広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    試合結果

     セ・リーグ首位の広島は27日、敵地でDeNAに4-3で逆転勝ちした。1点を追う7回に代打・新井が逆転タイムリー。先発・野村は6回6安打3失点の粘投で4勝目(2敗)を挙げた。2位阪神が敗れたため、ゲーム差は「6」に広がった。

     まずは初回、DeNAロペスが野村から先制弾。先制に成功するも、広島は2回にDeNA先発・濱口から田中が押し出し四球を選んで同点。さらに、3回は安部が勝ち越しタイムリーを放った。

     しかし、DeNAはその裏にロペスがセカンドへタイムリー内野安打。同点に追いつくと、6回には筒香のソロ本塁打で勝ち越した。

     3連勝中のルーキー濱口は6回7安打7四球ながら2失点の粘投で降板。7回はパットンがマウンドに上がったが、広島は2死二、三塁のチャンスを作る。ここで代打・新井が逆転タイムリーツーベース。広島が試合をひっくり返した。新井はこれで3501塁打として、史上28人目の3500塁打を達成。「打撃の神様」川上哲治氏(3500塁打)を超え、歴代27位に浮上した。

     広島は7回を中田、8回を中崎、9回は今村とつないで1点のリードを死守。3連勝を飾り、貯金19とした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00010023-fullcount-base

     広島が25日の本拠地阪神戦で5-0と完封勝ちし、2連勝をマーク。貯金を今季最多の「18」とした。先発の大瀬良が7回8安打無失点の力投で5勝目を挙げた。

     初回、阪神先発の岩貞に対して鈴木のタイムリーで先制した広島は4回に田中のタイムリー、菊池の5号2ランで3点を加点。8回には代打・松山の犠飛でダメ押しの5点目を挙げた。

     大瀬良は毎回ランナーを背負う中でも要所を締めて無失点投球。8回は中崎、9回は今村とつないで完封リレーを見せた。

     阪神は広島を上回る8安打を放ちながら無得点で4連敗。岩貞は5敗目を喫し、広島とのゲーム差は「5」に広がった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00010017-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島13―3阪神(2017年6月23日 マツダ)

    セ・リーグ首位の広島は5回の1イニングだけで3本塁打が飛び出すなど17安打13得点と打線が爆発。2位・阪神との3連戦初戦に13―3で圧勝した。

     広島は初回、田中、菊池、丸の3連打で1点を先制し、さらに鈴木、松山と2つの犠飛で追加点を挙げ3点をリード。3回には1点を返されたが、すかさずその裏には田中、菊池の連打などで1死一、三塁としてから鈴木の右前適時打と松山の犠飛で2点を追加し、5―1と4点差をつけた。

     圧巻だったのは5回。この回から登板した阪神2番手・柳瀬から先頭の菊池が右前打で出塁すると、続く丸が右翼スタンドへ13号2ラン。さらに1死から二塁打の松山を塁に置いてエルドレッドが左翼スタンドへ17号2ラン。さらに安部の二塁打と2つの四球で2死満塁とすると、この回2度目の打席となった10人目の菊池がバックスクリーンへ4号満塁アーチを叩き込み、この回一挙8得点の猛攻で試合を決めた。

     阪神は12点を追う8回、この回から登板した2番手・加藤から四球、安打、四球で無死満塁のチャンスを築き、ここで代わった3番手・九里から原口の犠飛などで2点を返したが、大量失点が響いた。

     広島の先発・ジャクソンは7回で9安打されながらも1失点に抑えて今季2勝目をマークしている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000169-spnannex-base

     「交流戦、広島4-7ソフトバンク」(18日、マツダスタジアム)

     広島の先発・中村祐は1回2/3を5安打4失点で、プロ初黒星を喫した。

     勝ちか引き分けで交流戦勝率1位が決定する大一番の先発を託されたが、先発の役割を果たせなかった。

     「力不足です。力みもありました。この悔しさをバネにしたい」と悔しさをにじませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000123-dal-base

     (セ・パ交流戦、広島3-2ソフトバンク、2回戦、1勝1敗、17日、マツダ)広島がソフトバンクに逆転勝ち。交流戦の勝率単独1位となり、18日にソフトバンク戦に臨む。

     広島は一回、ソフトバンク・今宮に先制本塁打、四回に松田に適時打を浴び0-2とリードされた。それでも、四回裏の攻撃でエルドレッドが同点2点打。八回には3番・丸の12号ソロで勝ち越した。

     九回には、3番手・今村が二死二、三塁とピンチを招くも、最後は今宮を三ゴロに仕留め試合終了。八回に登板した2番手・中崎が今季2勝目となった。

     お立ち台に上がった丸は大歓声に「サイコーです!」とシャウト。八回のソロ本塁打は、相手投手が岩崎に代わった直後だった。そのことについては「甘い球はどんどんいこうと。初球から甘い球を1スイングで捉えられた」と振り返った。

     2日間で4本塁打の活躍。「なかなかこんな機会はないと思うので、勘違いせず今後もきっちりやっていきたい」と謙虚なコメント。18日に交流戦勝率1位をかけた試合に向け、丸は「チームの目標として、まず交流戦を優勝する、という一番身近な目標をたてているので、まずあした、そこに向けて勝ちたいと思います」と力強く語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000543-sanspo-base

     ◇交流戦 広島3―5ソフトバンク(2017年6月16日 マツダ)

     広島・丸がチーム史上6度目の3打席連続本塁打。過去には65年に興津、90年にアレン、94年と98年に江藤、12年にニックが記録しているが、ソロ3連発はチーム史上初だ。

     また、3打席連続本塁打が飛び出した6試合のうち、広島が勝利したのは興津がチーム史上初の3連発を記録した65年の巨人戦(兼六園)のみ。それ以外の試合はいずれも敗れており、広島は自軍選手が3打席連続本塁打を放った試合で5連敗となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000155-spnannex-base

     「交流戦、広島7-2オリックス」(15日、マツダスタジアム)

     広島が快勝し、15年から続いているオリックス戦の連勝が9に伸びた。

     初回、丸の2点適時打、安部の1号などで5点を先制。3点差で迎えた六回にもエルドレッドの16号ソロで加点。

     先発の岡田は6回7安打2失点で7勝目(2敗)を挙げた。

     オリックスはディクソンが立ち上がりの大量失点が響いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000109-dal-base

     ○広島7-6オリックス●(マツダスタジアム・14日)

     広島が今季3度目のサヨナラ勝ちで交流戦単独首位に。投手陣が踏ん張れず最大5点差を一度は追い付かれたが、延長十二回に鈴木がソロで決着をつけた。オリックスはロメロの2打席連続本塁打などで粘りを見せたが、力尽きた。

     広島・緒方監督 4番が最後に仕事をしてくれた。攻撃はいい形ができていた。中継ぎ陣は疲れが出ているよう。(八回に同点3ランを浴びた)ジャクソンはスライダーの精度が落ちていて気になるが、その後はみんな、いいボールを投げてくれた。

     オリックス・福良監督 よく追い付いたんですけどね。(広島戦は15年から8連敗)明日、何としても取らないと。やられっぱなしでは。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000109-mai-base

     ◇交流戦 広島1―0オリックス(2017年6月13日 三次)

     広島先発の薮田が8回無失点の好投でオリックス・金子との投手戦を制し、交流戦3連勝で今季6勝目(1敗)を挙げた。

     薮田は8回までに11個の三振を奪うなど圧巻の投球。150キロを超えるストレートとツーシームのコンビネーションでオリックス打線を翻弄した。8回115球を投げて被安打3、11奪三振、2与四球の内容だった。

     打線はオリックス先発の金子に苦しんだが、8回に西野の失策で走者を出すと、代打石原が犠打で得点圏に走者を進め1番田中の右翼線への適時二塁打で1点を先制した。

     広島は連敗を2で止めセリーグ首位を堅持した。オリックス戦は15年から7連勝。2番手今村が12セーブ目を挙げた。一方のオリックスは2戦連続の零封負け。先発の金子が8回1失点(自責0)の力投も4敗目(6勝)を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000143-spnannex-base

    このページのトップヘ