広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    敗戦

    ◆2017ローソンチケット セ・クライマックスシリーズ最終S第3戦 広島0―1DeNA(20日・マツダスタジアム)

     広島が勝負所で「あと1本」が出ずに2連敗。対戦成績は1勝のアドバンテージを含め2勝2敗のタイとなった。

     先発のクリス・ジョンソン投手(33)が投手に浴びた適時打が、重い決勝点となった。2回2死から嶺井、柴田に連打を浴びると、井納にも149キロの低め直球を右前にはじき返された。「試合の流れが全てベイスターズに行ってしまった。(6本の被安打のうち)明らかにいい当たりは(嶺井の)1本しかない。修正するところはない」と憮然(ぶぜん)とした表情で5回1失点の投球内容を振り返った。

     そのジョンソンの相棒として先発マスクをかぶった石原慶幸捕手(38)にとっては、ハードラックな1日となった。2回1死一、二塁では三ゴロ併殺打。5回無死一塁では送りバントを試みたがファウル、空振りで追い込まれ、3球目は見逃せばボールの外角高めの球に飛びついてバントをしたが結果はファウルで3バント失敗。7回無死一塁でも送りバントを試みたが捕手・嶺井の好フィールディングもあり、捕―遊―二の併殺打に終わった。「(バントを)決めないといけない。俺のせいで負けた。みんなが作ってくれたチャンスを1人でつぶして申し訳ない」とうなだれた。

     緒方孝市監督(48)も「1点が遠かった。(中継ぎ)投手陣はしっかりゼロに抑えてくれたが、攻撃の形を作れなかった。自分の責任だと思っている」とガックリと肩を落とした。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00032085-nksports-base

    <セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島2-6DeNA>◇第2戦◇19日◇マツダスタジアム


     広島が敗れて、2勝1敗(アドバンテージの1勝含む)となった。先発野村が2点の先制を許し、1点差に迫った直後の5回にも2失点で突き放された。2番手九里も6回に失点。主導権を握られた。打線もDeNA浜口の荒れ球とチェンジアップの前に、好機をつくりながら決定打が出なかった。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。



     -野村が粘れなかった

     緒方監督 最初の失点は厳しい球をうまく打たれた感じだった。1点かえした後の5回。あそこは代打に初球が逆球になって失投になった。本人が一番悔いが残るだろうし。あそこは1点をかえした後だっただけに、ピンチをしのいで欲しかった。

     -敬遠直後の失点

     緒方監督 向こうの捕手や、後ろの打者(代打)との兼ね合いを考えたところはあった。そのなかで向こうは代打策で来た。その中でも、やっぱりあそこはきちっと投げきって欲しいところだった。

     -打線は好機をつくった

     緒方監督 チャンスの形はしっかりつくれていたし、たたみかけるところまでは行かなかったけど。1点、1点というところで反撃の雰囲気は出していた。ただどうしても全体的に見たら、守りから攻撃のリズム。そういうところが出来なかった。3者凡退が2回くらいだったよね。もうひとつ攻撃に、いいリズムがつながらなかったかなという感じ。

     -2番手九里も失点した

     緒方監督 2死から四球を出してからのね。ロペスも強引じゃなくて、しっかりとミート中心に来た。(バティスタの失策もあり)あそこはホームにかえしてはいけない場面だったけどね。

     -明日ですね

     緒方監督 明日また、切り替えてね。やっていくだけです。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00032085-nksports-base

    <広島5-7阪神>◇21日◇マツダスタジアム

     広島が初回に5点を先制しながらも逆転負け。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り
     -凱旋(がいせん)試合を勝ちたかった

     緒方監督 ファンの方も試合終了後のセレモニーを楽しみに今日は来てもらっていたと思う。勝ちゲームの流れだったし、勝ちたかった。

     -大瀬良は「悔しい」と言っていた

     緒方監督 投手にしろ野手にしろ、CSに向けての戦いなのでね。彼らにとってはそこで出場するために、絶好のアピールの場で。いいものをどんどん見せてほしいなと。悔しかったら結果を出せ、内容を出せと。制球は思ったところに投げられていないし。3点取られたところで代えて、追いつかれたのは内野安打、失策絡みだったけどね。

     -大瀬良の次回は

     緒方監督 中5日でもう1回チャンスをあげられるか、というところになってくるよね。そこはコンディションを整える選手の状態とか。登板とか。彼だけじゃないので。他にも明日の(中村)祐太にしかり、2軍に控えて調整させている岡田にしかり。ジョンソンも投げられる状態であれば投げさせるし。

     -中継ぎは

     緒方監督 九里は、まあまあ投げられていたと思う。中田は四球からの失点。彼もそういう立ち位置にいるので。

     -野手陣も新しい力を

     緒方監督 そういう中でも、今日は初回は素晴らしい攻撃をしてくれているわけでね。松山にしかり、バティスタにしかり。自分のセールスポイントを見せてくれた。ただ、攻撃の流れのなかでは2回からの得点というところが出来なかったので。チャンスらしいチャンスもなかなかなかった。バティスタにしても2点差での走塁もね。これをいい意味で。ミスは短期決戦に出ないように。彼らは1試合、1球のなかで勉強をしている。こっちはこれだけいいものを見せてくれれば、考えて使っていきたい。ただ短期決戦はひとつのミスが命取りになる。

     -残りの試合の戦い方は

     緒方監督 そこまで勝ちにこだわった試合は出来ない。コンディションを整えないといけない選手もいるし。後ろで登板過多の選手も、間隔を空けてしか投げさせようとは思わないし。その中で戦い方だけは今まで通り、しっかりと。やはりミスはしっかり反省して、ミスの出ないような野球を目指してやらないといけない。攻撃も1点、1点という攻撃をしていきたい。また明日から1戦1戦やりたい。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00009046-nksports-base

     「広島4-5ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

     思わず天を仰いだ。あとアウト一つ、ストライク一つの状況から、痛恨の一打を許してしまった広島・薮田和樹投手。優勝が懸かった一戦のマウンドを託されたが、6回2/3を4失点と踏ん張り切れず。歓喜の瞬間と巨人・菅野に並ぶハーラートップタイの15勝目はお預けとなった。

     「これも野球なので、次また頑張りたい。いい経験になった」

     悔やまれるのは2点リードの七回だ。2本の長短打などで2死二、三塁のピンチを招き、代打・大松を迎えた。2球で追い込み、捕手のサインに首を振って選択したシュート。バットの芯は外したが、一、二塁間を破られる同点の2点適時打。ここで交代が告げられた。

     今季は勝ち頭としてチームを引っ張っている広島出身の右腕。幼少期から旧市民球場に足を運び観戦していたが、地元での優勝を味わったことはない。そのチャンスを自らの手で導く機会を得たが、つかみ切れなかった。

     緒方監督は「初めての雰囲気だったからね。立ち上がりはいまひとつだったが、中盤は修正できていた」と責めることはなかった。畝投手コーチも「全体的にはよかった」とし、「(七回は)投げ切ってほしかった」と振り返った。

     リーグ連覇のゴールテープまで、あと少し。最後まで気を緩めることなく、薮田は腕を振る。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/17/0010561621.shtml

     ◇セ・リーグ 広島1―3DeNA(2017年9月12日 マツダ)

     広島がDeNAに敗れ連勝が9で止まった。

     先発の野村が2回、味方の失策などで無死満塁にすると嶺井に押し出しの死球を与え先制を許し、2死後倉本に適時二塁打で3失点。打線はDeNA投手陣に丸の22号ソロのみによる1点に抑えられた。

     DeNAは先発ウィーランドが6回8奪三振の好投で8勝目(2敗)をあげ、連敗を4で止めた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000128-spnannex-base

    <巨人6-4広島>◇30日◇東京ドーム

     広島は先発大瀬良が2回に3失点して逆転を許すと、その後も失点を重ねて5回9安打5失点で今季2敗目を喫した。打線は巨人投手陣に2桁安打を浴びせて追い上げたが、中盤までの大量失点が大きく響いた。東京ドームで今季初黒星を喫し、優勝へのマジックも消滅した。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。



     -大瀬良が5回5失点

     緒方監督 大地に関しては、考えることがある。

     -打線は追い上げを見せた

     緒方監督 選手はしっかりと戦ってくれたし、この試合はいろんな意味で自分も経験になった。自分の中でしっかり反省して、また明日やっていきたい。

     -接戦の戦い方か

     緒方監督 勝ち切れるかというより、こういう試合でうちらしい戦い方をやっていくということ。

     -小さなミスもあった

     緒方監督 そういうこともあるが、取り返すチャンスもある。トータルでやってくれたらいい。最初から最後までミスなしでやれることに越したことはないけど、そういったワンプレーで流れがこっちに来たり、あっちに行ったりする。その中で自分の采配は大きく変わってくる。こういう風に粘り強い戦いをしっかりできれば。結果だけではない。勝たないといけないと思っていたら、この先苦しい思いをする。こういう野球を最後までやっていく。自分にもいい経験になった。

     -大瀬良は修正能力の点か

     緒方監督 考えるところがある。今日は答えを出そうとは思わない。次の登板に関しては考える。いろんな意味で。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-01880253-nksports-base

    <広島0-5ヤクルト>◇19日◇マツダスタジアム

     広島は先発小川らヤクルト投手陣の前に5安打に抑えられ、今季7度目の0封負けを喫した。先発薮田は6回に押し出しで先制点を許すと、7回にも1死満塁のピンチを招いて降板。代わった中田が山田に満塁弾を浴びた。敗れた緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。


     -ヤクルト先発小川を攻略できなかった

     緒方監督 前回もなかなか点が取れなかったし、今回もチャンスはあったけど点が入らなかった。

     -先発薮田は中盤、踏ん張れなかった

     緒方監督 スピード的には出てたけど、イニングの入りでワインドアップのバランスが悪かった。引っかけたような投球で、前回みたいにコントロールし切れていなかったところが見えた。ツーシーム系にしても、もう1つ空振りを取れるような球じゃなかったのは前回との違い。

     -7回1死満塁で継投

     緒方監督 もちろん投げさせるときは投げさせる。今日はここらへんがいっぱいかなというところで判断させてもらった。(中田)廉には厳しいところの場面だったし、打たれたのは廉の責任どうのこうのじゃない。こっちがそういうタイミングで継投して、最悪の結果になったので、自分の継投ミスというか、自分の責任。また切り替えて明日から頑張ります。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-01874742-nksports-base

    このページのトップヘ