広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    松山竜平

     5日のDeNA戦(横浜スタジアム)で途中交代した広島・松山竜平外野手(31)と安部友裕内野手(28)が7日、ナゴヤ球場に隣接する室内練習場を訪れ、患部の状態をチェックした。

     2人は東出、迎、両打撃コーチが見守る中、ダッシュ、キャッチボールを行い、軽めのティー打撃で状態を確認した。右肩関節症の松山は「今日は(コメントは)なしです」と言葉少な。腰痛症の安部は「思ったより動けました。ここまで来たらやるしかないです」と力を込めた。

     8日の出場については、試合前に話し合われる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000095-dal-base

     「DeNA4-7広島」(5日、横浜スタジアム)

     広島の松山竜平外野手と安部友裕内野手が負傷交代した。

     松山は初回の打席で「右肩の違和感」を覚え、二回の守備から交代。安部は二回の打席に感じた「腰の違和感」のため、三回の守備からベンチに退いた。共に試合中に横浜市内の病院に向かい検査を受けた。診断結果は、6日にも下る。

     松原チーフトレーナーは試合後、「全力でのプレーが難しいので判断しました。大事を取ってのこと。あした(6日)以降については、経過を見て判断します」と説明した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000148-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島6―4中日(2017年7月2日 マツダ)

     広島の高卒7年目・磯村が2日の中日戦に途中出場。1―4とリードを許した7回裏にプロ入り初本塁打となる追撃の1号2ランを放って、チームの逆転勝利を呼び込んだ。

     磯村は開口一番「めっちゃうれしいです。勝ててよかった」と満面の笑顔。「初球からいこうかなと思っていた」と積極的にファーストストライクをフルスイング。打球は左翼席フェンスをわずかに越えて本塁打となった。

     7年目にして初の本塁打。感触を問われ「あまり覚えていないですけど…。皆さんの歓声でホームランと分かりました」とゆっくりダイヤモンドを一周した。

     有事に備えた3番手捕手として長く一軍に帯同しているが、出場はわずか。初のお立ち台に「最高です」と絶叫。チームのムードメーカーは、最後に「暑い中ありがとうございました。皆さんこれからも一緒に頑張りましょう」と声を張り上げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000120-spnannex-base&pos=3

    <広島13-3阪神>◇23日◇マツダスタジアム

     野球場からボールが消える、前代未聞のシーンがあった。


     広島田中広輔内野手(27)が1回に左翼へ放ったライナー性の打球を、阪神の左翼を守る福留孝介外野手(40)がジャンプして捕球しようとした瞬間だ。打球は福留が差し出したグラブをかすめるように、左翼フェンスに空いた切れ跡の穴にすっぽりと入ってしまった。橘高三塁塁審も本塁打のジャッジで手を回し、田中も1度は本塁まで戻ってきた。リプレー検証の結果、二塁打として試合が再開された。

     田中は試合後「松山さんが練習中にフェンスにのぼった時に空けた穴だって言っていました。本塁打では絶対にないと思ったけど、よく伸びてくれました」と冗談めかして言った。ラバーフェンスは毎年張り替えられるが、柔らかい素材で傷がつきやすい。広島の選手以外でもフェンスにのぼる練習は頻繁に行われている。松山がつけた傷かは定かではないが、ボールがすっぽり吸い込まれた形となった。

     審判団も打球を確認しきれず、ひとまず本塁打の判定を下して、リプレー検証に入ろうという判断だったという。責任審判の橘高審判員は「福留選手が捕球したと思ったら、ボールもなかった。ボールを探したけどなかった。まさかラバーをぶち破るとは思っていなかったが、短時間で頭を整理して、確認する意味でも一度回そう(本塁打のジャッジをしよう)と。すぐにリプレーするつもりだった。福留選手とかぶって、接点が隠れていた。ボールがラバーを抜けるというのは初めて」と驚きの表情だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01844870-nksports-base

     広島が20日、マツダスタジアムで指名練習を行った。野手はレギュラー組が休養となる中で、交流戦17試合に出場した松山竜平外野手(31)も練習に参加した。


     「いい状態をキープしろということだと思う」と前向きにとらえ、若手とともにフリー打撃などで汗を流した。

     交流戦では3本塁打を記録するなど持ち前の長打力を発揮。交流戦前まで2割7分6厘だった打率も、3割3厘まで上昇した。「パ・リーグの投手にも力負けしない打撃ができた。いい状態にあるので、(相手投手が)右で結果を残せれば、左でも使ってもらえるようになると思う。そのためにも自分の状態をしっかりしたい」。

     リーグ戦再開初戦の23日阪神戦はメッセンジャーの先発が予想され、松山のスタメン出場も濃厚。リーグ戦再開後もバットでチームをけん引し、左翼の定位置奪取を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-01843461-nksports-base&pos=5

     「交流戦、西武4-2広島」(1日、メットライフドーム)

     広島の松山竜平外野手(31)が“十亀キラー”ぶりを発揮。二回、スライダーを捉え、右翼席に運ぶ2号2ランを放った。これで対十亀は通算9打数4安打で打率・444、3本塁打だ。しかし逆転負けで勝利にはつながらず、チームの連勝は「7」でストップ。空砲にはなったものの、アンパンマンにとっては次戦以降へ弾みがつく一発となった。

     バスへと続く長い階段を上がりながら、松山は言った。「積極的に振りにいって、自分のスイングができた。(自分に)甘いかもしれないけど、いい打ち方だったと思う」。膝元への投球に、うまく体を回転させた。十亀から放った2号2ランは、納得の一撃だ。

     0-0の二回1死一塁。内角へのスライダーをすくい上げた。バットから白球がはじき返された瞬間、球場にいた誰もが柵越えを予感したほどの完璧な当たりだった。これで十亀との対戦成績は9打数4安打で打率・444、3本塁打。“十亀キラー”ぶりを発揮して、指揮官の起用に応えた。

     西武戦は、特に燃えるものがある。相手ベンチには「師匠」と慕う嶋打撃コーチがいる。チームメート時代には弟子入りを志願し、沖縄・石垣島での自主トレで打撃指導を仰いだ。「すべてにおいて僕の師匠と言える存在です」。同じ左打ち。首位打者に輝いた赤ゴジラに魅了され、その背中を追いかけ続けた。この3連戦中には「打撃の状態はいいと思うから続けていけ」と声を掛けられたという。何よりもうれしい一言。エールを力に変えないはずはなかった。

     メットライフドームは、忘れられない場所でもある。11年に涌井(ロッテ)から決勝打となるプロ初本塁打を放ち、お立ち台で人目もはばからず涙した。14年は一転、悪夢が襲う。飛球を追いかけ右翼フェンスに激突し、左前十字靱帯(じんたい)を損傷して長期離脱を余儀なくされた。「いろいろな出来事がありましたね」。この日、チームは逆転負けを喫し、連勝が「7」で止まった。それでも納得のアンパンチは、2日からのロッテ3連戦(マツダ)につながる大きな一発になったはずだ。

     前日は堂林が1号3ラン。DH制が採用され、出場機会が増える交流戦においてアピールに成功した。ライバルの存在にも「とにかくいい準備をするだけ」と自然体を強調する。平常心でいつも通りに-。その先に明るい光が待っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000009-dal-base

    <広瀬叔功氏評論>

    <広島3-2ヤクルト>◇23日◇マツダスタジアム

     広島松山の打撃がいい。開幕当初は不安定だったが、引きつけて瞬時にとらえるスイングが戻ってきた。

     パワーもあるし、右へ、左へと打ち分けられる。それが7番に座っているから、恐怖の下位打線と言っていいだろう。松山の出来次第で、今後のチームの行方が変わると言ってもいい。打線においてそれほど重要な存在になってきた。

     ただ、あえて苦言を呈したい。まだ31歳。7回で守備固めを出されるのはあまりにも寂しい。緊迫した終盤になるとはいえ、リードは1点。必ずもう1打席は回ってくるのだ。守備、走塁への信頼がないのだろう。この日も6回の大引の左前打を捕球し損ねていた。右打者の左中間への打球にしては珍しいフック回転だったとはいえ、後逸はあり得ない。守備にも興味を持たなければ。交代を悔しさに代えてほしい。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-01828460-nksports-base

     広島松山竜平外野手(31)が12日、1軍に再昇格した。2日に背中の痛みから選手登録を抹消。順調に回復し、最短での復帰となった。


     この日予定された巨人7回戦(マツダスタジアム)は降雨中止なったが、松山は「7番左翼」で先発予定だった。復帰戦が持ち越しとなるも「みんな疲れていると思うし、チームにとっていい中止になったなら」と連戦続きのチームを思った。

     巨人はマイコラスがスライド登板するため、明日13日も先発出場が見込まれる。「また明日チャンスがあると思うので、しっかり準備したい」。停滞感漂うチームの起爆剤として期待される。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-01822378-nksports-base

     2017年5月12日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。

    【セ・リーグ】

    <登録>

    広島 松山竜平外野手

    <抹消>

    広島 天谷宗一郎外野手

    【パ・リーグ】

    <登録>

    日本ハム エスコバー投手

    オリックス 塚原頌平投手

    オリックス 山崎勝己捕手

    <抹消>

    オリックス 海田智行投手

    オリックス 吉田雄人外野手

    ※再登録は5月22日以後


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-01822209-nksports-base

    このページのトップヘ