広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中崎翔太

     「マイナビオールスターゲーム2018」(7月13日=京セラ、同14日=熊本・藤崎台県営野球場)に監督推薦で出場する選手が2日、発表された。広島からは大瀬良大地投手、中崎翔太投手、会沢翼捕手、田中広輔内野手が選ばれた。

     中崎は2年ぶり2度目の出場となる。ここまでリーグトップの20セーブをマークしており、首位を走る広島を支えてきた。「大変、うれしく思うしありがたい。(ファン投票では)たくさんの方が投票をしてくれましたし、見に来てくれると思うので、しっかりと投げるところを見せられれば良いと思います」と意気込んだ。

     会沢は3年ぶり2度目。初出場した15年はマツダスタジアムで本塁打を放つなど活躍し、球団の捕手としては初めてとなるMVPに輝いた。第2戦が行われる熊本は、16年に起きた熊本地震から今も復興の途中にある。「少しでも野球を見てもらって、元気になってもらえれば」と話した。

     田中は2年連続3度目の夢舞台。初出場した15年には特別賞を受賞した。「素直にうれしい。いろんな選手といろんな話ができる、すごい貴重な時間。聞きたいとこがありますし、いろんな選手に聞けたらいい」と話した。

     ファン投票では外野部門で鈴木誠也外野手が、選手間投票では菊池涼介内野手がすでに出場を決めている。監督推薦で選ばれた選手を含め、広島からは6人が出場する。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/07/02/0011408393.shtml

     「交流戦、広島3-0楽天」(10日、マツダスタジアム)

     勝利の方程式が盤石リレーで同一カード3連勝を呼び込んだ。今3連戦は計1失点で、今村猛投手、ジェイ・ジャクソン投手、中崎翔太投手の3人に限れば計7回無失点。喫緊の課題だったチームの投壊を止め、広島・緒方孝市監督は「先発投手がゲームを作ってくれて、中継ぎもしっかり仕事をしてくれてね」と目を細めた。


     まずは今村だ。0-0の七回に2番手で登板し、2死から茂木に左中間二塁打を浴びたが、銀次を二ゴロに封じた。「0点に抑えられればと上がった。チームが勝ったので良かった」。直後の決勝点を引き寄せ、自身の2勝目を記録した。

     3点リードの八回に登板したジャクソンも難なく3人斬り。最終回のマウンドには守護神・中崎がマウンドに上がった。1死二塁のピンチを招いたが、後続を抑え歓喜の輪へといざなった。3連投も苦にせず「疲れ?特にはなかった。しっかりゼロでいけたのは良かった」。17セーブ目でリーグ単独トップにも躍り出た。

     楽天戦前の交流戦3カードは、8試合のうち6戦で7失点以上。一時は12球団ワーストの交流戦防御率だったが立て直した。今3連戦での投手陣を畝投手コーチは「低めに集めていた」と評価し、「その意識をずっと持ってくれれば」と期待した。強固な方程式とともに生んだ流れを12日・オリックス戦からもつなげていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000036-dal-base

    <巨人4-5広島>◇15日◇東京ドーム

     広島は同点の7回、巨人2番手上原から菊池涼介内野手(28)が2打席連続となるソロを左翼席にたたき込んだ。

     さらに松山竜平外野手(32)とブラッド・エルドレッド内野手(37)の連続適時二塁打などで加点。9回は中崎翔太投手(25)が1点差に詰め寄られながら、何とか逃げ切り、3カードぶりの勝ち越しを決めた。広島緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     -最後は冷や冷やの逃げ切りとなった。

     緒方監督 最後はザキ(中崎)がよう頑張った。

     -菊池が同点弾に決勝弾。

     緒方監督 2打席連続本塁打で、本人も感じをつかんでくれたんじゃないかなと思う。うちはタナキクマル(田中、菊池、丸)が得点源。カントリーもいい長打を打ってくれた。打線がよく点を取ってくれた。

     -セ・リーグ5球団との一回りを9勝6敗で終えた。

     緒方監督 対戦して感じることはあるけど、自分たちのチームをしっかりしないといけない。まず2回り目しっかり戦っていきたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00180752-nksports-base&pos=4

     広島の“中継ぎトリオ”が今キャンプ初の打撃投手を行った。2次キャンプとなる沖縄キャンプ第1クール最終日となった19日、ジェイ・ジャクソン、今村猛、中崎翔太の3人が揃ってマウンドに上がり、鈴木誠也外野手、堂林翔太内野手らを相手に、ほぼ完ぺきの投球を見せた。

     防球ネットも置かず、より実戦形式に近い形で行われたフリー打撃。先陣を切ったのは昨季60試合に登板し2勝2敗1セーブを挙げたジャクソン。打者5人に対し26球を投げ込み、安打性の当たりはわずか1本に抑え込んだ。ツーシーム、チェンジアップ、スライダーと全球種を試した右腕は「初登板だったので、打者の反応、球筋を見たかった」と笑顔を見せた。

     続く今村は打者6人を相手に29球を投げ安打性は2本。昨年は68試合に登板。3勝5敗、23セーブ17ホールドとセットアッパー、抑えとフル回転した右腕は「高めはしっかり、詰まらせたのでよかった」と納得の表情だった。

     最後に登場したのは昨季、シーズン序盤に腰痛で離脱した中崎。「真っすぐ、スライダーも全体的にいい感じで投げられた」と、打者6人を相手に安打性は3本に抑えた。シーズンでは使用していなかったチェンジアップも試すなど、さらなる進化を求め今キャンプを過ごしている。主力3投手の仕上がりの早さに緒方監督も「体の状態はいいと思いますね」と満足気だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00108313-fullcount-base

    <今日の一番>

     広島の中崎翔太投手(25)が沖縄キャンプの17日、レジェンドOBの江夏豊氏(69=野球評論家)から力強いエールをもらった。

     約60球のブルペン投球後、見守った江夏氏から言葉をかけられ「頑張れよと言ってもらえた。今日はあまりいい球を見せられなかった。また来られた時は、いい球を投げられるようにしたい」と話した。

     江夏氏はかつて広島で2度、最優秀救援投手(現在の最多セーブ投手)に輝いた。ここまで通算74セーブを挙げている今季の守護神筆頭候補に向けて「個人的に好きな子だから。けがせんように、頑張りなさいということだけ。不可抗力は仕方ないけどね」と温かい言葉を贈った。【広島担当 大池和幸】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00128378-nksports-base.view-000

    <今日の一番>

     広島日南キャンプ第3クール3日目の12日、中崎翔太投手(25)がブルペンを独り占めした。

     この日ただ1人ブルペン投球を行った右腕は、真っすぐや変化球を3球ごとに投げ、最後は真っすぐを連続8球で締めた。

     計50球はスライダーやシュートだけでなく、カーブ、チェンジアップも交えた。「真っすぐがだいぶ指にかかってきたので。これから実戦も入ってくるので、このクールで投げておきたかった」。孤独なブルペン投球には「やめておこうかなと思いましたが、入っておこうと」と笑って振り返った。【広島担当 前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00124000-nksports-base

    このページのトップヘ