広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    前田健太

     広島の大瀬良大地投手(26)が8日、マツダスタジアムの室内練習場で自主トレを公開した。


     ネットスローなどで調整。昨オフまで3年連続でドジャース前田と合同練習を積んでいたが、今年から独り立ちしている。「昨年まではマエケンさんについていこうという気持ちだった。マウンドでは1人だし、もう1つ上の段階に行くには、自分で考えて行動することが大事と思った」と話した。

     昨季は先発復帰して3年ぶり10勝をマーク。このオフにはフォーム改良を進めている。「昨年は絶対的な信頼を得られなかった。今年はもっと結果を残したい。強い気持ちを持ってマウンドに立ちたい。チームとしてはCSで負けて悔しい思いをした。3連覇はもちろん、日本一に貢献できるようにしたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00095895-nksports-base&pos=3

    <言葉の力:MLB>

     ダルビッシュと前田を擁したドジャースが29年ぶりにワールドシリーズまで勝ち上がった。プレーオフでは7月末に交換トレードで獲得したダルビッシュが先発陣の柱、在籍2年目の前田が救援陣の軸として活躍した。ヤンキース田中は日本人初のデビューから4年連続の2桁勝利。マーリンズのイチローは米通算3080安打で、ロッド・カルー(パナマ出身)を抜き、米国以外出身選手の通算最多安打となった。担当記者の印象に残った言葉は…。


      ◇   ◇   ◇

    ▽マーリンズ・イチロー「初日は誰でも特別な気持ちでいられますけど、時間がたってどう終われるかというのが、本当に問われることなので」(2月17日、メジャー17度目のシーズンを迎えたキャンプイン初日。長い年月を経てきた重みのある言葉だった=水次祥子)

    ▽ヤンキース田中「そりゃあいろいろと考えるし、僕も人間ですから、気がめいるときはある。でも関係ないですよ、マウンドに上がれば。そんな気持ちを持ってマウンドに上がること自体が、いろんな人に失礼だと思う」(2試合連続で大量失点。5月24日、翌日の登板に向けて自分に言い聞かせるように言った=水次祥子)

    ▽レンジャーズ・ダルビッシュ「ヤンキースタジアムで、そんな場所で、日本人2人が投げ合って、こういう試合になったっていうのは、すごく意味のあることじゃないかなとは思います」(6月23日、田中とメジャーで初めて投げ合い、田中は8回3安打無失点、ダルビッシュも7回2安打無失点と互いに1歩も譲らず=水次祥子)

    ▽ドジャース前田「リリーフの方が向いていると言われるのは僕にとっては悔しいというか、心外というか。そんな簡単に決まるものではないと思う」(10月23日、ワールドシリーズ開幕前日に救援の適性を聞かれて。ポストシーズンは救援で好投する一方、先発への強烈なこだわりを隠そうとしなかった=四竈衛)

    ▽ドジャース・ダルビッシュ「メジャーに来てから野球への情熱が段々落ちてきて、それにすごく悩んでいた。ここで目標を持たせてもらったというか、ワールドシリーズに出て活躍したいという目標になりました」(11月1日、ワールドシリーズ敗戦後。情熱が落ちていたという意外な本音と、雪辱を誓う言葉に悔しさがにじんだ=四竈衛)

     

    ▽エンゼルス大谷「本当は27にしようかなという気持ちはあったんですけど、埋まっていたので17番にしました」(12月9日、エ軍入団会見で背番号を選んだ理由への返答。主力トラウトの背番号をネタに、米国流のジョークで笑いを取った機転は二重丸=四竈衛)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00087639-nksports-base&pos=4

     【球界ここだけの話】

     元広島のエースで米大リーグ、ドジャースに所属する前田健太投手(29)が9日、広島市内で行われた「TGC広島 2017 by東京ガールズコレクション」にシークレットゲストとして出演。笑顔で歓声に応えるなど堂々たるランウェイデビューを飾り、充実の表情を浮かべた。

     「拍手ゼロだったら、どうしようと思っていました。心臓が飛び出るぐらい緊張しました。すごくいい経験をすることができました」

     司会者にサプライズゲストとして紹介された“マエケン”が、コートにロングパンツをシックに着こなしてステージ前へ。アリーナを埋め尽くしたイケイケの女子からキャー!!と黄色い歓声が飛んだ。

     オフはバラエティーやイベントなどで“へたうまな絵”を披露して「マエケン画伯」として知られる前田は長年、カープのエースとしてチームを支え続け、2016年にポスティングシステムを利用して、ドジャースへ移籍。今季レギュラーシーズンは13勝6敗、防御率4・22、ポストシーズンでは中継ぎとしてワールドシリーズ進出に貢献した。日本を代表する右腕の人気は“アウェー”のTGCでも関係なしだ。

     イベントでは、お笑い芸人のブルゾンちえみ(27)、モデルの土屋アンナ(33)らが次々にステージを彩って満員に膨れあがった会場は大盛り上がり。広島のイケメン右腕、九里も初めてランウェイを歩いて「野球より緊張しました。土屋アンナさんのオーラがすごかったです。来年も機会があったらやりたいですね」と笑顔で振り返った。

     ステージ上で「僕はワールドチャンピオン、カープは日本一を目指して、お互いに刺激しあって、頑張っていきたい」と共闘を宣言した前田。この日は大歓声を浴びてスポットライトを独占した。“マエケン”は広島から世界へ羽ばたいたヒーローとして今も広島県民に愛されている。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00000536-sanspo-base

     ドジャースの前田健太投手が27日(日本時間28日)の本拠地エンゼルス戦に先発登板し、7回4安打無四球6奪三振で無失点と圧巻の投球を見せた。先発した試合では今季自身初の無失点で、7回以上をゼロで抑えたのはメジャー2年目で初めて。ドジャース球団公式ツイッターでは「ファンタスティック」と賛辞を贈ると、ドジャースファンから「アメージング」「マエダ復活」と称賛の嵐が沸き起こった。チームも4-0で勝利し、前田も6勝目(3敗)を挙げた。

     先発ローテの生き残りをかけた前田が渡米後、“最高級”の投球を見せた。23日(同24日)のロッキーズ戦で救援登板し、1回無失点で抑えていた右腕は18日(同19日)のレッズ戦以来の先発マウンドで奮起。初回先頭のヤングにいきなりセンター前安打を浴びたが、女房役のバーンズが二盗を阻止すると、後続を断ち勢いに乗った。

     2回と3回を3者凡退に打ち取ると、4回1死一、二塁のピンチでもバルブエナを空振り三振、シモンズを遊ゴロに仕留め、無失点で切り抜けた。その後もスコアボードにゼロを並べた右腕を打線も援護し、6回にペダーソン7号3ランなどで4得点。前田は7回92球、4安打無四球、無失点でマウンドを降りた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00010016-fullcount-base

     MLBで躍動する日本人メジャーリーガーにも、甲子園を目指していた10代の頃があった。ドジャース・前田健太(PL学園)の高校時代を追いかけた当時の担当記者が、忘れられないワンシーンを回想した。

     とにかく純真な少年だった。あの夏、前田健太が流した大粒の涙を今でも忘れることができない。

     06年7月、夏の大阪大会準々決勝でPL学園は東大阪大柏原と対戦した。1―1で迎えた2回、先発の冨田が4点を失い、なお2死三塁のピンチ。準決勝を見据えて温存され、左翼の守備に就いていた前田が急きょ、マウンドに向かった。右腕をグルグル回しながら慌てて投球練習。「まさか2回に出番が来るとは…」。連続四球からの連打で2点を献上した。6―9。序盤の大量失点を挽回できず、高校最後の夏は終わった。

     球場から引き揚げるエースの背中を仲間が、ねぎらいの言葉をかけながら叩いた。言葉にならないむせび泣きが、仲間への返事だった。「この経験を野球人生に生かしたい。次は絶対に負けたくない」。そう記者に心情を明かしてくれた。

     広島ではエースとして君臨。昨年から海を渡り、憧れのメジャーリーグに活躍の場を移した。あの悔しさをバネに努力を積み重ね、才能を磨き上げたに違いない。野球を愛し、うまくなりたいと思う気持ちは誰よりも強い。マエケンとは、そんな男だ。(06年大阪アマ野球担当・小谷 竜一)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000223-sph-base

    このページのトップヘ