広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也


    鯉のプリンスがついに化けた! 広島・堂林翔太内野手が8日のDeNA戦(マツダ)で逆転グランドスラムを放ち、チームは連敗を4で止めた。  劇的な瞬間が生まれたのは、1点を追う八回一死満塁の場面だ。「チャンスだったのでランナーを返すつもりで打席に入った」。

    DeNA・パットンの148キロ直球を完璧に捉えると、〝確信〟のバット投げ。バックスクリーンへ飛び込む3号逆転満塁弾となるのを見届けると、ベンチは大興奮の渦となり、佐々岡監督は両手を挙げて喜びを表した


    人気者の苦しみは、人気者にしかわからないのかもしれない。2安打5打点の荒稼ぎで打率は再び4割台。昨季は故障もあってプロ入り最少の28試合出場と屈辱のシーズンを過ごした男が、水を得た魚のように暴れ回っている。11年目の〝覚醒〟の陰には2人のスターの存在がある。

    1人目は昨季巨人から加入した長野。名門の看板選手が突然のカープ移籍。ただ1年目の昨季は夏場に長い二軍生活を送った。同時期にリハビリで二軍にいた堂林は、その先輩打者に四六時中、密着。「長野さんは天才。僕とは違いすぎます」と話したが、技術だけではなく、ファンの耳目を集めるプロとしてどう振る舞うか、をじっくり学んだ。

    昨季唯一スポットライトを浴びたサヨナラの瞬間、真っ先に長野と抱き合って喜んだのは偶然ではない。    

    もう一人は言うまでもなく後輩の鈴木だ。オフにはプライドを捨てて弟子入りを直訴。「誠也という球界でもナンバーワンの打者とやれるので、何か一つでも吸収してキャンプに臨んでいければ」と鼻息荒く自主トレに臨んだ。主砲も堂林の覚悟に応え、惜しげもなく打撃理論を伝授。日本の4番から吸収したエキスが今季の活躍につながっているのは間違いない。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/a4e1a66571a712fa6a2d2c063394684337ae7fe7

    <カープ観測> 広島のさまざまなデータを計測し、その裏側を探っていく日刊スポーツの不定期連載「カープ観測」。


    開幕3カードを終え、5勝3敗1分けと好スタートの要因になった攻撃力に迫る。昨季開幕9試合では鈴木誠が12打点を挙げ、総得点の約39%を1人でたたき出していた。主砲頼りの攻撃から脱却。下位打線の3人で18得点を挙げるなど厚みを増した広島攻撃陣が好発進を支えた。


    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/7e37ca3a20131cdaeb01b31232279f6fca08ca92

    バックスクリーンへの5号ソロはスタンドのドアラを襲う

    ■中日 – 広島(26日・ナゴヤドーム)  広島の鈴木誠也外野手が2打席連続の本塁打を放ち、大暴れした。26日、敵地ナゴヤドームでの中日戦。2回の第1打席で左中間スタンドへと飛び込む本塁打を放つと、4回の第2打席では中堅バックスクリーン左へ特大のアーチをかけた。


    1本目は両チーム無得点で迎えた2回だ。先頭打者で打席に入るとフルカウントからの7球目、中日先発の大野雄が投じたツーシームを捉えて左中間スタンドへ。強振しておらず、軽く合わせたようなスイングだったが、広いナゴヤドームの左中間最深部に放り込んだ。  さらに4回にはバックスクリーン左への特大アーチ。大野雄の2球目のストレートを弾き返すと、グングンと飛距離を伸ばし、カメラマンエリアに着弾した。このカメラマンエリアには中日の人気マスコット「ドアラ」の姿が。まさにドアラのいる場所を打球が襲い、間一髪でボールをかわした。


    20200626-00000022-dal-000-3-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/13686bc6e3f26f8563f7ef46a8ef328e4cec6647

    <巨人1-5広島>◇24日◇東京ドーム 開幕4連勝中の巨人をストップさせたのは、広島の4番・鈴木誠の1発だった。初回2死一塁からの2ランだが「さすが」と思わせる内容だった。

    打席を振り返ってみる。カウント2-0から内角の直球を空振りしたが、タイミング的にも完全な振り遅れだった。捕手の大城も「差し込めている」と感じたはず。同じ内角への直球を要求したが、少し甘く入った直球を、今度は完璧に仕留めてみせた。 強打者になればなるほど「差し込まれての凡打」や「振り遅れの空振り」というものに屈辱感を持つもの。少しタイミングが遅ければ「もう少しポイントを前にする」や「立ち遅れないようにしよう」と修正する。言葉でいうのは簡単だが、さすがは球界を代表する打者だけあって、見事に対応してみせた。

    20200626-00000022-dal-000-3-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/56c2af56c4e74ccfaeceac5020ca49fc93566d38

     開幕2戦目にソロと満塁本塁打を放ち連勝スタートに貢献した広島・鈴木誠也(25)は翌日も試合前から明るい表情を見せてくれた。  ベンチで練習開始を待つ間、中崎翔太のサングラスを手にする塹江敦哉を見ると、鈴木誠も興味津々となり、自身もそのサングラスをかける。真剣な表情で目を見開きながらレンズの調子を確かめ、口をとがらせて笑顔になる。その姿を見つめていた中崎、坂倉、塹江、そしてこの日がプロ初先発の森下暢仁(23)は思わず爆笑した。


    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/353217861836628a68b147b6db47f531b3e0e64e

    <DeNA5-10広島>◇20日◇横浜 あっぱれな2発だ! 広島鈴木誠也外野手(25)が、今季1号&12球団最速となる満塁本塁打の2発5打点の活躍でチームを開幕2連勝に導いた。


    3点ビハインドの6回に右中間への1号ソロで反撃ののろしをあげると、8回2死満塁から左越えのグランドスラムで試合を決めた。広島の4番には頼れる主砲がどっしりと構えている。


    kayama-1



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ca6a13f90709287ed19d986b75e98f2b54d3077f

    広島、そして侍ジャパンの主砲・鈴木誠也外野手(25)が今季のプロ野球開幕を翌日に控えた18日、自身のブログを更新。改めて全力プレーを誓った。  「いよいよ開幕します。」のタイトルで5月5日以来44日ぶり、今年3度目のブログ更新。「皆さん こんにちは、こんばんは。カープファン プロ野球ファンの皆さん、もちろん僕らも 待ちに待ったシーズンが開幕します」と書き出すと、「見えない敵はかなり強敵で まだまだ油断は禁物ですが 規則を守りながら 僕たちは精一杯全力でプレーします。皆さんも、テレビ前で全力応援よろしくお願いします」とメッセージを送った。

    kayama-1



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/0daa599e8707f6b79961d1ee559aa50bf16e2ee0

    <3連覇思想>

    広島にリーグ3連覇をもたらし、新しく日刊スポーツ評論家に就任した緒方孝市氏(51)が「3連覇思想」と題して連載を執筆。2回目は緒方氏が好選手の“要素”について語ります。


       ◇   ◇   ◇

    すっかり日本の4番打者になった鈴木誠也、この日は二盗、三盗で走れるところを見せていた。監督時代、彼を注意したのは一度だけだと思う。その原因にもなるのだが、誠也のどこが人と違うと言って、その負けず嫌いぶりだ。打てないと異様に悔しがるのだ。

    その姿を見て自分の現役時代を思い出した。例えば阪神が「JFK」で優勝した05年。左腕ジェフ・ウイリアムスのスライダー、調子がいいときは空振りした後にそのまま腹にボコッと当たるんじゃないかと思うほどキレが良かった。

    そんな球を投げられ、三振すれば悔しいのは当然だ。同時に頭のどこかで「あの球は仕方ないだろう」と思う部分もあった。あのスライダーは誰も打てない。納得というよりも素直にそう思っていた。

    だが誠也は違う。相手がどんな好投手であっても勝負どころで打ち取られると荒れる。ベンチに戻ってくると鬼のような形相でバットを投げ、ヘルメットを投げ、揚げ句の果てに革手袋をびりびり引きちぎる。

    現役時代の同僚で言えば前田智徳氏(野球解説者)がそんな感じだった。彼がヘルメットを投げる場面はよくあった。だが誠也はそれ以上に荒れていた。

    あるタイミングで誠也を呼んだ。悔しくて荒れるのはいい。しかしベンチの中でやるとテレビカメラに抜かれる。誠也にあこがれている野球少年はそれを見てどう感じると思う? どういう印象を与えると思う? そんな話をした。誠也はすぐに理解、納得し、それからベンチの中で暴れることはなくなった。

    そこが誠也のすごさだと思う。あれほどの振る舞いをする闘争心と指摘をすぐに理解する知性が同居している。だからここまで存在感のある選手になったのではないかと思っている。

    大瀬良大地もそうだ。藤浪晋太郎に死球を食らったときに「いいよ、いいよ」と笑顔で応じたことがあった。若い人は「神対応」とか言っていたようだが、戦いの中でそれでは困る。

    監督室に呼んで「いい人はグラウンドの外でやってくれ」と言った。人柄のいい男だが、指摘の意味は分かってくれたと思うし、だからこそ今の立場があるのではと思う。

    監督、コーチの指導、考えを理解し、実行できればベストだ。しかし理解できるレベルに来ていない選手もいる。実績を残すには知性が必要だ。指導者もそういう部分を見ていく必要はあると考えている。(日刊スポーツ評論家)



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/82e61f6c5e86a1936be4a5b41157455ab0f3f45f

     広島・鈴木誠也外野手(25)が23日、マツダスタジアムで行われた実戦形式の打撃練習で本塁打を放ち、順調な調整ぶりを示した。

     床田に対し、中前に安打性の打球を放った後の2打席目だった。甘く入った初球のスライダーを捉えた打球は左翼フェンスを越え、スタンドの鯉党から拍手が注がれた。

     主砲は一発について「たまたま、です」と一切慢心はない。まだ“試運転”の段階で、球界を代表するスラッガーが結果に関心を示さないのは、当然と言える。朝山打撃コーチは「ほとんど心配していない」と全幅の信頼を寄せる。

     本人は「変化球への目慣らしと、球場の雰囲気ですかね」と現状のテーマを口にし「練習の力感と、試合の力感は違う」と冷静に分析した。だからこそ、今後は「打席数、対戦をなるべく取りたい」と、生きた投手の球を打席で体感する機会を増やしていく構え。投手との対戦で感覚を養いながら、開幕への調整を重ねていく。

     チーム練習が再開した21日から、スタンドではファンの練習見学が可能になった。「自粛でストレスもたまっていたと思う。少しでも楽になってもらえれば」と背番号1。チームの大黒柱は、抜かりなく準備を進める。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-00000031-dal-base

    待望の開幕に向け、指揮官が動いた! 佐々岡真司監督(52)が19日、監督就任後初めて打撃投手を務めた。A班野手の全体メニュー終了後、鈴木誠、ピレラ、野間ら6選手を相手に約30分、右腕を振り続けた。現役時代には先発100勝100セーブを記録したエースが往年の投球フォームから宝刀カーブも披露。22日から実戦形式の練習を再開する野手のために、指揮官が一肌脱いだ。


       ◇  ◇  ◇

    グラブをはめた左手を引くのでなく、下ろしながら投げる往年の投球フォームを披露した。佐々岡監督が居残り特打に参加した鈴木誠や新助っ人ピレラら6選手を相手に約30分間、約150球の熱投を見せた。2軍投手コーチだった18年以来、監督就任後では初の打撃投手。22日から実戦形式の練習が行われる野手を鼓舞した。

    指揮官は屋内練習場で抑え候補のフランスアとキャッチボールを終えると、グラウンドに戻った。そしてグラブを手にマウンドに向かった。「軽い気持ちだよ。昔はなかなかいいカーブを投げるって言われたけどね。(今は)大したことないよ」。謙遜したが、現役時代にセ・リーグの強打者をきりきり舞いにさせた宝刀カーブや、ツーシーム、チェンジアップなどの変化球も交えた。100勝100セーブを記録した大投手との対戦に、選手は思わず笑顔になった。野間は「ありがたいですし、いい練習になりました。今まで見たことないくらいのカーブでした」と喜んだ。

    佐々岡監督は就任時から掲げる「一体感」を自ら実践する。4班の分離練習では担当外のB班練習日に休日を返上してスタンドから視察。分離2班制に戻った初日の17日も、午前組が終わった後も球場に残って、スタンドから午後組の練習を視察した。選手と直接コミュニケーションがとれなくても、状態把握に努めた。

    先延ばしとなっているシーズン開幕は最短で6月19日。「投手だけでなく野手も競争になると思う。限られた試合数から絞り込まないと。(開幕が最短)19日であれば1カ月で考えないといけない」。21日からA班とB班が同時間に練習する集合練習が始まる見込み。22日にはシート打撃も予定される。開幕へ向けた段階は着実に上がっていく。【前原淳】



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/64436f68e28576ffee085ef3a9fd0cca9bac6d3b

    このページのトップヘ