広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    勝利

     ◇セ・リーグ 広島6―5ヤクルト(2017年8月20日 マツダ)

     広島が8回に4点差を追いついて、最後はエルドレッドの適時打でヤクルトに延長10回サヨナラ勝ち。セ・リーグ連覇へ向けた優勝マジックを1つ減らして「24」とした。


     広島は4回、松山が右翼スタンドへ8号ソロを放って先制。だが、先発の岡田が5回、バレンティンに右翼ポール直撃の26号満塁アーチを浴びて逆転されると、7回には山崎にスクイズを決められて1―5と4点のビハインドを負った。

     だが、8回、1死一塁から丸がバックスクリーンへ19号2ランを放って2点差に追い上げると、鈴木の左前打の後で松山が右翼スタンドへ起死回生の9号同点2ラン。そして5―5で突入した延長10回、1死から鈴木が左翼線二塁打を放ち、2死二塁としてからエルドレッドが中越えの安打でサヨナラ打を放った。

     最下位のヤクルトは敵地で首位を相手に試合を優位に進めたが、力尽きた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000138-spnannex-base

    <広島1-0ヤクルト>◇18日◇マツダスタジアム

     序盤は投手戦となる。広島先発中村祐は3回4安打ながら無失点、ヤクルト先発ブキャナンは3回まで無安打無失点に抑える。

     広島は5回に菊池が13号ソロを放ち、先制する。先発の中村祐は6回5安打無失点とヤクルト打線を抑え、7回から継投に入った。

     広島は継投で逃げ切り、優勝へのマジックが25に減った。先発中村祐は4勝目。今村は23セーブ目。ヤクルト・ブキャナンは10敗目となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-01873860-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島4―1巨人(2017年8月13日 マツダ)

     首位・広島は投打がかみ合い、巨人に4―1で連勝を飾った。

     初回、今季初先発の今村から4安打を集中し、3点を先制。5回にも代わった中川から松山の併殺打の間に1点を追加した。

     先発の岡田は初回、先頭の陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)に中越え3塁打を許したものの、後続を抑えて無失点で切り抜けた。結局、6回を4安打1失点で薮田に並ぶチームトップタイの11勝目(4敗)を挙げた。チームのマジック再点灯は最短で15日。

     巨人は今季初先発の今村が4回を7安打3失点で2敗目。通算200安打に王手をかけていた阿部は9回に広島の今村から右前打を放ち、大台に到達した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000136-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島1―0巨人(2017年8月12日 マツダ)

     広島の薮田が12日の巨人戦に先発登板。自身初の完封勝利で菅野との投げ合いを制して11勝目(2敗)を挙げた。広島の連敗は3でストップ。

     薮田は150キロを超える直球を中心に巨人打線を手玉に取った。9回を投げて与四死球は4ながら、被安打は3本のみで無失点の内容だった。

     打線は巨人・先発の菅野に苦しめられたが、6番・西川が2回に値千金の3号ソロ。自身5月4日の中日戦以来となる一発で両チーム唯一の得点を叩きだした。

     一方の巨人は菅野が7回1失点と好投を見せたが援護なく5敗目。今季7度目の3連勝とはならなかった。通算2000本安打まであと2本と迫っていた阿部は1安打で大記録へ王手をかけた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000150-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島9―4DeNA(2017年8月6日 横浜)

     広島の岡田が6日のDeNA戦に先発登板。5回3失点ながら2年目で自身初となる10勝目(4敗)を挙げた。今季、広島での2桁勝利到達は薮田に続いて2人目。

     岡田は150キロを超える直球を軸にDeNA打線を相手に5回まで被安打はわずかに3。しかし4回に3者連続で四球を与え、押し出すなど制球を乱し5回3失点で降板した。6回以降はジャクソン、一岡、中崎、今村とつないだ。

     打線はDeNA移籍後初先発のエスコバーを4回に捉えた。西川の適時打で先制すると、さらに岡田自らが2点適時打を放ち一挙3得点。5回にも鈴木誠の23号2ラン、バティスタの9号ソロなどで加点した。さらに8回に菊池がダメ押しの適時打を放ち、これで先発全員安打となった。

     広島は今カード2勝1敗と勝ち越しを決め、8カード連続で負け越しなし。貯金は今季最多タイの28となった。一方のDeNAは連敗で、2位・阪神とのゲーム差は3に広がった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000140-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島7―4DeNA(2017年8月5日 横浜)

     広島・薮田和樹投手(24)が、3年目で自身初の2桁勝利となる10勝目(2敗)をマークした。
     立ち上がりの初回、5安打を浴びて3点を失ったものの、力のある直球で6回を8安打4失点(自責3)、10三振を奪った。これで5月末の先発転向後は8戦7勝1敗。クオリティースタート(6回以上、自責点3以下)は7度目と試合をつくり、チーム一番乗りで10勝の大台に到達した。

     打線は2―3の5回に新井の適時打で同点とし、西川の中犠飛で勝ち越した。1点リードの7回にはバティスタの8号2ランと11安打で7得点と薮田を援護。2位・阪神が勝ったため、マジック点灯はお預けとなったが、1引き分けを挟んでの連敗を2で止めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000131-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島5―5阪神(2017年8月3日 マツダ)

     首位の広島は阪神戦で9回に3点差を追いついたものの、延長戦の末5―5で引き分けた。

     広島は2―5で迎えた9回、この回から登板した阪神の守護神・ドリスを攻略。新井とエルドレッドの連打などで1死一、二塁としてから代打・松山が右前適時打を放ち3―5と2点差に詰めると、代打・西川の中前2点適時打で同点とし、延長戦へと突入した。

     そして5―5で迎えた延長11回、前の回からイニングまたぎで続投した阪神5番手・岩崎から2死満塁としたが、菊池が3球三振に終わって逸機。12回もサヨナラ勝ちはならなかった。

     阪神は初回、2死走者なしから福留が右中間二塁打で出塁すると、続くロジャースの中前打で先制。さらに2死二、三塁から鳥谷が左前へ2点適時打を放つなど、結局2本の長打を含む5連打に敵失もあって初回に大量4点のリードを奪い、4回にも1点を追加。3点リードで最終回を迎えたが、ドリスが打ち込まれて力尽き、延長12回には1死から大山の右中間三塁打で勝ち越しのチャンスを迎えたが、後続が断たれた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000142-spnannex-base

     「広島4-3阪神」(1日、マツダスタジアム)

     阪神が首位・広島に敗れ、ゲーム差は今季ワーストタイの11に広がった。3位・DeNAは中日との試合が中止となり、差は1ゲームに縮まった。

     試合は序盤から劣勢だった。初回、先発の岩貞が先頭・田中の四球から崩れ、2安打2四球で3失点。制球が定まらず、いきなり大きなビハインドを背負った。以降は立ち直ったかに見えたが、四回には1死一、三塁で会沢に左前適時打を献上。痛恨の1点を失った。

     4回4安打4失点で、8敗目(4勝)に「走者をためたところを、痛打されてしまいました。勝負どころの粘りが足りなかったと思います」と肩を落とした。登板前の時点で今季、広島戦は3度の先発で0勝2敗、防御率10・50の成績。昨季も6試合の登板で0勝4敗など、この日も含めて通算14試合の登板で0勝、9連敗となった。

     打線は福留が5試合、西岡が6試合ぶりにスタメン復帰。現状のベストオーダーで臨んだ。五回、無死一、二塁を作ると、西岡も中前打でつなぎ、満塁。上本の右犠飛、福留の左前適時打で2点を返した。さらに七回には再び上本が、自身初のランニングホームランを記録。接戦に持ち込んだが、あと1本がでなかった。

     粘りは見せたものの、1点差の惜敗。2日の広島戦で阪神が敗れ、同日にDeNAが中日に負ければ、広島にマジックナンバー36が点灯する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00000109-dal-base

    このページのトップヘ