広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

    <練習試合:広島8-1阪神>◇9日◇マツダスタジアム 5回、広島は3番に入った西川のワンバウンド打ちの適時打から得点を重ねていった。「イチローばりの…」などと言われるかもしれないが、そんな大打者と比べるのは無理があるとしても西川の特徴が出ていた打撃だったとは思う。


    彼の打撃の特徴はバットの“面”を器用に使えることだ。バットコントロールと言うより、面をしっかりと球に当てる技術を高いレベルで持っている。 打者全般に言えることだが調子を落とすときはバットをこねる、球を引っ掛けてしまうことが多い。右打者なら右手、左打者なら左手、つまり投手に対してうしろ側にある手首を早く返して打ってしまう。

    手首を返してこねるのではなく、来た球にスムーズに対応していく方が結果は出る。5回で言えば会沢、ピレラ、鈴木誠也の安打もそんな感覚だった。打者の左右に関係なくセンター中心、ピッチャー返しに打つことが大事なのだが西川は特にそれがうまい。
    20200609-26090741-nksports-000-4-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/e076a4a7bf8ee0f86ed5b0787fad62532580ac06

    <3連覇思想>

    広島にリーグ3連覇をもたらし、新しく日刊スポーツ評論家に就任した緒方孝市氏(51)が「3連覇思想」と題して連載を執筆。2回目は緒方氏が好選手の“要素”について語ります。


       ◇   ◇   ◇

    すっかり日本の4番打者になった鈴木誠也、この日は二盗、三盗で走れるところを見せていた。監督時代、彼を注意したのは一度だけだと思う。その原因にもなるのだが、誠也のどこが人と違うと言って、その負けず嫌いぶりだ。打てないと異様に悔しがるのだ。

    その姿を見て自分の現役時代を思い出した。例えば阪神が「JFK」で優勝した05年。左腕ジェフ・ウイリアムスのスライダー、調子がいいときは空振りした後にそのまま腹にボコッと当たるんじゃないかと思うほどキレが良かった。

    そんな球を投げられ、三振すれば悔しいのは当然だ。同時に頭のどこかで「あの球は仕方ないだろう」と思う部分もあった。あのスライダーは誰も打てない。納得というよりも素直にそう思っていた。

    だが誠也は違う。相手がどんな好投手であっても勝負どころで打ち取られると荒れる。ベンチに戻ってくると鬼のような形相でバットを投げ、ヘルメットを投げ、揚げ句の果てに革手袋をびりびり引きちぎる。

    現役時代の同僚で言えば前田智徳氏(野球解説者)がそんな感じだった。彼がヘルメットを投げる場面はよくあった。だが誠也はそれ以上に荒れていた。

    あるタイミングで誠也を呼んだ。悔しくて荒れるのはいい。しかしベンチの中でやるとテレビカメラに抜かれる。誠也にあこがれている野球少年はそれを見てどう感じると思う? どういう印象を与えると思う? そんな話をした。誠也はすぐに理解、納得し、それからベンチの中で暴れることはなくなった。

    そこが誠也のすごさだと思う。あれほどの振る舞いをする闘争心と指摘をすぐに理解する知性が同居している。だからここまで存在感のある選手になったのではないかと思っている。

    大瀬良大地もそうだ。藤浪晋太郎に死球を食らったときに「いいよ、いいよ」と笑顔で応じたことがあった。若い人は「神対応」とか言っていたようだが、戦いの中でそれでは困る。

    監督室に呼んで「いい人はグラウンドの外でやってくれ」と言った。人柄のいい男だが、指摘の意味は分かってくれたと思うし、だからこそ今の立場があるのではと思う。

    監督、コーチの指導、考えを理解し、実行できればベストだ。しかし理解できるレベルに来ていない選手もいる。実績を残すには知性が必要だ。指導者もそういう部分を見ていく必要はあると考えている。(日刊スポーツ評論家)



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/82e61f6c5e86a1936be4a5b41157455ab0f3f45f

    <取材後記>

    昨季限りで広島カープを退団した緒方孝市前監督(51)が今春、日刊スポーツ評論家に就任することが12日までに決まった。


    緒方氏は監督として球団史上初のリーグ3連覇を達成した名将だ。世の中は新型コロナ・ウイルスの影響で先の見えない状況に追い込まれているが、広島はもちろん、同じセ・リーグの阪神、そして球界すべてに夢と期待を込め、新たな道を歩む構えだ。

       ◇   ◇   ◇

    不器用で口べた、ぶっきらぼうなイメージは選手時代からだ。気を許せば結構、冗談も交えてよく話すが仕事、野球となれば頑固そのものである。広島監督就任前にメディア対応を含めもっとうまくやればいいのでは、という話をしてみた。そのとき緒方氏はこんな話をした。

    「人によく思ってもらおうとかそういうのは別にいいんですよ。この世界は結果がすべてなので」

    カープひと筋33年。FA権を獲得した99年にはミスター長嶋から巨人への熱い誘いもあったが広島に残った。現役終盤には引退を決めたが代打要員での起用を告げられ、受け入れた過去もある。結果主義は、弱かったチームを3連覇するまでに育て上げた男のプライドだったのかもしれない。

    それでもコーチ、監督を経験する中で若い世代との関わり、チームづくりを意識し、少しずつ柔軟に変わってきたように思う。自ら退団したときは持ち前の頑固さが顔を見せたけれど。

    自身が言うように冷却期間でいろいろな思いがあったが野球への思いは消えることはなかった。選手として指導者として功績を残した緒方氏ならではの評論が楽しみだ。【編集委員・高原寿夫】




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-24100479-nksports-base

    昨季限りで広島カープを退団した緒方孝市前監督(51)が今春、日刊スポーツ評論家に就任することが12日までに決まった。


    緒方氏は監督として球団史上初のリーグ3連覇を達成した名将だ。世の中は新型コロナ・ウイルスの影響で先の見えない状況に追い込まれているが、広島はもちろん、同じセ・リーグの阪神、そして球界すべてに夢と期待を込め、新たな道を歩む構えだ。

       ◇   ◇   ◇

    現在の球界で優勝は簡単ではない。連覇となればなおさらだ。そんな中、緒方氏が率いる広島は16年からリーグ3連覇を果たした。セ・リーグでは巨人以外、記録できなかった偉業だ。さらに、日本の主砲にまで成長した鈴木誠也を4番打者で起用。「育てながら勝つ」という課題を実現した。「名将」のレベルに達した緒方氏が新たな道を歩み始める。

    「3連覇は選手、関係者はもちろん、ファンのみんなで戦った結果。言うまでもなく、自分だけの力ではないです。でも、喜べる瞬間を共有できたのはよかったと思いますね。誠也にしても彼自身がやったこと。こっちが育てたとか、そんな風には考えていません。誠也に限らず、選手は自分で成長していくと思ってます」

    自身の実績を口にすることはないが、監督時代はナイターでも早朝から球場に詰めるなど、心身とも激務をこなした。5年の指揮を執り「これ以上は…」と昨季限りでユニホームを脱いだ。その後、表舞台に出ることはなかった。

    「監督は5年間でしたが高校を出てカープ入団以来、選手、コーチ時代を含めて33年間、ユニホームを着ていた。自分では全力で走り切った思いでした。次に何をやろうとか、辞めてからどうしようとかは決めていませんでした」

    一時は、野球と無縁の仕事はできないか、と模索したこともあるという。しかし熟考を重ねた末、やはり頭にあるのは野球だった。

    「野球で生きてきたし、これが自分の道。野球の良さ、すばらしさをいろんな方々から教えていただいてきた。次はそれを伝えていく立場にならないといけない。現場は引いたけど、外から見ることで、魅力、面白さを伝えていきたいと思っています」

    猛威を振るう新型コロナ・ウイルスの影響で現在、プロ野球の先行きは見えない。それでも緒方氏はプラス思考を捨てていない。チームの低迷、自身の故障など数々の困難を乗り越えてきた男は球界、社会に対してメッセージを持つ。

    「誰もが影響を受けている。でもこうなった以上、“経験”が重要だと自分は思うようにしています。予想できなかった状況を経験した上で、それを乗り越える。そこから先を見据えることができると思います。今できることをやって、マイナスをプラスにしていくことが大事だと思います」

    広島に3連覇をもたらし、球界を盛り上げた緒方氏ならではの視点で見る真剣勝負。古巣はもちろん、阪神、そして球界すべてを独自の視線でチェックしていく。開幕が待ち遠しい。

    ◆緒方孝市(おがた・こういち)1968年(昭43)12月25日、佐賀県生まれ。鳥栖から86年ドラフト3位で広島入団。俊足強打の外野手としてチームをけん引する。95年の10試合連続盗塁は現在もセ・リーグ記録。95~97年盗塁王。95~99年外野手でゴールデングラブ賞。09年現役引退。通算1808試合、1506安打、241本塁打、725打点、打率2割8分2厘、268盗塁。現役時代は181センチ、80キロ。右投げ右打ち。15年広島監督に就任し、16年からセ3連覇。19年に退任した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-24100478-nksports-base

    【名伯楽「作る・育てる・生かす」】#18

     私が広島の二軍打撃コーチを務めていた1990年ごろのこと。広島市民球場近くに新築した自宅が「練習場」に変わった。

     秋季キャンプを終えた後、12月から翌年1月まではどの球団も全体練習ができない。しかし、この間、若手を遊ばせてしまっては、レギュラーとの差は縮まらない。球団は自主練習を望む選手のために、私の自宅の駐車場にネットを張り、若手が打撃練習できる環境を整えたらどうか? と打診してきた。

     せっかく家を建てたのだ。最初は拒んだが、折れない球団は、30万円ほどで2階まで届く大きなネットを購入した。業者が来てボールが飛び散らないよう、カーテン式に設置。やるしかない環境が整った。

     ただ、早朝から住宅街にカンカンとボールを打つ音が響いてしまう。近所迷惑になるため、妻が菓子折り持参で頭を下げて回った。

     93年オフ、私は翌シーズンから巨人のコーチになることが決まっていた。巨人の寮に住み込む直前まで、熱心に通ってきたのが、2016年からリーグ3連覇を果たし、昨季まで5年間監督を務めた緒方孝市だ。

     当時は24歳。まだ一、二軍を行ったり来たりの代走、守備要員だった。朝の9時から昼までティー打撃。その後は風呂場でシャワーを浴びて、我が家で昼食を取る。午後は筋力トレーニングに励むのが日課だった。

     緒方は当時から無口。私の妻は「あんな口数が少なくて線の細い子がプロでやっていけるのかしら」と本気で心配していた。しかし、その後すぐに一軍のレギュラーに定着。95年から3年連続で盗塁王になった。

     現役引退後、10年は一軍野手総合コーチ、11、12年が守備走塁コーチ、13年は一軍打撃コーチ、14年はヘッド格の一軍野手総合ベンチコーチを歴任した。さまざまなコーチを経験してから監督に就任したのが、16年からの球団初のリーグ3連覇につながったと思う。

    ■まっすぐでも意思も性格もまるで石

     元スカウト部長の村上孝雄さん(享年79)に発掘された。主に九州地区担当で他のスカウトも一目置く人物だった。指名に携わった選手は、他にも北別府学、津田恒美、前田智徳など名選手が多い。義理堅い緒方は、村上さんを「恩人」と慕っていた。

     現役の頃から人と群れるのを好まなかった。まっすぐで意志も性格も石のように固い。その後、中心選手になり、「あんなに努力したから今があるんだよ」と、かつて菓子折りを配った近所の人たちは喜んでいた。昨季まで現役から合わせて33年間ユニホームを着続けた。しばし休息を取って欲しい。

     同い年の緒方をライバル視していたのが金本知憲である。

    (内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-00000006-nkgendai-base

     広島の緒方孝市前監督が7日、佐賀県鳥栖市の鳥栖市民球場で開催された「緒方孝市ベースボールクリニック」に参加した。現役時代から続けている野球教室で、チームからも小窪、島内、平岡、桑原、坂倉、中村奨の6選手が参加し、14チーム107名に指導した。


     緒方前監督がユニホームに袖を通すのは9月30日以来だった。開始前には少年少女に「直接プロの選手に教えてもらうことはめったにないこと。これからの練習に生かしてほしい」とあいさつした。その後は外野に移動し、キャッチボールの仕方や送球フォームなどを教え、打撃練習では自らトスを上げた。

     約1時間半、熱く指導。「現役のときから20年以上も続けてこられてうれしく思う。今年でユニホームを脱ぐ節目の年になったけど、今後も続けていきたい。子どもたちには、野球を通じていろんな仲間と試合などをして、喜んだり悔しがったりとかを一緒に経験してほしい。来年、カープをテレビなどで応援してほしいし、ソフトバンクの2軍の球場は近くにある。選手に声援を送ってほしい。短い時間だったけど楽しかった」と振り返った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000095-dal-base

     広島の床田寛樹投手(24)が早くも来季に燃えている。今季は自己最多の25試合に登板していずれも自己最高の7勝6敗、防御率2・96の成績を残した。

     ルーキーイヤーの2017年に2度目の先発登板でプロ初勝利を挙げた直後に左ヒジ手術で戦線離脱。今季は故障から復帰して初めてのシーズンとなったが、4月に4戦全勝してオールスター戦にも初選出された。後半戦、なかなか勝ち星に恵まれなかった床田は「最初にこれだけ勝てたなら、後半はもっとやれたんじゃないかなと思っています」と振り返る。

     規定投球回まで3回1/3足りず「スタミナ面とか弱いなと思った」と課題を口にする床田は「それ(弱い部分)をしっかり強くすれば、今年より一試合でも強い球が投げられるんじゃないかと思う」。来季はフル回転を目指す若き左腕だが、飛躍した姿を見せたい恩師がいる。前監督の緒方孝市氏(50)だ。

     今季開幕前の決起集会でのこと。床田は開幕2戦目に投げることを緒方監督から告げられ、不安な気持ちを思わず吐露。すると前監督から「床田は目の前の試合しか見ていない。143分の1と考えたらプレッシャーはない」と言われたという。「これで負けたら優勝を逃すとか、負けたらシーズンが終わるという試合に比べたら、こんなもんじゃない」。そんな指揮官の言葉を受けた床田は「『確かに』と思って気が楽になった」と明かす。

    「結果を残さなきゃすぐ落とされると思っていた」という床田は先発ローテーションの一角として大きな期待を寄せられていることを自覚。これが今年の成長につながったという。緒方氏は今季限りで退任したが「成長したところは見せたいなと思います」と誓う背番号28は恩返しの大活躍を見せることができるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000020-tospoweb-base

     広島・緒方孝市監督(50)が1日、今季限りでの辞任を表明し、マツダスタジアムで記者会見を開いた。

     緒方監督の辞任を受け、選手は感謝の言葉を並べた。松山は現役、コーチ、監督時代と長い時間を共有した。今季は開幕「5番」で起用されながらつまずき貢献できなかった時期があった。チームは4年ぶりにBクラスで終戦。「今年のチームの成績は僕に責任がある」と唇をかんだ。

     打率.259、6本塁打、49打点と不本意な1年から巻き返しを図る来季。「監督5年間の中でほぼ主力として使ってもらい、育ててもらった。(結果を残して)恩返しができたら」と前を向いた。

     打力を生かすため外野に挑戦した西川は定位置をつかみ取った。「去年も(内野で)あれだけエラーしても使ってもらえた。外野は素人。(今年は)我慢して使ってくださったことに感謝しています」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000031-dal-base

     10月1日、広島東洋カープを5年間率いた緒方 孝市監督の今季限りでの辞任が発表されました。今季は阪神タイガースの追い上げに屈しての4位。とはいえ、昨年までセ・リーグ3連覇を果たし、鈴木 誠也をはじめ数々の若手を日本を代表する選手にまで育て上げた功績は色あせるものではありません。


    そんな緒方監督ですが、筆者は昨年1月に一度だけ直接お話させて頂く機会がありました。その場所はホーム・広島ではなく、契約スポーツ用品メーカーの本社がある大阪。恐れ多くもメーカー社長と緒方監督との対談コーディネーターを仰せつかったのです。事前に伺っていた情報は「緒方監督は難しい方」。相当緊張して当日を迎えました。

     ただ、結論から言えば緒方監督は正にスポーツマンらしい、実直でユーモアにあふれる方でした。シーズンオフという状況がそうさせたのかもしれませんが、私の話にも耳を傾けて頂き、かつ自分の言葉で投げ返してくる。そして「スポーツの存在価値を伝えるために」と題された対談では、これまでほとんど明かされなかったチームの徹底事項や、スタッフ、ファンへの感謝の想いを話していただきました。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00010009-hbnippon-base

     昨季まで球団初のリーグ3連覇に導いた広島の緒方孝市監督(50)が1日、今季限りでの辞任を発表し、マツダスタジアム内で会見を開いた。球団事務所で松田元(はじめ)オーナー(68)に意思を伝え、了承された。球団からは何らかのポストが用意されたが、態度を保留。後任は未定ながら、佐々岡真司投手コーチ(52)らが候補に挙がるとみられる。



     9月中旬。緒方監督が背中を丸め、せきを止めようと苦闘する姿を幾度も見た。会見では決して選手を責めず「いい采配ができなかった」が決まり文句だったはずが、つい個別の選手を非難する発言が口をついた。ベンチでの青白い表情は穏やかと言うよりも、緊張の糸が切れているように見えた。日本一を逃した昨季終了後のオーナー報告でも「しんどいです」と漏らすなど、5年間のタクトで心身とも疲れ切っていた。

     就任2年目の2016年から上位打線を“タナキクマル”で固定し、25年ぶりのリーグ制覇に導いた。鈴木も4番として育て「神ってる」の流行語を生んだ。ナイターでも午前9時頃から監督室にこもって資料をチェックした努力の人。それでも16、18年は日本シリーズで敗れ、17年はCS敗退。短期決戦に弱かったこともあり、SNSを中心にしたファンの評価は「3連覇は野村前監督の“遺産”のおかげ」と必ずしも高くなかった。無念の辞任だろう。(昌)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000244-sph-base

    このページのトップヘ