広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    談義

     25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた山崎武司氏が、広島の強さについて言及した。

     広島はこの日、0-0で迎えた8回一死二塁の場面で、7回(92球)まで無失点に抑えていた野村祐輔に代打・西川龍馬を送る。山崎氏は西川が代打で登場すると、「(野村が)好投していましたけど、パっと代えますからね。巨人がこのシチュエーションでマイコラスに代打を出せるかといったら、引っ張ると思うんですよ。この辺りがカープの強みかなと思います」とコメント。“選手層の厚み”を両チームの差に挙げた。

     この日ブルペンに控えていた広島投手陣を見ると、中田廉と中崎翔太が防御率1点台、ジャクソン、一岡竜司、今村猛も2点台と、リリーフ陣が非常に安定している。また、打撃陣に目を向けても、バティスタや新井貴浩といった主力クラスが控えており、躊躇することなく勝負所で代打を送り出せる状況だ。

    【25日の広島ベンチ入り投手陣成績】
    今村 猛:41試合(40回1/3)防御率2.28
    中崎翔太:29試合(28回2/3)防御率1.26
    中田 廉:37試合(35回2/3)防御率1.77
    一岡竜司:31試合(31回1/3)防御率2.01
    ジャクソン:39試合(38回)防御率2.84
    ヘーゲンズ: 4試合( 4回)防御率9.00
    ※7/25終了時点


     8回一死二塁の場面で登場した西川がタイムリー内野安打を放ち、広島が先制点。その後、菊池涼介にも適時打が飛び出しリードを広げると、その裏、セットアッパー・中崎翔太が1回を無失点に抑え、9回は守護神・今村猛が1点を返されながらもリードを守り、広島が3連戦の初戦をモノにした。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00125515-baseballk-base

     18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター プレイボール』で大矢明彦氏が、広島の戦いぶりについて語った。

     79年、80年以来となるリーグ2連覇を目指す広島。投手陣は昨季10勝を挙げた黒田博樹が現役を引退し、開幕投手を務めたジョンソンが咽頭炎で約2カ月離脱。昨季34セーブを記録した中崎翔太も、シーズン序盤に戦線を離脱した。

     主力投手が抜けながらも、先発陣では交流戦から先発に転向した薮田和樹がチームトップの8勝、2年目の岡田明丈が7勝、先発に復帰した大瀬良大地が6勝を挙げる。救援陣も中崎が離脱後、今村猛がストッパーを務め17セーブを記録。中田廉、一岡竜司も勝ちパターンの一角に組み込まれるなど層の厚さを見せる。

     野手陣も田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の“タナキクマル”が上位打線を牽引し、昨季“神ってる活躍”で大ブレイクした鈴木誠也が4月25日の巨人戦から4番で出場を続ける。エルドレッド、新井貴浩、安部友裕、松山竜平など選手層が厚く、相性、休養を与えながら選手を起用している。

     投打ともに充実し首位を走る広島について大矢氏は「出た人、若手も頑張っていますし、非常にいい状態でゲームをやっている。死角がないと言ってもいい。カープは油断だけですよ」と太鼓判を押す。

     18日の阪神戦は、2回に5点を奪い先制すると、その後も得点を重ね12安打9得点を挙げた。8回と9回に失点したが、9-5で逃げ切り勝利。広島は再び2位・阪神とのゲーム差を8に広げた。

     圧倒的な強さを誇る広島。このまま快進撃が続いていきそうだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://baseballking.jp/ns/124772

    このページのトップヘ