広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

     「広島7-6巨人」(26日、マツダスタジアム)

     広島は、今季8度目の逆転勝利で、2年連続で3・4月の勝ち越しを決めた。


     今季、初先発した福井は初回、中井に先制ソロを浴びるなど二回までに3点を失うが、粘りの投球で6回6安打3失点にまとめた。右腕にとってはこの日が開幕。独特の緊張感から本来の投球ではなかった。2失点した二回は、大竹への四球からピンチを広げた。緒方監督は「ホームランのあと。落ち着いて投げてほしかったけど、ピッチャーに四球を出してから失点。反省多き試合。また頑張ってもらいましょう」と話した。

     野手陣については、鈴木や菊池などが堅守をみせ、バットでも9安打を集め7点を奪った。特に硬い守備について「しっかりと守っていた」と評価した。

     リーグ制覇した昨季も3・4月を勝ち越して勢いに乗った。だが、指揮官は「考えていない」と即答すると「うちの野球ができるかどうか」と前を見据えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000087-spnannex-base

    <広島7-6巨人>◇26日◇マツダスタジアム

     広島が競り勝ったこの日の試合について、日刊スポーツ評論家の広瀬叔功氏は勝負のポイントに6回の代打攻勢を挙げた。

     「6回の代打攻勢が見事だった。監督、打撃コーチ、スコアラーの連係プレーが光ったと言える。巨人大竹寛の球数、巨人の継投の傾向がベンチ内に共通認識としてあったのだろう。先頭の鈴木が四球で出塁。5番から7番まで左打者が続くところで、山口鉄ではなく、左腕池田が来ることも予想出来ていたのだろう。迷いなく代打エルドレッドを告げた。まだ6回だったが、代打の順番も含めた的確な指示が出ていたのは一目瞭然だ。

     無死一、二塁で安部には犠打。西川には新井を告げた。代打攻勢で巨人の若手左腕を攻略。左腕から右腕へスイッチ出来ないことも、吉年スコアラーらの分析で、確信じみたものがあったのだろう。一気にたたみ掛ける起用で、球場の押せ押せムードも生み出した。会沢の一打を生み出したのはベンチの力も大きかったのではないか」。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-01813872-nksports-base

    <広島7-6巨人>◇26日◇マツダスタジアム

     広島が、負ければ首位陥落となる巨人との直接対決で、鮮やかな逆転勝ちを収めた。

     3点を先制されたものの、6回に緒方孝市監督(48)の代打攻勢が的中。1死満塁から会沢翼捕手(29)の中前適時打で勝ち越した。4番鈴木誠也外野手(22)は4回に適時打をマークし、再三の好守備で勝利に貢献。「神ってる」戦いぶりで首位を守り、ゲーム差を1・5に広げた。

     両手を突き出して喜ぶベンチの端から2番目。2、3回拍手をして、緒方監督も少しだけ表情を崩した。勝負どころを読み切った一気呵成(かせい)の代打攻勢。3点ビハインドで始まった試合は、4回に並び、6回に勝ち越した。迷いなき起用を「うちはプレーボールがかかればスタメンもベンチも関係ない。全員で勝利に向かって戦う。つねにその意識でスタンバイしてくれている」と語った。

     読みと準備が実を結んだ。巨人の大竹寛は過去3試合で最多の球数は105球。6回開始時点で88球を投げていた。代え時が近いことを察知。さらに5番から7番までは松山、安部、西川と左が続く。指揮官自らが選択し、前日から続いて並べた左打者が“まき餌”となった。先頭の4番鈴木が四球で出塁。巨人ベンチが左腕池田にスイッチすると、それが集中攻撃の合図となった。読み通りだ。石井打撃コーチは「池田のところで行くぞ」とあらかじめ代打陣に伝えていた。

     ペースに持ち込み、支配した。安部の犠打の後には代打新井。敬遠気味の四球で満塁となると、8番会沢が初球を打ち決勝の2点適時打。9番福井には代打堂林まで送り、犠飛で追加点。「役割を果たしてくれたね」と緒方監督。右腕に再びスイッチした場合の代打天谷も、一方で準備させていた。迷いない起用は安心感を与え、球場の押せ押せムードも生み出した。

     采配の信念は「今と未来」。今日の試合を本気で取りにいく一方で、近い将来とも比較する。「1つの起用、采配で、選手の、チームの未来は変わる」。この打席が近い将来の役に立つと感じれば、好機での代打の進言を断ることもある。スタメン起用も同様だ。「だから流れを読むことが大事。2年経験して分かった。責任はオレがとればいい」と、うなずく。

     負ければ首位から陥落する試合で、流れを読み切った。だが試合後は「こんな試合はそうそうないんだから。反省多き試合。今日のヒーローは守備だよ」と笑顔はなかった。乱調の先発福井を内野陣の併殺、会沢の捕邪飛、鈴木の2度の好守などバックが救い、全員でとった。広島の強さを、見せつけた。【池本泰尚】

     ▼広島が0-3から逆転勝ち。今季の逆転勝ちは両リーグ最多の8度目となったが、3点差以上をひっくり返したのが4月1日阪神戦0-4→9-8、11日巨人戦0-3→9-6、18日DeNA戦0-3→4-3に次いで早くも4度目。45度逆転勝ちを記録した昨年は4月終了時点で9度の逆転勝ちがあったが3点差以上は1度だけだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-01813912-nksports-base

     広島は26日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に7-6で勝利した。負ければ首位転落となる試合での逆転勝ちで、チームは3、4月の勝ち越しを決めたが、緒方監督は「勝ち越しとかそういうのは関係ない。ちゃんとウチの試合をやっていかないとね」と、浮かれる様子はなかった。

     今季初登板となった福井が6回3失点で初勝利を挙げたが、立ち上がりから失点し、中盤も2イニング連続で先頭打者に四球を与えるなど、不安定な内容だった。緒方監督は「毎回ランナーを出して、バックの守りに助けられた試合だった。勝ち投手にはなったけど、はっきり言って反省点は多い」と苦言も呈した。

     3点ビハインドからの逆転勝ちには「こんなゲームはそうそうできない」と野手の粘りを評価。「今日は打ち勝てた試合だった。試合に出た選手が結果を出してくれた。ウチはプレイボールがかかったら、スタメンも控え選手も関係ない。全員で戦っている」と、チーム力での勝利を強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00010031-fullcount-base

     【球界ここだけの話】

     ファン、ナインの怒りを代弁するような猛抗議にスタジアムがヒートアップした。広島・緒方孝市監督(48)が19日の広島-DeNA2回戦(マツダ)で審判への暴言で退場処分を受けた。六回の田中、七回の小窪の遊撃へのゴロが一塁アウトになった判定を不服とし、一塁塁審の山路哲生審判員に鬼の形相で向かっていった。

     「2度目だぞ!!」

     「どこをみている!?」

     身ぶり手ぶりの猛抗議は約2分におよび、「抗議を超える暴言があった」(山路審判)として「退場」を宣告された。指揮官にとっては選手、コーチ時代も含めて初めての退場処分。それぐらい熱くなっていた。

     試合後、田中は「どうみてもセーフですよ。僕も(審判に抗議に)いきたかったけど、監督がいってくれました」と感謝を示した。

     顔を真っ赤にして、審判に熱く抗議をする姿にカープファンは懐かしく思った人もいるのではないだろうか。もともと広島は情熱的な指導者が多く、マーティ・ブラウン氏(2006年-09年まで広島、10年は楽天)もその一人だ。

     NPBで通算5シーズン指揮を執り、監督としての退場数は史上最多の「12」。監督歴10年以上を誇り、闘将として知られている星野仙一氏(楽天など)が「6」。瞬間湯沸かし器っぷりが分かるだろう。

     広島市民球場時代の2006年5月7日の中日戦で一塁ベースを引っこ抜いて放り投げて審判に抗議した「ベース投げ事件」は伝説として語り継がれている。ほかにも、ホームベースを土で隠す「ベース埋め事件」、球審の位置に自身が身につけていた靴と帽子を置いて「無言の抗議」をするなど退場のシーンは名物になっていた。

     当時は内野守備走塁コーチとしてブラウン政権を支えていた高コーチは「そういうこともあったね。『またか』っていうのはあったかもしれないね」と苦笑い。ただ「ときには監督がいくことも大事なこと」と明かしてくれた。

     現在(23日時点)チームは4連敗&3カード連続負け越しでトンネルに入りかけている。指揮官が退場してまでこだわった一球に懸ける執念を取り戻してほしい。(柏村翔)

    <広島3-5DeNA>◇20日◇マツダスタジアム

     終盤7回に3点差を追い付いた広島だったが、延長10回に今季初のイニングまたぎとなった今村が連続四球が絡むピンチから決勝点を与えた。


     今季初の連敗で2カード連続負け越しとなった。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -終盤追い付きながら、延長の末敗戦。

     緒方監督 接戦を落としたのは痛いね。

     -10回は今村が続投。

     緒方監督 1イニング目の入りはよかったんだけどね。2イニング目に入って、四球がもったいなかった。相手が(バントで)送れない中で1、2番を歩かせたのが失点につながった。

     -先発大瀬良は7回3失点。

     緒方監督 (大瀬良)大地は前回(13日)の巨人戦からしっかり修正して、しっかり投げてくれた。ただ、3点差になるとひっくり返すには4点が必要。追い越すことがきつくなる。(7回に適時打となった)投手に打たれたところは反省。1つずつのアウトを積み重ねてきたものが、もったいなくなる。次回に向けて反省して、いい投球をしてもらいたい。

     -明日から東京遠征。

     緒方監督 遠征が続く6連戦で選手はしんどいと思う。カードも変わる。まずは頭を取って連敗を止められるように頑張りたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-01810874-nksports-base

     「広島-DeNA」(19日、マツダスタジアム)

     広島の緒方孝市監督が、現役時代を通じて初めての退場処分を受けた。

     0-3の七回2死一、二塁で小窪の当たりは遊撃へのゴロ。小窪は一塁へヘッドスライディングし、その手は送球よりも早く一塁に着いたように見えたが、山路塁審の判定はアウト。

     緒方監督は鬼の形相でベンチを飛び出し、口角泡を飛ばして猛抗議。怒りは収まらず、最後は暴言を吐いたとして、退場を宣告された。

     六回1死でも、遊撃へのゴロを放った田中が微妙な判定でアウトになっており、ここでも緒方監督が山路塁審へ抗議。大きな声で怒鳴り挙げたが、この時は短時間でベンチへと戻っていた。

     マツダスタジアムの広島ファンは大ブーイング。一塁けん制で山路塁審がセーフを判定する度にブーイングの嵐となった。

     なお、緒方監督退場後は、高ヘッドコーチが指揮を執った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000114-dal-base

     広島は18日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に4-3で勝利した。15安打を放ちながら、最後までリードを許した末の逆転サヨナラ勝ちに、緒方監督は「大きい試合」と安堵した様子だった。


     8回まで相手を上回る11安打も得点は2点のみ。それでも1点ビハインドで迎えた9回に抑えのパットンから4安打を集中してサヨナラ勝ちとなった。

     緒方監督は「會澤が最後にみんなを救ってくれた」と途中出場で殊勲打を放った捕手を褒めた。毎回のように得点圏に走者を進めながら、4番の新井から6番のエルドレッドにあと一本が出なかった。特に5番の鈴木は4打席目まで3三振と完全にブレーキになっていたが、9回に安打を放ってサヨナラにつなげた。


    鈴木の打撃には「大きな収穫」、薮田も称賛「彼のポジションはどんどん上がっている」
    「今日は攻撃の反省がたくさんあった」という指揮官は、「(鈴木)誠也が最後の打席で大きな仕事をしてくれた。レギュラーとしてその試合を任された選手として、それまでの結果に沈むことなくやってくれたことは大きな収穫」と、若き主砲をねぎらった。

     先発の野村が6回3失点で降板した後は、薮田と中田が3イニングを無失点に抑えて逆転勝利につなげた。緒方監督は「薮田は昨年、(今村)猛がやっていたポジションで、結果を出し続けている。彼のポジションはどんどん上がっているよ」とビハインドでの投球を評価し、「(中田)廉もしっかり抑えてくれた。負けていても、最小失点で抑えてくれているので、逆転勝利につながっている頼もしい中継ぎ陣です」と満足そうだった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00010035-fullcount-base

    このページのトップヘ