広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    クリス・ジョンソン

    9月23日放送の『みみよりライブ5up!』
    北別府学の「週刊GOup!」のテーマは「最後は頼むぞクリス・ジョンソン!9月好調、長野久義!」

    まずはジョンソン投手!


    現在、防御率リーグ1位。21日の阪神戦に登板し、6回被安打3、2失点。
    5回まで1安打しか許さず好投していたが、2-0の6回、先頭への四球をきっかけにピンチで2度のワイルドピッチ。2点を失った。

    そのジョンソンの状態について北別府さんは「前回登板はもったいない失点だったが、最近は球も低めに決まりキレも良くなっている。以前はボール先行が多くマウンド上でイライラもしていたが、今はある程度ストライク先行の投球でそういう態度も見られなくなった。投手有利で早めに追い込んで、上手くボール球を打たせるという自分の投球ができている。好調は維持している!」と語りました。

    リーグ戦最後の27日、中5日で登板も考えられるかについては「信頼度からいけば充分登板は考えられる。今季の中日戦、ジョンソンは防御率0.86、完封勝利もあるというデータからも不安感はないだろうしマイナス要素もない。ジョンソンのペースで入っていければ期待通りの投球をしてくれるだろう!」



    続いては、長野久義選手。



    9月は全試合スタメンで4番5番の中軸を担い、9月の月間打率.333、3HR、12打点と頼もしい活躍をしていることについて触れ、
    「状態は上がってきているし、スイング自体もヘッドスピードが上がり振れている。
    前半戦は甘い球をファウルにし、外や低めの誘う球を空振りしていた。今は甘い球をしっかり捉えている。ただヒットを打ってもその後の打席で簡単に凡打したりする場面も見られるので、もう一つ“しつこさ”が欲しい。古巣の優勝など本人はもう割り切っているだろう。こうなった以上、CSで勝ち上がって巨人を見返してやろうという姿勢を最後まで見せてほしい!」と話しました。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00010001-hometvv-l34

    ◆広島0―4DeNA(7日・マツダスタジアム)

     広島先発のクリス・ジョンソン投手(34)が5回3失点で7敗目(8勝)を喫した。

     両軍無得点の3回2死無走者、宮崎に中前打を浴びると、続くソトに右中間への29号2ランを献上。この決勝弾で連続イニング無失点は「19」でストップした。前回の失点は7月17日のDeNA戦(横浜)の4回。ロペスに2ランを浴びていた。

     試合後も納得がいかない様子の助っ人左腕に聞いた。

     ―状態は。

     「別に悪くなかった」

     ―DeNA打線に嫌らしさを感じたか。

     「粘られた。ソトの本塁打は投げミスだと思う。風にも乗ったと思うが…」

     ―20イニングぶりの失点。

     「そうだね…」

     ―巨人、DeNAと首位争い。

     「この2か月間は重要になる。相手投手はボールをストライクと言われ、こっちはストライクをボールと判定された。いろいろ絡んでタフな試合が続くが、とにかく野球は点を取らないと勝てない。もっと点を取らないと!」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000247-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島―中日(2019年7月24日 マツダ)

     前夜にサヨナラアーチを放って広島に4連勝をもたらした安部友裕内野手(30)が中日戦(マツダ)の6回に2連続エラーを犯して途中交代を余儀なくされた。

     安部は「6番・三塁」で先発出場。2―0で迎えた6回の守備で先頭の代打・三ツ俣が放った三塁ゴロをファンブルすると、続く平田の三塁線の当たりもはじいて2連続エラー。無死一、二塁のピンチを招いた。

     痛恨の連続失策に天を仰いだ前夜のヒーロー。ここで佐々岡投手コーチがマウンドに来て内野陣も集まったが、ここから先発投手のジョンソンが踏ん張った。

     犠打で1死二、三塁となってから大島を見逃し三振、ビシエドを右飛に仕留めてチェンジ。ベンチに引き上げる際、ジョンソンの元に駆け寄った安部が背中を叩きながら“謝罪”すると、ジョンソンも背中を叩き返して受け入れ、安部は再度ジョンソンの背中をポン。安部は直後に入った第3打席で左飛に倒れると、7回から三塁の守備には楽天からトレードで加入した三好が入って安部はベンチへと退いた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000247-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島2―0中日(2019年7月24日 マツダ)

     広島のクリス・ジョンソン投手(34)が中日戦(マツダ)で9回を圧巻の1安打完封。6月16日の楽天戦以来38日ぶり、本拠マツダでは6月1日の阪神戦以来53日ぶりとなる今季7勝目(6敗)を2016年5月24日の巨人戦以来1156日ぶり自身4度目となる完封で飾った。

     味方打線が初回に西川の先頭打者アーチなどで2点を先取しながら、その後は沈黙。だが、ジョンソンは最後まで集中を切らすことなく120球を投げ抜いた。打たれた安打は3回2死から平田に打たれた1安打だけで1四球8奪三振。6回に三塁を守る安部の連続失策で無死一、二塁とピンチを迎えた場面も冷静に後続を打ち取り、終わってみれば今季初完投&3年ぶり完封となった。

     西川とともに上がったお立ち台。「シーズンで最初の完封なのでうれしいです」と切り出したジョンソンは「本当にすごく声援が支えになっていました。特に3ボールノーストライクになってからは皆さんの応援のおかげでアウトが取れたと思います」と9回2死からビシエドに対して3ボールになったシーンの大声援に触れてファンの後押しに感謝。

     「とにかく全力を尽くして投げようと思っていた」とマウンドを振り返り「イシがしっかりと組み立ててくれた。(サインに)首は1回ぐらいしか振っていないと思う。本当にいい組み立てをしてくれた」と女房役・石原の好リードに感謝。「攻撃面では西川が初回から点を取ってくれて自分の思い通りのピッチングができたと思う」と先頭打者アーチで先制点をプレゼントしてくれた西川にも感謝した。

     7回には自ら左前にポトリと落ちる安打も。「強打のライナーだったと思うんですけどね」とお茶目にジョークを飛ばすと「打てるチャンスがあればどんどんどんどん打っていこうと思ってます」と打席にも自信をにじませた。

     ジョンソンの力投でチームは5月28日~6月1日以来今季4度目の5連勝。借金を1に減らして勝率5割復帰に王手をかけた。「まだまだシーズンは残っているのでこれからどんどん勝って連勝を重ねて、とにかくまずは1位に返り咲きたいと思っています」。頼もしい左腕の頼もしい一言に、スタンドからの声援はさらに大きくなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000254-spnannex-base

     「交流戦、広島2-4ソフトバンク」(8日、マツダスタジアム)

     広島のクリス・ジョンソン投手が先発し、5回8安打4失点(自責2)で4敗目(5勝)を喫した。


     初回は無失点でスタートしたが、二回。1死から甲斐への四球をきっかけに2死三塁の場面を迎えると、高田に先制の左前適時打を許した。

     1-2から同点に追いついた直後の五回は先頭・真砂のバントを自ら処理すると、一塁へ悪送球。その後1死二塁で内川に左翼線への適時二塁打を浴びると、1死一、三塁からは松田宣に中犠飛を放たれ、この回2点を失った。

     前回登板の6月1日・阪神戦まで続けていた自身の連勝も4でストップ。助っ人左腕の投球について、佐々岡投手コーチは「自分のエラーですからね。踏ん張れなかったというところでしょう」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000136-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島7―2阪神(2019年6月1日 マツダ)

     今季3度目の5連勝で球団タイ3度目の9カード連続勝ち越し決定。前夜サヨナラ勝ちの勢いそのままに投打で2位・阪神を圧倒した王者・広島のお立ち台にはジョンソン、小窪と投打のヒーローがそろって上がった。

     6回で98球を投げ5安打1失点のジョンソンは昨年5~8月に8連勝して以来となる自身4連勝。小窪は2016年7月30日のDeNA戦(マツダ)でザガースキーから代打満塁弾を放って以来3年ぶりのプロ通算18本目が先制、そして決勝のソロ弾となった。

     まずは「アリガトウゴザイマス」とヒーローインタビューに日本語で応じたジョンソンが「全体的に非常に良かったと思います。投球内容も良かったですし、守備陣もしっかり守ってくれましたし、バットの方でも貢献できたんで良かったと思います」と笑顔。

     投球について「ストライク先行でどんどん攻めてゴロを打たせ守備陣に守ってもらうっていう自分のスタイルの投球ができたのとストライクがいっぱい取れたっていうのが良かったと思います」と振り返ると、小窪の先制弾が出た5回、自身2試合連続タイムリーとなる右前打を放ったことについては「野手のみんなが打ってくれて自分の打順まで回ってきた。何とかボールをバットに当てようという意識で打席に入った。本当に野手のおかげだと思っています」とチームメートに感謝して笑顔、笑顔だった。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000207-spnannex-base

     「巨人5-7広島」(25日、東京ドーム)

     カープ史上最強の助っ人投手であることを証明する節目の勝利となった。ジョンソンが今季4勝目、来日通算50勝目を挙げた。


     七回までゲレーロの本塁打による1失点に抑える力投。バットでも四回1死一、三塁で中前適時打を放った。疲れの見えた八回に打ち込まれてマウンドを譲ったが、「ストライク先行で攻めの投球ができた」と納得の表情を見せた。

     来日5年目。メジャーでの実績皆無だった左腕は「正直ここまで長く日本でできるとは思わなかった」と振り返る。区切りの勝利に「チームメートに感謝したい。そして自分が投げる時に99%マスクをかぶってくれている石原がいなければできなかった。彼の50勝でもある」と信頼する相棒を称えた。

     グラウンドでの“女房”が石原なら、家庭ではカーリン夫人の存在が大きな心のよりどころだ。この日も愛娘と一緒にスタンドから観戦しており、「妻がいないと、日本での生活も野球も考えられない。彼女のサポートがあるから野球の夢を追っていける」と感謝の言葉を口にした。

     11日のDeNA戦(マツダ)で自身が2勝目を挙げて始まったチームの連勝は11に伸びた。「どんどん自分の調子も上がっている。チームメートと一緒に連勝を伸ばしていきたい」。“2人の女房”に支えられ、これからも一つ一つ勝利を重ねていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000028-dal-base

    ◆阪神0―4広島(18日・甲子園)

     広島のクリス・ジョンソン投手(34)が6回無失点の好投で3勝目を挙げた。序盤の3イニングは全て先頭打者を出塁させる苦しい立ち上がりとなったが、驚異の粘りでゼロを重ねた。「初回にバタバタしていましたけど、うまくまとめることができた。全体的にはいい感じで投げられた」と振り返った。


     今季はナイターで4試合に登板し、0勝3敗、防御率9・00と苦しんでいるものの、デーゲームは4試合で3勝0敗、23イニングで1失点の防御率0・39と無類の強さを見せている。試合後のヒーローインタビューではビジターまで駆けつけたファンに「ロードに出てもたくさんのカープファンが応援してくれている。サポートありがとうございますと言いたいです」と感謝した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000169-sph-base

     「広島3-2巨人」(4日、マツダスタジアム)

     広島のジョンソンが先発ローテに踏みとどまった。今季はKOされる試合が多く、1勝3敗と低迷。この試合は白星こそ逃したが、今季最長6回を投げ4安打無失点と好投した。「今季初めてマウンドで気持ちよく投げられた。こういう形でチームが勝ったことがすべて」と喜んだ。

    【写真】いきなり緊迫 激怒の緒方監督を必死で止めるコーチ

     佐々岡投手コーチは「修正はあるけど、球の強さとか、うまく緩急も使っていた。勝ちに等しい投球」とうなずいていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000143-dal-base

    <広島7-4DeNA>◇21日◇マツダスタジアム

    広島先発ジョンソンが5回4安打1失点で今季初勝利を挙げた。DeNA打線が早打ちであることを序盤に察知し、ファーストストライクから厳しいところを突いたのが勝因。序盤は際どいコースに投げる制球があり、球威もあった。


    ただし、この日の相手は淡泊だった。初回の守りで取るべき併殺を取れず、1死一、二塁で西川の飛球を左翼筒香がグラブに当てながら落球(記録は安打)。国吉が連続押し出し四球を出すなど、いきなり4失点した。これで打線が意気消沈したわけではないだろうが、難しいボールに手を出し、ジョンソンに楽に投げさせてしまった。

    大量援護に守られたジョンソンは、3回に突然フォームのバランスを崩しピンチを招くなど、不安も露呈した。本人もわかっており、もどかしいと思う。いい投球ができるイニングはあるのだから、それを継続して信頼を取り戻したい。(日刊スポーツ評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-04210905-nksports-base

    このページのトップヘ