広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    カープOB

    ssd160473548114256

    hhhf

    hhhf

    hhhf

    hhhf

    _5dd76c65d7f18

    【正田耕三「野球の構造」(27)】好事魔多しとはよく言ったものです。二塁のレギュラーへと大きく前進した入団2年目の1986年は、これからというときに思いもよらないハプニングに見舞われました。

     6月22日に札幌・円山球場で行われたヤクルト戦で、3試合ぶりに「7番・二塁」でスタメン復帰した僕は2安打をマーク。


    雨天中止などで4日後になった次戦、26日の旧広島市民球場での中日戦でも3安打するなど、21日の時点で2割5分9厘だった打率は一時的に3割1分9厘まで上がりました。

     7試合連続スタメン出場となった7月5日の大洋(現DeNA)戦を終えて21打数9安打。その間はチームも引き分けを1つ挟んでの4連勝を含む5勝1敗と絶好調で、2年ぶりのリーグ優勝に向けて首位巨人を猛追していました。


    そんな矢先です。7月6日、舞台は前日と同じ新潟県の鳥屋野運動公園野球場でした。0―0の3回表。一死一、三塁か一死一、二塁だったと思います。打者の高木豊さんが放った打球は注文通りの二ゴロで、先発の白武佳久さんは4―6―3の併殺でピンチを切り抜けました。


     ベンチのムードも盛り上がるなか、僕だけはピンチに陥っていました。実は捕球の際に打球がイレギュラーし、右手に当ててしまったのです。その後も痛みをこらえて試合に出続けましたが、2打席連続で凡退していたこともあり、1―2の7回裏に西田真二さんを代打に送られてベンチへ退きました


    EKTqQnqVUAEgRFI


    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1897413/

    【正田耕三「野球の構造」(25)】1983年から昨年まで広島と巨人で主に打撃コーチや二軍監督として選手を指導してきた内田順三さんの教え子には、そうそうたる選手が多く含まれています。広島では野村謙二郎や緒方孝市、前田智徳、金本知憲、新井貴浩、鈴木誠也。巨人だと松井秀喜に高橋由伸、阿部慎之助、坂本勇人、岡本和真。きりがないので分かりやすい名前だけ列挙しましたが、他にも“内田門下生”の一流打者は何人もいます。

     卓越した打撃理論を持ち、選手を指導する上での引き出しが多いことは言うまでもありません。それらにも増して内田さんがすごいのは、選手に注ぐ情熱です。僕がマンツーマンで指導を受け始めた1985年オフもそう。暮れは12月30日まで付きっきりで、年明けは1月3日から練習に付き合っていただきました。


    EKTqQnqVUAEgRFI


    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1893216/

    正田耕三「野球の構造」(36)】野球では1プレー、時には1球で流れが変わることもあります。それどころか人生が変わってしまうことも…。入団5年目の1989年。僕のプレーで、結果的に一人の捕手の野球人生が大きく変わる出来事がありました。10月6日に巨人がリーグ優勝を決めてから9日後、旧広島市民球場で行われた10月15日の中日戦でのことです。

     前日の時点でセ・リーグの盗塁王争いはヤクルトの笘篠賢治が32個でトップ。僕が28個で2位、大洋(現DeNA)の高木豊さんが1差の3位で追う展開でした。残り試合はヤクルトが1試合でカープ3試合、大洋5試合。僕はタイトルを強くは意識していませんでしたが、その日はベンチも「行けるなら、どんどん行け」というムードになっていました。



    EKTqQnqVUAEgRFI



    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1928667/

    正田耕三「野球の構造」(37)】盗塁王のタイトルを獲得した1989年は、打撃でも満足のいく数字を残すことができました。巨人のクロマティが打率3割7分8厘と突出していたため3年連続の首位打者こそ逃しましたが、3割2分3厘はリーグ3位。161安打は同2位で、結果的にキャリア最高となりました。

     この年は山本浩二監督の1年目。例年以上に張り切らなきゃいけない年でもありましたが、本当の意味で僕の闘志に火をつけたのは東スポの専属評論家としてもおなじみの大下剛史さんでした。


    宮崎・日南での春季キャンプ中でのことです。右ヒザを痛めていた僕が別メニューで調整していると「2年連続首位打者で、その気になっとるんか!」という声が飛んできました。声の主は大下さん。せめてチームの役に立つことをしろと、外野での球拾いなどを命じられました。


     もちろん首脳陣の命令は絶対です。打撃練習時にはカーブマシンの横に立ち、打席内の若手に見えるようにボールを持った右手を高く掲げ「次、いきまーす」と声を出したりしていました。しかし、はっきり言って屈辱です。2年連続で首位打者にもなり、二塁手のレギュラーとして定着した僕が、なんでこんなことまでしなければならないのか…。「絶対に見返したる!」。右ヒザの状態が回復すると、その一念でバットを振り続けました。



    EKTqQnqVUAEgRFI


    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1937487/

    このページのトップヘ