広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

    <セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島2-6DeNA>◇第2戦◇19日◇マツダスタジアム
     広島野村祐輔投手(28)が5回4失点で黒星を喫した。

     3回1死満塁でDeNAの4番筒香を三振に斬りながら、続く宮崎に先制2点適時打を浴びた。4回に味方打線が1点を返してくれたが、直後の5回にも2失点。常に先手を取られる展開で、試合を作ることができなかった。

     野村は「先制点を取られたし(点を)取ってもらった後にも取られた。本当に申し訳ない」とガックリ。これでアドバンテージを入れて2勝1敗となった。右腕は「短期決戦ですし、チーム全員で勝っていきたい」と前を向いた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00032094-nksports-base

    <広島5-4DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

     広島ジョンソンは、彼本来の球のキレが足りなかった。いいときならストレートのキレもあり、カーブも鋭く変化するが、3回にDeNA打線につかまったときは、いずれもいまひとつだった。持っている投球ができれば、打者は差し込まれたり、振り遅れたりする。わずかな違いだが、その差は大きい。


     ただ、4回以降は腕も振れて、球にキレも出てきた。左ハムストリングスの筋損傷から復帰後、まだ完全に復調したとはいいがたいが、この日の後半の投球には、本人も首脳陣も手応えを得たのではないか。

     リーグ連覇はもう目の前で、首脳陣は現実的にはクライマックスシリーズや日本シリーズを想定しているはずだ。ジョンソンはそこで間違いなく必要になる投手。ポストシーズンは投手力が重要になる。そこで“使える”かどうか、残り試合で見極めることになる。

    (日刊スポーツ評論家)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00003038-nksports-base

    <広島1-3DeNA>◇12日◇マツダスタジアム

     広島が敗れ、連勝が9で止まった。守備のミスも絡み、先発野村が2回に3失点。打線も6回の丸の22号ソロの1点に終わった。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

     -野村について

     緒方監督 先頭打者で打ち取った当たりをああやって(西川が失策で)出して苦しくなってね。(野村)祐輔は打たせてとる投手だからね。やっぱり野手っていうのはね。いや、エラーはあるんだけど。しっかりそういう打球に対してアウトを重ねていくことが、彼の投球リズムにつながっていくし。そのなかで、ああやってエラーが出ても、しっかりと踏ん張ろうとしたなかでのあの回、3失点になってしまったからね。中盤は立ち直ったところをしっかり見せてくれたし、またしっかり次回、投げてくれると思う。

     -打線は

     緒方監督 打線もそういったなかで、なかなかチャンスをつくれど、点数がとれないという。ちょっと残念な試合になったというところかな。

     -DeNA戦はCSで当たる可能性もある

     緒方監督 4連敗しているから? いやいや、どこが相手でも、1戦、1戦その日の戦いをするだけなので。いつも言っているように。相手がDeNAだろうと阪神であろうと、巨人だろうと。どこであろうとね。またしっかりと明日、我々のゲームをするだけです。今日はそれが出来なかったというところです。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000943-nksports-base

     広島が11日、マツダスタジアムで投手指名練習を行い、野村、中村祐、ジョンソン、薮田が参加した。12日から本拠地でDeNAと3連戦。初戦先発予定の野村はキャッチボールなどで調整し、「しっかり自分の投球をしたい。できればマツダで(優勝を)決めたいです」と力を込めた。


     チームは9月に入り負けなしの9連勝中。優勝へのマジックナンバーは「5」。最短で14日にも、37年ぶりのリーグ連覇が決まる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000050-dal-base

    <DeNA6-5広島>◇22日◇横浜

     広島が今季5度目のサヨナラ負け。

     今季初完投を目指して9回のマウンドに上がった野村が1死も取れず、筒香に2ランを浴びた。1点差に迫られて投入された今村はロペス、宮崎に連続被弾でサヨナラ負け。

     1イニングで3被弾を許し4失点で敗れた。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -野村は8回まで好投

     緒方監督 いい投球をしていたと思うよ。両サイドが使えていたし、緩急も使えていた。

     -打線も効果的に得点

     緒方監督 打線も1点、1点しっかりととってくれた。

     -あと3アウトが遠かった

     緒方監督 結果こうなってしまったことをしっかり次に生かせるように。また采配を振っていきたい。

     -切り替えるしかない

     緒方監督 1試合1試合戦っていくだけ。残り試合も少ないし、また明日、切り替えて戦いたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-01876101-nksports-base

     (セ・リーグ、DeNA3-4広島、10回戦、DeNA5勝5敗、27日、横浜)広島は新井貴浩内野手(40)が七回、左中間へ2点二塁打を放ち、逆転勝ちで3連勝。2位・阪神とのゲーム差を6に広げた。新井は史上28人目となる通算3500塁打を記録した。

     試合後の新井との一問一答は以下の通り。

     --試合を決める一打

     「最高にうれしい」

     --どんな気持ちで打席に立った

     「みんなが作ってくれたチャンスだったので、何とかしたいという気持ちで打席に立った」

     --ベンチも大喜び

     「チームメートもすごく喜んでくれて、それもうれしかった」

     --ファンの期待に応えた

     「すごい声援をいただいて、ちょっとは喜んでもらえたと思う」

     --チームが好調の要因は

     「みんなが勝ちたいという気持ちになって、一つになっている。目の前の1試合1試合、あしたもいい日にして、たくさん詰めかけてくれているファンのみなさんに喜んでもらえれば」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000545-sanspo-base

    このページのトップヘ