広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    大瀬良大地

    ■広島 3-1 中日(22日・マツダスタジアム)

     広島は22日、マツダスタジアムで行われた中日戦に3-1で勝利し、9連勝で首位の座をキープした。父の死去で不在だった緒方監督に代わって高ヘッドコーチが指揮を執った一戦は、投打がかみ合った文句なしの完勝となった。


     試合後、報道陣の前に姿を見せた高監督代行は「お疲れ様でした!」と力強い第一声。「今日は(大瀬良)大地に尽きるんじゃないかな」と、完投で今季4勝目のエースの名前を挙げ、「相手を圧倒するような立ち上がりをしてくれて、向こうもこれは手強いな、と思わせる投球。素晴らしいピッチングだった」と称賛した。

     攻撃陣に関しても「會澤がいいリードをした。ホームランも効いたね」と、2安打2打点の女房役を評価し、「ロメロも厄介なピッチャーだけど、3点も取れた。攻撃陣も頑張ってくれた」と満足そうだった。

     この日の朝に監督から父の訃報を聞き、「特に引き継ぎも何もなく、任せる、と言われただけ」という高代行監督は「勝って、ゆっくりお父さんを見送ってもらえればと思っていたので、よかったと思います」とチームの快勝に安堵した様子だった。

     普段は緒方監督の右腕として、多くを語らない指揮官に代わってチーム状況などを報道陣に詳細を説明する官房長官のような役割も果たしている。この日も9連勝で貯金8としたチームに関して「開幕当初よりもみんな落ち着いてプレーができるようになってきた。今日は小窪もいいプレーをしたし、守備も安定してきた」と、好調の要因をまとめた。

     大瀬良が完投し、野手も選手交代はなしと、代行監督が細かい采配を振るう必要もないほどの完勝だった。24日からは緒方監督も復帰する予定で、チームは巨人との首位攻防戦に挑む。選手の力にも助けられ、見事に役割を果たした代行監督は「今日のような引き締まったゲームを、東京遠征でもやりたいと思います」と意気込んでいた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00384190-fullcount-base

    令和に投手王国再建。広島は14日からのヤクルト2連戦に実績十分の野村祐輔投手(29)大瀬良大地投手(27)の両右腕を投入する。

    ここまで先発投手の防御率3・29は12球団NO・1。昨年までは野手陣に引っ張ってもらった投手陣だが、今年はチームをけん引。開幕直後のつまずきからチームを安定した戦いに戻し、さらに勢いづかせたいところだ。

       ◇   ◇   ◇

    上位浮上を占う2位ヤクルトとの戦いを前に、好調先発陣がマツダスタジアムで汗を流した。14日からのヤクルト2連戦は広島にとって、相手が上位球団であり、1勝5敗を大きく負け越しているだけに負けられない。実績ある野村、大瀬良の両右腕で燕を切り、上位進出をうかがう。

    15日先発予定の大瀬良は入団以来ヤクルト戦21試合で10連勝中と無類の強さを誇る。加えてヤクルトは主力に離脱者が相次ぐチーム状況。追い風ではあるが「代わりに入った選手がうまく機能している。そういう(相性がいい)気持ちの中で投げたことはない」と気を引き締める。特に、10本塁打の村上には「逆方向に大きいのも打てるので、外の球に対してどう反応してくるかをまずは見ていかないといけない。キーポイントにもなると思う」と警戒を高める。

    大瀬良を中心に、広島投手陣は佐々岡投手コーチが推し進める改革が着実に浸透している。昨年4・12のチーム防御率は約1点良化され、3・19はリーグトップ。0封勝利はすでに昨年と同じ6度で、完投数は昨年の3度を上回る4度記録している。大瀬良は「1人1人が高い意識でキャンプから取り組んできたこともあるでしょう。監督が掲げる守りの野球を体現できるように1人1人が思いを持ってプレーしている」と胸を張る。

    床田やアドゥワといった実績のない若手の台頭もあり、先発の陣容が整備された。令和となった5月7勝は12球団トップで、いずれも先発がクオリティースタートを達成。先発防御率3・29も12球団トップだ。昨年までは「逆転のカープ」と言われたが、今年は3点以上先取した試合はすべて勝利し「逃げ切りのカープ」と言える。元号が変わり、広島も姿を変えた。今年は先発陣が頂まで引っ張っていく。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-05130629-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年5月8日 ナゴヤD)

     昨季セ・リーグ最多勝投手で、今季の開幕投手を務めた広島のエース大瀬良大地投手(27)が前回対戦(4月25日)で自身5年ぶり2度目の完封勝利を収めた中日を相手に今度は9回2失点完投。「令和」での自身初勝利となる今季3勝目(2敗)をマークした。

     味方打線が初回にバティスタ、鈴木の2者連続本塁打などで3点を先取。2回には3連打などで2点を失い1点差に迫られた大瀬良だったが、3回以降は散発3安打に抑えてそれ以上の失点を許さなかった。4回以降は二塁すら踏ませない尻上がりの投球。終わってみれば9回で113球を投げ、6安打7奪三振無四球の2失点完投勝利だった。

     試合後のヒーローインタビューで「会沢さんがうまくリードしてくれて何とか最後まで投げ抜くことができました」と女房役・会沢の名前を最初に出して穏やかな笑みを見せたエース。「序盤の方で点を取られてしまったんで、何とか中盤はいい流れで攻撃できるようにと思って1人1人、一生懸命投げました」と振り返った。

     前回の完封に続いて今度は完投とこれで中日戦は自身2連勝となったが「決して相性いいとは思ってないんですけど。1人1人抑えることだけ考えて、その結果が良かったのかなと思います」と最後まで控えめだった背番号14。この勝利でチームは勝率5割に復帰したが「1戦1戦一生懸命戦ってですね、どんどんどんどん勝っていけるように頑張りたいと思いますんで。ファンの皆さんと一緒に戦っていきたいと思います」と頼もしかった。

     




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000180-spnannex-base

    広島大瀬良大地投手(27)が粘りの投球で7回を7安打0封し、チームの連敗を4で止める原動力になった。
    1、3、7回に得点圏に走者を進められたが、気迫の投球で失点を防いだ。援護に恵まれず勝ちはつかなかったが、4月19日DeNA戦(マツダスタジアム)の5回から19イニング連続無失点。エース格に導かれ「令和初勝利」を挙げたチームは、再び逆襲に転じる。

       ◇   ◇   ◇

    得点だけは許さない。大瀬良が意地を見せたのは7回だ。マークしていた近本に、この日3本目の安打を許し2死満塁。糸原を渾身(こんしん)のカットボールで中飛に仕留めた。阪神のイケイケムードを断ち切り、110球でお役御免。岩田との0-0の投手戦を演じきり、9回バティスタのV2ランを呼び込んだ。自らに勝ちがつかなくても、チームの勝利に貢献したことがうれしかった。

    大瀬良 けっこう甘い球もあった。走者をためて、粘り強く投げられた。不用意な1発を浴びないよう気をつけた。岩田さんも気持ちの入ったいいボールを投げていたので、乗せられました。

    チームの令和初勝利を引き寄せた。時代の変わり目を意識したのは4月30日、平成最後の夜だった。宿泊先ホテルの自室のテレビをつけると、各局が改元を報じていた。日付が替わる直前、自分が歯を磨いていることに気づいた。「磨きながらそのときを迎えるのは嫌だな…」。あわてて口をゆすいだ。厳かな気持ちで、午前0時へのカウントダウンを見守った。

    それでも、すぐに現実に戻った。「早く寝て早く起きることのほうが大事ですから」。テレビを消し、すぐにベッドに入った。いつものように朝までぐっすり眠った。体を整えるため、1日最低7時間の睡眠を確保するのが、自らに課したノルマ。野球のために生活を組み立てる、いつもの姿がそこにあった。

    連敗は4で止まった。緒方監督は「大地でしょう、やっぱり。7回は苦しい場面があったけど、しっかり投げ抜いてくれた」と、最大の功労者に大瀬良を挙げた。打線の不調が続いていた中、先発投手が試合をつくった意味は大きい。大瀬良がエースの心意気を示した。【村野森】

    ▽広島佐々岡投手コーチ(大瀬良について)「真ん中に集まるボールがあったけど、走者を出してから粘り強く投げてくれた」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-05020901-nksports-base

    ◆広島5―0巨人(29日・マツダスタジアム)

     広島・大瀬良が圧巻の投球だった。6回、先頭丸から岡本、陽岱鋼とクリーンアップを3者連続三振。8回1死一、二塁のピンチも丸、岡本を連続三振に仕留めた。計11個のKマーク。「カットボールが良かったのかな。できすぎだと思います」。昨季の最多勝投手同士の対決に8回無失点で投げ勝った。

     “江夏投法”が奏功した。2月の宮崎・日南キャンプにOBの江夏豊氏が来訪。ティアドロップのサングラス越しに投球を見つめられ、ドスの利いた低音で「左手が死んどる!」と指摘された。「それまで左手の高さしか気にしてなかったんですが、江夏さんに言われてから引くタイミングも考えるようになりました。ボールがいくようになりましたね」。捕手方向に差し出した左腕を腰に巻きつけるように引く。一連の動作で直球の質が大幅に高まった。

     1月に婚約を発表したタレントの浅田真由(29)と「(詳細の日付は)内緒ですが開幕まで」に婚姻届を提出した。ウィニングボールは「お世話になっているんで」と新妻に手渡す。緒方監督は「(大瀬良)大地に尽きる。開幕の重圧がかかる中、あれだけの投球をしてくれた」と最敬礼。鯉がリーグ4連覇へ最高のスタートを切った。(田中 昌宏)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000366-sph-base

     ◇オープン戦 広島4―0ソフトバンク(2019年3月22日 ヤフオクD)

     広島・大瀬良大地投手(27)が22日のソフトバンク戦で6回を投げて開幕前最後の実戦調整を終えた。今春オープン戦5度目の登板で初の無失点。濃厚とみられていた6年目で初の開幕投手について緒方孝市監督(50)も通達したことを明かした。巨人・菅野との投げ合いが待つ29日の晴れ舞台へ準備は整った。

     大瀬良は1週間後の本番へ最高の感触を残した。柳田、デスパイネ、内川らが並ぶ強力打線に対して6回無四球無失点。濃厚とみられていた開幕投手について緒方監督は「本人には伝えている」と初めて示唆した。具体名は出なくても昨季は明言がなかった大役を事実上、認めさせた。

     昨秋の日本シリーズでも2度対戦した千賀との投げ合いで互いに譲らなかった。最速159キロの直球を中心に4回1安打無失点だった千賀に対して直球とカットボールを中心に組み立て、緩急でも翻弄(ほんろう)した。

     5回は先頭の上林、松田に連打を許し、1死から牧原の中前打で満塁を背負っても焦らなかった。「シーズン中もあることなので冷静に勝負できた」。今宮は外角のカットボールで空振り三振。続くグラシアルもカットボールで遊ゴロに仕留めて最後まで本塁を踏ませなかった。

     「真っすぐを待っているところに、(カットボールで)うまく崩せた。カーブもうまく使えたし、収穫もあった」

     過去4度の登板はすべて失点。「試しながら打たれたこともあったし、抑えにいきながら打たれたこともあった。それを分けて考えながら。焦っても仕方ないし、シーズンへの経験と考えれば収穫もあった」。見た目の結果に左右されず、明確な目的意識を持って取り組んできた。開幕前最後の実勢調整を今春初の無失点で終了。準備は整った。

     佐々岡投手コーチからも「前回からやってきていることができていた。打者も反応を見てもよかったと思う」と太鼓判を押された。「いいコンディションで迎えられると思う。チャレンジの年になる」。中6日で臨む29日の巨人との開幕戦では菅野との投げ合いが待つ。リーグ4連覇への戦いは、大瀬良の1球から始まる。

    (河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000062-spnannex-base

    <オープン戦:広島12-5DeNA>◇9日◇福山

    開幕投手が濃厚の広島大瀬良大地投手(27)が5回を投げ、毎回安打を浴びるなど2桁10安打で3失点を喫した。それでも球数は3月上旬のオープン戦では異例の100球目前の99球を投じた。



    オープン戦3試合連続失点も、登板後の表情は決して暗くなかった。登板前日の8日に「試すのは明日が最後。やりたいことができれば」と話していた通りの投球を見せた。序盤は左打者の内角を執拗(しつよう)に攻め、同じ球種を続けるなどシーズン中とは異なる組み立て。4回までに球数80球に達したが「(予定の)5回完了したかった。代わるかと言われたけど、行かせてくださいと。投げ切れて良かった」と昨季のシーズン2試合目の投球数と同じ99球を投げきった。

    同一リーグのDeNA相手にシーズンとは異なる配球で餌をまいた。次回以降は中6日で16日オリックス戦、中5日で22日ソフトバンク戦を経て、29日巨人との開幕戦に臨むとみられる。調整登板は残り2試合となり「しっかり抑えたい。自分としても結果が欲しい」と次回から本番モードに切り替える。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-03090542-nksports-base

     広島・大瀬良大地投手(27)が、OBでスポニチ本紙評論家の大野豊氏の直撃インタビューに応じ、今季への意気込みを語った。

     大野 春季キャンプが終わった。ここまで調整は順調かな?

     大瀬良 投げることや走ることで疲れは感じていないし、例年よりも体は元気です。順調だと思います。

     大野 キャンプで課題として取り組んだことは何だろう。

     大瀬良 真っすぐを追求し、よりいいものにしたいのが一点。球速ではなく質の面で。それと、横の移動を長くしたいと思ってフォームを微妙に変えました。セットポジションでの両手の位置も。

     大野 ここから本格的な実戦期間に入るけど、手応えは?

     大瀬良 まだ100%じゃないし、確率も高くないですけど、ハマッた時はいいボールが行っています。シートで投げた時も球速は落ちていないので、方向性は悪くないかな…と。開幕に間に合うように実戦の中で固めたい…と思っています。

     大野 その新フォームで24日、DeNAとのオープン戦(宜野湾)に先発した。3回3失点は満足できないと思うけど、投げた感覚はどうだった?

     大瀬良 うーん…ボール自体は悪くないと思います。ただ、厳しいコースで空振りを奪っても、決め球が甘くなった。勝負勘や決めに行く時の細かな制球を、もう一度詰めていかないといけない…と痛感しました。

     大野 観戦したけど、確かに本来の制球ではなかったね。

     大瀬良 はい。セットポジションの時に甘くなっていました。

     大野 フォーム自体は問題ない?

     大瀬良 そこに関しては、そこまで違和感はなかったです。

     大野 じゃあ、課題を修正する…と。

     大瀬良 はい。

     大野 昨季の活躍を踏まえ、大瀬良がエースという声も聞くけど、自分でも?

     大瀬良 いや、全くないです(笑い)

     大野 エースになるには今年が非常に大事。昨季の投球回数は182イニングか。

     大瀬良 200イニングを目指したいと思います。エースと呼ばれた方は、その数字を超えるイニングを投げている。200を目標にし、クリアできれば勝ち星、防御率もついてくると思うので。

     大野 目標がイニング数なら、先発完投へのこだわりも?

     大瀬良 投げる試合は全部完投したいですし、去年も降りたくないと言ったことがあります。コーチに“代わるぞ”と言われ、“行きたいです”と。

     大 野 リリーフ陣のことを考えても、そういう気持ちは大切。今は言える投手が少なくなっているからね。1イニングでも長く、できれば完投できる投手になってほしい。そうすればエースの称号をもらえると思う。

     大瀬良 はい。自分の立場を確立していくのに、今年は大事な一年になります。エースと言われる投手になりたいので、厳しい道のりだとは思いますが、チャレンジしたい。リーグ4連覇と日本一に貢献し、皆さんに認めてもらえるように頑張りたいと思います。

     大野 ここのところ2年連続で活躍する投手が出ていない。その意味でも、変なジンクスを破る安定した投球を期待したいね。(構成・江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000070-spnannex-base

     ◇広島・春季キャンプ(2019年2月17日)

     広島・大瀬良大地投手(27)は17日、2次キャンプ地の沖縄で初めてシート打撃に登板し、打者6人をわずか19球で無安打、1奪三振、1与四球に封じた。

     3アウト制の2イニングを想定しての登板。2イニング目が圧巻だった。会沢を1ボール1ストライクから内角への変化球で三邪飛。バティスタへの初球も内角の変化球を選択して、バットを折っての三飛に仕留めた。

     ジョンソンと並んで、今季の開幕投手最有力候補。右打者に変化球での“内角攻め”で、順調な調整ぶりを披露した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000106-spnannex-base

    広島ドラフト1位小園海斗内野手(18=報徳学園)が、チームの大黒柱大瀬良から“プロ初安打”を放った。

    シート打撃初対戦の右腕に追い込まれるも、外角から中に入る5球目カットボールにうまくバットを合わせて中前に運んだ。「永遠のライバル」という藤原よりも早い初安打に「絶対に先に打とうと思っていた」と素直に喜んだ。

    その打撃内容に、称賛の声が相次いだ。得意球を打たれた大瀬良は「(同じカットボールを投じた3球目に)空振りした時とバットの軌道が変わった。すぐに修正した」と高い適応力に驚きを隠さなかった。

    クイックなどタイミングを崩しながら四球という結果となった一岡も「駆け引きが楽しかった。(大きなファウルとなった)内角高めの対応はさすがですね」と認めた。緒方監督は「結果だけじゃない。ずっといい内容を見せてくれている」と目を細めた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-20000822-nksports-base

    このページのトップヘ