広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野村祐輔

     9連戦を前に広島に試練が訪れた。26日DeNA戦で背中の張りを訴え4回で降板した野村が27日に出場選手登録を抹消。これを受け、先発ローテーションの再編を余儀なくされることになり、畝投手コーチは「先発は1イニング1イニング積み重ねてほしい」とさらなる奮起を促した。

     当初は、ローテーション投手5人に昇格見込みの九里を先発に加えて9連戦を乗り切る予定だったが、3日巨人戦(マツダ)に先発予定だった野村の代役も必要となった。高橋昂は27日のウエスタン・阪神戦で126球を投げ完投したため中5日で同戦に向かうことが厳しくなり、中継ぎ調整中の薮田の先発復帰の可能性が浮上。その際は中村恭が昇格し救援に回ることが濃厚だ。

     突如訪れた開幕投手の不在のアクシデント。29日阪神戦に先発予定の大瀬良は「1イニングでも多く投げたいとみんなが思っている」と話せば、5月1日巨人戦(マツダ)での先発が見込まれる中村祐も「少しでも長く投げたい」と一丸で乗り切る構えをみせた。

     またかよ――。

     26日のDeNA戦に先発した広島の野村祐輔(28)がピリッとしない。初回にもらった3点をすぐに吐き出し、試合をもつれさせた。 

     広島が3試合連続で初回に先制した。

     プレーボール直後に連打と四球で無死満塁とすると、開幕2戦目の中日戦以来となる4番に復帰した鈴木が犠飛。幸先良く3点を先制したまでは良かった。しかし、野村がリードを守れない。初回に宮本に本塁打を浴びると、二回にあっさり同点に追い付かれた。

     鈴木の失策が絡んでいるため、自責は2ながら、3―3の五回裏からは2番手のアドゥワがマウンドへ上がった。緒方監督は「祐輔は背中に違和感が出たから無理をさせたくなかった」と四回で降板させた理由を説明したものの、コンディションだけの問題ではなさそうだ。広島の関係者がこう言った。

    「4失点だった前回の中日戦、8失点だったその前の巨人戦も初回に先制してもらった直後に逆転されている。今日も3点先制の直後に3失点。背中や右肩などに違和感があったにせよ、エースなんだから、投げるからには責任を果たして欲しいということですよ。先制攻撃を早い段階でフイにしたのが3試合も続けば、野手だって『またかよ』と思うだろうし、亀裂も入りかねない。離脱するなら一大事だし、しなくても、勝ったと喜んでばかりはいられない。ウチは投手次第。誰も安心していませんよ」

     DeNAとの敵地3連戦で3連勝。首位をガッチリ守ったとはいえ、16年に16勝(3敗)したエースがこの調子では、セ界はしばらく混戦が続きそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000018-nkgendai-base

     広島・野村祐輔投手が27日、背中の張りのため、出場選手登録を抹消された。

     前日26日・DeNA戦(横浜)で症状を訴え、4回4安打3失点で緊急降板していた。1軍復帰時期について畝投手コーチは「メドはまだこれから」と説明した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000083-dal-base

     「中日11-7広島」(20日、ナゴヤドーム)

     広島・野村祐輔投手が先発し、6回を投げて11安打4失点。3勝目はならなかった。

     1点の援護を受けた初回、アルモンテと平田に適時打を許し、あっさり逆転を許した。すぐに味方が追いついたが、三回は1死一、二塁からモヤに右前適時打を浴び、再び勝ち越し点を献上した。

     五回も先頭のアルモンテから中軸に3連打を浴び、1点を失った右腕。先頭に走者を許したのは6イニング中3度で「野手が援護をしてくれていたのに試合を作ることができずに申し訳ないです。イニングの先頭を多く出してしまったので苦しい投球になったし、なかなかリズムにも乗れなかった。今日の反省をしっかり生かして次の投球につなげたい」と振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000148-dal-base

     広島は13日、敵地東京ドームで昨季18勝7敗と勝ち越した巨人と対戦。今季初戦で勝利を挙げたいところだったが、投手陣が11安打10失点と打ち込まれ2-10で敗れた。

     広島は初回、丸佳浩の適時打で幸先よく先制。その裏、先発・野村祐輔がピリッとしなかった。先頭の坂本勇人に三塁打を打たれると、続く吉川尚輝の一ゴロを一塁・安部友裕がファンブル。その間に三塁走者の生還を許した。なんとか踏ん張りたい野村だったが、マギーに適時打、岡本に2ラン、中井大介にソロを浴び5点を失った。

     13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は先発した野村の初回失点について「(初回)坂本に三塁打を打たれましたよね。1点取ってもらっているところだったので、打たれたけど0点にという思いから少しボールが中へ中へとなり、最悪の5点に繋がったのかなと思うんですよね。1点を嫌がって5点になったというのを考えられなくはないですね」と分析した。

     2回以降は無失点に抑えた野村だったが、5回に吉川尚の犠飛、ゲレーロの適時二塁打などで3失点。代わった2番手・薮田和樹も7回に2点を許した。広島・野村、巨人・菅野智之の“同級生エース”対決は投手戦が予想されたが、終わって見れば2-10だった。

     広島の敗因について野村氏は「初回の5点というのが最後まで大きくのしかかりましたよね」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00150040-baseballk-base&pos=3

     開幕戦から連勝した広島の野村が5回8失点(自責6)の乱調。味方が一回に1点を先制したが、その裏に2本塁打を浴びるなど5点を失い、「甘くなった球を打たれてしまった」。

     6連敗中だった巨人に大敗し、「試合をつくれず、申し訳ない。修正し切れなかった」とうつむいた。先発で不調だった薮田も2番手で登板し、2回2失点とぴりっとしなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000159-jij-spo

     広島は30日、マツダスタジアムで行われた中日戦に6-3で勝利し、球団史上初のリーグ3連覇へ好スタートを切った。チームとしては4年ぶり、自身初の開幕勝利となった緒方監督は「たくさんのファンの前で、最初のゲームを勝利で飾れたのはよかった」と喜んだ。


     初の開幕投手となった野村は6回3失点で降板。序盤の1点リードを逆転されたが、直後に打線が再逆転して勝利投手となった。緒方監督は「(野村)祐輔がプレッシャーのかかる中、しっかり大役を果たしてくれた。ゲームを作ってくれた」と勝ちに結びつく好投を評価した。

     開幕戦から2桁安打で逆転勝ちと、昨年の勢いそのままの試合に「ひっくり返されたけど、カントリー(エルドレッド)が一本打ってくれて、そこから逆転できた。ウチらしいゲームができたと思います」と満足そうだった。

     昨年8月に右足首骨折した鈴木も復帰戦で1安打1打点を記録。「いいスイングだったね」と新4番を褒めた指揮官は「野手は一本出れば、肩の力が抜ける。ヒットが出なかった選手もフォアボールは取れているしね」と、昨季リーグ最強を誇った強力打線に、今年も手応えを感じているようだった。


    引用元  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00116459-fullcount-base

     広島・野村祐輔投手(28)が29日、マツダスタジアムで全体練習に参加し、初の開幕投手へ意気込んだ。オフから目標に掲げており「うれしく思うし、もっとやってやろうという気持ちになった」と決意表明。「期待に応えられるようにしっかりしたピッチングをしたい」と力を込めた。

     緒方監督の期待も大きい。「明日は野村が開幕投手としてスタートを切ってくれると任せている」と初めて開幕投手を明言。16日・ヤクルトとのオープン戦(神宮)の試合後に告げたことを明かし、「年間を通して投手陣を引っ張っていってほしい」とさらなる成長に期待を寄せていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000139-dal-base

    <オープン戦:ソフトバンク5-3広島>◇23日◇ヤフオクドーム

     初の開幕投手が決定的となっている広島野村祐輔投手(28)が、オープン戦最終登板で6回5失点だった。


     2回は松田に3ランを浴び、3回はデスパイネに左中間を割られて4点目。6回もデスパイネに左越えソロを許した。それでも「すべてが悪かったわけじゃない。狙ったところにコントロールできたと思っている」と収穫を口にした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00158160-nksports-base

    このページのトップヘ