広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    東出輝裕

     「DeNA1-4広島」(18日、横浜スタジアム)

     不動のトップバッターだった広島・田中がこの日は7番に降格した。東出打撃コーチがその意図を明かした。

     2015年10月7日・中日戦(マツダ)以来となった田中の7番起用について、「打てないから。状態が悪すぎる。1番はチームに勇気を与えないと。泥臭く、塁に出ないといけない」と言い切った。

     今後も結果を求める考えだ。レギュラーの条件を「結果を出してチームの勝利に貢献できる選手。丸も菊池も誠也も同じ」と説明。この日の田中は4打数ノーヒット、2三振と結果を残せなかったが、「去年は最多安打のタイトルを取って打破してきた」と復調に期待を寄せていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000137-dal-base

    【赤坂英一 赤ペン!!】「今この位置(1位)にいられるのは奇跡ですよ、奇跡。まさか、開幕したころ新井さんと誠也(鈴木)が一緒にいなくなるとは思わなかった。DeNAでいえば、筒香とロペスが抜けたようなものだったんですから」

     広島・東出打撃コーチが、そう言って苦笑していた。それぞれ下半身に故障を抱えていた鈴木が4月18日、新井が5月11日、さらに丸が25日に一軍復帰。ようやく中軸が揃ったものの、まだ楽観はできない。

    「誠也はやっと試合に出られるようになれたといっても、スタミナ的にはまだまだです。キャンプをまともにやっていないから、シーズン中に出場しながら体をつくっていかなきゃいけない。本人もよくわかっているでしょう」

     前任者の“優勝請負人”と呼ばれた石井琢朗打撃コーチがヤクルトに移籍し、自分が一軍のメインとなった1年目、こうも打線を組むのに四苦八苦するとは想像もしなかったという。が、その半面、主力の穴を埋める若手や控えの台頭も著しい。中でも、東出コーチを喜ばせているのが、長年伸び悩んでいた野間の大化けだ。

     野間は4年目の今年、鈴木やバティスタらが不在だった間に外野の準レギュラーに定着。足と守備はチーム一との評価が定着していたが、課題だった打撃も打率3割を超え、勝利に貢献できるほどに成長した。

     東出コーチは2年前から、毎日のように野間の早出特打に打撃投手として登板。今年はキャンプから「野間は変わりました。必ず出てくる。琢朗(石井コーチ)さんに言っといてください」と予告していたほど。

    「野間の打率が伸びているのは、一軍での慣れや経験が大きい。以前はたまに使われると、当てにいって足で内野安打にすることが多かったけど、最近はしっかりと捉えて外野へはじき返している。ただ、そのうち相手も簡単に打たせてくれなくなる。そのときに対処できるかどうか、勝負はこれからです」

     そう言う東出コーチは、野間のような若手にチャンスを与えるたび「チャンスはピンチだぞ」と言っている。せっかく一軍で抜てきされても、結果を出せなければ二軍落ちさせられかねない。だから常に「チャンスはピンチ」なのだ。これ、首位を走るカープにもあてはまる言葉だろう。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000011-tospoweb-base

     広島・東出輝裕打撃コーチ(37)が8日、三塁のスタメンを競わせると明言した。レギュラーの安部が不振で、雨天中止となったこの日の中日戦は庄司がプロ初スタメンの予定だった。9日には右打者の美間が1軍昇格する。今後は相手投手や調子によって日替わりスタメンとなりそうだ。

    【写真】離脱者が相次ぐ中、首位キープ その選手層の厚さとは

     ゴールデンウイークが明け、三塁サバイバルが勃発した。昨季リーグ4位の打率・310をマークした安部がまさかの不振。ここまで打率・212と低空飛行が続き、雨天中止となったこの日は、ついにスタメンから名前が消えていた。

     「リセットもあるし調子を上げてもらわないと困る選手だから。ヒットを欲しがって、状態も悪い。数字も見えてしまうからね」

     タナキクマル、鈴木に続く真のレギュラーと期待する東出打撃コーチはそう説明した。この日は右打者よりも左打者の被打率が高い左腕・浜口が先発予定だったため、庄司をスタメンに抜てき。9日は予告先発が東と発表され、2軍で打撃好調を維持している右打者・美間の1軍昇格が決まった。

     今後は基本的に三塁は日替わりスタメンとなる見込み。チームでは丸が抜けた中堅も野間や高橋大、下水流らが争う。東出コーチは「常にラストチャンスと言っている」と尻をたたきながら、「経験値を上げるチャンス。こういう機会はめったにないよ」と続けた。

     「悔しさしかない。自分の結果でそうなっている。守備、走塁、打撃。チームの勝利のため切り替えて、やれることをやっていく」

     再び競争の中に身を投じる安部は危機感を募らせて、鋭い視線を前に向けた。安部、美間、庄司、ファームには西川もいる。チームが首位を快走する中、ホットコーナー争いが再び熱を帯びそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000028-dal-base

     「広島3-2巨人」(3日、マツダスタジアム)

     赤ヘルの中心3人が今季14度目の逆転勝ちを呼び込んだ。まずは4番の鈴木だ。2点を先制された直後の二回。吉川光のスライダーを振り抜き、左翼後方の防球ネットに跳ね返る特大弾。昨年8月以来となる2戦連続アーチで劣勢ムードを吹き飛ばした。


     「相手の流れでズルズルいかないように、あそこで1点取れたのは良かったです」

     六回、バティスタの適時打で同点に追いつくと、「タナキク」が試合を決めた。八回、田中が中越え二塁打で好機を作り、続く菊池が2球目をバスター。マシソンの速球を鮮やかに右前にはじき返し、右翼・亀井が打球処理にもたつく間に、田中が本塁を陥れた。

     お立ち台に上がった菊池は「初球のスライダーが抜けていたので、次は真っすぐが来るかなと思っていた。流れを変えたいと思って、思い切って打ちにいきました」と話した。指揮官の「最高の2番バッター」という短い言葉が信頼の証しだ。

     開幕前、緒方監督が期待の選手として名前を挙げたのが田中、菊池、丸、鈴木の4人だった。4月上旬に鈴木が一時離脱、今度は丸が故障で離れたが、強さは不変。東出打撃コーチは「(丸は)代えのきかない選手だけど、うちは代えのきかない選手がたくさんいるから」とうなずく。鯉の季節を迎え、勢いは加速。このまま首位を走りそうな気配だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000038-dal-base

    【赤坂英一 赤ペン】「琢朗さん(石井琢朗打撃コーチ)がウチにいる間に、一人前にしようとしていた選手がいるじゃないですか。野間、堂林、美間…今年は彼らが伸びています。一人前になるのはもうちょっと先かもしれませんけど。ぼくがそう言っていたと、琢朗さんに伝えてください」

     広島の日南キャンプ、東出打撃コーチが張り切っている。ヤクルトに去った「琢朗さん」こと石井コーチに代わって、今年からメインの打撃担当に昇格。打線にさらなる厚みを加えるべく、とりわけ若手や控えを連日熱心に指導中だ。

    「野間は練習でボールをつかまえるのが上手になった。堂林も、形にこだわった打ち方から脱皮しつつある。あれが実戦でもできるようになってくれば面白い」

     一方、いま最もレギュラーに近いのが西川だ。

    「今年は安部とサードの定位置争いをするんじゃないか。安部も去年10年目でサードに定着しましたが、西川も今年3年目ですごい勢いで伸びている。オフの間もしっかり練習してきた。もともと西川の打撃センスは天才的ですからね」

     そんな西川と安部の組み合わせは「チームとしても実に理想的なライバル関係」だと東出コーチは言う。「中堅の安部、伸び盛りの西川が争えば打線の総合力がグッと上がるから」だ。

    「そういう意味で捕手の会沢(12年目)、坂倉(2年目)にも同じことが言える。まあ、会沢がポジションを譲ることはまだまだないだろうけど、坂倉の打撃はもう一軍レベルです。泥臭く練習に打ち込む姿勢もいい。近い将来、レギュラーをうかがえる存在になってくるでしょう」

     捕手といえば、今年のドラフト1位新人・中村奨もいる。チーム内には二軍でじっくり育てるべきとの意見もあるが「ぼくとしては今年中に一軍の試合で打席に立たせてみたい」と東出コーチはこう言った。

    「自主トレから練習を見てますが、タイミングの取り方とスイングの軌道がいいんです。引っ張り専門かと思ったら、ボールの内側に入るのも上手だし。木のバットとプロの球に慣れたらどれだけ打てるか、見てみたい。甲子園で6発も打ったほどだから、もともと実戦向きのタイプだと思うんですよね」

     前向きなコメント力でも「琢朗さん」に引けを取らない東出コーチ、いまから赤ヘル打線が爆発するのが楽しみだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000007-tospoweb-base

     ヤクルトは9日、今季限りで広島を退団した石井琢朗打撃コーチと河田雄祐外野守備走塁コーチの就任を発表した。ともに、広島をリーグ連覇へと導いた存在だ。石井コーチは、現役時代を含め広島に9年在籍。16年からは打撃コーチとなり、セ界最強打線をつくりあげた。



     石井コーチが選手を教える立場となり、信念としたのが「型にはめない」という考え方だった。「自分の持っている理論を披露するのが、コーチではないと思っている。それこそ、おしつけになってしまう。どちらかというと僕の引き出しを全部開けて、選手に持って行かせる、選ばせるという感じだった」

     現役時代、自らが積み上げてきた技術や理論が、それぞれのコーチにはあるはずだ。石井コーチにも、もちろんある。だが、教えるのは過去の自分ではなく、まして年齢やタイプが異なる選手たちだ。だからこそ、その選手に合った指導を心掛けてきたという。

     その引き出しは多岐にわたる。打撃コーチ就任直後の練習では、文字を書いた球でティー打撃を行うことで動体視力を養った。

     原点は自ら歩んできた道にある。ドラフト外で投手として大洋(現DeNA)に入団。1年目でプロ初勝利を挙げたものの、4年目から野手に転向した。「たくさんのことを監督、コーチに教えてもらった。0からのスタートだったから何でも吸収した。野手で入っていたら、それなりの先入観とか今までやってきたものあって、それが邪魔をして入ってこないことがあったかもしれない」

     石井コーチのDNAは、東出打撃コーチと迎打撃コーチに継承されている。秋季キャンプでは、フリー打撃を行う打者に、専門職のバッティングピッチャーではなく、野手が打撃投手を務めるメニューが加わった。専門でない人が投げることで、球筋は適度に荒れ、緊張感が保たれる。東出コーチは「試合ではエンドランのサインが出る。どんな相手でも絶対に振って当てないといけない。そういう力を磨いていければいい」と狙いを説明した。練習に飽きさせず、これまでと違った視点を持つことで、得るものはある。工夫をこらして、選手の成長を促している。(デイリースポーツ・市尻達拡)
    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/11/12/0010723890.shtml

    このページのトップヘ