広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    衣笠祥雄

     お笑いコンビ、とんねるずの石橋貴明(56)とタレント、ミッツ・マングローブ(43)が司会を務めるフジテレビ系「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜後11・0)に、元プロ野球投手の江夏豊氏(70)がゲスト出演することが21日、分かった。

     同番組は1970年代以降の昭和に流行したアイドルや歌謡曲、スポーツなどをテーマにトークを繰り広げる内容。江夏氏がフジ系バラエティーで石橋と共演するのは、96年の「とんねるずのハンマープライス」以来、22年ぶりとなる。

     広島時代に左腕のリリーフエースとして活躍した大投手は、4月に死去した盟友・衣笠祥雄氏との秘話などを披露。帝京高野球部出身の石橋について「野球を正面から語ってくれるので、こちらも素直に話すことができました」と感謝した。28日の放送回に登場する。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000031-sanspo-ent

     【江尻良文の快説・怪説】

     広島球団は28日からの対阪神3連戦(マツダスタジアム)で、故・衣笠祥雄氏(享年71)に哀悼の意を表し、緒方孝市監督、コーチ陣、選手、スタッフが喪章を付けて試合に臨む。

     “ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏とのコンビで、常勝赤ヘル軍団を築き上げ、2131試合連続出場の世界新記録(当時)を達成して国民栄誉賞を受賞した“鉄人”だけに当然の措置だろう。

     それにしても、山本氏は2度にわたり合計10年も広島監督を務めたのに、衣笠氏は監督どころかコーチ経験さえなしに終わったのはなぜか、球界七不思議が改めてクローズアップされる。

     ある広島OBがこう謎解きする。「現役引退後、広島にも家を残したまま、東京との二重生活をした山本浩二と、生活拠点を完全に東京に移した衣笠。その差だろう。当時の松田耕平オーナー(故人)が衣笠の東京行きに激怒したというのは、広島では公然の秘密になっている」

     市民球団として旗揚げされた広島カープは一時期、東洋工業(現マツダ)が親会社だった時代もある。だが、通称“松田個人商店”といわれるように、松田ファミリーが人事権を持っている。広島OBの解説には説得力がある。

     とはいえ、現役引退後TBSの解説者をしていた衣笠氏には、他球団の監督になるチャンスはあったはずだ。実際、かつてTBSが親会社だった横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)の監督就任情報が流れたことがある。

     だが、結局衣笠氏は評論家活動一筋を貫いた。前出の広島OBはこう見ている。「他球団のユニホームには袖を通さず、終生広島カープの鉄人・衣笠祥雄でいたかったのではないか」。その通りならば、いかにも一本気な衣笠氏らしい野球人生を全うしたといえるだろう。(江尻良文)

    引用元 https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180428/spo1804280003-n1.html


    “側近”から見た鉄人とは――。23日に上行結腸がんのため71歳で死去した衣笠祥雄氏を現役時代に支えていた広島の福永富雄球団トレーナー部アドバイザー(75)が、故人の我慢強さと医者をも驚かせたエピソードを明かした。

     筋肉の柔らかさは一級品だったという衣笠氏が一塁でレギュラーに定着したのは入団4年目の1968年のこと。福永氏によれば「実は太ももの肉離れを発症していた」そうだが、せっかく巡ってきたチャンスを逃すわけにはいかない。当時の根本陸夫監督に「試合に出るつもりなら盗塁のサインだって出す。当たり前だが、走ってもらいたい場面では走ってもらうぞ」と言われた衣笠氏は「もちろんです。できます」と二つ返事で試合に出続けたという。

     世界2位の2215試合連続出場を達成する間に左肩甲骨骨折の重傷を負ったのは有名だが、福永氏は「公にはなりませんでしたが、右手親指や手首、肋骨にひびが入りながらプレーを続けたこともあります。そのことは本人、首脳陣、トレーナーくらいしか知らなかったと思います。今では考えられないことですが…」と振り返る。

     体の丈夫さだけではない。衣笠氏が採血を行った際にはスポーツドクターが「こんなに良い血の色を見たことがない」と驚いていたという。「私もトレーナーをやっていて多くの選手を見てきましたが、そういうことを言われた選手は衣笠以外に一人もいません。なので非常に印象に残っています」(福永氏)

     最後に顔を合わせたのは今年1月で体調が良くないことは知っていた。亡くなる6日前の17日にも電話で言葉を交わしたという福永氏は「時代も違うし、あのような選手はもう出てこないんじゃないか」と言って故人をしのんだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000033-tospoweb-base

     23日夜に死去した元広島の“鉄人”こと衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)さん(享年71)は現役時代、“ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏(71)との名コンビで鳴らしたが、実は最初は犬猿の仲ともいえる関係だった。元ニッポン放送アナウンサーで2人と親交があった深澤弘氏(82)が、本当の仲を明かす。

     巨人の長嶋茂雄終身名誉監督が、よくこう言っていました。

     「僕の誇りはね、王(貞治ソフトバンク球団会長)と1度もいさかいがなかったことだよ」

     同じチームに力量が突出したスターが2人いれば、お互いに意識し合い、いつしか仲が悪くなる方が普通。奇跡的にONコンビの仲が良く、両雄が見事に並び立ったことが、巨人9連覇の原動力だったともいえます。

     何年か前、(山本)浩二さんにこの話をしたら、彼はこう声をひそめました。

     「僕とキヌ(衣笠さん)の仲は、決して良くなかったです。ライバルで、お互いにとげとげしかった。3番衣笠、4番山本で、僕はネクストバッターズサークルで何度も『打つな!』と念じました。キヌも同じ気持ちだったと思います」

     そんな2人の関係が劇的に変化したのが、1975(昭和50)年。7月19日のオールスター第1戦(甲子園)で、全セの3番を打った山本さんは1回と2回に、6番の衣笠さんは1回と3回に、そろって2打席連続本塁打。2番手で登板した外木場投手も3回無失点の好投で、翌日のスポーツ紙は「赤ヘル軍団現る」と大騒ぎでした。

     このとき、山本さんは「キヌと個人的に話してみたくなった」。広島に戻ると衣笠さんを誘い、初めてサシで酒を飲んだそうです。

     当時の広島は球団創設以来1度も優勝したことがなく、前年まで3年連続最下位の弱小チームでした。2人はこの席で「今年は優勝のチャンスじゃないか」と意気投合。実際に、秋には悲願のリーグ初制覇を成し遂げました。

     以後、2人はアドバイスを送り合い、盟友といわれるようになり、広島も常に優勝争いに加わる強豪へと変貌していったのです。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000015-ykf-spo

     広島は28日、松田元オーナー(67)によるOBの衣笠祥雄氏(享年71)への追悼コメントを、次のように発表した。


     「キャンプなどで会うと、元く~んと話しかけてくれる。江夏さんもそうだが、年上のお兄さんに声をかけてもらったうれしさが、一瞬にして自分を昔に戻してくれる。耳当てのないヘルメット、豪快な空振り、ライナーで入るホームラン、デッドボールでも痛がるそぶりを見せることなく駆け足で1塁に行く。衣笠さんとの付き合いは40年を超え思い出も多く、言葉で言い表すことが出来ない。本来ならば偉大な選手について話すべきかもしれないが、自分にとって衣笠さんとはそういう人だった」。

     この日の阪神戦の試合前には黙とうが行われ、監督、コーチ、選手、スタッフは喪章をつけて試合に臨んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00192545-nksports-base

     プロ野球広島で活躍し、プロ野球記録の2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれ、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)氏が死去したことが24日、関係者の話で分かった。71歳。京都府出身。

     元広島内野手の高橋慶彦氏(61)は自身のツイッターで衣笠氏の訃報に触れ、「今日衣笠さんが天に野球をしに行ってしまいました。大好き、素晴らしい先輩、いろいろな言葉が有ると想いますが、どんな言葉を探しても見つかりません、コメントをと言われましたが言葉で表すことが出来ません。言えることは私も野球をしにゆくのでその日まで待ってて下さいと言うことです」と故人をしのんだ。

     続けて「本当に私の野球人生が有るのは衣笠さんのおかげです本当にありがとうございました。皆さんも衣笠さんのご冥福を祈って下さい。ヨロシクお願いいたします」とつづった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000545-sanspo-base

     NHKは26日、23日に上行結腸がんのため亡くなった衣笠祥雄さん(享年71)を悼み、32年前に放送した番組を「“鉄人”の闘志 永遠に~追悼・衣笠祥雄さん~」として30日(後5時10分)に総合テレビで放送すると発表した。

     86年6月6日に放送されたNHK特集「17年間休まなかった男 ~衣笠祥雄の野球人生~」で、この年に衣笠さんは2000試合連続出場の大記録を打ち立てた。「40歳限界説」に立ち向かう、当時39歳の衣笠さんに密着取材し“男・衣笠”を解剖するスポーツヒューマンドキュメントで、ひたすら野球にかけた衣笠さんの情熱とその素顔をしのぶ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000201-sph-base

     「2215」。現在でも衣笠祥雄さんが持つ連続試合出場記録はプロ野球最多として輝く。体に近い内角球を恐れず、フルスイングでファンを魅了した選手だった。死球は歴代3位の161個で、三振は当時最多(現在9位)の1587個を数えた。野球界は星野仙一さんに続き、また一人、1970~80年代を彩ったスターを失った。


     入団2年目まで1軍と2軍を行ったり来たりで、スカウトから「このままだとクビだ」と脅された。しかし、3年目からコーチに就任した根本陸夫さんの助言で長所は長打力だと再認識し、6年目にはコーチの関根潤三さんと深夜にまで及ぶ猛練習でスイングを磨いた。

     選手として23年間のうち、打率が3割を超えたのは1度。それは入団20年目のことだった。現役を引退した後も、晩年は闘病生活をしながら最後まで「鉄人」らしく、野球界に携わった。


    ■骨折しても「絶対出たい」

     1975年から監督として広島の黄金期を築いた古葉竹識さんは「涙が出ました。サチが私より先に逝くとは……」とショックを隠しきれない様子。2月ごろに会った時、体調を心配して声をかけたら衣笠さんは「大丈夫」と答えたという。「私が監督時代、よくがんばってくれました。骨折した時も『絶対出たい』と言ってきて。だから、『大事なところで使う』と伝えて代打で使ったんです」と当時を振り返った。

     広島のOB会長を務める安仁屋宗八さんは「まさかと耳を疑った。入団時はバッテリーを組んだこともあった。三塁転向後はエラーでよく足を引っ張られたが、『安仁屋さん、エラーは目をつぶってください。必ず打って取り返しますから』と言われた。『鉄人』と呼ばれたんだから、いつまでも元気でいてほしかった」と語った。大下剛史さんは「寂しい。二遊間を組んでいた敏之(三村)が逝って、今度はサチ。これで初優勝メンバーの内野手は私とホプキンスだけになってしまった」とコメントした。

     広島の後輩たちは「本当に優しい人だった」と口をそろえた。大野豊さんは「マウンドによく声をかけに来ていただいた。怒られたことは一度もない。いつも優しく元気づけられた」という。北別府学さんは「ピンチの時にも頑張れと背中を押してもらった。あの優しい笑顔は忘れられない」と思い出を語った。

     達川光男・現ソフトバンクコーチは「キヌさんは『痛いとかかゆいとか言うからけがになる。黙っていたらわからん。試合に出るのが当たり前』と言っていた。今まで数多くの野球好きを見てきたけど、キヌさんがナンバーワン。一番野球を愛していた」と語った。小早川毅彦さんは「プロとしての厳しさ、責任感を教わり感謝しきれない。優しい先輩で努力の人。若手のお手本だった」。野村謙二郎さんは「レジェンドの方が亡くなって寂しい。監督になった時は『思い切ってやればいい』と声をかけていただいた」という。

    ■緒方監督に「常勝カープを」

     広島の緒方孝市監督は衣笠さんといっしょにユニホームを着たのは1年だけだったが、「頑張れよと声を掛けていただいたのを覚えている」。2016年に25年ぶりのリーグ優勝を決めた際、「ここから常勝の強いカープを築いてくれ」と言われたという。「優勝、そして日本一の報告をするためにも全員で戦っていきたい」と語った。

     歴代3位の1766試合連続出場記録を持つ阪神の金本知憲監督は「カープの先輩であるキヌさんから、休まないということに関していちばん影響を受けた。中心選手は常にグラウンドに立っていないといけないことを、無言で示した人だった」と振り返った。

    ■ライバルも悼む

     かつてのライバルたちも、衣笠さんの死を悼んだ。元巨人監督の長嶋茂雄さんは「『鉄人』と呼ばれた通り体の強い選手で、私が監督1年目の75年には山本浩二さんとカープを引っ張り、初優勝を見事成し遂げられたことが印象深いです。巨人戦で死球を受けた時には、カープのベンチを自らなだめながら笑顔で一塁へ向かう姿が忘れられません。芯が強く、優しい心を持っているいい男、ナイスガイでした」とコメントを発表した。

     王貞治・現ソフトバンク会長は「『鉄人』と呼ばれた彼なので、まさかという感じです。外見は怖そうな雰囲気だけど、実際にはすごく心の優しい人。死球を受けても相手を威圧することなく、闘争心をもって戦う中では珍しいタイプの選手だった。敵ではあるが、それを超えた形で話ができる人。もっともっと話がしたかった」と惜しんだ。

     楽天の梨田昌孝監督は「79、80年の日本シリーズで対戦した」と近鉄(現オリックス)時代の対戦をなつかしみ、「衣笠さんの辛抱強い姿を見て、今の広島の礎が築かれたのだと思う。とにかく『元気の源』みたいな方で、人懐っこく気さくに声をかけてくれる方でした」。DeNAのラミレス監督は「尊敬される方。日本人のロールモデル(模範となるお手本)だった」と語った。日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は「会うたびに『がんばれよ』と笑顔で声をかけていただいた。まさか、という思い」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000091-asahi-spo

     元広島・衣笠祥雄氏の訃報を伝えたTBSの高畑百合子アナウンサー(37)に称賛の声が集まっている。


     24日、高畑アナは同局系情報番組「ひるおび!」で衣笠さんの訃報を伝えた。「訃報です」と切り出し「プロ野球の広島東洋カープで活躍し、鉄人の愛称で親しまれた衣笠祥雄さんが、上行結腸がんで亡くなっていたことが分かりました。71歳でした」と原稿を読んだ。もちろん正確に読み上げたが、後半になるにつれ、涙ぐみ、声は震えていった。

     その後も、衣笠さんの現役時代の活躍などをきっちりと紹介したものの、時折、声がうわずり、鼻をすするなど、涙をこらえている様子が画面から伝わってきた。

     この高畑アナの“涙のリポート”にSNS上では「高畑アナが嗚咽混じりに報じてて胸にくるものが」「とても人間的で素敵なアナウンサーだと思う」「ずっとスポーツニュース担当してたもんな…印象的な何かがあったんでしょうね…」「明日の放送で高畑アナから一言欲しいな。番組でご一緒しての仲だったのかな」と称賛の声が続出した。

     高畑アナは「みのもんたの朝ズバッ!」で長くスポーツキャスターを務め、野球中継も担当。同局の解説者をしていた衣笠さんと“同じ職場”で過ごす時間が長かった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000026-tospoweb-ent

     衣笠祥雄氏の訃報(ふほう)について、広島の監督として現役時代の衣笠氏を指導し、1975年のセ・リーグ初優勝、79、80、84年の3度の日本一を成し遂げた古葉竹識氏は「涙が出ました。サチが私より先に逝くとは」と取材に答えた。

     「最後に会ったのは2月ごろ。体調を心配していたのですが、本人は『大丈夫よ』と。私が監督時代、本当によく頑張ってくれました。79年に死球を受けて亀裂骨折した時も、私に『絶対出たい』と言ってきた。だから『よし、大事なところで使うから、準備しておけ』と伝え、代打で使ったんです。ひどいケガにも負けなかったから、2215試合連続出場ができた。プロとしてファンを喜ばせたいという責任感の強い選手でした。お疲れ様、ありがとうと言いたい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000067-asahi-spo&pos=3

    このページのトップヘ