広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

     広島は18日、マツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦のDeNA戦に3-0で勝利し、アドバンテージを含めた対戦成績を2勝0敗とした。開始前から雨の降り続く天候の中での試合となったが、広島が3点を先制した5回終了直後に中断となり、そのまま5回降雨コールドゲームとなった。



     30分以上の中断の後、コールドゲームが宣告された瞬間、広島ベンチからは歓喜の声が聞かれた。緒方監督は「相手も打ち勝って勢いに乗っているところで初戦を取れたのは大きい」と、ひとまず安堵した様子だった。

     試合は広島・薮田、DeNA・石田の両先発による投手戦となった。緒方監督が「プレーボールがかかった頃は、それほど支障はなかった」と振り返ったように、守備での失策もなく、両先発ともに快調なスタートだった。 

    「ボール先行というわけではなかったし、いいイメージでいけた。結果としていいものが出た」という薮田は、3回に1死から石田、倉本の下位打線の連打でピンチを迎えたが、1番の桑原を併殺打に打ち取り、4、5回は3者凡退と完璧な投球を見せた。「今年の勝ち頭だし、苦しいところで支えてくれた」と初戦の先発にプロ3年目の薮田を起用した緒方監督は「オープニングゲームというプレッシャーがかかるところで、しっかりと自分の投球をしてくれた。ナイスピッチングです」と、ポストシーズン初先発の右腕を褒めた。

     攻撃陣は初回に四球からの2死三塁のチャンスを逃すと、4回までノーヒットに終わった。しかし、試合成立のイニングとなる5回にバティスタの四球と新井の安打に送りバントで1死二、三塁のチャンスを作ると、薮田三振で2死後に田中がセンター前に2点タイムリーを放って値千金の先制点を挙げた。緒方監督は「短期決戦で去年同様にキーマンになりそう。明日からも打線を引っ張っていってほしい」と、昨季のCSでも12打数10安打と驚異的な活躍を見せた田中に期待を寄せた。

     先発が試合を作り、攻撃陣に効果的なタイムリーが出た理想的な展開に、指揮官は「しっかり攻撃の形を作れたし、追加点も取れたし、ウチらしい野球ができた」と、2年連続の日本シリーズ進出へ手応えを感じている様子だった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00010030-fullcount-base

     「広島3-1ヤクルト」(28日、マツダスタジアム)

     連覇を達成した広島が、ホーム最終戦を勝利で飾った。試合後、全選手がダイヤンドに整列し、緒方監督がファンに向けてあいさつを行った。


     「開幕戦からホーム最終戦まで200万人を超えるファンの皆さまにマツダに足を運んでもらい、そして、スタンドを真っ赤に染めて選手に声援を送っていただき、ありがとうございました。選手も全力でプレーし、リーグ連覇という素晴らしい結果で応えてくれました。このたくましい選手、コーチ、スタッフとともに次の目標である日本一を目指します。18日からこのマツダスタジアムで戦いが始まります。ファンの皆さま、ともに力を合わせて日本一を勝ち取りましょう!」

     この日は2万8092人の観衆で、主催試合の観客動員は217万7554人となり、球団新記録を達成した。今季も大歓声を背に赤ヘルナインが躍動。ホームゲームの成績は50勝20敗1分けと大きく勝ち越し、連覇への原動力となった。

     緒方監督があいさつを終えると選手がサインボールをスタンドに投げ入れ、ファンは大喜びだった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000145-dal-base

     広島が2年連続8度目のリーグ優勝を決めた。目に涙を浮かべながら11度宙を舞った緒方孝市監督(48)はインタビューで「昨年は25年ぶりにリーグ優勝して広島のファンの方に喜んでもらえた。あの素晴らしい時間をもう一度と選手たちが頑張ってくれた。よくやったな、おまえたち!」とベンチに向かって絶叫した。

     圧倒的な攻撃力が際立った。

     チーム打率.274、147本塁打、706得点、108盗塁はダントツのリーグ1位。中日、横浜などで活躍した評論家の門倉健氏がこう指摘する。

    「1番・田中(28)、2番・菊池(27)、3番・丸(28)に、先月末に故障離脱するまで打点王としてチームを引っ張った4番・鈴木(23)、3割をマークしている安部(28)といった主力野手がみんな若い。試合終盤の逆転勝ちが多いチームですが、攻撃陣を奮起させた中継ぎ投手陣の踏ん張りも見逃せません。今村、一岡、ジャクソン、中田、抑えの中崎が50試合以上に登板して強さを見せた。世代交代がうまくいっていない巨人をはじめとした他球団との差は大きい」

     中日の森監督は「何を取ってもうちより上。なかなか、よそが対等に戦うのは難しい」と白旗である。

     就任3年目の緒方監督の成績はリーグ4位、1位、1位。昨季は絶対的エースの前田健がメジャー移籍し、今季は精神的支柱の黒田が引退した後のシーズン。いずれも苦戦が予想される中での連覇だけに価値がある。緒方監督の契約は1年ごとに更新されているが、就任時に松田オーナーは「うちはだいたい5年で考えている」と語っているだけに、あと2年は安泰。「それ以上の長期政権の可能性が出てきました」と広島のさる球団関係者がこう言う。

    「野村謙二郎前監督をはじめ、球団方針としてこれまでのほとんどが5年を一区切りに交代している。ミスター赤ヘルの山本浩二監督も5年ずつで2期。それ以上となると1975年から11年間の古葉監督だけ。この間、4度リーグ制覇するなど黄金時代をつくったからです」

     広島は次期監督候補がズラリと順番待ちをしている球団である。複数の関係者によれば、佐々岡現二軍投手コーチ(50)、OBの前田智(46)、黒田(42)、現役の新井(40)を含めて4人が控える。緒方監督が長期政権を握り、その後の2人を「ひとり5年」の法則に当てはめると、ファンの多くが待望する男気・黒田監督の誕生は、15年から20年も先ということになる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000012-nkgendai-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     37年ぶりの連覇を決めた広島緒方監督は、勉強家だ。球場、自宅、移動中まで使い、他球団でも全試合を見る。赤の分厚いブリーフケースに、3年間の積み重ねがある。「神様じゃないんだから、どんな采配を振るうか、仕掛けるタイミングは分からないでしょ」と当然のことのように語る。


     分かりやすく現れたのが8月16日の阪神戦(京セラドーム)。代打岩本が放った左翼への打球はフェンスに直撃した。フェアかファウルか。際どい打球だったが、判定はファウル。緒方監督はベンチを出てリプレー検証を要求した。フェンス際ならフェア、ファウルの判定でも要求出来ることを知っていた。

     「8月5日に秋山(西武)のフェンスに当たった打球で検証があった。6月27日の松田(ソフトバンク)の200号は本塁打検証だったけど、フェア、ファウルの検証」

     落ち着いて検証を要求し、判定は覆った。「ダメ元で行ってるけど。ルールを知らないと損。勝ち負けに執念を燃やさないと」と振り返る。CS、日本シリーズへと続く短期決戦で勉強の成果がさらに出るはず。そのタクトに注目したい。【広島担当=池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00008609-nksports-base

     広島は22日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に5-0で勝利した。投打がかみ合っての快勝も、緒方監督の目はポストシーズンに向けて当落線上にある選手に向いていた。

     7回を無失点に抑えた先発の中村祐については「プレッシャーの少ない展開だったとはいえ、インサイドを使えたし、フォークが良かった。結果的に7回ゼロで抑えたからね」と評価したが、「イニングの入りのところは修正ポイント」と課題も示し、クライマックスシリーズでの先発入りに確定ランプは出さなかった。その中村祐をリードした磯村については「ゼロに抑えたということは、シーズン中に勉強してきたことを出せたということ。その点は評価したい」と合格点を与えた。

     攻撃陣では「勝負強い打撃。素晴らしい攻撃ができた」と、2安打2打点のバティスタを褒めた。2本ともライト方向への技ありの打撃だったことについて、指揮官は「守備でもそうだけど、そういったことをやろうとする気持ちはある」と取り組む姿勢を認め、「今日も走塁面でミスはあったけど、彼らはミスを繰り返して成長していく段階。1試合1試合で経験を積んでいくだけ」と、日々の成長に期待した。

     スタメンで野間を起用し、4番に入った松山を5回で交代させるなど、この日もチームの先を見据えた采配を見せた緒方監督。残り5試合も当落線上の選手の見極めが続くが、ポストシーズンのいわゆる「シリーズ男」は、この中から生まれるのかもしれない。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00010030-fullcount-base

     優勝マジック1としていた広島が18日、甲子園での阪神戦に3―2で競り勝ち、2年連続8度目のリーグ制覇を決めた。リーグ連覇は古葉竹識監督時代の1980年以来37年ぶりで球団史上2度目の快挙だ。優勝の瞬間にタオルで涙を拭い、思い出の地で11度宙に舞った緒方孝市監督(48)がチームを率いて3年目。ライバルを徹底的に研究し、勝利のために非情な決断もいとわない、指揮官の素顔に迫った。

     気がつけば涙があふれていた。甲子園は自身が1988年9月17日にプロデビューを果たし、初安打初本塁打初打点を記録した思い出の地。球団史上2度目となるリーグ連覇を成し遂げた緒方監督は「心からうれしいです」と声を震わせた。

     終わってみれば今年も圧勝だった。救援陣がへばり、4番の鈴木が右足首骨折で離脱した8月こそ12勝13敗2分けで緒方政権下では1年目の2015年3・4月(9勝16敗)以来となる月間負け越しを喫したが、最後は総合力でライバルを突き放した。大型補強でV奪回を期した巨人を16勝7敗と圧倒。5月6日に9―0から逆転負けする屈辱を味わった阪神にも5~7日の直接対決で3戦連続逆転勝ちして引導を渡し、この日も横綱相撲で寄り切り勝ちだ。

     徹底的に相手を研究した成果でもある。緒方監督は「選手はもちろん、スコアラーの働きも大きい」と言う。就任3年目の今季は「欲しいデータが注文しなくても届くようになった」。対戦前の予習に多くの時間を割くようになったのは、就任1年目に当時の巨人・原監督、阪神・和田監督に“経験の差”を見せつけられたことがキッカケだったという。ナイター終了後でも録画した次カードで対戦するチームの試合を欠かさず見て手の内を研究。“おかわり”することもざらで、チーム関係者は「うちの監督は最低でも1日2~3試合やっている」と話す。

     采配や用兵の糧となっているのは試合から得るデータばかりではない。ヒットしたマンガやアニメから学ぶこともある。お気に入りの一つがアニメ「進撃の巨人」のスピンオフ作品「悔いなき選択(後編)」に出てくるセリフだ。調査兵団の団長になる以前のエルヴィン・スミスが、入団して間もないリヴァイに向けてこう言う。

    「よせ、後悔はするな。後悔の記憶は次の決断を鈍らせる。そして決断を他人に委ねようとするだろう。(中略)結果など誰にも分からないんだ。一つの決断は次の決断のための材料にして初めて意味を持つ」

     コーチに意見を求めたり、進言を聞き入れることはあっても決断は自分で下す。そうしないと失敗の責任を他人になすり付けるようになるからだ。

     一つの決断を次の決断のための材料にした分かりやすい例が、8月末のDeNA戦での守護神交代劇だろう。同22日の初戦で完投目前の野村が5―2の9回無死一塁から筒香に2ランを被弾。抑えの今村もロペス、宮崎に連続ソロを浴びてサヨナラ負け。すると緒方監督は「抑えは今村のままでいいか悩んでいたが、ハッキリと答えが出た。この先の戦いは抑えを中崎に託す」と決断した。

     抑えに戻った中崎は翌23日に1点差を守れず、24日も同点の9回にサヨナラ打されて球団初の同一カード3連戦3連続サヨナラ負けを喫した。さすがの指揮官も「(宿舎の)ホテルに帰ったら屋上から飛び降りないけんかもしれん」とショックを受けていたが、自身の決断は貫いた。結果として4日間の“リフレッシュ休暇”を与えられた今村は球威を取り戻し、中崎も抑えに定着。9月1日から9連勝するラストスパートにつながった。

     昨年は6月に家族の一員となった愛犬を「優勝」と名づけ、チームを25年ぶりのリーグ制覇へと導いた。33年ぶりの日本一を目指す今季は新たなペットとして犬かウサギを飼って「日本一の『一(イチ)』」と命名するプランまで練っていたが「遠征中に誰が面倒を見るのか」という問題に直面して断念。それでも80年以来となるリーグ連覇を達成した。

     ゲンを担がなくても鍛え上げられた選手たちが苦境を打開してくれる。黄金期に突入した赤ヘルの進撃は止まらない。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000011-tospoweb-base

     広島緒方監督は鈴木誠也外野手(23)に声を掛けた。「とにかくゆっくりでいい。来年に響かないように。しっかり治せ」。8月23日DeNA戦(横浜)の守備中にフェンス際の打球を好捕した際に右足首を負傷。「右足脛骨(けいこつ)内果骨折、三角靱帯(じんたい)損傷」と診断され、同29日に広島市内の病院で「骨接合術、靱帯(じんたい)修復術」を受けていた。指揮官が鈴木にそう語ったのには理由があった。



     「象の足って言われたな。それでもテーピングでがちがちにして試合に出たんやけど」

     98年6月12日の阪神戦。緒方は甲子園でフェンスに足首をぶつけて負傷。公称は「足首の捻挫」だったが、症状はもっと深刻だった。当時29歳。96年に50盗塁を決めるなど、3年連続盗塁王を獲得したスピードスターとしてその名を全国に広めていた。ライバルにポジションを渡すくらいならと、試合に出続けた。足は青黒く変色し、スパイクに足が入らないくらいパンパンに腫れた。隠れてワンサイズ大きいスパイクを履いていたほどだった。

     結果的にそのケガが緒方の野球人生を変えた。「走れんくなった」と視線を落とす。「アウトになると思ったことがなかった」と言う男が「スピードが出ない」と頭を抱えた。引退が頭をよぎることもあったという。だがそこで変わった。「打つしかなくなったんよ」。内野安打が狙えないならしっかりと振ることを求めた。下手だったタイミングの取り方を研究し、長距離を打てる打者に変身。99年には盗塁を18に減らしながらも36本塁打を放つなどモデルチェンジ。だが、一番の武器を失いジレンマを抱えたままだった。

     鈴木はまだ、若い。最大の武器のスピードを失ってほしくない。緒方監督が言葉をかけた意味はそこにある。「順調に育ってくれてるから。でも順調って、右肩上がりな人生なんてない。どっかで挫折はある。フルスイングが美学みたいな、三振か本塁打かみたいな4番打者になってほしいとは思わない」。じっくり治して、鈴木はまたグラウンドを駆け回るはず。ジレンマを抱えて野球をするのは、もっともっと先でいい。【広島担当 池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00002539-nksports-base

     広島は18日、甲子園での阪神戦に3-2で勝利し、2年連続8度目のリーグ優勝を決めた。昨年に続くセ・リーグ制覇で、37年ぶり2度目の連覇を達成。試合後、優勝インタビューに応えた緒方孝市監督は、選手に「本当に頼もしい奴らだ!」と感謝を伝えた。

     広島は2-2の同点で迎えた8回にバティスタが決勝打。ジャクソン、中崎と救援陣がリードを守り、優勝を決めた。緒方監督は試合が終了した瞬間にベンチで涙。その後、胴上げで11度宙を舞った。

     第一声では「この甲子園球場というのは、自分のプロ野球選手の第一歩目の球場でした。その思い出の詰まった甲子園球場で胴上げしてだたいて、本当に嬉しかったです」と話し、その後は何度もファンへの感謝の思いを明かした。

     また、離脱者が出たシーズンについて「チームはピンチだったんですけど、若い選手がチャンスと思って何人も活躍してくれた」と感謝。勝負強い戦いの連続で「逆転のカープ」と呼ばれたことについては「諦めないんですよ、うちの選手は」と話し、最後には「本当にご苦労さん! おつかれさん! 頼もしい奴らだ、本当に!」と呼びかけていた。
    引用元 https://full-count.jp/2017/09/18/post84521/

     優勝マジックはいよいよ「1」。広島37年ぶりの連覇が目前に迫ってきた。

     14日にマツダスタジアムで行われたDeNA戦は、目まぐるしい点の取り合いの末に5-4で勝利。阪神が巨人と引き分けたために胴上げは持ち越しとなったが、16日(土)の試合で勝てば文句なしの優勝決定。26年ぶりの本拠地胴上げへ期待が高まっている。

     チャンピオンチームとして2017年を迎えた広島。戦前の予想では、巨人が大型補強を敢行したことや、「昨季は出来過ぎだった」という見立てから、今季は苦戦を強いられるのではないかという声も少なくなく、連覇を予想する解説者・OBはそれほど多くなかった。

     それがフタを開けてみれば2年連続の首位快走。黒田博樹という大黒柱が抜けた先発陣では、薮田和樹が14勝を挙げる大ブレイク。期待の2年目右腕・岡田明丈も12勝をマークし、ほかにも昨季の最多勝右腕の野村祐輔、大瀬良大地に加えて中継ぎも兼ねる九里亜蓮がそれぞれ9勝と、ドラフト上位で獲得した若き才能が躍動した。

     打線もすっかりチームの顔になった“タナキクマル”こと田中広輔・菊池涼介・丸佳浩の上位に、今季は4番・鈴木誠也が定着。鈴木は故障で今季絶望となってしまったが、代役に抜擢された松山竜平や安部友裕の活躍もあって不在を感じさせない強さを発揮。ここまでのチーム打率.275、本塁打146、盗塁数107、犠打数108、犠飛数43、四死球数528、得点圏打率.297はいずれもリーグトップの成績を誇っている。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00131653-baseballk-base

     広島は14日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に5-4で勝利した。シーソーゲームを制して自力でマジックを1つ減らしたが、2位の阪神が引き分けたため、マジック1で優勝決定はならず。チーム37年ぶりのリーグ連覇は16日以降にお預けとなった。緒方監督は「すごい試合だった」と接戦を制したナインを褒め、「今日、決まればよかったけどね」と穏やかな表情だった。



     広島の勝利が決まった時、マジック対象チームの阪神は延長戦に入っていた。スタジアムの大型ビジョンに阪神-巨人戦の映像が映し出され、スタンドを埋めた観客はほとんど帰ることなく、ベンチに控えた選手とともに戦況を見守った。しかし、12回表の巨人の攻撃が無得点に終わった瞬間、3万近い観衆の大きなため息が漏れた。

     試合は序盤から点の取り合いとなり、同点で迎えた8回に決勝点となるバティスタの犠飛で勝敗が決した。緒方監督は「ひっくり返されても、最後まで諦めることなく、今年のウチのゲームをそのままやってくれた」と満足そうな表情で、「終盤はピンチの連続だったが、スタンドのファンの後押しを受けて、選手も最後まで力を振り絞ることができた」とファンに感謝した。

     史上初となるマツダスタジアムでの胴上げは、16日以降に持ち越しとなったが、指揮官は「こちらはやることをやったし、あとは待つだけだった」と試合後の待機の時間を振り返り、「次の試合に勝てば、自動的に決まるわけだから」と、地元での優勝を誓った。

     先制本塁打など、2打点の活躍だった松山が「自分たちで決めたいという気持ちがあった。明後日(16日)もいい仕事をしたい」と言えば、決勝打を放ったバティスタも土曜日(16日)に決めたい」と声を揃えた。週末には台風の影響が心配されるが、緒方監督も「いつも通り、明後日のヤクルト戦に向けて準備してやっていきたい」と王手をかけた連覇に向けて平常心を強調した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00010034-fullcount-base

    このページのトップヘ