広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    コーチ

     広島のヘロニモ・フランスア投手(24)が27日、球団の月間登板記録に意欲を示した。8月はここまで15試合に登板。菊地原、中崎、今村らが記録した球団記録の月間16試合登板まであと「1」と迫っている。今月は残り4試合を残しており、記録到達、更新の可能性は十分にある。

     増える登板数が信頼の証しだ。フランスアは今月、23試合中15試合でマウンドに上がってきた。先発からロングリリーフとなり、今は勝ちパターンでの起用が続く。「疲れ?大丈夫。マッサージとウエートをしているから」とサラリと言った。

     球団史に名前を刻もうとしている。チームの月間最多登板は菊地原や中崎、今村らが残した16試合だ。「達成できたらすごくうれしい」。早ければ28日・巨人戦で球団記録に並ぶ。さらに記録更新の可能性もある。

     「パパ」と呼び慕う菊地原3軍投手コーチに恩返しする意味合いも持つ。来日2年目の15年に左肩を故障。折れそうな心を支えてくれたのが同コーチだった。「いつも頑張ってと言ってくれた。だから我慢ができた。すごくありがたかった」。毎日の何げない言葉に励まされたことが忘れられない。

     登板しない日でも肩をつくるだけに、コンディションを整えることが重要な仕事の一つだ。「ちゃんと食べている」。日々の食事に気を配りながら、今後はプロテインも摂取して体をメンテナンスする構えだ。

     ドミニカ共和国カープアカデミーの練習生からはい上がってきた。「使ってもらって、うれしい」。試合で投げられる喜びが、その体を突き動かしている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000028-dal-base

     「広島6-2中日」(7日、マツダスタジアム)

     広島が初回の速攻で天敵を打ち崩した。試合前時点でガルシアに対して3戦3敗。この日はスタメンに田中と丸、投手のジョンソン以外は右打者をズラリと並べて対策を練った。


     終わってみればガルシアから四回までに5得点。指揮官は「先週から打撃コーチがいろいろ考えてくれていた。それが機能した」と納得顔。「ヒットが続くピッチャーではない。四球を絡めて、いかに得点圏に走者を置くか、積極的に打ちにいってくれた」と攻撃陣をたたえた。

     緒方監督は今季初スタメンで好守を連発した上本も評価。「いい守備をしてくれた。いいアピールだった」とうなずいていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000155-dal-base

     「広島-ヤクルト」(5日、マツダスタジアム)

     広島は朝から強い雨が降り続き、今季7度目の中止となった。

     3日のヤクルト戦も中止になっており、高ヘッドコーチは「天気ばかりはしょうがないね」とポツリ。昨季は4度だった中止だが、今季は多く、「後ろ(終盤)が10何連戦とかになったら嫌だけど、とびとびで入ってくれればね」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000105-dal-base

     ◎広島―日本ハムの始球式に登板した女優の平祐奈。広島の背番号90のユニホームを着ており、同じ背番号の玉木コーチが好きなんですか?と質問され、「玉置浩二さん?好きです。安全地帯の!」。違います。

     ◎中3のとき、スライディングで左手を痛めたヤクルトの小川監督は「翌日、病院に行ったけど、折れていたんだよね。その日は巨人の星の最終回だったから…」。骨折の痛みを我慢して「巨人の星」を見届けた小川少年でした。

     ◎6日の広島戦でプロ初安打を含む2安打を放った日本ハムの投手・上沢は、打率・151の捕手・清水に「俺は・667だからな」とどや顔。その後は「(打率が下がるので)もう打席に立たなくていいです」と守りの姿勢に入っていました。

     ◎楽天・梨田監督は登録抹消の松井に代わるセットアッパーを聞かれ「宋家豪がソンチャーホウで得(トク)します」。台湾出身の右腕なら“損”はさせません。

     ◎バント練習で広島・野間の打球がネットを越えて新井のもとへ転がり「狙っただろ!露骨だなー。お前は…変わったよ…」。最近恒例の“野間いじり”。前日にサヨナラ打を放ったことで拍車がかかっていました。

     ◎侍ジャパンの稲葉監督が視察に訪れたのを見たロッテの福嶋明弘打撃投手は「毎回アピールしているんだけど、選んでもらえないんだ。オーバーエイジ枠でどうかなぁ」。肩肘はまだまだ丈夫な50歳です。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000073-spnannex-base

     待ちに待ったプロ野球が明日30日にセ、パ同時に開幕する。

     大谷翔平がアメリカに去ろうが、清宮幸太郎が開幕を2軍で迎えようが、話題に事欠かないが、注目のひとつは、昨年オフに同一リーグ内で起きたコーチ、スタッフの流出、移籍が、どう影響するかだ。セ・リーグから見ると連覇を果たした広島からは、最強カープ打線を支えた石井琢朗打撃コーチと、その機動力を鍛えた河田雄祐・外野守備走塁コーチの2人がヤクルトに移籍。ヤクルトのスコアラーで昨年のWBCで侍ジャパンのスコアラーを務めていた志田宗大氏が、巨人に引き抜かれた。

     パ・リーグでは“日本一”のソフトバンクから佐藤義則投手コーチが楽天へ。鳥越裕介内野守備・走塁コーチと、清水将海バッテリーコーチは、井口資仁新監督に誘われてロッテへ移籍した。また1軍、2軍で7年間打撃コーチを務めていた藤井康雄打撃コーチも古巣のオリックスへ復帰している。

     契約切れや呼んでもらった監督の退任などによりユニホームを脱ぐことになった有能なコーチが他球団に拾われるケースは多々ある。だが、この移動が異例なのは、“引き抜き”或いは“移籍希望”をしてライバル球団に移った点にある。

     それだけに出て行かれた側の心境は複雑なようで、先日、行われたセ・リーグ全監督による「ファンミーティング」では、この点を質問された広島の緒方孝市監督が「頼りになるコーチでした」と、思わず憮然とする場面もあった。
     
     それはそうだろう。コーチ流出イコール、チームのノウハウや秘密を持ち出され、しかも、相手にデータだけでは見えない自チームの弱点を丸裸にされることになるのだ。

     ID野球の元祖、野村克也氏は、監督時代に、選手のトレードやコーチの移動があると、これまで敵として対戦していて疑問に思っていたことをすべて聞き出していた。

    「誰が何をどう教えているか」から始まり、もちろん、チームの最高機密である“サイン”や、その種類についても聞き出した。例えば、右打ちのサインひとつにしても、どういうタイミングで、どういうチーム方針で出されているかを知るだけで、相手監督の考えに触れることができ、ベンチ同士が作戦を読み合うような場面では多いに参考となる。

     野球は心理戦である。相手ベンチに「すべてを知られている」と思わせるだけで嫌なものだろう。近年は、トラックマンシステムが導入されるなど、データの利用方法も変化してきているが、やはり人と人がやる競技である。人と共に流出する情報も影響力は少なくない。

     ただ、今回の場合、ライバル球団からコーチを誘った側が目的としたのは情報の入手といった小さなものではなく、その強いチーム、優秀な選手を作り上げてきた指導力だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000001-wordleafs-base

     リーグ連覇の広島がオープン戦でパッとしない。

     22日現在、2勝7敗2分けで11位。中でも、昨季リーグトップだった盗塁が6つと、12球団中2番目に少ない。

     しょせんオープン戦だ。いずれも優勝した16年は8勝6敗2分けで6位、翌17年は4勝11敗2分けで11位だった。が、その2年間と大きく異なるのは、優勝に貢献したコーチ2人が抜けたところだ。

     石井打撃コーチと河田外野守備走塁コーチが同じセ・リーグのヤクルトへ移籍。ヤクルトでは、選手と積極的にコミュニケーションを取りながら褒めて伸ばす「河田メソッド」が浸透しているが、今季から河田コーチの後任を務める広瀬純外野守備走塁コーチ(38)は冷静だ。

    「確かに2連覇の後はキツイけど、河田コーチだけが本当にすごいなら、(03年に一軍打撃コーチ補佐、04~15年に外野守備走塁コーチを務めた)西武はずっと強かったはず。河田コーチのやり方がうちの選手たちに合っていて、教えをきちんと吸収できたということ。だから、ヤクルトでも同じことができるとは限らない」

     過去2年、守備や走塁で何度もチームの窮地を救った菊池涼介(28)についても、こう注文をつける。

    「菊池は走るときは全部フリー(本人にタイミングを任せていること)。去年は15回走って(盗塁して)7回失敗。今まではそれでよかったかもしれないけど、もう少し(相手投手の)配球やコースに興味を持って取り組んでほしい」

     これまで3連覇以上を達成したセの球団は巨人だけ。新米コーチの手腕に注目だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000007-nkgendai-base

     広島のドラフト1位捕手・中村奨(広陵)が27日、宮崎県日南市での2軍キャンプを打ち上げ、プロ選手として初めてのキャンプを「50点」と自己採点した。「まだまだです。バットはちょっとずつですが、振れるようになってきましたけど。守備は送球も安定していないので、フォームを固めて百発百中でアウトにできるように投げ込まないといけない」。野球漬けの1カ月を終え、明確な課題を胸に刻んだ。

     初日は1軍より200人多い観衆1500人を集めるなど大注目を集めた18歳の春だった。6日に初めて臨んだ屋外フリー打撃では26スイングで柵越えは0本。ホロ苦いスタートを切りながら、昨夏の甲子園大会で個人最多6本塁打の新記録を樹立した打撃では徐々に本領を発揮した。3度の実戦で11打数5安打。水本2軍監督にも「木製バットにも慣れてきて打球を飛ばせるようになった」と成長を認められた。

     強く振ることをテーマに細かい技術指導を受けなかった打撃とは対照的に守備面では捕球姿勢から声の出し方まで倉2軍バッテリーコーチから基礎を徹底的に叩き込まれた。全体練習後も日課の特守をこなし、同コーチから「90点。予定通りにしっかりこなせた」と合格点をもらった。

     厳しい練習に耐え、ケガなく完走。「今のままでは1軍で通用しない。技術も体も作って早く1軍に上がれるようにしたい」。いつか大成した時に“原点”として思い返す1カ月の日々が終わった。 (河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000007-spnannex-base

     2年目で大化けの予感だ。広島の緒方孝市監督(49)が14日、宮崎・日南キャンプ打ち上げに際して「目に付いた」選手の一人に左腕・高橋昂也投手(19)の名前を挙げた。花咲徳栄高時代に寺島成輝(履正社→ヤクルト)、藤平尚真(横浜→楽天)とともに「高校ビッグ3」と言われた同投手には、安仁屋宗八臨時投手コーチ(73)も大物OB左腕と重ねて「Gキラー襲名」の期待を寄せている。

     左腕不足が懸案事項となっていた赤ヘルに待望の孝行息子が現れた。高橋昂は11日の紅白戦で最速146キロの直球を武器に田中、菊池、松山といったバリバリのレギュラーを相手に3回で4安打されながらも零封。沖縄で行われる一軍の2次キャンプ帯同が決まっただけでなく、今年初の対外試合となる18日の中日との練習試合での先発にも指名された。

     伸び盛りの左腕は、鯉の生き字引でもある安仁屋臨時コーチいわく、通算139勝左腕の川口和久氏(58)と「タイプが似ている」。投手コーチ時代の教え子でもある川口氏は右打者の内角に力強い直球を投げ込むクロスファイヤーを生かし、巨人戦通算33勝を挙げるなど1980年代~90年代前半の赤ヘル黄金期を支えた。高橋昂も踏み出す右足がインステップしていることや、直球で右打者の内角を攻めていることから「まだ直球がスーッと入ってくるイメージだが、スライダーやカットボール気味に入ってくれば面白いよね。(Gキラーに)なってもらいたい」とエールを送る。

     くしくも川口氏の広島在籍時と同じ「34」を背負う高橋昂は「(川口氏に)実際にお会いしたことはありませんが、背番号が一緒なので調べたことがあります」と興味津々な様子。それどころか「しっかり一軍に定着できたら、どの球団にも勝てる投手になりたい」と“川口超え”も視野に入れている。広島で過去、巨人戦で30勝以上を挙げたのは川口氏を含め3人(長谷川良、北別府)のみ。高橋昂が“新Gキラー”となるか見ものだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000035-tospoweb-base

     「広島春季キャンプ」(14日、日南)

     3年連続でキャンプに参加する安仁屋宗八臨時投手コーチが、若手投手の台頭に期待を寄せた。


     6日の第2クールからチームに合流。ブルペンではアドゥワや藤井皓などに助言を送るなど精力的に動き回った。「日南ではみんないいキャンプを送れた。藤井や塹江とか若手にはチャンスがある。1人でも出てくれば戦力アップになるから頑張ってほしい」と話した。

     16年から緒方監督の要請で春季キャンプの臨時コーチを務めるが、この年から“安仁屋効果”で連覇を達成している。

     1軍メンバーとともに沖縄に移動した安仁屋臨時コーチは24日まで指導する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000147-dal-base

    【赤坂英一 赤ペン】「琢朗さん(石井琢朗打撃コーチ)がウチにいる間に、一人前にしようとしていた選手がいるじゃないですか。野間、堂林、美間…今年は彼らが伸びています。一人前になるのはもうちょっと先かもしれませんけど。ぼくがそう言っていたと、琢朗さんに伝えてください」

     広島の日南キャンプ、東出打撃コーチが張り切っている。ヤクルトに去った「琢朗さん」こと石井コーチに代わって、今年からメインの打撃担当に昇格。打線にさらなる厚みを加えるべく、とりわけ若手や控えを連日熱心に指導中だ。

    「野間は練習でボールをつかまえるのが上手になった。堂林も、形にこだわった打ち方から脱皮しつつある。あれが実戦でもできるようになってくれば面白い」

     一方、いま最もレギュラーに近いのが西川だ。

    「今年は安部とサードの定位置争いをするんじゃないか。安部も去年10年目でサードに定着しましたが、西川も今年3年目ですごい勢いで伸びている。オフの間もしっかり練習してきた。もともと西川の打撃センスは天才的ですからね」

     そんな西川と安部の組み合わせは「チームとしても実に理想的なライバル関係」だと東出コーチは言う。「中堅の安部、伸び盛りの西川が争えば打線の総合力がグッと上がるから」だ。

    「そういう意味で捕手の会沢(12年目)、坂倉(2年目)にも同じことが言える。まあ、会沢がポジションを譲ることはまだまだないだろうけど、坂倉の打撃はもう一軍レベルです。泥臭く練習に打ち込む姿勢もいい。近い将来、レギュラーをうかがえる存在になってくるでしょう」

     捕手といえば、今年のドラフト1位新人・中村奨もいる。チーム内には二軍でじっくり育てるべきとの意見もあるが「ぼくとしては今年中に一軍の試合で打席に立たせてみたい」と東出コーチはこう言った。

    「自主トレから練習を見てますが、タイミングの取り方とスイングの軌道がいいんです。引っ張り専門かと思ったら、ボールの内側に入るのも上手だし。木のバットとプロの球に慣れたらどれだけ打てるか、見てみたい。甲子園で6発も打ったほどだから、もともと実戦向きのタイプだと思うんですよね」

     前向きなコメント力でも「琢朗さん」に引けを取らない東出コーチ、いまから赤ヘル打線が爆発するのが楽しみだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000007-tospoweb-base

    このページのトップヘ