広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也

     広島が2年連続でセ・リーグを制し、改めてチーム強化方針が評価される形となった。カープはなぜ強いのか。ひもとくと15年連続Bクラスの時代からぶれていない松田元オーナー(66)の独自理論があった。

     昨季の「神ってる」大ブレイクから、4番でチームの顔になった今季の鈴木の急激な成長を、松田オーナーも驚く。強打、強肩、素質もさることながら、鈴木の人間性にも着目する。あるとき、オーナーの顔を見てあいさつを怠った若手選手がいた。

     「(オーナーの)顔を忘れている。それを見て誠也が、また連れてきてあいさつをさせた。そういうところもある。まずいなと思ったんだろうね。その中で若手は学ぶわけだ。そういう選手同士、先輩が後輩に教えていくというのが、うちの伝統の部分じゃないかと思う」

     人間性―。例えば練習嫌いであったり、周囲に悪影響を及ぼすような言動のある選手は獲得リストに入れないという。スカウトは視察に出向くとき、チームメート、監督、コーチとの接し方まで注意深く見守る。チームでは道を外れる選手が出ないよう、選手同士で律する空気が流れ、一丸の雰囲気が醸成される。

     「いつの間にか最後は性格的にいい子をとってしまう。ちょっとゆがんだ子、悪げな子がいたとしても、入ってしまったら、選手同士の中でいい具合にしつけてくれる」

     黒田のいない今年のチームは40歳の大ベテラン新井が、模範となり、いじられ役も引き受ける。ベンチはいい意味で上下関係の縛りがなく、アットホームな雰囲気が若手も活躍する好循環となっている。

     「見ていると楽しそうにやっている。ほかのバッターが打ったらベンチの選手が喜ぶし。あれを好感を持って見ている。楽しそうにやっているのが、やっぱりファンに伝わる。ファンが見ていて、いいなと思うんじゃないのかな」

     広島の伝統は、選手を野球漬けにする「猛練習」だといわれる。キャンプでは、主力選手でさえ、日が暮れるまで球場を離れることはない。その姿を若手が目の当たりにし、「練習をしなければ生き延びられない」という意識付けが継承されていく。練習に真摯(しんし)に向き合うことができるかも、重視する人間性のひとつだ。

     「今はいじられている。だんだん、いじるような立場になって、彼がどういう行動をするのかだな」

     寮では消灯時間を過ぎてもバットを振り続けるというエピソードも持つ誠也のリーダーとしての資質に、松田オーナーは期待する。(特別取材班)
    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170921-OHT1T50065.html

     広島緒方監督は鈴木誠也外野手(23)に声を掛けた。「とにかくゆっくりでいい。来年に響かないように。しっかり治せ」。8月23日DeNA戦(横浜)の守備中にフェンス際の打球を好捕した際に右足首を負傷。「右足脛骨(けいこつ)内果骨折、三角靱帯(じんたい)損傷」と診断され、同29日に広島市内の病院で「骨接合術、靱帯(じんたい)修復術」を受けていた。指揮官が鈴木にそう語ったのには理由があった。



     「象の足って言われたな。それでもテーピングでがちがちにして試合に出たんやけど」

     98年6月12日の阪神戦。緒方は甲子園でフェンスに足首をぶつけて負傷。公称は「足首の捻挫」だったが、症状はもっと深刻だった。当時29歳。96年に50盗塁を決めるなど、3年連続盗塁王を獲得したスピードスターとしてその名を全国に広めていた。ライバルにポジションを渡すくらいならと、試合に出続けた。足は青黒く変色し、スパイクに足が入らないくらいパンパンに腫れた。隠れてワンサイズ大きいスパイクを履いていたほどだった。

     結果的にそのケガが緒方の野球人生を変えた。「走れんくなった」と視線を落とす。「アウトになると思ったことがなかった」と言う男が「スピードが出ない」と頭を抱えた。引退が頭をよぎることもあったという。だがそこで変わった。「打つしかなくなったんよ」。内野安打が狙えないならしっかりと振ることを求めた。下手だったタイミングの取り方を研究し、長距離を打てる打者に変身。99年には盗塁を18に減らしながらも36本塁打を放つなどモデルチェンジ。だが、一番の武器を失いジレンマを抱えたままだった。

     鈴木はまだ、若い。最大の武器のスピードを失ってほしくない。緒方監督が言葉をかけた意味はそこにある。「順調に育ってくれてるから。でも順調って、右肩上がりな人生なんてない。どっかで挫折はある。フルスイングが美学みたいな、三振か本塁打かみたいな4番打者になってほしいとは思わない」。じっくり治して、鈴木はまたグラウンドを駆け回るはず。ジレンマを抱えて野球をするのは、もっともっと先でいい。【広島担当 池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00002539-nksports-base

     右内くるぶしを骨折した広島の鈴木が広島県廿日市市の大野練習場でリハビリとトレーニングを開始。

     患部はギプスで固定され、歩行には松葉づえがいる中で約2時間、右足の指を動かす訓練や上半身強化に努めた。「骨折と言われた時は吐き気がしたけど仕方ない。前を向かないと」。

     ギプスを外した後にトレーニングを本格的に再開する予定。明るく吹っ切れた表情で「上半身が元々弱いのでこの機会に鍛えたい。そうしたら最強じゃないですか?」と話した。
    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/10/kiji/20170910s00001173078000c.html

     広島の鈴木誠也外野手(23)が9日、広島県廿日市市の大野練習場でリハビリとトレーニングを再開した。

     鈴木は8月23日のDeNA戦(横浜)で、飛球をジャンプして捕球し着地した際、右足首をひねったとみられ、負傷交代した。疾患名は「右足脛骨(けいこつ)内果骨折」と「三角じん帯損傷」。同29日に広島市内の病院で手術では、骨接合術とじん帯修復術が施された。6日に退院し、患部はギプスで固定。移動は松葉づえを使い行っている。

     この日は約2時間、右足の指を動かすリハビリや上半身を主に鍛えるトレーニングで汗を流した。「できる限りのことをやりたい。上半身が元々弱いので、今のうちに鍛えたいと思います。そしたら最強じゃないですか」と笑みを浮かべた。

     今後はギプスが外れてから本格的なトレーニングを再開する予定。完全復活に向けて歩み出した。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/09/0010538733.shtml

     広島は29日からの巨人、ヤクルトとの敵地6連戦に向けて28日、陸路で東京に移動した。東京ドームで好成績を残すブラッド・エルドレッド内野手(37)は目の前の一戦一戦に集中し、負傷離脱した鈴木の穴を全力でカバーする意気込みを口にした。残り24試合で優勝へのマジックナンバーは19。気を緩めることなく、リーグ連覇へ一気に突き進む!


     若き主砲が不在でも大きな不安はない。首位を独走するカープには、エルドレッドがいる。全力で相手に挑む気持ちは変わらない。29日から巨人、ヤクルトと敵地での6連戦。頼れる助っ人が勝利のために躍動する。

     「今までとやることは変わらない。全員でカバーしていければいい。自分は任された役割を全うし、与えられた場所で自分の力を発揮するだけ」

     シーズン序盤から4番を務めてきた鈴木が負傷離脱。チームにとっては大きな痛手だが、頼もしい打撃陣で支え合っていく。

     エルドレッドの打撃は上昇傾向にある。前カードの中日3連戦(マツダ)は7打数3安打2本塁打。「打席の中でいろいろと考え過ぎていた。シンプルにというか、考え過ぎないように心掛けている」。これまでの経験を生かし、すぐさま修正に取り組み、結果を残している。

     東京ドームはビジターでありながら大得意だ。今季は19打数7安打、10打点4本塁打。全球場の中で最も高い打率・368をマークしている。それでも打席での心構えは不変だ。チームの勝ちにつながる一打を放つことを最優先に考える。

     「どこの球場でもプレーすることに変わりはない。東京ドームではたまたま結果が出ているだけ。チームの勝利に貢献できることはうれしいので、しっかり頑張りたい」。チームも同球場では今季6戦6勝と圧倒的な強さを誇る。

     残り24試合。現在19の優勝マジックを着実に減らし、本拠地へ帰る。「東京での6連戦でも野手が点を取って投手を助け、勝ちにつながる展開にもっていきたい。目の前の一戦一戦に集中して、自分たちの野球をするだけ」と力を込めた。

     悲願のリーグ連覇へ。チーム一丸となっての一戦必勝の姿勢は変わらない。エルドレッドが快音を響かせ、栄光への道を切り開く。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/08/29/0010503898.shtml?pg=2

    「4番欠場」――。これはすなわちチーム力の低下を示す。

     首位を走る広島は、23日のDeNA戦で4番の鈴木誠也(23)が右足首をひねり、昨29日に手術。「右脛骨内果骨折」と「三角靱帯損傷」で全治3カ月と診断され、今季絶望となった。

     空いた4番のイスには新井貴浩(40)と松山竜平(31)が“手分け”して座っているが、鈴木の離脱後でも3勝2敗。主砲不在でも5試合で26得点(1試合平均5・2得点)と確実に点を取っている。昨29日の巨人戦で今季2度目の4番を務めた松山はこう話す。

    「誠也が4番にいたときも今も、とにかく次につなぐという意識でやっているので、もともと『4番に頼る』という感覚でやっていない。状況にもよるけど、『4番=ホームランや長打』という考えでやっていないので、やることはそこまで変わらないんです。点はしっかり取れている。(25日の中日戦で4番に座ったとき)新井さんは『新4番に任せよう』と言って和ませてくれるので、4番でもやりやすいですね」

     そもそも広島は「4番=大砲」という考えで打順を組んでいないということだ。もっか27本塁打で大砲であるはずのエルドレッド(37)を4番に据えないのも、つなぐ野球を徹底するためだ。安部も「誠也の代わりはいない」と言いながらも、「みんなでカバーするという意識はこれまでもこれからも同じ」と言う。

     打撃成績も「つなぎのチーム」を証明している。チームがこれだけ独走しているにもかかわらず、個人成績でダントツの選手はほとんどいない。鈴木の90打点はリーグ1位だが、DeNAのロペスとは2点差。147安打の丸は中日の大島とトップタイ。その一方で、得点はトップ3を丸(91)、田中(88)、鈴木(85)が占めている。

    「4番頼み」の意識がないからこその数字。強いチームに「ずばぬけた1番」はいらないのかもしれない。

     ちなみにこの日は7番西川の2ランで逆転勝ち。マジックを「18」に減らした。
    引用元 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/212485

     世界的人気のシリーズ最新作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(12月15日公開、ライアン・ジョンソン監督)の公開を前に、プロ野球セ・リーグで熱い戦いを繰り広げる1位・広島と2位・阪神の「2強」とスター・ウォーズとの夢のコラボレーションが実現した。

     映画のイメージカラーでもある赤といえば、「赤ヘル軍団」と呼ばれる広島のチームカラー。チームカラーを統一したのが、「スター・ウォーズ」が誕生したのと同じ1977年。また、今作は「レジェンド世代」と「ニュージェネレーション」がカギを握るが、こちらはまさに、ベテランと若手がうまく機能している今の阪神の状況と合致していることから、この2チームに白羽の矢が立った。

     コラボポスターでは、広島・丸、鈴木、菊池と、阪神・糸井、福留、鳥谷の各3選手が、バットならぬ青白く光るライトセーバーを手に、映画の人気キャラクター・C―3PO、R2―D2、BB―8との共演を果たしている。

     リーグ2連覇を目指す広島に、阪神がどこまで食い下がることができるのか。9月3日の阪神―中日戦(甲子園)は、「SWナイター」と銘打ち、ファーストピッチセレモニーなどのイベントが予定されている。

     前作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は日本でも興収116億円を記録する大ヒット。今作にも注目が高まる。
    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170831-OHT1T50221.html

     ◇セ・リーグ 広島3―2ヤクルト(2017年9月1日 神宮)

     広島の松山が1日のヤクルト戦に、今季4度目となる4番として出場。貴重な2点適時二塁打を含む3安打2打点と大暴れした。

     1―0の7回2死一、二塁でリードを広げる左中間突破の2点適時打を放ち、松山は「なかなか点が取れない中、いい仕事ができた」と胸を張った。

     8月、チームは不動の4番に成長した鈴木誠を欠き、初の月間負け越し。代役として4番に入る機会が増えたが「カープの4番は鈴木誠也。ぼくは4番目の打者の気持ち」とプレッシャーは感じていない。

     「誠也がいなくなって苦しいけれど、つなぐ野球を毎日心がけている。皆で耐えて、(8月の)負け越しを1つにできた」と下は向いていない。月が替わって白星発進。「9月は全部勝って、優勝に突き進みたい」と力強く宣言した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00000156-spnannex-base

     広島は29日、右足首の剥離骨折で離脱していた鈴木誠也外野手(23)が、広島市内の病院で手術を行ったと発表した。


     CS、日本シリーズを含めた今季中の復帰は絶望となった。鈴木は「右足脛骨(けいこつ)内果骨折、三角靱帯(じんたい)損傷」と診断され、「骨接合術、靱帯(じんたい)修復術」を受けたという。今後は2週間程度入院。全治は3カ月程度と診断された。

     鈴木は23日のDeNA戦(横浜)の右翼守備で、フェンス際の打球を好捕した後に右足首を負傷。剥離骨折と診断され、戦線を離脱していた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-01879777-nksports-base

     「広島9-1中日」(25日、マツダスタジアム)

     広島の野間峻祥外野手がサプライズ演出を力に変えた。

     八回2死一塁で打席に向かう前、場内に「君の悔し涙がいつか実を結び 胸を張れるまで走っていけ そして嬉し涙が太陽みたいに♪」が流れた。

     このベリーグッドマンの「ライトスタンド」は、右脛骨(けいこつ)内果剥離骨折で戦線離脱した鈴木が登場曲として使っているものだ。野間自身が選曲した訳ではないようで、「知らなくてビックリした。アイツが決めたんじゃないんですか。(胸に)刺さりました」と振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00000133-dal-base

    このページのトップヘ