広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野間峻祥

     広島・鈴木誠也外野手(23)が9日、マツダスタジアムで自主トレを公開。8月下旬に右足首を骨折し、リハビリ中ということもあり、昨オフに参加したソフトバンク・内川との自主トレに参加しないことを明かした。

     「しっかり怪我を治して、今は無理しないほうがいいんじゃないかなと思って。行きたかったですけど…」

     今後は、広島に残り、トレーナーとともにリハビリに励む予定。「日本一になれてないですし、日本シリーズにも出られていない。僕自身も悔しい思いをしたので、3連覇、日本一を達成できるようにしたい」と前を向いた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000133-spnannex-base

     広島・野間が9日、肉体改造の成果を明かした。

     野球の動きにつながる理想の体に近づけるため、今オフは食事面を改善。体脂肪を3%減の15%に、体重も昨年の同時期と比べて約3キロ落とし、85キロとした。昨季は右脇腹を痛めて出遅れただけに、「2月1日から100%動ける状態で入っていけるようにしたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000152-dal-base

     広島の野間峻祥外野手(24)と西川龍馬内野手(23)が24日、広島市内のイオンモール広島祇園で「SPORTS×MUSIC スペシャルトーク&ライブ」に参加した。アーティストの屋比久知奈、杏沙子、女優・麻生夏子とともに約2時間、トークとライブを行った。

     同ショーでは、映画『モアナと伝説の海』で主人公のモアナ役と主題歌を担当した屋比久のファンだという野間が、主題歌「どこまでも ~How Far I’ll Go~」を熱唱。BGMがなかなか流れなかったり、歌唱中に歌詞カードを落とすプチハプニングもあったが、抜群の歌唱力を披露した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000127-sph-base

     「広島秋季キャンプ」(14日、日南)

     野間が契約更改交渉に臨み、200万増の1600万円でサインした。

     プロ3年目の今季は主に代走、守備固めで98試合に出場し、自己最多10盗塁をマークした。

     「(球団から)レギュラーを目指してほしいと言われた。自分で打って塁に出て走りたいです」と定位置奪取へ意欲を見せていた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000133-dal-base

     広島の秋季キャンプ第1クール最終日の10日、野間峻祥外野手(24)が緒方監督から打撃の手ほどきを受けた。ロングティーのトスを上げ、身振り手振りを交えながらの熱血指導。移籍した石井前打撃コーチの意思を受け、今秋は野間に対して“打撃開眼計画”が進行しており、本人も「“これだ”という形をつかみたい」と懸命だ。

     クール最終日の恒例メニューとなったロングティー。緒方監督は丸にトスを上げ終えると、2組目は野間の前に立った。自身が現役の時に背負った「9」「37」の後継者たち。続けざまに熱血指導を交えつつ約200球を下手から投じた。

     野間が内容の一端を明かす。「“手ばかり気にして、下半身がしっかり入っていない”と。“力任せに振るんじゃなく、下でしっかり捕まえてから振るように”と言われた」。ボールをつかまえる能力の向上。それこそが最大の課題だった。

     秋季キャンプでは、野間に対して「打撃開眼計画」が進行中だ。松山が午前9時からの早出で一塁守備を課されるのと同様、野間の1日は早出特打から始まる。一箱200球の打撃練習に加え、ヘッドの出し方、使い方を練習するのが日課だ。

     今季限りで退団し、ヤクルト入りが決まった石井前打撃コーチの意思でもある。「琢朗さんからの引き継ぎ。“(在任中に)唯一、育て切れなかったのが野間。引き続き頼む”と言われているので」。東出打撃コーチはそう説明する。

     3年目は98試合に出場。チーム屈指の俊足を生かした代走、守備固めが主で、先発は12試合のみだった。だからといって打撃が非力なわけではなく、「スイング速度はトップレベルだし、体力も振る力もある」(東出コーチ)。もったいない現状からの脱皮。野間は言葉に力を込める。

     「今までは、トップから力任せに打ちにいく分、体からバットが離れていた。でも、同じ左打者で率を残す丸さんや松山さんらは、どのコースでもバットの入り口は同じ。来季はこれで行こう…という形を見つけたい」

     思い切って振った打球が、どこに飛ぶかわからないようでは苦しい。要はバットコントロール。一級品の守備力、走力に加え、真の打力が身につけば、外野の定位置獲りが現実身を帯びる。野間の打撃開眼計画は結実するのか。注目だ。(江尾 卓也)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000052-spnannex-base

     広島・野間峻祥外野手(24)が25日、休日返上でマツダスタジアムを訪れ、マシン打撃などで汗を流した。

     リーグ連覇が決まり、ここ3試合連続スタメン出場中。アピールのチャンスをつかみ、「打席をもらえるのはありがたい。まだまだ課題があるので、1打席1打席しっかりクリアできるようにしたい」と力を込めた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000106-dal-base

     リーグ屈指の攻撃力を支えたのは打撃だけではない。「一つ二つ先の塁を狙う」と意思統一された走塁も広島の武器だ。706得点はリーグ断トツ。三塁ベースコーチを務める河田外野守備走塁コーチは「去年からやっていることを今年も持続できている。長打1本できっちりホームまでかえる。一つ二つ先という意識でやれば点は入る」と手応えを明かす。

     昨季チーム盗塁数118に対して今季は108個。「失敗数は同じぐらいかな。数より確率。やみくもに走るより、相手にプレッシャーをかけられたらいい」とうなずく。

     1番・田中は昨季の経験を生かし、ここまで32盗塁。自身初のタイトル獲得へまっしぐらだ。「5番・安部」という新オプションも打線の切れ目をなくし、つながりを生んだ。

     試合終盤の勝負どころでは「代走・野間」がコールされる。胃がんからの復活を目指す赤松に代わり、今季は野間が代走の切り札。ここまで10盗塁。河田コーチは「一生懸命よくやっている。器用ではないけど、フィジカルは素晴らしい。いいところで決めてくれている。野間だから回せたのが4つぐらいある」と高く評価する。

     象徴的なシーンは、8月3日・阪神戦(マツダスタジアム)だ。2-5の九回、新井の全力疾走でもぎ取った内野安打から1点を返し、なおも1死一、三塁。打席は西川。フルカウントからの7球目をはじき返した打球は中堅右で弾んだ。スタートを切っていた一走・野間は一気にホームイン。中継プレーはスムーズだったが、走力が勝って延長12回ドローに持ち込んだ。

     河田コーチは「右中間寄りの打球でホームまでかえられるのはなかなかない。あそこで回せたのはコーチをしていても初めてだよ」と目を丸くする。野間は「スタートも切っていたし、二塁を回る前ぐらいで落ちると分かった。(三塁で)止めるかなと思ったけど、中継プレーは何が起こるか分からない。全力で走って、後は河田さんに任せています」と控えめに振り返った。

     野間の足は今やチームに欠かせない。相手に重圧を与えるリーグ連覇の要因となった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000040-dal-base

     広島・野間が「バティスタ選手」と書かれたシールを背中に貼ったまま試合前練習に参加した。周囲からツッコミが入るまで「やられましたね。全然気づかなかったです(笑い)」と振り返り、すぐにはがして練習に戻った。“犯行”に使用されたものは、各選手が間違えないように着用前のユニホームに貼られていたシールだったようで「やったのはアイツ(バティスタ)しかいないですよ」と犯人を特定。その後の試合には敗れたものの、リーグ連覇は目前とあって雰囲気は良好だ。
    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/763759/

    このページのトップヘ