広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    赤松真人

     昨年12月末に「初期の胃がん」を公表し、今年1月に手術で胃の半分を摘出したプロ野球・広島の赤松真人外野手(34)が17日、TBS系で放送された「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」に闘病を支えてくれた妻・寛子さん(35)とともに出演。がんは「ステージ3」だったことが明かされた。

     赤松は昨年12月の人間ドックで胃がんが見つかり、同28日に会見して「初期の胃がん」を公表。今年1月5日に手術を受け、胃の半分を摘出した。

     術後、「傷口がふさがって、(リハビリして)普通に野球できるもんだと思ってました」という赤松。しかし、摘出した胃の細胞や組織を顕微鏡で検査したところ、リンパ節に微細な転移が複数見つかった。

     担当医は「正直なところ、僕たちが予想していたよりも、(がんは)進行した状態でした。最終的にはステージ3a期ということになります」と説明。赤松は飲み薬と点滴を併用する半年間の抗がん剤治療を選択をした。

     ステージ3と宣告された赤松は「(昨年12月に)『がん』と言われた時よりもショックでした」と振り返った。がんは最も進行した段階がステージ4で、6月22日に亡くなったフリーアナウンサー・小林麻央さん(享年34)はステージ4を公表していた。

     赤松は半年間の壮絶な抗がん剤治療を乗り越え、今月11日から3軍に合流。術後、初めてのキャッチボールを行うなど、軽い練習を再開した。今後通院を続けながら、がんからの復帰を目指している。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/07/17/0010379934.shtml

     「広島-中日」(21日、マツダスタジアム)

     広島県がん検診啓運動のPRのため、アーティストのデーモン閣下が始球式を行い、悪魔を表す666の背番号が入ったユニホームを着てマウンドに立った。


     ダイナミックな投球フォームから投じられたボールは京田の背中を通る大暴投に。6年連続の大役を終え「キャッチボールもする機会も少なく、稽古不足というところ。年々、ストライクが入らなくなってきている」と振り返った。

     広島では、赤松が胃がんを発症。1月に摘出手術を受け、現在は3軍で体力作りに励んでいるが「早く見つかってよかったよね。焦らずに体を作り直して、来季復活してもらいたい」とデーモン閣下はエールを送った。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/2017/07/21/0010391935.shtml

     「胃がん」を患っていることを公表し、チームを離れていた広島赤松真人外野手(34)が11日、広島・廿日市市の大野練習場でリハビリ組の3軍に復帰した。抗がん剤治療中は先月22日に乳がんで死去した小林麻央さん(享年34)のブログも支えだった。1軍復帰へ、再スタートを切った。

     ゆっくり、ゆっくりと。ジョギングのペースも速くはない。「自分の足じゃないみたい」。測定した筋力の数値も「ひどい。驚愕(きょうがく)した」。だが約1時間半の練習中、赤松はずっと笑っていた。

     「ワクワクです。動けているのが楽しい」。野球など考えられない「ズタボロの状態」から、戻ってきた。

     昨年12月28日に「初期段階の胃がん」を公表。今年1月5日に摘出手術を受けた。その後の抗がん剤治療が、想像を絶する苦しみだった。「本当につらい。3日間ずっと寝込んじゃうとか。足も尋常じゃないくらい細くなる」。支え、励ましとなったのが、同じ病気と闘う人たちだった。

     小林麻央さんが亡くなった先月22日。赤松は寛子夫人と2人で泣いた。まさに抗がん剤治療中だった。

     「病院で見たの。嫁と2人で号泣。ダメだね。泣いちゃうねって。度合いも場所も違うんだけど、分かるのよ。つらさ」。同学年の34歳。面識はないが、ブログを見ては「強い人。つらいのにあの笑顔で」と支えになった。同じがん患者からの数え切れないほどの手紙も届き、読んでは泣いた。「オレなんか楽勝。やらないと失礼」と前を向けた。

     今月7日に最後の抗がん剤治療を終え、この日3軍に合流。もちろん、目標はここではない。

     「1軍の舞台が一番。そこで活躍するのが目標ですから。同じ病気の方に勇気を与えるのが僕の使命」。まずはトレーナーのメニューを軸に、自身の体と相談しながら筋肉量を上げていく。少し痩せたスピードスターは、必ず笑顔でマツダスタジアムに戻ってくる。【池本泰尚】

     ◆赤松真人(あかまつ・まさと)1982年(昭57)9月6日、京都府生まれ。平安(現龍谷大平安)-立命大を経て04年ドラフト6巡目で阪神入団。05、07年ウエスタン・リーグ盗塁王。07年オフ、阪神にFA移籍した新井の人的補償で広島へ移籍した。182センチ、75キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-01853963-nksports-base

     確かで大きな1歩だ。「胃がん」を患っていることを公表し、チームを離れていた広島赤松真人外野手(34)が11日、広島・廿日市市の大野練習場で3軍として復帰した。筋力測定や軽いジョギングをこなし、約1時間半汗を流した。

     体重は約2キロ落ちたというが、顔色はよく笑顔がたえなかった。「ちょっと筋力のチェックをしたんですけひどいです。ひどい衰えというか。これだけ落ちるんだなと。胃を切ったのもあるけど、運動量が落ちていますからね」と語る表情も明るかった。

     赤松は昨年12月28日に「初期段階の胃がん」を患っていることを公表していた。「ショックが一番だった。でもその前にまさか自分が。ウソだろうと」と当時の心境を振り返る。1月5日に胃がんの摘出手術を行った後は、抗がん剤による治療を行ってきた。「手術をしてから、病気だったんだと思うことはあった。(抗がん剤治療は)本当につらいんですよ。立てないくらい。3日寝込むくらい」と振り返る。

     手紙やブログを通じて多くの励ましのメッセージを受け取った。「もちろん(励みに)なりました。特に同じ病気をされてる方、もっと大きい病気をされている方からも手紙をもらった。言ってみれば僕は運動も出来るし食事も出来る状況なので。やらないと逆に失礼だと思うから。僕がしっかり運動をして、回復をして、そういう方々に勇気を与えるのが僕の使命。頑張らないといけない。プロ野球選手にとって、1軍の舞台が一番。そこで活躍するのが目標。ジャンプアップは出来ないけど、1歩1歩頑張っていきたい」と誓った。現在は特別な食事制限もなく、今後はトレーナーが組んだメニューを中心に体と相談しながらすすめていく。多くの使命を背負って。スピードスターが大きな1歩を踏み出した。【池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-01853656-nksports-base

     「交流戦、楽天2-1広島」(10日、Koboパーク宮城)

     広島の野間峻祥外野手が今季4盗塁目を決めた。

     1-1の八回1死一塁で、松山の代走として出場。西川の打席で、カウント1ボール1ストライクから、捕手・嶋が盗塁を阻止するために立ち上がって捕球したものの、それより先に二塁へ滑り込んだ。「しっかりとタイミングが計れて、良いスタートが切れた」。失敗が許されない状況で勇気を持ってスタートを切り、成功を勝ち取った。

     この日は黒星を喫したが、野間の俊足は、チームにとって何にも変えられない大きな武器だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000112-dal-base&pos=1

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     思いを込める。広島の選手会長、小窪の帽子の裏には「38 共に」と書かれている。菊池も帽子の裏、左側に大きく「38」を書いている。今、チームで代走の役割を担う上本は「赤松さんなら」とよく口にする。胃がんとの戦いを続ける赤松の存在は、少しも薄れていない。小窪は「ために、じゃなくて、共に」と力を込めて話す。



     小窪が春季キャンプに持ち込んだ背番号38のレプリカユニホームは、今もロッカーに掛けてある。キャンプで1カ月掲げると「さすがに砂ほこりで汚くなった」と歯を見せる。菊池も帽子を見て「大好きな先輩だから」と笑う。誰かに見せるためではなく、自分をエネルギーのため。赤松と「共に」が自分の「ため」につながっている。

     7月末まで抗がん剤治療を続ける同僚への思い。最後まで諦めない逆転のカープとつなげるのも暴論ではないだろう。4月20日現在で、12勝のうち6勝が逆転。3点差を2試合、4点差も1試合ひっくり返した。どんな状況でも目の前の仕事に全う。次の打者を思ってつなげていく姿勢が激勝を生む。38番は“ラストピース”ではない。今日も共に戦っている。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01811199-nksports-base

     胃がんからの復帰を目指す広島・赤松が、手術後初めてマツダスタジアムで動いた。

     居残り調整する投手陣を横目に、ウオーミングアップやランニングに約30分間。「投手もいたし、雰囲気を味わえたのはよかった」と汗を拭った。3週間に1度のペースで抗がん剤投与を受けており、「今は副作用が治まりつつある期間」と説明。「スポーツ選手として、病気になった者として、闘う姿を見せることが使命」と力を込めた。7月の治療終了を待って自主トレを始め、本格的な体づくりに入る意向だ。


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/17/kiji/20170317s00001173051000c.html

     今年1月に胃がんの切除手術を受けた広島の赤松真人が6日、『2カ月』というタイトルで自身のブログを更新した。

     赤松は「今まで抗がん剤の事はいっていなかったのですが、頑張ってやっています!抗がん剤と聞いて心配になりましたが、治療より予防するという意識でやっています」と説明。続けて「予防といっても抗がん剤を投与することによって副作用があるのですが、それがまたキツイです!健康な細胞まで攻撃してしまうので、それにより怠さや吐き気など様々な症状が出ます」と明かす。

     また、現在は「3週間を1セットとして8セットします。1月20日から始めていますので今は、3セット目が始まっています。今がまさにキツイ時です!やり始めて1~4日が僕はきついですが、ここを踏ん張ると何とか耐えられます!頑張って耐えます!」と意気込んだ。

     赤松が更新したブログには、マツダスタジアムに沢山の方々から送られたという千羽鶴の写真も併せて掲載され、「辛いときに支えてもらっています!本当に感謝です!」と感謝した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00105955-baseballk-base

    このページのトップヘ