広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    勝利

     ◇セ・リーグ 広島10―9巨人(2018年7月20日 マツダ)

     首位・広島が7点差を1度はひっくり返されながらも2位・巨人に10―9で延長10回サヨナラ勝ち。西日本豪雨のため16試合ぶりとなったホームゲームを勝利で飾った。巨人の連勝は7で止まり、今季最多タイの8連勝を逃した。



     広島は8―8で迎えた延長10回、6番手のジャクソンが岡本に勝ち越し本塁打を許して8―9と逆転されたが、その裏、2死一塁から下水流が右翼スタンドへ劇的なサヨナラ2ランを放った。下水流は9回から左翼の守備につき、この試合の初打席だった。

     広島は巨人先発・山口俊から初回に安部の3ランなどで4点、2回に松山の2ランなどで3点を奪って2回までに大量7点をリード。巨人は広島先発・野村から4回に陽岱鋼、5回にマギーと2イニング連続で3ランが飛び出して1点差に詰め寄り、2点差で迎えた7回には名手・菊池の今季初エラーもあって無死二、三塁としてから吉川尚の中前2点適時打で1度は8―8の同点に追いついた。延長10回には岡本のソロ本塁打でこの試合初めてリード。だが、その裏、5番手の守護神・マシソンが力尽きた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000208-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島5―1中日
    (2018年7月17日 ナゴヤD)

     広島の九里が7回途中1失点の好投。自身3連勝を飾った。

     「しっかりバッターに向かっていけた」と強気の投球で3回までを無安打。「目の前のアウトを一つずつ取ることができた」と投球内容に納得の表情を浮かべた。

     7回は先頭のアルモンテに二塁打を許し、福田に死球を与えたところで降板。「投げ切りたい気持ちはあったが、そこはしっかり受け止めて、投げ切れる投手になれるように頑張りたい。まだまだ練習が足りない」と3連勝にも満足した様子はなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000176-spnannex-base

     (セ・リーグ、中日1-5広島、13回戦、中日7勝6敗、16日、ナゴヤD)首位の広島が中日に快勝。リーグ3連覇に向け後半戦の好スタートを切った。先発のジョンソンは7回を投げて8三振を奪い、6安打1失点で6勝目(2敗)を挙げた。

     広島は一回、二死から丸が、中日の先発・吉見から右中間スタンドに運ぶ18号ソロを放ち先制。二回には松山の右中間スタンド最前列に突き刺さる8号ソロで追加点を挙げた。

     広島は四回にも二死から西川が左翼線二塁打を放つと、石原の中前適時打でさらに1点を追加した。

     中日は六回に無死二、三塁から平田の内野ゴロの間に三走・大島が生還し1点を返すが、広島は八回に西川が、九回には野間が適時打を放ち差を広げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000583-sanspo-base

     「巨人2-5広島」(7日、東京ドーム)

     広島・野村祐輔投手が7回を5安打無失点で4勝目(2敗)を挙げた七回に2本の安打で2死一、二塁のピンチを招いたが、大城を二ゴロに仕留めて、巨人打線に得点を与えなかった。



     1四球、3奪三振と丁寧な投球で巨人打線を封じた野村は、「先制点も取ってもらい、気持ち良く投げられました。丁寧に投げるのが自分の持ち味なので粘ることができて良かったと思います」と振り返った。

     一方で記録的な大雨による河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が広がっていることに触れ、「広島は大雨ですごく災害がありまして、何とか明るいニュースが届けばと投げました」とも話し、被災者を気遣っていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000131-dal-base

     「広島4-2ヤクルト」(4日、マツダスタジアム)

     先発した広島のジョンソンが8回1/3を2失点で5勝目(2敗)を挙げた。2016年5月24日・巨人戦(マツダ)以来、2年ぶり4度目の完封が見えた九回もマウンドに上がったが、無死から連打を許すなど失点し、中崎にマウンドを譲った。それでも四回まで無安打と安定した内容でチームの勝利に貢献した。

     好投した助っ人左腕はお立ち台に呼ばれ、「ストライクを先行させていい投球ができた。ああいうピッチングができると自分のリズムで投げられる。サイコウデース」とファンの声援に応えた。

     打線は初回、田中の4号先頭打者本塁打などで2点を先制すると、五回には丸、鈴木の連続適時打で2点を追加した。これで今季ホーム試合ではヤクルトに負けなしの6連勝となった。

     3日に29歳の誕生日を迎えた先頭打者弾の田中は「1日遅れの誕生日プレゼントだと思ってうれしかったです。風にもうまくのってくれた」と、ジョンソンからは「ハッピーバースデー」と歌で祝福されていた。

     ヤクルトは九回に連打で無死一、二塁とし、荒木の遊ゴロで1点を返すと、山田哲の右前打で1死一、三塁とし、ここでマウンドに上がった中崎に対して、バレンティンが三塁間を破るタイムリー。4安打を集中して2点差に迫った。

     さらに1死一、二塁の同点機だったが、坂口が空振り三振。続く畠山が四球を選んで2死満塁も、最後は川端が見逃し三振に倒れて、3連敗を喫した。

     先発したブキャナンが5回7安打4失点で5敗目(6勝)。青木は頭部死球の影響で試合出場しなかった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000119-dal-base

    <DeNA1-15広島>◇1日◇横浜

     広島は先発全員安打で、今季最多19安打、15得点を奪い大勝した。連敗を2で止め、貯金は再び11。7月も白星スタートを切った。



     広島緒方孝市監督の談話は以下の通り。

     緒方監督 投打ともに全員がいい活躍をして、暴れまくったね。

     -先発岡田について

     緒方監督 今日は安定していた。大量点でリズム良く投げてくれた。

     -3番丸が好調

     緒方監督 あんな逆方向に(本塁打は)すばらしいね。1本は風に助けられたところもあったけど、いい打球を飛ばしているし、これを続けてほしい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00255478-nksports-base

     「DeNA5-4広島」(29日、横浜スタジアム)

     左太もも裏をつり、緊急降板した広島・大瀬良は問題なしを強調した。


     アクシデントに見舞われたのは3点リードの七回の打席。無死一塁から投手前へバントし、走者を二塁へ進めたが、一塁からベンチに戻る途中に同箇所がつったという。試合後は「まだイニングも行けたし、ああいう感じになってチームにも多少、影響があったと思います」と申し訳なさそうに話した。

     先発で6回まで1失点と好投していただけに、無念の緊急降板となった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000162-dal-base

     「広島4-2巨人」(28日、マツダスタジアム)

     広島が今季初の6連勝。貯金12とした。

     エース菅野を攻略した。2点を追う五回に菊池が8号ソロ。1点差に迫ると、野間の4号3ランで逆転に成功した。

     先発・高橋昂は6回3安打2失点でプロ初勝利。

     巨人は4連敗。先発・菅野が5回7安打4失点で5敗目を喫した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000137-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島8―6巨人(2018年6月27日 マツダ)

     広島は初回に4番・鈴木の先制適時打などで4点を先制。一時は巨人に1点差に迫られたが、鈴木の13号ソロなどで突き放して5連勝を飾った。



     初回に巨人先発の田口から無死満塁の好機をつくると、鈴木が中前に2点適時打。新井も右前適時打で続き3点目を奪うと、野間の内野ゴロの間にも1点を追加し、いきなり4点を先制した。

     先発の九里が3回にマギーの3ランを浴びて1点差に迫られたが、直後の攻撃で鈴木が左翼席後方のネットに直撃する特大のソロ本塁打。主砲の一振りで点差を広げると、5回には丸の適時二塁打などで2点を奪い、追いすがる巨人を突き放した。

     九里は2本の本塁打で4点を失ったが、6回を投げ切って3勝目。連続2桁得点記録は3試合で止まったが、この日も打ち勝って連勝を5に伸ばした。

     巨人は先発の田口が立ち上がりに崩れ、前日に引き続いて初回に4失点。3回にマギーの7号3ランで1点差に迫るなど反撃を見せたが及ばなかった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000125-spnannex-base&pos=1

    ○ 広島 14 - 5 巨人 ●
    <8回戦・マツダスタジアム>

     広島打線が爆発し、4連勝で再び貯金10。5番松山が、7号満塁弾を含む3安打5打点と活躍した。巨人は初回に4点を先制するも、投手陣が崩壊。3回途中7失点の先発・鍬原は2敗目(1勝)を喫した。

     広島は先発・ジョンソンが初回に4失点。それでも直後の1回裏、無安打で一死満塁の好機を作り、松山が右翼席への同点満塁弾を放った。再び1点を勝ち越された3回は、3番丸の12号ソロで同点。さらに無死三塁から、再び松山が適時二塁打を放ち6-5と勝ち越した。

     勢いづいた広島打線は、さらに代打・会沢が2点適時打、代打・バティスタが11号2ランを放ち一挙6得点。早めの代打策がズバリと当たり、6回以降も会沢の7号2ラン、丸の13号ソロで加点した。

     ジョンソンは3回5失点で、3回の攻撃で代打を出され降板。逆転したあとは、2番手・フランスアが5イニングを1安打無失点に抑える好投。見事なロングリリーフで、うれしいプロ初勝利(2敗)を手にした。

     巨人は初回、5番亀井の左前適時打、6番長野の2点適時二塁打などで4点を先制。同点の3回は4番岡本の14号ソロで再び1点を勝ち越した。

     しかし、先発の鍬原が初回4失点、3回も計3失点と味方の得点直後に失点。2番手以降の森福、アダメス、谷岡、田原も失点を重ね、計14失点で大敗した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00157254-baseballk-base

    このページのトップヘ