広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    福井優也

     首位を独走し、リーグ連覇へのマジックを着実に減らしている緒方広島にあって、もがき苦しんでいる男もいる。プロ7年目の右腕・福井優也(29)。一昨年の2015年に自己最多の9勝を挙げ、一皮むけたかに思えたが、優勝した昨年は5勝、そして雪辱を期した今季はここまでわずか1勝のみ。17日の阪神20回戦(京セラ)も5回4失点と、緒方監督ら首脳陣の期待を裏切った。現在1軍投手陣の中では最年長の福井はどうしてしまったのか…。


     左腕エース・ジョンソンが離脱中で巡ってきた先発の座。4回途中で6失点だった11日の巨人18回戦(マツダ)から中6日で阪神20回戦(京セラ)に登板したが、ここも5回4失点と崩れた。しかも、投手・岩田に与えた2打席連続四球がいずれも失点につながるという最悪の展開。巨人戦も8番・小林に与えた四球がきっかけで、再び同じ愚を犯したことになる。

     「同じ失敗を繰り返してはイニングも投げられないし、使う側(緒方監督)の信頼も得られない。四球を出すにしてもその次をきっちり抑ればいいんですが、尾を引く形で打たれてますから…。投手陣の中では最年長なんだし、もう少しマウンド上での余裕がよしいですね」

     福井と晩年の4年間一緒にプレーした野球評論家・横山竜士氏はそう苦言を呈した。威力ある速球に落差の大きいカーブ、鋭いシュートなどを持ち、技量的には他の先発投手と遜色はない。なのに結果が伴わないのは、性格的なものが影響しているのだろう。「“勝ちたい”というどん欲な気持ちを強く持っているんですが、それを表に出してしまうんですよ。先日も審判のジャッジが不満でついSNSに書いてしまったり…。自分の感情を抑えられないと現状からは抜け出せない。福井に今必要なのは『我慢』と『忍耐』。キレる音が周りにわかるようではダメです」。そういう横山氏は何度か同じ指摘を本人に直接したという。

     現在1軍にいる投手の中では最年長とはいっても、まだ29歳の働き盛り。技術的にもまだまだ伸びる余地はある。それだけに、一刻も早くもどかしい現状を脱しなければいけない。今年は薮田や岡田、中村祐など年下の若手がブレークし、自分を抜かしていった。焦りがあって当然だろう。しかし、横山氏は言う。

    「野村も新人王を取った後、伸び悩んだ時期があった。それを乗り越えて去年最多勝を取り、それに満足することなくさらなる上を目指して取り組んでいます。福井はどうか?2年前にワンランク上がったと思ったらこの2年で元に戻ってしまった。ならば、もう一度上がるように努力を謙虚にしてほしいですね」

     同じ釜のメシを食った右腕への見方はシビアだが、その潜在能力は高く買っている。ジョンソンが戻ってくれば、再び持ち場を失う可能性が高い。福井にとって、これからの1試合1試合がプロ人生をかけた正念場といっていいかもしれない。(デイリースポーツ・中村正直)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000072-dal-base

     台風5号の影響で開会式と1回戦3試合が順延となった第99回全国高校野球選手権大会(甲子園)は、8日に開幕する。第2試合で東筑(福岡)と対戦する4年ぶり出場の済美(愛媛)は7日、奈良県生駒市内の室内練習場で調整。打のキーマン、宇都宮佑弥内野手(3年)は相手エース攻略へ意気込んだ。

     「石田伝説」には「ゆうや伝説」で対抗する。済美は奈良県生駒市内の室内練習場で1時間半行った練習のほとんどを打撃に費やした。東筑のエースは2年生で右サイドの石田。攻略に気勢を上げたのは主に2番を打つ宇都宮だった。

     「東筑の“石田伝説”は知っています。こちらは“ゆうや伝説”で頑張りたいです」

     相手の東筑は6度目出場だが、「エース石田」は今回で4度目になる。伝説を引き継ぐ形で甲子園に乗り込んでくる“4代目”に負けてはいられないとばかりに、宇都宮は力強いスイングで快音を響かせた。

     済美の「ゆうや」といえば、福井優也(現広島)がいる。04年の選抜大会で初出場初優勝の快挙を成し遂げ、同年夏の選手権大会でも準優勝へ導いたのが当時2年生エースだった福井。“2代目ゆうや”の宇都宮は愛媛大会5試合で1本塁打を放つなど、チーム2位の7打点をマーク。打率・348を誇る。偉大な先輩に負けない活躍を見せたい。

     身長1メートル63ながら体重は90キロ。胸囲103センチはベンチ入りメンバーではトップだ。1年秋から中軸を打ち、高校通算16本塁打。下半身を生かしたパワフルな打撃でチーム打率4割の攻撃陣を引っ張る。攻撃型の2番打者は「得点圏で1本打ちたい」と言葉に力を込めた。(吉仲 博幸)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000073-spnannex-base

     広島の福井優也が9日、マツダスタジアムで行われたオリックスとの二軍戦に先発した。

     福井は走者を出しながらも2回まで無失点に抑えていたが、3回に小島、伏見のタイムリーで2点を失うと、4回には杉本にソロを浴びた。この日は5回まで投げ9安打3失点という内容だった。


    ▼ 広島 13 - 6 オリックス(マツダ)
    オ|002 100 300|6
    広|106 402 00X|13
    [勝] 福井(2勝4敗)
    [負] 山崎福(0勝3敗)
    [本]
    広:下水流(2号)、メヒア(6号)
    オ:杉本(2号)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00120036-baseballk-base

     広島福井優也投手(29)が8日、1軍に再合流した。神宮球場の室内練習場で野村祐輔投手(27)や大瀬良大地投手(25)ら先発投手陣と調整した。

     前回4月26日巨人戦は6回3失点で初勝利を挙げながら、翌27日に出場登録を抹消された。悔しい2軍降格から2週間で再びチャンスを得た右腕は「結果を求めてやっていきたい。チームの勝利に貢献できるようにしたい。力まずに試合を作ることだけ考える」と表情を引き締めた。

     阪神戦3連敗で炎上した投手陣の救世主として期待される。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-01820263-nksports-base

     広島は26日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に7-6で勝利した。負ければ首位転落となる試合での逆転勝ちで、チームは3、4月の勝ち越しを決めたが、緒方監督は「勝ち越しとかそういうのは関係ない。ちゃんとウチの試合をやっていかないとね」と、浮かれる様子はなかった。

     今季初登板となった福井が6回3失点で初勝利を挙げたが、立ち上がりから失点し、中盤も2イニング連続で先頭打者に四球を与えるなど、不安定な内容だった。緒方監督は「毎回ランナーを出して、バックの守りに助けられた試合だった。勝ち投手にはなったけど、はっきり言って反省点は多い」と苦言も呈した。

     3点ビハインドからの逆転勝ちには「こんなゲームはそうそうできない」と野手の粘りを評価。「今日は打ち勝てた試合だった。試合に出た選手が結果を出してくれた。ウチはプレイボールがかかったら、スタメンも控え選手も関係ない。全員で戦っている」と、チーム力での勝利を強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00010031-fullcount-base

     待ちわびた時がやってきた。巨人との首位攻防3連戦を前に、広島福井が1軍に合流した。マツダスタジアムで先発投手とともに、調整を行った。ブルペンではなく、本拠地マウンドに上がり、50球を投じた。実際の傾斜を利用した予行演習で、最終調整はバッチリだ。

     明日26日の先発が見込まれる。巨人とは通算8勝2敗で防御率2・41。5連勝中と抜群の相性を誇る。5勝4敗と苦しんだ昨季も3勝を挙げ、リーグ優勝の大きなポイントにもなった。「苦手意識はない。そういう数字は自分に有利になると思ってマウンドに上がりたい」。今季初登板を前に胸を張った。

     先発の一角を期待されながら、春季キャンプ終盤に背中の張りで一時別メニューとなった。調整遅れから開幕ローテ争いから脱落。開幕は2軍で迎えた。「いつ呼ばれてもいいように準備してきた」。ウエスタン・リーグ4試合に登板し、1勝2敗、防御率4・26。周囲を納得させる数字ではないが、ドラフト3位床田寛樹投手(22=中部学院大)が左肘痛で離脱し、チャンスが巡ってきた。巨人キラーぶりを発揮し、首位の座とともに、自身の先発の座も確保したい。【前原淳】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-01812915-nksports-base

     広島福井優也投手(29)が24日、1軍に合流した。マツダスタジアムで行われた先発投手の練習に参加。ブルペン投球代わりにマウンドで50球を投げ込み、今季初登板が予想される26日巨人戦に備えた。

     福井は春季キャンプ終盤に背中の違和感で数日別メニューとなったことで調整が遅れた。開幕ローテ入りできず、2軍で調整を続けてきた。4試合に登板し、1勝2敗、防御率4・46。好結果ではないものの、3位床田寛樹投手(22=中部学院大)の離脱によってチャンスが巡ってきた。「いつ呼ばれてもいいように準備をしてきた。相手どうこうではなく、自分の球をしっかり投げて試合をつくりたい」。今季初先発へ気持ちを引き締めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01812716-nksports-base

     昨年の王者・広島が今年も好調だ。開幕15試合を11勝3敗1分で乗り切り、貯金は早くも8つ。安定した強さで今年も首位を走っている。

     広島の下馬評はと言うと、「昨年は出来すぎ」という声も少なくなく、また投手陣の精神的支柱を担った黒田博樹がユニフォームを脱いだことで、“黒田ロス”に陥るのでは...という心配も指摘されていた。

     ところがフタを開けてみると、ここまでのチーム防御率は3.04でリーグトップ。黒田が抜けた先発陣はここまでリーグトップのイニング数98回1/3を記録し、それでいて防御率はリーグ2番目の3.39と安定したパフォーマンスを披露している。

     先発陣の勝利の内訳を見てみると、九里亜蓮と岡田明丈が2勝で引っ張り、野村祐輔とルーキーの加藤拓也、床田寛樹が1勝ずつの計7勝。そんな彼らにはある“共通点”がある。全員が大卒でプロの世界へと入ってきた投手たちということだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00112817-baseballk-base

    このページのトップヘ