広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

     広島・会沢翼捕手(31)とデイリースポーツ評論家の新井貴浩氏(42)が26日、リーグ戦再開へ向けて特別対談した。開幕ダッシュに失敗した今季は、5月に快進撃を見せて首位に浮上。しかし、交流戦で5年ぶりの最下位に沈み、首位から陥落した。リーグ4連覇に向けて“新井魂”を継承する選手会長へ、新井氏が熱いエールを送った。以下は対談その2。

      ◇  ◇

     -会沢選手は新井氏からいろんなことを学んだと言っていたが、具体的には。

     会沢「今、新井さんがおっしゃった通りですね。プレーもそうなんですけど、チームプレー外のところでも、新井さんは後輩に対してすごく気を使うというか。目配り気配りじゃないですけど、そういうところっていうのはなかなか教えてもらえるところじゃない。そんなところまで考えてくれているんだなとか、そういうのがすごく勉強になりました。よくご飯にも連れて行っていただいて、そういう話がメインなんですけど。そういうところまで見なくちゃいけないんだなって、12球団の選手会長までされた方なので、やっぱり考えていることはすごいなって思いますね」

     -新井氏は広島に復帰してから会沢選手の成長を見てきた。

     新井「そうやね。帰ってきた時は、石原は昔から知っているし、石原がアツのことをかわいがっていたから、自然と食事に行くのも石原とアツが多かった。いろんな野球の話もしたよな。でもそれをチョイスしたのはアツ自身だから。チームとしてまとまるためには、みんなが気持ちを一つにするためには、こういうふうにしないといけないんだっていうのを。自分はいろんな野球の話を含めてチームの話をしたけど、こういうふうにならないといけないんだ、なりたいって、それをチョイスしたのはアツ自身だから。そこら辺は波長が合うのかもしれないね」

     (続けて)

     「例えば、チームのためにこういうふうにやっていかないといけないよと言っても、それは別に、プロは個人でしょ、個人が成績を残した集合体がチームの力でしょ、っていうのがアツの考えだったら、オレとか黒田さんがまとまってやろうって言ったとしても、それを選ばないわけだから。そういう意味では受ける側というか、キクにしてもそうだし、みんな素直で良い子が多いって自分がよく言うのは、そういうところなんよね。それをチョイスしたのはアツ自身なんだから、石原であり、アツであり、キクであり、広輔であり、野間であり、誠也であり。自分さえ良ければいいって自分勝手なことをやってたら、チームとしてまとまりがなくなるんだっていうのをチョイスしたのはアツを含めて彼ら自身だから」

     -今年は若い投手も多い。

     会沢「そうですね。キャッチャーというのは仕事の一つでもありますから、そこら辺はよく見てあげるようにしてます」

     新井「よく見てるもんな、表情であれ、姿であれ。アツはこれはちょっと言っておかないといけないなって思ったら、それを言えるタイプだから。そういうところも含めて選手会長だし、グラウンド内でもグラウンド外でもキャプテンシーっていうのを発揮してると思うんよね」

     -昨年までの独走と違って、今年のペナントレースは競った展開になりそう。

     会沢「そうですね。独走、独走って言いますけど、独走してるときでも不安でしかないですから。もう本当にやるべきことをやるしかないんですよね僕たちは。だから、いかにチーム一丸というか、同じ方向に向かせていけるようにというのを僕は常々考えてます。変な雑念というか、そういうのをなるべく減らしてあげたい、集中させてあげたい、っていうのはありますね。特に若い子には」

     新井「これから梅雨、夏場になって、疲れもどんどんたまってくる。疲れてなかなかうまくいかない時って、(チームが)一つになるのは難しい。これからそういう時期が必ず来る。そういう時はまたアツの出番だと思うし、また役割が増えて大変だと思うけど、そういうところもすごく期待したいよね。期待したいし、できる選手だと思う」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000033-dal-base

     広島・会沢翼捕手(31)とデイリースポーツ評論家の新井貴浩氏(42)が26日、リーグ戦再開へ向けて特別対談した。開幕ダッシュに失敗した今季は、5月に快進撃を見せて首位に浮上。しかし、交流戦で5年ぶりの最下位に沈み、首位から陥落した。リーグ4連覇に向けて“新井魂”を継承する選手会長へ、新井氏が熱いエールを送った。以下は対談その1。


      ◇  ◇

     -ここまでの戦いを振り返って。

     会沢「最初ちょっとつまずいたんですけど、その時のチーム状況もそこまで悪くなかったですし。5月に一気にカープらしい野球ができて、6月は低迷というか、かみ合わない部分が多いですけど、チームの雰囲気としては不安はないです」

     新井「みんな雰囲気は良さげだもんね。落ち着いてる。実際、中にいないと分からないけど、全然大丈夫」

     会沢「そうですね、逆に4月の連敗がいい教訓になってるのかなと思います」

     新井「長いもんね、シーズンは。絶対いい時と悪い時の波があるんだけど、今年はちょっと激しいよな(笑)」

     会沢「激しいです(苦笑)。ちょっと今までにはない波の大きさはありますけど、一人一人が3連覇しているという変な自信じゃないですけど、そこはあるのかなとは思います」

     新井「やっぱり経験って大きいよな。特に3連覇しているから。選手がそういう経験をしてるってのは大きいよね」

     -新井氏は低迷していた4月も必ず浮上すると言っていた。

     新井「そりゃあ上がってくる。元々力のある選手が多いし。戦力的には間違いなく優勝候補なんだし、それプラス3連覇の経験値があるんだから。4月につまずいた時も、いつ上がってくるかなとは思ったね。ただ、自分の感覚では交流戦ぐらいまでに何とか(勝率)5割ぐらいまで持ち直してくれたらと思っていた。5月はすごかったね。予想外だった。つまずいたのも予想外だし。立て直すことができたのは、それだけ力のある選手が多いから。ただ反動というか、またちょっと苦しい時期になってきてるよな」

     会沢「はい」

     新井「でも、普通にやればじゃないけど、全然大丈夫と見てる」

     会沢「僕も不安がないと言ったらウソになりますけど、やるべきことをしっかりやっておけばと思ってます」

     新井「そうだよな」

     -間もなくリーグ戦が再開する。

     会沢「まだまだヤマ場っていうのは先にあると思ってます。これからもっと暑くなりますし、ピッチャーもしんどくなってくると思う。そこで何とか打線が援護してあげられたら。僕はバッテリーなので、ピッチャーも何とか1点でも少なくと思ってます」

     新井「アツ(会沢)が言ったように、勝負の夏場がもうすぐやって来るから、とにかくケガをしないでほしいよね。今から夏場にかけてが大事な時期になってくる。ケガが一番怖いから。普段通りやっていけばいい勝負、いい戦いができると思う。ケガだけは気をつけてほしい」

     -新井氏と丸がいなくなって、今年はまた違うチームになった。

     会沢「あまり僕は感じないんですけど、柱の2人が抜けて、キャンプの時はちょっと『あーっ』ていうのはありました。だけど、シーズンが始まってしまったら正直な話、そんなことは言ってられないので。そういうのも変な話、慣れちゃったのはありますし。そこで僕とか石原さんとか、そういう人たちがいい意味で新井さんのことを見てきたんで。雰囲気作りとか、そういうところは見習ったというか、今は新井さん、丸がいなくなった不安とかは全くないです」

     新井「自分は始まる前からアツ(会沢)がキーマンだって言っていたよね。キャンプの時からずっと。年代的にキク(菊池涼)、広輔(田中)、安部とかより1つ上でしょ。その下が野間、誠也(鈴木)とかになってくるから。年代的にも、性格的にも兄貴肌というか、みんなを見られる子だから、アツがキーマンになるなと思ってたんだけど。ここまですごく頑張ってると思うね」

     (続けて)

     「今のチームは波があるけど、それでも今の位置にいるのはアツの力が大きいんじゃないかなと思うよね。グラウンド内だけじゃなしに、グラウンド外でも、いろんなところで言うべきことは言ってると思うし。そういう意味でポジションもキャッチャーで、扇の要で中心だし、アツの役割というのはすごく大きいと思うね。もちろん、バッティングでもいい場面で打っているし。グラウンドの外でも頑張ってるんだろうなあと思うよね」




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000034-dal-base

     怒涛の5月攻勢で首位に立ったカープ。本来の得点力も取り戻してナインが盛り上がる場面も増えてきました。

     その中で最も目立つ男と言えば元気印・上本崇司。紙面に掲載しきれないほっこりショットが多数ありますので緊急企画です。ナインに愛されまくる「タカシ」の蔵出しショットをどうぞ。

     まずは、ホームランを放った菊池涼をどうぞいじってくださいと言わんばかりの変顔でお出迎え。そしてお約束の愛のビンタをいただきます。

     開幕カードでは巨人に移籍した丸からもいじりを受けます。東京ではタカシに会えないのが寂しい?

     さらには選手ばかりでなくマスコットも。赤いシリーズで来場者に配られた「赤福耳コアラ」をスラィリーからプレゼントされて満面の笑みです。

     せっかくなので昨シーズンからも2枚。代走で盗塁を決めるもその後にタイムリーエラーを犯し、試合後の整列時に鈴木誠也にうながされて土下座でペコリ。後輩からのいじりにも笑顔です。

     引退した新井さんにはパーマをかけた頭髪をいじられてニッコリ。レジェンドからも愛されてますね。

     いじられるばかりでなく野球でも魅せます。ホームゲームの試合前には早出でひとり黙々と走り込み、特守を行うなど準備は怠りません。18日には途中出場で今季初打席初安打をマークし、翌日には久々のスタメン出場も果たしました。初安打の瞬間にはベンチのナイン全員がガッツポーズや拍手で祝福する愛されっぷりを証明。新井さんの言う「家族」感が表れた良いシーンでした。

     連勝は11で止まったものの、きょうから再スタート。レギュラーだけでなくチーム一丸で4連覇にひた走ります。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000093-spnannex-base

     V3球団が目を覚ましてきた。

     広島は24日、中日戦に快勝。1週間前まで最下位に沈んでいた王者も、気付けばこの日で6連勝。勝率5割も目前(借金2)となった。

     開幕から低迷が続くと、精神的支柱としてチームを支えていた新井の穴がその原因といわれた。その後継者として奮闘するのがこの日、先制ソロ弾を放った会沢翼(31)だ。

    「打てる捕手」として打撃面も期待されているが、本人は「頭の中の9割が投手のことと配球のこと。バッティングは1割だけ」という。「野球の主役は投手」が持論で、投手陣の崩壊が叫ばれて久しいカープで、その責任を一身に背負ってきた。

     女房役として昨季の日本シリーズで敗れたソフトバンクとの“差”を自問自答。施設面、選手の年俸や待遇面……客観的に見ればキリがない。それでも突破口を開こうと、昨オフ、自身の契約更改の席で施設面の改善を要求。二軍球場の屋根設置や、マツダスタジアムのブルペンにテレビの増設など、選手から集約した細かい要望を提出した。

     2017年1月からは、新井が05年から続けている護摩行を始めた。試合後、お立ち台でこう言った。

    「一戦一戦、チーム一丸で優勝に向かって頑張っていきます」

     もちろんV4を諦める時期ではない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000018-nkgendai-base

     セ・リーグ3連覇中の広島が予想外の苦戦を続けている。

     14日のDeNA戦に敗れ、このカードも負け越し。開幕以来5カード連続の負け越しは球団ワースト、早くも「V率0%」と不吉なデータまでが取り上げられている。

     オープン戦は8勝4敗4分けで首位。迎えた開幕の巨人初戦では、大瀬良大地が巨人・菅野智之とのエース対決を制して盤石のすべり出しに見えた。ところが2戦目以降から様相が一変する。投手陣の崩壊に、貧打線に、守乱と、とても王者とは思えぬ戦いが続き、借金も膨れ上がっていった。

     4勝11敗。勝率は3割に届かず、首位を行くヤクルトからは6ゲーム差が15日現在の現実だ。チーム打率.212は両リーグワースト。同防御率4.09も阪神に次ぐリーグで5番目。加えてディフェンスの堅さで定評のあったチームがすでに18失策のていたらくでは希望を見出す方が難しい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00185636-baseballk-base

     元広島、阪神の金本知憲氏(51)と新井貴浩氏(42、ともにスポニチ本紙評論家)による初の師弟解説が20日放送のMBSテレビ「阪神―巨人戦」(後2・00)で実現する。昨季限りで20年間の現役生活を終え、第二の人生へ踏み出した弟分に「一肌脱ぎます」とする金本氏。中継は元巨人の本紙評論家・槙原寛己氏(55)も加わるトリプル態勢となる。

     2003年、広島から阪神にFA移籍した金本氏を追うように07年、同じくFA移籍した新井氏。2012年限りで現役引退した金本氏が本紙評論家に就任し、初仕事として翌年元日紙面の対談相手に選んだのが阪神の主砲・新井氏だった。

     「ヒマにしているヤツが新井しかいなかった」。対談冒頭、先制パンチを放つ金本氏に新井氏も「いやもう、リハビリ、リハビリで毎日忙しいんで」とカウンターを返して盛り上げた。

     17日放送の同局「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)は「誰からも愛された男 新井貴浩」と題し、新井氏の野球人生を特集。スタジオ出演した新井氏は金本氏との関係性を「兄弟みたい。僕がお兄ちゃんで金本さんが弟」と表現。アニキの弟っぽさを「ちょっかいを出してくるのはいつもカネさん」とし、遠征宿舎でチャイムを鳴らして走り去るピンポンダッシュや深夜3時にかけてくる内線電話を列挙した。

     その後の本紙取材では、金本氏の「一肌脱ぎます」発言に「うれしいです。ありがとうございます」と感謝しつつ「でも不安もあります」と真情を吐露。初の師弟解説を期待する声にも「怖いです」と苦笑いだった。実況は同局の金山泉アナウンサー(36)。放送は全国中継される。

     ≪2人の“説得力”期待≫初めて両者がそろい踏みする放送席ではどんな丁々発止が展開されるのか。共に名球会打者。金本氏は前監督、新井氏はプロ野球選手会会長経験があり、実績に裏打ちされた説得力が期待できそうだ。現役時代、一緒に試合中継を見た際は、試合展開や采配についてだけではなく、テクニカルな打撃論で熱く語り合ったという。「自分は楽しみですし、分かりやすくお伝えできれば」と新井氏は意気込みを語った。

    <金本―新井仲良し?アラカルト>  ★特製Tシャツ 06年1月の合同自主トレで、金本が前年本塁打王の新井に“浮かれるな”のメッセージを込め、ホームランキング…ならぬ「ホームラン天狗(てんぐ)Tシャツ」を着て始動。12年2月には「失策王 併殺打王 (とても小さな字で)打点王」とプリントされた「祝3冠王Tシャツ」を披露。いずれも自費制作。

     ★そろってメモリアル 08年4月12日、金本の通算2000安打到達の日に、新井も通算1000安打。そろってのお立ち台で感慨深げな新井を横に「ダブル達成?キモいっすね」。

     ★誰だ? 11年2月2日の沖縄・宜野座キャンプ、新井の真新しい白のアップシューズにウ○コマークの落書きが。満足そうなアニキを見て新井は報道陣に「知ってましたよ。ヒマなんでしょうね」とバッサリ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00000154-spnannex-base

    「昨年までとは違い、ベンチに覇気がない」

     ライバル球団のあるコーチが、広島についてこう指摘した。

     10日のヤクルト戦は3―15の大敗。これで4カード連続負け越しとなり、開幕11試合で3勝8敗と苦しんでいる。チーム総得点はリーグワーストの35。自慢の打線が低調である上に、菊池涼、田中の二遊間コンビを中心とした鉄壁の守備にもほころびが見え、この日だけで4失策。今季17失策はリーグ最多だ。貧打とザル守備が、ただでさえ脆弱な投手陣の足を思い切り引っ張っている。

     冒頭のコーチは、「中軸の丸が抜けた穴は確かに大きいと思う。3番に野間を入れたことで下位打線が弱くなり、1番田中、5番松山の不振も重なって、得点力不足は顕著に。守備も乱れ、広島が得意としていたミスに付け込む野球を逆にやられている。何よりここまでもたついているのは、新井(貴浩)がいなくなったことが影響しているのではないか」。

     広島は、チームの精神的支柱だった新井貴浩が昨季限りで現役を引退した。この“新井ロス”の影響について、さる広島OBは、「確かにある」と、こう続けるのだ。

    「新井さんは(鈴木)誠也、菊池涼ら主力に限らず、さまざまな選手にことあるごとにアドバイスを送り、食事にも連れていった。現役選手ならではの説得力があったし、人間性も慕われていた。昨年9月のDeNA戦、誠也が3三振していた試合でリリーフの三上を迎えると、新井さんはベンチで誠也を呼び、三上の得意球であるスライダー対策を伝えた。すると誠也は三塁打を打った。こういった類いの話は山ほどある。人一倍、声を出してムードを盛り上げてもいた。諦めない野球が徹底され、終盤に強い『逆転のカープ』がつくられた。新井不在を選手一人一人が埋めていくしかないが、選手たちも存在の大きさを身に染みて感じているそうです」

     新井氏が引退を決意した際、球団は再三にわたって慰留していた。「新井ロス」の代償はあまりにも大きい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000032-nkgendai-base

     プロ野球・阪神前監督の金本知憲氏(51)と、昨年限りで現役を引退した元広島の新井貴浩氏(42)の師弟コンビが、20日放送の「SAMURAI BASEBALL 阪神×巨人」(午後2時、TBS系)で初の揃い踏み解説を務めることが分かった。制作のMBSが8日、発表した。

     現役引退後、TBSの専属解説者に就任した新井氏は、先月30日の広島―巨人戦で公式戦解説デビュー。一方、金本氏は阪神の監督退任後、初解説となる。

     金本氏は、第2の人生を歩みだした弟分のために「ひと肌脱ぎます」とコメント。新井氏は「うれしいです。ありがとうございます。でも不安もあります。自分は楽しみですし、分かりやすくお伝えできれば」と意気込みを語った。

     MBS関係者は「昨年まで監督として阪神を指揮して巨人と戦ってきた金本さんの目線と、昨年まで現役選手として阪神・巨人と戦ってきた新井さんの視点の両方を視聴者に伝えることができれば」と2人に期待を込めた。

     元巨人の槙原寛己氏も加わり、トリプル解説で放送する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000031-tospoweb-base

     29日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、今年からスポニチ本紙評論家に加わった新井貴浩氏(42)はセの高卒新人内野手2人に注目した。

     広島・小園は最近まで高校生だったとは思えない。1軍に交じっても違和感を感じさせないこと自体が凄い。どう育てていくのか。うれしい悩みだと思う。新人の頃、当時ヘッドコーチだった大下剛史さんに言われた。「2軍の10打席より1軍の1打席の方が経験になる」。確かにそうだった。小園も1軍で少しでも多くの打席を経験させたい。

     一方で1軍に置くために三塁をやらせることには、あまり賛同できない。野村謙二郎さん、宮本慎也さん、鳥谷敬。遊撃で素晴らしい実績を築き、三塁へ転向した3人から聞いたことがある。「同じ方向を向いていても別物だ」と。球団も将来を見据えて遊撃手として育てていくと思う。

     中日・根尾にとっては不本意な春になったかもしれない。どう受け止めるか。故障したことも含めてキャンプからの日々を「今の自分にとっては必要なことだった」と前向きに捉え、肥やしにしてほしい。しっかりした考え方を持った若者だ。きっとできる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000109-spnannex-base

    <オープン戦:広島3-5オリックス>◇16日◇マツダスタジアム

    16日にマツダスタジアムで行われた広島-オリックス戦の試合後、昨季限りで現役を退いた新井貴浩氏(42)の引退セレモニーが行われた。


    試合前に続く催しで、ナイン、首脳陣、関係者に加え3万649人の観衆が見守った。新井氏のあいさつは以下の通り。

       ◇   ◇   ◇

    広島で生まれ、広島で育ち、小さな頃からの夢はカープの選手になることでした。アマチュア時代、たいした選手ではない私を、取って育ててくれた、カープ球団、そして、たくさんのすばらしい出会いのおかげで、この厳しいプロの世界で20年間もユニホームを着させていただきました。ユニホームを脱いで数カ月たちますが、うれしかったこと、楽しかったことより、苦しかったこと、悔しかったことのほうがはるかに多い野球人生でした。ですが最後は3連覇させてもらい、そして、日本シリーズという最高の舞台でユニホームを脱がせていただけたのは、今ベンチ前にいる、弟のようにかわいい後輩たちのおかげです。本当にみんな、ありがとう。彼らは今シーズンも、みなさんを大いに楽しませ、また、喜ばせてくれると思います。私もいま1度、カープファンに戻り、みなさんと一緒になって、かわいい後輩たちを応援していきたいと思います。

    最後になりますが、私の野球人生、無駄なことは何ひとつありませんでした。今思うと、すばらしい野球人生でした。7年間お世話になったタイガース球団、ならびにタイガースファンのみなさま、ありがとうございました。

    選手会長時代、いつも選手会の支援をしてくれ、また、背中を押してくれたプロ野球ファンのみなさま、ありがとうございました。

    そして最後に13年間、お世話になったカープ球団、、ならびにカープファンのみなさま、たくさん、怒らせ、たくさん、悲しませたのに、こんなにたくさん、応援していただき、ただ、ただ、ありがとうございました。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-03160437-nksports-base

    このページのトップヘ