広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也

     「マイナビオールスターゲーム2018」(13日・京セラドーム大阪、14日・リブワーク藤崎台)の試合前に行われる本塁打競争に2年連続で出場する広島の鈴木誠也外野手(23)が11日、マツダスタジアムでの全体練習後に予行演習した。1本で終わった昨年のリベンジを果たし、初の栄冠を手にする意気込みだ。


     本番での規定時間は3分。鈴木はコンビを組む会沢の球を無我夢中ではじき返した。「アツさん(会沢)の確認も含めて投げてもらいました。頑張ります」。柵越えは2本ながら、一発勝負へ向けて事前準備を行えたことはプラスだ。

     初選出された昨年はZOZOマリンで登場した。柳田と準決勝で対戦。1本塁打に終わり敗退した。同球場独特の強い海風を意識し過ぎたあまり「力んで余計にダメだった」と振り返った。

     今年は8選手がエントリーした。鈴木のほかにセは筒香(DeNA)、山田哲、バレンティン(ともにヤクルト)で、パは柳田(ソフトバンク)、吉田正(オリックス)、山川(西武)、中田(日本ハム)だ。対戦相手や出場する球場は、大阪で前夜祭が行われる12日に決まる。

     打撃投手を務める会沢は、“昨年超え”に自信をのぞかせた。本塁打を打たせる球を投げるのは「難しい」とポツリ。それでも「誠也は技術があるからね。しっかりアシストしたい」と力を込めた。

     「なんで僕が選ばれたのか…。周りがすごい選手ばかりなので(賞は)取れないと思う。でもそれが逆に良い方向に向かってくれれば」。鈴木は汗をぬぐいながら言葉を紡いだ。夢舞台だからこそできるフルスイングでアーチを量産する。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/07/12/0011437280.shtml

     ◇セ・リーグ 広島8―6巨人(2018年6月26日 マツダ)

     広島が打撃戦を制して5連勝。4番の鈴木が特大のソロ本塁打を含む3打点の活躍を見せた。

     お立ち台で「最高です!」と絶叫。3回に放った特大弾の感触を「完璧。ファウルになりそうだったので“切れるな”と思って(打球を)見ていた。入って良かった」と振り返った。

     初回無死満塁の好機では先制の2点適時打。「得点圏で回してくれるので、とにかく打点を挙げようと思って打席に入っている。3番バッターの“ビッグヘッド・モンスター”がしょっちゅう回してくれるので、ヤツのためにも打ちました」と3番・丸をイジり、球場が笑いに包まれた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000127-spnannex-base

    <マイナビオールスターゲーム2018:ファン投票最終結果>◇25日

     広島鈴木誠也外野手が、ファン投票で2年連続選出となった。3年連続3度目の球宴出場に「まさか自分がオールスターに何回も選ばれるようになるとは思わなかった」と素直に喜んだ。

     昨年8月の右足首手術を経て、今季は一度2軍再調整を経験しながら、ここまで打率3割7厘、10本塁打、37打点。4番としてチームをけん引する。12球団のスター選手が集う舞台では1発狙いを宣言。「シーズン中はホームランをほとんど狙わない。こういう時しか狙えない」と球宴初アーチを誓った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00249565-nksports-base

    <広島11-6阪神(24日)>広島の鈴木誠也外野手(23)が24日の阪神戦(甲子園)で、6―6の9回、1点を勝ち越し、なおも一死満塁の場面から左翼ポール直撃の10号満塁弾でトドメを刺した。3安打5打点の大暴れでチームを3連勝に導いた4番打者は「交流戦でいい勝ち方ができていなかったので、このカードは取りたいと思っていた。3つ勝てるとは思っていなかったけど」と7勝11敗で終えた交流戦からの逆襲に燃えていた。

     今季はここまで51試合に出場し打率3割7厘、10本塁打、37打点。4番として安定した成績を残す裏には「献身」というテーマがあった。「結果を出さないといけないのはもちろんですけど、ケガをして万全じゃないときもありましたが、こうやって一軍でやらせてもらっている。チームの人からも『必要だ』と言ってもらっている。人から見られているんだというのも強く感じるようになった」。今季は思い通りの打撃ができなくても感情を表に出すことが少なくなった。

     あくまで「個」よりチーム優先だ。「守備で迷惑をかけることもある。打てなくても進塁打とか、自分にできることを一つひとつやっていかないと。打撃の状態もまだまだだけど、チームが勝てればそれでいい。プロである以上、自分のためにやるのはもちろんだが、チームのために、優勝できるようにやるということ。成績に関しても意識はしていないけど打点、出塁率、チャンスメークなんかはこだわりたいところ」。4番として心身ともに成長した今年の鈴木は“ひと味”違う。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000047-tospoweb-base

     広島・鈴木誠也外野手が21日、勝負強い打撃を念頭に置いた。

     交流戦の打点はチームトップの13。打率も松山に次ぐチーム2番目の・306を残した。「自分の打撃はあまり気にしていない。とにかく打点であったりでチームに貢献したいです」。


     2日間の休養を経て、この日はマツダスタジアムで全体練習。鈴木はロングティーなどでバットを振り込み、準備を終えた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000116-dal-base

     日本野球機構(NPB)は13日、「マイナビオールスターゲーム2018」のファン投票の第12回中間発表を行った。セ・パ両リーグの投票上位選手の顔ぶれは変わっていない。

     順位の変動はセ・リーグ外野手部門で広島・鈴木誠也(23)が2位に浮上、阪神・糸井嘉男(36)が3位となった。

     ファン投票締め切りは17日。結果発表は25日となっている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000116-spnannex-base

     広島の鈴木誠也外野手(23)と大瀬良大地投手(26)は5日、雨天中止となった日本ハム戦(マツダ)を視察する予定だった侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)から高い評価を受けた。今年11月に開催される日米野球(マツダなど)、2020年の東京五輪における侍ジャパン入りに向け、投打の中心2人も意欲十分で、さらに結果を残し続ける覚悟を示した。

     侍ジャパンの稲葉監督は自ら切り出し、緒方監督に侍候補選手の状態を確かめた。田中、菊池、丸、鈴木、大瀬良…。中でも、鈴木への期待の大きさは報道陣に答えた内容からも明らかだった。

     「ケガをして、まだ万全ではないと思う中で、しっかりとした成績を残していますし、鈴木誠也選手は、五輪に向けて見ていきたい選手ではありますね」

     シーズンに入って初となる侍ジャパン監督の訪問。17年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に野手最年少で選出されたが、5試合出場で14打数3安打、打率・214。満足いく結果を残せず、日の丸への思いがよみがえったのか、鈴木は力強い口調で代表入りに意欲を示した。

     「選ばれる、選ばれないは自分の結果次第になる。今シーズンに限らず結果を残したいし、結果にはこだわってやってきている」

     今季は下半身の張りで一時離脱したこともあり5日現在、規定打席未到達ながら、打率・318、6本塁打、21打点。最低限ではあるが4番の重責を果たしている。自身の数字が11月の日米野球、その先にある20年東京五輪につながっていることも分かっている。

     「五輪は小さいころから見ているし、WBCよりかは五輪に出たいというのがある。(東京五輪は)26歳の年。出られれば一生の思い出になると思う」

     リーグトップ8勝を挙げている大瀬良は、広島投手陣で唯一、稲葉監督から名前を挙げられ「大瀬良投手は今年堂々としている。1年間ローテーションを守ってやることが一番大事。それが自信になっていく」と期待を寄せられた。

     16年11月の侍ジャパン強化試合でメンバー入りした経験はあるが「本大会の経験はないので、また違った雰囲気なのかなと思う。まだそういった(代表入りする)選手ではないと思っているし、成長して選ばれればいい」と、さらなる飛躍を誓った。

     首位を快走するチームの4番と勝ち頭。雨による小休止がもたらしたつかの間の「サムライ」への思い。6日からは頭の片隅に置き、赤ヘルのためだけに力を尽くす。(河合 洋介)

     《中村奨と2年目の坂倉に興味》稲葉監督はU―23代表候補についても言及し、広島のルーキー・中村奨と2年目の坂倉に興味を示した。「中村選手と坂倉選手の現状を、緒方監督に尋ねた。大会が10月にあるので」。中米ニカラグアで開かれる「第2回WBSC U―23ベースボールワールドカップ」(10月19日~28日)。このうち中村奨について「緒方監督は“いいものを持っている。時間をかけて成長を見てみたい”と話していた」と明かし、うなずいていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000077-spnannex-base

     広島・鈴木誠也外野手(23)が5日、2020年の東京五輪出場を熱望した。日本ハム戦が雨天中止となったこの日、マツダスタジアムに視察に訪れた侍ジャパン・稲葉篤紀監督(45)が、故障明けながら活躍を続ける鈴木を評価。日本代表指揮官の期待に応えるべく、若き鯉の主砲は結果を残し続ける覚悟を口にした。


     五輪への熱い思いがほとばしった。2年後の2020年へ-。雨天中止決定後、侍ジャパン・稲葉監督の「ケガをしてまだ万全でない中でしっかりとした成績を残している。五輪に向けて見ていきたい選手」という高評価を伝え聞いた鈴木は、東京五輪への偽らざる本音を口にした。

     「自分の結果次第で選ばれるか、選ばれないかが決まると思う。オリンピックまで結果を出し続けないといけない。結果にこだわってやっていきたい」

     好奇心旺盛な幼少時代から、五輪は憧れの大会だった。野球だけではない。テレビ画面を通してさまざまなスポーツに触れてきた。17年に出場したWBC以上に、全世界から注目される五輪には特別な感情を抱いている。

     「オリンピックには出たい気持ちがある。小さい頃からWBCよりオリンピックに出たいと思っていたので。いろんなスポーツを見ていたし、いろんな人が見るのはオリンピックだと思うので」

     しかも、2020年は生まれ育った東京が舞台だ。2年後の8月には26歳。アスリートとしてピークに差し掛かる最高の時期となる。昨春、22歳で出場したWBCは5試合に出場し、打率・214、0打点。本塁打もなしに終わり、悔しい思いを味わった。2年後の東京五輪は雪辱を果たす絶好の舞台にもなる。

     「僕が生きている間に(東京での五輪は)あるか分からない。一生に一度の思い出になる。出られたら一番いい。でも2年間、何が起こるか分からないので。運が良ければ出られると思います」

     昨年8月に右くるぶしを骨折。今季も開幕直後に下半身のコンディション不良でチームを離脱した。そうした経験を経たからこそ言葉は慎重だが、1軍復帰後は若き4番としてチームをけん引する。36試合に出場し、打率・318、6本塁打、21打点。交流戦を迎え、さらに調子を上げ、5月31日・西武戦(マツダ)から4試合連続二塁打。ディアスが2002年に記録した球団記録の5試合に、ひたひたと迫っている。

     オールスター中間発表では、ヤクルト・青木を抜き外野手部門でファン投票出場圏内の3位に初めて浮上した。3年連続3度目の出場へ鈴木は「光栄です」とファンへ感謝。実力と人気を兼ね備える鯉のスターは、2年後の晴れ舞台へ突き進む。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000024-dal-base

    <日本生命セ・パ交流戦:広島-日本ハム>◇5日◇マツダスタジアム

     広島鈴木誠也外野手(23)は5月31日西武戦から4試合連続で二塁打をマーク。


     二塁打の連続試合記録は09年金子誠(日本ハム)の7試合だが、広島では02年ディアスの5試合が最長。今日も打って球団記録に並べるか。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00229800-nksports-base

     広島が交流戦2勝4敗と負け越し中。昨季は交流戦12勝6敗で2位と健闘したが、今季は苦しい戦いが続いている。

     それでも4番の鈴木誠也(23)は動じない。昨季、右足首骨折で後半を棒に振り、今季も開幕後に下半身の張りで一時戦列を離れた。鈴木は言う。

    「投打が噛み合わないことも多くて、そこは仕方ないと割り切れている。勝てないときも、みんな割と平常心でやれているかなと思います。シーズンのどこかでこういう踏ん張りどころがくるのはみんな分かっているんじゃないか。チーム内もピリピリはしていないんじゃないかと思います」

     自身は交流戦に入ってノーアーチ。打撃フォームはまだ模索が続いている。

    「まだしっくりきていないところもある。“フォームが固まる”ということはないと思っていて、毎試合、毎打席、少しずつ変わっています。例えば、足のステップやタイミングの取り方は常に試行錯誤。試合中に自分のここら辺(顔の右上あたり)から観察するイメージでフォームを思い返しています。そこで、いいファウルが打てたなとか、悪いファウルだったら頭が少しブレていたりするので、自分の中で見直します」

     本塁打はない一方、交流戦は6試合で22打数10安打、4打点、打率・455(3位)。好調のバロメーターは「右肩が開かず、できるだけギリギリまで呼び込んで捉えられていたら状態がいいかなと思える」と言う。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000007-nkgendai-base

    このページのトップヘ