広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    松山竜平

     広島の松山竜平外野手(34)が12日、オープン戦を含めた開幕までの実戦での“長打量産計画”をテーマに掲げた。6日の西武戦で1軍に復帰して以降、9打数5安打と好調を維持しているものの、ここまで長打はゼロ。持ち前の長打力を実戦で見せ、さらに状態を上げていく。

     着実に階段を上がっていながら、松山は冷静に自身の足元を見つめた。「まだ長打が出ていない。その部分を出せるように」。自慢の長打力を実戦で披露できていない点を課題とした。

     2月の春季キャンプで腰痛を訴えて戦線離脱していたが、今月6日に1軍合流。同日の西武戦では「5番・指名打者」で先発出場し、1軍復帰後即安打を放った。その日からここまでオープン戦4試合で9打数5安打、打率・556と上昇ムードを漂わせている。

     だが、放った5本の安打は全て単打で、打点もない。「しっかり振れている」と言うように、決して悲観する現状ではない。それでもチームから期待されているのは豪快な一発であり、自慢のパワーで外野の間を抜く打球。オープン戦を含めた開幕までの実戦で追い求める打球を生み出し、チームのニーズに応えていく構えだ。

     開幕が延期となり、調整できる時間が生まれた。13日からは敵地・福岡と本拠地・マツダスタジアムでソフトバンクとの3連戦。「自分のバッティングができれば」と松山。心から納得できる快音を響かせ、万全の状態に整えていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00000037-dal-base

     広島の堂林翔太内野手(28)が9日、外野での出場に意欲を示した。これまで一塁を守ることが多かったが、8日と9日の西武戦では途中出場ながら外野を守った。オープン戦は残り5試合。春季キャンプから好調を持続させている鯉のプリンスが、出場チャンスを広げてレギュラー奪取へ食らいつく。


     静かに闘志を燃やした。どこか落ち着き払った表情も見せながら、堂林は意気込んだ。「やることは変わらない。与えられたところでしっかり、自分の課題と向き合いながら」と口元を引き締めた。

     ここまでオープン戦には7試合に出場して15打数6安打。打率・400と好調で「状態は悪くない」と言い切る。オープン戦序盤は一塁を守る機会が多かった中、8日と9日の西武戦(マツダスタジアム)では途中出場で右翼の守備に就いた。

     外野での起用に高ヘッドコーチは「(外野は)できるし、いろんなことを想定して。いいものを出してくれているからね」と意図を明かす。復帰した松山は一塁起用が基本線ということもあり、もともと外野経験がある背番号7が外野に回れば、出場機会が増えることにもつながる。

     堂林はこの日、内野でノックを受けた後に右翼のポジションへ。打撃練習の打球を追い、自身の守備感覚を養った。「ノックだったりはしていたので。実戦の打球とは違うけど、準備はしている」と任されたポジションで役割を果たすために練習を重ねている。

     オープン戦は残り5試合。「真っすぐだろうが変化球だろうが、自分の『入り』ができていれば、おのずと結果は出る」と堂林。レギュラー奪取へ、気負うことなく突っ走る。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000025-dal-base

     広島の新打線の案として「3番・鈴木誠也」が浮上している。腰痛のため戦線離脱していた松山竜平外野手(34)が5日の教育リーグ・ソフトバンク戦(由宇)に「2番・一塁」でスタメン出場。4打数2安打1打点と順調な回復ぶりをアピールし、6日、西武戦(マツダ)からの一軍昇格が決まった。

     クリーンアップを期待される松山は「ケガをして出遅れてしまったが、まだシーズンは始まっていない。実戦でしっかり結果を出してアピールしていきたい」と意気込み、チーム内からも「松山の復帰で打順のバリエーションが増えるだろう」と歓喜の声が上がる。

     昨季の広島はFAで巨人に移籍した丸の穴を埋めることができずにV逸。新たな3番打者探しが最重要課題となっている。現状では新助っ人のピレラや昨季は主に1番を務めた西川が候補に挙がるが、佐々岡監督は慎重に見極めている段階。そこでチーム内から指摘されているのが主砲・鈴木誠の3番起用だ。

    「初回が三者凡退に終われば(4番の)誠也は先頭打者。走者がいなければ怖さも半減する。それよりも初回に絶対に誠也が打席に立つほうが相手バッテリーにはプレッシャーになる。長打もある松山なら4番もできるので3番・誠也はありだろう」(球団関係者)

     昨年11月の「プレミア12」では全試合で侍ジャパンの4番を務めた鈴木誠は赤ヘル新体制となってからのオープン戦でも常に4番を張っているが、チームの勝利のためなら打順自体にこだわりはなく打順変更は問題ない。大胆な打順変更はあるのか。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00000022-tospoweb-base

     「教育リーグ、ソフトバンク3-2広島」(5日、由宇球場)

     広島の松山竜平外野手が、6日から1軍に合流することが決まった。


     この日は「2番・一塁」でスタメン出場。三回2死二塁で右前適時打を放ち、六回の先頭では右翼線への二塁打でチャンスメークした。視察した佐々岡監督は「あした(6日)から1軍に合流。バットが振れているし走ることもできている」と話した。

     松山は沖縄キャンプの2月中旬に腰痛を発症し1軍をリタイア。広島で検査を受けた後、3軍のキャンプ地日南でリハビリに励んでいた。実戦復帰した2月27日の社会人・HONDAとの練習試合では、復帰初打席でいきなり右越え3ランで存在感を示した。

     松山は試合後「腰は問題ない。しっかり動くことができています。ボールは見えているし、タイミングも取ることができている」と話した。

     一塁は堂林と安部がアピールを続けている。指揮官は「帰って来たからと言って(一塁が)松山になる訳ではない」とさらなる競争を促した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-00000121-dal-base

     広島の堂林翔太内野手(28)が2日、一塁レギュラー奪取へ向け、課題である変化球の克服を誓った。今季のオープン戦では12打数6安打と好調を維持している11年目。変化球への対応力を上げることで、6年ぶりの開幕スタメンを引き寄せる。

     鋭い眼光で白球を追った。堂林がマツダスタジアムでの全体練習に参加。ノックや打撃練習などを行った。

     ここまでは取り組みが結果となって表れている。体の軸で振ることを意識し、来た球を素直にはじき返す。オープン戦では打率5割と存在感を示し、朝山打撃コーチは「ストレートを仕留められているのが、好調の証し」と評価した。

     一塁レギュラーの座はもう目の前だ。大本命の松山がけがで離脱し、昨年一塁手として96試合に出場したバティスタが契約解除の処分を受けた。安部らライバルはいるものの、またとない好機が訪れている。

     昨季は打率・206に終わった。打力を上げるには、課題と話す変化球への対応が鍵となる。朝山コーチは、「真っすぐは確率よくさばけるけど、甘い変化球の部分をいかに打てるか。甘い変化球を見逃してはいけない」と課題を口する。

     克服のため、打撃練習では変化球の配分を多くした“MIXボール”を数多く打つことに取り組んでいる。「意識してやっている。実戦ではまた違うところもあるので、やることをやっていくだけ」と堂林は意欲を示す。開幕一塁スタメン奪取に向け、バットで道を切り開いていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00000029-dal-base

    広島は17日、松山竜平外野手(34)が腰部痛のため広島県内の病院で検査を行い、今後はリハビリ組の3軍に帯同することを発表した。



    松山は沖縄・コザで行っている1軍の春季キャンプに参加していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-02170297-nksports-base

     「広島春季キャンプ」(2日、日南)

     松山竜平外野手(34)が、ランチ特打で連日の快音を響かせた。初日に続いて鈴木誠、会沢、新外国人のピレラとともにランチ特打に登場。初日となった1日も快音を連発させたが、この日も長打力を披露。79スイングで16本の柵越えを放ち、詰めかけた観衆を驚かせた。

     長打力、飛距離に対して松山は「そこは求めているところ。あとは確実性の部分」とうなずく。苦しんだ昨季からの巻き返しへ、シーズンに向けて状態をさらに上げていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00000116-dal-base

     広島の松山竜平外野手(34)が25日、広島県廿日市市の大野練習場での合同自主トレに今年初めて参加した。飛距離アップのために昨秋のキャンプから取り組んでいるのがバックスピンをかけた打球。習得すれば長打量産に加え、確実性の向上、逆方向への打球増加で安打数アップにもつながると青写真を描く。不本意の成績に終わった昨季から再び主軸となるため、巻き返しに燃えている。

     再び主軸として活躍する。サングラス越しの瞳からは覚悟が伝わってくる。1月上旬に行っていた地元の鹿児島県鹿屋市で自主トレを打ち上げ、初めて大野練習場に姿を現した松山は「仕上がりも早いと思うし、いい感触はある」と順調な様子。仲間との再会に、時には笑顔を交えながら、打撃練習を中心に約3時間汗を流した。

     昨季は開幕から状態が上がらず、2度の頭部死球の影響もあり、110試合で打率・259、6本塁打、49打点。不完全燃焼の一年に終わった。このオフは持ち味である長打力の、さらなる向上を目指している。鹿屋での自主トレでも試行錯誤の日々。そんな中、現在取り組んでいるのが打球にバックスピンをかけることで飛距離アップさせることだ。

     この打撃を身に付ければ本塁打増加はもちろん、逆方向へ強い打球が打てると考えている。昨季は76安打中、左方向への安打は約2割の19本。「反対方向にスライスして、ファウルになることもあった」。もともと右方向へ引っ張るタイプのプルヒッターだが、左方向へも正しい回転でしっかりとスピンがかかっていれば安打数増加につながっていた可能性はある。

     特に左方向は意識しないが、広角に打てるようになれば安打数も上がり、打率アップにもつながる。「長打にもこだわっているが、確実性を伸ばしたい。きれいにスピンはかけたいと思っていた。とにかくバックスピンをかけてきれいな打球で伸びるように。反対方向でもまっすぐ飛んでいけるようにしたい」と意気込んだ。

     全方位にスピンをかけた美しい放物線を描くため、意識しているのはボールの下を打つこと。打撃練習において昨秋のキャンプから意欲的に取り組んでいるという。また、道具にもこだわり、扱いやすく、ヘッドを利かせやすいバットを模索中で、現在は2種類にまで絞った。理想の打撃を追求するために、いかなる試行錯誤も辞さない構えだ。

     合同自主トレでは積極的に後輩にアドバイスを送るなど、役割も変化している。「チームのためにできる限りのことはやっていきたい」と目を輝かせるベテランは貪欲にレベルアップに励む。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-00000012-dal-base

    広島林晃汰内野手が松山竜平外野手とともに自主トレを公開した。

    松山に弟子入りした広島林晃汰内野手も充実感を感じている。


    昨秋キャンプ終了後に自ら松山に合同自主トレ参加を志願。合流初日だったが、午後の打撃練習では松山から身ぶり手ぶりで下半身の使い方の助言をもらった。「聞けることもたくさんある。それは本当にありがたい」。同じ左打ちの長距離砲タイプ。23日の最終日まで、より多くのものを吸収するつもりだ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-01100920-nksports-base

    急ピッチ調整弾だ! 広島松山竜平外野手(34)が10日、鹿児島・鹿屋市の母校鹿屋中央高で自主トレを公開した。7日から始動したばかりにもかかわらず、校舎を直撃する推定飛距離130メートル弾など柵越えを連発。例年とは違う調整法が早い仕上がりにつながっている。「5番一塁」の定着を目指し、長打力向上とともに急ピッチで調整を進めていく。


       ◇   ◇   ◇

    ゴォンッ! 校舎の3階下の壁で白球が大きくはねた。推定飛距離130メートルの“危険な”弾道にも、松山は涼しい顔で打撃練習を続けた。休み時間にベランダに出てきた生徒たちはプロの弾道にくぎ付けとなり、気づけば拍手や驚嘆の声を上げていた。

    「例年(右中間防球ネットを)越えてもそれほど頻繁には越えなかった。その点で言えば、振れている」

    スロースターター脱却の思いが飛距離に表れていた。昨季は4月を終えた時点で打率1割4分。後半戦から本来の打撃を取り戻したものの、出遅れを取り戻せなかった。本人も「ふがいない」と唇をかむ。今オフは急ピッチ調整にシフト。例年はシーズン終了から年明けまではバットを握らず筋力トレ中心だったが、今オフは振り続けた。まだ自主トレ4日目だが、母校の後輩たちに例年以上の早い仕上がりを見せつけた。

    今オフは長打力も追求する。相棒のバットを昨季の操作しやすいモデルよりも、重さのバランスをバットの先にしたものをテスト。「小さくならないように、しっかり振りたい。昨年なんかはほとんど背中に、バットが当たっていない。それを取り戻したい」。背中に当たるまで振り抜く形が調子のバロメーターであり、持ち味。力強いスイングができるよう、オリックス吉田正モデルのバットとともに試行錯誤していく。

    朝は9時からウエートトレーニング、短距離走や中距離走、階段ダッシュで体の切れを出すメニューをこなし、午後はひたすらバットを振る。同行する広島の後輩林や楽天小郷には打撃指導を惜しまない。自身も「(今年で)まだまだ35(歳)ですから。その年齢でバリバリやっていた人もいる」とさらなる可能性を信じている。「5番一塁」での全試合出場にこだわる今季、原点に立ち返ってスタートを切った。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-01100913-nksports-base

    このページのトップヘ