広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    野村祐輔

    ◆オープン戦 楽天―広島(15日、静岡)

     広島の野村祐輔投手(27)が先発して5回4安打無失点で、順調な仕上がりをアピールした。3回には無死満塁のピンチを背負ったが、藤田を一ゴロ、続く今江を投ゴロ併殺に打ち取り無失点で切り抜けた。

     それでも、昨季のセ・リーグ最多勝投手は「結果はゼロに抑えられたけど、内容は良くなかった。狙ったところにあまり投げられていない」と厳しめのジャッジ。「フォームをもう一度、確認して投げたい」と修正ポイントを挙げた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000127-sph-base

     「広島春季キャンプ」(19日、日南)

     野村祐輔投手がブルペンで投球練習を行った。50球の予定だったが、最後の球が低めにそれて納得がいかずに“おかわり”。直球を構えたミットに収め、計51球を投げ込んだ。

     直球を軸にカーブ、スライダー、チェンジアップなどフォーク以外の持ち球を全てを投じた。「練習のメインはチェンジアップ。意外とよかったです」と手応えを口にした。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/19/0009928574.shtml

     広島の野村祐輔投手(27)が16日、シート打撃に初登板。WBC日本代表の田中、菊池、鈴木に対して29球を投げ、安打性の当たりを2本しか許さなかった。

    「打者に対してブルペン通りに投げられるかどうか」を重要視した右腕は、カウント1―1からのスタートながら3つの三振を奪うなど、力強い投球が目立った。「安打もあったが、いい球が投げられた。去年の今ごろと比べていい」と本人も納得の様子。ただ「狙った通りに投げられるように精度を上げていきたい」と今後の課題も挙げた。

     見守った首脳陣も上々の評価だ。緒方監督は「自信を持って投げている。表情を見て順調にきているように感じる」と目を細める。畝投手コーチも「抜けた球もあったが、しっかり指に掛かっていた。20球目以降はよかった」と話した。

     着々と開幕に備える野村に対し、他球団は早くも警戒している。「去年と同じくらいの活躍をするのでは。コントロールがいい。左打者に関しては、スライダーとシュートが両サイドに使い分けられていた。右打者には外に逃げるスライダーがよかった」と語るのは中日・井本スコアラー。野村は2年連続2桁勝利の経験がない上に、尊敬する先輩・黒田博樹投手が引退し“黒田ロス”の影響も心配されている。だが、そんな不安はどこ吹く風で、16勝3敗でセ・リーグの最多勝と最高勝率の2冠を獲得した昨季同様の力を発揮してくるという。

     今クールでの実戦登板はなく、次回は沖縄でマウンドに上がる予定。指揮官は「対外試合になって、どういう投球を見せてくれるか」と期待する背番号19が今季もチームをけん引する。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000039-tospoweb-base

     2月に入り四国アイランドリーグplusの各球団は合同自主トレをスタートしました。自主トレと呼んでいますが、プロ野球の春季キャンプにあたります。いよいよ野球シーズンが始まった感じです。

     プロ野球ではやはり25年ぶりのリーグ優勝を遂げた広島に注目しています。カギを握っているのは野村祐輔でしょう。

     昨年、野村は最多勝(16勝)、最高勝率(8割4分2厘)とふたつのタイトルを獲得しました。今季はその数字をどれだけ上積みできるかに注目です。

     黒田博樹が抜けて広島の投手陣は柱を失った状態ともいえます。野村が勝ち星を重ねていく中で、いかに投手陣の軸となれるか。数字とともにエースとしての風格などを身につける大事なシーズンだと思います。

     サウスポーのクリス・ジョンソンと右の野村、左右のエースがしっかりすれば広島の連覇の可能性はグッと高くなります。勢いあるピッチングが身上の大瀬良大地も復活しそうですし、新人の加藤拓也も楽しみな存在です。

     セ・リーグの他球団ではしっかりした補強をした巨人が侮れません。

     また横浜DeNAは筒香嘉智、梶谷隆幸という大砲が他球団には脅威になります。ホームの横浜スタジアムは狭いので、その点でもかなりのアドバンテージですね。石田健大、今永昇太というふたりの若いサウスポーが成績を残せば、DeNAは昨年の3位以上の結果が期待できそうです。


    引用元 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50869

    <今日の一番>

     打者を相手に初めて登板した投球で、野村祐輔投手(27)が制球力の高さを見せた。広島キャンプ第3クール初日の今日11日、野村のほか、今村猛投手(25)、中崎翔太投手(24)がフリー打撃に登板した。


     初めて打者を相手に投じた3投手の中でも昨季投手2冠の野村は群を抜くストライク率を記録した。肌寒い天候にも負けず、打者4人に計30球投じ、25球がストライク。83%のストライク率に「しっかりと投げられました。打者相手でも、ブルペンでやってきたことを出せました」と納得の表情を浮かべた。【広島担当 前原淳】


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-01777634-nksports-base

     昨季、最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した広島の野村祐輔投手(27)が順調な仕上がりを見せている。宮崎キャンプ3日目の3日、今キャンプで早くも2度目となるブルペン入り。変化球を交えて、55球を投げ込んだ。
     チームをリーグ優勝に導いた昨季は16勝3敗、防御率2.71の好成績をマークした。2年連続のリーグ制覇を狙うチームにあって、左腕のジョンソンとともに二本柱として期待される。「まだ始まったばかり。(ブルペンでは)体重移動をしっかり意識しながら投げています」。チームの命運を背負う右腕は、開幕に向けて、じっくりと調整のペースを上げていく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00010017-fullcount-base

     黒田博樹が2016年を最後に現役を引退した。日米通算203勝。ドジャース時代の2010年から、昨季まで7年連続で2ケタ勝利を達成するなどの実績はもちろん、それ以上にチームに残した功績は大きい。


     高い投球技術は投手陣のお手本となり、黒田もまた積極的に若手投手にアドバイスを送った。さらに、練習から手を抜かず、チームのために戦う姿は、チーム全体の模範となった。

     特に大きな影響を受けたのは野村祐輔だ。15年は5勝8敗に終わっていた野村は、黒田の投球術を参考に完全復活。16勝3敗で最多勝、最高勝率に輝いた。

     黒田と同じくシュート系のボールを得意としていた野村。近年は効果的に使えなかったが、黒田のアドバイスで強気に内へ投げ込むようになった。結果、バッターの芯を外し、凡打に打ち取る率が上がった。

     またプレート板の踏む位置を三塁側から黒田と同じ一塁側へ変えた。右打者の内角へのシュートに角度をつけられるようになった。元々新人王を受賞したこともある、潜在能力の高い投手。必要だったきっかけを、黒田が与えた形だ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00010008-fullcount-base&pos=4

     エースの座は自力で射止める。広島の野村祐輔投手(27)が13日、東京・府中市の明大グラウンドでの自主トレを公開した。昨季は最多勝&最高勝率の2冠で25年ぶりのリーグ優勝に貢献。黒田博樹氏が抜けた今季は投手陣の大黒柱として期待される。本人もその気になっているが、原動力の一つになっているのは、昨年末の大舞台でのある屈辱だ。

     新たに投手陣のキャプテンを務める野村は「イニング数」を重視すると言い「完投だったり、そういうところを増やしていかないと。もっと体を強くすることと技ですかね。投球の引き出しを増やして、任せてもらえる投手になりたい」と意気込みを口にした。

     昨季はキャリアハイの16勝を挙げたものの、完投数はわずか1。投球回数も152回2/3にとどまり、試合終盤をリリーフ陣に委ねることが多かった。ポスト黒田としてチームを背負うには寂しい数字だった。それに加えて野村が奮い立っているのは昨年のNPBアワーズで経験した恥ずかしい思いを二度としたくないとの決意があるからだ。

     僚友のジョンソンが沢村賞に選ばれたものの、すでに本人は米国へ帰国していたため、NPBアワーズは欠席した。授賞式では球団関係者に促される形で野村が代理で壇上へ。そのときのことを右腕は「恥ずかしかったですよ。自分が取ったわけでもないのに『おめでとうございます』とか言われて」と振り返り「沢村賞は先発投手なら誰もが憧れる、栄誉ある賞。すべての面でレベルアップして、いずれは正式に受賞したい」と雪辱に燃えているわけだ。

     昨季は沢村賞の条件に完投数、規定投球回数、防御率などで及ばなかった。エースとしての働きを求められる今季の野村は相手打者だけでなく、自チームの投手にも負けないつもりだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000033-tospoweb-base

     広島・野村祐輔投手(27)が13日、師匠が出られなかったWBCへの出場を願望した。都内の母校・明大で自主トレし「代表へのあこがれはあります。選ばれたい気持ちが強い」と、日の丸への熱い思いをはっきり口に出した。

     昨季は最多勝、最高勝率の2冠をつかみ、11月の強化試合で日本代表入り。その期間中に同い年の巨人・菅野と会食し、刺激を受けた。「色々な話をして参考になる部分は大きかった。負けたくない気持ちは強くなりました」。菅野は昨年12月の先行発表で選出されているが、野村も追加招集されることを待望した。

     現役引退した黒田博樹氏から今オフに「来年が大事だぞ」と念を押された。「黒田さんは毎年毎年、成績を残していた。自分はまだ1年だけ。少しでも近づきたい」。大先輩も、アテネ五輪など国際大会の経験がその後の野球人生に生きた、と語っていた。だが、第1回WBCは大会直前の負傷で離脱。“弟子”の野村にとって、WBC出場は、成長の場となると同時に、黒田氏の11年前の無念を晴らすことにもなる。

     自主トレの調整ペースは例年より早い。「どういう状況になってもいけるように、ですね」と代表入りに備えている。(角野 敬介)

     ◆黒田と国際大会 2004年のアテネ五輪に出場。中継ぎとして2勝を挙げ、日本の銅メダル獲得に貢献。06年のWBCに選出されるも、壮行試合で右手を負傷し出場辞退。ドジャース移籍後の09年第2回は1次候補入りしていたが、調整への影響を考慮して辞退。13年の第3回も山本浩二監督から出場を要請されていたが「万全を期すのが難しい」と辞退した。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000249-sph-base

     広島・野村祐輔投手(27)が13日、東京都府中市の母校・明大グラウンドで、ロッテ・関谷との合同自主トレを公開した。今季から投手キャプテンにも就任し、キャリアハイとプロ1年目以来となる防御率1点台を目標に掲げた。昨季限りで現役を引退した黒田氏の言葉を心に刻み、他球団の大黒柱、特に巨人・菅野に投げ勝ってエースを襲名する。

     野村らしい糸を引くようなボールが後輩・関谷のグラブに収まる。母校の懐かしい空気に触れ、決意は新た。「去年、黒田さんから『来年は大事だぞ』と言われました。今年しっかりやっていかないといけない」。真価が試される17年。広島のエース道を歩む覚悟を決めた。

     昨季は16勝3敗、防御率2・71で最多勝と最高勝率の2冠を獲得。黒田氏が抜けた今季は「投手キャプテン」の肩書通り、ジョンソンとローテの軸を担う。他球団エースとの投げ合いが増えると予想されるが、スタンスは不変だ。「チームが勝つためにやっているので、相手どうこうは関係ない」と真っすぐ前を向く。

     ただ1人、意識する相手がいる。巨人・菅野だ。大学時代、ロッテ・藤岡と共に「ビッグスリー」に数えられた右腕とは2年秋に大学日本代表で出会い刺激を受けた。先にプロ入りした野村は1年目に新人王を獲得。2年目以降、伸び悩む間に菅野は球界のエースにまで上り詰めた。

     昨季は8月5日に1度だけ投げ合い、白黒付かず。昨秋の侍ジャパン強化試合では食事に出掛け、野球談議に花を咲かせたという。再び同じ土俵に立ち、「ボールの握りとか、いろんな話をしました。本当にいいピッチャーなので負けないようにしたい」。今季こそ勝敗を決する。

     今季の目標は大きくキャリアハイだ。中でも防御率1点台は1年目に達成。「クリアしたい。今までよりいい成績を残したい。すべてで超えたいと思っています」。志も高い。キャッチボールではWBC公認球の使用を継続。「少しずつ慣れてきました。どういう状況になっても対応できるようにしたい」。侍ジャパン入りの朗報を待ちつつ、最善の準備を尽くしている。

     「毎年成績を残せる投手がチームの柱になれる。黒田さん、ジョンソン、マエケンさん(ドジャース・前田)もそうだった。そういう投手に近づけるようにしたい。自分はまだ1年だと思っている」

     言葉の端々に自覚がにじみ出る。新球習得を封印し、すべての面で底上げを図る。重圧をはねのけ、エースの道を歩んでいく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000011-dal-base

    このページのトップヘ