広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    岩本貴裕

     今夏の甲子園も熱い戦いが繰り広げられている。かつて、聖地に広島商のエースとして立った広島の岩本貴裕外野手は毎年、この時期になると高校球児の姿に、自然と目が向くという。自身は04年に出場。開会式直後の第2試合で浦和学院に1-3で敗れ、初日で高校野球に終止符が打たれた。「あっという間に終わった感じ。だから思い出は…。けん制悪送球をしたことくらいかな」と苦笑いを浮かべた。

     広島商と広陵から声がかかり「長く甲子園に行っていなかったから、僕たちの世代で行きたいと思った」と広島商に進学。白球を追いかけ続けた3年間は、かけがえのない経験になった。

     最も思い出に残っているのは、甲子園出場ではない。3年春の中国大会だという。エースで4番と、まぎれもなくチームの中心として伝統校を引っ張っていた。だが、勝利へ気持ちが強過ぎる余り、味方の失策などに感情が抑えられなくなっていた。

     「迫田監督(現・広島新庄監督)に指摘をされたんです。『態度に出すのはいけないぞ』と。あの言葉で自分は変わることができたし、あれがなかったら、後悔して終わっていたかもしれません。人間的にも成長させてもらいました」。

     絶対的な存在1人で勝ち抜けるほど、甘い世界ではない。チームスポーツということを再認識させられ、立ち振る舞いが変わった。

     「1番はしっかりとヒットを打つし、2番は送りバントを確実に決める。本当に良いチームになったと思います」。強くした結束力で夏を制した。

     今夏の広島大会で、母校は広陵に準決勝で敗れた。自身が出場した04年以降、甲子園出場は遠ざかっている。2年生が多かったチームは、この経験を糧に来夏の出場を目指して練習を始めている。岩本は「気になっているし、頑張ってほしいです」とエールを送った。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000034-dal-base

     広島は12日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に5-1で勝利し、オールスター前の9連戦を5勝3敗1分と勝ち越した。先発のジョンソンが8回1失点の好投で4勝目を挙げ、バッテリーを組んだ石原の通算1500試合出場を勝利で飾った。緒方監督は「ジョンソンは今季一番の投球。石原もナイスリードだった。バッテリーの勝利ということだね」と声を弾ませた。

    「今日はジョンソン。気迫あふれる投球で、本当に集中して投げていた」と、緒方監督は開口一番、好調のDeNA打線を1失点で封じた左腕エースを褒めた。「試合展開で言えば、(3回の)丸のところで1点取れたのが大きかった」と、頼れる3番打者の先制打を評価。「それから何と言っても岩本だね。あの場面でああいう一本が出たのは大きい」。7回に今季初打席で満塁の走者一掃のタイムリーを放った岩本を絶賛した。

     岩本は「初打席でチャンスが回ってきたので、積極的にいこうと思っていた。ボール球を2つ振ってしまったけど、とにかく粘るという意識で、ファームでやってきた三振をしないというバッティングができた」と、2球で2ストライクに追い込まれた後の殊勲打を振り返った。

     先制打を放った丸が「攻撃も守備もいい形で、前半戦を乗り切れた。後半戦もこのままいきたい」というチームは、最高の形の勝利で2位阪神を8ゲーム差引き離した折り返しとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00010037-fullcount-base

     広島岩本貴裕外野手(30)が2日、休日を返上して約2時間、ウエートトレーニングや素振りを行った。

     キャンプ打ち上げ翌日も休んでいられなかった。2軍キャンプスタートも、沖縄2次キャンプ参加。3月のオープン戦にも同行する。「(WBC組がいないことで)チャンスをもらった立場。結果を求めて(スイングが)小さくなったところがある。ただ、僕が求められるのは長打だと思う。準備をしっかりして1打席、1球に集中して打席に入りたい」。持ち前のパワーを武器に、2年ぶりの開幕1軍入りを目指す。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-01786580-nksports-base&pos=1

     「広島春季キャンプ」(14日、日南)

     広島・岩本が持ち味の長打力を発揮した。2日連続の紅白戦が行われ、紅組の「6番右翼」で先発出場。2打席目に2番手・中村恭の直球を完璧に捉え、右翼席へ運んだ。

     昨季は27試合の出場にとどまるなど、ここ2年は本塁打なし。前日の紅白戦でも安打を放ち、レギュラー争いへアピールを続ける。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000071-dal-base

     広島緒方孝市監督(48)と植田バッテリーコーチら2人のコーチ、岩本貴裕外野手(30)ら5選手が21日、緒方監督の地元、佐賀・鳥栖市内で行われた野球教室を行った。
     毎年12月に開かれている恒例行事だが、優勝旅行と重なったためこの時期の開催となった。鳥栖市内の少年野球チームの5、6年生、15チーム119人が参加。緒方監督は「野球は1人では出来ない。練習ひとつとってもそう。チームメート、環境をつくってくれる人、支えてくれる人、そして両親に感謝を忘れずにプレーしてほしい」とあいさつ。約2時間の野球教室で身ぶり手ぶりを交えるなど熱を込めて指導していた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-01768306-nksports-base

     広島・岩本貴裕内野手(30)と堂林翔太内野手(25)が3日、呉市内で行われた「くれ宝町 冬まつり」のトークショーにゲスト出演した。

     約1000人のファンが詰め掛け、野球だけでなく、プライベートの話などで約1時間来場者を楽しませた。一問一答では仲のいい選手を問われ堂林はボードに「鈴木様」と書き込み「流行語もとったので、『鈴木様』と呼ばせてもらってます」とニヤリ。会場を沸かせた。

     最後は岩本が「今年25年ぶりの優勝をしました。しかし、最後に日本シリーズで負けてしまいました。来年は隣にいる堂林と共にチームの戦力となって、日本一になれるように頑張っていきたいと思います」と力強いあいさつで締めくくった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000065-dal-base

     「広島紅白戦、紅組6-3白組」(18日、天福球場)

     広島の岩本貴裕外野手(30)が、宮崎県日南市内で契約更改交渉に臨み、200万減の年俸1200万円でサインした(金額は推定)。

     今季は27試合に出場し、打率・333。限られたチャンスの中で勝負強さを発揮した。「厳しい結果だと思いますが、やるしかない」と今シーズンを振り返りながら、冷静に判断し受け止めた。

     この日行われた紅白戦に「4番・左翼」で出場。1点を先制された直後の初回、1死一、三塁で打席を迎えた。カウント1-1からの2球目、オスカルの投じたフォークに反応。右前適時打を放ち、同点とした。「状態はいい。自分はとにかく打つことが大事なので、継続してやっていきたいです」と気を引き締めた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000117-dal-base

    このページのトップヘ