広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    試合結果

     ◇セ・リーグ 広島6―5ヤクルト(2017年8月20日 マツダ)

     広島が8回に4点差を追いついて、最後はエルドレッドの適時打でヤクルトに延長10回サヨナラ勝ち。セ・リーグ連覇へ向けた優勝マジックを1つ減らして「24」とした。


     広島は4回、松山が右翼スタンドへ8号ソロを放って先制。だが、先発の岡田が5回、バレンティンに右翼ポール直撃の26号満塁アーチを浴びて逆転されると、7回には山崎にスクイズを決められて1―5と4点のビハインドを負った。

     だが、8回、1死一塁から丸がバックスクリーンへ19号2ランを放って2点差に追い上げると、鈴木の左前打の後で松山が右翼スタンドへ起死回生の9号同点2ラン。そして5―5で突入した延長10回、1死から鈴木が左翼線二塁打を放ち、2死二塁としてからエルドレッドが中越えの安打でサヨナラ打を放った。

     最下位のヤクルトは敵地で首位を相手に試合を優位に進めたが、力尽きた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000138-spnannex-base

    <広島0-5ヤクルト>◇19日◇マツダスタジアム

     広島は先発小川らヤクルト投手陣の前に5安打に抑えられ、今季7度目の0封負けを喫した。先発薮田は6回に押し出しで先制点を許すと、7回にも1死満塁のピンチを招いて降板。代わった中田が山田に満塁弾を浴びた。敗れた緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。


     -ヤクルト先発小川を攻略できなかった

     緒方監督 前回もなかなか点が取れなかったし、今回もチャンスはあったけど点が入らなかった。

     -先発薮田は中盤、踏ん張れなかった

     緒方監督 スピード的には出てたけど、イニングの入りでワインドアップのバランスが悪かった。引っかけたような投球で、前回みたいにコントロールし切れていなかったところが見えた。ツーシーム系にしても、もう1つ空振りを取れるような球じゃなかったのは前回との違い。

     -7回1死満塁で継投

     緒方監督 もちろん投げさせるときは投げさせる。今日はここらへんがいっぱいかなというところで判断させてもらった。(中田)廉には厳しいところの場面だったし、打たれたのは廉の責任どうのこうのじゃない。こっちがそういうタイミングで継投して、最悪の結果になったので、自分の継投ミスというか、自分の責任。また切り替えて明日から頑張ります。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-01874742-nksports-base

    <広島1-0ヤクルト>◇18日◇マツダスタジアム

     序盤は投手戦となる。広島先発中村祐は3回4安打ながら無失点、ヤクルト先発ブキャナンは3回まで無安打無失点に抑える。

     広島は5回に菊池が13号ソロを放ち、先制する。先発の中村祐は6回5安打無失点とヤクルト打線を抑え、7回から継投に入った。

     広島は継投で逃げ切り、優勝へのマジックが25に減った。先発中村祐は4勝目。今村は23セーブ目。ヤクルト・ブキャナンは10敗目となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-01873860-nksports-base

    <阪神5-4広島>◇17日◇京セラドーム大阪

     広島は中盤に3点差を追い付くも、同点の9回に4番手中田が1死満塁から福留に犠飛を打たれ、サヨナラ負けを喫した。10日中日戦(ナゴヤドーム)以来、今季4度目のサヨナラ負けで連勝は4で止まり、マジックは26のまま。緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。



     -一時は同点に追い付いた。

     緒方監督 本当にいい攻撃をしてくれた。

     -先発福井は四球から失点。

     緒方監督 先頭に四球を出すと失点につながる。反省して欲しい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-01873701-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島4―1巨人(2017年8月13日 マツダ)

     首位・広島は投打がかみ合い、巨人に4―1で連勝を飾った。

     初回、今季初先発の今村から4安打を集中し、3点を先制。5回にも代わった中川から松山の併殺打の間に1点を追加した。

     先発の岡田は初回、先頭の陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)に中越え3塁打を許したものの、後続を抑えて無失点で切り抜けた。結局、6回を4安打1失点で薮田に並ぶチームトップタイの11勝目(4敗)を挙げた。チームのマジック再点灯は最短で15日。

     巨人は今季初先発の今村が4回を7安打3失点で2敗目。通算200安打に王手をかけていた阿部は9回に広島の今村から右前打を放ち、大台に到達した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000136-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島1―0巨人(2017年8月12日 マツダ)

     広島の薮田が12日の巨人戦に先発登板。自身初の完封勝利で菅野との投げ合いを制して11勝目(2敗)を挙げた。広島の連敗は3でストップ。

     薮田は150キロを超える直球を中心に巨人打線を手玉に取った。9回を投げて与四死球は4ながら、被安打は3本のみで無失点の内容だった。

     打線は巨人・先発の菅野に苦しめられたが、6番・西川が2回に値千金の3号ソロ。自身5月4日の中日戦以来となる一発で両チーム唯一の得点を叩きだした。

     一方の巨人は菅野が7回1失点と好投を見せたが援護なく5敗目。今季7度目の3連勝とはならなかった。通算2000本安打まであと2本と迫っていた阿部は1安打で大記録へ王手をかけた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000150-spnannex-base

    ◆中日6x―5広島(10日・ナゴヤドーム)

     今季3度目のサヨナラ負けで、マジック再点灯はお預けとなった。

     過去2試合で2得点だった打線が初回から中日の先発・八木を攻めて、2回までに5得点。しかし先発・九里がこのリードを守れなかった。5回まで毎回、先頭打者を出して、5回途中5失点。打線も3回以降は追加点を奪えず、最後は守護神・今村が大島にサヨナラタイムリーを浴びた。

     九里は「ゲームを作ることができなかった」とがっくり。緒方監督は「次回(先発)はまだわからない」と厳しい表情だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000254-sph-base

    このページのトップヘ