広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    クリス・ジョンソン

    ヤクルト4-3広島」(1日、神宮球場)  広島は、拙守が響いてヤクルトに競り負けた。初回1死一塁から3番・青木の打球を三塁・ピレラが一塁へ悪送球。二、三塁と好機を広げられて4番・村上に逆転の2点適時打を許した。


    三回に西川、松山の適時打で1点のリードを奪ったが、四回無死一塁で先発のK・ジョンソンが西浦にスライダーを左翼ポール際に運ばれる逆転2ランを浴びた。5回7安打4失点(自責点3)の左腕は今季初登板から2連敗。来日6年目で初めて開幕から2連敗を喫したK・ジョンソンは「きょうは、もう話さない」とイライラをあらわにした。

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/03b658d7253a0a6a6728364bf76929e53b76303a

    2試合連続の負けにも信頼は変わらない。広島のクリス・ジョンソン投手(35)が1日のヤクルト戦(神宮)に先発し、5回4失点(自責3)とピリッとしなかった。

     K・ジョンソンは今季初登板だった6月23日の巨人戦に続いて2敗目。それでも佐々岡真司監督(52)は「(5回の降雨による38分間の)中断もあって、エラーもあったなかで5回までしっかりと集中力を切らさずにやってくれた」と責めず。

    mig



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/3fd38cce8c50b91a96c23c871bf18ace9ecc86ea

    ○ 広島 8 - 1 阪神 ● <6月9日・マツダスタジアム>  広島のクリス・ジョンソン投手が9日、マツダスタジアムで行われた阪神との練習試合に先発登板。4イニングを投げて被安打1、与四球1で無失点と好投した。

     前回登板の6月2日と同じく阪神と対戦した左腕は、立ち上がりから安定感抜群。サンズに四球を与えた2回、近本に内野安打を許した4回は、ともに後続を遊ゴロ併殺で打ち取り、いずれも打者3人で攻撃終了。二塁を踏ませない好投でスコアボードにゼロを刻んだ。  昨季までは主に石原慶幸とバッテリーを組んできたが、この日は會澤翼とのコンビで4回無失点。最速145キロの速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーションが光り、わずか47球という省エネピッチングだった。  また、この日は二軍で調整を続けてきた今村猛と中崎翔太が一軍復帰。今村は7回に登板して1回1四球無失点、中崎は8回に登板して打者3人を11球で三者凡退と、いずれもゼロ封ピッチングで復帰登板を飾った。

    2018062804013





    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cd87e47ae75939d4adedca27c8957f1b9212cf0f

     「練習試合、阪神3-2広島」(2日、甲子園球場)

     広島のK・ジョンソン投手(35)が2日、打者11人に対して54球を投げ被安打1。3回を無失点に抑え、4三振を奪った。

     1軍の対外試合では3月7日の西武戦(マツダ)以来となる先発。直球は140キロ台だったが、変化球をうまく織り交ぜながら阪神打線を打ち取った。「コントロールは良かった。ゾーンに投げられていた。ばらつきもなかった。久しぶりの対外試合で体はシーズンと違う感じでしたが、全体としては良かった」と自身の投球内容に及第点を与えた。

     開幕に向けて、「通常通り、登板に向かいながらコンディションを調整していきたい」とさらに状態を上げていく。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/dccc089dea91370c6df86dd467a0e84ddcc1af49

     セ・リーグ他球団分析「虎Vへの突破口~ライバル球団徹底分析~」の第3回は広島編。昨季は13勝12敗で5年ぶりに勝ち越した。投手陣は防御率4・12と苦しんだが、天敵バティスタが契約解除。“鯉アレルギー”を持つ高橋の苦手克服に期待がかかる。野手では近本が好相性。難敵K・ジョンソンもカモにしており、自慢の足から攻略の糸口を探りたい。


      ◇  ◇

     2年連続カード勝ち越しへ、阪神の不安材料が一つ解消された。広島がドーピング違反によって出場停止処分を受けていたバティスタの契約解除を発表。昨季対戦打率・362、5本塁打、18打点と苦しめられた投手陣にとって朗報となった。

     満塁本塁打を浴びた高橋も追い風にしたいところだ。エース候補と期待される左腕が持つ“鯉アレルギー”は深刻。バティスタ以外の主力打者にも軒並み高打率を許しており、19年は先発4試合で1勝3敗、防御率6・20。マツダスタジアムも2戦2敗、防御率11・17の鬼門に変わった。

     【昨季の高橋との対戦成績】

     菊地涼 13打数4安打、打率・308

     西川 14打数6安打、打率・429

     鈴木誠 11打数5安打、打率・455

     会沢 10打数5安打、打率・500

     プロ1年目の18年、広島と初対戦した試合は7回2安打無失点の好投で白星を挙げた。今春はカーブに磨きを掛けてレベルアップ。エース西勇は昨季4勝1敗、防御率2・60と“鯉キラー”ぶりを発揮しただけに、左右の両輪で引っ張りたい。

     攻撃面の課題はK・ジョンソンの攻略だ。昨季は4度の対戦で3勝を献上。対戦防御率1・13とほぼ完璧に抑え込まれ、通算でも24試合の対戦で3勝13敗。まさに天敵中の天敵だ。

     攻略のキーマンには2年目・近本の名前が挙がる。昨季は広島戦打率・337、1本塁打、10打点、6盗塁。K・ジョンソンに対しても11打数5安打、打率・455と好相性を誇っている。盗塁はゼロだが、盗塁失敗とけん制死が一度ずつ記録されており、足で揺さぶろうとした姿勢がうかがえる。K・ジョンソンは悪天候、失策、球審の判定などにイライラを募らせるタイプ。神経質な性格を突き、投球以外の部分からも突破口を切り開きたい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000027-dal-base

     頼れる先輩たちのサポートを力に変える。新型コロナウイルスの感染拡大により開幕日の決まらない中での調整が続くが、広島の床田寛樹投手(25)は「自分がやれることをやるだけです」と淡々と準備を整えている。「できれば(自分が)投げる試合の前に1、2試合に投げられればいいですけど…」と話しつつも、現在はブルペンなどで状態をキープするように心掛けている。

     昨年、先発ローテの一角を担った左腕には支えとなる3人の先輩がいる。1人目は同じ左腕のクリス・ジョンソン(35)だ。「KJ(ジョンソン)には去年からツーシームの投げ方だったり、左打者のインコースへの攻め方とか、いろんなことを聞いています」と技術論を中心に聞いていることを明かす。

     2人目、3人目はチームの中心投手の大瀬良大地(28)と野村祐輔(30)だ。エースの大瀬良とはこのオフ、一緒に自主トレを行うなどしてアドバイスをもらった。主力投手として長年チームを支えてきた野村にも積極的に質問しているという。

     床田は「大瀬良さんや野村さんには調整法だったり、気持ちの部分を聞いています」と話す。昨年はほぼローテを守り7勝を挙げたが、規定投球回数に3回1/3届かず満足はしていない。「規定投球回を達成したい」という若鯉は「自分の引き出しにしています」と3人の先輩を味方に今季を戦う。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00000031-tospoweb-base

     広島が助っ人陣の活躍に向けて新たな試みを行っている。新型コロナウイルスの感染拡大で世界中が混乱する中、赤ヘルでは外国人選手の家族が続々と来日。6年目となるクリス・ジョンソン投手(35)の一家やNPB初の南アフリカ出身選手の新助っ人テイラー・スコット投手(27=前オリオールズ)のチェルシー夫人も広島入りした。

     そんな中、球団は新たに外国人選手への“ニュース配信”を開始した。「米国の情報などは英語版のサイトから選手自身が得ることができるが、日本の最新の状況に関してはそうもいかない。安心して野球に集中してもらうためにも球場に選手が来たら、まず日本の現状に関するニュースを整理して伝えるようにしている」(球団関係者)。毎日、球団スタッフが日本政府の対応や感染状況など刻一刻と変化する関連情報を逐一、アナウンスすることでコロナ禍への不安を取り除こうというわけだ。

     外国人選手にとって、日本は異国の地。本人はもちろん、家族が快適に暮らせるかどうかで本業の成績も変わってくる。カープではこれまでも選手が気に入りそうなレストランを探したり、子供の宿題の手伝いをするなどきめの細かいケアで外国人選手の活躍を陰からサポートしてきたが、今回の試みもその一環だ。

     V奪回を目指す上で、今季は投打とも助っ人の出来が鍵になる。いつ開幕できるのかも分からない状況だが、とりあえず“ニュース配信効果”で落ち着いて調整できるに違いない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00000024-tospoweb-base

     「広島春季キャンプ」(3日、日南)

     広島のクリス・ジョンソン投手(35)が、このキャンプで初めてブルペンに入った。


     「体のサビを落とす意味で、(体を)動かしながら投げた」と37球。

     今オフは「春のキャンプに向けての準備をしてきた。シーズンに向けて準備すること。それだけに集中したい」と静かに闘志を燃やしていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00000081-dal-base

    9月23日放送の『みみよりライブ5up!』
    北別府学の「週刊GOup!」のテーマは「最後は頼むぞクリス・ジョンソン!9月好調、長野久義!」

    まずはジョンソン投手!


    現在、防御率リーグ1位。21日の阪神戦に登板し、6回被安打3、2失点。
    5回まで1安打しか許さず好投していたが、2-0の6回、先頭への四球をきっかけにピンチで2度のワイルドピッチ。2点を失った。

    そのジョンソンの状態について北別府さんは「前回登板はもったいない失点だったが、最近は球も低めに決まりキレも良くなっている。以前はボール先行が多くマウンド上でイライラもしていたが、今はある程度ストライク先行の投球でそういう態度も見られなくなった。投手有利で早めに追い込んで、上手くボール球を打たせるという自分の投球ができている。好調は維持している!」と語りました。

    リーグ戦最後の27日、中5日で登板も考えられるかについては「信頼度からいけば充分登板は考えられる。今季の中日戦、ジョンソンは防御率0.86、完封勝利もあるというデータからも不安感はないだろうしマイナス要素もない。ジョンソンのペースで入っていければ期待通りの投球をしてくれるだろう!」



    続いては、長野久義選手。



    9月は全試合スタメンで4番5番の中軸を担い、9月の月間打率.333、3HR、12打点と頼もしい活躍をしていることについて触れ、
    「状態は上がってきているし、スイング自体もヘッドスピードが上がり振れている。
    前半戦は甘い球をファウルにし、外や低めの誘う球を空振りしていた。今は甘い球をしっかり捉えている。ただヒットを打ってもその後の打席で簡単に凡打したりする場面も見られるので、もう一つ“しつこさ”が欲しい。古巣の優勝など本人はもう割り切っているだろう。こうなった以上、CSで勝ち上がって巨人を見返してやろうという姿勢を最後まで見せてほしい!」と話しました。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00010001-hometvv-l34

    ◆広島0―4DeNA(7日・マツダスタジアム)

     広島先発のクリス・ジョンソン投手(34)が5回3失点で7敗目(8勝)を喫した。

     両軍無得点の3回2死無走者、宮崎に中前打を浴びると、続くソトに右中間への29号2ランを献上。この決勝弾で連続イニング無失点は「19」でストップした。前回の失点は7月17日のDeNA戦(横浜)の4回。ロペスに2ランを浴びていた。

     試合後も納得がいかない様子の助っ人左腕に聞いた。

     ―状態は。

     「別に悪くなかった」

     ―DeNA打線に嫌らしさを感じたか。

     「粘られた。ソトの本塁打は投げミスだと思う。風にも乗ったと思うが…」

     ―20イニングぶりの失点。

     「そうだね…」

     ―巨人、DeNAと首位争い。

     「この2か月間は重要になる。相手投手はボールをストライクと言われ、こっちはストライクをボールと判定された。いろいろ絡んでタフな試合が続くが、とにかく野球は点を取らないと勝てない。もっと点を取らないと!」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000247-sph-base

    このページのトップヘ