広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

    <広島6-3中日>◇25日◇マツダスタジアム

     広島が先発大瀬良の投打の活躍もあり、2連勝した。2回に鈴木が5号先制ソロ。その後は西川、大瀬良、田中、菊池と4者連続適時打で6点を先制した。大瀬良は3失点完投で5連勝の7勝目。以下は緒方孝市監督(49)の談話。



     -大瀬良が好投

     緒方監督 当たっている中日打線に、初回から低めに丁寧に投げていた。コースにもしっかり投げきれていた。ナイスピッチング。自らも打席でね。

     -無四球での完投だった

     緒方監督 制球も安定している。最後は球威が落ちたかなと思ったが、しっかりと変化球もコースに決める投球ができていた。最後まで投げきってくれて、大きかった。

     -最近の安定感について

     緒方監督 今年は去年と全然内容が違う。勝ち星の内容もね。彼を信頼して、最後まで投げてもらいたいという投球を見せてくれている。

     -打線は2回に6得点

     緒方監督 前回、相手投手(先発の柳)に中盤以降まで完璧にやられた。反省もふまえて、狙い球をしぼっていった。まず(鈴木)誠也がひと振りで捉えた。西川もあそこでチャンスを広げてくれたのが大きかった。いい攻撃ができた。

     -マツダスタジアムで今月負けなし

     緒方監督 1試合1試合の積み重ねの結果だから。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00219963-nksports-base&pos=3

     日本野球機構(NPB)が「マイナビオールスターゲーム2018」(第1戦7月13日京セラドーム大阪・19時開始、第2戦同14日熊本・藤崎台県営野球場・18時30分開始)の開催概要発表記者会見を21日、都内のホテルで開催し、全パを指揮するソフトバンク・工藤公康監督、全セの広島・緒方孝市監督が出席した。

     会見内のトークショーでは、対戦リーグの部門別注目選手を挙げた両監督。さらにリーグを問わず、他に選出に期待する選手を問われると工藤監督は「うちの石川という投手がいい投球をしていますし、ファンの皆さんには楽しみにしてほしい」とニッコリ。緒方監督も「やはりうちの選手を推したいところはある。今年大瀬良大地の投球が非常に素晴らしいので、ぜひ選ばれてほしいなと思っています」と現在リーグトップタイの6勝をマークする右腕に期待をかけた。

     ファン投票の受付は22日に開始。6月17日に受付締め切りとなる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000121-dal-base

     広島は1日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に6-4で勝利した。8連勝で2位に浮上した巨人との首位攻防戦に逆転勝ちし、ゲーム差を3に広げた。両チーム合わせて23安打の打撃戦を制し、緒方監督は「今日はナイスゲームでした」と満足そうだった。


     チーム打率リーグトップの巨人に2回までに3点を先行されたが、バティスタと鈴木の連続本塁打などで逆転。先発の中村祐も3回以降は立ち直り、6回3失点で開幕から負けなしの3勝目をマークした。

    「今日は打線でしょう」と自ら切り出した緒方監督は「初回は点を取れなかったけど、プレイボールから一人一人が集中力を持って相手に襲いかかってくれた」と、試合前まで今季3勝0敗と好調で来ていた山口俊を攻略した攻撃陣を褒めた。投手陣についても、「(中村)祐太も途中から立ち直ってくれた」と先発としての働きに合格点を与え、「後を受けたピッチャーも、ひとつひとつアウトを取って、しっかり役割を果たしてくれた」と評価。投打がかみ合った快勝に、表情は明るかった。

     會澤が2打席連続で死球を受け、乱闘騒ぎの後に警告試合となる荒れた展開となった。指揮官は「横浜でのこと(頭部死球)もあったしね。まあ、そのことはいいよ」と多くを語らなかったが、その後の打席でタイムリーを放った會澤を「(死球で)腰を引けていたらダメでしょう」と、バットで結果を残した選手会長を逆説的に評価した。

     3連敗なら順位が入れ替わるところだった首位攻防戦の初戦に勝利した広島。野村、丸と主力の離脱が続くが、チームの勢いは止まりそうにない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00125752-fullcount-base

    <広島5-2阪神>◇29日◇マツダスタジアム

     広島は今季12度目の逆転勝利で4連勝とした。

     先発大瀬良は8回途中までソロ本塁打と失策絡みの2失点に抑えて3勝目。離脱した丸を欠く打線はつなぎの攻撃で同点に追い付き、1発攻勢で阪神を突き放した。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     緒方監督 (自ら切り出すように)大地の投球に尽きるよね。初回の入りから抜群で、実質、本塁打の1点だけというところでね。2点目は失策が絡んでのものだったので。打つ方もキク(菊池)が逆転打を打ってくれた中で、(田中)広輔の2ランはすごく大きな得点となった。

     -丸を欠いても打線が逆転勝利

     緒方監督 全員で、全員でね。誰がケガで外れようと、チーム全員でカバーして戦っていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00193969-nksports-base

     「広島7-5阪神」(28日、マツダスタジアム)

     広島が今季3度目の4連勝を飾った。鈴木が自己最多タイの5打点を記録。三回に飛び出した満塁本塁打に緒方孝市監督は「最高の結果を残してくれた。本人が最高と言っているんだから最高だったんじゃないか」と笑った。

     この3連戦は23日に死去したOBの衣笠祥雄氏の「追悼試合」でもある。広島の選手、監督らは喪章を付け、試合前には両軍が黙とうをささげた。特別な試合を白星で飾った指揮官は「改めて偉大なOBで素晴らしい成績を残された」と敬意を表し、「我々もその遺志を受け継いでしっかり戦っていく」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000144-dal-base

    <DeNA2-7広島>◇24日◇横浜

     試合前に球団OBの衣笠祥雄氏の訃報が届いた弔い戦。広島は1回に2点を奪うと、その後も得点を重ねた。先発の中村祐はプロ初完投こそ逃すも、8回1/3を投げ5安打2失点。投打がかみ合い、連敗を止めて、再び首位に浮上した。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。


     - 先発の中村祐が好投した。

     緒方監督 今日も(中村)祐太が前回同様、素晴らしい攻め、投球をしてくれた。また、リードする会沢も息が合っているのか、祐太の球を引き出して。ナイスリードです。打線も初回に2点を取れたのが大きかったし、その後の5回、つながってしっかり追加点を取れたのが大きかった。

     - 試合前には訃報もあった。

     緒方監督 こういうカープらしい戦いを1試合1試合、また明日から戦っていって大先輩に見てもらう。また明日から1試合1試合、やっていきたいと思います。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00189195-nksports-base

     「中日11-7広島」(20日、ナゴヤドーム)

     広島は七回、救援陣が打ち込まれ逆転負け。連勝は「5」で止まった。

    【写真】緒方監督の女子高生次女は母親似の美少女!黒髪&美脚が魅力

     7-4の七回。緒方監督がマウンドに送り出したのは中田だった。1死からモヤの二塁打をきっかけに走者をためると高橋、福田に連続適時打を浴びてリードはわずか1点。2死満塁から大島に右前2点適時打を許し、ついに逆転された。交代したアドゥワも悪い流れを止められない。この回、8本の長短打を集められ7失点し、7-11とされた。

     七回の攻撃で5点を奪い7-4と試合をひっくり返していた。直後に暗転。中田は「逆転した次の回に逆転されてしまった。僕の責任。申し訳ない気持ちでいっぱい」と視線を床に落とした。

     緒方監督は「投手じゃない。自分の采配ミス。勝たなければいけなかった」と悔しさをにじませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000147-dal-base

     「広島5-4ヤクルト」(19日、マツダスタジアム)

     広島が今季初の延長戦を今年初のサヨナラ勝ちで飾った。

     1点を追う九回に菊池の三塁打で追いつき延長十二回に下水流が決めた。

     試合後、緒方監督は「全員でつかみ取った勝利」とナイン全員をたたえ、こう続けた。

     「最後打った下水流も大したもんだけど、九回にああやってつないで、(田中)広輔が厳しいところで盗塁したし、キク(菊池)がああやって打ったし。中継ぎ陣もピンチを迎えながらもゼロで抑えてくれたから、最後の最後に勝利の女神がほほえんでくれた」

     今季初の5連勝で、貯金は6。首位の座をがっちりキープした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000162-dal-base

     広島は18日、マツダスタジアムで行われた東京ヤクルト戦に3-2で勝利した。今季初先発の中村祐太が7回1失点と好投し、自ら先制タイムリーも放つなど、投打で活躍した。


     緒方監督は「(中村)祐太に尽きるね」と、第一声で昨季5勝を挙げた右腕の名前を挙げ、「ファームでいい投球をしていると聞いていたが、予想以上の素晴らしいピッチングだった。びっくりしたよ」と称賛した。

     昨季15勝の薮田が不振でリリーフに回るなど、先発陣が苦しい状況で、今季は6人目の先発として2年目の高橋昂や中村恭などが登板したが、勝ち星がついたのは中村祐が初となった。「若手が競争している中で、チャンスを生かしてくれれば」と指揮官が期待する中、キャンプ中の打球直撃の影響で出遅れた右腕が、今季初登板で見事な投球を見せた。

     1点差で迎えた9回は、抑えの中崎が先頭のバレンティンに二塁打を打たれたものの、後続を打ち取ってなんとか逃げ切った。緒方監督は「最後はランナーを出してからの粘りがよかった。石原と抑えてくれた」と、ともに9回から登場したバッテリーを褒めた。

     前夜の打撃戦とは打って変わっての接戦を制したチームは、今季2度目の4連勝となり、試合のなかった2位DeNAとの差を1ゲームに広げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00122066-fullcount-base

     「広島7-4ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

     広島が2年連続リーグ10勝1番乗りを果たし、首位に浮上した。自慢の打線が11安打7得点。粘り強い攻撃で乱打戦を制した。

     試合後、緒方監督は「今日は打線に尽きる。初回から気迫あふれる攻撃を全員見せてくれた」とたたえた。

     ただ六回、右手首に死球を受けた田中の状態を心配し「最後は力が入っていなかった。明日の状態を見てみないと分からない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000158-dal-base

    このページのトップヘ