広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    鈴木誠也

     広島の緒方孝市監督が27日、「セ・リーグ ファンミーティング 2017」に参加。リーグ2連覇と日本一へ向け、昨季限りで現役引退した黒田博樹投手の穴埋めをポイントに挙げた。


     緒方監督が穴埋め役として期待したのが大瀬良大地、九里亜蓮の13年ドラフト1、2位コンビだ。ドラフト1位の大瀬良は昨季、右肘痛で出遅れ、17試合登板(先発1試合のみ)、3勝1敗、防御率3.32。ドラフト2位の九里は昨季27試合登板(先発10試合)、2勝2敗、防御率4.50だった。緒方監督は「中継ぎだった大瀬良と九里。投手陣の中でも期待したい」と期待を込めた。

     打線のキーマンには田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の“タナキクマル”を挙げ、課題には“神ってる男”の4番起用を挙げた。「上位のタナキクマルはウチの看板。当然、引っ張ってもらいたい中心選手。新井は開幕で4番に座る可能性は高いです。ただ、課題は4番打者。ここに鈴木誠也が昨季以上の成長が見られれば、4番に据えようと思っている。プレッシャーがかかるなら他の選手を据えようと思う」と話した。

    「もう一度、チームの底上げ。(キャンプから開幕まで)ちょっとケガ人が出て、満足はいかないが、新たに戦力が出てくると思う。楽しみにしている」。昨季のリーグ制覇メンバーが今季もチームを支えることとなるが、緒方監督は新戦力の台頭と若手のさらなる成長を望んでいた。


    引用元 https://full-count.jp/2017/03/27/post62950/

     昨季野手では鈴木誠也(広島)、原口文仁(阪神)、桑原将志(DeNA)、倉本寿彦(DeNA)などがレギュラーに定着した。一軍に定着を目指し、若手選手などはオープン戦で必死にアピールを続ける。

     そこで気になるのが、オープン戦の勢いをそのままにシーズンでも大活躍していたかということ。近年レギュラーに定着した選手たちのオープン戦(※レギュラーに定着したシーズン)の成績を見ていきたい。

     昨季神ってる活躍で広島の25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した鈴木は、オープン戦の成績はというと、打率.375を記録したが、右足のハムストリングの筋挫傷により出場試合数はわずかに2試合だった。外野のレギュラーを争っていた野間峻祥が同年のオープン戦、13試合に出場して打率.308とアピールしており、出遅れた印象があった。

     それでも、鈴木は4月に昇格を果たすと、6月に2試合連続サヨナラ弾を放つなど、打率.335、29本塁打、95打点の活躍をみせレギュラーに定着。チームに欠かせない存在となった。

    <2016年>
    鈴木誠也
    OP戦:2試 率.375 本0 点1
    シーズン:129試 率.335 本29 点95


    15年ブレイクの森も…

     高卒2年目の15年にブレイクした森友哉(西武)も、オープン戦の出場試合数は、わずかに2試合。安打を1本も記録することができなかった。

     シーズンが始まると『6番・指名打者』で出場し、得意の打撃力で活躍しレギュラーに定着。オールスターにも出場し、清原和博が放って以来28年ぶりに10代の選手が本塁打を記録した。シーズン後半に入ると、当たりが止まった時期もあったが、最終的には打率.287、17本塁打、68打点の成績を残した。

    <2015年>
    OP戦:2試 率.000 本0 点0
    シーズン:138試 率.287 本17 点68

    山田哲人もOP戦は活躍できず…
     14年に田中浩康から二塁のポジションを奪った山田哲人(ヤクルト)も、13試合に出場して、打率.213、0本塁打、1打点とオープン戦はいまひとつだった。田中浩は11試合に出場して打率.200。両選手ともに決め手を欠く内容となったが、シーズンが開幕するとスタメンで起用されたのは若い山田だった。

     山田は3・4月打率.291、4本塁打、17打点を記録すると、5月以降は9月を除き、毎月月間打率3割をマーク。日本人の右打者ではシーズン最高となる193安打を放ち、レギュラーの座を不動のモノにした。

    <2014年>
    OP戦:13試 率.213 本0 点1
    シーズン:143試 率.324 本29 点89

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00108717-baseballk-base

     WBCの戦いを終えて帰国した広島・鈴木誠也外野手(22)が23日、千葉県成田市内のホテルで取材に応じた。侍初選出で刺激を受けた若武者。悔しい経験を糧に、次なる目標へ一歩ずつ歩んでいく決意を示した。

     最年少野手として出場したが、出場5試合で14打数3安打の打率・214と持ち前の打棒を発揮できず。「しっかり結果で応えたいと思っていましたが、結果が出なくて申し訳ないなと思います」と退任を表明した小久保監督への思いを吐露。それでも「世界の舞台でやれて、プラスになることもあった」と語った。

     2019年のプレミア12、20年の東京五輪へ「主力として出て、優勝できるよう頑張っていきたい」と前を見据えた。チームには26日に合流予定。大舞台での経験を生かし、今季のさらなる飛躍へつなげる。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/03/24/0010028660.shtml

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     スケールの大きなドジャースタジアムを見て、侍ジャパンの鈴木は5年4カ月前を思い出した。「僕、来たことあるんですよ」。11年12月に東京高校選抜のロサンゼルス遠征壮行試合に参加。施設見学で、ドジャースタジアムを訪れていた。「当たり前ですけど、あの時はここでプレーすることになるとは想像も出来ませんでした」と笑った。


     ロッテ佐々木や日本ハム石川亮も選ばれており、7日間で4試合。野球エリートが集まる米国のMLBアーバンユースアカデミーと対戦した。始球式にはドジャースのラソーダ元監督や長谷川滋利氏が登場。投手として選ばれた鈴木は背番号18番。抑えも務め、打っては1試合2発を含む計3発で3勝1敗のチームに貢献している。

     時を経てジャパンのユニホームに袖を通し、ロサンゼルスに戻ってきた。「不思議な感じです。思ったより外野もせまかったですね」。あの頃から変わらず、必死にボールを追いかけ続けてたどり着いた舞台。思い切り暴れるだけだ。この経験もまた、鈴木を成長させるに違いない。次はどんな姿を見せてくれるか、楽しみだ。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/1795587.html

    【カリフォルニア州ロサンゼルス20日(日本時間21日)発】侍ジャパンの広島トリオが前日練習で三者三様だ。フリー打撃で強い打球を放ち、左翼へ柵越えを連発した鈴木誠也は「狭いっすね」とひと言。米国との準決勝に向けては「どんどんストライクを取ってくると思うので、気負けしないように、しっかりぶつかっていきたい。お客さんが入ったら、また雰囲気が変わってくると思うので、明日は楽しみ」と話した。

     フリー打撃では柵越え1本だった田中はグラウンドを入念にチェック。「芝は短いけど、イレギュラーはなさそう。土は硬いんですけど、(走者のスパイクで)掘れないので守りやすい」と、日本よりも硬い土での守備、走塁ではストップや帰塁の確認を行った。ケージ後方で高校、大学の先輩で2009年のWBC優勝監督の原辰徳氏と言葉を交わし、笑顔を見せる場面もあった。米国でも守備が注目されている菊池はあらゆるアングルからの一塁送球練習を自主的に行うなど、独自の確認作業を行った。バスに乗り込む直前には、通路に飾られているドジャース名選手の写真の前で立ち止まった。おもむろにスマホを取り出しシャッターを切ると「衣笠さんに似ていましたね」。引き締まった表情でバス乗り場へ向かった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000028-tospoweb-base&pos=1

     ◇WBC2次ラウンドE組 日本―キューバ(2017年3月14日 東京ドーム)

     侍ジャパン・鈴木が打撃練習中に稲葉打撃コーチからタイミングの取り方のアドバイスを受け、フォームを微調整した。

     今大会は10打数2安打で、12日のオランダ戦では初めてスタメンから外れた。「外国人特有の投げ方に間合いが取れていない」と稲葉コーチ。指導後は14スイングで3本の柵越えを放ち、最後の一振りはバルコニー席への一発で締めた。キューバ戦の先発は微妙な状況だが「自分の中で(悪い点は)分かっている」と復調に必死だった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000016-spnannex-base

     ◇侍ジャパン強化試合 日本5―3オリックス(2017年3月5日 京セラドーム)

     その天然ぶりには、侍ジャパンの最長老もタジタジだった。この日の試合前練習中、権藤投手コーチに、孫のような年齢の鈴木が「権藤さんて、ベーブ・ルースと対戦しているんですか?」とぶっ飛び質問。

     ダンディーなコーチも思わず「バカ野郎!俺が10歳の時に亡くなっているよ!」と声を荒らげていた。

     それでも「スタルヒンとは投げ合ってます?」と畳みかける22歳。「アイツ冗談で言ってるんだよな。まさか本気か?」と首をかしげる78歳だった。本人に悪気はないものの小久保監督でも最敬礼するようなレジェンドを平気でいじれるのは大したもの。愛されキャラのムードメーカーとして、侍ジャパンに欠かせぬ存在となっているようだ。(侍ジャパン担当・山添 晴治)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00000080-spnannex-base

     出遅れたラッキーボーイが不安を振り払う一振りを見せた。

     3月5日、京セラドーム大阪で行われた侍ジャパンの強化試合。2点ビハインドで迎えた2回表、無死二、三塁のチャンスで打席には7番の鈴木誠也が入る。

     1ボールからの2球目。オリックスの2年目右腕・近藤大亮が投じた外寄り高めの速球をフルスイングすると、高々と上がった打球はレフトスタンドへ。劣勢をひっくり返す逆転の3ランに、球場の雰囲気が一変した。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/105913

     第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。初回に先発・藤浪晋太郎投手(阪神)が乱れ、四球やエラーなどが絡んでいきなり2点を先制されたが、2回に鈴木誠也外野手(広島)の逆転3ランが飛び出し、すぐさま逆転した。



     WBC前最後の強化試合に臨んだ侍ジャパン。初回は先頭・山田がヒットで出塁するも、菊池のバント失敗などで得点ならず。さらに、その裏には藤浪の適時失策などで2点を奪われる苦しい展開となったが、「神ってる」男が一振りでムードを変えた。

     2回、中田の右前打、坂本の左中間への二塁打で無死二、三塁とすると、鈴木が打席へ。1ボールから2番手・近藤の高めへの133キロを捉えた。打球はレフトスタンドへ。22歳の一振りで侍ジャパンがあっという間に逆転に成功した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00010035-fullcount-base

    このページのトップヘ