広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    會澤翼

     ◇セ・リーグ 広島4―2DeNA(2019年8月31日 マツダ)

      広島は31日のDeNA戦を4―2で逃げ切り、連敗を3で止めた。会沢翼捕手(31)の一発が効いた。1―0の3回に左翼へ、球団の歴代捕手では初の2年連続2桁10号2ラン。7回途中まで2失点の九里が7勝目を飾り、8回途中から2イニングを抑えたフランスアが8個目のセーブを挙げた。2位・DeNAとは2・5ゲーム差に縮まった。

     放物線を描いた打球は、大歓声にも後押しされて左翼3階コンコースに吸い込まれた。松山の右前適時打で先制した3回、なおも2死一塁で飛び出した待望久しい一発。殊勲の会沢は汗を拭いながら白い歯をのぞかせた。

     「積極的にいこうと思っていた。松山さんがいい流れをつくってくれたので思い切っていった。いい追加点になったと思います」

     京山の初球、真ん中低めの113キロカーブをドンピシャのタイミングで振り抜いた。7月19日の巨人戦以来、実に37試合126打席ぶりの10号2ラン。ダイヤモンドを1周すると、両手をポンと叩いて満足感に浸った。

     熟練の産物だった。相手バッテリーの特徴や捕手目線で「2~3通り考える」という配球。その打席については「まあまあ」とはぐらかしたが、京山―戸柱のバッテリーはそれまで4人の打者にカーブから入っており、初球に緩い変化球が来る予感はあったはずだ。

     「反応で打てることもありますが、考えを整理してこそ体はスムーズに動くので」

     豊富な経験がもたらす頭と体の調和。その強打をもってすればサク越えは必然だった。広島捕手では初となる2年連続の2桁本塁打。限定ユニホームでは昨夏も一発を放っており、「打てて良かった。球団の歴史に名前を残せたことも良かった」と喜んだ。

     これでチームの連敗は3でストップ。2位・DeNAとは2・5ゲーム差に縮まった。残り18試合。リーグ4連覇は現実的に厳しくても、勝負はゲタを履くまでわからない。いや、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを本拠地で開催できる2位は、最低限確保しておきたい。

     「一戦一戦やるだけなんでね。先を見てもダメだし見られない。明日から大事な9月。気持ち新たに(最後まで)頑張りたい」

     チームの底力が試される9月。選手会長は力強く前を向いた。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000079-spnannex-base

     好調の鯉打線が本領発揮だ。3位の広島は4日の阪神戦(マツダ)に10―5の大差で勝利した。この勝ちを含み、球宴後の後半戦は14勝4敗。5カード連続での勝ち越しで貯金を再び5に戻し、最大12あった首位・巨人とのゲーム差を2とした。

     緒方監督は「今日の試合は打線がね。上位打線が初回、そして2回も5、2点と(取って)7点というところのスタートだからね」と13安打10得点の打線に最敬礼だった。

     この日は自身初の4打数4安打で3打点の会沢翼捕手(31=写真)が打線をけん引した。今年、先発出場した試合で4度目の5番打者だったが、初回一死一、二塁で右中間へ適時打、2回も二死一、二塁で中前適時打、4回は二死一塁で内野安打。そして6回二死一、二塁でも左前適時打と大暴れだ。

     会沢が5番で出場したスタメン4試合で15打数9安打4打点。5番打者での打率は6割に達する。それでも会沢は「(4番の鈴木)誠也が(塁に)出てくれるし、つないでくれるから。僕はどの打順でも次につなぐだけ」と淡々。自身初の4安打にも「しっかり練習するだけです」と、どこまでも冷静だ。

     それでも「恐怖の5番打者」の大活躍で首位・巨人を視界にとらえた。6日からは後半戦で唯一負け越している2位・DeNAとの3連戦。逆転Vへここから鯉が巻き返す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00000039-tospoweb-base

    ◆巨人―広島(1日・東京ドーム)

     広島の会沢翼捕手(31)が気迫のダイビングタッチで巨人の追加点を阻止した。

     1点を先行されて迎えた2回1死一、三塁。打席のメルセデスは初球からバントの構えを見せており、1球見送ってからの2球目、外角シュートをバットに当てた。打球は三塁線へ。前に出て素手で捕球した会沢は、まず一塁走者の動きを見たが、続いて三塁走者のゲレーロが好スタートを切って突進してくるのを確認。そのままダイビングしてタッチした。

     ゲレーロもタッチをかいくぐって本塁へ突入。手でベースを払ったところ、佐々木球審はセーフをコールした。会沢は「いやいや、タッチしたよ!」とばかりに猛アピール。それを受けて緒方監督もリクエストした。

     VTRで確認すると、たしかにゲレーロの左袖がタッチで揺れているように見えており、判定は覆ってアウトに。選手会長の献身的なプレーで傷口を広げずに済んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000174-sph-base

     広島・会沢翼捕手(31)とデイリースポーツ評論家の新井貴浩氏(42)が26日、リーグ戦再開へ向けて特別対談した。開幕ダッシュに失敗した今季は、5月に快進撃を見せて首位に浮上。しかし、交流戦で5年ぶりの最下位に沈み、首位から陥落した。リーグ4連覇に向けて“新井魂”を継承する選手会長へ、新井氏が熱いエールを送った。以下は対談その2。

      ◇  ◇

     -会沢選手は新井氏からいろんなことを学んだと言っていたが、具体的には。

     会沢「今、新井さんがおっしゃった通りですね。プレーもそうなんですけど、チームプレー外のところでも、新井さんは後輩に対してすごく気を使うというか。目配り気配りじゃないですけど、そういうところっていうのはなかなか教えてもらえるところじゃない。そんなところまで考えてくれているんだなとか、そういうのがすごく勉強になりました。よくご飯にも連れて行っていただいて、そういう話がメインなんですけど。そういうところまで見なくちゃいけないんだなって、12球団の選手会長までされた方なので、やっぱり考えていることはすごいなって思いますね」

     -新井氏は広島に復帰してから会沢選手の成長を見てきた。

     新井「そうやね。帰ってきた時は、石原は昔から知っているし、石原がアツのことをかわいがっていたから、自然と食事に行くのも石原とアツが多かった。いろんな野球の話もしたよな。でもそれをチョイスしたのはアツ自身だから。チームとしてまとまるためには、みんなが気持ちを一つにするためには、こういうふうにしないといけないんだっていうのを。自分はいろんな野球の話を含めてチームの話をしたけど、こういうふうにならないといけないんだ、なりたいって、それをチョイスしたのはアツ自身だから。そこら辺は波長が合うのかもしれないね」

     (続けて)

     「例えば、チームのためにこういうふうにやっていかないといけないよと言っても、それは別に、プロは個人でしょ、個人が成績を残した集合体がチームの力でしょ、っていうのがアツの考えだったら、オレとか黒田さんがまとまってやろうって言ったとしても、それを選ばないわけだから。そういう意味では受ける側というか、キクにしてもそうだし、みんな素直で良い子が多いって自分がよく言うのは、そういうところなんよね。それをチョイスしたのはアツ自身なんだから、石原であり、アツであり、キクであり、広輔であり、野間であり、誠也であり。自分さえ良ければいいって自分勝手なことをやってたら、チームとしてまとまりがなくなるんだっていうのをチョイスしたのはアツを含めて彼ら自身だから」

     -今年は若い投手も多い。

     会沢「そうですね。キャッチャーというのは仕事の一つでもありますから、そこら辺はよく見てあげるようにしてます」

     新井「よく見てるもんな、表情であれ、姿であれ。アツはこれはちょっと言っておかないといけないなって思ったら、それを言えるタイプだから。そういうところも含めて選手会長だし、グラウンド内でもグラウンド外でもキャプテンシーっていうのを発揮してると思うんよね」

     -昨年までの独走と違って、今年のペナントレースは競った展開になりそう。

     会沢「そうですね。独走、独走って言いますけど、独走してるときでも不安でしかないですから。もう本当にやるべきことをやるしかないんですよね僕たちは。だから、いかにチーム一丸というか、同じ方向に向かせていけるようにというのを僕は常々考えてます。変な雑念というか、そういうのをなるべく減らしてあげたい、集中させてあげたい、っていうのはありますね。特に若い子には」

     新井「これから梅雨、夏場になって、疲れもどんどんたまってくる。疲れてなかなかうまくいかない時って、(チームが)一つになるのは難しい。これからそういう時期が必ず来る。そういう時はまたアツの出番だと思うし、また役割が増えて大変だと思うけど、そういうところもすごく期待したいよね。期待したいし、できる選手だと思う」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000033-dal-base

     広島・会沢翼捕手(31)とデイリースポーツ評論家の新井貴浩氏(42)が26日、リーグ戦再開へ向けて特別対談した。開幕ダッシュに失敗した今季は、5月に快進撃を見せて首位に浮上。しかし、交流戦で5年ぶりの最下位に沈み、首位から陥落した。リーグ4連覇に向けて“新井魂”を継承する選手会長へ、新井氏が熱いエールを送った。以下は対談その1。


      ◇  ◇

     -ここまでの戦いを振り返って。

     会沢「最初ちょっとつまずいたんですけど、その時のチーム状況もそこまで悪くなかったですし。5月に一気にカープらしい野球ができて、6月は低迷というか、かみ合わない部分が多いですけど、チームの雰囲気としては不安はないです」

     新井「みんな雰囲気は良さげだもんね。落ち着いてる。実際、中にいないと分からないけど、全然大丈夫」

     会沢「そうですね、逆に4月の連敗がいい教訓になってるのかなと思います」

     新井「長いもんね、シーズンは。絶対いい時と悪い時の波があるんだけど、今年はちょっと激しいよな(笑)」

     会沢「激しいです(苦笑)。ちょっと今までにはない波の大きさはありますけど、一人一人が3連覇しているという変な自信じゃないですけど、そこはあるのかなとは思います」

     新井「やっぱり経験って大きいよな。特に3連覇しているから。選手がそういう経験をしてるってのは大きいよね」

     -新井氏は低迷していた4月も必ず浮上すると言っていた。

     新井「そりゃあ上がってくる。元々力のある選手が多いし。戦力的には間違いなく優勝候補なんだし、それプラス3連覇の経験値があるんだから。4月につまずいた時も、いつ上がってくるかなとは思ったね。ただ、自分の感覚では交流戦ぐらいまでに何とか(勝率)5割ぐらいまで持ち直してくれたらと思っていた。5月はすごかったね。予想外だった。つまずいたのも予想外だし。立て直すことができたのは、それだけ力のある選手が多いから。ただ反動というか、またちょっと苦しい時期になってきてるよな」

     会沢「はい」

     新井「でも、普通にやればじゃないけど、全然大丈夫と見てる」

     会沢「僕も不安がないと言ったらウソになりますけど、やるべきことをしっかりやっておけばと思ってます」

     新井「そうだよな」

     -間もなくリーグ戦が再開する。

     会沢「まだまだヤマ場っていうのは先にあると思ってます。これからもっと暑くなりますし、ピッチャーもしんどくなってくると思う。そこで何とか打線が援護してあげられたら。僕はバッテリーなので、ピッチャーも何とか1点でも少なくと思ってます」

     新井「アツ(会沢)が言ったように、勝負の夏場がもうすぐやって来るから、とにかくケガをしないでほしいよね。今から夏場にかけてが大事な時期になってくる。ケガが一番怖いから。普段通りやっていけばいい勝負、いい戦いができると思う。ケガだけは気をつけてほしい」

     -新井氏と丸がいなくなって、今年はまた違うチームになった。

     会沢「あまり僕は感じないんですけど、柱の2人が抜けて、キャンプの時はちょっと『あーっ』ていうのはありました。だけど、シーズンが始まってしまったら正直な話、そんなことは言ってられないので。そういうのも変な話、慣れちゃったのはありますし。そこで僕とか石原さんとか、そういう人たちがいい意味で新井さんのことを見てきたんで。雰囲気作りとか、そういうところは見習ったというか、今は新井さん、丸がいなくなった不安とかは全くないです」

     新井「自分は始まる前からアツ(会沢)がキーマンだって言っていたよね。キャンプの時からずっと。年代的にキク(菊池涼)、広輔(田中)、安部とかより1つ上でしょ。その下が野間、誠也(鈴木)とかになってくるから。年代的にも、性格的にも兄貴肌というか、みんなを見られる子だから、アツがキーマンになるなと思ってたんだけど。ここまですごく頑張ってると思うね」

     (続けて)

     「今のチームは波があるけど、それでも今の位置にいるのはアツの力が大きいんじゃないかなと思うよね。グラウンド内だけじゃなしに、グラウンド外でも、いろんなところで言うべきことは言ってると思うし。そういう意味でポジションもキャッチャーで、扇の要で中心だし、アツの役割というのはすごく大きいと思うね。もちろん、バッティングでもいい場面で打っているし。グラウンドの外でも頑張ってるんだろうなあと思うよね」




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000034-dal-base

     ◇交流戦 広島7ー6ロッテ(2019年6月20日 マツダ)

     広島がロッテとの交流戦3戦目を7―6で勝利。終盤のロッテの猛反撃を振り切り、3タテを阻止した。

     6回まで6-0と大きくリードしていたが、中継ぎ陣がロッテの猛攻につかまり、9回には同点に追いつかれた。だが、直後の9回2死満塁、7番・会沢がロッテ5番手・ブランドンの初球を左前へ運ぶサヨナラ適時打を放ち、7-6で競り勝った。

     1死満塁で6番・バティスタが空振り三振に倒れ、追い込まれた打席。「なんとか、なんとか打ちたいという思いで打席に立ちました」と振り返り、見事に結果を残した。ナインに迎えられ「うれしかったですし、疲れていたので…みんなの笑顔を見て力をもらいました」と笑顔。だが、大量リードの前半と、ジワジワと追いかけられた後半との全く異なる試合展開には「これも野球でしょう。はい」と真顔。その中で、プロ初出場初先発し、初打席で初安打を記録したドラ1・小園の活躍については「ノッていけた部分もありますし、ああ言ううれしさというのは、僕らも忘れてはいけないと思います。見習いたいと思います」と感謝した。

     会沢は2回に8号ソロを放ち、8回にも二塁打。この日3安打も「(自分のバッティングは)まだまだですね。もっともっとチームに貢献できるように頑張ります」と謙虚。残り4試合となった交流戦については「全力で戦っていくだけです」と話し、赤く染まった本拠地のファンに深々と頭を下げて感謝を示した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00000246-spnannex-base

     広島が4日の西武戦(メットライフ)に延長12回、4―5で今季初のサヨナラ負け。交流戦黒星発進で令和初の連敗を喫した。4時間24分の熱戦に敗れた緒方監督は、疲れの色を浮かべて「タフな試合になったね」。序盤の4点差を追いついた打線の粘りと救援陣の踏ん張りを評価しつつ「しっかり戦えているが、最後に接戦をものにしていけるようにしないといけない」と手綱を締め直した。

     先発は前回4回途中6失点でローテーション崖っ縁の野村。意外だったのは女房役にこれまでの会沢ではなく、磯村嘉孝捕手(26)を起用したことだ。高ヘッドコーチによれば「(野村の)気分を変えてみようかと」との意図だった。

     野村は6回6安打4失点。3回以降は無失点と立ち直っただけに新バッテリーの評価は微妙なところだが、打撃では磯村が抜てきに応えた。4回一死二塁の第2打席は右翼線を破る適時二塁打で田中広の同点打を呼び込んだ。6回の第3打席にもバックスクリーンまであと一歩の中越え二塁打を放ち、野村降板後の7回守備から会沢にマスクを譲った。

     広島は現在捕手4人制を敷く。坂倉は代打要員&控え捕手だが、ベテランの石原がジョンソン、磯村が若い山口に加え野村の相手を務めるとなると、正捕手の会沢は週の半分しか先発マスクをかぶらないことになる。「アツ(会沢)を壊さないため」との声もあるが、球界屈指の打てる捕手を“温存”できるのだから、捕手不足に悩む他球団にはうらやましい限りだろう。

     野村とのコンビを振り返って「(配球面で)自分の色を出していこうと。ただ4点取られてしまったので次にチャンスがあればゼロに抑えたい」と反省した磯村だったが、2安打で打率は4割2分5厘に上昇。「DHで使おうか」という東出打撃コーチの言葉も冗談には聞こえない。セ王者の広島が捕手層の厚さを見せつけ、敗れても強しを印象付けた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000039-tospoweb-base

     あと一歩が及ばなかった。広島は26日の巨人戦(東京ドーム)に4―5の僅差で敗れた。勝てば日本一に輝いた1984年の球団記録に並ぶ12連勝だったが、首位攻防戦は2勝1敗の勝ち越しで終わった。

     緒方孝市監督(50)は「いつも通り一丸となってしっかりと戦えた。勝てなかったのは悔しいけど、週明けから6連戦があるのでしっかりと戦う。それだけです」と淡々と話した。そんな指揮官の姿勢と同様に敗戦にも嫌なムードは一切ない。

     この日も長野の適時打で一時同点とした。高ヘッドコーチは「こういう野球を続けていって、きっかけさえあればまた連勝はできると思う」と話し、開幕から5カード連続での負け越しを喫した時期への逆戻りをきっぱり否定した。

     苦しい時期が続いたが広島ナインに悲壮感は一切なかった。選手会長の会沢は「いい時は来ると思っていましたし(選手)個々にそういう話をしたりしました」と明かし、開幕投手の大瀬良も「(3連覇して)研究されないほうがおかしい」と考えていたと言い、こう続ける。

    「選手は(開幕前から)いずれ悪くなる時も来るとそれぞれが想定していたと思います。今(良くなったのは)カープの普通の野球ができている、それだけだと思いますよ」。リーグ3連覇の絶対王者の自信は簡単には揺るがない。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000036-tospoweb-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年5月8日 ナゴヤD)

     昨季セ・リーグ最多勝投手で、今季の開幕投手を務めた広島のエース大瀬良大地投手(27)が前回対戦(4月25日)で自身5年ぶり2度目の完封勝利を収めた中日を相手に今度は9回2失点完投。「令和」での自身初勝利となる今季3勝目(2敗)をマークした。

     味方打線が初回にバティスタ、鈴木の2者連続本塁打などで3点を先取。2回には3連打などで2点を失い1点差に迫られた大瀬良だったが、3回以降は散発3安打に抑えてそれ以上の失点を許さなかった。4回以降は二塁すら踏ませない尻上がりの投球。終わってみれば9回で113球を投げ、6安打7奪三振無四球の2失点完投勝利だった。

     試合後のヒーローインタビューで「会沢さんがうまくリードしてくれて何とか最後まで投げ抜くことができました」と女房役・会沢の名前を最初に出して穏やかな笑みを見せたエース。「序盤の方で点を取られてしまったんで、何とか中盤はいい流れで攻撃できるようにと思って1人1人、一生懸命投げました」と振り返った。

     前回の完封に続いて今度は完投とこれで中日戦は自身2連勝となったが「決して相性いいとは思ってないんですけど。1人1人抑えることだけ考えて、その結果が良かったのかなと思います」と最後まで控えめだった背番号14。この勝利でチームは勝率5割に復帰したが「1戦1戦一生懸命戦ってですね、どんどんどんどん勝っていけるように頑張りたいと思いますんで。ファンの皆さんと一緒に戦っていきたいと思います」と頼もしかった。

     




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000180-spnannex-base

    ● ヤクルト 0 - 2 広島 ○
    <4回戦・神宮>

     広島が27日、ヤクルトに2-0で勝利し連勝を8に伸ばした。これで広島は最大8あった借金を返済。勝率を5割に戻した。

     広島は0-0の6回に長野久義の適時二塁打で先制すると、1-0の9回に会沢翼の適時打で追加点を挙げた。投げては先発・床田寛樹が、ヤクルト打線を7回無失点。8回はフランスア、9回は中崎翔太のリレーで逃げ切った。

     27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏は「最終回に1-0じゃなく2-0にしたところが、本来のカープに戻ったと言えるんじゃないかなと思います」と振り返った。

     また、井端氏は「4番の鈴木選手がスタメンで出ていない状況で、勝っています。この辺が明日以降、復帰するかわからないですけど、戻ってきたときは軸ができるので、厚みもさらに出てくる。もう少し楽に点が入る状況が増えてくると思います」と今後の戦いを予想した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00187086-baseballk-base

    このページのトップヘ