     船越は2015年にドラフト4位で入団。ルーキーイヤーの16年7月12日の巨人戦で初打席初安打をマーク。だが、その後は1軍に定着することができず昨シーズン後に戦力外通告を受けていた



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00650475-fullcount-base

    昨季まで巨人で巡回打撃コーチを務めた内田順三氏(72)が、社会人野球のJR東日本で外部コーチを務めることになった。

    6日に指導を開始した。同氏は82年の現役引退後もユニホームを脱ぐことなく、37年間にわたり、広島、巨人でコーチ、2軍監督などを歴任。野村謙二郎、前田智徳、高橋由伸、阿部慎之助ら数多くの好打者を育て上げた。JR東日本は元ヘッドコーチの浜岡武明氏(47)が新監督に就任。内田氏にとって駒大の後輩にあたる。名門のさらなる強化に、名伯楽が協力する。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-01060218-nksports-base

    このページのトップヘ