広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    菊池涼介

     昨季は主に2番で141試合に出場し、打率.315、13本塁打、56打点。リーグトップの23犠打を記録する一方、181安打で自身初の打撃タイトルとなる最多安打に輝いた菊池涼介(26)。定評のある二塁の守備でも、驚異的な守備範囲の広さで歴代補殺記録の上位3位を独占する525補殺を記録。4年連続ゴールデングラブ賞を受賞した。

     25年ぶりのリーグ優勝に貢献したスーパー二塁手は、侍ジャパンではヤクルトの2年連続トリプルスリー男・山田(24)とポジションを争う。球界を代表する名手に聞いた。

    ■複数ポジション準備は当たり前

    ――侍ジャパンでは山田と正二塁手を争う。

    「ボクは絶対二塁で、というのはないんです。WBCは侍ジャパン28人全員で力を合わせて戦わないと勝てない。ボクの場合はセカンド、サード、ショート。小久保監督に『行け』と言われたら、どこでも守ります。プロなので『本職じゃないので守れません』では済まないと思うんです。少なくともボクは嫌。全部守れるように準備しています」

    ――二塁で4年連続ゴールデングラブ賞を受賞しているが、そこまでこだわりはない?

    「代表だから何でもやると言いましたが、実は広島でも絶対にセカンドという気持ちはあまりないんです。学生時代はずっとショートでしたし、広島に入った時も、ポジションはどこでもいいから試合に出たいと思って、ここまで来ましたから」

    ――小久保監督は、山田には「セカンド限定」と言っている。

    「(山田)哲人は哲人。もちろん負けたくないですし、スタメンを勝ち取りたいと思っています。でも、もしベンチスタートだったとしても、何とも思いません。監督に『行け』と言われた場面で行きますし、どこでも守ります。WBCはやるしかない舞台。代表で守備位置がどうとか、ベンチがどうとかいうのはナンセンス。全員が凄い選手の集まりですから。代表じゃなくても、広島でも一緒ですけど」

    ――大谷翔平(日本ハム)のWBC不参加が決まった。

    「大きいですね。投手だけじゃなくて、野手もみんなでカバーしてやるしかない。大谷がいない分、より1点にこだわっていかないといけないと思っています」

    ――WBC公式球は滑る? 対策は?

    「多少滑るなと思いましたけど、自主トレで使ってもう慣れました」

    ――チームの話をすると、昨年は2番打者ながら最多安打のタイトル。今季は首位打者を目指す?

    「最多安打はうれしかったし、自信になりました。ただ、打順が2番なら、バント、エンドラン、右打ちとか、まずはサインプレーをキッチリやること。それが最優先です。14年は打率がリーグ2位だったんですが、翌年は成績が落ちた。隔年というか、2年連続で打ったことがないので、今年が大事。2番なのでまずはチームへの献身。首位打者とかあまり考えていません」

    ――広島ではリーグV2を果たし、昨年届かなかった日本一への挑戦がある。

    「黒田さんがいなくなって、戦力的にも精神的にもポッカリ穴があいたのは確か。でも、その前の年もマエケンさん(前田=ドジャース)が抜けてそう言われましたから。あまり気にし過ぎるのは良くない。黒田さんが抜けたから負けた、ダメになったと言われるのは、しんどいし、悔しいですからね。昨年以上に打線が援護したい」

    ■黒田の後釜は「福井さん」

    ――黒田の穴を埋める候補は?

    「昨年(野村)祐輔は頑張りましたけど(16勝3敗)、打線の援護の兼ね合いもあったと思うし、今年も続けろというのは難しい数字。ボクは福さん(福井)だと思っています。昨年(11月)の湯布院リハビリキャンプで話し合ったんですけど、野手の意見も聞いてくれて、変わってきたなと。今年は自信にあふれているというか、やってくれるんじゃないかと思ってるんです。あとは(大瀬良)大地ですかね」

    ――15年にリーグ優勝したヤクルトは昨年は5位。連覇は難しい。

    「そうですね。ただ、日本シリーズで負けて最後に悔しい思いをしたので、引き締めてやれている気はします。今年は世界一と日本一。何としても勝ちたいですね。大谷がいなくても、黒田さんがいなくても、勝てるとみんなで証明したいです」



    引用元 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/199567

     広島の丸佳浩外野手(27)、菊池涼介内野手(26)ら先乗り自主トレメンバー18人が24日、キャンプ地の宮崎日南に入った。

     チームリーダーの丸は「去年のことは去年のこと。優勝してみんな気が緩んでいるわけじゃない。しっかり成績を残していかないといけない。自分もその1人」と力を込めた。

     昨季は25年ぶりリーグ制覇。日本シリーズで日本ハムに敗れた悔しさをバネに、今季は連覇はもちろん、日本一を狙う。

     18人は、キャンプで使用する天福球場などで25日から自主トレを行う。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000075-dal-base

     昨年、広島25年ぶりのリーグVに大きく貢献した菊池涼介。3月に開催されるWBCにも初参戦するとあって、現在ハイペースで調整中だ。

     菊池といえば球界を代表する守備の名手。時に“変態的”とも称される高い守備力を誇るがゆえ、打撃で注目を集めることはさほど多くない。

     そんな男も、昨季は181安打を放って最多安打の栄誉を獲得。初めての個人タイトルを手にした。ただし、菊池の本当のすごさを表す数字はそこではない。安打数とともに記録した、リーグトップの「23犠打」という数字にこそ表れている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00100789-baseballk-base

     広島の菊池涼介(26)が12日に静岡県内で自主トレを公開。WBCに向けて例年以上に早い調整を進めている。昨季は不動の2番として25年ぶりのリーグ優勝に貢献。181安打で最多安打を獲得し、ゴールデングラブ賞にも選ばれた。

     侍ジャパンの中心選手として期待する小久保監督は、昨年11月の強化試合では主に本職の二塁で起用。大会本番でのスクランブル起用を見据えて遊撃も1試合守った。

     一方で、懸案事項になっているのが三塁だ。強化試合では菊池と同じ二塁のヤクルト山田が三塁に挑戦。山田、菊池の両方をスタメン起用したい小久保監督の意向があったものの、山田は三塁守備でのフットワークに戸惑い、悪送球を記録した。

     ある球界OBは、「山田の守備負担を軽減するには、指名打者で起用し、菊池を二塁、ソフトバンクの松田を三塁で使えばいい」と言うが、別のOBは「山田を二塁、菊池を三塁に置くのがベスト」と、こう続ける。

    「山田は入団当初、遊撃手だった。しかし、送球難によって二塁に転向した。その時の経験もあって、遊撃や三塁に必要不可欠な長い距離の送球に不安を抱えているそうだ。ただ、山田は守備からリズムをつくるタイプだという。三塁や指名打者ではなく、本職の二塁で起用した方が得策だと思う。菊池のプロでの三塁経験は12年の1試合のみだが、強肩かつ守備範囲が広く、動物的な反射神経を持つ。三塁は速い打球に対応しないといけないが、菊池なら問題ないだろう。高校時代は三塁手だったこともアドバンテージになる」

     本番のスタメン発表ではどうなるか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000015-nkgendai-base

     広島・菊池涼介内野手(26)が12日、静岡県静岡市にある清水庵原球場で土生、庄司、磯村らとの自主トレを公開。キャッチボール、ノック、ロングティーなどで汗を流した。悲願の日本一へ向けて「(昨年は)最後の最後に悔しい思いをしたので、そこに向けてしっかりやっていかないといけない。まずは優勝しないといけない」とリーグ連覇を目標に掲げた。

     リーダーの自覚もにじませる。昨季限りでチームの精神的支柱である黒田が現役引退。「黒田さんが抜けて、少し苦しい部分もあると思うけど、新井さん、石原さんに助けてもらったりしながら、ぼく、丸、田中、センターラインで引っ張っていけるようにしたい」と意気込みを語った。

     昨季は141試合に出場し、打率・315、13本塁打、リーグ最多の181安打。4年連続ゴールデングラブ賞を獲得した。WBC日本代表メンバーにも選出されている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000077-dal-base

     広島菊池涼介内野手(26)が12日、静岡市内で行う自主トレを公開した。アップの後はキャッチボールとノック、打撃練習で汗を流した。


     かねての目標に「補殺記録更新」を掲げている菊池。11日の日本野球規則委員会で、併殺を阻止するための危険なスライディングを防ぐ規定が公認野球規則に追加されることが決まったことを受け「二塁から一塁への送球で怖さがなくなる。各チーム今年はゲッツーが増えるんじゃないですかね」と話した。

     菊池は「1軍の試合に出たての頃」に併殺崩しの“餌食”になったこともある。当時守備走塁担当だった石井琢朗コーチと懸命に練習。「1、2年目は削られてケガもした。琢朗さんとずっと避ける練習をやりました。僕は避けられるので、そこまで影響はないのかなと思う。でも怖さはなくなるし送球が安定すると思う」と語った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-01764383-nksports-base

     広島・菊池涼介内野手(26)が12日、静岡・庵原市での自主トレを公開した。

     土生翔平外野手(26)、庄司隼人内野手(24)、磯村嘉孝捕手(24)に、昨季限りで引退し、今季から中日の打撃投手を務める久本祐一元投手(37)と汗を流した。

     昨季は打率3割1分5厘、13本塁打、56打点で25年ぶりのリーグ優勝に貢献。181安打をマークし、最多安打にも輝いた。WBC日本代表にも選出され、「いつもより少し早いピッチでやっている。慌てないようにやりたいが体が勝手に動く」と調整は侍仕様。「黒田さんが抜けて少し苦しい部分はあるが、ボクや、丸、田中とセンターラインで引っ張って行ければいい」とチームリーダーの自覚も口にした。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000086-sph-base

     近年の大卒出身のプロ野球選手は、甲子園のスターや高校時代の有力選手が多く集う六大学や東都だけでなく、地方の大学出身の選手たちの活躍が目立つ。昨年のドラフト会議では、岐阜学生野球リーグに所属する中京学院大の吉川尚輝が、巨人からドラフト1位指名を受けた。

     地方大学出身の選手で、プロで活躍している選手をみると菊池涼介(広島)がそうだ。東京都出身の菊池だが、高校は長野県にある武蔵工業大学第二高に進学。在学中は甲子園出場が叶わず、卒業後は中京学院大へ進んだ。中京学院大では、1年春からリーグ戦に出場。2年春のリーグ戦では三冠王に輝いた。菊池は大学4年間で106安打、打率.379の好成績を残し、守備ではショートを主戦場にしていた。

     地方大学出身ではあるが、スカウトたちは菊池の身体能力に目が留まり、広島が11年ドラフト2位で獲得。プロ入り後は、1年目に当時セカンドのレギュラーだった東出輝裕の故障で出場のチャンスを掴むと、2年目の13年にレギュラーに定着した。広い守備範囲と肩の強さで、同年から4年連続ゴールデングラブ賞を受賞中。打撃では5年目の昨季、最多安打のタイトルを獲得した。3月に開催される『第4回 ワールドベースボールクラシック』(WBC)の日本代表に選出されており、球界を代表する選手に成長した。


    引用元  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00100187-baseballk-base

    このページのトップヘ