広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    會澤翼

     広島の会沢翼選手会長(30)が10日、甚大な被害に見舞われた「平成30年7月豪雨」を受け、復興に向けた義援金の呼び掛けを行う方針を明かした。9日からの阪神3連戦が中止となり、この日、チームは本拠地で全体練習。今後の被害拡大がなければ、マツダスタジアムでは20日から巨人3連戦が行われる予定で「(ファンの)皆さんの協力が必要になる」と訴えた。

     西日本豪雨の発生から初めてマツダで行った全体練習後、会沢は沈痛な面持ちで思いを言葉にした。東京遠征から帰広し、被害の大きさを受け止めた。「帰って来て改めてびっくりした。亡くなられた方や、安否が不明な方もまだいらっしゃる。早く復興活動の形を取れれば」と心配そうに話した。

     この日も県内の府中町を流れる榎川が氾濫するなど、天気が回復しても被害が広がっている地域もある。「選手会として何かしたいと思っている」。そこで取り組むのが義援金の受け付け、呼び掛けだ。この日のミーティングでその旨を話し、本拠地での試合再開となる20日・巨人戦から行う方向性をまとめた。

     14年の広島市土砂災害時も募金活動を行った。今回も結束し、復興へ協力していく方針で「(ファンの)皆さんの協力が必要になる。選手としても一人一人同じ思いを持っている」と力を込めた。球界でも各地で募金活動が行われるなど、支援の輪は広がっている。

     ナインもそれぞれに復興への言葉を絞り出した。広島市出身の新井は11年の東日本大震災時に日本プロ野球選手会の会長として尽力した。今回も「球団として、選手会として、僕たちもできることはやっていきたい」と積極的にサポートしていく思いだ。

     岡山県倉敷市出身の野村は、中学時代に試合で訪れたという実家から車で約1時間の距離にある真備町が豪雨で被災。小学校時代によく練習をしていたという近所の高梁川も「もうちょっとであふれる話も聞いていた」と神妙な表情で話した。それだけに「チームが3連覇できるように、チーム一丸となって少しでも明るい話題を届けられたら」と気持ちを新たにした。

     西日本の各地で日を追うごとに被害状況の拡大が伝えられている。一日にも早い復興へ-。プロ野球選手として、プレーで、復興支援で、できる限りの姿を示していく。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/07/11/0011433418.shtml

     球団史上初のリーグ3連覇へ死角はない。広島・会沢翼捕手(30)がデイリースポーツのインタビューに応じ、今季から務める選手会長としての在り方や、投打の懸け橋としての責任感などを語った。優勝と日本一へ向けては、チーム内の競争と助け合いの必要性を強調。22日に再開するリーグ戦でも、一丸で戦う決意を表明した。


      ◇   ◇

     -現在、リーグ首位にいる要因をどう考えているか。

     「やっぱり2連覇したことが自信になってると思う。『カープの野球をする』と緒方監督も常々言っていますけど、それが今の結果にもつながっていると思うし、野球はカバーのし合い。そこじゃないかなと思います」

     -昨年との違いは。

     「それほどこれが変わったということはないけど、本当に一人一人が自覚と責任を持ってやってくれていると思います」

     -過去に選手会長を務めた石原や新井に相談することはあるか。

     「どうしたらいいですか、というのはお二人に相談させてもらっているし、昨年選手会長をしていた小窪さんにも相談します。そういった中で僕も助けてもらっている。(3人からは)あまり背負い込むなと」

     -緒方監督からも言葉を掛けられているか。

     「監督も『選手会長だからって気負わずやれ』と言ってくださった。本当に駄目だと思ったところは、みんなと話し合いながらやっていくだけだと思う」

     -選手会長の理想像はあるか。

     「僕は12年やっていていろんな選手会長を見てるので、いいところを取り入れようかなと思います。一番は昨年までやっていた小窪さんの姿はいいなと思うところがたくさんあった。いい意味でいろんな人から慕われる。先輩からもかわいがってもらっていて、後輩からも気さくにしゃべれるというのがあります」

     -自身の打撃は、ここまで安定感が抜群な印象がある。

     「6月ですか。まだまだこれからだけど、一日駄目でも次の日に駄目だったことを反省できる。いい意味の反省をしているのがいいのかなと思います」

     -打撃面での昨年との変化は。

     「変えたつもりはないけど、昨年からやっていることを続けることが大事と思っている。続けることのしんどさ、大切さを大事にしています」

     -昨年よりも特に内角球を仕留める確率が高い。

     「自分の弱点というか、何が打てて何が打てていないかを昨年のオフは調べて、そこは自分で課題を持ってやっていた。オフは技術を身につけるところで、今は技術技術というところではない。配球や試合の流れ、そういうところを見ながら打席に立っている。相手がどういう配球をしてくるというのも、もう分かってる。簡単に言えばそこをね。捕手なので考えながらやっていけばいいと思うしね」

     -捕手としての積み重ねも打撃に生きているか。

     「ありますよね。捕手というのは本当に経験がいるポジション。試合に出ないと分からないことがたくさんある。引き出しを増やしていくことが捕手の仕事だと思うのでね」

     -3連覇へ向けて必要なことは。

     「昨年も苦しかったけど、今年もまだまだ苦しい戦いは続くと思う。そういう時にチーム力を上げていかないと駄目。それがカープのいいところ。やっぱり助け合いのスポーツだし、そこが一番だと思います」

     -自分自身の出場試合数にこだわりはあるか。

     「試合数は1試合1試合の積み重ねだと思っているし。そこで信頼されて増えていけばいい。1試合1試合の積み重ね。あまり考えないようにはしてます」

     -残り試合、どのように臨んでいきたい。

     「1試合1試合、必死にやることが一番大事。そのために準備を怠らずやっていくことが大事だと思います」

     -準備で大切にしていることは。

     「何回戦もやっていくのでどういうふうに抑えたか、どういうふうに打たれたかは配球の面では大前提で(頭の中に)入れておかないといけない。その中で打者の調子、投手の調子を考えながら。ゲームは動きますから、生き物だと思うし。まず試合前に1~9番は頭にたたき込み、想定は絶対するようにはしています」

     -昨年はベストナインを受賞した。個人タイトルへの意識は。

     「あまり考えてないですね。まずは目の前の1試合1試合を戦っていって。最終的な目標は優勝して、2年連続でなれなかった日本一になってくると思う。まずはリーグ優勝を目指して戦っていくことかなと思います」

     -昨年、一昨年を経験してより日本一への思いが強まった。

     「やっぱりありますよね。まずその権利を得るために必死になってやって、そこからまたもう1段階ギアを上げることになってくるのかなと思います」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000031-dal-base

     球団史上初のリーグ3連覇へ死角はない。広島・会沢翼捕手(30)がデイリースポーツのインタビューに応じ、今季から務める選手会長としての在り方や、投打の懸け橋としての責任感などを語った。優勝と日本一へ向けては、チーム内の競争と助け合いの必要性を強調。22日に再開するリーグ戦でも、一丸で戦う決意を表明した。


      ◇   ◇

     -交流戦は苦戦したが、それでもここまでセ・リーグ首位を走る。チームの雰囲気はどうか。

     「昨年と変わらずいい雰囲気でやっています。みんな一生懸命、必死になってやってくれてますから」

     -今季から選手会長を務める。心掛けていることは。

     「昨年も副会長をさせてもらっていたので、いろんな話を聞いてあげることは大事にしている。野球以外のこともだし、困ったことがあったら聞いてあげるようにしている。食事会場とかでもしゃべるようにしているし、気に掛けている。そういうことも僕は苦ではないので」

     -捕手としても投打の懸け橋。交流戦では投手陣が打たれる場面も目立った。

     「そこは目立ってしまうところで、難しい部分はある。助け合いは絶対必要なので、そこをないがしろにしたら2年連続優勝はできてないと思う。僕も考えるところはあるし、チームスポーツなので話を聞きながらやっています」

     -相次ぐ主力の故障離脱があった。リーグ3連覇への壁も感じているか。

     「それはないんじゃないですかね。やっぱり2連覇しててもレギュラーは限られてたわけであって。そこにみんな入りたい、とレギュラーになりたい子たちは虎視眈々(たんたん)といますから。そこでワンチャンスをつかむんだというのがチーム力だと思う。誰かが抜けた時に誰かがカバーする。その力があるのがうちだと思うし、他にはあまりないのかなと思います」

     -そんな中で野手では今季、野間の活躍が象徴的。

     「そうですね。野間が頑張ることによって(一時離脱していた)丸もまた頑張る。相乗効果で、他の子がまた頑張る。レギュラーもうかうかしていられない。それがチーム力。団結力もそうだけど、いいところなのかなと思います」

     -投手では今季、特に大瀬良が好成績を残している。昨年までと変化は。

     「今は自信を持って投げてくれているのが一番だし、フォームがしっくりきているというところ。すごく勉強熱心だし、相手打者のことを本当に研究するようになったなと思います」

     -若い投手も多い。捕手として受けていてどう感じている。

     「これからの子たちが多いですから。マウンドに上がったら若手若手じゃなくて、自分があそこに立っているんだからいい意味で勘違いもしてほしい。野球というのは投手が主役なわけだから。投球もだけど、野球に対する姿勢とかも教えながら、話し合いながらやっています」

     -投手によって声の掛け方なども変えているか。

     「変えてますね。性格によってその日に反省する人もいれば次の日の方がいい、また次の日の方がという投手もいる。そのへんは見ながらやっています」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000030-dal-base

    <巨人3-9広島>◇23日◇ひたちなか

     広島会沢翼捕手が地元凱旋(がいせん)試合でマルチ安打を記録し、スタンドで見守った家族に勝利を届けた。

     プロ入り初めて茨城で行われた公式戦に出場した。前回の10年7月7日巨人戦は直前に2軍降格となり、同行できなかった。「6番・捕手」でスタメン出場すると、1回に味方が4点を挙げ、自身も右翼越えの二塁打を放った。さらに4回には1死三塁から右翼前にはじき返し、打点をマーク。守っては降雨の中、先発岡田ら3投手をリードして勝利に導いた。

     スタンドにはこの日、日立市から駆け付けた両親や、広島から来ている家族ら約30人の親族が見つめていた。両親に直接連絡するのは年に1度あるかないか。いつも遠くから見守ってくれている両親に、プロ12年で成長した姿を見せた。最高の親孝行となった1日を終え「家族の声援は聞こえていましたよ」と、いつもは勝利の後も表情を崩さぬ会沢が、優しく笑った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00217916-nksports-base

    <こんな人>

     広島会沢翼捕手(30)が巨人山口俊からの2打席連続死球に激高。両軍がベンチから飛び出す一触即発のムードで球場の流れを変えると、1点を勝ち越した5回に適時二塁打を放ち、バットで巨人を突き放した。6-4で巨人の連勝を8で止めた。


       ◇   ◇   ◇

     会沢の真っすぐな性格は先輩からかわいがられ、後輩からは慕われる。まだ20代前半のときに当時の野村監督やベテラン前田智徳から「態度はベテランやな」と言われたこともあるが、先輩から怒られたことはほとんどない。後輩にはプロとして、広島の選手としてのイロハを厳しく指導してきた。それでも後輩は今でも「アツさん」と慕う。

     真っすぐな性格となった背景には兄の存在がある。男3兄弟の末っ子の翼は、両親からかわいがられた。一方で年が離れた2人の兄からは男として、1人の人間として厳しくしつけられ、礼儀作法をたたき込まれた。「殴られたりもしたし、ずっと敬語を使っていた」。鉄拳制裁も珍しくない。2人の兄とため口で話せるようになったのはプロ入りしてから数年後のことだったという。厳しい兄の教育が男(おとこ)気あふれる性格をつくり上げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00196061-nksports-base

     広島は1日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に6-4で勝利した。8連勝で2位に浮上した巨人との首位攻防戦に逆転勝ちし、ゲーム差を3に広げた。両チーム合わせて23安打の打撃戦を制し、緒方監督は「今日はナイスゲームでした」と満足そうだった。


     チーム打率リーグトップの巨人に2回までに3点を先行されたが、バティスタと鈴木の連続本塁打などで逆転。先発の中村祐も3回以降は立ち直り、6回3失点で開幕から負けなしの3勝目をマークした。

    「今日は打線でしょう」と自ら切り出した緒方監督は「初回は点を取れなかったけど、プレイボールから一人一人が集中力を持って相手に襲いかかってくれた」と、試合前まで今季3勝0敗と好調で来ていた山口俊を攻略した攻撃陣を褒めた。投手陣についても、「(中村)祐太も途中から立ち直ってくれた」と先発としての働きに合格点を与え、「後を受けたピッチャーも、ひとつひとつアウトを取って、しっかり役割を果たしてくれた」と評価。投打がかみ合った快勝に、表情は明るかった。

     會澤が2打席連続で死球を受け、乱闘騒ぎの後に警告試合となる荒れた展開となった。指揮官は「横浜でのこと(頭部死球)もあったしね。まあ、そのことはいいよ」と多くを語らなかったが、その後の打席でタイムリーを放った會澤を「(死球で)腰を引けていたらダメでしょう」と、バットで結果を残した選手会長を逆説的に評価した。

     3連敗なら順位が入れ替わるところだった首位攻防戦の初戦に勝利した広島。野村、丸と主力の離脱が続くが、チームの勢いは止まりそうにない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00125752-fullcount-base

    このページのトップヘ