広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ネタ

    ◆ リアルのプロ野球は開幕延期も…

     一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、 コナミ)は31日、『プロ野球 “バーチャル”開幕戦 2020』を開催。本来であれば3月20日(金・祝)に現実のプロ野球で開催されるはずだった対戦カードが、ゲームの中で“再現”された。

    ☆開幕延期に泣く野球ファンへ…NPBとコナミが『“バーチャル”開幕戦2020』を開催!


     世界中を混乱に陥れている「新型コロナウイルス」の影響により、プロ野球2020シーズンの開幕が延期に。それに伴い、全国のプロ野球ファンへ少しでもプロ野球を楽しむ機会を提供すべく、NPBとコナミがタッグを組んで実現したこの企画。第1節の最終日となったこの日は、セ・リーグの広島-中日、パ・リーグはソフトバンク-ロッテの戦いが行われた。


    【ルール】
    ・9イニング制(延長なし)
    ・DH制=セ:なし/パ:あり


    ◆ 広島(伊勢家雄次)- 中日(菅原翔太)

     この『バーチャル開幕戦』では、各球団1名の代表が9イニングのフルマッチをプレー。

     プレイヤーは今年1月まで激闘が繰り広げられた「eBASEBALL プロリーグ」の2019シーズンで戦った選手たちで、広島は投球術に定評のある伊勢家雄次選手が、中日はキャプテンとしてチームを牽引した菅原翔太選手がコントローラーを握る。


    【スタメン】

    ▼ 先攻:中日
    (中)大島
    (三)高橋
    (左)福田
    (一)ビシエド
    (二)阿部
    (右)平田
    (遊)京田
    (捕)郡司
    (投)柳

    ▼ 後攻:広島
    (遊)田中
    (二)菊池
    (中)西川
    (右)鈴木誠
    (一)松山
    (捕)會澤
    (三)安部
    (左)野間
    (投)大瀬良


    ◆ 試合は初回から大きく動く

     広島はエースの大瀬良、中日は昨季ブレイクした柳という両先発で始まった開幕戦。好投手同士の激突とあって静かな立ち上がりが予想されたが、試合は初回から大きく動く。

     初回はともに一死二塁というチャンスを作り、無失点で切り抜けた広島に対して、広島は3番・西川龍馬が右中間突破の適時二塁打。いきなり先制パンチを浴びせていくと、二死二塁から5番の松山竜平が打った瞬間それと分かる一発。2ランでリードを広げる。

     さらに、二死走者なしから會澤翼の二塁打と安部友裕の連打に盗塁で二・三塁とすると、8番・野間峻祥にもセンター前に落とす適時打が飛び出して二者が生還。広島が初回で5-0とリードを奪った。


     広島は2回にも、一死から菊池涼介の二塁打から二死三塁のチャンスを作ると、主砲・鈴木誠也がレフトスタンドに叩き込む大きな一発。

     ダヤン・ビシエドの一発で1点を返された直後の4回にも、西川がセンターに叩き込むソロを放ち、4回終わって8-1。着実にリードを広げていった。


    ◆ あのルーキーに初打席・初安打も…

     劣勢の中日は若き力で苦境の打破を図る。

     5回表、二死走者なしの場面で投手の柳に打席が回ったところ、代打でドラフト1位ルーキーの石川昂弥が登場。三遊間深くへの打球は遊撃手が押さえるも、一塁送球は間一髪のタイミングでセーフ。バーチャルの世界で"プロ初打席・初安打"をマークしたが、ここは後続が倒れて得点にはつながらず。

     直後の5回裏には、その石川に代わってドラフト2位ルーキーの橋本侑樹が2番手として登板。スタメンマスクのドラフト4位ルーキー・郡司裕也とのコンビで3回を無失点に抑える好リリーフを見せるなど、中盤以降やや落ち着いた試合展開のなかで、期待のルーキーたちの活躍が光った。





    ◆ エースの風格

     5回以降はゼロが並んだこの試合。好投を続けた大瀬良は8回二死から二塁打を浴びたところでマウンドを譲ったものの、7回2/3を投げて被安打5、ソロによる1失点のみという好投を見せる。

     8回二死二塁のピンチでは、新助っ人のDJ.ジョンソンが打者ひとりをキッチリと仕留めると、そのまま9回も続投。アウトひとつ取ったところ、4番のビシエドというところで今度は左腕のヘロニモ・フランスアにスイッチ。

     ビシエドには安打を許したものの、後続をゲッツーに斬って無失点締め。投打が噛み合った広島が、本拠地で開幕戦を飾った。


    【マツダスタジアム】広 8 - 1 中
    中|000 100 000|1
    広|520 100 00X|8
    勝:大瀬良(広)
    負:柳(中)
    S:なし
    本:松山(広)・鈴木(広)・西川(広)・ビシエド(中)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00223699-baseballk-base

    383fd8f3

     全体練習のある日、マツダスタジアムの外野に鯉戦士たちが集結した。その輪へにこやかに、ゆっくりと近づいて行く1人の男。カープの一員としてすっかり溶け込んだ、新外国人のピレラだ。



     開幕1軍へ向け、実戦出場した打席では結果を出し、守備でも内外野の双方でノックを受けるなどアピールを続けている。仲間から「JP!」と親しみを込めて呼ばれる新助っ人。活躍の期待値は日に日に高まる一方だ。

     口元に何やら白い棒のようなものが…。カメラで追ってみると、見えたのは赤いキャンディー。練習開始が迫っても口をもごもごとして味わっている。何味なんだ?。イヤイヤ、それって怒られないのか?

     そうだ、のぞき込みながら思いついた。キャンディーを差し入れしたらどうだろう。“カープカラー”の棒付きで。喜んでくれるかな?(デイリースポーツ・立川洋一郎)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000069-dal-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     3月2日、都内ホテルにセ・リーグ6球団監督が集結する。「セントラル・リーグ公式戦」のタイトルパートナーとして、株式会社JERAが特別協賛社となり、名称が「JERAセントラル・リーグ公式戦」と変わることの記者会見だ。が、一堂に会する6監督の“舌戦”も興味深い。

     「キャンプは監督にとって夢を見られる至福の時だ。誰もがバラ色の青写真を描き、“優勝”を口にしても許される。ところが、結果の出るオープン戦からはそうはいかない。一喜一憂の毎日が続く」

     昔からプロ野球界ではこう言い伝えられている。そう、夢から覚め、いよいよ本番を前にしたオープン戦たけなわの時期に入る。それだけに、ペナントレースの前哨戦として6球団監督の“舌戦”が注目されるのだ。

     リーグ連覇はもちろん、8年ぶりの日本一奪回を目指す巨人・原監督。その原巨人からV奪回、悲願の36年ぶり日本一を高らかに宣言している広島・佐々岡新監督。

     この2強を率いる両監督だけでなく、他の4監督もそれぞれお家の事情を抱えたノルマがある。昨季、最終的に2位になったとはいえ、今季は就任してもう5年目。22年ぶりの優勝を求められ、進退のかかっているDeNA・ラミレス監督。次期監督候補として三浦新2軍監督が控えているだけに背水の陣だ。

     土壇場で3位に滑り込んだ阪神・矢野監督も、2年目の今季、15年ぶりのV奪回を球団側から要求され、自らも公約している。

     同じく就任2年目の中日・与田監督にしても、チームの7年連続Bクラスを阻止できず、今季はカド番。Aクラス入りがノルマになる。昨季、最下位を独走、退任した小川前監督からバトンタッチされたヤクルト・高津新監督も同様の立場に置かれている。

     3位までに入り、クライマックスシリーズ出場が来季続投のお墨付きになるだろう。逆に就任1年目の今季、最下位を脱出できなければ、来季はいきなり監督生命のかかった勝負の年になる。

     それぞれお家の事情でサバイバルマッチを繰り広げる「JERAセントラル・リーグ公式戦2020」の前哨戦。6球団監督の“舌戦”合戦。見てのお楽しみだ。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00000014-ykf-spo

     現在放送中の『ザ・フォーカス フライデースペシャル』に出演したショウアップナイター解説者の江本孟紀氏が、セ・リーグの順位予想をした。

     江本氏の順位予想は以下の通り。

    1位 巨人
    2位 広島
    3位 阪神
    4位 DeNA
    5位 ヤクルト
    6位 中日

     江本氏は、今季のセ・リーグについて「全体からいうとどこを見たらいいかというポイントがあるんですけど、これは外国人選手。働き次第で変わってくる。他は全部戦力が一緒ですもん。外国人に頼ってしまうシーズンになるので、仕方がない。そこがどういう風に活躍するかで順位が変わってくる。とりあえず今のところキャンプの順位予想をしましたけど、明日からの取材は外国人選手にしようと」と各球団、上位進出するために新外国人の出来がカギを握るのではないかと見ている。

     1位に予想した巨人については「去年11勝の菅野は、普通は17、8勝できるんです。ということは17、8勝つと他のピッチャーも勝つんですよ。相乗効果を生むんですよ。菅野にはそれだけの存在感がある。計算通り、今年の菅野がやれればチームはまとまってくる。最低でも2桁は勝ちますからね」と菅野が勝てば、チームの勝利も増えていくと分析していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00216524-baseballk-base

    広島にマー君加入!? マツダスタジアムで秋季練習を行う広島に、ヤンキース田中似のトレーナーが姿を見せた。それもそのはず、田中将大の実弟・雄士さん。何も知らない球団関係者から「マー君に似ているね!」と声をかけられ「弟です」と答えて驚かれる場面もあった。来月行われる秋季キャンプまで広島に同行することになり、この日からチームに合流した。


    兄・将大の2学年下で盛岡中央から青森大をへて、専門学校卒業後、16年から小守スポーツマッサージに所属する。プロチームに同行するのは初めてで「強くなってきた印象がある。そのチームに付かせてもらえるので、いい経験にしたい」と表情を引き締めた。競技者とトレーナーという異なる立場ではあるが、兄と同じスポーツの世界で弟・雄士さんが新たな1歩を踏み出した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-10220391-nksports-base

     広島の新外国人、カイル・レグナルト投手(30)が16日、マツダスタジアムで普段通りの休日返上練習を敢行した。

     この日は一部先発投手陣のみが調整したが、志願してグラウンド入り。佐々岡投手コーチとキャッチボールを行った。参加する必要のないミーティングにも出席して、同コーチの声に耳を傾けたという。

     15日のヤクルト戦(マツダ)で開幕17戦目にして来日初失点(2/3回3失点も自責点0)を喫した。「失点に関しては仕方ない。それも野球のひとつさ。ビデオを見返したけど、投球自体はそんなに悪くなかった。でも守備がね。チョッパー(高くバウンドした球)を捕り切れなかった」と、太田のバントを打球処理した際にファンブルした自身の失策を反省した。

     13日にスポーツ報知が配信した「週7勤の男レグナルト、宝塚のラーメン食べたくて“こってり”逆取材」という記事が「広島助っ人左腕 やっぱり一蘭」の見出しでヤフーニュースのトップ記事として転載されたが、その影響力は数日過ぎても絶大。緒方監督にも「ラーメンばっかり食ってたらアカンやろ」とイジられ、すっかり“ラーメンキャラ”として定着してしまった。

     ツイッターアカウントが何ものかに乗っ取られる被害に遭ったが、この日までに“奪還”。「ビットコインを無心していたのは僕じゃないよ」とつぶやいた。球団関係者が「たぶん、来日してから2、3日しか完全オフはないんじゃないか」と話すマジメ助っ人。依然0.00の防御率をどこまで維持するか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000122-sph-base&pos=3

    3181508i

    s_225348103

    no title

    このページのトップヘ