広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

     日本野球機構は14日、来季の春季非公式試合(オープン戦)の日程を発表した。

     オープン戦というと序盤はキャンプ地近くの地方球場で行われることが多く、その地元のファンはもちろんのこと、遠征を楽しみにしているファンも贔屓チームが一体いつ・どこで試合を行うのかという発表を首を長くして待っている。

     西武は来年3月3日(土)、佐賀県佐賀市のみどりの森県営球場にて広島と対戦する。西武を率いる辻発彦監督は小城市出身、対する広島・緒方監督は鳥栖市の出身と両監督が佐賀県の出身ということもあり、地元での直接対決実現に注目が集まっている。

     この対決はスポーツによる地域の活性化や県の情報発信を図るべく、 スポーツイベントやスポーツ合宿の誘致を行う「佐賀県スポーツコミッション」の取り組みのなかで決定したもので、同球場でのプロ野球の開催は昨年7月に行われたウエスタンリーグのソフトバンク-中日戦以来のこと。オープン戦は2001年3月のヤクルト-横浜(現DeNA)以来でなんと17年ぶりのことだ。

     就任1年目で西武を2位に引き上げた辻監督と、広島をリーグ連覇に導いた緒方監督の直接対決。地元でより良い姿を見せるのはどちらの監督になるのか、今から注目が集まる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00140425-baseballk-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>交流戦の本拠地試合が持ち回りとなり、広島がメットライフドームを訪れるのは2年ぶり。自然に囲まれた球場は蒸し暑いが、すがすがしい気持ちになる。メットライフドームからほど近い東大和市出身の菊池涼介内野手(27)も、懐かしさを持って球場に入っていた。野球少年だった菊池にとって、ここは特別な球場だ。

     「500円くらいだったかな。お小遣いで券を買って、あのへんから見てた」

     指さした先は、バックスクリーン左の芝生席。熱心な西武ファンというわけではなかったが、目を輝かせてプロ野球を見ていたという。さらには近くであった野球教室にも参加したことがあり「西武のOBの方とか、広瀬(哲朗)さんに教えてもらったこともあったね」と笑った。

     なかでも特別な思い出が、99年の球宴だ。「あそこで見てた」と今度指さしたのは左中間スタンド。「センターの松井さんが近くてさ。松井、近い! でかい!って思ってた」。中越え本塁打でMVPを獲得した松井秀喜氏の姿を思い出す。「笑顔」がモットーの菊池。スーパープレーと楽しそうな姿を目に焼き付けた少年も、きっといるだろう。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/1833377.html

     「交流戦、西武4-2広島」(1日、メットライフドーム)

     広島の松山竜平外野手(31)が“十亀キラー”ぶりを発揮。二回、スライダーを捉え、右翼席に運ぶ2号2ランを放った。これで対十亀は通算9打数4安打で打率・444、3本塁打だ。しかし逆転負けで勝利にはつながらず、チームの連勝は「7」でストップ。空砲にはなったものの、アンパンマンにとっては次戦以降へ弾みがつく一発となった。

     バスへと続く長い階段を上がりながら、松山は言った。「積極的に振りにいって、自分のスイングができた。(自分に)甘いかもしれないけど、いい打ち方だったと思う」。膝元への投球に、うまく体を回転させた。十亀から放った2号2ランは、納得の一撃だ。

     0-0の二回1死一塁。内角へのスライダーをすくい上げた。バットから白球がはじき返された瞬間、球場にいた誰もが柵越えを予感したほどの完璧な当たりだった。これで十亀との対戦成績は9打数4安打で打率・444、3本塁打。“十亀キラー”ぶりを発揮して、指揮官の起用に応えた。

     西武戦は、特に燃えるものがある。相手ベンチには「師匠」と慕う嶋打撃コーチがいる。チームメート時代には弟子入りを志願し、沖縄・石垣島での自主トレで打撃指導を仰いだ。「すべてにおいて僕の師匠と言える存在です」。同じ左打ち。首位打者に輝いた赤ゴジラに魅了され、その背中を追いかけ続けた。この3連戦中には「打撃の状態はいいと思うから続けていけ」と声を掛けられたという。何よりもうれしい一言。エールを力に変えないはずはなかった。

     メットライフドームは、忘れられない場所でもある。11年に涌井(ロッテ)から決勝打となるプロ初本塁打を放ち、お立ち台で人目もはばからず涙した。14年は一転、悪夢が襲う。飛球を追いかけ右翼フェンスに激突し、左前十字靱帯(じんたい)を損傷して長期離脱を余儀なくされた。「いろいろな出来事がありましたね」。この日、チームは逆転負けを喫し、連勝が「7」で止まった。それでも納得のアンパンチは、2日からのロッテ3連戦(マツダ)につながる大きな一発になったはずだ。

     前日は堂林が1号3ラン。DH制が採用され、出場機会が増える交流戦においてアピールに成功した。ライバルの存在にも「とにかくいい準備をするだけ」と自然体を強調する。平常心でいつも通りに-。その先に明るい光が待っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000009-dal-base

    ● 西武 4 - 9 広島 ○
    <2回戦 メットライフドーム>

     広島の一岡竜司が、2つの四球を出しながらも1回を無失点に抑えた。

     7点リードの6回からマウンドにあがった一岡は、先頭の中村剛也に対し3ボール1ストライクとボールが先行。結局、先頭の中村を四球で歩かせた。続く5番・メヒアを右飛に打ち取ったが、6番・栗山巧を四球で一、二塁と得点圏に走者を背負う。西武に流れを渡さないためにも、ここを抑えたい一岡だったが、7番・木村文紀に3ボールとボールが先行。それでも2ストライクまで持っていき、最後は6球目のストレートで、木村を空振り三振に斬って取った。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏は「こういうパターンがあるんですよ。一岡は、まだツキがありますね。キャッチャーからすれば、打ち損じてくださいお願いしますとサイン出していますから。それが振り遅れて三振してくれるんですから、バッテリーとしたらありがたいですよね」とコメント。

     なんとか二死まで漕ぎつけた一岡は、外崎修汰を147キロのストレートで空振り三振に仕留め、1回を無失点に抑えた。里崎氏は一岡の投球について「木村の三振で蘇りましたね。外崎のピッチングの時のダイナミックさは別人でしたから。最初からそうできると、もっと良さが出てくると思いますね」と話した。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00118797-baseballk-base

    <日本生命セパ交流戦:西武4-9広島>◇31日◇メットライフドーム

     広島が快勝で今季2度目の7連勝。最多の貯金12として、3カード連続の勝ち越しを決めた。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り


     -大瀬良はアクシデントか

     緒方監督 足がつったと言うから。仕方ないよ。大瀬良についてコメントすることはない。

     -会沢が逆転弾

     緒方監督 アツ(会沢翼)はこの2試合、本当に大きな仕事をしてくれているね。リードも、自慢の打撃の方でもね。打点を挙げてくれているし。ま、2日連続で当たったのは痛いやろうけどね(笑い)

     -5回は四球からの得点

     緒方監督 適当に荒れている投手で、なかなか絞りにくいというところでね。ただしっかり四球を選んでチャンスをつくった中での攻撃だった。

     -堂林も打った

     緒方監督 堂林も打ったよね。この少ないチャンスを、こうやってものにして結果を残してくれた。自分でチャンスをものにしてくれた。こうやって1打席を大事にしてほしいね。若い子たちは特にね。

     -下位打線での加点は大きい

     緒方監督 もちろん。新井にしても、2点適時打はものすごく大きかったし、塁に出ても隙あらば走るというね。大汗をかきながらやってくれるんだから。逆に若い子はそういう姿勢を見て、ベテランの新井に負けないようにしっかりやってほしいね。

     -誠也が球団通算8000本塁打

     緒方監督 ああ、そうか。試合前に言っていたな。誠也が記念の本塁打? やっぱりもっとるね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-01832906-nksports-base

     広島・田中広輔内野手(27)が29日、東京都内のホテルで「日本生命セ・パ交流戦」開幕記者会見に出席し、対戦したい投手に西武の十亀を挙げた。

     30日から早速、西武と3連戦。3戦目にも対戦する可能性があり「社会人時代(JR東日本)のチームの先輩の投手。全然、打たせてもらってないので、打たせてくださいと頼みながら勝負したいと思います」と笑った。続けて「真っすぐが力強いので、力負けしないように逆方向に打っていきたい」とイメージを膨らませていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000088-dal-base

     30日から開幕する「セ・パ交流戦」に向けて広島の投手指名練習が29日、西武第二球場で行われた。開幕カードとなる西武戦は薮田和樹投手、大瀬良大地投手、岡田明丈投手の順番で先発するのが濃厚だ。

     薮田は野村に代わって急きょ、先発を任される。23日のヤクルト戦(マツダ)で、エース右腕が腰の違和感を覚え三回で降板。四回から緊急登板し、3回無失点にまとめて白星を手にした。今季は中継ぎとして23試合に登板しており「先発というよりも、中継ぎという気持ちで試合に入っていく。6連戦の最初なので、最低でも5回は投げたい」と意気込んだ。

     第2戦予定の大瀬良は、メットライフドームでの登板は3度目。初登板は新人だった14年のオープン戦で、2度目はチーム事情によりプロ初となるリリーフ登板した15年6月10日の一戦だ。

     岡田は第3戦に先発予定。この日はブルペンに入り30球超を投げた。今季2度目となる中5日での登板にも「問題ないです」とキッパリ。続けて「(西武打線は)1発のある打者がいる。その前に走者をためないような投球をしたい」と力を込めた。

     広島は昨年、11勝6敗1分の3位で交流戦を終えた。6月14日の西武戦(マツダ)では、史上初となるコリジョンルールが適用されてサヨナラ勝利。17~19日のオリックス戦(マツダ)は、鈴木が球団では1996年の江藤以来、20年ぶりとなる3試合連続決勝弾を放った。18日の試合後には、緒方監督が2試合連続のサヨナラ弾を放った若武者を「神っている」と表現した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000115-dal-base

     4月中旬の西武第2球場。育成選手で背番号「121」をつけた西武・木村昇は、観客もまばらなイースタン・リーグの試合で三塁を守っていた。37歳のベテランは「右膝前十字じん帯断絶」から約10カ月ぶりに実戦復帰。状態は万全に程遠いが、表情に焦りはなかった。「自分のイメージ通りに体が反応できないときがある。試合に出ていなかったから体もバリバリに張る。未経験なことなのでプラスにできるようにしたい」。

     移籍1年目の昨年6月22日。背番号「0」で新天地への恩返しを誓ったが、悲劇に襲われた。守備練習中に右足で三塁を踏んだ際、足が「逆くの字」に大きく曲がった。大きな痛みもなくそのまま練習に戻ろうとしたが、トレーナーに止められて都内の病院へ。検査の結果、じん帯断絶が判明した。「あまりにもひどくて笑っちゃいましたよ」。ショックがないはずがない。翌日から3日間、自宅のリビングで何もせず、放心状態だった。

     心が折れてもおかしくない。右膝をさすりながらその時を振り返る。「この膝は赤ちゃんなんです。できないことを考えたらきりがない。できることを考えて少しずつ前に進もうと」。2本必要だった松葉杖は1週間後に1本に。1カ月後に歩けるようになった。膝の曲げられる角度が60度、90度、120度と徐々に深くなった。歩く速度が少し上がった。走れるようになった。完治まで気の遠くなるようなリハビリ。ハードルを乗り越えるたびに、右膝を励まして労った。

     「昇吾、心が体を動かすんだ」。10年前の横浜(現DeNA)在籍時。谷川哲也2軍ストレングス&コンディショニングチーフコーチ(現西武チーフメディカルコーディネーター)に掛けられた言葉が、「感銘を受けた。宝物にしている」と今も心の支えだ。広島からFA宣言した15年オフ。移籍先がなかなか決まらず、翌16年の春季キャンプ中に西武への入団が決まった。年俸は4100万円から2000万円にダウンしたが、「自分で決断したことだから。昨年の広島のリーグ優勝も見ていました。みんな凄いなあって。刺激になります」と後悔はない。

     野球人生で味わう初めての大けがも、辛いことばかりではないという。リハビリ中は家で過ごす時間が必然に増える。「お父さんとの距離が近づいた気がする」と3人の子供たちに打ち明けられて心が温かくなった。過去に膝前十字じん帯の故障を乗り越えた中村、牧田、炭谷も相談に乗ってくれた。「サンちゃん(中村)に“昇吾さん、焦っちゃダメだよ。大丈夫だから”って言われて。3人ともバリバリの主力で活躍している。(気持ちを)共有できるのが心強い」と感謝を口にする。

     昨オフに育成選手で再契約を結んだ。支配下昇格の期限は7月末。「そこに意識がないと言ったらうそになる」と前置きした上で続けた。「みんなに笑われるかもしれないけど、僕の野球人生はこれからがピークだと信じている。40、50歳になっても野球をやりたいから」。プロ15年目。まだまだ道半ばだ。(記者コラム・平尾 類)


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/27/kiji/20170427s00001173018000c.html

    このページのトップヘ