広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池涼介

     2016年12月に胃がんがわかったプロ野球・広島カープの赤松真人選手(35)。17年1月に胃の半分を切除して半年間、抗がん剤治療を受けました。「病気やけがと闘う人に、勇気を届けたい」。その思いでトレーニングに励みます。支えてくれた周囲や病への思いを聴きました。



    ■野球ができる喜び

     仲間と汗を流して、野球ができる。いま、チームメートと野球ができることが本当にうれしいです。1年前は考えられませんでした。「野球ができない」という去年があったからこそ、野球ができることがうれしいのです。

     例年、健康診断を受けている医療機関で2016年12月、胃カメラの検査を受けました。妻が予約していて、「ただ待っているのもな」と思って自分も受けたらがんが分かった。

     自覚症状も全く無かったので「うそでしょ?」と思いました。先生からは、「これ、風邪」っていうぐらいに簡単に「あ、がんだね」と言われました。初見では悪いがん細胞でもないという話だったので、そこまで深刻に受け止めていなかった。手術で胃をちょっと切って、治ればまた戻れる、合流できると考えていました。

    ■つらい治療

     もしもあのとき、検査を受けなかったら、40歳まで生きていなかったかもしれません。胃を全摘出する必要があっただろうし、野球もできていなかったと思います。

     父が肺がんになったんですが、どこか他人事でした。後から新聞で「がんは2人に1人がかかる」と知って驚きました。なのに「自分だけはかからない」と思っていた。浅はかだったなと思います。

     でも「抗がん剤はつらい」という知識はあったんですよ。だからリンパ節への転移が分かり「ステージ3」と言われ、「抗がん剤治療が必要です」と言われたときが一番ショックでしたね。

     抗がん剤は、再発率や生存率を聞いて、半年間の治療を選びました。でも副作用が手足に残ると言われました。

     点滴と飲み薬を併用し、8セット繰り返す治療でした。1回目が終わった時は「これなら耐えられるだろう」と妻と話した記憶があります。でも抗がん剤って、治療が始まった直後にがくっと体調が悪くなる。インフルエンザにかかったみたいになり、下痢と嘔吐(おうと)も続く。治療が始まった日の夜は、眠るのが本当に怖かったですね。

     「やめたい」と思うこともありましたけど、スポーツ選手なので、元々しんどいことをやってきているんですよ。つらい治療も慣れてくる。とにかく「頑張ろう」と思っていたかな。ただ、8回目の終わりが一番きつかったです。ボールを持っても握っている感覚はないし、投げられない。「もうダメだ、野球はできないな」と思いました。

    ■妻やチームメートの存在が助けに

     つらい時に何よりも支えてくれたのは、家族。妻と息子2人が本当に支えになりました。長男は風邪を治すぐらいの軽さで「早くがん治してね」って言います。

     自分自身は抗がん剤や手術の傷口の痛みに耐えるだけでいいんですけど、妻はそれ以上のダメージがあると思います。「何でこのしんどさを分かってくれないんだ」と僕が思っても、そりゃあ分かりませんよね。必死で分かろうとしてくれる妻に当たってしまうこともありました。でも、独りで誰にも相談できなかったら、つらかったと思います。妻には本当に感謝しかありません。

     カープの菊池(涼介選手)とは、以前からご飯に行ったり遊んだりしていました。病気が分かった時も、一番最初に打ち明けたのは菊池です。チームメートはみんな明るく話してくれ、ありがたかったですね。

     試合前の休憩時間、球場の菊池からLINEでテレビ電話がかかってくるんですよ。試合前ですよ?(笑)

     「もしもし? 生きてるー? 元気そうな顔してるやん」って言われて、周りにいる選手たち一人ひとりと話して。励みになりましたね。病気になってしんどいと、「外に出よう」と思わなくなります。ほっといてくれ、独りにしてくれ、って思うんです。でも独りだと「抗がん剤がつらい」とか考えてしまう。それって良くないんだな、と思いました。

     菊池からの電話でも、しんどい顔は見せられない。動画なんで、ちゃんと座り直して「おう」と答えて、元気な姿を見せようとする。そうすると、電話した後もちょっと元気なんですよね。

     入院中に「来ないでくれ」って言う人、多いと思うんです。確かに「来ないでいい」と思っているんですけど、来てくれたら来てくれたで、元気な姿を見せようとするんですよね。そうやって振る舞うことで、少しずつ免疫力が上がるような気がします。

     がんって、独りで乗り越えていくにはつらい病気です。僕は、家族やチームメート、ファン、多くの方に励まして頂いて、本当に恵まれているんですよね。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000017-asahi-soci

     忍者復活だ。広島の菊池涼介内野手(27)が17日、静岡県静岡市清水区で自主トレを公開し、改めて全143試合出場と究極の失策「0」に意欲を燃やした。年末には米国ロサンゼルスで自身初の海外自主トレを行い、故障防止のために食事制限などの新メニューを実践体験。万全の状態でグラウンドを走り回り、リーグ3連覇に貢献する意気込みだ。

     静岡地方はあいにくの荒天。菊池は自主トレ仲間の庄司、磯村らと清水・庵原(いはら)球場の室内でキャッチボールやノック、ティー打撃などに励んだ。動きは軽快。体は幾分大きくなったように映る。

     「よく“見た目も変わった”と言われるけど、体重も何も変わっていない。ただ、体調はすごく良くて、朝もスッと起きられる」

     WBC参戦のため早めに仕上げた昨春とは一転。状態のよさを実感しながらも、長いシーズンを見据え、自分のペースを崩さない。「体が軽い」のは初となる試みの成果だった。年末に約10日間、ロサンゼルスで自主トレに汗を流していた。

     「自分のやりたいことを海外でやりたかった。流れが良くなかったので、変えてみようという思いもあった」

     現地では股関節、肩甲骨の可動域を広げるトレーニングや、タンパク質の主成分グルテンを摂らない食事を実践。中でも後者に効能を感じ取り、「食事制限は初めて。日本では誘惑が多いけど、帰国後も気にするようになった」と笑った。

     胸中には主力としての自覚がある。WBCでの奮闘からコンディション維持に苦しみ、出場138試合にとどまった昨季。「広輔も丸も全試合に出ている。自分も欠けたくない」と力を込める。

     「万全でシーズンを戦い抜きたい。元気ならグラウンドを走り回れると思う。全143試合フィールドに立って仕事を全うしたい」

     その上で守備の記録にも意欲を示した。「補殺は自分一人の力では無理。ただ、失策がゼロなら上積みできる。忘れられかけているけど、記録を伸ばしたい」。昨季の補殺数は407。535の日本記録を持ち、上位トップ3を独占する名手にすれば不本意な数字だが、万全な状態で全試合出場を果たせば、更新は可能だろう。忍者と形容され、世界を震撼(しんかん)させた超人的な動き。菊池の復活は即、リーグ3連覇に直結する。 (江尾 卓也)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00000072-spnannex-base

     広島・新井貴浩内野手(40)、菊池涼介内野手(27)、石原慶幸捕手(38)が15日、大阪・MBSテレビ「痛快! 明石家電視台」の収録に臨み、「実際どうなん!? 広島カープ」と題し、様々なエピソードを披露した。

     新井は「今思い出しても辛い大失敗」のテーマで新人時代のボーンヘッドを告白した。99年9月14日のヤクルト戦(広島)で一塁走者だった場面。ディアスの左翼最前列に飛び込んだ本塁打を左飛と勘違いし、一、二塁間から逆走。打者走者のディアスとすれ違ってしまい、幻のアーチとなった悪夢を振り返った。

     「帰らないといけないと思って戻ったら、フワッと影(ディアス)が通ったんです。金本監督も当時はカープの選手だったんですけど、試合後に『ディアスは出来高をやっているんだ。ホームラン1本分の出来高払え!』と言われて、謝りにいったら、ディアスは『何のことだ』と。金本監督の嘘だったんですね」と苦笑いを浮かべた。

     番組には、チームを支える玉山スコアラー、上野打撃投手も出演。新井は収録後に「裏方さんも含めて楽しい子が多い。みんな仲が良いんで。日常会話をテレビでしているような感じでした」とアットホームなカープの雰囲気を強調した。関西ローカルで2月5日の午後11時58分から放送される。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000157-sph-base

    <言葉の力:広島>

     広島は79、80年以来37年ぶりにセ・リーグ連覇を達成した。胃がんを公表し、グラウンドに戻ってきた赤松の存在がナインを鼓舞。チーム最年長40歳の新井を中心に一丸となって戦った。担当記者の印象に残った言葉は…。


       ◇ ◇ ◇

    ▽緒方監督「一番邪魔なものは情なんよ」(大きな補強のないまま迎えた今季。チーム全体の底上げを目指し、競争を激化させた指揮官。心根の優しさを欠くし、ときに冷酷な判断に徹したことを表す一言だった=池本泰尚)

    ▽赤松「34歳で胃がんでしょ。死んでても不思議じゃない。でもそこで俺を死なせなかったというのは、何かあると思うから。もう、自分のために野球をするわけじゃない」(前例のない胃がんからの復帰を目指す中で出た一言。ただならぬ使命感を背負い、グラウンドを目指す=池本泰尚)

    ▽菊池「自分のミスで負けた。典型的な負け方。決勝に進めるチームの姿を見て、やり返したい気持ちも焼き付けた。だからいろんなものを見ていました」(現地3月21日、第4回WBCの準決勝で敗れて。一時同点に追いつくソロ本塁打を放つも自分を責め、試合後はベンチの最前列で米国代表のハイタッチの輪を見続けた=池本泰尚)

    ▽エルドレッド「カラゲンキ!」(4月9日、開幕2戦目から連続スタメンが続き、緒方監督から「元気?」と問われて。来日6年目。言葉だけでなく、思考も日本化? =前原淳)

    ▽丸「打撃は0コンマ何ミリを積み重ねるような作業。ゴールも、答えもない」(7月3日、前日に通算100号に王手をかけても休日返上で練習。プロ入りからほぼ無休で練習に取り組む姿は、まるで修行僧。3日後見事に100号達成=前原淳)

    ▽新井「もう1人と対話している。『慌てちゃいけんよ』とか『前に出されるな』とかね」(9回に5点差を逆転した7月7日のヤクルト戦の逆転3ランを振り返って。40歳で達した打席での対話。大打者がたどり着いた領域と感じた=池本泰尚)

    ▽鈴木「神様が変われるチャンスをくれた」(11月、シーズン終盤に右足首の負傷で長期離脱も、自分自身と向き合う貴重な時間になったと感謝した。来季、変化した姿が楽しみだ=前原淳)

    ▽会沢「ストレスは現代人がつくった都合のいい言葉。戦国時代にストレスなんて言葉はない。そんなヤツはすぐに斬られる。生きるか、死ぬか。その世界にストレスは関係ない」(主戦捕手としてマスクをかぶり、批判、重圧をはねのけた。真っ向から立ち向かう意気込みを感じた=池本泰尚)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00085346-nksports-base&pos=1

     広島・菊池涼介内野手(27)が21日、広島市内の球団事務所で契約交渉に臨み、4500万円増の年俸1億9000万円で更改した。今季はゴールデングラブ賞とベストナインに輝いた菊池はムードメーカーからリーダーへ進化を宣言。大先輩の新井貴浩内野手(40)を“温存”させると意気込んだ。

     菊池が“オオトリ”で更改を終えた。4500万円増の年俸1億9000万円。自覚を胸に、カープのリーダーとなることを誓った。

     「球団からは『(田中、菊池、丸の)3人でチームを引っ張っていって欲しい』と。リーダーになれるように。新井さんに頼ってばっかりではいられない」

     今季は打率・271、14本塁打、56打点。ゴールデングラブ賞、ベストナインを受賞し、リーグ連覇に貢献した。押しも押されぬ中心選手。だからこそ、いつまでも大先輩に頼っていられない。来年1月で41歳の新井はチームの盛り上げ役も、鈴木や松山らへの助言も惜しまない。菊池は「存在感はある。大事な人。あと10年はやると思う。(球団に)申請している」とジョークを交えつつ、語気を強めた。

     「まずは3人で新井さん1人分の役割ができたら。(新井さんの)領域には達することはできないけど、少しでも近づけるようにしたい。“金魚の糞”のようにくっついていきたいです」

     12月初旬のハワイ優勝旅行後は、米国で自主トレを敢行。来年1月初旬からは、元広島の中日・久本打撃投手が静岡県内で開催する合同自主トレに参加予定だ。

     「まずは優勝。CSに勝って、日本一になりたいです。チーム一丸となって、突き進みたい」

     来季はアライさんならぬキクチさん!? コイのリーダーとなって、球団史上初の3連覇へ引っ張る。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000008-sanspo-base

     広島・安部友裕内野手(28)が6日(日本時間7日)、優勝旅行先のハワイで取材に応じ、同学年の「タナキクマル」と競い合い、1~3番の打順に割って入る心意気を示した。アクシデントなどの緊急時に備えつつ、不動の上位打線に風穴をあける。チームは7日午後、チャーター機で広島空港に帰国した。

     誰よりも海が似合う。持ち前の身体能力を生かし、安部が波を乗りこなした。「楽しかったです。かなり乗れましたね」。とても3度目のサーフィン挑戦とは思えない。インストラクターも「すごい!さすがですね」と驚くほどのセンスを見せつけた。

     「覇気」全開の男は優勝旅行中もメリハリが利いている。朝はホテル周辺を散歩し、ジムで汗を流す。すべては来季のため。プロ11年目へ決意の表れだ。

     今季はプロ初の規定打席に乗せ、チームトップの打率・310、4本塁打、49打点をマーク。同学年「タナキクマル」とリーグ連覇の原動力となり、キャリアハイのシーズンを送った。

     「やっと10年目というところで差を縮められた。いずれは追い越したいという気持ちはある」。3人への対抗心は隠さないが、現状の1~3番は「絵に描いたようないい打順だと思う」と素直に認める。

     1番・田中が出て、2番・菊池が送り、3番・丸がかえす-。「彼らがやってくれているから、チームも強い。高め合っていきたい」。来季は「タナキクマル+アベ」の4人でハイレベルに競い合う。

     「上位打線を打ちたい」という言葉もまた本音だ。学生時代は俊足巧打の内野手で鳴らし、主に1番を打った。今季は「つなぐ5番」として脚光を浴びたが、1~3番を打つ能力も十分に兼ね備える。出塁率は・354、盗塁数も自己最多の17。打席でも積極的に仕掛け、「紙一重」と語る淡泊さを上回った。

     緒方監督の構想にも呼応した形だ。「タナキクマル」の並びに関して「今の形が100%のベストか。そういう固定観念を持っていたら失敗する」と柔軟な考えを持つ。故障や体調不良、アクシデントなどペナントレースは想定外のことも起こり得る。安部も「選択肢は多い方がいい。何かあった時に名前が挙がる選手でありたい」と力強く話した。

     現状維持では満足できない。「自分の色を出して、チームから求められるものを出せればいい」と燃える男は力を込める。型にはまらない。リーグ3連覇へ、安部が鯉打線に新しい波を作る。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000011-dal-base

     ハワイへV旅行中の広島・菊池涼介内野手(27)が2日(日本時間3日)、マイペース調整で、来季へ臨むことを明かした。今年は3月にWBCへ出場したため「急ピッチでやったけど、早いといえば早かった」と振り返る。「ゆっくり今年(今オフ)は自分のペースでやりたい」という。

     シーズンを終えて、菊池は「もう一つシーズンがあったという感じ」とWBCを表現した。侍ジャパンでもチームの主力。2月の代表合宿から数えても、例年以上の試合数を重ねた。シーズンに入るとコンディション不良のため試合を欠場したこともあった。5月の阪神3連戦(甲子園)ではスタメンを外れ、まさかの3連敗。菊池の存在の大きさが浮き彫りとなった。

     それでも138試合に出場し、打率・271、自己最多14本塁打。飛距離も伸ばした。30犠打はリーグ最多。小技も健在で、不動の「二番・二塁」として、ベストナインとゴールデングラブを同時受賞した。

     来季へ向け、具体的な数字については「考えはない」と言いきる。「1試合自分ができることで貢献する。数字に興味はない。チームのために」。来年1、2月は「実戦ではなく体を作ること」がメインだ。リーグ3連覇へ、菊池が最高の準備を整える。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000037-dal-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     日本野球機構が17日に発表した2017年セ、パ両リーグのベストナインには、5人ずつ初受賞者が出ていることが珍しく、しかも“苦節何年目”の中堅が多い。

     パ投手が8年目の西武・菊池、同捕手が育成含め7年目のソフトバンク・甲斐、同一塁手には12年目の楽天・銀次(ただし、14年に三塁手で受賞)。さらに三塁手には来日3年目の楽天のZ・ウィーラー、ベストDHには来日4年目のソフトバンクのデスパイネが選ばれた。

     セの方も捕手に11年目の広島・会沢、一塁手に来日5年目の横浜DeNAのJ・ロペス、二塁手に6年目の広島・菊池涼介、三塁手には首位打者を獲得した5年目の横浜DeNA・宮崎敏郎、遊撃手は4年目の広島・田中広輔といった具合だ。

     二塁手は最近3年間、「ゴールデングラブ賞が菊池、ベストナインはヤクルト・山田哲人」と“棲み分け”ができていたが、今季は山田が打率・247、24本塁打、14盗塁の不振で、初めて菊池が独占する形になった。

     08年以降、阪神・鳥谷敬か巨人・坂本勇人のいずれかだったセの二塁手も、広島・田中が4年目で風穴を開けた。

     チーム別では2位・阪神に10ゲーム差をつけ37年ぶりにリーグ連覇した広島が両リーグを通じ最多の5選手。初受賞トリオに加え、外野手で3回目、両リーグ最多の274票を獲得した丸佳浩と2度目の鈴木誠也だ。

     3位・DeNAはロペス、宮崎の他に3度目の主砲・筒香嘉智。11年ぶりのBクラス転落で4位巨人は2度目の菅野智之1人。

     5位中日、最下位ヤクルトのゼロはわかるが、2位阪神の受賞者なしは意外。クライマックスシリーズファーストステージでDeNAに敗れたのも当然か。

     パ・リーグは2年ぶりにリーグ優勝したソフトバンクが最多の4人。初受賞の甲斐、デスパイネの他に、2度目の遊撃手・今宮健太、パ・リーグ最多得票255で3度目の外野手・柳田悠岐。日本ハム入りする清宮幸太郎がここに名を連ねるのはいつになるだろうか。(江尻良文)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000017-ykf-spo

     NPBでは11月9日、守備のベストナインである「ゴールデン・グラブ賞」の発表があった。選手の総合成績をポジションごとに評価するベストナインの発表は、11月20日に「NPB AWARDS」で行われる。今回はこのベストナインの予想を、データを基にしていきたい。



     ベストナインは記者による投票なので、様々な要素が考慮されるが、守備が評価されるゴールデン・グラブ賞があるので、主として打撃成績が評価される。また、優勝チームの主力選手は貢献度が高いと見られる傾向にある。

     ここではセ・リーグ各ポジションごとの打撃成績を比較する。通常の成績に加え、安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味した打者の総合指標RC(Run Create)も加えた。RCはシーズンで100を超えればMVP級の活躍とされる。また、球団ごとに最も多くその守備位置で出場した選手で比較。例外的に、RCがその選手より上だった選手も紹介したい。

    〇一塁手
    ロペス(De)569打171安30本105点0盗 打率.301 RC 95.35
    エルドレッド(広)344打91安27本78点0盗 打率.265 RC 66.45
    阿部慎之助(巨)455打119安15本76点0盗 打率.262 RC 57.74
    ビシエド(中)332打83安18本49点4盗 打率.250 RC 46.93
    新井貴浩(広)243打71安9本48点2盗 打率.292 RC 44.41
    原口文仁(神)186打42安6本25点0盗 打率.225 RC 21.69
    荒木貴裕(ヤ)188打39安6本25点2盗 打率.207 RC 17.79

     最多安打と打点王に輝いたDeNAロペスの受賞で間違いないだろう。優勝チーム広島は、一塁を2人で守ったため、エルドレッド、新井はともに規定打席に到達せず。巨人の阿部慎之助も3年ぶりに規定打席に到達したが、成績では及ばない。

    本命:ロペス(DeNA)、対抗:阿部慎之助(巨人)、穴:新井貴浩(広島)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00092421-fullcount-base

    このページのトップヘ