広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    勝利

    ■広島 7-3 阪神(21日・マツダスタジアム)

     広島は21日、本拠地で行われた阪神戦に7-3で勝利し、優勝マジックを3とした。前日に続き、雨天の中での試合となったが、7回に逆転に成功すると、8回に新井が右翼へタイムリー三塁打を運び、勝利を確かなものとした。


     先発マウンドに上がった野村は、3回に大山と陽川のタイムリーで3点を先制されたが、その後は粘って5回3失点で降板。後を託されたアドゥワ、一岡、フランスア、中崎が走者を背負いながらも無失点リレーでつないだ。

     打線は、阪神の先発・小野に4回まで無得点に抑えられていたが、5回に田中の右犠飛などで2点を返すと、7回には鈴木の左前タイムリーで同点。さらに松山の打球を途中出場の植田がトンネルし、逆転に成功する。8回にも新井のタイムリー三塁打、菊池の2点タイムリーなどで3点を加え、突き放した。

     この日は2位ヤクルトが試合がなかったため、広島は優勝マジックを1減らして「3」とした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00209745-fullcount-base

     「ヤクルト2-4広島」(16日、神宮球場)

     広島が2位ヤクルトに競り勝ち、優勝へのマジックを2つ減らして「4」とした。最短Vは21日。

     初回、先頭の野間が敵失で出塁するなど1死一、三塁とすると、鈴木の右翼への飛球を雄平が落球。三走・野間が生還して先制に成功した(記録は右犠飛)。

     その後1死一、二塁で打席にはバティスタ。カウント1-2から高橋の4球目、146キロ直球を仕留めた。バックスクリーンへ飛び込む24号3ラン。「追い込まれていたので、ノーステップでコンパクトスイングしました」と会心の一打を振り返った。

     投げては先発の岡田が6回を4安打2失点と好投し、8勝目をマーク。その後は一岡、フランスア、中崎が無失点でつなぎ逃げ切った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000140-dal-base

    <広島4-0DeNA>◇13日◇マツダスタジアム

    広島は2回に松山が先制の12号ソロ。3回に鈴木の29号2ランと田中の適時打で3点追加。DeNAは3回まで3安打も無得点。


    中盤は締まった展開。広島先発野村はコーナーワークがさえ6回まで無失点。DeNAも中継ぎが3回から3イニングを無失点。

    広島は7回から継投で逃げ切り、2連勝で3カードぶり勝ち越し。6回無失点の野村は7勝目。DeNAは2連敗。飯塚は6敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00329097-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島7―2DeNA(2018年9月12日 マツダ)

     広島は同点の7回、クリーンアップの3者連続タイムリーでDeNAに逆転勝ちし、連敗を6で止めた。2位・ヤクルトが巨人と引き分けたため、マジックは7になった。

     カープ打線がようやく目を覚ました。1―1の7回、先頭の野間が2番手・エスコバーから四球を選んで出塁すると、ここまで同点ソロを含む3打数3安打の菊池の犠打と捕逸で1死三塁に。3番・丸の痛烈な右前打で勝ち越すと、4番・鈴木の中越え三塁打、5番・松山の右前打と、クリーンアップの3者連続適時打でこの回、3点を勝ち越した。8回にも1死三塁から菊池の4安打目となる走者一掃のニ塁打で3点を追加した。

     5日にチームの精神的な支柱でもあるベテラン新井が今季限りでの現役引退を表明。リーグ3連覇へ独走状態ながら、ここから3年ぶりの6連敗と“小休止”だっただけに、ベンチの新井も拍手で同僚を称えた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000151-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島5―4阪神(2018年9月4日 マツダ)

     首位を独走する広島が、同点の延長12回に菊池の右前打でサヨナラ勝ちし、今季初の7連勝を劇的に飾った。


     1点を追う8回、松山の適時打で追いつき、もつれこんだ延長12回だった。2死三塁から右前にはじき返し、熱戦に終止符を打った。8番手のフランスアが2勝目。

     阪神はメッセンジャーが7回3失点と好投したが、2番手の藤川がリードを守れず、最後はドリスが打たれた


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000146-spnannex-base

     「ヤクルト3-7広島」(2日、神宮球場)

     広島が今季10度目の同一カード3連勝で今季3度目の6連勝、マジックを13とした。

     初回、バティスタの23号3ランで先制。三回には菊池の12号2ラン、バティスタの適時打などで4点を加えた。

     今季2度目の先発戸田は、三回に制球を乱し3失点で降板。16年7月以来となる白星はお預けとなった。

     三回途中からアドゥワが六回まで無失点。救援陣が踏ん張った。アドゥワが5勝目を挙げた。

     先制3ランを含む3安打4打点のバティスタは「バッターボックスに入ったときに甘い球を狙いました。見事な仕事をしたので感触は良かった」と先制弾を振り返った。続けて「チーム助けるためにバッターボックスに入りました。練習から一生懸命やっているから自分の仕事ができたと思います」と胸を張り、「マジックナンバーを減らしたからすごくいいと思います。地元で優勝を決めたいと思います」と力強く言った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000120-dal-base

    <ヤクルト3-8広島>◇1日◇神宮

    ヤクルト・カラシティー、広島大瀬良の両先発が3回まで無失点。ともに安打も許さない立ち上がりをみせた。

    広島が5回に4点を奪った。鈴木が両軍初安打となる27号ソロで先制。後続も続いた。その裏、ヤクルトは1点を返した。

    終盤にも加点した広島は5連勝。両リーグ最速で70勝に到達した。大瀬良は15勝目をマーク。ヤクルトは勝率5割に戻った。カラシティーが2敗目。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00316786-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島6ー5クルト(2018年8月31日 神宮)

     広島が終盤の得点で延長に持ち込み、延長10回に丸の本塁打で勝ち越した。チームは4連勝で優勝マジックを「17」とした。

     広島は、3回に1点先制されたものの、7回に1死二塁で田中が右方向への適時三塁打で追いつく。しかし直後に4点勝ち越される苦しい展開に。だが8回、無死一塁でバティスタの22号2ランで反撃開始。チャンスは続き、1死満塁として松山の左前適時打で1点差に詰め寄り、9回にも1死三塁で野間の左犠飛で追いついた。延長10回には先頭の丸がライトスタンドへ31号ソロを放って勝ち越した。

     ヤクルトは、3回にバレンティンが右中間への適時二塁打で先制。7回に同点にされるが、直後に青木の勝ち越し7号3ランと西浦の右前適時打で一度は勝ち越しに成功する。しかしその後、リリーフ陣が誤算で、連勝は5で止まった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000167-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島6―2巨人(2018年8月30日 東京D)

     序盤と終盤に効果的に得点した広島が巨人に3連勝。先発で6回途中2失点と粘り、自らも犠飛を放った岡田が7月1日のDeNA戦以来、60日ぶりの7勝目を挙げヒーローインタビューを受けた。

     この日は初回、2回と得点圏に走者を進められながらも後続を断ち、5回に4安打され2点を失ったものの同点のホームは踏ませなかった。「(2回以外)先頭を出さなかった(のが良かった)。野手も守ってくれて粘れた」。二塁を守る菊池が2度にわたる好守と打撃でも適時打2本を放って援護、救援陣もフランスアのプロ野球タイとなる月間18度目の登板など無失点でしのいだ。岡田はそのどちらにも「ありがとうございます」と力を込めた言葉で感謝した。

     これで優勝マジックは19。最後に岡田は「優勝目指して頑張っていきます」と、意気込んで次回登板での奮闘を誓っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000140-spnannex-base

     「巨人4-5広島」(29日、東京ドーム)

     広島が延長で巨人を下し、マジックをひとつ減らして、20とした。貯金も今季最多の23となった。

     延長十回、巨人4番手のアダメスから3四球で1死満塁とし、途中出場の堂林は遊ゴロに倒れたが、2死満塁となって、田中が押し出しの四球を選び、これが決勝点となった。

     広島は今季巨人戦15勝目。昨季は最多の18勝を挙げたが、2年連続15勝以上は1991・92年(いずれも15勝)以来、26年ぶりとなった。

     先発・九里は6回8安打4失点(自責2)。2点リードの六回に坂本、重信に連続適時打を浴びて同点とされ、8勝目はお預け。九回に登板した中崎に勝ちが付き、2勝目。勝ち越した十回は、フランスアが抑えて、来日初セーブをマークした。

     月間17試合登板のチーム最多記録を更新したフランスアは、「自分の仕事が出来て良かった。マダ、ガンバリマス」と日本語でコメント。あと18試合の日本タイ記録については「あと2試合、もちろんいきます」と力強く語った。

     打線は2点を追う五回、2死二塁で九里が自ら巨人の先発左腕、吉川光から右前へのタイムリーを放ち、1点差とすると、六回には新井が逆転の4号3ラン。初回の守備で先制点献上につながる2失策を犯していたベテランがバットで取り返した。

     巨人はアダメスが十回、四球から犠打バント、申告敬遠、四球、押し出し四球とノーヒットで1点を失った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000131-dal-base

    このページのトップヘ