広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也

     全国各地で行われていた全国高校野球選手権大会の地方大会が終了した。今大会でもっとも注目されていた佐々木 朗希を擁する大船渡高校(岩手県)は岩手大会の決勝で敗退。3年間で1度も甲子園の舞台に立つことは叶わなかった。また、及川 雅貴(横浜高校)や西 純矢(創志学園高校)も地方大会で散った。

     プロ野球の世界を見渡しても、最後の夏に甲子園へ手が届かなかった選手は多い。

     そんな中、7月27日のヤクルト対広島(神宮)の試合では、最後の夏に甲子園へ出場できなかった同世代の広島の選手たちが結果を残し勝利に導いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00010011-hbnippon-base

     ロンドン、リオデジャネイロ五輪の新体操日本代表で、スポーツキャスターの畠山愛理(24)が11日、キャスターを務めるNHK「サンデースポーツ2020」(日曜後9・50)に出演。広島の鈴木誠也外野手(24)と交際していることが明らかになってから初の出演で、交際をイジられる場面があった。



     冒頭で、大越健介キャスター(57)から「きょうはプロ野球の取材ですか?」と聞かれると、畠山は照れながらも「いいえ、違います。お台場の海に行ってきました」と笑顔で答えたもの。

     8日には、鈴木が報道陣からの質問に「隠すつもりはありません。いいお付き合いをさせてもらっています。ただ、シーズン中ですし、相手のお仕事もあることなので」と堂々の交際宣言。畠山の所属事務所も「プライベートなことは本人に任せております」としている。

     この日、畠山は何も語ってはいないが、輝くばかりの笑顔が順調な交際をうかがわせていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000248-spnannex-spo

     ◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2019年9月3日 神宮)

     広島の鈴木誠也外野手(25)がヤクルト戦(神宮)の5回に二塁盗塁を決め、自身初となるシーズン20盗塁をマーク。すでに25本を放っている本塁打と合わせて「20本塁打&20盗塁」を達成した。

     鈴木は「3番・右翼」で先発出場。2―0で迎えた5回、ヤクルトの先発左腕・高橋から中前打を放って出塁すると、続く4番・長野の2球目に二盗に成功した。

     「20本塁打&20盗塁」は球団では2016年に20本塁打&23盗塁した丸佳浩外野手(現巨人)以来3年ぶりで、25歳シーズンまでの達成は1970年に当時24歳だった“ミスター赤ヘル”山本浩司(1975年に浩二と改名)がマークして以来49年ぶり2人目の快挙となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000181-spnannex-base

     タレントの中居正広(46)が4日深夜1時55分から放送されたフジテレビの不定期スポーツバラエティ「World Baseballエンタテイメント たまッチ!」に出演。広島の主砲・鈴木誠也外野手(24)に新たな登場曲を提案する場面があった。

     番組では「令和初の三冠王は誰か」というテーマで候補選手たちに緊急アンケートを敢行。鈴木は巨人・坂本勇人内野手(30)、DeNA・筒香嘉智外野手(27)、オリックス・吉田正尚外野手(26)というそうそうたるメンバーからご指名を受け、自身はソフトバンクの柳田悠岐外野手(30)に1票を投じた。

     アンケート取材に笑顔で応じる鈴木のVTRを見ながら「いい子だよな~…」と思わず漏らした中居。VTRが明けると「鈴木誠也さん、見てますか?」と突然、画面を通じて鈴木に語りかけ「言いたいことがあるの」と告白が始まった。

     「1つ案があるんですけど、聞いていただけますか?鈴木誠也選手の(打席への)登場曲はなんですか?」と中居。「一世風靡セピアの“セイヤ!セイヤ!セイヤ!セイヤ!”って、あの歌にしたらどうでしょうか」と、柳葉敏郎(58)や哀川翔(58)らを擁して1980年代に人気を博した「一世風靡セピア」の代表曲「前略、道の上より」への変更を提案した。

     鈴木とは面識があるが、最近は「会う機会がなくて」という中居は「セイヤ!セイヤ!セイヤ!セイヤ!…」とも聞こえる印象的な掛け声(正しくは素意や=ソイヤ=)の入っている「前略、道の上より」について「これだったら盛り上がると思って提案です」とニヤリ。「ずっと去年ぐらいから思っていた」と打ち明けた。

     中居といえば、広島と現在激しい優勝争いの最中にある巨人の大ファンとして知られているが、実はともに8月18日生まれで誕生日が同じ。1972年生まれの中居とは違い、1994年生まれの鈴木にとって「一世風靡セピア」は生まれる前に解散したグループだが、さて、中居の提案に鈴木はどう出る?


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000147-spnannex-base.view-000

     広島の主砲・鈴木誠也外野手(25)が18日、自身のブログを38日ぶりに更新。“25歳の誓い”を宣言した。

     この日、誕生日を迎えた鈴木は「25才」のタイトルでエントリー。「連日猛暑の中いつも熱い応援ありがとうございまーす」とまずはいつも通り礼儀正しく全国の鯉党に感謝すると「毎日楽しくしていたらいつのまにか僕は25才になってました笑笑」と明るく報告。

     「これからはもう少し大人になろうと思いますが」と記した後で改行を重ね、「そんな事僕にはできましぇ~ん笑笑」とファンにはおなじみ、本拠マツダスタジアムでの“ちょけた”選手紹介の画像を貼り付け「25才も変わらず楽しくいきま~す笑笑」と明るく宣言した。

     前日17日のDeNA戦(横浜)では2015年9月25日の阪神戦(マツダ)以来1422日ぶりに3番に入り、8回に18試合ぶりの一発となる特大の23号ソロを放った。

     チームは3―8で敗れ、42日ぶりの2位浮上から一夜で3位に後退、首位・巨人とも5・5ゲーム差に開いたが、コメント欄には全力プレーの一方で常に明るさを忘れない主砲へ向け、ファンから祝福と感謝のメッセージが殺到。「いつもチームを明るく盛り上げてくれてありがとうございます」「もう少し子供の誠也くんでいてくださいね」「変顔やポーズがおもしろくて元気がない時に見ると笑顔になります」「50年後もそのままの誠也くんでいてください!」と全力でふざける鈴木に癒される言葉や「のまのまといつまでも仲良くね」と2学年上ながら“親友”の野間峻祥外野手(26)との永遠の仲を願う言葉が並んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000182-spnannex-base

     MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『オールスターゲーム第2戦』で解説を務めた谷繁元信氏は、“令和最強の右打者”に広島の鈴木誠也の名前を挙げた。

     谷繁氏は「今年の春のキャンプを見に行ったときに、鈴木誠也の打撃練習を見て度肝を抜かれました。スイングの強さと打球音。打球音と言うのは、バットの当たったときの音を我々は表現するんですけど、その音が他の選手と違ったんですよ」とビックリしたという。

     「誠也、すごくなったなと思っていて、僕の中では令和最強の右打者ですよ」と太鼓判を押した。

     広島で4番を務める鈴木は、今季ここまで打率.310、19本塁打、52打点の成績を残す。また、今年のオールスターでホームランダービーの優勝を果たした。

    (提供=MBSベースボールパーク)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00195725-baseballk-base

    <阪神5-11広島>◇9日◇京セラドーム大阪

    ▼広島菊池涼介内野手が前日DeNA戦に続き、2試合連続の本盗成功。

    シーズンに2度の本盗は今年の4月4日阪神戦、5月1日中日戦で成功した亀井(巨人)がいるが、2試合連続で本盗は、56年7月25日、26日西鉄戦で決めた高野(大映)以来63年ぶり。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-08091028-nksports-base

     長いトンネルをやっと抜けた。広島が15日のDeNA戦(横浜)に8―5で勝利。引き分けを挟んで続いていた連敗を11で止めた。

     球宴では全セの指揮を執り、第2戦で球宴初勝利を挙げた緒方孝市監督(50)は「球宴明け、後半戦を勝ってスタートできたことは非常にうれしい。選手もゲームセットの瞬間、いっぺんに和らいだように感じた。勝って何よりです」と話した。

     この日のヒーローは鈴木誠也外野手(24)だ。初回に先制の2点適時二塁打を放つなど5打数2安打2打点。鈴木が出塁した回はすべて得点につながった。それでも鯉の4番は「とりあえず勝ったので良かったです」と言葉少なだった。

     それもそのはず。チームが20勝した5月は打率3割8分3厘、8本塁打、22打点も、6月は打率2割2分、3本塁打で打点は10にとどまっていた。しかし、首脳陣によれば最近では復調気配が見えていたという。

     この日を除く直近10試合では打点こそ1だったが、打率は3割3分3厘。球宴でも第2戦で本塁打を放ち、本塁打競争でも優勝した。迎打撃コーチによると「(鈴木)本人と話をして(打撃を)すり合わせていた」といい、この日の結果には「チャンスで走者をかえせたのは(鈴木にとって)大きい」と話した。

     試合前にはチームへ向け高ヘッドがミーティングで「今日から新たな気持ちでやろう」とハッパ。首位・巨人が勝利したため、ゲーム差は縮まらなかったものの連敗ストップしたリーグ3連覇の王者はここから巻き返しを見せられるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000018-tospoweb-base

     広島は21日の巨人戦でサヨナラ打を放った鈴木誠也外野手(24)の記念Tシャツを発売すると22日、発表した。

     同点の延長十回1死満塁で右前へ劇的な一打をマーク。Tシャツ前面には、一戦一戦を大切に戦っていく決意を新たにしたチームの意気込みと、試合を決めた直後の、主砲の姿がデザインされている。721枚限定の抽選商品で、価格は3000円(税込み)。23日の正午から午後1時まで、通信販売のみで抽選を受け付ける。詳細は球団ホームページで。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000119-dal-base

    ◆広島2×―1巨人=延長10回=(21日・マツダスタジアム)

     広島が鈴木誠也外野手(24)のサヨナラ打で同一カード3連勝を収めた。自身今季2度目のサヨナラ打で、チームも6月20日のロッテ戦以来、今季7度目のサヨナラ勝ち。自力優勝の可能性を残し、前日の3位タイから単独3位となった。

     10回1死満塁、カウント1―1から内角低めの直球を右前に運んだ鈴木に思いを聞いた。

     (お立ち台)

     ―西川と坂倉から水をかけられた。今の気持ちは

     「サイコーで~す!」

     ―手応えは

     「外野が(定位置より)下がっていたので、何とか落ちてくれと思ってました」

     ―満塁の場面

     「得点圏だったので、しっかり自分の打撃ができるよう、最後は決めてやろうと。なかなか打てない日が続いて悔しいところがあった。最高の場面で首位のジャイアンツ相手にこういう試合ができて良かった」

     ―3連勝

     「(巨人と)ゲーム差はあるけど、しっかり自分たちの野球をして、あきらめず上を目指してやっていきます。なかなか4番の仕事ができてませんが、応援よろしくお願いします」

     (囲み会見)

     「(手荒い祝福の)坂倉、あとでシバいときます(笑い)」

     ―内角低めの難しい直球

     「ギャン詰まりでした。でも良かったです」

     ―打席に入る際の考えは

     「余裕ない。考えている間に百五十何キロの球が来てしまう」

     ―緒方監督も「今年は好機で強引にならず打てている」と絶賛

     「去年から変えているつもりはないし、(サヨナラ機という)勢いだけじゃない。しっかり(頭を)整理して打席に入るようにしている。それがいい結果につながっていると思う」

     ―4番の仕事が「できていない」というのは

     「得点圏で回ってくることが多いが、なかなか、かえすことができていない状況。しっかり結果を出せるようにやっていきたい」

     ―直前でバティスタが敬遠された

     「どの球を打とうかなと(いう気持ちで打席に)入っていた。別にコノヤローという感情もなく、やるべきことをしっかりやろうと」

     ―逆襲への弾みとなるか

     「今、チームはこういう状態。1試合1試合の勝負になってくる。勢いとかは考える余裕はない。勝つしかない。選手が一生懸命やっていくしかない」

     ―巨人戦は意識していたか

     「いや特に…。僕たちの上には何チームもある(実際はDeNAと巨人)。巨人だけでなく、全チームを意識してやっていきたい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000313-sph-base

    このページのトップヘ