広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    會澤翼

     広島・会沢翼捕手(29)が3年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)での先発マスクを前に武者震いだ。18日のファイナルステージ(S)第1戦(マツダ)で“開幕投手”の薮田とバッテリーを組むのはほぼ確実。11年目の今季は自己最多の106試合出場と経験を積んでおり、「平常心で守りからリズムをつくりたい」と勝利への貢献を誓った。

     決戦の時が近づいて来た。18日からのCSファイナルSを前に薮田はブルペンに入って第1戦の先発に備え、コンビを組む女房役も真剣な表情で練習に汗を流した。確実と言っていい開幕バッテリー。会沢にとっては待望久しい先発だ。

     「いかに早く独特の雰囲気に慣れるか。短期決戦でも、普段通りにやることだと思う」

     静かな口調に闘志を秘める。25年ぶりのリーグ優勝を果たした昨秋は、ベテランの石原がポストシーズンでも主戦を務め、会沢はCSファイナルS第3戦に途中出場したのみ。先発出場すれば実に3年ぶり。意外に感じるファンは多いだろう。

     「CSには、悔しい思い出しかない」

     14年10月12日、阪神とのファーストS第2戦(甲子園)。大瀬良とバッテリーを組んで以来だ。その試合、会沢は0―0の7回2死満塁で能見の内角直球に見逃し三振。そのままシリーズにも敗退し、苦い思い出は今も脳裏に刻まれる。

     だが、当時と今は違う。今季は自己最多の106試合に出場。このうち87試合で先発マスクをかぶり、薮田が先発した全15試合で女房役を務めてきた。重圧の懸かる試合にも、そろって出た。本拠地胴上げが懸かった9月16日のヤクルト戦だ。

     「絶対に勝たないといけない試合。薮田にも、僕にもいい経験になった。今までやってきたことを、いかに平常心でやるか。ゼロに抑えるのが一番だけど、できるだけ最少失点でしのぎ、守りからリズムをつくりたい」

     あまたの経験を踏まえ、主戦捕手としての自覚もにじむ。

     「日本一になるには7勝(アドバンテージの1勝を含めてCSで3勝、日本シリーズ4勝)が必要。逆に言えば、7敗しなければいい。そういうことも考えながらやりたい」

     今季は打席でも貢献し、打率・275、6本塁打、35打点をマーク。苦節11年目の秋、打てる捕手は武者震いしながら、決戦の時を待っている。(江尾 卓也)
    引用元 http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/10/17/kiji/20171017s00001173021000c.html

     ◇セ・リーグ 広島4―3阪神(2017年9月6日 マツダ)

     11回1死二塁。広島・会沢はフルカウントからの7球目、150キロ外角直球を振り抜いた。打球は前進守備を敷く右翼・糸井の頭を越えるサヨナラ打だ。ナインの祝福を受けたヒーローは、お立ち台で「最高です」と3度絶叫。声が弾んだ。

     「後ろに広輔(田中)がいるので、つなげたらサヨナラがあると思って、打席に入りました」

     11回1死から、途中出場の上本が四球を選んだ。会沢の打席の4球目に、相手の警戒をかいくぐって二塁盗塁を決めてくれた。「崇司(上本)も出場機会がない中でアピールをしたので、何とか還したいと思っていた」。バットを短く持ち、自身2度目のサヨナラ打を生んだ。

     前日は9回表に逆転されたが、裏に安部が逆転サヨナラ2ラン。驚異の粘り腰で優勝マジック12を点灯させた。そして、この日も劣勢をはね返した。0―3の8回。丸の遊撃内野安打で1点、松山が中前打でつなぎ、新井の二ゴロで1点差。そして2死二塁から安部が右前へ同点打を運んだ。安部は連日の殊勲打を「覇気で打ちました」と連日の決めぜりふで喜んだ。

     2日連続のサヨナラ勝ちは、昨年6月17、18日のオリックス戦以来。当時、2戦連続V打の鈴木に緒方監督が「神ってる」と評した時以来だ。指揮官は「凄い試合。執念、気持ち。選手の頑張りは大したもの」と興奮気味に話した。この日は、胃がんからの復帰を目指す赤松の35歳の誕生日。会沢は「仲間なので思いは一つ。(ウイニング)ボールを渡します。僕らの頑張ってる姿で勇気づけられたら」と言った。主力も、控えも、全員が目の前に最善を尽くす。その力の結集が劣勢をはね返す今季36度の逆転勝ちを生み出している。

     阪神を連破、9月負けなしの5連勝で、優勝マジックは10だ。リーグ連覇をさえぎるものは、もうない。

     ≪V決定は最短で12日≫会沢は4月18日のDeNA戦に続く自身2本目の劇打。優勝へのマジックナンバーは2つ減ってM10となり、V決定は最短で12日。

     ≪今季36度目の逆転勝利≫広島がスコア0―3から今季36度目の逆転勝利。阪神の30度を上回り両リーグで最も多い。また、3点差以上の逆転勝利は今季10度目で、昨季の回数に並んだ。なお、会沢は逆転試合で5本目のV打。チームでは新井の6本に次ぎ、丸、鈴木に並ぶ2位タイと逆転勝ちに貢献している。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000002-spnannex-base

    <広島4-3阪神>◇6日◇マツダスタジアム

     広島は延長11回1死二塁から会沢が右越えのサヨナラ打を放ち、2位阪神に連勝。5連勝でマジックを一気に10とした。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -2試合連続サヨナラ勝利。

     緒方監督 本当にすごい試合。執念、気持ちで劣勢の8回に追い付いて、こうやって2日続けてサヨナラ勝利ができるのだから、選手の頑張りは大したものだとあらためて思う。

     -会沢が決勝打。

     緒方監督 本当よく打ったね、アツ(会沢)が。ちょっと一時期打撃状態が落ちていたけど、神宮で1試合2本(塁打)打って、そこから吹っ切れたように自分のスイングをし始めた。(あの場面でも)期待はしていたよ。(上本)崇司が攻撃の流れの中で四球を選んで、厳しい状況の中でスチールを決めてくれた。攻撃の形を常にこっちは求めている。得点になるかならないかは別として、相手にプレッシャーをかけるところでやっている。また今日もうちのいい野球ができたんじゃないかなと思います。

     -思い切った二盗だった。

     緒方監督 うちは機動力があって、得点を取りに行く攻撃スタイルなので。スタートをきれないようじゃ逆にダメでしょう。

     -投手陣も粘った。

     緒方監督 (先発中村)祐太が今季初めてかな、7回を投げ切れたのは。2点目を2アウトから鳥谷に打たれたけど、その後しっかりと踏ん張って投げ切れたからね。内容は修正するところがあるかもしれないけど、7回2失点でゲームを作ってくれたので、十分合格点です。明日も頑張っていきます。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-01883935-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2017年9月3日 神宮)

     広島の会沢翼捕手(29)がプロ11年目にして初めて1試合で2本塁打を放った。

     敵地の神宮球場で行われたヤクルト戦に「7番・捕手」で先発。1―1の同点で迎えた2回の第1打席で相手先発・山中から左翼スタンドへ逆転の4号2ランを放つと、7―2と5点リードで迎えた6回の第3打席では3番手・近藤から左翼スタンドへ5号ソロを放った。

     4号2ランは1ストライクからの2球目、高めのカーブ。5号ソロはフルカウントからの7球目、真ん中に入ってきたカットボールをとらえた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000141-spnannex-base

     広島が1日の阪神戦(マツダ)に4―3で劇的勝利を飾った。

     勝負は一瞬で決まった。広島の逃げ切り勝ちを演出したのは会沢翼捕手(29)だ。1点差を追う阪神は9回一死一塁からヒットエンドランを仕掛けるも、上本が空振り三振。一走の西岡は二塁へと激走していたが、上本が空振りした勢いに“見せかけて”バッターボックスから大きくはみ出して二塁への送球を妨害。会沢が「(上本の体に)手が当たった」と杉永球審に猛アピールし、守備妨害で首尾よく試合終了となった。打っては3―0の4回に一死一、三塁から10球目を左前へ運んだ。会沢の攻守にわたる活躍に緒方監督も「(9回は)大ファインプレーだった。審判もよく取ってくれた」とご満悦だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00000014-tospoweb-base

     広島は1日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に4-3で勝利した。序盤のリードを守り、貯金を今季最多の28としたチームは、2位阪神とのゲーム差を今季最大の11ゲームに広げた。



     先発の野村が7勝目を挙げたが、球数が多く6回で降板した。緒方監督は「真っ直ぐの強さは感じた。ゴロアウトも多かったし、三振も取れていた」と投球内容には満足したようで、降板に関しては「5回にハードラックが重なって球数が多くなってしまった」と説明。それでも「次の6回の投球は良かった。先発として、しっかりした投球をしてくれた」とエースを評価した。

     打線は、初回に鈴木とエルドレッドのタイムリーでいきなり3点を先制した。指揮官は「鈴木の先制打に、カントリー(エルドレッド)のタイムリーが大きかった。難しいボールだったが、コンパクトにコンタクトしていた。3点入って(野村)祐輔を楽になったと思う」とクリーンアップの活躍を喜んだ。

     投打の主軸が活躍しての勝利だったが、緒方監督は「今日のゲームはアツ」と捕手の會澤を称賛した。「粘って、粘って、三遊間にヒットしてくれた」と、追加点となる6回のタイムリーに加え、最終回の守備妨害によるゲームセットについて「あれはアツの大ファインプレー。しっかりアピールしてくれたから、こちらも審判に申し出ることができた。状況を考えても、当たり前のジャッジだった」と強調した。

     2日の試合で広島が阪神に勝ち、DeNAが敗れると広島に優勝マジック36が点灯するが、緒方監督は「全然、関係ない」と気にする様子はなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00010029-fullcount-base

    このページのトップヘ