広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    丸佳浩

     昨季を上回るペースでマジックを点灯させた赤ヘルの強みは何と言ってもチーム打率2割7分8厘を誇る12球団ナンバーワンの打線。その“潤滑油”となっているのが、広島・丸佳浩外野手(28)だ。

     20本塁打を放ち25年ぶりのリーグVに貢献した昨季と比べて、今季は内野安打の割合が極端に低い(昨季は11・1%、今季は3・9%=成績は8日現在)。逆に二塁打数はすでに昨季の30に並んでおり、本塁打数も現時点で17本と昨季超えも射程圏だ。ここまで126安打しており、このペースでいけば自己最多となる2014年の166安打を上回る。

     昨季と何が変わったのか。丸は自身の打撃について「今年は『バットを振り抜く』ことを意識してやっている。当てにいく、走り打ちをするというのを追い込まれるまでしないようにしているのが、内野の間を抜けたり外野まで飛んだりしていることにつながっているのかも。長打が増えている直接の要因は分からないけど」と分析する。

     丸の成長について、チーム関係者は「意識してやっていることが結果になっているのはレベルアップしている証拠」と断言。さらに「田中や菊池をホームにかえしたり、チャンスメークすることで(鈴木)誠也のプレッシャーがなくなるとまでは言わないけど、少しは気持ちが楽になっているかも」と4番鈴木の負担軽減にもひと役買っていることを強調する。バージョンアップした背番号9のバットがリーグ連覇へ導く。
    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/726942/

     優勝マジック24とリーグ2連覇に向けて首位をひた走る広島。好調の要因のひとつに1番・田中広輔、2番・菊池涼介、3番・丸佳浩、4番・鈴木誠也の上位を打つ4人が挙げられる。

    【上位4人の打撃成績】
    1(遊)田中広輔 率.291 本 4 点44 出塁率.388
    2(二)菊池涼介 率.288 本13 点51 出塁率.326
    3(中)丸 佳浩 率.315 本19 点76 出塁率.404
    4(右)鈴木誠也 率.301 本25 点88 出塁率.388

     プロ野球解説者の山本昌氏は、7月26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で「上位の4人は助け合って、みんなで攻めてきますよね」と話す。「また野球の上手い選手が揃っているので、何かをしてくるんですよね。その辺で得点率が高いなと思います」と続けた。

     8月15日の阪神戦では、初回に田中と菊池の連打でチャンスを作ると、3番の丸が先制の3ラン。3点リードの4回には田中が二塁打、菊池の四球で一、三塁とすると、丸がタイムリー、鈴木誠也の野選で得点を挙げたという試合もあった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00128719-baseballk-base

     球宴前最後の9連戦を5勝3敗1分で乗り切り、2位・阪神に8差を付けて折り返すことになった緒方広島。今季負け越していた“苦手”DeNAに対しても2勝1敗と勝ち越し、貯金も最多タイの「23」にまで膨らんだ。リーグ連覇へ確かな足跡を残した赤ヘル軍団の前半戦を、OBの野球評論家・横山竜士氏が総括した。

     -前半戦総括の前に、この9連戦の戦い方をどう見たか。

     「最初の巨人3連戦でいきなり2試合連続完封負け。この巨人戦と次のヤクルト戦が共に合計13失点と、投手陣が苦しみました。踏ん張った中継ぎ陣とは対照的に、先発の失点の多さが目につきましたね。ジョンソンは最後のDeNA14回戦(12日・マツダ)こそ8回1失点と好投しましたが…。この期間中に2敗した岡田共々、もう少ししっかりしてほしい」

     -巨人・田口、菅野という苦手を打てずに完封負け。DeNAの今永や石田という左腕にも苦しめられた。後半戦に向けて課題もあったように感じたが。

     「確かにそう。苦手投手を作ったらダメだし、そういう投手と対戦した試合では特に先取点が大事。しっかり1点を取りにいく、そして1点を守る、という野球をするべきでしょう。打ったら勝ち、打てなかったら負け、という戦い方ではなくて、打てない時でも何とか工夫して勝ちに結びつけるような試合運びが後半戦は必要かなと思います」

     -若いチームだけに課題も多いが、それでも前半戦は昨年を上回る貯金を作った。精神的支柱だった黒田が抜けた穴を若手投手がカバーした。

     「開幕早々、エースのジョンソンが咽頭炎からの体調不良で戦線離脱。その後、クローザーの中崎も登録抹消の緊急事態になったのですが、岡田や薮田といった若い投手がよくカバーしたと思います。特に僕が評価したいのが岡田。開幕2戦目で4回KOを食らった後、立て直して先発ローテーションを守り続けた。交流戦のあった6月は週の真ん中に配置転換され、長いイニングを投げる役目を負って見事その期待に応えています。最近3試合勝てないものの、前半戦の投手のMVPという高い評価をしてもいいでしょう」

     -打線は今年も健在。チーム打率はリーグトップだし、本塁打数、得点数もダントツ。こと打線に関しては言うことない。

     「WBCに出た菊池の体調が悪く、欠場を余儀なくされた時期を除けばおおむね順調ですね。松山や安部、さらに西川などの成長もあり、全体的にレベルアップしているように思います。そんな打線をけん引しているのが3番の丸。1番・田中、2番・菊池の“タナキク”は昨年より打率は悪いですが、丸がそれをカバーして余りある活躍をしてくれた。今年から4番に座っている鈴木も『丸がいてこそ』という部分もある。打つ方に関しては、間違いなくこの丸がMVPです」

     「黒田の穴をどう埋める?」という開幕前の不安も、ジョンソンのリタイヤという開幕後のアクシデントも乗り越え、盤石の強さを見せつけた前半戦の広島ではあるが、一つ一つの試合を検証すれば冒頭の指摘のように課題も多い。逆転勝ちが多いというのは、裏を返せば先発陣が先に失点する苦しい試合展開が多かったということでもある。「後半戦はクライマックスシリーズ(CS)や日本シリーズのような短期決戦を見据えた戦い方を」と横山氏は言う。初戦必勝、先行逃げ切り-が後半戦の肝。胸突き八丁の夏場を原点回帰で乗り切り、連覇へのゴールに駆け込む。(デイリースポーツ・中村正直)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000045-dal-base

     広島・丸佳浩外野手(28)が7日、6月度の日本生命月間MVPに選ばれた。プロ入り4年目の2011年からレギュラーに定着し、10年目で初受賞。マツダスタジアムで会見に臨み、笑みが弾けた。

     「うれしいです。良い結果を残すことができてホッとしている。チームに貢献したいと思っている中で、多少なりともそれができた。6月だけで終わらないようにしたいです」

     6月16日のソフトバンク戦(マツダ)では3打席連続本塁打。翌17日の同戦では決勝弾を放つなど6月月間成績は21試合で打率・402、6本塁打、22打点と大暴れ。打率と打点は月間リーグトップで文句なしの受賞となった。

     首位のチームは2位・阪神に7ゲーム差をつけて、独走態勢に入りつつある。「落とせない試合が増えてくる。昨年優勝した経験があるので、その経験を自信としてやっていきたい」と気を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170707-00000524-sanspo-base

     広島は6日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に6-5で勝利した。2試合連続完封負けから一転、点の取り合いとなったゲームを競り勝ち、緒方監督は「僅差のゲームを勝ちきれたのは大きい」と、3連敗を阻止した打線を評価した。

     2試合連続完封負けから、この日は9安打で6得点。2点を先制された初回は鈴木のタイムリーで18イニングぶりに得点を挙げた。緒方監督は「初回に得点できたのが大きかった。無得点が続くと、イニングが進むごとにバッターにはプレッシャーになるから」と4番の働きを評価した。3回に丸のソロ本塁打で追いつき、エルドレッドの犠飛で勝ち越した。

     その後は巨人が追いつけば、広島が引き離す展開が続いた。指揮官が「追いつかれても点を取る粘り強い攻撃だった」という点の取り合いにピリオドを打ったのは、7回の丸のこの日2本目、通算100号となる一発だった。

     丸は「コースなりにしっかり打てた。自分のスイングで強い打球を打つことができた。打球が低かったのでどうかと思ったが、入ってよかった」と喜んだ。緒方監督は「すごいね、いいところで2本も打ってくれた」と脱帽の様子で「交流戦あたりから長打も増えて、逆方向にもホームランが出るようになった。頼もしい3番打者になった」と称賛した。

     オールスターまでの9連戦、最初のカードは1勝2敗となったが、接戦を制して同一カード3連敗を阻止したチームの底力も感じさせた。緒方監督は「まだ3試合終わっただけ。明日は移動ゲームだし、またしっかり戦っていきたい」と、先を見据えていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170706-00010035-fullcount-base

     首位・広島の勢いが止まらない。30日の中日戦(マツダ)は先発クリス・ジョンソン投手(32)が序盤に先制を許すも8―3とひっくり返して25度目の逆転勝ち。貯金を19とした緒方孝市監督(48)も「打線が追いつかれながらも、取り返してくれた」と目を細めた。3―3の6回無死三塁から決勝打を放ったのは4番・鈴木誠也外野手(22)だったが、お膳立てをしたのは先頭で一塁線を破る三塁打で出塁した3番の丸佳浩外野手(28)。この日は4打数2安打1打点の活躍を見せた。

     ここまで打率はリーグトップの3割3分1厘で13本塁打、51打点の好成績をマーク。交流戦でも打率4割1分1厘、出塁率4割6分9厘、30安打の3部門でトップの成績を残すなど首位を独走するチームを支えている。

     それなのに周囲の評価は成績ほど高くない。象徴的なのが今年のオールスターだろう。ファン投票でも選手間投票でも数字が伸び悩んだ。広島からは新井、菊池、鈴木がファン投票で選出され、選手間投票でも菊池と鈴木に票が集まったが、丸は選ばれずじまい。監督推薦での出場の可能性はあるが、チーム内からは「(セ・リーグ外野手部門で)糸井(阪神)や筒香(DeNA)が人気なのは分かるけど、なぜ選ばれなかったんだろう。成績でいえば丸のほうがいいのに」と同情の声が上がっている。

     丸は「成績は(シーズンが)終わってみないと分からない。目の前の1試合、1試合に集中するだけ」と冷静だが、もう少し正当な評価を受けても良さそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000022-tospoweb-base

     プロ野球も交流戦が終わり、23日からは再びセパ両リーグで熱戦が繰り広げられる。現在、セは貯金16の広島が首位に立ち、同10の阪神が2位。3位・DeNA以下の4球団は借金生活からの巻き返しを図る。一方、パは貯金20の楽天が首位を走り、同17のソフトバンクが2位、同9の西武が3位と続く。4位オリックス以下は借金を抱えているが、ペナントレースはまだ半分以上を残しており、まだまだ追い上げは可能だ。
     
     両リーグ全体で、ここまでどの選手の貢献度が最も高かったのだろうか。ポジションや球団の違いなどもあり、一概に決められないが、現在メジャーリーグで重視されるセイバーメトリクスの指標の1つであるWAR(Wins Above Replacement)を基に見てみたい。

     WARは様々な指標を総合し、ある選手が走攻守の全てを合わせて、どれだけ勝利に貢献したかを評価するもので、「控えレベルの選手が出場する場合に比べて、どれだけチームの勝利を増やしたか」を表している。つまり、WARが「1」であれば、チームに1勝分の貢献をしているということになる。

     スポーツデータの分析を手がけるDELTA社の独自集計によると、両リーグの先発投手、野手のWARトップ5は以下の通りとなっている。


    引用元 https://full-count.jp/2017/06/22/post73322/

    このページのトップヘ