広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也

     広島は今季の巨人戦7試合で計48得点。3~5番しか固定できていない相手に対して、「線」としての迫力が伝わる。エルドレッドが脅威の6番打者なのはもちろんだが、4番・鈴木がきちんと役割を果たしているからこそ、助っ人は下位で存分に力を発揮できる。

     その鈴木の成長を感じたのが初回の先制中前打だ。1死一、二塁。2ボール2ストライクと追い込まれた時点で、明らかに打撃を変えた。外角直球を逆らわず右中間方向へ。先制点が欲しい場面で、強引に引っ張らずケースバイケースのバッティング。これぞ4番、の対応力だった。

     広島の歴代4番といえば、法大で私と同期の山本浩二が思い浮かぶ。22歳。彼のように、向こう十何年とチームの顔になるために。緒方監督には、どんなに悪くても鈴木を4番から外さないでほしい。打てない時でも苦しませてほしい。私は阪神での現役時代、4番を外され大いに悔しがったことがある。それが発奮材料にもなった。鈴木も使い続けることで、さらに大きく育ててほしい。(スポニチ本紙評論家)


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/05/14/kiji/20170514s00001173088000c.html

    <広島4-5DeNA>◇17日◇マツダスタジアム

     広島河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)が、鈴木をかばった。同点の9回1死一、二塁から5番宮崎の右翼前方への打球を右翼鈴木誠也外野手(22)が後逸した(記録は2点適時三塁打)。


     このプレーについて、試合後「オレはああいう教え方をしている。捕れると思ったら突っ込めと。打球の切れ方とかは、誠也もまだ若いし、これから反省して成長してくれればいい」と説明した。

     さらに「絶対にそらしてはいけないとか、いろんな意見の人がいると思う。チームにとっては痛いけど、でも誰がなんと言おうとオレは曲げない。ドンピシャで捕れれば投手も救える。これからも反応よく突っ込ませて、捕れるボールを捕れるように指導していきます」と続けた。


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1825110.html

    「昨年ブレイクしましたけど、確かな実力を付けたバッターになった。自力で4番を奪ったような感じがします」

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める山本昌氏は、4月25日の巨人戦から15試合連続で4番に座る広島・鈴木誠也を絶賛した。

     昨季“神ってる”活躍で広島の25年ぶりのリーグ優勝に貢献した鈴木は、今季も10日のヤクルト戦で1試合2本塁打を記録するなど、ここまで打率.312、7本塁打、27打点と好成績を残す。打点は阿部慎之助(巨人)と並びリーグトップ、本塁打もリーグ2位につけるなど、広島打線には欠かせない存在となった。

     進化を続ける22歳の若武者に山本昌氏は「キャンプの時に取材させてもらったんですけど、今年のスイングは昨年とガラリと変わった。ワンランク上になっている。今の活躍も当然かな」と分析する。

     さらに山本昌氏は、「このまま若い鈴木選手が成長していくと、末恐ろしい4番打者になりそうですね。鈴木誠也選手はもっともっと成績をあげていきそうな気がします」と将来を期待した。

     振り返れば、開幕前に行われた『セ・リーグファンミーティング2017』で緒方孝市監督は、「鈴木誠也は昨年以上の成長が見られれば、4番に据えようかなという考えがあります。逆にプレッシャーがかかって、成績が落ちるようならば他の誰かをいれなければいけない」と期待と不安が交錯していた。鈴木はプレッシャーを見事に跳ね除け、ここまでは素晴らしい活躍をみせる。練習熱心で日々貪欲に成長を求める鈴木が将来、どんな4番打者になるのか今から楽しみだ。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00116078-baseballk-base

     「広島8-1巨人」(14日、マツダスタジアム)

     広島がカード2連勝で本拠地7連勝を飾った。先発の九里亜蓮投手(25)は6回3安打1失点の好投で3勝目。打っては、鈴木誠也外野手(22)が六回に左翼席へ決勝の8号2ランを放ち、勝利に貢献した。この日は母の日。2人で上がったお立ち台では、母へ感謝の言葉を口にした。

     母へのメッセージを問われた九里は「迷惑ばかりかけてきたので、ここまで本当にいろんな意味で味方をしてくれてありがとうと伝えたいと思います」と笑みを浮かべた。

     「本当にここまで育ててくれてありがとうって伝えたいですし、こういう日にホームランを打てたので、東京でテレビで見ていると思うんですけど、本当に良かったです」と鈴木。続けて「今日は母の日なので東京にいるお母さん、今日、俺やったよ」と声を弾ませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000163-dal-base

     「ヤクルト7-8広島」(10日、神宮球場)

     広島が、鈴木誠也外野手(22)の3安打2本塁打5打点の活躍で連敗を4で止めた。

     試合後、チームを救った鈴木について緒方孝市監督(48)は「もう4番目とは言えない。当たり前のように4番打者としてチームを救う一打を打ってくれる。頼もしい」と賛辞の言葉を並べた。

     ここまで14試合連続で、若鯉に4番を託した。「1打席1打席、ムダにしないように集中して大切にしている。良いときもあれば悪いときもあるんだけど、それをずっと続けてくれている」と指揮官も今後の打線の主軸として期待を寄せた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000146-dal-base

     広島の緒方孝市監督が27日、「セ・リーグ ファンミーティング 2017」に参加。リーグ2連覇と日本一へ向け、昨季限りで現役引退した黒田博樹投手の穴埋めをポイントに挙げた。


     緒方監督が穴埋め役として期待したのが大瀬良大地、九里亜蓮の13年ドラフト1、2位コンビだ。ドラフト1位の大瀬良は昨季、右肘痛で出遅れ、17試合登板(先発1試合のみ)、3勝1敗、防御率3.32。ドラフト2位の九里は昨季27試合登板(先発10試合)、2勝2敗、防御率4.50だった。緒方監督は「中継ぎだった大瀬良と九里。投手陣の中でも期待したい」と期待を込めた。

     打線のキーマンには田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の“タナキクマル”を挙げ、課題には“神ってる男”の4番起用を挙げた。「上位のタナキクマルはウチの看板。当然、引っ張ってもらいたい中心選手。新井は開幕で4番に座る可能性は高いです。ただ、課題は4番打者。ここに鈴木誠也が昨季以上の成長が見られれば、4番に据えようと思っている。プレッシャーがかかるなら他の選手を据えようと思う」と話した。

    「もう一度、チームの底上げ。(キャンプから開幕まで)ちょっとケガ人が出て、満足はいかないが、新たに戦力が出てくると思う。楽しみにしている」。昨季のリーグ制覇メンバーが今季もチームを支えることとなるが、緒方監督は新戦力の台頭と若手のさらなる成長を望んでいた。


    引用元 https://full-count.jp/2017/03/27/post62950/

     昨季野手では鈴木誠也(広島)、原口文仁(阪神)、桑原将志(DeNA)、倉本寿彦(DeNA)などがレギュラーに定着した。一軍に定着を目指し、若手選手などはオープン戦で必死にアピールを続ける。

     そこで気になるのが、オープン戦の勢いをそのままにシーズンでも大活躍していたかということ。近年レギュラーに定着した選手たちのオープン戦(※レギュラーに定着したシーズン)の成績を見ていきたい。

     昨季神ってる活躍で広島の25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した鈴木は、オープン戦の成績はというと、打率.375を記録したが、右足のハムストリングの筋挫傷により出場試合数はわずかに2試合だった。外野のレギュラーを争っていた野間峻祥が同年のオープン戦、13試合に出場して打率.308とアピールしており、出遅れた印象があった。

     それでも、鈴木は4月に昇格を果たすと、6月に2試合連続サヨナラ弾を放つなど、打率.335、29本塁打、95打点の活躍をみせレギュラーに定着。チームに欠かせない存在となった。

    <2016年>
    鈴木誠也
    OP戦:2試 率.375 本0 点1
    シーズン:129試 率.335 本29 点95


    15年ブレイクの森も…

     高卒2年目の15年にブレイクした森友哉(西武)も、オープン戦の出場試合数は、わずかに2試合。安打を1本も記録することができなかった。

     シーズンが始まると『6番・指名打者』で出場し、得意の打撃力で活躍しレギュラーに定着。オールスターにも出場し、清原和博が放って以来28年ぶりに10代の選手が本塁打を記録した。シーズン後半に入ると、当たりが止まった時期もあったが、最終的には打率.287、17本塁打、68打点の成績を残した。

    <2015年>
    OP戦:2試 率.000 本0 点0
    シーズン:138試 率.287 本17 点68

    山田哲人もOP戦は活躍できず…
     14年に田中浩康から二塁のポジションを奪った山田哲人(ヤクルト)も、13試合に出場して、打率.213、0本塁打、1打点とオープン戦はいまひとつだった。田中浩は11試合に出場して打率.200。両選手ともに決め手を欠く内容となったが、シーズンが開幕するとスタメンで起用されたのは若い山田だった。

     山田は3・4月打率.291、4本塁打、17打点を記録すると、5月以降は9月を除き、毎月月間打率3割をマーク。日本人の右打者ではシーズン最高となる193安打を放ち、レギュラーの座を不動のモノにした。

    <2014年>
    OP戦:13試 率.213 本0 点1
    シーズン:143試 率.324 本29 点89

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00108717-baseballk-base

     WBCの戦いを終えて帰国した広島・鈴木誠也外野手(22)が23日、千葉県成田市内のホテルで取材に応じた。侍初選出で刺激を受けた若武者。悔しい経験を糧に、次なる目標へ一歩ずつ歩んでいく決意を示した。

     最年少野手として出場したが、出場5試合で14打数3安打の打率・214と持ち前の打棒を発揮できず。「しっかり結果で応えたいと思っていましたが、結果が出なくて申し訳ないなと思います」と退任を表明した小久保監督への思いを吐露。それでも「世界の舞台でやれて、プラスになることもあった」と語った。

     2019年のプレミア12、20年の東京五輪へ「主力として出て、優勝できるよう頑張っていきたい」と前を見据えた。チームには26日に合流予定。大舞台での経験を生かし、今季のさらなる飛躍へつなげる。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/03/24/0010028660.shtml

    このページのトップヘ