広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    試合結果

     ◇セ・リーグ 広島6―4阪神(2018年8月15日 京セラD)

     球団初となる3連覇へ、広島の優勝マジック「32」がついに点灯した。マジック対象チーム阪神との直接対決に6―4で勝利を収め、60勝にセ・リーグ一番乗り。今月2日の初挑戦から足かけ2週間に及ぶ“7度目の正直”でようやく優勝マジックを点灯させた。3年連続のマジック点灯は球団史上初。


     広島は3回、1死一塁から丸の右中間二塁打で1点を先制。続く鈴木は左翼スタンド中段へ22号2ランを放ち3点リードを奪った。1点差に詰められた直後の4回には2死満塁から丸が押し出し四球を選んで1点追加。6回には1死一、二塁から丸がこの試合3打点目となる左越え二塁打を放って1点を加えると、7回には会沢が4年ぶり2桁本塁打となる左越え10号ソロを放って貴重な追加点を挙げた。先発の九里は5回で7安打を許しながらも8三振を奪う力投を見せ、今季6勝目(3敗)。

     阪神は先発の才木が3連続を含む5四死球の乱調で、3回2/3を4失点降板。打線は3点先取された直後の3回、1死二、三塁から糸井の左前適時打とロサリオの中犠飛で2点を返し、なおも2死一、三塁と同点機が続いたが鳥谷が空振り三振、2点を追う4回には2死二、三塁で伊藤隼が空振り三振に終わった。5回から7回までは1人の走者も出せず。9回に中崎を攻め2点を返したが及ばず。自力優勝の可能性が消滅した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000158-spnannex-base

    ● 広島 4 - 8 巨人 ○
    <19回戦・マツダ>

     6月18日の日本ハム戦以来の先発となった広島・福井優也が、5回途中6失点で今季3敗目を喫した。

     福井は初回先頭の重信慎之介に二塁打、一死後、マギーに犠飛を打たれ先制点を許してしまう。2回も陽岱鋼に被弾。3回と4回も走者を出したが、なんとか無失点で切り抜ける。0-2の5回、先頭の重信慎之介に三塁打を浴びると、4連打で2失点。福井は岡本和真に適時打を浴びたところで、マウンドを降りた。

     後を受けた飯田哲矢も、亀井善行に適時打、投手・今村信貴に押し出し四球で2失点と、この回だけで4点を失い試合が決まってしまった。福井は4回0/3を投げて、7安打、5奪三振、3四死球、6失点。久々の先発も、役割を果たすことができなかった。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は「福井は内容のある負け投手だったら、もう一回使おうという気持ちになるんですけど、今日の内容だとチャンスを与えられないんじゃないかな。他のピッチャーを探すんじゃないかなという気がするんですよね」と厳しかった。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00162444-baseballk-base

    ■広島 2-2 巨人(11日・マツダスタジアム)

     11日にマツダスタジアムで行われた広島対巨人戦は、延長12回、決着がつかず2-2で引き分けた。

     先発の大瀬良大地が7回2死まで巨人打線をノーヒットに抑える快投を見せたが、岡本和真の二塁打で記録が途切れた後、8回に2本の二塁打で1失点して降板した。1点リードで迎えた9回は、クローザーの中崎翔太が登板したが、2死から陽岱鋼にソロ本塁打を浴びて同点。延長戦でも決着がつかず、4時間44分の激戦は引き分けに終わった。緒方監督は「勝ちきれなかったのは悔しいが、負けなかったことは大きい」と落胆した様子はなかった。

     13勝目を目前で逃した大瀬良は「(ノーヒットノーランは)全く考えていなかった。イソ(磯村)がうまくリードしてくれてしっかり抑えられたが、最後に投げきることができなかったことは反省点」と、8回途中での降板を悔やんだ。それでも緒方監督は「状態はあまり良さそうではなかったけど、尻上がりでノーヒットを続けた。いいピッチングをしてくれた」と、8回途中1失点のエースを讃えた。

     勝利目前の土壇場で中崎が打たれたが、延長戦では今村猛、一岡竜司、アドゥワ誠が巨人に得点を許さなかった。指揮官が「最後までしっかり粘ってくれた」と言うリリーフ陣の踏ん張りで、昨年8月から続くマツダスタジアムでの巨人戦の不敗神話を守った。

     阪神が勝利し、この日もマジック点灯はならなかったが、2位とのゲーム差は変わらず、勝ちに等しい引き分けとなった。緒方監督は「連戦が続いて厳しい中でみんな頑張ってくれている」と選手を労い、「6連戦の最後の明日も、またしっかり戦うだけ」と、その姿勢は変わることがなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00178011-fullcount-base

     「広島9-3巨人」(10日、マツダスタジアム)

     広島は6連勝。阪神が勝ったためマジック点灯はお預けとなったが、今季最多の貯金を22に更新した。


     一回、鈴木の19号2ランで先制。四回には松山、西川が連続適時打。六回には再び西川が左翼線へ適時打を放った。

     七回には鈴木がこの試合2本目となる20号2ラン。八回は田中の9号2ランでダメ押した。

     先発の野村が七回途中3失点で、6勝目。4番手今村の好リリーフも光り、八回無死満塁のピンチを無失点で抑えた。

     巨人は四回に岡本の21号ソロ、七回に代打亀井の2点二塁打で反撃したが、八回無死満塁で痛恨の無得点に終わった。先発メルセデスが来日初黒星を喫し、マツダスタジアムで屈辱の13連敗。首位・広島との差は、96年の“メークドラマ”を超える12・5ゲームに開いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000146-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2018年8月9日 マツダ)

     広島が延長戦の末、中日に3―2で今季5度目のサヨナラ勝ちを収めて5連勝。貯金を今季最多の21とした。中日は5連敗。

     広島は2点を先制された直後の2回、2死二塁から田中の左前適時打で1点を返し、4回には野間、会沢、西川の3連打で同点。2―2で延長戦に突入した。そして迎えた延長11回。1死から代打・新井がしぶとく右前へ運ぶと、代走・上本が二塁盗塁を決め、田中は四球で歩いて1死一、二塁。ここで打席に入った菊池が右前にサヨナラ打を放った。

     中日は2回に福田の右翼への二塁打と松井雅の中犠飛で2点を先取したが、最後は6番手・ロドリゲスが力尽きた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000140-spnannex-base

     「広島7-5中日」(8日、マツダスタジアム)

     広島が今季6度目の4連勝。貯金を今季最多の20とし、2位・巨人との10・5ゲーム差をキープした。守護神の中崎が節目の100セーブを飾った。


     同点に追いつかれた七回、会沢が決勝の右前適時打。八回には丸の適時二塁打で1点を加えた。

     広島の貯金20到達は3年連続となった。この日が95試合目。優勝した過去2シーズンと比較すると16年が86試合目、17年は73試合目で、最も遅い。それでも2位以下の5チームが借金生活のなか、圧倒的な強さを示している。

     中日は4連敗。先発の小熊が六回途中5失点と粘りきれず。七回、4番手のロドリゲスが決勝打を浴び、2敗目を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000160-dal-base

    <広島6-2中日>◇7日◇マツダスタジアム

     広島は1回に丸から3者連続適時打で3点先制。2回は菊池の適時打で4点目。3回は鈴木が右越え18号ソロでさらに引き離した。

     中日は5回に反撃。四球と安打で無死一、三塁から福田の二ゴロの間に1点を返した。広島が4点リードで終盤に入った。

     7回に両軍1点ずつを奪い合ったが、広島が8回から継投で逃げ切って3連勝。ジョンソンは7連勝で9勝目。中日は3連敗。ガルシアが6敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00292207-nksports-base

    ■広島 6-5 DeNA(5日・横浜)

     広島が連勝で貯金を今季最多の18に戻した。5日、敵地・横浜スタジアムで行われたDeNA戦。9回に守護神・中崎が抑えに失敗し、延長にもつれ込んだが、延長10回に代打西川の併殺崩れの間に決勝点を挙げた。



     広島は2回にバティスタの適時二塁打で先制。3回には菊池が11号ソロ、鈴木が17号ソロを放ってリードを広げた。5回に2番手アドゥワがつかまり同点とされたが、6回に安部が勝ち越しの4号ソロを放ち、再びリードを奪った。

     2点リードの9回に守護神中崎がピンチを招き、ソトの犠飛、ロペスの適時二塁打を浴びて同点とされ、試合は延長戦に突入した。それでも広島は会沢、安部の連打で一、三塁とし、西川の二ゴロが併殺崩れとなる間に三塁走者が生還。このリードを高橋樹が守った。

     DeNAは最下位脱出に失敗。先発の今永が5回7安打3失点で降板すると、2番手の藤岡が同点の6回にソロを被弾。9回に2点を奪って延長戦まで持ち込んだが、延長10回に守護神山崎が併殺崩れの間に決勝点を奪われた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00172881-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島4―2DeNA(2018年8月4日 横浜)

     広島が4―2でDeNAを下して連敗を2で止め、緒方監督に広島の監督としては6人目となる通算300勝目をプレゼントした。先発投手の大瀬良は8回5安打1失点好投でリーグ単独トップの12勝目(5敗)。防御率も2・43とし、ガルシア(中日)の2・48を抜いてリーグトップに立った。



     広島は初回、丸の2試合連発となる24号2ランで先制。2回には、2016年10月1日以来672日ぶりに先発2番を外れ自身初の8番に入った菊池が無死二塁から9打席ぶり安打となる左前適時打を放つと、田中も中前適時打で続いて2回までに4点をリード。投げては先発の大瀬良が8回を無四球、8三振を奪う力投を見せ、最終回は守護神・中崎がDeNAの反撃を1点に抑えた。

     DeNAは先発投手の京山が初回の丸の2ランを含む6安打を浴びて2回までに4点を失い、結局5回を9安打4失点。4点を追う2回には宮崎に2試合連発となる18号ソロが飛び出したが、3回から8回まで1度も二塁を踏めず。9回、宮崎の中前適時打で1点を返したが、延長戦の末にサヨナラ勝ちした前夜の再現とはいかなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000144-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島4―10ヤクルト(2018年8月2日 神宮)

     広島が3―10でヤクルトに敗れ、球団史上最速の優勝マジック点灯はお預けとなった。

     先発投手の右腕・岡田が初回に1番から5者連続安打され、バレンティンのバックスクリーンへの26号3ランなどで4失点。4回までヤクルトの先発右腕・原に1人の走者も出せなかった打線は7回に安部の右前適時打で1点を返したが、7回に2番手の薮田が山田哲に25号2ラン、雄平に4号2ランを浴びて1―8。8回に代打・メヒアが弾丸ライナーで左翼スタンドに飛び込む1号2ランを放ったが、及ばなかった。

     ヤクルトは負ければ自力優勝の可能性が消滅する土俵際で連敗を3でストップ。山田哲、バレンティン、雄平とクリーンアップが本塁打そろい踏みし、山田哲は1本塁打を含む3安打3打点で11試合連続打点と記録を伸ばした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000148-spnannex-base

    このページのトップヘ