広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野間峻祥

     ◇セ・リーグ 広島9―3巨人(2018年5月23日 ひたちなか)

     頼れる広島のベテラン・新井がまた一つ勲章を手に入れた。大敗した前夜の悪夢を引き飛ばす価値ある一発は、田中の先頭打者アーチで先制した初回、なおも1死一、二塁の好機。カウント2―1から吉川光が投じた甘いカーブを左翼場外へ運んだ。

     「得点圏だったので積極的に行こうと思った。キクと誠也が四球で出てくれたので何とか点を取りたかった」

     新人時代の1999年から20年連続本塁打となる、今季1号3ラン。大卒で20年連続は金本、稲葉と並ぶ最長タイの快挙だ。まだある。現在41歳3カ月。石井琢郎(ヤクルト打撃コーチ)が持つ広島の最年長アーチ記録を更新してみせた。

     「長くやらせてもらっているからね。周りの皆さんのおかげ。試合前、野間さんにたくさん触ったので、野間さんの御利益かな」

     かわいい後輩をいじって笑いに変えるあたりが新井らしい。4回1死一、二塁でも一塁線突破の2点二塁打を放ち、16年7月12日の巨人戦以来となる1試合5打点。今季最少の2安打で零敗を喫した前夜を「もう終わったこと」と一蹴し、バットで流れを引き寄せた。

     3戦3敗で無得点の宇都宮とは対照的に、ひたちなかでは、これで3戦3勝。「やっぱり新井さん。3ランは本当に大きかった」。3年連続で交流戦前の首位を確定させた緒方監督は、勝利に貢献したベテランに最敬礼だった。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000008-spnannex-base&pos=5

     広島・野間峻祥外野手(25)が21日、好調を維持しレギュラー定着へ猛進していく決意を示した。現在は中堅で躍動しており、規定打席未到達ながら・338と高打率をキープする。離脱中の丸の復帰が見込み通りならば1週間後。それでも今後の活躍次第では左翼での出場の可能性もあるだけに、22日・巨人戦(宇都宮)から走攻守でアピールにスパートをかけていく。

     全力プレーで野間が光を放ち続けている。丸が右ハムストリング筋挫傷で離脱する中、打撃好調。中堅で7試合連続先発出場中だが「丸さんが帰ってくるまでしっかり、帰って来ても使いたいと思ってもらえるようにアピールしていきたい」と決意を新たにした。

     代走や守備固めが主だった昨季は74打数14安打、打率・189。しかし今季はここまで68打数23安打で打率・338と打撃面での進化が目覚ましい。タイミングや体が開かないことを意識しつつ「割り切っていくところはいったり、落ち着いてできている」とうなずく。19日・ヤクルト戦では自身初の満塁弾を放つなど長打力も光る。

     緒方監督は29日から始まる交流戦までに丸を復帰させる青写真を描く。迎打撃コーチは丸の中堅レギュラー復帰後について「丸が戻って来た時の野間の状態にもよるけど、あれだけの足と守備がある。常に出てくれたら試合も最後まで出られるから」と話しており、野間が左翼に位置を移して先発していく可能性も十分。それだけに、存在感を示し続けたいところだ。

     まずは22日から宇都宮、ひたちなかでの巨人2連戦。慣れない地方球場でも走攻守でアピールを図る。「変わらず出た試合で自分の精いっぱいできるプレーをしていきたい」。一戦一戦最大限に力を発揮し、定位置取りを見据える。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000031-dal-base

    ○ 巨人 8 - 0 広島 ●
    <6回戦・宇都宮>

     広島が今季2度目の完封負けを食らった。

     広島打線は巨人先発・山口俊に3回までノーヒットに抑え込まれる。0-4の4回一死走者なしから松山竜平がチーム初安打を放つと、鈴木誠也、会沢翼の連続四球で一死満塁のチャンスを作る。しかし野間峻祥、バティスタが連続三振に倒れ、得点を挙げることができなかった。その後、6回以降は一人も走者を出すことができず、2安打完封負けとなった。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた里崎智也氏は「4回の満塁のチャンスで得点できなかったことが、試合を決めてしまった印象がありますね」と振り返り、好調の野間が空振り三振に倒れた場面については「最後3ボール2ストライクからボール球に手を出してしまったのが、若干後悔するポイントになってしまったかなという感じですね。それまでファウルで粘っていただけに残念でしたね」と話した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00153927-baseballk-base

     「広島5-2ヤクルト」(19日、マツダスタジアム)

     広島の野間峻祥外野手が、自身初となる満塁本塁打を放ち、逆転勝利をもたらした。0-2の三回2死満塁でブキャナンのカーブを捉え右翼席の最前列に突き刺した。本塁打は1年目の15年4月19日・中日戦(マツダ)以来、通算2本目だ。


     試合後、ナインは野間の話にうつると笑顔いっぱい。四回2死一、二塁から四球を選び野間につないだ新井は「何らかの形で野間さんにつなごうと思っていた。すごいパワーだね」。九回を締めた守護神の中崎は、この日のセーブで13セーブ目となり、リーグトップタイとなった。個人記録については「興味がないですね」と言ったが、グランドスラムに関しては「ブルペンで見ていました。すごかったですね。自分のことのようにうれしかった」と白い歯をのぞかせた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000148-dal-base

     鋭いライナー、高いバウンドが外野の芝生で弾む。プロ4年目。俊足、強肩が武器の広島・野間峻祥外野手に打撃開眼の予感だ。すでに猛打賞を3度記録するなど、43打数15安打で打率・349(5月10日現在)と好調をキープ。野間は「たまたまです」と謙虚だが、「打てるボールをしっかり前に飛ばせているのがいいと思います」とうなずく。

     今季は外野手に故障者が相次いでいる。4月上旬に鈴木が下半身の張りで一時離脱。丸も4月28日・阪神戦の守備中に右太もも裏を痛め、出場選手登録を抹消された。チームのピンチは若手にとってチャンス。他の外野手と同じように野間にもスタメン機会が与えられ、その中で結果を残している。

     「ストライクを打つように積極的にいっています。得点圏ではなおさら。追い込まれると厳しいので。芯で打とうとせず、上からしっかり(球を)つぶしにいくイメージです」

     打席では甘い球にターゲットを絞り、浅いカウントから積極的にバットを出す。塁に出れば、足でかき回す。どこでも守る外野守備は安定感抜群だ。東出打撃コーチも「野間が打ってくれると、チャンスも増えてくる」と目を細める。

     ここまで試行錯誤を繰り返してきた。昨秋は「すり足打法」にトライ。だが「構えたところから打ちにいけなかった。球を見てから打とうとしていた」と断念。ただ遠回りではない。「練習ではきれいに打とうとしてしまう。試合と同じように100%で振ろう」と意識改革。春季キャンプでは胃腸炎を患い、別メニューの時期もあったが、一心不乱にバットを振り続けた。

     「外野手は打たないといけない。今のところ、出る機会をもらっているので、継続していいものを見せていきたい。打つことで足も生かせる。チャンスだと思ってやりたい」

     昨季は主に代走、守備固めとして98試合に出場し、リーグ連覇に貢献した。ただ打率・189。課題は明白だった。今季はひと味違う。快音が続く打撃に磨きをかけ、走攻守でファンを魅了する。(デイリースポーツ・杉原史恭)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000083-dal-base

     広島・野間峻祥外野手(25)が8日からのDeNA2連戦で左腕戦では今季初めて先発出場する可能性が浮上した。打率・357の好調に加えて浜口と東の両左腕がともに左打者に分が悪い傾向を踏まえて東出打撃コーチが起用を示唆。離脱中の丸が復帰後も外野のレギュラー争いに生き残るためにも左腕撃ちでアピールしたいところだ。

     野間に願ってもない機会が巡ってきた。予告先発された初戦の浜口に加え、2戦目も東が有力。左腕戦での先発出場が昨年9月24日の中日戦(先発は笠原)を最後に遠のいている状況を思えば、通常ならベンチ待機が濃厚な2連戦だった。

     浜口には昨季2勝4敗、東にも4月26日の初対戦で8回11奪三振の苦戦。両左腕の攻略へ東出打撃コーチは「右打者より、左の方が比較的打ちやすいと思う。特に浜口は」と分析した。実際に昨季の浜口は右打者には被打率・244に対し、左打者に同・275。今季の東も右打者への同・207に対して左に同・293で、ともに左打者に分が悪い。そこで野間にも先発出場の可能性が出てきた。

     規定打席未満ながら打率・357で課題だった打撃に結果が伴ってきた。特に5月は・467の大当たりだ。丸が右太腿裏故障で不在。空いた中堅は日替わり起用が続き、好調の野間が定着しているわけではない。理由は一つ。左腕に結果を残せていないことだ。

     本人は「苦手意識はないです」と強調した。ただ、左投手に対しては打席に立つ機会が圧倒的に少なく、今季も9打数1安打。5日ヤクルト戦では2年目左腕の中尾から中前打を放ち、「オーソドックスな左から打てたのは良かった。左を打てないと苦しいので」と手応えをにじませる。

     代走や守備固めが主だった昨季に比べれば打力向上は確かで、東出コーチは野間のさらなる成長を条件に「左翼は松山、バティスタを含めて状態のいい選手を使えばいい」と丸の復帰後をにらんだ。

     「丸さんの存在は相手からすれば脅威。そこは難しいけど、少しずつ存在感を出していければ…。外野なので打てば使ってもらえると思うし、打てば足も生かせるので」

     中軸を担うほど打力に定評のある松山とバティスタを脅かすには左腕攻略は必須。今回の2連戦が飛躍への入り口になるかもしれない。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000046-spnannex-base

     リーグ3連覇を狙う広島に故障者が続出。6日のヤクルト戦(神宮)は延長11回サヨナラ負けを喫したが、それでも首位を堅守しているのはさすがだ。

     ベテラン・新井貴浩内野手(41)は左腓腹筋挫傷のため開幕から不在。鈴木誠也外野手(23)も開幕直後に下半身の張りを訴えて戦線離脱し、復帰に約2週間を要した。揚げ句、主力で昨年のセ・リーグMVPの丸佳浩外野手(29)が4月28日の阪神戦(マツダ)で負傷、右太もも裏筋挫傷と診断され現在抹消中だ。

     そんな相次ぐアクシデントを若手がカバー。特に、2014年にドラフト1位で中部学院大から入団し4年目の野間峻祥(たかよし、25)、12年の1位で龍谷大平安高出身の6年目・高橋大樹(ひろき、23)の外野手2人の台頭が目立つ。野間は丸の離脱後に3度「7番・中堅」で先発出場し、その間打率・545と奮闘。この日は左腕・石川が相手先発のため右打ちの高橋大にスタメンを譲ったが、8回に代打で登場すると三塁内野安打でチャンスメークした。延長11回2死一、二塁の勝ち越し機に二直に倒れたが、「一打席一打席、必死にやるだけ」と前を見据えた。

     野間は入団当初、ブレーク前の鈴木とレギュラーを争う立場だった。現状こそ大きく水をあけられた格好だが、チーム関係者は「今までは誠也が先を走ってきたが、野間と高橋大も徐々に力をつけて追いついてきた。いい刺激を与え合っていると思う」と目を細める。同世代トリオの競争が、手負いのカープの原動力といえそうだ。(山戸英州)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000013-ykf-spo&pos=1

    このページのトップヘ