広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池涼介

    ■広島 7-2 DeNA(12日・マツダスタジアム)

     広島は12日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に7-2で勝利し、連敗を「6」で止めた。2位のヤクルトが引き分けたため、マジックは2つ減って「7」となった。菊池が4安打4打点と活躍し、クリーンアップも3人すべてが打点を記録した理想的な展開に、緒方監督は「我々のゲームをしっかりやれば勝ちにつながるということ」と満足そうだった。



    「今日はナイスゲームだったね」と会見場に現れた緒方監督は「九里がしっかり6回まで1失点で抑えてくれて、その後もリリーフ陣がよく投げてくれた」と投手陣を褒めた。

     連敗中はあと一本が出ず、この日も4回までDeNA先発・東の前に無得点だった打線が、菊池のひと振りで目覚めた。緒方監督が「重苦しい空気だったのが、あれで流れが変わった一発だった」と振り返ったように、同点の7回には丸が勝ち越しタイムリーを放ち、鈴木、松山も続いて3点を勝ち越した。

    「いいところで3人が大きな打撃をしてくれた。いいイニングだった」と喜んだ指揮官は「丸も(鈴木)誠也も、これまでチャンスで打てなかったけど、勝負どころでランナーを返してくれてよかった」と、主軸の復調に安堵した様子だった。

     今季ワーストの6連敗を「負けるべくして負けていた」と反省した緒方監督だが、理想的な勝利での連敗脱出に、最後は「また明日から一戦、一戦頑張っていきます」と、これまで通りの姿勢を取り戻していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00202719-fullcount-base

    ● ヤクルト 5 - 6 広島 ○
    <19回戦・神宮>

     広島の菊池涼介が1点リードの延長10回に守備で魅せた。

     丸佳浩のソロで勝ち越した直後のその裏、広島の二塁・菊池は、先頭の青木宣親が放ったセカンドベース寄りのゴロをスライディングキャッチし、体勢を崩しながらも素早く一塁へ送球しアウトにした。

     このプレーに同日に放送された『ニッポン放送制作のヤクルト-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「正直いっていいですか、本来なら抜けてます。そういうことです」と菊池の守備を絶賛し、「足の速い青木ですけど、この守備は大きいですね」と振り返った。

     先頭・青木の出塁を許していれば、3番・山田哲人で逆転サヨナラ弾ということも十分考えられただけに、大きな守備となった。結局、10回から登板したジャクソンは3人で打ち取り、広島は6-5で勝利。優勝マジックを「17」にした。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00164327-baseballk-base

    <巨人2-6広島>◇30日◇東京ドーム

    広島が同一カード3連勝を飾り、優勝マジックは1つ減って「19」となった。

    1回に菊池が先制打。2回にバティスタのソロなどで2点を追加した。9回は再び菊池の適時内野安打などでダメ押しの3点を奪った。菊池は守っても美技を連発。6回途中2失点だった岡田の7勝目をアシストした。フランスアが月間18試合登板で、2リーグ制後のプロ野球タイ記録となった。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

    -菊池が活躍

    緒方監督 もう今日は菊池デーでしょう。菊池デーよ。守備、最後の執念の内野安打…。今日はキク1人で暴れ回った感じだね。

    -内野安打はヘッドスライディングでつかんだ

    緒方監督 執念というか、勝ちへの意識。中心選手がああいう姿を見せてくれるんだから。万全の体じゃない中で、本当に頭が下がる。

    -ファインプレーも

    緒方監督 ウチは基本的に守りのチームだから。キク、(田中)広輔、丸のセンターライン。ここがウチの生命線だからね。

    -フランスアが日本記録に並んだ

    緒方監督 記録どうこうより、チームの勝利に貢献する投球を続けてくれているのは頼もしい。しんどいと思うけど、彼1人じゃないから。チームはみんなが満身創痍(そうい)で頑張っている。よそのチームも一緒だろうけどね。ここが踏ん張りどころ。

    -岡田が7勝目

    緒方監督 前回、前々回の反省をふまえて(改善しようという)意識は見えた。けど、しっかりあの6回を投げないと。中継ぎ陣がイチ(一岡)にしてもジャクソンにしても踏ん張ってくれたからね。ナイスゲーム。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00315481-nksports-base

     8月19日に行われた横浜DeNA対広島の18回戦は、9対7で広島が勝利した。初回から4点を先制するなど広島がリードする展開も、今季初先発・戸田を早々に下げ4回から今村に始まる継投。5回から3番手としてマウンドに上がり、2イニングを無失点に抑えたアドゥワ誠投手(19)が勝利投手となった。広島のマジックはこれで「28」。アドゥワのインタビューの内容は以下のとおり。

    ― 最後までどうなるかというゲームでした。どんなお気持ちですか?

     野手の方が打ってくださって、ピッチャーも粘り強く投げていたと思うので、勝ちに繋がったと思います。

    ― まず5回にマウンドに上がりまして、相手はクリーンナップでした。

     1人1人、アウトを取ることだけ考えてました。

    ― 主力の筒香選手を三振に取りましたが、あのボールはいかがでしたか?

     低めにいっていたので、いいボールだったと思います。

    ― 6回のピッチング、ノーアウト二塁・一塁というピンチを招いてしまいましたけども、落ち着いていました。

     キクさんのファインプレーに助けられました。

    ― チームはこれで、3カードぶりの勝ち越しとなりました。

     はい、このまま勝っていきたいと思います。

    ― 昨日、再点灯したマジックを減らすということになります。優勝という大きな目標に、1歩1歩近づいていきますが、いかがですか?

     まだ試合数も多いので、1戦1戦しっかり戦っていきたいと思います。

    ― これからもナイスピッチングを期待しています。

     ありがとうございました!

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00010017-abema-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     “ゼロの神話”が全日程終了まで続くことを、ひそかに期待していた。広島菊池が「究極の目標」と語っていたシーズン無失策。だが、惜しくも来季以降に持ち越しとなった。


     20日の巨人戦の7回。無死一塁から一塁寄りの一、二塁間に力なく転がった長野のゴロをつかんだ。反時計回りに素早く回転して二塁送球。これが三塁方向にそれる悪送球となった。

     シーズン半分が過ぎた80試合目での初失策。これは守備機会が多い二塁手としては驚異的だ。今季ここまで全試合スタメン出場して無失策の選手は、12球団で菊池ただ1人だった。

     緒方監督は「あの守備力は本当に大きい。どれだけチームを救ってくれているか。経験と能力。野性的な勘だろうな」と語ったことがある。玉木内野守備走塁コーチも「打てなくても、守備だけでヒット3本くらいの価値がある」と話した。「忍者」とも形容される守備への信頼は絶大だ。

     オリックス担当時代、二塁手の連続守備機会無失策「836」の日本記録保持者である福良監督に、当時の心境を聞いたことがある。更新する記録が700、800と節目を迎えるたびに「もう勘弁してよ」という気持ちになったそうだ。本人しか分からない重圧。それを想像すると、菊池の貢献の大きさは、さらに価値が高まる気がする。【広島担当 大池和幸】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00275626-nksports-base&pos=5

     「広島3-2中日」(9日、マツダスタジアム)

     広島・新井がサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

     2-2で迎えた延長十一回、1死から代打で登場すると、初対戦の左腕・ロドリゲスから右前打を放って、チャンスメークした。その後、菊池がサヨナラ打を決めると、ベンチから一番に飛び出して、喜びを爆発させた。

     試合後、新井はロドリゲスとの対戦を「ボールが動くと聞いていた。強引にならないように気をつけた」と振り返り、「みんなの力で勝てた。ナイスゲーム」と勝利を喜んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000179-dal-base

    <DeNA5-6広島>◇5日◇横浜

     広島が延長戦を制して貯金を今季最多タイの18とした。


     9回に2点リードで送り出した抑えの中崎が打たれて同点。10回は会沢、安部の連打で1死一、三塁とし、代打西川の併殺崩れの間に1点を勝ち越した。その裏を抑えた3年目左腕の高橋樹がプロ初セーブ。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     -相手に流れがあった中でよく勝ち越した

     緒方監督 ぎりぎりのところで選手全員が、今日の試合に勝つという気持ちを出してやってくれた。キク(菊池)の大活躍もあったし、最後はミキ(高橋樹)がね。あの子は気持ちが強いから。

     -プロ初セーブ

     緒方監督 去年から見てきて、物おじしないところがあったので、投手コーチと話して投げてもらった。

     -菊池は4安打

     緒方監督 昨日、今日と吹っ切れたような感じ。中心選手だし、引っ張ってもらう。

     -先発高橋昂が制球難

     緒方監督 まだまだ(今後も)投げさせるよ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00290984-nksports-base

     8月5日に行われている横浜DeNA対広島の15回戦で、広島の菊池涼介内野手(28)が2回に華麗な守備を披露。田中広輔内野手(29)との鉄壁の二遊間でダブルプレーを成立させた。菊池のこの守備に対して、AbemaTVで解説を務める小田幸平氏(41)が「さすがニンジャ! ヒット3本分の価値がある美技」と称賛した。

     2回、横浜DeNAは四球で出塁した筒香を一塁に置き、バッターは左投手に強い宮崎。そんなデータ通り、左腕の高橋が放った真ん中低めの直球をセンター方向へ弾き返したものの、言わずと知れた守備の名手・セカンドの菊池が立ちはだかった。

     菊池は速いゴロに追い付いて打球を止めると、体勢を崩しながらも前に落としたボールを素早く拾い上げて二塁へトス。これをショート・田中が阿吽の呼吸で捌いて一塁へと送球。センター前ヒットになってもおかしくないような打球を“タナキク”ならではの守備力で見事にダブルプレーにしてみせた。

     この圧巻のプレーに対して小田幸平氏は「まるでニンジャですね。この守備はヒット3本分くらいの価値がありますよ」と手放しで称賛。菊池の守備力にあらためて感心している様子だった。横浜ファンの視聴者からも「やられたー」「うっまwww」「敵ながらナイスプレー」といった驚嘆のコメントが多数寄せられていた。

     菊池はこの守備で波に乗ったのか、3回にはライトへの11号ソロホームランを放った。前日の8番での出場がいいリフレッシュとなったようで、攻守に秀逸なプレーを披露している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00010017-abema-base

     4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、2回の広島・菊池涼介の走塁を絶賛した。

     2回無死二塁からタイムリーを放った菊池は、大瀬良大地のバントで二塁へ進塁。菊池は1番・田中広輔が放った詰まった当たり、DeNAのセンター・桑原将志の前に落ちるのを確認すると、スピードをあげて一気にホームに生還した。

     この走塁に大矢氏は「少し詰まり気味の打球だったので、落ちるまで我慢するか、判断よく回ってこないと還ってこれないんですけど、1回振り返った瞬間にセンターの桑原と位置関係を判断して、そのままホームに還ってきました。非常に良い走塁でした」と頭を使った走塁を高く評価。

    「桑原もダイレクトで(ホームに)放ってきましたので、そのおかげで田中もセカンドまで楽にいけましたよね」。打った田中もセンター・桑原が本塁へ送球する間に二塁進塁した。菊池の走塁が打者走者の田中の進塁をアシストする形となった。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00161514-baseballk-base

    <DeNA-広島>◇4日◇横浜

     タナキクマル解体。広島が打線を組み替えた。打撃不振が続く菊池涼介内野手(28)を8番に下げ、打撃状態が上向きの安部友裕内野手(29)を2番で起用した。



     菊池は1試合スタメンを外れたのみで、開幕から2番での先発出場を続けていた。だが、打率は2割3分6厘と低迷。前日3日も2度、好機で凡退するなど4打席無安打で8回の打席で代打が送られた。チームの顔ともいえる1番からの田中、菊池、丸の「タナキクマル」の並びが変更となった。広島のスタメンは以下の通り。

     (遊)田中

     (一)安部

     (中)丸

     (右)鈴木

     (左)松山

     (捕)会沢

     (三)西川

     (二)菊池

     (投)大瀬良


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00289678-nksports-base

    このページのトップヘ