広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    談義

     オールスターゲームが終了し、いよいよ16日からプロ野球も後半戦の戦いが始まる。

    【前半戦終了時の順位表】
    1位 広 島  43勝32敗1分 -
    2位 巨 人  40勝41敗1分 6.0
    3位 阪 神  35勝38敗1分 7.0
    4位 DeNA  36勝40敗2分 7.5
    5位 中 日  37勝43敗1分 8.5
    6位 ヤクルト 34勝42敗1分 9.5

     交流戦が終了した時には首位・広島から最下位・中日まで6だったゲーム差も、前半戦が終了した時点で首位・広島と最下位・ヤクルトまでのゲーム差が9.5まで広がり、広島と2位・巨人のゲーム差も6となった。

     交流戦で躓いた広島だったが、リーグ戦再開後に再び勢いを取り戻し、首位を快走。その一方で、2位・巨人から最下位・ヤクルトまでの5球団が目まぐるしく順位を変動させている。

     14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター オールスターゲーム第2戦』で解説を務めた真中満氏は「セ・リーグは広島が一人旅していますので、残りの5チームは、ローテーションを考えながら、広島を叩きにいくような後半戦が見たいですよね」と5球団の奮起を促した。

     12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム』で解説を務めた野村弘樹氏も、「カープが一歩リードしていますのでね。セントラルを面白くするためにもカープ以下5球団が、カープに対してどう戦っていくか」と、広島を除いた5球団の頑張りが必要だという。

     「その5球団もつぶし合いの可能性もでてくる。カープも含めて目の前の試合をどんどん取っていくしかないので、カープ以下5球団が抜けるためにも連勝が必要だと思います。連勝するためにも、ピッチャーでしょうね。ピッチャーが抑えていかないと。僕はそこだと思います」と続けた。

     11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏は2位の巨人に注目。「(巨人は広島より)試合数を先にこなしているというところでね。5ゲーム以内に入ると選手は一気にやる気が出るんですよ」と選手側の視点で、追いかける側の心理を解説した。

     「ですから、オールスター明けの最初の1試合、2試合、広島が負けると、巨人が一気に1つ2つ縮まる可能性があるわけですから。そこのモチベーションというのが出てくると、セ・リーグも団子になると思いますので面白いですよね」と話した。

     広島がリーグ3連覇へ向けて首位を快走する。今季も広島がリーグ制覇するのか、それともその他の球団が後半戦を巻き返すのか…。どのような展開になるか注目だ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00159131-baseballk-base

     真夏の祭典・オールスターゲームも終わり、1日の休みを挟んですぐに後半戦の戦いへと移っていくプロ野球。今年はセ・パともに混戦模様となっているだけに、ちょっと連勝・連敗しようものなら大きく順位が変わっていくという状況。一体どのチームが抜け出すのか、目が離せない戦いが続く。

     そんな中、前半戦を首位で折り返したのは西武と広島。圧倒的な攻撃力で開幕直後に快進撃を見せた西武は、最終的には2位と2.5差と僅差となったものの首位の座を死守。広島はリーグ連覇したここ2年に続き、3年連続の首位ターンとなった。

    【2018年・首位ターン】
    パ:西武
    78試=46勝31敗1分(2.5差)

    セ:広島
    76試=43勝32敗1分(6.0差)


     やはり優勝を争うとなると、ひとつでも上の順位で後半戦に進みたいと思うところではあるのだが、前半戦から飛ばして首位に立ったチームはそのまま逃げ切ることができていたのだろうか…。今回は直近5年の前半戦首位ターンチームに注目。5年間・10チームの“その後”をまとめてみた。


    <2017年>
    パ:楽天
    75試=50勝24敗1分(1.5差)
    143試=77勝63敗3分(3位)

    セ:広島
    83試=52勝29敗2分(8.0差)
    143試=88勝51敗4分(1位)


    <2016年>
    パ:ソフトバンク
    83試=54勝24敗5分(6.0差)
    143試=83勝54敗6分(2位)

    セ:広島
    87試=52勝33敗2分(10.0差)
    143試=89勝52敗2分(1位)


    <2015年>
    パ:ソフトバンク
    81試=50勝28敗3分(3.5差)
    143試=90勝49敗4分(1位)

    セ:DeNA
    85試=42勝42敗1分(0.5差)
    143試=62勝80敗1分(6位)


    <2014年>
    パ:オリックス
    83試=49勝34敗0分(0.5差)
    144試=80勝62敗2分(2位)

    セ:巨人
    80試=47勝33敗0分(3.5差)
    144試=82勝61敗1分(1位)


    <2013年>
    パ:楽天
    82試=47勝35敗0分(2.0差)
    144試=82勝59敗3分(1位)

    セ:巨人
    83試=49勝31敗3分(2.5差)
    144試=84勝53敗7分(1位)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00159112-baseballk-base&pos=1

    このページのトップヘ