広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

     広島・丸佳浩外野手(29)が6日、自身初の本塁打王、最高出塁率の2冠を視界に捉える中、ブレずに今季最終戦の7日・DeNA戦に臨む姿勢を示した。ここまでリーグトップタイの39本塁打で、球団では05年の新井(43本)以来の40本以上も眼前に迫る。この日はマツダスタジアムで行われた全体練習に参加した背番号9。7日のレギュラーシーズン最終戦で記録を伸ばし、CSへ勢いを付ける。


     マツダスタジアムに隣接する室内練習場に心地良い打球音が響き渡る。丸は翌日に控えたレギュラーシーズン最終戦の7日・DeNA戦へ「いつも通り」の練習で汗を流した。タイトルが手に届く位置にあれど、思いは至って冷静だ。

     「もともとホームラン王のタイトルは管轄外でしたから。今そういうタイトル争いに絡ませてもらってるけど、あくまで僕はブレずにやるだけ」

     昨季まで16年の23本塁打が自己最多だったが、今季はここまでリーグトップタイの39本塁打。「狙ってるとかではないけどレフトに本塁打、ライトに本塁打を打てるような入り方でいっているつもり」と力を入れたスイングの先にアーチを積み重ねてきた。

     初のキングとなれば球団では14年のエルドレッド、40本に到達すれば05年の新井以来。ソトにこの日並ばれ、眼下に38本で筒香が迫るが、期待はおのずとかかる。打点も97で、初の100打点も可能な数字だ。また、最終戦で先発する大瀬良も最多勝などがかかっており「プレッシャーがかからない状況を早くつくってあげたい」と意気込んだ。

     出塁率は・467とリーグ単独トップで、最高出塁率が濃厚。特筆すべきは歴代6位の127四球で、球団記録の金本(現阪神監督、128)にも肉薄している。「昨季に比べたら数が増えてる分、より内容が良くなっているのかな」とうなずき、「自分の中でどんどん(出塁に)絡めていければいい」と意欲を示した。

     打率も・307で申し分ない成績を残すが、ここ5試合は19打数1安打と下降気味。迎打撃コーチは「低めの球を見極められなくなって、そこを意識してしまうと今度は真っすぐに差し込まれてしまう」と説明。それでもCSへ向けて「試合がない期間に全て疲れを取るのは無理にしても、リセットはできると思う」と話した。

     CS前最後の実戦となるDeNA戦。「しっかりいい内容で終えるようにしたい」と丸は力を込めた。手応えを得て、最終戦を締める。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000023-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島4―0DeNA(2018年9月13日 マツダ)

     広島の野村が6回4安打無失点の好投で7勝目。チームは零封リレーで優勝へのマジックナンバーを6とした。

     野村は奪った17アウトのうち、ゴロアウトが10。打たせて取る投球で8月10日の巨人戦以来となる白星を手にした。6回95球と球数はかさんだが、DeNA打線に三塁を踏ませぬ内容。先制弾の松山とともに上がったお立ち台では「援護点をもらって投げやすかった。自分の投球ができて良かった」と納得の表情を浮かべた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000170-spnannex-base

     「広島7-2DeNA(12日、マツダスタジアム)

     広島・新井がチームの連敗ストップに大喜びした。

     5日に今季限りでの現役引退を表明してからチームは今季ワースト6連敗。試合後は「かなり気にしていました」と明かし、久々の勝利に「うれしい。ちょっと続いていたからね」と満面の笑みを浮かべていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000160-dal-base

     まさかまさかの展開で広島が17日のDeNA戦(横浜)に5―7で逆転負けした。先発の野村が7回まで1失点と好投するも、8回先頭の大和から3連打で無死満塁のピンチを招いて降板。2番手の一岡が筒香に逆転満塁弾を浴び、さらに宮崎とソトにもソロ本塁打を許して万事休す。2位ヤクルトが勝ったため、わずか2日で優勝マジックは消滅した。手痛い敗戦に、緒方監督も「ベイスターズ打線はこういう一気の集中力がチャンスの時に出る。(横浜)スタジアムのこういう時に気をつけていたけど…こうなったのは自分の責任」とショックの色を隠せない。

     首位を独走する広島だが、横浜スタジアムとは相性が良くない。連覇を達成した昨年も12勝13敗で唯一、同一リーグで負け越したのがDeNA。13敗のうち8敗はハマスタで、8月22~24日には同球場で3戦連続サヨナラ負け。しかも同23日には鈴木が守備で右中間フェンスに激突し、右足首を骨折。残りのシーズンを棒に振った。

     今年は6勝4敗と同球場で勝ち越しているが、2度のサヨナラを含む4度の逆転負けで良いイメージはない。4月26日には先発した野村が背中の張りを訴えて4回で降板し、約2か月も戦列を離れた。球団初の3連覇を目指す広島にとって、ハマスタは“鬼門”かもしれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000023-tospoweb-base

     8月5日の横浜DeNA対広島15回戦は、首位の広島が6対5で勝利。延長10回の激闘を制して、横浜スタジアムでの3連戦を2連勝で終えた。広島は5対3で迎えた9回に、クローザーの中崎が4安打を浴びて2点差を追い付かれる苦しい展開。しかし同点で踏ん張ると、10回に併殺崩れの間に1点を勝ち越して横浜DeNAを振り切った。3年目でプロ初セーブを上げた高橋樹也投手(21)は、「絶対に抑えてやる!」という心境で延長戦のマウンドに上がっていたことを明かした。ヒーローインタビューの全文は以下の通り。


    ――プロ入り初セーブをマークした高橋樹也投手です。ナイスピッチングでした!

     ありがとうございます!

    ――同点に追い付かれて延長戦に入りましたね。その時点で10回の裏に投げることは決まっていたんじゃないかと思いますが。

     そうですね。準備はしていました。

    ――そして10回の表に味方が1点を取りました。どんな気持ちになりましたか?

     「絶対に抑えてやる!」という強い気持ちでマウンドに上がりました。

    ――抑えればプロ初セーブという場面で、いろいろな声もかかったのではないかと思いますが、いかがでしたか?

     あまり気にせず、抑えることだけを考えて投げました。

    ――高橋投手にとって横浜スタジアムはいろいろと縁がある場所ですよね。

     そうですね。初先発も初登板もここなので、思い出があります。

    ――10回の裏にマウンドに上がって、先頭バッターが出る形になりましたが、気持ちの方はどうでしたか?

     野手がしっかりと取ってくれた点数なので、もし野手がエラーをしても「自分が抑えてやる」という気持ちでした。

    ――頼もしい言葉です。最後はリクエストもあり、すんなりとはゲームセットにはなりませんでしたが、投球練習もしっかりとしていましたね。

     万が一のことがあったらアレなので……。準備はしていました。

    ――あらためて、花巻東高校から広島に入団して3年目でのプロ初セーブの感想を教えてください。

     素直に嬉しいです。毎日毎日、熱い応援ありがとうございます! これからもよろしくお願いします!

    ――今シーズン、まだまだ活躍の場があると思います。今後に向けて抱負を聞かせてください。

     自分の仕事をやるだけだと思うので、しっかりと結果を出せるように頑張りたいと思います。

    ――最後に、後輩の花巻東も甲子園で戦います。エールはありますか?

     日本一を目指して頑張ってもらいたいです!


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00010021-abema-base

     「DeNA1-15広島」(1日、横浜スタジアム)

     広島・上本が今季初安打を放った。九回1死一塁の場面で6番手・砂田から中前打をマークした。


     「勢いです。こういう時じゃないと打てない。打ったことより、打席に入る責任を果たせたことが良かった」

     この日は代走から途中出場し、左翼を守った。鯉のムードメーカーが大勝の中でキラリと存在感を示した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000117-dal-base

     8日18時に開始を予定していた広島-DeNA7回戦(マツダスタジアム)は、18時40分に中止が決まった。

     先発予定の中村祐太投手(22)は「準備はしていました。残念です。切り替えて調整していくしかない。雨の中で(の登板を)経験したことがなかったので、投げてみたかった」と話した。ここまで3戦3勝の右腕にとって、広島の日本人投手では00年の佐々岡真司氏以来となる開幕から4戦4勝は次回登板に持ち越しとなった。

     9日は岡田明丈投手(24)が先発する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00202732-nksports-base

     広島・野間峻祥外野手(25)が8日からのDeNA2連戦で左腕戦では今季初めて先発出場する可能性が浮上した。打率・357の好調に加えて浜口と東の両左腕がともに左打者に分が悪い傾向を踏まえて東出打撃コーチが起用を示唆。離脱中の丸が復帰後も外野のレギュラー争いに生き残るためにも左腕撃ちでアピールしたいところだ。

     野間に願ってもない機会が巡ってきた。予告先発された初戦の浜口に加え、2戦目も東が有力。左腕戦での先発出場が昨年9月24日の中日戦(先発は笠原)を最後に遠のいている状況を思えば、通常ならベンチ待機が濃厚な2連戦だった。

     浜口には昨季2勝4敗、東にも4月26日の初対戦で8回11奪三振の苦戦。両左腕の攻略へ東出打撃コーチは「右打者より、左の方が比較的打ちやすいと思う。特に浜口は」と分析した。実際に昨季の浜口は右打者には被打率・244に対し、左打者に同・275。今季の東も右打者への同・207に対して左に同・293で、ともに左打者に分が悪い。そこで野間にも先発出場の可能性が出てきた。

     規定打席未満ながら打率・357で課題だった打撃に結果が伴ってきた。特に5月は・467の大当たりだ。丸が右太腿裏故障で不在。空いた中堅は日替わり起用が続き、好調の野間が定着しているわけではない。理由は一つ。左腕に結果を残せていないことだ。

     本人は「苦手意識はないです」と強調した。ただ、左投手に対しては打席に立つ機会が圧倒的に少なく、今季も9打数1安打。5日ヤクルト戦では2年目左腕の中尾から中前打を放ち、「オーソドックスな左から打てたのは良かった。左を打てないと苦しいので」と手応えをにじませる。

     代走や守備固めが主だった昨季に比べれば打力向上は確かで、東出コーチは野間のさらなる成長を条件に「左翼は松山、バティスタを含めて状態のいい選手を使えばいい」と丸の復帰後をにらんだ。

     「丸さんの存在は相手からすれば脅威。そこは難しいけど、少しずつ存在感を出していければ…。外野なので打てば使ってもらえると思うし、打てば足も生かせるので」

     中軸を担うほど打力に定評のある松山とバティスタを脅かすには左腕攻略は必須。今回の2連戦が飛躍への入り口になるかもしれない。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000046-spnannex-base

    このページのトップヘ