広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    トレード議論/トレード

     広島・下水流昂外野手(31)と楽天・三好匠内野手(26)との1対1の交換トレードが2日、両球団から発表された。

     下水流は球団の広報を通じて「大変驚いています。カープ球団には6年半、お世話になりました。その中で優勝も経験させてもらい、とても素晴らしい時間でした。東北楽天ゴールデンイーグルスへ行っても、力になれるように精いっぱい頑張ります。カープファンの皆さま、6年半応援ありがとうございます」とコメントした。

     下水流は2013年にホンダからドラフト4位で広島に入団した。昨季は7月20日の巨人戦(マツダ)で逆転サヨナラ2ランを放つなど印象的な活躍をしたが、今季は2月のキャンプ中に左脚を痛めて離脱するなど2試合で4打数無安打。外野の選手層は厚く、1軍昇格の機会がなかなか巡ってこなかった。

     一方で三好は2012年に九州国際大付高からドラフト3位で楽天に入団した。今季は代走、守備固めとして17試合に出場し、4打数1安打だった。遊撃を含めた内野の複数のポジションを守ることができ、手薄な内野陣の中で貴重な存在となりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000520-sanspo-base

     楽天から広島へ交換トレードで移籍することが決まった三好匠内野手が2日、楽天へ感謝のメッセージを送った。球団はこの日、下水流昂外野手との1対1のトレードを発表。球団を通じ、「心機一転、カープの優勝に貢献することが皆さんへの恩返しになると思っています。そして、秋にはイーグルスと日本シリーズで対戦し、皆さんに元気な姿をお見せしたいです」とコメントした。


     三好は福岡・九州国際大付高から11年ドラフト3位で楽天入り。今季は17試合出場し、打率.250、0本塁打、1打点。通算199試合出場し、打率.205、53安打、4本塁打、19打点だった。三好は「まずは、高校を出てからここまで育ててくださった、チーム、球団関係者の皆さん、大変お世話になりました。そして、いつも応援してくださった東北のファンの皆さん、8年間、ありがとうございました」と感謝した。

     昨季は内野の守備固めとして自己最多70試合出場した。「心機一転、カープの優勝に貢献することが皆さんへの恩返しになると思っています。そして、秋にはイーグルスと日本シリーズで対戦し、皆さんに元気な姿をお見せしたいです。高校を出てからずっと仙台だったので、今では仙台は第二の故郷です。その仙台を離れるのは寂しいですが、広島でも頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00426743-fullcount-base

     2日、楽天・三好匠内野手(26)と広島・下水流昂外野手(31)との1対1のトレードが両球団から発表された。

     三好は昨季、打率・104と低調ながら、主に内野の守備固めとして自己最多の70試合に出場。今季も17試合に出場しながら、4打数1安打と打席数は限られていた。

     一方の下水流は昨季、自己最多の67試合に出場し、打率・263、4本塁打、12打点。持ち前の打力でアピールしながら、今季は2試合のみの出場にとどまり、4打数無安打だった。

     下水流は球団を通してコメントを発表。「大変驚いています。カープ球団には約6年半、お世話になりました。その中で優勝も経験させてもらい、とても素晴らしい時間でした。東北楽天ゴールデンイーグルスへ行っても、力になれるように精一杯頑張ります。カープファンの皆様、6年半応援ありがとうございました」。

     三好も球団を通じ「まずは、高校を出てからここまで育ててくださった、チーム、球団関係者の皆さん、大変お世話になりました。そして、いつも応援してくださった東北のファンの皆さん、8年間、ありがとうございました。心機一転、カープの優勝に貢献することが皆さんへの恩返しになると思っています。そして、秋にはイーグルスと日本シリーズで対戦し、皆さんに元気な姿をお見せしたいです。高校を出てからずっと仙台だったので、今では仙台は第二の故郷です。その仙台を離れるのは寂しいですが、広島でも頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000094-spnannex-base

    このページのトップヘ