広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    敗戦

     「広島7-8ヤクルト」(15日、マツダスタジアム)

     広島・レグナルトの2軍降格が決定した。この日は3番手で登板したが、広岡に2ランを浴びるなど、1回1/3を投げ、4安打3失点と散々だった。


     佐々岡投手コーチは「ストライクゾーンで勝負できていない。(2軍に)落とすよ。もう一回、下でやってもらう」と再調整を明言した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000215-dal-base

     「広島2-3中日」(11日、マツダスタジアム)

     広島・レグナルトが痛恨の被弾で3敗目を喫した。

     2-2の延長十回、5番手で登板したが、先頭・京田に右翼席へ決勝弾を浴びた。

     「追い込んだところまでは良かったけど、カーブを2球続けて、浮いたところをしっかり捉えられた。救援陣がゼロでつないでくれたところで失点してしまい、ふがいない」

     佐々岡投手コーチは「もったいない。甘く入った。1球の怖さ。こういう競ったゲームで投げるピッチャーには常々言っているけど『中に入った』では済まされない」と苦言を呈していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000149-dal-base

     「広島3-7阪神」(7日、マツダスタジアム)

     広島が下位・阪神相手に痛い星を逃した。 先発の薮田和樹投手が大誤算。2回1/3を6安打6失点でKOされた。薮田は2敗目(0勝)。


     中5日で上がったマウンドで打ち込まれた。初回は先頭・木浪に粘られた末、14球目を中前打とされ、1死一塁で福留に右越え適時二塁打を許し、先制点を献上。0-1の二回は先頭・大山への四球をきっかけに2死一、三塁として木浪に右翼フェンス直撃の適時打を放たれた。

     0-2の三回も立て直せず。1死一、三塁から高山に右中間席へ3ランを献上。続く大山に四球を与えたところでKOとなった。中田も近本に中前へ2点適時打を浴び、この回打者11人の猛攻を許し5失点。序盤から大きくビハインドを背負う形となった。

     打線は阪神先発・西から11安打を放つも、要所を抑えられた。三回に小園が本拠地初となる3号ソロ、四回に長野が適時打、八回には松山も適時二塁打を放ったが、攻撃をたたみかけられなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00000107-dal-base

     「ヤクルト11-7広島」(4日、神宮球場)

     定まらない指先に、広島・大瀬良大地投手(28)が苦しんだ。三者凡退は四回の一度だけ。毎回のように走者を背負い、球数も増えた。「見ての通りです」。5回を6安打5四死球2失点で108球。時折、唇を結びながら帰りのバスへと向かった。

     初回は3四死球で満塁のピンチを背負った。三回2死一塁では直球が抜け、中村の左肩付近へ当たった。「厳しくいこうと思ったのが、ボール1個分、外れた」。1試合5四死球は今季ワースト。緒方監督は「ボールが先行して、逆球も多かった」と振り返った。

     具体的には明かさなかったが、技術面でも納得できなかったことがあった。前回8月29日・巨人戦は2回1/3で7安打10失点。その映像を見返し、課題を修正して臨んだ一戦。それでも「やろうとしたことができていない」と表情は険しかった。

     2試合連続で中5日での登板。ローテを前倒しして任されるのは、首脳陣からの信頼の証しだ。大事な終盤戦。登板3試合連続でチームは黒星。「もどかしいし、はがゆい」。悔しさが胸いっぱいに広がっている。

     「下を向いてはいられない」。最後は前を見据えて言葉を紡いだ。レギュラーシーズンでは残り3試合の登板が予想される。勝利を手繰り寄せるマウンドにする。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00000035-dal-base

    ◆中日10―4広島(25日・ナゴヤドーム)

     広島・九里亜蓮投手(27)が5回途中6失点と崩れ、7敗目を喫した。1点リードの4回に福田、ビシエドに連続四球を与えると、阿部の二塁打、大野奨の犠飛で逆転を許した。なおも2死一、二塁から投手の山本の左前へのタイムリーで追加点を献上。5回にも2死から高橋に適時二塁打を浴びた。

     チームも5位・中日にカード負け越しとなり、3位に転落。九里は「チームに勝ちがつかず、申し訳ない。(連続四球は)技術がない」と険しい表情だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000178-sph-base

     「広島4-8ヤクルト」(22日、マツダスタジアム)

     広島・佐々岡投手コーチが山口の2軍降格を明言した。

     2回3安打3失点KOに「残念です。初回は何とか乗り越えたけど、二回に入ると、ボール、ボールで…。あれで変わるようでは1軍のマウンドは難しい」とばっさり。緒方監督も「また腕が縮こまっていた。まだまだ早い」と苦言を呈していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00000167-dal-base

    このページのトップヘ