広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    敗戦

     「交流戦、広島4-7ソフトバンク」(18日、マツダスタジアム)

     広島の先発・中村祐は1回2/3を5安打4失点で、プロ初黒星を喫した。

     勝ちか引き分けで交流戦勝率1位が決定する大一番の先発を託されたが、先発の役割を果たせなかった。

     「力不足です。力みもありました。この悔しさをバネにしたい」と悔しさをにじませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000123-dal-base

     ◇交流戦 広島3―5ソフトバンク(2017年6月16日 マツダ)

     広島・丸がチーム史上6度目の3打席連続本塁打。過去には65年に興津、90年にアレン、94年と98年に江藤、12年にニックが記録しているが、ソロ3連発はチーム史上初だ。

     また、3打席連続本塁打が飛び出した6試合のうち、広島が勝利したのは興津がチーム史上初の3連発を記録した65年の巨人戦(兼六園)のみ。それ以外の試合はいずれも敗れており、広島は自軍選手が3打席連続本塁打を放った試合で5連敗となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000155-spnannex-base

    <日本生命セ・パ交流戦:楽天2-1広島>◇10日◇Koboパーク宮城

     広島野村と楽天美馬の投手戦となるも、野村が8回にペゲーロに左翼へ勝ち越し打を浴びて2敗目。好調の打線は美馬に8回4安打1点に抑えられた。連勝が6でとまった広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -美馬に抑えられた

     緒方監督 初対決で、しっかり情報や映像を見てイメージを持って立っていたと思うけど、相手が想像以上の出来だったと思う。両サイドに投げ分けていたしね。1点を奪う攻撃はできたけど、もう1点が取れなかったね。

     -先発野村は好投

     緒方監督 今シーズン1番くらいの投球内容だったと思う。球数120球くらい(126球)いったけど、相手の力が最後上回ったというところだろうが、本当にいい投球をしてくれた。

     -野村に8回も託した

     緒方監督 あそこまで行ったらね。中心になってチームを引っ張っていく投手だし、本人も白黒付けたかっただろう。こちらが見ていても、行ってもらって良かった。結果は別に。残念な結果になったけど。

     -2番菊池が通算200犠打

     緒方監督 一番難しい打順に座って、本当にチームの勝利に貢献するような進塁打、犠打、いろんな難しい打撃を求められる中で、彼は十分にこなしてくれている。そういう節目の試合でチームの勝利で祝えたらよかったけど、これから先の戦いの中でもっともっと貢献してもらいたいし、彼ならできると思う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-01838260-nksports-base

    <日本生命セ・パ交流戦:広島4-5ロッテ>◇2日◇マツダスタジアム

     広島は先発九里が1回に4失点する乱調がありながら中盤に2本塁打で同点に追い付くも、延長12回に7番手ブレイシアが代打ダフィーに勝ち越し打を浴びて敗れた。移動試合の死闘を落として連敗となった広島緒方監督(48)の談話は以下の通り。

     緒方監督 (自ら切り出し)終盤はチャンスとピンチが交互にあり、あと1本出るどうかどうかのところで相手に1本出た。終盤の中でお互いいい守りもあり、ぎりぎりのところで紙一重でやられてしまった。

     -先発九里投手は立ち上がりに乱れた。

     緒方監督 見たまんま。

     -4点ビハインドからよく追い付いた。

     緒方監督 そういうことです。よく追い付いてくれた。ワンチャンスでね。また明日デーゲームなので、切り替えて行きましょう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-01834048-nksports-base

    ◆中日2―1広島(20日・ナゴヤドーム)

     広島が接戦を落とし、2年ぶりの中日戦連敗を喫した。

     菊池涼介内野手(27)がコンディション不良のため欠場し、「2番・三塁」に西川が入り、「5番・二塁」で安部が先発出場。西川は、2回に失点につながる失策など精彩を欠いた。

     先発・九里は7回2失点(自責1)と粘ったが、打線の援護がなく4敗目(3勝)。緒方監督は「先発が試合をつくってくれているわけだから」と、険しい表情で振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000189-sph-base

     「中日5-3広島」(19日、ナゴヤドーム)

     広島が、今季2度目のサヨナラ負けを喫した。3-3で迎えた延長十回、ジャクソンがビシエドに左越え2ランを浴びた。助っ人右腕が開幕から続けてきた連続無失点試合は、18試合でストップした。

     2死1塁。初球のスライダーを振り抜かれ、左翼席に運ばれた。「コース的には悪くなかった。それをしっかりとはじき返された。うまく運ばれた」と振り返った。

     開幕から剛球で相手をねじ伏せ、チームを勝利に導いてきた。右腕にとっては、登板19試合目での失点だ。それでも信頼は不変。緒方監督は試合後、「(失点したからと言って)何も言うことはない」と力を込めた。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/05/19/0010204618.shtml

     広島は17日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に4-5で敗れた。勝ちパターンに入ってのまさかの逆転負けに、緒方監督は「ミスが絡んだ失点でリードを最後まで守りきることができなかった」と悔しそうだった。


     1点ビハインドの7回に集中打で逆転し、3点リードで9回は抑えの今村投入と、完全に勝ちパターンの展開だった。十八番の逆転勝ちで、ホームゲームでの9連勝が目前だったが、土壇場のミスの連鎖で同点とされ、延長での決勝点も失策が絡んだものだった。

     緒方監督は「9回はワンアウトから、サードゴロをしっかりアウトにしていればね」と安部の失策に触れ、「(今村)猛も、昨年から大事なポジションで投げて、今年は最後を任せているので、冷静にしっかりした投球を期待したんだけど、(鈴木)誠也の後逸もあって、守りきることができなかったね」と残念そうに話した。

     ピンチを広げた鈴木のプレーに関して、河田外野守備走塁コーチは「捕れると思ったら、思い切って突っ込むように。オレはそういう教え方をしている。後逸だけはしてはいけないという人もいるだろうけど、ドンピシャのタイミングだったしね。誠也もまだ若いし、これから勉強していって欲しい」と、ミスを責めることはしなかったが、結果的には逆転負けにつながる大きなプレーになった。

     延長10回には、投手の一岡が失策でピンチを広げ、1死満塁とされてロペスに決勝の犠牲フライを許した。指揮官は「投手、野手を含めて、守りをしっかりやらなければこういう結果になる」と反省しながらも、「選手たちにはこれをいい経験としてもらって、明日からまたしっかりやっていきたい」と、最後は前を向いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00010033-fullcount-base

     ◇セ・リーグ ヤクルト―広島(2017年5月11日 神宮)

     広島先発の福井が6回10安打7失点で降板した。

     2回1死一、三塁で大引の投ゴロを自ら失策し先制を許すと、2度味方が追いつきながらも直後に失点を重ね、6回には連続四球を与えてから山田、雄平に連打を浴び3失点。課題の残る106球だった。

     福井は2打席とも無死一塁で回ってきたが、いずれも犠打を成功させることができず、攻撃のリズムも崩してしまった形に。4月26日巨人戦以来の先発だったが、背信のマウンドとなってしまった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000134-spnannex-base

    ◆ヤクルト3x―2広島(9日・神宮)

     広島が手痛いサヨナラ負けを喫した。延長12回無死、中田が大松にサヨナラ弾を浴びた。今季2度目の4連敗。首位・阪神とのゲーム差は2に広がった。

     緒方監督は「今日は(野村)祐輔が良く投げてくれた。点を取られた後も本当にしっかりと投げてくれた」とまずは先発した野村を高く評価した。

     野村は1点リードの4回に3連打で2点を失い、逆転を許したが、7回までの3イニングは3人ずつでピシャリ。7回2失点と先発の役割を十分に果たした。「今日は悪いなりに試合を作れたと思います。4回の失点の後に粘れたことは、次につながると思います」と振り返った。

     8回には菊池が同点打。コンディション不良で欠場していたが、4試合ぶりの復帰戦で早速、勝負強さを見せた。

     野村の後を受けた救援陣も、2番手のジャクソンから今村、一岡、薮田が無失点リレーをつないだが、6番手の中田で力尽きた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000181-sph-base

    このページのトップヘ