広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    菊池涼介

     昨年、広島25年ぶりのリーグVに大きく貢献した菊池涼介。3月に開催されるWBCにも初参戦するとあって、現在ハイペースで調整中だ。

     菊池といえば球界を代表する守備の名手。時に“変態的”とも称される高い守備力を誇るがゆえ、打撃で注目を集めることはさほど多くない。

     そんな男も、昨季は181安打を放って最多安打の栄誉を獲得。初めての個人タイトルを手にした。ただし、菊池の本当のすごさを表す数字はそこではない。安打数とともに記録した、リーグトップの「23犠打」という数字にこそ表れている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00100789-baseballk-base

     広島の菊池涼介(26)が12日に静岡県内で自主トレを公開。WBCに向けて例年以上に早い調整を進めている。昨季は不動の2番として25年ぶりのリーグ優勝に貢献。181安打で最多安打を獲得し、ゴールデングラブ賞にも選ばれた。

     侍ジャパンの中心選手として期待する小久保監督は、昨年11月の強化試合では主に本職の二塁で起用。大会本番でのスクランブル起用を見据えて遊撃も1試合守った。

     一方で、懸案事項になっているのが三塁だ。強化試合では菊池と同じ二塁のヤクルト山田が三塁に挑戦。山田、菊池の両方をスタメン起用したい小久保監督の意向があったものの、山田は三塁守備でのフットワークに戸惑い、悪送球を記録した。

     ある球界OBは、「山田の守備負担を軽減するには、指名打者で起用し、菊池を二塁、ソフトバンクの松田を三塁で使えばいい」と言うが、別のOBは「山田を二塁、菊池を三塁に置くのがベスト」と、こう続ける。

    「山田は入団当初、遊撃手だった。しかし、送球難によって二塁に転向した。その時の経験もあって、遊撃や三塁に必要不可欠な長い距離の送球に不安を抱えているそうだ。ただ、山田は守備からリズムをつくるタイプだという。三塁や指名打者ではなく、本職の二塁で起用した方が得策だと思う。菊池のプロでの三塁経験は12年の1試合のみだが、強肩かつ守備範囲が広く、動物的な反射神経を持つ。三塁は速い打球に対応しないといけないが、菊池なら問題ないだろう。高校時代は三塁手だったこともアドバンテージになる」

     本番のスタメン発表ではどうなるか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000015-nkgendai-base

     広島・菊池涼介内野手(26)が12日、静岡県静岡市にある清水庵原球場で土生、庄司、磯村らとの自主トレを公開。キャッチボール、ノック、ロングティーなどで汗を流した。悲願の日本一へ向けて「(昨年は)最後の最後に悔しい思いをしたので、そこに向けてしっかりやっていかないといけない。まずは優勝しないといけない」とリーグ連覇を目標に掲げた。

     リーダーの自覚もにじませる。昨季限りでチームの精神的支柱である黒田が現役引退。「黒田さんが抜けて、少し苦しい部分もあると思うけど、新井さん、石原さんに助けてもらったりしながら、ぼく、丸、田中、センターラインで引っ張っていけるようにしたい」と意気込みを語った。

     昨季は141試合に出場し、打率・315、13本塁打、リーグ最多の181安打。4年連続ゴールデングラブ賞を獲得した。WBC日本代表メンバーにも選出されている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000077-dal-base

     広島菊池涼介内野手(26)が12日、静岡市内で行う自主トレを公開した。アップの後はキャッチボールとノック、打撃練習で汗を流した。


     かねての目標に「補殺記録更新」を掲げている菊池。11日の日本野球規則委員会で、併殺を阻止するための危険なスライディングを防ぐ規定が公認野球規則に追加されることが決まったことを受け「二塁から一塁への送球で怖さがなくなる。各チーム今年はゲッツーが増えるんじゃないですかね」と話した。

     菊池は「1軍の試合に出たての頃」に併殺崩しの“餌食”になったこともある。当時守備走塁担当だった石井琢朗コーチと懸命に練習。「1、2年目は削られてケガもした。琢朗さんとずっと避ける練習をやりました。僕は避けられるので、そこまで影響はないのかなと思う。でも怖さはなくなるし送球が安定すると思う」と語った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-01764383-nksports-base

     広島・菊池涼介内野手(26)が12日、静岡・庵原市での自主トレを公開した。

     土生翔平外野手(26)、庄司隼人内野手(24)、磯村嘉孝捕手(24)に、昨季限りで引退し、今季から中日の打撃投手を務める久本祐一元投手(37)と汗を流した。

     昨季は打率3割1分5厘、13本塁打、56打点で25年ぶりのリーグ優勝に貢献。181安打をマークし、最多安打にも輝いた。WBC日本代表にも選出され、「いつもより少し早いピッチでやっている。慌てないようにやりたいが体が勝手に動く」と調整は侍仕様。「黒田さんが抜けて少し苦しい部分はあるが、ボクや、丸、田中とセンターラインで引っ張って行ければいい」とチームリーダーの自覚も口にした。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000086-sph-base

     近年の大卒出身のプロ野球選手は、甲子園のスターや高校時代の有力選手が多く集う六大学や東都だけでなく、地方の大学出身の選手たちの活躍が目立つ。昨年のドラフト会議では、岐阜学生野球リーグに所属する中京学院大の吉川尚輝が、巨人からドラフト1位指名を受けた。

     地方大学出身の選手で、プロで活躍している選手をみると菊池涼介(広島)がそうだ。東京都出身の菊池だが、高校は長野県にある武蔵工業大学第二高に進学。在学中は甲子園出場が叶わず、卒業後は中京学院大へ進んだ。中京学院大では、1年春からリーグ戦に出場。2年春のリーグ戦では三冠王に輝いた。菊池は大学4年間で106安打、打率.379の好成績を残し、守備ではショートを主戦場にしていた。

     地方大学出身ではあるが、スカウトたちは菊池の身体能力に目が留まり、広島が11年ドラフト2位で獲得。プロ入り後は、1年目に当時セカンドのレギュラーだった東出輝裕の故障で出場のチャンスを掴むと、2年目の13年にレギュラーに定着した。広い守備範囲と肩の強さで、同年から4年連続ゴールデングラブ賞を受賞中。打撃では5年目の昨季、最多安打のタイトルを獲得した。3月に開催される『第4回 ワールドベースボールクラシック』(WBC)の日本代表に選出されており、球界を代表する選手に成長した。


    引用元  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00100187-baseballk-base

     広島磯村嘉孝捕手(24)が23日、広島での自主トレを打ち上げた。来年1月はチームメートの菊池涼介内野手(26)の静岡自主トレに初参加する。

     本格始動となる1月に広島以外の地で行うのは、7年目のシーズンを前に初。「何かを変えたいと思っていた。(捕手の)2番手と言っていてはいけない。1番手を目指すくらいの気持ちでやりたい」。来季こそ、石原、会沢との正捕手争いに挑む。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-01755818-nksports-base

     広島・菊池涼介内野手が19日、契約更改交渉に臨み、6000万増の1億4500万円で一発サイン。球団の日本選手最高年俸を手にした。これで全選手の来季契約が完了。

     鈴木球団本部長が契約更改を総括した。今季は25年ぶりにリーグ優勝し、多くの選手が大幅アップ。野村、菊池、丸が初の大台に乗るなど、日本選手5人が1億円プレーヤーになった。「若い選手が出てきてくれたことがいいこと。チームがいい方向に向いている。(CSを合わせて)92勝したので、当然貢献した選手が増えている」と話した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000022-dal-base

     広島・菊池涼介内野手(26)が19日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、6000万円増の年俸1億4500万円でサインした。球団の日本選手最高額に躍り出たチームリーダーは“隔年キャラ”の払拭へ決意。2年連続での活躍、リーグ2連覇に向け、さらなる進化を誓った。

     1億円の大台を突破し、一気に球団最高額までジャンプアップ。菊池は、背筋を伸ばして視線を鋭くした。

     「一番の評価だと言ってもらいました。チームリーダーとして“キクマル(菊池&丸)”で引っ張って、セイヤ(鈴木)やコウスケ(田中)がついてきてくれたら」

     トリで臨んだ交渉。年俸6億円の黒田は現役引退し、1億4000万円で更改した丸を抜いたことで、25年ぶりのリーグ優勝を果たしたチームの“顔”に躍り出た。

     今季141試合に出場し打率・315、13本塁打、56打点。自身初の打撃タイトルとなる最多安打(181)を獲得し、4年連続のゴールデングラブ賞にも選ばれた。文句なしの結果を残したが、掲げたのは“隔年の法則”からの脱却。「2年連続で結果を残したことがない。来年は不安を感じさせないプレーをしたい」と意気込んだ。

     2014年に打率・325、11本塁打、58打点でブレーク…と思いきや、昨季は打率・254、8本塁打、32打点にとどまった。球団最高額に躍り出たとはいえ、12球団の最高額としては最も低い数字。リーグ最下位の中日・大島を下回っている。2年連続の活躍でリーグ2連覇に導けば、まだまだ“伸びしろ”も期待できる。

     契約するSSKにはグラブの皮と型の改良を要請しており、スパイクの軽量化も計画している。静岡での自主トレで幕を開ける17年。「けがなく、グラウンドを駆け回りたい」と、菊池はさらなる“成り上がり”を見据えている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000000-sanspo-base 

    このページのトップヘ