広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    東出輝裕

     広島・長野久義外野手が11日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加した。外野ノック、打撃、走塁練習など全メニューを終えた後に特打を敢行。約1時間、松山と共に快音を響かせた。

     シーズン開幕が近づくにつれ、スイングスピードは鋭さを増しており、東出打撃コーチも「全然振れている」と太鼓判。今週中にもオープン戦で外野守備に就く予定だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000118-dal-base

    ◆オープン戦 広島12―5DeNA(9日・福山)

     広島打線が乱打戦を制して逆転で大勝。オープン戦は無敗の4連勝となり、単独首位に立った。

     1点を追う3回1死二、三塁。西川龍馬内野手(24)がDeNA先発・京山のカットボールを右前に運んだ。逆転の2点打に「苦い思い出払拭打? そうやって書くんでしょ。いいですけどね」とニヤリ。2年前、同じ福山でのオープン戦で右膝に自打球を当てて骨挫傷。開幕1軍を逃したつらい記憶を、快打で消し去った。

     この日は「3番・中堅」で先発出場。ここまでプロ相手の対外試合9試合で4番は全て鈴木が務めているが、前を打つ3番は長野1試合、バティスタ1試合、坂倉4試合、そして最近3試合は西川と、4人が入れ替わりで座った。3番有力候補の野間が、侍ジャパンの合宿に招集されて不在。東出打撃コーチは「(鈴木)誠也は前後を打つ打者がカギだが、今は(3番に)西川がハマっている。(鈴木と)同級生だし、すんなりハマってくれればいい」。最近3試合で11打数4安打3打点4得点と好調を維持する西川が「開幕3番」を勝ち取ることを期待した。

     キャンプ中の2月18日、韓国・KIAとの練習試合で積極打法の長野が3番に入った。鈴木は「(昨季までの3番)丸さんは初球からバンバン振らないが、チョーさんは初球からブンブン振る。なるべく早くスタイルを知っていきたい」とネクストサークルでの心の準備の変化について言及した。しかし、この日は「(3番に)誰が入っても自分の打撃に影響はない。誰が入ってもしっかりコミュニケーションを取りながらやればいい」と話した。

     既に気心の知れている西川が3番に入れば、さらなるコミュニケーションは不要ということ。迎打撃コーチも「誠也が勝負してもらえるような(5番打者がいる)打順にしないと」と話すように、「3番・西川」を含め、主砲・鈴木の前後を固める打者の出来が4連覇のカギを握りそうだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000187-sph-base

    侍ジャパン選出の広島野間峻祥外野手(26)は7日の練習後、チームを離れる。

    オープン戦打率3割3分3厘も、2試合連続先発落ちするなど状態は良くない。そんな中での侍招集に「恥ずかしいですね」と苦笑い。それでも「(試合に)出られれば自分ができることをやる」と切り替えた。


    東出打撃コーチは「ちょっとしたきっかけで変わることもある」と期待を込めて送り出す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-03060660-nksports-base

    <練習試合:広島8-0韓国KIA>◇18日◇沖縄・コザしんきんスタジアム

    広島鈴木誠也外野手がKIA戦でチーム1号を放った。

    4番右翼で先発。1回1死一、二塁でカウント2-2と追い込まれながら、右腕ハン・スンヒョクの直球を右翼席に運んだ。「打席的にもあんまりいい内容じゃなかった」と話したが、東出打撃コーチは「けが以外の心配はまったくしていない。日本シリーズから2ランク上がっている」と全幅の信頼を寄せた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-80000851-nksports-base

     高卒ルーキーながら1軍キャンプに抜てきされた広島の小園海斗内野手が、初めてのプロ野球キャンプに臨み、ノック、フリー打撃などのメニューをこなし初日を終えた。

     ノックでは日本球界を代表する名遊撃手・田中広輔内野手と共に遊撃のポジションについた。「今までテレビで見てきた人のプレーを目の前で何度も見られました。緊張しっぱなしでした。自分はポロポロやって(落として)しまっていましたが、田中さんは確実性がある。今の自分にはないです」とプロのレベルを体感した。

     打撃練習ではロングティー打撃で5本を打った後に東出打撃コーチからある助言をもらった。「自分はどうしても球が前にスライスしてしまうところがあるんですけれど、(同時期にフリー打撃をこなしていた)松山(竜平)さんと同じだから、松山さんを見てみろと言われたんです。

     しばらく先輩の打撃を観察し「下半身の使い方を参考にしていました」と振り返った。その後のフリー打撃では107スイングで右方向に柵越えの一打を放った。センター方向、右方向にもフェンス直撃の強い当たりを飛ばすなど、コツは徐々に掴めている様子。最後はウエイトトレーニングで体作りに励むなど、朝から晩まで野球漬けの1日だったが「大丈夫です。バテていません!」と笑顔を見せる場面もあった。

     練習中には昨年まで広島でプレーし、キャンプ視察に訪れていた新井貴浩氏に挨拶する一幕も。「(宝塚出身の)自分と新井さんの自宅が近いねって言っていただきました」。今日を迎えるにあたり、先輩からは「分からないことがあれば何でも聞いてこい」と言われたそうで「周りの方に色々声を掛けていただいて、何とか終えることができました」と口にした。地元・兵庫から駆け付けた母・こず江さんがスタンドで見守る中、最後まで18歳らしい姿を見せつけていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00290820-fullcount-base&pos=5

    名物トレの洗礼!? 広島東出打撃コーチが、新加入長野をキャンプの名物メニューで歓迎すると宣言した。

    「長野にもやってもらうよ。キャンプに参加しているなら当然。免除はない」と言ったのは、各クール最終日に横並びで一斉に行うロングティーのことだ。1人1かご約300球で、緒方監督がトス役の場合は400球以上になることもある。疲労が蓄積した下半身の力を使わなければ飛距離が出ず、選手は最後の力を振り絞るようにバットを振る。若手でも悲鳴に似た声を上げながらバットを振り、全て打ち終わると、その場に倒れ込むこともある。

    長野には全体練習の一部免除はあっても、名物メニューは免除なし。その体に広島流をたたき込んでもらうつもりだ。まずは2月3日の第1クール最終日に広島キャンプの洗礼を浴びることになる。この日は大野練習場での合同自主トレを視察した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00448898-nksports-base

     広島・東出輝裕打撃コーチが9日、大野練習場を訪れ、巨人へFA移籍した丸の人的補償で獲得が決まった長野久義外野手の活躍に太鼓判を押した。



     開口一番、「やると思う。メンタルが強いから」とニヤリ。長野の長所は「天性のヘッドの使い方」にあると言い、「技術が高い。プロに入ってきた時から『コイツは違う』と思っていた」とべた褒めだ。

     現状は左翼の起用が有力だが、相手投手によって中堅で起用する可能性も示唆。また、ベンチスタートの場合は「代打の切り札にもなる」と勝負強さにも期待した。日本一の使者へ、ポスト丸、ポスト新井として、期待は膨らむばかりだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000102-dal-base

     2018年シーズンを最後に、20年間の現役生活にピリオドを打った広島の新井貴浩氏。DAZNでは、オフの新番組「Home of Baseball」の配信を2日から開始し、その中で新井氏へのロングインタビューを行った。2016年に現役引退した黒田博樹氏とともに、広島のレジェンドとして巨人に続く2球団目となるセ・リーグ3連覇に貢献した新井氏が、カープへのチーム愛、選手たちとの絆、自らの歩んできた道について語り尽くした。最終回は20年の現役生活を振り返り、自分を支えてきたものについて語っている。



     新井氏は決してエリートコースを歩んできたスラッガーではない。プロ入りも1998年ドラフト6位と下位指名。東都大学リーグの名門・駒大の出身で、リーグの打点王・ベストナインに選ばれた経験はあるものの、大学時代の本塁打はわずか2本。広島工高時代も甲子園には縁がなかった。カープ名物の猛練習で鍛え上げられ、プロ野球でも屈指の強打者になった努力の人だ。

    「まずはやっぱり両親ですよね。丈夫な体に産んで、育ててくれましたから。僕なんか特にセンスがあったわけでもないですし、それがこうしてできたっていうのもカープの厳しい練習に耐えられた体があってこそなので、やっぱり両親に一番感謝しています」

     プロでの練習は、キツく苦しいということしかなかった。

    「(練習は)全部キツいですね。もう入団して何年かは本当に苦しかった。どうやって手を抜こうかとばかり考えてましたからね。キャンプはキャンプでキツいですし、シーズン入っても『お前らなんかにシーズンもクソもない、もう1年中キャンプだ』ってずっとキャンプみたいなことやらされてましたから。とにかくキツかったです」

     自主性も何もない、ついていくのが精いっぱいの猛練習。考える余裕などなかったが、それが身になったからこそ今の自分がある。だから、新井氏は「やらされる練習でも身になるものはある」という、独特の考えを持っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00261486-fullcount-base

     広島・東出輝裕打撃コーチが8日、マツダスタジアムを訪れた。

     10日から宮崎・日南で秋季キャンプがスタート。テーマは「課題の克服とレベルアップ」で、強化指定選手を問われると、「野間、坂倉、西川、曽根」の名前を挙げた。

     また今季限りで新井が現役を引退。後釜となる右打者については、「堂林」「下水流」の名前を挙げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000095-dal-base

    このページのトップヘ