広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ブラッド・エルドレッド

     【球界ここだけの話】広島の強さの秘密のひとつに“タクシー通勤”がある。田中、菊池、丸のタナキクマルトリオや鈴木ら全選手が本拠地マツダスタジアムの試合日には、ゆったりタクシーに腰を据えて球場に入る。チーム最年長の新井貴浩内野手(41)だって例外でない。

     その理由を、鈴木球団本部長が明かす。「球場の駐車場の数が限られている。交通事故に遭う可能性もあるので、安全面を考えている。12球団でも広島だけだと思うよ」と胸を張る。

     マツダスタジアムの球団事務所横の駐車場を数えてみると約60台。球団職員が使うスペースも必要で、全選手がマイカー通勤すると「満車」の域を超えてしまいそうだ。練習日や、大きな荷物を運ぶときを除き、タクシーの使用を推奨する。

     この慣例は1990年頃から始まったという。当時の本拠地は広島市の中心で平和公園のそばにある広島市民球場。高ヘッドコーチは「入団したての頃は車で通ってた。駐車場が少なくて、近くの百貨店の駐車場に駐めたこともある」と懐かしそうに振り返った。

     その伝統は2009年にマツダスタジアムに移転した現在も続く。試合後に選手がタクシーに乗る姿は見慣れた光景。ときおり、契約しているタクシー会社が球団ロゴをあしらった外装、内装すべてがカープで統一されているタクシーが来ることもあり、選手は苦笑いで乗り込む。

     特例のケースもあった。2015年に米メジャーから復帰して“男気”ブームを巻き起こした黒田博樹氏は、あまりの人気でプライバシーを守るため、マイカー通勤に変更。もう一人はエルドレッド。使うのはマイカーではなく「ママチャリ」。1軍にいるときは元広島の外国人選手から譲り受けた自転車で、陽気に球場入りする。

     最後まで諦めないプレーで、長時間の試合を戦い抜いて、本拠地での勝利は7割以上を誇るカープ。鯉戦士は、1分でも、1秒でも体を休めるため、今日もタクシーに乗る。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000555-sanspo-base

    <巨人8-4広島(12日)>マツダスタジアムでの対巨人戦連勝がストップした広島だが、まったくダメージを受けた気配はない。むしろ7点を追う8回、鈴木の21号2ラン、バティスタの18号ソロで追い上げたことに、緒方孝市監督は「こういう試合展開のなかで、最後まで全員が集中してあきらめずにやってくれた」とねぎらいの言葉をかけた。

     鈴木も「昨日(11日)まで勝っていたので(チームは)悪い状態ではない。長いシーズンを戦っていれば、こういう試合はたくさんある」と気にする様子はなし。また、この日の試合で7カード続いた屋外球場での連戦が終了。連日の猛暑でナインが悲鳴を上げてもおかしくなかったが、失速するどころか逆に、14勝5敗1分けと白星を積み重ね、ライバル球団を突き放した。

     この期間、本拠地開催の試合前の練習は積極的に屋内練習場を使用。迎打撃コーチは「(練習時間も短くなって)スイングの量が減るし、何が正解か分からない。でも、あくまで試合で100%の力を出せるように選手の体調を優先した練習にしてきた」と説明する。

     さらに、離脱していた野間、今村らも一軍に復帰。10~12日の巨人3連戦は会沢に“完全休養”を与えるなど、戦力の整備もきっちりできた。「今いる選手で戦うというのは変わらないけど、これからの試合にいい状態で入れると思う」(迎コーチ)

     14日からはマジック対象チームである阪神との3連戦(京セラ)。ようやく屋内での試合に臨める赤ヘルが、球団史上初の3連覇へもう一段ギアを上げる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000026-tospoweb-base

     もはや「模範助っ人」と言ってもいいかもしれない。球団史上最長の来日7年目となった広島のブラッド・エルドレッド内野手(38)が二軍で若手に交じって黙々と汗を流している。

     今季は開幕こそスタメンに名を連ねたものの、代打での起用が多く、出場38試合で先発起用は18試合のみ。打率2割1分3厘、5本塁打、14打点となかなか状態が上向かず、6月9日に出場選手登録を抹消されてから二軍暮らしが続く。現在の助っ人事情は野手がバティスタのみで、ジョンソン、ジャクソン、フランスアと投手3人。さらに新助っ人ヘルウェグの加入で外国人枠の争いは一層厳しくなった。それでも水本二軍監督が「エルドレッドはモチベーションを保ってしっかりやってくれている」と話すように腐ることはない。それどころかエルドレッドは「体調はすごくいい。10代のころのような体調で野球を楽しめている」と笑顔さえ見せる。

     二軍では17試合に出場して打率3割8厘で1本塁打、5打点。「一軍に呼ばれたら、自分のパフォーマンスでチームの勝利に貢献できる自負はあるよ。いろいろな状況で今ここにいることも理解している。プレースタイルはどこにいようとも変わらない。チームに貢献するという不動の気持ちを持っている」と泣かせるセリフを吐く。さらにエルドレッドは「(二軍では)年上の人間だし、いい影響を(若手に)与えたいと思っている。ときにはアドバイスや自分の考えを伝えたり、ベテラン選手として自覚を持って楽しみながら彼らの役に立てるようにね。Good Example。いい見本でありたい」とまで言う。

     単なる優等生発言ではなく、行動も伴っていることは全二軍スタッフが見ている。近年では新外国人選手にチームの“しきたり”を教えるのもエルドレッドの役目。2014年のキングは不良債権化することもなく、リーグ3連覇へひた走るチームを陰で支えている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000030-tospoweb-base&pos=5

     7月9日大阪。埋め立て地に立地するオリックス二軍の本拠、舞洲バファローズスタジアムは、数日前までの豪雨が嘘のように、灼熱と言っていい暑さに包まれていた。

     開門の11時45分。人気のカープ戦とあって、500人しか収容しない小さなスタンドはすぐに埋まった。フィールドでは赤い練習着に身を包んだビジターチーム、カープの選手たちが試合前のアップをしている。フィールドの実際の気温は何度だろうかと思うと、若いファームの選手たちのタフさに今さらながらに感心する。

     そういう若い選手に交じって、一軍で結果を残せなかった、あるいは故障していたベテランもファームには在籍する。彼らにとって、この暑さは、若手以上に耐えがたいことは間違いない。この灼熱地獄から抜け出し、カクテル光線と大勢の観客のもとで再びプレーするため、彼らは今、大粒の汗を流している。


    ◆ 打線の起爆剤となる日を待ち望んで

     試合前練習が終わったスタンド下の狭い通路に、大声が響き渡る。

    「アツイ、アツイネ!」

     大男たちの群れにあって、ひときわ大きな体躯をゆすりながらベンチから出てきたのは、エルドレッドだ。開幕戦にはスターティングラインナップに名を連ね、早速ホームランをかっ飛ばした来日7年目のベテラン助っ人も、38試合の出場で打率.213、ホームラン5本という成績にファーム落ちとなってしまった。

     もちろんホームランは魅力ではあるが、昨年から台頭してきた同タイプのバティスタが同数のホームランを打ち、打率.273という成績を残している中、ベンチはどうしても彼を持て余すことになる。

     それでも、日本になじみ、ファンからも愛されている37歳のベテラン助っ人は、腐る様子もなく、前向きにファームでのプレーに取り組んでいる。

    「まあ、仕方がないね。これだけは、僕にどうにかなるものでもないからね。でも、僕にはホームランがあるから、またどこかでチームを助ける時がくるよ」

     日本で現役を終えたいと話す助っ人は、あと何年プレーできるかはわからないと言いながら、灼熱の中、一軍でチームを助ける時に備えて汗を流している。


    ◆ 檜舞台への復帰を目指して

     この試合、カープはゲーム後半に1点ずつ計3点を挙げ、完封リレーで理想的な勝利を飾った。その試合の中で、一番大きな拍手をスタンドから浴びたのは、9回に代走で登場した35歳の赤松真人だった。

    「まだ全然。一番遅い選手よりまだ遅いんじゃないですか。今は違和感しかないと言う感じです」

     プロ14年目のベテランは、プレーヤーとしての復帰以上に、人生の崖っぷちから這い上がろうとしている。

     2016年オフに受けた健康診断で発見された胃ガンは幸い初期のものだった。抗がん剤治療で野球を続けるか、手術を受けて野球を諦めるかの選択に、赤松は迷うことはなかった。

    「みなさんもそうでしょう。僕も生きる方を選んだんです」

     しかし、胃の半分を切除した彼の復帰を信じた球団は、彼と選手契約を結んだまま、リハビリを見守ることにした。それから1年半。赤松自身、そろそろ答えを出さねばならないことは十分にわかっている。

    「クビを切られる前に結果を出さないとね。プロだから当然のことです」

     プロである以上、競争は当たり前、それは二軍でも同じことだと赤松は言う。そこで、病気はいいわけにはならない。ファームであってもポジションや出番は自分で勝ち取らねばならない。

    「みんな頑張っているのは一緒。なんでがんばっている自分が出れなくて、がんばっていない赤松さんがって若い選手に思わせたらだめでしょ」

     とは言え、復活への道は険しい。リハビリに時間を要する胃ガンの切除という常人の社会復帰にさえ大きく立ちはだかる困難であるのに、赤松はプロアスリートとしての復活を目指している。

    「筋力は落ちていなんです。でも、体調はずっと悪いですね。風邪をひき続けている感じって言えばわかってもらえるでしょうか。疲れが取れないんです。なんと言っても、感覚的なものがなかなか戻らない」

     ただでさえ戻らない体調に、夏の灼熱。若い選手が虎視眈々と一軍を狙いがむしゃらにプレーする中、ベテラン・赤松の復帰への道は平坦ではない。

     2点リードの9回、1アウトからの安打の後、赤松は代走としてファーストベースを踏んだ。これ以上点差をつけられたくないオリックスは執拗な牽制球を投げてくる。頭から帰塁する赤松。そして続くライト前ヒットで一気にセカンドベースを蹴ってサードベースに駆け込んだ。そして続くこの回3本目のヒットで赤松はゆっくりとホームベースを踏んだ。

     プロ野球もオールスターを迎え、いよいよペナントレースの山場に入っていく。その華やいだ舞台の裏で、その舞台への復帰を目指し、ベテランたちは、真夏の太陽の下、土にまみれている。


    文=阿佐智(あさ・さとし)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00158707-baseballk-base

     2軍調整中の広島ブラッド・エルドレッド内野手が自身のインスタグラムで、広島ファンにはおなじみ“カープウォール”の前で撮影したほのぼの写真を投稿した。

     来日7年目の助っ人が投稿したのは、4人の愛娘がアメコミ風に描かれた巨大なエルドレッドに右手で掴まれようとしている写真だ。愛娘たちは叫び声を上げる“名演技”を見せている。エルドレッドは「去年はゾウドレッド、今年はただの巨人。このまま認めるべきかな」とのコメントを添え、2017年のゾウドレッドの写真も同時に掲載した。

     巨大なエルドレッドがいるのは、広島駅からマツダスタジアムまでの道のりを彩るカープウォール。2011年から設置されたもので、監督や選手はもちろん、OB、球団やスタジアムを紹介する36枚のボードが連なっている。2018シーズンは、キャッチフレーズ「°C°C°C(ドドドォー!!!)」を盛り込んだ選手のポップ調イラストが描かれている。

     今年のエルドレッドのイラストは、右手で壁をぶち破りながら「HAHAHA…」と飛び出す迫力のあるもの。その右手の前に立つと、まるで大きなエルドレッドに掴まれるように見えるため、ファンには絶好の写真スポットとなっている。昨年は「Carp Zoo Zoo Stadium」と題し、選手を動物に見立てたイラストが描かれ、体の大きなエルドレッドはゾウになっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000094-dal-base

    <DeNA3-4広島>◇26日◇横浜

     首位広島が今季3度目の3連勝を飾り、2位DeNAとのゲーム差を2・5に広げた。同点の9回、ブラッド・エルドレッド内野手(37)が代打決勝アーチで決めた。OBの衣笠祥雄氏(享年71)が23日に死去してから最初のカードに3連勝。横浜での同一カード3連戦3連勝は、12年7月以来6年ぶりだ。偉大な鉄人にまた白星を届けた。



     高々と舞い上がった打球が、ハマスタのバックスクリーンにぶち当たった。エルドレッドが9回、値千金の4号決勝ソロ。16年5月以来の代打アーチで勝利を引き寄せた。「1回の3点を追いつかれてタフな試合だった。いいところで本塁打が打てた。高く上がりすぎたが、芯を食ったので、しっかりと入ってくれた」。開幕から8戦8セーブと完璧救援を続ける山崎を撃沈。ジム・ライトルが持つ球団外国人最多本塁打155本まで残り23本に迫った。

     OBの衣笠祥雄氏が亡くなってから最初のカードに3連勝。エルドレッドも「鉄人」の存在を当然のように認識していた。「もちろん球場で何度もお見かけした。カープの素晴らしい選手と知っている。昔のビデオを見ると、衣笠さんが必ず出てくるからね。亡くなられたことをしのんでいる」。球団史に明るい助っ人は、背番号3が永久欠番であることも知っていた。

     来日7年目。日系人を除けばライトルを抜いて、球団史上最長の在籍となった。広島での時間は人生の多くを占める。開幕前には、助っ人では異例とも言える自身の著書が発売された。「日本に長くいられて、愛されることでこういう機会を得られた。(出版が)珍しいことだとも知っているし、感謝しているよ」。この日のヒーローインタビューでは、質問に通訳を介さずに答えた。「全部、聞き取れているよ」。そう言ってニヤリと笑った。

     22日の中日戦以来の出場。今カード最初の打席、最初のスイングで試合を決めた。開幕5戦で3本塁打もその後は不振続き。2軍降格もありえる状況だった。だが、信頼を寄せる緒方監督が1軍に置き続けた。その指揮官は「こういう接戦をものにできたのは大きい。カントリー(エルドレッドの愛称)が持ち前の長打で決めてくれた」とたたえた。偉大な先人も、天国で笑顔に違いない。迎える黄金週間で、首位の座を揺るぎないものにする。【大池和幸】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00191225-nksports-base

     たとえ同じ顔ぶれであっても、その並びによって得点能力は大きく変わる。それが、打線の面白さだ。できる限り効率良く得点を挙げられる打線を組むために、首脳陣は頭を悩ませる。

     とはいえ、クリーンアップの場合は、チーム内の強打者3人をどう組み合わせるかという問題はあるものの、比較的スムーズに決められるだろう。トップバッターも長打力を持ち併せた選手を起用する場合もあるが、まずは出塁能力が問われる点では決めやすい。

     だが、中軸の後を任せる「6番打者」となると話は変わる。クリーンアップが残した走者を還すべく、勝負強さが光るベテランや、将来のブレイクに向けて経験を積ませたい若手、自由に打たせたい助っ人外国人など、首脳陣の意向によりまったく違うタイプの選手が起用される。

    過去に一時代を築いたチームのクリーンアップ、加えてトップバッターは思い浮かべることができても、「6番打者」となるとなかなか思い出せないことが多い。それは「6番」という打順が、先述のように戦略やチーム状況によって、シーズン中でもタイプが異なる選手を起用する流動的な打順ということの影響ではないだろうか。

     また、6番打者の起用法や打撃成績を見ることで、選手層の厚さ、チーム力の安定度を測ることもできそうだ。上位打線に加えて6番まで固定できるとなると、それだけ戦力がきっちりと整っていると言っていい。秋山幸二、清原和博、デストラーデの“AKD砲”の後を6番・石毛宏典に託し、1980年代終盤から1990年代前半にかけて黄金時代を築いた西武はその典型かもしれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00146574-baseballk-base&pos=4

     「広島2軍春季キャンプ」(19日、日南)

     宮崎・日南での2軍キャンプで調整している広島のブラッド・エルドレッド内野手(37)が19日、球団の外国人本塁打記録を塗り替える意気込みを示した。今季28本塁打以上を放てばライトルの通算155本塁打を上回り、歴代1位に躍り出る。第四女出産に立ち会ったためキャンプ合流は遅れたが、仕上がりはバッチリ。球団史上最長となる来日7年目シーズンも自慢のパワーで本塁打を量産する。



     冷たい雨が打ちつける室内練習場で、エルドレッドはフルスイングを繰り返した。1月下旬に第四女の出産に立ち会い、16日に2軍キャンプに合流したばかり。調整遅れが心配される中、37歳のベテラン助っ人は、そんな不安を吹き飛ばした。

     「自分自身の調子は変わりなく、順調に来ている。スイング自体は100%、しっかり振れている。あとは実戦でピッチャーの球に合わせていきたい」

     来日の時期こそずれ込んだが「家族が増えることはモチベーションになっている」とニッコリ。母国・アメリカでの自主トレも充実していたという。午前中はランニングと打撃練習で汗を流し、午後はウエートレーニングでみっちり鍛えた。練習メニューは現在のキャンプと変わりなく、仕上がりは上々だ。

     大きなモチベーションがある。エルドレッドは過去6年間で通算128本塁打。今季28本塁打を放てば、ライトルの通算155本塁打を上回り、球団史上1位に躍り出る。昨季は116試合の出場で27本塁打を記録。自己最多は14年の37本塁打で「可能な数字だと思う。一つの目標として達成したい。モチベーションになるね」と声を弾ませた。

     今年は例年以上に外国人4枠を巡る競争が激しい。1軍キャンプでは実績十分のジョンソン、ジャクソンが順調な仕上がりを見せ、バティスタ、メヒアも打撃好調を維持。新助っ人カンポスは日本の野球に対応しようと奮闘中だ。それでもエルドレッドは余裕たっぷり。「焦りはないよ。昨年もこの時期は試合に出ていなかったからね」と受け流した。

     キャンプのテーマは「開幕にプレーできるように合わせること」とシンプルだ。21日のセガサミーとの練習試合(天福)では「少しでも打席に立たせてもらえたらうれしい」と出場を志願。自らのペースで開幕1軍に照準を合わせている。

     球団外国人史上最長となる7年目は記憶と記録で彩る。ライトル超えへ、豪快なアーチをファンへ届ける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000017-dal-base

    このページのトップヘ