広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

     V3球団が目を覚ましてきた。

     広島は24日、中日戦に快勝。1週間前まで最下位に沈んでいた王者も、気付けばこの日で6連勝。勝率5割も目前(借金2)となった。

     開幕から低迷が続くと、精神的支柱としてチームを支えていた新井の穴がその原因といわれた。その後継者として奮闘するのがこの日、先制ソロ弾を放った会沢翼(31)だ。

    「打てる捕手」として打撃面も期待されているが、本人は「頭の中の9割が投手のことと配球のこと。バッティングは1割だけ」という。「野球の主役は投手」が持論で、投手陣の崩壊が叫ばれて久しいカープで、その責任を一身に背負ってきた。

     女房役として昨季の日本シリーズで敗れたソフトバンクとの“差”を自問自答。施設面、選手の年俸や待遇面……客観的に見ればキリがない。それでも突破口を開こうと、昨オフ、自身の契約更改の席で施設面の改善を要求。二軍球場の屋根設置や、マツダスタジアムのブルペンにテレビの増設など、選手から集約した細かい要望を提出した。

     2017年1月からは、新井が05年から続けている護摩行を始めた。試合後、お立ち台でこう言った。

    「一戦一戦、チーム一丸で優勝に向かって頑張っていきます」

     もちろんV4を諦める時期ではない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000018-nkgendai-base

     セ・リーグ3連覇中の広島が予想外の苦戦を続けている。

     14日のDeNA戦に敗れ、このカードも負け越し。開幕以来5カード連続の負け越しは球団ワースト、早くも「V率0%」と不吉なデータまでが取り上げられている。

     オープン戦は8勝4敗4分けで首位。迎えた開幕の巨人初戦では、大瀬良大地が巨人・菅野智之とのエース対決を制して盤石のすべり出しに見えた。ところが2戦目以降から様相が一変する。投手陣の崩壊に、貧打線に、守乱と、とても王者とは思えぬ戦いが続き、借金も膨れ上がっていった。

     4勝11敗。勝率は3割に届かず、首位を行くヤクルトからは6ゲーム差が15日現在の現実だ。チーム打率.212は両リーグワースト。同防御率4.09も阪神に次ぐリーグで5番目。加えてディフェンスの堅さで定評のあったチームがすでに18失策のていたらくでは希望を見出す方が難しい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00185636-baseballk-base

     元広島、阪神の金本知憲氏(51)と新井貴浩氏(42、ともにスポニチ本紙評論家)による初の師弟解説が20日放送のMBSテレビ「阪神―巨人戦」(後2・00)で実現する。昨季限りで20年間の現役生活を終え、第二の人生へ踏み出した弟分に「一肌脱ぎます」とする金本氏。中継は元巨人の本紙評論家・槙原寛己氏(55)も加わるトリプル態勢となる。

     2003年、広島から阪神にFA移籍した金本氏を追うように07年、同じくFA移籍した新井氏。2012年限りで現役引退した金本氏が本紙評論家に就任し、初仕事として翌年元日紙面の対談相手に選んだのが阪神の主砲・新井氏だった。

     「ヒマにしているヤツが新井しかいなかった」。対談冒頭、先制パンチを放つ金本氏に新井氏も「いやもう、リハビリ、リハビリで毎日忙しいんで」とカウンターを返して盛り上げた。

     17日放送の同局「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)は「誰からも愛された男 新井貴浩」と題し、新井氏の野球人生を特集。スタジオ出演した新井氏は金本氏との関係性を「兄弟みたい。僕がお兄ちゃんで金本さんが弟」と表現。アニキの弟っぽさを「ちょっかいを出してくるのはいつもカネさん」とし、遠征宿舎でチャイムを鳴らして走り去るピンポンダッシュや深夜3時にかけてくる内線電話を列挙した。

     その後の本紙取材では、金本氏の「一肌脱ぎます」発言に「うれしいです。ありがとうございます」と感謝しつつ「でも不安もあります」と真情を吐露。初の師弟解説を期待する声にも「怖いです」と苦笑いだった。実況は同局の金山泉アナウンサー(36)。放送は全国中継される。

     ≪2人の“説得力”期待≫初めて両者がそろい踏みする放送席ではどんな丁々発止が展開されるのか。共に名球会打者。金本氏は前監督、新井氏はプロ野球選手会会長経験があり、実績に裏打ちされた説得力が期待できそうだ。現役時代、一緒に試合中継を見た際は、試合展開や采配についてだけではなく、テクニカルな打撃論で熱く語り合ったという。「自分は楽しみですし、分かりやすくお伝えできれば」と新井氏は意気込みを語った。

    <金本―新井仲良し?アラカルト>  ★特製Tシャツ 06年1月の合同自主トレで、金本が前年本塁打王の新井に“浮かれるな”のメッセージを込め、ホームランキング…ならぬ「ホームラン天狗(てんぐ)Tシャツ」を着て始動。12年2月には「失策王 併殺打王 (とても小さな字で)打点王」とプリントされた「祝3冠王Tシャツ」を披露。いずれも自費制作。

     ★そろってメモリアル 08年4月12日、金本の通算2000安打到達の日に、新井も通算1000安打。そろってのお立ち台で感慨深げな新井を横に「ダブル達成?キモいっすね」。

     ★誰だ? 11年2月2日の沖縄・宜野座キャンプ、新井の真新しい白のアップシューズにウ○コマークの落書きが。満足そうなアニキを見て新井は報道陣に「知ってましたよ。ヒマなんでしょうね」とバッサリ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00000154-spnannex-base

    「昨年までとは違い、ベンチに覇気がない」

     ライバル球団のあるコーチが、広島についてこう指摘した。

     10日のヤクルト戦は3―15の大敗。これで4カード連続負け越しとなり、開幕11試合で3勝8敗と苦しんでいる。チーム総得点はリーグワーストの35。自慢の打線が低調である上に、菊池涼、田中の二遊間コンビを中心とした鉄壁の守備にもほころびが見え、この日だけで4失策。今季17失策はリーグ最多だ。貧打とザル守備が、ただでさえ脆弱な投手陣の足を思い切り引っ張っている。

     冒頭のコーチは、「中軸の丸が抜けた穴は確かに大きいと思う。3番に野間を入れたことで下位打線が弱くなり、1番田中、5番松山の不振も重なって、得点力不足は顕著に。守備も乱れ、広島が得意としていたミスに付け込む野球を逆にやられている。何よりここまでもたついているのは、新井(貴浩)がいなくなったことが影響しているのではないか」。

     広島は、チームの精神的支柱だった新井貴浩が昨季限りで現役を引退した。この“新井ロス”の影響について、さる広島OBは、「確かにある」と、こう続けるのだ。

    「新井さんは(鈴木)誠也、菊池涼ら主力に限らず、さまざまな選手にことあるごとにアドバイスを送り、食事にも連れていった。現役選手ならではの説得力があったし、人間性も慕われていた。昨年9月のDeNA戦、誠也が3三振していた試合でリリーフの三上を迎えると、新井さんはベンチで誠也を呼び、三上の得意球であるスライダー対策を伝えた。すると誠也は三塁打を打った。こういった類いの話は山ほどある。人一倍、声を出してムードを盛り上げてもいた。諦めない野球が徹底され、終盤に強い『逆転のカープ』がつくられた。新井不在を選手一人一人が埋めていくしかないが、選手たちも存在の大きさを身に染みて感じているそうです」

     新井氏が引退を決意した際、球団は再三にわたって慰留していた。「新井ロス」の代償はあまりにも大きい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000032-nkgendai-base

     プロ野球・阪神前監督の金本知憲氏(51)と、昨年限りで現役を引退した元広島の新井貴浩氏(42)の師弟コンビが、20日放送の「SAMURAI BASEBALL 阪神×巨人」(午後2時、TBS系)で初の揃い踏み解説を務めることが分かった。制作のMBSが8日、発表した。

     現役引退後、TBSの専属解説者に就任した新井氏は、先月30日の広島―巨人戦で公式戦解説デビュー。一方、金本氏は阪神の監督退任後、初解説となる。

     金本氏は、第2の人生を歩みだした弟分のために「ひと肌脱ぎます」とコメント。新井氏は「うれしいです。ありがとうございます。でも不安もあります。自分は楽しみですし、分かりやすくお伝えできれば」と意気込みを語った。

     MBS関係者は「昨年まで監督として阪神を指揮して巨人と戦ってきた金本さんの目線と、昨年まで現役選手として阪神・巨人と戦ってきた新井さんの視点の両方を視聴者に伝えることができれば」と2人に期待を込めた。

     元巨人の槙原寛己氏も加わり、トリプル解説で放送する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000031-tospoweb-base

     29日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、今年からスポニチ本紙評論家に加わった新井貴浩氏(42)はセの高卒新人内野手2人に注目した。

     広島・小園は最近まで高校生だったとは思えない。1軍に交じっても違和感を感じさせないこと自体が凄い。どう育てていくのか。うれしい悩みだと思う。新人の頃、当時ヘッドコーチだった大下剛史さんに言われた。「2軍の10打席より1軍の1打席の方が経験になる」。確かにそうだった。小園も1軍で少しでも多くの打席を経験させたい。

     一方で1軍に置くために三塁をやらせることには、あまり賛同できない。野村謙二郎さん、宮本慎也さん、鳥谷敬。遊撃で素晴らしい実績を築き、三塁へ転向した3人から聞いたことがある。「同じ方向を向いていても別物だ」と。球団も将来を見据えて遊撃手として育てていくと思う。

     中日・根尾にとっては不本意な春になったかもしれない。どう受け止めるか。故障したことも含めてキャンプからの日々を「今の自分にとっては必要なことだった」と前向きに捉え、肥やしにしてほしい。しっかりした考え方を持った若者だ。きっとできる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000109-spnannex-base

    <オープン戦:広島3-5オリックス>◇16日◇マツダスタジアム

    16日にマツダスタジアムで行われた広島-オリックス戦の試合後、昨季限りで現役を退いた新井貴浩氏(42)の引退セレモニーが行われた。


    試合前に続く催しで、ナイン、首脳陣、関係者に加え3万649人の観衆が見守った。新井氏のあいさつは以下の通り。

       ◇   ◇   ◇

    広島で生まれ、広島で育ち、小さな頃からの夢はカープの選手になることでした。アマチュア時代、たいした選手ではない私を、取って育ててくれた、カープ球団、そして、たくさんのすばらしい出会いのおかげで、この厳しいプロの世界で20年間もユニホームを着させていただきました。ユニホームを脱いで数カ月たちますが、うれしかったこと、楽しかったことより、苦しかったこと、悔しかったことのほうがはるかに多い野球人生でした。ですが最後は3連覇させてもらい、そして、日本シリーズという最高の舞台でユニホームを脱がせていただけたのは、今ベンチ前にいる、弟のようにかわいい後輩たちのおかげです。本当にみんな、ありがとう。彼らは今シーズンも、みなさんを大いに楽しませ、また、喜ばせてくれると思います。私もいま1度、カープファンに戻り、みなさんと一緒になって、かわいい後輩たちを応援していきたいと思います。

    最後になりますが、私の野球人生、無駄なことは何ひとつありませんでした。今思うと、すばらしい野球人生でした。7年間お世話になったタイガース球団、ならびにタイガースファンのみなさま、ありがとうございました。

    選手会長時代、いつも選手会の支援をしてくれ、また、背中を押してくれたプロ野球ファンのみなさま、ありがとうございました。

    そして最後に13年間、お世話になったカープ球団、、ならびにカープファンのみなさま、たくさん、怒らせ、たくさん、悲しませたのに、こんなにたくさん、応援していただき、ただ、ただ、ありがとうございました。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-03160437-nksports-base

     16日に行われた新井貴浩氏の引退セレモニーで、黒田博樹氏がサプライズ登場した。

     黒田氏は元広島監督の山本浩二氏とともに試合前のセレモニーに登場し「大飛躍(ジャンプ)銅像」と名付けられた記念品を贈呈した。現役時代の新井氏が、仲間のサヨナラ安打に喜んでジャンプした姿をモチーフにした銅像で、黒田氏は「40歳を超えて、無意識にこのジャンプができるのは新井しかいない」と笑った。



     事前に告知されていなかったこのサプライズ贈呈式について、黒田氏は「球団の人から話がきて、口止めされていたので2週間ぐらい前に(新井氏と)食事をした時も、何も言えなかった。今日も球場に来て隔離されていたので、本人も気づいていなかったと思う」と打ち明けた。銅像については「自分のヒットでもないのに、あそこまで喜べる。チームに対しての気持ちを象徴していると思うし、それで3連覇の源になっていたはず」と説明した。

     15年にともにチームに復帰し、翌年にはチーム25年ぶりの優勝を果たした盟友について「復帰した時はゼロか、もしかしたらマイナスからのスタートだったかもしれないのに、ここまで評価を変えられたのは彼の力」と称賛した黒田氏は「20年間やってきた彼の野球人生を示した像。玄関に飾ってくれるでしょう」と、最後は笑いをとっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00320199-fullcount-base

     赤ヘルのニューヒーローが周囲の万全サポートを受けてコイのレギュラー奪取に挑む――。広島・長野久義外野手(34)が26日、新天地でのキャンプを無事完走した。今後はいよいよ広島を拠点とした日々が始まるが、チームメートや愛妻のフォローで新生活の準備は万端。また球団は遠征の際も“新井さん待遇”で背番号5をバックアップすることになった。

     連日フィーバーに沸いた広島のキャンプもこの日が最終日。衝撃の移籍で一躍“時の人”となった長野も赤いユニホーム姿がずいぶん板についてきた。「自分ではまだまだ見慣れないですね」と言うものの、グラウンド上でチームメートと談笑する様子は以前から在籍していた選手のよう。手締めを終えると「ケガなくできたので良かった。楽しくやっています」と白い歯を見せた。

     緒方監督は長野について「順調にきているんじゃない? まだ守備には就いていないが、ある程度メドは立てているし、ここからでしょう」と期待を寄せている。ただ、実績十分のベテランも層の厚い王者チームの中ではポジションを約束されているわけではない。長野はチームに溶け込めたかとの問いに「シーズンが始まってチームに貢献できれば、チームメートもそう思ってくれると思います」と応じ「オープン戦で結果を残して、開幕戦に出られるようにしたいです」と力強く意気込んだ。

     若い選手たちに比べれば練習量こそセーブしているが、ハートは誰よりも燃え盛っている。百戦錬磨のベテランだけに、開幕までにはきっちり仕上げるはずだ。心配があるとすれば広島を拠点とした生活が本格スタートすることだが、こちらも準備は万端のようだ。

     長野がキャンプでチームを離れられない間に、新生活の準備を進めたのは、さやか夫人。テレビ朝日のアナウンサー業で多忙な中、夫を支えるために単身広島入りして家探しに奔走した。関係者によれば、すでに夫妻の希望に沿う「セキュリティー万全」の新居が見つかったという。

     遠征の際は球団も強力サポートする。「長野のストレスを少しでも軽減したい」と関東遠征の際はチーム宿舎ではなく、自宅からの通勤を認める方針。これは昨季限りで引退したあのOBと同じ待遇だ。球団スタッフは「甲子園の阪神戦は新井さんも神戸の自宅から通っていましたからね。奥さまもいますし、長野も自分の家から通う方がリラックスできるでしょう」と話した。

     キャンプでは抑えていた実戦の左翼守備も間もなく本格解禁される見込み。3月2日には地元・佐賀で西武とのオープン戦が控え、さらに翌週はマツダスタジアムで古巣巨人との2連戦(5、6日)と注目試合が続く。年下のライバルたちを抑え、赤ヘルの背番号5は開幕戦のグラウンドに立てるか――。新天地を舞台に勝負の1か月が幕を開ける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000008-tospoweb-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     巨人にFA移籍し、大ブーイングを覚悟していた丸を、まさかの拍手と歓声で迎えたマツダスタジアムの赤ヘルファン。次は“新井さん”の引退セレモニーでどんなサプライズが飛び出すか、興味津々だ。

     5日の広島-巨人戦の観客2万2572人は、平日のオープン戦ではマツダスタジアム開場以来最多記録。丸を迎える赤ヘルファンの天井知らずの関心度の高さがわかるが、意表を突いた拍手喝采とは粋な反応だった。

     地元の赤ヘルファンとすれば、その巨人との開幕3連戦の前にもう一つ“祭り”が待っている。16日のオリックス戦(マツダ)での新井貴浩氏(42)の引退セレモニーだ。老若男女を問わず一番人気のあった“新井さん”が始球式を務め、試合後にスピーチもするというのだから、ファンが狂喜し想像を絶するサプライズが飛び出してもおかしくない。

     なにしろ昨年のソフトバンクとの日本シリーズの最中、「引退撤回! 今なら間に合う新井さん」という大きな横断幕がマツダスタジアムに張られたほど。そして「代打・新井」が場内放送され、ベンチから出てくるだけでスタンドの盛り上がりは最高潮に達した。

     最強のチームリーダーと再会する赤ヘルファンの反応が、今から楽しみなような怖いような…。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000003-ykf-spo

    このページのトップヘ