広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ブラッド・エルドレッド

    「日本の野球に慣れていけば、エルドレッドを抜くような選手になるでしょうね」。

     7月30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた若松勉氏が、高く評価した助っ人は広島のバティスタだ。

     2016年に広島の育成選手として入団したバティスタ。背番号『145』を付けた助っ人は、二軍戦に68試合に出場して、打率.243、6本塁打、19打点の成績を残した。

     2年目となった今季は、開幕から二軍戦で大爆発。二軍戦で打率.363、14本塁打、38打点で三冠王の成績を残し、6月2日に支配下登録となった。

     支配下登録後は翌3日のロッテ戦で、来日初打席本塁打をマーク。4日のロッテ戦では、史上2人目となる初打席から2打席連続で代打本塁打を放った。さらに、『8番・左翼』で出場した日本ハム戦では1試合2本塁打を放つなど、交流戦で4本のアーチを描いた。

     リーグ戦再開後も、8月5日のDeNA戦で2ランを放つなど、4本のアーチを描いており、持ち前の長打力でチームに貢献している。

     その一方で、やや確実性に欠ける。7月の月間打率は.227(22-5)。5安打のうち3本が本塁打。8月もここまで打率.222(9-2)で、そのうち1安打が本塁打というのは、気になるところ。エルドレッドに近づくためにも、今後は確実性をあげていく必要がありそうだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://baseballking.jp/ns/126909

     前半戦、今年も多くの外国人選手が話題を振りまいた。セ・リーグはチーム状況と外国人選手の出来、不出来に大きな関連性があった。前半戦の外国人の働きを見ていこう。

    【広島】
    ○投手
    ジョンソン
    7試合4勝2敗0S0H 43回1/3 防御率3.95

    ジャクソン
    37試合2勝2敗1S20H 36回1/3 防御率2.48

    ヘーゲンズ
    3試合0勝0敗0S0H 3回 防御率12.00

    ブレイシア
    15試合2勝1敗1S1H 18回2/3 防御率2.89

    ○内野手
    ペーニャ
    22試合37打数8安打0本2点0盗 打率.216

    エルドレッド
    75試合240打数69安打21本59点0盗 打率.288

    バティスタ
    25試合44打数12安打7本13点0盗 打率.273

    メヒア 育成契約

     左のエースジョンソンは開幕直後に登録抹消されたが、6月9日に復帰後は徐々に調子を上げている。ジャクソンは不調で「勝利の方程式」を外れ、ブレイシアは6月9日に登録抹消となった。

     エルドレッドは早くも昨年に並ぶ21本塁打。好調打線で「恐怖の6番」となっている。カープアカデミー出身のバティスタは、6月3日にデビューすると、2試合連続代打本塁打と衝撃のスタート。以後も長打力を発揮、「秘密兵器」的な存在に。バティスタの同僚だったメヒアは育成枠のままだが、2軍では3冠王を取りそうな勢いだ。

    【巨人】

    ○投手
    マシソン
    32試合2勝1敗1S18H 36回2/3 防御率1.96

    マイコラス
    15試合7勝4敗0S0H 102回1/3 防御率2.73

    カミネロ
    32試合0勝3敗18S2H 35回 防御率2.31

    ソリマン 育成契約
    アダメス 育成契約
    メルセデス 育成契約

    ○野手
    クルーズ
    9試合32打数5安打0本3点0盗 打率.156

    マギー
    78試合284打数84安打8本42点4盗 打率.296

    マルティネス 育成契約

    ギャレット 1軍出場なし

     先発マイコラス、セットアッパー・マシソン、クローザー・カミネロと3人の外国人選手は期待通りの働き。しかし野手は、ポジションの偏りもあってフルに活躍しているのはマギーだけ。昨年24本塁打のギャレットは、ヤンキースでも中軸を打った大物だがいまだに2軍暮らしだ。


    引用元 https://full-count.jp/2017/07/17/post76371/

     「広島5-1DeNA」(12日、マツダスタジアム)

     この日37歳の誕生日を迎えた広島・エルドレッドが途中交代した。六回に左前打を放ち、石原の安打で二塁に進んだ際に左太もも裏に違和感を訴えた。

     その後、ベンチ裏でチームドクターによるエコー検査を受けた。松原チーフトレーナーは「(足を)つった状態でした。出血はなく肉離れではありませんでした。大事を取って交代しました」と説明した。今後は経過を見ていくが、現状、病院で再検査する予定はないという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000162-dal-base

    <広島8-1中日>◇1日◇マツダスタジアム

     3連発で貯金20!! 広島ブラッド・エルドレッド内野手(36)が先制、中押し、ダメ押しと来日初の3打席連続弾で8-1と中日に連勝した。来日6年目で円熟味を増す大砲のキングに並ぶ3発で、貯金は今季最多の20。優勝した昨季よりも13試合早い大台到達で、早くも独走状態に入った。


     お立ち台では通訳に仕事をさせなかった。壇上のエルドレッドは、インタビュアーの質問に通訳を介さず、すべて日本語で答えた。来日6年目。日本の言葉、文化を受け入れ、そして何より日本野球を受け入れた。2回は内寄りの直球を先制弾、3回はチェンジアップをたたいて中押し2ラン。5回は低めの球をすくい上げてダメ押しソロ。すべて左翼席を越える特大アーチで、主役を張った。「1打席1打席しっかり集中して結果を残すことができた。打てる球を見極めてアプローチできたことがいい結果につながった」と充実感に浸った。

     31歳で来日し、今月12日には37歳を迎える。米国で粗削りだった大砲は、日本で変貌を遂げた。「若ければ何かしてやろうと無理にやってしまうことがありますが、私は年齢を重ねてきた。そういった意味で成熟し、自分をコントロールしてアプローチできている」。今季は先発での無安打試合は最長3試合と安定。来日初の3打席連発で、本塁打数も21本とし、リーグトップの中日ゲレーロに並んだ。

     異国での成功の裏には、父ジムさんの言葉がある。「いつも同じ気持ちでやることが大事。イライラして、行動が乱れてはいけない」。少年時代、三振しても怒られなかったが全力疾走を怠ったときには叱られた。この日もエルドレッドのユニホームは泥だらけだった。

     日本愛だけでなく、広島愛にもあふれる。この日、本塁打を打ったバティスタには打席前に助言を送り、4番鈴木とも日ごろから打撃論を交わす。若い選手が多い広島打線の中で「センパイ」と胸を張る大砲の働きで、73試合目で貯金を今季最多20とした。独走優勝の昨季よりも13試合早い大台到達にも、緒方監督は「1つ1つの戦いの結果だから。貯金がいくつとか意識しないでやっていきたい」と引き締めた。【前原淳】

     ▼エルドレッドが自身初の3打席連続本塁打。広島選手の1試合3打席連続本塁打は6月16日丸がソフトバンク戦で記録して以来6人、7度目。同一球団でシーズンに2人が3打席連発は、04年に横浜の内川が5月18日巨人戦、多村が7月17日広島戦でマークして以来9度目で、広島では初。広島は90年5月10日アレンから3打席連発の選手が出た試合に5連敗中で、3打席連発が白星につながったのは65年5月11日興津以来、52年ぶり。

     ▼広島は貯金を今季最多の20に増やした。優勝した昨年の貯金20到達は86試合目で、今年の73試合目は80年64試合目、96年68試合目、87年70試合目、84年71試合目に次いで球団史上5番目のスピード。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-01848892-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島―中日(2017年7月1日 マツダ)

     広島のエルドレッドが1日の中日戦に6番一塁で先発出場。5―0とリードした5回裏一死から3打席連続本塁打となる21号ソロを放った。

     エルドレッドはこの日、2回に中日先発の小笠原から先制の19号ソロ。続く3回にも20号2ランを放って、迎えた5回に21号ソロを左翼席上段に放り込んだ。すべて投手は小笠原で、左翼席への本塁打だった。

     前日の試合でも本塁打を放っており、2試合で4本塁打を記録。中日・ゲレーロに並んでセ・リーグ本塁打ランキングのトップに躍り出た。

     プロ野球タイ記録のかかった第4打席の7回は空振り三振に倒れた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000106-spnannex-base

     セ・リーグで首位を走る、広島の大きな原動力は、セ界最強の打撃陣だ。チーム打率、得点、本塁打で他5球団を押しのける。交流戦に入っても圧倒的な攻撃力は健在で、過去に3度の勝ち越ししかない“鬼門”でもチームの勢いは止まらない。

     その中でひときわ歓声が上がるのがエルドレッドだ。スタメン出場時はもちろんのこと、代打で打席に立つと大歓声に包まれる。12年途中に初来日。13年には、初のCS進出がかかった9月25日の中日戦で、浅尾から決勝2ランを放った。「あのホームランが一番、印象に残っている」。14年には本塁打王に輝き今季は、球団の外国人選手としては歴代単独2位となる通算113本目の本塁打を記録した。史上最強の助っ人と呼ばれても違和感がない活躍を見せている。

     記録も去ることながら、豊かな人間性でチームから愛されている。来日当初から接し続けている2人の通訳が、普段着の彼を語ってくれた。松長通訳は第一印象から好感を持ったという。「最初は、大きなビジネスマンが来たんだと思ってしまいました。握手の仕方とか、人の目を見てしっかりと話ができるところとか、すばらしいなと感じました。性格的には本当にやさしいです」。西村通訳は、彼の同じ外国人選手への接し方に関心しきりだ。「外国人選手は日本で成功するために来ている。だから他の外国人選手はライバルなんです。だから自分の持っている情報を伝えたくない。過去にそういう選手はいましたし、もちろん、ライバルだからそういうこともありえる。でも彼は違うんです。投手でも野手であっても、自分の知っていることは全て伝えています」

     通訳という仕事をする上で、助言を求めたこともある。例えば2軍へ降格する場合だ。松長通訳は「もちろん、首脳陣が言う言葉をそのまま伝えるのが大事ですが、日本とアメリカでは受け取り方が違う可能性がある。アメリカでは、どういう感じで言われるのか、聞いたことがあります」と振り返った。この場合はデリケートなことだ。プライドが高い選手もいる。決して誰にでも聞けることではなく、エルドレッドがおおらかな性格だからそできた質問。通訳という仕事を通して、チームを円滑にする術を学んだ。

     今季から新たに異例ともいる2年契約を結び、18年までカープでのプレーが決まった。休日には広島の街を、かつて在籍していた外国人選手から譲り受けた“ママチャリ”で買い物に出掛ける。あの大きな体だけに、ひと目で彼を分かるが、おかまいなしだ。サインを求められれば快く応じる姿が何度も目撃されている。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/06/09/0010265062.shtml

    このページのトップヘ