広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    前田健太

     コロナウィルスの感染拡大を受け、開幕延期が決まったプロ野球。開幕が待ち遠しい日々が続くが、せっかくなので開幕後によりプロ野球を楽しめるデータをお届けしたい。そこで過去5年間の開幕投手を調べ、それぞれの投手成績を比較してみた。今回は昨季セ・リーグ4位の広島東洋カープ。




    12球団唯一全ての開幕投手が勝ち越し

      2015~2019年の5年間、広島の開幕戦先発マウンドに上がったのは前田 健太(現・ツインズ)、ジョンソン、野村 祐輔、大瀬良 大地の4人。

     2016~2018年の間、セ・リーグを3連覇するなどここ数年は強さを見せつけてきた広島だが、その順位と開幕投手の成績は必ずしも一致していないようだ。2015年には前田健太が、2019年には大瀬良大地が二桁勝利を挙げているが、どちらの年も4位に終わっている。前田に至っては1年間ローテーションを守り、200投球回をクリアし、さらに最多勝も獲得したにも関わらずである。2016年はジョンソンが15勝を挙げエースとしてチームを優勝に導いているが、2017年のジョンソン、2018年の野村祐輔は二桁勝利に届かなくてもチームは優勝することができた。

     勝ち星に目を移すと、5年間で54勝を挙げており、これは巨人の59勝に次いで12球団2位の数字だ。さらに、5人全員が勝ち越しており、これは12球団唯一のこと。広島の開幕投手(=エース)は多く勝つだけでなく、「負けない投手」であるとも言える。黒星が少ないだけなら単純に登板数が少ない可能性も出てくるが、平均すると約23試合に登板しており、これはちょうど12球団の平均と一致する。また、投球回については平均約151回と、12球団平均の145回を先発1試合分ほど上回る。それだけ広島の開幕投手たちは、年間を通して「ローテーションを守って、長い回を投げ、負けない」投手だということだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010008-hbnippon-base

     広島の大瀬良大地投手(28)が30日、マツダスタジアムでの全体練習後に取材に応じ、改良したシュートに手応えをつかんでいると明かした。3月上旬に新しい握りでのキャッチボールを開始。開幕延期の決定を受け、さらに練習を進めた。右打者の懐を攻める引き出しを増やし、開幕を待つ。


     大瀬良が新たな武器を手に入れた。シュートだ。これまでも投げていたが、デメリットがあった。開幕延期を受け、握り方を改良したことで不安を解消。「以前のように体が開かなくなった」と力を込めた。

     これまでは球の縫い目に添って指をかけていた。現在は少しだけ縫い目をずらして握る。ツインズ・前田からは、握り方を携帯電話で撮影した写真を送ってもらった。試行錯誤の末にたどり着いた形だ。

     昨季も交流戦辺りで投げていた。だが「曲げようとする意識」が強過ぎるあまり、肘が下がったり、体の開きが早くなったりした。直球とカットボールにも悪影響が出たことで中断した。握り方を変えた今は、直球と同じ腕の振りでも変化するようになった。

     曲がり方に手応えを感じたのは、20日の中日との練習試合だ。七回、大島にシュートを中前打にされたが、ポテンヒットで「思ったよりもバットの先に当たっていた」と実感できた。前日29日のブルペンでも投げ、好感触を感じ取った。

     4・24開幕を見据える中で、佐々岡監督から開幕投手を告げられた。「うれしいし、期待に応えたい。(調整が)難しいとか考えずに、(4月)24日を目指してやっていきたい」。さらにレベルアップし、その日のマウンドに立つ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000021-dal-base

    383fd8f3

     オフにドジャースからツインズへ移籍した前田健太投手。カリフォルニアの地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」はドジャースのアンドリュー・フリードマン編成本部長がトレードについて驚きの声をあげた様子を紹介している。



     前田は自らトレードを希望したと自身のYouTubeチャンネル内の動画で発言していたが、フリードマン氏にはこれは“寝耳に水”だった様子。「彼がブルペンに配置転換になった後、私と彼は9月序盤に話をした。腹を割って、思っていることを素直に伝えあった。そして、勝利するための最良の方法を選択し、単純にバランスの取り方を見つけようとしていたのだと、彼は理解してくれた」と昨季終盤の会話内容を明かした。

     右腕は19年も先発としてシーズンをスタートしたが、夏に配置転換でブルペンへ。プレーオフも中継ぎとしてフル回転したが、本人は先発として登板することを望んでいた。そのため配置転換へ一定の理解があったとはいえ、先発での起用可能性が高まるトレードは歓迎だったようだ。

     前田とフリードマン氏の間で分かり合えないことがあったにせよ、日本人右腕にとってこのトレードはボーナス100万ドル(約1億945万円)と先発ローテを手にする良い機会となった。そして先発投手を熱望していたツインズにとっても良いトレードとなったことは間違いない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00713190-fullcount-base

    広島ドラフト1位の明大・森下暢仁投手(22)のアラカルトは以下の通り。

    ★森下暢仁(もりした・まさと)



    ◆生まれ 1997年(平9)8月25日、大分市生まれ。

    ◆球歴 明治小3年から野球を始め、大東中3年で全国大会に出場。大分商では1年夏の甲子園でベンチ入り。3年夏はU18W杯出場。明大ではリーグ通算13勝9敗、防御率2・78。大学日本代表では17年ユニバーシアード優勝、18年ハーレム国際大会優勝。昨秋ドラフトで広島1位指名を受け入団。契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円(金額は推定)。

    ◆憧れ 「前田健太さんのように勝てる投手、藤川球児さんのように長く第一線でやれる投手」

    ◆20年目標 開幕ローテーション入り

    ◆球種 直球(最速155キロ)、カーブ、カットボール、チェンジアップ

    ◆好きな食べ物 パスタ、ピザ

    ◆好きな女性のタイプ 中村アン。髪が長く、きれいな女性。

    ◆地元大分自慢 「自然豊か。温泉もあって住みやすい」

    ◆遠投110メートル、50メートル走6秒2

    ◆サイズ 180センチ、76キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-12280273-nksports-base

     ドジャースの前田健太投手が2日、自身のインスタグラムで超豪華3人衆の写真を公開し、ファンを喜ばせた。

     前田がインスタグラムで紹介した1枚の写真。そこには前田とともに、ソフトバンクの千賀滉大投手、楽天の則本昂大投手の姿が。「楽天の則本。ソフトバンク千賀。最高のピッチャー2人と! 先日ですが、トレーニング施設で会いました!」と記し、都内のトレーニング施設「IWAアカデミー」で遭遇したことを報告した。

     前田は「#最高の投手 #球速い #フォークえぐい」とも記して、後輩である千賀と則本昂を絶賛。この貴重な3人が集まった1枚にはファンも驚き、歓喜し「豪華すぎ!!!」「めっちゃ豪華メンバー」「すごい!!」「新年に相応しく豪華な3人!!」「すごい組み合わせですね」とコメントしていた。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00650970-fullcount-base

    【赤坂英一 赤ペン!!】広島のドラ1ルーキー・森下暢仁(22=明大)が背番号18を背負うことになった。このエースナンバーの先輩・佐々岡監督は、一本釣りに成功した直後に「ボクとしては18をつけてほしい」と公言。森下本人も「本当に重みのある番号だと思う」と感激の面持ちだった。

     広島で18を背負ってエースになった投手は長谷川良平(故人)、佐々岡監督、前田健太の3人。長谷川は32、前田は34からの変更で、入団時から18をつけたのは佐々岡監督だけである。西川克弘、白武佳久も1年目に18を与えられたが大成せず。1979、80年の連覇と日本一に貢献した福士明夫は、南海から移籍した投手だった。

     つまり、球団史上、1年目から18をつけ、優勝(91年)に貢献した生え抜きエースは佐々岡監督ひとりしかいないのだ。91年の日本シリーズは3勝4敗で西武に敗れ、佐々岡監督は「また来年頑張ればいいやと思ったけど、とうとう引退するまで日本一にはなれなかった」とこぼしている。

     佐々岡が2007年に現役を引退すると、球団は前田に18を受け継ぐように持ちかけた。当時、前田は「ボクには無理だと思った」そうである。「その年、ボクは一度も一軍で投げていません。18が何年か空いてたんならともかく、佐々岡さんが引退されてすぐでしょう。ボクなんかがつけていいのかと思った」

     それでも、18をつけた08年から頭角を現し、10年から6年連続で2桁勝利をマーク。個人タイトルも最多勝と最多奪三振を2度、最優秀防御率を3度獲得し、堂々たるエースに成長した。が、それだけ奮投しても優勝は一度もできず。ドジャースへ移籍する前、前田はこう述懐している。

    「結局、カープで最後に残ったのは悔しさです。CSに進出するだけでは意味がない。やっぱり、優勝して、日本シリーズまで行かないと、本当には喜べないんですよ」

     球団草創期にさかのぼれば、最初のエース長谷川も197勝もしながら優勝の美酒は味わえなかった。ちなみに、長谷川さんは私がまだ駆け出しだったころ、お世話になったカープOBでもある。生前、苦労の多かった現役時代の思い出話をよく聞かせてもらった。

     数々の苦闘の歴史が刻まれたエースナンバー18を、来年から森下が背負う。彼には18の先輩たちがなし得なかった日本一まで上り詰めてほしい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00000002-tospoweb-base

     ドジャースの前田健太投手は19日(日本時間20日)、自身のインスタグラムを更新。広島からポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指す菊池涼介内野手とのランチ2ショット写真を公開した。


     インスタでは菊池との2ショットなどリラックスした写真3枚をアップ。「キクとLAでランチ! ずっと全然変わらんしなんか落ち着く。笑 見た目は後輩じゃないけどかわいい後輩」と綴った。ハッシュタグも「#いつ会っても元気 #いつでも変わらないキク #落ち着くわ #楽しかったです #今回はバナナ持っていくの #忘れた #家に送っとくわ」と仲良しぶりが伝わってくる内容となっている。

     ファンからは「菊様! マエケン! かっこよ」、「きくりんじゃー」、「なんだかホットします!! 菊ちゃんメジャーでプレーの夢叶えて欲しいです」、「菊さんドジャースだと嬉しいな~」、「マエケンの背後には菊池選手に守ってもらいたいな」、「キクさんドジャース??」、「LAってことは菊はもう球団決まったのかな?」とコメントされた。

     菊池のメジャー球団との交渉期限は米東部時間来年1月2日午後5時(日本時間3日午前7時)となっている。菊池が再び前田のバックを守ることはあるのだろうか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00639840-fullcount-base

     海の向こうで「マエケン」こと、ドジャースの前田健太(31)がモテまくっている。

     カナダのスポーツ専門テレビ局TSN(電子版)は27日、今オフにブルージェイズがトレードで狙う10選手を特集。その中に前田が含まれているのだ。

     前田はこのオフ、レッドソックスとのトレード話でも、その名前が候補に挙がっていた。昨季MVPを獲得したRソックスのムーキー・ベッツ外野手(27)が放出された場合の交換要員として浮上したのだ。

     前田がトレード要員としてもてはやされている最大の理由は、年俸が格安だからだ。

     ドジャースとは2016年から8年契約を結んでいて、基本給は約3億3000万円。これに最大で年間約11億2000万円の出来高がつく。37試合に登板して10勝8敗3セーブ、防御率4・04の今季は年俸と出来高を合わせて約9億2400万円を手に入れることになる。

     つまり稼ぎの大半は活躍すればするほどカネになる出来高払い。球団にとっては大金をドブに捨てるリスクを回避できるばかりか、先発もリリーフもこなせる前田は実に貴重な選手なのだ。

     昨今のメジャーでは費用対効果の悪い選手は敬遠されるし、ファンやメディアからも激しくたたかれる。前田が格安の基本給でドジャース入りした際、メジャーの選手会はフェアな契約ではないとかみついたが、選手は評価されてナンボ。ドジャースもコストパフォーマンスが抜群の前田を簡単に手放すはずはないし、引く手あまたの現状を考えれば、出来高を厚くした契約は正解かもしれない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000008-nkgendai-base

     ドジャースの前田健太投手(31)が10日深夜に放送されたTBSのスポーツ情報番組「S☆1」(土曜深夜0・00)に出演。国際大会「プレミア12」の1次ラウンド3試合で2本塁打9打点の結果を残して3連勝の原動力となった侍ジャパン主砲で広島の後輩、鈴木誠也外野手(25)の活躍を喜び、頼もしい成長に舌を巻いた。


     ドジャース移籍前の2015年まで鈴木と広島で3年間チームメートだったマエケン。鈴木の活躍に「すごくうれしいですね」と笑顔を見せると「頼もしいし…まさかね…。僕がいた頃はまだレギュラー定着はしてなかったんですけど、そこからね…こうやって日本代表の4番バッターを務めるまで成長したので。本当にすごく頼もしいですね」と目を細めた。

     また、舞台を日本に移して11日から行われるスーパーラウンドに向け、侍ジャパンの世界一奪還へ向けた“秘策”も披露。最大のライバルである米国について「若手の有望株ってストレートにメチャクチャ強いんですよ。マイナーリーグのピッチャーってストレート皆速いんですよ。だからストレートは打てるんですね。160キロでも打てるんです」とし、日本では打者に対して有効とされる外角低めへの直球が米国選手相手には通用しないと断言した。

     米国のキーマンにアデルを挙げた前田は「投手・前田」VS「打者・アデル」の“仮想対決”にも言及し「初球は変化球、僕だったらカーブかスライダーをアウトコース。アバウトでいいと思います。アウトコース気味だったら。2球目は僕だったらスライダーですね。アウトコース低めに」と配球を明かした。そして3球目は「ここで1球ボール球を使うんですけど、アウトローが安全っていうのは(日本では)常識としてあるとは思うんですけど、アウトコースストレートは投げない、絶対に」と断言。外角低めの直球はリスクが高いとし、その背景には米国を中心にアッパー気味のスイングが流行となっている「フライボール革命」があり、外角低め直球はその餌食になるケースが増えているとした。

     「今、フライボール革命ということで低めのストレートが好きなバッターが多いので、ここが今は必ずしも安全ではない。まだ若い選手で、あまり配球とか考えてないと思うんですね。だから下手に日本のキャッチャーが考えすぎて“変化球続けすぎたからストレートを投げよう”は危険だと思う」とマエケン。そのため、3球目はインハイへつり球。4球目、5球目と外角のスライダーを選び「逃げる球でリスクを回避した方が長打も少なくなる」と説明した。

     「僕も前回、世界一になれなかったですし、日本の野球の強さっていうのをもう一度証明していただきたいなと思います」とマエケン。「僕も金メダルが欲しかったです」と笑顔で付け加えて侍ジャパンの世界一奪回を願っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000164-spnannex-base

    このページのトップヘ