広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    カープOB

     そのユニホーム、似合ってますね。再会してすぐにそう振ると、「赤い虎」の打撃コーチはまんざらでもなさそうに笑った。

     「ほんま、久しぶりだな。カネはどうよ。元気にしてるのか?平田さんは?元気…だろうな」

     紅白戦で大山悠輔の初安打を見届けた後、宜野座を出た。向かった先は金武町ベースボールスタジアム。阪神のキャンプ地から車で10分の隣町で韓国プロ野球KIAタイガースがキャンプを行う。今年からKIAでコーチを務める正田耕三に会いに行くと、練習中にもかかわらず「入ってこいよ。監督を紹介するから」と、打撃ケージの真裏まで招き入れてくれた。

     「ようこそ」と握手で迎えてくれた監督の金杞泰(キム・キテ)は、かつて阪神でコーチ研修の経験がある。正田は信頼する金からの熱心な誘いもあって、昨季までコーチを務めたハンファ・イーグルスから移籍。8年ぶりの韓国チャンピオンを目指している。

     「きょう阪神は練習日だろ?紅白戦か。ルーキーはどうだ?」

     KIAは沖縄県内で遠征試合が多く、なかなか金武で会えるタイミングがない。そう思い、広島担当時代から世話になる正田のもとへ挨拶に伺ったのだが、やはり話題は虎、虎、虎…。広島で2度の首位打者に輝いた男は和歌山生まれで生粋の虎党だ。岡田彰布が率いた阪神の打撃コーチとして05年にリーグ制覇を経験しており、退団後もやはり愛着は尽きない。

     「阪神は特別な球団だよ。日本一のな。新聞であれだけ大きく書かれるから勘違いをしてしまう選手も多いんだけど、あれはプレッシャーにもなる。新人が15タコしたくらいであんなにデカデカと記事になるのは阪神くらいだろ」

     こちらから虎の情報を提供したわけじゃない。でも、正田は知っていた。日本の新聞をチェックし、大山がこの日まで実戦5試合で15打数無安打だったことを…。

     「KIAは韓国の阪神タイガースなんだよ。ファンが一番熱狂的だからな。こっちはネット社会でさ、例えばデイリースポーツの記事がネットに出たら、それに対するファンの書き込みが1000件とかになるんよ。ちょっと悪かったら、結構たたかれてしまう。ファンのデモもあるからね」

     正田は金本知憲を広島の新人時代から見てきた。だから、案ずる。さすがにデモは起こらないまでも、「日本の虎」の過酷な環境を知るだけに、僕との会話の中で何度も「虎将金本」に触れた。

     広島、近鉄、阪神、オリックスそして韓国…。正田自身、複数球団でコーチを経験する中で「教え方、考え方…やっぱり長年やっていると変わる。色んなタイプの打者を見てこの打者ならこうやって直したほうがいいとか」という。

     「カネは2年目か。そりゃ時間はかかるよ。阪神で誰もやったことのないことをあいつはやろうとしてるんだからさ。周りが足を引っ張っちゃダメ。マスコミもな」

     正田はシワの増えた目尻を下げながら、後輩を思いやった。=敬称略=(デイリースポーツ・吉田風)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000040-dal-base

     新人合同自主トレが始まった1月上旬に、広島のドラフト2位・高橋昂也投手(18=花咲徳栄)が、球団では苫米地鉄人以来、17年ぶりとなる高卒新人での開幕1軍に意欲を見せたという記事を書いた。「高校BIG4」の一人として昨夏の甲子園を沸かせた高橋昂は、首脳陣からの評価も高く、私自身も話題の一つとして期待するところがあったのだが、17年前の当事者から話を聞き、考えさせられた。

     「高卒新人には、目先の1軍を目指すのでなく、長く1軍で活躍してほしいと思っています。そのためには、まずはファームでプロの体づくりをすることが大切です」

     苫米地氏は現在、広島のトレーナーを務め、今年は主に強化指定選手のトレーニングを担当する予定。かつてスポットライトを浴びた同氏の言葉には、自らの「失敗経験」がこめられており説得力がある。

     「開幕1軍は、タイミングが合ってキャンプを1軍で過ごせて、ラッキーが重なった結果。大した実力があったわけじゃないんです」

     ルーキーイヤーの00年は23試合に登板。ただ、土台ができていない中での投球は結果として代償が大きかった。ケガが重なり02年を最後に1軍登板から遠ざかり、06年に現役引退を余儀なくされた。自らの苦い経験を生かしたいという意向もあって、トレーナーに転身した。

     「自分が短命になってしまったこともあって、(高卒新人は)しっかり体をつくる方針にしようという話になったと球団の方から聞きました。実際、マエケンもそうでしたし。自分と同じことを繰り返してほしくないですね」

     広島のエースとして活躍した前田健太(現ドジャース)も、新人だった07年は1軍出場なし。昨季、中継ぎの軸としてチーム最多タイの67試合に登板した今村も、初昇格は1年目の10年8月中旬だった。「教訓」は確実にチームに生かされている。

     私の考えも少し変わった。高橋昂の1軍でのマウンドは正直、早く見たい。でも、それはリーグ連覇決定後のお楽しみでいいと思う。 (広島担当・柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000097-spnannex-base

     25年ぶりにリーグ優勝を果たした広島カープ。この優勝を75年の初優勝に重ねる向きも多い。41年前、不動のリードオフマンとしてチームを牽引したのが大下剛史氏は“暴れん坊軍団”と呼ばれた東映では切り込み隊長として活躍した選手だ。

     彼はどのようにして広島を変えたのか。当時を洗いざらい語ってもらった。(その1はこちら http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50787)


    流れを変えた、捨てゲーム

     二宮 1975年の初優勝でカギになった試合は? 
     大下 6月19日のヤクルト戦じゃろうね。この試合までカープは5連敗しとった。もう投げさせるピッチャーがおらん。それで監督の古葉(竹識)さんがワシと(山本)浩二とサチ(衣笠祥雄)を呼んで「明日は、若い永本(裕章)を投げさせようと思うんだ」と言ったんだ。

     二宮 永本は4年前に地元の盈進高からドラフト2位で入団したピッチャーで、ボールは速いがノーコンで通っていました。

     大下 そうそう。それで古葉さんは、こう続けた。「もう、これ(永本)しかおらんから負けてもいい。なんならオマエらは休んでもええぞ」と。

     二宮 いわゆる“捨てゲーム”だったわけですね。

     大下 その試合にカープは3対1で勝ったわけよ(永本は六回三分の一を投げ勝利投手に)。それでカープは勢いに乗った。優勝する時というのは、こういう不思議な勝ち方があるんじゃろうねぇ……。

     二宮 予期せぬ戦力と言えば、アンダースローの金城基泰がそうでした。前年の74年には20勝(15敗)をあげ、最多勝に輝きました。ところがその年のオフ、交通事故に遭い、失明の危機に見舞われました。

     その後、薬の副作用と戦いながら8月に復帰を果たし、貴重なリリーフとして活躍しました。10月15日、優勝を決めた後楽園球場の最後のマウンドに立っていたのが金城でした。

     大下 まさか金城が戻ってくるとはねぇ……。古葉さんも、失明の危機に見舞われたピッチャーを、胴上げ投手に使うんじゃから、采配自体が神がかっていたね。ワシら守っていても鳥肌が立ったからね。

     優勝を決めた試合は八回途中から出てきた。ワシの顔を見るなり金城は笑いながら、こう言うたよ。「大下さん、ワシは打球が見えんのじゃけん、ピッチャーゴロでも安心しなさんなよ。バックアップにきなさいよ」ってね。



    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00050790-gendaibiz-bus_all

     広島カープが25年ぶりにリーグ優勝を達成した。ファンの中には、今回の優勝を1975年の初優勝に重ねる向きが少なくない。あの時は球団創設26年目での悲願達成だった。

     41年前、不動のリードオフマンとしてチームを牽引したのが大下剛史である。地元出身の大下は74年のオフに、日本ハムからトレードで移籍してきた。

     アマチュアの名門・広島商、駒澤大で持前の俊足好打好守を磨き、“暴れん坊軍団”と呼ばれた東映では切り込み隊長として活躍した大下は、どのようにして広島を変えたのか。洗いざらい語ってもらった。




    物議を醸した「ワシのトレード」

     ―東映で1年目からレギュラーとして活躍し、日拓・日本ハムとチーム名を変えながらもスタメンを張っていた大下さんが74年オフ、トレードで広島に移籍してきたことは驚きでした。何が原因だったのでしょう。

     大下 結局は水原茂と三原脩の確執ですよ。僕は水原のオヤジさんに世話になっていたので、73年に球団社長に就任した三原さんにすれば水原色を消したいという狙いがあったんじゃないかな。

     おもしろい話があってね、ワシが広島からトレードを打診された直後に(東映時代からの先輩の)張本勲さんから電話が入ったんです。「剛史、このトレードはすぐに断れ。行くんやない!」と。そんなこと言われても、こちらはどうすることもできない。

     ワシの次は大杉勝男さん、そして張本さんと相次いで、主力がトレードでチームを去っていった。時間をかけて三原さんは水原色を一掃したんです。

     ―74年オフに広島の打撃コーチから監督に昇格したジョー・ルーツが大下さんのプレーを買っていたという話を聞いたことがあります。

     大下 それはワシも後で知ったんだけど、74年のカープとのオープン戦で、ワシがコーチの制止を振り切って走ったシーンがあったらしい。それを見ていたルーツが、監督になる条件のひとつとして「オオシタを獲ってくれ」と球団に頼んだというんです。「オオシタのプレースタイルはオレのやる野球にマッチしている」とね。

     ―トレードではレギュラークラスの渋谷通、上垣内誠との二対一でした。大下さんへの期待の大きさがわかります。

     大下 これも後で聞いたんじゃけど、球団代表の重松良典さんは契約書にハンコを押す時、手の震えが止まらんかったらしいよ。球団にすれば、ひとつの賭けだったんでしょう。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00050787-gendaibiz-bus_all

     広島の春季キャンプで臨時投手コーチを務める広島OB会長の安仁屋宗八氏が10日、宮崎・日南入りした。11日からキャンプ最終日まで指導をする。

     昨春キャンプでも臨時コーチを務め、チームは25年ぶりに優勝。「また今年も声をかけてもらってありがたい。去年は気楽な気持ちで引き受けたが、今年はチームも連覇を目指しているので、プレッシャーがかかっている。ただ、去年とやることは変わらない。投手陣には1球でも多く投げ込んでほしい。そのためのムード作りをやっていきたい」と意気込みを語った。

     昨年10勝した黒田が引退し、その穴をどう埋めるかが課題となっている。安仁屋氏は「去年は“ゆうゆうコンビ”(野村祐輔、福井優也)に期待して、野村は頑張ってくれたが、福井は故障もあってローテーションを守りきれなかった。今年も2人に期待しているが、特に福井には結果を残してもらいたい」と奮起を促した。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/10/0009904678.shtml

     まだまだ老け込むわけにはいかない。広島・新井貴浩内野手(40)が5日、宮崎・日南市での春季キャンプ第1クールを特守で締めた。約45分、190球を丁寧に捕球したチーム最年長のベテランは「体のあちこちが張っているけど、しっかりと追い込めた。まだ若い選手には負けないぞという気持ちでやっている」と5日間を振り返った。

     派手さはなかった。ノックバットを持った高ヘッドコーチも打球を極端に左右には振らない。それでも、しっかりと腰を落として捕球することで下半身に負荷をかけた。

     第1クールのテーマは「下半身を鍛える」。初日の1日は約50メートルの急坂を一気に駆け上がる坂道ダッシュを15本、2日以降も16本、15本と積極的に下半身をいじめた。そしてこの日は特守だ。

     40歳の肉体はすでに悲鳴を上げている。毎夜のように筋肉痛で夜中に目を覚まし、寝起きも「体がバリバリに張っているので、ゆっくり起きるようにしている。若いときのようにガバッと起きて首とかがピリッといったら(治るまで)1週間はかかるから」と細心の注意を払っている。

     自らに苦しいメニューを課すのは、入団1年目(1999年)のキャンプで叩き込まれた下半身強化の重要性が体に染み込んでいるからだ。「当時は午前中全部がアップというか強化走でしたからね。(ハードメニューで)気持ちが悪くて昼食も食べられなかったり、座って食べていたらヘッドコーチの大下(剛史氏=本紙専属評論家)さんに怒られて、立ったまま食べたり…。でも、いま考えると、あの経験がすごく重要だったと思う」

     昨年はチームを25年ぶりのリーグ制覇に導き、MVPに輝いた。それでも新井は新井のまま。年を重ねても気持ちはルーキーイヤーと変わらない。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000032-tospoweb-base

    このページのトップヘ