広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    談義

     広島のヘーゲンズが1日の中日戦(マツダスタジアム)に3番手として登板し、2回をパーフェクトに抑えて勝利に貢献した。試合後は来日初のお立ち台に上がり、「カープのファンはみんな温かい。ちょっと緊張したけど、とても楽しかったよ」と笑顔を見せた。


     先発の福井以下、5人の投手が登板して16安打を浴びたが、2イニングを投げたヘーゲンズは、打者6人に1人も出塁を許さなかった。逆転した直後の好投は、試合の流れを決定づける投球となった。

    「試合の中にはいろいろな流れがあり、思わぬことが起こることもある。中継ぎとして投げる時は、試合の流れを持ってこられるような投球を心がけている」という助っ人右腕は、5回まで毎回安打を記録し、6点を挙げていた中日打線を完璧に封じた。


    ルナ負傷で巡ってきたチャンス、「ベストを尽くすだけ」

     交代した直後のイニングは、クリーンアップの打順だったが、好調のビシエドらを持ち球のシンカーなどを駆使して打ち取った。「ストライクゾーンの中で球 を動かして、打たせて取るのが自分の身上で、常に野手のテンポを良くすることを心がけている。今日は流れを持ってくる投球ができたと思う」と、会心の投球 を振り返った。

     ルナの故障離脱で外国人枠が空き、一軍昇格のチャンスをつかんだ。ルナが復帰後のポジションは保証されていないが、「その点については、自分ではどうすることもできない。自分は投手としてやれることにベストを尽くすだけ。あとはチームの判断だよ」と気にする様子はない。

     広島はこれで首位に浮上。GW3連戦で、3試合連続で3万人を超えた観衆の中での好投に「母国ではこれだけ多くの観客の中で投げた経験はない。日本の ビューティフルなお客さんの前で、これからもいい投球をしたいね」と、最後まで端正な顔立ちに笑顔が消えることはなかった。

    このページのトップヘ