広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    勝利

     ◇セ・リーグ 広島7―6巨人(2017年4月26日 マツダ)

     広島が2位・巨人との首位攻防第2ラウンドを逆転で制し、ゲーム差を再び1.5とした。

     0―3から同点に追いつき迎えた6回。1死満塁から8番・会沢の中前2点打などで3点を勝ち越した。1点差に迫られた7回には安部の右前打で二塁走者・菊池がヘッドスライディングで生還し、再び巨人を突き放した。

     投げては今季初登板初先発の福井が2回以降、無失点に抑え、6回を6安打無失点で初勝利。チームは敗れれば首位転落の危機だったが、首位の座を死守した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000145-spnannex-base

     (セ・リーグ、ヤクルト4-7広島、6回戦、23日、神宮)広島が連敗を4で止めた。4-4の八回に2年目・西川が代打で右中間に2点二塁打を放ち、勝ち越し。さらに田中が右前適時打を放ち、突き放した。

     左翼席と三塁内野席が赤く染まった神宮球場。先制したのは広島だった。二回、1番・田中が相手先発・オーレンドルフから左中間に2点二塁打を放つなど、3点を奪った。その裏、ヤクルトは2点を奪った後、坂口が二死三塁で同点に追いつく左前打。さらに三回には雄平が右翼席へ1号ソロを放った。

     広島は七回に3番・丸が左翼席に同点ソロ。先発の九里は4回1/3を4失点だったが、救援陣が踏ん張り、2回無失点の一岡が今季初勝利を挙げた。

     ◆広島・西川 「昨日1軍登録されて、連敗が続いてたんで流れを変えたいって気持ちで打席に入りました。ストライクがきたら思い切って振りにいこうっていうのは決めて、結果打ててよかったです。守備でも代打でも代走でも、どこでもいけるっていうのが僕の強みなので、また明日から頑張りたいと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000565-sanspo-base

     ◇セ・リーグ 広島4―3DeNA(2017年4月18日 マツダ)

     広島が最終回の集中打でDeNAに逆転サヨナラ勝ちした。

     1点を追う9回、新井、鈴木の連打で無死一、二塁としエルドレッドの左中間安打で追いつくと、小窪の犠打で1死二、三塁として会沢が中前打で決着を付けた。

     投げては先発野村が6回3失点で試合を作ると、2番手薮田が2回無失点の好救援、9回は中田が抑えた。

     DeNAは5回に3点を先制、リードして9回を迎えたがパットンが踏ん張れなかった。

     ▼会沢の話 最高です。絶対決めてやるという気持ち(で打席に入った)。(チームは)一人一人気持ちで一丸となってプレーできている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000142-spnannex-base

    <阪神2-1広島>◇16日◇甲子園

     広島が敗れて今季初のカード負け越し。貯金は8となった。115球を投じてなお、先発九里を8回のマウンドに送り出したが、原口に決勝の適時打を浴びた。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -九里が力投

     緒方監督 九里頑張ったね。よく投げた。

     -8回は継投も選択肢にあった

     緒方監督 まあ、試合の結果について、特にベンチワークについては監督であるオレの責任だから。九里は頑張ってくれた。野手も盛り上げたし。本当にしんどいなか、最後まで1人1人がプレーしてくれた。

     -抑えて、勝ちがつけば自信になる

     緒方監督 四球だけじゃん、ちょっと不安定なところを見せたのは。2回、3回の。あとは打者に向かってしっかり投げ込めていたし、まともにとらえられる打球もなかった。7回、8回も1球1球だった。悔しい思いもしただろうし、経験にして次に生かしてほしい。九里が責任を感じることはなにもない。

     -若い投手の育成の方針もあったか

     緒方監督 抑えられると思ったから、送り出した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-01808836-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島7―1阪神(2017年4月15日 甲子園)

     広島が序盤から相手ミスに乗じて着実に加点。阪神に7-1で快勝した。


     前日14日に連勝が10でストップしたが、勢いが衰えることはなかった。1回、安打と敵失、四球で無死満塁とすると、4番の鈴木の投前ゴロが敵失を誘い先制。1死満塁からエルドレッドの死球で1点を加えると、なおも満塁から天谷が中前に2点適時打を放ちこの回4点。3回にも田中の適時打と敵失から2点、4回にはエルドレッドが適時打を放ち、リードを広げた。

     序盤から大量リードの展開の中、先発の岡田が抜群の安定感。5回に1点を失ったものの、危なげない投球で9回4安打1失点と好投。今季2勝目を9回投げきっての試合では“プロ初完投”で飾った。

     阪神は先発の青柳が大誤算。初回から3四球に失策も絡み4失点。3回にも自らの適時失策などで2点を失うなど自滅した。チームの連勝は4でストップ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000126-spnannex-base

     広島が13日の敵地巨人戦で引き分けを挟んで10連勝をマークした。5回に一時勝ち越されながらも9回に打者一巡の猛攻で一挙7得点と逆転に成功し、11-5で勝利。代打・松山が今季1号の同点ソロを放つなど勝負強さを見せて競り勝った。

     広島は初回1死一、二塁から4番・新井がセンター前ヒット。二塁走者の菊池が一気に本塁を狙ったが、センターの立岡がワンバウンドでストライク返球を見せ、アウトの判定が下された。しかし、微妙なタイミングだったため、リプレー検証に。結果、セーフへと覆った。

     これで一気に流れを引き寄せ、鈴木、エルドレッド、小窪とタイムリーをマーク。初回から打者一巡の猛攻で4点を奪った。

     しかしその裏、先発の大瀬良が阿部のタイムリー二塁打、マギーの1号2ランで1点差に詰め寄られると、3回にもタイムリー二塁打を許して同点に。さらに5回にはまたも阿部にタイムリーを許して勝ち越された。

     それでも9回、代打・松山が先頭で打席に立つと相手守護神カミネロから右翼席へ同点ソロ。そこから一気に畳みかけ、四球とエラーで二、三塁とすると丸が2点タイムリーを放ち、勝ち越しに成功した。さらに安部もセンターへタイムリーを放ったところでカミネロは降板となった。

     広島は石原も代わった池田の初球を左翼席へ運び、1号3ラン。この回初回に続き打者一巡の猛攻で一挙7点を奪い、試合を決めた。

     12安打で11点を奪った広島は8回2番手でマウンドに上がったブレイシアが来日初勝利。9回も今村が無安打無失点と安定した投球を見せ、引き分けを挟んで10連勝をマークした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00010027-fullcount-base

     広島は11日、巨人9-5に勝利し、引き分けを挟んで9連勝で首位攻防3連戦の勝ち越しを決めた。初回に2点を先制されるも、新井とエルドレッドが揃って2打席連続本塁打。8回には代打・堂林の2点二塁打も飛び出した。ドラフト3位ルーキーの床田が7回5失点でプロ初勝利。巨人は阿部が先制2ラン、村田が代打で1号3ランを放ったが、先発・内海が3回4被弾6失点と誤算だった。

     前日の3連戦初戦を落とした巨人は初回、阿部がリーグトップの5号2ランを放ち、先制に成功する。しかし、広島打線は2回。先頭の新井が内海からレフトスタンドへソロ本塁打。今季2号で1点差とすると、1死からエルドレッドが左中間スタンドへ豪快なソロ本塁打を放ち、同点に追いついた。

     さらに、3回は1死から前日5安打の菊池がツーベースで出塁。暴投と丸の四球で1死一、三塁となり、新井は1ボールからカットボールをライトスタンドへ運んで勝ち越しの3ランとした。そして、2死走者なしとなってからエルドレッドはライトへソロ本塁打。主砲2人の“アベック2打席連続弾“であっという間に4点リードとした。内海は4被弾6失点で3回KOとなった。

     広島は5回にもエルドレッドが宮國からタイムリーを放ち、5点差とする。一方、巨人はその裏に1死二、三塁とチャンスを作り、宮國の代打で村田を送る。開幕からレギュラー落ちが続く大砲は、レフトポール際に運ぶ3ラン。意地の今季1号で2点差に追い上げた。さらに、ここから村田が三塁に入り、マギーが二塁にまわる超攻撃的布陣を敷いた。

     それでも、プロ2戦目のマウンドとなった広島の先発・床田が粘る。阿部、村田に一発を浴びて5失点も、6回は2死からマギーに四球を与えながら長野は一ゴロで3アウト。7回もマウンドに上がり、脇谷を空振り三振、小林を三ゴロ、村田を二ゴロと3者凡退に抑えて、97球でマウンドを降りた。

     広島は8回、1死二、三塁の好機を作ると、代打の代打で登場した堂林が山口から左中間へツーベース。貴重な2点を加える。8回はジャクソン、9回は薮田と繋いだ広島がそのまま9-5で勝利。開幕戦で敗れたものの、その後は引き分けを挟んで9連勝と圧倒的な強さを見せており、2位巨人とは3ゲーム差とした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00010021-fullcount-base

     広島は9日、本拠地でヤクルトを6-2の逆転で下し、引き分けを挟んで7連勝とした。7回に逆転を許すも、その裏にヤクルトの立て続けのミスをついて再逆転。開幕戦黒星の後は負けなしの7勝1分と昨季王者が強さを見せつけ、ついに単独首位に浮上した。ヤクルトは5連敗となった。

     広島は3回、1死三塁で丸がタイムリー。先制に成功した。その後はオーレンドルフの前に無得点に抑えられるも、先発・九里が気迫の投球。2回までに2安打を浴びてから、3回以降は無安打投球でリードを守る。

     しかし、7回は2死から畠山のヒット、中村の四球で一、二塁とされると、代打・大松にはライト線への逆転タイムリーを浴びた。

     それでも、九里の力投に打線が応える。その裏、ヤクルト2番手・星から會澤が四球で出塁。九里の代打・天谷はバントを決めた。この試合も3安打と好調の田中は遊撃・大引のエラーで出塁。無死一、三塁となり、菊池は左翼正面へのライナーかと思われたが、バレンティンが落球。同点に追いついた。

     続く丸もタイムリーで、あっという間に逆転。ヤクルトはルーキを投入するも、新井、鈴木が連続タイムリー。ルーキのボークの後、エルドレッドが犠飛でこの回5点目を挙げた。

     8回はジャクソン、9回は中崎が抑え、6-2で勝利。九里は自身2連勝。チームは7連勝と勢いが止まらない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00010025-fullcount-base

     広島は8日、本拠地でのヤクルト戦に2-1で勝利した。先発の2年目右腕・岡田が9回途中まで1失点の快投で、チームを巨人と同率首位へ導いた。

     昨季4勝の右腕が躍動した。ヤクルト打線を相手に3度の3者凡退。二塁を踏ませたのも5回と9回の2度だけ。地元ファンの前で堂々たる投球を披露した。9回1死から畠山に中越え二塁打、続く中村に四球を与えたところで降板。ジャクソンが1死満塁とした後、代打・鵜久森にレフトへタイムリーを運ばれて1点を失ったが、2-1で辛くも逃げ切り勝ち。岡田はプロ初完封こそ逃したが、今季初勝利を手に入れた。

     打線は2回、2死一、三塁から安部と新井の重盗で先制点を挙げた。一塁走者の安部が二塁へスタートを切ると、その間に三塁走者だった新井が悠々と本盗に成功。なおも2死二塁から石原がライトへ適時打を放ち、2点を挙げた。

     今季開幕は黒星スタートとなった広島だが、これで5日の1分けを挟む6連勝。この日の阪神戦が悪天候でノーゲームとなった巨人に同率で並ぶ首位に躍り出た。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00010021-fullcount-base

    ○ 広島 4 - 1 ヤクルト ●
    <4月7日 マツダスタジアム>

     広島のドラフト1位ルーキー・加藤拓也が7日の中日戦でプロ初登板・初先発。9回一死までノーヒットノーランという快投を見せ、最終的には9回途中を1失点で降板。チームを5連勝に導き、プロ初勝利を挙げた。


     慶応高から慶応大を経て広島にドラフト1位で入団した右腕は、開幕ローテーション争いにこそ敗れたものの、開幕投手を務めたジョンソンの離脱もあってプロ初登板のチャンスを手にする。

     初回は山田から空振り三振を奪うなど、3人で打ち取る快調な滑り出し。2回は二死から畠山と中村に連続四球を与えるものの、初めてのピンチも動じずに落ちる球で三振を奪い、勢いに乗った。

     3回も二死からの連続四球でピンチを招きながら、主砲・バレンティンを斬って無失点。味方の好守にも助けられながら、新人らしからぬ落ち着いた投球を披露し、スコアボードに「0」の文字を刻んでいく。

     打線も初回に新井の適時二塁打で先制すると、3回には苦しんでいた小窪に2点適時打が飛び出して貴重な追加点。8回にも石原の犠飛で1点を加え、いよいよ9回のマウンドを迎えた。

     9回表のヤクルトは2番・坂口からはじまる好打順。強力な中軸に回っていくまさに“ラスボス”的なステージとなる。先頭の坂口は遊ゴロに斬って取るも、山田には追い込んでからの落ちるボールを見極められてこの日7つめの四球。一死一塁となり、迎えた4番・バレンティンに初球を弾き返され打球は三遊間を真っ二つ。スコアボードに「H」のランプが灯った。

     それでも初完封を目指して続投した加藤だったが、続く雄平にはライトへの安打を浴びて山田が生還。9回一死、走者一・二塁というところで後を先輩に託した。

     残ったピンチは守護神・中崎が締めくくり、4-1の逃げ切り勝ち。勝った広島は引き分け挟んでの5連勝となった。

     1987年の中日・近藤真市以来、30年ぶり史上2人目の初登板ノーヒッターは逃した加藤であるが、8回1/3を135球の熱投。被安打2、与四球7、7奪三振の1失点という力投で嬉しいプロ初登板の初勝利。エース離脱の危機を救った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00111530-baseballk-base

    このページのトップヘ