広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    敗戦

     「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク9-8広島」(30日、ヤフオクドーム)

     両軍合わせて28安打で6本塁打が乱れ飛ぶ、点の取り合いとなったが、ソフトバンクが1点差で逃げ切り、対戦成績を1勝1敗1分けの五分とした。


     序盤3回は静かな展開も、四回からは壮絶な乱打戦に。ソフトバンクが四回1死から2四球で好機をつくると、中村晃、今宮のタイムリーで2点を先制。このシリーズ初めて広島からリードを奪った。

     1点差に迫られた五回には相手失策と内野ゴロの間に2点を加えて、リードを3点に広げると、またも1点差に迫られた六回は柳田の適時打とデスパイネの1号3ランで突き放した。七回には高谷がソロ本塁打を放ち、9-3と大きなリードを奪った。

     一方、広島は五回に安部が右越えに1号ソロを放つと、六回には鈴木が1号ソロ。この回、会沢のタイムリーでさらに1点を加えた。

     6点差で迎えた八回には、ソフトバンクの5番手、加治屋を攻め、先頭の鈴木が2打席連発のソロ本塁打を放つと、さらに1死満塁の好機をつくり、安部が右翼席への満塁弾で1点差に迫った。

     九回は守護神・森から鈴木が1死から右前打、バティスタも右前打を放ち、2死一、三塁として、日本シリーズ球団最多となるチーム16安打を記録したが最後は野間が一ゴロに倒れた。

     31日はソフトバンクが東浜、広島は野村が先発する。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000155-dal-base

    <巨人5-4広島>◇30日◇東京ドーム

    広島は1点リードの9回に守護神中崎が逆転を許して、サヨナラ負け。先発して7回3失点だった大瀬良の16勝目は消え、中崎が今季初黒星を喫した。11連戦を5勝6敗で終えた広島緒方孝市監督(49)は試合後、自ら切り出すように報道陣の質問に答えた。

    緒方監督 11連戦、本当みんなよく頑張ってくれた。11連戦の最初が雨の中、12時を回るような試合だったからね。選手のコンディションを一番気にしていた。広島に帰って、あと4試合か、しっかり戦っていきましょう。

    - 先発大瀬良の投球について

    緒方監督 粘り強く投げてくれたよ。今日はちょっと調子悪いかなと思っていたけど、修正能力があるからね。大したものだ。何の問題もない。

    - 9回は抑え中崎が逆転を許して初黒星

    緒方監督 そりゃ、打たれることもあるよ。

    - フランスアが選手登録を抹消された

    緒方監督 フランスアに限らず、コンディションを整えたいということなら、トレーナーと話をして、全部判断している。シーズン最後まで絶対に投げ切ってもらうとは思っていない。

    - 松山が規定打席に到達した

    緒方監督 うそ? 達成した? 達成する前に選手登録抹消しようかと思っていたのに(笑い)。

    - 今年の働きについて

    緒方監督 勝負強さは健在。本当、頼りになる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00347386-nksports-base

    ■ヤクルト 9-3 広島(27日・マツダスタジアム)

     広島は27日、マツダスタジアムで行われたヤクルト戦に3-9で敗れた。優勝決定翌日のゲームで主力を休ませるなど、ベストな状態ではない陣容だったが、野間や安部などの活躍で一度はリードを奪う試合を見せた。先発の野村が試合を作れず、中盤以降は打線が沈黙して大敗となったが、試合後の緒方監督は「消化試合をするつもりはない」と、残り7試合の展望を話した。


     菊池と鈴木がスタメンを外れ、二塁には曽根を起用。野間が2番に入り、西川を6番・ファーストで起用と、ポストシーズンを睨んでの布陣で試合に臨んだ。クライマックスシリーズ(CS)でのローテ入りが確実視されている野村が先発したが、「今日は走者の出し方も良くなかったし、粘りきれなかった。自分の投球ができずに悔しい」と6回途中7失点で5敗目を喫した。緒方監督は「修正できなかったね。なかなか立ち直れないなと思って見ていたが、悪い方、悪い方にいってしまった。もう少し投げてもらいたかったけどね」と、残念そうだった。

     主軸2人を外したスタメンに関しては「トータルで11連戦が続くわけだし、状態が悪い選手を出し続けても仕方がない」と休養の理由を説明し、「若い選手には、このチャンスを逃さないようにアピールしてもらいたい」と、新戦力の台頭にも期待した。

     松山、曽根が入ったことで、スタメンの野手8人中、捕手の會澤を除く7人が左打者という極端な打線となった。ファーストで起用した西川に関しては「打撃には光るものがあるからね。あそこで使えるのは今しかないから」と、短期決戦でのオプションの1つとして考えているようだ。

     レギュラーシーズンは残り7試合となるが、この時期に何をやるかが、CSに向けて重要となる。緒方監督は「先発陣はもう1回ずつ、(大瀬良)大地は2回投げてもらうことになると思うけど、しっかりそれなりの内容を求めている」と期待。「中継ぎ陣も最後までしっかり投げてもらうつもり」と、シーズン最終戦まで戦闘モードは崩さない。

    「勝ちにこだわることはないが、勝つためにやるべきことをしっかりやっていく」という指揮官の姿勢は、昨年、シーズン後のブランクの末、CSで苦杯をなめた悲劇を繰り返さないためだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00215058-fullcount-base

    <広島5-7DeNA>◇24日◇マツダスタジアム

    優勝マジック1の広島は敗れたが、中日がヤクルトに勝てば優勝が決まるため、マツダスタジアムに集まった今季最多の3万2950人の観衆はほぼ全員がそのまま場内に残り、地元胴上げを期待して待機した。

    広島の敗戦後しばらくして、ビジョンでナゴヤドームの試合が映された。場面はヤクルトが3-1とリードした7回裏。ちょうど中日が2死一、二塁のチャンスで打席に平田を迎えていた。1発出れば逆転で、広島優勝の可能性が大きく膨らむだけに期待が高まったが、平田が粘りながらも見逃し三振になった瞬間、広島ファンから大きなため息が漏れた。

    選手はいったんベンチを引き揚げ、サロンなどでヤクルトの戦況を見守ったが、午後5時半過ぎ、ヤクルトが中日に6-1で勝ったため、広島の3年連続リーグ優勝は25日以降に持ち越された。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00341024-nksports-base

    <広島4-13阪神>◇22日◇マツダスタジアム

    広島が2桁失点の大敗を喫した。先発岡田が3回途中9失点と大誤算。打線はバティスタの2ランなどで反撃したが、序盤のビハインドが重すぎた。ヤクルトが敗れたため、優勝マジックは1つ減って2に。23日にもリーグ3連覇が決まる。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。


    緒方監督(自ら切り出し)何回目だろうね。同じようなコメントをして申し訳ないけど…。こういうゲームをしてたらね。たくさんのファンの方に応援してもらっている。ましてやこの時期なのにね。申し訳ないです。

    -岡田が試合をつくれなかった

    緒方監督 先発の何番目かという中心の選手だけど、ちょっと考えないといけないというところに来ている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00339049-nksports-base

    ■中日 7-5 広島(15日・マツダスタジアム)

     広島は15日、マツダスタジアムで行われた中日戦に5-7で敗れた。2位のヤクルトが勝ったため、マジックは6のまま足踏みとなった。


     先発の大瀬良が3回に一挙5点を奪われる乱調で、打線が同点に追いついた直後の7回には平田に勝ち越しソロを浴び7敗目を喫した。緒方監督が「ファーストストライクを狙われた。甘い球もあった」と振り返ったように、3回の中日の攻撃は平田のタイムリーからアルモンテの2ランまで、すべて最初のストライクを打たれたものだった。

     7回6失点で敗戦投手となった大瀬良は「打たれたのは全部まっすぐ。向こうのやりたい攻撃をされてしまった」と肩を落とし、指揮官も「向こうの流れにつながってしまった」と残念そうだった。

     それでも直後に相手失策の間に1点を返し、4回に丸の本塁打などで1点差、6回には丸のタイムリーで同点に追いついた。緒方監督は「5点を取られても一度は追いついた。そこは評価したい」と打線を褒めたが、大瀬良が「一発を打たれてはいけない場面で、抜けてしまった」という失投を平田に打たれて勝敗が決した。

    「明日は神宮で試合なので、また頑張ります」と会見を閉めようとした緒方監督に対して、報道陣が9回に2死から四球と3連打で失点したジャクソンについて質問。すでにベンチ裏に引き上げようとしていた指揮官は「まあ、そうだね」と曖昧な返答で、明確な答えのないまま、ロッカールームに姿を消した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00204603-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島4―5DeNA(2018年9月11日 マツダ)

     広島はDeNAに4―5で敗れ、3年ぶりとなる6連敗。球団史上初となる3連覇へ向けた優勝マジックは試合前の「9」から変わらなかったが、最短Vはさらに1日のびて17日となった。

     優勝決定を待ちわびる鯉党にとってはやきもきする展開が続いているが、悪いことばかりではない。広島は17日から19日まで試合が組まれていないが、最短Vはあくまで広島全勝が前提。6連敗中という現状で17日の優勝決定は現実的ではない。20日からは阪神、DeNA、ヤクルトと本拠マツダでの9連戦が控えており、その9連戦中に優勝が決定することが濃厚だ。

     一昨年は東京ドーム、昨年は甲子園と敵地でセ・リーグ優勝が決まった広島。地元での優勝決定となれば1991年以来27年ぶりだけに、球団初の3連覇はさらに盛り上がることになりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000173-spnannex-base

    <中日4-3広島>◇9日◇ナゴヤドーム

    広島が同一カード3連敗を喫し、今季2度目の5連敗となった。

    6回に会沢のソロで追いついたが、7回にはジャクソンがアルモンテに決勝打を献上。9回は2死から満塁と攻めたが、あと1歩届かなかった。今季初先発の高橋樹は5回3失点で勝ち負けつかず。中日に3年ぶりの負け越しも決定した。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

    -土壇場で反撃

    緒方監督 最後いい攻撃ができたね。紙一重のところ。最後まであきらめることなく、やってくれた。また広島に戻って1戦1戦やるだけ。

    -やや流れが悪い

    緒方監督 気にしない。1試合1試合、勝とうが負けようがしっかり反省してやっている。

    -高橋樹の評価は

    緒方監督 立ち上がりに点を取られたけど、5回投げてくれたからね。ファームに行ってまた先発の調整をしっかりしてもらう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180908-00010005-flash-ent

    このページのトップヘ