広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    黄金時代

     今季は37年ぶりのリーグ連覇を狙う広島。開幕戦に敗れた直後から引き分けを挟んで10連勝するなど好調を維持し、セ・リーグ首位に立っている。スタートダッシュの勢いもそのまま、昨シーズンに続きリーグ優勝を果たすのか

     かつて広島で5度のリーグ優勝、3度の日本一を経験し、黄金期を牽引した高橋慶彦氏も、古巣の躍進に期待を寄せる1人だ。現在は福島・郡山に本社を置く住宅販売・設計施工会社「ウェルズホーム」で広報部長を務める高橋氏は、俊足を武器に盗塁王を3度獲得。プロ入り後にスイッチヒッターに転向し、1979年には33試合連続安打の日本記録を樹立した。

     昨季、圧倒的な強さでリーグ優勝した広島は、盗塁やエンドランなど機動力を生かした攻撃をチームカラーとした。1979年、80年、85年と3度盗塁王に輝いた高橋氏は、盗塁成功のカギについて「失敗を恐れず、走れる時はどんどん走ればいい」と話す。

    「僕は盗塁死の数も多いです。失敗を恐れず、走れる時はどんどん走ればいい。選手はアウトになるのが怖いです。『ここでアウトになったらチームに迷惑をかけてしまう』と考えてしまいますから。自分が走塁コーチを務めていた時には選手にもよく言いましたが、失敗を気にすることはないと思います」

     NPB歴代5位となる通算477盗塁を誇る高橋氏だが、同時に通算盗塁刺も206と多く、通算1065盗塁の日本記録を持つ福本豊氏の299盗塁刺に次ぐ歴代2位となっている。盗塁を決めた数は大事だし、成功率は高い方がいい。だが、何より大切なのは「どれだけホームに戻ってきているか」だと話す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00010004-fullcount-base

     25年ぶりにリーグ優勝を果たした広島カープ。この優勝を75年の初優勝に重ねる向きも多い。41年前、不動のリードオフマンとしてチームを牽引したのが大下剛史氏は“暴れん坊軍団”と呼ばれた東映では切り込み隊長として活躍した選手だ。

     彼はどのようにして広島を変えたのか。当時を洗いざらい語ってもらった。(その1はこちら http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50787)


    流れを変えた、捨てゲーム

     二宮 1975年の初優勝でカギになった試合は? 
     大下 6月19日のヤクルト戦じゃろうね。この試合までカープは5連敗しとった。もう投げさせるピッチャーがおらん。それで監督の古葉(竹識)さんがワシと(山本)浩二とサチ(衣笠祥雄)を呼んで「明日は、若い永本(裕章)を投げさせようと思うんだ」と言ったんだ。

     二宮 永本は4年前に地元の盈進高からドラフト2位で入団したピッチャーで、ボールは速いがノーコンで通っていました。

     大下 そうそう。それで古葉さんは、こう続けた。「もう、これ(永本)しかおらんから負けてもいい。なんならオマエらは休んでもええぞ」と。

     二宮 いわゆる“捨てゲーム”だったわけですね。

     大下 その試合にカープは3対1で勝ったわけよ(永本は六回三分の一を投げ勝利投手に)。それでカープは勢いに乗った。優勝する時というのは、こういう不思議な勝ち方があるんじゃろうねぇ……。

     二宮 予期せぬ戦力と言えば、アンダースローの金城基泰がそうでした。前年の74年には20勝(15敗)をあげ、最多勝に輝きました。ところがその年のオフ、交通事故に遭い、失明の危機に見舞われました。

     その後、薬の副作用と戦いながら8月に復帰を果たし、貴重なリリーフとして活躍しました。10月15日、優勝を決めた後楽園球場の最後のマウンドに立っていたのが金城でした。

     大下 まさか金城が戻ってくるとはねぇ……。古葉さんも、失明の危機に見舞われたピッチャーを、胴上げ投手に使うんじゃから、采配自体が神がかっていたね。ワシら守っていても鳥肌が立ったからね。

     優勝を決めた試合は八回途中から出てきた。ワシの顔を見るなり金城は笑いながら、こう言うたよ。「大下さん、ワシは打球が見えんのじゃけん、ピッチャーゴロでも安心しなさんなよ。バックアップにきなさいよ」ってね。



    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00050790-gendaibiz-bus_all

     広島カープOB会の総会と懇親パーティーが3日、広島市内のホテルで行われた。今季限りで現役を引退した広瀬純氏をはじめ約40人のOBと2、3軍首脳陣、球団職員OBら約140人が出席し、25年ぶりリーグ優勝の話題や昔話に花を咲かせた。

     安仁屋宗八OB会長(72)=デイリースポーツ評論家=は「今年はカープに始まりカープに終わった年。カープOBとして自慢できる。来年は今年できなかった日本一を勝ち取ってもらいたい」とあいさつ。優勝旅行中の緒方監督からのメッセージも読み上げられた。また、野村祐輔投手をOB会として優秀選手に選んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000080-dal-base

     25年ぶりにセ・リーグを制し、32年ぶりの日本一を目指す広島カープ。引退を表明した黒田博樹の魂のピッチングや、高卒4年目の22歳、「神ってる」鈴木誠也の大ブレイクなど、選手たちの躍動が、地元ファンの熱狂的な応援とともに、全国的な話題を呼んでいる。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161026-00012612-davinci-spo

     25年ぶり、7度目のリーグ優勝を果たした広島カープ。正式には広島東洋カープだが、その名称に変わったのは1968年のこと。57年間にわたるカープ史上、球団のみならずチームにとっても、大きな変革のときを迎えた年である。


     2リーグ分立の50年、広島県民・市民の球団として発足し、経営母体を持たなかったカープは、慢性的な財政難が問題だった。地元財界各社による相乗り経営で好転を図るも、負債は膨らむばかりで、球団経営を資金力のある東洋工業(現・マツダ)に一本化。同社社長の松田恒次をオーナー、息子の松田耕平をオーナー代理とし、広島東洋カープが誕生したのだった。

     この68年、万年Bクラスの広島を3位に引き上げ、球団初のAクラス入りを実現した監督が根本陸夫である。

     根本はのちに西武、ダイエー(現・ソフトバンク)でも監督を務め、両球団でフロント入り。実質的なGM(ゼネラルマネージャー)として、長く低迷していた両チームの強化を果たした功績で知られる。強化のためには裏技も駆使する辣腕ぶりから“球界の寝業師”とも呼ばれたが、その原点は広島にあり、75年の初優勝の礎を築いた男と言われている。

     とはいえ、現役時代の根本は近鉄の控え捕手で、出身は茨城。実績も乏しく、広島に縁もゆかりもない監督の就任は球団史上初だったが、なぜ、前例は覆されたのか。

     近鉄では引退後にスカウト、マネージャー、コーチを務めた根本。66年限りで退団したあと、学生時代以来の恩師でプロ野球・近鉄の監督も務めた藤田省三から広島のコーチ就任の話が来た。

     藤田はオーナーの松田恒次と接点があり、「選手を育てられるコーチ」を求められて根本を推薦。その人となりを松田が知っていたことで、67年、長谷川良平監督のもと、根本はヘッドコーチに就任した。

     しかし同年の広島は最下位に沈み、長谷川監督は解任。根本も辞任を申し出たが、逆に監督に推されて昇格。オーナーの松田は「全試合、負けてもいいんだ。将来につながる強いチームを作ってくれ」と、41歳の新監督に期待を寄せた。マスコミも根本に注目し、いかにも仁侠映画に登場しそうな眼光鋭い風貌もあって“カープの若親分”と名付けた。

     根本はまず補強に動き、阪神からベテラン強打者の山内一弘を獲得。毎日-大毎(現・ロッテ)時代に首位打者1回、本塁打王2回、打点王4回という超大物も阪神では成績が下降気味だったが、前年に通算2000本安打を達成。万年Bクラスの“ぬるま湯”に浸かっていた広島の選手にとって、その野球に対する姿勢が格好の手本になると根本は考えた。実際、選手たちは山内を見てどう感じたのか。当時、入団4年目の若手だった衣笠祥雄はこう回想する。

    「山内さんはキャンプでご自身の練習をやるだけでしたが、我々よりはるかに練習されていました。いいお手本、いい教材を目の前に置いていただいたと、今でも思います。我々からしたら、2000本安打も打っておられて、すべてのタイトルを獲られた大選手が『まだこんなに練習するんだ』というのは本当に驚きでした」


    引用元 https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/09/25/___split_114/

    【越智正典「ネット裏」】名代表、西野襄の勇退後、東洋工業の経理課長からカープの代表に就任(球団常務)した重松良典は仕事には痛烈であったが情の人でもあった。サッカーの日本リーグ時代の役員を務めていたので勝負がわかる。勿論視野も広かった。就任の連盟手続きがすんだのは1974年1月8日である。

     日南キャンプが始まると見に来た町の人々は「“やっこ凧”さん、今日もグラウンドに立っていなさる」。ご苦労さまですと、敬愛の念をこめて拝むように言っていた。重松が少し怒り肩なので“やっこ凧”さんと呼んでいた。

     重松は来季から監督含みでジョー・ルーツをコーチに据えた。重松はまた、ひそかにプロ野球の名将三原脩(このとき日本ハム球団社長)に会い、野球を学んだ。職員の給与をよくし、そのかわりハッスル勤務。うぐいす嬢は朝はやく市民球場2階の球団直営食堂に出勤。清掃、開店準備。カープの練習開始時間がくるまでレジで働いた。三篠町の合宿所の賄いさんには「予算のことを考えないで選手においしいものをどんどん食べさせて下さい」。チームを強くするために、彼は自宅を抵当に入れてカネを借りた。当時銀行筋から聞いた。

     こうして75年が来る。ルーツを監督に。ルーツはゲイル・ホプキンスとリッチ・シェインブラム(シェーン)を連れてくる。ホプキンスは医学生だったが、医学部が名門のボルチモアのジョンズ・ホプキンス大学に進む学費を稼ぎたかった。ルーツはその向上心を評価した。来日後、ロッカールームでも医学書を読んでいた。

     シェーンは傷だらけになっても戦う筈だが一塁手が最適。そこで衣笠祥雄を三塁手に。が、ルーツは開幕から15試合目の阪神戦で責任審判竹元勝雄を突き退場。帰国した。後任に古葉竹識。あっという間に前半が終わり、その75年の甲子園球場での球宴第1戦を前に、重松は山本浩二、衣笠に「セのベンチの第1列、ど真ん中に座れ! 座ったら小遣い10万円!」。王貞治、若松勉、藤田平、江夏豊のなかに入っても堂々とせいというのだった。2人は連続2打席ホームラン。小遣い2倍弾。

     こうして75年10月15日、後楽園球場での巨人戦、カープ1対0の9回二死一、二塁。ホプキンスの一打がライトスタンド上空に。勝負あった。広島の宿舎はJR両国駅前ホテル。ビールかけはそう広くないロビーで。始まる前に心配した巨人関係者がそっと訪れた。広島の職員がビールかけの注意事項を訊いた。

    「ビールが直接かかると寒いですよ。いいところで切り上げて風呂に入ったらいいですよ」

     ナインの多くは銀座に繰り出さなかった。隅田川をさかのぼって向島と浅草へ。重松はホテルの自室にいた。水割りをしみじみと味わっていた。ポトリ…。15秒くらいの間隔で涙が落ちた。涙はものいわぬ彼の苦闘へのトロフィーだった。

     =敬称略=

     (スポーツジャーナリスト)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000006-tospoweb-base

     75年のペナントレースが始まったばかりの4月27日の阪神戦(甲子園)。広島・佐伯和司、阪神・古沢憲司両投手の投げ合いで、ともに無得点のまま迎えた8回裏。2死一、二塁でフルカウントから掛布雅之に投げた外角球をボールと判定され、ジョー・ルーツ監督が激高。松下球審に激しく詰め寄ると、制止しようとした竹元一塁塁審の胸を両手で突き、退場を宣告された。


     納得せずホームベース上で仁王立ちし、放棄試合でも構わないと抗議を続けるルーツ。審判団の要請を受け、重松良典球団代表が試合を続行するよう説得したが応じない。審判とはオープン戦からトラブル続きだったが、当時1軍コーチとして阪神ベンチから見ていた安藤統男は「日本の審判に恨みでもあるのかと思った。ストライク、ボールの判定で本当にしつこい」とあきれていた。


    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20160918-OHT1T50121.html

     力で上回りたい。ただ上回るだけじゃなく圧倒したい。獣性(じゅうせい)という言葉もあるが、霊長類ヒト科・ホモサピエンスが持つ本能である。野球人は年がら年中、負けず嫌いの日本選手権をやっているようなもの。「今まで対戦した中で、一番すごいボールを投げた投手は誰か?」はベタな愚問ではなく、おしなべて熱っぽく語る“鉄板”の問いだ。

     昨季まで巨人の監督を務めた原辰徳氏と、このテーマについて何度か話したことがある。特に速い直球を投げるピッチャーとの対戦前後に、回顧として出てきた。「津田、小松、鈴木孝政さん。後、大学時代だけど、江川さん。とにかく真っすぐが速かった」。決まって名前を挙げるのは同世代の4投手で、順番も決まって「津田」からだった。

     広島東洋カープ最高のストッパー、津田恒実。当時の原辰徳は、直球を打った衝撃で左手の有鉤(ゆうこう)骨が砕けた。ボールとバットの衝突で骨が折れる。漫画の世界だ。「もちろん速いんだけど、重くて、浮き上がってくる感じでね。高めは特にすごかった。でも、バットを短く持つ発想は、まったくなかった。短く持ったことは、野球人生で1回もないよ」。この辺りで、愛用のノックバットをギュッと握ってグリップを作る。勝負師の本能が首をもたげてくる。

     「どんなに速いボールでもグリップエンドに少し、指をかけた。バットを短く持った瞬間、引退と決めていた。なめられるからね。そこで、考えるんだ。ヘルメットを目深にかぶって、アゴを引いて、目線を絶対に上げない。スタンスをやや狭くして、ぶつかっていく。自分の決め事を作ったんだ」

     津田との決闘から四半世紀を経て、引き出しにしまっていた懐刀を抜くときが来る。2009年のWBC2次ラウンド。負けたら終わりのトーナメント初戦、相手キューバの先発はチャップマン。映像を見て「とんでもなく速い」と悟った原監督は、侍たちに具体的な指示を出す。

     「徹底して高めを捨てる。目線を絶対に上げないで、とにかく高めのボールに手を出さないようにしよう」。チームは世界で最も速い直球の攻略に成功し、世界一まで駆け抜けた。イチローはじめ個性派が集った第2回のWBC。中途半端な指示は出せない。津田の、特別な直球をどう打つか。培った方法論に自信があったからこそ、だろう。

     3年後の7月20日、オールスター第1戦の試合前に故・津田恒実氏の野球殿堂入り表彰式が行われた。偶然にも19回目の命日で、晃代夫人がレリーフを受け取った。

     囲み取材では「主人の現役時代に『オールスターを見に行きたい』と希望しました。でも『人混みは危ないから、また今度』と言われ、断念しました。その後もかなわないままでしたが、19年たって主人が約束を果たしてくれました」とうれしそうだった。

     原監督は表彰を受ける晃代夫人を優しい顔で見つめ、誇らしげに胸を張って、誰よりも長く、大きな拍手をしていた。試合後に晃代夫人の話を伝えると、「良かった。そう言ってもらっただけで、今年のオールスターを行う価値があったんじゃないか」で止まり、大きな目をうんと開いた。

     相手を上回りたい。縁に従って、本能に任せて勝負に没頭した。掛け値なしで培った絆は、いつまでも生きている。【宮下敬至】


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1711920.html

    ◆巨人0―4広島(1975年10月15日・後楽園球場)

     広島の25年ぶりのセ・リーグVが迫ってきた。数年前から“カープ女子”なる言葉がはやり、地元・マツダのみならず、東京D、神宮、横浜と首都圏の球場の外野席も、広島戦開催時は真っ赤に染まっている。今から41年前、現在を上回るほどの赤ヘルフィーバーが日本列島を席巻した。球団創設26年目での初優勝。歓喜の瞬間は1975年10月15日、後楽園球場での巨人戦で訪れた。万年Bクラスと揶揄(やゆ)された広島が巨人を破って決めた一戦を改めて振り返る。

     夕闇迫る後楽園球場。時刻は午後5時18分だった。広島のマウンドに立つのは金城。左打席に入った巨人・柴田が流し打った打球が、左翼の水谷のグラブにおさまる。ついに、ついにこの瞬間が来た。

     三塁ベンチを飛び出した古葉監督の背中にシェーンが飛び乗る。先発した外木場が、先制適時打の大下が、そして、主砲の山本浩、衣笠が抱き合い、肩をたたき合う。さあ、胴上げだ。ワッショイ、ワッショイ! 古葉監督の背番号72が宙を舞う。外野席からなだれ込んできた赤ヘルファンが、今度は山本浩を胴上げだ。

     「うれしいです…」

     お立ち台に上がった古葉監督は、こう言うと言葉を詰まらせた。

     「広島からたくさんのファンの方が応援に来てくれて…全国のファンの方が…」

     大拍手、絶叫を背にしながら、それだけを言い残して、指揮官はお立ち台を下りた。時に午後5時26分だった。

     ▼試合前

     巨人V9の舞台であった後楽園球場。しかし、この日は赤ヘル応援団に埋め尽くされた。1年前の74年10月14日。この球場で“ミスタープロ野球”長嶋茂雄の引退試合が挙行された。その長嶋が監督となった巨人は、この年、球団史上初の最下位に沈んだ。この日は完全に広島の引き立て役。「巨人はなんぼ勝っても優勝できんのやから、拍手してつかあさい。巨人は来年優勝すりゃあいいんじゃけえ」。広島の応援団が、こう言って巨人ファンに頭を下げた。

     打撃練習では、選手のバットから快音が響く度に、三塁側、左翼席の広島ファンがしゃもじを打ち鳴らした。こいのぼりや吹き流しが何本もスタンドで揺れる中、午後2時のプレーボールを迎えた。

     ▼1回

     巨人先発は新浦。大下、三村、ホプキンスが三者凡退。広島は自身のシーズン20勝をかけて外木場が先発。巨人も柴田三振、土井遊ゴロ、淡口三振に終わる。

     ▼5回表

     先頭・水谷が左飛。1死後、道原が失策で出塁。打球は三塁を守るジョンソンのグラブをすり抜けて、左翼線に転がっていった。巨人は長嶋監督、王、土井が「今のはファウルだ」と三塁の岡田塁審に抗議したが、判定はそのままだった。続く外木場は右飛に倒れて、打席には大下が入った。2ボール2ストライクから、左翼の淡口を襲うライナー! フェンス直撃の二塁打で道原がかえり、先制点を挙げた。

     ▼6回裏

     一塁側の2階席で広島、巨人ファンの小競り合いが発生。G党が「大きな顔するなよ」と声を掛けたことからつかみ合いが始まったが、警備担当の警察官が割って入った。

     先頭・柴田が右前安打。1死後、淡口が右中間に二塁打。王敬遠で満塁となった。しかし、続く末次は二―遊―一の併殺。絶好機を潰してしまった。

     ▼8回表

     巨人は倉田を投入。衣笠三振。6番・シェーン右前安打。古葉監督は代走に深沢を送り、次打者・水谷との間でヒットエンドランを敢行したが、右飛となり、帰塁できなかった深沢もアウトで追加点を奪えなかった。

     ▼9回表

     広島の1―0という緊迫した展開のまま、ついに最終回に。巨人は倉田から小川邦にスイッチ。先頭・道原左飛。次打者は8回途中から外木場に代わっていた金城。右前にポトリと落ちる安打で出塁した。大下は初球を一塁線にバント。王、小川邦ともに意表を突かれたのか、打球処理ができずに一、二塁となった。

     「あのバントはサイン。一塁側にやれ、と(古葉)監督に言われたんだが、なぜ、一塁側にやるのか分からなかった。セーフになって初めて、王さんが下がって守っていて、バントに無警戒だったことが分かった。こんな熱気の中でも、監督が冷静に戦況を見ていることを教えられた」。大下は試合後、こう振り返っている。

     続くは3番・ホプキンス。左打者に対して、長嶋監督は左腕の高橋一を送り出す。簡単に2ストライクを取ったが、そこからボールを連発してフルカウント。投じた1球はど真ん中に入り、ホプキンスはこれを右翼スタンドに運んだ。これで4―0。本塁に戻ってくるホプキンスに山本浩、シェーン、古葉監督が抱きついて出迎えた―。

     胴上げの後、山本浩はロッカーに戻り、声を上げて泣いた。すると、雑賀マネジャーから「グラウンドでインタビューがある。行ってくれ」と声を掛けられた。グラウンドに出て、お立ち台の上に立ち、三塁側スタンドに向かって両手を上げた。涙が止まらない。「コウジ! コウジ!」。赤ヘルファンの大合唱に、何度も両手を上げて背番号8は応えた。

     【参考】報知新聞(1975年10月16日付紙面)別冊週刊ベースボール「赤ヘル軍団栄光のV1」(75年12月1日発行)「オフィシャル・ベースボール・ガイド1976」


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00000174-sph-base

    このページのトップヘ