広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中崎翔太

     オフの球界の大きなトピックスとして契約更改が挙げられる。まだ全選手が判を押したわけではないが、ほとんどの選手が2017年のうちに契約更改を終えた。

     年俸1億円以上の日本人選手を見てみると、現時点で72人(未更改、FA組を除く)いる。そのうちドラフト1位、自由獲得枠、希望枠で入団した選手は34人いた。ドラフト順位別でみても2位が7人と上位でプロ入りした選手が、約半数を占める。

     そんな中、千賀滉大(ソフトバンク)、福山博之(楽天)、角中勝也(ロッテ)、中崎翔太(広島)、新井貴浩(広島)、山口鉄也(巨人)の6人は、ドラフト6位以下で入団しながら“大台超え”を果たしている。

     今オフ1億円プレーヤーの仲間入りを果たした千賀は、プロ入団時は育成選手で、1年目の年俸は270万円だった。12年途中に支配下選手になると、13年にリリーフで51試合に登板。先発に本格転向した16年からは、2年連続で2ケタ勝利をマークし、昨季は勝率第1位のタイトルを獲得した。昨年3月に行われた『第4回 ワールドベースボールクラシック』の日本代表に選手され、自身は同大会の最優秀投手を受賞するなど、その名を世界に轟かせた。

     楽天の福山は、大阪商大を経て横浜に10年ドラフト6位で入団。1年目に19試合に登板したが、2年目のオフに戦力外となる。俊足を活かして球団から野手転向打診の声もあったというが、楽天が投手として福山を契約。移籍2年目の14年に65試合に登板すると、同年から4年連続60試合以上に登板し、今では楽天のリリーフ陣に欠かせない存在となった。特に65試合に登板した昨年は、抑えの松井裕樹が故障で登録抹消された間、守護神を務め7セーブをマーク。防御率は移籍後、最高の1.06を記録した。

     入団時は陽の目を浴びる存在ではなかった選手たちも、努力次第で“大台突破”も夢ではない。今後も下位から入団した“1億円突破”する選手が現れることに期待したい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00142118-baseballk-base&pos=4

     広島が4日、仕事始めを迎えた。マツダスタジアムではナインが自主トレを行い、新たなシーズンに向けてスタートを切った。

     4年目となった塹江敦哉投手は、師事する中崎と外野のポール間をダッシュ。今年初めてとなるキャッチボールを行うなど、約3時間汗を流した。

     昨年は春季キャンプこそ1軍スタートとなったものの、シーズンでは一度も出場選手登録されなかった。サバイバルレースの号砲を約1カ月後に控え、すでに肩はできあがりつつある。キャッチボールでは力強い球を投げ込み、中崎のグラブから心地良い音を響かせた。

     「感覚は良かった。最後に力を入れたときは、力みがあったので、それをこれからはなくしていきたい。先輩たちの中に割って入るのは簡単ではないけど、力をつけてまずは開幕1軍に入りたい」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000100-dal-base

     「デイリースポーツ創刊70年記念カープリーグ連覇パーティー」がこのほど、広島市のオリエンタルホテル広島で行われ、広島・中崎翔太投手(25)と薮田和樹投手(25)の同級生コンビがゲストとして登場し、約200人の参加者を沸かせた。2年連続胴上げ投手となった中崎は球団史上初のリーグ3連覇を約束。日本一の胴上げ投手に意欲を燃やした。


     ファンの熱気に包まれた会場に「胴上げ投手!」と威勢のいい声が飛んだ。今や中崎の代名詞。昨年も今年も、歓喜のマウンドにはこの男が立っていた。来季こそ日本一に-。鯉の守護神が、胸に秘める思いを語った。

     「今年の日本シリーズは元同僚のサファテ投手が大活躍した。マウンドに立っている姿を見て、すごく感動した。来年はこのユニホームを着て、みんなでその瞬間を迎えたい」

     昨季は日本シリーズで敗れ、今季はCSファイナルSで敗退。2年続けて悔し涙をのみ、日本一への思いは増すばかりだ。かつてはかすんで見えた頂点も、黄金期を迎えつつある今はくっきりと視界に捉えている。

     「優勝するまでは、日本一は見えていなかった。優勝を経験して、その先、日本一が手の届きそうなところまで来た。その思いは強くなっています」

     まずは球団史上初のリーグ3連覇が最大の目標だ。その難しさは想像に難くない。悲願成就へ、鯉の守護神は「あきらめないこと」の重要性を説く。

     「開幕からうまくいくとは限らない。気を抜いたら、コロッといかれる。首位にいなくても、1試合1試合を大切にしていけば優勝は望める。気の緩み、慢心を排除したら、3連覇できると思う」

     今季は開幕直後こそ腰痛で離脱したが、1軍復帰後は貫禄の投球を披露した。59試合に登板し、4勝1敗、防御率1・40。25ホールド10セーブという数字がフル回転を物語る。リーグ連覇を決めた9月18日・阪神戦(甲子園)も1点リードの九回を3人でピシャリ。「接戦の試合運びだったので。緊張もなかったです」。最後の打者を打ち取ると、両手を突き上げ、心の底から喜びを爆発させた。

     「誰もができることではない。ああいうところで投げさせてもらって、感謝しかない。みんなのおかげです」

     中崎は恐縮しきりだが、同級生の薮田が「絶対的な安心感がある」と言うように、仲間の信頼は厚い。パーティーでは「来シーズンは1年間1軍の戦力として3連覇に貢献できるように頑張ります!」と決意表明した。来季こそ、三度目の正直で日本一!ひげが似合うクローザーが鯉党との約束を現実に変える。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000023-dal-base

     広島のシェフ中崎が肉体改造を図る。例年体脂肪率は24~25%だったが「筋肉量が少ないと、寒い時期のパフォーマンスが落ちると聞いた」とスロースターター脱却へ体脂肪率20%を目指す。

     外食は控え、手料理で栄養管理。揚げ物を避け、夕食は炭水化物も取らない。15年オフに1人暮らしを始め、料理はお手の物。今ではお手製弁当を持参することもある料理男子だ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00083837-nksports-base

     オフシーズンにおける球界の話題といえば、一番に思い浮かぶのが“契約更改”だろう。

     自身の来季の年俸が決まる重要な会談。笑顔で記者会見場に現れる選手がいれば、悔しさをにじませながら登場してくる選手もいる。


     広島の中崎翔太は、上で言うと前者にあたる。プロ8年目にして初の“大台超え”となる1億1500万円(金額は推定)でサイン。晴れて“1億円プレイヤー”の仲間入りを果たした。

     今季は開幕直後に故障で戦列を離れるも、復帰後はセットアッパーとして安定した投球を披露。シーズン最終盤でクローザーに戻り、チームのリーグ連覇に大きく貢献した。最終的には59試合に登板し、4勝1敗10セーブ・25ホールドをマーク。防御率は1.40と2年連続で1点台の好成績を叩き出している。

     中崎は2010年のドラフト6位でプロ入り。この年はいわゆる“ハンカチ世代”が大卒の目玉として注目を浴びた年で、大石達也(現西武)が6球団競合、世代筆頭・斎藤佑樹(現日本ハム)も4球団が競合するなど、大いに盛り上がった年である。

     そんな代にあって中崎はさほど注目を浴びることもなかったが、8年かけて一流選手の証である“年俸1億円”のラインを越えた。「ドラフト時の評価はプロに入ってから逆転できる」ということを見事に体現している。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00140407-baseballk-base

     広島の中崎翔太投手(25)が12日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、3000万アップの1億1500万円でサインした。プロ7年目で初の大台に到達。「やっとプロ野球選手になれたな、という感じです。最近は億を超えるプロ野球選手がたくさんいるので、選手としての1歩目がここから始まるのではないかなと思います」と納得の表情を浮かべた。


     今季は59試合に登板し4勝1敗、10セーブ、防御率1・40。2年連続で防御率1点台をマーク。4月に腰痛を発症して一時、出場選手登録を抹消されたが、復帰後はセットアッパーを務め、終盤には再び守護神へ。役割を全うし、リーグ連覇に大きく貢献した。

     アップした年俸の使い道を聞かれると「まずは、今年の有馬記念をとりたいと思います」と12月24日に中山競馬場で行われる大一番へ気持ちを高ぶらせた。(金額は推定)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000072-dal-base

     広島・中崎翔太投手(25)が10日、広島県東広島市の「東広島ハウジングフェア」で行われたトークショーに一岡とともに参加し、来季目標に自身初となる「年間被本塁打0(ゼロ)」を掲げた。今季は59試合に登板し4勝1敗、25ホールド、10セーブを記録しリーグ連覇に貢献したが、さらなる高みを目指してリーグ3連覇へと導く。

     3年間、安定した成績を残してこそ、認められるプロの世界。15年から数字を積み重ねてきた中崎も3年続けて結果を残したが、満足感はない。救援投手として求められるのは、先発投手以上の完璧性。来季目標を、昨年同様に「被本塁打0」とした。

     「今年は2本打たれた。悔しい。もう一度、目標に向けて頑張りたい」

     今季許した2本塁打はいずれも痛恨のアーチだった。8月23日のDeNA戦では、1点リードの9回2死からロペスに同点弾を浴び、チームも延長10回サヨナラ負け。9月5日の阪神戦でも1点リードした9回1死一塁から福留に一時逆転となる2ランを許した。チームは安部のサヨナラ2ランで勝利を収めたが、中崎にとっては悔しさだけが残った。

     勝敗に直結する一発だけが許せないわけでもない。本塁打厳禁を掲げるのは、一発が試合の流れを一変させる可能性があるからこそ。たとえ、3点のリードがあったとしても、ソロアーチさえ被弾してはいけないと考える。

     「それ(チームの勝利)は結果論でしかない。点を取られていいというのはない。ちょくちょく打たれる抑えは信頼されない。(来季は今季以上に)しっかり抑えたい」

     現在のポジションに安住することなく、将来的な先発挑戦も視野に入れている。ただ、来季については、畝投手コーチが抑えの座を中崎と今村に競わせる考えをすでに明らかにしており、中崎も期待に応える構えでいる。

     今季は腰痛症による離脱もあったが、自身の進化を実感したシーズンでもあった。「1イニングあたりの与四球数と被安打数の合計」を示す「WHIP」が0・92となり、初めて1点を切った。「0点台だったということは、成長できたんだと思う」。WHIPは米国では投手の能力を示す指標の一つとされ、0点台は一流投手の証とされる。着実に成長曲線を描くが、まだ25歳。自らに高いハードルを課し、大投手の階段を上がっていく。 (柳澤 元紀)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000080-spnannex-base

     広島の塹江敦哉投手が4日、マツダスタジアムで中崎とキャッチボールし、昨オフに続き、今年も弟子入りを志願して快諾を得た。

     フォームや肘の高さなどの助言を受けながら約20分の投げ込み。「しっかりアドバイスしてくれるので大事にしたい。お世話になっている。(来年は)しっかり結果につなげたい」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000161-dal-base

     広島の守護神・中崎翔太投手(25)が自慢の自炊で体調管理に努めている。

     今季は終盤こそストッパーに復帰したが、シーズン序盤に右脇腹の違和感を訴えるなど、フル稼働とはならなかった。来季は「1年間通して働く」と最低限のノルマを課した。

     そんななか、昨オフまで合同自主トレで共に汗を流した江草仁貴氏(37)が今季限りでユニホームを脱ぎ、今回は広島に残って練習に励んでいる中崎は食事面にも気を配るようになったという。外食が続くと「好きなものばかり食べてしまう」。魚も野菜もバランスよく栄養補給をするため、独身ながら夕食は自ら腕を振るっている。

     食材選びから目を光らせて、疲労回復に役立つと分かれば、もずくを使って酢の物を作ってみたり「酒、みりん、しょうゆはカップなんかを使わずに目分量でいける」と肉じゃがや魚の煮つけはお手の物だそうで、なかなかの腕前のようだ。

     なかでも「シーズン中にも作ることがある」という具だくさんの豚汁は力の源。また「クックパッドでいろいろ調べながらやることもある」と興味を持った新作に挑むこともあるという。決して体重を増減させるためではないが「自分でしっかり管理して脂肪を減らしたり筋肉の質を上げたり、ウエートコントロールできれば」と明確な目的を持っている。

     来季のクローザー起用について、畝投手コーチからは「責任のある場所だから『はい、どうぞ』というわけにもいかない。キャンプ、オープン戦で結果を出してもらわないといけない」と注文を付けられた。「8回からまたぎで9回も投げられるくらいならないと」と意気込む中崎は絶対的な守護神として、相手打者も簡単に料理したいところだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000048-tospoweb-base

     広島・中崎翔太投手(25)が17日、初の防御率0点台を視界に捉えた。今季は59試合に登板し4勝1敗、10セーブ、防御率1・40。2年連続防御率1点台をキープしたが、来季はさらなる安定感を追求する。大分県由布市内で湯布院リハビリキャンプに参加中の守護神は最強を目指す。


     2年連続防御率1点台も通過点だ。中崎は数年前から「抑えをやるのであればチームで一番、防御率が低くないといけない」と言い続けてきた。その考えは今も同じ。「無駄な失点があっての1点台なので。0点台にいっていたときもあったし、もっと良くできたかなあという感じはあります」と防御率0点台への手応えを語った。

     もう未知の領域ではない。昨季は防御率1・32。今季はシーズン途中まで0点台をキープしたが、そこに落とし穴が待っていた。自身の調子、相手チームの狙い球に関係なく、同球種を続けて痛打を食らった。「調子に乗った部分があった。本当に反省しないといけない」と自戒を込めるように振り返った。

     今オフは宮崎・日南ではなく、広島で自主トレを行う予定。「栄養管理をきっちりしたい」と自炊もこなす。得意料理は肉じゃが。一人暮らしを始めてから料理にも挑戦し「目盛りで量らなくても作れます。酒、みりん、しょうゆとか」と笑った。ベスト体重をキープしつつ、筋肉の質を上げて脂肪の量を減らす。

     メリハリも付ける。「1月からガンガンやっていた」という今年の反省を生かし「休むところは休む」と意識改革。「意味のあるトレーニングをしたい」と積極的な休養日も設けていく考えだ。まずは湯布院でリフレッシュし、無敵を目指す。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000037-dal-base

    このページのトップヘ