広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    敗戦

    <広島6-7中日>◇26日◇マツダスタジアム

     広島が3点を追う9回に1点差まで肉薄したが、惜しくも届かず連勝は2で止まった。


     初登板初先発だった育成出身のフランスアは4回3失点で黒星。マツダスタジアムでは今月初黒星となった。以下は緒方孝市監督(49)の談話。

     -最後もう1歩

     緒方監督 あそこまで粘り強く、あとひと押しというところまで持っていってくれた。そこは攻撃陣を評価するところ。代打でいった選手もいい結果を残してくれた。

     -フランスアの投球は

     緒方監督 彼は助っ人じゃないんでね。育てている選手が、この場で投げられること自体が(意味がある)。とは言っても、初登板と考えた中ではもうひとつ。無駄な球が多かった。この場で投げてもらうには、もうひとつ制球力というところがね。守備のミスもあったし、そうしたプレーもこれから勉強していくことになる。スピードもあったし、空振りがとれる変化球も持っている。これから力をつけていってもらいたいというところです。

     -次回登板は

     緒方監督 課題もこうやって見えたし、また下でやってもらう方向です。

     -ジャクソンの3失点も先頭の四球から

     緒方監督 失点の内容がね…。(他の投手も含め)先頭打者からの四球というところが続いてもったいない失点になってる。守備のミスもあった。そういうところをチーム全体が反省していかないと。

     -丸が復帰後初打席(空振り三振)に立った

     緒方監督 問題ない。あとは実戦で数を増やしていって。(同点に)追いついたら、守備についてもらうつもりだったしね。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00220910-nksports-base

    <中日5-2広島>◇16日◇ナゴヤドーム

     首位広島が2連敗を喫し、2位巨人とのゲーム差は2・5に縮まった。先発の岡田は6回3失点で今季初黒星。打線は柳の攻略にてこずり、8回の2点にとどまった。ナゴヤドームでは今季5戦5敗。以下は緒方孝市監督(49)の談話。

     -柳に苦しんだ

     緒方監督 いい投球をされた。

     -岡田は粘って試合をつくった

     緒方監督 そうだね。

     -ナゴヤドームでいい流れにならない

     緒方監督 常々言っているけど、1試合1試合しっかり戦うだけ。

     -この2戦で盗塁されるケースが目立つ

     緒方監督 うちは完成されたチームじゃない。どのチームにも弱点はある。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00210604-nksports-base

    <中日10-4広島>◇15日◇ナゴヤドーム

     首位広島は投手陣が流れをつくれずに大敗した。ここまで3戦3勝だった先発の中村祐太投手(22)が初めて3本塁打を浴び、自己ワースト6失点で今季初黒星。

     終盤にもリリーフ陣が追加点を許した。チームは連勝が2で止まり、ナゴヤドームで今季4戦4敗となった。緒方孝市監督(49)は「また明日からしっかり戦うだけ」と前を向いた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00209635-nksports-base

    <ヤクルト8-0広島>◇4日◇神宮

     首位広島が今季初の完封負けを喫し、連勝は2で止まった。ブキャナンの前に散発5安打に封じられた。先発ジョンソンは5回3失点で2敗目。終盤に追加点を許した。緒方孝市監督(49)は「今日もスタンドを真っ赤にしてもらったのに、ファンにいいところを見せられなかった。明日はカープの野球ができるように頑張るだけ」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00198945-nksports-base

     「広島2-4阪神」(30日、マツダスタジアム)

     広島の薮田和樹投手が、2軍で再調整することが決まった。試合後、畝投手コーチが「ファームからはい上がってきてほしい」と話した。



     4月10日・阪神戦(甲子園)以来の先発となった薮田は、制球に苦しんだ。初回、先頭から2者連続四球など、五回途中まで投げ1安打ながら7四球で走者をためた。打者19人に投げ、初球がストライクだったのは1人だけ。不利なカウントからのスタートを余儀なくされ、苦しい投球が続いてしまった。

     昨季15勝3敗で最高勝率に輝いた男は、オープン戦から結果を残せなかった。開幕ローテ入りを果たしたものの、昨季はなかった制球難が目立った。「もう一度、自信を取り戻して来る」。試合後、薮田は力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000147-dal-base&pos=1

    ◆中日11―7広島(20日・ナゴヤドーム)

     広島がお家芸の逆転勝利の展開に持ち込んだものの、再逆転され、連勝は5でストップした。

     2点を追う7回1死満塁から田中の右前への2点適時打で同点に追いつくと、菊池の左中間を破る適時二塁打で一度は逆転に成功した。田中が「何とかいいところに落ちてくれて良かった」と言えば、菊池も「必死に打ちにいった結果、ヒットになってくれて良かった」と振り返った。

     敵失にバティスタの犠飛も飛び出し、この回一挙5点。だが、その裏に2番手・中田が2死二塁から6連打を浴びるなど7失点の炎上でひっくり返された。

     前日(19日)も延長12回を戦っており、広島のブルペン陣は火の車状態だった。中崎は5試合連続、ジャクソンは4試合連続登板中だけに、ピンチの展開で簡単に起用できない裏事情があった。

     まさに総力戦の代償を払った形となったが、2位・DeNAの試合がなかったため、首位はキープ。仕切り直して再進撃をかける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000251-sph-base

    <巨人10-2広島>◇13日◇東京ドーム

     広島が先発野村祐輔投手(28)の乱調から序盤で大量ビハインドを背負い、大敗を喫した。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。



     -先発野村が1回に5失点。

     緒方監督 失策が絡んだからね。ああやってリズムに乗れなかったのは。でも初回に5点まで行ったのは重くなったね。そこだけ。また次回頑張ってくれるだろうし。

     -開幕ローテーション入りしていた薮田を6回から2番手で起用した。

     緒方監督 中継ぎよ。ドンドン投げてもらって、フォームを固めてもらう。ミスが出たらこうなる。

     -ミスも出てしまった。

     緒方監督 ミスが出たらこういう試合になる。ただ、そこは助け合い。ミスが出ても投手がカバーして、野手もしっかり守らないといけない。そこは明日もしっかりやりたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00178693-nksports-base&pos=1

     「阪神4-1広島」(11日、甲子園球場)

     広島のブラッド・エルドレッド内野手(37)が零封負けを阻止する意地の一打を放った。0-4の八回2死一、二塁で代打出場し、左中間への適時二塁打で唯一の得点を叩き出した。4月4日・ヤクルト戦(神宮)以来となる安打は、復調のきっかけとなりそうだ。打線は阪神ドラフト2位・高橋遥を攻略できず、投手陣も崩れて4連敗。首位の座から陥落した。



     敗戦の中で助っ人の存在感が光った。エルドレッドの打球は力強く左中間へ飛んでいった。完封負けが視界に入り始めた終盤での一撃。チームの意地を示すとともに、自身の復調のきっかけにつながる一打だ。

     「ランナーが出たら代打で行くと伝えられていたので、準備はできていた。(桑原とは)去年、対戦していて球種は頭に入っていたし、整理して打席に立った。感触は良かったよ」

     0-4の八回2死一、二塁で九里に代わって出番が来た。桑原が投じた外角148キロ直球に力負けしない。弾丸ライナーで左中間を襲った。

     4月4日・ヤクルト戦で3号3ランを放って以来、19打席ぶり安打。「コンパクトに振ったから捉えられたんだ」。ボール球に手を出し、打ち取られる悪癖はこの日はなし。ミートを心掛けるスイングにスランプを脱する兆しがある。

     零封負けは逃れたものの、打線は高橋遥の前に七回まで無得点。五回の攻撃前にはベンチ前で円陣を組み攻略の糸口を再確認したが、キレのある直球を最後まで捉え切れなかった。「打てそうで打てない感じ」と田中。プロ初登板の新人左腕から放った安打は一回の丸と六回の会沢の2本だけで二塁も踏めなかった。

     「(直球が)思っていた軌道と違った。引っ掛けるイメージがあったけど、抜け球が多く戸惑った部分があった」と迎打撃コーチ。例えば、右打者は内角直球に目線を置いていた。それが適度に荒れたことで的が絞り切れなかった。

     8日・DeNA戦(マツダ)では、同じく初対戦の京山に六回途中まで無得点で白星を献上した。チームは違えど初顔には2連敗だ。緒方監督は「きょうの試合はいろいろ反省するところがある。反省をして、あした頑張ります」と前を向いた。開幕11試合と長いシーズンは始まったばかり。だが、次も同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。

    <阪神4-3広島>◇10日◇甲子園

     広島は2点リードの6回に3四球からピンチを招き、適時失策などで逆転を許した。先発薮田和樹投手(25)が8四球を与えるなど制球を乱し、5回1/3で降板。投手陣全体で5安打も10四球を与える乱調で3連敗となった。


     緒方孝市監督(49)は試合後、最後まで先発薮田も、適時失策の田中も責めはしなかった。「選手はしっかりやることはやっている。負けたことも含めて采配を振っている自分の責任。(6回の田中の失策も)責める気は全然ない。思い切ったプレー。それだけ。やれることはやっている。いつもと変わらず、1戦1戦やるだけ」。3連敗にも毅然(きぜん)と前を向いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00175773-nksports-base

    このページのトップヘ