広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    大瀬良大地

     この1勝は「143分の1」では済まされないだろう。
     ペナントレースは143試合を戦う。序盤戦の4月に負けが込んでいても、10月初旬に80勝以上をおさめていれば優勝できる。序盤戦は“調整”の様相もある。だから、優勝予想されたチームが出遅れたりもする。「序盤戦の勝敗は関係ない」と言う関係者も多いが、早くも「分岐点」となるような試合が起きてしまった。

     敵地広島で、横浜DeNAベイスターズが連勝した。とはいっても、DeNAは3勝5敗。首位・広島は勝率6割6分7厘で「今年も強い」といった印象は変わらない。しかし、ゲーム展開を細かく見てみると、後半戦まで影響しそうなダメージ・シーンもあった。
    「第3戦目(4月8日)の勝因は、筒香(嘉智=26)の一発です。やはり4番が打つとチームが勢いづきます」(プロ野球解説者)
     開幕から8試合目、31打席目での本塁打はちょっと遅かったが、次打席でもセンターバックスクリーンに連続アーチを放っており、ラミレス監督(43)も「今年はブレークする。爆発的な数字を残すと思う。40本以上打てる」と興奮ぎみに語っていた。

     先のプロ野球解説者がこう言う。
    「筒香の打率は1割台。開幕から調子が上がらず、3連覇を目指す広島からすれば、もう暫く筒香が不振でいてくれたらと思っていたはず。昨季のクライマックスシリーズで広島がDeNAに負けた敗因も筒香でした。DeNAは筒香の好不調がそのまま勝敗に影響するチームなので」
     筒香を目覚めさせてしまったのは、広島の先発・大瀬良大地(26)だ。本塁打献上は結果論だとしても、筒香に一発を浴びた直後のマウンドでちょっとしたハプニングも見られた。二死一塁、一塁走者が二盗を決めると、緒方孝市監督(49)は「申告敬遠」を指示した。バッターボックスにいた嶺井のカウントは「0-3」。今季からルール変更され、ピッチャーが球審に申告すれば、対戦打者に一球も投じずに一塁に歩かせることができる。途中からの申告も認められており、緒方監督は二死一・二塁という場面を造らせた。大瀬良にそう命じたのは「対戦バッターの嶺井は好調だ。ここは無理をするな。次打者はピッチャーなんだから、次の打者でちゃんと抑えろ」の意味だろう。
     しかし、緒方監督は嶺井が一塁に歩き始めるのと同時に、「ピッチャー交代」を告げた。これでは、大瀬良のプライドはズタズタである。

    「広島投手陣ですが、昨季15勝を挙げた薮田(和樹=25)に一抹の不安があります。初戦登板で勝ち星がつきましたが、5回で交代し、リリーフ陣が踏ん張ってという内容でした。今年は大瀬良にもっと勝ってもらわないとなりません」(前出・プロ野球解説者)
     試合後の緒方監督は「急にバランスが悪くなって、球が弱くなった気がした」と、非情交代の意味を語っていた。
     申告敬遠後のバッターボックスに立ったのは、相手ピッチャーだ。大瀬良クラスなら、バランスを崩したとしても「安打を放つ可能性が低いピッチャー相手」なら、抑えられると思うのだが…。

     指揮官によって、考え方は異なる。主力投手の調子が悪いとき、我慢して使い続けることで次に繋げようとする監督もいれば、非情に徹するタイプもいる。緒方監督はどちらかというと、前者のタイプだった。
    「緒方監督の過去3年の采配を見ていると、投手継投がワンテンポ遅いくらいでした。我慢しすぎて、次に登板したリリーフ投手に余計な負担を与えてしまうこともありました。一昨年の日本シリーズ、昨年のクライマックスシリーズを落としたのはそのため」(球界関係者)
     緒方監督が采配を代えたのは勝利に徹する必要性を感じたからかもしれない。この執念は否定できない。今後、非情交代を告げられた側の大瀬良はどうなるのか? 走者を背負う度に「交代か?」と思い、ベンチのほうをチラ見するようなことにならなければいいのだが…。

     打率1割台でも筒香を4番から外さなかったラミレス監督と、非情に徹した緒方監督。この試合の勝敗は、選手のハートに大きな影響を残したようである。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000001-reallive-base

     ◇セ・リーグ 広島―中日(2018年4月1日 マツダ)

     先発した広島・大瀬良大地投手(26)は6回、3番・アルモンテを左飛に抑えたところでベンチに不調を訴えて緊急降板した。両脚のふくらはぎをつったもので、数分間の治療を行ったが、2番手・中田との交代がコールされた。

     新フォームに取り組み、直球の威力が増して迎えた今季初登板。4回に中日・ビシエドと平田にソロ本塁打2本を浴びるも、5回1/3、4安打2失点と上々の結果を残していただけに、無念の降板となった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000153-spnannex-base

     広島の大瀬良大地投手が、4月1日のヤクルト戦(マツダスタジアム)に先発する。31日は、マツダスタジアムで練習しキャッチボールなど軽めのメニューをこなし最後の調整を終えた。

     開幕から野村、ジョンソンに勝ち星がつき、チームは2連勝と勢いに乗る。「流れを切らないようにしたい」と力を込めた。

     オープン戦最後の登板となった25日のソフトバンク戦(マツダ)は、5回3安打1失点とまとめた。状態は上向きで「自分のやってきたことを出したい。自分にとっての開幕戦なので、良いスタートが切れれば」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000158-dal-base

    ◆オープン戦 広島―ソフトバンク(25日・マツダスタジアム)

     広島・大瀬良大地投手(26)が5回3安打1失点の好投でシーズンに向け、復調の兆しを見せた。4回に松田の犠飛で1点を失ったものの、150キロ超の直球を軸に4奪三振。「しっかりゲームの中でいいものが出せた」と満足げに振り返った。

     18日の楽天戦(静岡)では5回7安打4四球で5失点。この試合までオープン戦防御率は9・00と結果が出ていなかった。「どうしても投げ急いでしまっていた。ゆったりと体を大きく使いながら体重移動していくイメージが出せました」と手応えを感じていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000134-sph-base

     広島は18日の楽天とのオープン戦(静岡)に4―5で惜敗。先発した大瀬良大地投手(26)が初回から暴投で先制点を与えるなど、5回7安打4四球5失点。「最初から調子自体良くなかった。軸となるボールを見つけることができなかった」と反省し、畝投手コーチは「まったく内容のない投球。四球から失点につながっている」とバッサリ切り捨てた。

     さらに気になるのが前日17日に左足にライナー性の打球を受けた岡田明丈投手(24)だ。松原一軍チーフトレーナーによると「左下腿の打撲」。この日のうちに広島に戻った岡田は病院で検査する予定だが、チーム内から「すぐに走れるような状態ではない」といった声もある。開幕に間に合うか微妙な状況だ。

     先発陣は6番手を争う高橋昂、九里らが控えているものの、昨季5勝の中村祐や昨季プロ初先発を経験した高橋樹らも故障で離脱しており、復帰は未定。この日、中日との二軍戦に先発した福井は4回5失点とピリッとせず、畝コーチは「(二軍選手と)入れ替える可能性はある」としながらも、起用については頭を悩ませている。

     トレード等の補強に踏み切ることはなさそうで「正直なところ不安だらけですね」(チームスタッフ)という意見も。3連覇を狙う優勝候補大本命の“死角”となりかねないだけに、気になるところだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000019-tospoweb-base

    <オープン戦:楽天4-5広島>◇18日◇静岡

     開幕ローテ入りを確実にしている広島大瀬良大地投手(26)が、先発して5回5失点と課題を残した。

     1回は四球が重なり暴投で先制点を献上。2回と5回にも2点ずつを許した。

     「最初から調子も良くなく、軸になる球を見つけられなかった。(開幕へ)時間も限られている。1日1日を大切にして、いいパフォーマンスを出せるように修正したい」と反省した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00153288-nksports-base

     3月に入ってオープン戦も白熱してきた。今年のセ・リーグは、広島は…。3連覇を阻むチームがあるのか、開幕まで1カ月を切る中で注目が集まる。2月後半、広島キャンプを取材した。選手の仕上がり、チームの完成度を確かめると同時に、カープという球団の“ぬくもり”が、強さの裏にあると感じた。

     「親身になってくれる人が、僕のことを考えてくれる人が、よりたくさんいます。それはカープじゃないと、ないと思いますね」

     開幕ローテは5人が当確。その中でも各方面から評価の高い大瀬良大地投手に話を聞いた時のコメントだ。一昨年限りで引退した黒田博樹氏と、石原慶幸捕手の助言でフォーム改造に着手した。「2人に『今の直球では苦しい』と、ハッキリ言ってもらった。見直すきっかけになりました」。先輩の言葉は、自分自身でも痛感するものだった。

     昨年10月のCSファイナルS第5戦。DeNAの筒香に五回、初球の146キロをバックスクリーンまで運ばれた。

     「あの日、球速も結構出てたんですけど。それでも普通に、内寄りの球をセンターに持っていかれた。甘かったのもありますけどね。やっぱり岡田とか、薮田とか、彼らの体感のスピードよりも劣るんだろうな、と。似たような投手がたくさんいる。そこと比べられると、自分の球は速く感じないんだと。真っすぐを見直そうと思いました」

     石原からは具体的な助言も受けた。(1)マウンドに傾斜に逆らわずに投げること。(2)左右の動きを対称にすること。

     動作解析の専門家にも話を聞き、一からフォームを見直した。「投げにくくなる怖さがあった。でも、何十年も受けている捕手がそう言うんだから、間違いないよなと」。思い切った改造は現時点で吉と出た。角度が付き、ベース上での強さが生まれた。相乗効果としてスライダー、フォークもより効果的に決まるようになった。

     決断に至った背景にある先輩の助言。野村や岡田、薮田ら、同世代の選手から受ける刺激…。そして右腕が強調したのは技術面以上に、カープという球団に対する愛着だった。

     「僕なんかは特にそう思いますね。1年目、2年目でマエケンさん(前田健太)がいて。黒田さんがいて。すごい人が身近にいた。ケガしたりしてたら、下の子たちが上がってきて。負けないようにしないといけない。いろんなところからの刺激がすごく多いです」

     そして、こう続けた。「人に譲りたくない環境、渡したくないものがある。他のチームのことは分からないですが、カープにしかないものがありますね」。チーム内には、日本一の練習をしている自信がある。その上で、連覇を遂げた確信がある。戦力とともに、ナインの精神面も充実。王者は今年も手ごわそうだ。(デイリースポーツ・田中政行)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000081-dal-base

     広島・大瀬良大地投手(26)が4日、地元長崎での西武とのオープン戦に先発。故郷の大声援を受けて、マウンドに上がった。

     「高校のときとは違いますけど、懐かしい球場ですね。普段ないような声援をもらって、特別な感情を持ちました。序盤は力が入ってしまいましたが、全体的にはしっかり投げることができました」

     一回一死二塁で森に中前へ先制打を浴びると山川、松井にも適時打を許すなど3失点。二回以降は150キロ近くの直球と変化球を使って、3回3失点だった。ホロ苦い結果に終わったが、ファンの前で力強い投球を披露した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000534-sanspo-base

     25日のプロ野球オープン戦。先発予定投手は以下の通り。

    DeNA浜口遥大-楽天則本昂大(アトムホームスタジアム宜野湾=午後1時)


    中日柳裕也-阪神藤浪晋太郎(北谷=午後1時)

    ヤクルト・ハフ-日本ハム上原健太(浦添=午後0時半)

    巨人ヤングマン-広島大瀬良大地(沖縄セルラースタジアム那覇=午後1時)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00134437-nksports-base

     今村!? いえいえ、大瀬良です。広島大瀬良大地投手(26)が21日、今村猛投手(26)のユニホームを着てブルペン投球を行った。

     ブルペンに姿を見せた大瀬良のユニホームは、背番号16、今村のものだった。ややサイズが小さいユニホームも気にせず、実戦を想定。5分のインターバルを1度空け、カウントを数えながらの投球も行った。

     力強い投球にも、ユニホームを忘れる失態に「恥ずかしいです」と苦笑いだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00131647-nksports-base

    このページのトップヘ