広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    大瀬良大地

    【赤坂英一 赤ペン!!】「たとえ優勝できても、今年のCSは去年のように簡単には勝ち抜けないかもしれない。投手陣をもう一度抜かりなく整備しておく必要がある」

     1979、80年以来、37年ぶりの連覇を目前に控えた広島の内部から、こう先行きを危惧する声が聞こえてくる。昨季のCS最終ステージはDeNAを4勝1敗と一方的に破ったものの、ここにきて投手陣が先発もリリーフも不安を露呈。首脳陣の間では「この勝負どころで“黒田ロス”の影響が出てくるとは」という声も上がっている。

     マジックが点灯したり消えたりしていたころに目立ったのが、今村や中崎ら抑えが打ち込まれた場面。8月22~24日、3試合連続で逆転サヨナラ負けしたDeNA3連戦では、この2人と中田が敗戦投手となっている。

     今村で思い出すのは2011年、長野の顔面に死球をぶつけ、左頬骨を骨折させたあと、しばらく内角を突けなくなったことだ。当時の大野投手コーチが「勝負の世界なんやから遠慮するな」と励まし、ふたたび長野を打ち取るまでに約2か月を要している。

     翌12年は自己最多の26ホールドを挙げるも14、15年は長い二軍暮らしを強いられた。今年こそ盤石の信頼を得るためにもCS、日本シリーズに向けて、しっかり再調整してもらいたい。

     中崎はヒゲを伸ばすのも結構だが、リリーフで使われ始めたころの鋭い目つきをまた取り戻してほしい。もともと童顔で迫力に欠けるため、野村前監督が「マウンドではもっと怖い顔をしろ」と助言。当時は常に、眉間にしわを寄せて打者をにらみつけていたものだ。

    “黒田ロス”の影響が最も大きいのは先発の大瀬良かもしれない。今季は8勝を挙げて1年目の14年以来の2桁勝利も見えていたのに、8月は月間防御率6・49と打ち込まれ、8月30日の巨人戦で負け投手となって二軍落ち。一軍復帰した10日の中日戦では打線の援護もあり、約1か月ぶりの9勝目を挙げたが、真価を問われるのは次回の登板だろう。

     黒田が復帰した15年の沖縄キャンプ、真っ先にツーシームの伝授を願い出たのが大瀬良だった。懇切丁寧に指導した黒田は「ツーシームばかりじゃなく、ツーシームを生かす球種も投げるように」と教えている。いまこそ“男気”から伝授された技術と精神を思い出す時だろう。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000030-tospoweb-base

     広島の大瀬良大地が6日、ソフトバンクとの二軍戦に登板した。

     大瀬良は8点リードの6回からマウンドへ。ヒットと2つの四球を与えたが、この回を無失点に抑えると、続く7回も走者を出しながらも無失点で切り抜けた。

     この日の大瀬良は2回を投げて、2安打、1奪三振、2四死球、無失点という内容だった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00130649-baseballk-base

    <広島5―3阪神(16日)>広島が阪神に5―3で競り勝ち、4連勝で優勝マジックを「26」とした。

     先発の大瀬良大地(26)は6回途中2失点で8勝目をマークしたが、2回に阪神先発・藤浪から左肩付近に死球を受けた際の対応が「神対応」としてネット裏の評論家から絶賛された。

     藤浪といえば制球難で二軍調整となり、この日が復帰登板。その藤浪が投手にぶつけたとあって「またか」と球場は騒然となったが…。死球を受けた大瀬良は左腕を押さえてしゃがみ込むも、すぐさま笑顔で藤浪に向かって「大丈夫」と言うと、大きくうなずいてみせたのだ。

     本紙評論家の得津高宏氏は「あの場面であの行動はなかなかできません。普通なら『ふざけるな!』となるところですが、投手への死球はトラウマとなり、藤浪の投手生命に影響する可能性もあった。大瀬良は投手だからこそ、藤浪の気持ちが分かったのでしょう。大したものだし、褒めてあげたい。藤浪も大瀬良の気持ちに応えるためにも、制球難を克服して大投手にならなきゃいけない。敵味方を超え、同じ野球人としての思いを感じさせる感動もののプレーでした」と称賛した。

     試合後の大瀬良は「(死球は)生まれて初めてだったので痛かった。カットボールが抜けたのかなと思う。わざとじゃないと分かっていたし『大丈夫、大丈夫』と(藤浪に)声をかけた。(その後の投球で左の)腕が上がらないのは言い訳にはならない」と、最後まで6回途中で降板したことを死球のせいにはしなかった。

     人間、とっさの場面で本性が出ると言われるが、常日頃からマスコミ対応などで“いい人ぶり”が知られる大瀬良は、正真正銘、筋金入りの「いい人」だったようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000041-tospoweb-base

     広島・大瀬良大地投手(26)が7日、ナゴヤ球場の室内練習場で、9日の中日戦(ナゴヤドーム)に備えて調整した。自身3年ぶり2度目の2桁勝利まであと3勝。すでに10勝を挙げている薮田、岡田に続き、野村(7勝)、九里(6勝)とともに球団史上初の2桁勝利クインテット誕生をめざしていく。

     乾いたミット音が外の雨音をかき消した。大瀬良が、後輩の薮田と岡田に刺激を受けてマウンドに上がる。

     「2桁勝利は先発投手の節目の数字。最終的にたどりつければいいと思います」

     開幕から7連勝中の右腕はルーキーイヤーの2014年以来となる自身2度目の2桁勝利まであと「3」に迫っている。

     6日までのDeNA3連戦(横浜)で薮田と岡田が10勝に到達。この2人に自身が、そして同じく7勝の野村と6勝の九里が続けば、13年の前田、バリントン、大竹、野村の「10勝カルテット」を上回る球団史上初の「10勝クインテット」が誕生する。

     8日の中日戦に勝つか引き分けて、2位・阪神が巨人に負ければ、球団史上最短で優勝へのマジックナンバー「33」が点灯する。「周りとの兼ね合いもありますけど、最短で点けばいいですね」。まずはマジック点灯へ、そして自身も2桁勝利を挙げてリーグ連覇へ突っ走る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000014-sanspo-base

    <巨人2-7広島>◇26日◇京セラドーム大阪

     広島が3本塁打で快勝。4連勝とし、貯金を今季最多の27まで伸ばした。先発大瀬良が7回1失点の好投で無傷の7連勝を飾った。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

     -初回からいい攻撃

     緒方監督 誠也の本塁打は大きかったね。

     -大瀬良が好投

     緒方監督 昨日の(野村)祐輔といい今日の(大瀬良)大地といい、非常によかったよね。しっかりといい投球をしてくれて、本当に安心する。大地はここのところずっといい投球をしてくれているからね。あとは打線も走塁も、いい攻撃が出来たね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-01862638-nksports-base

    <高校野球長崎大会:清峰6-4長崎日大>◇22日◇準決勝◇長崎県営野球場

     夏の甲子園をかけた長崎県大会準決勝で長崎日大と清峰が対戦し、6-4で勝利した清峰が9年ぶり甲子園に王手をかけた。

     遠く離れた広島で、その一戦を特別な思いで見つめた2人がいた。広島の主軸投手として活躍する今村猛投手(26)と大瀬良大地投手(26)だ。

     2人は8年前の2009年長崎大会準々決勝で激突。この日と同じ7月22日だった。その年の春のセンバツ優勝投手の今村擁する清峰を、長崎日大のエース大瀬良が4安打1失点に抑えて勝利に導き、甲子園出場まで上り詰めた。

     あの日から8年。本拠地でのナイターに臨む前、2人は互いにそれぞれの家で母校の戦いをチェックし、LINE(ライン)でやりとりしていた。「いつもとは違う感覚。感慨深かった」と今村が言えば、大瀬良は「どっちかが勝ってもおかしくない。いい試合をしてくれた」と両校の健闘をたたえた。

     試合結果は、8年前とは反対に終わった。今村、大瀬良ともに「いい試合をしてくれた」と優しくほほえんだ。そこに勝者も敗者もない。時を経て、同じ舞台でともに戦う2人は両校をたたえた。

     大瀬良は「仲間と一生懸命やってきたことは掛け替えのない思い出。そういうものを大切にしてもらいたい」とエールを送った。

     あの夏の経験があるからこそ、今がある。大瀬良の言葉は、涙をのんだ全国の球児たちにも届けたい。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-01859961-nksports-base

     「阪神5-9広島」(18日、甲子園球場)

     広島の大瀬良大地投手(26)が7回1/3を4安打3失点に抑え、無傷の6勝目を手にした。開幕から6連勝は03年に8連勝した高橋建以来。右腕に限れば99年の佐々岡真司以来18年ぶりだ。前回登板から微調整したフォームが好調の秘けつ。かつて沢村賞を獲得した元ソフトバンク・斉藤和巳氏のように一度、目線を外すフォームで安定感が生まれた。進化を続ける若鯉が無敗街道を突き進む。

     八回裏。中谷を投ゴロに打ち取りピンチを切り抜けた中崎を、大瀬良がベンチ前で出迎えた。帽子のひさしに左手を当て一言、「すまん」と声をかけた。開幕から無傷の6連勝。野手、そして中継ぎ陣に感謝する1勝になった。

     大量リードにも背中を押され、リズム良く投げ込んだ。三回2死二、三塁では上本を直球で中飛に打ち取った。「変化球をうまく使いながら、真っすぐで押せた」。その後は七回まで先頭打者の出塁を一度も許さず、スコアボードに「0」を並べた。

     暗転したのは9-0の八回だった。先頭・糸原への四球をきっかけに満塁とし、上本への押し出し死球で1点を失った。「あそこまで良い形だったのに四球で崩れた」。救援を仰ぎ、中崎に勝利のバトンを託した。

     3年ぶりの完封は逃したが「真っすぐには収穫があった。久しぶりに良い感じで投げることができた」と手応えを口にした。開幕から無傷で白星を重ねる一方で、試行錯誤の日々は続いていた。「どうしても軸足の右足に体重が乗らないまま投げていたんです。投げ急がないためには、どうしたらいいのかを考えた」。動画サイトでさまざまな投手を見ながら手本となるものを探した。目に留まったのが、元ソフトバンク・斉藤和巳氏のフォームだった。

     沢村賞や最多勝など、数々のタイトルを獲得してきた右腕は、左足を上げたとき一度、ミットから目線を切っていた。前回9日のヤクルト戦から、それを導入。投球動作中に視線を一度、三塁側に送った。「やってみると体重が軸足に乗るし、間が取れた。良いリズムで投げられたんです」。歩むべき道筋がはっきりと見えてきた。

     チームの甲子園での連敗は「5」で止まった。2位・阪神とのゲーム差も再び8に広がった。リーグ連覇へ向かう勝負の後半戦。緒方監督は先発陣のできがカギだと言った。「最後まで投げきりたかった気持ちがあったので、次の登板で頑張りたいです」と前を見据えた右腕。収穫と課題を持ち帰り、前に進んでいく。



    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/07/19/0010383354.shtml

     将来のエース候補が本格覚醒だ。広島の大瀬良大地投手(26)が25日の阪神戦(マツダスタジアム)で7回8安打ながら無失点に抑え、無傷の5勝目をマークした。1年目の2014年こそ10勝を挙げて新人王に輝いたが、ここ2年は先発として結果を残せずに苦しんだ。精神面の弱さを指摘されることもあった4年目右腕は、いかにしてタフになったのか――。

     毎回のようにピンチを迎えながらもスコアボードに「0」を並べた。4―0の7回には二死一塁から梅野に左前打を浴びたが、高山の一、二塁間へのゴロをエルドレッドが好捕。大瀬良は素早くベースカバーに入って無失点で切り抜けた。

     7回を投げて8安打され、一人の走者も許さなかったのは6回のみ。21アウトのうちフライアウトが10。大瀬良は「逆球があったけど、ポップフライも多くてボールの強さはそこそこあったのかな。打者の反応を見てそう感じた」と手応えを口にした。緒方監督も「走者を置いても粘って投げ切ってくれたのは収穫。ギアを上げたときには、いい球が行っていた」と目を細めた。

     新人王に輝いた14年は先発として一年間投げ抜いて26試合で10勝8敗。しかし、15年は先発で結果を残せず中継ぎに配置転換。16年も右ヒジのケガから出遅れ、先発は1試合のみ。25年ぶりのリーグ制覇には貢献したが、不本意なシーズンになった。

     再び先発として再起を誓った今季は、ここまで無傷の5連勝。15年にCS進出のかかった10月7日の中日戦にリリーフで登板して炎上し、ベンチで大泣きしたような精神面の不安も見られない。

     そんな右腕が取り入れているのは“涙活リフレッシュ”だ。「最近、遠征先や自宅で時間があるときは映画を見ている」。特に好きなのは人間ドラマだそうで「ハドソン川の奇跡」「42~世界を変えた男~」などノンフィクション作品を中心に観賞する。「感動して涙を流すこともあるけど、感受性を豊かにするのもいいかなと。それにリラックスできる」。逆にマウンドでは平常心でいられるように努めている。

     最近では交流戦が終わってから、捕手の石原に「いつまでも、いい子ぶってるんじゃない」と言われてヒゲを伸ばし始めた。チーム内では賛否両論あるが「『似合ってない』と言われることもあるけど、意外と“賛”も多い」。賛成派の左腕ジョンソンには「もっと伸ばせ」と言われている。この日は試合前に「石原さんにバレないように」と口上のヒゲだけ剃ってマウンドに上がって白星をマーク。こんなところでも殻を破っている。

     チームは2位阪神に5ゲーム差をつけて今季最多の貯金18。“負けない男”が赤ヘルをリーグ連覇に導く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000005-tospoweb-base

     25日・阪神戦に先発予定の大瀬良大地投手(26)が24日、マツダスタジアムで最終調整した。

     中10日の登板に「いい準備ができた。やってきたことをパフォーマンスとして出せるように頑張りたい」と意気込んだ。

     石原の助言で伸ばし始めたヒゲはチーム内で賛否両論あるそうで「これまで毎日剃っていたので違和感があります」と苦笑いした。

     今季は11試合に登板し、4勝0敗、防御率・3・13。ヒゲ同様、威圧感たっぷりの投球で虎刈りを目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000059-dal-base

    このページのトップヘ