広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

    鉄人ボディーを作り上げる! 広島林晃汰内野手(19)が7日、広島市内のトレーニングジム「アスリート」で鍛錬を積んでいることを明かした。


    広島OBの金本知憲、新井貴浩らが現役時代に通っていたジムで、広島の現役選手も足しげく通う。今オフは「体作り」をテーマに掲げ、11月末から週6日間、約1時間にわたって全身を鍛えているという。林は「もっともっと体を強くして、1年間1軍で活躍できるようにしたい」と力を込めた。

    高校通算49本塁打のパンチ力を誇り、18年ドラフト3位で入団した未来の大砲候補。今季1軍出場はなかったものの、2軍公式戦102試合に出場。打率2割2分5厘、7本塁打、35打点だった。プロ1年目を振り返り「後半は自分の思った通りのプレーができなかった。今は一番に体作りをして、野球につなげていかないといけない」と引き締めた。現在体重は95キロ。目標体重は定めず、「(トレーニングを)やっていくうちに増やせていけたら」と語った。

    この日は同期入団の小園とともに広島市内のショッピングセンター、マックスバリュ段原店で行われたトークショーに参加。来季の目標について林は「まずは1軍に上がることを目標にして今オフ頑張っていきたい。早くチームの力になれるように頑張ります」と訪れたファンに活躍を誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-12070428-nksports-base

     【新井さんが行く!】プロ野球界は新入団選手の発表の季節。晴れの日を迎えた若者たちのワクワク感はよく分かる。21年前の12月の新入団発表。とにかく緊張したことを覚えている。広島に生まれ育ち、カープのユニホームを着ることは小さい頃からの夢だった。その夢がかなった。

     プロ野球選手になれたことで、ゴールテープを切った気持ちだった。本当はスタートラインに立っただけ…。翌春のキャンプが始まって、すぐ目が覚めた。投球もスイングもプロのスピード感に衝撃を受けた。何とか先輩たちに近づき、追いつきたいと必死だった。

     当時と違ってアマチュアのレベルが高くなった。昔は珍しかった球速140キロを超える投手が、今の強豪校では当たり前で、150キロを超える投手もいる。対戦する打者も力が付く。トレーニングも多様化して体格もいい。代表例が広島・小園だ。卒業式前だった今春キャンプで1軍選手に交ざっても見劣りしなかった。高卒だから数年は体づくり…ではなく、1年目から勝負できる選手が少なくない。

     ドラフト6位入団でも何とか現役を20年間やれた。入った後は何位だったかなんて関係なくなる。差があるとすれば、上位指名の方が少し優先的にチャンスが与えられる程度。そのチャンスを生かせるかどうか、最後は自分次第だ。下位でも、育成でも、横一線のスタートだと思ってやってほしい。

     逆に上位指名の選手たちに負けたくない…と変に発奮した記憶もない。厳しい練習に付いていくのに必死。下手くそでも、とにかく元気だけは出した。同じ力量なら元気のある方を「使いたい」と思ってくれると信じたからだ。新人選手のみんなが大きな可能性を持っている。何年か先、子供たちに夢を与えられる選手に成長してくれることを楽しみにしたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000108-spnannex-base

     元広島主砲で、昨季限りで現役を引退した新井貴浩さん(42)が21日、自身のブログを更新。バッタリ再会したある人との笑顔の2ショット写真を掲載し、カープファンを喜ばせた。

     新井さんは「偶然!!」のタイトルでブログを更新。「バッタリ…世界一おめでとう!!」との短い言葉とともに、侍ジャパンのメンバーとして国際大会「プレミア12」を戦い、見事に2009年WBC以来10年ぶりの世界一を勝ち取った広島の会沢翼捕手(31)との2ショット写真を披露した。満面にくしゃくしゃの笑みを浮かべる弟分・会沢の横で、会沢の肩を抱いた新井さんは柔らかい優しげな笑みを浮かべている。

     広島勢は「プレミア12」に会沢をはじめ、菊池涼介内野手(29)、鈴木誠也外野手(25)と3選手が出場。鈴木は侍ジャパン4番として史上初となる3試合連続アーチを放つなど、打率・444(27打数12安打)、3本塁打、13打点と打撃3冠に加えて大会MVP、右翼手のベストナインとタイトルを総なめにし、菊池涼も二塁手のベストナインに選出。会沢は韓国との決勝戦で先発マスクをかぶってフル出場するなど今永(DeNA)ら他球団投手を好リードで支え、勝負強い打撃でも存在感を示した。

     新井さんはTBSで解説を務めた際にも後輩たちの活躍がうれしくてたまらない様子が言葉の端々にあふれていたが、会沢の横でうれしそうな新井さんと、頼れる選手会長・会沢のとろけそうな笑顔にブログ読者もほっこり。「二人とも素敵な笑顔」「たまりませんな」「お兄さんのように心を許してる人の前だとこんな笑顔になるんですね」「アツさん、とっても嬉しそう」と新井さん&会沢(愛称アツ)の貴重な2ショットに大喜びだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000237-spnannex-base

    張本勲氏(79)が10日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。元広島の新井貴浩氏(42)と「初共演」した。


    同番組に初出演した新井氏と言えば、毎年シーズンオフに行っていた護摩行が有名。炎の前で1時間以上も読経を唱えるという荒行だ。

    現役時代の思い出を問われた新井氏は「一番は毎年、護摩行をやらせていただきまして、こちらの番組でも取り上げていただきまして、毎回、張本さんからありがたいお言葉をちょうだいしました。今年も夏に行ってきたんですけど、野球がうまくなるというよりは自分をグッと締めたかったんで、引退してからも、今年も行かせてもらいました」と話した。

    「サンデーモーニング」では毎年1月、新井氏の護摩行を自主トレ特集で取り上げた。張本氏は「山登りはいい。でも、新井はやけどしてどうするの。野球に関係ないことはやってほしくない。精神統一かどうか分かりませんが、もっと野球に関係ある運動をしてほしい」(18年1月14日放送)などと苦言を呈していた。

    この日も張本氏は「やけどをするんじゃないか」と苦笑い。それでも「人間性が良い。私みたいにわがままで生意気じゃない。早く黒田(博樹氏)とともに指導者になってもらいたい」とエールを送っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-11100197-nksports-base

     野球評論家の張本勲氏(79)が10日、TBS「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。1次ラウンドが終了し、スーパーラウンド進出の6チームが出そろった「第2回WBSCプレミア12」についてコメントした。

     張本氏は、1次ラウンドを3勝0敗で終え、スーパーラウンドに駒を進めた侍ジャパンについて「全日本級の選手は何人か出てないけども、まとまりが非常にいいと思うんですよ。今年は勝てると思いますね」と解説した。

     また、元広島主砲で、昨季限りで現役を引退した新井貴浩氏(42)は「初戦のベネズエラ戦はヒヤッとしたんですが、プエルトリコ、台湾と試合を重ねるごとにチーム力が上がってきているのを感じる。国際試合は初見の投手が多いので、連打を重ねて点を取るのは難しいんですが、その中で四球の数がすごく多いんですね。しっかりボールを見極めて次に打者につなげようという姿勢が表れている」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000166-spnannex-base

     ◇第2回WBSCプレミア12・1次ラウンドB組第3戦 日本―台湾(2019年11月7日 台湾・台中)

     世界に誇る侍ジャパンの“忍者”菊池涼介内野手(30=広島)の守備力を昨季まで広島のチームメートだった新井貴浩さん(42)と今季途中に現役を引退した元巨人でメジャーリーガーの上原浩治さん(44)がべた褒めした。

     国際大会「プレミア12」1次ラウンド第3戦の台湾戦を中継したTBSで解説を務めた2人。5―0で迎えた7回に二塁を守る菊池涼が中前へ抜けそうな打球をスライディングキャッチして一塁へ送球しアウトにすると、まずは新井さんが「いつも見ているプレーですね…はい。彼にとっては普通のプレーになるんですよねぇ」と笑いをこらえるように優しい声で解説。「ただ、ピッチャーはうれしいでしょうね。ああ、抜けたかもしれない!っていうのをアウトにしてくれるわけですからね」と話した。

     すると、続いて上原さんが「捕るのもそうですし、投げるのも。送球がね、本当にファーストの選手にとってもイージーなところに投げてくれるので。もう最高な送球ですね、今のは」と絶賛。それを受けて新井さんが「強さ、速さ、正確さ…ですね。3つともそろってますからね。菊池選手は。捕ってからの速さ、正確さ、ボールの強さですね。すべてそろってますね」言葉を重ねた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000243-spnannex-base

     ◇侍ジャパン強化試合 日本―カナダ(2019年11月1日 那覇)

     元広島主砲で、昨季限りで現役を引退した新井貴浩さん(42)が1日、侍ジャパン強化試合第2戦・カナダ戦(那覇)を中継したTBSの解説席に登場。昨季までチームメートだった侍ジャパンの菊池涼介内野手(29=広島)について楽しそうにエピソードを明かす場面があった。


     前日10月31日の第1戦で先発フル出場した菊池は、第2戦はベンチスタート。それでも国際大会「プレミア12」を控えるとあって侍ジャパンについて試合序盤にメンバーが紹介され、その中で菊池の話になると、新井さんの声が思わず弾んだ。

     その守備範囲の広さから“忍者”とも称される菊池だが、元チームメートとして実況アナウンサーからコメントを求められると「“新井さん、あんまり捕りに来ないでいいですよ、邪魔なんで”と言われたことがあります」と楽しそうに現役時代のエピソードを披露した。

     カープナインを「家族」と公言してはばからなかった現役時代の新井さん。昨年10月18日に行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦・巨人戦(マツダ)ではすでに引退を発表していた新井さんが代打同点打を放ち、決勝3ランで続いた菊池と2人そろってお立ち台へ上がった。新井さんを「お兄ちゃんとしか思えない」という菊池が「お兄ちゃんが打ったんで、ちょっと弟も打たないといけないなって」と話すなどほのぼのムードでヒーローインタビューを終えると、新井さんが菊池を抱き寄せ、熱い抱擁。満面笑みの2人がスタンドの笑顔も誘発したが、それからはや1年。可愛い弟について聞かれ心底楽しそうな新井さんだった。

     新井さんはその後、途中出場した菊池が8回に見事なリカバーなど美技を連発させると「彼にとっては普通のプレーですねぇ」「いつも通りのプレーですねぇ」「守備で入って名前がコールされて球場が盛り上がるっていうのは彼ぐらいじゃないでしょうかねぇ」と“弟”の守備を絶賛。直後の9回、菊池に打席が回ると「バットのヘッドを使うのが上手なバッターですよね。相手のボールの力を利用してといいますか。決して身長が高いわけではないんですけど、パンチ力ありますよね」と打撃も高評価していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000206-spnannex-base

     昨季限りで現役を引退した元広島の新井貴浩氏(42=スポニチ本紙評論家)が5日、日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」(木曜後9・00)に初出演した。

     番組はご当地の“お酒のシメ”グルメを特集。番組アシスタントを務める久本雅美(61)から、「広島の夜の街といえば(広島市の)流川ですかね?」と質問された新井氏は、「流川ですね。お酒大好きなので。小さい街なのですぐ噂になるんですよ、狭いので」とニッコリ。続けて、共演陣から「飲み歩いていたんでしょ?」とツッコまれると「私は飲み歩いていないです」と語り、飲み歩いていたのは「キャッチャーの石原(慶幸)とか」と暴露し、笑いをさらった。

     広島市出身の新井氏は、同地での“お酒のシメ”は唐辛子とラー油を使用した旨辛のつけ麺が定番と説明。赤い“カープカラー”のつけ麺を実際にスタジオで試食し、「見た目よりは辛くないです。次の日も、もたれたりしにくいし、さっぱりしていて、だんだん癖になってきます」とアピールした。北海道出身の俳優、伊吹吾郎(73)はつけ麺をすすり、「一言で言って旨い! のどのところに辛さがきてしびれるんだ。これはやっぱりビールがなきゃあかんわ」とうなった。

     番組ではほかに、北海道民はお酒のシメにおにぎりを食べると紹介。久本から北海道の話題として「すすきのはお好きでしょ?」と振られた新井氏は、「私は食事してすぐ宿舎に帰っていた。チームの門限を破ったことないので」と自信たっぷり。お笑いコンビ、FUJIWARAの藤本敏史(48)から「誰が破っていたんですか?」と追及を受けると、こちらも「石、石原です」と冗談めかして語っていた。


    引用元 https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/05/kiji/20190905s00041000415000c.html

     日本新聞協会は5日、第39回新聞広告賞を発表し、大賞にプロ野球広島カープOBの黒田博樹さん(44)の「カープ新井選手引退記念企画『結局、新井は凄かった』」を選んだ。広島で共にプレーした新井貴浩さん(42)の現役引退に合わせて掲載されたもので、大賞を個人が受賞するのは初めて。

     広告は全2ページで、表には「新井ブレーキ」など、新井さんのミスを取り上げた新聞記事の切り抜きを並べ、裏には真っ赤な背景に「結局、新井は凄かった」と、たたえるメッセージを載せた。昨年11月5日の中国新聞朝刊に掲載されると、盟友に向けた粋な計らいが話題となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000003-kyodonews-soci

     【新井さんが行く!】佐々岡さんには若い頃、よく食事に連れて行ってもらい、飲みにも誘ってもらった。こんなに食べて、こんな飲むのかと驚かされたことが懐かしい。プロの世界で長くやるには、しっかり食べて体を大きくしないといけないのだな…と佐々岡さんの大きな体から学んだ。いまは少し痩せ気味に見えるので(笑い)、監督になってからは体調管理に気をつけてください。

     投手出身の人は「お山の大将」と言われることが多いけど、そんな人ばかりじゃない。佐々岡さんもそうだ。本当に優しくて、柔らかい人柄。投手と野手の枠を超えて可愛がってくれた。

     マウンドに立てば勝負師の顔になる。引退登板で修一(村田、当時横浜)に真剣勝負を挑んで本塁打を打たれたことは有名な話。でも、続きがある。翌日は神宮球場でのヤクルト戦で古田さんの引退試合だった。アマチュア時代にバッテリーを組んだこともある間柄。「わしが投げんといかんじゃろ」と志願して遠征に加わって、古田さんの打席でマウンドへ上がった。引退登板の翌日にも投げたのは、佐々岡さんくらいでは。そんなところにも人柄を感じる。

     広島へ復帰した15年。偶然にも佐々岡さんもコーチとして戻ってきた。黒田さんと一緒に自宅に招かれ、優子夫人の手料理を振る舞ってもらった。優子さんも名前の通り本当に優しい方。控えめで縁の下から佐々岡さんを支えていて、応援したくなるカップルだ。

     今季の広島は目標だったリーグ4連覇がかなわず、CS進出も逃した。特に3連覇に貢献してきた救援陣は蓄積疲労もあって、うまく回らなかった。投打とも再び過渡期を迎え、また新しいチームをつくっていかないといけない。大変な時期の監督就任。OBの一人、カープファンの一人として佐々岡さんをしっかり応援していきたい。(スポニチ本紙評論家) 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000113-spnannex-base&pos=4

    このページのトップヘ