広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    大瀬良大地

    【赤坂英一 赤ペン!!】広島が球団初の3連覇を達成したらMVPは誰になるのか。先日、東出打撃コーチに水を向けると「丸でしょう!」という答えが返ってきた。そのココロは「出塁率が5割近いんですから」。

    「丸の出塁率の高さには、彼の打率以上の価値がある。後ろを打つ(鈴木)誠也や松山がバットを思い切って振れるのも、彼らの前で丸が相手バッテリーにそれだけプレッシャーをかけているからこそ。四球の数もリーグトップで、チhャンスメークしている点でも群を抜いている」

     と、東出コーチが強調する丸の出塁率は常時リーグトップ。3日現在4割8分5厘である。

     ちなみに、プロ野球の歴代最高は落合博満がロッテ時代の1986年に記録した4割8分7厘。セ・リーグ記録が同じ年の阪神・バースが持つ4割8分0厘5毛で、丸が更新する可能性は高い。となれば、落合、バースら3冠王たちを超えることになるのだ。

     ただし、MVPは記者投票で決まるから、今後の印象に左右される恐れもないではない。その意味で、丸をどこまで追い上げるか、見ものなのが4番・鈴木。3割3分7厘でリーグ2位の打率を押し上げ、首位打者にでもなれば、かなりの票が鈴木に流れそうだ。

     もっとも、鈴木は今季は序盤、昨季は終盤と、2年続けて足の故障で戦線離脱。東出コーチもこの点を指摘し「誠也には個人タイトルよりケガしないことを求めたいね」と手厳しい。

     今季はそんな鈴木の不在期間を成長著しい野間が埋め、打率3割台で外野の準レギュラーに成長。「去年の今頃と比べるとチームで一番伸びた選手です」と東出コーチの評価も高い。

     野間は新人だった2015年以降、早出練習に連日参加。東出コーチが打撃投手として投げる球を打ち続けてきた。

     その東出コーチによると「野間の打ち方は僕の現役時代に相通ずるものがある」。どちらも少年期に右打ちから左打ちに変えたので、スイングやポイントに共通する点が多いのだそうだ。今季の野間の急成長は、そんな指導者による助言も大きい。控えにもMVPがあったら野間で決まりか。

     と思っていたら、投手で大瀬良が15勝、防御率2・21でリーグ2冠に急浮上。3連覇は秒読み段階に入ったが、MVP争いのほうはまだまだ予断を許さない。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000021-tospoweb-base

    ● ヤクルト 3 - 8 広島 ○
    <20回戦・神宮>

     広島の大瀬良大地が、7回2安打1失点に抑え、15勝目を挙げた。

     大瀬良は、ヤクルト打線を4回までノーヒットに抑えるピッチング。0-0の5回に4点の援護をもらうとその裏、大瀬良は中村悠平にこの日初安打となる適時打で1点を失う。それでも6回は、1番・坂口智隆から始まる打順を三者凡退に仕留めると、7回も無失点に抑え、7回2安打1失点で15勝目を手にした。

     1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた谷繁元信氏は大瀬良について「立ち上がりは探り探りに投げているような感じだったんですけど、3回ぐらいから自分の狙ったところに投げだすことができるようになってきましたよね。そこからは、例えばボールが先行しても、バッティングカウントでちゃんと打ってもファウル、凡打になるところに投げていました」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00164438-baseballk-base

     8月23日の練習後、マツダスタジアムの一塁側ベンチに1本のマスコットバットが置かれていた。ピンク色で塗られ、ヘッド付近には「Maeken」の文字。さらに、当時雨男だった前田健太(現ドジャース)が登板日に晴れてほしいとの思いを込めた、てるてる坊主が描かれていた。懐かしさを感じていると、そこに広島・大瀬良らが走ってきた。「ロッカーに持って行くのを忘れていました」。苦笑いして汗をぬぐい、大事そうに手に取った。


     入団2年目の15年に前田におねだりしてもらったものだ。当時は斬新だったピンク色と「マエケンさんの名前」にひかれたという。

     「以前はキャンプのときとかによく使っていました」。現在は普段、ロッカーの上に大事に保管している。「気分転換に使ってみようかな」。ふと思い立ち、久しぶりにバント練習やフリー打撃で使った。もらった当時よりも「バットに当たる確率が高くなってきたと思います」。投球と同時に打撃面での成長を実感している。先発した25日は、その効果?が出たのか、1安打1打点。通算では7安打8打点になった。

     今季開幕を前に掲げた目標は、5安打5打点だった。開幕直後はロッカーで岡田と中村祐が打撃談義に花を咲かせているのを耳にし、バッティング意欲をかき立てられた。1本の安打や送りバントが自らを助け、仮に安打が出なくてもファウルで粘ることが結果的に勝利につながることもある。今季はバットのグリップに柔らかいテープをぐるぐる巻いて、手への衝撃を少なくするなどしてより力強くバットを振っている。

     「1本でも多く打ちたいと思っています」。マエケンのように打撃でも妥協はしない。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000048-dal-base

    <広島6-2中日>◇25日◇マツダスタジアム

    夏バテ知らずだ。広島大瀬良が7回2失点の力投でハーラートップ独走の14勝目。防御率との2冠をキープした。


    これまでこだわりを持ってきた背番号と同じ勝利数に到達した。「実感はあまりないが、1試合1試合やってきた結果。やってることは間違ってないのかなと思う。悪いなりに試合をつくれたのは良かった。イソが引っ張ってくれた」。お立ち台で並んだ磯村を持ち上げた。

    平田に先頭打者弾を浴び、先発陣は1回に4戦連続失点となったが、引きずらない。「ストライクを取るのも苦労した」という状態で、ソロ2発でしのいだ。100球過ぎても続投の7回は気合十分。「前回、前々回と打たれて(回の途中)交代。ここで抑えないと男じゃない」と2者連続三振で締めた。

    暑い8月に3連勝した。対策の1つが疲労回復を促進する冷温交代浴だ。40度の湯に2分入って、12度前後の水に1分入ることを2~3回繰り返す。「刺激が欲しい時は6度と42度。0度を試したら体が痛かった。いい温度はないかという好奇心です」。胃に負担がかかる脂質の摂取もできるだけ控えている。

    「22」となったマジック減らしに貢献。緒方監督も「要所をしっかり抑えてくれた」とたたえた。ピリッとしない先発の中で孤軍奮闘が続く。【大池和幸】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00310613-nksports-base

    ◆マイナビオールスターゲーム2018第2戦 全セ1―5全パ(14日・熊本)

     赤ヘル軍団の九州出身選手も、熊本での球宴で輝きを放った。初出場となった長崎出身の大瀬良は、3回から2番手で登板。「いけるところまでいきたい」と試合前に話していた通り、オール直球で真っ向勝負。1回を3者凡退と好投し「楽しく投げられました」と声を弾ませた。

     鹿児島出身の守護神・中崎は9回からマウンドに上がり、1安打を許したものの無失点に抑えた。両親が応援に訪れたなかでの力投に「九州で投げるということで力をもらえました」と声援に感謝の言葉を口にした。

     「西日本豪雨」は、本拠地の広島でも甚大な被害を出した。前半戦最後の阪神3連戦(マツダ)も開催をとりやめた。大瀬良は「何と言ったらいいか…。簡単には言葉にできない」と心を痛める一方、「今できることをしっかりやっていくしかない。僕らにできるのは一生懸命試合に向かって頑張るだけ」と前を向いた。この日の雄姿は、広島で懸命に復興に取り組む人たちにも届いたに違いない。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000023-sph-base&pos=4

     広島・大瀬良大地投手(27)が9日、マツダスタジアムを訪れ、「平成30年7月豪雨」と命名された西日本豪雨で被害を受けた広島のファン、被災者へ恩返しを誓った。前日8日夜に東京から帰広。被害の大きさに心を痛めながらも、プロ野球選手として、一生懸命なプレーを約束した。


     大瀬良は神妙な面持ちで口を開いた。東京から前日8日の夜に帰広。遠征先でもニュースなどに目を通していたが、実際の被害は想像以上だった。いつも応援してくれるファン、そして被災地の人々を思うと胸が痛んだ。

     「もちろん、心が痛いですし。簡単に言葉にできないですね…。野球選手として、今できることをしっかりやっていきたいです」

     時折、言葉に詰まりながらも、率直な思いを口にした。今回の豪雨を受けて長崎の実家は「大丈夫でした」という。広島に住む知人らにも連絡を取り、幸い無事を確認できたが、「いろいろ不自由が出ているみたいです」と被害の大きさを痛感した。

     複雑な心境の中、この日はマツダスタジアムを訪れ、室内で治療に専念した。「この時期にこれだけのイニングを投げたことはないので、多少疲労はあると思う」。前半戦はリーグ一番乗りの2桁勝利をマークするなど、15試合の登板で10勝4敗、防御率2・55。先発ローテの大黒柱として奮闘し、首位ターンしたチームを支えた。

     「一生懸命、やった結果なので。何とか頑張れたところです。満足はしていないです。後半戦は大事な試合が多くなるし、チームに貢献していきたい」

     今後は初出場するオールスターの14日・第2戦(熊本)登板を挟んで、後半戦本拠地初戦の20日・巨人戦に先発する予定だ。豪雨被害に配慮して、9日からの阪神3連戦は中止に。マツダスタジアムでの試合が再開される見込みの20日は、特別な一戦となる。

     「普段すごく球場に足を運んで応援してもらっている。僕らにできることは一生懸命やって、試合に向かっていくこと。そういう姿をみんなに見せていきたいと思います」

     被災者の心に寄り添い、大瀬良はナインの思いを代弁した。広島地方は豪雨こそ収まったものの、被害の爪痕が各地に残る。依然として、行方不明者も数多い。球場前の国旗などは半旗とされた。人々が平穏を取り戻そうとする中、リーグ3連覇を目指すカープがその象徴となる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000024-dal-base

     巨人のエース・菅野智之と投げ合った広島の大瀬良大地は、巨人打線を6回2失点に抑えるも、今季4敗目を喫した。

     6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた里崎智也氏は、「しっかり粘れていましたし、充分すぎるくらいのピッチングだったと思います」とこの日の大瀬良の投球を振り返った。

     大瀬良は菅野との投げ合いに敗れたが、今季は5月4試合に登板して4勝、防御率2.03をマークし自身初となる5月の月間MVPをマークするなど、ここまでリーグトップの10勝。野村祐輔、薮田和樹、ジョンソンが故障や不振で離脱する期間があった中、エース級の活躍を見せる。

     今季の大瀬良について里崎氏は「ストレートに力がありますけど、低めにしっかり投げてきていますよね。そういったところで、打ち取れる確率も増えてきていますよね」と評価。

     さらに、「2段モーションが解禁されて大きく段をつけて投げていますから、そういったところもフォームの安定性が増したといえるのではないでしょうかね」と、今季から2段モーションが解禁となったことも追い風になっていると分析した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00158254-baseballk-base&pos=2

     広島・大瀬良が6日の巨人戦(東京ドーム)に自己最多の11勝を懸けて先発する。尊敬する菅野との投げ合いを前に5日の練習後「素晴らしい投手。しっかりとゲームを作れば、打線が援護してくれると思います」と話した。前回6月29日のDeNA戦(横浜)では6回1失点も七回の打席でバント後、一塁へ走った際に左太もも裏をつって降板。「ホウレンソウとか、マグネシウムが豊富なものを食べるようにしています」とミネラルをフルチャージしてマウンドに上がる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000582-sanspo-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     広島を担当してまだ半年だが、ここまで投手陣の勝ち頭としてチームを引っ張る大瀬良は、球界屈指の好青年だと思う。取材にも嫌な顔をせず、時間の許す限り丁寧に対応。真面目な性格を象徴するような場面が、先日あった。



     先発陣による投手練習を終えた右腕は、次の登板に向けた野球の取材の流れで、しばし報道陣と雑談。話題はロシアで開催中のサッカーワールドカップ(W杯)に移った。

     軽いジャブで日本代表の現監督、前監督を聞かれた大瀬良は「西野朗さん、ハリルホジッチ」と少したどたどしかったが即答。次に日本の世界ランキングを聞かれて「61位ですよね」と得意げに答えた。

     これくらい誰でも知ってるじゃないかと思うなかれ。何せ彼は、世間で盛り上がりを見せてきたW杯の開幕直前に「何か大きな大会がありましたっけ?」と答え、周囲を苦笑いさせていたのだ。それから短期間でたいした進歩と言っては失礼かもしれないが、その理由がとてもいい。

     「だって(取材で)聞かれるかもしれないから、ちょっとは勉強しておこうと思って。今日も日本戦を見ますよ」。聞いたその場の全員が、笑顔になったのは言うまでもない。【広島担当=大池和幸】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00245888-nksports-base

     広島・大瀬良大地投手が両リーグ最速の10勝目を挙げた22日阪神戦(甲子園)から一夜明けて「チームが勝ったので雰囲気がいい。そういうのを見たら、良かったと思う。勢いや流れを作れたので、1つ目としては良かった」と笑顔で語った。


     また、試合終了直後にスタンドから投げられたメガホンが右足付近に落下した件については「ビックリしました。イラッとはしなかったです。(メガホンを)買ったお金がもったいなあと思っていました」と驚いた表情で振り返っていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000063-dal-base

    このページのトップヘ