広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ファーム

     リーグ3連覇を狙う広島に、楽しみなパワーピッチャーが出現した。秋季キャンプでアピールに成功した辻空投手だ。直球のキレや球質を重視する投手が多いプロ野球界にあって、辻は「みんなスピードではないと言いますが、僕はスピードがないとダメ。もっと速い球を投げたい」と自分のスタイルを口にする。

     秋季キャンプでは、最速154キロの剛球でアピール。11月19日のシート打撃では1回を無安打1四球無失点と好投し、「(状態が)良くない中で抑えることが課題だったので良かった」と手応えを口にした。一方、最速149キロにとどまった直球には不満げで、「もっと速い球を投げてアピールしたかった。最低150キロを投げて目立ちたかった」と悔しさをにじませた。

     23歳にして、危機感たっぷりだ。岐阜城北高から12年度育成ドラフト1位で入団。14年に四国アイランドリーグplusへ派遣され経験を積むと、15年11月には念願の支配下登録を勝ち取った。16年は1軍登板なし。オフには非常な通告さえ、頭をよぎったという。

     「昨年、支配下にしてもらったのに、2年結果が出なかった。今年が最後だと思った」

     今季をラストチャンスと位置づけ、覚悟を持って臨んだ。ウエートトレーニングで筋力アップに励み、今年だけで体重10キロ増。入団時から28キロ増え、現在は95キロある。どっしりした下半身に支えられ、球速はアップ、制球も安定した。プロ5年目の今季はウエスタン・リーグで17試合に登板し、1勝0敗3セーブ、防御率2・39。1軍昇格候補に名前が挙がったこともある。スライダー、スプリット、カーブ。変化球の精度にも自信を深め、「(1軍が)身近になってきた。に呼ばれても抑えられる自信がついてきた」と手応えを口にする。

     秋季キャンプでは高ヘッドコーチから「いい直球を投げていた」と、“投手MVP”に挙げられた。辻は「アピールしたいところはできた。オフが大事」と力を込める。来春の1軍キャンプ参加は決定的。オフもスケールアップを果たし、キャンプ初日から全力投球できる準備を整える。(デイリースポーツ・杉原史恭)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000065-dal-base

     「NPBアワーズ2017」(20日、グランドプリンスホテル新高輪)

     広島の高卒1年目・坂倉将吾捕手(19)が、ウエスタン・リーグの優秀選手賞、新人賞、期待賞、ビッグホープ賞の4冠を獲得。将来的な目標としてプロ野球タイトルの総なめを目標に掲げた。

     「次に来るときは、1軍の方で呼ばれるようにしたい。(将来的には)総なめしたいと思っている。ベストナインやゴールデングラブ、首位打者など全部取りたい」

     ドラフト4位で入団した高卒ルーキーは今季、2軍で99試合に出場してリーグ2位の打率・298をマーク。シーズン終盤には1軍出場も果たし、プロ初安打初打点も記録。巨人とのファーム日本選手権では勝ち越しの3ランを放つなど、来季の飛躍を感じさせる1年とした。

     日南秋季キャンプでは総合的なレベルアップに着手。早出練習から守備、打撃と野球に没頭した。「まだまだだと思うので、このオフが本当に大事。ウエートなどで体を強くしながら、計画的にできればいいと思います」と年末まで広島に残り、体を鍛え抜くつもりだ。

     来季はドラフト1位の中村(広陵)が加入してくるが、正捕手の座を奪う気持ちは誰にも負けない。進化の2年目へ鍛錬の日々を過ごしていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000040-dal-base

     37年ぶり2度目の連覇を成し遂げた広島は、26年ぶりに2軍とともに“兄弟優勝”を達成した。2軍は7日、宮崎市の宮崎サンマリンスタジアムで元広島2軍監督の内田順三2軍監督が率いる巨人とファーム日本一をかけて戦う。2軍の命題でもある「育てながら勝つ」を実践した水本勝己2軍監督は、就任2年目で1軍へ選手を供給しながらウエスタン・リーグの頂点に立った。

     「ファームが優勝したということは結果的にもいいこと。そういった部分ではいい1年間だったのではないかな」

     1軍での選手実績は皆無だが、持ち前の指導力でチームを優勝に導いた。故三村敏之元監督を慕いブルペン捕手からコーチ補佐、3軍統括コーチに2軍バッテリーコーチから2軍監督となったのは有名な話。プロの選手として実績がないことがクローズアップされているが、アマチュア球界ではプロ野球選手の例に漏れず名をはせた。

     もう30年以上前の話である。1986年夏、高校野球岡山大会の決勝・岡山南戦で倉敷工の主砲は右翼席に本塁打を放った。水本2軍監督は「カーブを狙って打った」と今も鮮明に覚えていた。倉敷工の18年ぶり7度目の甲子園出場に強打の捕手として貢献した。

     この年は群雄割拠の岡山高校球界だった。3年生にはのちにプロ入りした選手が5人もいた。岡山理大付には86年度ドラフト2位でロッテに指名された森広二投手、関西には阪神からドラフト6位指名された関西・真鍋勝己投手。2投手ともプロでは大成できなかったが、真鍋は今もNPB審判員として活躍している。

     そして岡山東商には社会人・川崎製鉄水島を経て経て89年度ドラフト2位で巨人に入団した吉原孝介捕手、倉敷工が決勝で破った岡山南には90年度のドラフト外でダイエー(現ソフトバンク)に入団した岡山南・坊西浩嗣捕手がいた。水本、吉原、坊西の3人は、捕手三羽がらすとして岡山球界では有名な存在だった。

     坊西の岡山南は、この年のセンバツ大会でベスト4に入っていた。水本は甲子園で開幕日の第3試合で後に巨人に入団する川辺忠義投手率いる秋田工に1-11で敗れ、早々に姿を消した。卒業後は社会人野球の名門・松下電器(現パナソニック)に入社。ここでは89年度ドラフト1位で西武に入団した潮崎哲也投手(現西武コーチ)とバッテリーを組んで3年連続で都市対抗野球に出場した。

     高校、社会人と名門を歩んだ水本は、高校の先輩でもある当時広島のコーチを務めていた片岡新之介コーチ(現MSH医療専門学校監督)を頼ってテストで広島に入団した。

     アマ時代まで順風満帆だった野球人生もプロでは2軍でわずか39試合、2年の選手生活だった。ちょうど26年前、福山・みろくの里神勝寺球場で故三村敏之2軍監督が胴上げされた年に現役を引退した。

     プロ野球選手として花を咲かせることはできなかったが、プロ入りまではエリートコースを歩んだといっていい。現役を引退した年以来にファームの優勝。これも何かの縁かもしれない。

     ファーム選手権を前に「イースタンのレベルも分かるし、自分たちがどのレベルにいるのかも分かる。とてもいい経験になるので、やるからには当然、全力を尽くす。巨人2軍監督は内田さんなので、選手の成長した姿を見せられたらいい」と語った。宮崎の地で水本ヤングカープがどのような結果を出すか注目だ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000035-dal-base

     イースタン、ウエスタン両リーグは5日、9・10月の「スカパー!ファーム月間MVP賞」を巨人・岡本和真内野手(21)、広島・美間優槻内野手(23)が受賞したと発表した。

     岡本は16試合に出場して打率・355、3本塁打。9月30日の西武戦では2本塁打を含む4安打7打点を記録するなど、リーグトップの18打点をマークした。美間は15試合で49打数24安打、リーグトップの打率・490、5本塁打の好成績だった。

     受賞選手には両リーグから記念品、スカパーJSAT株式会社から賞金5万円が贈られる。表彰式は7日のファーム日本選手権(サンマリンスタジアム宮崎)の試合前に行われる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000098-spnannex-base

    <ウエスタン・リーグ:阪神4-4広島>◇27日◇甲子園

     広島江草仁貴投手(37)が引退試合を行った。8回から登板し、同じくこの日が引退試合だったかつての同僚・阪神狩野と対戦。互いに少し笑みを浮かべながら向き合い、結果は左翼への二塁打だった。「狩野が先に1本ヒット打ってりゃ良かったのに。ガチンコで行ってきれいに打たれましたね」と笑った。

     江草がマウンドを降りると、狩野が二塁ベースから歩み寄り、抱擁。江草はあふれる涙を拭いながらベンチへ戻った。試合後は広島ナインに5度胴上げされた後、狩野に手招きされ今度は阪神ナインから5度胴上げ。「あんな風にしてもらえると思っていなかったので、すごい感激しています」と感無量の様子だった。

     後輩へ伝えたいことを聞かれ「もう一緒にいる子達にはずっと伝えているので特に言うことはないですけど、頑張ってやってきてこういう最後が迎えられたのがすごい幸せなことなので、そういう思いを1人でもできる子が出たらいいなと思います」。今後については未定で「本当に何も決めてないので、ちょっと考えながら。野球に携われれば一番いいと思ってますけど、そういう仕事があればやりたいです」と話した。プロでの一番の思い出は「今日じゃないですか。今日が一番楽しかったです」。最後の試合が最高の試合になった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00013739-nksports-base

    このページのトップヘ