広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    敗戦

     広島は25日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に0-1で敗れた。試合は野村祐輔と菅野智之の両エースによる息詰まる投手戦となったが、マギーの本塁打による1点を守り切った巨人が勝利した。打線が菅野に散発4安打と完璧に封じられ、緒方監督は「今日は相手が上回った」と脱帽だった。

     菅野との今季初対戦では6回に集中打でKOしたが、この日は最後まで得点することができなかった。3回には1死二塁、4回には2死から松山の三塁打で得点圏に走者を進めたが、タイムリーが出なかった。

     緒方監督は「数少ないチャンスで、そこで1本出るか出ないか。そういう戦いだった」と試合を振り返り、「前回は打てたけど、今回はやられた。これから何度も対戦していく投手だし、次回はやり返さないと。選手もそう思っているだろうし、やってくれると思うよ」と、次回に期待した。

     10連勝の後、3勝7敗とチームは急降下し、2位巨人との差は0.5ゲーム差となった。指揮官が「このところ、なかなかこちらのペースで先制できていない試合が多い」と言うように、打線に開幕直後の勢いがない。この日は菅野対策で一塁に安部、三塁に西川を起用したが、起爆剤とはならなかった。

    「打線には、個人の調子も含めて、その時その時の状態がある。1つのオーダーでいくつもりはない。これからもいろいろなパターンを考えながらやっていきたい」という緒方監督。最後は「明日もあるわけだから、なんとか先制できるようにやっていきたいね」と、気持ちを切り替えていた。



    引用元 https://full-count.jp/2017/04/25/post66331/

    <ヤクルト3-1広島>◇21日◇神宮

     広島先発のドラフト1位加藤拓也投手(22=慶大)は6回5安打5四球3失点で降板した。



     2回にヤクルト西田に中前適時打を浴びて先制を許すと、4回は2死からの連続四球でピンチを背負って大引に中前適時打を浴びた。鈴木が1発を放って1点差に迫った直後の5回にも荒木にソロを浴び、113球で降板となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-01811306-nksports-base

    ● 広島 3 - 5 DeNA ○
    <3回戦 マツダスタジアム>

     広島がDeNAに敗れ、2カード連続で負け越しとなった。

     広島は3点を追う7回に安部友裕、小窪哲也のタイムリーなどで同点に追いついた。試合は広島ムードとなったが、延長10回に3番手・今村猛が梶谷隆幸に勝ち越しタイムリーを浴びると、4番手の飯田哲矢が筒香嘉智に犠飛を浴び2点を失った。その裏、広島は9番から上位に繋がる打順も3人で打ち取られ敗れた。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める野村弘樹氏は「カープに関しては4月の序盤走りすぎたというところがあります」とし、「ちょっと疲れが見え隠れしているかなと思います」と分析した。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00113422-baseballk-base

     ◇セ・リーグ 広島2―4阪神(2017年4月14日 甲子園)

     広島は阪神に2―4で敗れ、4月1日の阪神戦から始まった連勝が10でストップした。

     12試合で80得点、1試合平均6・7得点と猛威を振るった打線がこの日は不発。3回に3点を先行され、4回に1死二塁から新井の中前適時打、8回に2死二塁から田中の左前適時打で追いすがったが、及ばなかった。

     プロ初登板となった7日のヤクルト戦で9回1死までノーヒットノーランの快投を演じたドラフト1位ルーキーの加藤は6回を投げ5安打8四球で3失点だった。前回登板も8回1/3で7四球と荒れ気味だったが、この日はそれ以上。押し出しを含め四球で傷口を広げた。8回から登板したヘーゲンズも1失点で追撃ムードに水を差した。

     広島は開幕戦となった阪神戦(3月31日)は6―10で敗れたものの、4月に入ってからは引き分けを挟み10連勝。この日は開幕戦に続く2敗目で連勝がストップし、4月初黒星となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000144-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島6―10阪神(2017年3月31日 マツダ)

     昨季セ・リーグ覇者の広島が黒星発進。エースのジョンソンが4回途中7失点で降板したことが響いた。

     初回にいきなり2安打と四球で無死満塁のピンチを迎え、原口の左中間適時二塁打などで2点を失ったジョンソン。3回は3四死球と3安打で3失点、4回には失策も絡み2失点し、3回2/3を投げて被安打8、5四死球で7失点だった。

     7点を追う6回、失策に乗じて好機を作ると、安部、エルドレッドの連続適時打に加え、タイムリーエラーも飛び出し3点奪った。7回には新井の左越えソロ、8回には敵失で1点ずつ返し2点差に迫ったが反撃もここまで。開幕戦で白星を挙げることはできなかった。

     阪神は1番・高山、3番・糸井、4番・福留、5番・原口が猛打賞。上位5人で13安打を放ち試合を決めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000163-spnannex-base

     「オープン戦、ソフトバンク1-0広島」(25日、ヤフオクドーム)

     広島が31年ぶりの屈辱を味わった。ソフトバンクの松坂、五十嵐、サファテの3投手の前に無安打無得点に抑えられた。オープン戦に限れば、1986年3月27日の近鉄戦(藤井寺)以来となる継投によるノーヒットノーランを喫した。
     2打数無安打に終わった丸は「きょうは内容ではなく、結果で示そうと(野手で)話し合っていただけに投手に申し訳ない」と肩を落とした。3打数無安打の新井も「オープン戦とシーズンは違うとはいえ、いい気はしない。自分たちのやるべきことをしっかりとやらないと」と複雑な表情で振り返った。

     オープン16試合でチーム打率は12球団中10番目となる・222と低迷。WBC組の菊池、田中、鈴木の3人が不在だったとはいえ、1週間後に迫った開幕へ向けて不安は尽きない。緒方監督は「結果だけで見るつもりはないが、無安打はいただけない」と渋い顔。石井打撃コーチも「この結果を真摯に受け止めないと。選手が何を感じて、今後にどう生かすかだ」と奮起を求めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000136-dal-base

    ◆SMBC日本シリーズ2016 ▽第6戦 広島4―10日本ハム(29日・マツダスタジアム)

     広島・緒方孝市監督(47)は2連勝からの4連敗で日本一を逃し、自身を責めた。「敗れたのは監督である私の責任。力足らずで申し訳ない」と開口一番にざんげした。

     同点の8回にジャクソンが中田に押し出し四球を与えた後も続投させ、一挙6点のビッグイニングとされた。「自分の判断ミス。交代のタイミングを間違えた。日本一を勝ち取って(黒田に)花道を作って送り出してあげたかったけど、申し訳ない」とひたすら悔いていた。

    <DeNA3-1広島>◇19日◇横浜

     広島が今季2度目の3連敗を喫した。試合後の広島緒方孝市監督(47)の談話は以下の通り。
     -塹江が好投

     緒方監督 中2日かな。最初アウト1つから、3つとって、今日は15個。それだけとってもすごく進歩しているよね。今日はイニングは関係なく、いけるところまで。そのなかでいいものを見せてくれた。まあ四球あり、制球に苦しむところもありだったけど、経験を生かして、また1つ上のレベルに上がっていってほしいね。

     -出場選手登録を抹消

     緒方監督 明日抹消する。今日の経験のなかで感じたことを、2軍でしっかり生かしてほしい。来年以降、戦力になるように育ってほしいね。

     -DeNAがCS決定。今永にやられた

     緒方監督 う~ん、そうだね。今年はちょっと苦しめられたね、今永君に。何とかしないとね。


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1712402.html

    <DeNA6-3広島>◇18日◇横浜

     広島がサヨナラで敗れ、8月3日から喫した4連敗以来の連敗。試合後の広島緒方孝市監督(47)の談話は以下の通り。

     -失点はいずれも2死から

     緒方監督 そうだね。それくらい1つのアウトをとるのは難しいということ。

     -九里は6回途中まで好投

     緒方監督 初回に四球を出した以外はノーヒットで投げてくれていたわけでしょう。球のキレもあったし、両サイドにしっかり投げきっていた。打たせてとる投球だったし、投球自体はよかったんじゃないかな。ただ失点したところで、課題というかね。前もそうだったけど、最少失点で粘るというところで課題は出た。2死から安打を浴びて失点して、そしてロペスの2ランというのは非常にもったいないからね。6回1失点なら先発として十分だから。そこをいかに抑えるか、というところだね。ただ彼は今季投手事情が苦しいときに先発、中継ぎもこなしてくれている。今日の投球も、合格点でしょう。

     -デラバーのデビューは

     緒方監督 スピードガン以上に感じるものがあったし、キレもあった。初登板でいろいろあったとは思うけど、楽しみだね。

     -外国人枠の激しい争いに期待

     緒方監督 もちろん、もちろん。


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1712056.html

    このページのトップヘ