広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ファーム

     広島ドラフト2位の島内颯太郎投手(22)=九州共立大=がスライダーの精度向上に取り組んでいる。プロ1年目は春季キャンプ、オープン戦と好投を続け、開幕1軍切符をゲット。セットアッパーとして期待されたが、結果を残せず4月8日に登録抹消となった。ファームでは課題克服に励み、早期の1軍返り咲きを狙っている。



     9日に大野練習場で行われた2軍練習。ブルペン入りした島内は宮島を望む屋外ブルペンで黙々と腕を振っていた。雨が降り始め、屋内ブルペンに場所を移したが、右腕の目つきは鋭いまま。菊地原2軍投手コーチの助言を受け、心地いいミット音を響かせた。

     「まだまだスピードが出て、曲がりすぎるところがある。曲げにいってしまうこともあるんですけど、最初よりはカウントを取りやすくなってきました」

     2軍に降格してからスライダーをマイナーチェンジした。これまでは「曲がる前に浮いていた」というが、「真っすぐと似た軌道」から変化するように微調整。カットボールのような小さな変化が理想だ。菊地原コーチも「曲がりを小さくと取り組んでいる。真っすぐは素晴らしいからそれを生かすカウント球があれば幅も広がる」とうなずいた。

     4日のウエスタン・阪神戦(鳴尾浜)では1点ビハインドの七回から登板。1イニング目は2三振を奪い三者凡退に抑えたが、2イニング目に失点した。先頭打者の安打からピンチを広げ、決勝点を献上。「ランナーを出した時の投球と複数イニングが課題」と菊地原コーチが言うように、実戦の中で克服に励んでいる。

     シーズン開幕までは順調だった。キャンプ、オープン戦と好投を続け、開幕1軍メンバー入り。若きセットアッパーとして期待は高まっていた。開幕戦では大学の先輩・大瀬良と巨人・菅野の投げ合いを目に焼き付けた。「あれだけのコントロールがあって、第一戦で活躍できるんだと思った」。目を輝かせて飛躍を誓ったが、プロ初登板した3月30日・巨人戦(マツダ)で未熟さを露呈。結局、4試合で防御率9・64と本来の力を発揮できず、2軍降格となった。

     島内は「自分の中で余裕を持って投球できるようにしたい。少しでも早く1軍に上がって2軍に落ちないようにしたいです」と力を込める。150キロ超の直球、フォーク、チェンジアップには自信を持つ。もう一つの武器を手に入れて、1軍の舞台に舞い戻る。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000067-dal-base

     広島の中村奨成捕手(19)が復帰へ向けて最終段階に入っている。2月1日の春季キャンプ初日の打撃練習で「右第一肋骨(ろっこつ)疲労骨折」し、治療とリハビリを続けてきた。既にカーブマシンでの打撃練習やブルペンでの捕球など、大半の練習メニューを再開。今月末に病院で検査を受ける予定で、そこで最終的なゴーサインが出るのを待つ。

     大野練習場のブルペンで、中村奨はマスクをかぶっていた。岡田が投じる剛球に乾いたミット音を響かせる。「ナイスボール」。発する声にも力がこもった。野球ができる喜びを感じながら、着実に前に進む毎日だ。

     「2、3カ月練習している訳ではないから、いろいろ落ちている。でも、できることが少しずつ増えてきた。これから運動量とか振り込みとか増やしていきたい。痛み?ないです」。汗をぬぐい力を込めた。

     春季キャンプ初日の2月1日。大野練習場での打撃練習中に背中の痛みを訴え病院で受診。「右第一肋骨(ろっこつ)疲労骨折」と診断された。2日目からは絶対安静。日南移動後も時が過ぎるのを待つしかなかった。自主トレ期間に準備をしてこなかった訳ではないが、結果が全ての厳しい世界。「悔しかったし正直、終わったなと思った」。高校時代、そしてルーキーイヤーも常にプラス思考で取り組んできた。今度ばかりは「なかなか前を向けなかった」と回想した。

     気持ちを新たにできた1つのきっかけは恩師やかつてのチームメートの存在があったから。日南の宿舎でスマートフォンが鳴る。広陵・中井監督からだった。「宮崎からいつマンゴーを送って来るんや?って」。なにげない会話に自然と笑顔になった。ふさぎがちだった心が、フッと開いたような気がした。

     一部の練習に制限があるものの、既にカーブマシンでの打撃練習やゴロ捕球、全力ダッシュなど大半ができるようになった。今月末に受ける検査が最後になる見通しだ。順調にこのままの状態が続けば、全てのメニューが解禁できる。

     「短期的な目標は試合に出ること。ケガをしていたから、こういうプレーしかできないとは思われたくない」。再スタートの時は間もなくだ。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000050-dal-base

     広島・小園はオープン戦で打率・231ながら、2本塁打、3打点とアピール。球団の高卒新人では2000年の苫米地鉄人以来19年ぶりに開幕1軍入りしたが、出場機会のないまま3月31日に抹消となった。

     2軍では打率・175、3本塁打、9打点。一時打撃不振に陥っていたが、状態を上げてきている。4月17日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(タマスタ筑後)で日米通算131勝左腕の和田から公式戦1号を放ち、5月2日の同戦では左腕・田浦から特大の3号2ラン。2試合連続のマルチ安打をマークするなど、1軍昇格へアピールを続けている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000017-sanspo-base

     広島のドラフト1位の小園海斗内野手が2日のウエスタン・ソフトバンク戦(タマスタ筑後)で特大3号2ラン。この日“プロ1号”をマークしたロッテのドラフト1位の藤原恭大外野手と“アベック弾”をマークした。



     1-9で迎えた8回1死一塁。左腕・田浦の高めに浮いた141キロ直球を強振し、右越えへ3号2ランを放った。この日は4打数2安打2打点。1日の同カードでは4打数2安打1打点。2試合連続マルチ安打とし、1軍昇格へ猛アピールした。

     この日はロッテのドラフト1位の藤原がイースタン・楽天戦(利府)の5回2死で右越えへ特大の1号ソロ。中学時代に「オール枚方ボーイズ」でチームメートだった好敵手とプロ初の“競弾”となった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00362244-fullcount-base

     広島ドラフト4位・中神拓都内野手(18)=市岐阜商高=が上々のデビューを飾った。3月26日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)に「9番遊撃」で先発出場。家族が見守る中、“プロ初安打”を記録した。高校時代は投手兼遊撃手の二刀流だったが、プロでは野手一本で勝負。同期のドラフト1位小園、林らと切磋琢磨して、レベルアップを図っていく。


     ナゴヤ球場のスタンドで見守った家族の前で、最高のスタートを切った。3月26日のウエスタン・中日戦。プロ初スタメンに抜てきされた中神。三回に右前打をマークすると、四回にも右中間へ二塁打を放った。

     「あの日は父親の誕生日だったんです。祖母も見に来てくれていたので良かったです」

     恩返しの一打に中神はニッコリ。1月の入寮日には祖母から受け取った手紙を持参し、「その場で読んだら泣いてしまう」と後日、一人で読んだ。幼少期から両親は共働き。祖母にも食事など面倒を見てもらっていただけに思い出に残るデビュー戦となった。

     敵軍ベンチにはライバルの姿があった。中日のドラフト1位根尾は同じ岐阜県出身。高校時代に対戦した経験もあり、久々に旧交を温めた。「あまり意識はしなかったけど、負けたくはない」。チームメートのドラフト1位小園、同3位林、同7位羽月も同じ高卒の内野手だ。チーム内の競争は激しく「負けてはいけない。勝っていかないといけない」とプロ向きの負けん気の強さをのぞかせた。

     水本2軍監督は「いい選手だよ。元気があってね。力が付いていけば使う」と高く評価する。遊撃には小園がおり、中神は遊撃に加えて三塁に挑戦。「打球が速くて難しいバウンドもある。足を使えるようにやっていきたい」とやる気満々だ。

     高校通算46発のパンチ力も魅力だ。ファームは12試合に出場し、打率・200。アーチこそ出ていないが、二塁打は2本。(成績は4月17日現在)「まずは積極的にいくこと。甘い真っすぐに対応できるようにしたい」と力を込める。

     「高校時代は大会に合わせたら良かったけど、プロは毎日試合がある。その日は良くても次の日はダメとか。継続力が大事。まずはこのシーズンをケガなくやり通したいです」

     ウエスタン・リーグ開幕から約1カ月。プロの世界の厳しさも痛感しているが、体重はウエートトレーの成果で入寮時86キロから89キロまでアップした。目標はヤクルト山田。トリプルスリーを目指し、無我夢中でルーキーイヤーを駆け抜ける。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000046-dal-base

     「ウエスタン、オリックス6-2広島」(27日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)

     脳振とう特例措置のため登録抹消中の松山竜平外野手が27日、実戦復帰した。ウエスタン・オリックス戦に「3番左翼」で先発出場。2打数無安打だったが、20日・DeNA戦(マツダ)以来7日ぶりにグラウンドに立った。

     前日26日に脳振とう復帰プログラムを完了し、「大丈夫。あとは試合でどうなるか」と話していた。

     報告を受けた高ヘッドコーチは「まだまだ調子を上げてもらわないと」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00000133-dal-base

     広島のドラフト3位・林晃汰内野手(智弁和歌山)が打撃力アップのためにフォームの修正を行っている。現在の課題は打ちに行く際、右肩が内側へ入り過ぎていること。できるだけひねりを抑え、バットを内側から出す打ち方を習得中だ。持ち味の長打力を最大限に発揮するために鍛錬の日々を送る。


     背筋をスッと伸ばした状態を保ってバットを出す-。今、林が打撃で最も意識する部分だ。春季キャンプから朝山2軍打撃コーチに指摘され、持ち味の長打力を最大限に生かすためにも図るフォームの修正。根気強く取り組んでいる。

     「まだまだプロのレベルに達していない。真っすぐをしっかり捉えられていないし、負けている。まずはそこからです」。由宇の日差しを受け、額に汗をにじませながら言葉を紡いだ。

     打球がフェンス手前で失速する。「捉えた感じがあってもそうなることが多い。差し込まれているということだと思う」。通算49本塁打を放った高校時代にはなかった感覚だ。

     朝山打撃コーチは、1月の合同自主トレで初めて林の打撃を見たときから修正ポイントに気が付いていた。「(テークバックをして)打ちに行くとき右肩が内側に入り過ぎ。投手に背番号がすごく見えるくらい」。上半身の反動を使うことが狙いなのだが、体を大きくひねる余りバットの出が悪くなるという。

     高校まで、林はその指摘を受けたことがなく、フォームの修正は一筋縄ではいかない。たとえ練習で意識してできたとしても、試合では投球への対応に集中。フォームを考えている暇はない。

     ウエスタン開幕からコンスタントに試合出場を続けてきた。だが16~18日のタマスタ筑後でのソフトバンク戦は、初めて遠征メンバーから外れ大野練習場で打ち込んだ。無意識の中で目指す形でバットが振れるようになるために反復練習を繰り返している。

     「真っすぐを打ち返せるようになれば武器になる。課題を消化していきたい」。小さくても一歩ずつ前に進んでいく。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000061-dal-base

     広島のドラフト1位ルーキー小園海斗内野手が、公式戦初ホームランを放った。17日、タマスタ筑後でのウエスタン・リーグのソフトバンク戦。3回の第2打席で右翼へアーチをかけた。



     初回にメヒアが先発の和田から2ランを放ち先制した広島。2点リードの3回、先頭で打席に入った小園が快音を響かせた。和田が投じた初球のスライダー。甘く入ったボールを捉えると、打球は右翼の防球ネットに突き刺さった。

     オープン戦では2本塁打を放った小園だが、ファーム降格後は打撃不振に陥っていた。この日までウエスタン・リーグで10試合で打率.122。日米通算131勝のベテラン左腕から放った一発が打撃復調のキッカケとなるか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00348345-fullcount-base

     プロ野球のファームは20日、交流戦を含めてイースタン、ウエスタンで計6試合が行われた。

     日本ハムはヤクルト戦(戸田)に延長10回、4―3で勝利。ドラフト4位・万波が8回に同点の3号2ラン。延長10回に郡が決勝二塁打を放った。先発・中村は5回3安打無失点。ドラフト3位・生田目が4番手で1回無安打無失点だった。ヤクルト先発のドラフト1位・清水は8回4安打3失点。

     DeNAは楽天戦(横須賀)に延長10回、3―2でサヨナラ勝ち。最後は山下が中越えにサヨナラ二塁打を放った。梶谷が4安打。ドラフト3位の先発・大貫は2回1安打1失点。楽天先発・藤平は3回3安打1失点だった。内田が8回に2号ソロ。

     西武はロッテ戦(西武第2)に4―3。呉念庭が7回に1号2ランを放つなど3安打。先発・郭俊麟は5回4安打1失点。5番手・田村が1回1安打無失点で1勝目を挙げた。ロッテは岡が初回に先頭打者本塁打となる1号ソロ。先発・ブランドンは6回3安打無失点で、4番手・南が2/3回を3安打1失点で1敗目(1勝1セーブ)を喫した。

     阪神は巨人との交流戦(ジャイアンツ)に6―4。1番・島田が4回の2号2ランなど3安打。先発・高橋遥は5回6安打4失点ながら1勝目。巨人先発・高田は5回10安打5失点(自責3)で1敗目(2勝)を喫した。加藤が初回の2号2ランなど3安打、松井が4回に1号ソロ。

     オリックスはソフトバンク戦(小郡)に6―0。先発・K―鈴木が3安打10奪三振の完封勝利で1勝目(1敗)。比屋根が4回の1号ソロなど3安打2打点だった。ソフトバンク先発・高橋純は2敗目(1勝)。

     中日は広島戦(由宇)に4―1。先発・福谷が6回1安打無失点で1勝目を挙げた。モヤが4回の先制5号ソロなど3安打2打点。広島先発・ローレンスは6回4安打1失点の好投も2敗目(1勝)。堂林が7回の1号ソロを含む2安打。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000187-spnannex-base

    このページのトップヘ