広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    大瀬良大地

     コロナウィルスの感染拡大を受け、開幕延期が決まったプロ野球。開幕が待ち遠しい日々が続くが、せっかくなので開幕後によりプロ野球を楽しめるデータをお届けしたい。そこで過去5年間の開幕投手を調べ、それぞれの投手成績を比較してみた。今回は昨季セ・リーグ4位の広島東洋カープ。




    12球団唯一全ての開幕投手が勝ち越し

      2015~2019年の5年間、広島の開幕戦先発マウンドに上がったのは前田 健太(現・ツインズ)、ジョンソン、野村 祐輔、大瀬良 大地の4人。

     2016~2018年の間、セ・リーグを3連覇するなどここ数年は強さを見せつけてきた広島だが、その順位と開幕投手の成績は必ずしも一致していないようだ。2015年には前田健太が、2019年には大瀬良大地が二桁勝利を挙げているが、どちらの年も4位に終わっている。前田に至っては1年間ローテーションを守り、200投球回をクリアし、さらに最多勝も獲得したにも関わらずである。2016年はジョンソンが15勝を挙げエースとしてチームを優勝に導いているが、2017年のジョンソン、2018年の野村祐輔は二桁勝利に届かなくてもチームは優勝することができた。

     勝ち星に目を移すと、5年間で54勝を挙げており、これは巨人の59勝に次いで12球団2位の数字だ。さらに、5人全員が勝ち越しており、これは12球団唯一のこと。広島の開幕投手(=エース)は多く勝つだけでなく、「負けない投手」であるとも言える。黒星が少ないだけなら単純に登板数が少ない可能性も出てくるが、平均すると約23試合に登板しており、これはちょうど12球団の平均と一致する。また、投球回については平均約151回と、12球団平均の145回を先発1試合分ほど上回る。それだけ広島の開幕投手たちは、年間を通して「ローテーションを守って、長い回を投げ、負けない」投手だということだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010008-hbnippon-base

     広島の大瀬良大地投手(28)が30日、マツダスタジアムでの全体練習後に取材に応じ、改良したシュートに手応えをつかんでいると明かした。3月上旬に新しい握りでのキャッチボールを開始。開幕延期の決定を受け、さらに練習を進めた。右打者の懐を攻める引き出しを増やし、開幕を待つ。


     大瀬良が新たな武器を手に入れた。シュートだ。これまでも投げていたが、デメリットがあった。開幕延期を受け、握り方を改良したことで不安を解消。「以前のように体が開かなくなった」と力を込めた。

     これまでは球の縫い目に添って指をかけていた。現在は少しだけ縫い目をずらして握る。ツインズ・前田からは、握り方を携帯電話で撮影した写真を送ってもらった。試行錯誤の末にたどり着いた形だ。

     昨季も交流戦辺りで投げていた。だが「曲げようとする意識」が強過ぎるあまり、肘が下がったり、体の開きが早くなったりした。直球とカットボールにも悪影響が出たことで中断した。握り方を変えた今は、直球と同じ腕の振りでも変化するようになった。

     曲がり方に手応えを感じたのは、20日の中日との練習試合だ。七回、大島にシュートを中前打にされたが、ポテンヒットで「思ったよりもバットの先に当たっていた」と実感できた。前日29日のブルペンでも投げ、好感触を感じ取った。

     4・24開幕を見据える中で、佐々岡監督から開幕投手を告げられた。「うれしいし、期待に応えたい。(調整が)難しいとか考えずに、(4月)24日を目指してやっていきたい」。さらにレベルアップし、その日のマウンドに立つ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000021-dal-base

     広島の大瀬良大地投手(28)が28日、新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった阪神の藤浪晋太郎投手(25)にエールを送った。


     前日27日、藤浪ら阪神の3選手が新型コロナウイルス感染を調べるPCRを受け、陽性反応が出たことが明らかになった。藤浪とかねて親交のある大瀬良は「記事で知ってビックリした。連絡はしてないけど、野球に専念できるように早く回復してほしい」と思いやった。

     開幕日が確定していないため、調整には難しさが伴う。この日はマツダスタジアムでの全体練習に参加し、キャッチボールやダッシュで体を動かした。自身が感染しないためにも「『あすはわが身』という思いを持ちながら、準備したい」と引き締めていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000085-dal-base

    練習試合:広島3-4中日>◇20日◇マツダスタジアム 

    プレ開幕に手応え!! 広島大瀬良大地投手(28)が、当初開幕予定だった中日戦に公式戦さながらに先発した。
    6回まで単打2本で無失点。7回に4失点したが、2戦続けて101球を投げ切った。今年初の実戦打撃では5回にバスターを決め、内野安打で好機拡大。エースは当初の開幕にきっちりピークを持ってきていた。今後は1度登板機会を空け、定められた開幕に合わせて調整していく。

       ◇   ◇   ◇

    2回から大瀬良の投球が変わった。1回は12球すべてが直球と得意球のカットボールだった。だが、昨季有効だったスライダーに加えてカーブやフォークボールを多投した。2回は阿部と平田、京田をフォーク、スライダー、真っすぐといずれも違う決め球で3者連続三振。4回は早いカウントでカーブやスライダーを見せて凡打に打ち取った。緩急と奥行きを使った投球で中日打線を惑わせた。

    「あまりカットボールを使わずに真っすぐとカーブ、フォークで抑えられた。違ったバリエーション。配球にしてもいいものが見せられた。今後につながっていくんじゃないかなと思います」

    7回に不運な当たりや浮いた球を捉えられて4失点した。それでも「僕の中では結果ほど悲観するほどではないと思っている」と前を向いた。

    前回13日のソフトバンク戦での5回4失点から修正と改善が見られた。投球の割合が低い球種で組み立てることで幅の広がりも感じられた。2戦続けて101球とスタミナ面の不安はなし。加えて、現時点で最短の開幕4月10日でも当たる中日の目先を変える餌をまくこともできた。バッテリーを組んだ会沢は「その意味合いも当然ある。前回の投球を踏まえて、大地といろいろ話をして組み立てられた」と納得の投球内容と感じ取った。大瀬良は当初の開幕日に1度ピークを持ってきた。

    この日は指名打者制を解除し、打席にも立った。5回1死一塁ではバントの構えから前進守備した内野手の動きを見てバスターに切り替え、内野安打をもぎ取った。実りある投球に加え、打席での実戦勘も養えた。「あとは微調整や、やりたいことに集中できる」。今後は1度登板機会を空け、次回は4月第1週の週末を予定する。そこから定められた開幕日に合わせていく。【前原淳】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-23200874-nksports-base

     「オープン戦、中日3-1広島」(29日、ナゴヤドーム)

     広島・大瀬良大地投手(28)は充実感いっぱいにマウンドを降りた。開幕で対戦する中日を相手に課題としていたカットボールが決まった。「左打者の内角に強いカットが投げられ、ゴロや空振りが取れた」。4回1安打1失点。調整ペースは順調そのものだ。

     二回2死。京田を迎えた場面が象徴的だった。カットボールで追い込み、その後は一転して直球勝負。フルカウントとなってからは膝元へ鋭く曲がる1球で空振り三振に仕留めた。狙い通りだった。

     直球とカットボールが投球の軸。直球の状態が良くないと判断すれば、カットボールで試合を組み立てることもある。それだけ重要な球種。前回2月23日の阪神戦では「指の掛かり具合が良くなくて抜けることがあった」と納得していなかったが、きっちり修正してみせた。

     新型コロナウイルスの感染拡大防止として、無観客試合のマウンドだった。「鳴りものがないので違和感があった」。それでも試合が始まれば集中力は高まる。「プレーボール後は違和感はなかった。自分の球を投げることを意識していた」と力強くうなずいた。

     四回2死で初球のフォークが甘くなり、ビシエドに左越えソロを浴びた1球と、続く阿部に四球を与えた投球が反省点だ。「次回の登板で課題をつぶしたい」。残り2試合の登板を経て3・20開幕のマウンドへ上がる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000031-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    威風堂々。ちょっと“木鶏感”を感じたから、聞いてみたくなった。

    2月下旬。広島の沖縄キャンプ地、コザしんきんスタジアムでのひとコマだ。

    まだ日差しがマックスに達していない静かな午前中、球場では投内連係が行われていた。順番を待つ投手陣が一塁線の外側で列を成す。その中心、大瀬良大地は腕を組んで仁王立ちし、何度も野手に声をかけていた。

    「(佐々岡)監督も『一体感』という言葉をよく使われているので。ああいう時は、あえて野手に積極的に声をかけるようにしているんです」

    背番号14は少し照れくさそうに、声掛けの意図を説明してくれた。

    28歳。18年には15勝で最多勝に輝き、チームをセ・リーグ3連覇に導いている。3年連続2ケタ勝利をあげ、昨季はリーグ最多の6完投。さすがにもう「エース」という表現を使っても問題ないかと尋ねると、大瀬良は「いや、まだまだ…」と今度は苦笑いした。

    「確かにそう言ってもらえることは増えましたけど、まだ『エース』という言葉を全面的に受け入れることはできていないですね。そこに近い位置まで来ているというのは分かっていますけど…」

    気取らず優しく誠実。誰の目にも好青年に映る大瀬良はプロ入りしてから数年間、敵チームのファンからも「頑張れよ!」と声援を送られる存在だった。

    それが大黒柱に成長した18年には、ようやく敵地でヤジを飛ばされるようになった。そして昨季、KOされるとカープファンからも罵声を浴びるまでになったという。

    「1週間、何しとったんじゃ!」

    「こっちは金払っとんじゃ!」

    もちろん気分のいいモノではない。ただ、辛辣(しんらつ)な言葉1つ1つは、大瀬良が「好投して当たり前」という立場まで上ってきた証でもある。

    それでも本人はまだ、自身をエースとして認めるつもりはないらしい。

    「今年やってどうか、じゃないですかね」

    そのひと言に、今季に懸ける覚悟が見え隠れする。

    「木鶏」。九州共立大時代に当時の仲里清監督から教わって以来、大切にしてきた言葉だ。闘鶏の最強の状態を表す言葉で、木彫りの鶏のように何事にも動じない様子を意味する。

    少しずつ木鶏の域に近づいてきているかも、なんて冗談交じりに聞いてみると「いやいや、余裕があるように見せているだけですって」と笑顔で返された。その表情にもまた余裕があって、妙に頼もしく感じる。

    昨季、カープは4連覇を逃した。常勝軍団であり続けるには、今季は重要な1年になる。20年。勝ち星を積み上げてチームをV奪回に導いた時、エースと呼んでもいいか、もう1度聞いてみようと思う。【遊軍=佐井陽介】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-22270014-nksports-base

    広島のドラフト1位森下暢仁投手(22=明大)が17日、大瀬良からスライダーを伝授された。

    12日に続き、この日も休日返上し、沖縄市のコザしんきんスタジアムで体を動かした。キャッチボールの最中に大瀬良からスライダーの投げ方を教わり、数球試投した。

    具体的な握り方などは「内緒です」と笑顔でかわした。カットボールを持ち球としているが「より良い方を使っていけたら」と収得を目指す。

    伝授した大瀬良は「いいスライダーを投げてました。器用なので、うらやましい。全ての動きにセンスを感じる。細いけどバネもある」と絶賛。自身の1年目と比較し「全然上でしょう」と語った。森下は大瀬良とともに18日のシート打撃に登板する予定で「アピールしないといけないので、結果出せるように準備してやりたい。今の力を出せたらいいと思います」と意気込んだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-02170572-nksports-base

     「広島春季キャンプ」(7日、日南)

     キャンプ第2クール初日は小雨が降る中、行われた。アップが始まり、チーム全体でのランニングが始まると、身ぶり手ぶりしながら話す2人の選手に目が止まった。侍ジャパンでも4番を担う鈴木誠也と、鯉のエース・大瀬良大地だ。2人はナインの最後尾で時折笑顔を見せながら走り続けた。


     ドラ1ルーキーの森下がその違いに驚いていたように、プロの練習では学生野球と違い、投手と野手とで完全にメニューが分かれている。数少ない投手と野手が一緒になるメニューの時間を大事にするかの様な2人の姿に、カープを引っ張ってきた新井と黒田の両レジェンドの姿が重なって見えた。

    (デイリースポーツ・山口登)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00000164-dal-base

     「広島春季キャンプ」(8日、日南)

     広島の大瀬良大地投手が、今キャンプで初めて打撃投手を務めた。田中広には22球を投げ安打性の打球は2本。坂倉は21球で同2本に抑えた。最速は145キロだった。



     「ケガなく終わって良かった。投げた中で、打者がどういう反応をするかを見たかった。悪くはないと思うし、(フォームも)バランスよく投げられたと思います」

     2年連続での開幕投手が決定。3月20日の中日戦を見据えながら練習に励む日々だ。「良い物も悪い物も出たので、ブルペンで修正をしていきたい」。この日、出た課題は引っかけてしまった球があったこと。「2~3球あったかな。0で終われたら良かったんですが。上を目指している中で、見逃さずにやっていくことが大事です」。エースとしての自覚がにじむ言葉だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00000139-dal-base

     広島の大瀬良大地投手(28)が30日、マツダスタジアムの合同自主トレに参加し、昨秋から封印していた2段フォームを“再解禁”する意向を示した。今オフは新たな投球フォームに挑戦したが、上半身と下半身の連動性などを考慮。2018年に最多勝、最高勝率を記録した従来のフォームに磨きをかけ、チームをV奪回へと導く。

     試行錯誤の末の決断だった。春季キャンプを目前に控えた大瀬良が、マツダスタジアムに姿を見せ「もうある程度は昨年までと同じようにとは思っています」と明言。これまで封印していた従来の2段モーションを“再解禁”する考えだ。

     昨季は11勝9敗。夏場の疲労の影響もあり、シーズン後半はやや精彩を欠いた。その反省を基に、昨秋から下半身の消耗を軽減させる負担の少ないシンプルなフォームへの改造に取り組んでいた。「平地ではすごく感覚が良かった」と一定の成果を見いだしたが、マウンドで投球した際に「上(半身)と下(半身)の連動性がかみ合わない感じ。もうひとつしっくりとこなかった」。傾斜があると、フィーリングに狂いが生じたという。

     従来の2段モーションと新フォームをてんびんにかけた結果、「今はもう9対1か10対0ぐらいですかね」と表現。最終決定はキャンプを経てからになるが、再解禁する意思は固い。

     今オフも巨人・菅野がフォーム修正に励むなど、他球団の選手たちはさまざまな方法でレベルアップを図っている。その事実を踏まえた上で「変える変化も大事ではあるが、合わないのであればそこまで挑戦する必要もない」とキッパリ。自身は17年から2段モーションを取り入れ、18年には最多勝(15勝)&最高勝率のタイトルを獲得した。3年連続2桁勝利を達成しており、最大限に力を発揮して実績を積んできた投球フォームを貫くことが、最良の選択であることは確かだ。

     合同自主トレでは床田や戸田らにアドバイスを送るなど、カープのエースとして立場は変わってきている。「これまで通りに2段モーションで投げていく予定。ブルペンでフォームを見てくれたら。初日から仕上げて、キャンプからは固めていく形でやっていこうかな」。キャンプに向けて意気込む背番号14は、従来のピッチングにさらなる磨きをかけ、V奪回の立役者になる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00000021-dal-base

    このページのトップヘ