広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    大瀬良大地

     広島の大瀬良大地投手(26)が宮崎・日南市で行われている秋季キャンプで腕を振り続けている。第1クール2日目の8日から4度ブルペンに入って計610球。フォームを固めるだけではなく「投げる体力」の強化も目的としている。

     今季24試合に登板して6回を持たずにマウンドを降りたのは9試合。規定投球回数を達成したのは最終登板となった9月28日のヤクルト戦だった。10勝をマークしたものの、周囲の評価は「野手や中継ぎに助けてもらった試合が多い」と厳しい。これは大瀬良自身も理解していて「6回から7回にかけて、球数が100に近づくと粘りきれなくなるのが課題だった。だからこそ、数をこなせる今は、どんどん投げていく」とキッパリ。

     スタミナ強化に躍起になっている右腕に対して、こんな声も上がっている。「大瀬良はある意味、自己満足してしまう部分がある。フォークにしてもカウント3―2から自信を持って投げられるくらいにしないといけない。投げ込みはいいことだけど、自分を客観視して手数を増やさないとね」

     来季は“追加注文”に応えて文句なしの成績を残せるか。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000031-tospoweb-base

     「広島秋季キャンプ」(10日、日南)

     広島・大瀬良大地投手(26)が10日、日南キャンプでプロ入り最多となる230球のブルペン投球。下半身を使うことを意識し、習得を目指す落差の大きいフォークも交えながら投げ込んだ。今季は10勝2敗で3年ぶりの2桁勝利。主戦を任される投手となるべく、決死の覚悟で投げ込む。



     止まらなかった。力を込めたボールが次々とミットに吸い込まれる。プロ入り最多の230球。ブルペンに一番乗りで入った大瀬良が、最後に出てきた。約1時間半、自分の世界にのめり込んだ。

     「170球くらいからいいモノが出てきた。疲れてくると、下半身をしっかりして投げないといけないので、意識しながら投げた。疲れてきたときでもいいバランスで投げられるように、最後のひと踏ん張りができるようにしたい」

     額から大粒の汗が流れ落ちたが、100球を超えても球威は衰えなかった。「下半身を使って投げられた最後の方がよかった」。手応えをつかんだのは上半身の力が抜け、下半身主導の投球フォームに切り替わってから。予定では200球で終わるつもりだったが、“おかわり”で30球。納得いくまで投げ込んだ。

     習得を目指す落差の大きいフォークも多投。捕手を務めた船越と意見交換しながら試行錯誤を繰り返した。徐々に習熟度は上がってきている。

     開幕ローテ入りした今季は10勝2敗、防御率3・65で3年ぶりの2桁勝利。一方で、完投は15年から2年遠ざかっている。「六、七回までではなく、八、九回まで体力が続くようにしたい」と投げ込みの意図を示した。

     CSファイナルSは4番手として先発が予定されていたが、第4、5戦が雨天中止となったこともあり、先発のチャンスは回ってこなかった。「(先発を)任せてもらえるように、もっと信頼される投手になりたい」と2桁勝利を挙げながらも、来季の巻き返しを誓った。

     畝投手コーチは「元々上半身に力が入るので、下半身を使ったフォームを覚えてくれるといい。疲れがたまった中でもこれだけのボールを投げられていたらいい」と右腕の取り組みを高く評価した。

     この日で第1クールが終了し、12日から第2クールが始まる。「しっかり数を投げる中で、意味のある球を投げていきたい」と投げ込みは継続する考えだ。生まれ変わった姿で来季こそ、先発ローテの主軸となる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000023-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(8日、日南)

     広島の秋季キャンプが宮崎県日南市の天福球場で行われ、大瀬良大地投手(26)がブルペンで投げ込みを行った。課題は苦手の左打者封じ。130球のうち40球以上がフォークで、空振りが取れる落差の大きなボールへの改良に取り組むと同時に、プレートを踏む位置も一塁側から三塁側へ変更。角度のついた球で左打者の内角を突くイメージを体に染み込ませた。


     手元を見て握りを確認してから投球動作に入る。右腕から投じられたボールは鋭く縦に変化し、ミットに吸い込まれた。ブルペンで投げ終えた大瀬良は手応えと課題を感じ取っている。

     「フォークで空振りが取れるようにしたい。握りを深くしたり、縫い目のかけ方を変えたりしている。悪いボールもあればいいボールもあった」

     今季もフォークを使っていたが、小さな変化でゴロを打たせるための球種だった。これをより大きな落差のあるボールへの改良に取り組んでいる。

     狙いは左打者対策だ。今季、右打者の被打率・222に対して左打者は被打率・292。阪神・福留やDeNA・筒香に1発ずつを浴びるなど、プロ入り以来の課題でもあり、「左打者に対して、横の変化に加えて縦の変化も入れて、これまでと違ったイメージを与えられるようにしたい」と説明する。

     プレートを踏む位置も「横からの角度をつけるため」に一塁側から三塁側へ変更。左打者の内角に食い込むクロスファイアーと、縦に落ちるフォークを組み合わせることで左打者を打ち取る考えだ。

     5年目の2018年へ向け「アピールしていき、来季も年間を通して投げられるようにしたい」。一回りも二回りも成長した姿を見せつける。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/09/0010716556.shtml

     広島・大瀬良がフォークの進化を図る。「フォークは打者を打ち取るためのボールだったけど、来年は空振りを取れる球として使いたい」。今季終盤に指を掛ける縫い目の位置を変え、以前より直球の軌道に近いフォークを投げられたという。

     今村にも助言をあおぎ「イメージを聞いたら“真っすぐを投げる感覚で落としている”と言っていた。腕の振りが直球と変わらないことを目指したい」と話した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000035-spnannex-base

     2日連続でセCSファイナルS第4戦(マツダスタジアム)が雨天中止となった。先発予定だった広島の大瀬良大地投手(26)は「残念です」と話した。

     昨日に続き、台風の影響による雨で、22日は午前9時に中止が発表された。「(雨天中止は)仕方がないです」と天気にはかなわず。

     大瀬良は悪天候で2試合連続先発が流れ、今後は中継ぎに回る見込み。「難しさはあるけど、しっかり合わせたい。行けと言われたところで準備するだけです。チームに貢献したい思いは変わらない」とチームのため、鯉党のために死力を尽くすことを誓った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000052-dal-base

     広島・大瀬良大地投手(26)が25日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。

     今季はここまで23試合に先発し、9勝2敗、防御率・3・76。次回27日・ヤクルト戦(マツダ)へ向けて「前回の登板が今年の課題でもあるイニング途中で降りる形になってすごく悔しい思いがあった。今度は内容も結果も出せるように頑張りたい」と意気込みを語った。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/25/0010586426.shtml

    【赤坂英一 赤ペン!!】「たとえ優勝できても、今年のCSは去年のように簡単には勝ち抜けないかもしれない。投手陣をもう一度抜かりなく整備しておく必要がある」

     1979、80年以来、37年ぶりの連覇を目前に控えた広島の内部から、こう先行きを危惧する声が聞こえてくる。昨季のCS最終ステージはDeNAを4勝1敗と一方的に破ったものの、ここにきて投手陣が先発もリリーフも不安を露呈。首脳陣の間では「この勝負どころで“黒田ロス”の影響が出てくるとは」という声も上がっている。

     マジックが点灯したり消えたりしていたころに目立ったのが、今村や中崎ら抑えが打ち込まれた場面。8月22~24日、3試合連続で逆転サヨナラ負けしたDeNA3連戦では、この2人と中田が敗戦投手となっている。

     今村で思い出すのは2011年、長野の顔面に死球をぶつけ、左頬骨を骨折させたあと、しばらく内角を突けなくなったことだ。当時の大野投手コーチが「勝負の世界なんやから遠慮するな」と励まし、ふたたび長野を打ち取るまでに約2か月を要している。

     翌12年は自己最多の26ホールドを挙げるも14、15年は長い二軍暮らしを強いられた。今年こそ盤石の信頼を得るためにもCS、日本シリーズに向けて、しっかり再調整してもらいたい。

     中崎はヒゲを伸ばすのも結構だが、リリーフで使われ始めたころの鋭い目つきをまた取り戻してほしい。もともと童顔で迫力に欠けるため、野村前監督が「マウンドではもっと怖い顔をしろ」と助言。当時は常に、眉間にしわを寄せて打者をにらみつけていたものだ。

    “黒田ロス”の影響が最も大きいのは先発の大瀬良かもしれない。今季は8勝を挙げて1年目の14年以来の2桁勝利も見えていたのに、8月は月間防御率6・49と打ち込まれ、8月30日の巨人戦で負け投手となって二軍落ち。一軍復帰した10日の中日戦では打線の援護もあり、約1か月ぶりの9勝目を挙げたが、真価を問われるのは次回の登板だろう。

     黒田が復帰した15年の沖縄キャンプ、真っ先にツーシームの伝授を願い出たのが大瀬良だった。懇切丁寧に指導した黒田は「ツーシームばかりじゃなく、ツーシームを生かす球種も投げるように」と教えている。いまこそ“男気”から伝授された技術と精神を思い出す時だろう。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000030-tospoweb-base

    このページのトップヘ