広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也

     交流戦も残すところ2カードになった。広島は育成からはい上がったバティスタ外野手が、この交流戦で初打席から2打席連続本塁打を放つなど、華々しいデビューを飾った。昨年の交流戦では、鈴木誠也外野手が2試合連続サヨナラを含む3試合連続決勝本塁打を放ち大ブレーク。レギュラーの座をつかむとともに今年はWBC日本代表に選ばれ、好調カープの4番を打つなど、押しも押されもせぬ球界を代表する選手に成長した。



     鈴木は、2012年度ドラフト2位で入団。このドラフト会議で広島は1位に森雄大投手(楽天)を入札したが抽選で外れ、外れ1位で増田達至(西武)を入札も、こちらも抽選で外した。そして外れ外れ1位で高橋大樹外野手を指名。高校生野手として鈴木も評価は高かったが、知名度を考慮し高橋、鈴木の順番で高校生野手を1、2位で指名した。

     高橋は龍谷大平安で高校通算43本塁打、甲子園にも出場した右の大砲。12年限りで現役を引退した石井琢朗コーチが付けていた背番号25を与えられた。

     高校生ルーキーとして同じプロの世界に飛び込んだ2人。鈴木は入団時、あこがれの選手に堂林翔太の名前を挙げ、ライバルを高橋大樹と言った。ドラフト上位の同級生、ライバル心を燃やすのも当然だろう。プロ1年目、身体能力の高い鈴木は強化指定選手として2軍で鍛え上げられた。内野、外野を守り適性を見極められ、1年目から1軍にも昇格した。

     一方の高橋は1年目は2軍暮らしが続いた。しかし、2年目には強化指定選手となり春先から本塁打を量産。6月の交流戦中に1軍初昇格を果たすと同時に、6月18日・楽天戦(マツダスタジアム)で「8番・DH」でプロ初スタメンも経験した。第1打席で鋭い当たりの左飛を放ち、ファンから大きな拍手を送られた。しかし、2試合6打数無安打3三振で2軍に降格。それ以降、1軍に呼ばれることはなかった。1年目から順調に成長する鈴木とは対照的に、15年オフには背番号25を広島に復帰し大活躍した新井貴浩内野手に譲り、背番号50となった。

     1軍に昇格した14年について高橋は「あのときはただ振っていただけですから」と振り返った。今キャンプでは背番号を譲ることになった新井からアドバイスももらった。2軍ながら4月中は打率3割をキープ。バットを立て大きく構えていた打撃フォームは少し小さくなった。「こっちの方が確実性が増すので」と試行錯誤を繰り返している。現在はウエスタン・リーグで打率・248、3本塁打(6月12日現在)。決して好成績とはいえない。

     同期の鈴木について「誠也は代表にも行っているから」と目に入らない。それより「まずは身近な人を追い越していかないといけない。下水流さんを抜かないといけない」。2軍の同じ右の外野手をライバルに挙げた。現在は鈴木があこがれの選手として名前を挙げた堂林も2軍で虎視眈々(たんたん)と1軍昇格を目指す。右の大砲として期待され5年目。大学出の新人と同級生でもある。自分の置かれた立場を理解し、ライバルひしめく2軍で同期に一歩でも近づこうと、高橋は懸命に汗を流している。(デイリースポーツ・岩本 隆)
    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/06/13/0010276675.shtml

     セ首位を独走中の広島が、30日のヤクルト戦(マツダ)に14―1と大勝した。先発の岡田が6回無失点で9勝目をマークすれば、4番の鈴木誠也外野手(22)は21号3ランを含む5打数4安打5打点と大暴れ。6回二死二塁の場面では右前打を本塁へ送球して補殺を決めるなど、好守でチームに貢献した。

     そんな2人がお立ち台に上がったのだが…。鈴木はいつものハイテンションではなく、低めのトーンで「(補殺のシーンは)岡田さんが頑張って投げていたのでアウトにできてよかった。(指に)引っかけてしまってセーフかなと思った」などと優等生的な受け答えに終始。その後も淡々としたインタビューが続いたが、自身の本塁打に話が及ぶと突然「サイコーでーす!」と絶叫し、ファンを驚かせた。

     だが、8回の2点適時打について話が及ぶと再び「周りの選手がつないでくれたので、しっかり打ててよかった」と、低いトーンの優等生コメントに…。お立ち台で“緩急”を見事に使い分けるという新境地を開拓していた。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/717279/

     11日終了時点で2試合連続本塁打を記録していた広島の鈴木誠也。8月の月間打撃成績は打率.308、4本塁打、11打点(11日終了時点)を記録し、首位を走る広島の4番打者としてチームを引っ張っている。

     打撃の状態が良いように見えるが、12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏は「ホームランは出ているんですけど、外の変化球に少し脆さがあるんですよね」と話す。

     この日の第3打席も、巨人の先発・菅野智之が投じた外角のスライダーを当てにいくも二飛に倒れた。谷繁氏はこの打撃を見て「先っぽですね。最近追い込まれてからの変化球を当てにいくバッティングをしているんですよね」と指摘。

     「(外の変化球を)しっかり待って振れるようになれば、調子が良いと見ていい」。現時点で打率.304、25本塁打、87打点を記録する鈴木だが、外の変化球をしっかりと対応できるようになれば、さらに怖い打者になりそうだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://baseballking.jp/ns/127857

    <広島4-3阪神>◇1日◇マツダスタジアム

     今日にもマジック点灯じゃ~! 広島鈴木誠也外野手(22)が1回に先制打を放ち、チームを勝利に導いた。貯金を今季最多となる28にまで増やし、今日にも優勝へのマジックナンバー「36」が点灯する。決勝打にも笑顔を見せない4番と同様に、チームに気の緩みは一切ない。若き主砲とともに、緒方広島がV2ロードを突き進む。

    【写真】広島鈴木が侍の誓い 稲葉ジャパンに呼んでください

     またも鯉の4番が試合を動かした。1回1死一、二塁。4番鈴木が外角カットボールを捉えた打球は遊撃大和の頭上を越え、左中間で弾んだ。奇跡を信じて広島に乗り込んできた阪神の出ばなをくじき、チームに勢いをもたらした。エルドレッドの適時二塁打もあり、幸先よく3点を奪った。

     先制機を逃さなかった。立ち上がりに2四球と制球に苦しむ阪神先発の岩貞から好機を得ると、ストライクゾーンに入ってきた球に反応した。「積極的に行こうと思って、行けたのは良かった」。3ランを含む4安打5打点の7月30日ヤクルト戦から2戦連続打点。いずれも貴重な打点となった。

     開幕から打撃感覚が上がらず、試行錯誤を続ける。一時2割9分台の打率は3割3厘に良化。21本塁打はリーグ3位で、77打点はリーグトップを誇る。それでも「数字で野球をやっていない。僕は技術を上げていきたいと思ってやっている。あまり成績にとらわれてやっていない」と満足感も達成感もない。

     7回2死二塁では、高橋のスライダーを打ち損じて左飛に倒れた。直後にはベンチで前の背もたれに顔をうずめ悔しがった。向上心と探究心の塊に、緒方監督も目を細める。「凡打すればベンチで力いっぱい悔しがるし、1本じゃ満足しない。1打席に集中して結果を求めて闘争心をむき出しにする。調子が良かろうが悪かろうが、今のチーム状態であれば彼を4番で使う」。意外性を連想させる「神ってる」と呼ばれた昨年とは違う。堂々たる主軸の立ち位置を築いた。

     普段は気さくで親しみやすい22歳。ただ、グラウンドに立てば人が変わる。4番の重圧もある。研ぎ澄まされた精神状態から周囲の声が耳に入っていないように思われることも。チーム内からは好感を持って“宇宙人”と呼ばれることもある。

     4番がたぐり寄せた試合の流れを最後まで譲らず、貯金は今季最多28に膨らんだ。今日2日阪神戦に勝ち、DeNAが敗れればマジックがともる。緒方監督は「全然関係ない」とかぶりを振る。連覇へ向けた道筋を描き始めたチームとともに、4番鈴木も高みへの歩みを止めるつもりは、まったくない。【前原淳】

     ▼広島がM点灯に王手をかけた。今日の試合で広島●、DeNA○ならば広島にM36が出る。これまで広島のM点灯が早かったのは、日付では80年と16年の8月24日で、試合数では80年の開幕87試合目。ただし、80年は130試合制で、M点灯時の広島は残り43試合。今日点灯した場合、残りが46試合あり、日付だけでなく、残り試合から見ても「最速M」になる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-01865683-nksports-base

     広島は30日、マツダスタジアムで行われた東京ヤクルト戦に14-1で大勝した。オールスター前から6カード連続でリーグ一番乗りの60勝。2位阪神が敗れたため、ゲーム差は再び10に広がった。「いい攻撃で、いい守りも数多くあった」と満足そうに語った緒方監督は、攻守に活躍した4番打者を称賛した。


    「岡田が0で抑えてくれた」と、6回無失点の先発を評価した緒方監督は「それも(鈴木)誠也の守備でのプレーがあったから。あれがすぐ裏の攻撃につながった」と、6回に好返球で失点を防いだ鈴木のプレーを評価した。鈴木も「ああいったプレーが出るとチームが乗ってくる。守備の大事さを改めて感じた」と、直後に自らの3ランなどで一挙8点のビッグイニングにつながったプレーを自画自賛した。

     指揮官が「とにかく今日は誠也。4番打者としても、大きな仕事をしてくれた」というように、試合の行方を決定付けた本塁打を含む4安打5打点と大当たりだった。「いつも前のバッターが塁に出て回してくれる中で、今日は積極的にスイングできた。これからもできるだけ今日のような打撃を多くできるようにしたい」と落ち着いた口調で話した鈴木。頼れる4番は76打点でリーグ単独トップに浮上した。


    引用元 https://full-count.jp/2017/07/30/post78007/

     ◇セ・リーグ 広島7―1ヤクルト(2017年7月28日 マツダ)

     広島の鈴木誠也外野手(22)が28日、ヤクルト戦の2回に先制の20号ソロを放った。高卒5年目までに2年連続20本塁打をマークしたのは、球団では1993、94年の前田智徳以来。打点も71とし、DeNAのロペスに並ぶリーグトップに立った。4番の決勝弾で快勝。優勝マジックは最短で8月1日に点灯する。

     重圧に苦しんでいるからこそ、輝ける一発だった。2回無死。鈴木の強烈な打球は、先制ソロとなって左翼席上段に消えた。2年連続20号。チームに勢いを呼び込む、まさに4番の仕事だった。

     「自分のスイングでしっかり捉えることができた。(難しい内角シュートを打ち)あれだけいい球を打てると、投手も“あれを打たれたか”ってなる」。前夜の巨人戦では初回、左翼ポール際に大飛球。一度は本塁打の判定も、リプレー検証でファウルに。打ち直し、正真正銘の一発だ。

     これで71打点。リーグトップのDeNA・ロペスに並んだが、道のりは平たんではない。22歳。若くして4番を任された今季は開幕から打率3割をキープも、7月に入って下降線を描いた。9日には・289。想像以上の重圧にもがいていたが、14、15日に出場した球宴で転機があった。

     他球団の精鋭に積極的にアドバイスをもらう中、オフに合同自主トレを行う“師匠”のソフトバンク・内川から「俺もあったよ。おまえはまだ若い。経験もないんだから」と励まされた。内川も4番を打った15年に打率・284。8年連続打率3割を逃した。4番のプレッシャーを肌で知る者にしか分からない会話で、鈴木は一気に気持ちが楽になった。

     29本だった昨季は120試合目で20号。今季は93試合目とペースは大幅に上回る。悩み、苦しみながら描く成長曲線。昨季の4番・新井も「あの若さで凄く頑張っている。成績も堂々たるもの」と感服するが、本人は「20本はうれしいけど、得点圏で数多く回してくれるので打点をもうちょっと…」と貪欲だ。

     母校の二松学舎大付は、きょう29日に東東京大会決勝を控える。「結果は気にしている。何とか行ってくれるんじゃないかと思う」。自身は甲子園に出場できなかった。後輩の勝利を願う「エール弾」となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000083-spnannex-base

     広島・新井貴浩内野手(40)が16日、4番経験者として「4番・鈴木」の全面バックアップを約束した。チームを背負う22歳の姿に「すごく頑張っている」と目を細め、この先、壁にぶち当たれば助言も惜しまない。球宴明けのこの日は休養。17日からは2位・阪神との直接対決だ。最短22日のマジック44点灯へ、まずは虎をたたく。


     誰よりもその重圧を知るからこそ、言葉に重みがある。若き4番として奮闘する誠也へ-。新井が温かいメッセージを送った。

     「十分に頑張っているよ。あの若さで4番に入って、ずっと打っている。自分から見てもすごいと思う。潜在能力が高いからもっと期待されるけど、何も言うことはないよ」

     開幕当初は40歳の新井が4番を務めたが、4月下旬からは22歳の鈴木がその座を守り続けている。前半戦の鈴木は83試合に出場し、打率・296、17本塁打、64打点。本人は納得していなくても、新井は「十分な成績」と太鼓判を押す。だから後半戦も「今やっていることを続けていってほしい」と願う。

     緒方監督は「彼を育てる1年ではなく優勝を目指す1年。ただ、4番バッターとして成長してほしい気持ちはある。期待もある」と話す。リーグ連覇と同時に4番打者の育成もチームのテーマ。もちろん新井も手助けは惜しまない。前半戦からさりげなくアドバイスを送ってきたが、「何かあれば、向こうから言ってきたらサポートしてあげたい」とバックアップを約束した。

     17日からは甲子園で2位・阪神と3連戦。新井は「まずはいいスタートを切れるように一戦一戦、戦ってきたい」とナインの思いを代弁した。自身はスタンスを変えず、後半戦へ向かう。「まだ60試合残っている。何があるか分からない」と気を引き締め、「言われたところで結果を出したい」と力を込めた。

     ここ最近はスタメン機会がめっきり減少したが、勝負どころでの集中力はケタ違い。7日・ヤクルト戦(神宮)でも九回に代打3ランを放ち、最大6点差の逆転勝利に貢献した。勝負強さは健在だ。

     「いつも言ってるけど、チームが苦しいときにチームを救う一打を打てるようにしっかり準備していきたい」

     40歳で迎える夏場も不安はない。ダッシュやウエートトレなどで準備万全。4番・誠也を助け、チームの窮地も救う。唯一無二の存在感で、首位を独走するチームを支えていく。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/07/17/0010377556.shtml

     広島の鈴木誠也外野手(22)が27日、DeNA戦(横浜)の試合前練習中に、グラウンドで正座させられるひと幕があった。バットを手に頭をコツンとやったのは、上本崇司内野手(26)だ。

     原因は鈴木の先輩イジリで、上本の背後に忍び寄って後頭部を小突いたこと。2人は2012年のドラフトで指名された同期で、練習中のじゃれ合いも日課のようなものだとか。

     鈴木は悪びれた様子もなく、直後に再び4つ上の先輩の後頭部を小突いていたが、上本は「友達みたいな感じで楽しいです」とうれしそうだった。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/702643/

    <ヤクルト8-9広島>◇7日◇神宮

     これが新井だ! 広島新井貴浩内野手(40)がヤクルト12回戦(神宮)で、土壇場の9回2死一、三塁に代打逆転決勝3ランをぶっ放した。カウント2-1から甘く来た外角直球を見逃さなかった。無安打に終わった4番の鈴木誠也外野手(22)に生きざまを見せつけた。チームは9回に6得点。最大6点のビハインドをひっくり返した。
     左足で足場を3度、掘った。あごを引き、新井はゆっくりバットを構える。わずかに動きながらとるタイミングには風格が漂う。「コンパクトに、速い球からと思っていた」。踏み込み、ため込んだパワーをぶつけた。「手応えはよかった。多分行ってくれるだろうと思った」。打球はバックスクリーンに直撃した。代打逆転3ラン。両手を上げたナインが、たまらずベンチから飛びだしてきた。

     ミラクルはチーム全員で導いた。9回攻撃開始時点では5点ビハインド。マウンドにはヤクルトの新守護神小川が立っていた。だが「誰一人として諦めていなかった」と新井。先頭のバティスタが左中間席へ特大のソロを放つと、1死からは菊池が左翼席へソロ。丸が四球で歩き、2死一塁から松山が左翼へ適時二塁打。西川も内野安打で続いた。

     神宮の左半分は立ちっぱなし。松山の打席からベンチ奥でヘルメットをかぶっていた新井には「正直、回ってくるんじゃないかなと思っていました」と予感があった。「しっかりした準備が出来ていた」。2点を追う2死一、三塁。集中力がピークの状態で打席に向かった。ベンチも一塁走者の西川に代えて野間を起用。小川のモーションが大きくても、あえて走らせず、新井をアシストした。

     開幕は4番に座ったが、今は鈴木にその座を譲った。ベンチにいると、新井はこっそりと温かい視線を鈴木に向ける。「1本でも打っておけよ、とか。心配になるよ」。ただ積極的に声を掛けることはしない。「苦しいとき、勝てないときは来る。でも自分で乗り越えるしかない。まだまだこれから」。大敗ムードのこの試合で鈴木は無安打だった。大きな背中は、チームにまた白星を運んできた。【池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-01851856-nksports-base

     広島の鈴木誠也(22)がこれぞ4番の仕事を見せた。2日の中日戦。1点を追う八回1死一、三塁から、左翼席へ弾丸ライナーで逆転3ランを叩き込んだ。

     前日は4タコ。この日も3打席目まで無安打だった。この時点で打率は3割ジャスト。「それまでの打席がふがいなさすぎた。大きな声援をいただいて、ここは絶対打ちたいと打席に入りました」と結果で応え、4月上旬から4番に抜擢する緒方監督も「カープの4番が試合を決める大きな本塁打を放ってくれた。頼もしく、成長を感じる」と目を細めた。チームは今季26度目の逆転勝利で貯金を21とした。

    ■「次こそはバリバリで出ないと」

     自他共に認める「負けず嫌い」。侍ジャパン野手最年少で臨んだ3月のWBCは悔しさしかなかったという。グラウンドではなく、ベンチで準決勝敗退を見つめた。帰国後、鈴木はこう誓っていた。

    「今回は、ただの補欠。代表だから試合に出られなくてもしょうがない、ではダメなんです。やっぱり試合に出ないと楽しくないし、次こそはバリバリで出ないといけない」

    「次」とは、2020年の東京五輪のことである。DeNAの筒香嘉智(25)を蹴落として侍の4番を張るくらい、絶対的な主力メンバーに成長したいと胸に秘める。

     昨年の流行語大賞「神ってる」には「マグレっぽいから」とウンザリしている。この日は3打点で61打点とし、リーグトップタイに並び、自身初のタイトルも視野に入れる。2位の阪神とは7.5ゲーム差。独走態勢に入ったチームをリーグ連覇へ、3年後には、今度こそ主力として侍ジャパンを金メダルに導くという目標が、モチベーションとなっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000008-nkgendai-base

    このページのトップヘ