広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池涼介

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が13日、自身のブログを更新。前日12日の「マイナビオールスターゲーム2019」第1戦(東京D)で「きくりん」と呼ぶ仲良しの広島・菊池涼介内野手(29)と交わした会話を明かした。

     「おーるすたーでも、やりますよ~。くうちゅう、くるりんぱ~ぱちり」と、自身のかぶっている大きなヘルメットを脱いで目の前で何度もくるくる回した後で頭上に高々と投げ上げ、頭で直接キャッチしようと試みる恒例パフォーマンス「空中くるりんぱ」に失敗する写真をアップ。「みんなのきたいに、あるいみこたえた。。。」と“通常モード”でほのぼのさせた。

     普段はライバルとしてしのぎを削る選手たちがチームを超えて交流する微笑ましい姿がたくさん見られる球宴。それは球界屈指の人脈を誇るつば九郎にとっても同じだ。「きくりんからも~まいかいみてますが、せいこうしたことあるんですか?と。どうどうとこたえてやった。『ない!』『これっぽっちもない!!』。敬語を使って丁寧に質問してきた礼儀正しい菊池涼になぜか“上から目線”で失敗続きを自慢したつば九郎。

     「でもほんとにみてるね、きくりんは。き)たまにあたまに、どん!ありますよね!?そのうちできますよ~!って。そんなちゅうもくしないで~あはは~」と菊池涼から励まされたことを明かしていた。

     この1人と1羽は以前から交流があり、菊池涼が4月27日のヤクルト―広島戦(神宮)で史上295人目の1000安打を達成した際にはつば九郎が小走りで駆け寄って花束贈呈役を務め、がっちりと握手ならぬ“あくてば”。つば九郎は翌28日に更新したブログで「おとももちのきくりんが~1000あんだたっせい。2ばんばったーというだじゅんでの、はやくの1000たっせい、ごいす~です。2000めざしてばんがれ、きくりん!!!」と改めて祝福していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000232-spnannex-base

     コイの黄金ルーキーは名手の目にどう映っているのか――。広島のドラフト1位・小園海斗内野手(19)が高卒1年目から一軍で奮闘中だ。20日のロッテ戦(マツダスタジアム)でプロ初先発初出場を果たすと、初打席で初安打をマーク。一方で、遊撃守備では先発3試合で4失策と粗さが目立ち、23日のオリックス戦(マツダスタジアム)では代走出場にとどまった。

     緒方監督は小園の今後について明言していないが、近々にも二軍で再修業となる見込み。攻守の高い潜在能力は誰もが認めるところだが、失策が痛い失点に結びついたのも事実。「打つだけでは一軍にはいられない」と守備面への厳しい声も飛ぶ。「一軍に食らいついていきたい」と話す小園自身、守備は「課題だらけです」と認めている。

     では小園に足りないのは何か…。奮闘する後輩を温かく見つめているのが菊池涼介内野手(29)だ。クールな先輩の答えはシンプルに「経験」。ただ中身は深い。今や球界を代表する名手も若手時代は苦労した。「初めは誰でもミスをするもの。僕も最初は相当エラーしましたから。多くを求めちゃいけませんよ」。

     菊池涼もルーキーイヤーの2012年は56試合で二塁を守り9失策。レギュラーに定着した13年は、5月に本拠地で1試合3失策するなど二塁手で最多の18失策だった。

    「マツダは他球団の選手も『一番難しい』という球場。これはハッキリ言えますが、1年間通して守った経験がないと、あのグラウンドを分からないんです」。いわく、芝と土が入り交じるマツダスタジアムの内野は“生き物”だという。

    「芝は向きも大事だし、長さも一定じゃない。天気、土の状態も含めて日々頭に入れておかないと守れない。実はね、昼と夜でも芝は違うんです。そこに投手や打者の傾向も入ってくる。小園は今、いっぱいいっぱいなはずですよ。でも経験していけばムダな動きは減ってくる。若いから動きはいいし、バネもある。楽しみなヤツですよ」

     小園は現在“涼介”と刺しゅうされた菊池涼モデルのグラブを使用している。その尊敬する名手の言葉を借りるなら、守備で外野の声を黙らせるには一軍の出場機会をつかみ続けるしかない。ならば、勝負はバット。小園が生き残るための答えは出ている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000034-tospoweb-base

    ○ DeNA 13 - 3 広島 ●
    <10回戦・横浜>

     広島の名手・菊池涼介が素晴らしいプレーを見せた。

     3回一死二塁からDeNAソトがセカンドベース後方に放った打球を、セカンド・菊池がジャンピングキャッチ。菊池は素早く二塁へ送球し、飛び出していた二塁走者・今永昇太をフォースアウトでダブルプレーとした。

     この好守備に『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「神業ですよね。今のは抜けたと思いました。凄いですね。素晴らしい」と興奮気味に話した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00193810-baseballk-base

    楽天 - 広島
    <3回戦・楽天生命パーク>

     初回に第5号ソロを放った広島の菊池涼介がその裏、守備でも魅せた。

     菊池は、1-0の初回無死走者なしから茂木栄五郎がセカンドベース後方に放った難しい打球をキャッチし、右膝をつきながら一塁へ送球しアウトにした。

     このプレーにTBCラジオ制作でニッポン放送でも放送されている25日の『楽天-広島戦』で解説を務める上岡良一氏は、「完全にセンター前に抜けたと思ったんですけど、追いついてなおかつ、ハーフバウンドで一番難しい当たり。それをさばいて、体勢が崩れているんですけど、しっかり投げ切った。本当に神業ですよね」と絶賛した。

    (提供:TBC POWERFUL BASEBALL)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00193398-baseballk-base

     西武の守備職人・源田壮亮内野手(26)が6年連続ゴールデン・グラブ賞の守備名人、広島・菊池涼介内野手(29)の奥義を目の前で堪能した。

     これも交流戦ならではの学習機会だ。プロ2年目の昨年、守備の名手に贈られるゴールデン・グラブ賞を初受賞した源田が、4~6日の広島3連戦(メットライフ)で菊池涼の名人芸に触れた。

     源田は自軍ベンチから菊池涼のポジショニング、グラブさばき、状況によってテンポを変える送球など、磨き抜かれた技を目を凝らしてチェックしたという。5日の試合では7回の第4打席で自らが放った高いバウンドの二ゴロに菊池涼が猛然とチャージ。際どい判定となったが、西武ベンチが要求したリプレー検証の結果も「アウト」で名人の守備力に軍配が上がった。

     源田はこの3試合で見た菊池涼の守備について「ハンドリングがすごく柔らかいですね。送球もランナーを見ながら(時間的な)余裕がある時は余裕を持ってやっているなと思う。(全体的に)すごく状況を見ながらやっているという印象」と感服。続けて「ベンチからどんな構え方をしているのかとかちょいちょい見てます。新しい発見とかもなくはないです」と3日間の収穫を振り返った。

    「僕とはタイプが違うと思う。僕は多分まねできないと思う。まず、能力が違いすぎると思う。菊池さんはすごいバネがある。あの守備はできないので、他のところでそれをカバーするしかない。みんなそれぞれ自分のスタイルやリズムがあるので簡単にはまねできない」と冷静に自らと比較分析。できること、できないことを取捨選択しながら菊池涼の名人芸を心に留めていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000032-tospoweb-base

     広島の連勝は11でストップした。

     26日の巨人戦。同点の八回に巨人・重信に犠飛を許し、接戦を落とした。それでも敵地での首位攻防戦は2勝1敗と勝ち越し。2ゲーム差で首位をキープする。この日も3点差から代打・長野の適時打で一時同点とするなど、負けてなお強しという印象を植え付けた。巨人の原監督は「なかなかすんなりいかないけど、勝ったのは大きい」と3タテを免れ、安堵した様子である。

     それにしても、たった1カ月前は最下位だった広島。浮上のきっかけはあったのか。チームを引っ張る菊池涼介(29)が「あの勝ちはデカかった」と振り返るのが4月17日の巨人戦だ。

     先月の巨人との九州シリーズ2連戦。16日の鹿児島での初戦は守備が乱れ大敗を喫し、借金8、首位巨人との7ゲーム差はいずれもワーストに膨れ上がった。翌日の熊本での第2戦は、八回に広島から巨人へFA移籍した丸に勝ち越し2ランを浴び、最悪のシナリオで敗色濃厚。が、広島打線は九回に3点を奪って大逆転勝ちを収めた。

     2死三塁から起死回生の同点二塁打を放った前出の菊池涼が続ける。

    「もしあのまま巨人に連敗していたら、歯止めが利かずにそのままズルズルいきかねなかった。普段はあまり一喜一憂しないんですけど、あの同点打はめちゃくちゃうれしかったですから。その前に丸が2ラン? あれでみんな目が覚めたというのはありますね」

     もし負けていたら借金9。2007年に日本ハムが借金8から逆転優勝した例はあるが、借金9からはプロ野球史上一度もない「デッドライン」だった。

     1番の野間も「確かに熊本ですね。丸さんのホームランでみんなに火がついて、チームに勢いが出てきた気がします」と証言する。

     そこから広島は8連勝で一気に借金を返済。熊本での勝利以降、24勝7敗1分けと驚異的な勝率で、あっという間に巨人を抜き去り、首位に立った。しかし、菊池涼はこうも言っている。

    「今は勝っているけど、4月はああいう状態だった。過信と油断は絶対禁物。何かの拍子に4月みたいな状態に逆戻りしてしまう可能性だってありますから」

     大黒柱の丸を失いボロボロだった4月、広島ナインの横っ面をひっぱたき、目覚めさせてくれたのは、他ならぬ丸であり、首位を争う巨人だったというのは皮肉である。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000009-nkgendai-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年5月21日 三次)

     広島の菊池涼介内野手(29)が0―0で迎えた5回、2死満塁から左前へ先制2点適時打を放ち、8試合連続安打をマーク。チームの今季2度目の8連勝&今季初の単独首位浮上の立役者となった。

     この日も定位置の「2番・二塁」で先発出場し、4打数1安打2打点。通算打率・303と3割をキープしているだけでなく、8連勝の打撃成績は34打数16安打の打率・471、9打点、得点圏打率はセ・リーグ断トツトップの・455といずれも驚異的な数字を残している。

     貢献度の高さはそれだけにとどまらず、初回の第1打席は3球目を叩いて一邪飛だったが、3回の第2打席はファールで粘った末に10球目を空振り三振、5回の第3打席は無死満塁から2死となって迎えた第3打席で再びファールで粘り9球目の真ん中直球を左前へ弾き返して待望の先制2点適時打とすると、捕邪飛に終わった7回の第4打席も9球粘った。

     前回対戦(7日)で広島打線が3安打完封された中日先発左腕・大野雄は7回2失点で敗戦投手。大野雄がこの試合で投じた117球のうち菊池涼だけで31球も投げさせた計算で、2番打者としての真骨頂となった。

     球界一の名手として知られる守備でも2回から3回にかけて5者連続で二ゴロを処理するなど、8個のゴロを難なくさばいた菊池涼。リーダーとして攻守でチームを力強くけん引している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000211-spnannex-base

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が28日、自身のブログを更新。前日27日のヤクルト―広島戦(神宮)で史上295人目となる1000安打を達成した広島の菊池涼介内野手(29)の快挙を改めて称えて祝福した。

     同試合に「2番・二塁」で先発出場した菊池涼は0―0で迎えた4回、先頭打者として入った第2打席でヤクルト先発の“ライアン”こと小川から中前へ安打。これがプロ8年目での通算1000安打となった。

     敵地に駆けつけたスタンドの鯉党が祝福のボードを掲げて歓喜する中、つば九郎は大きな花束を抱えて小走りで登場。菊池涼は恐縮しながらもうれしそうな笑みを浮かべて一塁ベース付近で花束を受け取ると1人と1羽でがっちりと握手を交わし、ほっこりするプロ野球ファンが続出していた。

     そんな大記録達成から一夜明け。まずはヤクルト・西浦の刈り上げた後頭部の写真を掲載していじった後、「そして、ごいす~なきろく~ぱちり」と花束贈呈シーンの写真をアップした、つば九郎。「おとももちのきくりんが~1000あんだたっせい。2ばんばったーというだじゅんでの、はやくの1000たっせい、ごいす~です。2000めざしてばんがれ、きくりん!!!」とチームの垣根を越えた仲良し“きくりん”の快挙を喜び、そしてエールを送った。

     つば九郎は2016年に新井貴浩さん(当時広島、現スポニチ本紙評論家)が神宮でのヤクルト戦で2000安打を達成した時にも花束贈呈の大役をこなしており、新井さんとの友情は現在も継続中。新井さんを「お兄ちゃん」と慕う菊池凉の1000安打達成でも大役を務めあげ、喜びを隠せなかった。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000152-spnannex-base

    <広島8-1DeNA>◇12日◇マツダスタジアム

    広島鈴木が1回に価値のある先制3ランを放った。外角のチェンジアップをうまくバットの先で拾い、左翼スタンドまで運んだ。


    1番野間が内角の難しい変化球を巧みにさばいて左前に運び、すかさず二盗に成功。続く菊池涼が四球を選んで一、二塁。バティスタが倒れた後、チャンスを最高の形で生かした。

    最下位DeNAに対し、効果的な先制パンチとなった。波に乗れないチームを乗せないための鉄則が、先制点を奪うこと。「今日はやれる」という意識を持たせないためだ。鈴木の1発の前には、バティスタの右翼への鋭いライナーで二塁走者がハーフウエーをとっており、三塁に進めなかった。このプレーをカバーした意味でも、鈴木の1発の意味は大きい。

    鈴木や3番バティスタの打力を点につなげるためにも、1、2番にかかる期待は大きい。現在は野間、菊池涼の並びがベストなのだろう。この打順の出塁率を、さらに上げていきたい。(日刊スポーツ評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-05120694-nksports-base

    ◆広島8―1DeNA(12日・マツダスタジアム)

     広島がアドゥワ誠投手(20)のプロ初完投勝利で快勝。開幕戦以来の貯金1とし、開幕5戦目(4月3日)以来の3位(4球団が同率)に浮上した。

     お立ち台には今季から転向した先発投手として初白星を挙げたアドゥワ、先制11号3ランの鈴木誠也外野手(24)、アドゥワを好リードし、プロ初の3安打と3打点をマークした磯村嘉孝捕手(26)が並んだ。

     この日は母の日。選手は帽子、胸ロゴ、背番号がピンクに染まった特別ユニホームを身につけ、普段は青色のマスコット・スライリーもピンク色。ヒーローインタビューでは、2017年の母の日(5月14日、巨人戦)でも決勝2ランを放った鈴木が、まず「東京にいるお母さん、俺やった~!」と2年前と同じセリフを絶叫。続いて磯村も「愛知にいるお母さん。いつもハラハラドキドキさせてごめんなさい。でもきょうはやった~!」と絶叫。先輩2人が作った流れに、苦笑いのアドゥワも意を決した。「テレビで熊本から応援してくれたお母さん、俺やったよ~!」―。日曜日もマツダは歓喜に包まれた。

     アドゥワは母・純子さんへの思いを込めて、この日限定で登場曲を変更した。かりゆし58の「アンマー」だ。母への愛を「♪木漏れ日のようなぬくもりで/深い海のような優しさで/全部全部私を包み込んだ」と歌った名曲。20歳の右腕は「さすがにきょうだけは『広島天国』は…」と、普段の登場曲を封印した。

     「広島天国」は広島のご当地歌手・南一誠が1980年にリリースしたムード歌謡で「♪ここは広島の夜の盛り場/ルルル今夜も勝ち明日も勝ち/カープをさかなに飲み明かそうよ」という内容。アドゥワは「それだけは言えません」と決して名を明かさないが“某先輩野手”によって、19歳だった昨季から強制的に採用させられているステキな楽曲だ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00000166-sph-base

    このページのトップヘ