広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池涼介

     これがザ・ニンジャの異次元守備だ。5年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞している守備の名手、広島・菊池涼介内野手(28)が、ファンの度肝を抜く超ファインプレーを見せた。

     4月25日に行われた対横浜DeNA戦の6回、先頭の横浜DeNA筒香の打球は、詰まり気味のハーフライナー。あらかじめ深めの守備位置を取っていた菊池は、素早く背走しながら打球を追いかけると、これ以上ない絶妙のタイミングで大きくジャンプしキャッチ。体を目一杯伸ばしての捕球に、スタンドからはどよめき混じりに大きな歓声が沸き起こった。

     これにはAbemaTVの中継で解説をしていた齊藤明雄氏も仰天。「何、このジャンプ!誰が見てもヒットでしょう。メジャーの選手が忍者って言うのもわかりますよ」と、興奮気味に話していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00010016-abema-base&pos=5

    ○ 広島 5 - 4 ヤクルト ●
    <6回戦・マツダ>

     3-4の9回、攻めの守備が9回の同点劇に繋げた。

     1点ビハインドの9回一死満塁からヤクルト・雄平が放った二ゴロを、前進守備を敷いていた広島の二塁・菊池涼介が迷わずホームへ送球。三塁走者・俊足の山田哲人をホームでフォースアウトにした。

     このプレーに『ニッポン放送ショウアップナイターハイライト 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた真中満氏は「素晴らしいプレーなんですけど、守備位置の取り方ですよね。前進守備でホームギリギリのクロスプレーでしたけど、普通の位置だったらホームセーフかなというプレーしたよね。広島としては思い切った前進守備のシフトを取ったというケースでしたね」と解説した。

     9回表を無失点で切り抜けるとその裏、守備で好プレーを見せた菊池の三塁打で同点に追いつき、延長12回に下水流昂の適時打でサヨナラ勝ちを収めた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00150710-baseballk-base

     「広島-ヤクルト」(19日、マツダスタジアム)

     4連勝中の広島が九回の土壇場、菊池の適時三塁打で追いつき、延長に入った。

     広島は4点ビハインドの六回、ヤクルト先発のブキャナンを捉え、“タナキクマル”の3人で無死満塁の好機を作ると、4番松山が一、二塁間を破る適時打を放つと、なおも一、二塁から、バティスタが中前適時打で続き、1点差とした。

     1点を追う九回には、2死走者なしから、田中が中前打で出塁すると、二盗を決め、菊池が右中間への適時三塁打を放ち、広島は今季初の延長に入った。

     3連敗中のヤクルトは初回、広島先発の岡田から2点を先制。2死一、二塁から、雄平が右翼フェンス直撃の2点適時二塁打を放った。四回には広岡の適時二塁打などで2点を加え、リードを4点に広げた。

     先発・ブキャナンは6回3失点で勝ち投手の権利を持って交代したが、九回から登板したカラシティーがリードを守れなかった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000141-dal-base

     リーグ連覇の広島がオープン戦でパッとしない。

     22日現在、2勝7敗2分けで11位。中でも、昨季リーグトップだった盗塁が6つと、12球団中2番目に少ない。

     しょせんオープン戦だ。いずれも優勝した16年は8勝6敗2分けで6位、翌17年は4勝11敗2分けで11位だった。が、その2年間と大きく異なるのは、優勝に貢献したコーチ2人が抜けたところだ。

     石井打撃コーチと河田外野守備走塁コーチが同じセ・リーグのヤクルトへ移籍。ヤクルトでは、選手と積極的にコミュニケーションを取りながら褒めて伸ばす「河田メソッド」が浸透しているが、今季から河田コーチの後任を務める広瀬純外野守備走塁コーチ(38)は冷静だ。

    「確かに2連覇の後はキツイけど、河田コーチだけが本当にすごいなら、(03年に一軍打撃コーチ補佐、04~15年に外野守備走塁コーチを務めた)西武はずっと強かったはず。河田コーチのやり方がうちの選手たちに合っていて、教えをきちんと吸収できたということ。だから、ヤクルトでも同じことができるとは限らない」

     過去2年、守備や走塁で何度もチームの窮地を救った菊池涼介(28)についても、こう注文をつける。

    「菊池は走るときは全部フリー(本人にタイミングを任せていること)。去年は15回走って(盗塁して)7回失敗。今まではそれでよかったかもしれないけど、もう少し(相手投手の)配球やコースに興味を持って取り組んでほしい」

     これまで3連覇以上を達成したセの球団は巨人だけ。新米コーチの手腕に注目だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000007-nkgendai-base

     女優の吉岡里帆が、15日に自身のインスタグラムを更新し、プロ野球・広島東洋カープのユニフォームに身を包み、捕球に挑戦する姿を収めた写真を投稿した。ファンからは「始球式してほしい」などのコメントが集まっている。

     吉岡は「“いい顔に迫る、資生堂クロストーク”。『文藝春秋』さんより、今月から連載をさせて頂くこととなりました」と新たな仕事が始まったことを報告。「第一線で活躍されているスポーツ選手の方をお招きし、そのいい顔の理由に迫っていきます!」としつつ「ここでしか聞けない強さや魅力をお伝え出来るよう丁寧にインタビューしていきたいと思います」と意気込みを明かしている。

     「第1回目のゲストは野球選手の菊池涼介さんです」という言葉とともに投稿された写真には、赤白のユニフォームに身を包んだ吉岡が、菊池選手が見守る中、柔らかい表情を浮かべながら捕球に挑む様子が捉えられている。

     写真を見たファンからは、「カープの始球式してほしいな」「似合う!可愛すぎるやろ」「カープカラーの里帆ちゃんもステキ」「世界で1番可愛いカープ女子ですね」「うまく取れたかな~」「そのまんま広島カープに入団すれば?」などのコメントが寄せられている。

    引用:https://www.instagram.com/riho_yoshioka/


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00054789-crankinn-ent

     日本ハム・中田翔内野手が15日までに、自身のインスタグラムに広島・菊池涼介内野手との食事会の写真を掲載。昨季セ・リーグ王者の主力との交流を報告しつつ、同席した石井一成内野手、清水優心捕手ら後輩たちの振る舞いに対し、冗談めかした“クレーム”を入れた。

     日本ハムは13、14日とマツダスタジアムで対広島2連戦。広島出身の中田は、この遠征時に実家での食事会を開催した模様で、14日には「この人達と食事しました」と、菊池との2ショット写真などをアップした。

     日本を代表する守備のスペシャリストとの食事会に、同席した日本ハムの後輩は「変に緊張してた!」とのこと。皆が貴重な時間を過ごせたようだが、中田には少し気になることがあった。

     「2人とも真剣にキクの話聞いてた」と後輩の様子を伝える一方で、「俺の話は全く聞かないのに、、泣」と自虐コメント。と言っても、多数掲載された和気あいあいとした食事会の写真からは、兄貴分として慕われている様子がにじみ出ている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000114-dal-base

     「オープン戦、巨人-広島」(25日、沖縄セルラースタジアム那覇)

     広島の2番・菊池涼介内野手が初回1死、巨人の新助っ人ヤングマンから左前打を放った。117キロのカーブを捉え、「うまく反応できて良かった」と納得顔。

     21日に首痛を発症したが、24日の楽天とのオープン戦から実戦復帰。二回裏に雨脚が強くなり、降雨ノーゲームとなったが、「みんな結果を出している。打席に立たせてもらっているので、しっかりやりたい」と表情を引き締めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000149-dal-base

     広島・田中広輔内野手(28)がオーストラリア代表と対戦する「ENEOS侍ジャパンシリーズ2018」(3月3日・ナゴヤドーム、同4日・京セラドーム)に出場する日本代表に選出されることが17日、濃厚になった。昨年のWBC以来の代表入りで、20年東京五輪に向けて絶好のアピール機会。今月中に正式発表される。


     田中は17年WBCで8打数2安打2盗塁と存在感を発揮。昨季は不動の1番として2年連続フルイニング出場を果たし、打率・290、8本塁打、60打点をマーク。盗塁王と最高出塁のタイトルを獲得し、自身初のベストナインに輝いた。

     3日には侍ジャパンの稲葉監督が日南キャンプを視察。田中について「非常に外国人選手への対応力がありましたし、気になる選手の一人。コンパクトに振る対応力がある」と高く評価していた。

     同僚の菊池は代表入りが発表されており、稲葉ジャパンでも「タナキク」コンビで二遊間を組む可能性がありそうだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000036-dal-base

    このページのトップヘ