広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    カープOB

     プロ野球・広島で「炎のストッパー」と呼ばれた津田恒実さんの長男大毅さん(28)が20日朝、日本一周の自転車旅行に出発した。恒実さんの記念館を広島市内につくる計画を進めており、「自分の思いを現地で会った人に直接伝えながら、どんな記念館にしていくか考えていきたい」との思いを抱いている。


     「もう一度投げたかった」と悔やみながら、恒実さんが32歳で亡くなってから約24年。当時4歳だった大毅さんが、父の記念館設立に向けて自転車の旅に出発した。ウェアなどを支援する工具専門店「ファクトリーギア」(東京都)のさいたま市内の店舗前で準備を整え、「不安はない」と笑顔でペダルを踏み出した。

     父と同じように野球で投手を務めた大毅さんは、父に重ねる周囲の重圧からいつも逃げることを考えていた。だが、昨年のカープ躍進をきっかけに「マウンドから逃げない父はすごかった」と向き合えるようになり、「これまで父のことを語り継いでくれた関係者やファンの方々に恩返しを」と記念館設立を思い立った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000083-asahi-soci

     広島などで通算110試合に登板し、シドニー五輪代表としても活躍した河野昌人(かわの・まさと)さんが16日、虚血性心疾患のため39歳の若さで急死した。15日にホークスジュニアアカデミー佐賀校の講師を務め、その夜、居酒屋で食事した後、帰宅したが、佐賀市内の自宅前のガードレール横に仰向けで死亡しているのが、翌朝発見された。

     河野さんは04年の現役引退後、地元の佐賀に戻り、病院勤務のかたわら、クラブチーム「佐賀魂」でコーチを務めたり、最近ではジュニアアカデミー4校で少年野球の指導に携わっていた。

     14日にはヤフオクドームで行われた草野球イベントに、ホークスOBチームの一員として参加。河野さんは投手としてマウンドにも立ち、打席では軟式球で本塁打性のファウルを豪快に飛ばしていたという。球団関係者は「全然、元気にプレーしていたのに…。突然のことで驚いています」と話した。

     河野氏は佐賀・龍谷高から96年ドラフト3位で広島に入団。00年には46試合登板で、4勝5敗9セーブと抑え投手として活躍した。同年には松坂、杉内らとシドニー五輪日本代表にも選出され、3試合に登板した。04年にダイエーに移籍したが、同年限りで現役引退。通算成績は7勝16敗10セーブ、防御率5・82だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000154-spnannex-base

     ドジャースの前田健太投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦で6回から2番手で登板した。救援登板はプロ入り2度目、広島2年目の2008年5月16日・巨人戦以来、実に3311日ぶりとなったが、4回3安打1失点6奪三振の快投で日米通じてプロ初セーブをマーク。ドジャースは7-2で快勝した。前田の配置転換を決断したデイブ・ロバーツ監督が、この投球を絶賛したとドジャースの球団公式ブログ「ドジャース・インサイダー」が伝えている。

     前田は5点リードの6回から登板。先頭ボットは遊ゴロ、スアレスはスライダーで空振り三振、シェブラーは92マイル(約148キロ)の速球で空振り三振と3者凡退に仕留める。7回も2三振を奪う快投。その裏の打席では大飛球も左飛に倒れたが、8回も続投するとまたも3者凡退。3イニングをパーフェクトに抑える快投を見せた。

     9回、前田は先頭ボットに初ヒットとなるソロ本塁打を浴びると、2死後に2安打を許すも、最後はバーンハートを左飛に仕留めて試合終了。日米通じて初のセーブをマークした。

     今季は開幕10試合で4勝3敗、防御率5.16と苦戦していた前田。「ドジャース・インサイダー」によると、前田を初めて救援で起用したロバーツ監督は試合後、「ケンタは今季これまでと同様にいい投球をした。球速は94マイル(約151キロ)に達していたし、スライダーはまたもキレていた。彼は速いカウントで変化球でストライクを取れていた」と評価したという。

     また、地元メディア「ドジャーブルー」によると、指揮官は「ほとんどの状況でストライクゾーンを(積極的に)攻める意図が見えた。彼には競争心がある。(この日は)一晩中、攻撃的だった」とも絶賛。この日の前田の投球に確かな手応えも感じた様子で「我々のスターターに予期しないことが起こらない限り、彼はこの役割をこなすことになるだろう」と話している。一方で、前田自身が通訳を介して「僕は野球人生を通じてずっと先発だったので、ブルペン行きを告げられた時は残念でした。いい結果を残して、ローテーションに戻りたいと思っています」と話したことも伝えている。

     先発ローテに戻るためには、この日のようにいい投球を続けて、結果を残し続けるしかない。その第一歩を最高の形で踏み出したことは確かだ。


    引用元 https://full-count.jp/2017/06/10/post72052/

     ◇パ・リーグ ロッテ1―6ソフトバンク(2017年5月23日 ヤフオクD)

     ロッテの三家和真外野手が23日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)でプロ初出場した。

     1―6の9回無死から清田の代打で出場。プロ初打席は石川の151キロ直球を打つも三ゴロに倒れた。一塁へはヘッドスライディングを見せ「点差は開いていたが、何とか塁に出たい気持ちがああいう形になった」と振り返った。

     11年育成ドラフト4巡目で広島に入団も、13年限りで戦力外通告を受け退団。BC信濃、石川を経て、16年にロッテの秋季キャンプで入団テストに合格し、今季から加入した。イースタン・リーグで打率・325と猛アピールし、5月21日に初めて1軍に昇格していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000141-spnannex-base

    このページのトップヘ