広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    前田智徳

     リーグ4連覇を目指す広島が厳しい状況に立たされている。広島は2019年8月22日、マツダスタジアムでヤクルトと対戦し、7回降雨コールド4-8で敗れた。高卒2年目の山口翔投手(20)が先発し、2回3安打3失点でKO。最下位ヤクルトに痛い1敗となった。首位・巨人が敗れたため、巨人とのゲーム差は変わらなかったが、残り26試合で6.5ゲーム差。巨人は早ければ23日にも優勝マジックが点灯する。

     先発・山口がまたも試合を作れなかった。2回、先頭・村上宗隆内野手(19)にソロ本塁打を許し、2死から小川泰弘投手(29)に四球を与えると、その後も制球が定まらず2つの四球で2死満塁に。山田哲人内野手(27)に2点タイムリーを浴び、この回3点を失った。6月21日のオリックス戦では、試合中に緒方孝市監督(50)から公開説教を受け、1回KOの7月9日には試合中に宿舎に強制送還...。この日の試合後には2軍降格が決まった。

    ■丸が抜けた穴に続き、主力選手の不振が

     この日は上位3チームが敗れたため、上位チームのゲーム差に変動はなかったものの、試合数は着実に減っている。3位DeNAには0.5ゲーム差、4位・阪神には4ゲーム差に詰め寄られている。逆転優勝どころか、クライマックスシリーズ(CS)進出が心配されるところまで追い詰められている。

     昨オフに打線の主軸を担った丸佳浩外野手(30)がFAで巨人に移籍し、戦力ダウンは否めなかった。それでもナインのほとんどがリーグ3連覇を経験しており、開幕前からリーグ4連覇の可能性は高いとされていた。大方の予想をよそに、丸が抜けた穴は大きく、リーグ3連覇を支えた田中広輔内野手(30)、守護神・中崎翔太投手(27)の不振、そして勝負どころの夏場にサビエル・バティスタ内野手(27)のまさかの戦線離脱。リーグ4連覇の夢は風前の灯火となっている。

     広島のV逸で注目されるのが、指揮官の進退だ。今シーズンはチームの好不調の波が大きく、連勝と連敗を繰り返してきた。また、指揮官による公開説教や鉄拳制裁なども見られ、田中の起用を巡る采配も鯉党から批判を浴びた。いまや常勝軍団と化し、優勝して当然とされる赤ヘル。今シーズンの采配も踏まえて、指揮官がV逸で問われる責任は決して小さくはないだろう。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000002-jct-spo

     「マイナビオールスターゲーム2019」(12日・東京ドーム、13日・阪神甲子園球場)に先立って7月11日に六本木ヒルズアリーナで前夜祭が行われ、トークショーに野球解説者の前田智徳氏(48)、川上憲伸氏(44)、森本稀哲氏(38)が登場。前田氏は、2007年のオールスター第1戦で代打ホームランを放ち、ベンチでセ・リーグの落合博満監督(65)とハイタッチをした際のエピソードを披露した。


     数々のオールスター出場歴を誇り、2005年の第2戦ではMVPも獲得した前田氏。そんな前田氏が、ユーモアたっぷりに2007年のオールスターでのホームランと落合監督との交流について語った。

     オールスター前に肉離れを起こしていた前田氏は、スタメンではなく代打要員としてベンチで待機。試合前には落合監督から直々にバッティングを教わっていたそうで、けがを抱えながらもその教えを「試したら打てた」と当時を振り返った。

     落合監督時代の中日でエースとして活躍した川上氏は、「落合さんがホームラン打った選手とハイタッチするシーンなんて初めて見ましたから、よっぽど嬉しかったと思うんですよ。普段はベンチにずっと座ったままですから」と指摘。落合監督はそれ以外のオールスターでも前田氏を隣に座らせることが多かったそうで、他チームにも関わらず大のお気に入りだったという。

     当時の交流について「話し相手がいなかったんでしょうね。そういうことでしょ?」と冗談を交えて振り返っていた前田氏。2007年のオールスターに限らず、若手時代からチャンスを見つけては「雲の上の存在」の落合監督に練習方法などを質問していたという。川上氏は「天才同士じゃないと話が伝わらないから」としみじみと語り、圧倒的なバッティングの才能を持った2人ならではの世界があるのでは、と分析していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00010034-abema-base

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が15日、自身のブログを更新。広島OBで野球解説者の前田智徳さん(48)と交わした切ない会話の内容を明かした。

     「とうきょうどーむで、びさひさの~おとももち!?」と「マイナビオールスターゲーム2019」(12日=東京D、13日=甲子園)で前田さんと再会したことを報告した、つば九郎。

     「まえださんから、つばくろう、れんぱいのときは、どんなかんじだったとか、どうあかるくしてったの~など」と聞かれたとし、「だいじょうぶです、やまないあめはない。あけないよはない。ってはなし~」とキッパリ明るく返したという。

     前田さんが2013年限りで現役を引退するまで23年間ひと筋にプレーした古巣の広島は現在1分けを挟んで20年ぶりの11連敗中。一方、ヤクルトは6月1日までプロ野球記録に「あと2」と迫るセ・リーグワーストタイの16連敗を喫している。

     カープ伝説のOB前田さんと、野球を愛してやまないつば九郎の切ない会話だが「さいごまえださんが、まだわからんぞ、あきらめたらあかんぞ!CSは、どこにでもちゃんすはあるから!!!っと、はげましてくれました」とか。最下位に低迷するヤクルトはすでに自力Vが消滅しているが「きょうからこうはんせん、ちょきんのあるちーむから、まずは☆もぎとるぞ~!!!」とセ・リーグの貯金独占状態の首位・巨人との3連戦での白星ゲットに意気込むつば九郎だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000204-spnannex-base

     広島・鈴木誠也外野手が、15日のヤクルト戦(マツダスタジアム)でサヨナラ本塁打など2本塁打を含む4安打5打点と大活躍。大逆転劇の主役を担った。弱冠24歳だが、昨年までのチーム3連覇に主軸として貢献。4連覇を目指すチームにとって欠かせない4番として君臨する。



     5日の巨人戦(マツダスタジアム)では、通算100号本塁打を放った。プロ入り7年目、24歳8カ月での大台到達は、球団最年少記録を更新した。2012年度のドラフト2位で二松学舎大付から広島に入団。1年目から2軍の強化指定選手となり1軍も経験。2015年に1軍に定着し、翌年から不動のレギュラーとなり常勝チームの主軸として3連覇に貢献した。

     こどもの日に少年少女に夢を与えるメモリアルアーチ。「ホームランバッターと思ってプロに入ってきたわけではない。何でこんなに打てているんだろうというのが正直な気持ちです。100号本塁打はすごくうれしいですけど、こればかりに走らず、しっかりと自分の打撃を続けていきたいです」とコメントしたのが印象的だ。

     抜群の身体能力に加え猛練習をいとわない。「野球を楽しむことが一番。細かいことを気にしすぎると、本来のことが分からなくなる。どのスポーツも一緒。僕もそれだけは忘れないようにやってきました」と子どもたちにメッセージを送ったが、野球にいちずなところはだれにも負けない。

     これまで幾度とケガで3軍調整を余儀なくされたことがある。大野室内練習場で復帰を目指す鈴木を見守った浅井樹3軍統括コーチの言葉を思い出した。「誠也はよく練習する。リハビリのメニューを消化しても2軍の選手がティー打撃とかしていたらバットをもってウロウロしている。隙があれば打とうとしていたね」。

     24歳8カ月での100号到達は1995年、江藤智の25歳0カ月を24年ぶりに更新して、球団最年少記録となった。節目の本塁打を放って以降も4番として活躍を続ける。ヒーローインタビューで「最高でーす」と笑顔をふりまく裏では、練習を率先してできる能力があるからだろう。「好きこそ物の上手なれ」ということわざがある。それを地で行くのが鈴木誠也だ。(デイリースポーツ・岩本隆)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000068-dal-base

    <練習試合:広島8-0韓国KIA>◇18日◇沖縄・コザしんきんスタジアム

    広島鈴木誠也外野手(24)が18日、初の対外試合となったKIAとの練習試合(コザしんきんスタジアム)でチーム1号を放った。 4番右翼で先発。1回、1番田中広から菊池涼、長野と続く打線で1死一、二塁の好機で登場。カウント2-2から右腕ハン・スンヒョクの直球を右翼スタンドにたたき込んだ。それでも「追い込まれるまでの内容がよくない」と、満足していなかった。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-80000692-nksports-base

    広島が23日、ファン感謝デーを行い、鈴木誠也外野手(24)が野間と松山とともにトークショーに登場した。

    来季から背番号1に変わることについて「背番号が変わろうが、変わらず自分らしくチャラけてやっていこうとかと思います」と笑った。

    今季は昨年の右足首の骨折から復帰。何度か戦列を離れながらも、シーズンを完走した。「今年は日本一になれなかったですけど、僕自身はやり切った。悔しさもありながらホッとした。ようやく終わったんだなと思った」。人知れず戦い抜いた1年を振り返った。

    最後にはファンへ向かって「背番号も変わり、心機一転、ケガをしないように頑張ります」と来季への誓いで締めくくった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00400474-nksports-base

     広島が19日、来季の背番号変更を発表した。

     4番に定着した鈴木誠也外野手が「51」から「1」となる。鈴木は今季、124試合に出場して打率・320、自己最多の30本塁打、94打点。背番号「1」はレジェンドの前田智徳氏が現役引退した13年以来、6年ぶりの復活となった。



     鈴木は「うれしいです。カープの中でも伝統のある数字だと思う。周りからの期待は今年以上になると思うので、それに応えられるようにしっかりやっていきたい」と表情を引き締めた。

     また鈴木球団本部長は「重みがある番号。この背番号を背負えるのは誠也しかいない。3年間、安定した成績を残している」と経緯を語った。

     FA権を行使せずに残留を決めた松山竜平外野手は「44」から「55」、日本シリーズで貴重なバントも決めた曽根海成内野手が「59」から「00」になることも決まった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000048-dal-base

     広島・緒方孝市監督(49)は2015年の就任1年目こそリーグ4位に終わったものの、その後3連覇。5年目となる来季の続投は確実となっている。

     野村謙二郎前監督(52)を含め、広島はこれまで5年を一区切りとするケースが多かった。この法則に当てはめれば、緒方監督は来季いっぱいということになる。とはいえ、チームはV3で黄金時代に突入。経営陣からの評価も高く、長期政権の可能性が出てきた。

     そうなると「順番待ち」の監督候補は待ちぼうけである。広島ほどズラリと並ぶ球団は他にないからだ。

     候補とされるのは佐々岡真司二軍投手コーチ(51)、前田智徳氏(47)、黒田博樹氏(43)。広島の某OBがこう言う。

    「順番はともかく、いずれ全員がやる。これがカープなんです。そこに今季限りでの引退を表明している新井(貴浩=41)も加わった。そして、黄金時代が到来したことで、球団内で再評価の動きがあるのが野村前監督。丸を筆頭に、菊池、田中、鈴木誠也ら、現在の主力を1年目から辛抱強く起用しながら育成したことで、5、5、4、3、3位だった功績を見直そうという声がある。野村2次政権があるかもしれないのです」

     かつて「ミスター赤ヘル」こと山本浩二氏(71)が1989~93年、2001~05年と5年ずつ2度、計10年間指揮を執っている。

    ■人材難にあえぐ巨人と阪神

     対照的なのは、いずれも就任3年目を終えようとしている巨人と阪神である。

     巨人・高橋由伸監督(43)は2位、4位ときて、今季は06年以来となる12年ぶりのシーズン負け越しが決定。3位争いをするのがやっとの状態だ。それでも山口寿一オーナーは「(若手で台頭している)岡本らが成績を残しているのは、監督やコーチ陣が若手を育てようとしたのも大きかった。監督には十分にチームを整えて腕を振るってもらいたいと考えている」と9月半ばに来季の続投を示唆。しかし、3日になって急転直下、由伸監督の辞任が決定。後任には原辰徳前監督(60)の復帰が内定している。球界の歴史でも数少ない3度目の登板である。「他に候補がいないんですよ」と読売関係者がこう続ける。

    「長らく大本命のまま、一向に煮え切らない松井秀喜(44)以外の確固たる監督候補がどこにも見当たらない。斎藤雅樹投手総合コーチ(53)や、よく名前が挙がるOBでDeNA前監督の中畑清(64)は現実的ではないし……。それなら現役の阿部慎之助(39)の方がいいんじゃないか、なんて関係者もいるほどです」

     阪神はさらに顕著だ。金本知憲監督(50)は最初の2年契約を4位、2位で終え、昨オフに新たに3年契約を結んだ。が、6日現在、借金16、最下位とボロボロである。

     もし今季、最下位で終わるようなら、電撃解任の可能性はある。次期候補には、矢野燿大二軍監督(49)、掛布雅之オーナー付シニアエグゼクティブアドバイザー(63)、岡田彰布氏(60)といった名前が挙がるものの、広島のように、この3人が「必ずやる」わけでは、もちろんない。契約途中という理由で、既定路線はあくまで続投なのだ。

    「マスコミがいろいろ名前を挙げてはいるけど、これといった人材がいないから、いつも監督問題は紛糾するし、混迷する。広島はしっかり次が待っていていいですよね」(阪神OB)

     広島は現在5人が順番待ち。仮に1人5年として来季以降の緒方監督の延長分も含めれば、およそ30年先まで監督には困らない。指揮官の人選に関わる巨人、阪神のお偉いさんたちは、うらやましいに違いない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000010-nkgendai-base

     高卒2年目の広島坂倉が26日、視察した阪神掛布オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)に警戒された

     「打つことに関しては昔の前田(智徳)のように仕留められるタイプ。1球でね。ミスをしない。2軍監督で見てすぐにいい打者だと思った」と絶賛された。シート打撃で中前打を放った19歳は「うれしい限りです」と喜んでいた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00136800-nksports-base

    このページのトップヘ