広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

     広島緒方孝市監督(49)が日刊スポーツの新春インタビューで、球団史上初の3連覇がかかる18年への決意を語った。重圧がかかる新シーズンを前に、就任4年目の指揮官は泰然自若で前を見据えた。主力選手に真の強さを、若手にはアピールを求める。常にチーム内に競争を求め、チーム力を上げてきたその手腕に、今年も期待が高まる。【聞き手=前原淳、池本泰尚】

     -新年を迎えた

     緒方監督 昨年は連覇を成し遂げたといっても、クライマックスで負けている。一昨年も日本シリーズで負けた。いずれもマツダスタジアムで負けているので、達成感よりも負けた悔しさの方が大きい。昨年は日本一という期待をひしひしと感じていたが、応えられなかった。今年こそは、という気持ちでいる。

     -監督は「毎年、チームの色は変わる」と言っている

     緒方監督 昨年は丸がMVPを受賞し、田中が2年連続フルイニング出場。キク(菊池)も含めて、彼ら3人は本当にレギュラーとして働いてくれた。ただ、彼らには「隙を見せるな」「ほかの選手にチャンスを与えるな」と言っている。慢心や過信などがあれば、すぐにとってかわる選手が出てくる世界。実力と実績だけでなく、そのときの力も見せつけてチームを引っ張っていってくれというメッセージを彼らに伝えたい。

     -4番については

     緒方監督 不完全燃焼だった誠也が、シーズン終盤とクライマックスシリーズにいられなかった悔しさを今年どのように見せてくれるか。本当の4番となるシーズンにしなくてはいけないし、こちらも期待している。ただ、与えるわけではない。松山やバティスタらとの競争の中で名を連ねてもらいたい。

     -ポジションを与えて成長を促すのではなく、常に競争を求める

     緒方監督 レギュラーとして責任感を持って戦ってもらうのは当たり前だが、好不調もあればケガなどイレギュラーなこともある。選手個人に責任を背負わせるようなことはしたくない。

     -昨年は野手が投手を育てた

     緒方監督 長いペナントレースはやっぱり投手力。大きな鍵になる。先発の数も中継ぎの数もしっかりしないといけない。優勝に貢献した薮田は昨年、ワンチャンスを生かした。薮田だけでなく、岡田、大瀬良、九里と、先発として手を挙げている選手は昨年の成績が最低ラインになる。ここからどう成長していくか見てみたい。そのほかの若い投手にもチャンスをあげようと思っている。それだけのものを見せてくれれば。練習ができていなければ、1日でも広島に戻ってもらうと伝えている。来季も競争。そこからスタートしてもらう。

     -今年の新人には即戦力候補が少ない

     緒方監督 今年は素材重視で魅力ある選手を取ったドラフトだった。来年、再来年しっかりチームの底上げとなる選手が入ったと思っている。いい素質の選手が入ったと思うし、すごく楽しみ。最近は高校からでも基礎体力が高い。(ドラフト1位)中村にしても出てくるのも早いと思う。

     -他球団の動向は

     緒方監督 気になる気にならないというものではなく、どんな戦力で来るのかは見ておかないといけない。動向だけはしっかり見ている。ただ、他球団の戦力に合わせて戦うわけじゃない。昨季までやってきた野球の精度をさらに上げていくことを目指すだけ。

     -セ・リーグ2球団目、球団初の3連覇へ向けて

     緒方監督 新たな気持ちで、リーグ優勝に向けた戦いが始まる。どんな準備をして臨むのか。(就任4年目も)経験して甘んじるのではなく、経験したからこそ、あれもやらなければいけない、これもやらなければいけないとなる。尽きることはない。それはシーズン通してやっていかないといけないこと。過度な重圧を感じているというよりも、毎年その気持ちは変わらない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00092250-nksports-base

     4年目の指揮を執る広島・緒方孝市監督(49)とカープOB会長でデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏(73)が、恒例の新春対談を行った。昨季、37年ぶりのリーグ連覇を果たしながら成し遂げられなかった日本一が、今年の最大の目標。広島を愛する2人が熱く語り合った。後編をどうぞ。

     安仁屋「去年は野手の活躍があった。今年も相当期待できるんじゃないか」

     緒方「いろいろな打撃部門の成績を見ても分かるように、攻撃陣はナンバーワンの数字を収めてくれた。本当に申し分ない活躍でした。その数字に甘んじることなく、今年も新たな気持ちでやってほしいと思います。その中で1点、1点を積み重ねる攻撃を大事にしていきたい。最後まで緩めることなく、どんなに苦しい状況になっても勝ちに結び付けるために諦めずに攻めていくのがカープの身上ですから」

     安仁屋「田中、菊池、丸が今年も中心になるのは間違いなさそうだね」

     緒方「タナキクマルは、うちのセンターラインであって、打線でも中心となる選手たちです。ただ、完全に彼らに任せるのではない。投手と同様に、野手も競争の中からポジションを勝ち取ってほしい。中心選手に言いたいのは若手にすきを見せるな、与えるなということ。けがにしても調子の波にしてもそう。成績と実力でチームを引っ張っていけよ、と言いたい」

     安仁屋「4番争いも楽しみな話題になりそうだ」

     緒方「去年をスタートさせる中で、鈴木誠也をどこかのタイミングで4番に据えたいと考えていました。将来のチームをつくる上でも彼に成長してもらいたいという思いを込めてです。そして、こちらの期待通り、申し分ない成績を残してくれました。ただ8月の大事な時期にけがで離脱した。本人は悔しかっただろうしチームとしても痛かった。今年は本当の意味で4番打者としての真価が問われるというか、成長してもらわなくてはいけないシーズンになります」

     安仁屋「4番候補には鈴木のほかに松山、バティスタ、新井とたくさんいる」

     緒方「鈴木が抜けたあとの松山の活躍は大きかったですからね。あの打撃は本当に4番の打撃ですよ。衝撃的なデビューをしたバティスタも貪欲で彼も4番候補の1人。大ベテランの新井もいます。彼も代打一本で甘んじるという性格ではない。こちらとしては状態のいい選手を使います。調子が悪ければ打順を下げるということではなく、スタメンから名前が消える。そういうふうにみんな思っていると思います」

     安仁屋「楽しみが多いね。レギュラー陣に割って入るのは本当に大変だ」

     緒方「西川や堂林、野間ももう一皮、二皮くらいむけないとこの野手陣に割って入れません。ただ成長するチャンスはいくらでもあります。新しい戦力を、チャンスがあればどんどん使おうと思います。競争です。それがチーム力の底上げにつながります」

     安仁屋「激しい競争があって今のチームがあるということ。これからもカープの強さは続いていくと思うし、リーグ3連覇というのは本当に間違いない。あとは日本一。ぜひ緒方監督には頑張ってもらいたい」

     緒方「去年、日本一を達成できなかったのは自分の責任でもあるし、ファンの方には本当に申し訳なく思います。今年は球団史上初の3連覇という目標を持ち、その先にある日本一にも挑戦して勝ち取りたい。今年こそ、ファンの期待に応えられるシーズンにしたいと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000038-dal-base

     4年目の指揮を執る広島・緒方孝市監督(49)とカープOB会長でデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏(73)が、恒例の新春対談を行った。昨季、37年ぶりのリーグ連覇を果たしながら成し遂げられなかった日本一が、今年の最大の目標。広島を愛する2人が熱く語り合った。まずは前編から。


     安仁屋「明けましておめでとう。今年もよろしくお願いします」

     緒方「よろしくお願いします」

     安仁屋「去年もいろいろ楽しませてもらった。カープが強いというのが一番。誰かが抜けたら誰かが出てくる。いい例が一昨年はマエケンが抜けて、野村が出てきた。去年は黒田が辞めて薮田が出てきた。そういうのがすごくいいね。全体的に見ても若い選手と中堅、ベテランがうまくかみ合っている」

     緒方「去年、戦う上でポイントに置いていたのは投手陣。リーグ3連覇と日本一を狙う今季もカギはそこです。投手陣をもう一度、しっかり整備していきたい」

     安仁屋「投手は何人いてもいいんだからね」

     緒方「去年、九里は本当によく頑張ってくれたし、大瀬良や祐輔(野村)も1年間、仕事をしてくれた。でも、ジョンソンは納得のいかない数字しか残せなかったし、岡田もCSで投げられず、最後に悔しい思いをした。投手陣は去年の経験を踏まえた上でもう一段階、成長する姿を見せてほしい。高いレベルで競争してほしいと思っています」

     安仁屋「競争は今年も激しそうだ」

     緒方「選手たちには自分たちのポジションを勝ち取れということを伝えたいです。その中にどんどん若い選手も入ってほしい。左投手が不足しているし、1人でも2人でも出てきてほしい。年数や年齢は関係ない。いいものを見せてくれたら使います」

     安仁屋「薮田もまた競争になる」

     緒方「最高勝率のタイトルを取ったけど、彼のポジションを今年も用意しているわけではない。また、しっかりと素晴らしい投球を見せてもらって、開幕投手に名乗りを上げるぐらいになってほしい。また、それを許さないように祐輔、大瀬良、岡田らも頑張らないと。去年、ほとんどチャンスがなかった福井、加藤にしてもそう。いくらでもチャンスは転がっているし、それを勝ち取るのは自分自身の力です」

     安仁屋「個人的には、今年も福井に期待する。結婚し、奮起してくれると思う」

     緒方「薮田や九里は去年結婚して、責任感というのか、マウンド上でこれまでとは違う表情で試合に臨んでいた。やっぱりプライベートが充実しているのは大きい。体調管理ができていて、野球に打ち込める環境になったことが、成績が良くなった要因の一つだと思います。福井は投手陣の中で年齢は上の方になってきた。29歳で上の方というチームは他にはない。カープならではです。言い換えると、それだけ下からの突き上げがあるということ。若いチームで、彼が自分の存在感を出すには結果で示すしかありません。結婚してプライベートも充実した中で野球に取り組んでいけるのだから、私も彼には十分に期待しています」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000037-dal-base

     佐賀県出身の指揮官2人が、2017年のプロ野球を盛り上げた。広島を37年ぶりのリーグ連覇に導いた緒方孝市監督(鳥栖高出身)と、就任1年目で西武を4年ぶりのAクラスに引き上げた辻発彦監督(佐賀東高出身)。2人に今季を振り返り、来季に向けた思いを聞いた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-03163839-saga-spo

     プロ野球の広島は来季、球団史上初のリーグ3連覇と日本一を目標にする。来年で監督就任4年目を迎える緒方孝市監督は、チームのさらなるレベルアップを目指し、春季キャンプでは今年と同様に「競争」の2文字を掲げた。特にキーポイントに挙げるのが投手陣の整備だ。


     今季は開幕から決して順調にシーズンが進んだ訳ではなかった。大黒柱として期待していたジョンソンが、4月上旬に咽頭炎を発端とした体調不良に陥り戦列を離脱。守護神の中崎も腰痛を患い、出場選手登録を抹消された。「イレギュラー的なことは絶対にある。戦力というのは、有り余るほどあっていい。高いレベルで競争して色んな有事やニーズに備えていきたい」。春季キャンプから競争心を植え付け、切磋琢磨(せっさたくま)させてきた。開幕直後のアクシデントにも、代わりの選手が期待に応えた。中継ぎから先発に回った薮田は先発ローテに定着。抑えを任された今村も重責を果たした。

     来年の春季キャンプでもサバイバルレースを予告する。「ポジションは確約していない。今年の経験を踏まえた中で、もうひとつ成長して高いレベルで競争してほしい。先発なのか、中継ぎなのか、勝ちパターンなのか。ポジションを勝ち取って活躍に期待している。年齢は関係ない」。先発陣ではジョンソンは6勝止まり。岡田はシーズン終盤に調子を崩し、CSで登板できなかった。大瀬良は2桁勝利は手にしたものの、投球回数に課題を残した。一方で中村祐が台頭し、中継ぎでは高橋樹や藤井が経験を積んだ。1軍登板はできなかったものの、2軍では高橋昂や辻、長井などが評価を上げている。横一戦でのスタートだ。

     就任以来、緒方監督が目指すのは、投手を中心とした守り勝つ野球。来季、広島包囲網は今季以上に厳しさを増すのは間違いがない。それを乗り越えて目指す日本一。厳しい競争から全体の戦力を底上げして、シーズンに臨む構えだ。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000052-dal-base&pos=1

     日本野球機構は14日、来季の春季非公式試合(オープン戦)の日程を発表した。

     オープン戦というと序盤はキャンプ地近くの地方球場で行われることが多く、その地元のファンはもちろんのこと、遠征を楽しみにしているファンも贔屓チームが一体いつ・どこで試合を行うのかという発表を首を長くして待っている。

     西武は来年3月3日(土)、佐賀県佐賀市のみどりの森県営球場にて広島と対戦する。西武を率いる辻発彦監督は小城市出身、対する広島・緒方監督は鳥栖市の出身と両監督が佐賀県の出身ということもあり、地元での直接対決実現に注目が集まっている。

     この対決はスポーツによる地域の活性化や県の情報発信を図るべく、 スポーツイベントやスポーツ合宿の誘致を行う「佐賀県スポーツコミッション」の取り組みのなかで決定したもので、同球場でのプロ野球の開催は昨年7月に行われたウエスタンリーグのソフトバンク-中日戦以来のこと。オープン戦は2001年3月のヤクルト-横浜(現DeNA)以来でなんと17年ぶりのことだ。

     就任1年目で西武を2位に引き上げた辻監督と、広島をリーグ連覇に導いた緒方監督の直接対決。地元でより良い姿を見せるのはどちらの監督になるのか、今から注目が集まる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00140425-baseballk-base

     広島の選手、家族、スタッフらが7日午後、優勝旅行先のハワイから広島空港着のチャーター機で帰国した。緒方孝市監督(48)は「いい骨休めになった」と5泊7日のバカンスを振り返ると、来季の開幕投手争いについて言及。来年3月30日・中日戦(マツダ)の先発マウンドには誰が上がるのか。「自分は全員に期待している。実績だけで決めようとは思っていない。チームの方針は競争」と高らかにゴングを鳴らした。


     2年連続で開幕投手を務めたジョンソンが今季6勝と落ち込み、来季の開幕投手争いは混沌(こんとん)とした状況だ。すでに野村は「やりたい。目指したい」と立候補。今季は先発の柱として奮闘し、自覚も備わっている。

     3年目でブレークを果たした薮田も、CSファイナルS初戦の先発を任されるなど候補の一人だ。3年ぶり2桁勝利をマークした大瀬良、自己最多の12勝を挙げた岡田にもチャンスはある。

     開幕投手を決める上で判断材料となるのは投球内容だ。結果だけに左右されず本質を見抜く。指揮官は「キャンプから結果だけではなくて、内容もアピールした中で最終的なところ(で判断する)。明言はしない」と開幕ギリギリまで見極める方針を示した。

     球団史上初のリーグ3連覇へ、来季に向けてのキーワードも「競争」だ。すでに4番争いについても鈴木、松山、新井らの名前を挙げて競争を明言。来春のキャンプで繰り広げられる先発ローテ争いももちろん競争だ。開幕投手争いも例外ではない。レベルの高いチーム内競争の中で柱を見定める。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/12/08/0010799011.shtml

     広島がマツダスタジアムで秋季練習を開始した。リーグ2連覇を達成した今季はCSファイナルSで敗退。34年ぶりの日本一を狙う来季へ、緒方監督は「しっかりレベルアップしてほしい。全員にチャンスはある」と競争意識をあおった。

     新任の広瀬純外野守備走塁コーチも合流。練習はフリー打撃など約4時間行われた。丸は「切り替えはもうできている。(キャンプ地の)日南で本格的に動けるように準備する」と話した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000070-spnannex-base

     「プロ野球ドラフト会議」(26日、グランドプリンスホテル新高輪)

     広島は1位で中村奨成捕手(3年)=広陵=を指名。中日との2球団競合の末、緒方孝市監督(48)が交渉権を引き当てた。ドラフト1位の1回目の入札で高卒捕手が重複したのは史上初。


     緒方監督が力強く右拳を突き上げた。中日・森監督との“一騎打ち”を制して、広陵・中村の交渉権を引き当てた。「やった、というよりもホッとした気持ち。地元の選手だしファンの人も期待していた。良かった」と胸をなで下ろした。

     壇上に上がると、最初に森監督が抽選箱に手を入れた。残された封筒は1つ。初めて大役を務めた昨年は、今年と同じく最後にくじを引き、外れた。「試合のときも願掛けはしない。朝、起きたときに(当たりくじが)あればいいなと思った」。右手で引いた封筒に念願の「交渉権獲得」の文字があった。

     超高校級スラッガーは、広島から生まれた10年に1人の逸材だ。今夏の甲子園では85年の清原(PL学園)を超える1大会個人最多6本塁打。守備でも強肩で何度もチームを救った。指揮官はその才能を高く評価。そして中村がプロ志望届提出時の会見で発した「厳しい環境に身を置きたい」という言葉にも、好感を持った。

     「もちろん捕手として育てる。どんな選手になってほしいか?打てる捕手。それも中軸を打てるくらいに育てたい。遠い将来ではなく、近い将来に戦力となれるように期待している」。充実感いっぱいに、緒方監督は言葉をつむいだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000037-dal-base

     広島は25日、都内でスカウト会議を開き26日のドラフト会議に向け最後のシミュレーションを行った。緒方監督もテーブルにつき、1位指名は公表している広陵・中村奨成捕手(3年)で確認した。

     ドラフト会議が近づくにつれ、他球団との競合の可能性が高くなってきた。その場合は、昨年に続いて指揮官が壇上に上がりクジを引く。今年の抽選順は、昨年に引き続き最後。

     全体では4~5人を指名する予定だ。仮に中村の交渉権を得られなかった場合の、外れ1位も話し合われた。苑田スカウト統括部長は「ある程度、(リストにある選手の)順位を決めて一覧表をつくった。外れ1位も競合覚悟。残っている選手で1番、良い選手に行く」と話した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000113-dal-base

    このページのトップヘ