広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ファーム

    jul271-gg

    EKTqQnqVUAEgRFI

    EKTqQnqVUAEgRFI

    EKTqQnqVUAEgRFI

     ◇ウエスタン・リーグ 広島10-10阪神(2020年8月9日 由宇)  広島のドラフト2位・宇草がウエスタン・リーグ、阪神戦(由宇)でサイクル安打を達成した。  「1番・左翼」で先発。初回先頭で西純から左中間への三塁打、2回には右翼線への二塁打を放つと、6回には福永から中前適時打。そして、9回先頭で浜地から右翼席に2軍戦初アーチを放り込み快挙達成となった。

    262376-2362-1-2442-pcg


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/d6cc643ba573044dc1dffcbfdf2761734eac09d8

     広島・大盛穂外野手(23)は23日、阪神戦の試合前練習で1軍に初合流した。  18年ドラフト育成1位。昨オフに支配下登録された俊足強肩の外野手。  春季キャンプでは2軍暮らしが続いた中、課題の打力が向上。今季の2軍戦は、75打数24安打、打率・320。昨季の2軍戦打率・248からの成長をアピールしていた。




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/1a1d11f0947422e3b7eda7eef0b06be588b2d646

    阪神 - 広島 <ウエスタン3回戦・鳴尾浜>  広島の野村祐輔投手が17日、前回12日の2回3失点から中4日で先発登板。一軍選手が多数並ぶ阪神打線を相手に、4回7安打2失点の内容で降板した。  0-0の2回、先頭の5番・髙山俊に右線二塁打を許すと、一死後、下位打線に内野安打も含む3連打を許し2失点。さらに一死満塁とピンチが続いたが、ここは2番・北條史也を三ゴロ併殺に打ち取り、なんとか後続を断ち切った。  この日は甘く入ったボールを痛打され毎回安打を許す展開だったが、5つの見逃し三振を奪うなど、随所で自慢のコントロールも披露。女房役・中村奨成とともに、低めに広い球審の特徴を有効活用する場面もみられた。

    20200719-00000052-dal-000-4-view





    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/11c96fede4b231422b9b693a94fdce2acfb13cb7

    「ウエスタン、広島-オリックス」(8日、由宇球場)  


    広島のテイラー・スコット投手が、2軍再調整後、初めて実戦のマウンドに上がった。  九回から登板し、代打・杉本を二ゴロ。西村は強烈な打球を自ら処理する投ゴロでしのぎ、最後は紅林を打ち取った。  「良かったと思う。自分の感覚で投げることができた。


    狙った低めにスライダーを投げ切ることもできた」  開幕を守護神で迎えた。6月21日のDeNA戦でサヨナラ打を許し、7月2日のヤクルト戦では、村上にサヨナラ満塁弾を浴びた。翌3日に出場選手登録を抹消された。


    index



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/11a10c541ea38de39a4576d7a9f12e33ee61b00b

    オリックス - 広島 <ウエスタン1回戦・オセアンBS>  広島の野村祐輔投手は26日、オセアンBSで行われているオリックスとのファーム戦に先発登板し、6回無失点と好投した。

    高卒3年目の中村奨成とバッテリーを組んだ野村は、140キロ前後のストレートを軸に丁寧にコースを突くピッチングを展開。四球と安打で招いた初回のピンチを切り抜けると、2回以降はテンポよく打者を打ち取り、6回まで1安打、2四球、無失点で試合を作った。  野村は春季キャンプ中に右ふくらはぎを故障。先発ローテーション争いに出遅れ、プロ9年目にして初の二軍スタートとなっていた。それでも19日のウエスタン開幕戦に登板すると、中日打線を相手に7安打を許しながらも6回1失点でゲームメイク。中6日で迎えたこの日は6回1安打無失点と、格の違いを見せつけた。


    20200626-00234743-baseballk-000-1-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/07d0f5c8ec89d94e8cb1479b1b4e74f52d36e1fc

    ウエスタン・リーグ:広島3-2中日>◇19日◇由宇 広島2軍は19日、ウエスタン・リーグ開幕戦をサヨナラ勝利で発進した。 1点を追う9回1死二塁から大盛穂外野手の左翼越え二塁打で追いつくと、続く磯村嘉孝捕手も左中間への二塁打を放ってサヨナラの走者が本塁に生還した。 3カ月遅れで開幕したウエスタン・リーグも無観客で行われた。自然に囲まれた山口・由宇練習場には、両軍選手の声とともにウグイスなどの鳥の鳴き声も響いた。得点が入っても両軍はエアハイタッチで喜び、サヨナラ勝利した広島ナインは殊勲者の磯村をグラウンドに飛び出すことなく、ベンチ内で出迎えた。例年とは違うシーズン開幕に、水本2軍監督は「毎年、(由宇に来るファンが)多くなっているので残念でさみしいですけど、野球選手として新聞やテレビでの情報でファンの方が喜んでくれたらうれしい。こういう状況でも野球がちょっとでも勇気づけられればというのは、ファームも変わらない。ファンが入る日を待っています」と話した。


    広島2軍がサヨナラ勝ち 大盛が同点、磯村が決めた(日刊スポーツ ...



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/49557b539a9e5b35d82e83b78f2783bcf8276d64

    このページのトップヘ