広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    試合経過

     ◇交流戦 広島7ー6ロッテ(2019年6月20日 マツダ)

     広島がロッテとの交流戦3戦目を7―6で勝利。終盤のロッテの猛反撃を振り切り、3タテを阻止した。

     6回まで6-0と大きくリードしていたが、中継ぎ陣がロッテの猛攻につかまり、9回には同点に追いつかれた。だが、直後の9回2死満塁、7番・会沢がロッテ5番手・ブランドンの初球を左前へ運ぶサヨナラ適時打を放ち、7-6で競り勝った。

     1死満塁で6番・バティスタが空振り三振に倒れ、追い込まれた打席。「なんとか、なんとか打ちたいという思いで打席に立ちました」と振り返り、見事に結果を残した。ナインに迎えられ「うれしかったですし、疲れていたので…みんなの笑顔を見て力をもらいました」と笑顔。だが、大量リードの前半と、ジワジワと追いかけられた後半との全く異なる試合展開には「これも野球でしょう。はい」と真顔。その中で、プロ初出場初先発し、初打席で初安打を記録したドラ1・小園の活躍については「ノッていけた部分もありますし、ああ言ううれしさというのは、僕らも忘れてはいけないと思います。見習いたいと思います」と感謝した。

     会沢は2回に8号ソロを放ち、8回にも二塁打。この日3安打も「(自分のバッティングは)まだまだですね。もっともっとチームに貢献できるように頑張ります」と謙虚。残り4試合となった交流戦については「全力で戦っていくだけです」と話し、赤く染まった本拠地のファンに深々と頭を下げて感謝を示した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00000246-spnannex-base

     「楽天2-4広島」(16日、楽天生命パーク宮城)

     広島の勝利の方程式が進化した。快投を続ける中村恭が3-2の七回に登場。「いつもと変わらず」と平常心でマウンドへ向かうと、先頭ウィーラーを四球で歩かせながら後続を3人でピシャリと封じた。「切り替えて投げられたと思う」とクールに振り返った。

     30歳を迎えて覚醒した左腕の安定感は抜群だ。これで4月16日・巨人戦(鹿児島)から17試合連続無失点。最近は勝ちパターンの一角を担うなど、首脳陣の評価も急上昇中だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000157-dal-base

    <日本生命セ・パ交流戦:楽天2-4広島>◇16日◇楽天生命パーク

    悪球打ちで連敗ストップ。広島西川龍馬内野手(24)が「日本生命セ・パ交流戦」の楽天戦で決勝打を放った。



    5番から3番に打順を上げ、同点の7回に楽天岸の見逃せばボール球となる外角球を逆方向へ打ち返した。5番に入った会沢、7番に下げたバティスタもともに打点を挙げるなど、打順変更が奏功して打線につながりが生まれた。引き分けをはさんだ連敗を3で止め、リーグ首位の座を死守した。

       ◇   ◇   ◇

    持ち前の打撃センス、嗅覚で捉えた。同点の7回2死二塁。西川は2ストライクと追い込まれていた。4球目の外角低めに外れるチェンジアップは見逃せば捕手の手前でバウンドするようなボール球。だが、西川のバットは獲物を目がけて伸びた。打球は低いライナーで遊撃の左を抜けて二塁走者が生還。連敗を3で止める決勝打となった。

    「たまたまです。ある程度絞って、真っすぐならファウルという方向性を出して。何とか対応できたら(と思っていた)」

    この日は「父の日」ということもあり、水色のリストバンドをつけてプレーした。「小さい頃は怖かった」という父・善博さんからは野球を始めたときから打撃指導を受けてきた。中学時代まで周囲が金属バットを使う中、木製バットを使うように言われ続けた。芯で捉える技術、反発の小さい木製で飛距離を出す打ち方など打撃技術が磨かれた。「大阪のおとん、今日俺やったよ!」。ビジター球場のヒーローインタビューで、チームメート松山の決めぜりふで感謝を伝えた。

    試合前まで交流戦12球団ワーストのチーム打率1割9分8厘に、打線が組み替えられた。5番だった西川を3番に上げ、3番バティスタは7番に。代わりに会沢を5番で起用。3選手がこの日の全4打点をマークした。緒方監督は「投手も野手もしっかりと役割をこなしてくれた」とたたえつつ「いくつか反省しないといけないこともあるので、しっかり反省して次の試合に臨みたい」と手綱を締めた。連敗を止め、リーグ首位は死守。18日から本拠地での6連戦で再出発を切る。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-06160923-nksports-base

     ◇交流戦 広島3―2ソフトバンク(2019年6月9日 マツダ)

     広島の新守護神に任命されたフランスアが“天敵”ソフトバンク戦で圧巻の投球を見せ、今季初セーブをマークした。

     3―2とわずか1点リードで迎えた9回に5番手として登板。最初に対峙(じ)した真砂を3球連続直球で1ボール2ストライクと追い込んだ後の外角低めチェンジアップで空振り三振に斬って取ると、代打・福田は153キロ、154キロと連続ストライクで追い込み、低めの155キロ直球で3球三振。3人目の明石はわずか1球、155キロの直球で中飛に仕留めて勝利をもぎ取った。

     3年連続胴上げ投手の守護神・中崎が不調のため回ってきた抑え役。41日ぶりの先発マウンドで5回5安打2失点と力投した九里の後を中村恭、一岡、レグナルトとつないだ無失点リレーを最後は力で抑え込んで締めくくった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000196-spnannex-base

    <日本生命セ・パ交流戦:広島2-4ソフトバンク>◇8日◇マツダスタジアム

    広島2番手の中村恭平投手が自己最速を更新する155キロを連発し、2回を無失点に抑えた。

    今季初登板の4月12日DeNA戦で2失点した後、14戦連続で無失点に抑えている。防御率は0・93となった。無失点については「気にしていない。1人1人一生懸命投げていくだけ」と話し、球速については「球場の表示はたまに見ます。けっこう出ているな、という印象」と手応えを口にした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-06080906-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島5―7阪神(2019年6月2日 マツダ)

     広島は2日の阪神戦で5―7と惜敗して、連勝が5で止まった。それでも、7点劣勢の6回に、田中広輔内野手(29)の適時打が口火となり、サビエル・バティスタ外野手(27)のこの日3安打目となる適時打などで1イニング5点の猛追。一発が出れば大逆転というほどの見せ場をつくった。2位・阪神との直接対決を勝ち越して4ゲーム差。勢いを持続したまま、交流戦に突入する。

     試合後のナインに悲壮感はない。2回に7点差をつけられても、勝利への望みが消えないところに、好調なチーム状況が表れている。6回に1イニング5点の猛追。緒方監督は「こういう展開になっても、野手が集中していい攻撃をしてくれた」と、交流戦への手応えをつかむ一戦となった。

     7点劣勢の6回1死無走者、西川の出場25試合連続安打となる左前打が口火となった。磯村の右前打、小窪の四球で満塁。続く田中広は初球の直球を狙った。左前への2点適時打として、チーム初得点が生まれた。

     死二、三塁からの野間の遊撃へのゴロは、快足を飛ばして内野安打。適時失策もからみ、二塁走者・田中広も生還した。さらに2死一、三塁で、バティスタが左前適時打を放ち、今季4度目の1イニング5点以上とした。

     結果もさることながら、猛攻の中身が濃かった。田中広が「チャンスだったので積極的にいった」という一打は、今季2度目となる2試合連続の複数安打。打率・192と2割復帰も目前で、不振脱出への光としたい。

      5点目を挙げたバティスタは、1打席目に「しんどかった」と笑う自身初の三塁打。計3安打で打率は・307となり、ついに大台に乗せた。5月に10本塁打を量産した大砲の勢いは増すばかりで、「調子もいいし、交流戦も一生懸命頑張ります」と誓った。

     持ち前の粘り強さを確かめて、交流戦へと突入する。2位・阪神との直接対決に勝ち越して4ゲーム差。指揮官は「もうひと押しというところまで苦しめられた。負けはしたけど、切り替えて交流戦に入っていきたい」とうなずく。昨季の交流戦は借金4と苦しんだ。パ・リーグの投手陣を攻略するためのカギは、この日の粘りにある。 (河合 洋介) 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000065-spnannex-base

    <広島5-7阪神>◇2日◇マツダスタジアム

    打撃好調の広島サビエル・バティスタ外野手(27)がプロ初の三塁打を放った。

    1回2死走者なしで、阪神先発ガルシアから右翼フェンス直撃の当たりを放ち、三塁まで激走。最後はヘルメットを飛ばし、足からスライディングした。「しんどかった。いつもより長く感じた」。3、6回には左前打を放ち、今季9度目の猛打賞もマーク。「本当に調子いい。交流戦でも一生懸命がんばりたい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-06021261-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島7―2阪神(2019年6月1日 マツダ)

     今季3度目の5連勝で球団タイ3度目の9カード連続勝ち越し決定。前夜サヨナラ勝ちの勢いそのままに投打で2位・阪神を圧倒した王者・広島のお立ち台にはジョンソン、小窪と投打のヒーローがそろって上がった。

     6回で98球を投げ5安打1失点のジョンソンは昨年5~8月に8連勝して以来となる自身4連勝。小窪は2016年7月30日のDeNA戦(マツダ)でザガースキーから代打満塁弾を放って以来3年ぶりのプロ通算18本目が先制、そして決勝のソロ弾となった。

     まずは「アリガトウゴザイマス」とヒーローインタビューに日本語で応じたジョンソンが「全体的に非常に良かったと思います。投球内容も良かったですし、守備陣もしっかり守ってくれましたし、バットの方でも貢献できたんで良かったと思います」と笑顔。

     投球について「ストライク先行でどんどん攻めてゴロを打たせ守備陣に守ってもらうっていう自分のスタイルの投球ができたのとストライクがいっぱい取れたっていうのが良かったと思います」と振り返ると、小窪の先制弾が出た5回、自身2試合連続タイムリーとなる右前打を放ったことについては「野手のみんなが打ってくれて自分の打順まで回ってきた。何とかボールをバットに当てようという意識で打席に入った。本当に野手のおかげだと思っています」とチームメートに感謝して笑顔、笑顔だった。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000207-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島7―2阪神(2019年6月1日 マツダ)

     今季3度目の5連勝で球団タイ3度目の9カード連続勝ち越し決定。前夜サヨナラ勝ちの勢いそのままに投打で2位・阪神を圧倒した王者・広島のお立ち台にはジョンソン、小窪と投打のヒーローがそろって上がった。

     6回で98球を投げ5安打1失点のジョンソンは昨年5~8月に8連勝して以来となる自身4連勝。小窪は2016年7月30日のDeNA戦(マツダ)でザガースキーから代打満塁弾を放って以来3年ぶりのプロ通算18本目が先制、そして決勝の左越えソロ弾となった。

     ジョンソンに続いてヒーローインタビューに応じた小窪は「とにかく出塁することを考えて打席に入りました」と0―0で迎えた5回、先頭打者として入った第2打席を振り返り、自身1036日ぶりの一発に「ずっとカープファンの皆さんの前で、このマツダスタジアムでまた打ちたいと思ってずっと練習してきたので良かったです」とかみしめるように話した。

     「ホームランは3年ぶりなので、そんなに出るものじゃないので、僕はしっかりケースに応じてバッティングするように考えてます」という前選手会長は、続く6回にもつなぐ打撃で右前打。三塁の守備でも再三の好守で投手を助けた。

     今季は先発あり、代打あり、途中から守備もありと貴重な役割をこなして快進撃を続けるチームをしっかりと支えている。「とにかくチームが勝てばいいと思って試合に臨んでます」。カープの頼れる前選手会長は2019年も謙虚、そして頼もしい存在であり続ける。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000208-spnannex-base

     「広島2-1阪神」(31日、マツダスタジアム)

     広島のカイル・レグナルトが1回1安打無失点で4勝目を手にした。1-1の延長十一回から登板。2死から植田に捕手前へのバント安打を許したが、慌てず騒がず一時同点適時打を放った梅野を右飛に仕留めた。

     「僕の勝利はもちろんうれしいけど、僅差の展開でチームが勝ったことの方がうれしい。自分は、とにかく0を刻んでいくことしか考えていないよ」

     米国のマイナー時代には中継ぎとして「7か8勝したことはある」という。チームから大きな信頼を得ている助っ人左腕の存在は、何より頼もしい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000189-dal-base

    このページのトップヘ