広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    大瀬良大地

     2018年のプロ野球公式戦が終了し、ストーブリーグに突入した。今季のタイトルホルダーの顔ぶれを見ると最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の菅野智之(巨人)、首位打者、最高出塁率の柳田悠岐(ソフトバンク)、最多安打の秋山翔吾(西武)、盗塁王の山田哲人(ヤクルト)、西川遥輝(日本ハム)といったおなじみのタイトルホルダーから、山川穂高(西武)、大瀬良大地(広島)、多和田真三郎(西武)、新外国人のボルシンガー(ロッテ)などは初めて個人タイトルを手にした。

     山川、大瀬良、多和田、ボルシンガーの4選手に共通しているのが、オープン戦で思うようなアピールをできなかったこと。昨季10勝を挙げ、今季も先発の軸として期待された大瀬良は、オープン戦の防御率は6.23。やや不安な状態で開幕を迎えたが、4月に3勝(2敗)、5月に4勝(0敗)、6月に3勝(1敗)と、6月が終了した時点でシーズン自己最多タイの10勝に並んだ。

     6月1日に放送された『ニッポン放送制作のロッテ-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「雰囲気が違う。昨年先発で結果を残して、今年もいい形で成績をあげてきている。堂々としている。自分のボールにさらに自信が持ててきていますよね」と昨季からの成長を感じたという。大瀬良はその後も白星を積み上げ、最終的にはリーグ最多の15勝を挙げた。

    ▼最多勝、勝率第1位
    大瀬良大地(広島)
    OP戦:3試 1勝1敗 防6.23
    公式戦:27試 15勝7敗 防2.62


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00172759-baseballk-base

     日米野球に出場している前田(ドジャース)と大瀬良、岡田(広島)が、試合前に優雅なランチを楽しんだ。



     3人は広島の先輩・後輩。名古屋ということで、向かったのは「コメダ珈琲店」だった。

     「今日のお昼にコメダ珈琲に行きました。小倉トーストを一緒に食べてのんびりしましたよ」と大瀬良。同店の人気メニュー「小倉トースト」(450円)をほおばりながら、楽しい時間を過ごした。

     前田と広島勢は、マツダスタジアムの試合前日の12日にもそろって食事に出かけた。今回の日米野球を通じて忘れられない思い出がたくさんできたに違いない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000146-spnannex-base

     ドジャースの前田健太投手が『2018 日米野球』参戦のため来日。侍ジャパンと戦うMLBオールスターチームに合流し、11日に会見を開いた。

     侍ジャパンの練習前には、かつての同僚である菊池涼介や大瀬良大地と談笑する姿も見られた前田。「久しぶりに日本で登板できることを嬉しく思う」と喜びを口にしつつ、「自分にとってもいい機会。楽しんで、一生懸命投げたいと思う」と意気込みを語る。

     また、13日(火)にマツダスタジアムで行われるシリーズ第4戦の先発を任されたことも明かし、「広島で試合があるというのが今回出場する決断の一つの理由になった。マツダで久々に投げれるというのは僕にとっては嬉しいこと。広島ファン、野球ファンの皆様にアメリカで3年目のシーズンが終わったので、成長した姿を見せられるように投げたい」と力強く宣言した。

     さらに、侍ジャパンの予告先発には大瀬良大地の名前が。後輩との投げ合いについては、「今年は最多勝を獲って、さっき会ったとき僕のことを追い抜いたって言ってたんで、僕も胸を借りるつもりで頑張りたいなと思います」とおどけながらも、「入団からカープで長く一緒にやって、慕ってくれた後輩。こうやってマツダスタジアムで投げ合う日が来るとは思ってなかった。僕自信も楽しみ。一生懸命負けないように、彼の胸を借りるつもりで投げたいと思います」と嬉しそうに語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00172009-baseballk-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    いいライバル関係だと思う。広島がセ・リーグのクライマックスシリーズを突破した。巨人とのファイナルステージ初戦と3戦目に先発した大瀬良と九里は、同学年のドラフト同期入団。ともに1失点の好投で勝利投手となった。


    九里は亜大の学生だった13年秋を振り返る。ドラフト会議の前日、九共大の大瀬良に連絡していた。「自分はかかるか分からなかったけど、一緒にやれたらいいねと話してましたね」。大学日本代表でチームメートの間柄だった。

    一夜明けて大瀬良が1位、九里が2位で指名された。九里は「負けたくない。切磋琢磨(せっさたくま)していきたい」と言い、大瀬良も「先発としてライバル」と競い合っていく姿勢を示した。プロ1年目からそろって開幕ローテに入った。

    初勝利は九里が先だったが、これまでプロでの実績は大瀬良が先行した。九里は今も追いつけ追い越せの精神がある。大瀬良がこの11月の日米野球の日本代表に選出され、九里は少し悔しそうに言った。「大地はプロでもジャパンに選ばれるんだからすごい。自分ももっと頑張りたい」。

    日本シリーズは両軍とも強力打線を擁するだけに、先発投手の出来が行方を左右する。カープの同期右腕2人がいい連鎖反応を示せば、チーム34年ぶり日本一が見えるはずだ。【広島担当 大池和幸】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00369521-nksports-base

     「セCSファイナルS・第1戦、広島6-1巨人」(17日、マツダスタジアム)

     広島・鈴木誠也外野手が試合の流れを決定づける2ランを放ち、4番の仕事を果たした。

     1点リードの四回。巨人先発のメルセデスが投じた初球、115キロの甘い変化球を捉え、左翼席に運んだ。一塁手前で手をたたき合わせて雄たけびをあげ、喜びを表した鯉の主砲は勝利後のヒーローインタビューに勝利投手の大瀬良とともに呼ばれた。

     -2ランのシーン振り返ってもらいますか。

     「最高です!」

     -手応えいかがでしたか?

     「最高です!」

     お立ち台で「最高です!」を連発した後、落ち着きを取り戻す。「大地さんがしっかり頑張ってくれていたので何とか追加点が欲しい場面になりましたので、ホームランはまったく頭になかったんですが、最高の結果になって良かったです」。

     昨年のファイナルSは故障欠場しており、16年の同Sでは12打数1安打1打点と不振だった。雪辱を果たす思いは強かった。「去年悔しい思いをしていて、大事なところで打ちたいと思っていた。シーズン中あまり納得する打撃じゃなくて、本当にこういう場面で打てたのはうれしいです」。

     主砲がチームに勢いをもたらし、アドバンテージの1勝を加え、日本シリーズ進出まであと2勝とした。「相手はファーストステージで乗りに乗った状態で正直不安も怖さもあった。それがグラウンドに出て温かい、ものすごい声援で、そのおかげで勝てました」。スタジアムを真っ赤に染めた本拠地が、鯉戦士の力となる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000144-dal-base

     先陣、任せろ!広島・大瀬良大地投手(27)が14日、マツダスタジアムでのナイター練習で41球のブルペン投球。登板3日前が通例のため、17日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(S)初戦の先発が確定的となった。

     万全という言葉以外、見つからない。「フォーム的にも、強さも直球を確認しました。軸のボールなので。状態も悪くないし、何も問題はないです」

     巨人打線を封じ込めるイメージは、すでに頭の中にある。「一発が命取りになるケースがある。昨日も一発が試合の流れを変えるワンプレーになりましたから」

     13日のファーストS初戦のヤクルト―巨人戦をチェック。1―1の3回、坂本勇の勝ち越しソロが試合の流れを決定付けたと分析した。シーズンでは12球団最多の22被本塁打を喫しているだけに「状況は目まぐるしく変わるので、大事に行かないといけない」と言い聞かせる。本塁打への細心の注意を払ったうえで「岡本君の前に走者を出さないこと。あとは(田中)俊太君が出るなら機動力。動いてくるケースにも気をつけたい」と細部にまで気を配る。

     CSでの先発は、ルーキーイヤーだった14年に阪神とのファーストS第2戦(甲子園)の1試合のみ。マツダスタジアムでの先発は初めてとなる。昨年は第4戦に登板予定も2日続けての雨天中止の影響で、中継ぎに回った。

     「1年間ローテで回って、大事なところで任せてもらえず、ふがいない気持ちだった。今年はローテを守らせてもらって、先発で結果を残したいと思ってやってきた。気負いすぎず、空回りしない程度に悔しさを持ってマウンドに上がりたい」

     燃えたぎる闘志を胸に秘め、自然体で決戦のマウンドに向かう。最大6戦の短期決戦。初戦の重要性は今さら言うまでもない。勝つことでシリーズ全体の流れを導きたい。

     「それが仕事だと思う」

     下克上を狙う巨人の勢いを完璧に断つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000077-spnannex-base&pos=2

     「巨人5-4広島」(30日、東京ドーム)

     広島・大瀬良大地投手(27)がCSファイナルSで再戦する可能性がある巨人相手に修正能力を発揮した。守護神中崎が打たれチームはサヨナラ負け。右腕も16勝目を逃したが、首脳陣の信頼は変わらない。CS開幕投手へ堂々と名乗りを上げた。

     1点リードで迎えた九回、まさかの結末が待っていた。今季ここまで無敗だった守護神・中崎が救援失敗。大瀬良の16勝目は吹き飛び、チームはサヨナラ負けを喫した。試合後「チームが勝てなかったのが悔しいです」と話した大瀬良。自身の白星が消えたことよりも、チームの敗戦に唇をかんだ。

     勝ち投手になることはできなかったが、手応え十分の126球だ。この日は決して絶好調ではなかった。初回、1番坂本勇に二塁打を打たれ、マギーの犠飛で先制点を献上。1-1の三回には田中俊、マギーの連続適時二塁打で2点を失った。序盤につまずいたが、尻上がりに調子を上げていった。

     「カットボールがあまり良くなかったので四回からフォークを使ってバッターの反応を見た。カットボールは見せ球にして、それがうまくはまりました。四回以降はしっかり投げられたと思います」

     四~七回は無失点。走者を出しても本塁は踏ませず、7回6安打3失点にまとめた。ベンチで降板した右腕をねぎらった緒方監督も「粘り強く投げてくれた。調子は悪かったように見えたけど修正能力があるから。大したもの」とうなずいた。

     ポストシーズンでも先発の大黒柱として、期待される。CSで対戦する可能性のある3チームとは軒並み好相性だ。ヤクルト戦は3勝0敗、防御率1・23と圧倒し、DeNA戦は2勝2敗ながら防御率1・77。そして巨人戦も2勝1敗、防御率2・25だ。大瀬良自身も「苦手意識はないですし、これまで通りやっていくことができればいい。自信を持ってマウンドに上がれる。いい状態を保っていきたい」と力を込める。

     昨季のCSファイナルSは雨の影響で先発機会が訪れなかった。中継ぎでも打たれ、最後の最後に悔しさを味わった。今年はCS開幕投手の最有力候補。1年前の雪辱を果たす舞台はもうすぐだ。

     次回はシーズン最終戦となる7日・DeNA戦(マツダ)に先発予定だ。最多勝のタイトルを争う巨人・菅野とはわずか1勝差。デッドヒートを制し、CSの大一番へ向かう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000015-dal-base

    【赤坂英一 赤ペン!!】広島が球団初の3連覇を達成したらMVPは誰になるのか。先日、東出打撃コーチに水を向けると「丸でしょう!」という答えが返ってきた。そのココロは「出塁率が5割近いんですから」。

    「丸の出塁率の高さには、彼の打率以上の価値がある。後ろを打つ(鈴木)誠也や松山がバットを思い切って振れるのも、彼らの前で丸が相手バッテリーにそれだけプレッシャーをかけているからこそ。四球の数もリーグトップで、チhャンスメークしている点でも群を抜いている」

     と、東出コーチが強調する丸の出塁率は常時リーグトップ。3日現在4割8分5厘である。

     ちなみに、プロ野球の歴代最高は落合博満がロッテ時代の1986年に記録した4割8分7厘。セ・リーグ記録が同じ年の阪神・バースが持つ4割8分0厘5毛で、丸が更新する可能性は高い。となれば、落合、バースら3冠王たちを超えることになるのだ。

     ただし、MVPは記者投票で決まるから、今後の印象に左右される恐れもないではない。その意味で、丸をどこまで追い上げるか、見ものなのが4番・鈴木。3割3分7厘でリーグ2位の打率を押し上げ、首位打者にでもなれば、かなりの票が鈴木に流れそうだ。

     もっとも、鈴木は今季は序盤、昨季は終盤と、2年続けて足の故障で戦線離脱。東出コーチもこの点を指摘し「誠也には個人タイトルよりケガしないことを求めたいね」と手厳しい。

     今季はそんな鈴木の不在期間を成長著しい野間が埋め、打率3割台で外野の準レギュラーに成長。「去年の今頃と比べるとチームで一番伸びた選手です」と東出コーチの評価も高い。

     野間は新人だった2015年以降、早出練習に連日参加。東出コーチが打撃投手として投げる球を打ち続けてきた。

     その東出コーチによると「野間の打ち方は僕の現役時代に相通ずるものがある」。どちらも少年期に右打ちから左打ちに変えたので、スイングやポイントに共通する点が多いのだそうだ。今季の野間の急成長は、そんな指導者による助言も大きい。控えにもMVPがあったら野間で決まりか。

     と思っていたら、投手で大瀬良が15勝、防御率2・21でリーグ2冠に急浮上。3連覇は秒読み段階に入ったが、MVP争いのほうはまだまだ予断を許さない。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000021-tospoweb-base

    ● ヤクルト 3 - 8 広島 ○
    <20回戦・神宮>

     広島の大瀬良大地が、7回2安打1失点に抑え、15勝目を挙げた。

     大瀬良は、ヤクルト打線を4回までノーヒットに抑えるピッチング。0-0の5回に4点の援護をもらうとその裏、大瀬良は中村悠平にこの日初安打となる適時打で1点を失う。それでも6回は、1番・坂口智隆から始まる打順を三者凡退に仕留めると、7回も無失点に抑え、7回2安打1失点で15勝目を手にした。

     1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた谷繁元信氏は大瀬良について「立ち上がりは探り探りに投げているような感じだったんですけど、3回ぐらいから自分の狙ったところに投げだすことができるようになってきましたよね。そこからは、例えばボールが先行しても、バッティングカウントでちゃんと打ってもファウル、凡打になるところに投げていました」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00164438-baseballk-base

    このページのトップヘ