広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヤクルトスワローズ

     「広島9-4ヤクルト」(14日、マツダスタジアム)

     広島が今季7度目の逆転勝利を収めた。試合後の緒方監督は「今日は打線でしょう」と話し、「上位打線の出塁から得点につなげ、下位打線も勝負強さを見せてくれたし、つながりもあった」と満足そうにうなずいた。


     今季最短KOとなった先発・野村については「球のキレがなくなってきている。次しっかり頑張ってもらう」と奮起を促した。

     中継ぎ無失点リレーも勝因に挙げ「しっかりと抑えてくれた。向こうの打線はスキを見せると大きな点数になる。しっかり投げてくれたと思う」とした。

     会見の最後は「相手の打線に負けない粘り強い攻撃をしたい」と引き締めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000137-dal-base

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が28日、自身のブログを更新。前日27日のヤクルト―広島戦(神宮)で史上295人目となる1000安打を達成した広島の菊池涼介内野手(29)の快挙を改めて称えて祝福した。

     同試合に「2番・二塁」で先発出場した菊池涼は0―0で迎えた4回、先頭打者として入った第2打席でヤクルト先発の“ライアン”こと小川から中前へ安打。これがプロ8年目での通算1000安打となった。

     敵地に駆けつけたスタンドの鯉党が祝福のボードを掲げて歓喜する中、つば九郎は大きな花束を抱えて小走りで登場。菊池涼は恐縮しながらもうれしそうな笑みを浮かべて一塁ベース付近で花束を受け取ると1人と1羽でがっちりと握手を交わし、ほっこりするプロ野球ファンが続出していた。

     そんな大記録達成から一夜明け。まずはヤクルト・西浦の刈り上げた後頭部の写真を掲載していじった後、「そして、ごいす~なきろく~ぱちり」と花束贈呈シーンの写真をアップした、つば九郎。「おとももちのきくりんが~1000あんだたっせい。2ばんばったーというだじゅんでの、はやくの1000たっせい、ごいす~です。2000めざしてばんがれ、きくりん!!!」とチームの垣根を越えた仲良し“きくりん”の快挙を喜び、そしてエールを送った。

     つば九郎は2016年に新井貴浩さん(当時広島、現スポニチ本紙評論家)が神宮でのヤクルト戦で2000安打を達成した時にも花束贈呈の大役をこなしており、新井さんとの友情は現在も継続中。新井さんを「お兄ちゃん」と慕う菊池凉の1000安打達成でも大役を務めあげ、喜びを隠せなかった。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000152-spnannex-base

    ● ヤクルト 0 - 2 広島 ○
    <4回戦・神宮>

     27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏が、4回一死二塁からヤクルトのバレンティンが牽制に刺された場面について語った。

     井端氏は「これは本当に広島が得意とするプレーだと思います」と話し、「ピッチャーがホームに向いたときに、バレンティン選手がちょろちょろっと出るので、その出たタイミングでキャッチャーのミットがパタッと折れたところにピッチャーが振り向いて、セカンドに牽制する。ジャイアンツの選手も何人かやられたなと思いましたね」と解説した。

     この回、先頭のバレンティンがヒットで出塁し、雄平の犠打で得点圏に進んだが、バレンティンの牽制死もあり無得点に終わった。

    (ニッポン放送ショウアップナイター) 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00187084-baseballk-base

     広島がドロ沼から抜け出せない。11日のヤクルト戦(マツダ)は先発・岡田が立ち上がりから制球難を露呈。1回0/3を2安打6四球6失点と試合を早々にぶち壊し、2―6で押し切られて4連敗となった。本拠地で同一カード3連敗は2015年6月以来4年ぶりの屈辱だ。

     岡田は「自分の直球がどれだけ通用するか、勝負したい」と意気込んでいたが、そもそもストライクが入らなければ勝負にならない。初回から2四球2安打などであっさり2点を失い、2回は完全に独り相撲。先頭打者から投手の寺原を含む4者連続四球で3点目を与え、一死も奪えずKOされた。その後も守乱が絡んで走者が次々に生還。今のカープ打線にいきなりの6点ビハインドは重過ぎた。

     連日の惨敗に緒方孝市監督(50)の言葉も苦しい。岡田の二軍降格を明言し「地元で勝てていないので本当にファンの人には申し訳ない」と頭を下げた。

     守乱もあったとはいえ投手陣は今カード3試合で計31失点。佐々岡投手コーチも「苦しいよね」と渋い顔だった。こと対ヤクルトで見過ごせないのが2年前まで在籍していた石井、河田両コーチへの“過剰意識”だ。投手陣の間では対戦前から「琢朗さん(石井打撃コーチ)たちの指導の効果が本格的に表れてきている。ウチの打線に似た怖さが出てきたから気を付けないと」との声が上がっていた。

     指揮官は「また明日から試合は続くし、立て直せるようにしっかりやるだけ」と前を向いたが…。今後はツバメ恐怖症の克服もコイ投の課題となりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000036-tospoweb-base

     「オープン戦、ヤクルト-広島」(21日、神宮球場)

     広島の先発・ローレンスは5回6安打3失点だった。強風の中、粘りの投球を展開し、「全体的に良かったと思う。3点取られたことは良くないが、ピンチの場面でもしっかり投げることができた」と振り返った。

     九里、岡田らと争う開幕ローテについては「自分では何ともできない。自分のできることはボールを渡されたところでしっかり投げること」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000097-dal-base

    ◆オープン戦 ヤクルト7―7広島(21日・神宮)

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園高=が2号2ランを放った。高卒新人のオープン戦2本塁打は2006年の西武・炭谷以来で、ドラフト制以降ではセ・リーグ球団で初の快挙だった。



     田中広、菊池涼、鈴木に休養が与えられた関係で、オープン戦初スタメンの「1番・遊撃」でフル出場。4打席目まで無安打だったが、4点を追う9回1死一塁、カウント2―2からヤクルトの守護神・石山の内角直球をフルスイングした。打球が右翼席に突き刺さるのを見届けると左拳を小さく握り、ダッグアウトでは先輩ナインから頭をポコポコ叩かれて祝福された。

     小園が作った波に乗るように、続く堂林、バティスタと3者連続本塁打で同点に追いついた。殊勲の18歳は「その前までの打席が悔しい結果だったので、最後に打ってやろうと思いました」と胸を張った。

     その裏の守備に就くと、二塁キャンバスに走者として小学硬式野球「宝塚リトル」の先輩、ヤクルト・山田哲がやってきた。「ナイスバッティング」と声をかけらると、もうニヤニヤが止まらない。兵庫・宝塚市内の実家でテレビ観戦していた母・こず江さん(44)は「最後に一本、何でもいいから塁に出てって願ってました!」と感激した様子だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000151-sph-base

    <オープン戦:ヤクルト3-4広島>◇19日◇神宮

    昨季セ・リーグ王者の広島と同2位ヤクルトのオープン戦が19日、神宮で行われた。日刊スポーツ評論家の里崎智也氏(42)が、開幕を10日後に控える両チームの現状を分析した。


       ◇   ◇   ◇

    広島、ヤクルトの両ベンチがうれしい悲鳴を上げている。初回、1番田中広と2番菊池涼の「タナキク」連打で先制。田中広は5回も二塁打から生還した。ここで頭を悩ませるのが、快進撃を続けるドラフト1位、小園の起用法だ。

    ポジションのかぶる田中広を差し置いて遊撃は難しい。日本代表クラスで、ゴールデングラブのタイトルホルダー。シーズン中に交代させることもない。ならば三塁安部の出来を見て、不調なら三塁で勝負させる手はあるだろう。だがその安部も5回に2ランでアピールした。リーグ3連覇中のチームで、無理に何かを変える必要もない。腰を据えて2軍で経験を積ませるのも1つ。小園をただベンチに置いておくのはもったいない。

    ヤクルトも2年目の塩見がバットで成績を残す中、同じ外野手の青木とバレンティンが本塁打を放った。この2人はレギュラーから外せない。雄平も好調だ。加えて緊急時は一塁の坂口が外野に入るオプションがある。塩見は小園と違って大学、社会人を経て入団しており、すぐにでも使うべき戦力。私なら投手の左右によって雄平と併用する。

    広島の内野、ヤクルトの外野ともに、メンバーが充実しているポジションに新戦力が台頭している。「使ってみたい」と思わせる結果を残す若手を、どう起用するか。決断が試される両首脳陣の手腕を楽しみに、開幕を待ちたい。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-03190596-nksports-base

     【新井さんが行く!ヤクルト編】浦添に行った日、ちょうどサブグラウンドでの特守に立ち会うことができた。(山田)哲人は体力があるね。1時間くらいかな。若い頃を思い出す。ヘッドコーチの(宮本)慎也さんは毎日誰かの特守でノックを何百本も打っているそう。厳しさの中に愛情がある。本当は優しい、大好きな先輩だ。



     新人の頃はシーズン中も毎日特守。試合前から泥だらけだった。慎也さんの目には「とんでもない練習をやらされているなあ…」と映っていたんだろうね。ウオーミングアップしながら「新井、頑張れ」とよく声をかけてくれた。WBCや五輪で人柄に触れ、いろんなことを教わった。

     ヤクルトは去年のオープン戦から明らかに変わったなと感じていた。打者が簡単にアウトにならない。追い込まれても球数を投げさせたり、逆方向へ打ったり。手ごわくなると思っていたら、その通りになった。

     慎也さんは「河田さんと(石井)琢朗が助けてくれる」と言っていた。実際16、17年の広島の連覇は両コーチの存在を抜きには語れない。河田さんは普段は明るくても、叱る時は愛情を持って叱ってくれる。琢朗さんは引き出しが多い。練習量は多いけど、いろんな工夫をして選手を飽きさせない。遅い時で夜8時くらいまで練習しているそう。ますます強くなるね。

     おわりに。つばくろー。いつもありがとうね。めっせーじ、ちゃんと、とどいているよ。また、あえるひを、たのしみにしてるね。(スポニチ本紙評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000074-spnannex-base

     2019年の幕開け早々、驚きのニュースが飛び込んだ。広島から巨人にフリーエージェント(FA)移籍した丸佳浩外野手の人的補償として、長野久義外野手が広島移籍することが発表された。この移籍、ペナントを争う敵将はどう見たか。


     DeNA・ラミレス監督はまず「長野にとっては非常に良かった。丸が加わることで出場機会が減るところだったから」と思いやった。ラミレス監督にとっては10、11年と巨人で同じユニホームを着て戦った仲間。「非常にいい選手でプロフェッショナルな選手」と力をよく知るからこそ「広島は丸がいなくなっても手強いが、長野が入ってさらにいいチームになる。今年もやるのでは、と思い直した人が多いと思う」と警戒心を強めた。

     また昨季2位だったヤクルト・小川監督も「広島は“丸が抜けた穴”という表現は適切ではなくなる。長野のポテンシャルの高さは誰もが認めるところ」と言った。昨季は自身最少の116試合出場にとどまったが、首位打者と最多安打のタイトルを獲得したこともある実力者。「環境が変わることがプラスになり、成績が上がることは十分考えられる」と大爆発する可能性にも触れた。常々、「チームとしての強さを持つ、大人のチーム」と表現するリーグ3連覇中のライバル球団に経験豊富な34歳が加わり、こちらも最大級の警戒心を抱いている。

     まもなく球春到来。「打倒・広島」を掲げるセ・リーグの各球団は、どのように立ち向かっていくのだろうか。(記者コラム・町田 利衣)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000067-spnannex-base

    このページのトップヘ