広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    今村猛

     「ウエスタン、中日4-3広島」(17日、ナゴヤ球場)

     2軍調整中の広島・今村猛投手が登板し、1回を無安打無失点に抑えた。

     最速144キロを計測し、見逃し三振も奪ったが、畝投手コーチは「変化球が多かったね。真っすぐを投げきれての変化球」と指摘。直球の精度向上を求めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000122-dal-base&pos=1

    <阪神6-11広島>◇24日◇甲子園

     広島が点の取り合いを制し、今季5度目の同一カード3連勝を飾った。1-1の6回、鈴木の適時打など集中打で5点を勝ち越し。だがその裏に2点を返され、7回も3点を取られて追いつかれた。それでも9回にはドリスのバント処理のミスによる敵失から勝ち越し点が生まれ、さらに鈴木の満塁アーチでとどめを刺した。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。



     -最後に再び突き放した

     緒方監督 野手がもうひと踏ん張り最後の力を出し切って、9回に相手の抑え投手から点を取って勝ちをものにできた。5点差を追いつかれたのは早めに継投に出た自分の責任。

     -リードを許さなかったのが勝因か

     緒方監督 アドゥワにしてもピンチを迎えたけど、粘って投げきってくれた。

     -鈴木が満塁弾

     緒方監督 本当に野手の頑張りには頭が下がる。

     -リーグ再開後3連勝

     緒方監督 次、またマツダからしっかり頑張って戦っていくだけ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00248612-nksports-base

    ● 阪神 3 - 11 広島 ○
    <10回戦・甲子園>

     広島が一発攻勢を見せ、阪神戦4連勝。約2カ月ぶりの一軍登板となった先発・野村は、6回途中無失点で今季3勝目(1敗)を手にした。阪神は引き分けを挟み、今季3度目の4連敗。ヤクルトと並びリーグ最下位へ後退した。

     広島は初回、3番丸が10号2ランを右翼席へ運び先制。丸は5回にも11号ソロを右翼席へ運び、交流戦ラストの日本ハム戦から、3試合で計4発となった。6回には8番西川が2号3ランを放ち6-0とリードを広げた。

     3点差に詰め寄られた8回には、4番鈴木が左犠飛を放ち再び4点差。9回には途中出場・下水流の2号2ラン、代打・松山の2点適時三塁打で、ダメ押しの4点を加えた。終わってみれば13安打で11得点。計4本塁打の一発攻勢が光った。

     4月26日のDeNA戦(横浜)以来、約2カ月ぶりの一軍マウンドとなった先発・野村は、3回まで無安打投球。中盤以降は走者を背負う投球が続いたが、2併殺を奪うなど持ち味を発揮した。球数が100球を越え5回2/3で降板したが、4安打3奪三振2四球で無失点。自らの復帰戦を白星で飾った。

     阪神は前夜同様、相手先発から得点を奪えず、終盤7回に3点を返すのがやっと。岩貞は丸への2被弾による5回3失点で、3敗目(3勝)を喫した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00157013-baseballk-base

     「交流戦、広島3-0楽天」(10日、マツダスタジアム)

     勝利の方程式が盤石リレーで同一カード3連勝を呼び込んだ。今3連戦は計1失点で、今村猛投手、ジェイ・ジャクソン投手、中崎翔太投手の3人に限れば計7回無失点。喫緊の課題だったチームの投壊を止め、広島・緒方孝市監督は「先発投手がゲームを作ってくれて、中継ぎもしっかり仕事をしてくれてね」と目を細めた。


     まずは今村だ。0-0の七回に2番手で登板し、2死から茂木に左中間二塁打を浴びたが、銀次を二ゴロに封じた。「0点に抑えられればと上がった。チームが勝ったので良かった」。直後の決勝点を引き寄せ、自身の2勝目を記録した。

     3点リードの八回に登板したジャクソンも難なく3人斬り。最終回のマウンドには守護神・中崎がマウンドに上がった。1死二塁のピンチを招いたが、後続を抑え歓喜の輪へといざなった。3連投も苦にせず「疲れ?特にはなかった。しっかりゼロでいけたのは良かった」。17セーブ目でリーグ単独トップにも躍り出た。

     楽天戦前の交流戦3カードは、8試合のうち6戦で7失点以上。一時は12球団ワーストの交流戦防御率だったが立て直した。今3連戦での投手陣を畝投手コーチは「低めに集めていた」と評価し、「その意識をずっと持ってくれれば」と期待した。強固な方程式とともに生んだ流れを12日・オリックス戦からもつなげていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000036-dal-base

     ヤクルトの球団マスコット・つば九郎が2018年4月4日、一部ファンの過度な野次について、「ひんのない、きたないやじはやめましょう」とブログで苦言を呈した。

     3日に神宮球場(新宿区)で行われた試合では、ヤクルトの川端慎吾選手(30)が頭部死球を受け倒れ込み、球場が騒然となる場面があった。つば九郎のブログによれば、この死球に激怒したヤクルトファンの一部が、相手投手に心無い野次を飛ばしていたという。

    ■頭部死球にヤクルトファンから怒号

     アクシデントが起きたのは7回裏だった。広島の中継ぎ・今村猛投手(26)が投げた一球が、打席の川端選手の右側頭部付近に直撃。ヘルメットは衝撃で大きく吹っ飛び、川端選手はグラウンドに倒れ込んだまま動かなくなった。

     この投球は危険球と判定され、今村投手は退場処分となった。川端選手は担架でベンチ裏へ運ばれ、そのまま途中交代した。その後の精密検査では異常なしと診断されたが、死球直後の球場は騒然。ライトスタンドのヤクルトファンからは怒号が飛び交った。

     頭部死球を受けた川端選手について、つば九郎は4日未明に更新したブログで、「めちゃめちゃしんぱいです」とコメント。「みなさん、しんじましょう!」と無事を祈りつつ、「まえにすすむしかないんです!」とも呼び掛けた。

     その上でつば九郎は、「やくるとすわろーずふぁんのみなさん、かーぷの、いまむらくん、わざとあてたわけではありません」とも指摘。翌日以降の試合でも今村投手が登板する可能性は十分にあるとして、

      「ひんのない、きたないやじはやめましょう」

    とファンに呼びかけた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000006-jct-ent

     「ヤクルト-広島」(5日、神宮球場)

     広島・今村猛投手がプロ野球史上27人目となる通算100ホールドを達成した。

     2点リードの七回に登板。先頭の奥村を空振り三振に取ると、広岡を左飛、中村を三ゴロに抑え、難なく1回を無安打無失点で切り抜けた。プロ初ホールドは2011年6月26日・中日戦に記録している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000136-dal-base

     今村!? いえいえ、大瀬良です。広島大瀬良大地投手(26)が21日、今村猛投手(26)のユニホームを着てブルペン投球を行った。

     ブルペンに姿を見せた大瀬良のユニホームは、背番号16、今村のものだった。ややサイズが小さいユニホームも気にせず、実戦を想定。5分のインターバルを1度空け、カウントを数えながらの投球も行った。

     力強い投球にも、ユニホームを忘れる失態に「恥ずかしいです」と苦笑いだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00131647-nksports-base

     広島の今村猛投手(26)が22日、マツダスタジアムでの合同自主トレに合流した。9日から20日に帰国するまでの約10日間、ハワイで初の海外自主トレを行ってきた。プロゴルファーのトレーナーが同行し、野球とは違った側面から体の動かし方を学んだ。新たな知識を得て臨む今季、守護神の座を目指す。

     寒空の広島とは対照的に、常夏のハワイで行ってきた体作りに手応えがある。こんがりと日焼けした今村の顔には、充実感がにじんでいた。初めての海外自主トレを完了。他競技から得た新たな知識を今シーズンに生かしていく構えだ。

     「野球ではなく、これまでとは違う方向からアプローチをしたいという思いがあった。知り合いのトレーナーと一緒にやりました。ゴルフの方で、いろいろな体の動かし方をやりました。短い時間だけど勉強できました」

     投球とゴルフのスイングは「体重移動だったり、体の動かし方だったりが似ている」と言う。ともに腰の回転運動を軸に投球はリリース、一方はインパクトの瞬間に爆発力を出す。「無駄な動作がないようにして、ベストなパフォーマンスを出したい」。体の動きが生み出すエネルギーを効率よくボールに伝達できれば、相対的に投球のレベルアップが実現する。

     今村は11~13年に3年連続で50試合以上に登板したが、翌14年は17試合、15年は21試合にとどまった。勤続疲労によって体が重く、本来の力を発揮できなかったのが要因だ。

     年間を通してツアーを回るプロゴルファーにとっても、疲れを蓄積しないことは活躍するための重要な要素。右腕は昨季まで2年連続で60試合以上に投げた。今回、効率よく体を動かす方法を学んだことで日々の疲労を軽減し、今季は同じ轍(てつ)を踏まないという狙いがある。

     春季キャンプでは個別調整が許可されている。日南でのブルペンは「ガツガツ投げない。動きを確かめる程度」。首脳陣からの信頼は厚い。開幕から逆算して徐々に状態を上げていく。

     昨季は一時、守護神を務めた。「まずは試合に投げることを優先したい」とした上で「できればいい」と力を込めた。この日、所用でマツダスタジアムを訪れた畝投手コーチは「高い意識を持って取り組むのは良いこと」と中崎との激しい競争による、個々のレベルアップを歓迎した。

     「やれることをやっていく。その積み重ねです」。自然体を貫く背景には今季への自信がある。ゴルフトレで右腕はさらに進化する。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/01/23/0010920483.shtml

    このページのトップヘ