広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    勝利

    ◇セ・リーグ 広島19―4中日(2020年7月11日 ナゴヤD)  広島の坂倉将吾捕手(22)が、放った安打がすべてタイムリーというプロ初の4安打5打点と大暴れ。バッテリーを組んだ同期入団左腕・床田寛樹投手(25)に待望の今季初勝利をプレゼントした。  坂倉は7番に入り、5日の阪神戦(マツダ)以来今季3度目のスタメンマスク。1―1で迎えた3回、無死満塁で右前へ勝ち越しタイムリーを放つと、打者一巡で回ってきたこのイニング2度目の打席では2死二、三塁から再び右前へタイムリーを放った。そして、7回の2死満塁では中前へタイムリー。8回の2死一、二塁では中前に2点タイムリーしての4安打5打点となった。


    20200711-01970307-tospoweb-000-11-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/50143fdbc4f0a313594aea7acc5470a6b171c2ec

    広島・堂林翔太内野手(28)がひと振りでチームを救った。8日のDeNA戦(マツダスタジアム)の1点を追う8回、二死満塁のチャンスで打席に入ると相手セットアッパーのパットンが投じた148キロ直球をフルスイング。打球は前進守備を敷いていた外野の頭上をはるかに超えて、バックスクリーンに飛び込む3号逆転満塁アーチとなった。  


    出場機会を求めるプロ11年生は今季初めて三塁でスタメン出場。初回に悪送球をしたものの、その後は好守を見せて先発のK・ジョンソンを救った。バットでも3回に同点打を放つなど攻守で存在感を発揮。「出られるところで必死にやるだけ」と復活に燃える堂林の奮起がチームの連敗を4で止めた。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/567646987f9dbce8327767a3bc3111dc777cb730


    「中日1-4広島」(26日、ナゴヤドーム)  投打のかみあった広島が快勝し、引き分けを挟み連勝で貯金を「2」とした。


    広島は二回、先頭の4番・鈴木誠が4号ソロを放ち先制。続くメヒアも今季初本塁打を放ち2点を先制した。四回にも鈴木誠が2打席連続となる5号ソロを放ち加点。五回には菊池涼が3試合連続打点となる左前適時打でリードを広げた。

    20200626-00000022-dal-000-3-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/673e226e70ae9dbaa87a790d7685a4c2d490ac2c

    <巨人1-5広島>◇24日◇東京ドーム 広島は1回、鈴木誠の3号2ランで先制。2回は田中広の1号2ランで追加点を挙げた。巨人は3回に敵失の間に1点をかえした。

    広島は5回に菊池涼の1号ソロで追加点を挙げた。先発九里は6回まで1失点。巨人は先発メルセデスが3回4失点で降板した。 広島が今季3度目の2桁安打を放ち、連敗を2で止めた。7回1失点(自責0)の九里が今季初勝利。巨人の連勝は4で止まった。メルセデス今季初黒星。


    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609





    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/b26dcfc7f34465c044710abf1e0a672f7c8ab07e

    <DeNA5-10広島>◇20日◇横浜 夏開幕に“夏男”も快幕した。広島長野久義外野手は、劣勢の終盤に訪れた今季初打席で決勝打を放ち、チームを連勝に導いた。

    1点ビハインドの8回2死一、二塁。DeNA三嶋の真っすぐを強振して左中間を破った。「みんなでつないでくれたチャンスだったので返したいなという思いで入りました。(堂林)翔太がよく一塁からホームに走ってくれたので、ナイスランでした」。自分のことよりも仲間を思う優しさで、移籍2年目の広島にすっかり溶け込んでいる。仲間もベンチから総立ちで殊勲者をたたえたクリックすると新しいウィンドウで開きます


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/9b53fec16c590cb41bb01bf70e30e718058ffe0d

    ◇セ・リーグ 広島5―1DeNA(2020年6月20日 横浜)  広島の大瀬良が9回4安打1失点の好投で2年連続の開幕白星。打者としてもプロ初本塁打を含む3打数2安打3打点と大活躍。それでも8回ピンチの場面に見事な守備でチームを救った三好に対し「打球が速すぎて(目で)追えなかったですが、何とか捕ってくれて(あのプレーは)大きかったと感謝しています」と頼もしい仲間を称えた。
    広島・大瀬良 投打に大活躍も三好に感謝「大きかった」 プロ初本塁打は ...



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/50ce675d53aaa0d5e6898ee59e624326c8b10f3b

    ◆練習試合 広島15―1阪神(10日・マツダ)  絶好調男が圧倒的な強さを見せつけた。初回。1死から菊池涼、西川、鈴木誠が安打で続き満塁とすると、メヒアがフルカウントからガンケルの137キロのスライダーを捉えた。超特大アーチは左翼2階席まで到達し「なんとか1点を取りたかった。最高の結果になったね」と満足そうにほほえんだ。


    ダウンロード


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/5da379771b058bedc5d82f80d9d700325c0bea20

     「練習試合、オリックス6-10広島」(6日、京セラドーム大阪)

     広島が打線爆発でオリックスに勝利し、3月6日の西武戦(マツダ)以来、約3カ月ぶりの白星を挙げた。2分けを挟んで続いていた対外試合での連敗は13でストップ。攻撃陣が目立った中、課題のリリーフ陣はこの日もピリッとしなかった。


     先発・床田が降板し、2点リードの六回から2番手・中田がマウンドへ。しかし1死から4番・ジョーンズに初球を右翼に二塁打、続くロドリゲスにも初球を捉えられ、左翼への適時二塁打で1点差に迫られた。ここで左腕・高橋樹が登板。中田はわずか4球でマウンドを降りた。

     高橋樹は1死二塁で勝俣を二ゴロに料理し2死までこぎつけた。しかし続く太田に四球を与えたところで、この回3人目となる藤井皓を投入。踏ん張りたかったところだが、2死一、三塁から代打・若月にしぶとく左前へ適時打を許し、同点とされた。

     勝ちパターンは決まっておらず、1軍生き残りを懸ける中継ぎ投手陣にとっては登板機会がアピールチャンスだ。しかし結果を残せず佐々岡監督は「強い気持ちを持てないと、勝ち試合で投げられない」と厳しい言葉を口にした。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/afbd34001a6a417bd8b9888b0d2800d248549f29

    ■広島 9-8 巨人(オープン戦・24日・那覇)

     巨人は24日、那覇で広島とオープン戦を行い、8-9で敗れた。新外国人のエンジェル・サンチェス投手が先発するも、1回を5安打5失点の大炎上。先発ローテ入りに不安を残す投球内容となった。広島は打線が好調でオープン戦3連勝となった。


     サンチェスは先頭の田中に右前打を許し、一死後に坂倉に先制の適時三塁打を浴びた。さらに鈴木の左犠飛で2失点目。そして西川、ピレラに連打を浴び、安部には右翼席へ3ランを浴びた。

     一方、巨人の4番岡本は3回に右犠飛、5回に2点二塁打を放ち3打点の活躍。3番丸も3打数3安打と気を吐いた。新外国人のパーラは3打数1安打だった。

     広島では途中出場した2年目の小園海斗内野手が3打数3安打2打点と躍動した。4回の第1打席で右前打、7回の第2打席では高田から右越え1号ソロ、9回の第3打席も適時二塁打を放ち3打数3安打2打点の大活躍。田中広輔内野手との遊撃の定位置争いは熾烈を極めている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00699564-fullcount-base

    ■広島 14-2 阪神(オープン戦・23日・コザしんきん)

     広島は23日、阪神とのオープン戦を14-2で快勝し2連勝を飾った。途中出場の堂林、会沢が3安打、ルーキー宇草も2安打を放つなど16安打14打点と打線が爆発した。


     広島は1点を追う4回に鈴木の犠飛で同点に追いつくと、5回は満塁から連続四死球で2点を勝ち越し。6回には堂林、会沢、小園らにタイムリーが飛び出し一挙7点を奪った。

     その後も7回に上本の犠飛などで3点、8回には堂林の左前適時打が飛び出しリードを広げた。投げては先発の大瀬良が3回5安打1失点、フランスア、DJ・ジョンソンが1回無失点の好投を見せた。

     阪神は新助っ人のガンケルが3回無安打無失点の好投を見せたが、藤浪が2回3安打3四死球3失点、能見が2/3回7安打7失点、望月は1回1/3、2安打3失点と課題を残した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00698277-fullcount-base

    このページのトップヘ