広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    コーチ

    ■広島 3-1 中日(22日・マツダスタジアム)

     広島は22日、マツダスタジアムで行われた中日戦に3-1で勝利し、9連勝で首位の座をキープした。父の死去で不在だった緒方監督に代わって高ヘッドコーチが指揮を執った一戦は、投打がかみ合った文句なしの完勝となった。


     試合後、報道陣の前に姿を見せた高監督代行は「お疲れ様でした!」と力強い第一声。「今日は(大瀬良)大地に尽きるんじゃないかな」と、完投で今季4勝目のエースの名前を挙げ、「相手を圧倒するような立ち上がりをしてくれて、向こうもこれは手強いな、と思わせる投球。素晴らしいピッチングだった」と称賛した。

     攻撃陣に関しても「會澤がいいリードをした。ホームランも効いたね」と、2安打2打点の女房役を評価し、「ロメロも厄介なピッチャーだけど、3点も取れた。攻撃陣も頑張ってくれた」と満足そうだった。

     この日の朝に監督から父の訃報を聞き、「特に引き継ぎも何もなく、任せる、と言われただけ」という高代行監督は「勝って、ゆっくりお父さんを見送ってもらえればと思っていたので、よかったと思います」とチームの快勝に安堵した様子だった。

     普段は緒方監督の右腕として、多くを語らない指揮官に代わってチーム状況などを報道陣に詳細を説明する官房長官のような役割も果たしている。この日も9連勝で貯金8としたチームに関して「開幕当初よりもみんな落ち着いてプレーができるようになってきた。今日は小窪もいいプレーをしたし、守備も安定してきた」と、好調の要因をまとめた。

     大瀬良が完投し、野手も選手交代はなしと、代行監督が細かい采配を振るう必要もないほどの完勝だった。24日からは緒方監督も復帰する予定で、チームは巨人との首位攻防戦に挑む。選手の力にも助けられ、見事に役割を果たした代行監督は「今日のような引き締まったゲームを、東京遠征でもやりたいと思います」と意気込んでいた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00384190-fullcount-base

    <カープ観測>

    6・6秒で、広島広瀬三塁コーチは何を考えたか。5月3日巨人戦。3-3に追いつかれた後の8回1死一、三塁の攻撃。西川の滞空時間6・6秒の高く、浅い左飛で三塁走者曽根がタッチアップし、本塁返球がそれる間に決勝点を奪った。ふつうの返球ならアウトのタイミング。ギャンブルスタート成功には、プロならではの準備と観察と判断があった。


    フライは浅すぎた。だが、広瀬コーチは、左翼重信の打球へのアプローチの仕方を見て「いけるかも」と思った。捕球地点と本塁を結ぶ直線コースに入っておらず、送球が不安定になることが予想されたからだ。顔の左横で捕球したのを見て「やはりいける」と判断した。左投げなら右手のグラブを使って顔の左側で捕球すればすぐに送球体勢に入れるが、右投げは切り返す分、時間的ロスが生まれる。「いけ」。曽根の背中を押した。

    判断には伏線がある。この回からレフトに入った重信の送球はスライダー回転で、不安定なのはチェック済み。曽根の俊足も考慮し、塁上で「少々浅くても行くぞ」とささやいていた。「どのくらい浅ければ行くんですか?」。「全部行くつもりでいろ。俺が判断する」。明確に指示。無理だと思えば、途中で引き返させればよかった。

    チーム状況、試合状況も考えていた。快勝ムードが7回に2失策が出て同点に追いつかれ、流れは巨人。タッチアップを自重し、2死一、三塁となれば次打者に重圧がかかる。打てなければ、ムードは悪くなる。ならば、際どいタイミングでも勝負したい。そして、想定した飛球が上がった。

    三塁コーチといえば、西武黄金時代の走塁を支えた伊原春樹氏が思い浮かぶ。同氏はかつて本塁を狙う基準について「セーフの確率が50%ならGO」と言った。広瀬コーチはどうだったか。「打球が上がった瞬間は『ストップ』でした。捕球までの何秒かの間に、行くか行かないかのラインを、こうやって動きましたね」と、右手をメーターの針のように動かした。そして「何より、曽根がよく走りました」と強調した。

    綿密に準備し、走者と作戦を共有し、観察し、判断した段階で、生還を確信していた。これがカープ野球。もはやそれは、ギャンブルスタートではなかった。【広島担当 村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-05100637-nksports-base

     「広島4-0DeNA」(11日、マツダスタジアム)

     広島は新打線が機能して勝利した。1番に西川を抜てきし、5番には松山を置く布陣で、1-0の二回1死一、二塁では西川が左前適時打を放ち、首脳陣の期待に応えた。



     前日10日まで1番だった野間は、その試合を含め2試合連続で無安打。打撃内容も良くなかったためスタメンから外れた。一方の西川は出場7試合連続で安打を放っていた。

     「得点できる確率が高いことをやるしかできない」と迎打撃コーチ。チーム内競争もありながら、長いシーズンを戦い抜いていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000132-dal-base

     プロ野球の開幕から約1カ月。日々熱戦が繰り広げられる中、注目ポイントは朝のテレビにもある!?山田和利内野守備走塁コーチ(53)が「毎日?見てる見てる」と言うのが、4月1日から始まったNHK連続テレビ小説第100作「なつぞら」(月~土曜、前8・00)。息子で俳優の山田裕貴(28)が朝ドラ初出演を果たし、ヒロインのなつ(広瀬すず)の親友・小畑雪次郎役として登場しているからだ。


     山田は2011年に「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優デビュー。その後は数々のテレビドラマや映画に出演してきた。山田コーチは、息子の出演作があれば「こっそりと」劇場に足を踏み入れているという。時には「へたくそ」などとメッセージを送れば、「素人でしょ」と返ってくることもあると笑う。

     山田コーチが東京遠征の際には、都合が合えば親子で杯を交わすこともあるという。息子の話となると恥ずかしげだが、今回の朝ドラデビューをきっかけに、さらなる飛躍を願っている。「忙しいぐらいがちょうどいいんじゃないかな。周りの人に恵まれているよね。ここから。このチャンスをどう生かすか」と父なりのエールを送った。

     自身も昨季までの2軍内野守備走塁コーチから、今季は1軍コーチとして新たな戦いの場に身を置いている。職場は違えど、俳優として奮闘している息子の姿は、父の活力にもなるはずだ。(デイリースポーツ・田中 哲)




    引用元   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000062-dal-base

     「広島-巨人」(4日、マツダスタジアム)

     広島・菊池涼介内野手が、守備中にヒヤリとする場面に見舞われた。

     1-0の四回1死一塁から陽岱鋼の遊ゴロを田中広が二塁へトス。菊池涼がキャッチし封殺となったが、ここで一走・ゲレーロのスライディングが右膝付近に接触。一時しゃがみこみ、トレーナーと山田内野守備走塁コーチ、代理監督の高ヘッドコーチが歩み寄ったが、菊池涼は立ち上がりプレーを続行した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000086-dal-base

     「広島3-2巨人」(4日、マツダスタジアム)

     広島のジョンソンが先発ローテに踏みとどまった。今季はKOされる試合が多く、1勝3敗と低迷。この試合は白星こそ逃したが、今季最長6回を投げ4安打無失点と好投した。「今季初めてマウンドで気持ちよく投げられた。こういう形でチームが勝ったことがすべて」と喜んだ。

    【写真】いきなり緊迫 激怒の緒方監督を必死で止めるコーチ

     佐々岡投手コーチは「修正はあるけど、球の強さとか、うまく緩急も使っていた。勝ちに等しい投球」とうなずいていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000143-dal-base

    <阪神8-3広島>◇30日◇甲子園

    プロ2度目の先発に臨んだ広島アドゥワ誠投手(20)は、6四球で自滅し、今季初黒星を喫した。1回に押し出し四球を含む4四球。5回4安打3失点で球数が105球に達し、無念の降板となった。



    「コースを狙いすぎた。もっとアバウトにストライクゾーンで勝負したらよかった」と悔しがった。佐々岡投手コーチは「四球で崩れる投手じゃないのに、今日はどうしたのかな」と首をひねった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-04301001-nksports-base

     広島・高ヘッドコーチが27日からの12連戦へ向けて、長野に期待を寄せた。ここ3試合は9打数3安打2打点と上り調子。鈴木、松山がスタメンを外れる中で、存在感を示している。高ヘッドは「バットが振れだした。出番も増えると思う」と積極起用を明言した。


     現在7連勝中のチームについては「ピッチャーが頑張ってくれている。守備もしっかり守ってリズムが出てきた。うちらしい野球ができている」と手応えを口にしていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00000063-dal-base

     196センチの長身右腕が躍動した。

     23日、広島のアドゥワ(20)が先発転向後、初めて一軍のマウンドに立った。初回、中日の平田に初球をバックスクリーンに運ばれたものの、7回を6安打2失点の好投。同点の場面で降板し、勝ち負けはつかなかったものの、初先発としては文句なしだ。

    「粘り強く投げられた」とは試合後のアドゥワ。

     そんな右腕の快投を誰よりも喜んでいたのが、佐々岡投手コーチだろう。昨オフ、「将来性を考えたら先発転向もある」と、配置転換をぶち上げた張本人だからだ。

     アドゥワは昨季、リリーフで53試合に登板。夏場以降は出番が激増し、連投、イニングまたぎと何でもござれ。高卒2年目ながら、苦しいブルペンを支えてきた。

     仮に先発転向失敗なら、貴重なリリーフを台無しにしかねなかった。今季の広島は球団初となる開幕5カード負け越し。投打ともにボロボロで、将来の指揮官候補といわれていた佐々岡コーチの責任問題にも発展しかねず、「監督レース」から外されてもおかしくなかったほどだ。

     それが今季2度目のサヨナラ勝ちで5連勝。一時期は失点、与四球でリーグワーストだった投手陣もここ4試合で計9失点と、復調の兆しが見えつつある。さらにアドゥワの配置転換も成功となれば、投手コーチの評判も回復するだろう。

     佐々岡コーチはアドゥワについて、「こちらが期待していたものに応えてくれた」とご満悦。右腕の好投がチームとコーチを救った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000021-nkgendai-base

     「広島5-0中日」(24日、マツダスタジアム)

     広島・迎打撃コーチが長野の一発を絶賛。3点リードの三回、右方向へ運んだ2号ソロについて「しっかり振れていないと、逆方向へ飛距離は出ない」と説明。「スイング、投手との間合い」に復調を感じた様子だ。



     七回、無死一、三塁から遊ゴロ併殺打に関しても、「追い込まれた中で何とか前に飛ばしてくれた。回が終盤に差し掛かった中で、大きな1点だった」と振り返っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000164-dal-base

    このページのトップヘ