広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    松山竜平

     広島・松山竜平外野手(32)は、2500万円増の年俸6500万円(推定)で契約を結んだ。今季は120試合に出場し、いずれも自己ベストとなる打率・326、14本塁打、77打点をマーク。規定打席には届かなかったものの、鈴木離脱後の終盤は4番に座り、リーグ連覇に貢献した。

     「得点圏(打率・367)と打点が増えたことに手応えを感じる。来季も続けたい」

     秋の日南キャンプでは一塁守備を猛特訓。「(外野と)両方守れたら、試合に出る機会も増える。オフもノックを受けたい」と意気込む。視線の先に見据えるのは悲願の定位置奪取、4番奪取だ。

     「来季は誠也が帰って来るし、新井さんもいる。競争して4番に座り、絶対に規定打席をクリアしたい」

     順調なら来季に国内FA権を取得するが、「それよりも、1年間レギュラーを張ることしか考えていない」と力強く答えていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000031-spnannex-base

     広島の4番を張った新井貴浩内野手(40)と松山竜平外野手(32)が25日、広島グリーンアリーナで開かれたイベントに参加。お互いの“ココがすごい”を問う声に、「松ちゃんはバットコントロールが天才的」(新井)、「やっぱり人柄」(松山)と答えるなど、軽妙な掛け合いトークを演じた。

     司会者から来季の日本一を振られると、新井は松山を見つめながら「(隣に)新4番がいますから」と即答。「“(鈴木)誠也には絶対に負けない”と言っていました」と内輪話を暴露?し、いたずらっぽく笑った。

     松山も負けてはいない。笑顔で「誠也に負けないように頑張ります」と応じ、続けざまに「ボクの中では新井さんがずっと4番なので、超えられるように頑張ります。まだ10年はやってくれると思います」と切り返した。

     これには不惑のベテランも「(元中日の)山本昌さんじゃないんだから、できるわけないだろ!」と苦笑い。「そう言ってもらえるうちは、頑張ってしっかり結果を残したい」と力強く答えていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000027-spnannex-base

    「丸と松山はあんまり状態がよくないなと感じました」。

     19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦 広島-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、広島の丸佳浩、松山竜平の状態を心配した。

     野村氏は丸と松山の状態がよくないと思う理由について「(初戦)石田の甘いボールを結構打ち損じているように見えたんですよ。試合勘なのかもしれませんが、9月の松山の絶好調時、丸の本来の打撃を考えるとちょっとおかしいなと感じました」と説明した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00135731-baseballk-base

     10月10日をもって、2017年のプロ野球ペナントレースが終了。同時にセ・パ両リーグの各タイトルホルダーも決まり、打撃タイトル三部門のひとつである首位打者はDeNAの宮崎敏郎と、西武の秋山翔吾がそれぞれ受賞した。

     打撃タイトル三部門のうち、首位打者だけがシーズン中に定められた規定打席数(チームの試合数×3.1)を満たすことが必須条項。レギュラーシーズンが143試合制の現在の場合は443打席に立たないと公式の打率記録として認められないため、その打席数をクリアしない限り、いくら高打率を残していても記録には残らない。「無事是名馬」の格言ではないが、故障せずに1年間乗り切るというのも一流打者の証しと言える。

     しかし、今年の首位打者の打率は、セ・パともに打率.320台と例年に比べるとかなり低調なもの。統一球時代だった2012年以来、5年ぶりに打率.330以下を下回った。そもそもセ・パ両リーグで3割以上の打率を記録したのはわずか9名と、昨季の15人に比べるとはるかに少ないものだった。

     今季の規定打席到達打者は全体的に低調に終わったが、故障で出場機会を減らした選手や、あと少しで規定打席に届かなかった選手には素晴らしい成績を残した選手がいる。そこで、今季200打席以上に立った規定打席未到達の打者たちのなかから好成績を挙げた3割以上の選手を振り返ってみたい。
    鈴木の穴を見事に埋めた松山竜平

    まずはセ・リーグから。

    ▼松山竜平(広島)
    120試合出場 387打席 打率.326 14本塁打 77打点

     まず挙げたいのが、今年の広島を支えたひとりと言っても差支えのない活躍を見せた松山竜平。今季もブラッド・エルドレッドらとの併用で規定打席を逃したが、打率.326は200打席以上の規定打席未到達選手のなかではセ・リーグのトップ。今季のセ・リーグ首位打者である宮崎敏郎の打率.323をわずかに上回る。

     そんな松山の今季最大のハイライトといえるのが8月。それまで4番を打っていた鈴木誠也が戦線を離脱すると、空いた4番の座に君臨し好打を連発。チームが優勝争いの渦中にあった9月には打率.426、5本塁打、23打点という驚異の成績を叩き出してリーグ優勝に向けたラストスパートに大きく貢献した。


    ▼俊介(阪神)
    74試合出場 202打席 打率.309 4本塁打 23打点

     投手では桑原謙太朗、秋山拓巳らがブレイクした阪神だが、ブレイクした野手といえば、この俊介も該当する。内外野をこなせるユーティリティープレーヤーという評価で、「守備の人」というイメージが強い選手だったが、今季は交流戦の時期から打撃が好調で6月13日の対西武戦では自身3年ぶりとなる本塁打を放ち、上位争いが熾烈を極めた夏場には完全にレギュラーに定着した。

     8月6日の対ヤクルト戦では自身初となる4打数4安打の猛打賞を達成するなど、一度打ち出したら止まらない固め打ちを見せ、阪神打線のチャンスメーカーを担った。今季で国内FA権を取得しただけにオフにはその去就にも注目が集まる。


    ▼雄平(ヤクルト)
    71試合出場 300打席 打率.306 2本塁打 32打点

     67年ぶりにチームワースト記録を更新する96敗を喫したヤクルト。故障に泣かされた選手が多かったが、そのひとりとして挙げられるのが雄平。開幕からクリーンアップを務めていたが、6月末に右手の有鈎骨を骨折して戦線から離脱した。全治3カ月と診断され、ようやく復帰できたのはシーズン最終戦となった対巨人戦。この試合でヒットを打ち、打率は.306をマークした。

     ちなみに規定打席到達・未到達にかかわらず、今季のヤクルトで200打席以上に立ち打率3割を超えたのは雄平のみだった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00135607-baseballk-base

     9、10月のセ・リーグ月間MVPが17日、発表され、広島・松山竜平外野手(32)が野手部門を受賞した。

     対象となった2カ月間、右足首の骨折で離脱した鈴木に代わり、4番を務めた。その期間の打率は・408、5本塁打、23打点。抜群の安定感と勝負強さを発揮した。

     プロ10年目で初の受賞。松山は「初めてこういった賞をいただいたので、本当に素直にうれしいです。優勝に向けて何とかチームの力になれるようにやってきた。まだまだここから戦いは続くので、状態をキープしながらまだまだやってきたい」と喜びを口にし、18日から始まるCSファイナルSへ意気込んだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000052-dal-base

     「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

     広島が5本塁打を含む20安打15得点と快勝した。「4番・左翼」で出場した松山竜平外野手(32)は三回に2ランを放った。


     2-1の三回2死一塁。左腕・西川の初球、内角寄りの132キロ直球を完璧に捉えた。打球は高々と舞い上がり右翼席へ着弾。リードを広げる2ランとなった。「外の真っすぐを想定していたら、甘くきたので、しっかりと振れました」と納得の一打。18日からのCSファイナルSに向けて頼もしい姿を見せつけた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000111-dal-base

     セ・リーグのペナントレースは、10日に阪神VS中日の1試合を残すのみ。8月以降はどのチーム、どの選手が活躍したのか。8月以降に限った成績を、セ・リーグでも見ていきたい。

    ○セ・リーグ 8月以降の各チームの勝敗

    広島(48試28勝18敗2分、勝率.609)
    阪神(51試28勝19敗4分、勝率.596)
    巨人(50試28勝20敗2分、勝率.583)
    DeNA(50試26勝22敗2分、勝率.542)
    中日(46試19勝25敗2分、勝率.432)
    ヤクルト(49試12勝37敗0分、勝率.245)

     パ・リーグのソフトバンクと同様、広島は前半から引き続き好調を維持。これを急追したのが阪神だった。

     巨人は8月以降に限ればDeNAより勝率が高かったが、それまでの貯金の差で4位に終わった。結果的に、6月の球団ワースト13連敗が響いたと言えよう。

     ヤクルトは、3割にも遠く届かない勝率。球団最多96敗も記録したのも、やむを得ない。

    ○8月以降の打率10傑

    松山竜平(広)143打数50安打 8本38点0盗 率.350
    糸井嘉男(神)152打数51安打 9本20点11盗 率.336
    マギー(巨)196打数64安打 7本31点0盗 率.327
    宮崎敏郎(De)188打数57安打 7本22点0盗 率.303
    鳥谷敬(神)182打数55安打 2本13点1盗 率.302
    坂口智隆(ヤ)189打数56安打 1本9点0盗 率.296
    山田哲人(ヤ)176打数52安打 8本27点2盗 率.2955
    上本博紀(神)129打数38安打 4本13点5盗 率.2946
    丸佳浩(広)184打数53安打 6本24点3盗 率.288
    阿部慎之助(巨)178打数51安打 4本30点0盗 率.287

     広島は足を負傷した鈴木誠也に代わり、4番に座った松山竜平が8月以降は首位打者の活躍を見せた。松山は阪神の福留とともに38打点で打点王にもなり、期待を上回る働きを見せたと言えそうだ。

     最多安打は巨人マギーの64安打、最多本塁打はDeNA筒香と中日福田永将の13本、最多盗塁は15盗塁で広島の田中広輔だった。

     中日の福田は以前から好素材として期待が高かったが、その真価を8月以降になってようやく発揮した形だ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00010018-fullcount-base

    「松山がいい仕事をするんですよ」。

     15日に放送された『ショウアップナイタースペシャル』に出演した前田幸長氏は、広島の松山竜平をこう評した。

     今季の松山は規定打席に届いていないが、打率は.330、13本塁打、71打点は、シーズンキャリアハイの成績を残す。

     鈴木誠也が故障で離脱した後は、4番を任されるなど、チームに欠かせない存在となった松山だが、少し前までは左投手が先発時にスタメンを外れる事が多く、なかなかレギュラーに定着することができなかった。

    【一軍に定着した2013年以降の打撃成績】
    2013年
    左:率.194(36-7)本0 点3
    右:率.292(336-98)本10 点49

    2014年
    左:率.409(22-9)本0 点1
    右:率.308(211-65)本7 点33

    2015年
    左:率.200(10-2)本0 点0
    右:率.281(192-54)本7 点26

    2016年
    左:率.281(32-9)本1 点7
    右:率.293(222-65)本9 点34

    2017年
    左:率.387(75-26)本3 点16
    右:率.313(249-78)本10 点55

     今季は左投手が先発時にもスタメン出場し、打率.387は右投手の時よりも高い。

     優勝マジック『2』で迎えた14日のDeNA戦では、左の今永昇太から第1打席にライトスタンドへ第13号先制ソロ、3回の第2打席にレフトへ同点タイムリー、さらに8回の第4打席でも左のエスコバーからセンター前ヒットを放つなど、左投手から3安打を記録。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、今永から放った本塁打に「一発で仕留めた松山は、素晴らしいとしかいいようがない」と絶賛した。

     左投手を苦にすることがなくなったことで、常時スタメン出場するようになった松山。天候が心配ではあるが、14時からマツダスタジアムで行われるヤクルト戦で、勝利に繋がる一打に期待したいところだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00131740-baseballk-base

    このページのトップヘ