広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    勝利

    ■広島 4-3 中日(23日・マツダスタジアム)

     広島は23日、本拠地・中日戦に4-3で延長10回サヨナラ勝ち。連敗を「4」で止めた。9回に2点差を追いつかれたものの、延長10回に會澤がサヨナラ打で劇的勝利。この日、試合のなかった2位DeNAに1ゲーム差に迫り、4位中日とのゲーム差を「2.5」に広げた。



     今季限りでの現役引退を表明している永川の15年ぶりの先発登板で幕を開けた一戦。永川は先頭・大島を141キロ直球で一ゴロに仕留め、ベースカバーに入ってアウト。有終の美を飾り、大瀬良が“2番手”としてマウンドに上がって京田を二ゴロ、福田を見逃し三振に仕留めた。

     その裏、広島は2死から鈴木が二塁打を放つと、大野雄の暴投で三塁へ。ここで長野がセンター前に弾き返し、前回登板でノーヒットノーランを達成した左腕から先制に成功した。

     大瀬良は2回1死から高橋に左前打を許したものの、その後は5回まで無安打投球。しかし、広島も追加点を奪えないでいると、大瀬良は6回に2死二塁のピンチを招き、福田に左前適時打を浴びて同点とされた。

     それでも、広島は3番手の菊池保が8回を3者凡退に抑えると、その裏に2死満塁のチャンスを作り、長野が大野雄から押し出し四球を選んで1点を勝ち越した。中日はここで福をマウンドに送ったが、松山は遊撃への適時内野安打でさらに1点を奪取。2点差とした。

     だが、9回に守護神フランスアがビシエドに同点2ランを被弾。土壇場で追いつかれてしまう。試合は延長に突入。10回、広島は1死から鈴木が内野安打で出塁し、長野が右前打を放ち1死一、二塁に。鈴木が三盗を決めて一、三塁とすると、坂倉は四球で満塁に。ここで會澤がサヨナラ打を放ち、劇的勝利で連敗を止めた。

     中日は大野雄が8回途中3失点の力投。打線は土壇場9回にビシエドの2ランで追いついたが、最後はマルティネスがサヨナラを許して4連勝でストップ。クライマックスシリーズ圏内の3位広島との直接対決を落とし、2.5ゲーム差となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00548960-fullcount-base

    <巨人5-6広島>◇14日◇東京ドーム

    序盤3回まで両チーム無得点。巨人沢村は3回無安打6奪三振で降板し、広島ジョンソンは3回まで無安打無失点と好投した。



    広島は4回に鈴木の27号ソロで先制。巨人は4回、丸が27号2ラン。5回は敵失で1点追加。広島は6回に2本の適時打で逆転。

    巨人は1点を追う9回、丸が左前へ同点適時打。1死満塁としたがゲレーロ、大城が凡退し、延長戦に突入した。

    広島は延長10回、巨人大城の捕逸で勝ち越し。今村が締めて逃げ切った。巨人は小刻みな投手継投を展開したが及ばなかった。

    広島フランスアが8勝目、今村が今季初セーブ、巨人鍵谷が今季初黒星。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-09140081-nksports-base

    <広島3-2中日>◇12日◇マツダスタジアム

    序盤は互いに好機を生かせない。中日は3回無死二塁、広島は3回無死一、二塁も無得点。先発は広島が野村、中日が阿知羅。


    中日が6回2死満塁から、代打堂上の右前2点適時打で同点に追い付いた。投手は5回から又吉に継投。広島野村は6回降板。

    広島は9回1死一、二塁、途中出場の堂林が左翼越えのサヨナラ打を放った。2位DeNAとのゲーム差を0とした。

    広島フランスアが7勝目、中日藤嶋が2敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-09120208-nksports-base

     「広島3-0中日」(10日、マツダスタジアム)

     広島がエース大瀬良大地投手の熱投で中日に競り勝った。巨人、DeNAに6連勝してきた相手の勢いを止めた。



     大瀬良は三回以降は毎回安打を許す展開となったが、集中打はさせなかった。四回、七回、そして八回と併殺打を奪い、粘り切った。8回無失点で、8月16日のDeNA戦以来、登板では4試合ぶりとなる白星で11勝目(8敗)を挙げた。

     打線は三回に西川が16号ソロを放ち先制。以後、中日のルーキー・梅津を打ち崩せずにいたが、七回に1死二塁で「8番・遊撃」に入っていた広島のドラ1ルーキー小園が右翼席へ運ぶ4号2ランを放った。小園は球団の高卒新人シーズン最多本塁打記録を更新した。

     九回はフランスアが締めくくり12セーブ目。中日先発の梅津は7回3失点。2本塁打に泣き、プロ初黒星を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000132-dal-base

     「広島3-2阪神」(8日、マツダスタジアム)

     広島が1点差を逃げ切り、カード勝ち越し。CS圏内のAクラスを争う4位阪神との差を3・5ゲームに広げた。



     存在感を示したのは長野だった。まずは守備で魅せた。0-0の三回、先頭の木浪が放った左翼線へのライナーをスライディングキャッチ。マウンドのジョンソンも帽子を取って感謝の思いを示す、大きなプレーだった。

     直後の攻撃では4番の仕事も果たした。三回、2死満塁でしぶとく三遊間を破り、先制の2点適時打。5試合連続安打となる一打で、流れを引き寄せた。

     先発ジョンソンは6回4安打無失点の好投で11勝目。七回から菊池保、中村恭、フランスアとつないで逃げ切った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000095-dal-base

    <広島6-3阪神>◇6日◇マツダスタジアム

    広島九里亜蓮投手が粘りの投球で8勝目を手にした。


    6-0の6回に1点返された後、味方の適時失点で2点を加えられたが、後続を料理。7回6安打3失点(自責1)と踏ん張り、チームを9月初の連勝に導いた。

    勝たねばならなかった。亜大の先輩である永川の現役引退が、試合前に発表された。ともに1軍にいるときは登板ごとに助言をくれた存在。今春の日南キャンプでは「亜大会」を主催し、ドラフト6位正随ら同窓生を集め、焼き肉を振る舞ってくれた。「お世話になった方。さみしいですね」。相手先発も亜大の後輩、高橋遥で「負けたくなかった」と話した。

    上位4チームで勝ったのは3位広島のみ。2位DeNAに2差に迫り、4位阪神に3・5差をつけた。緒方監督は「九里は不運な6回がある中、しっかり7イニング目を投げてくれたのが大きかった」とたたえた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-09061228-nksports-base

    ■広島 8-1 ヤクルト(5日・神宮)

     広島は5日、神宮球場でのヤクルト戦に8-1で快勝し、貯金を2とした。



     1点を追う5回2死から西川の右越え15号ソロで同点、続く菊池涼の右越え12号ソロで勝ち越した。さらに2死一、三塁で會澤に右越え適時二塁打が飛び出し、この回3点を挙げた。6回にはサンタナの適時打、床田の適時二塁打で加点。8回には菊池涼、鈴木の適時打などで駄目を押した。投げては先発の床田が7回4安打1失点の好投で7勝目(6敗)を挙げた。

     ヤクルトは先発の山田大が4回までは無失点投球。勝利投手の権利目前の5回2死から2本塁打を浴びて4敗目(4勝)を喫した。打線も元気がなく散発の4安打1得点に終わった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00527090-fullcount-base

    ◆ヤクルト0―3広島(3日・神宮球場)

     広島のクリス・ジョンソン投手(34)が8回を2安打無失点の快投で10勝目を挙げた。4度目の2ケタ勝利は自身の3度を更新する球団の外国人最多記録。「今日はストライクを投げて守備陣にしっかり仕事をしてもらうことができた」と振り返った。

     4回に先頭・青木に中前安打を許した直後に降雨が強まり、25分間の中断。思わぬアクシデントに見舞われながらも淡々と投げ続けた。再開後は8回1死に中村に左前安打を浴びるまでツバメ打線を完璧に封じた。

     これで18イニング連続無失点。111球を投げたが、次回は中4日で8日の阪神戦(マツダ)に向かう可能性もある。「石原のサインにうなずいて、彼のミットをめがけて投げるだけ」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000218-sph-base

     「広島4-2DeNA」(31日、マツダスタジアム)

     広島・九里亜蓮投手(27)は反省しきりだった。今季7勝目にも「全然です」と渋い顔。4点リードの七回1死満塁での途中降板を悔しがり「中継ぎの投手と点を取ってくださった野手の方に感謝です」と話した。

     喜び半分も、チームの連敗を止める価値ある勝利だ。初回は無死一、二塁でロペスを三ゴロ併殺に打ち取るなど無失点。その後も走者を許しながら、粘り強い九里らしさを発揮した。6回1/3を6安打2失点。緒方監督からも「九里は気合が入った投球で頑張ってくれた」と及第点を与えられた。

     プロ6年目の今季は直球が進化を遂げた。昨季・321だった被打率が、今季は試合前時点で・181まで良化した(データは共同通信デジタル)。きっかけは4年前のアメリカ自主トレ。ウエートトレの重要性を再確認し、帰国後は三浦アスレチックトレーナーに助言を仰いだ。股関節、体幹を鍛え、瞬発系トレを取り入れ、直球の質を磨き続けている。

     理想は「真っすぐ狙いの打者にファウル、空振りを取れる真っすぐ」と言う。スタミナ自慢の鉄腕は一歩ずつ理想に近づいている。DeNAとはポストシーズンでの再戦も予想される。九里は先発はもちろん、中継ぎ経験も豊富。この夜は課題こそ残ったが、大きな白星となった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000034-dal-base

     「巨人0-2広島」(27日、東京ドーム)

     広島が3投手の完封リレー。逆転Vへひとつも落とせない3連戦の初戦に勝ち、首位巨人とのゲーム差を5・5とした。今季の巨人戦の対戦成績は13勝7敗1分けとなり、球団史上初めて5年連続の勝ち越しも決めた。



     先発のジョンソン投手が粘投した。8四死球を与えながら、7回3安打無失点に抑えて9勝目。八回は遠藤、九回はフランスアも無失点でつなぎ、逃げ切った。

     打線は二回に松山が先制の6号ソロ。四回にはメヒアの5号ソロで加点した。

     試合前の時点で優勝マジック20としている巨人は、10残塁の拙攻で2連敗。八回には坂本勇が一度は遊撃の守備位置に就きながら、交代する異変。何らかのアクシデントがあったとみられ、G党も騒然となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000125-dal-base

    このページのトップヘ