広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ブラッド・エルドレッド

     セ・リーグで首位を走る、広島の大きな原動力は、セ界最強の打撃陣だ。チーム打率、得点、本塁打で他5球団を押しのける。交流戦に入っても圧倒的な攻撃力は健在で、過去に3度の勝ち越ししかない“鬼門”でもチームの勢いは止まらない。

     その中でひときわ歓声が上がるのがエルドレッドだ。スタメン出場時はもちろんのこと、代打で打席に立つと大歓声に包まれる。12年途中に初来日。13年には、初のCS進出がかかった9月25日の中日戦で、浅尾から決勝2ランを放った。「あのホームランが一番、印象に残っている」。14年には本塁打王に輝き今季は、球団の外国人選手としては歴代単独2位となる通算113本目の本塁打を記録した。史上最強の助っ人と呼ばれても違和感がない活躍を見せている。

     記録も去ることながら、豊かな人間性でチームから愛されている。来日当初から接し続けている2人の通訳が、普段着の彼を語ってくれた。松長通訳は第一印象から好感を持ったという。「最初は、大きなビジネスマンが来たんだと思ってしまいました。握手の仕方とか、人の目を見てしっかりと話ができるところとか、すばらしいなと感じました。性格的には本当にやさしいです」。西村通訳は、彼の同じ外国人選手への接し方に関心しきりだ。「外国人選手は日本で成功するために来ている。だから他の外国人選手はライバルなんです。だから自分の持っている情報を伝えたくない。過去にそういう選手はいましたし、もちろん、ライバルだからそういうこともありえる。でも彼は違うんです。投手でも野手であっても、自分の知っていることは全て伝えています」

     通訳という仕事をする上で、助言を求めたこともある。例えば2軍へ降格する場合だ。松長通訳は「もちろん、首脳陣が言う言葉をそのまま伝えるのが大事ですが、日本とアメリカでは受け取り方が違う可能性がある。アメリカでは、どういう感じで言われるのか、聞いたことがあります」と振り返った。この場合はデリケートなことだ。プライドが高い選手もいる。決して誰にでも聞けることではなく、エルドレッドがおおらかな性格だからそできた質問。通訳という仕事を通して、チームを円滑にする術を学んだ。

     今季から新たに異例ともいる2年契約を結び、18年までカープでのプレーが決まった。休日には広島の街を、かつて在籍していた外国人選手から譲り受けた“ママチャリ”で買い物に出掛ける。あの大きな体だけに、ひと目で彼を分かるが、おかまいなしだ。サインを求められれば快く応じる姿が何度も目撃されている。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/06/09/0010265062.shtml

     「巨人-広島」(27日、東京ドーム)

     広島のブラッド・エルドレッド内野手が、球団の外国人選手として歴代単独2位となる通算113号本塁打を放った。1位はライトル(1977年~82年在籍)の155本。

     3-0の三回無死だった。先頭で打席に立ち、宮国のスライダーを左中間席へ。「前の打席でチャンスを潰してしまったので、コンパクトにスイングすることだけを考えていたよ」。リーグトップを守る12号ソロは、並んでいたロペスを抜いて通算113本塁打目になった。

     エルドレッドは12年途中からカープに加入し、14年には37発で本塁打王に輝いた。昨シーズン後には、異例とも言える2年契約を結び直した。チームにもファンにも愛される助っ人が、球団史にまた1つ名前を刻んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000123-dal-base

    【目撃】マツダスタジアムで12日に行われる予定だった広島―巨人戦は、あいにくの雨のため中止。広島ナインたちもそそくさと帰宅していったのだが、そんな中、「ママチャリにかっぱ」という気合の入ったスタイルで降りしきる雨の中に飛び出していったのが広島の主砲、ブラッド・エルドレッド外野手(36)だった。

     すでにエルドレッドが巨体を揺らしながら広島市内をママチャリで走り回っている姿は、広島の風物詩となっているのだが、それにしても雨の日ぐらいタクシーを使ってもよさそうなのに…。なんとも庶民的なエル砲の「ママチャリ魂」には脱帽するしかない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000002-tospoweb-base%20

    <広島7-6巨人>◇26日◇マツダスタジアム

     広島が競り勝ったこの日の試合について、日刊スポーツ評論家の広瀬叔功氏は勝負のポイントに6回の代打攻勢を挙げた。

     「6回の代打攻勢が見事だった。監督、打撃コーチ、スコアラーの連係プレーが光ったと言える。巨人大竹寛の球数、巨人の継投の傾向がベンチ内に共通認識としてあったのだろう。先頭の鈴木が四球で出塁。5番から7番まで左打者が続くところで、山口鉄ではなく、左腕池田が来ることも予想出来ていたのだろう。迷いなく代打エルドレッドを告げた。まだ6回だったが、代打の順番も含めた的確な指示が出ていたのは一目瞭然だ。

     無死一、二塁で安部には犠打。西川には新井を告げた。代打攻勢で巨人の若手左腕を攻略。左腕から右腕へスイッチ出来ないことも、吉年スコアラーらの分析で、確信じみたものがあったのだろう。一気にたたみ掛ける起用で、球場の押せ押せムードも生み出した。会沢の一打を生み出したのはベンチの力も大きかったのではないか」。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-01813872-nksports-base

    ◆中日1―7広島(4日・ナゴヤドーム)

     広島のブラッド・エルドレッド内野手(36)が先制の1号2ランを放ち、チームを3連勝に導いた。

     2回1死二塁から若松の外角カーブを捉えて左中間席へと運んだ。エルドレッドは「打ったのはカーブ。いいポイントで自分のスイングができた」と振り返った。

     オープン戦は打率9分8厘で、1割を切るほどの不振だった。しかし、開幕4試合で打率4割5分5厘と、シーズンに入ると同時に調子を上げてきた。これには緒方監督も「オープン戦がうそのようだね」とたたえた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000290-sph-base

    このページのトップヘ