広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    前田智徳

     「巨人5-9広島」(12日、東京ドーム)

     広島・新井貴浩内野手(40)が2打席連続本塁打と大暴れした。これで通算2120安打となり、球団OBの前田智徳氏を抜き、中日・小笠原道大2軍監督に並んだ。絶好調のチームは開幕から4カード連続の勝ち越し。1分けを挟んで連勝は9まで伸びた。鯉のぼりの季節を待たずして、早くも独走状態に入りそうな勢いだ。



     華麗なバット投げを封印し、フォロースルーのまま打球の行方を見届けた。2-2の三回1死一、三塁。2打席連続弾は、G党でオレンジに染まる右翼席へ放り込んだ。レジェンド道を突き進む新井が勝ち越し3ランでチームを9連勝に導いた。

     「しっかり下半身で打てた感じです。基本は真っすぐを打つことが大事。チャンスを作ってくれたので、しっかりかえすことができて良かったです!」

     孤高の天才を抜き去り、侍と肩を並べた。1本目は2点を追う二回だ。内角低めのカットボールをすくい上げ、左翼席へ突き刺した。「(先取点を)取られた後の回だったので、ホームランになって良かったです」。前日11日は今季初めてスタメンを外れて、休養は十分。ルーキー床田を勇気づける2号ソロだった。

     「よく調べるね~。全然知らなかった」

     球場入りの際に通算安打記録を知った。この時点で通算2118安打。あと1本で広島OBの前田智徳氏、2本打つと中日の小笠原2軍監督と肩を並べる。「いまいちピンと来ないな。すごい人ばかりで…」。先輩の前田氏は新井の入団当時、バリバリの主力打者で「雲の上の存在だった」という。

     小笠原2軍監督は06年の第1回WBCのチームメート。04年のアテネ五輪で共に戦った黒田氏から紹介を受け「すごくかわいがってもらった。食事にも連れて行ってくれたよ」と懐かしそうに振り返っていた。恐縮しきりの新井も堂々のレジェンドだ。

     「新井サンとカントリー(エルドレッド)が目の覚めるようなホームランを打ってくれてお見事!ビックリしたよ」。新井の2打席連発は13年5月7日・巨人戦(東京ドーム)以来。ベテラン2人の活躍に緒方監督も最敬礼だ。

     これでチームは1分けを挟んで9連勝。開幕から4カード連続の勝ち越しは84年の6カード、87年の4カードに次いで30年ぶり3度目だ。「みんな自分の役割を果たして、いい感じでつながっていると思う」と新井。王者が記録的な強さで首位を突っ走る。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000028-dal-base

     広島の鈴木誠也が22日の阪神戦(マツダスタジアム)で9回に藤浪からソロ本塁打を放った。これが今季28本目で、カープの高卒4年目の数字では前田智徳の27本を超えた。

     末恐ろしい22歳だ。藤浪の直球を完璧にとらえバックスクリーンへはじき返した。優勝決定後、上位打線が軒並み調子を落とす中で、鈴木は結果を残し続けている。

     背番号51の大先輩に当たる前田と、今季大ブレイクを遂げた鈴木の4年目(鈴木は9月23日時点)の成績を比較してみた。

    〇鈴木 126試合、打率.336、28本塁打、94打点、16盗塁
    〇前田 131試合、打率.317、27本塁打、70打点、10盗塁

     一概に比較はできないが、天才の異名を取った前田を数字上では完全に上回っている。ドラフト制後、歴代をさかのぼって主な高卒野手の4年目と比べても、鈴木の成績は際立っている。


    引用元 http://full-count.jp/2016/09/24/post46636/

     新たな伝説の幕開けだ。4年目の鈴木は交流戦中の3戦連続決勝弾など「神ってる」活躍でレギュラーに定着するなど大ブレーク。1993年に27本塁打を放った前田智徳以来となる球団3人目の高卒4年目での20本塁打もクリアした。V決定試合でも2本塁打を放った若鯉が、新たな目標としているのが、偉大な先輩のつけていた背番号1の継承だ。

     悔しさから始まったシーズンだった。キャンプ中の練習試合で右太もも裏を痛めて戦線離脱。レギュラー奪取を期していたのに開幕二軍スタートとつまずいた。しかし、満を持して4月5日に昇格すると走攻守で高い能力を発揮。6月17、18日のオリックス戦では史上10人目となる2試合連続サヨナラ本塁打、同19日にも決勝弾を放った。そのとき緒方監督が発した「神ってる」というフレーズは流行語になるほど浸透した。

     4年目の大ブレーク。レギュラーに定着したばかりか、打率3割3分3厘はリーグ2位で、逆転首位打者となればMVP候補に浮上してもおかしくない状況だ。それでも鈴木は現状を謙虚に受け止めている。なぜなら、将来的に背番号1を背負う大きな野望を秘めているからだ。

    「1」は2013年限りで現役引退した前田智徳氏(現評論家)が背負っていたもの。「孤高の天才」「侍」と評されて絶大な人気を誇ったため、簡単につけることは許されず、後継者探しは難航。現在は“空き番状態”となっている。

     しかし、今季の活躍でチーム内からは「持っている能力が一級品であることは間違いない。それに加えて重圧に負けないハートの強さもある。誠也なら、あの番号に恥じない活躍をすることができる」(チーム関係者)と鈴木に後継者としての期待が掛けられ始めている。そしてなにより鈴木自身も「『1』はカープにとって特別な番号。いつかはつけたいという思いはある」と熱望しているのだ。

     簡単に手にできるとは思っていない。「今の自分ではダメ。今年くらいの成績を最低3年は残さないといけない」。背番号1をつけるため、来年以降も高い数字を残し続けるというノルマを自らに課している。

     前田氏も入団当初は今の鈴木と同じ51番を背負っていた。“誠也伝説”は始まったばかりだ。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/592054/

     「広島-中日」(16日、マツダスタジアム)

     広島が相手の隙を逃さず一挙、6点を奪った。0-0の三回1死満塁。菊池の遊撃へのゴロで、併殺を狙った中日・阿部が捕球ミス。相手失策で先制点を奪うと、そこから一気にたたみかけた。なおも1死満塁から丸が右前2点適時打。ルナの左犠飛で加点し、とどめは鈴木だ。

     バルデスの内角球を振り抜き左翼席の看板にぶち当てた。27号2ランに「打ったのは直球。積極的に行けました。自分のスイングで捉えることができました」と汗をぬぐった。

     広島の選手で、高卒4年目で20号に到達したのは「鉄人」衣笠と「天才」前田、そして鈴木の3人しかいない。この一発で、前田の27本塁打に並んだ。「僕に無駄な打席は一つもないんです」と言い続ける22歳。今季、急成長を遂げた若鯉に慢心はない。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000094-dal-base

    このページのトップヘ