広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    丸佳浩

     2位・巨人に6ゲーム差をつけ首位を快走する広島は、16日から今季1勝5敗と苦手とするナゴヤドームで中日3連戦に臨む。マツダスタジアムでの全体練習に参加した丸は15日、実戦のなかった7日間で英気を養い、離脱した前半戦の悔しさを晴らす活躍を誓った。

     前半戦を終え打率はリーグ3位の・330で出塁率は同1位の・498。数字はもちろん、勝利への貢献度も高い。それでも、約1カ月の離脱があった事実を消すことはできず、丸の心が満たされることはなかった。

     「ケガをした時点でマイナスにしかならない。プラスにして尻をぬぐいたいけど…。1カ月も出ていなかったので、そういう(多く出塁できたという)思いもない」

     4月28日阪神戦の守備で、打球に飛び込んだ際に右足を地面で強打。右太腿裏筋挫傷を負い、プロ11年目で初めて故障による出場選手登録抹消を経験し、連続試合出場も700で止まった。チームをけん引する中心選手として戦列を離れたことが自身、許せなかった。だからこそ、後半戦への思いは強い。

     「(離脱した分は)埋められるものではないので、勝ちに貢献できるように1試合1試合やるしかない」

     後半戦は、今季は「鬼門」になっている名古屋から始まる。中日戦は5勝7敗とセ・リーグ相手に唯一負けが先行しており、ナゴヤドームでは1勝5敗とさらに分が悪い。4月20日からの3連戦では同一カード3連敗も喫した。それだけに、好発進を決めれば、リーグ3連覇に向けた不安要素をまた一つ減らすことができる。

     「ここ最近は勝てていない。先を見ても長いので、しっかりと目の前の試合を戦うだけ」

     好成績を残しながら球宴には選出されず、8日の巨人戦を最後に実戦のなかった7日間を「いい休養になったと思いたい」と充電期間として有効活用した。

     「特に状態が良いとは思わない。(前半戦)最後の巨人戦は無安打。それで果たして状態が良いといえるのかどうかと思っている。結局、やるかやられるか。しっかりできるように準備するだけ」

     どこまでもストイックな男の戦闘態勢は整った。完全燃焼しきれなかった前半戦の悔しさを、残り67試合にぶつける。(河合 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000073-spnannex-base

     丸佳浩(広島)が圧倒的な数の四球を選んでいる。ケガの影響で18試合の欠場があったが、前半戦を終えて両リーグ最多の62四球。後半戦もこのペースだと、シーズン終了時には約134個となる計算だ。シーズン最多四球は74年王貞治(巨人)の158個だが、シーズン130四球以上は王が1人で4度記録しているだけ。丸が王以来の記録をつくることになりそうだ。



     王レベルで四球を選んでいる丸だが、敬遠の数は王と大きく異なっている。王が130個以上の四球を選んだシーズンの敬遠数は、65年29(四球138)、66年41(142)、67年30(130)74年45(158)。ところが丸はまだ4個で、シーズン10個にも届かないペース。敬遠の数は大きく違うのに王に匹敵する数の四球を選んでいるのは、“異常”といってもいいだろう。「敬遠を除いた四球」はこのままだと125個になる計算。これまでのシーズン最多は01年松井秀喜(巨人)の114個で、松井超えも見えている。

     14、15年にもリーグ最多四球を選ぶなど、もともと選球眼に定評があった丸だが、今季はあるデータも記録を後押ししている。前半戦のセ・リーグ投手陣の与四球率(9イニングあたりの四球数)は3・51で、これはリーグで過去ワーストだった95年の3・56に次いで悪い数字。リーグ全体で四球が多い傾向で、丸の四球ペースがこれから落ちることも考えにくいだろう。

     本塁打を何本も打つ選手ではないが、あの王、松井といったホームランバッターに「四球」では対抗している丸。現在打率と本塁打でチーム2冠と好調の打撃はもちろん、後半戦もどれだけ四球を選ぶかにも注目したい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00268102-nksports-base

     6月30日に1000本安打を達成したばかりの広島・丸佳浩は、7月1日のDeNA戦で2本塁打を含む5打数3安打と大暴れした。特筆すべきは出塁率の高さ。2位のヤクルト・坂口智隆に大きく差を開ける.508までアップした。

    両リーグの出塁率5傑

    セ・リーグ
    1丸佳浩(広).508(57安打61四球2死球)
    2坂口智隆(ヤ).443(77安打41四球2死球)
    3坂本勇人(巨).418(95安打43四球0死球)
    4鈴木誠也(広).417(56安打37四球2死球)
    5山田哲人(ヤ).413(74安打56四球0死球)

    パ・リーグ
    1近藤健介(日).466(75安打40四球1死球)
    2秋山翔吾(西).434(105安打41四球3死球)
    3柳田悠岐(ソ).407(93安打30四球1死球)
    4山川穂高(西).403(72安打52四球7死球)
    5中村奨吾(ロ).399(85安打30四球11死球)

     丸の出塁率は突出している。セ・パ両リーグの規定打席到達打者の中で、ただ一人安打数より四死球数が多い。今季の丸は、打率もさることながら、選球眼がずば抜けていると言える。

     NPBの出塁率の計算式は、1984年までは(安打数+四死球数)÷(打数+四死球数)だった。1985年からは(安打数+四死球数)÷(打数+四死球数+犠飛)になった。

     また、打撃タイトルとしては、セ・リーグは1967年から84年までは最高出塁数、パ・リーグは1962年から84年は最高出塁率(旧計算式)だった。そうした経緯があったため、NPBの公式サイトではシーズン最高出塁率のランキングは掲載されていない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00146340-fullcount-base

     広島は1日、6月30日のDeNA戦(横浜スタジアム)で通算1000安打を達成した丸佳浩外野手(29)の記念Tシャツとフェイスタオルを発売すると発表した。2日の12時から通信販売限定で受付開始する。



     Tシャツは1000枚限定で3000円(税込)。フェイスタオルは1000枚限定で1500円(税込)。詳細は広島東洋カープ通信販売 電話082・554・1025まで。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000114-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島8―6巨人(2018年6月26日 マツダ)

     広島が打撃戦を制して5連勝。4番の鈴木が特大のソロ本塁打を含む3打点の活躍を見せた。

     お立ち台で「最高です!」と絶叫。3回に放った特大弾の感触を「完璧。ファウルになりそうだったので“切れるな”と思って(打球を)見ていた。入って良かった」と振り返った。

     初回無死満塁の好機では先制の2点適時打。「得点圏で回してくれるので、とにかく打点を挙げようと思って打席に入っている。3番バッターの“ビッグヘッド・モンスター”がしょっちゅう回してくれるので、ヤツのためにも打ちました」と3番・丸をイジり、球場が笑いに包まれた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000127-spnannex-base

    今オフの国内FA市場の目玉とも言える埼玉西武・浅村栄斗内野手(27)と、広島東洋・丸佳浩外野手(29)に対し、金本阪神が調査を開始――。そんな一報が駆けめぐっている。
    「この一報が紙面に出たのは、6月12日。12日というのがアヤシイですね。翌13日は、阪急阪神ホールディングスの株主総会が開かれました。この株主総会でタイガースの不甲斐なさに憤りを伝える株主も出ていますし、4番を予定して獲得したロサリオは二軍、連日、金本(知憲=50)監督のチームを嘆く発言が伝えられていました。タイガースは『チーム強化のため、常に動いています』という、メッセージだったのでは?」(球界関係者)
     そう考えてみれば、不振のロサリオに代わる新外国人選手として、カブス3Aのエフレン・ナバーロ外野手(32)との契約合意が「目前に迫った」とするニュースも同10日に伝えられている。やっぱり、株主対策か…。まだ6月だというのに、オフの補強に関する報道が駆けめぐったことに対し、プロ野球解説者がこう指摘していた。

    「セ・リーグは広島が独走態勢に入りつつあり、2位以下のチームがダンゴ状態です。広島も本調子ではありませんが、他球団の調子が悪すぎる。広島のチーム編成の勝利ということでしょう」
     その広島も16年の優勝以前は、長く低迷していた。25年ぶりの優勝だった。
     広島出身のプロ野球解説者がこんな話をしてくれた。
    「カープが長く低迷した原因はFA制度です。広島のチーム強化は選手を育てることをメインに置いていました。しかし、一人前に育つと、FA権を行使して他球団に出て行ってしまう。これではチームは強くなりません。広島の編成、スカウトはドラフト指名した選手がFA権を取得する前に、これまで5年掛かって一軍戦力になる育成を短縮すること、権利を取得してもチームに残留してもらえるような組織作りに変えたんです」
     今季の丸は序盤戦に右太股を故障し、交流戦前に復帰してきた。調味深いのは、その丸の「故障前」と「離脱直後」のチーム事情だ。

    〇離脱前25試合 4・92点
    〇離脱後8試合 3・75点

     これは広島打線の「1試合平均」での得点。丸がいるかいないかで、得点能力は“1点以上”も違っていたわけだ。
     こうしたデータを見ると、「丸が復帰する」の一報が届けられるだけでチームが活気づく。

     また、緒方孝市監督(49)にとっても、丸は思い入れの強い選手でもあるようだ。二軍時代から目を掛けていたという。
    「一軍監督に昇格した15年から、丸に対しては厳しくあたっていました。二軍時代も丸にだけは厳しかった」(関係者)
     丸に“感じるもの”があったのだろう。ドラフト1位ではない叩き上げ、生え抜きの主軸バッター、そういえば、丸のFAに関しては巨人も関心を抱いているとの一報もあった。緒方監督と丸は“酷似する点”も多い。
    「昨年オフの契約更新で、丸は大幅昇給を勝ち取りましたものの、あまり嬉しそうではありませんでした。丸は年俸の上がり幅とは別に『タイトル料』を希望し、球団はそれには応じられないの一点張りだったと聞いています」(前出・同)
     タイトル料を出すかどうかが、丸の他球団流出のカギになるかもしれない。

     しかし、広島には苦労して一軍定着を勝ち取った選手も多い。また、FA制度が導入された当時のように特定の人気球団にドラフト候補が集中するというご時世ではなくなった。
    「メジャー志望のある選手は別ですが、近年では一緒に苦労した指揮官、コーチがいるから国内FA権は行使しないとする傾向も見られます」(前出・プロ野球解説者)
     金本監督も“タテジマ愛”の強い選手を育てるチャンスでもあるのだが…。新外国人、FA補強のタイガース情報は、株主の感情を逆撫でしてしまったのはないだろうか。「緒方監督を見倣え」の声も聞こえてきそうだ。
     今の強い広島は、緒方監督が二軍指揮官時代に苦労した証とも言えそうだ。(スポーツライター・飯山満)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000012-reallive-base

    ■広島 7-0 楽天(8日・マツダスタジアム)

     広島は8日、マツダスタジアムで行われた東北楽天戦に7-0で勝利した。先発の大瀬良が7回無失点の好投でリーグトップの9勝目。打線は通算1000試合出場を達成した丸が攻守に活躍した。緒方監督は「今日は(大瀬良)大地と丸に尽きるね」と、投打の主軸の活躍にご満悦だった。



    「投打ともナイスゲームだった」と、会見で自ら切り出した緒方監督は「大地は粘り強いピッチングだった。相手に流れが行きそうなところをしっかり抑えてくれた」と、自身7連勝となった頼れる右腕を称賛した。

    「初回から得点してピッチャーを援護した」という打線では、丸が初回の先制タイムリーに3回に追加点となる本塁打と活躍したが、指揮官が力説したのは3回の2死一、二塁のピンチで、茂木のセンター前へのライナー性の打球を好捕した守備だった。「あのプレーは大きかった」という緒方監督は「打球に対する判断、一歩目の鋭さ。あのプレーでないと捕れない打球だった」と、現役時代は守備にも定評があった外野手らしく、ファインプレーを解説した。

     同じようなプレーで足を痛めて戦線離脱となった経緯もあり、記者からは復帰間もない丸を心配する声も出たが、緒方監督は「心配ないって。体はもう大丈夫だし、何年もゴールデングラブ賞を獲っている選手だから」と不安を一蹴した。投手陣が崩壊状態の交流戦で初の完封勝ちは、チームの再加速のきっかけになるかもしれない。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00136452-fullcount-base

     広島・丸佳浩外野手が30日・西武戦(マツダ)でスタメン復帰を果たす。右ハムストリングの筋挫傷から1軍復帰後は代打で3打数無安打2三振だった。丸は「とにかくやるしかない。調整の場ではない。結果を出す場所なので、結果を出さないとダメだと思う。結果を出すためにしっかり準備したい」と意気込みを語った。

     チームは今季3度目の3連敗中で起爆剤としても期待がかかる。高ヘッドコーチは「ずっと(試合最後まで)出るかは分からない」とした上で、前日29日の空振り三振を振り返り、「振りすぎかなというぐらいスイングはできているからね」とゴーサイン。迎打撃コーチも「試合レベルのスイングは大丈夫」と太鼓判を押していた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000088-dal-base

    このページのトップヘ