広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

    ■広島 3-2 中日(12日・マツダスタジアム)

     広島は12日、本拠地マツダスタジアムで行われた中日戦で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。同点で迎えた9回裏1死一、二塁で、途中出場の堂林がレフトの頭上を越すサヨナラ打を放った。3時間49分の激戦を最高の形で勝利し、緒方孝市監督は「よく打ってくれたね」と今季初めてお立ち台に立ったヒーローを褒めた。


     今季ここまでの出場数は20試合。10年目で崖っぷちのプリンスが、今季初打点で試合を決めた。中日藤嶋のボールを捉えた打球は左翼のわずかに頭上を越えていった。二塁走者が一気に生還し、歓喜の瞬間を迎えた。緒方監督も「大きな声援に応えてくれた。こちらも嬉しいし、本人にとっても大きい一打だね」と興奮気味に話した。

     先発の野村は5回まで無失点に抑えたが、6回に2死からの失点で2点のリードを守れなかった。それでも後を継いだリリーフ陣が無失点でサヨナラ劇を呼び込んだ。指揮官は「(野村)祐輔はもうワンアウト、踏ん張れればというところだったが、中継ぎ陣が頑張ってくれた。打線も中盤からチャンスを作って、2アウトから粘り強く攻撃することができた。全員の力で勝ち取ってくれた勝利」と、選手に感謝した。

     全員野球での勝利に緒方監督は満足そうだったが、8回に左足に死球を受けて途中交代した會澤の話題になると「あれだけのボールが当たったわけだからね。明日、出られるかどうかはわからない。それがひとつ心配かな」と攻守の要の負傷交代が気がかりな様子だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00536627-fullcount-base

    <広島3-0中日>◇10日◇マツダスタジアム

    広島は投打がかみ合い、連勝で7連戦初戦を白星発進させた。2位DeNAにゲーム差なしとした。広島緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り。



    -先発大瀬良投手が好投

    緒方監督 エースが素晴らしい投球をしてくれた。初回からすごく力のある球もいってしたし、どの球もしっかりコントロールできていた。その中で会沢のリードもさえていたなと見ていて思いました。今日は守り勝った野球。安部が難しい三遊間の打球を併殺にしてくれたし、センターへの大飛球を(西川が)フェンス際で取ってくれた。今日はエースの投球に応えた守り勝った野球。集中したうちらしい野球ができたなという試合でした。

    -中日先発の新人梅津を相手に積極的な打撃が目立った

    緒方監督 それしかないでしょう。相手も新人でどんどん来る投手。勝っている投手。こちらが受けるのではなく、こちらから仕掛ける気持ち。2本の本塁打で得点してくれた。

    -西川が突破口を開いた

    緒方監督 まずは先制点取れたことが大きかった。苦しい8回のところで(小園が)たまにああやってびっくりさせてくれる。どんどんビックリさせて欲しいね。いろんな経験を積んでいく中でどんどん振っていって覚えてくることもある。経験して勝負どころで力を発揮してくれるのはこちらとしてもうれしい。

    -7連戦初戦を勝利

    緒方監督 頭をこうやってエースの頑張りで取れて非常に大きいです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-09101172-nksports-base

     リーグ4連覇を目指す広島が厳しい状況に立たされている。広島は2019年8月22日、マツダスタジアムでヤクルトと対戦し、7回降雨コールド4-8で敗れた。高卒2年目の山口翔投手(20)が先発し、2回3安打3失点でKO。最下位ヤクルトに痛い1敗となった。首位・巨人が敗れたため、巨人とのゲーム差は変わらなかったが、残り26試合で6.5ゲーム差。巨人は早ければ23日にも優勝マジックが点灯する。

     先発・山口がまたも試合を作れなかった。2回、先頭・村上宗隆内野手(19)にソロ本塁打を許し、2死から小川泰弘投手(29)に四球を与えると、その後も制球が定まらず2つの四球で2死満塁に。山田哲人内野手(27)に2点タイムリーを浴び、この回3点を失った。6月21日のオリックス戦では、試合中に緒方孝市監督(50)から公開説教を受け、1回KOの7月9日には試合中に宿舎に強制送還...。この日の試合後には2軍降格が決まった。

    ■丸が抜けた穴に続き、主力選手の不振が

     この日は上位3チームが敗れたため、上位チームのゲーム差に変動はなかったものの、試合数は着実に減っている。3位DeNAには0.5ゲーム差、4位・阪神には4ゲーム差に詰め寄られている。逆転優勝どころか、クライマックスシリーズ(CS)進出が心配されるところまで追い詰められている。

     昨オフに打線の主軸を担った丸佳浩外野手(30)がFAで巨人に移籍し、戦力ダウンは否めなかった。それでもナインのほとんどがリーグ3連覇を経験しており、開幕前からリーグ4連覇の可能性は高いとされていた。大方の予想をよそに、丸が抜けた穴は大きく、リーグ3連覇を支えた田中広輔内野手(30)、守護神・中崎翔太投手(27)の不振、そして勝負どころの夏場にサビエル・バティスタ内野手(27)のまさかの戦線離脱。リーグ4連覇の夢は風前の灯火となっている。

     広島のV逸で注目されるのが、指揮官の進退だ。今シーズンはチームの好不調の波が大きく、連勝と連敗を繰り返してきた。また、指揮官による公開説教や鉄拳制裁なども見られ、田中の起用を巡る采配も鯉党から批判を浴びた。いまや常勝軍団と化し、優勝して当然とされる赤ヘル。今シーズンの采配も踏まえて、指揮官がV逸で問われる責任は決して小さくはないだろう。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000002-jct-spo

     「ヤクルト0-3広島」(3日、神宮球場)

     広島の長野久義外野手が「4番・左翼」でスタメン出場した。4番は、巨人時代の16年7月23日DeNA戦(横浜)以来、1137日ぶりだ。



     この日は3打数無安打に終わった。それでも二回の先頭では先制点につながる四球を選んだ。緒方監督は4番での起用について「松山をここまで4番に置いてきたけど、本人も出っぱなしで下半身の切れが悪くなっていた。元気な人が、経験のある人というところで長野に。状態は全然、悪くない。頑張ってもらわないと」と話した。

     東出打撃コーチは「スイングは良い。振っていけているから」と振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000136-dal-base

    <中日10-4広島>◇25日◇ナゴヤドーム

    広島が47試合ぶりの2桁失点となる10失点で敗れた。

    先発九里亜蓮投手が5回途中6失点。救援陣も失点を重ね、8回にビシエドに2点二塁打を許した中崎翔太投手は2軍降格の見込みとなった。菊池涼介内野手がコンディション不良で2戦連続欠場し、打線の反発力も限られた。DeNAと入れ替わりで3位に後退。緒方孝市監督は27日からの巨人、DeNA6連戦に向け「総動員で戦っていくしかない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-08250778-nksports-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     日本野球機構(NPB)は25日、怠慢プレーの野間に激怒し、平手打ちした緒方孝市監督(50)を「厳重注意処分」にした広島球団の対応を了承。新たな制裁を科さないと明かした。

     「広島から報告を受けています。NPBとしての新たな処分はありません。あってはならないことなので繰り返さないように伝えた」(井原事務局長)

     一件落着という形だが、まさに時代の流れを感じさせられる。弱小・広島を1975年に球団創設初優勝に導いたのをはじめ、常勝赤ヘル軍団に育て上げた元監督・古葉竹識氏(83)は、見かけは紳士だが、グラウンドでは熱血漢で妥協を許さないスパルタ主義だった。元祖・体罰監督といえる。

     ベンチでの定位置は、バットケースの陰。身を隠すようにしていたが、それにはワケがあった。怠慢プレーをして戻ってきた選手を、テレビカメラに映らないように笑顔で蹴飛ばすのだ。鉄拳制裁では見え見えになってしまうが、下半身はバットケースに隠れているので、笑顔を見せながら、懲罰の蹴りを入れているのはわからない。赤ヘルナインにとっては恐怖の古葉キックだった。

     日本ハムから広島に移籍した大下剛史氏は現役引退後、コーチになってから古葉スパルタ教育の継承者になり、「12球団一の鬼軍曹」として鳴らした。赤ヘルナインだけでなく、他球団の選手にも恐れられていた伝説の鬼コーチだ。

     巨人長嶋第二次政権の時、筆者は「今の巨人の選手には厳しさ、気迫が足りないから、伝説の鬼軍曹・大下コーチを招へい。スパルタ教育をしてもらい、鍛え直してもらったら良いのでは」と、長嶋監督に真面目に提案したことがある。

     ところが「大下は厳しく徹底指導する、素晴らしいコーチだが、ウチの選手には無理。大下と聞いただけで、ちびってオシッコを漏らしちゃうよ」と冗談めかしながら語った。

     その長嶋氏も青年監督だった第一次政権の時には超スパルタ主義。「勝負して打たれるのは仕方ない。だが、逃げまくって四球を乱発するのは絶対に許せない」と、若手投手に鉄拳制裁していたのだ。

     今や「鉄拳制裁=パワハラ」の時代。今回の広島・緒方監督の騒動は象徴的で、プロ野球界も大きく変貌を遂げている。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00000016-ykf-spo&pos=2

     リーグ3連覇中の3位広島が、14日の首位巨人との直接対決で敗れ、ついに自力優勝の可能性が消滅した。

     初戦は14残塁で1点及ばず。前日は延長十一回にサヨナラ勝ちを収めたものの、この日は先発・野村が1―1の七回に2点を失い、力尽きた。緒方孝市監督(50)は「一戦一戦、勝ちという結果をつなげていけば(自力Vの可能性が)復活するだろうし」と前を向いたが、巨人と1勝2敗に終わり、ゲーム差は4.5に広がった。

    「ペナントを占う重要な3連戦と注目していましたが、3.5ゲーム差で首位巨人を追う広島の初戦の先発がアドゥワだったのには驚きました」

     とは、巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)。

     実際、アドゥワは前回登板のDeNA戦で勝利投手になったものの、いきなり3失点した試合を味方打線にひっくり返してもらったもの。7月は先発で6、4、5と大量失点を繰り返し、中継ぎに配置転換となっていた。

    「緒方監督に言わせれば、先発ローテの順番通りということなんでしょうが、大事な直接対決の初戦。ローテをずらしてでもエース大瀬良を突っ込むなどの策は考えなかったのか。巨人は離脱していたリーグトップの11勝を挙げる山口を初戦で復帰させ、3戦目は中5日で菅野も投げさせた。追う広島じゃなく、首位巨人の方が臨戦態勢なのは疑問。案の定、アドゥワは初回にいきなり4失点(4回4安打4四死球6失点でKO)、広島打線の追い上げも1点届かなかった。昨年まではチームに一体感があって、終盤の逆転勝ちがお家芸だったが、今年はそういう雰囲気がありませんね」(高橋氏)

     先月、緒方監督が6月30日のDeNA戦で緩慢な走塁をした野間を試合後に平手で複数回たたいたことが発覚。球団が緒方監督を厳重注意したと発表した。前出の高橋氏が指摘する「一体感がない」のは、この一件とも無関係ではないだろう。広島のさるチーム関係者がこう言う。

    「野間のプレーは確かにボーンヘッドだけど、今の時代、プロの選手に手を上げておいて、厳重注意っておかしくないですか? 暴力事件が表沙汰になる前にオーナーが来季の続投をほのめかしたけど、おとがめがないのは監督が今季限りだから。さすがに続投はないとチーム内では受け止められています」

     広島では5年で監督が交代することが多い。緒方監督はちょうど5年目。自力Vが消え、野村謙二郎前監督や佐々岡現一軍投手コーチといった次期監督人事が水面下で始まりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000032-nkgendai-base

    <広島4-1DeNA>◇8日◇マツダスタジアム

    広島が先発野村の好投で9連戦最初のカードを勝ち越した。4回に重盗で先制すると、5回にはバティスタが26号3ランで突き放した。6カード連続勝ち越しで、2位DeNAに0・5ゲーム差に迫った。広島緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り。


    -先発野村が好投

    緒方監督 祐輔の投球に尽きるでしょう。先発の仕事として100点満点の仕事をしてくれた。

    -攻めの投球だった

    緒方監督 今日は良かったね。立ち上がりから投げ急ぐこともなく、しっかりとバランスのいい切れのある球をしっかり投げ込んでいた。ピンチらしいピンチもなかったしね。

    -夏場に状態を上げた

    緒方監督 先発投手が長い回を投げてくれると助かる。まだ6連戦があるので、中継ぎをできるだけ休ませた中で戦っていきたい。

    -4回は重盗で先制

    緒方監督 選手がよく動いてくれた。先制できたのは良かったし、その後のバティスタの3ランも非常に大きかった。あれで一気に流れをこっちに持ってきてくれた。祐輔も楽になったと思う。今日は本当にいいゲームができたと思う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-08081194-nksports-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     猛暑の中で、令和元年のセ・パ両リーグのペナントレースがヒートアップ。『リベンジ』が共通のキーワードだ。

     セ、パ共に2日から首位攻防3連戦が行われている。セは横浜で2位DeNA対首位巨人、パは札幌で2位日本ハム対首位ソフトバンク。

     さらに、セは昨季までリーグ3連覇でもっか3位の広島、パは3位楽天、昨季覇者で4位の西武まで十分優勝のチャンスがある(2日現在)。

     『リベンジ』合戦の様相でもある。7月17日の時点で巨人に12ゲーム差をつけられていた広島が猛追中。1996年に長嶋巨人が成し遂げた伝説の『メークドラマ』に対し、23年ぶりのリベンジのチャンス到来だ。

     この年、三村広島は長嶋巨人に最大11・5ゲーム差をつけながら、奇跡の大逆転優勝を許し、最終的には3位に終わった。当時の屈辱の経験者である広島関係者がこう語っているという。

     「あの時はウチにけが人が出た。今年は逆にウチがメークドラマのリベンジをしたい」と。

     広島にはもう一つ、リベンジしたいことがある。一昨年セ・リーグを制しながら、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでDeNAの前にまさかの敗退。セ史上初の3位からの下克上日本シリーズ出場を許した。今季、CSでDeNAと再戦のチャンスがあれば、リベンジがノルマになる。

     パ・リーグの方も、工藤ソフトバンク対栗山日本ハムの因縁の戦いが続く。3年前の16年シーズンで、工藤ソフトバンクは栗山日本ハムに最大11・5ゲーム差をつけながら大逆転Vを許し、CSファイナルステージでも返り討ちに遭った。

     工藤監督にとっては、3年前の悪夢がトラウマになりかねない日本ハムの猛追。さらに、昨季10年ぶりのリーグを優勝を果たしながら、CSファイナルステージでソフトバンクに敗れた辻西武がリベンジを狙っている。

     挟み撃ちされる格好の工藤ソフトバンクの前途は険しく、楽観できない。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00000000-ykf-spo

     広島は31日、首位巨人を3―2で退け、再び5差に接近した。初回に西川の球団新記録となる月間4本目の先頭打者弾と、2番・菊池涼の2者連続本塁打で主導権を握ったが、終盤はヒヤヒヤの展開。最後は守護神フランスアを8回一死三塁からつぎ込む必死の継投でなんとか逃げ切った。

     緒方監督は「西川とキク(菊池涼)が本塁打で昨日の嫌な流れを打ち消して勢いをつけてくれた。(先発ジョンソンも)集中力を切らさず粘り強く投げてくれた」と初回に先制パンチを浴びせた2人に加え、6回無失点と奮投の左腕をたたえると、最後は「また明日の試合を全力で戦うだけです」と締めた。

     敗れていれば7差に拡大し、4連覇は絶望的となっていたところ。ただ指揮官はまだアクセルを踏む様子を見せない。ゲレーロに1点差に詰め寄られる2ランを浴びた2番手の高卒2年目右腕・遠藤について「打たれようが何しようが、いろんな経験をさせることが大事」と話したことからも、妙な余裕を感じる。

     前日の初戦は育成から支配下に昇格したばかりのモンティージャを立てたが敗戦。この3連戦をペナントレースのヤマ場と見るナインの間からは「優勝を目指すならもうギリギリ。大地(大瀬良)を巨人にぶつけるべきだったのでは」と、エースを前カードのヤクルト戦に登板させたことへの疑問の声も上がっていた。だが佐々岡投手コーチも「勝負どころはまだ先にあると思っているんでね」とドーンと構えている。

     余裕の裏にはこんな理由もある。チームスタッフは「ここを無理せず2勝1敗で乗り切れば、まだチャンスはある。巨人はウチの次はベイでしょ。勢い勝負ならベイが勝ち越すんじゃないか。今は2チームで巨人をコツコツ叩いて三つどもえに持ち込めれば」とソロバンをはじく。

     広島が“共闘”を呼びかけるDeNAはヤクルトに連勝し、巨人と3・5差に接近した。果たしてコイの目算通りに事は運ぶか…。まずはこの3戦目を取らないことには始まらない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000025-tospoweb-base

    このページのトップヘ