広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

     プロ野球で、数々の強打者育成に尽力した内田順三氏(前巨人巡回打撃コーチ)の教え子には、想像を超えて飛躍を遂げた選手たちがいる。その代表例である金本知憲氏と新井貴浩氏について、共通点を聞いた。

      ◇  ◇

     金本は東北福祉大から、91年ドラフト4位でカープに入団。三村敏之さんが2軍監督時代から目をかけ、1軍に抜てきすることになるが、入団時は線が細く、後に3割30本100打点をマークするなんて想像もできない選手だった。打撃は左中間に運ぶ技術はあったが、右肘や右肩が上がって脇が甘くなる欠点があり、内角のスピードボールへの対応が課題だった。

     上からたたく練習を繰り返して克服していったが、1軍で活躍するようになってもネクストサークルでは極端なダウンスイングで意識付けを行っていた。相手ベンチからその姿を見て、巨人の若手に伝えたこともある。

     1、2年目はファームの遠征メンバーから外れたこともある。当時、私は2軍打撃コーチだったが、「残留組は1日1000スイングをやるように」と伝えていた。1000スイングなんて、本当にやろうとしたら大変なこと。半信半疑で言ったつもりだったが、居残った川端(当時の2軍投手コーチ)によると、金本だけは本当にやっていたらしい。大学入学前に一浪した経験もあったからか、反骨心は相当なものだった。

     あの時代では珍しく、積極的に筋力トレーニングに励んだことも飛躍の一因となった。車でいうエンジンの排気量が増すことで、体力もつき、打球にも力強さが加わるようになった。金本の鍛え抜かれた肉体は球界でも有名で、あの長嶋さんも注目していたそう。オールスターの時には「金本の体を見てみたいから風呂に入る時に教えてくれ」と周囲に言っていたそうだ。

     金本同様、新井も努力のふた文字なくして語れない選手だろう。広島とパイプの太かった駒大から、98年ドラフト6位で入団。体は大きかったが、大学でも通算2本塁打。周囲も「何とかものになれば」というくらいの評価で、まさか名球会に入るほどの選手になるとは誰もが思わなかっただろう。

     守備も課題だらけ。駒大の先輩である大下ヘッドコーチが朝からずっとノックをガンガンやっていたが、「これだけやっているなら新井を試合で使うのも当然だろう」と周囲を納得させるほどの練習量だった。

     金本の背中を見て育った新井。これは江藤もそうだったが、彼らに共通するのは体が元気なこと。けがもしない。過酷な練習をしても、すぐ元気になる。多くの選手は辛抱するのが精いっぱいで顔に出るものだけど、彼らにはそうしたことが全くなかった。

     その後、広島・鈴木誠也の2軍時代に指導した経験があるが、彼を見ていると、金本や新井の姿に通ずるハートの強さがあった。いい意味で眼力の鋭さがあり、なにくそ精神でこちらにぶつかってきていた。会うたびに、体もどんどん大きくなっている。技術だけではない、ハートや体の強さ。若手が育つカープの土壌には、こうした伝統がしっかり根付いている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200512-00000107-dal-base

    広島の堂林翔太内野手が打撃フォーム改良に取り組んでいる。

    OB新井貴浩氏から「バットヘッドを最短距離で出す」と助言されたイメージをたたき込み、打撃練習では中堅方向を意識。「自己満足にならないように、レフトに本塁打したら次はセンターに切り替える。センターへ打ちにいきながら反応してレフトに打ち返すと打球も違う」。2日に1度の頻度で振り込みを重ねる。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-25020553-nksports-base

     4年前、2016年4月26日。1人の男が大記録を成し遂げた。ドラフト6位以下の大卒選手では、プロ野球史上初の偉業到達、プロ18年目の金字塔。不断の努力は才能を凌駕(りょうが)した。


     いまも脳裏には鮮明に焼き付いている。球場全体から鳴りやまぬ万雷の拍手。歩んできた野球人生と同じように、新井貴浩内野手が打った白球は一直線に左翼線へと伸びた。

     ヤクルト-広島戦の三回、無死二塁。通算2000安打目の打球が、左翼フェンスで強く跳ね返る。両軍から花束を手渡され、スタンドに5度、頭を下げた。プロ18年目、通算2112試合、7966打席目。史上47人目の快挙を球場全体が祝福した。

     「広島に戻れなければ、あるわけなかった」と言う偉業。「なんと言っていいか…。本当にありがとうございます」。こみ上げる思いを抑えながら声を張り上げた。「もう無理だ」と感じたプロ1年目。だが、運命は新井に味方した。FAで江藤智内野手が巨人に移籍したことで「4番・三塁」が空白に。育成急務のチーム事情が新井を育てた。

     光の数だけ影があるように、努力の数だけ流した汗がある。涙がある。03年。阪神に移籍した金本知憲外野手に代わる形で、山本浩二監督から4番に任命された。焦り、力み、重圧で大失速。だが、4番は不動だ。7月10日の阪神戦(広島)。たまったフラストレーションが一気に爆発。観客の心ないヤジに、生涯初めて応戦した。

     次戦の12日・中日戦(広島)。ついに4番を外れ、6番に降格する。練習前に1人、監督室に呼ばれた。

     「新井よ。しんどいか、苦しいか?」

     叱られたわけでも、慰められたわけでもない。だが、涙が止めどなくあふれた。「悔しいし、苦しい。ホッとした気持ちもあった」。どんな過酷な練習にも耐えてきた男が、初めて流した涙だ。終盤戦から4番に戻り、04年も固定。翌05年に本塁打王獲得という形で、指揮官の辛抱、新井の努力は結実した。

     2007年オフ、兄と慕う金本知憲の後を追ってFAで阪神に移籍した。東日本大震災が起きた2011年には、労組プロ野球選手会会長として尽力。出場機会が激減した2014年オフ、球団に自由契約を申し入れた。複数球団が獲得に興味を示す中、真っ先に獲得に動いたのが古巣広島、鈴木清明球団本部長だった。

     FA移籍した選手の復帰。球団では過去に例がなく、内部にも少なからず反発もあった。「どのツラ下げて帰れば…」。何度も電話をかけ、困惑する新井を根気よく説得した。最終的には緒方孝市監督も背中を押した。「僕が全力で守ります」。だが、結果的に守る必要はなかった。必死な姿は若手のお手本になり、懸命な姿はファンの胸を打った。

     節目の大記録で勢いに乗ったチームは、そのまま快進撃を続け、9月10日の巨人戦(東京ドーム)で逆転勝ちし、25年ぶりのリーグ優勝を果たした。新井はこの年、300本塁打にも到達。史上初めて2000安打、300本塁打、リーグ優勝、リーグMVPを同一シーズンに達成した選手にもなった。

     ドラフト6位入団。恵まれた才能があったわけでも、将来を嘱望されていたわけではない。それでも地道な努力は、野球人生の終盤に大きな花を咲かせた。新井はいまでもサインを書く時に、「感謝」の2文字を横に添える。最後までファンを愛し、ファンに愛された男だった。(デイリースポーツ・田中政行)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-00000063-dal-base

     暗い話題が多い、こんな時だからこそ、楽しいことを考えないと!! そこでスポニチが独断と偏見に想像力も働かせて、つくってみました。時代を超えた「ご当地オールスターチーム」。一時代を築いた名選手たちが同じチームだったら……。読者の皆さんも本紙選定チームを叩き台にしてオリジナルチームを選考してみては。今回は広島です。

     各地区のドリームチームの中でも、広島の外野のレベルの高さは群を抜く。ミスター・赤ヘル山本浩二(廿日市)、世界の鉄人・金本知憲(広陵)、そしてトリプルスリー・柳田悠岐(広島商)と現役を含めて、各世代を代表する名手がそろっている。

     金本のプロ入団時の監督が山本だった。子供のころからの憧れ。「監督がスタメンに悩むことのない存在になりたい」というのが、フルイニング出場へのこだわりとなった。大差がついても、雨が降っても、骨にヒビが入っても、金本は試合に出続け、1492試合連続フルイニング出場の世界記録につながった。

     阪神でも03年、05年のリーグ優勝に貢献。「アニキ」としてファンに慕われた。00年にはトリプルスリーも記録。柳田もパMVPに輝いた15年にこの勲章を手にした。打力だけでなくスピード、肩を兼ね備えた外野陣だ。南海、松竹などで活躍した「神主打法」の岩本義行(広陵中)も50年に・319、39本塁打、34盗塁で初代のトリプルスリーを記録した外野手だ。

     日本記録の3085安打をマークした安打製造機・張本勲(松本商・浪華商)は45年8月に広島で被爆した体験を今も語っている。「物干し竿」と呼ばれた長尺バットで一世を風靡(ふうび)した藤村富美男(呉港中)は押しも押されもせぬ初代ミスタータイガース。チームが8球団中、6位に沈んだ49年には安打、本塁打、打点のシーズン記録を更新し、MVPに選ばれたほどだ。

     メンバーには入らなかったが、記しておかなければならない広島出身の野球人がいる。石本秀一(広島商)は監督として広商野球の礎を築いた後、プロ野球6球団で監督を務めた。戦前1936年には大阪タイガース2代目監督となり、打倒巨人の意識を浸透させ、今日の伝統の一戦に繋げた。50年には広島の初代監督にもなった。

     さらにタイガース創立時のメンバーで、いずれも広陵中出身の捕手・小川年安、遊撃・岡田宗芳、同じく巨人の初代メンバー田部武雄はそれぞれ召集され、戦死。認知度も低い職業野球に情熱を注ぎ、戦争に苦しんだ先人の思いを、危機に直面した今、思い起こしたい。

     さてメンバーは捕手・達川光男(広島商)、一塁・新井貴浩(広島工)、二塁・大下剛史(広島商)、遊撃・広岡達朗(呉三津田)で出そろった。エースはロッテで通算215勝したマサカリ投法の村田兆治(福山電波工)。現阪神投手コーチに福原忍(広陵)、現ヤクルト監督の高津臣吾(広島工)ら控えも多彩だ。

     監督として日本プロ野球最多の1773勝を誇る鶴岡一人(広島商)が、広島のじゃけえ軍団を率いる。「グラウンドには銭が落ちてる」と選手の目の色を変えてみせるはずだ。(鈴木 光)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00000012-spnannex-base

    CWknzjQUYAErCqq

     広島の菊池涼介内野手(29)とデイリースポーツ評論家で広島OBの新井貴浩氏(43)が、春季キャンプ特別対談に臨んだ。菊池涼は今キャンプを2軍からスタートさせ、若手の手本にもなってきた。チームリーダーとしての自覚をさらに強くして臨むシーズンについて語り合った。また、日の丸を背負って金メダルを目指す東京五輪についての思いも聞いた。=対談その1


      ◇  ◇

     新井貴浩氏(以下、新井)「昨年はポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦をした。広島残留の電話をもらったときは、うれしかった」

     菊池涼介内野手(以下、菊池涼)「最初はもやっとした部分がありました。でも、残ると決めて契約をするとなれば、そういう気持ちでサインするのは失礼。『また、お願いします』と言って契約しました。『行きたかった』っていうのはありません。残ったので、カープでやるという意志は固いです」

     新井「ファンは喜んでいると思う」

     菊池涼「両方の思いをした人がいると思います。(メジャーでのプレーを)見たかったという人も。残ると決めました。(ファンの人には)複雑な気持ちがあるかもしれないけど、普通に『頑張れ』と応援してほしい」

     新井「4連覇を逃した昨季は悔しいシーズンだった」

     菊池涼「3連覇していたときは良い時間、有意義な時間を過ごす事ができていたと思います。僕が若い頃は5位とかあった。優勝を逃して、CSにも出られない。4年ぶりにBクラスになると、こんなにさみしいんだと、あらためて思い知らされました。若い選手の中には、入団してから優勝の経験しかなくて、去年初めてBクラスを味わった人がいる。Bクラスはつまらないとか、さみしいなとか、そういう気持ちになったはず。僕は、それがこれからの野球人生を歩む上で良い経験になると思います」

     新井「佐々岡監督になって再スタートする」

     菊池涼「本当によくコミュニケーションを取ってもらっています。そういう意味では、ちゃんと選手の事を知ろうとされていて、それがすごく伝わる。やりやすいというか、僕たちも監督の意図が分かって野球ができるんじゃないかと思います」

     新井「佐々岡監督はキクが残留を決めたときにすごく喜んでいた。まだ去就が決まっていないときに食事をしたんだけど、キクがいるといないのでは全然、違うと言っていた」

     -菊池涼選手は今年のキャンプを2軍から始めた。

     新井「2軍は若い選手が多い。練習をしながら周りを見てアドバイスを送るとか、先に動いて行動で示してあげるとか。そういった意味でも大変だ」

     菊池涼「新井さんが帰ってきたときから(チームは)一気に変わった。そこからチョー(長野)さんが来た。自分も変わらないといけないタイミングがいっぱいありましたし、大変は大変ですけど、これは使命。やらないといけない。久しぶりに若い選手とやって、僕も元気をもらうところがあります。でも足りないところもたくさんある。僕がいろんな事に対して行動する事で、例えば打撃練習後の片付け。それをするんだと思ってもらえれば、それだけでいいです」

     新井「そういうのがすごく大事だよね。年齢を重ねると、当たり前の事を当たり前にやる事が難しくなる事がある。キクとかは影響力が強いから、みんなが背中を見ているからね」

     菊池涼「投げてもらっているし、手伝ってももらっている。早い段階で気が付いてもらえれば、もっとチームは良くなると思います」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000034-dal-base

     【新井さんが行く】スポニチ本紙評論家・新井貴浩氏(43)がプロ野球の春季キャンプを巡る「新井さんが行く~侍戦士の春」は東京五輪を控える侍ジャパン候補を中心に近況に迫る。

     誠也の凄みをより感じたのは、2打席目の方だ。フルカウントから左腕チェンのカット気味の内角球を中堅右深くまで打ち返した。強い逆風がなかったらフェンスに直撃するような当たりで、もしかしたら越えていた。

     見送っていれば、ボールかもしれない厳しいコース。昨季までなら詰まらされて内野フライになっていた。この中飛も詰まり気味。詰まっても、さらに押し込めた。バットを体の内側に入れ、ボールとバットの面が当たっている時間が感覚的に長くなったからできたことだ。練習での取り組みが実戦でも形になっている。本人も納得の凡打だったんじゃないかな。

     1打席目は外角を狙った唐川の球が真ん中付近に来たところを本塁打。中堅左という打球方向もいい。最初の対外試合で最初の球を一発で仕留めるのは素晴らしい。ただ、投手側からすれば失投だ。2打席目は違う。狙い通りにいった決め球。それをあそこまで打ち返されたら、バッテリーには恐怖感の方が強く残る。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-00000120-spnannex-base

    ◆ 練習試合で連日のマルチ安打と絶好調

     2月16日、他球団に先駆けて巨人とDeNAの対戦によりオープン戦がスタート。春季キャンプも中盤となり、練習試合も含めた実戦を通じて選手たちは仕上げに入っていく。そのなかで、堂林翔太選手(広島)の好調ぶりが目を引いた。

     2月16日の中日との練習試合では、5回二死満塁の場面で代打として登場。打者有利のカウント2-1とすると、阿知羅拓馬投手(中日)の真ん中に入った直球をとらえた打球は鋭く三遊間を抜け、左前適時打となった。

     また、9回の打席では、岡田俊哉投手(中日)のカットボールに詰まりながらも打球は三遊間を抜け、マルチ安打を記録。堂林は前日2月15日の阪神との練習試合でも二塁打2本を含む3安打猛打賞の大当たり。加えて好守も披露するなど最高の状態で実戦に入っており、首脳陣に猛アピールを続けている。

     堂林といえば、野球解説者・新井貴浩氏(元広島)を師とあおぎ、新井氏にとってオフの恒例だった護摩行を受け継いでいることも有名。その新井氏は、2月14日に広島のキャンプの視察に訪れている。本来はあくまで視察のためスーツ姿だった新井氏だが、身振り手ぶりを交えながら弟子の堂林に熱血打撃指導。この2日間の堂林の結果には、新井氏もよろこんでいることだろう。


    ◆ 自己ワーストの昨季を乗り越えて……

     もちろん、堂林に期待しているのは新井氏だけではない。華もあり、周囲の期待値も高いのだろう。堂林が打席に入ると、球場のファンからはひときわ大きな声援が飛ぶ。その堂林も気づけばプロ11年目。そろそろ尻に火がつく頃、あるいはもうついているといっていいかもしれない。

     まだチームが低迷していた2012年シーズンにおける堂林の活躍は鮮烈だった。その年、高卒プロ3年目だった堂林は、はじめて開幕を一軍で迎えると、全144試合に出場。リーグ最多の150三振を喫するなど打撃は荒削りながら、14本塁打をマークしてファンの心をがっちり摑んだ。

     ただ、その後の低迷はファンもよく知るところ。ここで、2012年以降の堂林の成績を振り返ってみたい。

    ▼ 堂林翔太2012~19年成績
    12年:144試合 打率.242 14本 45打点 5盗塁
    13年:105試合 打率.217 6本 41打点 10盗塁
    14年: 93試合 打率.246 8本 28打点 1盗塁
    15年: 33試合 打率.261 0本 3打点 1盗塁
    16年: 47試合 打率.250 2本 2打点 3盗塁
    17年: 44試合 打率.217 1本 11打点 0盗塁
    18年: 63試合 打率.216 0本 5打点 0盗塁
    19年: 28試合 打率.206 0本 2打点 0盗塁

     こうして振り返ってみると、昨季の堂林の成績は自己ワーストだったことがわかる。それこそ、今季が勝負のシーズンだということは本人がいちばんよくわかっているだろう。現在の好調を維持したままシーズン開幕を迎え、今季こそ鯉のプリンスの復活なるか――。新井氏も、そしてファンも期待している。


    文=清家茂樹(せいけ・しげき)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00218960-baseballk-base

     【新井さんが行く】スポニチ本紙評論家・新井貴浩氏(43)がプロ野球の春季キャンプを巡る「新井さんが行く~侍戦士の春」は東京五輪を控える侍ジャパン候補を中心に近況に迫る。

     キク(広島・菊池涼)の元気な顔を見ることができて良かった。入団以来初めて本隊を離れて2軍組に参加。調整を任されたこと、周りへ強い影響力を持つこと、その両方に対して責任感を持って取り組んでいる。若い子に交じって昔を思い出し、球拾いなども一緒にやっていた。若手の手本になる姿がうれしいね。

     メジャーで活躍するところを見たかったという人もいれば、カープに残ってくれて良かったと喜ぶ人もいる。キクの中では、もう完全に気持ちは切り替わっている。「カープのために頑張る」と。周りが気遣ってくれるのが逆に心苦しい、とも言っていた。

     侍ジャパンでも不可欠な存在と言っていい。稲葉監督がわざわざ2軍キャンプを訪ねてきたことからも期待と信頼の大きさが伝わる。代表歴が長く、初参加の選手がいれば、積極的にコミュニケーションを取るなど自分の立場を分かって行動することができる。現役最後の4年間は一緒にプレーし、昨季は外から見せてもらった。5年前と比べたら、選手として、人間としてスゴく成長している。うれしいね。

     今年のカープについては「キーマンは松山竜平」とのこと。「もっと、走れ!!」と。二塁手として守備範囲がとんでもなく広いので、一塁を守る時に「邪魔になるので、あまり出なくていいですよ」と言われたことが懐かしい。松っちゃんには「もっと出てこい」だって。

     宜野座では阪神・矢野監督にもあいさつできた。「楽しみしかない」と自信を持っていたのが印象的だった。確かに投打ともに若くて伸びしろのある選手は多い。昨季1年間で“常に前向きにやってほしい”という監督の思いがチーム内に浸透したと思う。みんな明るくやっていたね。近い将来、タイガースからも侍に選ばれるような選手が出てくることを楽しみにしたい。

     



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-00000041-spnannex-base

     スポニチ本紙評論家・新井貴浩氏(43)がプロ野球の春季キャンプを巡る「新井さんが行く~侍戦士の春」は東京五輪を控える侍ジャパン候補を中心に近況に迫る。1日は古巣・広島の天福球場を訪れ、赤ヘルだけでなく侍でも4番を有力視される鈴木誠也外野手(25)の打撃に進化を見た。

     いやあ~、凄かったね。誠也のバッティングは…。ビックリした。初日とは思えない力強いスイングだった。自主トレも順調だったんだろうね。充実ぶりが分かる。昨春と違って右足首の不安がない。何より強い責任感が伝わってきた。初日から全力でバットを振る姿を周りに見せていた。影響力が強い選手。チームを引っ張っていく自覚がにじみ出るフルスイングだった。

     変化が見えた。コンマ何秒の世界。バットの面とボールが当たっている時間が長くなったように感じた。誠也に聞いたら、「少し意識を変えています」と。トップをつくってから振り出したバットが常に体の近くを通るようになった。去年まではバットとボールが“ドン”と当たって“バーン”と飛んでいく感じ。インパクトの強さで打球を飛ばしていた。いまはボールを運ぶ感覚かな。

     打球の質も変わった。左中間への打球が以前のようにフックせず、フェードしている。左翼ポール際への打球も切れずに内側へ入ってくる。高度な技術だ。昨季でさえ打率・335、28本塁打の好成績。率も、本塁打も、もっと伸びる予感がする。凄みを感じるね。

     五輪では当然、4番候補。いや、もう4番で決まっている。誠也は言葉にはしないだろうけど、内に秘めた強い思いがあるはずだ。

     アツ(会沢)とはチーム全体の話をした。昨季まで選手会長で、やはり気配り目配りができる。昨秋のプレミア12。最初は先発投手に合わせた捕手起用が大会終盤になってアツが主戦になった。驚きはなかった。もともと、それだけの資質を持っていたから。

     周りの評価は“打てる捕手”だけど、それだけじゃない。投手とコミュニケーションを取るのがうまい。いいところを引き出そうという気持ちを持っている。そういう姿勢が投手陣に安心感を与え、代表でも認められたんじゃないかな。

     誠也が4番なら、アツは正捕手。それに沖縄で調整しているキク(菊池涼)もいる。3人が東京五輪でも侍を引っ張ってくれたら、広島OBとして誇らしい。自慢の弟たちだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00000134-spnannex-base

    このページのトップヘ