広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    談義

     NPBでは11月9日、守備のベストナインである「ゴールデン・グラブ賞」の発表があった。選手の総合成績をポジションごとに評価するベストナインの発表は、11月20日に「NPB AWARDS」で行われる。今回はこのベストナインの予想を、データを基にしていきたい。



     ベストナインは記者による投票なので、様々な要素が考慮されるが、守備が評価されるゴールデン・グラブ賞があるので、主として打撃成績が評価される。また、優勝チームの主力選手は貢献度が高いと見られる傾向にある。

     ここではセ・リーグ各ポジションごとの打撃成績を比較する。通常の成績に加え、安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味した打者の総合指標RC(Run Create)も加えた。RCはシーズンで100を超えればMVP級の活躍とされる。また、球団ごとに最も多くその守備位置で出場した選手で比較。例外的に、RCがその選手より上だった選手も紹介したい。

    〇一塁手
    ロペス(De)569打171安30本105点0盗 打率.301 RC 95.35
    エルドレッド(広)344打91安27本78点0盗 打率.265 RC 66.45
    阿部慎之助(巨)455打119安15本76点0盗 打率.262 RC 57.74
    ビシエド(中)332打83安18本49点4盗 打率.250 RC 46.93
    新井貴浩(広)243打71安9本48点2盗 打率.292 RC 44.41
    原口文仁(神)186打42安6本25点0盗 打率.225 RC 21.69
    荒木貴裕(ヤ)188打39安6本25点2盗 打率.207 RC 17.79

     最多安打と打点王に輝いたDeNAロペスの受賞で間違いないだろう。優勝チーム広島は、一塁を2人で守ったため、エルドレッド、新井はともに規定打席に到達せず。巨人の阿部慎之助も3年ぶりに規定打席に到達したが、成績では及ばない。

    本命:ロペス(DeNA)、対抗:阿部慎之助(巨人)、穴:新井貴浩(広島)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00092421-fullcount-base

     37年ぶりの連覇を達成した広島は今季、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでDeNAに2勝4敗(アドバンテージの1勝を含む)で敗戦。2年連続の日本シリーズ進出を逃した。
     シーズンでは2位阪神に10ゲーム差をつけ、圧倒的な力を見せつけたが、短期決戦ではもろさも露呈。球団初の3連覇と、34年ぶりの日本一がかかる来季へ向けて、補強ポイントを探った。

    ◯左腕投手

     先発、中継ぎ共に左腕の数が不足している。先発で10試合以上登板したのはジョンソン(13試合)だけ。ほかではルーキー床田が3試合。高橋樹と戸田がそれぞれ1試合ずつに投げただけだった。

     救援での左腕の最多登板は高橋樹の9試合。以下、飯田が8試合、佐藤が6試合、戸田とオスカルが2試合ずつと、サウスポーの出番は圧倒的に少なかった。それだけにドラフトで即戦力左腕の補強に乗り出すかに思われたが、指名した6選手のうち投手4人は全員が右腕。ファームには高卒ルーキーの高橋昂を筆頭に、高橋樹、塹江、戸田と将来期待できそうな20代前半の左腕が控えているが、来季1軍でバリバリ働けるかどうかは未知数。戦力外を含め、他球団からの補強か、新外国人か、今後何らかの動きがあるかもしれない。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00092312-fullcount-base

    このページのトップヘ