広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

    <DeNA5-8広島>◇15日◇横浜

    広島は連敗を11で止め、後半戦白星スタートとなった。1回に鈴木の2点先制二塁打などで4点を奪うと、その後も打線がつながって11安打で8得点を挙げ、投手陣が粘ってリードを守り抜いた。

    広島緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り。

    -連敗が止まった

    緒方監督 オールスター明け、後半戦を勝ってスタートできたことは非常にうれしい。選手もゲームセットの瞬間、表情がいっぺんに和らいだように感じた。勝って何よりです。

    -1回の攻撃が大きかった

    緒方監督 もちろん。今日の試合を振り返れば、西川から始まって、誠也があそこでしっかり2点適時打を打ってくれて、本当に勢いがグッときた。九里がちょっとつかまったあそこ(3回)をしのぎ切って、6回まで粘り強く投げてくれた。

    -1番に西川を起用

    緒方監督 打席での粘りがあり、淡泊さがなく、集中力をしっかりと全打席で感じた。トップバッターとしての役割(をこなそうとする姿勢)が伝わってきた。

    -今後も打線は入れ替えながらになるか

    緒方監督 いい打線の形が決まれば、それに越したことはない。そこは見極めながらやっていきます。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-07151212-nksports-base

     ◇マイナビオールスターゲーム2019第2戦 全セ11―3全パ(2019年7月13日 甲子園)



     プロ野球の「マイナビオールスターゲーム2019」は13日、甲子園球場に舞台を移して第2戦が行われ、5本塁打を含む20安打を放った全セが11―3で全パに圧勝。連敗を5で止め、2016年の第1戦以来7試合ぶりの勝利を飾った。阪神のドラフト1位ルーキー、近本が新人初の先頭打者アーチ&サイクル安打でMVPに選ばれ、ホーム開催の球宴に花を添えた。敢闘選手賞にはDeNA・筒香、中日・高橋、オリックス・吉田正が選ばれた。

     全セは序盤から激しい一発攻勢。初回、ルーキー史上初となる近本(阪神)の先頭打者アーチなどで2点を先取すると、2回には原口(阪神)、梅野(阪神)が2者連続アーチをかけた後でさらに筒香(DeNA)にも4年連続球宴アーチとなる3ランが飛び出すなど、この回一挙6点を追加して2回で8―0と大量リードを奪った。

     勢いに乗った全セの打撃陣はその後も着実に得点を重ね、4回にはこの日の試合前に行われたホームランダービーを初制覇した鈴木(広島)もソロ本塁打。7回には近本が5打数5安打となる左中間への三塁打を放ってサイクル安打を達成した。球宴でのサイクル安打は1992年古田敦也捕手(ヤクルト)以来27年ぶり2人目の快挙。

     全パは先発・山岡(オリックス)が初回に2失点して降板。2回に登板した2番手・高橋(西武)が1イニングで打者10人に3本塁打を含む7安打を打たれて6点を失い、3回に吉田正(オリックス)の2ランなどで3点を返したが、及ばなかった。

     セ・リーグは昨季まで6年連続で日本シリーズに敗れ、交流戦は今季まで10年連続負け越し。球宴も5連敗中だったが、2016年の第1戦以来7試合ぶりの勝利で意地を見せた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000278-spnannex-base

     マイナビオールスターゲーム2019(12日東京ドーム、13日甲子園)で全セを率いる広島・緒方監督と全パを率いる西武・辻監督が11日、都内で行われた前夜祭に登壇。オールスターへの意気込みを語った。

     注目ポイントを聞かれた辻監督は「山川の特大のホームラン」と西武の主砲・山川の一発に期待。緒方監督は阪神・近本、ヤクルト・村上の初出場コンビの名前を挙げ「(レギュラーシーズンで)何度も痛い目にあわされている。オールスターでも活躍してほしい」と話した。

     3年連続で全セを率いる緒方監督は、過去2年で全パに0勝4敗。「まだ一度も勝っていないので、ぜひ勝ちたい」と“初勝利”に意欲を見せた。辻監督は「パ・リーグの強さを発揮できるように頑張りたい」と真剣モードだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000245-spnannex-base

    マイナビオールスターゲーム2019の開催前日となる7月11日に前夜祭イベントが行われる。


    指揮を執る西武辻発彦監督、広島緒方孝市監督が登壇し、翌日からの対戦に向けたトークショーやホームランダービーの対戦を決定する抽選会を行う。またその後の第2部では前田智徳氏、川上憲伸氏、森本稀哲氏のOBによるトークショーが行われる。午後6時から7時まで六本木ヒルズアリーナ特設ステージで。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-07080447-nksports-base

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(26)が24日、1軍に合流。同日の楽天戦が雨天中止となったため、楽天生命パークに隣接する室内練習場でナインと汗を流した。2軍では63試合の出場で打率・294、リーグトップの19本塁打、45打点。緒方監督から「後半戦のキーマン」に指名されたドミニカンが、交流戦最下位に沈むチームの救世主となる。

     ようやく1軍から声がかかった。リーグ戦再開まで登板機会がないため、23日に先発したジョンソンの出場選手登録を抹消。チャンスが到来したメヒアは「うれしい。ずっとファームで、この機会を待っていた。すごく調子がいいので、いい時に呼んでもらえた」と喜びを隠さなかった。

     18年ファーム4冠王(打率・337、20本塁打、59打点、出塁率・397)は、今季も2軍で無双状態だ。19本塁打、45打点はリーグトップを走り、打率・294も同4位と、手が付けられない。練習前、東出打撃コーチからは「いい結果を出しているのはいつも見ていた」と声をかけられたと言い、「チーム事情は分かっている。イライラやストレスはなかった。1軍で自分の力を見せたい」と爆発を誓った。

     好調をアピールするように、フリー打撃では鋭い当たりを連発。後ろで見守っていた鯉将もニンマリだ。「ずっと良かったし、上げたいと思っていた。なかなかチャンスはなかったが、後半戦(リーグ戦再開後)のキーマンになってくれるかもしれない」。帰り際には「ビッグチャ~ンス!」と大きな声で直接ゲキを飛ばされた。

     交流戦は得点力不足に陥り、5年ぶり最下位が決定した。25日の楽天戦に敗れると、パ・リーグ全球団に勝ち越しなしとなる。メヒアは指名打者での出場が濃厚だ。ドミニカンの一打で不名誉な記録を阻止したい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000030-dal-base

     あと一歩が及ばなかった。広島は26日の巨人戦(東京ドーム)に4―5の僅差で敗れた。勝てば日本一に輝いた1984年の球団記録に並ぶ12連勝だったが、首位攻防戦は2勝1敗の勝ち越しで終わった。

     緒方孝市監督(50)は「いつも通り一丸となってしっかりと戦えた。勝てなかったのは悔しいけど、週明けから6連戦があるのでしっかりと戦う。それだけです」と淡々と話した。そんな指揮官の姿勢と同様に敗戦にも嫌なムードは一切ない。

     この日も長野の適時打で一時同点とした。高ヘッドコーチは「こういう野球を続けていって、きっかけさえあればまた連勝はできると思う」と話し、開幕から5カード連続での負け越しを喫した時期への逆戻りをきっぱり否定した。

     苦しい時期が続いたが広島ナインに悲壮感は一切なかった。選手会長の会沢は「いい時は来ると思っていましたし(選手)個々にそういう話をしたりしました」と明かし、開幕投手の大瀬良も「(3連覇して)研究されないほうがおかしい」と考えていたと言い、こう続ける。

    「選手は(開幕前から)いずれ悪くなる時も来るとそれぞれが想定していたと思います。今(良くなったのは)カープの普通の野球ができている、それだけだと思いますよ」。リーグ3連覇の絶対王者の自信は簡単には揺るがない。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000036-tospoweb-base

    <巨人5-7広島>◇25日◇東京ドーム

    広島が先発全員、今季最多の14安打で巨人に打ち勝った。

    連勝を11に伸ばし、両リーグ最速で貯金を10の大台に乗せた。緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り

    緒方監督 (田中)広輔がよかったね。ビッグプレーだった。あの(9回の)守備は大きかったね。今日はいいプレーが出た。菊池も難しいゴロをさばいた。石原のリードもよかった。ジョンソンを前回と違うリードで導いた。

    -投打の歯車がかみ合っている。

    緒方監督 ここ(東京ドーム)は点差が開いても、1つの流れで大量点につながってしまうからね。明日もしっかりがんばります。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-05251143-nksports-base

    <巨人3-8広島>◇24日◇東京ドーム

    広島が連勝を10に伸ばした。父義雄さんの葬儀出席のため1試合欠場した緒方孝市監督(50)が復帰。



    2死からセーフティースクイズを成功させるなど執念の采配で巨人3連戦の初戦を制した。打線は3番バティスタ、4番鈴木、5番西川が計4発を放ち、今季初めてクリーンアップが本塁打競演。先発床田が5回3失点で5勝目を挙げた。緒方監督の談話は以下の通り。

    -連勝がつながった

    緒方監督 そういう言い方をされてしまうのかな。常日ごろから言っているけど、1試合1試合しっかりした戦い方をするという中で、今日は初戦をね(取れた)。野手も内容のいいヒットが多かった。床田ももうちょっと投げてほしいところはあったけど、ボール自体は威力があった。ちょっと甘めに入るところがあったから、ちょっと早いと思ったけど、詰められた中で交代という判断をした。

    -2死からのセーフティースクイズで得点

    緒方監督 作戦面のことはコメントする気はない。シーズン通して選手にも伝えている。しかし、チャンスのときにそういう攻撃ができた。いい流れを相手に渡すことなく、最後まで戦った。

    -九里をスクランブルでワンポイント起用

    緒方監督 九里も勝ちパターンで投げられる投球を、最近はしてくれている。決まったメンバーでやるのではなく、こういう展開の中で、内容のいいピッチャーがいれば使ってみて、継投の中でバリエーションが増えればいい。

    -父義雄さんも喜ばれているのでは

    緒方監督 ……。お疲れさまでした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-05241415-nksports-base

     プロ野球・広島東洋カープの緒方孝市監督の父、義雄(よしお)さんが22日午前5時ごろ、佐賀県鳥栖市萱方町の自宅で亡くなった。84歳。葬儀は23日、鳥栖市内で近親者で行われる。

     義雄さんは魚介卸売・加工業を営み、家業の魚市場の「市」を取って「孝市」と名付けた。緒方監督が鳥栖高3年の夏の大会後、プロ入りの話があると、「厳しい世界。冗談はやめて」と言ったが、カープ入団後の活躍ぶりには目を細めていた。テレビでの試合観戦を何よりの楽しみにしていた。

     ことし3月から久留米市内の病院に入院していたが、義雄さんのたっての希望で今月20日に自宅へ戻り、21日夜は家族らに囲まれて試合を観戦。カープが8連勝で首位に躍り出て、選手と握手する監督の横顔をうれしそうに見守っていた。

     22日夕、鳥栖市内で営まれた通夜で、喪主としてあいさつした緒方監督は「自分が練習しているグラウンドにこっそりと見に来ていたことを思い出す。本当に野球が好きな父でした」としのんだ。

     緒方監督は24日にチームに復帰する予定で、その間は高信二ヘッドコーチが監督代行を務める。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-03377558-saga-spo

     広島の快進撃が止まらない。5月は12勝3敗1分け。今季2度目の7連勝で首位・巨人にゲーム差なしと肉薄した。今季は開幕から5カード連続負け越し、データ上の優勝確率0%となったが、驚異のV字回復を示した。リーグナンバーワンの防御率を誇る投手陣に加えて、新元号・令和を迎えて打線が絶好調。復調の要因に迫った。


     リーグ3連覇をけん引した赤ヘル打線が復活した。5月は16試合中、9度の2桁安打を記録。「1番野間、2番菊池涼、3番バティスタ、4番鈴木、5番西川」の新オーダーが見事にハマっている。

     開幕は「1番田中広、2番菊池涼、3番西川、4番鈴木、5番松山」でスタートした。だが、菊池涼、鈴木が好調をキープする中、田中広、松山が想定外の不振。首脳陣は復調を願い、我慢強く起用したが、4月は深刻な得点力不足に陥った。

     転機は平成最後の夜に訪れた。4月30日、甲子園で阪神に敗れた試合後、緒方監督、東出、迎両打撃コーチによる緊急ミーティングを開催。異例のタイミングで、指揮官は打順固定を提案。相手投手の傾向、打者の状態を把握して「点を取れる確率が最も高い打順」を組む打撃コーチ2人と意見をすりあわせ、日替わりオーダーではなく、ある程度、上位打線を固定した中で戦う方針を確認した。

     新元号・令和を迎えた翌5月1日の阪神戦は1番野間、5番に西川を抜てき。今季は丸が抜けた3番争いが注目されたが、東出コーチは「誠也の後ろを打つ打者が鍵を握る」と繰り返していた。その西川は鈴木が四球で歩いた後も、持ち味の勝負強さを発揮。5月の打率は・315、現在も出場14試合連続安打中だ。「5番打者というより、5番目という気持ち」と西川。東出コーチも「バティスタの5番も考えたけど、ああ見えてマジメだから。去年は3番に丸がいたから、5番は(走者を)掃除する役割が求められた。今年は守って走ってのチーム」と新たな5番の働きに合格点を与える。

     開幕直後に連鎖した守備の乱れは「左翼西川、一塁バティスタ」の布陣で安定。打線の復調と同時に、本来の機動力も見られるようになった。5月は14盗塁をマーク。1試合の平均得点も、4月の3・4点から4・9点に大幅に改善された。

     迎コーチは「代わりの選手が頑張ってくれた。試合に出続ける中で気持ちの余裕、割り切りができているんじゃないか」と話す。どとうの快進撃を続ける中、「丸ロス」なんて言葉もすっかり聞かれなくなった。残り100試合。本来の強さを取り戻したカープがV4ロードを突き進む。(デイリースポーツ・杉原史恭)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000038-dal-base

    このページのトップヘ