広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也

     (セ・リーグ、巨人5-10広島、20回戦、広島14勝5敗1分、28日、東京D)

     天国と地獄の両方を見た男は強い。広島の首位独走の立役者の1人が6年目の鈴木誠也外野手(24)。28日の巨人戦でも「4番・右翼」で先発し、26号2ランを含む3安打3打点。それでも試合後は「(3番の)丸さんが打ってくださるので楽な気持ちで(打席に)入らせてもらっている」と先輩を立てた。

     昨季は4番を務め打率・300、26本塁打、90打点と主軸として結果を残す一方で、8月下旬に右足首の骨折で戦線離脱。今季もコンディション不良や自打球の影響で離脱、欠場を余儀なくされる時期もあったが、リーグ2位の打率・341。チーム内ではこの日4安打を放った丸(同4位)とともにタイトル争いを演じている。

     球団関係者は鈴木が短期間で「天国と地獄」を経験したことが「大きな成長へとつながった」とみる。

     「去年も4番に起用されて頑張っていたけど、その重要性や責任を本当の意味で背負うようになったのは、昨夏にケガで離脱してから。そこから試合で打てず悔しがる言動をひとつ見ても、明らかに変わりましたよ」

     これだけ立派な数字を残せば天狗(てんぐ)にもなりそうなものだが、「それがないんですよ。練習でも『まだやります!』とおかわりするし、妥協も満足もしない。それが今の成績を残す原動力だと思いますね」。鯉の4番は並の男ではない。(山戸英州)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000015-ykf-spo

     ◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2018年9月1日 神宮)

     神宮球場で開催されたセ・リーグ首位・広島と2位・ヤクルトの直接対決は、降雨のため1回表の途中で試合が中断される波乱のスタートとなった。

     カラシティー(ヤクルト)、大瀬良(広島)の両先発で午後6時に試合開始。先攻の広島は初回、1番・野間が4球で見逃し三振に倒れ、打席に入った2番・菊池は3球で1ボール2ストライクと追い込まれた。ここで雨脚が強くなり、開始からわずか3分で試合中断。グラウンドにはシートが敷かれ、両軍の選手はそれぞれのベンチへ下がった。

     丸刈り頭をさらに短く刈り込んだ広島の主砲・鈴木は三塁側ベンチで目をつぶり、両手を合わせて天気回復をお祈り。これが効いたのか、16分間の中断後、試合は再開された。だが、菊池は再開後にカラシティーが投じた初球、外角の変化球を空振りして三振に終わり、続く3番・丸も2ボール2ストライクからの真ん中直球を空振り。雨に翻弄されながら3者連続三振というスタートとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000129-spnannex-base

     「広島6-2中日」(25日、マツダスタジアム)

     打つべき役者たちが豪快な花火を打ち上げた。広島の丸が一回に29号逆転3ラン、バティスタが五回に20号ソロ、鈴木が七回に25号ソロ。クリーンアップの3人がそろい踏みで大きな弧を本拠地に描いた。

     勢いを付けたのは3番・丸だ。0-1の一回無死一、三塁。大野雄の3球目、外角スライダーを捉え右翼席へと運んだ。前夜の一回は全く同じ状況で凡退しており「気合入れていきました。先制された後、すぐに逆転できて良かった」。悔しさをぶつけた一発だった。

     4番の鈴木は5-2とリードの中、木下雄の直球を左中間席へ運んでトドメを刺した。「丸さんが決めてくれたので助かりました。いつも気分よく打席に立たせてもらってます」。感謝の思いを言葉に込めた。

     5試合ぶりに先発したドミニカンにとっては、特別な一発となった。五回2死から左翼席へ。ようやく飛び出した20号は、21日に第1子女児が誕生してから初アーチとなった。「すごくうれしいよ」。6月にチャベリ夫人が誕生日を迎えた際は母国に建てた家をプレゼント。「子供のためにも3部屋あるよ」と過ごしやすい環境を作るため、父としての心遣いだった。

     強力な中軸が打線を引っ張り、勝利へいざなった一戦。残り33試合も止まることなく快音を響かせ続けてくれそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000033-dal-base

     広島は23日のヤクルト戦でサヨナラ本塁打を放った鈴木誠也外野手(24)の記念Tシャツを発売すると24日、発表した。


     3点を追う九回に丸が同点3ランを放つと、直後の鈴木が石山のスライダーを左翼席へ運んだ。最大7点差をひっくり返す劇的な勝利を完結させた。

     Tシャツ前面には丸とのハイタッチから始まり、打つ瞬間から喜びに変わるまでの瞬間がデザインされている。枚数は5100枚限定で、価格は3000円(税込み)。25日の午後12時から通信販売のみで受け付ける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000111-dal-base

     「広島9-8ヤクルト」(23日、マツダスタジアム)

     広島が、最大7点差を追い付き今季、6度目のサヨナラ勝利で優勝マジックを「24」に減らした。

     先発した岡田が乱調。四回までに0-7と一方的な試合展開を強いられた。それでもコツコツと得点し、5-8で九回に突入した。

     1死から野間が遊撃へのゴロ。一度はアウトと判定されるも、緒方監督がリクエストを要求し、リプレイ検証の結果、内野安打と判定が覆った。「際どいタイミングだったけど全力で走った。とにかく必死」と野間。続くバティスタが中前打を放ち一、二塁とすると打席に丸が立った。

     内角低めの直球を振り抜き、バックスクリーン左へ起死回生の28号同点3ランをたたき込み、試合は振り出しに。そして最後は、鈴木が左翼席へサヨナラ本塁打を放り込んだ。鈴木のサヨナラ本塁打は、17年6月14日・オリックス戦(マツダ)以来、通算4本目だ。

     昨年8月23日・DeNA戦での守備で、戸柱の飛球をジャンプして捕球。着地した瞬間に右足首を骨折した。それから1年後に、最高の結果を示してみせた。

     緒方監督は「数多くの試合を経験しているけど、一番思い出に残る試合。打った誠也もすごいけど、丸も3ラン。底力、チームの力が着実についていると思わせる試合だった。全員で勝ち取った、最後まで諦めず、素晴らしい勝利だった」と声をはずませた。

     7点差をひっくり返した逆転劇は、決してミラクルではない。球団史上初のリーグ3連覇へ広島がまた1つ、強くなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000142-dal-base

     例えばエンゼルスの大谷翔平(24)は日本ハム時代、首脳陣からのアドバイスに「わかりました。ありがとうございます」と爽やかな笑顔を浮かべてうなずくものの、実際には右から左に聞き流すということが多かった。なんでもかんでも受け入れず、取捨選択してバッサリと切り捨てることが少なくなかった。

     その大谷と同学年の広島の4番、鈴木誠也(24)にも同じようなところがある。開幕直後に下半身の張りで離脱、後半戦も自打球の影響で欠場した時期がありながら、打率はリーグ3位の・332。22本塁打、69打点でセの首位を独走するチームを牽引している。

     2016年にレギュラーになって以降、ケガを除けば大きなスランプがないのは、大谷と同様の「取捨選択能力」によるところが大きい。

     広島が25年ぶりのリーグ優勝を果たした一昨年に2試合連続サヨナラ本塁打を放ち、緒方監督から「神ってる」とたたえられた言葉は流行語大賞にもなった。一躍、全国区となった「若き主砲」の周りには、有象無象が集まるようになった。ああしたほうがいい、こうしたほうがもっと伸びるとそれまで以上にいろいろな助言が耳に入るようになったが、鈴木本人がこう言うのである。

    「結果を出している、出していないにかかわらず、『この人との付き合いは自分のためにはならないな』と感じた人とは食事にも行かないし、一切付き合いません。先輩、後輩関係なく、バッサリと切ります。高校時代の先輩も同じ。プロで少し活躍した途端に連絡してくる先輩もいるけど、気にしません(笑い)」

     その一方で、こんなことがあった。

     かつて鈴木はガムを噛みながら打席に立っていたが、2年前、同僚だったレジェンド黒田博樹氏に「調子に乗ってると思われて当てられるぞ。イチローさんや松井(秀喜)が食っているか? 自分に損なことはするな」と言われ、グラウンドでのガムを封印した。

     有益だと思えば素直に聞き、無益と判断すれば無視をする。これも一流の条件だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000018-nkgendai-base

     2年連続出場の二松学舎大付の全部員に、OBの鈴木誠也外野手(広島)からオリジナルTシャツが届いた。

     昨年は鈴木が単独で製作したが、今年は同じくOBの大江竜聖投手(巨人)、永井敦士外野手(広島)との共同作品。選手たちは練習場への移動などの際に着用しており、右田は「本当に手の届かないような存在なので、とてもうれしい」と“神パワー注入”に感謝した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000528-sanspo-base

     「広島9-3巨人」(10日、マツダスタジアム)

     超高性能の国産スラッガーだ。広島・鈴木誠也外野手(23)が8月1日・ヤクルト戦以来、今季2度目の1試合2本塁打で3年連続20号に到達した。阪神が勝ったため、優勝マジック点灯はまたしてもお預けとなったが、チームは今季2度目、最長タイの6連勝。マツダでスズキがメルセデスを打ち崩し、巨人戦4年連続勝ち越しを決めた。

     鈴木は豪快にバットを振り抜いた。打球は規格外の弾道を描いて右翼席に着弾。今季2度目の1試合2本塁打で4年連続巨人戦の勝ち越しを呼び込んだ。

     「本当にたまたまです。打った瞬間はどこに行ったかも分からなかったので。三振でもアウトでも一緒。自分のスイングで終わろうと思っていました」

     2点差に詰め寄られた直後の七回だ。2番手・野上の外角直球を強振し、逆方向へ突き刺した。初回は2死一塁から左翼席へ特大の19号先制2ランを放っており、リーチをかけていた3年連続20号へ一気に到達した。

     「使ってもらっているので。今は数字は意識していない。シーズンが終わったときにいい結果だったらいい」

     試合後はそうクールに振り返ったが6年目の進化が著しい。開幕前から「誠也の打球はエグイ。音が違う」と打撃投手から驚きの声が上がっていた。開幕直後の離脱時にフリー打撃を目の当たりにした水本2軍監督も「格が違う。一皮もふた皮もむけた。近年では見たことがない」と目を丸くしていたほどだ。

     “珍プレー”のうっぷんを晴らす猛打賞でもある。前夜は三回の打席で審判員のカウント間違いにより四球とならず、4ボール2ストライクから二ゴロに倒れていた。「気づかなかった。気づいていたら一塁に行っていた」。出塁を損した形だが、この日は5打数3安打の大暴れで打率も出塁率も上昇させた。

     「誠也のホームランから始まって2本目のホームランも非常に大きかった。つなぎの中でタイムリーが下位打線にも出ていた。いいゲームだった」

     試合後は緒方監督もご満悦だ。スタメンは初顔合わせの左腕メルセデス対策にあえて左打者をズラリ。野間、松山、西川が躍動して、ベンチの策がズバリ的中した。阪神が勝ったため優勝マジック点灯はまたしてもお預けとなったが、チームは今季2度目の6連勝。マツダスタジアムの巨人戦は13連勝となった。若き4番に導かれて、真夏のV3ロードを突っ走る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000017-dal-base

     広島の鈴木誠也外野手(23)が9日の中日戦(マツダスタジアム)で“珍事”に見舞われた。1―2の3回一死走者なしで迎えた第2打席、カウント3―2から相手先発笠原の投じた8球目の143キロ直球は低めに外れてボールとなったが、なぜかそのままプレー続行。9球目のカットボールをファウル、10球目の直球で二ゴロに打ち取られた。

     球場の電光掲示板がカウント3―2にもかかわらず「2―2」のまま進み、本来なら四球となるはずだったタイミングで「3―2」となったことで“勘違い”が生じたとみられる。

     過去には1987年10月18日の巨人?広島戦(後楽園)で巨人・吉村禎章が“カウント4―2”から本塁打を放った例がある。ちなみにこのときの広島は白武佳久投手と達川光男捕手のバッテリーだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000056-tospoweb-base

    このページのトップヘ