広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

    広島中崎が緒方監督から3年連続の胴上げ投手に指名された。指揮官は、勝って優勝を決めることを前提に「流れ的には中崎になる」と明言。3年連続なら71~73年の巨人高橋一三以来の快挙だ。



    17日、休日返上でマツダスタジアムを訪れた守護神は「試合に勝てればいい。ホームで決めることが大事になる」。最短Vの21日から8試合続く本拠地で優勝を決めることしか頭にない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00334247-nksports-base

    ■広島 7-2 DeNA(12日・マツダスタジアム)

     広島は12日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に7-2で勝利し、連敗を「6」で止めた。2位のヤクルトが引き分けたため、マジックは2つ減って「7」となった。菊池が4安打4打点と活躍し、クリーンアップも3人すべてが打点を記録した理想的な展開に、緒方監督は「我々のゲームをしっかりやれば勝ちにつながるということ」と満足そうだった。



    「今日はナイスゲームだったね」と会見場に現れた緒方監督は「九里がしっかり6回まで1失点で抑えてくれて、その後もリリーフ陣がよく投げてくれた」と投手陣を褒めた。

     連敗中はあと一本が出ず、この日も4回までDeNA先発・東の前に無得点だった打線が、菊池のひと振りで目覚めた。緒方監督が「重苦しい空気だったのが、あれで流れが変わった一発だった」と振り返ったように、同点の7回には丸が勝ち越しタイムリーを放ち、鈴木、松山も続いて3点を勝ち越した。

    「いいところで3人が大きな打撃をしてくれた。いいイニングだった」と喜んだ指揮官は「丸も(鈴木)誠也も、これまでチャンスで打てなかったけど、勝負どころでランナーを返してくれてよかった」と、主軸の復調に安堵した様子だった。

     今季ワーストの6連敗を「負けるべくして負けていた」と反省した緒方監督だが、理想的な勝利での連敗脱出に、最後は「また明日から一戦、一戦頑張っていきます」と、これまで通りの姿勢を取り戻していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00202719-fullcount-base

    ■広島 5-4 阪神(4日・マツダスタジアム)

     広島は4日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に5-4でサヨナラ勝ちし、優勝へのマジックを「12」とした。シーソーゲームの展開で試合は延長戦になり、12回に菊地がサヨナラ打を放った。4時間を超えるロングゲームの末の劇的勝利に、緒方監督は「キク(菊地)が最後まで残って応援してくれたファンの期待に応えてくれた」とヒーローを称えた。


     阪神が先制し、広島が追いつき追い越される展開で、1点ビハインドの8回に松山が阪神2番手の藤川から同点打を放った。2死からの同点打に指揮官は「ああいうところで一本出るのは素晴らしい。ナイスバッティング」と、この試合で唯一の安打が殊勲打になった一打を称賛した。

     延長戦でもなかなか決着がつかず、投手だけでなく野手もほぼ総動員の末の勝利だった。緒方監督は「中継ぎ陣も含めて、控えの選手もほとんど出し尽くした中で、全員でつかみ取った勝利」と、土壇場でのサヨナラ劇に満足そうだった。

     東京遠征で巨人、東京ヤクルトに全勝し、この日の勝利でチームは7連勝となった。8月15日に最初に点灯したマジック「32」が、約20日間で「12」と驚異的なペースで減っている。3連覇へ勢いに乗った王者を止められそうなチームは見当たらず、今後の興味は3年越しの本拠地での胴上げなるか、ぐらいしかない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00196110-fullcount-base

     「ヤクルト3-7広島」(2日、神宮球場)

     広島が6連勝。優勝へのマジックナンバーを「13」に減らした。


     試合後、緒方監督は「ビジター6連戦は初戦から厳しい戦いが続いたけど、選手全員で戦ってくれた。打って勝った試合が多かったけど、今日のように救援陣がしっかりとしたピッチングをつづけてくれたことが勝ちに結びついた」と話した。

     23号3ランを含む3安打4打点と爆発したバティスタについては「一振りで決めてくれた。いい攻撃をしてくれた」と称賛した。

     3日からはマツダスタジアムで阪神と3連戦。「本拠地に帰っても変わらない気持ちで戦っていく」と表情を引き締めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000136-dal-base

    <巨人2-6広島>◇30日◇東京ドーム

    広島が同一カード3連勝を飾り、優勝マジックは1つ減って「19」となった。

    1回に菊池が先制打。2回にバティスタのソロなどで2点を追加した。9回は再び菊池の適時内野安打などでダメ押しの3点を奪った。菊池は守っても美技を連発。6回途中2失点だった岡田の7勝目をアシストした。フランスアが月間18試合登板で、2リーグ制後のプロ野球タイ記録となった。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

    -菊池が活躍

    緒方監督 もう今日は菊池デーでしょう。菊池デーよ。守備、最後の執念の内野安打…。今日はキク1人で暴れ回った感じだね。

    -内野安打はヘッドスライディングでつかんだ

    緒方監督 執念というか、勝ちへの意識。中心選手がああいう姿を見せてくれるんだから。万全の体じゃない中で、本当に頭が下がる。

    -ファインプレーも

    緒方監督 ウチは基本的に守りのチームだから。キク、(田中)広輔、丸のセンターライン。ここがウチの生命線だからね。

    -フランスアが日本記録に並んだ

    緒方監督 記録どうこうより、チームの勝利に貢献する投球を続けてくれているのは頼もしい。しんどいと思うけど、彼1人じゃないから。チームはみんなが満身創痍(そうい)で頑張っている。よそのチームも一緒だろうけどね。ここが踏ん張りどころ。

    -岡田が7勝目

    緒方監督 前回、前々回の反省をふまえて(改善しようという)意識は見えた。けど、しっかりあの6回を投げないと。中継ぎ陣がイチ(一岡)にしてもジャクソンにしても踏ん張ってくれたからね。ナイスゲーム。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00315481-nksports-base

     「広島9-8ヤクルト」(23日、マツダスタジアム)

     広島が、最大7点差を追い付き今季、6度目のサヨナラ勝利で優勝マジックを「24」に減らした。

     先発した岡田が乱調。四回までに0-7と一方的な試合展開を強いられた。それでもコツコツと得点し、5-8で九回に突入した。

     1死から野間が遊撃へのゴロ。一度はアウトと判定されるも、緒方監督がリクエストを要求し、リプレイ検証の結果、内野安打と判定が覆った。「際どいタイミングだったけど全力で走った。とにかく必死」と野間。続くバティスタが中前打を放ち一、二塁とすると打席に丸が立った。

     内角低めの直球を振り抜き、バックスクリーン左へ起死回生の28号同点3ランをたたき込み、試合は振り出しに。そして最後は、鈴木が左翼席へサヨナラ本塁打を放り込んだ。鈴木のサヨナラ本塁打は、17年6月14日・オリックス戦(マツダ)以来、通算4本目だ。

     昨年8月23日・DeNA戦での守備で、戸柱の飛球をジャンプして捕球。着地した瞬間に右足首を骨折した。それから1年後に、最高の結果を示してみせた。

     緒方監督は「数多くの試合を経験しているけど、一番思い出に残る試合。打った誠也もすごいけど、丸も3ラン。底力、チームの力が着実についていると思わせる試合だった。全員で勝ち取った、最後まで諦めず、素晴らしい勝利だった」と声をはずませた。

     7点差をひっくり返した逆転劇は、決してミラクルではない。球団史上初のリーグ3連覇へ広島がまた1つ、強くなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000142-dal-base

    <広島5-10ヤクルト>◇21日◇マツダスタジアム

     広島は投手陣が計14安打14四死球10失点と乱調だった

     1点リードの9回に1度はゲームセットと思われたが、リクエストによって判定が覆り、ムードが変わった。1点リードの9回2死二塁から代打谷内の三ゴロを守備固めで入った上本が送球前に落球。慌てて三塁に滑り込んだ走者にタッチしてアウト判定となるも、リクエストの結果はセーフ。直後に同点に追いつかれた。

     延長10回に6番手アドゥワがつかまり、5点を失った。マジックは28のまま。

     広島緒方孝市監督は試合後、報道陣の質問は受け付けず「特にないよ。また切り替えて、自分たちの野球をやるだけ」とだけ言い残した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00306542-nksports-base

     「阪神4-6広島」(15日、京セラドーム大阪)

     広島が“7度目の正直”で、優勝へのマジックナンバー「32」をともした。緒方監督は「今日も打線がいい攻撃をしてくれた。しっかりと点数を取ってナイスゲームだった」と納得顔で振り返った。


     3番丸が4打数2安打3打点を挙げると、4番鈴木も左翼席へ、豪快な22号2ランを突き刺した。「主軸2人がああやってしっかり打点を挙げてくれるから、いいゲームができている」と指揮官は満足そうにうなずいた。

     ただ、優勝マジック点灯については関心を示さなかった。「前から言っているように関係ない。昨年の反省を踏まえて143試合、うちの野球を、カープの野球をやるだけ。また明日、一戦一戦しっかり戦っていきたい」と、おなじみのフレーズで締めくくって帰りのバスに乗り込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000137-dal-base

    <広島3-2中日>◇9日◇マツダスタジアム

     広島が延長11回に菊池のサヨナラ打で5連勝とした。2回に2点を先制されるも、4回までに追い付き、その後は投手陣が踏ん張った。阪神が勝利したためマジック点灯はお預けとなったが、今季5度目のサヨナラ勝利で貯金を21まで増やした。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。



     -最後はサヨナラ

     緒方監督 キクがよく難しい球を打ってくれたね。

     -中継ぎもしっかり抑えた

     緒方監督 ピンチとチャンスが交互に来る中で、11回表は厳しい場面だったけど、そこを抑えてくれたしね。

     -投手陣が踏ん張った

     緒方監督 今日は岡田が久しぶりにいい投球をしてくれたので、行けるところまで。もう少し投げさせても良いかなと思ったけど、もう十分。次回も期待の持てる投球だった。こうやって勝ちきるというのは、ここに来てチームの底力というのが出ている結果だと思う。

     -3回、鈴木の打席はカウント4-2からの二ゴロだった。

     緒方監督 やっぱり四球だった。ベンチの大きな責任です。すみません。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00294753-nksports-base

     「広島7-5中日」(8日、マツダスタジアム)

     広島が中日に競り勝ち、4連勝。貯金が今季最多の20に到達した。
     先制しながらも追いつかれる展開だったが、七回に会沢が試合を決めた。緒方監督は「粘り強く素晴らしい試合をしてくれた。しっかり代わったピッチャーを攻略して1点ずつ得点する形で逃げ切れた」とうなった。

     七回に飛び出した会沢の決勝打については「アツがよく打ってくれた。素晴らしいバッティングだった」と絶賛。通算100セーブを記録した中崎に関しても「よく頑張ってくれた。ナイスピッチング」と祝福していた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000166-dal-base

    このページのトップヘ