広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    談義

     リーグ4連覇を狙う広島のシーズン前半戦は引き分けを挟んで、1999年以来、20年ぶりとなる11連敗で幕を閉じた。白星は仙台での交流戦ラストゲームが最後。リーグ戦再開後の横浜から黒星街道は始まり、広島、甲子園、そして名古屋でも抜け出せなかった。

     緒方監督が前半戦総括の会見で振り返ったように先発不足、得点力不足など、チームの課題は山積み。ただ、前日10日までの中日3連戦では大型連敗の重圧に飲み込まれているように映った。8日はベテラン山井の投球に惑わされ、4番鈴木の一発は空砲に。9日は高卒2年目の山口が1回3失点KO。そして、10日は1点リードの七回1死一、三塁の好機にベンチが指示したセーフティースクイズが失敗に終わり、八回はレグナルトの2者連続押し出し四球で逆転負け。いずれの試合も勝機はあったが、勝ちきれなかった。

     広島の球団ワースト記録は球団創立年の50年と99年の13連敗だ。99年の紙面を見ると、7月13日に13連敗を喫していた。この試合はエース佐々岡が七回まで2失点と力投するも、八回に走塁ミスで追加点を逃すとその裏に痛恨の2失点で黒星。くしくもこの日は達川監督の44歳の誕生日で選手会長の緒方は「1日遅れになるけど明日(14日)白星をプレゼントすればいい」と連敗脱出を誓っていた。

     翌14日は先発黒田が8回無失点。0-0の九回に4番江藤が決勝打を放ち、守護神沢崎が1点のリードを守り抜いた。1-0でようやく連敗ストップ。達川監督はウイニングボールを左手に持って「こんなにうれしい勝ちはない。とにかく選手が頑張ってくれた」と目を潤ませたという。

     10日の試合後、緒方監督は「勝ってオールスター休みに入りたかったけどね。1回また体、そして気分的にもリフレッシュして気持ちを切り替えて臨みたい」と話した。首位巨人と11ゲーム差。現実は厳しいが、本来の姿を取り戻すためにも、まずは連敗の閉塞感を打ち破りたい。後半戦は15日から始まる。(デイリースポーツ・杉原史恭)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000063-dal-base

    ◆ 今年のMVPには広島・小園海斗が輝く!

     いよいよプロ野球のオールスターゲームが開催。それに先駆け、7月11日に行われたのが若手選手たちの球宴であるフレッシュオールスターだ。

     今年は楽天生命パーク宮城で行われ、吉田輝星(日本ハム)、根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)など、昨夏の甲子園大会と昨秋のドラフトを沸かせた選手たちが大挙して出場。例年以上の盛り上がりを見せた。そのなかでもっとも輝いたのが、広島の小園海斗である。

     吉田輝星から先頭打者本塁打を放つなど、5打数2安打1本塁打1打点の成績を残し、ウエスタン選抜の勝利に貢献、見事MVPに選出され、賞金100万円を獲得した。

     ジュニアオールスターゲームと称された時代から通算すると、今年で55回目の開催となるフレッシュオールスター。過去の歴代MVPを見ると、大島康徳(日本ハム:第8回)や蓑田浩二(阪急:第13回)といったタイトルホルダーや、イチロー(オリックス:第29回)、または青木宣親(ヤクルト:第41回)らも選出されるなど、そうそうたる顔ぶれが並んでいる。

     そこで、近年のフレッシュオールスターMVP選手が、その後の一軍でどんな成績をあげているのかを調べてみた。


    ◆ 高卒2年目以内のMVPは大成する!?

     確認したのは、過去10年のフレッシュオールスターでMVPを獲得した選手の当時の年齢と、一軍での通算成績。球団名は当時のもので、現役選手の成績は7月10日終了時点のものになる。

    ▼ 09年:中田翔(日本ハム)
    当時プロ2年目(当時20歳)
    一軍通算成績:1262試合
    打率.254(4674-1189)221本塁打 809打点 13盗塁

    ▼ 10年:岩崎恭平(中日)
    当時プロ2年目(当時24歳)
    一軍通算成績:144試合
    打率.231(212-49)5本塁打 10打点 12盗塁

    ▼ 11年:荒木貴裕(ヤクルト)
    当時プロ2年目(当時23歳)
    一軍通算成績:439試合
    打率.237(873-207)17本塁打 97打点 13盗塁

    ▼ 12年:中谷将大(阪神)
    当時プロ2年目(当時19歳)
    一軍通算成績:330試合
    打率.235(889-209)34本塁打 116打点 3盗塁

    ▼ 13年:加藤翔平(ロッテ)
    当時プロ1年目(当時22歳)
    一軍通算成績:430試合
    打率.246(1103-271)13本塁打 77打点 31盗塁

    ▼ 14年:井上晴哉(ロッテ)
    当時プロ1年目(当時25歳)
    一軍通算成績:311試合
    打率.261(1019-266)42本塁打 175打点 1盗塁

    ▼ 15年:台風のため中止

    ▼ 16年:岡本和真(巨人)
    当時プロ2年目(当時20歳)
    一軍通算成績:258試合
    打率.278(924-257)49本塁打 150打点 6盗塁

    ▼ 17年:曽根海成(ソフトバンク)
    当時プロ4年目(当時22歳)
    一軍通算成績:52試合
    打率.189(37-7)0本塁打 2打点 5盗塁

    ▼ 18年:石垣雅海(中日)
    当時プロ2年目(当時19歳)
    一軍通算成績:1試合
    打率.000(3-0)0本塁打 0打点 0盗塁

     中田翔、岡本和真といった球界を代表するスラッガーが名を連ねる一方、レギュラー取りを目指す荒木貴裕や加藤翔平のような選手もいる。一見、これといった傾向はないように思えるが、高卒でプロ入りして、なおかつ2年目以内にMVPを獲得した選手は、4人中3人がレギュラーとして規定打席に到達した経験があり、一定の成績を残している。

     強引な観方にはなるが、そういった前例に当てはめてみると、今年のフレッシュオールスターでMVPを獲得した小園海斗の未来もまた、明るいものになるはずだ。前半戦はウエスタンリーグで打率.210、一軍で.231とプロのレベルに苦しんでいるものの、後半戦からの巻き返しに期待したいところだ。


    文=福嶌弘(ふくしま・ひろし)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00195628-baseballk-base

     セ、パ両リーグは11日、前半戦終了時点の観客動員数を発表し、1試合平均の観客数は昨年同時期と比べてセが4.5%増の3万4546人、パが同1.3%増の2万6432人となった。

     球団別では4万3270人の阪神がトップ。セは全6球団で昨年を上回り、観客席を増設したDeNAは13.3%増の3万1590人となった。

     平均試合時間はセが3時間18分、パが3時間22分で、昨年同時期と比べてセが2分、パが5分長くなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000109-kyodonews-base

     過去に例のないシーズン中の交換トレード頻発。4日には、阪神・石崎剛投手とロッテ・高野圭佑投手の交換トレードが発表された。

     6月26日に発表された日本ハム・鍵谷陽平&藤岡貴裕投手と、古巣復帰の巨人・吉川光夫投手&宇佐見真吾捕手の2対2の交換トレードが第1弾。続いて同30日には中日・松井雅人捕手&松井佑介外野手とオリックス・松葉貴大投手&武田健吾外野手の2対2第2弾が発表された。

     さらに今月2日、第3弾として楽天・三好匠内野手と広島・下水流昂外野手の1対1。そしてこの日の1対1の交換トレードは第4弾となる。トレード期限が今月末までとはいえ、突然火が付き、一気に活性化したトレード戦線。例年にない異様な事態だ。

     その裏では、12球団経営者サイドと労組・日本プロ野球選手会(炭谷銀仁朗会長=巨人)との“綱引き”が見え隠れする。選手会側は「移籍の活性化」の切り札として今オフにも、出番の少ない選手に対し他球団でのチャンスを与える「現役選手ドラフト」の導入を要求しているのだ。

     6月27日の事務折衝でも、日本野球機構(NPB)選手関係委員会に対し12球団側の統一見解を求めた。今月12日に都内のホテルで行われる労組・日本プロ野球選手会総会で報告、最終的な対応策を検討するためだ。

     12球団側は選手会の希望を入れ、2日に都内で行われた実行委員会で統一見解案を検討したが、結論は出なかったという。各球団にそれぞれの思惑と意見があり、いざ統一見解となると足並みが簡単にそろわないのが現実だ。

     そんな現状の中で、突然相次いで成立した4件の電撃的な交換トレード。これほどトレードが活発に行われるなら、「現役ドラフト制度」の喫緊の必要性は薄れるといえなくもない。

     今回の交換トレードラッシュには、そんな“現役選手ドラフト潰し”という、12球団側の思惑も見え隠れする。

     トレードは球団側に一方的な人事権があり、飼い殺し状態の選手を救済する「現役ドラフト制度」の必要性は変わらない。12球団側と選手会がひと揉めする危険性を秘めており、今後の展開から目を離せない。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000010-ykf-spo

     交流戦最下位に終わった2位・広島は、リーグ戦再開後の初戦となったDeNAに3-13で敗れた。

     広島はエースの大瀬良大地を先発に立てたが、5回途中12被安打7失点でノックアウト。4番手で登板した中村祐太も2回を投げて6失点と、DeNA打線を止めることができなかった。

     打線は2回に田中広輔の犠飛、3回に高橋大樹、4回にメヒアの本塁打が飛び出したが、5回以降はDeNA投手陣を捉えることができなかった。

     28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、広島について「投打のバランスが良いというのが特徴ですけど、ちょっと崩れてきていますよね。交流戦最下位というのもなんとなくわかる気がしますよね。対パリーグは関係ないですよ。内容が悪くなりすぎていますよね」とバッサリ。

     さらに、投手陣については「ピッチャーが良かったんですけど、救世主的な投手が出てこないとダメですよね。大瀬良が崩れたら苦しいですよね。(前回登板で完封勝利の)九里だって好投が続くかわからないですからね。あきらかに足りない」と台所が厳しいのではないかと指摘した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00193807-baseballk-base

    5年ぶりに交流戦最下位に終わった広島に、日刊スポーツ評論家の広瀬叔功氏(82)が緊急提言した。


    5月の快進撃がうそのように、すでに6月は負け越しが決定。それでも、セ・リーグでは首位巨人に1ゲーム差の2位につける。優勝争いが本格化する後半戦を前に、28日からの再開リーグ戦12試合で、今季の形を見いだす必要性を説いた。【取材・構成=前原淳】

       ◇   ◇   ◇

    5勝12敗1分けの最下位に終わった交流戦の結果が、今年の広島を表している。月間20勝した5月の反動か、チーム状態が下降した影響も多分にあっただろう。ただ、ベンチを含め、対戦が少ない相手への対応能力の低さは認めざるを得ない。リーグ3連覇中とはいえ、主力が抜けた今季は発展途上にある。本当に完成されたチームは切り替えがうまい。3連覇した昨季はそういった強さを身につけていたように感じたが、交流戦では切り替えられないままズルズルと試合を消化していった印象を受けた。

    あれだけ負け越しても、セ・リーグでは首位巨人にわずか1ゲーム差の2位につける。互いに知り尽くしたセ・リーグ同士の対戦では、まだ広島にアドバンテージがあるように感じる。交流戦で不調離脱した選手たちが戦列に復帰できれば上積みも望める。決して悲観する必要はない。何より、3年続けてペナントレースを制した経験がある。

    28日からリーグ戦に戻る。4カードですでに球宴期間に入るが、この12試合を無駄にしてはいけない。後半戦はもう、試行錯誤しながら戦う時期ではない。チームとしての形を明確に、結果にこだわって戦う時期だ。形を探りながら戦っていると、気づいたときには優勝争いから外れているかもしれない。まだ前半戦と悠長に構えていてはいけない。後半戦から優勝争いは始まる。球宴までの12試合で、チームの最終形を見つめたい。

    南海時代、西鉄と毎年のように優勝争いをしてきた。シーズン終盤、チームの浮沈を左右するのは投打の柱。大瀬良であり、鈴木だ。彼らが相手の主力を抑え、主戦を打つことでチームは勢いづく。逆に打たれ、抑えられれば失速する。今や名実ともにチームの顔となった2人が4連覇のキーマン。プレーと背中でチームを引っ張って行ってもらいたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-06260728-nksports-base

    このページのトップヘ