広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    黄金時代

    【名伯楽・内田順三「作る・育てる・生かす」】#27

     私のコーチ人生の「原点」といえる話だ。

     広島でコーチになって3年目。一軍打撃コーチ時代に初めて「私がつくった」といえる選手に出会った。1984年のドラフト2位で入団した正田耕三には、私の方が指導者として勉強させてもらった。

     この頃のカープは強かった。内野には高橋慶彦、山崎隆造、外野には山本浩二さん。ほぼ不動のメンバーで戦っていた。二塁のレギュラーを狙う正田から「どうしたらスタメンで試合に出られるようになりますか?」と聞かれた。入団当初は守備固め、代走要員という形が多く、先発出場は少なかった。右打席での打撃を見ると、逆方向には打てるがパワー不足。特徴もなかった。「足を生かすためにもスイッチヒッターになったら?」と挑戦を勧めた。

     古葉竹識監督に正田のスイッチ転向プランを伝えた。チーム内ではすでに高橋、山崎の2人が成功していることもあり、「バッティングを向上させるには、スイッチもいいんじゃないか。やらせてみたらいい」と了承された。本人には「バットを抱いて寝るぐらいじゃないと成功しないぞ」とハッパをかけ、左打ちの特訓が始まった。

     カープの寮と当時の私の自宅が近かったこともあり、毎朝9時に開始。マウンドから距離を半分にした所に立たせ、打撃マシンの“超速球”を打たせた。バットが遠回りすれば、まず当たらない。当てるには、どう構え、どう肘を使い、どの角度でバットを入れるのか。バットの軌道を考え、最短距離で出すことが目的だ。

     10日間くらいはバットにかすりもしない。それがチップをするようになった。目が慣れてくると、少しずつ前に飛ぶようになり、ついには芯に当たるようになった。朝の室内練習場で500~600球。こうして1シーズンのうちのほとんど毎日、顔を合わせて指導した。朝と夜、1日合計で1000球は打たせたと思う。

    ■常に二人三脚で練習

     その時点では、まだ誰にも見せていない。正田と私、2人だけの練習だった。遠征先の夜間練習で素振りをする際やグラウンドで練習する時は右打席のみ。モノになるか分からない左打者の練習は、“時間外”に量を振るということで、シーズンの初めから続けてきた。

     最も幸運だったのは、常に二人三脚でできたこと。普通、若手は何打席か打たなければすぐに二軍に落とされてしまう。しかし、正田には守備力と走力があった。レギュラーでなくても、守備、代走要員として一軍に居場所があった。一軍コーチだった私のマンツーマン指導が可能だったのだ。

     85年は2位でV逸。シーズン終盤、古葉監督は私に言った。

    「誰か若手を打席に立たせていいぞ」

    「正田に打たせます」

    「分かった」

     中日の速球派・小松辰雄との対戦が絶好の腕試しになると思った。さらに古葉監督に「正田を左で打たせてみます」と申告すると、驚いた表情でこう言った。

    「な、なんで左?」

     古葉監督は以前に言ったことをすっかり忘れていた。

    (内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200229-00000013-nkgendai-base

    1980年代、産声を上げたばかりの韓国のプロ野球のチームに、日本で活躍した在日コリアンの選手たちが入団し、韓国野球のレベル向上に貢献した。

    その中の一人、故・福士敬章投手(韓国名・張明夫)の生涯を、武蔵野美術大学の韓国人留学生、李泳坤(イ・ヨンゴン)さん(26)が、卒業制作のドキュメンタリー映画「玄界灘の落ち葉」にまとめた。

    弱小チームで30勝を挙げたが、4年で燃え尽き、薬物事件で韓国を追われた幻のヒーロー。「福士選手の話だけじゃない、その背景に潜んでいる日韓関係の問題や、その中で苦しむ在日という存在についても、多くの人に見て、考えてもらいたい」と話す。

    巨人から韓国に渡り、3年間で計54勝をあげて日本球界に復帰した新浦壽夫投手(韓国名・金日融)や、日韓両国で監督を務めた白仁天氏らの活躍を覚えているのも、韓国ではもはや40代後半以上。20代の李さんはなぜ、福士投手に光を当てようと思ったのだろうか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00010003-huffpost-int

    【ネット裏 越智正典】広島34年ぶりの日本一はならなかったが、CSが始まろうとしていた10月11日、最終ステージで待ち構えていた広島の松田元オーナーが「優勝パレードは日本一になったときだけ」と言明したのは見事な選手激励だった。

     1974年、セで優勝した中日が名古屋まつりとぶつかった地元の熱望を断れず、チームを二分し、分隊を長嶋茂雄現役引退の巨人戦の後楽園球場へ。本隊はパレード。監督与那嶺要は泣いた。「みんなでパレードをやりたかった」。ドラは日本シリーズでロッテに負けた。

     カープの勝利の歴史は63年松田恒次オーナー(日本野球機構への正式届けは2月26日)の決断で初の県外キャンプに始まる。それまで、呉二河球場。雨の日はからだを動かさなかったからと、晩ごはんが焼きそば一皿の日もあった。

     キャンプ地を探せ! マネジャー竹内鉄男(法政大)が九州へ。どこもいっぱい。日南に球場があるらしいと聞き、宮崎の宮田旅館に一泊。翌朝バスでガタガタ道を3時間。青空、防風、町の人々の人情。あったあー。

     キャンプイン当日、一行は空路広島から鹿児島。着陸したとき機内の拍手はやまなかった。日南天福球場には歓迎の鯉のぼりが泳いでいた。横溝桂はいいボールが用意されていたのに感激。もう、変形したボールを金槌で叩いて直さなくてよい。

     カープは70年(4位)秋、アリゾナ州フェニックスのアストロズの教育リーグに三村、山本一義、山本浩二、衣笠ら6選手を送った。71年(4位)秋には同、ブルワーズに3選手。引率のコーチ、終戦直後の阪神の速投げ人気投手野崎泰一は、出会ったインディアンスの“火の玉投手”ボブ・フェラーと意気投合した。

     その71年秋、代表西野襄は恒次オーナーの意を汲んで72年の予算に「練習費」なんと、5000万円を組み込んだ。そして春、アリゾナ州ツーソンのインディアンスのキャンプへ。ナインはあの猛烈ジョー・ルーツに出会う(2月25日~3月17日)。当時快打選手、現スカウト、チーム編成の異彩、苑田聡彦ら36人。秋はパイレーツの教育基地、フロリダ州ブラデントンへ(10月31日~11月24日)。OB金山次郎、長谷川良平に臨時コーチを委嘱。43人。大デモンストレーションである。山本浩二、衣笠祥雄は結局、アメリカで計3度腕を磨く。

     赤へル軍団誕生前夜、北米を旅行中の私はパイレーツのGMジョー・ブラウンに自宅に招いて頂いた。「ヒロシマの選手はラブリーだ。みんな礼状をくれた。きっと黄金時代を作る」。氏はヤンキースを倒すのに選手の躾を貫いてワールドチャンピオンになった。

     75年10月15日、広島は初優勝。結団以来、風雪26年。銀座に行かなかった苑田らは、ビールかけの両国の宿舎から隅田川の土堤を歩いて、粋な向島へ。料亭で賑やかな三味線に合わせて太鼓を叩いて勝利のよろこびに浸った。夜が明けた…。 =敬称略=
     (スポーツジャーナリスト)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000001-tospoweb-base

    【日本シリーズ】鯉と鷹の物語(3)

     阪神でエースとして君臨していた江夏豊投手が、江本孟紀投手らとの交換で南海(現ソフトバンク)へトレードされたのは1976年。本人は「今でも阪神の江夏と思っている」と不満を口にしたが、ホークスで捕手を兼任する野村克也監督との出会いが、野球人生の大きな転機となった。

     肩と肘の不調に苦しむ左腕は翌77年の開幕後、「投手の革命を起こしてみろ」という指揮官の殺し文句で先発から救援へ転向。22セーブポイントを挙げて最優秀救援投手に輝いたが、シーズン終盤に野村監督が解任されたため、他球団への移籍を希望し、広島へ金銭トレードとなった。

     広島では79年の近鉄との日本シリーズ第7戦の九回に無死満塁の大ピンチから1点リードを守りきりチームへ初の日本一をもたらした“江夏の21球”はあまりに有名だ。同年のセ・リーグ最優秀選手に輝き、「MVPはリリーフでも獲れると立証された」と喜んだ。

     南海、広島での江夏氏の活躍が、日本のプロ野球に抑え投手の仕事を確立したといっても過言ではない。(浦)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000521-san-base

    【日本シリーズ】鯉と鷹の物語(1)

     1975年、広島を悲願のリーグ初優勝へと導いたのが古葉竹識監督。広島の選手時代は走攻守三拍子そろった内野手として活躍したが、70年から現役最後の2年間は南海(現ソフトバンク)でプレーし、引退後は捕手を兼任する野村克也監督のもと、まずは2軍でコーチ修行に励んだ。

     当時の南海はデータや基本重視の“シンキング・ベースボール”を旗印とし、「いろいろ勉強させてもらった」と古葉氏。1軍コーチとなった73年にはパ・リーグ優勝も経験し、「われわれチームだけでなく、南海ファンの喜ぶ姿が印象的だった」と振り返る。

     翌74年も野村監督に留任を求められたが、広島の新監督に就任した専大の先輩、森永勝也氏に請われて古巣へコーチとして復帰。75年シーズン途中の5月に39歳で監督へ昇格し、大胆かつ細心の采配でペナントレースを制した。

     「僕が引っ張ったのではなく、選手が僕を引っ張ってくれた」が優勝当日のコメント。その後3度の日本一に輝いた古葉野球の源流は南海にあったといえそうだ。(浦)

        ◇

     広島-ソフトバンクという初の顔合わせとなった今年の日本シリーズ。実は両チームは昔から人的交流が盛んで双方にゆかりがあり、球界に足跡を残した人物も少なくない。その歴史をひもといてみた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000546-san-base

     衣笠祥雄氏の訃報(ふほう)について、広島の監督として現役時代の衣笠氏を指導し、1975年のセ・リーグ初優勝、79、80、84年の3度の日本一を成し遂げた古葉竹識氏は「涙が出ました。サチが私より先に逝くとは」と取材に答えた。

     「最後に会ったのは2月ごろ。体調を心配していたのですが、本人は『大丈夫よ』と。私が監督時代、本当によく頑張ってくれました。79年に死球を受けて亀裂骨折した時も、私に『絶対出たい』と言ってきた。だから『よし、大事なところで使うから、準備しておけ』と伝え、代打で使ったんです。ひどいケガにも負けなかったから、2215試合連続出場ができた。プロとしてファンを喜ばせたいという責任感の強い選手でした。お疲れ様、ありがとうと言いたい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000067-asahi-spo&pos=3

    f32a8e8fbd0bd104bed37a9b06cca7b2

    maxresdefault

     ◇セ・リーグ 広島3―2阪神(2017年9月18日 甲子園)

     広島のリーグ連覇は1979、80年以来、37年ぶりだ。当時、守護神として連覇に貢献した江夏豊氏(69=野球評論家)が当時を振り返った。(聞き手・内田 雅也)

     18年間のプロ野球生活で広島にいた3年間が最も幸せな楽しい時期だった。80年は開幕前から「勝てる」感覚があった。79年に優勝して適材適所で人材がいた。決して層が厚いわけではなかったが、監督の古葉さん(古葉竹識氏)が「この場面ではこの選手」という用兵を把握していた。

     レギュラーをつくるのは比較的簡単だ。問題は代打、代走、守備要員、投手なら中継ぎ、リリーフをいかにつくり、うまく起用していくかにある。その点、今の緒方監督も選手の特長を生かしてやりくりしている。センターラインの1、2、3番を固めた。15年の就任後、実績のなかった中崎を抜てきするなど今の継投の形をつくった。しぶといチーム。連覇もうなずける。

     南海時代の77年に野村克也監督から「革命を起こそう」と言われ、リリーフ専門となった。79年は広島に移って2年目。春にサチ(衣笠祥雄氏)が「おい、今年は優勝するぞ」と言った。「ウチの穴をおまえが埋めてくれたからな」との言葉はうれしかったが、半信半疑だった。何しろ自分は優勝を知らない。阪神で73年に巨人と最終戦まで優勝争いを演じたが、当時のカープはまた雰囲気が違った。チーム一丸というのかな。自分もその空気に乗せられていった。

     カープでは首脳陣が選手と同じレベルで悩んでくれたり、相談に乗ってくれた。キャンプ地の日南は昼間は喫茶店、夜はスナックになる店があってね。首脳陣と一緒にわいわいやった。恐らく今のカープもそんな雰囲気じゃないのかな。家族と言えば親子だが、首脳陣とも兄弟という間柄のような関係にある。それもまた強みかもしれん。(談)

     ◆江夏 豊(えなつ・ゆたか)1948年(昭23)5月15日、奈良県生まれ。大阪学院高から66年1次ドラフト1位で阪神入り。68年、プロ野球新記録のシーズン401奪三振。73年にはノーヒットノーラン達成。76年に南海へ移籍し抑え投手に転向。78年に広島へ移り、2連覇に貢献した。81年に移籍した日本ハムでも優勝。84年西武で現役引退した。通算206勝158敗193セーブ、防御率2・49。

     ▽広島の前回連覇 1975年の初優勝から4年、79年は7人が規定打席に到達する盤石のレギュラー陣で優勝した。高橋慶彦が初の盗塁王、山本浩二が初の打点王。投手陣は南海から移籍2年目の江夏豊が9勝22セーブで初のMVPと最優秀救援に輝き、北別府学が17勝を挙げた。近鉄との日本シリーズを制し初の日本一。第7戦のラストは9回無死満塁をしのぐ「江夏の21球」だった。

     翌80年はマジック2で迎えた10月17日に阪神とのデーゲームに勝ち、新幹線で大阪から広島へ移動中に2位・ヤクルトが敗れて連覇を決めた。山本が本塁打、打点の2冠王でMVP。江夏が9勝21セーブで2年連続の最優秀救援を獲得した。
    引用元 https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20170919_0075/

     ◇セ・リーグ 広島3―2阪神(2017年9月18日 甲子園)

     前回連覇時の監督だった古葉竹識氏(81=現東京国際大野球部名誉監督)は「広島の良き伝統は今も息づいている。若くて、走れる。今も37年前と同じだ」と語った。

     79、80年。山本浩二、衣笠祥雄が目立つ打線で、2年連続盗塁王の高橋慶彦、山崎隆造ら若手が育ちつつあった。「彼らのように走れる選手が何人もいた」と、リーグ唯一の3桁盗塁を誇る今のチームに当時を重ねる。「打線が投手陣を助けたのも似ている。逆転の機運が常にあった」と言葉を続けた。

     「木庭教スカウト部長とはチーム編成に関して連日のように話し合った」という。自前の選手を育てて、勝つ。変わらない伝統がうれしい。「おめでとう。今年こそ日本一に輝いてほしい」と目を細めた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000075-spnannex-base

    このページのトップヘ