広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野間峻祥

    <日本生命セ・パ交流戦:広島3-9オリックス>◇23日◇マツダスタジアム

    広島野間峻祥外野手(26)が23日オリックス戦で頭部に死球を受け、途中交代した。延長10回1死一塁で、山崎福のチェンジアップがヘルメットのひさしに当たった。


    山崎福が危険球で退場となる中、ベンチに下がり、試合後にトレーナーとともに自力で歩いてタクシーに乗り込んだ。松原チーフトレーナーは「頭に当たったので適切な処置をしています」と話した。病院の検査を受け、今後について決めるとみられる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-06230980-nksports-base

     「交流戦、楽天(雨天中止)広島」(15日、楽天生命パーク宮城)

     広島・野間峻祥外野手(26)が15日、再生へ向けて野村謙二郎前監督(52)から直接指導を受けた。この日の楽天戦は雨天中止。楽天生命パークの室内練習場で練習し、打席での足の使い方や考え方について助言を受けた。交流戦打率は規定打席到達者で12球団ワーストの・111。不振にあえぐ中、復権への道を歩む。

     早々に試合が中止となった敵地の室内練習場で、野間は復調への糸口を探し続けた。「いい時間になりました」。約1時間半の練習。東出打撃コーチから緩めの球を投げてもらってバットを振り続けていると、近くで見ていた野村前監督が身ぶり手ぶりでアドバイスをし始めた。

     「(指導を受けるのは)初めてだと思います。下半身が大事だし、下半身の力をどう伝えていくか。『軸足が“死んじゃう”とバットに伝わらないよ』というところも言ってもらったので。自分のスイングで強く振れるところにあるかどうか」

     そう話すように、主には打席の中での、足の使い方についてアドバイスを受けたという。交流戦での打率は規定打席到達者で12球団ワーストの・111。現在19打席連続無安打中と不調に陥る。「どうしてもヒットを欲しがって、振れないところで球を振りにいっている」と分析。現状を打破するための足取りを進める中で、差し伸べられた手だった。

     打撃フォームだけでなく、打席での考え方についても「シンプルに投手との距離をしっかり取った中で、自分のスイングをできるように。その中での結果」との助言を受け、「打てなくなってしまうとどうしても意識することもいつもと違っているのかなと」と、冷静に振り返った。

     打っては助言、打っては助言を繰り返した約30分間。その後のフリー打撃を終えてからも、前監督の言葉に耳を傾けた。最多安打3回にトリプルスリーも達成した名球会打者からの指導は、貴重なひとときとなった。

     5月12日・DeNA戦から6月11日・日本ハム戦までは「1番・中堅」で先発出場し続けたが、ここ3試合は7番での出場が1試合と、ベンチスタートが2試合。「結果はどうしても出さないといけないけど、しっかり自分の形で振っていく」と結果も求める中で、自分を見失わずに打席に立っていく。

     チームも3カード連続負け越し中で交流戦単独最下位。この日の練習が野間の再生につながれば、恵みの雨だったと振り返れる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000019-dal-base

    広島野間峻祥外野手が交流戦で駆け抜ける。交流戦前日会見に出席。今季は9盗塁を決め、成功率100%を誇る。



    それでも「失敗はないけど、成功も少ない。もう少し、企画数を増やしていければ」と昨季自己最多の17盗塁も1盗塁にとどまった交流戦での盗塁増加に意欲を見せた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-06030752-nksports-base

     広島・野間が、4日開幕する「日本生命セ・パ交流戦」の記者会見で元日本ハム投手でタレントの岩本勉氏にいじられまくった。

     パ・リーグ投手の印象について話していた野間に、岩本氏は「胸の内を全部明かしているか分からない」とつっ込み。司会者に2人の関係を聞かれると、岩本氏は「初対面です」と、まさかの事実を明かした。

     その後もいじりやすいのか、野間が「同期入団の日本ハム・有原投手と対戦したい」と話すと、岩本氏は「彼の好物は担々麺です」と横やり。野間が「札幌遠征が楽しみ。食べ物もおいしい」と話せば、岩本氏は「夜は私がパトロールしているので気をつけてください」と、謎のけん制球を投げつけた。

     あらためて司会者に「面識は?」と聞かれた岩本氏は「初対面です」。プレーでは絶好調の野間もたじたじだった。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000160-spnannex-base

    <日本生命セ・パ交流戦:日本ハム5-4広島>◇11日◇札幌ドーム

    途中出場の広島長野久義外野手が12打席ぶり安打を放った。5回に代打出場。

    8回の第2打席、ロドリゲスから左中間を割る二塁打でバティスタの2ランをお膳立てした。1番野間が13打席無安打の状況に、東出打撃コーチは「(1番)長野でもいいんじゃないかな」と移籍後初の1番スタメンの可能性を示唆。長野は「明日も頑張ります」と言葉短く、球場を後にした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-06111072-nksports-base

     広島は5月31日の阪神戦でサヨナラ打を放った野間峻祥外野手(26)の記念Tシャツを発売すると1日、発表した。

     同点の延長十一回2死一、二塁で右越えの劇的な一打をマーク。Tシャツ前面には、お立ち台で鈴木と西川が用意したウオーターシャワーをかわし、最後に自らペットボトルで祝杯を浴びた際の笑顔が劇画風にデザインされている。

     枚数は500枚限定の抽選商品で、価格は3000円(税込み)。2日の正午から午後1時まで、通信販売のみで抽選を受け付ける。詳細は球団ホームページで。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000095-dal-base

     広島が31日の阪神戦(マツダスタジアム)に延長11回、2―1で今季5度目のサヨナラ勝ち。5月は20勝4敗1分けで前日30日に更新した球団月間勝利数の記録をまた一つ積み上げた。

     ヒーローは延長11回、二死一、二塁から右越えサヨナラ適時打を放った野間峻祥外野手(26)だ。お立ち台でのヒーローインタビューの途中では、鈴木誠也外野手(24)と西川龍馬内野手(24)から水をぶっかけられそうになるも、危険を察知してひらりと身をかわすことに成功した。

     だが、スタンドのファンはそれでは納得しない。球場内から「もう一回!」「もう一回!」と異例の大合唱が起きると、野間は両手でバッテンマークを作って苦笑いを浮かべたが、さすがに観念した様子。インタビューを受けながら、お立ち台でおもむろにスパイクを脱ぎ、ベルトを外すという、これまた異例の展開となった。

     インタビュー終了後には、自らペットボトルの水を頭からかぶる「セルフシャワー」で喜びを表現すると、ファンも大盛り上がりだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000056-tospoweb-base

     今夜から開幕以来の首位獲りをかけて中日2連戦を戦う2位・広島。18日に行われた阪神戦(甲子園)の試合前に、斬り込み隊長の野間峻祥外野手(26)と主砲・鈴木誠也外野手(24)が何やら楽しそうにしているオフショットが北條貴史カメラマンから届いたので、このタイミングで公開します。



     この日の試合は土曜日とあってデーゲーム。2人して頬を触ったり、つまんだりしていたのは、遮光目的のアイブラックを施す位置の相談でしょうか。学年は野間が2年先輩ですが、そんなことを感じさせない2人の微笑ましい姿はカープファンの皆さんには大きな癒しですよね。

     7連勝で首位・巨人にゲーム差なしの勝率4厘差と肉薄して迎える今夜の中日戦。試合開始は午後6時です。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000116-spnannex-base

     5月5日、こどもの日。広島―巨人戦(マツダ)の試合前練習のヒトコマです。集合時間ギリギリに長野を先頭に現れた一団が、サングラス隆盛の時代に珍しくアイブラックを塗って登場。周囲の選手の反応がおかしかったのでレンズで追いかけてみました。



     まずは長野。両目の下にちょんちょんと塗って目元も涼しげ。正しい使い方でイケメン感出してますね。

     続いては鈴木誠也。鼻をまたいで一直線にプロレスラーチックな仕上がりに。使い方が合ってない気もしますが、やんちゃぶりがうかがえます。

     トリを務めるのは野間。サングラスでも隠し切れない歌舞伎の隈取風に、眉毛もつなげて本来の用途を完全に忘れてます。さすがムードメーカーです。

     開幕ダッシュには失敗したものの令和に改元されてから上がり調子のカープ。昨夜は主砲の劇的なサヨナラ2ランで2位タイに浮上しましたが、練習中のこんなヒトコマにもチームの好調さがうかがえます。(北條 貴史)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000150-spnannex-base

    このページのトップヘ