広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ファーム

     「ウエスタン、中日1-1広島」(16日、ナゴヤ球場)

     広島の薮田和樹投手(25)が、ウエスタン・中日戦に先発。5回7安打1失点にまとめた。「前回の登板から真っすぐをテーマに置いてきて、きょうも手応えがありました」。ストライクを先行させる投球に、制球難克服への兆しが見えた。

     打者22人に投げた。フルカウントになった場面は3度で、四球は1つ。ボールが先行し四球を連発していた1軍での姿はない。2軍再調整を命じられて以来初めての先発で躍動感が戻ってきた。

     「今までは1、2、3で投げていて間が取れていなかった。今は1、2の3で投げられるから体重が左足に乗る。腕も上から振れるようになった」と佐々岡2軍投手コーチ。フォームの微調整が功を奏している。

     五回に阿部の打球が左足のくるぶしを直撃するアクシデントがあった。大事を取ってこの回で交代したが、今後の登板には支障はなさそうだ。「次が大事。いい感覚を続けていけるようにしたい」。薮田は前を向いて力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000033-dal-base

     シーズン開幕から1カ月。広島・塹江敦哉投手(21)が虎視眈々(たんたん)と1軍先発の座を狙っている。

     ここまでウエスタン・リーグでは3先発を含む5試合に登板し、0勝2敗、防御率3・50(4月30日現在)。勝ち星には恵まれていないが、「調子自体は良くなっている。あとは試合の中で投げる面で工夫しないといけないかなと思う」と前向きな言葉を口にした。

     収穫と反省の毎日だ。前回登板のウエスタン、4月26日・オリックス戦では初回に本塁打を含む3安打2四球で3失点。それでも二回以降は修正し3イニングを無失点に抑えた。「初回は真っすぐを打たれた後に変化球を多めに投げてカウントを苦しくしてしまった。二回以降は真っすぐでファウルが取れるように修正できた」と振り返る。

     現在は持ち味でもあるキレのある直球の向上を追求する。佐々岡2軍投手コーチからも「真っすぐの内外の投げ分け」を課題として課されており、自身もそこに意識を置く。オフにはシュート習得にも取り組んだが、「真っすぐがしっかり投げられるようになってから」と現在は封印。まずは原点の直球を完璧にし、1軍のマウンドを目指していく。

     今年は昨年に続き春季キャンプを1軍でスタート。オープン戦終盤まで1軍に帯同していたが、開幕1軍はならなかった。「安定して自分の投球ができるようにならないといけない。今年のキャンプでそれができなかった。1軍に残れなかった理由はそれだと思う」と自己分析した。

     ともに開幕1軍を争っていたアドゥワは中継ぎの一角で存在感を示しており、「悔しいですけど、自分のできることを増やしていくしかない」と闘志を燃やす。

     1年先輩の中村祐の活躍も力になっている。4月18日に今季1軍で初登板し、ここまで2戦2勝。「祐太さんは1軍に上がる前から『1軍で結果を残せるように準備してる』と言っていた。自分も見習わないといけない」。コントロールやマウンドでの立ち居振る舞い。常に1軍を強く意識していた右腕の言葉にハッとさせられた。

     現在1軍の先発ローテは6人が固定されている状態ではない。それだけに、2軍で好投を続けることで1軍登板のチャンスも十分ある。「僕がチャンスをもらえる時は、周りがしっかりできると思ってくれた時だと思う。そこに自信を持って投げきりたい。まずは2軍で一番にならないといけない」。地道な努力を積み重ねた先に、プロ初勝利も待っている。(デイリースポーツ・田中哲)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000052-dal-base

     プロ野球のファームは9日、イースタン・リーグの日本ハム―ヤクルト戦(鎌ケ谷)、ロッテ―巨人戦(ロッテ浦和)、DeNA―楽天戦(ベイスターズ)がいずれも雨天中止。ウエスタン・リーグの2試合が行われた。

     広島は中日戦(由宇)に4―2で逆転勝ち。堂林が3号ソロなど2安打。新井が1号ソロなど2安打2打点で、岩本は2回に決勝の1号ソロを放った。先発・フランスアは4回3安打2失点(自責0)。3番手・高橋昂が4回1安打無失点で3勝目(1敗)を挙げた。中日先発・清水は3本の本塁打を浴び3回6安打4失点で1敗目。

     リーグ首位の阪神と2位・オリックス戦(舞洲BS)は、4―4で延長10回引き分け。阪神は北條が3安打、熊谷が2安打2打点。先発・望月は8回10安打2失点だった。オリックスは鈴木昂が3安打。先発・山崎福は4回6安打3失点(自責2)。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000109-spnannex-base

     左ふくらはぎ痛で14年ぶりに開幕1軍を外れた広島・新井貴浩内野手(41)が、早ければ11日の阪神戦から1軍に昇格する可能性が7日、浮上した。8、9日のウエスタン・中日戦(由宇)が最終チェックの場となる。離脱から約1カ月半。精神的支柱が復活すれば、チームはさらに上昇気流に乗るはずだ。



     抜群の存在感を放つ男が、1軍の舞台に戻る見通しが立ってきた。開幕から1カ月強。新井が8、9日のウエスタン・中日戦を経て、早ければ11日の阪神戦にも1軍昇格する可能性が出てきた。高ヘッドコーチは「(2軍で)2試合ぐらいフルで出てもらってかな。最終チェック?そんなところです」と明かした。

     故障後、2軍ではここまで4試合に出場している。1日のウエスタン・オリックス戦(舞洲)に「5番・一塁」で実戦復帰。その際は走攻守ではつらつとしたプレーを見せ「不安はない。100%でできた」と好状態を強調した。3日の同戦では復帰後初安打となる左中間二塁打も放った。ゴールデンウイーク中の昇格とはならなかったが、足取りは順調。今のところ1試合2打席までの出場にとどまっているだけに、フル出場で最終リハをし、万全を期す。

     まさかの故障から、約1カ月半がたった。3月21日の練習でダッシュ中に左ふくらはぎを負傷。14年ぶりに開幕1軍を外れた。自身初めてかつ再発しやすい箇所。それだけにはやる気持ちを抑えて慎重にステップを踏み、テレビやラジオでも1軍の試合をチェックしながら復帰へ向けて準備を整えてきた。

     チームは現在、首位を走るものの、新井に加えて丸も野村も故障で不在。ベテランは「早くチームの力になりたい気持ち」と、変わらぬ献身的な思いを繰り返してきた。精神的支柱としても、勝負強さを遺憾なく発揮できる存在としても、背番号25は3連覇に欠かせない。一日でも早い復帰をナインも、ファンも待ち望んでいる。

     チームは8日からのDeNAとの2連戦を経て、11日からは阪神との3連戦を迎える。猛虎は現在、3ゲーム差で2位につけている相手。さらに新井にとっては古巣なだけに、そこで今季初出場となれば燃えないはずがない。1軍で千両役者の明るい笑顔を見られる日が、刻々と迫っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000014-dal-base

    ◆ウエスタン・リーグ オリックス―広島(30日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

     胃がんからの復活を目指す赤松真人外野手(35)が今季の公式戦14打席目で初安打初タイムリーを放った。2回2死二塁で山田の内角球を左前に落とした。

     赤松は16年12月に胃がんを患っていることが分かり、17年1月に手術。昨年は治療とリハビリに専念し、今年2月のキャンプから全体メニューに合流していた。練習試合、教育リーグから出場を続けているが、ウエスタン・リーグでヒットを放ったのは初めてだった。

     今年1月には「人と触れあえることに感謝して、復帰してもう一度、恩返しがしたい」と誓っていた。1軍は丸が右太もも裏を痛め、離脱中。外野手が手薄となっているだけに、アピールを続ければ、念願の1軍復帰も現実味を帯びてきそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000098-sph-base

     広島・新井が1日のウエスタン・リーグ、オリックス戦に「5番・一塁」で実戦復帰し、回復を確かめた。「痛みも不安もないし、いい感じでした。100%で走れた。言われたところでやるだけだけど、準備はしているし早く1軍の力になりたい気持ちはある」。初回は右飛。3回は四球後に代走を断り、小窪の二飛で三塁へ全力疾走。4回の代打交代まで守備もこなした。

     3月21日の練習で左ふくらはぎを負傷。「左腓腹(ひふく)筋挫傷」の診断を受け、14年ぶりに開幕1軍を外れていた。実戦は3月17日の楽天とのオープン戦以来で、きょう2日の同戦にも出場予定。伝え聞いた高ヘッドコーチは「結果と内容も見てになる。9連戦中もあるかもしれないし、状態が上がれば…になる」と慎重に合流可否を見極める方針を示唆した。

     ○…赤松が昨年1月の胃がん手術後の2軍公式戦では初安打を記録した。「1番・中堅」で出場し、2回2死二塁から山田の内角球に詰まりながらも左前適時打。「ヒットになったのは良かったですが、打席に入ることに意味がある。まだまだですが、体力、気力を2軍レベルに持っていきたい」と前を向いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000033-spnannex-base

     プロ野球のファームは27日、ウエスタン・リーグの2試合が行われた。

     広島は阪神戦(甲子園)で打線が先発全員の17安打。11―2で大勝した。堂林が2回の2号3ランなど4安打。7回には9安打で7点を奪った。先発・高橋昂は3安打2失点8奪三振の完投勝利で2勝目(1敗)。阪神は先発・才木が6回7安打4失点で2敗目(2勝1セーブ)。2番手・石井は2/3回を6安打5失点だった。

     中日はソフトバンク戦(ナゴヤ)に7―3で逆転勝ち。1点を追う5回に阿部が決勝の1号2ランを放った。伊藤康も6回に1号ソロで、石川駿が3安打。2番手・山井が2回3安打1失点で1勝目(2敗)。ソフトバンクは先発・笠谷が5回6安打4失点(自責2)で2敗目(3勝)。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000131-spnannex-base

     広島ドラフト3位のケムナ誠投手(22)=日本文理大=がファームでレベルアップに励んでいる。ここまで2軍戦に7試合登板。成績は0勝1敗、防御率7・71だが、プロの試合の雰囲気にも慣れつつあり、「登板機会をもらえている。内容は良くないけど、感触は良くなっています」と手応えを口にする。


     最大の魅力は力強い真っすぐだ。首脳陣からは「四球を出しても連打されてもいいからストレートで押しておけ!」とテーマを与えられており、実戦では150キロを記録。最速151キロ右腕という触れ込みはホンモノだ。

     一方で課題は計9回1/3を投げて8四死球を与えた制球面。それを改善するため、下半身もしっかり使って投げるようにフォームを改良中。また「リリースの安定」も求めて、技術向上に励んでいる。

     マウンドではプロのレベルの高さを実感しているという。「全然、三振をしない。見極めが上手」。大学時代は高めのボールを振ってくれたが、プロの打者には悠然と見送られてしまう。「ベルト付近に投げないと。コントロールを上げないといけない」。実戦登板を重ねることで制球力アップの必要性を痛感したようだ。

     同時に少しずつ自信も芽生え始めた。1軍経験がある阪神・今成や緒方との対戦は「オーラがあった」と振り返るが、「今成さんを抑えたのは自信になりました」とニッコリ。ただ緒方には四球を与えてしまい、「次はど真ん中で勝負しようと思います!」とリベンジに燃えている。

     ハワイ出身で、アメリカ人の父と日本人の母を両親に持つ。5歳からカープがキャンプを張る日南で暮らし、“日南愛”は人一倍だ。昨年12月の新入団発表会見では「日南市はすごく過疎化が進んでいるとので、活性化したい」とユーモアたっぷりに紹介し、緒方監督を爆笑させた。前向きで明るい性格はプロ向きだろう。

     「1軍に上がりたいという欲はあるんですが、まだ役に立てないと思う。1軍で活躍できるように自信をつけたい」。謙虚な姿勢でコツコツ。近い将来の1軍戦力となるため、まずは2軍でじっくりと自分と向き合う。(成績は4月28日現在)

    (デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000048-dal-base&pos=2

     「ウエスタン、阪神2-11広島」(27日、甲子園球場)

     聖地の申し子が快音を響かせた。広島のドラフト1位・中村奨成捕手(広陵)が「8番・DH」でスタメン出場。高校時代に沸かせた甲子園での試合はプロ入り後初で、タイムリーを放つなど自慢の打棒を見せつけた。



     見せ場は七回2死一、二塁。阪神3番手・藤谷のスライダーを捉えた打球は左翼線への適時二塁打となった。「過去のことに気を取られているわけではないですが、甲子園でまたできるという喜びはありました」。青春時代を思い返しながらのプレーだった。昨夏の甲子園では1大会最多となる6本塁打を記録した。

     28、29日の同戦に向けても「いい結果を残せるように」と意気込んだ。思い出の地で持ち味を発揮し、成長につなげていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000036-dal-base

    このページのトップヘ