広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    松山竜平

     リーグ3連覇へのマジックナンバーを「4」としている広島は18日、20日の阪神戦(マツダ)からの本拠地9連戦に向けて、マツダスタジアムで“2部練習”を敢行。この日33歳の誕生日を迎えた松山竜平外野手は「しっかり自分のスイングができるようにしたい」と最後まで残って、打ち込んだ。

     「(優勝が決まる試合は)独特の雰囲気で結構、緊張する。そういう試合でチームに貢献できれば良い思い出になる」

     ちょうど1年前の昨年9月18日の甲子園では、一回に阪神・メンドーサから先制打。一昨年の9月10日の東京ドームでも四回に巨人・マイコラスから勝ち越しソロ。2年続けて、優勝を決めた試合で打点を挙げてきた“持ってる男”だ。

     さらに残り15試合で1試合平均2・2打席立てば、11年目で初めて規定打席(443打席)に到達。「規定打席にのったらレギュラーと思ってもらえる」と力を込めた。

     球団事務所の駐車場は天井や壁に防水シートが張られ、ビールかけ会場の準備は着々と進行中。33歳になったばかりのスラッガーが、悲願の27年ぶりの地元胴上げへ、大暴れする。

    引用元 https://www.sanspo.com/baseball/news/20180919/car18091905020001-n1.html

     広島は14日、マツダスタジアムで全体練習を行った。松山竜平外野手(32)は、後半戦を前に自身初となる規定打席到達をノルマに課した。今季残りは67試合。打撃好調を維持して最後まで走り切る構えだ。

     前半戦を終え打率・310はリーグ6位。44打点は鈴木と並ぶチープトップタイだ。それでも松山は「満足はしていない。これを最後まで続けていかないと意味がない」と手綱を締める。優勝争いが本格化するこれからが、自らが試される戦いだと自覚している。

     野間の台頭により一塁での出場が増えた。新井とポジションを争う中で求められるのは勝負強い打撃。「打点にこだわっていきたい」。勝利を呼び込む一打が規定打席到達のカギとなる。

     この日のフリー打撃ではミートポイントやフォームを確認しながら丁寧にスイングを繰り返した。「前半戦は良い感じで終えられたと思う。でももったいない打席があった」。一振りで仕留めるための準備を整えていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000036-dal-base&pos=5

     広島・緒方孝市監督(49)が11日、苦手の助っ投攻略のキーマンに新井貴浩内野手(41)を指名した。12日のオリックス戦(京セラD)からの6連戦はDH起用が可能。「新井は右、左に関係なく一番手の選手。切り札になる」と期待を寄せた。

     リーグ屈指のカープ打線も、交流戦に入り、相手先発が外国人の試合は4戦全敗。12日も7勝を挙げている左腕・アルバースと対戦する。新井は今季、助っ人投手に7打数3安打の打率4割2分9厘。「苦手意識はない。振っていく中で合わせる感じ。DHも経験はあるし、準備をしっかりしたい」と胸をたたいた。

     迎打撃コーチは「ボールを動かしてくる外国人(投手)はゴロを打たされてしまうことが多い。センター方向に打つ意識を徹底させたい」と対策を明かした。チームは15年からオリックスに9連勝中。相性の良さも生かし、ラストスパートで交流戦を締めくくる。(表 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000008-sph-base

     広島・松山竜平外野手と安部友裕内野手が10日、マツダスタジアムで行われた野手指名練習に参加。晴れ渡った空の下、フリー打撃などで汗を流した。

     松山は「昨日も悪くなかったので、やっておきたかった。自分のバッティングをして、結果が出るのを待つだけです」と話した。

     打率・211と低迷する安部は「量を打つことも大事。技術の向上を考えないといけない」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000067-dal-base

     広島・松山竜平外野手(32)が28日、マツダスタジアムで行われたナイター練習に参加し、得意の左投手撃ちに意気込んだ。昨季の対左投手の打率は・373。開幕の中日3連戦では小笠原、笠原の両左投手の先発が濃厚で、勝利に導く一打をスタートから放ち続ける。



     開幕が刻一刻と迫る中で行われた本拠地でのナイター練習。松山は「そこまで入れ込んでも仕方ない」と、充実感たっぷりに汗を流した。開幕カードの中日3連戦では、小笠原、笠原の両左投手が先発する見込み。左腕キラー発揮へ、冷静に言葉を並べた。

     「去年はいい結果、いい対応ができた。今年も変な意識はせずに、いい内容の打撃をしながら結果を求めていきたい」

     昨季は左腕相手に83打数31安打で打率・373と好結果をマーク。「右(投手)と同じように自分のタイミングを取ることを考えてる。変に小細工はしない」と言い、今季も同様のアプローチをしていく考えだ。開幕投手が濃厚な小笠原とは通算10打数3安打で「真っすぐに振り負けない」ことを重要視して挑む。

     オープン戦から好調で、開幕戦から5番を担うことが濃厚。「中軸なら走者をかえすのが僕の仕事。僕らが引っ張っていかないといけない」と責任感をにじませた。昨季・367だった得点圏打率に今季もこだわりを持ち、打席に立つ。

     精神的支柱である新井不在は痛手だが、リーグ3連覇に向けて好スタートを切りたいところ。「開幕3つ勝てば勢いがつく。何とか勝ち越しはして、次のカードにいきたい」と松山。開幕から勝利を導く一打を量産し、チームを支えていく。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/03/29/0011111752.shtml

     19日に横浜市内で行われた『セ・リーグファンミーティング2018』で広島の緒方孝市監督は4番打者について「まだ誰が座るかはっきりしていない状況です。鈴木が座ってくれれば安心するのですが」と話した。

     昨季の4番打者を振り返ると、開幕戦は2016年リーグMVPの新井貴浩でスタートしたが、4月25日の巨人戦から故障で離脱した8月23日のDeNA戦にかけて鈴木誠也が座り、鈴木が故障後は松山竜平が主に4番を任された。

     鈴木が復帰した今季、オープン戦開幕となった2月24日の楽天戦では松山竜平が4番で出場するなど、ここまで5試合で4番に座る。次いで鈴木が4試合、新井貴浩、エルドレッドが1試合となっている。

     3月10日のヤクルト戦から13日の日本ハム戦にかけて3戦連続で松山が4番で出場していたが、緒方監督がファンミーティングで「鈴木が座ってくれれば安心するのですが」と話したように、16日のヤクルト戦以降は鈴木が4番で出場する。

     昨季チーム最多の98試合に4番で出場した鈴木が4番の大本命ではあるが、松山も鈴木の離脱後4番で結果を残した。オープン戦は残すところ3試合。3月30日に行われる中日との開幕戦に誰が4番に座るだろうか…


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00146864-baseballk-base

     「広島紅白戦、紅組5-3白組」(12日、天福球場)

     松山竜平外野手が紅白戦で2安打2打点を記録した。初回無死一、二塁で右前適時打。四回1死二塁でも左前適時打を放った。


     コンパクトに振り抜き、決して大振りしないスイングが目立つ。「今はブンブン振り回してはダメ。それでフォームが崩れたら意味がない」。寒さもあり、まずは自らのフォームを固めることを優先に置く。

     14日に日南キャンプを打ち上げ、16日からは沖縄2次キャンプに臨む。対外試合も始まり、開幕へ向けそこからが本番モードだ。「どんどん状態を上げていきたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000135-dal-base

     広島・松山竜平外野手(32)が26日、長打量産へ、このオフから長くて軽い新バットを導入したことを明かした。この日は宮崎県日南市内での先乗り自主トレに参加。現有のバットと併用してロングティーなどを行い「とりあえずは試していって。使えるなと思ったら(開幕後も)使おうかと思う」と話した。

     プロ11年目はさらなる進化を求める。昨季は規定打席未到達ながら打率・326、14本塁打、77打点といずれもキャリアハイ。それでも「やっぱり長打を増やしたい。外野の頭を越す打球。(長いと)遠心力を使える分、使いこなせたら飛ぶだろうし」と説明。昨季終盤には4番も任された男は、長打を増やすことで打点増も狙う。

     従来86センチのバットだが、新モデルは1センチ長い87センチ。「同じように振れるように」と長くなる分、重さを920~925グラムから910グラムへと軽量化した。「まだまだしっくりはきてない。体も今から出来上がってきて変わってくる」とオープン戦などでも試し、本格導入を検討する予定だ。

     先乗り組では最年長。この日は堂林のティー打撃中など、後輩達に助言も送った。「聞かれれば教えようと思っている。僕も教えることで自分が分かることもある」と相乗効果を説く。尽きない向上心を持ち「1年1年勝負」と松山。まずはレギュラーを奪取し、昨季以上の成績を残す。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000027-dal-base

     松山が、今季限りで退団しヤクルト入りした石井、河田両コーチへの“恩返し”を誓った。

     今季のヤクルト戦は19試合で打率4割1分、16打点。今年の14本塁打中4本が同カードと抜群の相性を誇った。「僕は前(のポイント)で打つタイプ。石井打撃コーチに『お前は絶対、そこを変えたりするな』と言われました。2人が見ている前でいい活躍ができれば」と、感謝の思いを胸にツバメを撃つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000033-sph-base

    このページのトップヘ