広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    衣笠祥雄

     広島ドラフト4位ルーキーの坂倉将吾捕手(19)が20日、1軍の全体練習に参加した。

     21日に出場選手登録される見込みだ。

     広島の高卒1年目捕手の出場となれば6人目。安打を放てば65年衣笠祥雄以来となる。フリー打撃では広角に打ち分け、コーチ陣も絶賛。クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズへ再始動したチームに楽しみな存在が加わる。

     左打席から広角にボールを打ち分けた。曇天のマツダスタジアムに快音が響く。ルーキー坂倉が、初めて合流した1軍練習で迎打撃コーチの球を打ち返した。「勝手に緊張しました。コースなりの打撃を心がけた。バットをスムーズに出そうと思って逆方向への打球も多くなった」としっかりとした口調で語った。

     日大三から入団した高卒1年目。非凡な打撃センスに定評があり、ウエスタン・リーグで99試合に出場し打率2割9分8厘、1本塁打、34打点をマークした。打撃練習を見守った石井打撃コーチも「キャンプで見たときからいいなと思っていた。2軍だけど数字も残っている。高卒1年目と考えると、多少抜けている」と高評価を下した。

     高卒1年目で安打を放てば球団では鈴木以来。捕手に限れば出場だけでも過去5人に限られる。さらに安打、本塁打を放てば65年衣笠祥雄以来、2人目。首脳陣は口をそろえて「結果は期待していない。思い切ってやってほしい」と言うが、坂倉は意欲満々。「プロである以上、結果がすべて。(安打は)意識すると思う。自分のスイングを心がけたい」と腕を回した。鉄人以来の快挙へ。高ヘッドコーチは「スタメン出場もあるかもしれない」と示唆した。

     チームはCS、日本シリーズに向けて再始動。みっちり約2時間の全体練習を行った。エルドレッド、ジョンソンなど主力選手の出場選手登録も抹消し、ポストシーズンに向けた激しい競争も始まる。坂倉が生き残れば、まさに秘密兵器となる。楽しみか不安かと問われると「楽しみが90%。不安な思いがあったら、結果は出ない」ときっぱり。再出発からのサバイバルで、坂倉がプロへの第1歩を踏み出す。【池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00008202-nksports-base

    ■広島カープOB・衣笠祥雄さん(70)

     去年も今年も、セ・リーグのほかの5球団は自分のところの立て直しに必死。広島だけが普通に野球をやった結果の連覇だった。

     僕らの連覇を振り返ると、1979年に2度目の優勝を経験して、80年の2月1日にキャンプに入ったとき、球場にチャンピオンフラッグがあるのを見て、「もう1年勝たないと本物じゃない」と思った。

     あの2年は僕にとって32、33歳で一番難しいところ。体の馬力が落ちてきてね。でもチームに助けてもらった。強かったから「いままで一緒にやってきたんだから、何としてもチームの役に立ちたい」と。野球観が変わった2年だった。

     抑えに江夏がいたのが大きかった。ヤツが来て、投手陣の最後のワンピースが決まった。79年の日本シリーズは「江夏の21球」で有名だけど、いまとなっては近鉄の西本監督がなぜスクイズに出たんだろうって考える。スクイズ失敗で大毎の監督を辞めた人が、そこまで追いつめられたのかな。野球って残酷だ。

     メンバーが若いから、広島は来年、初の3連覇も十分に可能性があると思う。日本シリーズで万全のソフトバンクと対戦してほしい。「強さとは何か」が勉強できるから。そしたら、勝っても負けても3連覇につながると確信してます。
    引用元 http://www.asahi.com/articles/ASK9F6DGVK9FPTQP01F.html

     広島の元内野手で2215試合連続出場の日本記録を持つ衣笠祥雄氏(69=野球評論家)が著書「鉄人のひとり言」(青志社)を上梓した。プロ野球やメジャーリーグの話など、気になったことを「ひとり言」として書き残し、まとめたものだ。特に今年2月のプロ野球キャンプリポートは、ペナントレースを言い当てた「予言の章」となっている。25年ぶりのリーグ優勝目前の古巣・広島への提言も読みどころのひとつ。1965~87年の広島在籍中に5度のリーグ優勝を経験した衣笠氏に、広島優勝の要因などを聞いた。

    ――広島の25年ぶりの優勝です。

    「本当に長かったですね。大量点を取る試合が多く、打つイメージがあるかもしれませんが、ボクの見方は守備のチームです。いかに守備を固めて1点を守り切って勝つか。1975年に初めて勝ったチームから、ずっとつながっているのはそこ。その野球は大事にして欲しいと思っています」

    ――投手を中心とした守備面では、二塁・菊池涼介(26)、遊撃・田中広輔(27)の二遊間2人の好守が目立ちました。

    「今季の一番の収穫は田中でしょう。もうひとつは中日からルナを取ったこと。ルナの打撃のうまさのおかげで、1番・田中、2番・菊池、3番・丸をほぼ固定できた。3人が安心して自分の役割に専念できるようになりましたね。昨年までは菊池と丸を動かさざるを得なかった。2年目の緒方監督が昨年1年見て決めた『勝負の一手』でしょう。他の5球団は1、2、3番を固定できなかった。巨人をはじめ、他は故障者や調子が悪い選手が多すぎましたよね。カープだけがまともに野球ができたんです」

    ――打点王を突っ走る新井は、39歳ながら全盛期に近い活躍です。

    「2000安打を達成したいという大きなモチベーションがあったと思います。昨年、黒田が帰ってきて『オレたちは優勝できる』という雰囲気にチームがなった。同じ時期に頑張って一度チームを離れた2人が、外で経験を積んで帰ってきた。黒田との相乗効果ですね」

    ――黒田は毎回「これが最後になるかもしれない」と思ってマウンドに上がるそうです。

    「そこが彼の試合にかける思いかもしれません。悔いのないように終えたいというね。黒田らしいなと。本音からいうと、みんな死ぬまでやりたいんですよ、野球選手を。でも、できないわけです」

    ■マエケンが抜けても悲観せず

    ――昨季はエースの前田健太(現・ドジャース)がいて、優勝候補だったのにBクラスでした。

    「過去に川口和久、江藤智、金本知憲らがFAでチームを出ました。ずいぶん選手が出ていますが、面白いのはいつも前の年より成績が悪くなってないんです。不思議なんですが、今年も悲観していませんでした。危機感が生まれるんでしょう。自分たちがやるしかないというね。前田は15勝している投手。誰が見ても落ちると考えるのが普通。それが優勝ですからね」

    ――緒方監督との思い出は?

    「ボクの現役最後の1年ですね。高校(佐賀・鳥栖)から入ってきましてねえ。新人の緒方君と初めてキャッチボールをした時、ボールがまともにこなかったんですよ。もともとショート。そういう触れ込みで来たんですが、キャッチボールで『これは内野手は無理だな』と思いましたね。昨年、監督になった時、ちょっと思うところはありました。へーえ、あの子がこんなになっちゃったんだってねえ。時間の経過と言いますか、緒方という監督が、一人の選手から、よくここまで頑張ったなあと。ケガの多い選手でねえ。足が速いので肉離れがありましたね。苦労したんです。レギュラーに定着するまで、おおかた10年近くかかったんですが、そこから先はスピードと長打力で期待通りの成績を残して、引退後はコーチとしていろいろな角度から野球を見ました。昨年はこれまで横で監督を見ていたのと、自分が監督になったギャップに悩みましたね。ここ何年か、あと一歩のところで負けてきた選手が勝ち切れた。この経験は来年以降につながります」

    ▽きぬがさ・さちお 1947年1月18日、京都府生まれ。65年に平安高(現・龍谷大平安)から広島に入団。87年に引退するまで23年間活躍。日本記録の2215試合連続出場。歴代3位の678試合連続フルイニング出場。87年に国民栄誉賞を受賞。96年に野球殿堂入り。愛称は「鉄人」。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000010-nkgendai-base

     25年ぶりのリーグ優勝に向けて首位をひた走る広島。その4番を務める新井貴浩は、現在リーグトップの91打点をマークする。27日の中日戦では、ノーヒットで迎えた延長10回の第6打席、5番手・祖父江大輔からレフトスタンドに突き刺す満塁弾を放って見せた。

     今季はここまで112試合に出場して、打率.308、16本塁打、91打点の成績を残す。最高のシーズンを送る77年1月生まれの39歳。ここでは、球界を代表する歴代のスラッガーたちの39歳のシーズンを見ていきたい。


    【主なスラッガーたちの39歳シーズンの成績】
    王貞治(巨人/1979年)
    120試 率.285 本33 点81

    衣笠祥雄(広島/1985年)
    130試 率.205 本24 点59

    山本浩二(広島/1985年)
    113試 率.288 本24 点79

    門田博光(南海/1987年)
    126試 率.317 本31 点69

    落合博満(中日/1992年)
    116試 率.292 本22 点71

    タフィ・ローズ(オリックス/2007年)
    132試 率.291 本42 点96

    山崎武司(楽天/2007年)
    141試 率.261 本43 点108

    金本知憲(阪神/2007年)
    144試 率.265 本31 点95

     先輩たちの39歳シーズンの成績を見てみると、世界の本塁打王・王貞治は、全盛期の頃に比べると成績は落ちているが、それでも打率.285、33本塁打、81打点の好成績を残している。

     広島OBの衣笠祥雄は全130試合に出場し、山本浩二は打率3割近い数字を記録した。広島・阪神時代にチームメイトで新井のことを“イジッていた”金本知憲は、95打点をマークした。

     また、金本と同学年の山崎武司は、39歳のシーズンで復活。前年まで不本意な結果に終わっていたが、39歳の07年は43本塁打、108打点の成績を残し、本塁打、打点の二冠に輝いた。ちなみにプロ21年目での40本塁打、100打点での本塁打王、打点王は史上初の快挙となった。

     大谷翔平(日本ハム)、山田哲人(ヤクルト)、鈴木誠也(広島)など若い世代の台頭が目立つが、39歳のベテランも若手に負けじと大活躍している。25年ぶりのリーグ優勝に向けて首位を走る広島の4番打者が、シーズン終了時にどんな成績を残しているのか楽しみだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00086626-baseballk-base

     ◇セ・リーグ 広島7―3巨人(2016年8月24日 東京D)

     広島が球団創設初の日本一達成翌年となった80年は、4月に10勝4敗2分けと抜け出し、5月13日に首位に立ってからは独走。8月24日の優勝マジック点灯時点で2位に12ゲームの大差をつけた。

     不動の4番だった山本浩二氏は「75年の初のリーグ優勝の後に経験を積んだこともあり前年は日本一。チームとして成熟し、投打に戦力もそろっていた」と振り返る。

     1番に盗塁王の高橋がおり、衣笠、山本、水谷、ライトルの強力な中軸に投手陣は福士、山根、池谷、北別府の先発陣、抑えには江夏がいた。優勝は10月17日。セでは巨人以外で初連覇。

     山本は44本塁打、112打点の2冠王。また、衣笠が8月4日の巨人戦で1247試合連続出場の当時の日本新記録を樹立した。近鉄との日本シリーズも4勝3敗で2年連続の日本一となった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-00000059-spnannex-base

     広島の元内野手で野球評論家の衣笠祥雄氏(69)が著書「鉄人のひとり言」(青志社)を、25日に発売する。1年かけてプロ野球や大リーグの試合などで気になったことを「ひとり言」として書き残して、まとめた。25年間、優勝から遠ざかっている広島に提言もしている。

     自身は1965~87年の広島在籍中、5回のリーグ優勝を経験している。今季の広島はリーグを独走。衣笠氏は75年の球団初優勝時を振り返り、勝って当然という目で周りに見られて体が萎縮してしまうと指摘。現在のチームが当時と共通するのは「みんな走れること」とし、盗塁数がリーグ断トツを誇るナインに「最後まで貫くことが大事だ」とエールを送った。

     出版を前に本紙の取材に対応。ブレーク中の鈴木誠也(21)について「本物だ。山本浩二になれる」と絶賛。流行語大賞候補の「神ってる」には「緒方孝市監督がその言葉を使った時には“誰から聞いてそんなこと言ってんだ”と思ったけど、本当にそうなってきたね」とコメントした。

     同書では大リーグ・マーリンズのイチロー(42)、ドジャースの前田健太(28)にも触れている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160724-00000098-spnannex-base

     野球評論家の張本勲氏(76)が3日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に出演し、好調な広島に賛辞を送る一報で、ミスを連発するセ・リーグの他球団に「喝!」を連発した。

     「広島は酒はうまいし、食べものはうまいし、気候もいいしね」張本氏は、32年ぶりに11連勝をマークした広島について、共演した元広島の野球評論家・衣笠祥雄(69)とともに「強い」と感嘆。劇的な勝利を続ける広島に「神ってる」というフレーズを連発しながら、エラー絡みで勝利を献上している他球団に対して「喝! 単純に下手なんだよね」とプロらしからぬプレーを嘆いた。衣笠氏も「子供に見せられないプレー」と指摘した。

     6月26日の広島―阪神(マツダ)は2―3の9回に阪神の外野陣が交錯、落球して広島がサヨナラ勝ち。7月1日の広島―DeNA戦(横浜)は、DeNAが1イニングに2度のエラーを犯して広島が先制。試合を有利に進め11連勝を決めた。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000088-sph-base

     「広島-阪神」(23日、マツダスタジアム)

     広島は新井貴浩内野手(39)の第23弾「二千本への道Tシャツ(3)」の販売を発表した。四回に右前打で出塁。通算1997本目の安打で、2000安打まで残り「3本」とした。

     今回のTシャツは、過去に背番号3を背負って「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄さんとコラボレーション。2000本まで残り3本となった新井を激励。「振れっ 新井-っ!」と、本人からの直接メッセージが添えられた。現役時代は「常にフルスイング」が信条だった鉄人ならではの一言だ。

     残り25本となった3月26日のDeNA戦(マツダ)後から、25種類(S・M・L・Oのサイズ展開で、300枚限定)で発売を始めたカウントダウンTシャツ。初回は前面に「二千本への道」の文字と、フルスイングした姿がデザインされ、背中は残りの安打数が記されていた。

    このページのトップヘ