広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    マイク・ザガースキー

     高校球児の熱闘に助っ人右腕が発奮した。広島は14日のDeNA戦(横浜)で今季初先発のブレンディン・ヘーゲンズ投手(27)が好投。この日、一軍登録されたブラッド・エルドレッド外野手(36)にも一発が飛び出し3―2で勝利。両外国人の活躍でカード勝ち越しを決めた。

     ヘーゲンズはこれまで7日の巨人戦(マツダ)で3イニング投げたのが最長だったが、この日は5回を投げ1失点にまとめた。岡田らの離脱による突然の配置転換。いつもは勝利の方程式として活躍する助っ人右腕は「ゲームが作れてよかった。気持ちは中継ぎと同じだと思ったが、いつもより少しアドレナリンが出たね」と充実の表情だ。

     漢字や日本語の勉強を行うなど日本文化を積極的に吸収している。時間があるときは“日本独特の文化”として高校野球もテレビで観戦しているという。

    「若い子たちが勝ちにこだわり一生懸命やっている姿には感銘を受ける」というヘーゲンズは「そのなかでも彼らは楽しんでやっている。僕は野球を仕事にしてしまったので、そういう気持ちがなかなか持ちづらくなった。ああいう姿を見るとあのころの気持ちを思い出させてくれるよ」と甲子園の熱闘から大きな刺激を受け、好投につなげた。

     一方、17号ソロで自ら一軍復帰の“祝砲”を放ったエル砲は「競った展開のなかヘーゲンズは少しでも長い回を投げようと努力していた。彼は素晴らしい投球をしたよ」とチームメートをねぎらった。

     首脳陣は今後もヘーゲンズの先発起用の可能性を示唆。ハズレ助っ人が「0」の広島が終盤戦も勢いを加速させそうだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000042-tospoweb-base

     広島・日南キャンプで恒例となっていた新外国人選手による“節分の儀式”が消滅することが2日、分かった。これまで2月3日には健康とチームの飛躍を願い、新助っ人が恵方巻きを食べるのが慣例となっていた。しかし、昨年はこの儀式を体験したマイク・ザガースキー投手(33)がその翌日に右足首を痛めてリタイア第1号となり、1年で戦力外に。2013年にはソコロビッチ投手が左足ふくらはぎの張りのためキャンプを離脱。14年のフィリップスは、シーズン途中で左ヒザを負傷し帰国する憂き目に遭っている。

     3年連続で新助っ人が故障に見舞われ、チーム内外から「恵方巻きの呪い」を危惧する声が上がっていた。球団関係者は「正式にNGが出た」と明かしたうえで「恵方巻きとは関係ないとは思うが、念には念を入れてということ」と中止の経緯を説明した。

     ちなみに、過去の“被害者”はすべて中継ぎ陣だった。今季は抑え候補の155キロ右腕ジェイ・ジャクソン(28=前パドレス)と、先発もこなすブレイディン・ヘーゲンズ(26=前レイズ3A)を獲得。2人が日本文化体験の最右翼だったが、球団の“英断”は吉と出るか。

     【球界ここだけの話】

     広島のマイク・ザガースキー投手(32)が9日、米国に帰国した。貴重な中継ぎ左腕として期待された今季は19試合に登板し、防御率2・40と助っ人としては物足りない成績に終わった。来季に向けては「日本でプレーしたい。広島でできればベスト」とチームへの愛着を口にした。ただ他の外国人選手との兼ね合いもあり、残留は厳しい状況と言わざるをえない。

     癒やし系ポッチャリ左腕としてファンからの人気も高かったが、帰国前に日本での思い出を聞くと「まずは初めての登板のときかな」と即答した。3月27日のヤクルト戦(マツダ)では1回を投げて1安打無失点。結果的に負け試合となってしまったが、鯉党からの声援は、いい思い出になったようだ。

     次に「子供が広島で生まれたこと」。夫人が第1子となる長女を広島市内で出産。異国で家族が増える経験は特別だったに違いない。

     3つ目に「1軍、2軍で素晴しい仲間に巡り合えたこと」。日本人選手とも積極的にコミュニケーションをとるタイプでチームになじむのも早かった。焼肉が好物ということもあり日本人選手ともよく食事に出掛けていたようだ。ただホルモンだけは苦手なようで「ノーグッド」と思い出しながら苦い表情を浮かべていた。

     現時点で左腕がどこのチームでプレーするかはわかっていないが、少なくとも今季よりはいい成績を残して欲しいと願う。(広島担当・玉木充)

     【球界ここだけの話】

    「2キロ痩せて、今は107キロ。調子はいい」。1月の入団会見と変わらぬ笑顔で広島の左腕マイク・ザガースキー投手(32)がコンディションを説明してくれた。

     今季、ここまで1軍では19試合に登板し、15回で13安打5失点(自責4)、防御率2・40。開幕当初は貴重な中継ぎ左腕として期待されたが、外国人枠の問題もあり、1軍に定着することができなかった。

     現在、1軍にはブラッド・エルドレッド外野手(35)、ライネル・ロサリオ外野手(26)、クリス・ジョンソン投手、デュアンテ・ヒース投手(30)と外国人枠には4人がガッチリとはまっており、ザガースキーのつけいる隙はないのが実情だ。

     それでもこの日はキャッチボールにランニングなどで汗を流した。助っ人たちがけがをしない保証はどこにもない。いつ呼ばれてもいいように準備を怠らなかった。

     「ニグンもよかったが、もっとイチグンでプレーしたかった」

     開幕1軍こそ果たしたが、2軍暮らしが長かった。朝は午前5時過ぎに起きて、由宇で試合をこなし帰宅は午後6時。1軍の試合をテレビでやっていれば観戦し、同9時には床についた。楽しみは米国にいる5月に誕生したばかりの長女・ブライスちゃんの姿をライブカメラで眺めることだ。

     8カ月に及ぶ生活で日本語も少しばかり上達したようで、帰りのタクシーを呼ぶ際には「ザガースキーサンデス。タクシーイチダイ、オネガイシマース」と流ちょうに話した。置かれている立場は、シーズン前の予想とは違っただろうが、持ち前の明るさを失わないのが癒やし系ポッチャリ左腕のいいところだと思う。(玉木充)

     【球界ここだけの話】

     広島は6月3日、例年よりも4日早く梅雨入りした。本拠地であるマツダスタジアムは屋外球場ということもあり、日々の天候がグラウンドコンディションに直結する。繊細な感覚を大事にする投手にとってはマウンドの良しあしは気になるようで、新加入の助っ人たちもその例外ではない。

     マイク・ザガースキー投手(32)はマツダでの試合前練習の際に、雨の雰囲気を感じ取ると「レイン(雨)? レイン?」と近くに立っている記者に聞いて天気を確認していた。

     その左腕に対して雨は嫌いなのかと問うと、マウンドで足をすべらせるまねをしながら「デンジャー(危険)だ」と神妙な表情を見せた。

     4月2日のDeNA戦(横浜)で登板した際には、踏み出した右足を滑らせて転んでしまったため、余計に気にしているのかもしれない。身長1メートル83、体重109キロの巨体の足には想像以上の負荷がかかっているようだ。

     その癒やし系ポッチャリ左腕は6月4日に出場選手登録を抹消された。それでも2軍ではそれ以降、3試合に登板して3回を無安打0失点。不慣れな気候にも負けることなく、調整に汗を流している。

     梅雨が明けても厳しい夏が待っているが、結果を残して1軍登板へのきっかけをつかみたい。(玉木充)

     【球界ここだけの話】

     最下位に沈む広島にとって、目下の課題が救援陣の整備だ。先発ローテーションを守ってきた大瀬良大地投手(23)が中継ぎに配置転換されるなど、ここにきて試行錯誤が続いている。

     もちろん助っ人たちにとってもその例外ではない。6月4日にマイク・ザガースキー投手(32)が出場選手登録を抹消され、デュアンテ・ヒース投手(29)が1軍に昇格した。

     ザガースキーは心優しい助っ人として知られているが、ヒースだって負けてはいない。同11日の西武戦(西武プリンスドーム)前には時間の許す限りサインを行い、埼玉の鯉党を喜ばせた。

     中継ぎとして期待されている右腕は、家族思いでも知られている。母のワンダ・グリッグスさん(50)の文字「GRIGGS」を練習用のグラブに刺繍(ししゅう)していて、カラーはチームでは珍しい紫色。理由は母が苦しんでいるという内臓に障害が起きる「紅斑性狼瘡」のためだという。母の健康を祈り、その病気のシンボルカラーである紫色をグラブの色に選んだそうだ。

     「父がインターネットで広島の試合をチェックして、母に伝えているよ」とヒース。現在は帰国しているが、4月の来日時に両親が仲良くバックネット裏から試合を観戦していた。

     鯉投再編の一環でシーズン当初の守護神ではなくなったが、遠く離れた両親のためにも、快投を届けたい。(玉木充)

    このページのトップヘ