広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヤクルトスワローズ

    <広島6-5ヤクルト>◇20日◇マツダスタジアム

     広島が最大4点差を8回に2本の2ランで追い付くと、延長10回にエルドレッドのサヨナラ打で勝利した。今季4度目のサヨナラ勝利で、マジックを24とした。緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -打線が終盤にひっくり返した

     緒方監督 こうしてサヨナラ勝ちで、すごい試合をしてくれた。8回は2本の本塁打か。まずあそこでよく追い付いてくれた。

     -得点が奪えない中で松山が1発

     緒方監督 松山に限らず、これだけ連戦が続いて、しんどい日程の中で打線自体がにぶくなっているのは分かっていた。山中に対しての相性もある中、まず松山が先制してくれた。取った後にひっくり返される試合があるのがね…。

     -最後はサヨナラ勝ち

     緒方監督 昨日、今日と打線が点を取れなかった分、最後の最後で素晴らしい攻撃で勝ちをもぎ取った試合だと思う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-01875216-nksports-base

     「広島14-1ヤクルト」(30日、マツダスタジアム)

     広島・中田が好救援を見せた。

     大量9点リードの七回無死満塁のピンチでマウンドへ。まず代打・リベロを空振り三振に仕留めると、続く坂口を中飛、最後は2番山崎を遊ゴロに打ち取った。雄たけびを上げ、気合は満点。嫌なムードを断ち切った。

     試合後は「準備はしていました。点差もあったので無駄な四球を出さずに、打たせていこうと思った。アツ(会沢)さんもリードで引っ張ってくれた。結果ゼロで抑えられて良かったです」と振り返っていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000149-dal-base

     広島九里亜蓮投手(25)が28日からのヤクルト3連戦(マツダスタジアム)に先発登板することが24日、決定的になった。

     エース格のジョンソンが左ハムストリングスの筋損傷で加療3週間と診断されて離脱。ロングリリーフとしてフル回転していた九里に白羽の矢が立った。九里は「もし先発になっても、これまでも先発のつもりで入っていっていたので、イメージはできると思う」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-01861192-nksports-base

     日本野球機構は6日、あすの予告先発を発表した。

     セ・リーグ首位の広島は戸田隆矢が今季初先発する。

     6年目左腕の戸田は昨季、17試合に登板しプロ初完封を含む4勝(0敗1セーブ)を挙げた。今季は二軍で7試合に登板。2勝0敗、防御率2.33という成績となっている。

     対するヤクルトは原樹理が中5日で登板。6月15日の楽天戦では4安打2失点の好投で完投勝利を挙げたが、その後2試合は試合が作れず2連敗中となっている。

     戸田と原の同学年対決を制するのはどちらか!?


    【パ・リーグ】
    日本ハム(有原航平)-ソフトバンク(東浜巨)
    <札幌ドーム 18時00分>

    楽天(辛島航)-西武(菊池雄星)
    <Koboパーク 18時00分>

    オリックス(山岡泰輔)-ロッテ(涌井秀章)
    <ほっと神戸 18時00分>


    【セ・リーグ】
    ヤクルト(原樹理)-広島(戸田隆矢)
    <神宮 18時00分>

    中日(大野雄大)-DeNA(ウィーランド)
    <ナゴヤドーム 18時00分>

    阪神(小野泰己)-巨人(マイコラス)
    <甲子園 18時00分>


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170706-00123308-baseballk-base

     広島の野村祐輔投手(27)、大瀬良大地投手(25)、岡田明丈投手(23)が22日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加。キャッチボールやダュシュなどで汗を流し、登板に向けて調整した。

     チームは前カードで最下位の中日に3連敗。23日からは本拠地でヤクルトとの2連戦を迎える。第1戦を託された野村は「チームが勝てる投球をしたい。先に点を与えないようにしたいと思います」。チームの連敗ストップへ気持ちを高ぶらせた。

     2戦目に先発予定の大瀬良は「無駄なフォアボールからホームランを打たれるなど無駄な失点を防ぎたい。1人、1人集中して自分のやるべきことをやるだけ」と今季2勝目へ意気込んだ。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/05/22/0010212756.shtml

     広島福井優也投手(29)が8日、1軍に再合流した。神宮球場の室内練習場で野村祐輔投手(27)や大瀬良大地投手(25)ら先発投手陣と調整した。

     前回4月26日巨人戦は6回3失点で初勝利を挙げながら、翌27日に出場登録を抹消された。悔しい2軍降格から2週間で再びチャンスを得た右腕は「結果を求めてやっていきたい。チームの勝利に貢献できるようにしたい。力まずに試合を作ることだけ考える」と表情を引き締めた。

     阪神戦3連敗で炎上した投手陣の救世主として期待される。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-01820263-nksports-base

     広島の野村祐輔投手が8日、神宮球場に隣接するグラウンドで行われた投手指名練習に参加。9日のヤクルト戦先発に向けてキャッチボールなどで最後の調整を行った

     チームは、5日から甲子園で戦った阪神戦で3連敗。首位の座からも陥落した。エース右腕には、連敗ストップが託される。

     ヤクルト戦は今季、初登板ながら、昨季は8試合に登板し5勝1敗、防御率2・22と好結果を残している。3連敗した阪神3連戦は、先発陣がいずれも六回を投げきれずに降板。野村には、中継ぎ陣の負担を軽減するためにも長い回を投げることが求められる。練習後、「自分のやるべきことは変わらない。それをしっかりとやるだけ。自分の投球をすれば、野手陣が点を取ってくれる。チームが勢い付く投球をしたい」と意気込んだ。

     また、10日の第2戦は今季初めてとなる中5日で大瀬良が、11日の第3戦は福井が先発する見込み。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000094-dal-base

     広島菊池涼介内野手(27)がコンディション不良のため、阪神3連戦(甲子園)を欠場した。

     7日は試合前のアップから本隊に合流し守備、走塁、打撃練習をこなした。明日9日からのヤクルト3連戦(神宮)に出場出来る見込み。

     菊池が欠場したチームは阪神3連戦で3連敗を喫し首位から2位となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-01819940-nksports-base

    このページのトップヘ