広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    松山竜平

    <巨人5-11広島>◇13日◇東京ドーム

     広島が9回に巨人の抑えカミネロを攻略し、一挙7得点で逆転。代打松山の今季初安打となる1号ソロで追いつくと、その後もたたみかけた。劇的すぎる勝利で球団史上初の2年連続10連勝。貯金を9とした。試合後の広島緒方孝市監督(48)はゆっくりとした口調で、質問に答えた。一問一答は以下の通り。

     -松山が最高の仕事

     緒方監督 悔しい思いをずっとしていただろう。昨日も(代打の代打で)代えられているしね。相当頭に来ていたんだろう。今日の殊勲者は松山よ。何はともあれ松山。誰が見ても松山。

     -初球からいった

     緒方監督 それが彼の持ち味。本当にとりあえず1本ね。彼自身がこれで開幕出来た。その1本がチームにとっても本当にうれしく、勝利に結びつく、大きな仕事になった。みんなも相当うれしいと思う。松山に1本出てね。

     -丸も続いた

     緒方監督 松山を何とかお立ち台に立たせてやろうと。そのための後輩の頼もしい一打に見えた。

     -巨人の守護神から逆転

     緒方監督 そうだよね。初めての対戦のなかでもね。ジャイアンツの勝ちパターンのなかでひっくり返す。打線が本当に頼もしい。

     -10連勝

     緒方監督 いやいや。1試合1試合みんなが自分の仕事をしてくれているということ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-01807339-nksports-base

     26日にマツダスタジアムで行われた広島対ソフトバンクとのオープン戦は1対1の引き分けに終わった。最終戦を引き分けた広島は4勝11敗2分となり、オープン戦を11位で終えた。緒方監督は「今日のような接戦をいかにものにするかが、今シーズンも優勝する条件。オープン戦ではそれができなかった」と表情は硬かった。


     WBCに出場した菊池涼介、鈴木誠也、田中広輔の3人が揃ってスタメン出場したが、オープン戦のチーム打率.217の打線は、最後まで不発に終わった。得点は8回に代打で登場したエルドレッドのソロのみで、わずか4安打に封じられた。

     WBC組は鈴木がフル出場したが、田中は3打席、菊池は1打席のみの出場に終わった。安打を放ったのは鈴木だけだったが、指揮官は「今年もこの3人が中心になってチームを引っ張っていく存在。開幕までに、早く時差ボケが取れるように調整してもらいたい」と心配する様子はなかった。

     オープン戦の不振については「ベストなメンバーで戦えたのは今日だけだったけど、それは最初からわかっていたこと」としたが、「新しい選手がいいものを見せてくれたが、レギュラーを奪うような活躍をした選手はいなかった。3人を脅かす存在がいなかった」と残念そうだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00010034-fullcount-base

     広島の松山竜平外野手(31)が2日、休日を返上してマツダスタジアムを訪れた。温冷交代浴などで体をメンテナンス。開幕に向けて最大のアピールの場となるオープン戦に備え、左腕打ちで開幕4番を狙う意気込みを示した。

     1日に打ち上げた春季キャンプ。手応えは十分だ。対外試合4試合に出場し、10打数4安打1本塁打2打点の打率4割。「やってきたことをうまく実戦で出せた。自信を持ってやっていきたい」。力強い打撃で今後も道を切り開く。

     「(相手投手の)左右関係なく結果もそうですけど、内容のある打席にしていきたい。去年は左投手でもいい打席とかも増えていった。今も継続してやれている」

     昨季は、右投手から打率・293で左投手では・281と左右で遜色ない結果を残した。だが、相手が右投手時の先発が58試合だったのに対し、左投手時はゼロだった。首脳陣に左投手が苦手だというイメージを振り払ってもらい、試合で使ってもらうためには、結果を残し続けることが重要となる。

     10年目を迎えた今季。「そろそろレギュラーを獲らないといけない。代打とか中途半端な選手で終わってしまう」。レギュラーを勝ち取り、開幕4番を務めるためには、左右を問わず打撃でアピールするしかない。決意を胸に快音を響かせる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000017-dal-base&pos=2

     4番候補にも名前が挙がっている広島・松山竜平外野手(31)が27日、宮崎県日南市で先乗り自主トレに参加し、連日のロングティーで汗を流した。

     「遠くへ飛ばしたいからね。しっかり振り込んできたから強い打球が打てている」と納得顔だ。昨季は103試合に出場し打率・291、10本塁打。4番に限っては打率・345、3本塁打と好結果を残している。

     プロ10年目を迎える松山は、春季キャンプに向けて調整は順調のようだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000083-dal-base

     広島・松山竜平外野手(31)が、鹿児島県鹿屋市内で自主トレを公開。「神ってるバット」効果で開幕4番を目指す意気込みを示した。

     「去年のシーズンで(鈴木)誠也が長さ97センチで1キロくらいの重さのマスコットバットを使っていた。いいなと思って取り寄せて、このオフから使っている」

     下半身を使って飛ばす意識付けに成功。加えて今オフは、これまでほとんど行ってこなかった筋トレに取り組み、上半身も鍛え上げている。「継続してやっていけば、過去最高の状態でシーズンに入れる」と笑みを浮かべた。

     「新井さんを超えて、開幕戦に4番スタメンで出たい。目標は100打点。そのためには本塁打は20本くらい必要になってくる」。昨季、新井は打率・300、19本塁打、101打点。MVP級の活躍を見せる意気込みだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000034-spnannex-base

     ハワイ優勝旅行に参加中の広島・新井貴浩内野手(39)が3日(現地時間2日)、自身を追い落とす4番打者の台頭を求めた。

     「でも、まだ負けない気持ち。試合に出たい。半面“新井さんもゆっくりしていて”と言うか、若手に出て来てほしい気持ちもある」

     2日目は「オーナー杯ゴルフコンペ」に参加した。菊池、小窪、松山との楽しいラウンド。終了後、来季の4番について問われると胸のうちを明かした。「“かかって来い、4番を打ってみろ”という気持ちだけど、本当に打ってくれれば今後のカープにはいいこと」

     倉が現役引退して、来季は野手最年長。それはチームの将来を考えたベテランならでは…の、いや何事にも潔く愚直な新井ならでは…の発想だった。その人柄と実績を慕って、伸び悩む堂林が弟子入りを志願。新春には護摩行にも同行させる。

     「“しんどいぞ。考えた方がいいぞ”と伝えたけど、3回言ってきた。自分の若い頃にカブる」

     新4番候補には松山や鈴木が挙がるが、台頭を望んでも、その座を簡単に譲るつもりはない。「来年もユニホームを着る以上は責任がある。期待に応えないといけないと思う」。チームを愛するベテランの存在価値だ。(ホノルル・江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00000095-spnannex-base

    このページのトップヘ