広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野間峻祥

     広島・野間峻祥外野手(25)に世界から仰天エールが届いた。登場曲の「恋のマイアヒ」を歌うダン・バラン(元O―Zone)が来日し、赤いビジター用ユニホームを着て16日のヤクルト戦(神宮)を観戦。野間への感謝の言葉と応援風景を動画にしてツイッターに投稿した。

     「“Hi野間さん”と出てきたのでビックリ。神宮に来られたのは知らなかったけど、ありがたいです」

     本人が興奮気味に振り返る。18日の朝、インスタグラムでカープ関連を「たまたま」検索したらヒットしたという。この日は本拠地での全体練習に参加。ナインに報告すると、「スゴいな」と驚きの声が数多く上がった。

     とりわけ敏感に反応したのが新井だ。「球場に来たら、アイツから“ボクも世界的に認知されました”と言って、ツイッターを見せてきた」と説明。「スゴいと思うし、当然かな…とも思うし、野間さんがどんどん遠い存在になって寂しい」といじり、周囲を笑いの渦に包み込んだ。

     優勝マジックは4。チームの3連覇は目前だが、野間には規定打席(443)到達という目標がある。自己最多を更新し、積み重ねた打席は383。残り15試合で60打席、1試合平均4打席が必要だが、連続23試合に伸びた1番での先発出場が続けば十分可能だ。

     「変な打席内容が続いたり、打たなかったら、次の試合に出られるかわからない。1試合1試合、1打席1打席に集中し、結果、規定打席に乗ればいい」

     世界的なミュジーシャンから送られたエールを胸に、野間は個人目標をクリアしてセ界的なスターを目指す。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000067-spnannex-base

     「中日4-3広島」(9日、ナゴヤドーム)

     もどかしい敗戦が続く中で、切り込み隊長の復調気配は明るい材料だ。広島・野間が一時は同点とする5号ソロなど2安打。4試合ぶりにHランプをともした。

     1点を追う五回無死。鈴木翔の外角直球を逆らわずにはじき返した。高々と舞い上がった打球は、切れずに左翼ポール際ギリギリにスタンドイン。「上からしっかりたたくことができました。少し上がり過ぎたかなと思いましたが、よく入ってくれました」と6月28日の巨人戦以来となる一発を振り返った。

     さらに六回は、一塁前へのボテボテのゴロを内野安打に。最大の持ち味である快足を生かして一瞬早くセーフにし、マルチ安打を記録した。

     この3連戦は、五回のアーチまで9タコ。前カードの阪神戦から数えれば、16打席連続無安打までトンネルはのびていた。「1本出たけど、チームが負けてしまったので…。1、2試合目も自分が打てなかった」。連敗の責任を感じて表情はさえなかったが、結果が出たという事実は、停滞ムードの打破に向けて心強い。

     「これがいいキッカケになるように練習します。自分もチームも切り替えて、休み明けからやりたい」と誓った野間。嫌な記憶はナゴヤで終わり。絶対的な強さを誇る本拠地で、本来の姿を取り戻す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000109-dal-base

     優勝マジック22の広島は27日、28日からの巨人3連戦に向けて東京に乗り込み、直近8試合のうち7試合で1番に座る野間峻祥外野手(25)が“クセ者1番”に意欲を示した。持ち前の積極性だけでなく、チームに勢いをつける粘りを兼ね備えようと必死。新たな引き出しを武器に赤ヘル打線に刺激を与えてくれそうだ。


     1番抜てきがクセ者としての一面を引き出そうとしている。5試合連続で1番に座る野間は“粘りの1番”を理想に掲げ、リードオフマンの役割を果たそうと必死だった。

     「1番は粘りながら、チームに勢いもつけられる大事な打順。広輔さんは際どいところを見極めていた。ポイントを近めにして、難しい真っすぐをファウルにするぐらいの気持ちです」

     田中が1番から降格した8試合中7試合で1番に座り、28打数8安打、打率・286で4得点4盗塁。特に先頭打者として迎える第1打席に限れば6打数3安打、1四球で出塁率・571を誇る。この1打席目にかける意識の高さは野間の新たな引き出しになる可能性も秘めている。

     「全球種投げてもらえれば、投手の状態を後ろの打者に伝えることができる。あっさり三振してはいけない。積極的にいくところはいきながら追い込まれれば粘っていきたい」

     積極性を持ち味としながら、1番としての粘りも身に付けてきた。例えば21日のヤクルト戦では初回に小川から9球投げさせて中前打し、先制点につなげた。1打席目では相手投手に平均5球を投げさせる粘り腰。球数を稼ぐ“嫌らしさ”は徐々に様になってきた。

     28日の巨人3連戦の先発は内海、吉川光、田口と左腕が並ぶ予定だ。1番候補は野間、田中、西川と3選手とも左打者。左腕を苦にしない対応力が求められる中、高ヘッドコーチは「今の状態なら野間の1番が続くこともあるかもしれない。出塁率がこのままいくとは限らないけど、打力はついたからね」と起用継続に含みを持たせた。

     今週は東京での敵地6連戦。「とにかく試合に出たい。1番の仕事を任されているけど、例えば6番とかになったらそこの仕事をやっていくだけ」。マジック減らしに貢献し、本拠地マツダに帰りたい。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000077-spnannex-base

     今年もカープが神ってきた。広島は23日のヤクルト戦(マツダ)に9―8で逆転サヨナラ勝ち。優勝マジックを2つ減らして「24」とした。3点を追う9回一死一、二塁から丸の28号3ランで同点とし、最後は鈴木が左翼席へ24号ソロ。サヨナラ弾の鈴木はくしくも昨年の同日、横浜スタジアムで右足首を骨折。シーズン終盤を棒に振ったが、今季は8月だけで10本塁打と球団初の3連覇達成へ貢献し続けている。

     そんな中、最大7点差をひっくり返し、劇的な幕切れを演出したのは「1番・左翼」でスタメン出場の野間峻祥外野手(25)だ。
    9回一死走者なしから遊ゴロで一度はアウトになりながらもリクエストで判定が覆り、内野安打としたところから猛攻が始まった。

     赤ヘルのリードオフマンといえば田中だが、打撃不振から現在は5試合連続で7番起用。「タナキクマル」を解体し、1番に抜てきされている野間はこの日4安打1打点2盗塁と大暴れ。打線の火付け役となり「(4安打は)全部ブサイクな打球でしたね」と謙遜しながら「とにかく必死に後ろにつなぐことだけを考えている」と与えられた役割を全うしている。

     今後の起用について、迎打撃コーチは「(野間の1番固定は)相性などもあるし、分からない」とした上で「(田中)広輔が調子を落として野間が結果を出している以上、新しい攻撃のバリエーションができたと考えていいと思うし、競争関係も生まれる」と新トリオ“ノマキクマル”の手応えを口にした。

     野間は今カード限定で着用した「℃℃℃ユニホーム」の広告塔にもなっている。過去には2016年に引退した黒田氏、新井、前田(現ドジャース)らチームの顔が限定ユニホームのポスターに起用されていたが、今回の“センター”を務めている。球団幹部は「『ドドドォー!!!』というキャッチフレーズと同じように勢いを感じたのが野間だった」と企画段階で丸の代役として中堅を守ってブレークし、その後もレギュラーとして定着しつつある野間を選んだという。

     昨季のセ・リーグMVPの丸は17日に国内FA権を取得。万が一、流出ということになっても野間のような生きの良い若鯉が控えている。これが赤ヘルの強さであり、7点差大逆転というミラクルさえも簡単に演じてしまう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000039-tospoweb-base

    <DeNA1-4広島>◇18日◇横浜

     広島がDeNAに逆転勝ちした。2位ヤクルトが阪神に敗れたため、1日で優勝マジック「30」が再点灯した。

     1点を追う4回に鈴木が同点二塁打、松山の適時打で勝ち越し。8回に2点を追加しリードを広げた。先発の大瀬良は8回途中1失点の力投で13勝目。2番手フランスアがピンチを無失点で切り抜け、9回は抑えの中崎が締めた。

     緒方孝市監督の談話は以下の通り。

     -大瀬良が好投

     緒方監督 大地が非常にいい投球をしてくれた。今年は投手の柱として、こういう勝負どころでもしっかり投げてくれる。昨日(3者連続被弾で逆転負け)からの流れもある中で、チームに勇気を与えるナイスピッチだった。後を受けた中継ぎもしっかり投げてくれた。今日は投手の頑張り。

     -フランスアも好救援

     緒方監督 登板が続いて疲れてると思うけどね。踏ん張りどころ。

     -打線は中盤に逆転

     緒方監督 浜口の立ち上がりがすごく良かった。なかなか点が取れそうになかったけど、2番からつないで2点を入れた。8回もいい追加点を取ってくれた。

     -野間を1番、田中を7番で起用した

     緒方監督 1つの形にはこだわってない。いろんな形を模索しながら、戦っていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00303682-nksports-base

     広島・野間峻祥外野手が7日、1軍に復帰した。左足首を痛めたとみられ、7月22日に出場選手登録を抹消されていた。

     野間は「とにかく早く治そうと思っていた。結果を求めてやっていきたい」と決意を新たにした。

     チームも野間の復帰を歓迎した。緒方監督は「夏休みから帰ってきた」と笑顔。新井も「『パワーアップして帰ってきた、オレが来たからもう大丈夫』と言っていた」と早速、いじっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000089-dal-base

     今シーズン大ブレイクを果たしている選手として、真っ先に名前が挙がるのは岡本和真(巨人)ではないだろうか。オープン戦での活躍により阿部慎之助とのレギュラー争いを制し、「6番・一塁」で開幕スタメンの座を掴むと、2試合目で今季初本塁打を放った。

     その後も順調に結果を残し、6月2日からは「巨人軍第89代4番」として全試合にスタメンで出場し、ここまで打率.300、17本塁打、51打点という成績で存在感を示している。巨人にとってはキャプテンを務める坂本勇人以降、初めてと言ってもいい若手野手の台頭になる。

     その岡本は、2014年ドラフト1位で智弁学園高から巨人へ入団。同期のドラフト1位には、大卒と高卒の違いはあるものの、山﨑康晃(DeNA)や有原航平(日本ハム)がすでに一軍で実績を残している。また、同じ高卒で見てみると、今シーズンは一軍での実績がないものの、高橋光成(西武)、安樂智大(楽天)、松本裕樹(ソフトバンク)といった投手陣が昨シーズンまでに一軍で白星をマークするなど目立っていた。

     しかし今シーズンは、岡本と同期のドラ1野手たちが飛躍を遂げそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00159824-baseballk-base

     「中日1-5広島」(17日、ナゴヤドーム)

     広島・野間峻祥外野手が2戦連続の適時打をマークした。

     1-0の四回1死一、三塁。笠原の外角低め直球をはじき返し、左中間を真っ二つに破る2点適時二塁打とした。前夜も4安打1打点と躍動していた中、この日も結果を残し「左に対して1打席目ああなってしまった(空振り三振)ので、2打席目に一本出て良かった」と安どの表情を浮かべた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000159-dal-base

    このページのトップヘ